我が国が総選挙で得たもの、安定した政治基盤。一人の政治家として思うこと。【ネットと政治】


 

 

我が国が得たもの。
それは【北朝鮮を含む、緊迫したアジア情勢】に対し、安定した政治基盤を得たこと。
はっきり言えば、「衆議院の任期」だ。年末には任期が1年未満となるため、望まぬ状態での解散風を無理やり付加される危険性もあった。

トップが入れ替わる可能性がある状態で、これらの諸問題と対峙することはできない。
まさに外交中の外交であり、フラフラした体制では【国家として対応できない】のだ。
これが最大の利益であろう。

 

当Blogの読者にはいないと思いますが、まだ投票がお済みでない方は、急いで投票を。
ご家族ご友人にも「投票に行きましたか?」は問うてOKです。
(特定政党・候補への投票を依頼できるのは、昨日までです。)

 

本日、選挙戦はすでに終わっている。
投票日ゆえ、本エントリーにおいては、候補名を書かかない。
また、必要性のない個所、論評の範囲外においては政党名も記さない。

さて、選挙戦を振り返るに、様々な思いがある。
「メディア vs 国民(with ネットツール)」の構図は書いてみたい。
思い出されるのは、「政権交代」の際に、ネットが戦ったこと。
二つ目には、私が現与党ではない政党を支持し、ネットを駆けた日のこと。
これらを踏まえて、選挙戦を終えたことを書いてみたいと思う。

時代は、大きく変わりつつある。
いや、変わった。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

民主主義の限界
我が国には、戒厳令がない。

ないことはないと思うが、極限状況に陥ったとしても、
そして国家存亡の危機が訪れたとしても
【選挙が来る】のだ。

 

これは民主主義としては正しい。
また、台湾のように、長年にわたり戒厳令がひかれ、「選挙もない」では駄目だ。

繰り返すが、民主主義としては正しい。

 

仮に、ミサイルが着弾し、ゲリラが跋扈し、
いま朝日が叩きたがっている「武装難民」が出現したとしても、
【選挙】は来る。

そして、私はこれを悪いことだとは思っていない。
その大前提を強調した上で、
言い方はひどく難しいのだが、ここに”民主主義の限界”はある。

 

 

 

選挙中でも、確かに”国は動く”が。
事実、我が国は戦時下においても選挙をしてきた。
やってやれないわけではない。
行政(官僚機構)もある、そのために参議院もある。

 

確かに、衆議院議員は「(前)衆議院議員」と表記が改り、
端的に言えば「いったん解雇」されている。
そして、「再度の面接」(国民からの面接)を受けている。

強調しておきたいのは、解散されたのは「国会」(議会)だけであり、
「内閣」という【行政機関】は維持されたままということです。

ご存じなかった方もいると思うが、選挙中であれ「大臣は大臣のまま」である。
(大臣は、所管省庁の行政トップ。)

ゆえに財務大臣は財務大臣のまま。
外務大臣は、外務大臣のまま、選挙を戦っている。

かつ、大臣が率いる官僚らは(公務員のため)免職になったわけではない。
何か問題があれば(選挙中であれ)閣僚は東京に戻り、陣頭指揮をとっている。

 

衆議院が解散している状態とは、実際問題、「手薄」には違いない。
左派に迎合するつもりはないが、これも現実である。

言いたいのは「選挙なんてしている場合か!」という、
抜き差しならぬ状況に陥ったとしても、「我が国は選挙をせざるを得ない」仕組みという点。

 

少し横道にそれるので、折り畳んでおきます。

クリックして下さい!

書き方が難しいのは、私は「選挙をするな」と言っているわけではない。
民主主義の制度として選挙があり、そして選挙で選ばれた議員である私が、
民主主義の根幹を否定することはできない。

 

ただし、将来的には、選挙を含む一切合切を止めるだけの法論拠が議論される必要は、生じる可能性はある。
少なくとも検討はされるべきだろう。

「べきだろう」と述べたが、私は、これには反対の立場。
書いている私も”どっちやねん”と言われそうだが、選挙を停止できる論拠など、与えるべきではない。

この”検討”とは、ミサイルが着弾し、ゲリラが跋扈し、武装難民が漂着しまくり、
日本海側のみならず、都心部でも強姦被害や人さらいが多発し、治安が崩壊した状態において「も」
【選挙をするのですか?】という検討である。

 

それでも。
私は「選挙をするべきだ」と言いたい。

なぜならば、それこそ独裁に続く道とも言えるため。
ナチスドイツは、選挙により誕生した事実を、私は重視したい。
そして選挙で勝つだけの民意が醸成されるだけの、極めてひどい状況にあったことも付記しておきたい。
ゆえに「ひどい状況」になれば、選挙をやめていいのか?という問いに関しては「それでも選挙」と言いたいのだ、私の考えとしては。

 

万が一、議論がそういう方向で進むのであれば、
「徹底した、厳しい発動条件」を決めておくべきだろう。

 

 

 

我が国が得たもの
どういう条件下であろうと、我が国は「選挙をせざるを得ない」仕組みだ。

”どういう条件”が、極めて厳しい場合が想定される。
想像もしたくないが、ミサイルが着弾し、治安が激烈に悪化する等です。

 

ゆえに「外交」は、極めて重要な時期にある。

衆議院の任期が”残り1年”となれば、
(国会議員によって選ばれる)総理大臣が、
「いつまで続けられるの?」という話になってしまう。

 

難しい調整中だからこそ、「総理大臣の任期」を伸ばしておく必要がある。
衆院の任期、いっぱいいっぱいまで引っ張るならば、総選挙直後は「MAX4年」ある。

これは、現総理であれ(私はそうであって欲しいと希望するが)、
同党内の違う人物であれ、はたまた他党であれ、「MAX4年」となる。

 

我が国が得たものは、
【4年間は継続できる、総理大臣】である。

これは、国際外交上、我が国にとって実は重視されるべきものだと思っている。

(もっと、あっさり書こうと思っていたのに、想像以上に長くなってしまった。)

 

 

 

メディア VS 国民withネット
この構図が、極めて鮮烈となった。

思い出されるのは、麻生解散。
メディアスクラムによる、政権交代の風。

 

あの強烈な逆風の中、ネットは選挙を始めた。
当時はネット選挙は解禁されておらず、「ネットからリアルへ」の掛け声のもと、
初めて、現場に降り立った者、多数。

私もその一人でした。
あれが「もっとも激しい」ものだと思っていました。

 

ですが、今回、さらに「鮮明」になっていく。

重要なのは「メディアvsネット」ではない点。
「メディアvs国民」であり、国民がネットをツールとして用いているという点だ。
似ているようで、大きな違いがある。

 

 

実際に「ネットを活用」し、メディアと対峙した事例を紹介。

 

この偏向取材の場面に遭遇した男性はTBSスタッフに逆インタビューを敢行している。
やりとりの内容を要約すると、

男性 「これNEWS23でも流すの?」

TBS「まだ分かんないです」

男性 「これ選挙妨害だよね?明らかにね?」

TBS「なんとも意見が言えないです」

男性 「これはおかしいよ」

TBS「取材してるだけなんで(半笑)」

男性 「取材してるだけなんじゃなくて、
    そういう動画を流すんだろ?おたくらは」

TBS「・・・」

 

 

 

忘れられぬ出来事
どうしても、忘れ得ぬ思い出もある。

数年前のことだが、私が今より「もう少し若いとき」のこと。

 

ネットには「もっと力がある」と”過信”し、見誤ったこと。
私の力を見誤ったのではなく、ネットの潜在力を過大評価しすぎた点。

おかげで、多くの方を巻き込み、
そして、悲しませてしまった。

必死でやったことゆえ、後悔はない。
だが、反省点はある。

 

今回、複雑な思いがあった。

かつて支えた先生たちが「変節した」と批判を浴びる姿。
私も、その指摘は最もだと思う。批判されるべきだろう。

だが、私は批判できなかった。
正しくは、批判する資格がない。

私は、勝たせることができなかったからだ。

 

認めたくない現実もある。
(少なくとも)当時のネット保守論壇には、バッチをつけてあげられるだけの力が、なかった。

いまはさらに勢力を拡大している。
だが、あの当時は、結果を残せていない。

私は「多くの死に票を産んだ」、責任者のように感じてしまい、
ずっと自責の念にとらわれていた。

 

ネットの未来に期待しつつ、
その凄まじい可能性に期待しつつも、

「無敵ではない」「なんでもできるわけではない」ことを、
思い知らされた。

 

それ以降の私は、「現実ありき」で、
かつ「側面支援としてのネット」というように、
【両者の協調】と【バランス】を心がけてきたつもりです。

今日は、あの日のことを思い出してしまう。

 

 

 

時代は変わった。
いまは、より強い勢力になった。

そして、「メディアの歪め方」を、国民それぞれが学び、
現場における「実況」をもって、”情報の歪み”と戦っている。

凄いなぁと思った。

 

「俺もあとに続くぞ!」という猛者たちが、至る所にあふれている。

もう同じ手法は使えまい。

メディアはそれでも横暴なことをしてくるのだろうが、

その度に「新たな手法」が考案され、情報共有され、

国民はメディアと戦っていくのだろう。

私も、共に戦っていきたい。

 

「政権交代」とメディアスクラムを組まれた選挙、
そして「政権奪還」の選挙、ネットが熱狂した、
いまはなき、あの政党。

ネットと選挙、ネットと政治。
時を経るたびに、その距離が縮まっていくことを感じる。

 

次は、この両者の関係はどうなっていくのだろう。

ネット選挙が解禁され、すでに境目は曖昧になってきている。

最終的には、一体化していくのだろうか。

だが、流石に”どこかで線”がひかれる気もする。

 

 

 

 

 

 

 

未来は、誰にもわからない。

 

だが、形作っていくことはできる。

 

それが選挙であると信じたい。

 

民主主義には、限界もある。

 

それでも民主主義を信じていく。

 

これから先の、ネットと政治。

 

共に未来を考えていく人は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

61 Responses to 我が国が総選挙で得たもの、安定した政治基盤。一人の政治家として思うこと。【ネットと政治】

  1. 名もなきせいぎー のコメント:

    まだまだ、やるべきこと、為すべきことは多々あります。

    これからこれから。

  2. ぽのかのぽん のコメント:

    うん。

  3. medakanoon のコメント:

    我が国が総選挙で得たもの、安定した政治基盤。一人の政治家として思うこと。【ネットと政治】 我が国が得たもの。 それは【北朝鮮を含む、緊迫したアジア情勢】に対し、安定した政治基盤を得たこと。 はっきり言えば

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    選挙期間中も各候補への応援投稿等、おつかれさまでございました。

    いま、20時(午後8時)をまわりました。楽観は禁物ですが、自民党が圧勝してくれることを願いたいものです。

    神奈川県は、雨は終日降り続いておりますが、いまのところは、風はまだおだやかです。きっと、曜日がきりかわったころから風がつよくなるのでしょう。ベランダの植栽の避難をいたしました。先生のおられる九州では、すでに、猛烈な風や雨にみまわれていることでしょう。くれぐれもお気を付け下さいませ。

    閑話休題・・・・

    >強調しておきたいのは、解散されたのは「国会」(議会)だけであり、
    >「内閣」という【行政機関】は維持されたままということです。
    >ご存じなかった方もいると思うが、選挙中であれ「大臣は大臣のまま」である。
    >(大臣は、所管省庁の行政トップ。)
    いまさらですが、上記、よくわかっていませんでした。情報ありがとうございます。

    さらなる、閑話休題・・・・

    希望の党が失望から、絶望にかわるのは・・、ま、自業自得ですからいいとして
    あのパヨクシバキ隊極左反日集団の立憲民主党なるものが野党第一党になるんですかねぇ・・・、そして、あの空き缶:福島の原発問題を人災のレベルに悪化させた、なりすまし日本人政治家が衆院副議長になる可能性がある?という話をきいて、はぁああああああ!(*´Д`)とおもったのです。

    もう、あっちいってくれよ!糞空き缶!といいたいところです。あ、これ、投票日にいっちゃいけなかったかな・・・だとしたら、発言削除していただいて結構です。

  5. あかうお のコメント:

    亀井静香の引退で広島6区がどうなるか注目だったけど
    希望の候補が優勢な模様。
    「尾道出身を強調し、党の名前を出さず戦った」らしいが
    出さないんじゃなく、出せなかったんだろw
    所属を隠して戦うような卑怯者によく投票するよなぁ。
    と書いていたら、辻元と小沢が当選…。
    あんだけ知名度があったら落とせないか…。

  6. 漫画喫茶店長 のコメント:

    木原稔勝ちました!
    皆さん応援有難う御座います!!!

    取り急ぎ書きこませていただきます

  7. 豆鉄砲 in 駆逐艦【涼月】 のコメント:

    改憲勢力、万歳!万歳!万歳!
    反日マスコミは、ネット国民、なめんな!
    勇気ある無名のネット国民の存在に、希望を抱きます。

    ところで、韓国にいる日本人や日本企業は、そろそろ、やばくなってきたようですね。手続き等の時間が必要でしょうから、早め早めの行動を心がけていただきたいものです。
    以下、産経ニュースより
    【「韓国から個人資産の移動勧める」米政府高官が非公式警告、米情報誌報じる】
    http://www.sankei.com/world/news/171022/wor1710220014-n1.html

    それと、政府は、超絶台風21号(ラン)により激甚災害に遭われた方々への早急な救済を!

  8. e2_1965 のコメント:

    サヨクは早くも責任転嫁に走り始めているようです。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53183
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53169
    サヨクは40年前から全く進歩がありませんね。まぁ、そもそも、戦後の混乱期の不貞鮮塵の集団が祖の組織ですからソレが当たり前なのでしょうけど。
    まぁ、
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52059
    こんな風にワケのわからんライターの記事を載っけてまでモリカケに必死な事でオハチが判るというモノですけど。
    吉家議員を叩く前におまエラが持ち上げている『(自称)義憤の通報者』がどんなバカなのかをもう一回洗えってばそしたら余計な恥を晒さずに済んだだろうに。
    おまエラが持ち上げている前川は違法な天下りを斡旋して処分された『犯罪者』の上に管理売春で調査の最中の店に出入りしていた淫行罪予備群でありそんなバカの通報なんて真っ当に信じるべきかをまず論じられるべき種類のモノである事は誰の目にも明らか。(ちなみに、その天下りを禁止したのが第一次安倍政権とくれば誰でも真っ先に前川某の安倍総理への個人的な怨みによるモノと連想出来るだろう。)

  9. 川崎哲治 のコメント:

    「ハートの応援プラカード」見て感動しました。
    テレビ屋は絵が欲しい。
    しかし「頑張れ!安倍総理」とかが映ってしまうと
    反安倍映像としては使えない

  10. 北畠 のコメント:

    今回の選挙は取りあえず最悪の状態は脱して良かったと思います。

    さて、つぎの課題色々有りすぎて休息も必要な小坪先生と思いますが時代の激流は許してくれそうに無いですね。本当にご苦労様です。

    朝日と毎日の押し紙は相当危機感が有るようで、何はともあれアデーレ潰し。赤旗以上に厄介ですが、弁護士会から仕掛けられたようで時機を観て反撃できるように私も頑張りたい。

  11. テロ指定共産党 のコメント:

    小坪氏の応援した候補の速報です。

    原田義昭(福岡5区) 当選
    木原みのる(熊本一区)当選
    おにき誠(福岡2区)接戦 僅差でトップ
    桜田よしたか(千葉8区)当選
    杉田水脈 比例 当選

    大阪9区(開票中)
    原田憲治 自民 55549票
    足立康史 維新 50162票

    • テロ指定共産党 のコメント:

      おにき誠(福岡2区)当確が付きました。(産経速報より)
      獲得票では僅差で負けているので、当選まで様子見か。

      足立氏は差を縮められないようだ。
      .

      • テロ指定共産党 のコメント:

        比例を含め、全員当選。

        これから訪れる国難に立ち向かって頂けることを期待する。

        立憲民主党も日本共産党も「国民の声」と叫ぶのならば、選挙結果を見れば、多くの国民の声は両党を否定している。

        世界的にも稀な、徳川の泰平が長く続いた歴史から、日本人には一強体制が自然なのだと思うよ。

        天皇が最高権威として存在しているからね。
        .

  12. 鳥海山たろう のコメント:

    小泉進次郎氏がTBSの選挙番組インタビューで「増税を訴えてる新聞が、軽減税率の対象に入っているのはおかしい。テレビも新聞もそれを報道しない」とズバリ言ったようです。(ほとんど無視されたらしいですが)

    輸入肥料の件では否定的に紹介されましたが、やはりメディアの異常性を理解している政治家には期待しています。

    この点を指摘する政治家には若い政治家が多いようです。
    古参の政治家は、新聞やテレビが生活必需品という時代に生まれ育っているせいか、それが当たり前と考える方が多いので、なかなか全面的に批判できないのかもしれません。

    また牛丼屋のすき屋の社長が、「メディアは特権階級であり、記者クラブがその象徴である」とこれまたネットに掲載されたインタビューで、ずばりと言い切ってました。(この方はご年配でした)

    ネットとメディアが対立の構造と思っている方が多いですが、ヤフーなどポータルサイトにどんどん朝日新聞が「朝日デジタル新聞」などという「通名」を使って進出しています。
    ヤフーは毎日新聞とも提携していると見られます。

    またmsnニュースもかつては産経の記事が多かったのですが、朝日新聞ニュースが怒とうのように増えてきたので、だんだんmsnニュースも見なくなりました。

    同じテーマを朝日新聞と産経新聞の両方の記事を同時に掲載して比較させるのであればわかりますが、重要なテーマにかぎって朝日新聞を優遇しているようです。

    ニュースのポータルサイトは重要なので、(小坪先生のような)やり手の有志の方々が、もっと公正なニュースポータルサイトをつくって国民に広めれるのはどうでしょうか。
    技術的には全然可能です。
    そして真の優良ブログを有識者の声としてリンクをはるのです。

    これも一例ですが、いろんな方法で既成の偏向メディアに打撃を与えられると思います。
    (私は個人の趣味としてニュースAPIを以前から調べています。これとディープラーニングを結びつけてなにか出来ないものかと空想しています。
    要は、頭のおかしい記者のフィルタリングではなく客観公正なフィルタリングの基礎技術として使えないか等の思考実験です。もっと素晴らしい頭脳の持ち主に革命を期待したい分野です)

    選挙は電子投票に変わるとよいと思います。だれかが強制的に投票者を拘束して特定候補者への投票を強制できるからダメだという意見ありますが、これは法律で厳罰に処するとか、エストニアだったか一定の期間内であれば再投票できるなどして対策できます。

    このアナログ式の投票の大変な手間と時間はかなりのムダと思います。投票率も飛躍的に向上するでしょう。
    ただ残念ながら、韓国のほうが早くネット投票は実現するかもしれません。

    政局がらみでは、小池さんが保守2大政党にチャレンジしましたが、今回は時期尚早でした。まだ周囲の政策ブレインが貧弱なのかもしれません。
    致命的なのは2点あり、左翼政治家を追い出すのを露骨にやり過ぎたのと、左翼に同調して森友や加計を煽り立てる側にまわったことです。

    副産物としては、民進党を立憲民主党に脱皮させただけでした。
    しばらくは都政に専念するのが良いでしょう。

    世代別対立を煽りたくはないですが、おそらく今回の選挙結果でも、中年と若者世代vs老年世代の(政党支持などの)対立構造が浮き彫りになるでしょう。
    いうまでもなく、これは世代間の対立ではなく、依拠している情報源の違いを示しています。
    既存メディアvsネット(新興メディア)の対立です。

    今後も、既存メディアは自分たちだけ軽減税率を適用していることなどを、ろくに老年世代に知らせないで、(老年世代が既存メディアのお得意さんであることを熟知したうえで)、この老年世代を巧妙に洗脳しつづけるでしょう。

    そして狡猾に生き残り、メディアや大学、評論界等にいる化石のような左翼の悪知恵を借りながら、これからも日本社会をひっかき回していくことでしょう。

    今後30年くらいの長期戦になると思います。そのころには超高齢化社会のひずみもある程度は解決され、あくどい左翼は淘汰されているでしょう。

  13. 読点 のコメント:

    結果は、自民圧勝。

    選挙前「安倍政権の独裁」「民主主義を取り戻せ」と言っていた方々が嘘つきだと判明する結果になりました。

    さて、民主主義で選ばれた今度の衆議院議員。自民党に投票した国民が安倍政権続投の前提で投票したのは疑いの余地がありませんが、野党の皆さんはどんなキャッチフレーズで安倍政権に対峙するのだろうと思いを巡らすのはなかなか面白い。

    野党の皆さんの現状把握力が判明しますね。

  14. 助さん、拡散 のコメント:

    自民絶対安定多数。小坪先生の所謂、ネット空中戦の成果が現れてきましたね。杉田水脈先生の当選もうれしかったです。

  15. 個別の774人 のコメント:

    壮絶なメディアスクラムで民主党政権が誕生した後、
    私は2chで民主党を揶揄するコピペ一発で、アク禁、
    更にプロバイダ解約の恫喝をされ流浪の民となり、
    暫く呆然としておりました。
    その後スレの仲間が集まる保守系某SNSに登録しました。
    2009年は、NHKが「JAPANデビュー」で、台湾と日本を冒涜した年でもあります。

  16. のコメント:

    お疲れ様です。
    そして、まだ正式ではなかったと思いますが、当選された議員の皆さんはおめでとうございます。

    まだ結果がわからない福岡2区などは心配です。
    他の地域でも小沢とか辻元とか菅とか当選してるのはどうにかならないのか……
    小沢がこのまま次まで死ななければ議員50年で銅像が建つのと菅副議長は勘弁してくれ……
    まあ、過去にも河野洋平議長とかそれどころか首相が村山や鳩山や菅なんて時代もあったから今更ですが。

  17. cat のコメント:

    山尾も管も赤松も辻元も落とせず

    うれしさも 中くらいなり 台風一過

    字余り いっさかホイ

    • ネット保守 のコメント:

      どんなに行儀の良い保守でも
      敬称すらつけたく無い議員の方たちですね
      個人的には「山尾ショック」です完全に終わりにできたはずのになぜ!
      という思い。
      信任された=まっさらな私=不倫(疑惑)も白!
      で華麗にマスメディア復活しそうで怖い。

  18. 大阪のおばちゃん のコメント:

    とは言ったものの

    足立議員が落選したら、チョット心が痛いかも…。
    比例ででも復活して、議員でいて欲しいかも…。

    • ネット保守 のコメント:

      ご安心を、比例復活なさったようです。

      • お焼き県民 のコメント:

        あれ〜比例の議席は返上するんじゃなかったでしたっけ〜?

        男に二言はあるんですね。

        まあ、邪教を「信仰」って言っちゃう時点で予想は付いてましたけど。

        • ネット保守 のコメント:

          「返上」たしかに言ってましたね(笑)
          まーどっちに転んでも足立先生の「武器」はそうとう鈍りますね。
          撃った途端に撃ち返される・・・
          あ、これってブーメランっていう武器かな!?
          かの党が得意な武器かとおもったけど、だいじょうぶかなあw

          • ネット保守 のコメント:

            以下、足立先生のtweet

            なお、「正々堂々」と書きましたが、誹謗中傷、デマ拡散等公正さに欠ける活動が相手陣営幹部にあったことは備忘のためにも明記をしておきます。小坪とかいう共産党以下の輩と結託し、私の母の宗教・信仰に手を突っ込んできたことは絶対に許せまん。正義は私にあるとここに宣言しておきたいと存じます。

            以上ここまで、
            比例返上しないそうです、そしてこの言い草
            残念ですが保守、左派、以前にやっぱりこの方・・・自分の置かれた立場が見えてないのかもですね、新たな「ブーメランマスターの誕生」です

    • 櫻盛居士 のコメント:

      また、軽々しく「共産党」を引き合いに出してますね・・・。
      こう言う言動を見ると、本当に共産党と立回りが出来る人なのか?っと、不安になります。
      共産党と言えば、殺人から銀行強盗までするマフィア顔負けの犯罪組織ですから、他人におっ被せる場合は細心の注意を払う必要があります。
      検察庁長官に対してでも軽々しく「山口組以下」とか言いそうで、非常に不安を感じます。
      ここまで軽々しいと、何時か周りを巻き込んで盛大に真の主敵に足下掬われ兼ねないと警戒せざるを得ないです。

      現に原因となった言動を丸く埋殺しにしてしまう機会を失っており、反安倍やアカが擦り寄って来ております。
      この手の輩の常套手段は、足立議員本人だけでは無く、その支援者も煽って足立議員が引込みがつかなくなる所まで追込む事ですが、ほぼそれに成功してしまっている状況と判断します。
      その気になれば言い方は悪いですが、小坪市議と裏取引で痛み分けなり、埋殺すなりの初期消火が可能でした。
      その初期消火に失敗し、更に主敵の間者の侵入も察知出来無いとなると、次の段階で主敵が仕掛けて来る事は目に見えています。
      っと言うより、自ら間者を引き入れて傀儡に成り兼ね無い、極めて危険な状況と見た方が良いでしょう。

      主敵目線で小坪市議と足立議員のどちらが陥落し易いかでみれば、恐らく足立議員の方でしょうし、足立議員の兵を使って小坪陣営の戦力を削ぐ為の作戦を展開するでしょう。

      事ここに至っては、足立議員の支援者がこの事に早く気付き、早急に防備を固めた方が良いと判断致します。

      • お焼き県民 のコメント:

        つまりはあまり腹芸が出来ないというか、政治家に向いてない人ですね。

        • MAZDA のコメント:

          やっぱり比例でいくわけですね。これで信用度「0」。漢じゃないね。 今後何を言おうと「ふ_ん、、、頑張って下さい(棒)」

        • 櫻盛居士 のコメント:

          実は腹芸が出来無いと言う不器用さは時として誠実さに見える事もあり、それなりに武器として成立つのですが、それが武器として有効なのは、伍長、軍曹辺りの、専ら局地戦闘で指揮を執る者迄なんですよねぇ・・・。
          特に義勇隊等、練られてい無い戦闘集団を率いる場合は、この不器用さが強く効果を発揮する傾向があります。

          これが戦闘では無く、戦争と言う視点で物事を捉えた場合は、この不器用さは致命傷になる事があります。
          これらから推察するに、正規軍司令官には至っていない、亦は支援者を含めた軍自体が義勇隊止まりである為、正規軍司令官の様な仕事は内部的に求められていない可能性が考えられます。

          もう少し練兵が必要なのではないでしょうか。

      • ネット保守 のコメント:

        櫻盛居士 さま

        敵目線からの考察ありがとうございます。
        まさにうなずくばかり特に以下の言葉、完全に同意します

        >事ここに至っては、足立議員の支援者がこの事に早く気付き、
        >早急に防備を固めた方が良いと判断致します。

        ただ、足立陣営が再び小坪先生に仕掛けてきた場合、
        私は小坪先生を守るために、足立陣営攻撃せざるをえません。
        ネット保守活動の今までの経験から
        「この状態の足立先生」なら容易に攻撃可能です。
        足立先生の発言の度に、蓮舫並みに「みんなのオモチャ」にします(したくはないですが)

        足立先生の支援者は、今回の比例復活を「命拾いした」と受け止め、謙虚に自重してほしいです。
        西村陣営に「命拾い」は無かったのですからね。

        • 櫻盛居士 のコメント:

          ネット保守様

          小生の拙い推論に御同意頂き、誠に有難う御座います。

          本件ですが、我々は迎撃体制を整えておきつつも、実際に迎撃するかの判断は大将である小坪軍団長を全面的に信頼し、全てをお任せするのが得策かと判断しております。

          小生もココまで偉そうな事を論じておいて、同じ轍を踏んでは良い恥晒しですから。
          実は、Twitterでは小生の所にも「足立はけしからん!」「足立は嘘付きだ」という、チクリが多数来ます。
          その手のアカウントを調べると決まって、パヨパヨチーンの方です。

          小坪軍団長はそんなにヤワな方ではありませんので、ちょっと位撃たれたからと言ってダメージを受ける事も無いでしょう。
          根拠は小坪軍団長の人脈とでも言っておきましょうか・・・。
          どうも、隠し弾も多数保有している様ですし。

          小坪軍団としては当面は敵の間者侵入に備え常に警戒し、これを尽く排除する事に専念するが吉かと。

          小坪軍団長の号令が下る迄は、流れ弾が飛んで来ても静観して大丈夫でしょう。

          一計を案じるならば、如何にして足立軍を主敵にぶつけるかですね。

          • ネット保守 のコメント:

            櫻盛居士さま

            そうですね了解しました!迎撃準備完了、弾はいつでも撃てる、で止めておきます。
            団長の『撃ち方始め』の号令がかかるまでは決して引き金を引きません耐えてみせます!
            小坪軍団は日頃からここで鍛えられてますからね(笑)

    • 大阪のおばちゃん のコメント:

      小坪議員は本当に応援しています。
      足立議員の素性を教えて頂いた事も有益でした。

      が、
      小坪先生も足立議員と同じ事をしたのですから
      足立議員が落選していたら無傷ではいられなかったハズ。

      小坪先生のためにも
      足立議員が比例復活して良かったな、と思いましたよ。

      ま、おばちゃんの戯言です。

  19. 縁の下 のコメント:

    小坪先生の影響力凄いな!

  20. 東北の日本人 のコメント:

    自民党頑張りましたね?(^^)/
    2/3議席取れましたね(^o^)v(公明と合わせてですが…自民だけでいけたら最高ですが…)
    あれだけの偏向報道や選挙妨害にあっても、日本を想う方々はきちんと物事見据えていたんですね(^^)
    宮城県も小選挙区で6人の内5人は自民党です?(^^)/
    約1名、安住なんたら氏という大分おかしい方を出してしまって残念ですが、まさかの仙台市長に恐ろしい狂人を選んでしまうというショッキングなことがあっただけに宮城県内でみればまだ、まともな人が大勢いるということに安心しました。
    岩手はネットがつながらないのでしょうか…。
    高齢化で震災のことも忘れてしまったのかもしれません…。若干福島も危ない…が…。(東北の話です)
    しかし、全国的にも絶対に国会議員のバッヂを持たせたくなかった方々が当選とは…。やはり日本人のメンタルじゃない方々も随分多いんですね…。
    愛知の山尾なんて無所属で追放の大チャンスだったのに…。小沢等々民進残党のしぶとさは昆虫のあれを思わせる…。
    でも、何はともあれ与党大勝利です!!!
    めでたい!!!
    候補者の先生方、小坪先生始め、日本を愛する有権者皆さんの思いが天に通じたんですね。
    お疲れ様でしたm(__)m

  21. ネット保守 のコメント:

    小坪先生がブログでの応援した国士は勝ちを取り、
    足立先生は小選挙区で敗れ、比例復活でした(とても良い落としどころ?)

    この結果をもって小坪先生のおこなった事の「価値」は関係者の間でさらに上がったのではないでしょうか、(先生はおそろしい味方で良かったw)
    ともあれ、各地方の保守勢力のみなさま、おつかれさまでした。
    おめでとうございます!

  22. ひかりちょういち のコメント:

    希望の党の九州比例の中山成彬氏が当選確実の報。
    「日本のこころ」の政党要件未達。当選者無し。
    杉田水脈氏の当選。
    沖縄の選挙区での自民党当選者未だ無し。(4区は台風の影響で今日の予定。)
    自民党は現状維持。
    立憲民主党が他の党の減少分を吸収。
    立憲民主党の菅元総理、アグラ海江田万里選挙区当選。
    共産党半減。
    維新一桁。
    無所属当選の今後の帰趨に注目。

  23. コスモス のコメント:

    自民党政権は早々に
    NHKを解体し
    報道の正常化を成し遂げてほしい。
    衆議院選挙でよくよく判りました。

    日本人の敵は「マスコミ」
    反日工作??主体はテレビ局
    寄生を止めないですねー。

  24. taka のコメント:

    私は今選挙は、保守が反撃の狼煙を上げた選挙だと思ってます。
    秋葉原での総理の一件で堪忍袋の緒が切れたのか、
    保守側が完璧に合法かつ効果的な方法で見事に左翼の汚いメディア・ヤジと対抗しました。
    モラルはあるが現場で為す術のなかった保守がおそらく初めて具体的な行動に移しました。
    それは「ヤジは犯罪」という事実を周知させた渡邉哲也氏らの貢献と、拡散させた保守の努力が実った事例だと感じました。
    悠長なこと言っていられる国際情勢ではありませんが、今後左翼は同じ手は使えなくなったという意味で、そして相手側に警戒心を植え付けたという意味で
    計り知れないほど意義のあった選挙だと思います。

  25. 波那 のコメント:

    宮古島の市議石嶺香織が落選したと狼魔人日記に出ていました。

    (*゚∀゚人゚∀゚*)♪

  26. 八王子市民 のコメント:

    まぁ、「安倍政権を2020まで続けるかどうかの選択選挙」でしたね
    希望が出てきたときはイギリスメイ首相の二の舞にならないか心配もしましたが結果オーライで良かった
    選挙番組テレ東で少し見てましたけど、自民の先生方の新聞テレビに対する不信感が凄くてそれが一番の驚きでした

    ただネットの力といっても青山繁治議員で全国で50万弱くらいの票数ですから政党を維持させられるような力は今は全然ないでしょうね
    報道に対するカウンターパートとして好き勝手やらせないのが仕事か

  27. とまと のコメント:

    昨日はボクシングの試合をテレビ観戦しながら選挙速報を見ました。比嘉選手、村田選手、おめでとうございます! 自民党も勝ちました! よかった?。杉田水脈さんも当選。嬉しかったです。小坪先生、選挙について色々と教えてくださり、ありがとうございました。
    しかし頭にくるのは、葬り去りたい奴らがまたしぶとく生き残ったこと。辻元さんと玉木の当選には開いた口が塞がりませんでした。我が県でも「コイツらは絶対にダメ?」という二人が比例で当選しやがりました。本当にしぶとい。GキBリ並みです。
    希望の党を見捨てたマスゴミは、今は立憲民主党を「大躍進」と持ち上げ、めちゃ気持ち悪いです。
    安倍総理がまるでナウシカそっくりの写真(Twitter)を、あるブロガーさんが紹介されていたのを見ました。黄金の稲穂実る田んぼをバックに演説されている安倍総理。濃紺のスーツを着ておられました。この写真に感動しました。

  28. 月光仮面 のコメント:

    やっと間に合った 改憲ですね ただし すごい抵抗があると思います
    それは チャイナも韓国も北朝鮮も これって 反対するっておかしいよね
    何が おかしいか 日本は戦争をするって言っているんではないんですよ
    守るための軍隊を作ることを検討しようって言っているんだと思いますが
    この3国は日本を攻めるつもりがあるから 今まで反対しているのです
    国内で 反対している人たちは なぜ 今までそれを考えていましたが

    これからは 良い憲法にしていこう 国民みんなで育てて行こうという事ですね




    良い憲法にして 日本を守りましょうね
    注意
    改悪に十分注意ですね。

  29. 修羅の国の元住民 のコメント:

    あとは希望の党が一体どこに向かうのかでしょうかね。
    当初の党是の改憲保守路線に進んで内部のパヨク議員と分裂を起こすか、それとも
    完全にパヨク系旧民進議員に乗っ取られて、ぱよぱよ路線に突き進むか・・・。
    少なくとも現段階では改憲勢力としてカウントするのは現実的に無理でしょうね。

  30. 山形賢一 のコメント:

    自民圧勝おめでとうございます。

    足立議員は最後まで訂正されませんでしたね。比例も返上せず。まあ底が見えた感がありますが、活動を見守るしかないですね。

  31. 琵琶鯉 のコメント:

    愛知7区の投票 無効票が11000あるようです。

    山尾さん800の僅差で当選してますよね。

    自民党は愛知の選挙委員会に票の数え直しを依頼する必要があるのでは?

    絶対おかしいですよ。

  32. 旧新人類 のコメント:

    自民圧勝は嬉しいけれど、二度と顔も見たくない特亜の回し者や銭ゲバ老害等がしぶとく生き残ってがっかりです。これから、これらのぱよちん議員どもと腐敗したマスゴミがアンチ改憲発狂ネガキャンすると思うので、お花畑が取り込まれないよう情報共有・拡散をますます推進しなければなりません。小坪先生も多数のプロジェクトを同時進行されて多忙だとは存じますが、実名でこれだけの頭脳戦・神経戦を戦える先生は他になかなかいません。今後もご指南宜しくお願いいたします。でも、この選挙でとりあえず日本国民の連帯感が安倍政権の信任という形で示されたことはよかったです。パヨクの分断工作などに負けてなるものか。

  33. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    小坪市議が応援してらして、当選された先生方、まことにおめでとうございます。日本人の為に活躍して下さる事をお祈りします。

    他の方もおっしゃってますが反日売国議員が当選してるので、まだまだこれからだなと思いました。
    そして愛知7区はやはりと言うか…愛知は元々、パチンコ絡みの民進(民主)が受かりやすい地盤みたいなので、倫理モラルとかは二の次なんだと思います。

    7区以外の、例えば春日井市などはきちんと自民を当選させてますしね。救いは、7区の半分は山尾を容認してない事でしょうか…

    当選した山尾志桜里に『投票不正の可能性が出る』異常事態が発生。800票差なのに11000票が無効票に
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50504550
    愛知1区〜15区の無効票一覧
    1区(3,869)2区(5,069)3区(4,456)4区(5,634)5区(5,487)6区(2,570)7区(11,291)←
    8区(4,960)9区(6,243)10区(3,068)11区(5,438)12区(3,886)13区(4,282)14区(4,197)15区(4,520)

    おかしいだろwww

    自民と山尾じゃさ
    白票も多くなるんじゃねーの
    共産支持者だって、山尾には入れたくないって人
    いるだろ

    ま、選挙区違う愛知だけど、いっちゃあなんだが、
    辻元や、玉木ンを当選させちまったところもどうかと思うぞ。
    当選はしなかったが、大阪13区の元NHK職員の姜英紀ってなんだよ?
    立民だからひょっとしたらがあったし、NHKの職員って・・

    ※42
    確かにその可能性はあるな。
    手などで擦って文字判別できないとか、消しゴムで消して白紙投票として処理している可能性。
    鉛筆記入って不正し放題だよな。
    不正を無くすなら、領収証の様に「複写式でペン記入」にすべきだろ。

    愛知県民だが皆本当にすまん。
    7区の辺りはファッションアンチ自民と底辺在日部落が多くてな。
    県民の総意では無いことだけは信じてほしい・・・。

    不正があるかどうか以前に
    当選に影響がある可能性があるんだから
    無効票内訳(白票、無効票の理由別)は必要じゃない?

    ※115
    愛知7区の選挙結果で愛知県そのものを批判してるお前が一番の馬鹿だよ

    元々民主王国の愛知で、圧倒的支持を受けてた人だ。
    あんなスキャンダルがあって無所属でも投票する人が12万人もいて、
    こいつには入れたくないが自民党にも入れたくない、民主か希望の
    候補者がいれば入れたのに・・・が1万人、と思えば、わからなくもないが。

    痴漢など性暴力の本質は支配欲、性欲とは無関係だった! 「男は女より上である」という力関係を示してストレス解消する加害者達
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52196210
    過半数が性的欲情してないって話、実に重要だと思った
    まさにいじめや虐待、ハラスメントみたいに、
    自分が上で相手(女)が下って思い込みで発動し、
    性暴力によって力関係を誇示することで充足感を得てるのが痴漢なんだね

    なぜ妻子持ちで行為も普通にしてるのにエグい性犯罪を犯す奴が結構いるのか
    理由がわかった気がする。
    弱い相手をイジメてストレス解消したい陰湿な欲求が大元で、
    性欲はあくまで二次的な産物。

    男性は性欲を抑制し、定期的に発散処理する必要があるのは間違いないが、
    痴漢強姦など他人を蹂躙してそれを満たす人は、全く別の属性。
    食欲が強い人は、食いしん坊だが、食い逃げ予備軍ではない。

    つまり、誰でも犯罪者予備軍ではないってことじゃないか
    まあ性欲無くても元から好きなんだろ?
    独身じゃない人の場合浮気願望はあるのか気になるなあ…

    まあこれはその通りな気するよな
    あとスリルを求めてみたいなのも多いんじゃない?

    ってことは痴漢する奴は異常者ってことだよな
    これにかこつけて男全体を叩いた罪は重いぞ

    両方あるだろ

    痴漢の因縁付けて脅す女も支配欲に駈られて?

    「痴漢は犯罪です」って当然のことをわざわざ宣伝しないと分からないような奴多いしね
    痴漢する奴は認知が歪んだ精神病患者ってことで、問答無用で病院にぶち込んだらいいよ

    面白い説だし論理的に感じるが
    言い方悪いが世間でいう所のブスな女性も
    痴漢対象になってる相関関係あるなら納得する

    女が強いと痴漢!と叫ばれるから弱い子が自然と標的になりやすく
    支配したいから弱い子とは必ずしも言えなくなる

    >>128
    可愛い子を限定して支配したいとなるとそれは性欲も無関係と言えないよな?
    力がないから女を対象に支配欲を行使するのは分かるが
    支配欲なら外見気にする必要ないしな

    と言うか妻帯者であれば性的に満たされてると言う前提で性欲は関係無いと論理づけてるのもやばい。浮気してる人なんていくらでもいるがな。

    男尊女卑の意識うんぬんじゃなくて、実際に生物として男より女の方が弱いから、
    ストレス溜まった男のはけ口にされてしまうってことだと思うがね
    概ね納得した記事だけど、そこだけは論理が飛躍してると思うわ

    自民・小泉進次郎、各局の選挙特番にて新聞への軽減税率適用を批判「忖度があるのか、指摘しても報道されない」キャスター困惑(動画あり)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52304695
    進次郎、よく言った。日テレの村尾の困りきった顔が面白かった。出来たら押し紙のことも言って欲しかった。

    税収をなるべく減らしたくない財務省の意向で進次郎は言わされてるんだろうが、TVで言ったことはよくやったと思う
    新聞の軽減税率適用はおかしい

    いいこと言うね。
    韓国肥料と子供保険詐欺は、絶対忘れないけど。

    政府は加計学園に関してはきちんと説明してるんだよ・・・国会で誘致した前愛媛県知事の加戸前知事や諮問会議の議長などよんで質疑応答してる
    逃げたのは新設を反対の獣医師会だぞ・・・諮問会議の議事録は公開されてるし加戸前知事は加計学園になった経緯を親切丁寧に説明している。説明不足になるのはマスゴミが重要な部分をカット編集して前川の忖度発言を全て正しいように報道するから

  34. 山形賢一 のコメント:

    沖縄にて2人自民党が当選していますね。赤く染まらなくて良かった。

  35. 大和撫子 のコメント:

    80代の知人から「同窓会でYouTubeを見てる仲間から新聞やテレビの偏向報道がひどいと詳しく聞いて希望か立憲に投票迷っていたが自民党に投票した」と今朝TELがありました。
    年寄りにも段々マスゴミの不公平な報道が伝わっていくと思いますが、敵はしぶとくその上を巧滑にしてくるから用心しなければなりませんね。
    いろいろな情報を知る権利はあるから又、いろいろ裏話なども知らせて頂きたい。

  36. 隣町の主婦 のコメント:

    今日のテレビ局の選挙報道は・・与党が圧勝したにもかかわらず、未だに安倍叩き、与党叩きの酷い事、腹が立ってしかたありません。 昨日の結果は国民の圧倒的な意志でもあるのに たぶん認めたくないのでしょうね。
    それにしても1局ぐらい、公平な立場で報道するテレビ局は無いものでしょうか。
    NHKは私達から強制的に受信料をとってるのだから・・ちゃんとして欲しい。
    まさかNHKまで汚染されているって事は無いでしょうね。

    • のコメント:

      まさかも何もNHKも朝日、毎日の次、番組によってはそれ以上にシナと南北に汚鮮された局なのは有名な話です。
      ちょっと選挙の前後や軍事絡みの何かがあったときにニュース番組を眺めていれば腸が煮えくりかえること請け合いです。

  37. セイウチ のコメント:

    沖縄4区、西銘恒三郎先生勝利
    沖縄から自民が駆逐されるようなことにならなくて一安心です。

    新参者とはいえ石垣市民の端くれの私としては、この勝利が自衛隊配備への追い風になることを期待せずにはいられません。
    自衛隊早く来てくれえ!

  38. 台風一過 のコメント:

    今回台風が選挙に直撃とか正に風雲急を告げるだなと思ったりもしたんですが、取り敢えずとんでもない方に行かなくて良かったと思います。
    元民主党の面々が普通に小選挙区で勝ったのも驚きましたが。
    特に前回滑り込みで比例で当選したのに今回普通に通ったバ菅直人とか。
    経団連も糞ですけど連合も同じくらい糞組織なんだなとつくづく思いました。

  39. 通りすかり系 のコメント:

    比例は自民に投票した。
    小選挙区は公明党候補の選挙区だったので無意味と知りながらも白票を投じてきた。
    自公連立、本当に何とかならないものか……。
    憲法改正が公明党の妨害で骨抜きにされないことを祈る。

  40. e2_1965 のコメント:

    今回の選挙保守にもサヨクにも得た物は大きかったように思います。
    (サヨクがそれに気付くかどうかは別として)
    サヨクは今迄与党をそれらしい言葉で口撃しているだけで一定の支持を得られましたがソレが通用したのは2009年の衆院選迄でそれ以降は全く通用しなくなった。サヨクには歴史的大転換が求められる時代になってきました。その体制を支えてきたカスゴミへの日本国民からの信頼が大いに失墜した今サヨクには質の大転換が求められるようになってきているのだと私は考えております。昨夜のNHKの選挙報道の中で神奈川16区の吉家候補の対抗馬として希望の党から出馬した立候補者には中年のオバチャンからの罵声が浴びせられていました。(「国民はもう騙されないよ」とね。)
    この世代からそう言う声を浴びせられているとなるともうサヨクの偽装は何をやっても無駄でしょう。国民はいつまでもバカじゃぁ無いと言う事です。左翼とソレを支えるかスゴミは今迄国民を騙し続ける事で今の地位を維持してきましたがそんな歪んだ地位がいつまでも安泰では無いと言う事は2013/2014/と今回の衆院選が明らかにしたのだと思います。サヨクは実質コレで壊滅と言っても良いでしょう。一部狂信者集団が残滓となって残る程度でしょう。が、ソレもいつまで残れるやら。
    ただ一部の良識の無い有権者がまた辻元のような犯罪者を当選させてしまったのが気になるところです。
    でも、今回の衆院選では杉田水脈先生が当選された事は非常に喜ばしいところです。

  41. e2_1965 のコメント:

    脳科学が明らかにする「あなたの隣のサイコパス」

    まるで『誰かさん』の事をピンポイントで書いているようにしか見えなくて笑ってしまいました。蓮舫やパコリーヌ、公金泥棒ツヂモト等々完全に当て填まりますね。

    ありえないようなウソをつき、常人には考えられない不正を働いても、平然としている。ウソが完全に暴かれ、衆目に晒されても、全く恥じるそぶりさえ見せず、堂々としている。それどころか、「自分は不当に非難されている被害者」「悲劇の渦中にあるヒロイン」であるかのように振る舞いさえする。

    残虐な殺人や悪辣な詐欺事件をおかしたにもかかわらず、まったく反省の色を見せない。そればかりか、自己の正当性を主張する手記などを世間に公表する。

    外見は魅力的で社交的。トークやプレゼンテーションも立て板に水で、抜群に面白い。だが、関わった人はみな騙され、不幸のどん底に突き落とされる。性的に弄放であるため、色恋沙汰のトラブルも絶えない。

    経歴を詐称する。過去に語った内容とまるで違うことを平気で主張する。矛盾を指摘されても「断じてそんなことは言っていません」と、涼しい顔で言い張る。

    ――昨今、こうした人物が世間を騒がせています。

    見過ごせないのは、この種の人間を擁護する人が少なくないことです。
    「彼/彼女は騙されてああなってしまったのだ」
    「けっして悪い人じゃない。むしろとても魅力的だ」
    といった好意的な反応が、テレビのコメテーターから一般の方まで、少なからず出でくるのです。時には「信者」 であるかのような崇敬を示す人までいます。

    そうした人たちは、きっと知らないのでしょう。
    彼/彼女らが、高い確率で「サイコパス」だということを。

  42. テロ指定共産党 のコメント:

    安倍総理の笑顔が無かった理由は、「希望の党」が野党第一党になれなかったからだと思っている。
    小池代表とならば、日程の調整も上手く進んだことだろう。

    しかし、マスコミ最後の悪足掻きで、「立憲民主党」へのシフトが功を奏し、革マル民主が野党第一党になった。

    これで、日程の調整は厳しくなると予想する。

    また、革マル民主は共産党との親和性が高いところが厄介な存在だな。

    神様は、売国オールスターを温存してくれたようで、保守の試練がまだ足りないのだろう。

    共謀罪陣営vs共栄圏陣営なんだろうな。

    • のコメント:

      何だか今回の選挙だけで神様、八百万の神ではなくいわゆる一神教のGODはいないか、いるとしても善良な人類を救わぬ、むしろ神殺しで誅殺すべき存在Xであると感じます。山尾や菅や小沢を当選させるように世界を動かすような存在Xは要らぬ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください