【テロ等準備罪と沖縄】普通の市民と「基地反対活動ができなくなったら困る?」と議論してみた。


 

 

左派はしきりに”市民”という言葉を愛用する。
テロ等準備罪に反対する者は、本法を「共謀罪」と呼称しており、危険性を訴えていた。
様々な意味で、【反対方法そのものが失敗】していると指摘したが、『普通の市民が逮捕されます!』と喧伝した。かつ、その際の『普通の市民』の活動であるが、反原発活動や沖縄での基地反対活動らしい。

で。
普通の市民(本当の、普通の人)に聞いてみました。
というか、聞かれました。

(本当の)普通の市民は「普通の市民が逮捕されるんですか?」って。
結論から言えば、反対派の言う”普通の市民”が、【普通ではない】と怒ってました。

私の話した市民は「普通の市民は、沖縄に行ったら、海を見て、観光して、泡盛のんで、お土産を買います!」だそうです。
(私のコメントではありません。あくまで市民の反応です。)

沖縄に行って、基地反対活動して、
若い機動隊員を殴ったり、
罵倒したりするのは、
「普通の市民」ではない、というのが(本当の)普通の市民の反応でした。

 

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

市民が逮捕されるの?

市民「私たち、逮捕されるんですかねぇ」
議員「場合によっちゃ逮捕されますよ、今でも」
市民「どういうとき?」
議員「悪いことしたら、です。」
市民「具体的には?」
議員「泥棒したり、人を殺したり、公共施設に爆破予告したり、ですかねぇ。」
市民「共謀罪は?」
議員「その法律は三回、廃案になってお蔵入りです。」
市民「テレビで言ってた。」
議員「あれは間違い。そんな法律は審議されてない。」
市民「なんでなんだろ。」
議員「”共謀罪”って言ったら、みんな反対してくれると思ったのでは?」
市民「ってか、共謀罪自体を知らんし笑」
議員「まぁ、そうよねぇ。」

 

この時点でお気づきかと思うが、
【共謀罪】というフレーズに対し、強い反応を示すのは特定のクラスタのみであったのだ。
左派は「普通の市民」を連呼したが、「本当の普通の市民」(ややこしい)は、共謀罪という言葉自体に、【特にアレルギー反応はない】のである。
反対派は、「マジョリティとの同一化」を図れている前提で、反対活動を展開していたが、”まったく一般受けしていなかった”のが現実である。

 

市民「で、普通の市民が逮捕されるって言ってた。」
議員「その普通の市民は何したん?」
市民「沖縄に行ったら逮捕されるってー」
議員「いや、沖縄に行っても逮捕はされませんよ?」
市民「なんか途中でチャンネル変えたけど、言ってたよー」
議員「んー、そりゃ基地反対活動している”普通の市民”が規制されないか?って話かと。」
市民「いや、沖縄に行ったら観光やろ。普通の市民は、飲んで海見て、観光しまーす。」
議員「ま、それが普通やな。」
市民「でも基地反対できなくなるん?」
議員「んにゃ、できると思うよ。」
市民「でも、できんって言ってた。」

 

 

 

基地反対活動と”普通の市民”
普通の市民が「基地反対活動できなくなる」のか?という問いに対して。

 

議員「まぁ、できなくなるかもなぁ。ただし【今まで通り】にはって意味で。」
市民「どういうこと?」
議員「まずね、賛成でも反対でも、政治活動は憲法で保証されてる。」
市民「知らんし。憲法も見たことない。学校で習う?」
議員「九条だけ個人的に教える先生が多いけどな笑」

市民「じゃ、いいん?」
議員「うん。反対活動も賛成活動も、日本人であれば問題ない。」
議員「俺の考えだけど、自分とは違う考えの人の活動も【守りたい】と思っているよ。」

市民「でも、さっき【今まで通り】にはできんって。」
議員「今までって、沖縄に派遣された機動隊員の顔をはたいたり、というか殴ったりな。」
市民「あかんやろ。」
議員「あかんよなぁ。」

市民「逮捕されたん?」
議員「警官が”土人”って言ったって報道されて、怒られてた。」
市民「あったなぁ、あったわ。殴られてたん?」

議員「動画あるよ(見せる)」

 

 

 

 

市民「殴ってますなぁ。」
議員「殴ってるなぁ。」
市民「結構、激しいなぁ」
議員「帽子、飛んでるもんなぁ」

 

 

 

市民「逮捕でいいやろ」
市民いわく「逮捕やろ」という問い。
それに対して、私なりに現状を伝える。

 

市民「逮捕でいいやろ」
議員「とりあえず逮捕されたら、不当逮捕やー!言うて、警察署を取り囲むんやで。」
市民「すげぇな、そいつら」
議員「俺なら反撃するけどな。」
市民「いっつも反撃してるやん。」
議員「ま、そうやね。」

議員「これ、活動家が逮捕されたときの動画な。」

 

 

市民「気合、はいっとるわ」
議員「組合とかの旗かね、多いな。」
市民「普通の市民は、旗もってないけどな。」
議員「俺はもってるけどな。」
市民「あんた、議員やろ。」
議員「せやな。」

 

 

議員「これ、逮捕されて連れてかれてるときね。」
市民「うぉ、すっげー」

 

in警察署

 

ついに名護署に侵入。

 

 

 

普通の市民「何がしたいん?」
「何がしたいのか」という問いに対して。
私の答え。

 

市民「この人ら、殴りたいん?暴れたいん?ストレスやか。」
議員「まぁ、これを見る限り、無法地帯やったんやな。」
市民「ぶっちゃけ、少し楽しそうではある。」
議員「まぁ、祭りの一種と思えばねぇ。」
市民「警察さん、大変やな。」
議員「俺もそう思う。こないだ励ましてきたで。」

 

市民「他にはどんなん?」
議員「工事車両のダンプの前に飛び出したり、警察車両の前に寝そべったりな。」
市民「ダンプのおっちゃんは、民間人やないの?」
議員「普通のおっちゃんやろなぁ」
市民「やばくね?」

議員「これ、警察車両の前に寝そべってる写真な。」

 

詳細)

 

 

 

議員「あと、勝手に検問して、他の車とめてた。」
市民「いやいや、俺やったら殴ってしまうで。急いでるときとか。」
議員「地元の人、むっちゃ怒ってたよ。」

 

むちゃくちゃ怒られてる動画。
(基地反対派が。)

 

道路のど真ん中に車両を停めて、他の車両を妨害している図。
(工事車両の通過を妨害し、工事をストップさせる目的。)

 

 

 

普通の市民「こ、こわい」
一番、ビビっていたのがこれ。
車を停められ、車内にトラメガを突っ込まれて怒鳴られている。

 

 

 

暴言集

 

 

 

普通の市民「いいの?」議員「悪いよ」
「こんなのが許されてるのか、政治ってワイルドやな」という市民からの疑問。
国会でも飛んだり跳ねたり、プラカードが出てきたり「激しい」というイメージをお持ちの様子。

なんか、政治が誤解されていく。。。

 

市民「いいん?」
議員「いや、悪いよ。やけん、逮捕者がそれなりに出てた。」
市民「沖縄の人、気合が入ってるなぁ」
議員「沖縄の人じゃないんよね、逮捕者はそれなりの割合で韓国人が。あと、本土の人ね。」

 

沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。

 

 

市民「え?なんで沖縄に乗り込んで喧嘩しかけるん?」
市民「ってか、韓国に旅行に行けばいいやん、沖縄やないでさ」
議員「日当もらってる人おったね、ネットで暴露されてた。」

市民「バイトなん?」
議員「知らんけど、相手は弁護士やったみたいね。有名な話やで。」
市民「弁護士も怖いなぁ、平和平和って言ってたけど、暴力集団に金やったらあかんやん。」

議員「あと、ケネディーさんっていう大使の車を取り囲んで、ワーワーやってたよ。」
市民「だいぶやべぇね。」

 

(最初の3分ぐらいまでが襲撃シーン)

 

 

 

普通の市民「これは普通じゃない」
のんびりと答えてきたのだけど、ついに【本当の普通の市民】が「これは普通じゃない」と言い始める。

 

議員「こういうのが【今までの反対活動】なんやけど。」
市民「それが”普通の市民”なん?」

議員「ま、法律に反対している人たちは、”普通の市民”って言ってるけど。」
市民「いや、普通の市民ちがうし。」

議員「確かに普通じゃないかもなぁ。比率で行けば、普通って言っていいほどのシェアないしなぁ。」
市民「なんか”市民活動”って言ったとき、原発反対と共産党の旗しかないんやけど。」
議員「そう思うよなぁ、やっぱ。」

市民「ぶっちゃけ、それを”市民”って言われたら困るんだけど。」
議員「確かに普通の市民が沖縄に行ったら、海を見て、観光して、泡盛のむよなぁ」
市民「あとお土産を見たいね。」

 

 

 

政治活動は保護されるべきだ。
少しだけ、市民とのやり取りではなく、私の言葉も書いておきたい。

基地に反対する方の活動も、保護されるべきだ、と言いたい。
ただし「合法の範囲内において」です。

これはやり過ぎだし、おかしい。
賛成もあっていい、反対もあっていい、
その上で色んなことを論じていくことが、日本をよくしていくと信じてる。

 

今後、沖縄での活動も含め、ある程度は沈静化していくだろう。
ものによっては、テロ等準備罪に該当するものも出てくるかも知れない。

例えば、最後に紹介した動画だが「ケネディー大使」の乗った車両を襲撃している。
動画の後半では、「恐らく大使本人の可能性」を、襲撃した当事者が言及している。

米国の大使を「襲撃して、嫌がらせしよう」的なことを
【何人かで相談したら】やっぱりアウトになると思う。

まぁ、違法・合法の判断は、司法でやることなので、
立法の末端の私は断定はできませんが。

 

 

 

 

 

 

実際に、米国の大使を、

 

事前に大使である可能性を知った上で

 

”襲撃”した実績もある。

 

これらの活動は、

 

すでに「政治活動の範疇を越えている」ように思う。

 

テロ等準備罪で、政治活動が委縮することはあってはならないが、

 

そもそもアウトであった活動が、

 

抑止されるのであれば、それは当然のことではなかろうか。

 

本当の、普通の市民とのやり取りで、

 

もっとも印象的だったのは

 

「普通の市民が沖縄に行ったら

 

海を見て、観光して、

 

泡盛のんで、お土産を買う。」

 

という一言であった。

 

「確かにそうだ」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

テスト機能

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

15 Responses to 【テロ等準備罪と沖縄】普通の市民と「基地反対活動ができなくなったら困る?」と議論してみた。

  1. medakanoon のコメント:

    【テロ等準備罪と沖縄】普通の市民と「基地反対活動ができなくなったら困る?」と議論してみた。【特に市民は困らないと思ったらシェア】 左派はしきりに”市民”という言葉を愛用する。 テロ等準備罪に反対する者は

  2. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、沖縄左翼の実態動画のアップありがとうございます

    >「普通の市民が沖縄に行ったら海を見て、観光して、
    >泡盛のんで、お土産を買う。」という一言であった。
    もし、私が沖縄にいまいったとしたら・・・で、脳内妄想してみました

    泡盛のんで、美味しいものを頂いて、更に、たまにしか沖縄にはいけないので、八重山日報を大人買い(10部くらいかってみましょう!)してみようかとおもいます。

    閑話休題・・・・・

    普通の市民なら、警官になぐりかかったり、米国大使の車をまちぶせして、大声で罵声を浴びせたりすることはしないでしょう。また、反対派にまじっている韓国人はそもそも市民じゃありません。日本で政治活動するな!ぶんざいえんの応援でもしてろ!と、そして、半島におかえりくださいといいたいですね。

  3. 鳥海山たろう のコメント:

    大上段の話になって恐縮ですが、「自衛隊など憲法9条で認められてない。自衛隊は日陰者でよい」という憲法学者が大勢いるなかで、日本国民は自衛隊の明記(または憲法9条見直し)が多数派になっています。

    若い世代ほど改正賛成が多く、男性30代などは7割以上が9条の改正に賛成です。反対が多いのは60代以上の女性くらいです(最近見たアンケート)。

    このなかで左翼メディアが目をつけたのが沖縄県です。

    沖縄は、沖縄独立論を煽る極左新聞や過激な左翼教師の洗脳が県下にゆきわたっており、全国で沖縄のみが、際立って9条改正への反対派が多く、5割以上が反対です。

    なんとか沖縄の世論を前面に押し出して、(日本国民の世論が9条改正へ前向きになろうとする)風潮をせき止めてやろうと、悪あがきや嫌がらせをしているのが左翼マスコミです。
    狂ったような基地反対運動もそれが根源です。

    ちなみに日本国民の憲法9条改正賛成が将来8割近くに達したら、改正はできると思います。
    いつ政治的に改正できるかというよりも、世論が左翼の洗脳を打ち破って安定した多数派になることが重要であると考えます。

    いかに憲法9条が諸悪の根源となっているかは、同じ敗戦国のドイツにさえスパイ防止法はありますが、日本の場合はこのスパイ防止法の制定に30年以上かかっていることからもわかります。

    すべてが憲法9条のデタラメさに起因します。

    わざわざ国民を守るために軍事力があるのに、小学生が読んでも「軍隊の無い国が平和である」としか読めない、この(特殊な左翼だけを元気づけるという異様な)おまじないの条文にあります。

    「いままで憲法9条でやってきたのだから、これからもこれだけでいいんだよ。スパイ防止法案や共謀罪など、キナ臭い法律も、今まで無くてもやってこれたのだから、これからもいらないんだよ」

    誰がなんといおうが、「他の国でもスパイ防止法や共謀罪がある。国際協調の必要がある」と言ったって、「テロが国際的脅威となっている」、「日本人も外国でテロ被害となった。これからもなりうる」、「日本の場合は北朝鮮の工作員のえじきともなった」、
    いくら説明したって、多くの国民が賛成しようが、槍が降ってこようが、斧が降ってこようが、彼らは絶対反対なのです。

    それは「国家は絶対に悪いことをやるものだ」という国家性悪説が刷り込まれているからです。
    たしかに、特に国家権力を行使する者が暴走しないように法律で厳重に拘束されるのは先進国では当然ですが、そんな次元じゃないのです。

    「国家というのは、軍隊をもったら当然のように他国に戦争を仕掛けるのだ。だから軍隊なんかいらない」と。
    このレベルです。

    子供のときから刷り込まれているのだから、もう直らないです。

    そういう頭だから、そりゃ、「スパイ防止法や共謀罪が制定されたら、国家というものは当然悪いことをやるに決まってる。こんなもんな要らない」と120%瞬発的に考えるのです。

    法的な理屈をこねまわしても、しょせん嫌がらせをとことんやり続けるのが生きがいとなってしまっています。

    こんな連中を、なんとかなだめすかして悪さをしないように牽制するか、さっさと引退しろと引導を渡すか、正面から対決して全面的な戦いによって白黒はっきりつけさせるか、国民にとっては悩ましい問題といえるでしょう。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    本日のエントリーは、保守層の常識の盲点を突いた良いエントリーですね。

    保守層では連中が「普通では無い」ことなど常識中の常識なので、政治に興味の無い大半の人にも「知ってて当然」で話を進める傾向があり、その結果として真実が伝わりにくかった事も度々だった事でしょう。

    これはアノ連中が長い歳月を掛けて本性を隠し、「常識人」を装って来た成果であると評価出来ます。
    これもスイス政府民間防衛を御存知の方には常識中の常識ですが「最も尊い心の動きを利用して、最も陰険な意図のために役立たせる」の一節を、実践して来た結果であり見事な作戦でした。
    この作戦に釣られた「普通の常識人」をカモにしながら盾にして、ここまでヤバいレベルの社会風潮を構築する事に成功しました。

    ついつい保守層はアノ連中の正体を直球ストレートで暴こうとするのですが、アノ連中の実態が余りにも「普通の常識人」の常識の範囲外である為に、理解するどころか逆にコチラが被害妄想患者と思われる可能性すらありました。

    本エントリーでは、インターネットの恩恵もあるのでしょうが実に自然に疑問を提示し、更に相手から【普通ではない】と解答を引き出しています。

    アノ連中は【普通ではない】と言う認識が定着すると、アノ連中が長い歳月を掛けて今まで築き上げて来たものが、短時間で足下から崩れ去ってしまいます。

    下記の様なほんの少しの労力で、アノ連中の城を崩すのは愉快ですね。

     ・何か変だと勘付かせる
     ・普通では無いと勘付かせる

    更に未成年を含む若者に対しては、下記でアノ連中に取り込まれる事を防止する効果があるでしょう。

     ・「きしょ?」と思わせる
     ・「キモっ!」と思わせる
     ・あんなのと関わってると「モテ無い」と思わせる

    たったコレだけで、反日勢力の戦力を随分と削ぐ事が可能でしょう。
     
     
    扨て、本日の話題は沖縄だった訳ですが、沖縄と言えば早くも最近は影が薄くなりつつあって当の御本人様達もきっと寂しいことでしょうから、偶には皆様も思い出してあげて下さいね。

     ・関西生コン
     ・辻元清美

  5. 一般人 のコメント:

    人間は自分自身のみで、社会に適合してるわけではない。
    罰則付きの法律であったり、周りの目や習慣、更には体験によって社会の中で他者との距離を取りつつ生活している。
    しかし、逸脱する行動を注意したり止める者がいなければ、その経験が長く続き 目的遂行に成功し続けたら、自分の都合の良いように解釈してしまう。
    身近な所でも小さな差別や特権や忖度やいじめがある。
    大きな問題や事件にならないのは、誰かが見ていて注意したり止めたりして未然に防いでいる。本人も目が覚めれば二度としない。

    沖縄の事例は、報酬が有り、生活の糧になっていればやめること難しいし止められない。
    大義名分を見つけた反対派は、人権を振りかざし、他社の人権を無視する行為をも、正当化してしまう。

  6. べこたろう のコメント:

    普通の県外人でも観光したり普通に仕事したりですが、普通の沖縄県民も基地のある生活が普通だという印象です。
    自分は仕事で行ったクチなんですが、得意先の方と営業回りで海兵隊の基地のある町に行った時、たまにオスプレイが飛んでるのが見えるよとか(その日は飛ばなかった残念)、何でも補助金が出る話を聞いたり、飲み屋の姉ちゃんとの話だと友達の多くが基地関連で働いてるとか。
    別に嫌悪感とか何もなく世間話レベルで、私から本土では基地反対派の活動についての報道が多い話を振ると、アレは何なの?って感じの反応でした。
    自分が関わったごく一部の人との話ではありますけどね。

  7. 東京都56歳 のコメント:

    沖縄返還は、私が12歳の時の出来事。
    ハッピーなニュースとして、
    記憶に残っています。

    沖縄といえば、
    昔のイメージは、
    トロピカル・アイアイランド、
    ちょいと憧れのリゾート。
    という、
    ポジティブなものでした。

    薬師丸ひろ子主演の映画、
    「メイン・テーマ」のイメージ。

    しかし、
    いつの間にか、
    ややこしくて、
    面倒くさくて、
    危なっかしくて、
    Chinaに近くて、
    関わり合いたくないトコロ。
    という、
    ネガティブなイメージに・・・

    「自称・普通の市民」
    という
    「特殊な、普通の市民」
    あるいは、
    「なんちゃって普通の市民」
    による活動の成果なのでしょうか。

    あるいは、
    元首相の”トラスト・ミー”鳩山や、
    China志向の県知事のおかげでしょうか。

    本エントリの動画を見れば、
    その思いは、益々強くなります。

    「リアル・普通の市民」の目には、
    警察の手に負えない勢力がのさばる、
    治安の悪い地域にしか見えません。

    そんなトコロには、
    近づきたくないですし、
    関わり合いたくもありません。

    瞬間的かつ感情的には、
    こんなに面倒な状況にもかかわらず、
    (上品な)日本の警察が手を出せないなら、
    「施政権を米国に戻してしまえ」
    なんて気分になってしまいます。

    China支配になるよりかは、
    はるかにbetterな選択です。

    沖縄が米国管轄だったら、
    ポリスはどうするでしょうね?

    沖縄がChina管轄だったら・・・
    逮捕者の護送には、装甲車を使って、
    護送妨害する「自称・普通の市民」は、
    「無慈悲に」ひき殺すでしょうね。

    日本の警察も、
    片っ端から、
    公務執行妨害で逮捕してしまえ。

    といっても、
    逮捕者が大量すぎるので、
    通常の方法では対応困難な、
    いわば、「飽和作戦」なのが厄介。

    「市民」というよりは、
    群がってくる「害虫」のようにも見え、
    「市民ホイホイ」や「市民捕獲網」で、
    一斉逮捕?国外退去命令(強制的にChina行き)
    文字どおり「一網打尽」にしたいのだが・・・

    「市民」大好きのワード「人権」。
    こいつが厄介。
    なので、やっぱり対処には苦慮します。

    となれば・・・
    「害虫」が群れて集まる前に対処したい。
    群れてくる前に、巣を叩くのが有効。
    おや、
    「テロ準」が適用できそうです。

    ということで、
    「普通の普通の市民」
    「リアル普通の市民」
    である私は、
    「テロ準」に賛同するわけです。

    日本を「普通の国」にするための、
    大事な大事な、おおきな一歩として。

  8. 波那 のコメント:

    2017-02-19 T11:20
    先週のブログで「のりこえネット」の共同代表の在日韓国人(朝鮮人?どちっでもいいですが)辛某に関し、「ニュース女子」が放送した番組で、沖縄反基地運動家や違法妨害活動の黒幕は彼女だと指摘され、辛某が怒り狂って放送倫理・番組向上機構(BPO)に訴えたと述べました。BPOは勧告・指導を行う事ができる(審理入り)は見送り、審議のみすると見解を出しました。当然でしょう。「審理入り」を行えば現在の沖縄反基地運動の非合法・反社会活動を白日のさらけ出す事になります。困るのは沖縄左翼・沖縄二紙(新報・タイムス)「のりこえネット」などの反日団体・反日メディアなどです。

    僕は先週のブログで「のりこえネット」が騒いでくれた事で沖縄の真実が明らかになる契機になるのではと述べました。つまり「のりこえネット」がBPOに訴えたのは、ある意味自殺行為だと言う事です。またニュース女子に関して、安田浩一・シバキ隊の野間易通が取材と称して、沖縄在住の我那覇(がなは)真子さんの自宅に押し掛けたと彼ら自身が公表しました。我那覇さんは不在のようだったそうですが、若い女性の自宅に反日活動家と言うかシバキ隊と言うゴロツキが訪問した。彼女にとってこれは恐怖だと思います。彼女の住所が流失してしまった。彼女が引越しを余儀なくされるのではと危惧します。安田浩一など沖縄反基地活動家はヤクザと変わらない・反社会勢力だと言うのがこれではっきりしました。怒りに震えます。

    しかし我那覇真子さんはこんな事ではめげません。日本女性・なでしこの強い意志を表明してくれました。
    「のりこえネット」辛某の人権侵害・在日に対するヘイトだと主張することに反論しました。2月24日に記者会見、28日に沖縄で「MXテレビニュース女子」の真実と言う緊急講演会も行うそうです。また「のりこえネット」の辛某に対し2月22日の回答期限で公開討論の申し入れ・また公開質問状を送付したそうです。

    内容は辛某を過激な活動家を沖縄・高江に送り込んだ張本人だと批判し、また「沖縄を日本の植民地と言い、ありもしない沖縄ヘイトに論理をすり替えた。日本国民である我々沖縄県民が在日朝鮮人である貴方に愚弄される謂れがどこにあろうか」と強い調子で糾弾しました。今まで在日朝鮮人と言うと、腫物に触るような対応しかして来なかった日本メディア・評論家・コメンテーターに対して、今回沖縄から反撃の狼煙が上がりました。我那覇真子さんは沖縄県民であり、日本国民であり、立派な日本女性・撫子です。誇りに思います。我々も反日勢力に負けずに頑張らねば、若き我那覇真子さんに教えられました。

    ttp://tsunasand0514.blog.fc2.com/blog-entry-544.html

    ▽【在日発狂】辛淑玉さん、沖縄県民に公開質問&討論を申し込まれてからツイッター更新なしの大逃亡www
    2017年02月21日

    ▽公開質問並びに公開討論申し入れ状
    ttp://okinawa-tadasukai.com/pdf/open_letter_shinsugok.pdf
    この公開質問状への回答、公開討論申し入れについての諾否は我那覇真子が代表を務める琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会メールアドレス宛にメールの上かつ、のりこえネットホームページ、ご自身のツイッター等のSNS上に表明されたい。回答期限は平成29年2月22日までとする。
    ……………
    ttps://twitter.com/surumegesogeso/status/82708515375……
     ▲するめのよっちゃん♯沖縄は日本ださんのツイート:のりこえねっとの辛淑玉氏、基地反対運動はやんばるの森のためじゃないと自白(後略)【動画あり】

    反日活動家の辛淑玉さんが昨年九月九日、連合会館(東京都千代田区神田駿河台)で開かれた「ないちゃー大作戦会議!全員集合!!」にて、沖縄県国頭郡東村高江周辺で逮捕者まで出した一連の騒動について、東京から活動家を送り込んだ事実を述べ、さらに「若い者には死んでもらう、爺さん婆さんたちは嫌がらせをして捕まってください」「(逮捕された)山城博治氏には病気で死ぬな、米兵に殺されるな、日本の警察に殺されるな、私が殺してやるといってある」などと話していたことが分かりました。

     因みに、この場には社民党の福島瑞穂参議院議員もいました。
    (2/8 遠藤健太郎氏のblogより抜粋)

    ?沖縄高江での反基地活動では活動家、煽動家の辛淑玉氏の事も忘れて上げてはいけないと思います。確か我那覇さんの公開討論申し入れに、いつも「沖縄県民の声を聞け」と言っていた辛淑玉氏は折角の沖縄県民の声を聞ける機会を逸してオーストラリアに急遽御旅行され、後に伝え聞く所によると我那覇さんからの申し入れ状は忙しくて読んでいなかったそうです。何をしようと何を言おうと彼女の自由なんですけど、オーストラリアではマオリを訪問、マオリと在日は同じ立場だと言ったのにはビックリ。はあ?マオリは土着民族、ネイティブでしょう。

    因みに、お伺いしたいのですが、海外の国では外国人のやりたい放題、言いたい放題の反政府、反社会活動はこのように許容されているのでしょうか。差別だとかヘイトだとかにすり替え日本国民の言論を封じようとするの、もういい加減にして欲しいですね。

  9. 八王子市民 のコメント:

    いやいや、普通は「市民」と言われたら「何県何市の人?」ってとこからですよ
    「市民」という単語自体、アカしか使いません

  10. のコメント:

    イギリスアリアナグランテさんのコンサートでテロがおき30人も被害者が

    北朝鮮が核武器をテロ組織に売れば30人ではすまなくなる、

  11. ピーナツ県民 のコメント:

    「普通の」市民じゃなくて、沖縄に集う左派の彼らは「プロ」市民ですよね、だってお金もらってるんだから。外国人が日本人に擬態するのは止めて頂きたい。

  12. 一郎 のコメント:

    沖縄での異常な状況が、憲法改正の時期に、国会議事堂の前でも再現されそうで震えます。テロ等準備罪が成立して、いくらかでも軽減出来たら幸いです。

    警察・公安の皆様を応援いたします。

    最近、テロリストが逮捕されたようで、一般市民として「ホッ」としております。

  13. 月光仮面 のコメント:

    皆様 あと スパイ防止法ですね そしてですね もう一つ今の日本人に
    必要なものがあると思います それは 日本人であるという事 この国を
    守る責任があるという事 今 この現状は 日本人に紛れ込んだ異人種
    が日本を壊して食い物にしているという事 それを 日本人は阻止しないと
    いけないと思うのです それの阻止は経済のためと言いながらその国に
    有利な事をする 言い換えれば 安いからと肥料を輸入すると言う議員
    この方は おそらく将来的にもろくな仕事はしないと思います 子供保険もね
    そうでしょ そして 移民政策 次に総理になりたいと言う議員 と
    都知事 この方たちも おそらくろくな仕事はしません それは敵 味方
    この考えが無いのか 初めから 敵側の人間なんだと思うのです
    最後にこの国を 守るのは 通名を廃止しないといけないという事です
    帰化する時 母国の姓を引き継ぐべきだと思います あたりまえの事を
    言っていると思うのですが 皆様 いかがでしょうか
    尖閣を侵略している国に 仕事に行くから スパイと言われ捕らわれる
    それなのに その国から 移民をするいう
    そして 親チャイナの議員の方々 親韓の議員の方々 隠れてしらん顔して
    隠れて悪さをしないでほしいのです 日本人が確実に目覚めています
    日本人に戻りつつあります 

  14. 蠢動深夜 のコメント:

    同音異義が多くて、憶測でしか会話できない国の人が多いから、読み方が「しみん」なだけで漢字が違うんじゃないですかね? 思民とか、漬民とか匙民とか。
    因みに読み方は全部「し」

    思民 思想民 尖兵、鉄砲玉、または上位種の養分。おかしな妄想で社会を捉え行動してる迷惑民。
    漬民 思想民のクラスチェンジ。年代物の梅干の如く、妄想に漬かり過ぎて戻れない。
    匙民 上位種 一般社会から匙投げられた者、爪弾き。  

  15. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    なんでしょうねこの人…

    大学教授「女性自衛官が実戦で砲撃や爆撃を受ければ、服は吹き飛ばされる、つまり裸になってしまう」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1925999

    8: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@?(^o^)/
    飯島教授の止まらない妄想

    11: 名無しさん@涙目です。
    服だけ破けるとか漫画ゲームアニメの見過ぎだなあ

    29: 名無しさん@涙目です。
    こんなアホでも教授になれる憲法学・平和学てヤバいな
    こんなのに教えられてる学生も呆れてバカにしてるだろうね

    37: 名無しさん@涙目です。
    服が吹き飛ぶくらいの爆風受けたら死んでるだろ

    90: 名無しさん@涙目です。(芋
    痴漢冤罪(自称)でおなじみの飯島滋明センセーじゃないスか
    流石の妄想力ですねw

    【クズ】 同級生に犬のフンやバッタを食べさせた高校生を逮捕! あまりのも酷すぎるだろ・・・
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52177896

    いつまで「いじめ」って言葉を使うんだろう
    暴行傷害と言えよ

    いじめっていうかこれ加害者の子何かの精神病じゃないの??
    名無しオレ的ゲーム速報さん

    >これまでに同級生への暴行と強要容疑で2回逮捕されている。

    暴行犯という前科持ちだぞ?
    ただのいじめで逮捕されたわけじゃねーよ

    いじめ加害者は犯罪者ですよね…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください