朝日新聞は、自社製品(慰安婦の虚構)の責任をとれ。報道責任法の制定が必要


 

 

安倍政権になり韓国と疎遠になっているとか、サンフランシスコの件において「ああしろ、こうしろ」と社説でうそぶく。
この件について、そもそもの発端は朝日新聞にある。「過ちを認めた」が、長年放置してからのこと、である。

「報道責任法」なる法律はないが、作ったほうがいい。
PL法の名で有名だが、製造物責任法だってある。
製品設計に携わるものは、RoHS指令であったり、水俣条約(水銀の規制)であったりを視野にいれて図面を描く。

どうして報道がだけが野放しなのか。

 

 

重要)
応援していた柴藤たいすけ候補ですが、次々点での落選となりました。
ご協力を頂いた皆様に、謹んでお詫びいたしますとともに報告させて頂きます。
この度はありがとうございました。再起を期待いたします。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

謝って終わり、ではない。
発端は、捏造報道にある。

過ちを認めることは良いことだとは思う。
これにより「今後」の”悪意の飛散”は抑止される。
ゆえに、その点自体は評価したい。
(これは皮肉ではない。事実だ。)

 

だが、しかし。
長年、流布されてきた内容への「責任」は、果たされていない。

例えば、かつて公害があった。
足尾銅山、水俣病、さまざまな事例がある。
悲惨な健康被害があり、メディアはこれを批判した。

政治も動いた、行政も、司法も動いた。

 

「恐らく、これが原因なのだろう」と、誰しもが薄々思いつつも、
【長らく放置】した結果、重篤な健康被害を生じていった歴史でもある。

多くの場合、企業の利益追求であったり、研究不足によるものであった。
企業側は、何度も何度も謝罪した。

メディアは「謝っているから許してやろう」と言ったか?
私は、企業を許せ、とは言わない。

 

原因物質を垂れ流し、健康被害を生じたのだ。
まずは謝罪し、過ちを認めることで「原因物質を遮断」するのは当然である。

のち「被害を回復」するため、様々な施策を求められて行った。
環境を浄化するもの、何より被害にあった者への医療を含む補償。

これは正しい流れ、手続きだと思う。
メディアが述べた通り、であろう。

 

 

 

朝日新聞は、責任をとれ。
公害に関する健康被害などの流れ、メディアと同調するとは述べた。

だが「これぞ敵」と、一度ロックオンすれば「殺してしまえ」とばかりに殴り続ける様は、醜い。

勧善懲悪を国民は望んでいるのかも知れない。
ゆえに、メディアがそういう動きとなったという強弁もあるかもしれない。

しかし、自らを省みることなく、「死ね!」とばかりに企業を叩きまくった姿には、共感できない。
私が同調を示すのは「謝罪をもって原因物質を止めたのち、被害の回復、及び補償」を求めて行く「手続き」である。

 

さて、朝日新聞は謝罪した。
従軍慰安婦の虚構はここに示されたのである。

これにより、原因物質は止まった。
だが、終わりではない。

 

垂れ流された「報道の公害物質」は、いまだ世界中に発散している。

これらを「除去」する責任が、企業側にはあるだろう。

報道が神様だとばかりに、自らを特権を有した特別な職かのように彼らは表現するが
「ただの民間企業」である。

繰り返すが、ただの私企業に過ぎない。

 

社として問題を起こしたのだ。

いまだ「公害物質」の害悪を、我が国は受けづけている。
海外に在留する日本人は、深刻な生活苦にあえいでいる。

社として、責任をとれ。

 

 

 

報道責任法
あってもおかしくない、と思う。

製造物責任法だってある。
製品設計に携わるものは、RoHS指令であったり、水俣条約(水銀の規制)であったりを視野にいれて図面を描く。

 

もしくは、「製造物責任法」を改正することで、適用できぬものだろうか。

PL法の内部に、「記事」を加えることは無理筋だろうか。

 

記事は、「メディアが作った製品」ではないのか?

私は、かつて技術者であり、製造の現場にいたが、不良品がでればリコール騒ぎとなる。

「私企業が生産」している以上、それに対して「社として責任」を求められるのは、実は自然なことのように思う。

 

まぁ、記事というものが「責任をとれないような」遊び半分の駄文であり、
「社としての製品ではない」と言うならば、適用外なのかも知れないが。

自社のブランドを冠して出しているものについては、
責任は生じるべきである、と政治家としては考えている。

 

 

 

安倍政権により、韓国と仲が悪くなったとか、

 

サンフランシスコの虚構の慰安婦像がどうだとか、

 

朝日新聞は論じる資格がない。

 

発端は、おまえたちのせいだ。

 

朝日新聞社という「ただの私企業」が

 

「生産した製品」に不良品が入っていたのだ。

 

社長は謝罪したが、謝罪で済むわけがない。

 

リコールして、環境の回復に務めるのが筋だ。

 

なにがしかの製品を生産する企業は、PL法を守っている。

 

朝日新聞が、ごちゃごちゃ言うな!

