【地方議員烈伝?】ウィグル・チベット、法輪功らへの臓器狩りを許さない【CHINAと戦う丸山ひろあき】


 

 

ウイグル人・チベット人など、また法輪功など「CHINAが弾圧」する”無実の囚人”らが生きたまま臓器を摘出されているという情報は、ネットで情報を得ている保守層はご存じのことかと思う。
しかし、その現場を仕切る指揮官の一人が、実は普通の地方議員であることを知る者は少ない。
また、「いま、まさに選挙中」であることを知る者はさらに少ないだろう。
その名は、丸山ひろあき。神奈川県は逗子市において、自民党市議団の団長を務める。

家系は古く、源頼朝が鎌倉に幕府を開いた時に水軍として、伊勢の村上氏を招いたという。
そう、村上水軍のことです。村上水軍が関東で拠点を構えたのが逗子市の小坪地区。
その指揮官の末裔が丸山家ということです。

その丸山家、今では丸山ひろあき氏が市議会議員であり、自民党逗子市議団の団長。
村上水軍を現場で指揮官の末裔は、いまはCHINAと強硬に戦う現場指揮官でもある。
ちょっと歴史ロマンを感じさせる話だ。

余談になるが、私(行橋市議会議員 小坪しんや)の苗字は小坪。
そして私の育った地域は、蓑島と言い、かつては村上水軍の基地として栄えた地域だ。
丸山議員の住所は、「逗子市 小坪」です。
今日は少し不思議な話をしてみましょう。

どうか、私の同志に力を貸してください。
逗子市にご家族・ご友人のおられる方は、【丸山ひろあき】に一票を!
もし知人のいない方は、神奈川の同志に届くようシェア・拡散で支援をお願いします。

 

逗子市議会議員選挙
平成30年3月18日 告示
平成30年3月25日 投開票
(選挙期間は3月24日までであり、本記事の拡散は24日の23:59までです。)

 

重要
【翁長県政の倒し方】日米外交に直結、沖縄選挙イヤー開戦。最前線へ!沖縄に行ってみた【県政奪還したい人はシェア】

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

“政治犯”の臓器が売買
保守ではご存じの方も多いでしょうし、そして目にしたくない方もいるとは思います。
かなり閲覧注意な内容ですが、私は政治家の一人として本問題を有権者に伝える責務がある。

 

チャイナ“臓器狩り” 日本は最大の顧客か

 

 中国の“政治犯”の臓器が売買され、日本人を始めとした患者に移植されている?。そんな中国の“臓器狩り”の実態に詳しいジャーナリストらが今秋、中国で臓器移植を受けることを禁止する法律の制定などを目指して活動する「中国における臓器移植を考える会」を設立する。

法輪功信者の臓器を強奪?

 「健康な囚人、囚人といっても反体制派や政治犯の臓器を取り出して、臓器移植をしている。これが中国の共産党の大きな収入になっているそうだ」

 21日、参議院議員会館で開かれた同会の設立発起人会。外交評論家の加瀬英明氏は冒頭、中国の臓器移植についてこのように述べ、日本政府がこうした問題に真剣に取り組むよう求めた。

 発起人会では中国の臓器売買の実態に詳しいジャーナリストの野村旗守氏が「中国が公式にアナウンスしている年間の移植手術数は約1万件だが、カナダ人弁護士らが病床数や稼働率などから割り出した数字は年間6万件から10万件だった」と紹介。中国は移植臓器の供給源は死刑囚だと説明しているが、年間数千人とされる死刑囚の数と乖離があると指摘した。

 そして、ドナー(臓器提供者)として、中国で弾圧されている「法輪功」の信者や、政治犯として捕らえられたウイグル、チベットなどの少数民族をあげた。彼ら、彼女らの臓器が強制的に売られている可能性が高いという。

海外で臓器を“買う”

 加瀬氏らは、こうした臓器売買に日本も無関係ではないと話す。

 日本臓器移植ネットワークによると、今年6月末時点で、腎臓や肝臓などの臓器提供を待っている国内の患者は1万3450人。多くの患者は待機リストに名前を連ねて移植を待つが、中には高額な費用を出し海外に渡航して移植を受ける患者もいる。中国の病院の中には、日本人や韓国人を主な“顧客”と想定している病院もあるとされる。

 海外に移植のため渡航することを禁止する法律を持つ国もある中、日本は臓器売買を禁止する法律は持つが、渡航を禁止してはいない。加瀬氏は「中国で臓器移植を受けている患者は日本が一番多いとも言われている。中国で臓器移植を受けることを禁ずる法制化まで持っていきたい」と活動の狙いを明らかにした。

(後略)

 

 

 

 

丸山議員の活動
以下は、丸山ひろあき議員がFBでシェアしている投稿です。

ネット上のみならず、実際のリアルの活動も行っています。
また、なぜこの活動を行っているのか、その経緯を後述します。

 

特に一つ目の動画はショッキングなもので、胎児のいる妊婦を「プラスチックで加工」した人体模型。
世界中で大きなニュースとなり、「製造した企業」が、CHINAから購入したと白状した際の資料をまとめたものです。

丸山議員の投稿(FB)

 

丸山議員の投稿(FB)

 

 

このように講演会を、告知(そして完了報告)を行い地道な活動を続けています。

ネット上ではなく、実際に足を使って広報している政治家を、貴方はご存じですか?

 

 

 

鎌倉時代から、日本を護る。
かつて鎌倉幕府がありましたが、源頼朝が鎌倉に幕府を開いた時に水軍として、伊勢の村上氏を招いたそうです。
少し繰り返しになりますが、村上水軍のことです。

村上水軍が関東で拠点を構えたのが逗子市の小坪地区。
その指揮官の末裔が丸山家ということも述べました。

 

現在、急傾斜地への対応やテトラポットの改修(小坪港)などで成果を出しつつある実績を見れば、実に800年以上も逗子市を護り続けているといえるのではないでしょうか。

 

以下は、少し字が小さいかも知れませんが、義父も市議。
地元の漁港の”津波対策”での堤防改修を、なんと15年も前から訴えています。
二代続けて、我が国が津波で起きな被害を受ける前から、黙々と防災に取り組んできたのです。
(世襲議員への批判がメディアのみならずネットでもあるのは存じておりますが、この事例の場合はナンセンスでしょう。)

 

 

少し村上水軍の話に戻ります。
単に海賊と言われる場合もありますが、実際は海上警察みたいな存在でもあったと認識しています。
ただし、軍事力として雇われる場合もあり、傭兵家業と認識している方もいるように思います。
そう聞くと私兵集団みたいな印象を受ける方もいるとは思いますが、実際の規模はそのようなレベルではありません。

瀬戸内海のみならず、西日本全域をカバーする海上戦闘力。
ほぼ公権力に匹敵する、いや、状況によっては凌駕する力であったと思います。

 

行政の影響が全国に届くまでは、
それは明治政府ができ、その後のことかと存じますが、
治安を守り、交易を守ってきたのは、地域住民(地域の有力者)という事例もございます。

あたかも土地神のように。
まるで、いまの時代の地方議員のようです。

(土地神ネタの余談になりますが、○○の守と書いて”かみ”と発音するのは関係あるのでしょうか?ここについては全く不勉強なのでわかりません。)

 

 

 

水軍と、小坪の名
ここで行橋市の話を少し。
私の祖父、父が産まれ、そして私が育ったのは行橋市の蓑島と言います。
干拓で陸続きになるまでは、完全に島でした。私の父が産まれたころは、まだ陸続きではなかったのです。

水軍井戸があり、そして村上水軍も拠点を構えていたそうです。
まずは、私の地元、蓑島の話から。

 

以下は、行橋市のHPより。

 

※ 本論とはあまり関係ないので折り畳んでおきます。
私のひいじいちゃんの写真が出てきます。

クリックして下さい!
朝鮮王朝に仕えた申叔舟(1417-75年)が、日本と琉球国について記した『海東諸国紀』(1471年刊行)という書物があります。その中に、行橋市の「蓑島」が登場します。

 

 『海東諸国紀』には、戊子年(応仁2年・1468年)、「豊前州蓑島海賊大将玉野井藤原朝臣邦吉」と名乗る人物が、対馬島主の宗氏を仲介として朝鮮王朝に使者を送ってきたことが記されています。
 当時朝鮮王朝では訪れた使者に莫大な下賜品をあたえており、実態は献上品と下賜品の貿易であったと考えられます。

 玉野井 藤原朝臣 邦吉(たまのい ふじわらのあそん くによし)は蓑島を拠点とする海賊大将を自称しています。
 海賊といっても、実際には邦吉のように海外と貿易したり、海上輸送や航路の警護・水先案内、漁業など広く海に関わることを主な生業とし、時には近海を通過する船を襲い、あるいは海軍として合戦に参加する「海の武士団」「水軍」とも言われるような存在だったようです。
 当時は海賊という言葉にあまり悪い印象がなく、誇らしく自称したのでしょう。

天然の良港・蓑島
 蓑島はもともと独立した島で、大正元年(1912)に橋が架けられ、その後干拓が進み昭和28年(1953)には陸続きになりました。
 周防灘の南西側には島がほとんど無く、帆船の時代、真水が湧き、人が住んでいる蓑島は貴重な寄港地でした。
 蓑島は海上交通の要衝として栄え、「海賊大将」を名乗って朝鮮王朝に使者を送るような人物を生んだのです。
 他にも蓑島地区には「水軍井戸」や、海賊の来襲に備えて島民が弓術の練習をした逸話を伝える「蓑島百手祭」(市指定無形民俗文化財)のような伝統行事も残っています。

(後略)

 

 

・・・と、言うわけで。

私も村上水軍の地域で、育ってきた者のようです。
教科書では”士農工商”とされていますが、通常は漁民ですが、弓の練習をかかわず常に外敵に来襲に備えてきた。

私は、その蓑島を地盤とする市議です。

 

これは別サイトより。
かつて蓑島が、まだ海であった時代の写真。

 

橋で渡っていました。

http://www.minoshima-e.yukuhashi-city.jp/rekisi/photo2.html

(写真は昭和10年代のもの。蓑島村役場の写真がありますが、市町村合併で行橋市が誕生する前は、蓑島村だったんです。先日、元村役場を集会所として改修したばかり。)

 

これが蓑島の全景です。

 

この写真を紹介したいので、ちょっと歴史を振り返りました。
「見たことある写真だなぁ」と思ったら、右上にメモが。
大正11年頃の写真とのことですが「小坪健太郎」という名前が。

http://www.minoshima-e.yukuhashi-city.jp/rekisi/photo1.html

 

 

この船、ひいじいちゃんの船っすね。

なので、写真にいるチビッ子は、確か私のじいちゃんのはず。
むかーし、じいちゃんに見せてもらいました。

確か、家のどっかにあったはず。

 

私は、漁師ではありませんし、船乗りでもありません。
また曽祖父は私が産まれる少し前に亡くなっております。

ですが、一般論として船乗りは全体的に(他の方に比較し)荒っぽいと言われます。
荒っぽいというよりも、周囲からは危険とすら思わる場合もあるようです。
なぜならば、「ワンオアナッシング」で、一旦出港すれば戻って来ることができる保証など、どこにもないからです。

自然、生き方は(比較すれば)刹那的にもなりましょうし、
「やる」と決めたら「やる」生き様だと思いますし、
特に古い時代であれば、漢字で書いたほうた伝わりやすいというか、
「殺る」と決めたら「殺る」生き方だと思うのであります。
そういう死生観を、海は持っているのではないでしょうか。

だって、「戻ってこれるかわからない」と、生活基盤自体がそういうものですから。
私は船乗りではないからわかりませんが、生き様や考え方が似ているという指摘は、時々、受けます。
(まぁ、漁村出身ですから。)

 

 

私の苗字は、小坪。
そして(突然、丸山議員の話に戻りますが)丸山議員の住所は、逗子市小坪。

そして村上水軍の末裔。
何か、関係あるのかも知れません。

 

 

 

行橋市と村上水軍、ザ行橋
架空の話ではなく、行橋の方はよくご存じの歴史を少し。
村上水軍と行橋市はかなり深い関係があり、いまだ村上姓が多数おります。

行橋人は古くから、なんか武装しておりまして、よく喧嘩していたのですけれど、
毛利氏と大友氏が行橋の海上(蓑島?)で衝突して介入してたみたいですし、
源平合戦のときも、なんか参加してて壇ノ浦で平家の舟を沈めまくったようですし
(あれはどうやらご先祖様たちがやったことみたい。)

織田信長ともめて、焼き討ちにあいかけてたお寺さん(京都周辺まで出張った模様)を守って、寺の屋号をもらったり。
その人が浄土真宗の偉い人(本願寺蓮如上人というらしい。)で、直接の配下になったみたいです。

それで真宗大谷派の九州における最大・最古のお寺になったり。
行橋市の浄喜寺です。市内の人には、浄喜寺保育園と言ったほうがわかるかも。

 

この助けに行った行橋人(?)が村上水軍・村上良成さん。
時代は明応4年(1495)とのこと。

まぁ、結構むちゃくちゃだったようで、僧侶なのに掛け軸の絵だと
(今でいうプリクラとか自画像、またはセルフィ?)では、
刀は差すわ、酒を呑みながらだわ、やりたい放題感が出ています。

 

織田信長と石山合戦で十年間闘った三代住職村上良慶
(Iタウンページ 浄喜寺)

 

※ 本論とはあまり関係ないので折り畳んでおきます。
私が個人的に、黒田官兵衛が許せないという話がちょっと続きます。

 

クリックして下さい!

 

●浄土真宗大谷派の九州における最大・最古のお寺
※当寺院調べ
明応4年(1495)、村上水軍・村上良成が本願寺蓮如上人の直弟子となり、直末寺として創建された。慶長2年(1602)本願寺の東西分立後は、東本願寺(真宗大谷派)の九州教線の重要拠点として活動してきました。

●「梵鐘」(県の重要文化財)
応永28年(1421年)に彦山霊仙寺大講堂の洪鐘として、豊前今居金屋で鋳造されたものである。
その他、本堂内の本尊・阿弥陀如来像をはじめとする寺宝の数々があります。

 

※ iタウンページの情報ですが、「当院調べ」とあることから、実質のHPに近いものと推定。
前述の写真の出典もiタウンページより。

 

のち、宮本武蔵の弟子(宮本伊織)の娘を二代にわたって娶っており、
士農工商を無視して(?)、戦闘力を維持し、時代的には明治の直前まで勝手に独立してたんでは?みたいな話も。

明治維新にも介入してたとか聴きますし(このあたりは調べないと私は詳しくないのですけど)、私が佐幕派で、維新嫌いというのはこのあたりから来ています。維新という、国のパラダイムシフトを否定しているのはなくて、明治政府のやり方とか嫌いですね、特に薩長のやり方は恨みを買う。
貧乏ヤンキーだったのに公務員にしてもらったからと、北の大地まで戦い抜いた新撰組のほうが偉いと思ってる。維新という言葉は軽々には口にして欲しくないし、国民同士が血を流した悲しい話の側面もある。維新と口にするからには会津若松の白虎隊に詫びを入れてからだと思ってる。
(このあたりは、生き様に通じる部分なのですが、ちょっと前の騒動の、恐らくは最も根幹の部分の話です。あの名称を軽々に使うことが、好きではない。)

とりあえず、昔から揉めてきたのが行橋とか、この近所の血筋なのでしょう。
どんなに相手が偉かろうと、中央がどういう意向だろうと、納得できないときは最後までトコトンやる。

 

少し近隣のことも触れてきます。
黒田官兵衛が攻めてきたときも一歩も退かず、二度にわたって大軍勢を退けてたり。
(これは行橋ではなく近所の話ですけど)のち黒田氏の息子と政略結婚して手打ちとなるのですが、黒田の奴が卑怯でこれは罠だったんです。マジで許せねぇ。

「ちょっと飲み会するよ」と呼ばれて行ったら、宇都宮鎮房(当時の市長?)が殺され、市長ともども行政マンが皆殺しにされました。奮戦するも側近らも皆殺しにあう。その際の血が何度塗り重ねても浮き出てくるので、壁を赤く塗ったとか。

軍師・黒田官兵衛ゆかりの中津城!怨念の赤壁伝説「合元寺」

 

お父ちゃんが黒田官兵衛のだまし討ちで殺されたあと、政略結婚させられていた姫は、捕縛され、侍女10数人と共に山国川(高瀬川)の畔に引きずり出さた上で、磔に処され、その儚く短い生涯を終えたそうです。ちなみに、姫(鶴さん)の年齢は13~14歳だったとの説。
黒田官兵衛は、稀代の軍師らしいですが、私は絶対許さない。やつは卑怯者だ。

 

 

ちょっと黒田官兵衛ネタが続きます。
黒田官兵衛が中津城を築城する際、上毛町の古くからある石垣を解体して、持っていって作ったんです。
先ほどの謀略に使われた中津城の石垣ですね、これは上毛町のいまの町長(坪根町長)は「返してよ、あれはうちのだ」と主張してると言ってました。駄目って言われたそうですが。
(かと言って、上毛町が中津城に攻め入ることは多分ないと思います。)

 

少し前のことですが、NHKのドラマで黒田官兵衛があった際、「これで町おこしだ!」という声が議会でもありました。
そして「黒田官兵衛」というのぼりを市も建てたのですが、私はこれが許せませんでした。
(当時は文教厚生委員会の副委員長)

「宇都宮鎮房」の旗も同じだけ購入して、同じように建てるように主張。
宇都宮さんは、黒田に騙し討ちにあった地元の人です。
私は今でも許してない。

 

 

 

中津も村上水軍のゆかりの地。

先ほど船乗りが、少し刹那的な考えと言いましたけれど、
どっかで誰かが決めた何かを、なんで私たちが守らないといけないのかなぁ?とは思います。
別に法律を破ろうとは思いませんが、「基本、我、関せず」です。
あんま、制限されたくない。

これは、この町の気風だと思いますし、恐らくは伝統なんだろうと思います。
やられたら、やり返す。
示談も許しもない。始めたら、滅ぼすまでやる。

 

相手が如何に強い勢力であろうと関係ない。
撃ったら、撃つ。
仮に討ち死にしようとも関係ない。
やったら、やる。

人数は元から少ないわけですから、戦略をたてて組織的に戦う。
基本的には、相手勢力のほうが大きいわけで、
彼我の戦力差は圧倒的、少数精鋭をもって(弱小勢力だとしても)組織戦闘を仕掛ける。

 

 

私は、あまり歴史に詳しくない。
だから村上水軍がどんなところで、どんな生き方だったのかは、正確にはわからない。
もしかしたら前述した印象とは、随分と違うものだった可能性もある。

だけど、なんとなくわかる。
海の一族は、最後までやる。
始めたら、それが最期の始まりだ。
私の最期となるか、相手の最期となるか。

 

多分、そんな生き方が村上水軍だったんじゃないかな、と勝手に思ってます。

 

 

 

その地を守る覚悟
丸山議員は、私のように過激なことは言いません。

お会いしたのも一度きり。
非常に温和な方です。
ですが、村上水軍の指揮官の末裔。

「小坪」という地名にひかれ、綾瀬市の笠間議員の紹介でお会いしたのが初めてだったと思います。
FB上で見た際には、「小坪トンネルが崩落」とあり、私はなぜか「早く修復してあげてください!」とコメントしました。
「全力を尽くします」という内容のコメントが返ってきて、それからのお付き合いだったと思います。

 

派手さは、見えにくいでしょう。
ですが、CHINAと思い切り喧嘩をする「臓器狩り」をなぜ取り上げたのか。
その経緯を、まさに同志である笠間議員(綾瀬市議会・自民党)が紹介しています。

 

なによりも知っていただきたいのが、彼の優しさと強さ。

国への陳情活動中に、参議院会館前で偶然知り合った、臓器移植ツーリズム問題に取り組む方の話を聞き。

活動を助けるようになり、今では地方議会議員を巻き込み、その指揮官を務めています。

この問題の難しく恐ろしいところは、抗議をする相手が中国共産党である点です。中国共産党が行なっていると思われる、臓器移植ビジネスに抗議をしているのです。

 

実に恐ろしく苛烈な活動です。

おそらく、中国共産党からマークされており中国には渡航できないらしいです。

しかし、丸山ひろあき逗子市議候補はニコやかにこの激務をこなします。

 

まさに文武両道を突き進む丸山ひろあき市議候補は逗子市の貴重な人材であると私は友人として皆様に訴えたい!

 

 

 

 

 

きっかけは、小さなものだったと思います。

たった一枚のチラシから物語は始まる。

 

臓器狩りの話を聴いて、貴方はどう思いますか?
ひどいな!と怒る方、悲しむ方、多々おられるでしょう。

シェア、拡散という形でネット上では戦っていきますが、
ですが、「ひどい!」と思ったとして、【CHINAに思い切り喧嘩を売る覚悟】で、
公人として、この問題を取り上げることが、果たして何人にできるでしょうか。

 

見ず知らずの方のため、我が身をリスクに晒し、
それでも戦うことができますか?

相手は、明らかに自分よりも大きな勢力で、
万が一の場合には、危害だって加えられるかも知れない。

 

何か見返りがあるわけでもない。
ただ、危ないだけ。

それは関係のないことなんだ、
「その地を守る」と決めた、その宿命ゆえなのだろう、
何がなんでも退かない。

そこで指揮をとる男は、
ただ物静かに優しく笑うのみ。
少し照れくさそうに、はにかみながら。

私たちは、こういう人を支えるべきだと思います。

 

 

逗子市議会議員選挙
平成30年3月18日 告示
平成30年3月25日 投開票
(選挙期間は3月24日までであり、本記事の拡散は24日の23:59までです。)

 

どうか、私の同志に力を貸してください。

 

逗子市にご家族・ご友人のおられる方は、【丸山ひろあき】に一票を!

 

もし知人のいない方は、

 

神奈川の同志に届くようシェア・拡散で支援をお願いします。

 

「戦う議員を支える!」方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

17 Responses to 【地方議員烈伝?】ウィグル・チベット、法輪功らへの臓器狩りを許さない【CHINAと戦う丸山ひろあき】

  1. medakanoon のコメント:

    【地方議員烈伝⑨】ウィグル・チベット、法輪功らへの臓器狩りを許さない【CHINAと戦う丸山ひろあき】 ウイグル人・チベット人など、また法輪功など「CHINAが弾圧」する”無実の囚人”らが生きたまま臓器を摘出されてい

  2. 琵琶鯉 のコメント:

    この中国のウイグル人、チベット人に対する臓器摘出売買についての話は、余命blogにも投稿されており官邸メール「余命三年時事日記ミラー」の「余命290」として官邸に要望として送られています。累計件数79000件以上になりますかね。
    丸山ひろあきさんが当選される事を祈っております。

  3. 月光仮面 のコメント:

    小坪先生は村上水軍でしたかーー浄喜寺と浄蓮寺が村上水軍の寺です そして
    村上仏山先生 そして 中津の村上病院ですか 村上水軍のまつえですね
    行橋って古い地ですね その昔は 美しい夜の都 でしたかそれが行橋の原型
    ですよね 話をもどして チャイナは世界を敵にしつつあると思います
    それは 共産党ですね 問題は そして 日本も 「天皇の即位式に」ケチつけて
    いますは 国民の名前をかたって ナンパーセントの支持があるんだ
    と言いたい チャイナに一言でも戦争反対と言ってみなさいよ 言えない癖に 

    • 月光仮面 のコメント:

      日本の政党の皆様 今 御党の支持率と非支持率はいくつですか
      それは どのようにお考えですか 政策を迷惑に思っている
      国民の方が多いという事です 解散された方が 国民は喜びます
      そして 一言 よく国民や市民という言葉を出してきます これって
      テロリストが市民に逃げ込む手口 何ですよ テロリストが
      市民を犠牲にして逃げ込むのと同じですね 支持されていないのにね

  4. 波那 のコメント:

    中国が侵略したチベットやウィグルでどのような蛮行、暴虐の限りを尽くしているかを知らしめようと活動をされている政治家が地方におられるとは。大変勇気のある方ですね。世界は中国がチベット人にウィグル人に何をしているか知りながら知らん顔で、何処の政府も何もしようとはしていません。ただ一つインドだけが多くのチベット人の亡命者を受け入れてダライ・ラマ法王倪下もインドでお暮らしです。インドは太平洋を中国の覇権侵出の脅威をから守る日米印豪のセキュリティダイアモンドの同志です。親中派だったターンブル首相も中国人がオーストラリアの土地を次々買い占めている侵略脅威に気づいて〈転向〉されたようで、すっかり取り込まれてしまった翁長知事には望むべくも無いことです。

    御存知だと思いますが先日、アメリカ議会上下両院で「台湾旅行法」が可決されトランプ大統領が署名されて法案が成立しました。さすがトランプ大統領ですね。中国に対して断固とした態度が取れなかった前大統領とは違います。オバマさんて中国が南シナ海に軍事基地を建設してたのに見て見ぬふり、結局アジアでの中国の脅威を増大させただけ。尤もアメリカという国は危機を煽って武器を売りつけるということを繰り返して来た国ですからオバマさんの意図もそこにあったのかと勘ぐってしまいます。

    これまでは中国の目を気にしながら配慮してコソコソと両国の高官が訪問し合っていたのを大手を振って相互訪問し仲の良さを中国に見せつける、これからは事実上、台湾を一つの国として扱うというアメリカの毅然とした態度に中国は怒り心頭発狂中です。先日、習近平が全人代で演説した内容をブログ「台湾は日本の生命線」で取り上げられています。

    米「台湾旅行法」と習近平の台湾侵略の野心
    http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3287.html?sp

    平和秩序への挑戦ー中国の軍拡
    2018/03/2117:28 0 0
    「中華民族の偉大なる復興」なる国家目標を掲げる中国の習近平国家主席。それは平和を愛好する世界各国が警戒するべき富国強兵、新秩序建設の夢というべきだろう。習近平が三月二十日に行った全国人民代表大会閉幕の演説を聞いても、そう思わざるを得ない。
    (中略)

    そしてその一方で、こんなことも言っている。

    ―――(人類の平和と発展に貢献するという)中国人民のこの願望に偽りはない。中国は決して他国の利益を犠牲にして自己の発展をはかるとことはしない。中国は永遠に覇を唱えない。永遠に拡張をはからない。他者に脅威を及ぼす習慣のある者だけが、他のあらゆる者を脅威と看做すのだ。

    はぁ??侵攻して略奪した国は全て我が領土である。だから中国のその正当な権利を非難するのは中国の平和を乱そうとしている悪辣国家であると強かに決めつけたのです。一体どうやったらこのような脳内変換がいとも容易に共産主義者の頭の中では起こせるのでしょう?

    習近平の演説はブログに詳しく述べられています。習近平は中国人民と中華民族には一つの共通の信念がある。それは、我が偉大なる祖国の領土は一寸たりとも、断じて分割させることはないとも言っています。

    モリカケで騒いでいる野党と国内のパヨク勢力は尖閣を脅かし続ける中国の危険な意図から日本国民の目を反らし国防の備えをさせず日本を中国の思い通りにさせようとしている人達です。

  5. あかうお のコメント:

    中国での怪しい臓器移植の話は以前からネットの噂です。
    実際に移植を受けたり、待っている患者にとっては
    怪しいと思っていても最後の命綱で何も言えないでしょう…。
    人体を模型にする「プラスティネーション」は、元々ドイツだったかが
    発祥だったのを、中国が介在して乗っ取った…とか聞きました。
    中国共産党からすれば、邪魔な存在を処分できてしかも儲かる。
    笑いが止まらないでしょうね。

  6. AG のコメント:

    *日本の偏向メディア退治がチベット・ウィグルの幸せにつながる

    上野の有料パンダ「シャンシャン」を中国の商売、戦略であると知りながら大々的に放送する各メディア。
    それに呼応して大騒ぎの日本人。

    何とも単純な素直な平和ボケした日本人大衆の姿なわけですがそもそも素質として決して他国人と比較して劣っているわけではなくそれなりに世界上位の国力を持っている、つまり作り上げてきたそれなりに優秀な民族なわけです。

    それがネットが自由に使え情報を様々得ようとすれば出来る日本の今の時代に相変わらず情報統制で民主主義から隔絶した習近平独裁国家である中国の小手先のソフトパワー戦略に易々と乗ってしまう。

    その原因は大きく見て平和志向の争いを嫌う島国気質をベースとして持ち、そこに左傾化した反日メディアのあらゆる情報発信を受け、或いは報道しない自由のために重要な真実の受信が出来ず権威とも言えるメディアに洗脳され続けていると解釈しています。

    そこでこのような能天気気質の国民が目覚めるために地道は地域地域での活動も大事でしょうがやはり寡占的メディアの偏向放送を止める必要があります。
    止めるとは消滅させるか、正常化させるかというものです。
    本来これほど日本国の国益を損ねて来ていまだにそれを続けているメディアは人であれば死刑、企業であれば消滅が妥当でしょう。

    しかしこれほど巨大化した権力であるメディアを消滅させることは容易ではありません。
    今必要な事は法改正と偏向メディアの実態を広く国民に知らせ自分の頭で情報を考えるという習慣を持たせるとでもいうものだはないかと考えます。

    以前より徐々ではありますが、目覚める国民は確実に増えています。
    ある意味そのバロメーターは朝日購読者の減少と比例しているとも言えるでしょう。
    チベット、ウィグルの悲惨な状況を変えるその大きな動きとは日本が正常化する事です。
    それを妨害する親中・親韓反日偏向メディアとの闘いこそがチベット、ウィグルなどの解放に繋がります。

    「継続は力なり」

    とそんな中、河野太郎が王毅外相にパンダ貸与希求とか。
    その向け先もチベットなどそっちのけのあの市長の仙台であるとか。

  7. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    本日のエントリーは、歴史要素満載で実に面白かったです。
    元々地方議会の議員さんのブログですので、本来はこういった地元に関わるネタの方が当たり前の筈なのですが、何故か本ブログのネタの多くが全国区と言う訳の分からない状況が続いておりますね。

    現在の日本人が公式に名乗っている苗字は、”氏”と呼ばれるもので家族単位の苗字です。
    実は氏とは別に”姓”と言う一族単位の苗字もあるのですが、これは現在では公式に用いる事が無い為、既に忘れ去られている家の方が多いでしょう。
    江戸幕府を開いた徳川家康は「源・徳川・家康」を自称しておりましたが、これは「源一族の、徳川と言う家の、家康と言うオッサン」と言う事になります。

    因みに現在の日本の婚姻届には氏と名の記述欄しかありませんので、実は日本も「夫婦別姓」です。
    氏と姓を混同している輩か、氏を知らない輩か分かりませんが、やたらと夫婦別姓を推進している連中がおりますが、そんな事をしなくても日本は元々夫婦別姓なのです。
    只、日本の場合は血を継続する為の所詮外様である”借り腹”では無く、嫁であれ婿であれ一家の一員となる事を美徳としていますので、氏を嫁ぎ先に合わせます。

    江戸時代に武家など以外は苗字を名乗る事が許され無かったと歴史では学習しますが、公式に名乗らせなかっただけで、苗字が無かった訳ではありません。
    苗字があっても名乗らなかっただけで、多くの家では口伝で苗字が伝わっていました。
    ですから、明治に入って苗字解禁になった際に、多くの家ではそれらを公表しただけだったんですね。

    中華圏では氏が無く姓だけで、一族の血を絶やさない事だけが絶対的使命ですので、余所者は一族に必要ありません。
    直接血を受け継いだ子供さえ産めれば良いので、母が姓を変える必要はありませんし、そもそも受け入れる気もさらさらありません。
    母は子供製造機でありさえすれば、それで事足りるのです。
    まぁ、性欲処理の道具と言う一面もありますが。
    今もなお中華圏では、男系重視を固持し続けています。

    朝鮮を日本が統治した時代に行った、従来の姓とは別に氏を新設した”創氏”は、この辺りの事情を熟知した人が考え出した、ウルトラCだった訳です。

    扨て、我々が歴史の授業で習う”士農工商”は、実は殆ど我が国の思想ではありません。
    武家出身でも長男が家督相続後は、次男三男は長兄が死去した場合の備えとしての役目が確定してしまいますから、帰農して水呑百姓になったり、町人になったり、漁師になったりと、身の振り方は様々でした。
    逆も然りで、武家出身では無くても武家と縁組すれば、問答無用で武士として生きて武士として死ななければならないのが、日本社会でありました。

    更に主家が転封となれば家臣は追従する家と、現地に残存する家が発生しましたし、国替えには追従する家臣団とは別に引越しに伴う大勢の人足も必要でした。
    その人足が主家の転封先に留まる事も、やはりあった様です。

    もっと言えば、氏は順当に家が繁栄すると一族化して来ますので、住居を構えた地名や地形に変更したり、本家に遠慮して氏を変えたり、上手くすれば主家等から氏を賜ったりしますので、氏が途中から変わっている家は相当数あります。
    日本人の多くは姓とは別に”本氏”と表現すべき氏が存在するのも、こう言った社会背景があったからです。

    それらを考慮すれば、伊豆と蓑島の小坪は関連性があるかも知れませんし、単なる偶然かも知れません。
     
     
    扨て、チベット、ウイグル、法輪功の問題に首を突っ込める議員となれば、その信頼度は非常に高いと判断出来ます。

    この問題に関して中共は非常に神経を尖らせており、議員本人は勿論の事、その家族や親戚、友人や知人、後援会メンバーや支援者等も調査して、家族に中国人が嫁いているとか、中国国内でビジネスしているだとか、兎に角少しでも中国絡みの人が居ると、その人を人質に取る様な形で警告を発して来ます。
    実際にそう言った、脅しでこの問題から手を引かされた議員は存在します。

    つまり、今この問題に首を突っ込めるのは、その議員を含め周囲が真っ白である事を意味します。

    従って、何としても当選して頂かなければならない逸材だと判断出来るのです。

  8. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    うう…丸山さん出馬に関係なく、丸山さんの活動は広く知られるべきですよね…(感涙)当選されますように。
    中国は習王朝になるみたいですが…ウイグル・チベットの人達が心配です

    管制無視の中国機が『海保機を思わず墜落させかける』惨事が発生。中国側は責任を日本に全転嫁
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50509156
    11:名無しさん@1周年:20
    知事は中国政府に対して抗議する県民大会開くだろ

    34:名無しさん@1周年:201
    交信記録も動画も当然残ってるんだから言った言わないなんてすぐわかるだろw

    195:名無しさん@1周年:201
    >>34
    公的なものはもちろん
    別の航空機の操縦士はもちろん
    誰でも航空無線は聞けるのにね

    48:名無しさん@1周年:201
    >>1
    > 那覇空港から上海に向かう中国の旅客機が

    沖縄のあの知事の面目躍如ですなw

    テネリフェでは583人死んでるんだぞ。
    無許可離陸の上海吉祥航空が一方的に悪い。
    こんな会社は出入り禁止にしろ。

    ※47.
    > ネットは管制状況の動画を公開してくれ。

    成田、羽田だと、管制無線がありましてねぇ。
    https://www.liveatc.net/
    那覇空港は対象外のようです。

    成田空港への20年間もの電波妨害といい
    大事件起きてからじゃ遅いんだぞ
    アメリカでこれやったらその航空会社は即刻入国禁止になり、テロ指定受けたうえで裁判で5000億ぐらいふんだくられると思うよ

    中国大使館「東京の公衆無線LANは危険 サイバー攻撃を受ける恐れもある」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52212808
    何を言ってるんだと一瞬思ったが、安易にメルアド等の個人情報を抜き取ろうとする日本の公衆Wi-Fiは確かに危険かもね。 (完全フリーのWi-Fiは中国も少ない)

    中国のホテルは繋いだだけでウィルス感染しましたが、どの口がってね

    >そのサイバー攻撃を仕掛けてるのはお前らの国だろ

    まぁ日本に住んでる自国民に対しての「ちなみにウチはつねに日本サイバー攻撃してるから気を付けてね」って警告だと思うが

    マジレス
    中国国内なら情報統制されてるが
    日本だと不可能
    知られて困る情報や、真実が判明してしまう
    これを中国政府が恐れて出した意見だからな

    毎日新聞元経済部長、“在職中”に空き巣40件以上繰り返す
    毎日新聞大阪本社の元経済部長、藤原規洋被告(63)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/53177159
    17: 名無しさん@涙目です。(
    >>1
    >、在職中の平成23年から6年間にわたり、
    窓ガラスを熱して割る「焼き破り」と呼ばれる手口で空き巣を繰り返していたほか、
    消費者金融のATMから現金を盗み出そうとしていた疑いがあることがわかったということです。

    完全にプロやんかぁ
    プロのどろぼー副業が新聞社ぶちょーw

  9. やましろや のコメント:

    幕末までの日本は全て私兵集団ですよね。

  10. やましろや のコメント:

    >武家出身でも長男が家督相続後は、次男三男は長兄が死去した場合の備えとしての役目が確定してしまいますから、帰農して水呑百姓になったり、町人になったり、漁師になったりと、身の振り方は様々でした。

    武家といってもピンキリですから、下士ならあり得るでしょうし、同心(足軽)はそもそも平民のバイトが多数でしたから、、

    上士の場合は最悪でも自家の家臣取扱なので、農民や町人になったとしてもそれは例外中の例外でしょう。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      基本的に上士は所領安堵されてますので、所領地で帰農のパターンが多いです。
      とは言っても既存で本百姓は居る訳で、余程領地が広くないと水呑百姓コースでした。
      その他は塾や、剣術道場、経済的に余裕があれば部屋住みですね。
      藩によってまちまちですが、下士の場合は実質的には相続なのですが、一代限召抱パターンがあり、その場合代替わりの際は新規召抱の体裁を取っていました。
      勝海舟の実父などは、若い頃に漁師にスカウトされたりしてますね。

      • やましろや のコメント:

        >余程領地が広くないと水呑百姓コースでした。

        具体例がどれくらいありますか?

        『近世大名家臣団の研究』によれば、上士の庶子は最悪でも当該上士の家臣取扱とありますが、、

        勝海舟の実父って、旗本といっても100俵にも満たない御家人(=下士)並み且つ小普請ですね。

  11. まさじ のコメント:

    こんにちは、応援しています。
    たまたま、逗子に友人がいたので、「丸山ひろあき」さんがいいよと電話しました。
    しかし、選挙の応援で、知り合いに電話するのは、勇気がいりますね。
    たぶん、友人は「丸山ひろあき」さんに入れてくれたと思います。

  12. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    追記です

    ※閲覧注意※豪州で開催中の人体標本展、家族がDNA鑑定要求「弟がいるかも」中国の人肉工場から遺体入手か
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49614261.html
    2: 名無しさん@
    法輪功の噂は前からあったな

    14: 名無しさん@
    >通常、医科大学に提供される献体は年配者だが、
    展示会の人体標本は「若い男性が多い」と指摘した。

    こえええwww

    29: 名無しさん@
    名誉欲と自我愛が強かった中国のアナウンサー
    大連市長の愛人でありそれを言いふらしていた
    嫁がキレたあと拉致して行方不明
    暫くしてこいつがご登場
    ttp://www.moeruasia.net/wp/wp-content/uploads/2018/09/1345074933_70de.jpg

    66: 名無しさん@
    薄熙来と谷開来 露呈した「臓器狩り」「死体販売」主謀者の顔
    ttps://www.epochtimes.jp/jp/2012/08/html/d13579.html

    チベット、ウイグル、内モンゴル、その他50以上の少数民族、法輪功、、
    中国共産党がやってる事はまんまナチス
    そこに投資したり、蜜月になったり、擁護してる奴はナチス親衛隊と同列
    ナチスの蛮行はまだナチス崩壊までほとんど明るみに出なかったが、中国共産党の蛮行は全く違う
    「俺達は知らなかった」では済まされない
    日中議連、経団連、みずほ銀行、野村、TOYOTAなど引くなら今の内だぞ?

    元々ドイツ人の解剖学者が開発したプラスティネーションって技術で、量産工場を
    中国に造ったらお約束でパクられて、中国側はプラストミックって名前付けて
    今ではドイツの本家とは無関係にやってる

    李寧 人体標本
    ↑でぐーぐる画像検索してみて
    全人代でうったえて逮捕された女学生だけど、その後消息不明、そしてある標本が…どうみても顔が本人だから

    ※44
    ドイツ人学者ってハーゲンスってやつだよね。
    アウシュビッツでユダヤ人の皮でランプシェード作った奴らとかわらない。
    それに中国の資本とお国柄が合致して「人体の不思議展」

    日本で開催されていた「人体の不思議展」はドイツのだったと思う
    頭髪や眉毛、眼球の色も白人のものだった
    当時、梅田で開催されていて見に行ったよ
    日本で開催されていたのはごく一部だけ触れていいものもあったけど大体が禁止されていた
    筋肉や筋なんかは見た感じがゴムみたいだった

    人体の不思議展行ったことあるけど妊婦が複数いたり、月齢ごとの胎児いたり建前である「生前に了承得てる」って説明に「妊婦が死にそうになったとして胎児も献体するか?
    と当時から疑問だった
    それから数年後に大紀元関係が健常者を標本にしてるというニュースだしはじめて、このソースは相当怪しいけどありうると思ってたらどんどん後追いのニュースが出てきたんだよね
    法輪功も時には正しいことを言うw

    人体標本工場周辺には少なくとも3つの刑務所や強制収容所が存在し、政治犯や法輪功学習者が拘留されていた
    大連市にある広大な人体処理施設の地下倉庫に保管されている647体のうち、少なくとも7体に頭部外傷があった。2体の頭蓋骨には銃弾が貫通したとみられる穴があった(2004年、ドイツ紙シュピーゲル)
    2004年の展示作品『妊婦と胎児』は、胎児が子宮にいる8カ月の妊婦の標本だ。出所は、「公安局、2001年」と示されている。
    追査国際(WOIPFG)代表で元中国の軍医・汪志遠氏「どうして臨月近い妊婦の遺体を、家族ではなく、公安当局が管理することができたのか」
    こわっ!
    そして記事がどれも10年以上前すぎてこわ!
    中国バブル(2008北京オリンピック?)以降はもう世界がひれ伏してた感じあるよね

    ※86 自分も似た話知ってるよ。福/音/館書店から出てるふしぎ/なや/どや って絵本。もっとマイルドな表現になってて、宿の女将が旅人をロバに変えて売り飛ばす。宿の名物が豚饅じゃなくて蕎麦饅頭だったけど、中国の昔話ベースだからきっとその話なんだろうな。

    ※129
    情報ありがとうございます!
    ふしぎ/なや/どや、ぐぐってみました
    「三娘子の驢馬」という話がベースみたいですね
    自分が読んだのもそのお話が元になったものかも。思い出の中の絵柄はコロコロしてて豚だと思ってたけどロバだったかw
    自分でも調べてみましたが「水滸伝」の登場人物「武松」にまつわる話が
    やっぱり旅人を騙して饅頭にしてしまう宿屋の話があるみたいで
    人を騙して売り飛ばす・食べてしまうネタは中国の古典的なお話なんでしょうね 怖いわ

  13. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    更に追記です

    ポンペオ米国務長官「数百万人のウイグル人が虐待に耐えている」ウイグル人拘束めぐり異例の中国批判
    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48823409.html
    11: 名無しさん@
    新疆ウイグル自治区は開発途中の大規模油田があるから
    中国はチベットよりも死守するだろうな

    中国は安保理国なのに制裁違反や民族差別に宗教弾圧とか叩きどころ満載だな。
    以前からBBCがウイグル地区では潜入報道していてCCTVの民族友和は嘘だと言ってた。
    欧米に身ぐるみ剥がされる感じで年末にはキンぺーさんはグダグダになる予感。
    日本と違って限度を知らない勘違い中国人がプライドだけは高い白人を怒らせた自業自得。

    東トルキスタンは、中国の核実験でも酷い目に遭っていたよな。
    あれにもパヨク(当時はまだその名は無かったが)どもはダンマリ。

    「テロ」ではなく「東トルキスタン独立運動」では。

    ※307
    核実験も酷いものだが、それ以前にも相当酷いことをしてきたそうだ。
    Wikipedia「東トルキスタン ? 2.12 中華人民共和国」によると、

    また、チベット亡命政府によると、中国政府は「政治犯」として50万人もの東トルキスタン人を
    虐○したといわれ、妊婦に対して「計画生育」という名目で胎児の中絶を強制し、犠牲になった
    胎児は850万に上ると推計されている。
    チベットでも同様の産児制限と中絶・不妊手術の強制が行われた[2]。

    ・・・これを知っている中国人は、そりゃ、
    日本が南京で20万人?とか言われたら、
    あぁ国家権力ならその程度軽くヤるだろう、
    と簡単に信じるかもな。
    そんなんするのはだいたい共産圏、
    独裁国家くらいだけどね。

    日本政府もこれくらい言えば良いのに。
    チベットも忘れないで。

    【カトリック教会】バチカンと中国政府が暫定合意…中国独自の司教7人承認
    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48823412.html
    12: 名無しさん@
    中華カトリック「中国天主教」の聖職者たちは、「神」と共に「中共」にも
    忠誠を誓っとるのよな。

    13: 名無しさん@
    本来なら共産党の弾圧を真っ先に受けそうなんだがな
    それが存続できているという事は、神の上に共産党があるのか?

    17: 名無しさん@
    >>13
    そうだよ。そもそも政府公認の方は中国共産党が設立してるしもうめちゃくちゃ。

    これって金曜の記事と関連あるのかね。
    ソース:view point 2018/9/21(金)
    「キリスト教弾圧強める中国」
    なんとなく中国の脅しに屈したって感じがするがね。

    確かに単なる暫定合意だしね。
    バチカンからしたら、中華思想一党独裁共産主義国でクリスチャンがなんらかの形で当面生き残れることの方を選択しただけでしょ。
    何度も言うけど、単なる支那内の司教だよ。
    枢機卿になったわけじゃないんだよw

    本スレ12
    案の定、日本のキリスト教関係はだんまり。
    戦前・戦中のことに関しては「皇居遥拝を強制されたー。我々は間違っていたー」と日本を貶め、今上陛下のご譲位についても『天皇代替わりに関する諸儀式に反対する声明』(日本バプテスト連盟)『天皇の代替わり問題とキリスト教Q&A』(日本キリスト教協議会)とぬかしているのに。

    ※175
    ちょっと前の日本カトリックは、天皇陛下や皇室にたいして
    司教団の公式声明ですら汚い言葉で中傷を繰り返してきたのに、
    スグに反日組織の嘘が暴かれる近年では、【中立の批判提言】を装いはじめてるよ。
    昭和天皇の喪や今上陛下の御即位の時は、
    当時の日本カトリックは、汚ならしい表現で批判していた。

    カトリック新聞でも同じで、一般信徒を利用して天皇陛下を褒める記事(何様?)を
    掲載してた、ただし同時に日本国への中傷を入れていた

    今までさんざん、皇室、日本文化、日本軍人、自衛官、警官、公務員へ
    誹謗中傷・ヘイトを繰り返してきて、彼らの心を傷つけてきて
    今になって態度変え(身内では変わってないが)
    クズですわ

    ※223
    当時の在日宣教師やキリスト教を批判するのもいいんだけど、
    人身売買に怒った秀吉に対し、宣教師代表が言った反論も知っといた方がいい

    コエリョ「日本人同士だって人身売買やってるじゃん」
    今もこう反論してくる人がいたら、どう反論するのか準備してから怒った方がいい
    でないと、せっかく怒ってもいい結果にならない

    ※235
    というか当時の日本人の感覚では人身売買する事と
    【扱いが非人道的】なことで、
    西洋人とかなりの差があったのではないだろうか。

    当時のヨーロッパの魔女狩り、異教徒殲滅、
    南米を始めとした新地でのさつ戮や虐待。
    とても日本人の感性からはありえない物ばかりだ。

    秀吉を始めとした当時の日本人が、
    怒ったのは人として扱わないキリスト教ヨーロッパ人の態度と思う。

    キリシタン取り締まりの様子や(取締り役人たちも、2、3度の助かるチャンスを与えている)
    文禄・慶長の役で日本に連れてきた捕虜の朝鮮人たちへの扱いは、
    ヨーロッパ人と比較してきわめて寛大だったのを見れば、
    納得がいく。

    このソースだけ、もとい反日マスゴミのソースだけを見てるとこいつら自身理解してない淡々とした書き方してる
    CNNと産経にはちゃんと中国内の司教を任命するとある
    「中国内の」が抜けてるだけで意味は大きく違ってくる

  14. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    朝日潰れないでしょうか

    ロヒンギャ難民は日本の責任だと朝日記者が難癖をつけ始める イギリスだろ!とツッコミ殺到
    ttp://japannews01.blog.jp/archives/50514300.html
    17:名無しさん@
    てか、イギリスがバングラデシュからロヒンギャを
    連れてこなければ何も起きなかった。

    18:名無しさん@
    >>1
    > (朝日新聞ヤンゴン支局長兼アジア総局員・染田屋竜太)

    93:名無しさん@
    >植民地支配していたイギリスはロヒンギャ側に武器を提供するなどしていたというのです。

    どうみてもイギリスのせいです

    ロヒンギャ: 英国がミャンマーに連れて行ったベンガル人+その後密入国したベンガル人
    バングラデッシュに返すのが正しい。今はアパレイルなどで職も多いと思うよ。

    井本勝幸さんが超頑張ってんだからそれを記事にしろよ
    そんなことだから相手にされねーんだよ現地人に

    アレルギーの女性客を搭乗拒否、航空会社CA「あなたのせいでサービスを制限するなんて迷惑。他の方法で帰ればいい」
    ttp://jin115.com/archives/52234180.html
    重度のストロベリーアレルギーと診断されたクロエさんは、万が一の時に備えて常にエピペン2本を持ち歩いている。
    どんなに気を付けていても年に2?3回はアナフィラキシーショックを起こしており、今回の旅行でも細心の注意が必要であった。

    死に至るアレルギー持ちはみんなと同じように扱えない以上仕方ないんじゃないですかね。

    他の人が食べただけでも空気を介してアレルギー起こすって相当だな、まあもっと早くに航空会社に言っといた方がトラブルは避けられるだろう

    重度のアレルギー患者には専用便を専用の高い金額で用意するようにすればいい
    俺はチーフの特定の客のために全サービスを低下させるには反対だ
    このへんはアレルギーでなく例えば身体障碍者にも同じことが言える
    そのために国が保障を充実させて、サービス提供者がそういったサービスを適正に行えるようにすることが大事
    そこまで重度のアレルギーが障碍と同じように扱われていないことがそもそもおかしいのだ

    自分だけ頼まなければいいって人多いけど、重度のアレルギーは肌に少し付着しただけでもダメージあるんだよ。
    食べなくても食器や人の手を通してアレルゲンに曝される危険はある。
    だから全体に制限をかけなければ安全とは言えないのは解る。
    でもそれを搭乗時に要求するのは拒否されても仕方がない。

    Q. エピペンってなに?
    A. いわゆる強心剤、アドレナリン

    アドレナリンは日本人が抽出し、アドレナリンと命名した
    ヨーロッパはその功績を認めて同じくアドレナリンと呼んでいるが
    アメリカは人種差別により「日本人が先に発見したなんて認めない」と言い
    アメリカ人が命名した「イーピネフリン」(エピネフリン)と呼称した
    それが今でも続いていて、アメリカのアドレナリン製剤の商品名がエピペンなのである

    ベリー成分が含まれるものを機内サービスで他の乗客に提供しないという同意

    これがいけなかったな、自分には出さないでくれって言えば済む話だった

    >>300
    このアレルギー持ちの人の行動にも問題あるけど
    緊急事態では我慢出来る方が我慢するしかないだろ
    だってそうだろ?向こうは我慢できないんだから
    こっちが我慢するしかないんだよ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください