拉致啓発アニメの上映がイジメを引き起こす?教育長が謝罪、発言を撤回【拉致被害者の人権を守る人はシェア】


 

 

昨日の一般質問において、拉致啓発アニメ「めぐみ」の小中学校での上映を求めたところ、とんでもない答弁が返ってきた。
実際の動画をご覧いただいたいが、答弁を総合すると”在日朝鮮人の子弟に対するイジメの可能性が排除できない”ことを理由とし、教育的な配慮が必要であるため上映していないという答弁であった。

そもそも本アニメは、政府が企画制作したものであり、それが「イジメの可能性を排除できないもの」と、市教育委員会が認識しているならば大問題だ。内閣府を全否定する答弁であり、公式に議事録に刻まれる議場において、このような誤解を受けかねない発言があったことに強い怒りを感じる。

拉致被害者、及び拉致被害者家族の人権はどうなるのか。
拉致被害者を取り戻すべく、寒空の中、街頭に立つ者たちはどう感じるのか。
配慮の欠けた発言であるのみならず、努力義務とは言え、地方自治体の責務が法で明記されていることからも、違法性すら疑われる答弁であったと理解している。

モデルとなったのは、13歳で拉致された横田めぐみさんだ。
拉致され、いまだ取り戻せていない娘を、つらい記憶を、アニメにしてまで上映し、【これがイジメにつながる】可能性を公式に述べることは、どうにかしていると感じた。

本日、教育委員会に対して「議場での公式の謝罪、及び議事録の修正」を強く申し入れた。
これを受け、行橋市教育委員会は、教育長がお詫びし、議事録の修正を議長に申し出ている。

これに対し、救う会福岡は強く抗議。
謝罪・撤回のみでは不足しており、さらなる対応(要望であった全小中学校で上映)などを求め、教育委員会に書面抗議。

併せて全国協議会、及び特定失踪者調査会にも報告したと伺っている。
国、県に波及しており、議事録の修正はなされるものの、余波は治まる気配を見せていない。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

教育長の発言
平成29年12月定例会 本会議4日目 (H29.12.13) 工藤政宏議員一般質問に先立ち、発言の訂正の申し出がなされた。

発言の訂正については、その会期中においてのみ、議長の許可を得て行うことができる。(会議規則64条)

まず、徳永克子(共産党市議)が訂正の申し出を行い、(これは別件)
続いて、笹山教育長より訂正のため発言がなされた。

 

 

 

発言の時間をいただきまして、有り難うございます。

昨日の、小坪議員の一般質問におきまして、アニメめぐみの上映にかかるご質問がございました。
この件に関してましては、あくまで人権問題として捉える中で、全ての児童生徒を対象として上映するには、学年毎の学習状況等にも十分な配慮が必要であること、また事前・事後の人権教育に要する授業時間等の課題があることなどから、これまでは上映に至っていない状況でございます。

しかしながら、質疑・答弁における私の発言に際し、政府発行のDVDを上映することといじめの発生が排除できない又はその懸念に関連するかのように受け止められるような発言になってしまった事に対しまして、関係の皆様に大変ご迷惑をおかけいたしましたこと、また不愉快な状況をつくってしまったことにたいしまして深くお詫び申し上げますとともに、昨日の発言につきましては撤回をさせていただきたいと存じます。

今後につきましては、授業時間等の課題について協議を重ねるとともに、どのような方法で上映に取り組んでいけるのかについての検討を行ってまいりたいと考えております。

 

 

問題と感じた点(実際の動画)

クリックして下さい!

 

問題と感じた、教育委員会の答弁は以下。
ここからのやり取りをご覧頂きたい。

 

 

これは、上映する・しないの問題ではない。

政府が推奨する拉致啓発DVDに対し、
在日朝鮮人の子弟へのイジメの可能性について懸念しているという答弁にしか聴こえない点を問題視している。

私が「答弁として認められない」と議場で怒りを示している点の一つは、これだ。

 

詳細は以下。

 

 

 

発言への評価
不足していると感じる個所は、多々ある。
ここまでの事態になっている以上、要望してきた「全小中学校で上映」については明言すべきであったと思う。

明日以降、さらに問題は大きくなると想定され、
(拉致の問題は抜きにして)一般的な行政対応としても、
初期消火という意味では失敗だと感じる。

本件の問題は深刻で、このような発言の訂正がなされねば、
行政として上級省庁からの指導対象となる可能性も高く、
発言の撤回、修正のみで終局するとは思えない。
どちらにせよ「そうなる」可能性は高く、この場で答弁すべきであったと考えている。
(国からの指導となる可能性はあった。実際、内閣府から問合せがあった模様。)

 

その上で、及第点と感じている。
保守系ロビイスト、または著述業であれば「足りない!」と言うことは容易いが、質問席に在るものとしては、かなり踏み込んだ回答を得たという思いもある。

行政側(執行部)、議員側。
それぞれに異なるルールで運用される別機関、ところ変わればという部分もあり、
早期に発言を撤回、また文中において「お詫び」と明言している点については評価したい。

また、”拉致啓発アニメとイジメを関連づけた”と受け止められるような発言と言及している点についても評価する。
受け止められるような発言どころか、まさにそのものズバリであり、ストレートに言い放っているようにしか「私は」感じなかったが、その部分について「受け止められる可能性」を【行政側が認めた】ことは、実は大変に高いハードルがあったはずだ。

(※ はっきり言うが、全小中学校で上映以上に高いハードル。)
(※ だったら最初から上映しておいたほうが軽傷だったと思うのだが。)
(※ 問題がさらに発展する流れゆえ、上映についても明言しておくべきだったと思う。)

 

 

 

議事録の重み
議場での発言がどのような重みを持つか、だ。

教育長は教育委員会の事実上のトップであるが、地方議会であっても議事録は永久保存だ。
そのため、この場での発言は「当市教育委員会の公式見解」となる。

議事録が修正されねば、この発言は生き続けてしまう。
2つの問題がある。

 

例えば、私以外の議員が質問に立ち、以下のように質問したとしよう。

「政府が企画制作した拉致啓発アニメについてお伺いいたします。

これは、在日朝鮮人の子弟をはじめ、外国人へのイジメの可能性が排除できないものと、過去に答弁されておりますが、イジメや人権侵害につながるので学校および公共施設での上映は絶対に行わないでください。」と議員が質問したとする。

すると、行政は過去の発言に”明確に縛られる”ため、
仮に教育長が別の人間に変わろうとも、また教育部長が答弁しようとも、
答弁は、以下のようにならざるを得ない。

「議員、ご指摘の点でありますが、
以前にも見解を示しておりますように、
”イジメの可能性が排除できないDVD”であるという認識を、当市の教育行政はもっております。」と、このくだりから入らざるを得ない。

裁判の判例のようなものであり、
発言が訂正され、議事録が修正されるか、または「新たな認識」で上書きせねば、
時代が変化しようとも、そしてその人物が誰であろうとも、【役職により縛られる】という機能がある。

私であろうと、他の議員であろうと、誰に対しても行政は同じ答弁を強いられる。
Aさんには「あ」と答え、Bさんには「い」と答えるなどはできない。

ゆえに、私たち議員は、議会をまたいで繰り返し質問し、
答弁を積み重ねて「長期戦」で政策実現を果たしていく。
このまま、この議事録が残ることは、絶対に許容できないものであった。

 

二つ目の理由。
使われ方は同じなのだが、実は他の市区町村において「前例とされる」可能性はある。
議事録は、地方議会であっても永久保存だと述べたが、それのみならず公開のもの。

司法判断による「判決」が、他の訴訟でも援用されるように、
他自治体においても「○○という自治体では、このような見解を示しているが」という使い方は、あり、だ。
実際、私もやっているし、他の議員も行うし、多くの市区町村議が行っている。

無論、執行部が独自判断をくだし「よそはよそ、うちはうち」と答弁する場合はある。
むしろ、そのような事例も多い。
よそがやっていれば、全部通るなんてものではない。

だが、「敷居は下がる」のは、事実だ。
類似の答弁が、全国で多発する危険性は否定できないし、
前例が誕生することで、少なくとも「ハードルが下がる」ことは間違いない。

(※ 市長サイドを執行部と表現しているが、自治体によっては理事者と呼称する。)

 

 

 

行橋市議としては、矛を降ろす。
行橋市議として、当市の教育委員会を監視する立場(議会には行政監視権がある)
議事録の削除・修正をもって、一つの仕事は終えたのかな、という思いはある。
問題のある発言が執行部にあり、それを撤回させたことで、”議場での責任”については果たした。ゆえに、議場における追及は、教育長の謝罪をもって(行橋市議としては)矛を納めたい。

 

まずもって、当市に所属する議員としては
「議事録をなんとかする」ことが、私の責務である。
最優先の責務であり、これは他府県・他市区町村の議員ではできないこと。

ゆえに、行橋市議としての責務を果たした、という思いはある。
議事録の重みを知って頂ければ、この発言が「かなりハードルの高いものであった」こともご理解いただけると思う。

相当に強硬に伝えた部分もある、
かなりの要望を飲ませたという意識も、ある。
よって、矛を納めるという判断をする。

(※ これは、この発言についてであり、全小中学校で上映は別途、求めて行く。譲らない。)

 

行橋市議としては、責務を果たしたことで、
矛を納めると述べた。

だが、青いバッチを胸に飾る政治家としては、異なるスタンスも持つ。
自身の所属する議会という意味ではなく、第三者として俯瞰する立場に仮託し物を申すならば、もっと大きな別の問題を浮き彫りにしたと言えよう。

自らの所属する議会ではなく
(つまり、執行部に、謝罪発言を求めるなどの調整をした立場でないならば)
第三者の政治家として、本件を冷静に見るならば、
『まったく、許せない。』と思う。

 

 

 

政治家として問うべきこと
私たちが考えるべきは、アニメDVDめぐみの上映に際し、
地方自治体の、多くの市区町村教育委員会が、「イジメの遠因か?」という固定観念をもっており、結果として上映に至っていない事例は多数にのぼるのではないか?

このあたりは、県教委の指導体制にも指示を仰ぐべき点はあるように思う。
先端的な事例を議員として学び、(県内の市町村すべての)市教育委員会への状況把握を、一人の政治家として取り組んでいきたい。

 

当市の問題については、「行橋市議」としての責務を果たした自負はあるが、
それは「政治家としての責務を果たし終えた」という意味ではない。

いまだ引き裂かれた家族がおり、その日まで責任が消えることはないのだ。
イデオロギーを問わず、全ての政治家の責務に他ならない。

 

残念ながら、当市においてこのような事例が生じてしまった。
謝罪して撤回、議事録としては残らないとはいえ、
このような発言があった事実は消えず、

何よりも、教育行政が「イジメの可能性を排除できない」と発言してしまった事実は、消えることはない。

 

このような、酷い事例を生じさせてしまった議会の議員として、
本件について「話せ」という要望があれば、私は(仮にそれが自らの恥を晒す道であろうとも)日程と予算(交通費)が許す限り、すべてお受けさせて頂く所存です。

行橋の、この発言だけを責めても駄目だ。

この事例をもって「全国の地方教育」の在り方を問わねばならない。
恐らくは、いばらの道となるだろう。

それでも、俺はやる。

 

 

 

 

北朝鮮が怖くて、

 

政治家ができるか!

 

ミサイルが怖くて、

 

政治家ができるか!

 

苦杯を飲んだ、二十代の初出馬、

 

あの日、私人としての命など捨てたのだ、

 

守るために、誰かの盾になるために、

 

私たち政治家がいるのであれば、

 

私は、私の果たすべき責務を果たそう。

 

この後段には、やがて続く続編がある。

 

拉致に関して、私が一切、譲歩することはない。

 

前に立つならば、やるまで。

 

地方議員をナメるなと思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

拉致啓発アニメの上映がイジメを引き起こす?教育長が謝罪、発言を撤回【拉致被害者の人権を守る人はシェア】 への37件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    拉致啓発アニメの上映がイジメを引き起こす?教育長が謝罪、発言を撤回【拉致被害者の人権を守る人はシェア】 昨日の一般質問において、拉致啓発アニメ「めぐみ」の小中学校での上映を求めたところ、とんでもない答

  2. ピンバック: 在日朝鮮人の子弟のイジメが起きる可能性があるため、拉致啓発アニメ"めぐみ"を上映していない【信じられなかったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  3. ぽのかのぽん のコメント:

    常識人であれば拉致事件と外国人へのイジメとは
    どう考えても結びつかないのですがね。

    こんなトンデモ発言をするようでは、
    この教育長と北朝鮮関連団体との関係の有無を
    調べた方が良いかもしれません。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    昨日の質疑の@、どのような経過になっているのか気になっておりましたら、小坪先生のブログがアップされました。きたな!とおもい、今、読み終わりました。

    結果は、教育長が謝罪をし、発言を撤回されたとのこと!

    小坪先生の質疑がなければ、日本政府が作製した拉致啓発アニメの上映が在日朝鮮人子弟へのいじめをひきおこす!?なんていうとんでも発言が行橋市市議会の議事録に堂々と残り、しかも、その教育長の発言がそのまま、日本全国の教育委員会に波及するところでありました。それを水際で止められた!小坪先生、GJです。

    引き続いて、行橋市にあるすべての小中学校で拉致啓発アニメの上映が実施されることを強く要望したいとおもいます。

    閑話休題・・・・

    拉致啓発アニメの上映が在日朝鮮人子弟へのイジメを引き起こす懸念があると発言された教育長にたいする小坪先生の思いは・・・
    >これは、上映する・しないの問題ではない。
    >政府が推奨する拉致啓発DVDに対し、在日朝鮮人の子弟へのイジメの可能性に
    >ついて懸念しているという答弁にしか聴こえない点を問題視している。

    ここが肝だとおもいました。そのうえで・・・
    小坪先生、こういう答弁される教育長さんって、行橋市だけですかね、どうもそうはおもえないんですが!

    日本全国の教育委員会・・いったい、いくつあるのか一草莽のわたくしにはわかりかねますが、夥しい数の教育委員会に所属しておられる教育長といわれる方々の頭のなかにある認識が、行橋市の教育長と同様なものなんじゃなければいいな・・と不安が心のなかにわきおこってまいりました。

    だとしたら、そんな教育長さんはいらねえ!全員、やめてくれ!!!と、さけびたくなりました。

    長い閑話休題で失礼いたしました。

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    イジメと言えば、北朝鮮の指導者は北朝鮮人民をしっかりイジメぬいています。
    にも関わらず「差別ニダ!」とか「人権侵害ニダ!」とか言って、指導者を淘汰する気配すらありません。

    これは李氏朝鮮時代も同様で、日本統治が始まってやっと政府に抗議する様になりました。
    つまりあの民族は、しっかりとイジメぬいておけば、それに従うのです。

    この辺りの価値観の違いを理解してやらねば、多文化共生など夢のまた夢です。

    今まで批評や講義は在っても、しっかりとイジメぬいた例が殆ど無いが故に、あの民族は日本に対して「差別ニダ!」とか「人権侵害ニダ!」とか言っているのです。

    結論的には、笹山忠則教育長の心配は無駄な心配であると判断します。
     
     
    一応この度は訂正した様ですが、それで済むものでしょうか?
    昨日のエントリーで小生は「”笹山忠則教育長と朝鮮総聯との関係”を仮定する者が現れても不思議では無い」と警告しました。
    この”仮定する者”はいったい誰なのかを、考えて頂きたいものです。
    事なかれ主義であったり、良い人ぶりたいだけであったとしても、それを裏付ける為にはそれ相応の調査が必要でしょう。
    ってか、危機管理を生業にしているのならば、その辺りの疑義を消去する為の裏付け調査を行わなければ、それは職務怠慢でしかありません。

    【拡散】安保理決議、全会一致。どれほど凄いことか解説してみた。日米の勝利【納得したらシェア】で既出ですが、北朝鮮は安保理決議で制裁対象に指定された国です。
    更に米国からテロ支援国家の御墨付を見事に復活させた、輝かしい実績を誇ります。
    これにパレルモ条約の効力が加わり、国家(みなし国家)として行われた犯罪を結果的には訂正したものの、一旦は是認した笹山忠則教育長を手付かずで放置していては、国際条約を守る視点から言えば問題ではないですかね?

    この件は議事録上のお話とは別のお話が在ると認識し、それを世間は後押しする事が拉致問題解決の力添えとなる事でしょう。

  6. スカイツリー のコメント:

    まずは、発言の謝罪と撤回が有って良かった。

    これを機に市内の全小中学校での上映に繋がって、それが全国に波及して行くといいなぁと思います。
    県が管轄かも知れませんが、高校も。

    国に無償化して貰っている対象は、漏れなく上映でいい。

    • スカイツリー のコメント:

      勿論無償化対象以外の所での上映もして欲しいです。

      • スカイツリー のコメント:

        度々申し訳有りません。

        前言撤回。
        無償化は関係無い!

        日本人として当たり前。
        日本に日本人を取り戻す。

        ただそれだけ。

  7. 波那 のコメント:

    ▽半島有事で「難民ビジネス」横行 中国漁船がブローカーに 日本人拉致被害者かたる人物まで!?
    2017.12.13 11:30

     朝鮮半島有事の恐れが高まる中、混乱に乗じて利益を得ようとする人間が出てくる懸念が指摘されている。中国漁船が難民ブローカーとなったり、北朝鮮による日本人拉致被害者をかたる人物が出てきたりすることが考えられるというのだ。「難民ビジネス」のようなふざけた行動を許してはならない。(夕刊フジ)

     金正恩(キム・ジョンウン)体制崩壊後に起こり得る問題について考えるため、「特定失踪者問題調査会」が立ち上げた「『その後』プロジェクト」の会合が11月24日、東京都内で開かれた。

     プロジェクトの特別顧問を務める「北朝鮮難民救援基金」の加藤博理事長は、ベトナム戦争以後に起きた状況を重ね合わせてこう指摘する。

     「日本にベトナムのボートピープルがやってきたのは、ベトナムの船ではなく、中国の広東省と福建省の老朽化した船だった。ボートピープルと一緒にベトナムの華僑や中国にいる華僑の親戚(しんせき)も日本に運んできた」と話し、こう続けた。

     「北朝鮮は黄海上の漁業権を中国側に売っている。このため、中国の漁船が北朝鮮の領海に来て漁をすることは当たり前となっていて、北朝鮮の貿易部や水産事業部などの船とやり取りできる状況になっている。もし有事で北朝鮮の中央の統制が効かなくなったら、当局が中国の漁船とタッグを組んで『難民ビジネス』を始めるのではないか。過去の経験則からいってあり得ると思う」

     「ビジネス」として中国の漁船が運ぶ中には当然、カネを払って日本に渡ろうとする偽装難民が混じっている恐れも考えられる。

     同プロジェクトの特別顧問である評論家の三浦小太郎氏は「私たちが考えているよりも実際の拉致被害者の数がはるかに多い場合、難民の中に拉致被害者が含まれる可能性はゼロではない。逆に拉致被害者を偽装した難民が来る可能性だってある。そういったことに備えて日本政府が対処しているのか、私たちは今考えないといけないだろう」と指摘した。

     日本の水際防衛も懸念される。11月23日に秋田県由利本荘市に北朝鮮から来たという木造船が漂着した事案が発覚したのは、乗組員が上陸した後だった。

     調査会の荒木和博代表は「難民について、これまで海の向こうから船が来て、人が乗っかっているというイメージを持っていたが、(今回の事態は)『気がついたら難民が隣にいた』ということだ。こういうことが続くと、議論は『その後』ではなくなる。その割に永田町や霞が関は緊張感が足りないのではないか」と危惧する。

     日本は大丈夫か。

    http://www.sankei.com/smp/world/news/171213/wor1712130018-s1.html

    ✳毎日のように北朝鮮から船が辿り着いているようですが、有事が起きたらもっと多くの北朝鮮人が押し寄せるのは目に見えて現実のものになって来ました。日本海側の方は本当に不安でしょうね。もう既に見つけられる前に日本に潜入した北朝鮮人も居るでしょうし。辿り着いた船の処分は自治体の税金、それに胃潰瘍の手術までしてやった難民がいるようですよ。半島って上も下も日本に嫌がらせと迷惑かける為にあるのでしょうか。前の朝鮮戦争中に逃げ出して来た密航難民をそのまま帰国させられず何十万人も日本に定着させてしまい現在に至っています。あの時はまだ戦後間もない時期で対処ままならないこともあったでしょうけど、もう2度と同じ間違いを繰り返さないように政府にお願いします。日本に憎しみを抱き、繰り返し日本を貶めようと日本に住む人達との共生は無理です。

  8. 学のない保守 のコメント:

    発言の撤回、謝罪を引き出した小坪先生の
    お力に敬意を払います。

    ただ、やはり議会で大爆発を起こした余波は
    そう簡単にはおさまらないのですね。
    法論拠を越えた感情論(?)は下手したら
    全国どころか全世界に広がりかねなかった。
    (どこかの国寄りの我が国の勢力によって…)

    未熟な議会は国を滅ぼすんじゃないか、と
    改めて感じた次第でございます。

    行橋市議会を成熟させることも、先生の役目?
    …いやさすがにそれは先生が気の毒…
    失礼いたしました。

  9. 月光仮面 のコメント:

    この教育長 怖かったそれだけですね 

    • 月光仮面 のコメント:

      一言
      日本政府も している事は この教育委員長と変わらないと思います

  10. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    日本の教科書に反日害国人による日本人大量殺害事件が載らないのはそう言う日本人が邪魔してるんですね。
    日本人は日本人が受けた害国人による被害を隠蔽する。この一連の流れも拉致被害と共に教科書に載せるべきではないですか。
    日本の事ですら以下みたいなこと言ってますし

    【日本教育学会】教育勅語容認は「歴史ゆがめる」教材否定せぬ政府に批判する報告書
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52612168
    39: 名無しさん@1周年 201
    過去使われ方が悪かった面はある
    過剰な解釈はもう分かってるんだから有効利用すればいいじゃない

    53: 名無しさん@1周年 201
    使う使わないは学校の自由でいいんじゃね?
    使うなって押し付けるのはちょっと違うと思う

    419: 名無しさん@1周年 201
    戦前の全体主義とやらを問題視しつつ教育勅語を教えさせるなと
    統制を望むこの団体は、どう見ても自己矛盾を抱えてるな。

    435: 名無しさん@1周年 201
    >>419
    こう戦前のあらゆるものを全否定してる連中こそが
    正に戦前全否定原理主義の全体主義者なんだよねぇ

    こいつら自身がそれを全く自覚してない所が恐ろしいよ

    【これは酷い】「自衛隊のイベントに地元中学生が参加することは問題」中学吹奏楽部、沖縄・陸自“音楽まつり”への出演が急遽中止に 村教委が一部村民の声に配慮し参加認めず
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52613991
    102: 名無しさん@1周年 20
    えー!?
    私、吹奏楽部だったけど、自衛隊音楽隊はめっちゃレベル高くて憧れだったよ、子供が可哀想。
    子供は純粋に楽器が好きだし、大人の、それもプロレベルの方と一緒に演奏できたり、指導して貰えるのは子供にとって本当に貴重な体験だよ。
    私が子供だったら絶対悲しいし、腹立つ。こいつら何も分かってないと思うと思う。

    153: 名無しさん@1周年 20
    単なる職業差別なんでね?
    警察・消防・海保だったらどーなのよ?

    136: 名無しさん@1周年 20
    ノイジーマイノリティーに対する過剰な配慮はいらない

    140: 名無しさん@1周年 201
    音楽まで否定するとか、、

    【外国人技能実習生】失踪急増、半年で3千人超…賃金に不満か 法務省幹部「遺憾。分析しないと原因示せない」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52609981
    785: 名無しさん@1周年 201
    >>1
    半年で3000人とか目的が実習なんかじゃないのミエミエじゃないか
    流石にこの状況で企業の問題にするとか異常

    861: 名無しさん@1周年 2
    >>786
    募集条件に嘘偽りがなければ、その一言で終わるんだろうけどなあ
    まあ、悪質なブローカーの暗躍なんて話もあるらしいが・・・
    結局のところ、こういう形式で人集めしている日本側にも問題はあるだろう

    18: 名無しさん@1周年 201
    失踪者が出た受け入れ企業から罰金とればいいじゃないか

    失踪後の滞在先から偽造身分証まで含めたブローカーのパッケージだろ
    研修ビザとか期間労働者ビザとか不法滞在の温床だぞ
    アメリカがメキシコ国境に壁とか言ってるが、実際にはあんなのは麻薬とかガチの犯罪者対策で、大半の不法滞在者は合法的に入国していて、資格要件の低いビザが増えれば増えるほど不法滞在者も増える
    アメリカは短期の非移民系技術労働者ビザの資格要件は非常に高いが、雇用主が払う手続費用が10倍する移民ビザとか、非移民ビザでも農業と接客業の期間労働者ビザがある上、メキシコからだと陸続きでNAFTA加盟国で簡単に入国できるんで、増えているだけ

    中国の息のかかったブローカーが日本人学校のフリして補助金もらって東南アジア全域から若者を入国させて、企業はそれら「学生」をインターン名目で安く使い補助金をもらう。
    別にそんなに日本語が上手くならないまま卒業名目で放り出され失踪。
    あきらかにこのシステムのせいなんだが。調べりゃすぐわんさか出てくるぞ。

    広島高裁の裁判官が『前代未聞の超おバカ判決』を出して批判殺到中。日本人絶滅規模の災害を前提に
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50506270
    4:名無しさん@涙目です。:2
    それほどの火砕流なら
    大分は壊滅だな…

    8:名無しさん@涙目です。:2
    阿蘇の破局噴火を恐れるなら原発どころか西日本を居住禁止にしろよw

    13:名無しさん@涙目です。:
    ちなみにaso4ってこのレベルな
    https://twitter.com/Mie_Kenmin_MK/status/940818444731154437 死者一億2000万人予想
    広島高裁はこれを超えるレベルを想定してないからダメだそうだw

    33:名無しさん@涙目です。:
    >>23
    >野々上友之裁判長は「阿蘇の過去の噴火で火砕流が到達した可能性は十分小さいと言えず、
    原発の立地は認められない」と判断し

    どう見てもキチガイ判決だから諦めろ
    中央構造線では勝てないからこんな無理筋になってんだろ

    AIを使い、好きな女優やアイドルの顔をポルノ動画に違和感なく合成することに成功
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1950150
    29: 名無しさん@涙目です。(
    なるほど、AIコラか

    30: 名無しさん@涙目です。(
    素材を集めれば知り合いとかでも作れるよな
    これは戦が始まる

    48: 名無しさん@涙目です。(
    この場合、捕まるのは誰だよ

    珍しくいい話し

    『ブリーチ』久保帯人先生が探していた「僕を救ってくれた手紙の送り主」がついに見つかる!それは、意外な人物だった…
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52202224

    25年にわたって蛇の毒を少しずつ注射してきたパンクロッカー。世界を救えるレベルの人間に変化
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52202196

    人間て結構早く進化できるんですね…

  11. araigumanooyaji のコメント:

    「いじめ」と「差別」を持ち出せば絶対に勝てると思ってたんだろうな。文科省の元事務次官見れば教育関係者のバカっぷりは群を抜いてる。

  12. 読点 のコメント:

    アニメ上映において「イジメの遠因説」発言撤回は評価されますが、教育長としての発言が一晩で簡単に翻されるとは、責任ある立場の者として日本人の集団的安全保障もイジメ問題も、実はまともに考えていなかったことの証明のようで微妙です。

    知ってたけど。

    • 読点 のコメント:

      「いじめ」自体は人間の認知機能に由来するため「『悪いもの』だから、なくせ」といって無くなるものではありません。

      正当化の口実として使われる数あるもののうち、「拉致」を排除することはできますが。

      政治が対応できるのは、ここまででしょう。

  13. ひろちゃん のコメント:

    教育長には、もっとまともな人になってほしいということですね。事例があると、具体的でわかりやすいので、今後全国的にご講演されることを強く望みます。(とはいえ、北朝鮮有事の自治体の対応も優先順位としては高いかもですね)虎ノ門ニュースに出演できるとよいのですが、関係者の方ぜひご検討ください。(ケントさんから誕生日のメッセージきてましたよね)

  14. じいさん のコメント:

    謝罪と発言撤回があったとしても、当初答弁で堂々とあのバカ見解を述べたということは、教育長及び答弁作成に係わった教育委員会職員の本心ではないでしょうか?

    行橋市の教育長は、国籍をチェックした方が良さそうですね。
    教育長といえば、市行政の建制順では、No.3かNo.4(副市長2人制の場合)のトップクラスですよね。
    外国人を公務員として採用している、しかも行政トップクラスに、ということで、議会だけではなく市も全国的に有名になりそうな気配です。
    役職名を変更されたら如何でしょうか?「狂育チョン」とか…。
    日狂組上がりですか?

    日狂組は、とっくに特亜工作員集団認定をして何の期待も持っていませんが、学校に於ける「いじめ」も、在日が係わっている事例が多いのではないかと疑っています。
    ネット等で報じられる、殺人、自殺に至る凶悪事例も、在日絡みが殆どであるように見受けられます。
    いじめの精神構造も、チョンの精神構造と全く同じと思えますし、成人で収監されている凶悪犯罪者の割合もチョンが断トツの様です。

    もし、拉致啓発アニメ”めぐみ”を上映して、在日子弟のイジメが生じるのであれば、或る日狂組所属バカ教員の発した言葉で説明可能です。
    曰く、『イジメられる方にも、問題が有る。』

    在日帰国とビザ復活を早急に行うべきです。もちろんマスゴミ対策も。
    公明党が国交大臣を握り緊めている内は、ビザは実現不可能かな?

    公明党との連立解消を行っても、自民に与えるダメージは100%では無い様に思えるのですが。公明党のチョン和方針を嫌う保守は、結構多いのではありませんか?
    この部分が自民に復帰する可能性は高いのではと考えています。

  15. えいぴち のコメント:

    お隣の県の保護者です。

    私の子どもたちの通う小学校では、
    「平和教育」「同和人権教育」の授業に時間が割かれています。
    それらは保護者が頼んでもいないのに
    日教組の教員が勝手にやっているとのこと。

    「平和教育」という名の授業や集会に多くの時間を割くならば
    70年前の戦争の断片を反芻させるよりも
    ・なぜ戦争に至ったのか
    ・現在の戦争
    ・拉致問題
    などを言及しなければ、
    意味がないばかりか有害でさえあります。

    私は一保護者ですが、
    上記のように学校に抗議しました。
    職員室では右翼のモンスターペアレントと
    思われているでしょうが、
    子どもたち世代のために
    声をあげていこうと思います。

  16. つれづれなるままに のコメント:

    文科省等からの教育現場への通知が確認できた「大分県のHP」が更新されていません。
    http://www.pref.oita.jp/site/shigakututi/h2808.html

    拉致啓発ポスターの提出依頼や
    メチのいた島(竹島のお話し)DVDの利用通知などがHPに掲載されていて
    参考にしていました。

    大分県教育委員会にHPを更新するよう意見するのにご協力お願いします。

    現在、拉致啓発週間ですから、公的機関に拉致啓発ポスターが貼ってないのは
    「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」無視です。

    間違いなく、全校にポスターが配布されていますので
    提示していない学校にも意見できます。

    政府 拉致問題対策本部も、教育委員会も、
    現場(各学校)に、お願い通達ではなく、提示を通知したらいいのに。

    外国人への生活保護も、獣医学部設置不可も、文科省の勝手な通知。
    種子法廃止後の指定種苗の運用廃止も、農水省の勝ってな通知。

    ふざけるな、って思います。

  17. RGM-79 のコメント:

    >「日本人」というバッジを胸に貼っておけば、同じ日本人集団に向けた攻撃はチャラにできると思っている。
    多いです、こういう「日本人」
    とか、
    >コメント欄を見ていると「日本人」に夢をお持ちの方が多いようですが、「日本人」って、集団リンチが大好きですよ。
    と、読点さんは書き込まれています。
    随分大変なご体験をなされたご様子ですね。
    日本人に対する抜き差しならない憎悪を感じ、心中お察し申し上げます。
    私は日本人ですが、同族に攻撃を加えて痛みを覚えないといったメンタルは持ち合わせておりません。
    て言うか、普通攻撃なんてしません。
    多いんですか?そういう日本人が。
    統計局ホームページに依れば平成29年11月1日現在(概算値)の総人口は1億2672万人だそうです。
    どれくらいの割合なんでしょうか?
    第三者も納得のデータを開陳していただければ幸いです。
    集団リンチが大好きというのも寡聞にして知りませんでした。
    事実であれば明確な犯罪ですから、司直の手に委ねて下さい。

    被選挙人である小坪議員が最優先するのは、自国民の生命、財産、安全に関する項目であるのは論を待たないと思います。
    子供たちに拉致という事実を周知してもらうことは、彼らの安全を高める上で大変意義のある事です。
    在日の人たちの事は、そちらを先に果たしてから考える事で教育委員会の見解は順番が逆です。
    この優先順位に関して言えば、国会での答弁もひどいもので、立憲民主党の本多平直議員が河野外務大臣に対して行った専守防衛についての動画は、先制攻撃、ダメ、絶対みたいな内容で、それはもう言葉になりません。
    相手に先に撃たせるというのは、自国民の犠牲を厭わないという事でこいつら一体どこの国の国会議員なんだと、大いに憤慨させられました。
    憲法守れと言いますが、前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、」の部分は既に現実と乖離しています。
    特亜とかロシアが信頼できるわけないでしょ。
    竹島も尖閣諸島も北方領土も、外国からの侵略は現在進行中です。
    実際、日本人が殺されているんですから。
    先制攻撃の締め付けは既に解除されています。
    ターンはこちらにあるのです。
    「地べたに張り付いている奴らに思いっきりキツイのかましてやれ」
    ガンダムシードのザフト兵のせりふです。
    ショボい例えですみません。
    でも正直かなり近いものがあります。
    一部の人からは怒られるかもしれませんが・・・
    先ずは自国民を優先しましょう。
    当たり前の話ですが。

    • 読点 のコメント:

      >随分大変なご体験をなされたご様子ですね。
      日本人に対する抜き差しならない憎悪を感じ、心中お察し申し上げます。

      ありがとうございます。
      私が生まれ育った環境は、確かに大変なものでした。

      ただ、ご期待に沿えず申し訳ございませんが「日本人に対する抜き差しならない憎悪」は持ち合わせておりません。
      そんなもの維持し続けるのは、めんどくさいので。
      「関わりを避けるべき精神構造の人間リスト」はありますが。

      友人の関係者が殺人の疑いをかけられたことがありました。
      その方を、仮にXさんとします。

      ある日Xさんは家に放火され、家族を殺されたのですが、ある大手新聞があたかもXさんが犯人であるかのごとく書き綴ったため、近隣住民が「あいつが犯人ではないか」とXさんに疑いを向けたのだそうです。

      「だって、(Xさんは)近所の人だよ?」

      とてもそんなことをするような人には見えなかった。それなのに自分と同じようにXさんと直接会って会話を交わし、日常の付き合いもある近隣住民が、なぜ赤の他人のマスメディアの話を頭から信じXさんを犯人扱いするのか。
      この話をしてくれた友人はひどく動揺していました。

      後日、犯人が逮捕され、犯人の伴侶のAさんとXさんが浮気をしているとの疑いから犯行に及んだとのことでしたが、実はAさんとXさんはろくに付き合いすらなかった間柄だったそうです。
      犯人がなぜそんな誤解をしたのか分からない、と友人は語っていました。

      「Xさんが、そんなことをする筈がない」という目の前の現実を判断した友人は、正しかった。

      「家族を殺された」というただでさえひどい傷心状態のXさんに近隣住民の皆さんが向けた視線や無責任な噂話、さりげない拒絶は、無防備な心を切り付ける鋭利な刃物であったと想像します。
      Xさんはただ黙って大人しく攻撃にさらされていました。

      これを「仕方なかった」で済ませますか。

      マスメディアの誤報・捏造報道など、既に話題に挙げられる時代でした。

      私は彼らの行為を「いじめ」だと判断しますが、近隣住民のみなさまどうやら自分の行動が何を意味するか自覚されない上、自らがとった行動自体が記憶から消えたようでした。

      これに代表されるメンタリティーの人間が、とても多い環境でした。

      >多いんですか?そういう日本人が。

      はい、たいへん多いです。

      上記は身近な例ですが、虐待やいじめ、DV(女性のみならず、男性も妻から受けるものがある)にあっている現場に居合わせた周りの人間(「適応すべき社会」の構成員。加えて関係者や責任者、保護者だと最強)が見て見ぬふりをしたとか、社会システムから攻撃されたとか(冤罪など)十分、反社会的になりえます。もちろん必ずそうなるとは限りませんが、少なくとも社会不信に陥ります。
      ストレスから精神疾患を発症する方も、いらっしゃいますね。

      報道で取り上げられたり、法廷で扱われる事件を見る限り、事件や事故から日本全国津々浦々、日本人や日本社会が抱えるさまざまな問題が読み解けますが
      多くの方には「見えない」ようです。いえ、「見たくない」というのが正解でしょう。社会の表舞台に取り上げられるのは、所詮、氷山の一角です。

      もちろんご要望の「具体的な割合」や「第三者も納得のデータ」はあげられませんので、「だったら、『ない』」といわれるなら「そうですか」と答えるしかありません。

      きっと私の頭がおかしいんですね。

      自戒しなければ自分も加害者になるかもしれないとか、トラブルが起きたらもしかしたらその責任の一端は自分にもあるかもしれないと自省したりする視点や、自分が動くことで被害の縮小や状況改善を図れるといった「責任を取る覚悟」がなければ見えないし、まして自分が加害者であったなど認める方は極レアケースでしょう。

      私が「日本人は」と批判的に語る時、「自らもその一員になるかもしれない」、あるいは「だった」という自戒を込めていますが、都合の悪いことはナイナイして自らを枠外という安全圏に置きたい方々は「攻撃されている」と受け取るようです。

      自らを「罪のない一般人」「正義側の一員」だと無邪気に信じて疑わない方々の無神経さにはゾッとさせられます。

      さて、こちらのブログのコメント欄が基本的に「素晴らしい日本人」という共同幻想を掲げ、それにそぐわない現実は抹消し、都合の悪い事実を持ち出したり気にいらない発言をする者は攻撃してよしとされる方々のふれあいの場であることを理解しました。

      「自陣」vs「敵」という二分論的思考法が支配し、どうやら「『自陣』ではない」とみなされた読点は「『気にいらない』攻撃対象」という構図が出来上がったようです。

      今までもありましたが、おそらくこれから本格的に私のコメントへの意図的な「誤読」や「曲解」が始まるのでしょう。これ、十分、嫌がらせです。

      「思想の自由」や、「表現の自由」の、言外に圧力をかけた握り潰し。

      そして、自分が暴力を振るっている現実は、意識しない。認めない。説明しても、読み取らない。「間違い」が判明しても、謝らない。行動を変えない。

      過去において、散々思い知らされてきたフォーマットです。

      そんなものに付き合ってられないので退場することにします。さようなら。

      なお、悪意ある曲解をされている方が一部いるようですが、これまで読点が他の方に行った批判は「事実関係の矛盾」「多重スタンダード」「発言を裏付けるデータや根拠の(あまりにもひどい)欠落」「自助努力の欠如」であり、ご本人にはどうしようもないことや経験、そこに拠をおく意見自体を問題にしたことは鳥海山さんに対してすらありませんので、あしからず。

      • 西 のコメント:

        保守って、別に日本人を「無条件」に「称賛」する立場ではないと思うんですよね。保守というのは、あくまで「文化」や「伝統」を守り、その立場から日本人を道徳的に「教化」する立場だと思いますね。初めから日本人全員を「善人」であると見なしているわけではありません。

        残念ながら、現代の日本人の中にも間違いなく「人間の屑」はいますね。

        勿論、「特亜人」のように、まともな文化文明、道徳が発達しなかった為に「個人から国レベル」まで「屑だらけ」というのは有り得ませんが、金王朝がいかに人民を弾圧している事実を知っていようが、ひたすら北の体制を礼賛する者もいれば、狂信的な共産主義者だって一定の割合(もちろん少数ですが)でいるわけですし、詐欺師や暴力好きな奴らだっていますよね。

        所謂暴力団ですら、自分や組織の体面も気にせずに所構わず殴り合うわけでは無いのですが、大人であっても、精神が幼稚で、ちょっと気に入らないやつがいると、すぐに暴言を吐いたり、悪友と徒党を組んで虐め倒そうとする輩もいますからね。

        「大津中二いじめ自殺事件」の犯人(少年ですが)とか、その親とか教育委員会とか、彼らの素性までは分かりませんけど、よくここまで「厚顔無恥」で、羞恥心も無く、「人間の屑」になれるものだな、と別の意味(反面教師的な意味)で「感心」しましたからね。「教育」を担う立場の者が、悪質な「いじめ(ほぼ人間扱いされていない)」を見て見ぬふりをしていた(それどころか加担していた)事と、関係者の無責任ぶり、それどころか、いじめ被害者とその遺族を「非難する(いじめ加害者の人権がどうとかこうとか、日本の島国根性がどうのこうの等、的外れな非難です)」など、見ていて「これが今の日本なのか」と呆れ返りましたね。程度の大小の違いは有れども、どこの自治体も似たような感じだと思いますよ。役所や役人は信頼できないというわけです。

        似たような事件としては、他にも色々ありましたが、ネット関係で言えば「スマイリーキクチ事件」でしたかね。

        彼は、藝能人ですが、ネット上の「デマ」書き込みを「信じ切った人達」によって「言葉によるリンチ」を受けた事件ですね。最初は、ネット上の書き込みに過ぎず、根も葉もないデマですから、いずれおさまるだろうと思って、スルーしていたみたいなのですが、おさまらずに、氏は「弁明」を余儀なくされたそうです。

        それで多くは「誤解(といっても、氏自身に責任は無いのですが)」が解けたそうなのですが、一部はそれでもおさまらず、それどころか、氏の事務所に脅迫電話などがかかって来るようになり、仕事にも影響が出るようになったのだとか。

        最終的には仕事に支障が出てくるようになった為、警察に届け出て、虚偽の書き込みに対する警告をしてもらい、それでも誹謗中傷を繰り返す者達は、逮捕され、実刑を受けたそうなのですが、その時に彼らから出てきた言葉の中に「スマイリーキクチ」氏を、根も葉もない「デマ」で中傷していた事を「謝罪」する言葉は無かったそうです。

        まるで、北朝鮮の拉致事件を「右翼の陰謀によるデマ」だと中傷していた、数年前に亡くなった某議員や左翼学者などに似ていますよね。

        彼らが日本人(といっても、安保、全共闘世代ですが)である事は明白だと思いますが、彼らは確かに北に「騙されていた」のかもしれませんが、だからといって、無実の罪で中傷した拉致被害者家族に対する「謝罪」もしなければ、「善人」であるというわけではないですよね。

        自分は、「世間一般的」には「騙される方も悪い」と考えており、それは「騙される側」が悪いのは当たり前だが、だからといって、「騙された側」に何の責任も無いだとか、無条件に「善人」であるというわけでは無いという事だと思っています。「騙された側」がその「デマ」を元にデマ被害者を攻撃していれば、「悪人」になるわけです。ましてや「謝罪」もしていなければ、彼らを「騙した奴ら」と「同レベル」ではないのか?と思います。

        少なくとも言える事は、一方的な正義感で相手を攻撃する事に満足を覚える奴等は、人民裁判や奴隷制が好きな特亜人と何ら変わりが無く、たとえ相手が悪党であったとしても、「裁判」抜きに「私刑」を下せば、奴らと同レベルに陥る事、そして、そうならない為には「道徳」によって「人格」を「教化」(要するに、自分に甘くならない事)する必要があるという事ですね。

        ただ、在日については、生まれてきた子供らが自分で「在日」の立場を選んだわけでは無いので、その意味の責任を問うのは酷だと思いますし、そういった理由で攻撃するべきではないと思いますが、一般的に在日が攻撃されるのは、彼らの大半が密入国者である事、本来追放されなければならない所を、徒党を組んで「暴力」や「脅迫」出特権を奪い取って、本来帰国が可能であるにもかかわらず、大嫌いなはずの日本に不法に居座っている事と、政治が「事なかれ主義」で「超法規的措置」を取ってしまった事、韓国が在日の引き取りを「拒否」している事(本来、自国民の引き取りを拒否するのは国際法上の問題があるのですが)など、様々な攻撃されるべき条件が重なっている為、在日に同情できるところがあるとしたら、帰国事業時の北系のデマや祖国の韓国自身が、在日の引き取りを拒否している事くらいで、後は、「在日の身勝手な都合」によるものばかりで、同情できません。

        誤解や偏見による他者への「攻撃」については、自分も反対していますが、「落ち度」というか、「攻撃されても仕方が無い」理由で攻撃されるのは、むしろ「当り前」だと思っていますので、その点は重要な所だと思います。

  18. pekemon のコメント:

    日本人特有の事なかれ主義。
    自分に降りかかりそうな事はとにかく避ける。
    残念だがそういう日本人が多くなっている事実。

  19. ユエリー のコメント:

    この質問を全国の議会で行って欲しいです。
    私の市でも、きっと撤回前の答弁をされるだろうとおもいました。
    イジメ、人権、差別という模範的な?回答かと。
    これを機に全国の学校でめぐみさんのDVDが授業に取り入れられることを望みます。

  20. 旧新人類 のコメント:

    最初に拉致問題があるからこそ、拉致問題解決への一助としてアニメが作られたのであり、それがイジメを誘発するとか何とか言うなら、まずその懸念の原因であるところの拉致問題解決のために(=イジメの心配をなくすために)、なおさら上映すべきではないですか。こういう大人のせいで日本の教育が劣化してると思うと、ムカムカします。もうこうなったら、何が何でも全小中学校で上映するしかないですね。うちの自治体はどうしているか、聞いてみようっと。あと、じゃあのさんが来年の1月に「売国議員」という本を出すそうで、どの議員がどこから金をもらっているか暴露するそうです。もうベストセラー1位になっているそうですから、これからその情報が拡散されていくと思いますが、それがわかったうえで、じゃあ次はどうするかですね。また馬淵氏いわく、「自民党内にもチャイナマネー、韓国マネー、パチンコマネー」にどっぷりつかっている議員がいるということで、これらも「売国議員」で暴露されるのかな?

    話は戻りますが、上記「めぐみ」は教育効果の高い素晴らしい教材だと思います。たとえば、「めぐみさんは、君たちと同じくらいのときに拉致されたんだよ。自分の身に置き換えて想像してごらん」(他人への思いやりや想像力を醸成)、「ご両親もずっと愛する娘を返してほしくて、来る日も来る日も、駅前で署名活動を続けたんだよ」(家族愛、子供を思う親心)、「だからといって、子供に罪はないから、北朝鮮の子弟(そこらにたくさんいるもんですかね?)につらくあたってはいけないよ」(問題を分けて考える思考力)、「今も北朝鮮からミサイルが飛んでくるし、日本海側の海岸に北朝鮮の船舶が漂着してものが盗まれているから、浜辺に絶対ひとりで行ってはいけないよ。Jアラートが鳴ったら、親や先生の言う通りに冷静に避難行動するんだよ」(防犯意識向上)。その他もっといろいろあると思いますが、感想文を書かせたり、議論のテーマにすることもできます。どこかの公立学校が生徒に押し付けている変な民族教育よりも、よほど高尚な教材です。そもそも、外国の大統領(=トランプ)が、国連の演説で”sweet 13-year-old Japanese girl”が拉致された、とんでもない国だ!と北朝鮮を非難しているのに、当の日本人が、「北朝鮮の子弟がイジメられたらかわいそうで~~」とか北朝鮮を日本人に優先して、バカじゃないですか。とにかく、小坪先生、頑張れーー!押し紙、対共産党ハルマゲドン、その他いろいろ応援していますが、この件は特に力入れて応援しています。長々と失礼いたしました。

  21. 一郎 のコメント:

    拉致問題は、日本人の生命・安全を脅かす、重大な人権問題。

    日本全国の【だらしない教育委員会】を成敗なさる気概を感じます。

    ただ、先生の体は1つ。ご自愛ください。

  22. のコメント:

    小坪 様

    在日朝鮮人に忖度ですね。こういう人が教育長とは・・・。
    教育を語る資格はありません!!

  23. 匿名希望 のコメント:

    言い方ものすごく悪いけど、行橋市は議会も教育委員会も
    腐りきってるなあ。。。

    読谷村の教育委員会も酷いけど

  24. じた のコメント:

    拉致監禁を肯定する方がおかしい。
    つまり、朝鮮籍でも韓国籍でも帰化人でも、大人でも子供でも、
    「拉致監禁は重大な犯罪である。早く返せ」
    と、外国人も含めて皆が話し合う場にすればいいだけ。

    それとも、朝鮮人はみな拉致監禁という犯罪を美化して
    支持するからイジメにあうとでも言いたいのか。
    それは朝鮮人をバカにしすぎでは?
    差別だ、差別!w

    国籍にかかわらず、拉致を正当化する事で反発されるなら、
    それはイジメではなく、本人の反社会性が嫌われているだけです。

    本音は嫌がらせが怖いからってのはわかっていますが、
    建前と正論をうまく使ってもいいですよね。

  25. Y.S のコメント:

    小坪様
     行橋市のみならず、日本の地方教育行政の本質を露呈しているのかもしれません。
    沖縄のことですが、村立読谷中学校吹奏楽部の出演が、村教育委員会の判断で急遽中止になったというような新聞記事がFacebookで紹介されていました。
     拡散させていただきます。

  26. Y.S のコメント:

    言葉の追加です。
    ”自衛隊主催の音楽祭” 出演ということが抜けていました。

    小坪様
     行橋市のみならず、日本の地方教育行政の本質を露呈しているのかもしれません。
    沖縄のことですが、村立読谷中学校吹奏楽部の出演が、村教育委員会の判断で急遽中止になったというような新聞記事がFacebookで紹介されていました。
     拡散させていただきます。

  27. のコメント:

    仮に「いじめにつながる可能性を懸念して視聴閲覧を禁止する」ことを事を是とするならば、現実にいじめを行っている思想は禁止しなければおかしい
    現実に自衛隊員の子弟を「人殺しの子供」といじめた

    従って「職業差別を現代においても行っている日本共産党は社会から追放されるべき」

  28. MOSU5 のコメント:

    記事を読み、普通の人だと気が付かない、一見、反論のしにくい小さな既成事実が段々と積み上げられ、パヨク的タブーの世界が拡大されていく際の、「事の始まり」を垣間見るような気がしました。

    しかし、行橋市では小坪議員が教育長に発言を撤回・謝罪させており、さすがだと思いましたが、全国の他の地方自治体では、こういうおかしな事がまかり通ってることが多いんでしょうね。国レベルでもあるでしょうし。

    何とはなしに連想したのは、国会で「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」というのが全会一致で可決した件です。自民党議員の多くは、あの決議が意味することをよく理解してなかったようです。

    http://www.n-shingo.com/jiji/?page=351 (西村眞悟氏のブログ記事後半部分)

  29. ピンバック: 「拉致被害者のアニメは在日韓国・朝鮮人へのいじめ生みかねない」 行橋市教育長が不適切発言 – ネットニュースまとめ

  30. あかうお のコメント:

    「めぐみ」が在日朝鮮人へのイジメに繋がる…。
    百歩譲って分からないではないけれど、北朝鮮から拉致被害者を取り戻す事よりも
    住民の朝鮮人の方が大事って考えなのか?
    今回は訂正させましたが、これは議会で小坪さんが問題視して行動したから。
    表に出てこないだけで、イジメの原因となると考えている人間が他の自治体にいても
    不思議ではないし、逆に前例にしてしまおうと画策する輩もいるかもしれない。
    日頃から人権人権と騒ぐ連中は、誰の人権を見てるのか分かったもんじゃない。
    行橋市で起こって表沙汰になったのが不幸中の幸いかもしれません。

  31. ピンバック: 金井宣茂、大宮駅、「拉致被害者のアニメは在日韓国・朝鮮人へのいじめ生みかねない」 行橋市教育長が不適切発言 - サンタンデール速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です