 

「先にすることがあるだろ!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

朝日新聞は、自社製品(慰安婦の虚構)の責任をとれ。報道責任法の制定が必要 への35件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    朝日新聞は、慰安婦の虚構の責任をとれ。報道責任法の制定が必要 安倍政権になり韓国と疎遠になっているとか、サンフランシスコの件において「ああしろ、こうしろ」と社説でうそぶく。 この件について、そもそもの発

  2. 茄子紫 のコメント:

    大阪市長が早々に
    朝日新聞社説への端的で的確なコメントをされていますね。
    この様な正論を言える政治家が後押しされると言うことを、右派の政治家に有権者が伝えて行かねば。

    しかし朝日新聞
    昔の調子で行かない事が受け入れられないせいで、八方から徐々に火達磨に…
    まだまだ本体が燃えるのは遠いにせよ。

  3. araigumanooyaji のコメント:

    “朝日新聞社という「ただの私企業」が 「生産した製品」に不良品が入っていたのだ。 社長は謝罪したが、謝罪で済むわけがない。 リコールして、環境の回復に務めるのが筋だ。 なにがしかの製品を生産する企業は、PL法

  4. クナイスル のコメント:

    いよいよ世間が 始まりました このうねりはもう止められません

  5. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    報道責任法の制定!絶対必要だとおもいます。

    報道責任法がもし、これまでに制定されていたとしたら、
    いわゆる従軍慰安婦報道:慰安婦が日本軍により強制連行され性奴隷とされた!
    捏造南京大虐殺報道:南京城内で30万の中国人が虐殺された!
    そして、最近では・・・・
    森友学園問題、加計学園問題についての安倍総理の関与があったとの報道!

    いずれも、フェイクニュースを垂れ流し続けた朝日新聞は厳しい制裁が科される案件になっていたはずです。

    閑話休題・・・・

    佐賀県鳥栖市の柴藤たいすけ先生、次々点でしたか・・・残念です。
    再起を応援したいです。

  6. 名もなきせいぎー のコメント:

    朝日新聞は責任を問われて当然。
    慰安婦だけじゃないし。朝日は戦前から碌なもんじゃないのは明らか。
    イチイチ挙げるのも面倒なくらい。

    あと、いわゆる嫌韓について過剰に反応しているのは日本国内だけ。
    韓国は国の成り立ちから反日であり、国家の最高指導者たちが半世紀続けてきた。反日で当たり前。

    そりゃ韓国の大多数の市民と普通に話せばそんな話はでてこないが、その方々も政治を判断(投票など)する場合は反日となる。
    選択肢も反日候補しかいないしね。

    翻って日本国内の嫌韓というのは、市民活動レベル。
    過剰に反応して海外の左翼メディアに利用されるーという言説、妄想を最近見かける。

    いや、ありえませんから。

    そもそも世界のメディアが、その他のニュースと比較して、日本国内の嫌韓活動なんぞ取り上げる価値はない。
    嫌韓とは異なるが、アパホテルへの中国人たちのデモとそれヘの対応がニュースになったかい?記憶にある?ありゃせんわ。

    仮にニュースとして流れても影響はない。
    市民というのはどこも日々の暮らしに忙しいのである。

    他国同士の戦争、紛争ですら自身に影響がなければ他人事。
    日本国内の嫌韓活動?知らんがな。といったところだろう。

    野党やそのフォロワーがポリコレを対立軸の一つとしようとして失敗してるのもそのため。あほかいな。の一言。

    今こそ日本は経済をもっと強くせねば。向かうべき方向は強い中間層の再生と維持。
    それによりかなりの問題が解決に向かう。
    保守はそれを今まさに語り、行うべしと思う。

    国会の質問時間の配分見直しもその契機の一つ。
    官邸が何もかもグリップできてるわけじゃない。
    自民党議員は国民が議席を与えた以上、仕事をしなさいね!

    なお、野党に経済は語れません。それは民主党政権時代の答弁聞けば明らか。
    事前にレクを受けていてもあのていたらくである。マジいい加減にしろレベルだった。

  7. 読点 のコメント:

    朝日は言わずもがな。
    自らの発言と行動に責任を取らなくて良いと思い込んでいる一般人も、放置してはいけない。

    特にこのネット時代、誰もが小メディアなのだから。

  8. スカイツリー のコメント:

    未だ、朝日や毎日の購読者がいるのは、何故なんだ?

    不思議だ。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      真面目にお答えしましょう。

      世代別の政党支持アンケートがあります。いろんなメディアや調査機関から発表されてますが、もっとも左傾化しているのが60代です。

      この60代は完全に左翼に洗脳されました。
      また朝日新聞の背後には、かなり大勢の左傾化した「大学教員」がいます。

      この大学教員の平均年齢も60才近くだったと記憶しています。(ざっと探してリンクらしきものが見つかりませんでした)

      背後にそれなりに学識をもって自らをインテリと思い込んでいる大勢の平均年齢60才近くの「学者」がいます。

      そして、(一応は)知的勢力がもっとも左傾化した60代とスクラムを組んでいます。

      これが熱心な朝日新聞読者または支持者の中核です。

      この世代のなかにも立派な方は大勢いらっしゃるので、世代戦争みたいな発想を持ち込むわけではありませんが、この世代の「反日」は信じられないほど強力です。

      「日本はとてつもなく悪いことをした。そして二度と悪いことをしないために世界と契約したのが憲法9条です」

      ひと言でいえばこれです。
      こういう連中がリベラルと称して、この自称リベラルが、日本の言論界をひっぱってきたので、とにかく日本の自称リベラルは異常です。

      軍民あわせて200万人以上も亡くなったので、戦争を分析して反省すべきところは反省するのは当然です。

      ところが、そこに経済と歴史を好物とする共産主義者があまりに膨大に発生して、経済や歴史認識などの分野で圧倒して、いわばリベラル側を自勢力に取り込んでしまいました。

      健全な保守または愛国者と、健全なリベラルの間でバランスがとられて安定した先進国の社会となりますが、リベラルが共産主義者にとりこまれたので、真のリベラルが堕落して、朝日新聞のようなゲテモノのメディアが脚光をあびました。

      この60代が日本からいなくなれば、まず朝日新聞はもちこ耐えられないと思います。それまで20年はかかります。
      それを少しでも早める必要があります。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      牛のよだれのようにすみません。

      戦後日本において、共産主義者の洗脳と扇動によって、多くの若者が発狂し、若者どうしで殺し合いをしました。
      その壮絶さを現代の日本人は本当に知らないと思います。

      左翼が美化して、偏向メディアも適当に隠ぺいしました。
      東大生までが鉄パイプをもって友人を追いかけて躊躇なく頭蓋骨を粉砕しました。
      どのくらいの学生がこの世から葬りされたり身体障害者になったか真剣に調査されてないのではないでしょうか。

      これほどまでに若者を狂わせた共産主義者どもは、社会から糾弾されることを逃れるために、自分たちを「心の底から過去の戦争を反省する良心をもった善人」とうまく見せかけることに成功しました。

      60代の世代は、この異常な左翼の猿芝居にまんまとだまされてしまいました。集団で自己催眠でもかけているのでしょう。

      それで後世の世代にたいして、きわめて卑劣で冷酷なマインドコントロールをやりつづけました。

      戦争の被害者や戦死者を慰霊し弔っているところに、「日本人は被害者である前に加害者である」とえらそうに説教したりするのが、その典型的な手口でした。
      むしろ卑劣な共産主義者やその同調者こそが、日本への悪質な加害者でした。

  9. あめま のコメント:

    悪意ある、わざとの誤報
    これは許されません。(だから捏造でしょ)
    根は深い
    誰が助けてやれるのだろうか?
    日本の国益に関わることだから、一歩たりとも譲れないことです。
    徹底的に叩かないかん!
    それはしょうがない
    自分のチョイスを恨んでもらうしかないもんね
    大企業=まとも(正義)じゃなかった
    気づいた時には遅かった
    我々には何にも関係ないんや
    残念ながら
    大企業だろうがなんだろうが

  10. 波那 のコメント:

    私が知らないだけかも知れませんが、奥茂治さんの件はその後どうなったのでしょう。どうなさっているのでしょうか。吉田清治の御子息に頼まれて謝罪碑の石板を引き剥がしたということで韓国警察に出頭を求められ裁判を通して明らかにしたいと言うことで自ら出向きホテルに軟禁状態にされているという所までしか情報を知りません。もう何ヵ月も前のことです。奥茂治さんは寄付の申し出も断って自費で、たった一人で先人方、日本の名誉の為にあのデタラメで邪悪な国と戦っておられます。韓国警察に朝日新聞が出した誤報謝罪記事の証明書を貰い提出するようにと言われ朝日新聞ソウル支社に出向いたら門前払いされたという所までしか知りません。韓国に引き留めて置かれる期間が長引けば奥茂治さんの出費は嵩むばかりで、その後どうなさっているのか知りたいです。
    ……………
    「父の謝罪碑を撤去します」「朝日がやらないから私がやります」ジャーナリスト・大高未貴
    慰安婦像と「吉田清治」長男
    2017.6.11 15:00

    ※この記事は、「吉田清治」長男による韓国・天安市の「謝罪碑」撤去をルポした『父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白』(大高未貴著、産経新聞出版刊)のプロローグと第1章「終わらせる」から抜粋しました。

    「父の謝罪碑を撤去します」

    「韓国ではソウルだけでなく、釜山の日本総領事館前にまで慰安婦像が建てられ、さすが の日本政府も駐韓大使を一時帰国させました。日韓関係はこじれるばかりです。 『最終的かつ不可逆的』な解決を確認した平成二七(二〇一五)年末の日韓合意は、いったいどうなってしまったのでしょうか。

     昨年(平成二八年)春に大高さんの取材を通じて私は『慰安婦像をクレーン車で撤去したい』と本音を申し上げましたが、事態は像の撤去どころか悪化しているように感じます。

     父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることも、それが史実として世界に喧伝され続けることも、これ以上、私は耐えられません。

     吉田家は私の代で終わりますが、日本の皆様、そしてその子孫は後に遺されます。いったい私は吉田家最後の人間としてどうやって罪を償えばいいのでしょうか。今日に至るまでそのことをずっと考え続け、せめてもの罪滅ぼしに決断したことがあります」

     電話の相手は吉田清治氏の長男。平成二九年一月の話である。

     平成二八年に私は長男への取材を行い、父・吉田清治氏の実像を雑誌に発表した(『新潮』平成二八年九月号)。その際、確かに長男は「慰安婦像をクレーン車で撤去したい」と語っていたが、その願いとは逆に、慰安婦問題が再燃し、日韓関係がこじれているのはご存じの通りである。

     長男も言うように日本は駐韓大使を帰任させたが、二〇一七(平成二九)年三月には、

    日韓合意を締結した大統領である朴槿恵氏が、弾劾によって失職、その後、逮捕された。同年五月一〇日、文在寅氏が韓国の第一九代大統領に就任したが、彼は日韓合意の見直しに言及している。

     長男は、続けて言った。

    「父が韓国に建てた謝罪碑を撤去しようと思います」

    「撤去」

     思わず聞き返したが、彼は静かにこう続けた。

    「慰安婦像は彫像の権利問題もあり、一民間人の私が撤去することは事実上、不可能です。しかし、父が私費を投じて建てた謝罪碑であれば、遺族の権限で撤去することが可能なはずです」

     なるほど、慰安婦像をクレーン車で撤去するのは無理としても、あの「謝罪碑」であれば……。

     長男の言う「謝罪碑」とは、昭和五八年一二月、吉田清治氏が韓国忠清南道天安市「望郷の丘」に建立したものだ。清治氏は、その除幕式に出席し、私費で建てたとされるその「謝罪碑」の前で土下座した。

    石碑は朽ち果てることがない

     平成二九年一月、長男から「謝罪碑」撤去の決意を聞いた私は、代理人となった奥茂治氏に連絡をとった。奥氏は私にこう言った。

    「長男はおとなしそうに見えますが、芯は強い男です。今回の決断は本気ですね。さっそく現地の視察に行ってきます。清治氏が建てた謝罪碑の状態を見てみなければ、何も前には進みませんから」

     その後、しばらくして奥氏は現地確認が完了したと連絡をくれた。

    「撤去は容易ではありません。謝罪碑は横幅一二〇センチくらいの大きなもので、日本によくある碑のように地面に対して垂直に建てられているのではなく、コンクリートの地面にぺったりと埋め込まれていました」

     なるほど確かに「謝罪碑」は、慰安婦像のように立っているものではない。

     奥氏は言う。

    「あれを撤去するとなると相当な工事費用が必要です。長男が前に言っていたクレーン車での慰安婦像撤去のほうがよほど作業的には簡単ですよ」

     ではどうするのか。

    「早速、長男に現地の状況を説明し、二人で様々な案を出し合ったのですが、最終的な結論としては謝罪碑の文言を書き換えるしかないということで落ち着きました」

     あの有名な清治氏による”謝罪の言葉”を”書き換える”というわけだ。長男はこう言った。

    「父が建てた謝罪碑は、日本のお墓のように小さなものだと私は思い込んでいたのですが、違ったんですね。とても撤去できるものではない。

     撤去できないなら仕方がない。朝日新聞のお説に従って、ダイナマイトで破壊すればよかったんですが……。それでは過激派になってしまうので、つまり、碑を書き換えるしかないのです」

     つまり長男は、こう言いたいのだろう。朝日は清治氏の証言を「虚偽」とした。新聞は、その証言を報じた記事を「取り消し」すればいいだけだった。しかし、その「虚偽」が石碑に彫られてしまっては「取り消し」は不可能だ。だからこそ撤去するしかないのだが、その撤去が難しいとなれば、本来なら爆破するしかないというわけだろう。

     もちろん冗談ではあるが、「ダイナマイトで破壊」という言葉に私は少し驚いた。長男は非常に穏やかな苦労人だからだ。

     たとえば東日本大震災の際には、「日本人なら当然」とボランティアに何度もはせ参じた”普通の感覚”を持つ男性だ。

     後述するが、長男は父と母、病気の弟の生活を背負って働き、自分の時間がまったくない人生だった。

     その長男が静かに語った決意には、穏やかな中にも信念がうかがえた。

    「謝罪碑」の文言の書き換えについて、長男はさらに次のように語った。

    「朝日新聞が調査をし、間違いだったと発表したわけですから、それに沿って間違いは正さなければなりません。朝日新聞社は謝罪碑の間違いを正さないでしょうから、正すことができるのは私しかいない。長男しかいません」

     その通りだと思う。

     本来なら、国連や海外メディアに対し、自らが報じた吉田証言が誤報だったことを伝えて回るべきだろうが、朝日がそれを行った気配はない。自らの報じた記事の後始末もできない、あるいはしないのに、朝日がお墨付きを与えた「謝罪碑」の間違いを正すはずはない。

    「私が心配しているのは、(謝罪碑がこのまま残って)将来、政治的な問題になることです。その芽を摘み取ってしまいたい。石碑だと朽ち果てることがありませんからね。

     一介のビジネスマンから見た話でしかありませんが、いまの韓国は朴槿恵前大統領をあれだけヒステリックに、まだ攻撃をしようとしているわけですよね。こんなことを言う立場ではないですけど、尋常じゃないですよ。あの熱狂的な韓国人の中で謝罪碑が政治問題化したらもう消せなくなります。ですから、誤った歴史が残らないようにしたいのです」

     長男は朝日新聞よりも、はるかに誠実だと私は思う。

    ※この記事は、「吉田清治」長男による韓国・天安市の「謝罪碑」撤去をルポした『父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白』(大高未貴著、産経新聞出版刊)のプロローグと第1章「終わらせる」から抜粋しました。

    http://www.sankei.com/smp/world/news/170611/wor1706110001-s1.html

    ✳大高未貴さんの取材の中で吉田氏の長男は、

     「父は済州島なんか行っていません。家で地図を見ながら原稿を書いていました」
    「朝鮮半島のある組織にお金を借りていた」と言っています。つまり朝日は吉田清治の脳内妄想小説を元にジャーナリストとして真偽を確かめる取材はせずに慰安婦強制連行記事を書き20年に渡って世界に流布し続けて来たのです。

    今、朝日の最大の気がかりなトピックは足立議員に言われた「朝日死ね」「朝日は廃業しろ」らしいです。フリンセス山尾の「日本死ね!」には嬉しそうに反応していたくせに、自分達に言われたら面食らって突然被害者ぶっていますよ(笑) サンフランシスコと大阪市が姉妹都市解消しても、どの面下げての君らが反対することではないでしょう。サンフランシスコ市は市長が中国人、韓国人移住者が圧倒的に多い都市。外国人に参政権を与えたら、あんなことか起きてしまうという悪しき例ですね。

  11. 保守 のコメント:

    ○20万人もの女性を連行して客観的な証拠が残っていないことはありえない。
    ○日本兵と慰安婦の間に生まれた混血児が見つからない。
    ○そもそも当時の日本軍には韓国人日本兵もいたはずであり、彼らはいったい何をしていたのか?
    ………こんな矛盾だらけのデタラメでも、マスコミが大々的に騒げば事実に仕立て上げることができるんですね。マスコミの力の恐ろしさを感じます。

    通常の企業が何か問題を起こせばそれに伴うペナルティを課せられますが、マスコミだけ野放しというのはおかしいですね。誤謬報道の責任を問う法律は必要です。朝日新聞による慰安婦報道は歴史上最大の報道被害事件であり、廃刊などそれ相応の罰を与えるべきです。

  12. お焼き県民 のコメント:

    大賛成です。
    報道機関だけが聖域って、もちろんないよね〜、他の産業を散々叩いてきたんだもんね〜、自分達もやれるよね〜、反対なんてとんでもないよね〜(^^

    民放連の回腸じゃなかった会長(T豚S)が「オレ達公平に報道してるから電波オークションなんて必要ない!」とか言っていたみたいですよ。モリカケのどこが公平やねん。安倍氏ねは良くて朝日市ねがダメってどんなダブスタやねん。玉木の受託収賄疑いを報じない社は全部該当しますね。

    ・電波オークション
    ・クロスオーナーシップ廃止
    ・スパイ防止法
    ・報道犯罪処罰法

    国会議員の先生方におかれましては以上4点セットでよろしくお願いします。
    これだけやれば報道も少しはまともになるんじゃないかしら?

    • お焼き県民 のコメント:

      あ、犬HKのスクランブル化and民営化と、社員の国籍が日本国籍のみという縛りのある新しい国営放送局設立。も併せて6点セットでした。

      • お焼き県民 のコメント:

        http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/17/2017111701983.html
        【コラム】韓国社会の見方では説明できない安倍圧勝劇

        朝鮮日報です。バカ日新聞より書いてることがまともです。正直、名前が似ているからって便所紙バカ日新聞を朝鮮日報に例えたことがあったがすまんかった。

        でも最後の一文がとっても朝鮮人らしくて笑えるので、お時間ある方はご一読下さいw

  13. 月光仮面 のコメント:

    報道責任法の制定!絶対必要だとおもいます。 これは素晴らしい考えだと
    思います 

  14. リス助 のコメント:

    事実を余すことなく正確に伝えるだけの仕事が、そう難しいはずはないと思うのですが、何故彼らはそれができないんですかねえ。
    自分の主義や思想なんか介在させてはいけない業種の最たるものが、情報・報道関係だと思うんですが、そういう社員教育みたいなのも全く無いんでしょうね。

  15. ブレダ のコメント:

    小坪先生の率直な記事に、胸がすっとします。ありがとうございます。

    それにしても、しばとう泰輔氏は残念でした。
    氏の今後の活動に、心から声援したい気持ちです。

    「報道責任法」 もうすでに存在するかのような、ピッタリのネーミングですね。
    大賛成です。

  16. Tanaka のコメント:

    外患誘致罪とか内乱罪とか偽証の罪とかに
    思いっ切り引っ掛かりそうなんですがダメなんでしょうか。
    国家的法益に被害を与え続けてるからですが。

  17. 名無し のコメント:

    これって、単純にPL法で訴えられないのかな?記事自体は製造物ではないかもしれないが、印刷された新聞は製造物という気がしますが・・・・。
    新聞=製造物じゃないの?
    ただ、新聞が原因で誰かがけがをしたとかいう話にはならないので、PL法はつかえないのか・・・・。

  18. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    朝日新聞社冬の陣ってところかしら。

    誰かさんに焚き付けられた足立クン(徳川家康)が、何かと難癖をつけて朝日新聞社解体を目論む。
    危機感を感じた朝日側が、貯め込んだ金をばら撒いて左派論客(牢人衆)に朝日擁護を命令する。

