元民主を追撃せよ!衆院選に敗退のち、市長選に出馬。大混乱の太宰府市【元民主を許さない人はシェア】


 

 

「リサイクル」は良いことだが、捨てたはずのゴミが自宅に前に戻されていたらどうか。しかも貴方の気づかぬうちに。落選した民主(現・民進党、立憲、希望など)の国会議員が、市長選などに鞍替え出馬が横行している。
国民は、政権選択という状況下において、彼らの政党を完全に否定した。国政選挙で自民に勝てぬとみるや、市長選への鞍替えである。

今後、全国でも横行していくだろう。
単に、飯が食えぬという理由で、元・民主が市長選などに鞍替え出馬。有権者をバカにするにも程がある。早速、有名自治体でも生じた事態。舞台は、福岡県は太宰府市。

私は、自由民主党が推す「木村じんじ」候補を応援しています。
元・民主の国会議員に絶対に負けて欲しくない。

太宰府市が大混乱に陥ったことはご存じの方も多いと思う。その太宰府市における市長選に「元・民主」の楠田大蔵氏が新人で出馬。対する自民も市長候補をたてるが、こちらも新人。ブランド力で言えば、元国会議員、そして昨年末の衆院選に出馬していた元民主に軍配があがる。私は、国会議員経験を持った者が、地方選に出馬することは、【極めて無礼】だと考えている。

自民より出馬する木村じんじ候補は、極めて弾がいい。
太宰府市の市職員、さらには教育長も歴任。市政に明るく、まさに行政のプロだ。政策面で高い評価を受け、そして議会の多くも支持している。選挙戦も、かなり順当に戦ったはずだ、相手が「元・国会議員」でなければ。

※ 議長名を付しておりませんでしたが、許可を頂いたので氏名を掲示しております。
併せて、太宰府市議会について感じたことを、議長の演説を踏まえて大幅に加筆しました。(中段、水色字部分)

 

重要
【日米外交の危機】決戦、名護市長選。とぐち武豊候補に支援を【共に戦う人はシェア】

名護市長選挙
平成30年1月28日 告示
平成30年2月 4日 投開票

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

木村候補(自民)苦戦
残念なことだが、厳しい戦い。
やはり知名度勝負という部分はあり、元・国会議員が「地方選に鞍替え」した場合には極めて強力な候補になるのだ。私たち地方議員からすれば【反則】とすら感じてしまう。

ルール上は、問題ない。何の選挙に出ようとも、公選法はそれを認めている。
だが、モラルから見れば、どうだろうか。
国民は「元・民主」を否定したのだ。否定されたにも関わらず、知名度を悪用して地方選に出馬。これはリサイクルではない。捨てたはずのゴミが、貴方の知らぬ間に自宅の庭に不法投棄されたに等しい。有権者は「捨てる」という判断を、明確に下したのだ。それが戻されるというのは、如何なものか。

 

確かに、市長選においては太宰府市の民意を問う。
だがしかし、元国会議員のブランド力は相当なもので、誰が相手をしても苦労する。国政選挙を「知名度アップの踏み台」にし、そして地方選で大暴れ。これこそは、選挙制度の悪用だと思う。極めて失礼だ。そして、地方議会を真剣に戦う全ての議員を愚弄する行為だ。

 

私が、この市長選に憤りを覚えるのは、「地方議会をバカにしている」と感じたからだ。
市長選に至るまでの経緯において、地方議会の奮闘が背景にある。

 

 

 

太宰府市議会の凄まじさ
なぜこの市長選が開かれるかを強く述べておきたい。

市長選の起点は、実は太宰府市議会にある。
議会が前市長に対し不信任を叩きつけたのが、昨年である平成29年10月27日のこと。なんと全会一致で可決した。

この市長不信任に対し、市長は議会を解散。地方自治法に基づき、同月30日に議会を解散。太宰府市議会は任期中に解散となり、市議選を終えたのが昨年12月3日。
ここでも反市長派が多数を占め、不信任を再議決。これをもって市長は失職した。

 

首長不信任決議と議会解散
地方自治法に基づき、議会の首長不信任決議案は議員の3分の2以上が出席し、4分の3以上が賛成すれば可決する。首長は10日以内に議会を解散できるが、解散しない場合は失職する。

解散すると議員選挙が行われ、改選後の議会で再び不信任決議案が可決されれば首長は失職し、50日以内に首長選がある。失職した首長も立候補できる。

 

混乱状況は、大きく報道された。
前市長は、事実上、「元民主」を後継指名している。つまり、左派系・革新系だったのだろう。メディアの在り方は、特定方向に偏向しているように感じるので、その点は割り引いて報道を見るべきだろう。

私個人としては「議会は偉かった」と評価している。
現職市長を、不信任などをもって追い詰め、実際に不信任の可決まで持ち込む。これは並大抵のことではなく、制度として存在してはいても滅多に起きることではない。また、これを全会一致でやったというのは、議長の手腕もさることながら、議会がまさに一丸となっていたということだ。

 

中身についても言及されるべきだろうが、詳しくないので書かない。
ある程度は存じているが、責任ある立場として述べることはできない。
(本日、太宰府市議会の議長と会っていたが、「私は、凄いと思いました」等の所感を伝えさせて頂いております。)

私が評価されるべきと感じた理由。
ここまでの動きを議会が行うことは珍しい。
二元代表制のもと、確かに議会に権限は付与されてはいるが、ほぼ不発に終わる。抜けない伝家の宝刀と化しているのが実態だ。
ここまでの強権発動がなされることは、ほとんど例がない。

政策などの中身も重要だが、「議会がここまで動いた」ことは、まずもって評価されるべきだ。
やろうと思ってできることではない。

 

地方議員を、ただ単に礼賛するという意味ではない。
だが、ここまでのまとまりを見せ、実際に実力行為に及ぶことが、どれほどの負荷であるかは想像して欲しい。

議会が解散されることも覚悟の上で、受けて立つと抜刀した。
これは、単にこれのみをもって評価されるべきだ。

 

 

 

ここで元・民主の登場です。
馬鹿にしてるのか?と言いたい。

喧嘩に明け暮れることは評価されぬし、結果として市政が混乱に陥ったことについては、その点については誉められたものではない。

 

だが、議会がここまでの覚悟を示したうえで。

「国会議員のブランド力」で、現れたのが【元・民主】である。
どこかで見た手口だが、いまは無所属の模様。

 

議会の奮闘は何だったのか。
ここまでに至る経緯は、一体全体、何だったのか?

冒頭で述べたように、元国会議員というブランドは絶大だ。
普通に考えて無理ゲーである。

彼らは、それをわかって出馬してくるのだろう。

 

だったら、私たち地方議員は、いったい何なのか。
ただ単に踏みつぶされる存在なのか、という話になる。

国政選挙において、自民を選び、
彼等を「捨てる」と判断した国民は、いったい何なのか。

私は、「油揚げをさらえるだろう」という【打算のもと】、ノコノコ出てきた元・民主が大っ嫌いだ。
「彼等の考えそうなこと」とは思うが、やはり釈然としない。

 

 

 

政治家のリサイクル

全否定するものではない。

場合によっては、許されるとは思う。
そもそも公選法は、それを許している。
私は、あくまでモラルの面から指摘しているのだ。

 

議員を育てるためには、膨大な費用がかかる。
メディアでは、地方議員を含む政治家らはバカだバカだと叩かれるが、実際の業務はかなり専門性が高い。膨大な金額の税金の使途を質すのであり、所掌する範囲は極めて広大。例えば、弁護士・税理士・行政書士・司法書士。様々な士業があるが、議員に求められるスキルとは、予算規模や構成人数で考えても一人当たり10倍以上である。その実態はさておき。

国家資格保持者らが束になっても敵わないぐらいの知識量が求められる。
当選すれば議員にはなれるが、政治家にはなれないという所以である。

一般には、一期四年。
(今回のように解散する場合もある。)
衆院はさらに短く、参院はそれより長い。

 

議員報酬は税金より支払われており、その期間に学ぶことは膨大だ。
「学んだこと」自体が、その人物の存在そのものが、納税者の財産とも言える。

不真面目に議員活動を行い、たった四年の期間を無為に過ごす者もいる。
だが、徹底して勉強に明け暮れ、政策立案能力を磨き上げきた者もいる。

後者は、大変に貴重な「納税者の財産」であることを忘れてはならない。

 

ゆえに、鞍替えとか転出を、それ自体を全否定することはしない。
多くの場合は、やはり釈然とはしないが、「もったいない」場合も多々ある。

民間でも同じだが、研修費用こそが高額。
当選したてのときは、誰しも素人である。
私だってそうだった。

 

かと言って、政治家のリサイクル、
モラルの面から考えれば、許せぬ部分が多々ある。

 

 

 

木村じんじ個人演説会

見てもないのに、ネット上でごちゃごちゃ言うのはよろしくない。

よって、ちょっと行ってきた。

 

 

 

 

トップバッターでマイクを握るのは、中牟田伸二県議(自民)

(昨年末は、西元ともどもお世話になりました。)

 

続いて、松尾よしみつ県議(自民)

実はお会いするのは初めてになると思いますが、私のBlogを何度も何度もFBでシェアしてくださった先生。

 

この御淑やかなご婦人は、原田よしあき衆議院議員の奥様です。
今回は、原田先生からの急報もあっての太宰府入り。

ちょうど私の名前が呼ばれた際の一枚。
そして松尾県議(奥から二番目)が私に気付き、「お!」ってなった一瞬。

(奥より、中牟田県議、松尾県議、(太宰府市議会議長は登壇中)太宰府市議、太宰府市議、原田夫人、私)

※1 太宰府市議会議長、同市議にはblogで名前掲載の依頼を忘れてしまったので、恐らく名前を出しても悪くはないと思いますが、この場では記載しません。

※2 書いていいよと連絡があったら記載します。

※3 連絡がありました。なので、加筆します。

舞台に登壇した橋本健 太宰府市議会議長。
様々な報道がありましたが、最も聞きたかったのが議長の話でした。
果たして議会では何があったのか、報道されぬ真実に興味があったのです。

檀上では極めて抑えた話し方。
その端々、そして(文書ではありませんが)行間に込められた思いを感じます。

個人演説会のち少しだけお話しするチャンスがありました。
私は「ここまで動いた議会は素晴らしいと思う。」と伝え、かつ「全会一致に導いたことは、議長の手腕として評価されるべき」と伝えました。
翻って行橋市議会では、議長与党が過半数割れ寸前、議長採決に何度も陥っているレームダック状態です。
その原因は、私が爆破予告と言う脅迫を受けた際、被害者である私に対し(共産党の緊急動議を受け)議長会派が私を「撃った」からです。
私は議長選で協力したにも関わらず、この仕打ち。信頼関係も何もあったもんじゃありません。

私は、市長与党でありますから(これは行橋の話です。)
市長不信任案を出すことはないと思いますが、太宰府市議会の「まとまり」は凄まじい。
これほど各議員に負荷のかかる決断であったにも関わらず、ビシッと足並みが揃っています。
不信任からの、市議会解散。それを覚悟しての決起。これが全会一致というのは、本当にすごいことなのです。

市長だけが全てではありません。
市議それぞれも有権者に選ばれているのです。
それが全員で全否定したということは、「それだけのことがあった」と推定することは、妥当であろうかと思います。
ここで何があったか等は、実は色々と知ってはいるのですが、書くと余りに長いですし全ての裏が取りきれているわけではありませんので。

市議は、それぞれが政治のプロです。
全員でこのような動きをとったこと、その理由と背景についても考えて頂けますと幸いです。

相手が「革新系」ですと、メディアはそればかりを擁護します。
いま貴方の手元に届けられている情報は、果たして歪みのないものでしょうか?
私は、テレビばかりを見ていても、太宰府市議会の戦い、その理由を把握することはできないな、と感じました。
橋本健 太宰府市議会議長の応援演説には、それだけの重みが確かにありました。

 

 

 

木村じんじ候補と。

 

こちらは自撮り。

最近、セルフィーの練習中。

 

 

演説を聴いた中身ですが、本当にしっかりした市長候補だと感じました。

二期生の、折り返しもきていない(市外の)市議が、他者を評価をするものではありませんが、話す内容も極めてしっかりしておりました。

 

教育長という三役まで務めたとは言え、やはり行政あがり。
もう少し堅苦しいかと思いましたが、政策面についても現実味があり、その上で夢や希望にあふれています。

堅実、真面目一徹という印象。
ただし、(いわゆる公務員の印象として)言われたことしかしない等のイメージがありますが、極めて能動的、政策立案型の政治家です。

演説内容は、個別具体的な政策であり、
そのいずれもが現実味のある内容でした。

地区ごとに、すべて政策を組んで話していると推察され、
私が参加した地区の政策だけではないと思いますので、その内容には触れませんが、
良い意味で「実務能力の高い、政策型」と感じています。

 

 

 

人口問題

極めて綺麗に踏み込んだ部分でした。

私も何度も取り上げておりますが、来たるべき福祉財政の問題について、真正面から斬り込みました。

この点は、実は意外でした。
(その上で建設的な話、夢のある話もしていたので素晴らしいなと。)

 

太宰府市は、65歳以上がすでに2割を越えている。
これが10年後にはどの規模になるかを、具体的に数字を挙げて話しています。
(メモを取り損ねたので、数字はだいたいとさせてください。演説中には具体的な数字を出しています。)

団塊の世代が福祉を要するようになった際、
どのように財政運営をしていくべきか、という内容です。

 

これは、実は極めて難しいテーマでして、
(市長を監視する立場の)市議として議論するのならば、まだ可能なのですが、
実際に市長候補として正面から取り上げるには、実は難しいテーマです。

回答が、ない。
一言で終わるような話ではなく、ワンイシューでやれるテーマではありません。
ゆえに、選挙戦においてここから踏み込むことはかなり珍しいのです。
(そして、私が尊敬した部分でもあります。)

 

西洋医学のように、切開して終わり、投薬して終わり、ではありません。
単独の政策では解決不能であり、
例えば東洋医学のような、漢方療法に近い考え方で、
十重二十重に組み上げた政策で、長期スパンでやるよりありません。

 

私なりの分析にはなりますが、将来の納税者となる「若者世帯」の数こそが、
将来にわたっての「財政の安定性」の指標になると考えています。

その指標を向上させる手立てとしては、
意外に思うかも知れませんが、「教育」が挙げられます。

確かに生活環境も重要なのですが、「若者世帯」と仮定し、特に子育て中であるとすれば、子供の教育こそが最重要となります。どの世帯も、何よりも子供が大切で、子供を愛しているからです。

はっきり言いますが、偏差値の高い地域の、良い学校に通わせたい。
医療費の無償化だったり(当市はこれを実施しておりますけれど)、あれを無料にする、これを無料にする等よりも、何よりも親は重視します。

すでに住んでいる方は、このあたりの部分にも興味を持ちますから、
選挙戦では、これらの手当てについても言及されますけれど、

 

本当に「将来税収の安定性」に寄与するのは、教育力です。

私は日教組に否定的ですが、彼らのイデオロギーとか選挙がどうこうではないのです。
授業を行う能力が乏しく、公務員であるはずにも関わらず、政治活動ばかり。
真っ赤な教員にあたると、(授業レベルの問題で)子供がかわいそうだからです。

そしてそれは、市の発展を阻害する。
私はそう考えております。

 

 

さて、木村じんじ候補の話に戻ります。
(上記の部分は、人口問題に対する私の個人的見解であり、このような演説をしていたわけではありません。)

教育長出身ということもあり、話の随所に教育的な観点が見られました。
難しいテーマを挙げつつも、しっかりと答えを明示し、地区ごとに訴えて行く。
かつ絵に描いた餅ではなく、現実味のある政策を、自らの専門分野も交えて述べて行く。

 

応援弁士の話も大変に熱がこもっており、まさしくその地の未来を決すると理解できる内容でした。

このまま非自民系の首長となれば、県議としてはやりにくいという部分。
これは非常に苦しそうに仰っておりましたが、実際にそうだと思います。
太宰府市において、この部分を改善したい、その上でいくらの予算が必要だ等。

共に市民のため汗をかいていきたいという思いに満ち溢れており、
太宰府市議会議長の演説も含め、全ての演説において高い整合性がありました。
こんなにわかりやすい選挙も、そうそうない。

 

だが、それでも苦労しています。

相手は、地元の元・国会議員。
いまは「無所属」を名乗っている、元・民主です。

 

 

 

猛追撃

この情報がどこからかは言えません。

ゆえに「仮置きの数字」と見てもらっても結構です。
むしろ、私の与太話と思ってもらったほうが都合がいい。

 

 

僅かに、2ポイント差。

 

 

つまり、相手陣営の1%がこちらに動けば、逆転。

元・民主らは、昨年末の衆院選もあり、知名度は抜群。

この状態で、新人候補がここまで競るとは、誰が考えたでしょうか。

 

木村陣営の、必死の努力に違いありません。

そして、政治の実態を知る者たちが、死ぬ気で努力した結果です。

 

みんな、悔しいのです。

元・国会議員が、国政で自民に敵わぬとみるや、地方選。

「なんだよ!」という怒りもあるのでしょう。

愚痴や暴言は一切なく、淡々と建設的な話を、将来のことのみを弁士たちは語りました。
ですが、その端々には口惜しさ、怒りが感じられました。

 

かつて政党で戦った者が、政党単位で否定されるや、
党を捨て無所属に。

政党ロンダリングをして、とりあえずバッチをつけよう、と。
私には、そのように見えました。

高い下駄をはいており、普通の努力では勝負にもなりません。
その状態で、愚痴のひとつもこぼさず、この寒空の中、駆け巡る。
どれほどの戦いか、きっと伝わると思います。

 

この条件下で、僅かに2ポイント差。

地元の保守達が、そしてまともな政治家たちが、必死の思いで叩き出した数字です。

あと少し、もう少し、というところまで漕ぎつけた。

 

皆様にお願いです。
残念ながら、ネットや若い世代への浸透は、弱い。

リアル主体の選挙戦ゆえ、苦手分野もあるのです。

これ以上、リアルだけでは「伸びしろは少ない」のも現実です。

リアルも必死に動きますが、元・民主が無所属になり、市長選などを狙っている事例を「是非ともネットで拡散」して欲しい。

本当に市民のことを思っているのは誰か。
そして、本当に、市民の公益を実現できる能力をもっているのは、誰なのか。

 

 

 

木村じんじ候補に、清き一票を。

 

太宰府市に御親戚・ご友人のおられる方は、

 

電話などでの投票依頼をお願いします。

 

無所属にさえなれば「元・民主」の国会議員が、

 

有力自治体の首長になれてしまうとなれば、

 

二匹目、三匹目のどじょうを狙い、

 

こんなふざけた話が横行してしまうだろう。

 

「ここで止める」という思いを強く持ち、

 

太宰府市の良識ある政治家たちがつないだバトンを

 

是非とも繋いで頂きたい。

 

まさに僅差の2ポイント、接戦。

 

1%がひっくり返れば、勝敗は変わる。

 

この僅差であれば、ネットの力が物を言う。

 

ネットとリアルの橋渡しができれば、

 

充分に届くはずだ。

 

それぞれの場面で、戦ってきた者たちがおり、

 

ここまで漕ぎつけたのだ。

 

あとは、皆様一人一人をお頼りするよりない。

 

まだまだ苦しい状況は脱していないが、

 

確かな光明は見えています。

 

私は、元・民主の国会議員が、どうしても許せない。

 

政党ロンダリングで「騙しとおせる」と思っているなら、

 

有権者を愚弄するにも程がある。

 

しっかりと、国民の意思表示をするべきだ。。

 

「元・民主の政党ロンダリングが許せない方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 太宰府市長選は、1月28日が投開票。
まさに選挙戦の真っ只中であり、ネット選挙が可能です。投票依頼が可能な期間です。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

20 Responses to 元民主を追撃せよ!衆院選に敗退のち、市長選に出馬。大混乱の太宰府市【元民主を許さない人はシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    元民主を追撃せよ!衆院選に敗退のち、市長選に出馬。大混乱の太宰府市【元民主を許さない人はシェア】 「リサイクル」は良いことだが、捨てたはずのゴミが自宅に前に戻されていたらどうか。しかも貴方の気づかぬう

  2. 葉隠 のコメント:

    小坪先生、記事冒頭で
    「楠田しんじ」となっている所があります。(自民より出馬する楠田じんじ候補)と。
    気付かれたらお早めに訂正をお願い致します。

  3. shin のコメント:

    始めのブロック下から四行目、自民候補者の苗字が「楠田」になっております。
    「木村」にご修正をお願いします。

  4. 波那 のコメント:

    え?っ、ゴミが出て来るのですか。廃棄されたゴミが。先日の衆院選でも思いましたが、当然落ちるだろうと思っていた人が、またゾロ当選してたのに本当に驚き呆れました。民主党に日本が日本人が何をされたのかもう忘れたのですか。あの屈辱を忘れることができるのですか。日本が民主党に崖っぷちまで連れて行かれ、もう落ちて行くしかないのだと絶望していました。あの人達は出来ないことを平気で言う人達ですよ。

    自民党の国会議員の皆様、しっかり気を引き締めて地方選の応援をして頂きますように。

  5. あかうお のコメント:

    相手候補を調べたら、元国会議員という以上に厄介な相手。
    父親が元筑紫野市長で、2浪で東大卒業後、住友銀行勤務、議員秘書を経て
    民主党から立候補して当選。その後当落を繰り返し、民進党を離党、
    希望の党から立候補して落選し、今回の市長選挙。(wiki参照なので間違いもあるかも)
    略歴で書けば東大卒→住友銀行→国会議員で優秀そうに見えるし、マスコミは「苦労人」と書きそう。
    市が違えど親の人脈やノウハウもありそうだし、カネもあるだろうと推測できる。
    政策面は分からないけど、来歴からして左派なのは疑いようがない。

  6. 月光仮面 のコメント:

    皆様 今の政治は 対韓国 対チャイナになっているのだと思いますよ
    安倍総理が韓国の冬のオリンピックの開会式に行くそうです
    これ 行けば 日本の 負けです
    負けさせたのは 二階さん このかた 親チャイナ 親韓国 ですよね
    この 構図は 自民対民主 前はミンシン 今は立件だったか でも
    元は同じ泥でできた 坊主地獄 あは
    この 親チャイナ 親韓国 の政治家を一掃するべきです これを
    させないのが マスコミ 投票する時 候補者は隠して隠して隠し通す
    事です ここを しっかりと調べて投票するべきです  

    • 月光仮面 のコメント:

      安倍総理が総理大臣になったとき チャイナと韓国が反対というか
      拒否した それは なぜ おいら思いますに 駆け出しの時 チャイナ
      や韓国の金や支援を受けていない人物 言い換えれば 日本の政治家
      となるのでは無いだろうか この 金や支援を受けた時点で 親という
      言葉がつく政治家になり 国内でいかに恥をかいても もはや
      生き恥をさらす思い出 テレビなどに出ているのではないだろうか
      まったく日本にいらない政治家だと思いますね そして 安倍総理は
      がんばっていますが 弱い所があると思うのです 今回 改憲を
      引き換えに韓国へ行くと言ったのだと思いますが ここが弱いと
      同時に他の政治家が 支えないのがいけない それは何故か
      おれが おれが と言う政治家が多すぎる 実力も無いのに
      総理になりたいと良いすぎる 今は 安倍総理を支えるべきだと
      おもいます そして 次なる総理は 安倍総理よりもっともっと
      強い総理が日本には必要だと思います そして 日本の次なる
      政治家にいいたい チャイナや韓国の支援や金を受け取ることのない
      政治家を貫いてほしい もし それが 出来ないのなら
      政治家の資格は無いし なったとしてもこれからは 地獄が
      待っていると思いますし これからの日本では悪役政治家に
      成りますよ 正義の味方の政治家になってくださいね。

  7. ひろちゃん のコメント:

    大宰府は、「天満宮」の有力者の一声で票が動く、ときいたことがあります。また、観光客めあての小さな個人商店が多いので、そのあたりに「今回の選挙のもつ意味」を浸透させていくのが良いと思います。(今の段階では元国会議員のほうが、若いし、苦労人にみえる 涙)

  8. けん のコメント:

    木村候補の政策等を伝える動画やHP等あったら嬉しいです.(ツイッターに載せても公職選挙法に触れませんよね?)

  9. 嫁いで40年 のコメント:

    小坪先生、はじめまして。
    いつもブログを拝読しております。

    木村じんじ候補の個人演説会のお知らせをいただいてましたが、今までそういう場所に行ったことがない主婦で、気後れして伺えませんでした。

    元民主候補、昨年の衆議院落選後に、太宰府市長選挙に立候補と知った時から、怒りおさまらず。恥を知らないのでしょうか。

    衆議院戦時も地元メディアから好意的に取り上げられていたのを知っています。
    朝倉市や東峰村に駆けつけて云々。
    売名行為にしか映らなかったです。
    滑り止め受験のように、知名度を生かして立候補されたのでは、市民をなめているとしか思えません。

    主人も信頼出来る知人より木村じんじ候補を推してと言われたとのこと。

    そもそも芦刈市長が当選したことが間違いなのです。

    微力ではありますが、選挙権のある身内にも号令をかけさせていただきます。
    記事にしていただき、ありがとうございます。

  10. 子猫 のコメント:

    太宰府市民です。
    昨年よりお騒がせしております…
    昨年、楠田氏が衆院選落選後に市長選に立候補しようとしているとの話をきき、選挙は就職活動ではないし市長の仕事できるのかね?と呆れておりました。木村氏を応援しております。

    太宰府市は市の区域が横長?なため太宰府天満宮
    近くの地域と遠い地域とで全く違います。
    天満宮の影響力がないとは思いませんが、市全体にまでは及ばないのではないかなぁと思います。
    また意外と交通の便が良いため勤務先が天神・博多等の人も多く、アンテナを伸ばしていないと市政や市議会のことも情報として入ってきにくいのです。(日中は太宰府市にいないので。例えば衆院選でも原田議員の演説はなかなか聞けなくて鬼木議員のことの方が県議の時からよく見て聞いていたりします。)
    ですが、さすがに今回の楠田氏出馬には節操のなさに嫌気がさす人も多いようで、木村氏ってどういう人なの?と調べたり聞いたりして考えているようではあります。そのため当然木村氏優勢だろうと思っていました。
    今回のブログでまさかの楠田氏優勢と知りましたので早速家族知り合いに伝えます。
    ブログて発信していただいてありがとうございます。

  11. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    国破れてイオンあり

    太宰府 春にして草木深し

    なんちゃらかんちゃらアル

    • ハリマオ のコメント:

      日本で儲けて 日本を壊そうとしている でしょね 官営製鉄所の跡地も
      金儲け日本壊し それを許す日本人

  12. 琵琶鯉 のコメント:

    ついに新弁護士会の設立の動きがでてまいりましたね。
    産経新聞も弁護士会の内情をシリーズで記事にしてきました。
    Twttierで「新弁護士会設立」さんが、その必要性を訴えております。
    また、先日の虎ノ門ニュースで、青山議員がケントギルバートさんからの質問で「日本の法曹界は、試験の成績が一番いい人が、裁判官に、二番目が検察官、三番目が弁護士になります。よって、左翼の教授の授業を一生懸命受ける。ホントにスパイラルだね。」と。
    余命翁様も言ってましたが、地道な国民の活動を始めて3年、ようやくここまで来ました。あともう少しだと。
    どうか、多くの日本人が目覚め、そして自分が出来る事をコツコツと、日本再生に向けて動き出しますように願っております。

  13. ピンバック: 安倍総理は韓国に行くべきではない。【訪韓反対の人はシェア】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  14. のコメント:

    素人考えですが、いかに最低最悪の無能でも当選したことがある以上はそれを支える側の議員、勢力もいるはずでそれらの抵抗も表に出ずに全会で市長罷免が成立したというのは本当に凄まじいことだと思います。
    そうまでして罷免された市長と同じ側の候補が優勢ってマスコミや左翼の宣伝、偽装もまた凄まじい。
    太宰府は元は大宰府。水城を抱える国防の要です。後に大陸との関係が比較的穏和な時代には交易もやっていましたが。
    そんな土地に日本の防衛を軽視し、敵国と誼を結ぼうとする左翼側の市長は要りません。

  15. ピンバック: 【沖縄二紙が報じない真実】辺野古の"基地反対派"には、地元の人はほとんどいない。by地元民【知ってたらシェア】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  16. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議の応援が届きますように。
    そしてそう言う人が当選してしまう(票を投じてしまう日本人がいる)のが困った事ですね。
    あと、他国の試みがいいのか分からないですが…成功なら日本もやってもいいかもですね

    【ドイツ】 ADHDの子供を落ち着かせるため、200校の学校が重い「砂入りベスト」の着用を採用
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1955227
    43: 名無しさん@1周年 2018
    着てない時のすばやさアップしてまうやろ

    成長の阻害を気にするなら
    重りは腰や足首につけたほうがいいかも知れんが
    それだと身を包まれている安心感が得られないとかなんだろうか

    あーもー頭悪い奴らしか書き込んでなくてイライラする。
    感覚が普通の人と違うから、体と重みのある何かが触れることで意識が一部逸れる。
    もっと遠くのものや風の音とかに今まで支配されて落ち着いてられなかった子供が肌に触れる重さを感じる事で、歩き回ったりしなくなる。
    なんでそれを重さで押し付けるとかわけわからんこと言って、終いにゃ「アウシュビッツを生み出した国」だ?
    頭使えよ、ほんと脳みそねーな。

    元記事で教師がアメリカで知った〜って書いてるのにナチスだなんだとドイツを罵倒してるのは、都合の悪いことから目を逸らしているのか単純に頭が悪いのかどっちなんだろう
    子供が自分の意思のもとで納得して着用してるなら別にいいんじゃね

    海外のほうが出産前診断とか流行ってそうなのにADHDが多くいるのが意外


    どちらも鬱陶しいです

    「日本の明治維新150周年広報を阻止する」〜バンク、「日本海」表記の不当性、知らせる英文サイト開設
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/9020221

    女性ユーチューバー「PRするからタダで泊めて」にホテルのオーナーブチ切れ「今後、ブロガーは一切お断り」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1954911
    19: 名無しさん@1周年 2018
    >ホテルは当初の投稿では、ダービーさんの名前を明かしていなかったにも関わらず、
    >彼女自身が動画で「晒されて辛かった」と告白

    せっかくホテル側は配慮して名指ししてなかったのに自白して自爆か。馬鹿なんだろうなぁ

    メディアも教授もいい加減にして欲しいです。

    TBSが拡散した嘘マナーに『関係企業が激怒して猛反論する』悲惨な事態に。営業妨害だと批判が殺到
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50507493
    3:名無しさん@恐縮です:201
    これは緑茶に対する風評被害

    83:名無しさん@恐縮です:20
    由来はどうあれ、もらってもまず邪魔にならない万人向けの物だから香典返しに使われてるってだけなのに
    香典返しを連想させて縁起が悪いなんて聞いた事ないわ
    どこの馬の骨とも知れないマナー講師とやらが「こんな意見もありますので相応しくないとされています」でなんちゃってマナー捏造すんのか
    これ全国放送したらフェイクニュースだろ

    山口二郎の法政講義が『常識を越えた下劣な内容』で目撃者ドン引き、学問と呼べる水準ではない
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50507487
    4:あなたの1票は無駄にな
    いつの時代も正しいことを言う人は
    犯罪者からあれこれ言われるものだ

    46:あなたの1票は無駄にな
    >>4
    分かったよだから
    正しいことを言う日本は朝鮮や中国などの犯罪国家から
    あれこれ言われるんだな
    あなたの理論は素晴らしい
    中朝は犯罪者であることを改めて確信させてくれた

    27:あなたの1票は無駄にな
    > 単位を落とすのも問題なので、とりあえず賛同したふりをしてレポートや試験をこなすしかないというわけか。

    もはやアカハラ

  17. ピンバック: 沖縄メディアの断末魔、派遣(覇権)市民の天敵とは何か。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  18. ピンバック: 【翁長県政の倒し方】沖縄、選挙イヤー開戦。最前線へ!沖縄に行ってみた【県政奪還したい人はシェア】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

shin にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください