【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない新情報


 

 

私は、blogに公開している以上の情報をもっている。その上で「制御し、配慮し」公開してきた。豊田議員については、本心から許せない。情報源を伏せつつも「トレーサビリティが維持」された状況で、告発を行う。
まだ週刊誌を含む、メディアにも掲載されていない情報だ。

考えても頂きたいが、新聞誌面よりも早く、かつ正確なブログ、ここに違和感はないか?
報道を引用せず、高い精度を誇る。つまり、情報源はメディアではない。
彼らを”一次ソース”と呼称することもあるが、ならば政治家同士の会話は【零次ソース】だ。言いたいことはわかったと思う。

「現場」で、自ら情報を入手し、中にはガセネタもあるのだが、それを精査し、総合的に分析。そうやってblogを書いてきた。配慮もするし、忖度もする。情報の制御を批判する者もいようが、私は政治家だ。ジャーナリストではない。

 

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

(今回の画像はネットより。)

 

 

 

 

官僚が泣いて異動を求める。
伝聞形式とさせて頂くが、情報源を守るため、である。
ただし、トレーサビリティは維持できる形式で書かせて頂く。
報道関係者は「取材力!」などと自称するならば、是非、その真価を発揮して頂こう。

私が直接、教えることはしない。
ただし、容易に裏はとれるはずだ。人間関係をちゃんと構築できているならば。

 

豊田議員が文科省政務官時代の話だ。
文科省の女性事務官や男性秘書官たちが、あまりの仕打ちにより心が折れて異動を申し出た”事件”だ。泣きながら当時の大臣に辞めさせてくれと直訴した。

豊田氏を政務官から降ろしてくれという意味ではなく、豊田議員と接さざるを得ない立場であることが苦痛であるため、(彼等、彼女らの)役職を解いて欲しいと言う要望。官僚にとっては、事務官・秘書官に任命されることは名誉なことであり、解任要求は異例。また、途中で役を投げ出す行為は官僚の動きとしては異例、キャリアに傷がつく行為だからだ。

官僚にとって至上命題であるはずの出世に響いてまでも、豊田議員から離れたかったということだろう。前例としては田中まきこ議員以来であり、珍しいケース。ニュースバリューは充分にあろう。某省の友人らも驚いていた。(文科省とは指定しない。)

当時の閣僚が誰かなんて、一発で調べはつく。
官僚も「広範に知っている情報」である。

豊田氏は官僚時代から「様々な軋轢」を起こしていた”らしい”ゆえ、口を割る者もいるかも知れない。
メディアの皆様は、是非、取材力を発揮して頂きたい。

 

 

 

「辞めることができない」「訴えるぞ!」疑惑
辞めたいけれども、辞めることができない。
無理に辞めようとすれば、「訴える!」と恫喝されたという「噂」だ。

 

実は、退官した秘書複数名にも私の友人がいる。
これは豊田事務所周辺と私が仲が良かったわけではなく、あまりに秘書が入れ替わるためであり、(彼らの情報を信じるならば)100人単位で入れ替わっているそうだ。

たまたま体があいた者などが配属されてしまう(ほぼ事故とも言える)状況にあり、能力のある者は速攻で事務所から逃亡するような状況(建て直し不可能と見切りをつける。)であったのだ。

中には「豊田事務所を建て直す」ために努力した、骨のある者もおり、私の友人も頑張っていたそうだ。また、就業規則の確認からスタッフの人選(再就職の手配)など奔走していた者もいたと聴く。このような努力があったにも関わらず、このような事態に陥ったのは、議員本人にその器量がなかったと言えるだろう。

本人に国会議員以前に、人間としての何かの欠落あったのではないか、と推定せざるを得ない。

 

ここから先は、誰から聞いたという話ではないのだが、総合すると相当にひどい例もあったらしい。有名な例だと、辞めようとした際に「地元に文句を言ってまわっている」と憤慨し、退職を希望するも辞めれず、さらには「訴えるぞ」と秘書を議員本人が脅したという「うわさ」だ。

訴訟をチラつかせた恫喝、これは場合によっては違法行為となる。
「訴える!」と明確に述べたかどうかは、皆様の取材力に期待したい。

あまりに秘書が入れ替わっているため、どの時代のことかは定かではないとしつつも、一件ではなかったはずなので「当たりクジ」をひくメディアもいるだろう。本件については真偽不明とさせて頂くが、複数の被害者たち(及び相談を受けた者たち)が口をそろえて言っているため、事実であろうと考えている。

「及び相談を受けた者」という名称を用いたが、退官を希望する秘書たちは【再就職】を希望した者たちもいるわけだ。他の事務所の秘書を頼った者や、複数の国会議員と懇意にしている者を頼った。そこで情報が抜けていったの『だろう』と言わせて頂く。

「複数の国会議員と付き合いがある」存在には、某市の市議もいたのかも知れないね。明言は避けさせて頂きますが。メディアの皆さん、私に取材しても無駄ですよ、答える気はありませんから。

 

 

 

”有権者の前で土下座”の噂
他に有名な話としては、後援者たちの前で秘書に土下座をさせたという噂。
これが事実であればと仮定するが、この時点で相当にヤバイ。
また、「二度と選挙区に足を踏み入れるな」とは発言したという報告もあった。

 

土下座疑惑については、「有権者の前で」らしいので、議員会館側から情報がとれずとも。
その支援者らを特定できれば、民間人側からソースを付けることもできますね。

取材力に期待するものであります。
(タレこみとかもあるかも知れませんよ、匿名でね。)

 

そもそもこの方が謎なのは、本格的に国会議員の仕事を勘違いしていた可能性がある点。
衆議院議員は「縄張り意識」が強いのは当然だが、(辞める秘書に)「選挙区に入るな!」というのは、その土地を自分の領地とでも考えているのだろう。

 

選挙区は、国会議員の領地ではない。

 

【おまえは大名か!】と笑われていたことを、豊田氏は知るまい。

 

そして、彼女は知るまい。
どれほど多くの関係者が心を痛めていたかも、
どれほど多くの関係者が対応に苦慮していたかも、
どれほど多くの関係者が建て直しの努力をはかったかも、

彼女は知るまい。

 

払われた努力は、感じることはできないだろうが
「関係者がかなりの数に登る」ことを、そして”外部でデータ化”されていたことも、知らぬのだろう。
(これはメディアも同じかな。)

資料化に際して、理系出身の政治家が含まれていたかは、明言しない。

 

 

 

一度切りのボーナスを返せ
私が直接聴いた話ではないのだが、周囲からのタレこみの中には、悲惨な例もあった。

頑張り屋さんの若い女性秘書がいたそうだ。
1年近くも働き手取り20万円以下で支えてきてくれたそうです。事務所を辞める際に豊田氏を刺激してしまったらしい。

たった一度だけ払われたボーナス10万円を返せ返せということで、極めてかわいそうなことになった、とのこと。健気に耐えていた20代前半の女性秘書を気遣い、(恐らく豊田事務所の内部の者よりも)心ある外部の秘書・元秘書たちこそが豊田氏の素性について「詳しくなった」というのは、皮肉なものだ。

 

ここで補足しよう。
実は、豊田氏に関する噂は非常に有名であり、多くの事務所の秘書たちも知るところ。考えればわかることだが、秘書同士もネットワークがあるためだ。

極めて強固なネットワークで、代議士本人も知らぬ間に組織化されているという事例もある「そうだ」。今回の新潮の記事のリークについても、複数の事務所の秘書たちが協力している可能性も示唆したい。私自身も、あの事務所は大丈夫なのか?と相談されたことはある。問題を解決するべく某所に相談に行ったこともある。それがどこかは言わないが。

 

メディアも誤解しているし、豊田氏本人も誤解している。
秘書には秘書のネットワークというものがある。

私も、政治家同士の付き合いを優先するため、最終的には国会議員の裁可を仰ぐことになる。そちらが最優先である。
ただし、その制御を行い、そこに至るまでの道筋には秘書の存在があり、事務所を問わず、場合によっては政党を問わず、秘書には秘書のネットワークというものがあるのだ。

 

わかりやすい例を出せば、議員年金は存在しない。地方議員を含め、だ。
ただ、秘書の年金は残っている。国会議員すら、特にベテランの多期生ですら、「手を出せぬ」ネットワークがそこにはある、ということ。

実際に100人が入れ替わったかは不明とするが、相当数の入れ替わりがあったことは把握している。中には「のちに有力な秘書の先輩」ができた者もいよう。本件をハンドリングしているのは、「豊田事務所の内部」の者ではないように思う。

中には、いるのだよ、
メディアにもコネクションを持ち、下手な市議などよりも、場合によっては期数の浅い国会議員よりも「遥かに政治力をもつ秘書」というものが。

 

政治を志し、健気に働く若者を。
踏みにじったことについて、激怒した者もいるのかも「しれない」と、述べさせて頂く。

(このあたりは、私に取材しても無駄ですよ。言えば、自分の力が削がれるわけで、そのぶんの”対価”は安くはない。報道側が払えるとは思えない。)

 

 

 

就業規則の存在
先ほどから「就業規則」という言葉を用いた。
実は、豊田事務所には就業規則がある。これは国会議員事務所としては珍しい例だと思う。

一昨年の冬頃のことだと思うが、それまでは就業規則も存在しなかったはず。そのような”確認”が必要となった理由だが、【辞めさせてもらえない】また、【(辞めようとすると)恫喝に近い私信が届く】【辞めても携帯で怒鳴られる】等のトラブルが多発したからと伺っている。またボーナスうんぬんのくだりがあったため、「助けるために」必要な資料だったということだろう。

 

先ほどの「対応」として、書類のチェックを行った者がいるわけだ。それは、事務所内の人間ではない可能性を示唆しておく。だいたい暴露しているから、構図は理解して頂けていると思う。明言は避けるが、取材はできるだろう、これで。

のちの被害者たちは、豊田議員からの圧力に屈せず、その就業規則を作成した当時の秘書を強く尊敬しているようだ。どの時代の秘書かは存じ上げないが、将来を見越して「後進たちのため」身体を張った秘書が”かつていた”ということだ。退官した秘書たちの全てが【就業規則があった】事実を知っているか否かは存じ上げないが、恐らく「存在自体を知らない」者もいるかと思う。規則に基づき、攻めることができると、アドバイスさせて頂く。

 

繰り返す。
豊田事務所には、就業規則がある。
退官し、泣き寝入りしている秘書たちが多数いると思うが、規則に基づき、「対応」を迫ることは可能だ。

存在自体を知らぬ者も多いと思う。是非、知って頂きたい。
また、就業規則があることでどう活用していいかわからぬ者もいるとは思う。

公設でも極めて若い秘書(入れ替わりが激しいため)もいたと記憶している、使い方がわからない、それを用いた身の守り方がわからぬという者もいるだろう。弁護士・社労士に相談して欲しい。

 

はっきり申し上げるが、豊田事務所が情報源ではない。
特に報道関係者に申し伝えたく思うが「豊田事務所以外」からも情報は入手できる。
(こう言えば、勘の良い者は気づくだろう。そもそも新潮のソースも豊田事務所ではあるまい、恐らく。)

 

 

 

党への批判
珍しく党批判をさせて頂くが、多くの者が「あれはやばい」と強く訴えていたはずだ。知らないはずはない。

にも関わらず、ここまで放置し、多くの犠牲者を生じさせ、週刊誌に叩かれるまでピンクモンスターを放し飼いにした罪は、政党政治である以上、党の管理責任、および候補者選びの際の、組織としての責任を問いたい。最初は作り話だろうと思ったし、聴けば聴くほどドラマかと思ったが、ここまでの事態を放置した党の責任は大きいと思う。

その責任はしっかり果たして頂きたい。
要望である。

 

 

 

後継者の早期指名を!
ついては、埼玉四区には是非とも「まとも」な新しい自民党候補を早急に用意して頂きたく思う。強い、強い、切なる要望だ。

地元には、あんな公認候補しか与えなかったこと、あまつさえ二期もこんな人物に「自民党のブランド」を使わせたこと、埼玉の四区の有権者には詫びて頂きたい。

なぜ早期に新しい支部長をと求めるのかと言えば、豊田氏が「二度と埼玉四区」に戻れぬよう、その席を埋めておきたいからだ。本人は、恐らく「党益のため、自ら離党した」という部分を盾にとり、現職衆議院議員の強みを活かし、衆院選前には「復党を狙う」と想定されるからだ。さっさと後継者を決めて欲しい。

 

いま、議員を辞任させるわけにはいかない。
なぜならば、早期に補欠選挙が行われ、「豊田批判」を軸に、民進党らに選挙区を奪われる可能性があるからだ。

解散までは「議員辞職」はさせず、
同時に「後継者」の「新しい支部長」を建てておき、戻るべき場を奪って欲しい。

 

ここまでのことを書けば、至る所で私の人間関係にもヒビが入るだろう。詳しい理由だが、豊田議員を持て余しつつも、関係を維持せざるを得なかった者たちもいるからだ。それで私を批判するなら、批判すればいい。
それでも言う、彼女は最低だ。

私を叱責する前に、彼女を更生させるなり、それが不可能だと判断された時点で差し替えるなり、処置が可能であった者も、当Blogを見ているはずだ。この場で名前は出さないが、私に対する怒りよりも、自らの責任を感じて頂きたい。

 

踏み込んで書く理由だが、「彼女が、再度、自民党として出馬」することを、恐れている者たちがいる。
今回の告発者ではなく、そして実際の被害者ではなく、
「被害者を守りたい」と思っている層だ。

彼らは、まだまだ爆弾をもっている。
万が一、豊田氏を戻すことがあれば「暴露」する者が何人でるかわからない。
そして、対象は、豊田事務所に留まらぬだろう。

 

私の手応えとして、であるが。
彼らはそのようなことを望んではいない。

要求は、豊田氏を、自民として戻して欲しくない、
ただ、その一点なのだと考えている。

恐らくは、私の知らぬ「さらなる被害」があるのではないか。
何かをかばい、何かを守ろうとしている。
彼等に、最後の決断を迫りたくはない。

 

 

 

お願い。
Facebookが凍結されているため、以下の文案で「私をタグ付け」して投下をお願いします。

クリックして下さい!
【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない情報【許せなかったらシェア】

【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない新情報


私は、blogに公開している以上の情報をもっている。その上で「制御し、配慮し」公開してきた。豊田議員については、本心から許せない。情報源を伏せつつも「トレーサビリティが維持」された状況で、告発を行う。
まだ週刊誌を含む、メディアにも掲載されていない情報だ。

考えても頂きたいが、新聞誌面よりも早く、かつ正確なブログ、ここに違和感はないか?
報道を引用せず、高い精度を誇る。つまり、情報源はメディアではない。
彼らを”一次ソース”と呼称することもあるが、ならば政治家同士の会話は【零次ソース】だ。言いたいことはわかったと思う。

「現場」で、自ら情報を入手し、中にはガセネタもあるのだが、それを精査し、総合的に分析。そうやってblogを書いてきた。配慮もするし、忖度もする。情報の制御を批判する者もいようが、私は政治家だ。ジャーナリストではない。

辞めたくとも、辞めさせてもらえない。
辞める際に「訴えるぞ」という恫喝疑惑。
たった一度のボーナスを返せ返せと揉めた噂。
文科官僚らが、大臣に「異動を泣いて直訴」という噂。
有権者の前で土下座させたという疑惑。

そして、本件について詳しいのは、「事務所内部」ではない可能性の示唆。
「では、どの勢力が?」という疑問についての、一つの解答。
メディアも知らない、暴露ネタ満載。

豊田氏には、そうされるだけの理由がある。
今回は、メディアの取材力に期待しよう。
その背景にいるのは、誰なのか。
「ピンクモンスターが許せない」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

↓ドン引きするレベルの新情報を暴露↓
【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない情報【許せなかったらシェア】

【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない新情報


(新情報ばかりです。メディアの目に留まるよう、拡散お願いします。)

 

 

 

辞めたくとも、辞めさせてもらえない。

 

辞める際に「訴えるぞ」という恫喝疑惑。

 

たった一度のボーナスを返せ返せと揉めた噂。

 

文科官僚らが、大臣に「異動を泣いて直訴」という噂。

 

有権者の前で土下座させたという疑惑。

 

そして、本件について詳しいのは、

 

「事務所内部」ではない可能性の示唆。

 

「では、どの勢力が?」という疑問についての、一つの解答。

 

メディアも知らない、暴露ネタ満載。

 

豊田氏には、そうされるだけの理由がある。

 

今回は、メディアの取材力に期待しよう。

 

その背景にいるのは、誰なのか。

 

「ピンクモンスターが許せない」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

テスト機能

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない新情報 への40件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない新情報【許せなかったらシェア】 私は、blogに公開している以上の情報をもっている。その上で「制御し、配慮し」公開してきた。豊田議員については、本心から許せ

  2. 一郎 のコメント:

    豊田氏の復帰は有り得ない。
    支えなければ、ただの人。

    改憲発議に必要な2/3を維持するのは大変だ・・・

  3. たつまき のコメント:

    このような不適合な人が簡単に当選できない選挙制度にしないとね。

  4. 波那 のコメント:

    この方、園遊会に招かれて同伴できるのは配偶者のみなのに母親を連れて来て、引き留める係員と揉め暴言吐いてズカズカ入り込んだ人でしょう?そんなにまで凶暴だったのですか。猛獣ですね。田中眞紀子もかなりの高飛車な勘違い女だったけれど…。

  5. ふぃくさー のコメント:

    本当にひどい人だったのですね。
    話題が出た当初は、メディアによる総力戦の一コマが出てきたかという認識でした。

    >今回は、メディアの取材力に期待しよう。
    ?>その背景にいるのは、誰なのか。

    意味深な表現ですね。彼女もまた黒幕を叩くための突破口に過ぎないのでしょうか。

  6. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    つい先日、反日勢力はなりふり構わ無い個人攻撃によって、各個撃破を仕掛けて来ると言った旨を記した最中に本日のエントリーですから、件の豊田真由子に関してかなりヤバい情報を掴んだ上での事だと推察致します。

    おそらく、本エントリーには書かれていないレベルのものも含むでしょう。

    そして、今回は政治的頭数のメリットより、同じ陣営に居る事のデメリットの方が大きいと判断されたからこその、本日のエントリーなのでしょう。

    そしてマスコミに突きつけた踏絵によって、豊田真由子の本性を見定める機会も盛り込んだのだろうなっと・・・。

    巷を騒がしているミスター出会いバーこと、前川元事務次官と共に文科省OBですね。
    さぁ、これからのマスコミの反応が楽しみですね。

  7. 徳川探偵 のコメント:

    小坪先生、日々ブログ更新ご苦労様です。
    自分のツイッターでも先生の記事を拡散しております。
    また、拙ブログでも時折先生の記事内容に触れて、共有させてもらっております。

    さて、突然で申し訳ありませんが、今回は小坪先生にお願いがありコメントした
    次第です。
    自分は日本第一党の党員なのですが、今回東京都議選で八王子選挙区より、党公認の
    立候補者である、「岡村みきお」を応援しております。

    しかし、如何せん、今年の2月に出来たばかりの政党であり、また、ネット上で
    結党したばかりの政党でもありますので、まだまだ知名度も党首「桜井誠」の
    人気が先行しており、候補者の「岡村みきお」が浸透しておりません。

    下馬評では落選確実と言われております。それは当然でしょう。
    八王子と言えば公明党の支持母体の創価学会の牙城であり、その他は自民党や
    共産党に占められているのが現状です。

    甚だお門違いかもしれませんが、自分もダメ元でお願いします。
    どうか、「岡村みきお」を取り上げて頂けませんでしょうか?

    本当に勇気を振り絞ってお願いしましたが、申し訳なく思います。
    自分は東京には住んでおりませんので、全く力になれません。
    ネット上にて拡散しておりますが、どうしてもこの戦いだけは負けられないのです。

    無理を承知ですが、どうかよろしくお願いいたします。
    本日(24日)の街頭演説の動画です

    • 非行橋市民 のコメント:

      徳川探偵様
       今は日本第一党党首である桜井誠は、聞くに耐えない暴言を繰り返し結果的であれ 日本人に対する言論弾圧法であるヘイトスピーチ対策法が成立してしまいました。この事をどうお考えでしょうか?
       桜井誠や岡村みきおにお尋ねになってみては、いかがでしょうか。

      桜井誠が会長だった在特会のメンバーが対立しているはずの男組(しばき隊系)と一緒に酒飲んだり、仲良く写った画像がネットに晒されています。
      https://twitter.com/tanimach/status/413800273073954816
      http://ameblo.jp/teruteru46/entry-12170777057.html

      https://mamorenihon.wordpress.com/1972/02/15/%E5%A4%A7%E5%AB%8C%E9%9F%93%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%9F%EF%BC%88%E7%AC%91%EF%BC%89-%E5%9C%A8%E7%89%B9%E4%BC%9Avs%E3%82%B7%E3%83%90%E3%82%AD%E9%9A%8A%EF%BC%9F%EF%BC%88%E7%AC%91%EF%BC%89/

      それどころか、しばき隊系男組若頭・憂国我道会代表の山口裕二郎(
      牧田裕二郎)は自分のブログで在特会の荒巻丈と飲み仲間だと暴露 しています。
      http://yamaguchiyujiro4.seesaa.net/article/367584003.html

      ヘイトスピーチ対策法を制定する為に行われたやらせだったのではないでしょうか?
      背後勢力についての考察はこちら
      http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2015/03/11/123937

      桜井誠は以前都議選に出馬した時もう選挙には出ませんといった直後日本第一党を結成。党の最高顧問である瀬戸弘幸は「ヒトラー思想のススメ」という本をだしてます。
       名前に桜の字を使ったり(本名は高田らしい)、ブログにも桜で日本を強調、在特会元幹部の桜ゆみこ(その後のなでしこアクションでは、山本優美子と名乗っている)も桜の字を用いるなど、戦前戦後の偽装右翼を彷彿させます。
      http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=215
        桜井誠はネットでかけられている疑惑を晴らすため血統を公開するべきでは?そうすれば通名などと言われなくて済みます。

      山口裕二郎が代表を務める憂国我道会が属している全日本憂国者連合会議は平成28年12月11日デモ行進を行っております「四島を追うものは二島をも得ず・日露平和条約の締結促進と領土交渉の前進を」
      「プーチン大統領来日歓迎・クリミアへの対応支持! 」
      12月5日「日露平和条約締結促進国民大会」に参加
      http://ameblo.jp/issuikai/entry-12226253404.html
       山口裕二郎の‘日当‘はロシア筋から出ていると推測されます。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      桜井誠氏の背景はよく知りませんが、瀬戸弘幸氏は国を憂えていろいろ行動されてきた愛国者です。

      基本的に、移民反対運動を長らく続けていたようですが、朝鮮人や中国人を差別しません。
      どんな民族でも、その個人、個人の人格を見て判断し、偏見をもって特定の民族だからといって見下したりはしません。(そこは、最初に師事した赤尾敏氏の良い部分を継承していると思われます。私は赤尾敏は嫌いですが)

      移民反対運動を、街頭など公共の場所でやるならば、少なくとも、このような最低限の人間性を持った活動家によって運動はなされるべきです。

      個別の思想や活動をふりかえると。
      中国のチベット弾圧や天安門事件への抗議活動、これらは果敢なものがありました。台湾人やチベット人との連携、身を挺しての運動は立派でした。

      そもそも、瀬戸氏は、中国の横暴に激しく抗議しながらも、中国を「共産中国」などと呼び、「志那(シナ)」と呼びませんでした。
      そこが、「成り上がりの極右」と違うところです。

      日本は、戦中から中華民国からの強い要請により、志那から中華民国に名称を変えました。少なくとも、その継承者の台湾を敬愛するのであれば志那と呼ぶべきではないと考えます。

      石原氏のように、特別の文学的言語へのプライドというか、志那という用語を差別用語として言論封殺しようとする左翼への対抗措置として使っているのはある程度は、理解できます。(石原氏も中国大使館の人間に了解をとって使っていると公言してました)

      次にナチスへの共感は、ユダヤ民族差別への共感ではなく、国家社会主義へという思想への共感です。
      ここのセピア色の思想風景が私にはよく理解できませんが、なんらかの個人的信念でやられているのでしょう。

      ヨーロッパやアメリカの「極右」との連携ですが、現在はオルタナ極右とも呼ばれてトランプの支持基盤の一部となりましたが、トランプもルペンもユダヤ差別には強いアレルギーをもっているので、オルタナ極右も孤立ぎみです。

      皇室への敬意も腰が据わっていますが、ユニークなものです。
      「天皇制」という用語を使うのは、それが左翼の造語であると知りながらも、天皇制という用語を左翼本来の意味から、奪い取り、もっと肯定的な意味をもたせたいとのこと。(まあ半分くらいはなんとか理解できます)

      ひたむきな愛国者だと思いますので、個人的には頑張っていただきたいと思いますが、いろいろ誤解をもたれているので、現実の政治に食い込むのはむずかしいかもしれない。
      支持者は、この方の功績をけがすようなことだけはやってほしくないものです。

  8. Masa のコメント:

    真に恐ろしいのは、「有能な敵より無能な味方・獅子身中の虫」であり、「特に大義も無く無駄に敵を増やす馬鹿者」。
    組織から真っ先に切るべきは、やるべきではない事を進んでやり、致命的な被害を味方にもたらす「無能な働き者」。

    日本が一つにならなければならない大事な時期に、異常者をのさばらせてしまった自民党幹部はしっかり反省し、雨降って地固まるの精神で、今後の政党運営にしっかり役立てて頂き、信頼回復を図って頂きたいです。

    当方はサラリーマンですが、階層型組織の場合、報告経路の途中に異常者が混じるとそこで情報が遮断されて下の声が正しく上に届かなくなり、組織がおかしくなることが多々あります。実際に勤務先でもそういう事がありました。

    民間企業でも360度評価など行っているので、現場の秘書さんからも議員の問題点や良い所、政党として支援が必要と思われることなど、もっとたくさんの情報を吸い上げると良いと考えます。

    サイモンの組織論によると、「組織の意思決定は相互に影響する・不正確な情報を元に判断するため最適解を導けず意思決定に限界がある」とあるようですが、逆に言うと、「正しい情報を正しく共有すれば正しい判断を行う事が出来、結果として良い影響が増える」という事でもあると思います。問題が大きくなる前の情報共有、大切と自分は思います。

  9. 鳥海山たろう のコメント:

    そんなに「残念な人」でしたか。
    個人的には、豊田真由子氏は、厚生省で戦没者や遺族の支援もされていたそうで。
    そういうこともあり英霊への感謝の気持ちも持っていたのだろうと想像します。

    今回の件を教訓にして、心をいれかえて名誉回復につながるような仕事をやってほしいとは思います。

    政治家に必要なのは、「愛国心」「民主主義のセンス」「常識」の3つが必須であり、あとは、特定の専門分野と、できれば「日本の伝統的教養」「国際的な知識教養」が付け加われば申し分ないと思っています。

    今回の件は、「常識」が足りないということかもしれません。
    ふだんはまともでも、ときどきヒステリックになり、他人の人格を考慮できなくなるタイプなのでしょうか。

    豊田真由子氏は千葉県ですが、東京都もだんだんと波乱の様相を見せていますが、小池さんにも頑張ってほしいと相変わらず思っています。

    小池さんに期待しているのは、自民党都政に疑義を申し立てることによる都政の健全化、それと自民党がヘマをしたときに、(共産党みたいな邪道ではなく)その受け皿になるような健全政党または政治組織です。

    オリンピックや豊洲移転問題で、共産党のキャンペーンに巻き込まれているように見えて、また要領わるそうにも見えて、小池さんへの非難が強まっているのも理解できます。

    しかし、築地を残すというのは、お金だけの問題ではなく、今後100年の東京都のデザインにも関わってきます。食の流通だけの問題ではないと思えます。

    やはり、あの地域は、歴史的に生成されたものであり、単純に流通機構を移転したのでは周辺も含めて失ってしまうような貴重なものがあると直感しています。

    いかに東京が個性的な都市になるかという鍵を握っています。
    小池知事は100年後の東京を考えて、築地という食の聖地を守ろうとしているのであると私は信じています。

    また、つくづく偏向マスコミの言いなりになるような狂った左翼政党と自民党の二者択一ではなく、自民党とまともな野党とのどちらかの選択肢になる時代がくることを願っています。

    政治家という仕事がもっと人気のある職業になれば、政治家の質もあがっていくのではないかと思います。

  10. Y のコメント:

    この方の恫喝の仕方が私の親にそっくりで驚きました2度と議員に戻ってきてほしくない方です。子供さん達は大丈夫なのか気になります。

    メディアの力で救えることもありますように。

  11. ひかりちょういち のコメント:

    私は、即議員辞職するべきだと思います。「自民から離党したから、良し。」「野党に議席を与える事になる」は、保守派の都合にすぎません。真にこの国を思うなら不適切な人物を居座らせるべきではないと思います。

  12. 東京都56歳 のコメント:

    あっという間に、体調不良で入院とか?
    今度の被害者は、病院関係者の皆様?

    しかし・・・
    またの名を、ピンクモンスター?

    ピンク色にも、
    モンスターにも、
    失礼ですな、こりゃ。

    週明けの報道が楽しみです。
    そして、
    新たな生贄を手に入れた、
    野党の動きも。

    まあ、
    当面のキーとなる都知事選には、
    まったく影響ないと感じてます。

    だって、
    自民党以外に選択肢が無いんですもの。

    というのは、甘いのか?

    小池都知事の致命的失政と、
    (本来、まったく関係ないけど)
    自民党所属国会議員の狼藉。

    前者を後者で上書きする目論見なのか?

    いずれにせよ、
    メディアのお手並み拝見です。

  13. 助さん、拡散 のコメント:

    鉄パイプで、頭を…..って?豊田事務所の就業規則には、「秘書は必ず常時ヘルメット着用のこと。」とでも書いてあるのでしょうか?上記顔写真で観る限り、はっきりと”鬼相”が現れていますね。改心は望めないでしょう。

  14. 湖青 のコメント:

    小坪先生

    いつも拝読させていただいております。
    豊田議員の一件、音声データの暴露もショッキングでした。
    また、ご本人の様々な行動が大きな問題となり、ひいては自民党が
    痛手を受けていることも残念でなりません。

    ただ一つ、気になることは,豊田議員が精神疾患をお持ちではないか・・
    という見解がネット上で見受けられることです。私も専門家ではないので
    正確なことなど何も言えないのですが、仮に「人格障害」などの疾患が
    原因であれば、今回の暴露や報道はご本人の人権の侵害にもあたるのではないかと
    危惧もしています。

    もちろん小坪先生が正確な情報源に基づいて発信をしておられるとこは承知しておりますが、「表に出ている現象としての事実」と「背景にあるもの」がきちんと解明されることが必要なのではないかと思います。具体的には担当医師の会見などが必要かとも。

  15. ピカチュウ のコメント:

    豊田議員は間違いなく人格障害でしょう。ただし、一般人ではなく公人であるため、人権侵害にはあたりません。
    人格障害は、一般的な精神疾患ではなく、育った環境に起因するため、治りません。
    早く議員辞職するべきです。

  16. 旧新人類 のコメント:

    これだけ不安定な人は、通常業務はしばらく無理でしょう。しかも政治家は激務です。あの絶叫と人相、怖いです。ホラー映画みたい。義理人情は、あるレベルをクリアしたうえでの話にしてほしい。自民党はもっとドライな人選をしてください。それに、高学歴だからって人格や仕事に優れているとは限りませんよ。その逆をいやというほど見てきましたからね(周囲に対する甘えや傲慢さがすごい)。この方およびナントカ助平もみんなそうじゃないですか。もううんざりです。有望な若者よ、政治家を目指しましょう。その想いや行動は、日本の歴史に燦然と刻まれることでしょう。

  17. テロ指定共産党 のコメント:

    IQが高い方は、自分より低い方を、無意識に見下す傾向はあると思います。
    EQも高ければ、尊敬される人物になるのですが、「天は二物を与えず」です。

    二面性が大きな方はいます。
    多重人格もあります。
    また、霊的な関わりもあります。

    とにかく、国民の代表者としては不適格なのでしょう。

    このタイミングでの暴露も、理由はありそうです。

    • テロ指定共産党 のコメント:

      「天は二物を与えず」を訂正します。

      中山 成彬先生や中山 恭子先生のように、東京大学法学部を卒業し、大蔵省に入省される頭脳の持ち主で、かつ、日本を愛し戦う先生方もおられました。

  18. べこたろう のコメント:

    豊田議員の件、マスコミによる政権攻撃か?とも思ったけど、そうではなくある意味で有名人だったって事ですね。
    シナの皇帝にでもなったつもりだったんでしょうか。
    いずれにせよ国会議員として不適格なメンタルの持ち主って事ですね。

  19. 非行橋市民 のコメント:

    行橋市議会議員小坪しんや様
      園遊会事件の時に、自民党は豊田をクビにすべきでした。

  20. 川崎哲治 のコメント:

    豊田真由子の件、民進党がもっともっと騒いでもおかしくないよなぁ。。。
    埼玉4区は永久に自民党が当選することは無いでしょうね

  21. ROM のコメント:

    小坪先生いつも応援しています。
    ありがとうございます。

    豊田氏はどうしようもないクズだと思います。
    議員辞職が妥当とさえ思います。

    で、私が気になるのは、保守の人間に、籠池氏や豊田氏に甘い人間がいることです。
    数が頼みなのだから、というのはわかりますが、こういうのを許しているようでは自浄精神がないということです。
    最初から、保守の頼みになる人ではなかった、というだけです。

    私は籠池氏の時も真っ先に批判しました。

    そういうことです。

    先生、どうぞ頑張ってください。

  22. 月光仮面 のコメント:

    皆様 今回のこの事 録音テープの音源を聞けば 皆様 こいつ変
    ってわかると思い何も言いませんが 一言だけ
    この方に投票をした方たちがいる と いう事 決して投票した
    方たちを批判するのでは有りません 現在の選挙ではこの方が
    どのような人物で そのような思想を持っているか さえ判らない
    という事なんですね ここが 問題なんだと思います
    それにしても すごい 声でした
    この方 派閥はどこだったんだろう 推測すると 親中の派閥
    かも あはは

    • 月光仮面 のコメント:

      希望 自民党の方たちへ 希望を言わせて下さい
      選挙区で一人区で もし 新人が出てきたとします
      公認候補を指名で決めるのでなく 党内でも
      良いですが 指名候補を選挙で決めていただけないでしょうか
      もし 今の公認候補が 嫌いだと思っている選挙区の
      票が他党に流れる事と 今のままでは 候補者の
      固定化が進み 親中でも生き残れるという事が 起きているのでは
      ないでしょうか 今回のこのような方を公認候補として
      今後されないようにしてほしいと思います 自信を持って
      国民に候補者を推してください 
      最後に親中の派閥が必要なんでしょうか 侵略国家の
      言いなり議員 工作員 そのような事のない 候補者を
      推してくださいね 自民党への意見でした

  23. yem3399op のコメント:

    「これはねえ、やっぱり狂うてますよ。この人は。顔見てご覧なさい。 目はつり上がってるしね。顔がぼうっと浮いているでしょ。これキチガイの顔ですわ」塩爺の名言がそっくりそのままあてはまるな。

  24. のコメント:

    テロ法案が来月7月に施行で安堵、
    しかし
    北海道の土地が中共産党に買われ、
    北朝鮮ミサイルはヘイトスピーチと言われて、北朝鮮ミサイルデモできず
    韓国は、アメリカサード反対の声が

    不安が一杯一杯一杯。

    • 波那 のコメント:

      北海道は習近平が「一帯一路」構想のアジアの北の玄関口と勝手に位置づけてますよね。普通に考えたら沖縄奪い、北海道を我が物として本州を挟もうとしてると企んでいるのが分かりますね。

      政治カテ2頁目40位の戦後体制の超克の記事「モリ・カケどころではない」をお読み下さい。政府は対策をされる気はあるのでしょうか?北海道が中国人でいっぱいになってしまいます。占領ですよ。

  25. 国民(主権者)が誘拐(主権侵害)されても、あっけらかんの植民地日本 。 のコメント:

    単純に恐怖度で判断すれば、この方よりも
    最悪の事態を想定せず対応した皇居警察の方が怖く感じました(主観ですが)。

    この有り様を指摘し対処出来なかった与党や関係者にも中くらいの、えも言われぬ恐怖を少なからず感じています。

  26. 大和魂 のコメント:

    傷害、脅迫で立件して早く始末すべき。この基地外は、悪い半島系統のDNAだろう。

  27. YT のコメント:

     埼玉4区は、2009年のマスコミによる劇場t型選挙(民主党への政権交代)までは、与野党拮抗で、自民党の早川忠孝さんと民主党の神風英男さんが片方が選挙区当選、片方が比例復活で、同じ選挙区に2人代議士がいるという恵まれた状況でした。2009年で神風さんが圧勝してしまい、早川さんは、失職ということになりました。
     2012年の公認で、当時66歳の早川さんでなく、何が何でも若い女性を抜擢したかったという事情があります。地元としては、若干年齢は高いもの早川さんにそんなに不満はなかったはずです。といっても早川さんは現在既に71歳で比例代表の定年に近く、さすがに復活は難しいですね。本人のホームページを見ても、本業の弁護士として活躍しているみたいなので、本人もその気はないでしょう。
     埼玉4区には25歳で市議に当選し、今は県議として活躍している有望な人物がいて、現在、皮肉にも豊田真由子代議士と同じ42歳です。しかも信条的に保守系なのですが、埼玉県知事と近く、民進党に行ってしまいました。もちろん、彼の性格であればお世話になった民進党(民主党)を裏切ることはしないでしょう。残念ながら彼以外に国会議員の器を持つ地元市議、県議はいないので、(公明党ならいるんですが、さすがに自民党移籍はないですから、)自民党としてはまた落下傘候補になってしまいます。

  28. 荒木智与 のコメント:

    「日本を取戻す」戦いが少しは前進したかと思いましたが、この体たらく。
    北海道の中共の侵略ぶりは、不安な状況へ逆戻りです。
    学校の継続存続にこだわるより、国益と国の安全を選んで欲しかった。

    自民党の中に存在する怪しげな議員、何とか成らないものでしょうか。

    保守派の街宣、デモに対してヘイトスピーチ法が成立してからの警察の対応ぶりは納得の行かない状況を招いています。
    移民受け入れじゃないと言いながら、実質受け入れをしていますし。

  29. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    本当に凶暴な女性ですね…二重結婚議員や育メン面不倫議員がいましたが、これは新種ですね。
    育メン面不倫は辞めましたが、二重結婚も辞めてないみたいですし、この議員も辞めないかもですね。
    ただ、この女性がここまで凶暴になったのは周囲が止めなかったからだと思いますがね。

    豊田議員の離党騒動の『情けなさすぎる裏事情』が暴露された模様。色々な意味で胡散臭い事実が発覚
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50500575
    21:あなたの1票は無駄になりました@?(^o^)/:2017/06/25
    でも殴ったり、脅迫してはダメだろ。

    125:あなたの1票は無駄にな
    はめられたにせよ同情の余地はないに同感
    あまりに下品で人間性を疑う
    議員辞職するべき

    【胸糞動画】Q.今後はどういう人生を?⇒ 前川前文科次官「これから考えますが、天下りはしないと思います」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51569123
    14: 名無しさん@おーぷん
    >>11
    常態化していて罪の意識なかったのかもなあ
    前川って朝鮮学校無償化推進してたけど
    最近、テレビで前川擁護してる元文科省の寺脇も同類なんだよな
    そんな奴に解説役やらせてるテレビってなんなの
    熱烈に擁護するにきまってるだろうに

    今日の虎ノ門で青山さんかなり突っ込んだ話をしてくれた
    前川を辿っていくと諸悪の根源は福田康夫に辿り着くと

    今日の虎ノ門ニュースはすごかった。
    前川関係が気になってる人は見てみると良いよ。
    文科省に労働組合の横領に豪遊、学習指導要領を握りつぶした福田総理と前川ら戦後レジュームの守護者たち。
    前川御用達のヤの字経営の出会い系バーの店名まで出てた。
    爆弾が連鎖爆発してました。

    こう言う連中が日本を腐らせてるんでしょうね

  30. ピンバック: 都議選と、豊田”事件”のタイミング、都民ファーストと自民支持者、そしてメディアの動き。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  31. ピンバック: 小坪しんや議員による【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない情報 | 工夫くふうkuhuuくふう工夫

  32. 田中 高尾 のコメント:

    豊田、辞めろ!
    いつまでも、税金で食ってんじゃねーよ。
    イサギよく、辞めろ!
    何、自分の親のかおに泥ぬるんだよ!
    まぁ、過保護に育ったお前には、きつい言葉かもな。一生懸命頑張ってますー、何て言うのは、50年まえなら、通じるかもね。
    ただの、近所のおばさんになった方が、いい人生歩めると思うよ。

  33. 徳川探偵 のコメント:

    コメ欄汚してしまっております。

    日本第一党八王子選挙区岡村みきおのご支援誠にありがとうございました。

    批判は甘んじて党首の代わりに自分がお受けいたします。
    小坪先生、これからもご活躍をお祈り申し上げます。

  34. ピンバック: SC78高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸|ブルブル速報その7|ガタ速別館|2ちゃんねるまとめブログ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください