【渡航自粛要請を】好き嫌い以前に朝鮮半島は危ない。【外務省は出せ!思ったらシェア】


 

 

好きとか嫌いとか関係なく、単に危ない。
韓国の首都ソウルは、北朝鮮との国境から最短距離で30km程度。
ミサイルという高価な兵器を用いずとも、「単なる大砲」の弾が届く距離だ。

朝鮮有事が勃発した場合には、一瞬で火の海になるだろう。
笑うかも知れないが、まったく笑えない話として「いきなり首都決戦」が韓国である。
距離が近すぎて、「スタート!」となった場合、歩兵が余裕で辿り着ける。
市街戦の危険性もある。

韓国に渡航した場合、有事に巻き込まれて死ぬ可能性があり、極めて危険だと考える。
我が国には、大量の海外邦人を同時に救出し、警護しつつ後退する能力はない。

このような混乱状態では、最寄り空港が使える可能性は限りなく低い。
釜山まで「徒歩」となる可能性があるが、400kmほどある。
現代日本人には踏破することは難しいだろう。

結論から言えば、助かる可能性はかなり低い。
自衛隊が乗り込んでこれを救出というのも現実的ではない。
そのような組織体制になっているとは言い難い。

極少数の救出や、少人数の警護なら可能かもしれないが、
海外に進出して大量の国民を護衛しつつ、安全に後退させるような人員も装備も、我が国にはない。

我が国は、朝鮮有事が勃発した場合、
大量の在外邦人の生命と安全を守る術を持たない。

外務省は「渡航自粛要請」を出すべきだ。
私の職権外ではあるが、一人の政治家として「行ったら危ない!」「不要不急の用件がない限り、行くべきではない」と、個人的な見解ではありますが、強く主張させて頂きます。

実は、自民党の国会議員からも同様の声はあがっている。
正式な場で意見を述べられたという。
外務省の反応は、ちょっとひどいな、と思ってしまいました。
(今日はこのあたりの話を紹介します。最近の話です。)

というか、国会議員側から何度も要請が出されていたという事実を、皆様はご存じでしょうか?

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

国会議員の投稿
市議の身分で「紹介」もないと思いますが、是非、知って頂きたく思い取り上げさせて頂きます。

 

山田 賢司衆議院議員
(兵庫県第七選挙区支部長)

4月5日は早朝6時42分頃、北朝鮮がまたしてもミサイルを発射。
国連が反対しようが、他国が非難しようが全く意に介していない。

これを受けて、党本部でミサイル対策本部を開催、各省庁から報告の後、質疑。
「許し難い暴挙」であり「断固抗議する」ことは毎回言っている話。

私からは、
1.米国による軍事行動の可能性。日本は抗議だけだけど、米国はどこかで動くかもしれない。
2.それによって半島有事となった場合の影響。
1と2は、聞いても防衛省は「お答えしかねる」としか答えられないだろうから、
もし、そうだとするならば、
3.韓国への渡航自粛、韓国にいる邦人に対する避難勧告等を呼びかけるべきではないか?
と尋ねた。

外務省の回答は、現時点では注意情報のレベルを引き上げる必要がある状況とは認識していないというもの。

実は、お昼の外交部会でも、一時帰国していた大使が韓国に帰任するという話の中で、それだけ危機が増していて、より一層情報収集を行って連携する必要がある状況になってきているのであれば、渡航自粛を呼びかけるべきではないかと尋ねたが、同じく注意レベルを上げる状況ではないという回答であった。

しかし、韓国には3万7千人を超える日本人が実際にいる。そして、いざ何か衝突や混乱が生じた場合には簡単に避難できるものではない。情勢が緊迫していて邦人保護に万全を期す必要があるといっているのに、注意喚起しないことは邦人を危険にさらすことになり、もし何かあればそちらの方が問題になる。

好きか嫌いかという次元の話ではない。半島有事における邦人保護にあたっては、様々な意味で韓国との連携を図っておく必要があるが、次の大統領候補と目されている方はあのような調子。
私なら不要不急の渡航を控えた方がよいのではないですか?と申し上げます。

 

https://www.facebook.com/kenji.yamada.54/posts/1296070123808176

 

述べた場)
①党本部ミサイル対策本部
②外交部会

 

外務省の回答)
現時点では注意情報のレベルを引き上げる必要がある状況とは認識していないというもの。

 

韓国には3万7千人を超える日本人が実際にいる。

 

そして、いざ何か衝突や混乱が生じた場合には簡単に避難できるものではない。

 

 

この回答には、個人としては納得できない。

 

 

 

質問してみた。
上記は公開の投稿ですが、これはFacebookというSNSツールです。
ご存じの方がほとんどかと思いますが、一応。

SNSには、投稿のみならず、それに所感を述べる等、コメントできる場合がほとんどです。

質問してみました。

 

質問)小坪慎也
国(行政)に対して、【命じて】頂くことはできないのでしょうか?

起きた場合には半端な死傷者では済まないと思うのです。

 

回答)山田 賢司
立法府が行政府に「命じる」には、立法によることになりますが、「要請」はできます。

「半島有事に備え、邦人の保護に万全を期すこと」という要請は過去、何度も行っております。

 

ネットというツールは、なんというか凄いものです。
離れた地域であっても、このように質疑応答が成立します。

(私は市議で相手は国会議員とは言え)議員同士のアカウントの質疑は、ある程度は公式のものとして取り上げることが可能かと思料します。

 

私が論評する立場にはありませんが、著作権上の評論を行うとすれば、まずもって「流石」と感じました。
三権分立に基づいて私は問うているのですが(ゆえに国の後にカッコ書きで行政とつけています。)まさに模範的な回答かと思います。

国会議員は立法府の所属になりまして、行政に命じるには法をもってなすよりありません。

 

ただし。
地方議会の場合は、二元代表制です。
市長を直接選挙で選ぶため、部長などは公務員が行います。
福祉関係のトップは、福祉部長になります。

これに対し、国会の場合は少し事情が異なります。
首相は、国会議員が選びます。(地方における)市長に相当する人(首相)は、議員が選ぶのです。
そのため、福祉のトップは(公務員の)福祉部長ではなく、厚生労働大臣となります。

事実上の行政トップが、国会議員であります。
(ゆえに、国会議員の仕事は、地方議員と少し異なります。)

 

与党から首相は輩出されますが、同じく大臣も与党から輩出されます。
ゆえに、与党の部会において、ここまで言われてゼロ回答というのはちょっと驚いてしまいました。

外務省という「会社」の社長は、自民党から派遣されている「外部監査役」みたいなものです。

それが自民党に来て、ゼロ回答というのはにわかに信じられない。

 

少し解説くさくなってしまいましたが、私の質問は2行、解答も2行です。
ですが、この程度の意味はあるわけで、双方わかってやり取りします。

法に基づき、実態に基づき、実務的な話をしているつもりです。

 

 

 

要請の重み
驚いたのは、下記。
これがペーパー(決議など)か口頭かはわかりませんが、このような要請が何度も出されていたという事実。

これは存じませんでした。
ネットで見る方も、初めて聞く方ばかりではないでしょうか?

 

>「半島有事に備え、邦人の保護に万全を期すこと」という要請は過去、何度も行っております。

 

 

先ほど、少し仕組みを述べましたが、部会での「要請」とはそんなに軽いものなのでしょうか。

私はこれを、特に論拠が整い、かつ安全性について、
国民の生命と安全を守る立場である国会議員が述べている以上、
外務省が、事実上のゼロ回答というのが信じられません。

 

党内のこととは思いますし、議場ではありません。
ですが、むしろそちらのほうが(実態としては)素早いように思いますし、官僚にとっても重たいように感じるのですが、どうなんでしょう。

この状態で「実際に有事」になり、在外邦人に死者が出た場合、外務省は責任をとるのか?
問われているのは、実際問題、ここでしょう。

議員個人からの指摘かも知れませんが、
充分な対応がとられたとは思えず、
万が一の事態(半島有事が発生し、韓国で邦人から死者)となった場合は、
それは「行政側」の責任かと私は考えております。

 

なんで外務省は動かないのだろうか。
信じられない。

国会、市議会の違いはありますが、議会人として許せない。
選挙という制度で民意を付託された言葉を、余りにも軽視してはいまいか?

 

入手できれば、「要請」の中身についても資料を頂きたく思います。

 

 

 

大阪の出会いを紹介させて頂きます。
本論と離れるため、折り畳んでおきます。

クリックして下さい!
衆議院議員 山田賢司先生
自由民主党 衆議院議員 山田賢司先生(兵庫県第七選挙区支部)について。
先日、大阪に寄らせて頂いた際、お時間を頂きました。

 

私も別件で大阪に行ったと記憶しておりますが、翌日の保守系の催事に伺わせて頂いた際、予定を調整してくださった模様。
逆に恐縮してしまいました。

 

なんと爆破予告から市議会の決議の問題まで、さらには犯人が逮捕されたこともご存じでした。
たまにBlogを読んでくださっているとのことでした。
(びっくりしました。)

激励して頂きまして、必要であれば助力は惜しまないと力強いコメントを頂きました。

 

 

 

いん大阪
実は、大阪でもデモの際、またその前後において、
関西圏では多くの議員の仲間ができました。

先ほどの場にも多くの政治家がおられ、なんというかプチアイドル状態になってしまい、(余り地元では、そういうのわからないので)ちょっぴりドギマギしてたのは秘密です。

どこかでアップしようと思いつつ、タイミングを逸してしまったので併せて紹介させてください。

 

長尾敬先生(衆議院議員)と船上で。
一緒にいるのはデモにも参加してくださった新澤議員です。

 

新澤 良文議員です。
一緒にデモに参加しました!

 

有名なしょうこちゃんポーズ
野田議員(東大阪市)
(全員議員です。)

 

歌手の山口采希さん。
拉致被害者救出のコンサートをしており、私も参加させて頂きました。
(写真は確か通行中の方が撮ってくれたと記憶しています。それで私だとわかったことに驚愕しました汗)

こちらはちゃんと前から撮ったやつです。

 

撮影場所は大阪ではありませんが、田中がく議員と。
多くの方がご存知だと思いますし、ネット上でも著名な議員さんです。

 

西川良平議員(堺市)

 

ここにある軍服は、本物です。
かなり有名なバー。

 

この時は、どこに行くとか何か約束していたわけではないのですが、
突然行ったにも関わらず、皆様、お時間をあわせてくださいまして・・・。
なんというか、本当にありがとうございました。

(まだ写真あったと思うのですが、探しきれませんでした。)

 

上記は全て関西圏近郊の先生たちです。

 

 

 

許せないこと
議員サイドから、外務省に対して「ここまで踏み込んだ要請」がなされていたこと。

それに対して、外務省が充分と言えるレベルの対応をとっているとは言い難いこと。

 

議員は何のためにいるのか。

選挙とは、どのような制度なのか。

投票に際して、まさに民意を付託された存在だと認識しておりますが、

その責務とは、国民の生命と安全を守ることに他ならぬと考えております。

 

選挙で選ばれた者が、まさに生命を論じた際に、

なぜ行政(外務省)がこのような対応であったのか、

私は本当に許せません。

 

官僚が、決めることではない。

選挙で民意を託されたものが、最終的な決定を下すべきだ。

この回答は、行政マンがその領域を踏み越えているようにすら感じる。

 

政治は、動いていた。

動かなかったのは、外務省だ。

私はこれが許せない。

 

 

 

政治は、動いていたんだ。

 

韓国には3万7千人を超える日本人が実際にいる。

 

いざ何か衝突や混乱が生じた場合には簡単に避難できるものではない。

 

意喚起しないことは邦人を危険にさらすことになり、

 

もし何かあればそちらの方が問題になる。

 

好きか嫌いかという次元の話ではない。

 

「動かなかったのは外務省」と批判するだけの、

 

重要な事実であると思う。

 

政治ではなく、行政(外務省)の問題だ。

 

「外務省は、渡航自粛要請を出せ!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【渡航自粛要請を】好き嫌い以前に朝鮮半島は危ない。【外務省は出せ!思ったらシェア】 への63件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【渡航自粛要請を】好き嫌い以前に朝鮮半島は危ない。【外務省は出せ!思ったらシェア】 好きとか嫌いとか関係なく、単に危ない。 韓国の首都ソウルは、北朝鮮との国境から最短距離で30km程度。 ミサイルという高

  2. 波那 のコメント:

    外務省は日本人の安全よりも韓国に忖度してるんですよ。でしょ?ユネスコ登録の時もそうだったではありませんか。国政にも帰化議員が居るのはもう良く知られていますが、省庁はどうなんでしょう。特に対外的に日本の国益を、邦人の安全を第一に考える筈の外務省には、まさか潜んでいませんよね。疑ってしまいます。

    韓国は邦人の保護を確保する為に自衛隊を入国させてくれたりしませんよ。未確認ですが米軍は訓練と言って自国民を退去させているという情報を他ブログコメント欄で見ました。

  3. 一郎 のコメント:

    韓国渡航は危険と隣り合わせ。

    衆議院議員 山田賢司先生を支持します。

  4. 助さん、拡散 のコメント:

    まさか、あるいは全てとは思いたくないですが、″官僚”が”韓僚”だからでは、ないでしょうか?これは、単なる言葉遊びではなく、真剣に疑っています。

  5. cat のコメント:

    不謹慎なのは承知で言いますが

    半島に有事が起こり、日本人に犠牲者が出れば
    マスゴミも報道するだろうし、世論の批判も浴びる。
    さすがの外務省も慌てて動くだろうと、思います。

    それまでは外務省の意図的サボタージュは続くだろうなと思います。

  6. やまさん のコメント:

    クェートの石油プラント建設の指揮をしていた親友がイラク軍に捕獲され(在クエート大使は夏休み、代理大使も休暇中で臨時代理大使の帽子をかぶせられた三等書記官?しかいなかった!)、バクダードまで連れて行かれて人間の盾にされ、他国に比べて最も遅く解放されました。当人はすでに死を覚悟していました。 
    後日、直接話を聞きましたが、在留邦人の安全を守ることが最重要の任務と期待していた在外公館の方々の思いは別のところにあることを知りました。パスポートに外務大臣名で書かれている要請は死文となっています。以来、海外に出るときは、自分で現地のネットワークを持ち、いざとなったら自分で隠れる、抜け出す対応を用意するよう心掛けています。

  7. 甚三郎 のコメント:

    話が少しそれますが日本の行政は誰の下で動いてるのかという疑問があります。
    戦前は主権天皇→帝国政府→日本国民でしたが、
    戦後は( )→日本政府→主権日本国民となっています。
    力関係で見れば国民は警察や徴税権を持つ政府行政に太刀打ちできません。
    国民主権と言っても実際には政府行政に対し命令も指示も当然できません。
    また国民一人一人が領土軍隊外交するなどあり得ません。
    つまり国民主権は名ばかりで何も力を伴っていません。
    結論は米国政府が()の位置に収まっているとしか思えません。
    これが事実だと仮定すると自民野党歴代日本政府が行なってきた行動は全て説明出来ます。異様な海外援助、国内は増税一本、派遣推進、円切り上げ容認、在日米軍基地(航空管制制限)、領海侵入抗議のみ、通名禁止すら出来ず、朝鮮人学校という治外法権、など断言しますがこれらは独立国家では100%あり得ない事柄です。
    戻りますが行政組織というのはそれ単独では存在せず必ず上位存在があると考えます。
    先の話から日本国民が日本政府行政の上位存在というのは力関係から言ってもあり得ません。では日本政府行政は何の下で動いているのとなります。
    これは米国政府が上に存在するとしか考えられません。
    長くなるのでここで止めますがこれは大事(おおごと)だと思います。
    市の議員である小坪先生にこのような話を書くのはどうかと思いましたが、お気に障るようでしたらすみません。不都合であれば削除して頂いても結構です。

  8. はち のコメント:

    外務省では、個別の電話相談にも応じてくれるんですね!韓国の安全問題について、どんな最新情報の提供が受けられるんでしょうか?でも、開庁時間と勤務時間がまるかぶりで電話ができません。

    重要なお知らせ

    「領事サービスセンター(海外安全相談班)」では
    海外における安全問題に関する情報を提供し、 相談に応じています。

    海外に渡航する日本人は年間約1,700万人にも達しています。渡航する国・地域はさまざまで、その目的・方法も千差万別です。しかし、残念なことにたくさんの日本人が渡航先の国々でさまざまな事件・事故に巻き込まれています。このようなトラブルに遭遇しないためには、渡航者一人ひとりが海外での危険に対する認識を持ち、渡航前に現地の状況をよく調べ、「自分の安全は自分でしか守れない」との認識をもつことが大切です。

    海外安全情報に関するお問合わせ
    外務省領事局
    領事サービスセンター(海外安全相談班)
    TEL:(代表)03-3580-3311(内線:2902、2903)
    外務省の閉庁日を除く9時00分~12時30分
    13時30分~17時00分

    http://www.anzen.mofa.go.jp/about_center/index.html

  9. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    >実は、自民党の国会議員からも同様の声はあがっている。
    >正式な場で意見を述べられたという。
    >外務省の反応は、ちょっとひどいな、と思ってしまいました。
    >(今日はこのあたりの話を紹介します。最近の話です。)
    韓国への渡航自粛要請が自民党の国会議員からだされていることも、それについて外務省がまったく動こうとしていないということもはじめて知りました。産経新聞でさえ、そのような記事がまったくありませんから・・・・

    閑話休題・・・

    マスゴミ(朝日新聞、毎日新聞、中日新聞、東京新聞、TV朝日、TBS、NHK等)の情報ははなからまゆにつばつけており、ほとんど信用しておりません。
    そして、外務省!ほんとに日本の為、日本人のために仕事をしない無能官庁であることがあらためて実感できます。

  10. 鳥師 のコメント:

    不謹慎な物言いかもしれませんが、安心しました。
    と申しますのも当方、数年前から事あるごとに、首相官邸、自民党、その他関係各所に、外務省の安全情報の更新(渡航自粛)をするようメールしてきました。
    当然大使が帰った直後にもメールしました。
    しかし一向になされる気配がなく、所詮政治は民意では動かないのか、メールなんて見てないのかと残念に思っていたところでしたが、きちんと要請してくださっていたとは。
    ここへきて変な話ですが本当に嬉しいです。
    動いてくださっている政治家の皆様、本当にありがとうございます!

    そして外務省は、邦人を保護する気がないのでしょう。今現在、海外安全ホームページ上の地図は相変わらず韓国全土が安全地帯となったままです。
    参考に他国を見れば、軍事的に緊張している国やエリアなどは、国境付近などが危険地帯の表示になっております。
    果たして朝鮮半島の38度線は今そんなにも安全地帯ですか?北朝鮮の間近にある首都ソウルは?

    この期に及んで何も知らず韓国に渡航する人を自己責任と切り捨てるのは簡単ですし、私も事実感情的にそう思うこともあります。
    しかし国から何の情報も与えられなかった無垢な(はい、これも若干皮肉ですが)自国民をやはりおいそれと切り捨ててはいけない。
    なぜなら、何より悪いのは外務省だからだ。外務省は国民の知る権利を守れ!

  11. みかんコロロ のコメント:

    外務省は帰化人ばかりだから。そこに尽きますよね。

  12. araigumanooyaji のコメント:

    “選挙で選ばれた者が、まさに生命を論じた際に、 なぜ行政(外務省)がこのような対応であったのか、 私は本当に許せません。”

  13. もやしましまし のコメント:

    単純な疑問ですが、外務大臣は何してるんですか?
    そして、国会議員の要請を聞かないほど外務省官僚はえらいの?

  14. 北九州市民 のコメント:

    害務省ですね、本当に。

    しかし、残酷かもしれませんが、お花畑な方々は痛い目に遭わないとわからないと思います。
    自分にミサイル向けられてるのに必死で特亜を擁護している左巻き勢力と同等以下の愚か者かと。

  15. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    3万7千人を超える日本人の犠牲を、安いと見積もるか高いと見積もるか・・・。

    多くの国民は、高いと見積もっている。

    一方外務省は「渡航自粛要請」を出す為には、3万7千人を超える日本人の犠牲を安いと見積もっている。
    「渡航自粛要請」を出す為にはそれ相応の理由が必要で、その理由が無いのに「渡航自粛要請」を出したら責任を取る事が出来ないので、3万7千人を超える日本人の犠牲は「渡航自粛要請」を出す為に必要なコストだと見積もっている。

    上記が若し単なる邪推では無くビンゴだとしたら、その見積もり方法に誤りがあった場合、外務省の官僚から何人自殺者が出るのでしょうね。

    米軍のミッションと連動して攻撃時期を悟られない為の綱渡りだとしても、随分と大きな賭けに出たなと思います。
     
     
    一方で在韓邦人其々にも諸々の事情があるのでしょうが、情報がコレだけオープンになっているのだから、有事勃発に至っても責任を誰かに押し付ける権利は無いものだと考えた方が良いでしょう。
    但し、韓国に業務命令で駐留を命じている企業があるとすれば、その企業経営陣は別です。
    明らかに危機管理が出来ていない。

    若しお気楽な考えで今も滞在している在韓邦人がいるのだとすれば、それは漫画やドラマで出て来る「犠牲になる為に、犠牲になる為の行動をするキャラクター」そのものでしょう。
    最悪、敗戦後の引揚者の苦労を身を以て体験するかも知れません。
     
     
    何れにせよ、より多くの人が現状の警告を続けて行く事は有意義でしょう。

  16. 漫画喫茶店長 のコメント:

    10年くらい前に何度か外務省に竹島や対馬の件でメールを送ったことがあります。
    その後久しぶりに会った友人と飲む機会があってそのことを話したら
    「え!あの不躾な熊本弁混じりのメールはお前だったのか!!!?」と反応して驚いていました。
    そいつ(純粋な日本人で愛国者)は警察官僚なのに外務省に出向していて、たまたま私のメールを読んでいたというのです。
    その後すぐに話題がチャイナスクールに移ったので、一般人からのメールをどの程度プロパーの職員が読んでいるかを聞きそこなってしまいましたが、まあ、誰かは読んでいるということですね。。
    一般人でもメールで意見を述べることは無駄なことでは無いようです。

    今はゴルゴ13が外務省から海外渡航の危険性を広報する仕事を依頼されているようですが、
    その依頼の理由が彼の臆病さ、用心深さにあるとのこと・・・
    ゴルゴが外務省の意識も変えてくれればいいなと願っています。

    • 鳥師 のコメント:

      漫画喫茶店長様、貴重なお話をありがとうございます。
      当方時折メールで意見を送るのですが、誰かが読んでくださって、それが国民の意見としてごく僅かでも政治等に反映されるとすれば、こんなに嬉しいことはありません。
      また外務省で活躍しておられる本物の愛国者の方がいらっしゃることも伺えて、頼もしく感じました。

      今後も意見があればメールを始め、心ある政治家の方へ直接声を届けることなども継続してやっていこうと思います。
      ありがとうございました。

  17. ふぃくさー のコメント:

    驚きました。そこまで腐っていたとは・・・

  18. 月光仮面 のコメント:

    外務省ってほんとうに腐っているのですか もし それが 本当なら
    そのままにしている方が もっと腐っているのでは 何か あるのかな
    あのーーー小学校の件ですが あれも 大物国会議員がかかわっているのでしょ
    ネットでちらっと見ました 私の嫌いな人物でした この日本は
    脅しに屈していると 思います これは なかなか是正することは無理
    改憲もこの脅しに屈して改悪になりかねない マスコミ改革や 外務省改革や
    これは 絶対に成し遂げないと明日の日本は無いという事かもしれませんね
    政治はもっと改革が必要ですね

  19. えいぴちー のコメント:

    義妹が今月末に韓国旅行を計画しています。
    「危険だからキャンセルしたら」と説得していますが、
    なかなか緊迫度合いが伝わらず困っています。
    「今韓国は危険」と名言しているのは
    保守系のネットを主としたメディアだけ。
    外務省の海外渡航安全情報も通常通りのレベル0。
    義妹の周囲の韓国好きの友人たちにも
    危機感はないようです。
    朝鮮半島情勢を説明しても
    怪訝な顔をされてしまいました。
    大手メディアで報道されなくても
    外務省の情報で注意喚起してくれたら
    どんなに信頼性が増すか。
    これが生死を分けることになるかもしれません。

  20. くし のコメント:

    自民党メール、(党と岸田大臣それぞれ)並びに首相官邸メールに下記内容を送付

    題:韓国に滞在している3万7千人の邦人に対し、帰国勧告を出していただきたい

    内容:
    来る朝鮮半島有事に備え、長嶺大使の帰任のみでは邦人保護は到底できないと考えます。議員サイドからは再三外務省に対し邦人保護の要請が出ていることを踏まえ、今度ばかりはその要請に従い、帰国勧告を出していただきたい。一般人を人質に取られた場合、我が国の状況に対する選択肢が著しく狭められ、場合によっては国家の崩壊になりかねないと考えます。3万7千の人質と、1億人の日本人では有事の際には比較になりません。有事の犠牲になりうる在韓邦人を見捨てずに、早急に帰国勧告を出していただきたい。

    2行目に、「議員サイドからは再三外務省に対し邦人保護の要請が出ていることを踏まえ」をもれなく入れています。さて、効果ありますやら。

  21. 異議あり のコメント:

    有事の際や万が一の時の責任の所在について
    問い合わせをしたら動きがあるでしょうか
    それともそんな事はもうとっくにされていて
    それでもこんな状況なのでしょうか

  22. のコメント:

    保守速報がまたサイバー攻撃受けてます。北朝鮮は本気。すべてがあの憲法の影響だと思います。改正するにも北朝鮮系列TV記者マスコミ議員が大反対。スパイ防止法さえも成立できなく永遠負のループ。カエルの楽園の韓国。韓国は5月はじめに親北朝鮮政権誕生。涙も枯れた。侍小坪先生に感謝したい

  23. 葉隠 のコメント:

    外務省って、ホント仕事しないんですね。放置プレイですか?菅直人みたいに…
    無茶苦茶腹立つんですけど!

    • yuri のコメント:

      >ホント仕事しないんですね…
      本当にそれだけなんでしょうか?私には韓国に便宜を図ってるようにしか見えないんですがどうなんでしょうね?

  24. 神戸総司 のコメント:

    海外渡航は自己責任の範疇、これは事実の一つだと思います。

    今は外務省以外からもネットで情報は手に入るので、
    危ないと感じたら行かない、いけると思うなら行く。

    ただ、自己責任だけではない人もいるのです
    仕事で会社から命じられてソウルで働く日本人
    彼らには自主的に帰る自由なんて実質ないのです

    現地社員「危ないので帰りたい」
    会社「外務省は何も発表していない。安全だから引き続き駐在せよ」

    中には社員に優しい会社もあるでしょう
    会社「社員の安全のため、帰国を命じる」
    株主「韓国でのビジネスチャンスをおまえらの思い込みで逃すのか?」

    やはり、会社など、ビジネスで動く人間にとって、
    政府からの公式発表は重いのです。

    韓国への渡航自粛は経済面での影響も避けられず、
    外務省が簡単に下せない事情も理解はできます。
    幸いにして何もなかった時に経産省へのメンツとか

    だからこその国会議員からの要請でもあり、
    たとえ空振りでも、議員からの要請という言い訳はできる
    どうにも、外務省の動きには納得できませんね

  25. mirage のコメント:

    渡航自粛要請は出せないでしょうね。
    もし出せば、韓国と朝鮮(北朝鮮)そして朝日を中心とする反日左翼が
    「戦争の危機を煽った」と大騒ぎをするからです。

    韓国に行くということは、猛烈な反日付きのイラク・アフガンに行くのと同じです。
    そこにビジネスで訪れ、さらには観光旅行そして大規模投資をするとは、大した度胸というしかありません。
    ソウルに行くということは「軍事最前線」に行くということだと分かっているのでしょうか。

    戦争になったら「邦人保護」など絶対に出来ません。
    今は日本の政府ではなく小坪さんをはじめとする「有志」が、日本人の渡航自粛と帰国を呼びかけ、それを無視する方々には「自己責任」というしかないでしょう。

    • くし のコメント:

      そう、たぶん出せないんですよね。
      「これから軍事行動します」ってわざわざ教える、いわゆる利敵行為に該当しますからねぇ。実際に引き上げるまでの時間が敵の準備期間となるので。
      でも、「言うこときかないならやるぞ」という警告とも解釈できますかね?無理ですかね。

      • 名無しさん のコメント:

        自衛隊が韓国に邦人救出するためには、韓国政府の許可がないとできません。

        今の韓国政府の対応を見るに、自衛隊に許可を出す見込みはゼロです。

        つまり、民間航空機も飛んでいない、自衛隊も助けにこれない、周りは超反日韓国人だらけの状況でサバイバルしないといけません。北朝鮮からの戦火だけではなく、反日韓国人からの暴行、虐殺、レイプもありえます。(竹林はるか遠く-日本人少女ヨーコの戦争体験記の再現)

        韓国に滞在している邦人にはかなりの数の死傷者が出ると思います。

  26. ピーナツ県民 のコメント:

    出すべき時なのに渡航自粛要請を出さないのは、害務省も、「敵側」、レッドチームの手に堕ちているからだと思いますけど。こちらのブログが詳しいです。↓

    http://ameblo.jp/don1110/entry-11897416419.html

    雪崩で多くの高校生の死者が出た直後に、「北海道への公務」は寒いところへは行けない、と言っておきながら国民を悼むでもなく春スキーへ「静養に」行って逆パンダになるまで日焼けして昨日高校入学の挨拶に立たれた、「口だけ国民に心を寄せ」るのが特異で行動を伴わない東宮一家。
    鳥居はなるべくくぐろうとしない東宮一家。
    神社に寄進しない東宮一家。
    水俣への慰霊にも訪れない東宮一家。

    全て朝鮮人教祖を持つ創価学会が日本のあらゆる分野に浸食している結果です。その象徴が東宮家だと思いますけどね。

    全部朝鮮、特アでこの日本の闇は繋がっているのです。彼らにとって一般日本人がどうなろうと知った事ではないのは自明の理です。

    以前、韓国の射撃場で粉塵火災で日本人が死んだときも高い治療費をふっかけてなかなか遺体を返そうとしなかった国ですよね。日本が仮想敵国で経済的に困窮しているあの国は何かあったら喜び勇んで多額のお金を要求するであろうことは、過去の行動パターンからすると想像に難くありません。

    仕事で行かれている方も、命のほうが大事なんですから退職されて帰国されると良いのですが。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      池田大作氏が朝鮮人であるという、最も信用できるという根拠を示しなさい。

      私は創価学会員ではありませんが、過去に仕事や遊びで知り合ったすべての学会員に「会長は朝鮮人または在日か」と聞いたところ、すべての人が否定しました。
      逆に、どうやら「在日の会員」だけが、会長が朝鮮人であると思い込みたがっていることがわかりました。

      明確な根拠を示さずに伝聞だけを垂れ流しているなら、あなたはデマ屋です。
      それどころか、多くの無知な日本人を「疑心暗鬼」にさせて、社会を分裂させようという魂胆のある悪質な人種です。

      ひょっとして、あなたが、「朝鮮人はこんなに日本社会で裏の権力をにぎっている」と思いたいだけ、または怪しげな噂をまき散らしたいだけの朝鮮人または元朝鮮人ということはないですか。

      家系図を調べてみたらどうですか。ひょっとして体に眠る血がそうさせているかもしれませんね。「朝鮮人は日本を支配している」と無意識に思い込みたがるようにね。

      私は自ら家系図を調べて江戸時代中頃か終わりくらいまでたどれるので完全に否定できます。

      在日外国人は陰謀をもった帰化人に日本社会を支配させてはなりませんが、デマを垂れ流す人間はそれ以上に要注意で悪質です。
      社会をデマ情報でかく乱して人々の理性を奪ってしまうからです。

      • 読点 のコメント:

        >鳥海山たろう のコメント:2017年3月25日 11:23 AM

        個人的には本多勝一は本当に日本人だろうかと、もう前世紀からあちこち調べましたが、今のところ日本人と判断するしかないと考えています。

        >小野孝博 のコメント:2017年3月25日 6:08 PM

        私は学生時代、左翼のゼミをえらび、左翼の連中の言動つぶさに見てまいりました。本田勝一の本はほぼ全部読んでました。その中で書かれていました。
         自分は長野生まれで在日であり崔(チェ)○○と名乗ってました。母が身障者の姉の子育てとかで半分ノイローゼ気味で橋のたもとに近ずいて自殺を考えたこともある、というくだりのあたりでカミングアウトしてました。

        >波那 のコメント:2017年3月25日 6:40 PM

        本多勝一の朝鮮名なら崔泰英として、かなりどこにでも書かれてますけどね。

        以上、抜粋
        (出典)https://samurai20.jp/2017/03/decision-2/#comments

    • 鳥海山たろう のコメント:

      読点さま。
      わざわざ引用ありがとうございます。
      恥ずかしながら、そのコメントは見逃してました。

      小野孝博さまの証言のなかの
      「本田勝一の本はほぼ全部読んでました。その中で書かれていました。自分は長野生まれで在日であり崔(チェ)○○と名乗ってました」

      という書籍の存在ですね。

      まだ、私は半信半疑ですが(というのは上記証言では「本田勝一」と、既に名前が間違っている)、その書籍名が明らかになれば是非とも購入したいと思います。
      (本多勝一の著作は過去に古本屋で大部分購入したのを含めれば数十冊くらいは購入してきました。個人的興味です。目的は、本多勝一の思考の異様性を分析するためです)

      本多勝一は、(過去の本多勝一研究会の調査等によって)その版によって記述を改ざんすることが知られています。
      出自を記載した版まで、わかれば良いですが・・。

      私のスタンスは明確であり、「芸能人とかお笑い芸人や会社員、OL等に関しては、出自を隠したがる人間を無理やり問い詰めて暴露する必要はない(ただし反日的言動を公けで行っていれば別問題)」

      しかし、「極めて公共性の高い政治家や官僚、文化人、新聞記者、メディア関係者などについては出自を明らかにして意見や思想を述べるべき」
      「もしプロフィール等で意図的に出自を隠ぺいしていたことがわかったなら、工作員と思われても仕方ないだろう」という考えです。

      本多勝一は突出して朝日新聞記者として反日工作を行ってきた記者です。
      許せません。

      しかし奇妙なことがあります。

      これだけ、(公共の場でもサングラスをかけて登場してきた)本多勝一の出自に関心がある日本人が多いのに、もし過去の著作に出自の記載があるという明白な根拠があるのなら、「なぜ、いまだWikipediaの本多勝一の欄にそれが記載されないのだ?」という大きな疑問があります。

      もし裏がとれればWikipediaで出自の追記をしたいと思います。
      あるいは、その著作的根拠を、すでに把握した方がいれば、編集で出典を明示されて付け加えて頂くことを切に望みます。

      「この存命人物の記事には検証可能な出典が求められています」となっている通り、本多勝一の欄には、明確な根拠を明示せずにデタラメを記載してきた者が多いようです。

      Wikipediaでいつまでも、その出自が追記されないようであれば、それはデマだったと認識してください。

      Wikipediaによるネットへの功績は本当に偉大なものがあります。

      日本語版・英語版でも、まだまだ一部の記載に左翼的偏向性が残っていますが、とんでもないデタラメを真実であるかのように拡散する人種がネットでのさばる事を抑えることには多大な貢献をしていると思います。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      くどくて申し訳ないですが、本多勝一に関する上記の証言が事実であることが出典で示されたとしたら、それは、ある意味、物すごい事だと思います。

      というのは、南京大虐殺騒動に関して、今後も「あの騒動はいったい何だったのか?」という書籍や論文が、今後いくつも日本人によって書かれていくはずです。

      そういった書籍のなかで、例えば本多勝一の出自がちゃんと明示できれば、それだけで「なるほどそうだったのか」という読者へのインパクトは、すごいものがあります。

      日本に対して特殊な怨念を持った背景のいったんが、そこで想像できるかもしれません。
      でも私は正直、この情報に関しては悲観的です。

      本多勝一に関する掲示板のスレッドで、過去に本多の読者体験のある年配の方々にもプロフィールを粘って尋ねたことありますが、支持者や不支持者に関わらず、「在日または帰化人であろうという推測には根拠がない」と回答があり、たまに在日だと断言する者は怪しげな情報だけでそれを信じているようでした。

      もし自著でそう書いているなら、その著作名を誰かがとっくに明示して、さらに他者が裏付けをとって、ネットでその著作タイトルが知られているようになっているはずだというのが私の想像です。

      以上ですが、もし私の単なる無知でありましたら、私の最初に投稿した断言調のコメントは「浅はかであった」と反省するしかありません。

      読点さん、わざわざ知らせてくださり有難うございました。

      • 読点 のコメント:

        >本多勝一は、(過去の本多勝一研究会の調査等によって)その版によって記述を改ざんすることが知られています。
        出自を記載した版まで、わかれば良いですが・・。

        >くどくて申し訳ないですが、本多勝一に関する上記の証言が事実であることが出典で示されたとしたら、それは、ある意味、物すごい事だと思います。

        >そういった書籍のなかで、例えば本多勝一の出自がちゃんと明示できれば、それだけで「なるほどそうだったのか」という読者へのインパクトは、すごいものがあります。

        ご自分で調べられてはいかがでしょうか。
        或は「(本多勝一の著作は過去に古本屋で大部分購入したのを含めれば数十冊くらいは購入してきました。」とおっしゃるのですから、その数十冊の書名および版を列挙の上、「この中にはなかった」と証明されてはいかがでしょうか。
        もし手放してしまっているとしても、「自分の記憶では」と注釈を入れた上で「この本の中にはなかった」と証言されてはいかがでしょうか。
        興味を持ったものが調査するうえで、有用な手掛かりになると思われます。

        第三者にとって、小野孝博 さんの「本田勝一の本はほぼ全部読んでました。その中で書かれていました。」と鳥海山たろうさんの「本多勝一の著作は過去に古本屋で大部分購入したのを含めれば数十冊くらいは購入してきました。」の信用度は同じレベルです。

        ただし、鳥海山たろうさんの阿部 謹也先生の「世間論」批判に当たり、彼の著書をある程度読んだものとして、「鳥海山たろうさんは、引用される学者等の著作を本当に読んでいるのだろうか」と疑念が湧きました。

        ちなみに私は興味ありません。
        池田大作にも興味ありません。
        朝日新聞を取ったこともありません。
        朝鮮人と言えど、正規の入国および資格で日本に滞在し、犯罪を犯したり支援したりせず、日本文化の捏造などの文化破壊を行うことのない人たちについて何か言う気はありません。
        東宮一家については、ある程度以上の地位ある存在は自らの動向を自らの都合だけで決められるものではないと思っています。

        ついでに家系について述べられていますが、家系の調査においては文献だけでは不十分で、本家の立地(自宅ならベスト)、墓などの検証も必要です。当然されましたよね?17世紀初頭(年号も正確に分かりますが個人情報のため秘匿します。ついでにそれ以前もやる気になればあるルートによって遡れます)郷土史に先祖の名が出るものとして「家系図を調べました。日本人です」で信用しろと言われても、へそで茶が湧かせます。江戸時代から続く家系であればこれは押さえていないと信頼に値しないというポイントがいくつもあるのですよ。ちなみにこのレベルの家系は、日本には履いて捨てるほどあります。

        なお、戦後の混乱時はもとより、昭和中期まで戸籍の扱いは日本においてもかなりルーズなものでした。併合時の朝鮮半島での出産を日本の親族が届け出たり、父親の死により祖父母の「子」として登録せざるを得なかったり、出産直後の他所の子を「実子」として届けたり、が平然とまかり通っていました。しかしこれらは法の不備と現実との調整問題であり関係者同士は納得していることなので、証言が得られます。後ろ暗さがないですから。かわいいものとして、名前の登録が間違っていたケースもあったなぁ(本人および役所以外の全関係者に確認済み)。

        「背のり」は、証言はもとより、一般の日本人には証明することは無理でしょう。まあ、「日本人ならちょっとしないおかしな行為、あり得ない事実の列挙」レベルならできますが。

        おまけ
        朝鮮では家系図の売買が横行しているそうで、現在の朝鮮人はほとんど両班の子孫だそうです(笑)。家系図だけを証拠にしているとこういう現象がおこります。

        • 読点 のコメント:

          役所に確認を取っていないのは、現存しないためです。

        • 読点 のコメント:

          「戸籍」の売買は、今の日本でもできるそうですよ。もちろん違法行為です。

          そんなわけで家系の調査をデータだけ、しかもワンルート検証ナシで済まされてもお話になりません。

  27. kazz のコメント:

    不謹慎なことを書きます。
    今、韓国にいるのは、在日企業、反日朝鮮企業、在日朝鮮人、帰化朝鮮系反日日本人、
    韓国にいてもらっていいのでは。
    今、韓国入国統計数字には・・反日帰化人、反日朝鮮人、反日韓国居住日本人も含まれる。

    渡航禁止はすべきではない。

    反日帰化人、反日企業には身体で実証実験をしてもらいましょう。
    これだけの情報社会。
    情報を知らない訳はない。

    自己責任ですよ。
    反日朝鮮人の方、反日日本人の方、
    是非、韓国に留まってください。
    旅行に行ってください。
    韓国にいて被害にあってください。
    日本に帰られて徒党を組んでテロを起こされるより、安心です。
    どうか韓国に留まってくださいね。
    渡航禁止が出ないことを祈念しています。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      反日勢力や反日思想に染まった連中が、ノコノコと危険地帯に出かけるとは思えません。
      そう言う輩ほど、自分は安全な所で温々としているものです。
      特に、韓国は徴兵制度の絡みもありますので。
      帰国中に身柄拘束されて、そのまま徴兵なんて嫌でしょうよ。

      危険地帯に向かわせるのなら、お花畑の日本人でしょうね。
      そして、いざという時に始末に負えないのもお花畑です。

      危険を察知する為の情報を遮断して、より多くの犠牲を強いて、その犠牲を利用して責任問題を捏ち上げ、内部分裂を目論むのもアカの典型的な工作手段です。

      自己責任を押し付けるなら、自己責任を押し付ける為のプロセスは必要です。

  28. yuri のコメント:

    ゴールデンウィークに韓国旅行に行く人が大幅に増えてるみたいですので渡航自粛要請早く出してもらいたいです。
    ゴールデンウィークの海外旅行2017、人気1位は台湾、韓国が大幅ランクアップ ―
    日本旅行業協会
    ttps://www.travelvoice.jp/20170406-86520

  29. さいたま市民 のコメント:

    外務省幹部が特アのハニートラップや脅迫にことごとくかかっているのではないですか?行動すれば、自分の出世や家族の命が狙われる状況なのではと思っています。特アの方々は裏口からのアプローチがお上手です。組織が実は様々な事情を持つ人間の集まりであり、切り崩す弱い部分が必ずあるとわかっています。官僚の皆様やその家族に、常にボディーガードがついてくれるわけでないなら、その可能性を一番疑うべきでは?日本人の渡航自粛や帰還要請をして、自分の身が危なくなるくらいなら、何万もの現地日本人を犠牲にしたって、恐らく大手メディアは対策をしなかった(実際は逆でも)自民党政府の落ち度として大々的キャンペーンを張るでしょうから、自分達はそれほど被弾しないことも計算に入れてるでしょう。クビになるわけでもないでしょうし。森友はゴシップだから、自民党支持率も下がりませんでしたが、有事の悲劇はそうなりません。与党の皆様はその辺の可能性も踏まえ、より強い要請をすべきです。

  30. ピンバック: 【渡航自粛要請を】好き嫌い以前に朝鮮半島は危ない。【外務省は出せ!思ったらシェア】 小坪しんや 2017年4月8日 | 中矢伸一オフィシャルサイト

  31. ピンバック: 【渡航自粛要請を】好き嫌い以前に朝鮮半島は危ない。【外務省は出せ!思ったらシェア】 | 中矢伸一オフィシャルサイト

  32. 杏仁胡椒 のコメント:

    外務省がこのまま前向きの対応をとらないまま、日本人に犠牲が出た場合のことを考えて、今のうちに、外務省の誰が実際に要請を無視したのかを調べておくべきではないでしょうか。

    真珠湾攻撃の際、宣戦布告を遅らせて今日にいたるまで、日本人は卑怯である、という汚名を着せる原因となった在アメリカ合衆国日本大使館の、井口貞夫氏と奥村勝蔵氏は、当時ともに一等書記官だったと思いますが、その後責任を問われることもなく、事務次官という外務省の事実上のトップに就任しています。

    このような外務省の隠蔽体質は、これまで成功してきたから、彼らはその体験の上に安住していると思われますが、これからは通用しない、ということを彼らに教えなければならないと思います。

    • 名無しさん のコメント:

      良い考えですね 賛成!

      要請を握りつぶしている輩の名前を調べてネットで拡散すれば、
      創価学会員だらけの外務省も無視は出来なくなります!

  33. 鳥海山たろう のコメント:

    外務省が腐っているのは、東京大学などで洗脳を受けた人間が試験に受かって入省しているからです。
    高校から大学まで6年間も左翼に洗脳されたら、そりゃ多くは強い影響を受けます。

    特に危ないというか警戒をしないといけないのは、憲法9条信者です。

    こういう連中にとっては、国民を守るよりも憲法9条のほうが重要です。
    (外務省をやめたら、どこかの大学のポストでもありついて、憲法9条擁護論を書いたり、自民党を非難することを狙っています)

    任務中にはその思想傾向を隠していて、思想がよくわからずに、退職して大学の教員になって、初めてどういうイデオロギーを持っていたか、よくわかることもあります。

    小坪先生の警告は正しく、適切なタイミングだと思いますが、私は現時点では以下の分析または予想をしています。
    もし不快感を与えましたら申し訳ありません。

    ・金正恩は、韓国軍も米軍も韓国を攻撃しないことを見抜いている。体制崩壊のスパイがくることは知っているので、もう完全にフタを閉じた。

    ・金正恩がそう考えるのは、韓国の大統領選挙の結果、新北朝鮮派が韓国大統領になるので、韓国が米国の北朝鮮攻撃に協力することは基本的にありえないから。それで米国は先制攻撃等の手段をあきらめるしかない。

    ・なぜ韓国で新北朝鮮派の韓国大統領ができるかというと、北朝鮮が韓国ソウルなどをミサイルで照準を合わせているから。(強盗やテロが人質で建物にたてこもっているのと「人質の規模」がさすがに異なるのです)

    ・恫喝すればするほど、韓国内で「北朝鮮の融和派」が台頭することを金正恩は知っている。韓流ドラマに汚染された韓国人の多数派が北朝鮮と死闘する意志はないと見抜いている。
    韓国大統領が北朝鮮を糾弾するのも、国際非難をかわすための猿芝居であることも見抜いている。

    ・韓国は、統一派が劣勢となり、「そもそも北朝鮮の併合はムリだから刺激せずに放置するのが得策だ」という意見が優勢となる。

    ・金正恩は、核兵器に磨きをかければかけるほど、上記の北朝鮮にとって好ましいサイクルが良い方向にまわることを知っている。

    ・米国を射程にいれる弾道ミサイルは、どこまで米国が譲歩できるかを見極めて実験を行っている。

    ・またぞろ過去の金大中や盧武鉉の「太陽政策(北朝鮮との融和政策)」が繰り返される。

    ・「韓国は悪魔的な北朝鮮は放置している。何とか努力しろ」と国際社会から圧力を受ける。

    ・狂信的な韓国国民に選ばれた間抜けな韓国大統領は、支持基盤を強化するため、反日行動や反日発言を繰り返す。北朝鮮による危機から国民の目をそらせるため。

    ・従軍慰安婦騒動などを捏造した朝日新聞など左翼マスコミは「韓国も北朝鮮も刺激せずになんとか交渉で問題を進展させろ」と無いものねだりを言って、えらそうに机上の空論の説教を繰り返す。

    ※上記となるのが9割以上。残り1割は何かを契機に北朝鮮が暴発する可能性があると思っています。

  34. 内憂外患 のコメント:

    よく外務省と財務省は帰化人が多いと聞きますが、公務員自体外国籍でもなれるそうなんで、さもありなんとしか。
    反日日本人とかスパイだらけの日本じゃこんなもんだろうと思います。

  35. 旧新人類 のコメント:

    EU某国で働いていて最近帰国した知人いわく、在留邦人の間では現地の大使館などあてにならない、助けてなんかくれない、という認識が広がっているそうです。信用されていないんですねー、害務省は。北米関係は最近いい仕事している印象なんですけど、特亜関係はメディアのステマ同様、特亜・カルト汚染が激しいんじゃないですかね。だけど、小坪先生がこのタイミングで害務省の対応を取り上げたことにより、責任の所在ログが残ることになってよかったのでは。もし、在韓邦人に何かあれば、害務省の責任をとことん追求すればよい。そのためにも出来るだけ多くの人々に本件を大々的に拡散しましょう。あと、情報に関しては大手メーカー営業や商社マンの方がよほど情報通だし独自の判断力ありますね。害務省の給与・昇進体系にもっと厳格な国益貢献度を中心とした成果主義を導入したらどうでしょうか。

  36. アクタくん のコメント:

    友人の子供が在籍する「和歌山智弁学園」が
    今年も韓国へ修学旅行に行くそうです。
    しかも、北朝鮮との国境近くにも立ち寄るとの事。
    伝統行事の名の下に、子供達の安全が脅かされる場所に行くなんて許せません‼︎
    さすがに今年は、辞退する生徒さんも いるそうです。

  37. ぱぴこ のコメント:

    この期に及んでも海外安全情報の韓国の項目はあいかわず変化なし。
    『現在,危険情報は出ておりませんが,北朝鮮との関係において,朝鮮半島情勢は,引き続き予断を許さない状況にあります。(中略)常に最新の情報を入手し,安全対策に心がけてください。 』のままです。「引き続き予断を許さない状況」といいつつ、危険レベルの設定もされていないのは腑に落ちません。
    旅行業者も平時とかわらず韓国旅行商品をサイトに掲載しています。

    現政府が邦人の安全をないがしろにするはずはないと思いつつ、なぜ注意喚起をしないのかと本当にもやもやします。とにかく「早く渡航自粛と在韓邦人の帰国を促してほしい」と、官邸にメールしておきました。
    あとは韓国に旅行しようとしてる身内や友人がいたら、

  38. 隣町の一主婦 のコメント:

    渡航した人が危険な事も憂慮すべきですが、隣国の有事の際 ドドドドーーーッとどさくさに紛れて日本に流れ込んで来る韓国人の方がもっと心配なのですが・・。
    紛れ込んだら最後・・かつての戦後のように〇鮮部落がアチコチに出来るのではないかと心配です。 街はずれや川のそば・橋の下・無人の神社・寺など・・バラック小屋が 九州では 昭和40年代までいっぱいありましたよ。そんな人達はいったいどこへ消えたのでしょう。 平和ボケした日本人はいいようにされそうで本当に心配です。

  39. ちょび のコメント:

    軍艦島の世界遺産登録の際に外務省に電話したことがあります。
    対応は、用意された玉虫色のペーパーを読んでいるのが良く分かる回答でした。
    外務省は日本人のために働く気はないのだなと強く思ったことを、今回思い出しました。
    官僚個々人の自分の地位の保全と仕事の手間を増やさないことしか考えてないなと。
    だから今回も邦人が何人亡くなっても、「不測の事態」と「遺憾の意」で責任をうやむやにすれば逃げ切れる、そもそも何かあるとは思っていないと感じています。
    外務省の対応は問題なので国民として改善を要求はし続けなければですけど、それと同時に自分で役所を頼らずサバイブするための情報収集はしなければならないのだなと改めて思いました。
    しかし、国会議員からの要請がされていたことさえ分からないレベルの対応しか外務省がしないのであれば前途多難だなあとげんなりしたのも事実です…

  40. 月光仮面 のコメント:

    今 上の 書き込みを見させていただいて思う事は
    日本に帰化するって 日本が好きだからですよね
    だったら 帰化して 三世代 まで 政治活動を
    禁止する そして 帰化自体をもっと厳しくするなど
    日本を日本人に取り戻す政策をする 政党や政治家に
    投票する必要があるのでは無いでしょうか

    政治家が どのような思想を持っているのかさえ判りにくい
    選挙です もっと その人を知る必要があるのでは無いでしょうか
    政党公認だけでなく 何か 団体の推薦などできないのでしょうか
    たとえば 日本会議の推薦 など (日本会議という団体を知らなくて
    名前を出しています でも もし 日本会議が善意の団体で日本のために
    なる団体でしたら 活動を広げて欲しいと思います)
    通名を使っていない帰化人は善意に受け止めていますが
    通名で帰化したり日本に永住している人たちに あまりいい気持では
    ありません 何か もはや 政党ではなく なにか別の組織が
    必要ではないでしょうか 私が 小坪先生を支持したのは選挙ポスターの
    胸につけられていた 拉致被害者を取り戻すバッチでした
    何か このようなものが これからの選挙に欲しいと思います

  41. ピンバック: 【国際】米空母打撃群が朝鮮半島へ★18 | キョロちゃんのまとめ

  42. ピンバック: ネイビーシールズのチーム6が韓国入り – 待ち望むもの

  43. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    小坪市議や、市議に力を貸して下さる議員さん方が頼もしい限りです。
    それに比べて以下の人達は…

    漫画家ちばてつやが『晩節を全力で穢しまくる』絶望的な光景が出現。表現の自由の意味を理解していない
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50497241
    10:あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2017/04/09
    全く言っていることが理解できない。
    作家は実際に犯罪を計画して準備しないと何も書けない無能ばかりなのか?

    18:あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2017/04/09
    じゃあ今のうちに国を守る勇気のない男の子の漫画を書いといてくれよ。

    54:あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2017/04/09
    漫画家なら、共謀罪で完全に監視国家とかした日本のディストピアを描いて、その体制に反逆するストーリで抗議してみろよ。
    それがお前らの仕事だろ。
    本業でやれ。

  44. のとさん のコメント:

    政治・経済に疎いので見当違いだろうとは思いますが…
    地方議会や地方の行政の長が、自治体単位で韓国への渡航自粛要請の様なことは出来るのでしょうか?コレが複数の自治体で動き出せば、国の行政府も考え直しませんか?

  45. としし のコメント:

    どちらかというと、外務省側の論理を知りたいです。
    山田議員のお話だけでは、実際にどんなやりとり、どんな温度感で会話がなされたのかがわかりません。(ってわからないように結論だけ書かれているんでしょうが)
    さすがに、議員の先生が「考えておりません」という回答に対して「なるほど、そうですか」と納得するはずがないので、当然事情があるのでしょうが…。

    ところで、細かい話ですが「不要不急の用件がない限り、行くべきではない」ではなく、「不要不急の用件である限り、行くべきではない」ですよね。
    朱記されているので、修正された方がよろしいかと。

  46. ピンバック: 『米中貿易戦争の激化は秋以降、日本も巻き添えか トランプ大統領と習主席、共に具体策先送りの「必然」』(4/10日経ビジネスオンライン 細川昌彦)、『北京はトランプ政権の“

  47. Tanaka のコメント:

    4/8に外務省HPのご意見投稿に、素朴な疑問を書いてみた。
    徹夜開けで寝ぼけていたので一部、誤字がありますが。

    =======

    2017/04/08現在、大韓民国への渡航制限がない理由
    —-
    邦人保護の観点から
    大使を戻されているとされているようですが
    そのような状況にも関わらず、渡航制限がないのは
    何故でしょうか?

    各種マスメディアでは殆どが
    「邦人保護」を意図的に報道していないような現状では
    海外安全ホームページの存在は貴重にも関わらず
    現状が反映されていないと感じます。

    先日、公開されたGマニュアルと現状を対比すると
    何のための海外安全ホームページなのか疑問です。

    外務省は、大半の各種マスメディアの同類なのですか?

    それもと宣戦布告直前に同僚の送別会に行くような、
    国民の安全などどうてもいい体質を
    引き継いでいるのでしょうか?

    或いは一部の政党などから圧力が
    掛かっているのでしょうか?

    内情はどうでもいいですが
    このままでは害務省と呼称したくなります。
    或いは隠れ民進党でしょうか。

    精勤なされているのであれば、
    公開すべき情報は国民にわかるように
    反映して頂きたいです。

    ベイルート発のロイターの情報の方が頼りになるのなら
    インターネットエクスプローラーにしか
    対応していないようなホームページは
    経費削減の為にも破棄されては如何でしょうか。

    恐らく、現地情報に近いところで働いている方々は
    精勤なされているのでしょうが
    尻を椅子で磨いてる中途半端に偉い
    小山の大将にはどうでもいい事なのでしょうね。

    自負と誇りがあるのなら、それを国民にわかる形で
    明確にして下さい。

    各種マスメディアの腐り具合は別として。

    以上です。
    =======

    Gマニュアルの最新分の内容と、
    海外安全ホームページの公開情報が
    矛盾していると考えましたので。

    Gマニュアル → 海外安全ホームページに必要情報全部あるよ!
    海外安全HP → いつも通りで平常運転中、問題なし

    独断と偏見で書いたので批判はご自由に。
    なお外務省への投稿時、メールアドレスは明記しております。

  48. ピンバック: 【国際】米空母打撃群が朝鮮半島へ★17 | 情報センター

  49. ピンバック: 【国際】米空母打撃群が朝鮮半島へ★18 | 情報センター

  50. matsuokahajime のコメント:

    とりあえず、韓国の36.5度より北の部分への渡航に対して警告を出すのは意味があるのではないかな? 遅すぎるけれど、韓国の分裂を誘うことで親北朝鮮政権成立後米中対立の最前線が対馬に来たりする心配も減らせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です