【厳戒】朝鮮有事、年内から正月に勃発の可能性【備えるためにシェア】


 

 

「年内~1月の初旬」にかけて、勃発の危険性がある。
半島の動静について、タイミングも含め百発百中で当ててきた私のブログで書くのは、縁起でもない。
だが、政治を含め【国家はそのように動いている】気配を感じる。こういう形での”あるかも知れない”を私が書くのは初めてだと思う。

具体的に述べれば、主要閣僚は「東京を離れており」仮に東京が核攻撃やテロ(炭疽菌などのテロを含む)を受けても、政府は転覆しない。
代わりに副大臣級は(地元ではなく)東京に終結しているように感じ、すでに非常事態シフトと言っても過言ではない。

例年、副大臣クラスが東京で(大臣の不在の中)非番を務める体制ではある。正月休みにかけての通常の流れだ、とも言える。
その上で「なんか今年は違う」というのが、私の体感している部分。
何か知っているわけでもないし、聞かされているわけでもないが「顔つきが違う」とか「雰囲気が変わった」とか、例えば声のトーンひとつ、そのあたりから【ヤバイ】と感じた。

大日本帝国と北朝鮮を比較するものではないが、
大東亜戦争が勃発した際の、「ハワイ」に相当するのが日本であり、
パールハーバーに相当するのが「東京」だ。

当時も、社会情勢としては「ない、ない笑」という空気であったと言う。
またクリスマスなど、相手の軍が稼働率が低いタイミングを狙うのは歴史が示す常套手段。
そしてハワイが日本に相当するならば、「クリスマスよりも正月のほうが危ない」というのは当たり前のこと。

米国と北朝鮮のチキンレースは、すでに佳境に入りつつある。
米軍は「先に殴って欲しい」ような雰囲気を感じるが、先に殴られた場合、つまり【リメンバー○○】なのだが、○○には日本とか東京とかが入ることになる。
米軍が先制攻撃を仕掛ける条件は、ミサイル開発は完了してしまっているため、核のさらなる小型化が条件となろう。
次の核実験後であれば、米軍は「先制攻撃をオプションとして手に入れる」わけだが、現状では【先制攻撃の可能性は低い】と思う。

その場合、「反撃」という形での開戦となるが、焼かれるのは日本だろう。
そして、それは正月前後の可能性は、否定できない。
政治がひどく慌ただしく動いている空気を強く感じる。

ミサイル着弾時に必要となるであろう情報を、再度、まとめてみた。
ご一読を。仮に何か起きたとしても、皆様が生き残ることを強く祈念する。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

J-ALERT(全国瞬時警報システム)
下記の再生を行う場合は、「デモ放送である」ことを把握している方のみで聴いてください。

混乱を生じる可能性があるため、人ごみの中での再生など、絶対にやめましょう。

以下は、「弾道ミサイル情報」「航空攻撃情報」「ゲリラ・特殊部隊攻撃情報」「大規模テロ情報」として放送される、Jアラートの音源です。

 

この音が聴こえたら、

 

すぐ逃げろ!

 

遮蔽物に身を隠せ!

 

弾道ミサイル情報

 

航空攻撃情報

 

ゲリラ・特殊部隊攻撃情報

 

大規模テロ情報

 

 

着弾地点付近にいた場合は、どちらにせよ死にます。

しかし、直撃でない場合は、「爆風」「熱線」「瓦礫」で死亡しますので、

遮蔽物などに身を隠せば「生き残る確率」があがります。

この音が聴こえたら、以下の対応をとってください。

 

 

 

内閣官房・武力攻撃やテロなどから身を守るために

 

 

 

1 はじめに
 我が国に対する外部からの武力攻撃やテロなどが万が一起こった場合には、みなさんの安全を守るために、国や都道府県、市町村が連携し、対応することとしています。しかし、こうした事態が、いつ、どこで、どのように発生するのかを事前に予測することは極めて難しいうえに、多くの人々に影響を与えます。

 実際にこうした事態に遭遇してしまった場合に、一人ひとりが混乱すると、対応の遅れや新たな危険を生じて、被害を拡大させないとも限りません。行政機関からの伝達事項やテレビ、ラジオの情報を十分に聞き、どのように行動すればよいかを判断するための正しい情報を把握することが重要です。また、地域や職場あるいは外出先の周囲の人々と協力しつつ冷静に行動することが危険を回避するために不可欠です。

 そのためには、日頃から、こうした事態に遭遇した場合にどのように対応したらいいのか、その際に必要なものは何かなどについて、家族も含めて心得ておくこと、備えておくことが助けになります。

 この冊子は、武力攻撃やテロなどに際して、みなさんがどのように行動すればよいか、あるいは普段から何を備えておけばよいか、などについてとりまとめたものです。こうした対応は、地震などの災害時における対応と共通することも多くあります。この冊子が、地震などの災害時についての行動マニュアルなどと併せて活用されることにより、みなさんのご理解がより一層深まることを期待しています。

 

 

警報が発令されたら
 みなさんの安全を守るため、武力攻撃やテロなどが迫り又は発生した地域には、市町村から原則として特別なサイレン音  を使用した防災行政無線により、みなさんに注意を呼びかけることとしています。そして、テレビ、ラジオなどの放送や消防の広報車両などを通して、どのようなことが、どこで発生したあるいは発生するおそれがあるのか、みなさんにどのような行動をとってほしいのかといった警報の内容をお伝えします。

 また、住民のみなさんの避難が必要な地域には、同様な方法で避難を呼びかけます。

 

※1 特別なサイレン音については、国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/)にてサンプル音をお聴きいただけます。裏表紙のQRコードをご利用ください。

※2 我が国に影響があり得る弾道ミサイルが発射された場合は、J-ALERT(全国瞬時警報システム)とEm-Ne(t 緊急情報ネットワークシステム)によって緊急情報を伝達しますが、この際、特別なサイレン音を使用せず、市町村が通常使用しているサイレン音を使用する場合があります(P31参照)。

 

 

(1) 武力攻撃やテロなどが迫り又は発生した地域において
警報が発令された場合に直ちにとっていただきたい行動
屋内にいる場合

●ドアや窓を全部閉めましょう。
●ガス、水道、換気扇を止めましょう。
●ドア、壁、窓ガラスから離れて座りましょう。

屋外にいる場合
●近隣の堅牢な建物や地下街など屋内に避難しましょう。
●自家用車などを運転している方は、できる限り道路外の場所に車両を止めてください。やむを得ず道路に置いて避難するときは、道路の左側端に沿ってキーを付けたまま駐車するなど緊急通行車両の通行の妨害とならないようにしてください。

 

 

(2) 落ち着いて情報収集に努めましょう
●警報をはじめ、テレビやラジオなどを通じて伝えられる各種情報に耳を傾け、情報収集に努めましょう。

 

(3) 避難の指示が出されたら
●行政機関からの避難の指示としては、屋内への避難、近隣の避難所施設への避難、市町村や都道府県の区域を越えた遠方への避難などが考えられます。みなさんの安全を守るため、状況に応じて適切な指示が出されます。

●行政機関から避難の指示が出された場合は、指示に従って落ち着いて行動しましょう。

 避難の指示に基づき、自宅から避難所へ避難する場合には、以下のことに留意しましょう。

●元栓をしめ、コンセントを抜いておきましょう。冷蔵庫のコンセントは挿したままにしておきましょう。

●頑丈な靴、長ズボン、長袖シャツ、帽子などを着用し、非常持ち出し品を持参しましょう(非常持ち出し品についてはP18 参照)。

●パスポートや運転免許証など、身分を証明できるものを携行しましょう。

●家の戸じまりをしましょう。

●近所の人に声をかけましょう。

●避難の経路や手段などについて行政機関からの指示に従い適切に避難しましょう。

 

 

 

ここまではテキストに書き起こして紹介します。
以降は画像でご確認ください。

 

 

 

身の回りで急な爆発が起こったら

 

 

 

 

武力攻撃の類型などに応じた避難などの留意点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪我などに対する応急処置

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃からの備え

 

 

 

 

 

国民保護のあれこれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙で持っておくこと

これらの「データ」は、目の前の端末で閲覧しているかと思いますが、「有事が発生」した場合には、

【ネット回線が使用できるか不明】です。

まずもってダウンロードしてください。

 

次に、スマホ・タブレットの類は、電池がなければ動作しません。

便利なツールは、インフラあってのものであり、原始的なツールのほうが強い。

命令口調で書きます。

 

印刷しろ。

 

内閣官房 国民保護ポータルサイト(留意点のまとめ)

マニュアルpdf(全文)

 

 

併せて、最寄りの避難所を調べておくこと。

「地域の避難所」と「自治体全体の、中央の避難所」を把握してください。

行政は恐らく麻痺し、地域の避難所まで手が届くかはわからない。

ただし、なんとかしようと努力すると思うため、「メインの避難所」の位置も把握しておいてください。

こちらも「紙で、持っておく」ことが重要です。

 

地図を買うこと。

近隣と、県内の地図を紙で持っておくこと。

スマホでgoogleマップを使うなどは無理でしょう。

通信回線がアウトになっている可能性が高い。

安い物で結構ですから、地図を持っていてください。

 

紙には紙の、優位性がある。

いざという時のため、「電池で」スマホ等を充電できる装備もあると便利かも知れません。

 

関連:
朝鮮有事と日本国内の被害(携帯小説風)

 

 

 

とりあえず水
ペットボトルの水を「箱で」車に保管していると便利です。
それなりの重量がある(人一人分ぐらい)ため、確実に燃費は悪くなります。

まず何より、水。

 

車で移動している方は、車内に「靴」も入れておいてください。
私はブーツを入れています。

また、枕元にも上下長袖のジャージなどを置いておくと便利です。
いざというとき、咄嗟に持ち出せる「避難袋」もあると便利でしょう。

 

 

 

政治家の動き
政府とは、大臣ら閣僚で構成される。

副大臣や政務官が置かれているが、伊達や酔狂で設置されているわけではない。

 

大臣が死亡した場合には、副大臣が職権代行として指揮をとる。
例年、大臣自身は東京を離れるのが通例だと感じるが、
代わりに副大臣が東京に詰めている。

これは不測の事態が生じた場合であっても、誰かが指揮をとることができるよう、
先人の知恵として敷かれているシフトだと思う。

ある意味では「今年も同じ」と言える。

 

だが、空気が違う。
顔つき、声のトーン、選ぶ話題。
その端々に「何か」を感じてしまう。

私は、市議にしては顔が広いほうだと思う。
当事者たちとも直接、会ったり話したりする機会が多々ある。

 

実際、どうなるかはわからない。
だが、「準備を整えつつある」こと、そして「覚悟」を感じた。

東京に核攻撃を受けても、閣僚は生存する。
政権だけが生き残る気か?というわけのわからない邪推は捨てて欲しい。

防衛省、厚労省、総務省、多数の省庁があるが、大臣・副大臣が全員死亡したら、
行政機構としての国家は「指揮命令系統を喪失」する。
助けに行くことも、防御することもできない。

 

個人の私見とさせて頂くが、閣僚級へのテロも想定すべきだと思う。
全員、殺してしまえば「国家は身動きがとれなくなる」からだ。
ターゲットとなる危険性は十二分にある。

例年通り、副大臣クラスは上京しているようだ。
いつもは「非番」みたいな空気なのだが、今年は”そうではない”覚悟をもって動いているようにしか思えない。

 

「起きる覚悟」を、政治はもっていると思う。

 

 

 

我が国の立地は、かつてのハワイ
米国は、「先制攻撃」or「撃たせて殴る」で迷っているように感じる。

先制攻撃は、現時点では取りにくい。
ミサイルの開発は完了してしまっているが、「核弾頭の小型化」については推察するよりない。
いま先手で動いた場合、国債世論がどうなるかはわからない。

 

大東亜戦争が勃発した際も、ハルノートを突き付け、
相手国(この場合は大日本帝国)を暴発させ、ハワイがあってのち開戦となっている。

※ ハルノートは、ハリーホワイトというコミンテルンのスパイが主導した。
共産主義国が台頭するために、「日本と米国と共倒れさせる」ために。

今回は、このような共産主義国家の暗躍はないものと推察する。
力学的にはあり得ない。
ただし、米国の動きというのは、特に変化はないように思う。

ゆえに、現時点では先制攻撃は難しい。

 

となると、「殴られてのち、反撃」となるわけだが、
かつてのハワイのようになるのは、日本だ。
リメンバーパルハーバーではなく、リメンバー東京で「反撃の旗」を掲げるよりない。

 

 

 

憲法で、私たちも死ぬ。
北朝鮮がさらなる核実験を行った場合は、米軍による先制攻撃は選択肢として考えるべきだ。
だが、現状では「日本人が血を流してのち」しか、始まりようがない。

 

自分が死ぬ、家族が死ぬと、急に当事者意識を持った方は
「さっさと先に撃てばいいのに!」と思うかも知れないが、
日本人が(そして貴方が)死ぬかどうかのために、自国の兵士の命を損耗させる国家は存在しない。

我が国自身が軍を持っているならば、もう少し話は別なのだろう。
だが憲法は政府を縛ることができ、現時点で九条が存在している以上、
軍を持たぬ我が国には「やる能力」もなければ、「動く判断」もできないのが現実だ。

 

 

 

 

 

特定秘密保護法案、安保法制は制定できた。

 

だが、改憲は、間に合わなかった。

 

すでにどうなるかわからない状況に突入しており、

 

【間に合わなかった】というのが、正直なところ。

 

一人の政治家としては、敗北感すら覚える。

 

だが国民それぞれに、

 

皆様に、皆様の家族に、

 

一人でも多く生き残って頂くため

 

地方議員として「せめて、これだけは」と情報発信するより手段がない。

 

有事となれば、自衛隊は助けに来ることはできない。

 

「敵と戦っている」からだ。

 

自然災害と大きく異なる点であり、

 

公務員を削減しまくった地方自治体では、この代替はできない。

 

自らが自らの命を守り、

 

家族の命を守って欲しい。

 

ちょっとした備えが生死を分ける。

 

「覚悟を決める」方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【厳戒】朝鮮有事、年内から正月に勃発の可能性【備えるためにシェア】 への20件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【厳戒】朝鮮有事、年内から正月に勃発の可能性【備えるためにシェア】 「年内~1月の初旬」にかけて、勃発の危険性がある。 半島の動静について、タイミングも含め百発百中で当ててきた私のブログで書くのは、縁起

  2. Tanaka のコメント:

    27日時点で、色々とあったみたいですね。
    『軍板では既定路線なんだが横田にC130が集結してんのよ
     昨日も9機目が降りて話題になっている』とか
    いうのを他サイトで、見ました。

    ハワイですが、当時の航空魚雷は50m以上沈下してたらしいですし
    要塞化されていましたから、世界的に見れば難攻不落の聖域だったのでしょうね。

    福岡市には、NBCどれが使われても不思議じゃないですね。
    北か南か支那かって違いだけでしょうし。

    困ったものです。

  3. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、正月近辺がやばい!警戒警報に気をつけよ!・・・・情報ありがとうございます!

    >リメンバー東京
    もし、核ミサイルの着弾、北朝鮮工作員のインフラ攻撃、朝鮮人の一斉蜂起等がおこったら・・・憲法9条は日本国民を守ってはくれない!ということだけは、すべての日本国民(パヨパヨチーンの脳内お花畑も含めて!)が実感することになるのでしょうね・・・あ、あのクイズ王:小西はいちはやく、亡命していたりしてねw

    >ミサイル着弾時に必要となるであろう情報を、再度、まとめてみた。
    >ご一読を。仮に何か起きたとしても、皆様が生き残ることを強く祈念する。

    いま、J-アラートの音をリビングで再生いたしました。いや、何度聞いても・・不気味な音ですね。
    この音が聞こえたら、わたしは、風呂に水をためる操作(水洗トイレ用です!みなさん、水洗トイレの水は確保すべきです!)をしたら、まずは、我が家で一番、安全なトイレにかけこみ!まずは、30分くらいはじっとしているつもりです。

    このブログを見ているパヨパヨチーン左翼の方々、なにかいいたげですねw
    お前の住んでるところが直撃されて火の海になったらどうすんだよ?ってね
    そんときゃ、そんとき、死ぬかもしれんし、さすがに、まわりに火がついてたら、にげますわな・・でもね、木刀もってにげますよ!朝鮮人工作員、シナ人工作員がおそってきたら、ただでは、死にませんぞ!一撃むくいるつもりでおります。

    地図はでかい地図をリビングにはっております。避難所の位置も確認ずみです。
    携帯はもたない主義なんで!それと、ラジオは手回し充電できるタイプを手の届くくところにおいてありますし、予備の電池も準備済み!情報はそこからとるつもり!とれればですけどね。

    閑話休題・・・・

    政治家の動きを読みながら・・・
    >だが、空気が違う。
    >顔つき、声のトーン、選ぶ話題。その端々に『何か』を感じてしまう
    そうなんですか・・・、これが、小坪先生が上京して体感されたことなんですね
    政治家の具体的なお名前はわかりませんが(おひとりはわかるかなw)、そういうことなんですね。。。情報ありがとうございます。脳内にメモいたしました。

    そのうえで・・・そのうえでです!!あえて、いいたい!

    小坪先生、今年一年、ありがとうございました。本当に師走までいろいろと勉強させていただきました。あえていう!よいお年を!来るべき新年がよいお年でありますよう、心からお祈りしております。

  4. Masa のコメント:

    有事はあると思います。
    ミサイルの直撃は正直運の問題なので、駄目なときは駄目だと思っています。

    それよりも、日本国内に既に潜んでいるであろう特定東アジア系のスパイや、それに賛同する人間が起こすであろうテロが恐ろしいですね。電力・ガス・水道・交通etc・・・おそらく、日本国内でインフラを破壊して回るでしょう。橋を爆破するだけで交通網も上下水道も終わりです。川が県境だとそれだけで孤立します。テロリストが逃げるついでに家屋に放火して回る可能性も高い。交通網がマヒすれば消防車もたどり着けない。

    何とか生き延びるべく、1か月~1か月半程度の食料や燃料、生活用品の備蓄は完了しました。風呂桶にもなるべく常時水を張っているようにしております。

    後は、日本人一人一人が肚をくくる・覚悟するしかないですね。
    来年、全てのゴタゴタが片付いて、日本人同士で楽しく笑っていられる国でありますように・・・。用意した備蓄が活躍するタイミングがありませんように・・・。

  5. RGM-79 のコメント:

    コメント欄に書き込まれる内容は千差万別ですね。
    小坪議員に賛成する意見もあれば批判も聞かれるわけで、読んでいて飽きないです。
    その中でやや懸念を覚えるとすれば、相手陣営を悪様に書かれる方が少なくない点。
    これは応援しているつもりなんだろうけれど、贔屓の引き倒しと言うか、ディスる方向に働くのでは、と心配になります。
    小坪議員の勇ましさの裏には、煩雑な手続きを踏んで漸く半歩前に踏み出せるといった現実があるわけで、自らを鼓舞する表現はその状況が困難を極めている事を表していると思うんです。
    プレステの格闘ゲーム、なんちゃら無双とかの爽快感とは真逆の、苦しい戦いです。
    むしろ格好悪いといった方が正しいと思います。

    そんな格好悪さが、生きるということなら〜
    寒空の下 目を閉じていよう
    あんなに一緒だったのにって歌ってる場合じゃないか。

    良い悪いは別にして、こういうもどかしさが民主主義です。
    その辺りの事情を酌んで応援していかないと。
    ナチスとかブルーコスモスになっちゃダメなんです。
    そのナチスもかくやの極論、暴論を述べる方も居られますが、何でもかんでも胸のうちを表出させればいいかと言えば、それは違うと思うんですね。
    場の雰囲気に呑まれて、ついイケイケドンドンな方向になってしまうのは分かりますが、(私も含めて)少しは自重しましょう。
    このままでは在特会の活動みたく、ヘイトスピーチ条例の施行に繋がる様なオウンゴールを招く気がします。
    まぁ杞憂かもしれませんが。

    おっと、上から目線でごめんなさい。
    「おまゆう」とか「おまそう」の声も聞こえてきそうですね。
    大丈夫ですよ。
    ヘタレの言うことなんか気にしないで下さい。

    今年も残すところ後2日です。
    年末になって久々に投稿した所、興が乗って複数回に及びました。
    配慮のない言葉に心象を害された方が居られたらごめんなさい。
    来年、私は小坪議員に賛同し正月に国旗を掲揚しようと思います。
    (存命していればですが・・・)
    愛国心は人それぞれです。
    先ず出来る所から始めましょう。

  6. araigumanooyaji のコメント:

    “我が国自身が軍を持っているならば、もう少し話は別なのだろう。 だが憲法は政府を縛ることができ、現時点で九条が存在している以上、 軍を持たぬ我が国には「やる能力」もなければ、「動く判断」もできないのが現

  7. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    戦争で決着がつくまで波はあるでしょうが、基本的に関係改善に至る事は無いでしょう。
    つまり、この年末年始が無事であっても、こう言った危機感は維持し続けなければならないでしょう。

    扨て、年末年始を軍の稼働率の推測材料にするのならば、やはり敵国の年末年始事情も知っておいた方が良いでしょう。
    嘗て北朝鮮は旧正月を中国の暦法に従う封建的遺習と見なして、1989年までは陰暦の旧正月を祝祭日と制定していませんでした。
    1989年からは民族の節日の重要性を強調するように変わり旧正月も公式な休日に制定、2003年から旧正月の休日を3連休に拡大した経緯があります。
    この為、韓国よりも北朝鮮の方が旧正月を重要視しない傾向があります。

    2018年の旧正月は2月16日です。
    若し、北朝鮮がこの日を節目としたいならば、何らかのアクションを起こすには、この年末年始は頃合いだとも言えるでしょう。
    更に、米国からしても中国との兼合いを見れば、やはり旧正月は無視出来無いと考えていても不思議ではありません。

    この手の事柄を民間人が判断する事は困難ですが、普段から用心しておく事に越した事は無いのは事実です。

  8. のコメント:

    朝鮮有事と日本国内の被害(携帯小説風)【腹を括ったらシェア】 2017年12月2日
    を読んでから、防災リュックを準備し終えました。個人的には「防塵マスク」が盲点になりそうだと感じました。

    **********
    国債世論→国際世論
    ではないかと思います。

  9. スカイツリー のコメント:

    流石に外れて欲しい予測ですが。

    人の一番嫌な事をするのは、喧嘩の常套手段。
    覚悟しておきます。

  10. ぽのかのぽん のコメント:

    炭水化物の補給源としてカップラーメンとコメは用意しました。
    あとはタンパク源としてプロテイン。
    微量栄養素としてビタミンCの錠剤を備蓄しました。
    (´・_・`)人J(´・_・`)し

    • お焼き県民 のコメント:

      マルチビタミンにするか、チョ○ラBBみたいなビタミンB群を含むものも加えたほうが良いと思いますよ。

  11. 妄想? 団塊世代(若者に嫌われている) のコメント:

    テト(ベトナム)ソルラル(설날)朝鮮、中国?は春節 日本も昔は旧暦でした、台湾では旧暦を農暦と言います? 旧暦の正月を避けて攻撃が自然では? 多分?

  12. めがちー のコメント:

    本当にマスゴミは呑気ですね。
    マスゴミこそ今の危機を伝えるべきなのに。
    日本人は呑気すぎます。何時かは分からないが、危機が確実に近づいているのは間違いないと思います。

  13. k のコメント:

    心の準備は出来ております。いつでもどうぞ。

  14. 通りすかり系 のコメント:

    大変勉強になりました。
    マスコミがこういう特集をやらないのがうーん。
    特に公共放送。

  15. pekemon のコメント:

    小さな被害で済むならそれは有かな?
    9条神話が崩れて憲法改正に一挙に向かう。
    マスゴミや半日勢力、中共の思惑通りに成らず、
    日本の武装強化に繫がる事を期待。

  16. ひろちゃん のコメント:

    結構いろいろなことが書いてあったんですね。それこそ、小冊子にして、1世帯に1冊配ってもいいと思いました。

  17. お焼き県民 のコメント:

    わたしがトランプさん、安倍さんならやっぱり開戦するなら正月を選びますね。

    一番ソウルからも東京からも人が減るでしょうから。

    幹線道路を破壊された場合に備えて帰省は止めました。
    1ヶ月分の備蓄は終えました。無駄になってくれると良いのですが。

    ここに集う皆様が生き延びて、良いお年を迎えられます様お祈りしています。

  18. ブレダ のコメント:

    未曾有の危機をなんとか生き残りたいですね。

    それと、北朝鮮のテロ要員と国内支援者による略奪にも注意したいです。
    自分の蓄えていたものが敵の手に渡り、彼らの糧になるなら、逆に多くの仲間の
    日本人を危険にさらすことになります。

    自分がダメだとわかったら、処分するしかないですね。

  19. 金星 のコメント:

    北=悪
    米=正

    なにを基準に北はならず者となっているのか
    当方にはわかりませんが
    米に守ってもらえてるから大丈夫?
    いつまでも日本の国土の上空を米軍機が飛び
    領土に米軍の基地があり
    港は軍港で米艦隊がすんなり入ってきて・・

    国際法違反を犯して無抵抗の
    国民をころされ
    憲法まで与えられ
    その憲法さえ未だに変えられず
    自国の正規軍さえ持てない

    そろそろ目覚めませんか?

    マスゴミその他主要機関に入り込んでる
    除鮮からはじめましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です