    ここからどうなるかは分からないけど、妄想力豊かな歴カマとしては萌える展開を期待するわ💖

    維新は武闘派揃いだから優秀な参謀でもいれば良いのだけれど。

  19. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    電波オークションが話題になってから、ついでに報道機関にもメスが入りそうって事なのですかね。それなら嬉しい限りです。
    あと、吉村市長さんは市長に拘らないなら次は議員になられたらいいのに、と思います。

    吉村大阪市長、当事者意識ゼロの朝日新聞社説に激怒「“ちょっと待て”はこっちのセリフ。国際社会では朝日の虚偽報道が真実に。批判の前にやる事あるでしょ」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52471168
    71: 名無しさん@涙目です。(
    >>1
    言いたいことがすべて言われた感

    39: 名無しさん@涙目です。(
    これは正論過ぎて朝日はスルーせざるを得ないw

    107: 名無しさん@涙目です。(
    「政府は何もやっていない」        
    → 自分たち好みの行動を取っていない
    「議論が尽くされていない」        
    → 自分たち好みの結論が出ていない
    「国民の合意が得られていない」     
    → 自分たちの意見が採用されていない
    「内外に様々な波紋を呼んでいる」   
    → 自分たちとその仲間が騒いでいる
    「皆さんにはもっと真剣に考えてほしい」
    → アンケートで自分達に不利な結果が出ました
    「心無い中傷」               
    → 自分たちが反論できない批判(はやめろ)
    「異論が噴出している」          
    → 自分たちが反対している
    「本当の解決策を求める」        
    → 現実的な具体策は何もないがとにかく政府等のやり方はダメだ
    「各方面から批判を招きそうだ」     
    → 批判を開始してください
    「〜なのは間違いありません」      
    → 証拠が何も見つかりませんでした
    「両国の対話を通じて〜」 
    → 中韓に都合の悪い行動はやめて中韓の言うことを聞け
    「問われているのは〜」  
    → 次に中韓と市民団体に騒いで欲しいのはここだ
    「表現の自由・報道の自由」 
    → 捏造(記事)の自由・偏向(報道)の自由
    「人権尊重」   
    → (中韓に有利になるように)人権を尊重しろ
    「右翼」                    
    → 自分達にとって都合の悪いことを言う人
    「反発は必至」               
    → 早く抗議してください
    「疑問の声があがっている」       
    → 直接言わない自分たちの不満の表明

    136: 名無しさん@涙目です。(
    吉村洋文(大阪市長)は 公式な場でも もっと大きな声でこの事に言及して欲しいね

    維新足立「『捏造』でなければ何と呼べばいいのか」「加計報道を撤回し謝罪すべき」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52472172
    もう足立議員vs朝日新聞紙じゃ無いんだな。
    既にネット民vs朝日新聞紙の構図なんだが負けないよ。

    日本逃亡を試みた韓国人犯罪者が『自業自得すぎる末路』を迎えた模様。情状酌量で減刑されてしまった
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50505453
    19: 名無しさん 2017/11/19(
    >日本へ逃亡を図った韓国籍の男

    特別永住者?
    日本で犯罪を行っても叩き出せない(>特別永住者)けど、
    一旦出国したら「入国拒否」はできる、ということかね?

    やっぱり日本に逃亡するんだね
    他国に迷惑かけないためにも、ビザは復活させた方がいいな
    指紋の採取もした方がいい
    日本が犯罪を幇助していると言われても仕方がないよ、これ

    【社民党】福島瑞穂「国会前の朝鮮半島で戦争をするなの集会での挨拶です」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8984810
    3: 2017/11/19(日) 16:40:0
    北朝鮮に行って戦争するなと言って来い

    27: 2017/11/19(日) 16:55:2
    >>24
    そういやミズポって今議員なんだっけ?

    34: 2017/11/19(日) 16:59:
    >>27
    昨年の参議院選で当選した
    党首やってた吉田のおっちゃんを蹴落としてね(笑)

    石破茂に顔が似てきたな。

    日本に落ちるかもですね、

    制御不能になっている中国の衛星「天宮1号」の落下予測地域が公表される
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1947444

    日本に被害が出たら謝罪と賠償は中国に求めればいいんですよね。
    あ、あと余談ですが、独裁者が誕生する経緯が興味深かったです

    長期的政権がもたらす混沌と混迷の果て
    ttp://syouji.m.blog.jp/article/1068796600

    ジンバブエの独裁者ムガベの記事がありました。やはりここに載るだけあって中々の横暴さです。

  20. 日出処の天子 のコメント:

    新聞・TV報道,NEWS = 真実・正義と勘違いする人口比が減少していく時代
    という事に気づいていない、また気づいても如何としても抗いたいという錯誤の帰化人を中心とし敵性企業でしかない。既に存在価値はない。というか存在しない方が日本の国益になるとしか言いようがない。
    早期の電波オクの開始を期待。または現存する媒体企業は解体、廃業を切に願います。

  21. 匿名とさせてください のコメント:

    誤報があった場合、一定期間、新聞一面の広告を訂正記事に差し替えるなど、収支に直結する罰則を設けて欲しいですね。

  22. あかうお のコメント:

    報道責任法、まさしく必要な法律です。
    朝日新聞が従軍慰安婦を捏造し、それによって日本は世界的に貶められた。
    冤罪を植え付けられ、未だに解決していない。
    朝日新聞は訂正しましたが、それ以降は知らんぷり。
    事ある毎に捏造を謝罪し訂正し続けなければならないのに、
    他人事で現在も変更や捏造を繰り返し、韓国の太鼓持ち。
    あんな会社が一流報道機関としてのうのうと存続している事自体、異常です。
    自社製品に責任を取らせる、当たり前のことです。
    その結果、倒産しようが知ったことではない。

  23. 鳥海山たろう のコメント:

    「朝日新聞を糺す国民会議」によって行われた朝日新聞への集団訴訟は判決が下され、誠に残念ながら控訴棄却となりました。
    http://www.asahi-tadasukai.jp/

    しかし、戦後最大クラスの集団訴訟でも、マスコミがほとんど無視を決め込んでいましたが、何万人もの日本人になんらかの行動を行う意義と重要性について、大変大きな示唆を与えてくれたと思います。

    訴訟を闘った弁護士の方々も実に素晴らしい方々でした。
    「朝日新聞は戦後日本のなかにひそむ卑劣さの象徴」といったことを語られて、まったくその通りと思いました。

    「日本を代表するリベラル紙」などと自画自賛してきましたが、その卑劣さと冷酷さはぞっとするほどで、異様なメディアの精神構造を日本の歴史に刻み込んでいます。

    「朝日の戦争責任/最大のA級戦犯」より
    ttp://kenjya.org/sensousekinin.html

    下記は、元朝日新聞記者で朝日新聞の歴史を知りつくしている稲垣武氏の証言です。
    (稲垣武氏は、朝日新聞を批判する際には必読の著者です)

    (引用開始)
    支那事変が泥沼化すると、マスコミはその原因を米英の援蒋活動に求め、こぞって反英キャンペーンを展開し、各紙とも「英国と一戦を辞さず」といった強硬な論調を張った。

    これは軍部の覚悟をも上回る勇み足だった。
    当時のマスコミは政府に弾圧されてというより、積極的に迎合し戦争熱を煽っていたのだ。
    そして敗戦に狼狽したマスコミは、自らの責任を軍部に転嫁するのに躍起となった。
    《稲垣武 諸君!2003/7月号》
    (引用終了)

    朝日新聞は先頭に立って絶叫しながら戦争を煽りました。

    そして日本が戦争に負けたら、責任を軍部になすりつけて、何事もなかったように、戦前の日本を罵倒しはじめました。

    そして、(「最初から戦争に反対していた」と言って平和主義者をよそおっていた)共産主義者と手を組んで、口をきわめて、痛快そうに、日本を罵倒しはじめました。

    「日本がアジアに多大な被害と苦痛を与えたことに対して、日本人として、心より良心の痛みを感じてそのつぐないを真摯に行います」

    これが朝日新聞等の反日左翼の常套文句であり決めゼリフでしたが、キュウリをぶったぎるように中国人を大量虐殺した毛沢東の文化大革命を大絶賛し、北朝鮮の金日成を心から紙面でくりかえして賞賛して、収容所にぶちこまれた人民はほとんど無視をしました。
    しらじらしいにもほどがあります。

    朝日新聞が従軍慰安婦騒動を起こした時代の少し前には、北朝鮮の工作員が飛行機を落として韓国人が多数殺されていましたが、

    まともなリベラル系のメディアであれば、北朝鮮への警笛をならすはずでしたが、なんと北朝鮮にまで(血まなこになって)慰安婦を探しにいって、「日本に訴訟を起こせ」と焚きつけてました。

    朝日新聞の想像を絶する異常性は、それこそ日本の現代史のなかに10年ごとか5年ごとくらいに見つけることができます。

    こんなメディアが「日本を代表するオピニオンペーパー」だとされていた時代があったのですから、本当に怒りがおさまりません。

    多くの日本人に朝日新聞の異常性を知らせるのは重要ですが、80年代も同じように朝日批判が高まりましたが、これまた異常者であった「赤報隊」による朝日新聞へのテロにより、いっきに朝日新聞を糾弾する風潮は衰退しました。

    (その後、時間が経って、やっと元朝日記者の稲垣武氏により朝日批判が展開されましたが、まれに見る名著と言われた「悪魔祓いの戦後史」も出版されたのが、従軍慰安婦騒動が爆発したあとの数年たってからであったと思います。
    そのとき朝日新聞は、もう騒動を起こした後だったので「時すでに遅し」でした。)

    朝日に対して、言論弾圧や不法な攻撃などをそそのかす勢力に対しては十二分に気を付ける必要があります。
    (個人的には、赤報隊は右翼ではなく、元左翼からの転向組といまだに信じています。赤報隊の狂った攻撃で朝日新聞がヒステリーを起こして、結果的に従軍慰安婦騒動に突進していったという面もあるような気がします)

    なによりも合法的な手段で、くりかえしくりかえし、朝日新聞に対して、真正面から、いろいろな国民の層から、批判をつづけて、ダメージを与えつづけていけばよいと思います。

    • パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

      朝日新聞社の日本破壊工作は戦前から一貫していますね。

      日本と米英を戦わせればどこの国が利するか。

      戦後の朝日新聞の記事はロシア支那の意向だとすれば
      、全て納得です。

  24. テロ指定共産党 のコメント:

    マスコミは都合の悪いことは隠すからね。

    マスコミが起こした不都合な事実は、公式サイトで一元管理し永久に検索出来るようにすればよろしい。

    削除依頼には、一件当たりにつき、一億円でどうかな?
    .

  25. ブレダ のコメント:

    「報道責任法」大賛成です。

  26. 名無し のコメント:

    マスゴミに神戸製鋼や自動車メーカーの不正を糾弾する資格はない。むしろもっと悪質だ。

    • e2_1965 のコメント:

      記憶にまだ新しい小保方嬢のSTAP細胞の騒ぎ、結局カスゴミがさんざ騒いだ結果日本でのその方面での研究が萎縮した結果ドイツがSTAP細胞の作成に成功。Yしゃり、STAPは実在したのだ。現在この分野の研究は世界中で生き馬の目を抜くが如くの激しい競争の真っ只中で有る。そんな中で日本の研究者の萎縮を促すかのようなカスゴミの異常なアホ騒ぎの結果日本は大国益を逸したダケに終わった気がする。
      本日(2017/12/10)のNHK-SPの内容はこの報道テロが同じ生命科学の分野で期待されている東大の研究者を新たなターゲットにした模様で有る。
      世界中で熾烈な競争をしている分野で研究者の萎縮に繋がるような報道テロは辞めていただきたい物で有るし、現在のカスゴミには他人のアラをこれ見よがしにほじくる前に自分自身の汚れを何とかするのが先で有ろうと愚考する次第で有る。

  27. くじららら のコメント:

    そういえば、その昔(40代のワタクシが受験生だったころ)。
    学校の先生は「朝日新聞の天声人語を読みなさいね、受験に必ず出るから。おうちでとってもらって、スクラップしなさいね」と、のたまいました。

    当時の我が家は「読売派」でしたので、「朝日新聞とらないと、受験で困るって」と伝えたところ、「あんなモノ読むのはアカだ!、うちではとらん!」と父に言われ、仕方なく、図書館で指定コラムを読みました。
    それにしても「なんで朝日指定なのかな?」と、あの時、頭の中に壮大な「???」が湧いたものです(そして当然、読まなくても、受験には通ったので)。

    そして、歴史の授業で<近代~戦後日本>の項目は、受験時期に重なってしまったこともあり、殆ど正確に教えられることもありませんでした。
    先生は「この辺は受験に出ないから、飛ばしても大丈夫」とものたまいました(暴言ですね)。

    子供は、あの先生が「まっかっかー」な方だなんて、想像もしませんよね。
    「まっかっかー」が、日本にとってどんな影響を与えた思想なのか。
    意図的に<近代~戦後日本>を学ぶ機会を奪い、考える隙を与えず、特定思想新聞を読ませる仕掛けが出来ていたこと。
    洗脳教育としか、表現しようもありません。

    おかげさまで、自分は気づきを得て、子どもには「一つのソースから判断するな」と教えられる大人になりましたが、まだまだお花畑の同年代も多数おります。
    未成年を「反日思想」へ誘導していた<日教組>にも、何らかの責任負っていただきたいのだけどなあ、と思ったりしたのでした。

    • e2_1965 のコメント:

      小学校2年生の時自分と、近所に住む幼稚園以前からの幼友達とでよく遊んでいたのですがそこに新たな顔が加わりました。親父さんが何と市内の商業高校の教諭、、、、
      で、ソイツは小学2年生にして自民党や天皇陛下を貶めて共産党を持ち上げるという今思うとおよそ子供とは思えない奴でした。
      で、幼友達のk嶋が、ソイツに向かって
      『天皇陛下バンザ~イ、共産党かいさ~ん』とか言ってからかって遊んでいました。(そう言うと奴は真っ赤になって怒り出すのでその反応が面白いのでK嶋が更にまた同じ事を言う)
      今思うと、共産党員って小学2年生の我が子に赤化の英才教育を施すのね、、、ちなみに、現在その2人とは全く付き合いが有りません。

  28. e2_1965 のコメント:

    日本国内の『新聞社』と言う組織は大体全部株主が誰か判らないとか株の流動性が低すぎて外部から経営陣の更迭をするのがほぼ不可能な状態に有ります。この状況を許している以上メディアの浄化は期待出来ないでしょう。こう言う不透明なシステムは違法化して全ての株式会社は外部からのチェックが効くような体制にする事が必須とする必要が有るように感じます。アカピの場合は創業家の村山/上野両家で株を支配する体制に有ります。となるとこの創業家俄然責任を負うべきという結論になるでしょう。新聞という「製品」のクォリティに関する責任と嘘を平気で書き飛ばす『社員』を雇用した雇用者責任の両方が問題となるでしょう。
    配下のテレビ局も結局この両家が事実上の株の支配者なのでしょう。となるとテロ朝の報道テロも上野村山両家の責任となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です