【速報・岡崎トミ子、死去】日の丸にバツ印のプラカードで有名【言いたいことがある人はシェア】


 

 

あの岡崎トミ子氏が死去した。朝日が報じているので間違いないだろう。
日の丸にバツ印がついたプラカードの前で拳を振り上げ、韓国の日本大使館前で「日本の国会議員」の立場で反日活動。
元慰安婦と称する関係者らが個人補償を求めて行う抗議行動(通称:水曜デモ)に参加した。

これは国会(参議院・本会議)でも取り上げられ、「売国奴」として批判された。
「実際、辞書にもそう書いてある」という指摘がなされた。

「祝」と喝采を挙げる者もいるかと思うが、
私は政治家であるため、そのようなことは言えないし、言わない。

ただし、逝去ではなく死去という言葉を用いた。
享年73歳。

まだまだ「あんたには言いたいことがあった」というのが正直なところである。
慰安婦問題の火付け役の一人であり、彼女の口から取り消してもらうべき事象は多々ある。
それこそ証人喚問が必要な人間であった。

時代は巡る。
そして、時計の針は、ただ進むのみ。
一つの時代が幕を下ろしたことを痛感させるニュースであった。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

慰安婦問題関係

まずは有名な画像から。

 

 

以下は、wikipediaを参考にして抜粋、付記を行った。
凄いなと思ったのは、すでに享年が入っており、なんと編集の速さに驚いた。
(私のBlogは元号表記を主とするが、下記は転載元に併せ西暦の個所もある。)

 

戦時性的強制被害者問題解決促進法案
2002年7月18日、参議院内閣委員会で民主党・共産党・社民党3党で共同提出された「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」について、提案者を代表して趣旨説明を行った。また、23日の審議には、慰安婦に名乗りを挙げている宋神道の書いた手紙をそのまま読み上げ、日本政府を糾弾した。

なんとも熱心なことだ。
2002年という表記はwikipediaのままであるが、平成14年のことであった。
いまから15年前のことである。

この時代に、「国民がしっかり止めておけば」
事態はここまで悪化しなかったのではなかろうか。

私は20代の前半、まだ大学生だったと思う。
無論、何も知らず、興味すらなかった。

氷河期の就職戦線に放り出され、
国立の4大、就職に有利なはずの工学部ですら、暗雲が立ち込めており、
それどころではなかった。

 

日本政府へ公式謝罪要求
2009年5月6日に平頂山事件について日本政府に公式謝罪を民主党の訪中した両院議員団24名で要求した。

参加議員は
・衆議院議員
逢坂誠二、郡和子、近藤昭一、佐々木隆博、篠原孝、田島一成 、筒井信隆、平岡秀夫、山田正彦 、横光克彦

・参議院議員
相原久美子、犬塚直史、岡崎トミ子、神本美恵子、今野東、谷岡郁子、中村哲治、那谷屋正義、白眞勲、藤谷光信、松浦大悟、松岡徹、松野信夫、水岡俊一

平頂山事件とは、CHINAにおいて日本軍がゲリラ掃討作戦を行った際、集落に被害者が出たというもの。
当時も公式の場で追及されたそうだが、あくまでゲリラ掃討の一環として収束している。

誘因となったのは、反満抗日ゲリラ「遼寧民衆自衛軍」による、撫順炭鉱襲撃事件。
民間人居住区を狙ったこの襲撃に対し、周辺居住者を炭坑内や公会堂に避難させ、大人だけではなく青年団員や中学三年生以上(いずれも民間人の若者)を緊急に招集し、市街地への侵入を必死で阻止した。日本側は、炭鉱所所長含む死者5名、負傷者6名、総額21万8,125円の被害を受けた。

翌日、捜索が行われた。平頂山集落で前日の襲撃の際の盗品が発見され、当集落がゲリラと通じていたとの判断を下した。以降、掃討作戦が実施される。

 

私も本件には詳しくないのだが、「日本人の民間人居住区」を狙った、反日ゲリラの攻撃があった。襲撃により、民間人の死者も出た。調査の結果、集落がゲリラと内通していたことが発覚、ゲリラ掃討というものらしい。

戦後、公式の場で追及も受けたようだが、この流れでは「ゲリラ掃討以上のことにはならなかった」ようだ。

岡崎トミ子らは、「日本に謝罪せよ」とぶち上げたわけである。
収束済みの話であっても、です。

 

反日デモ
2003年2月、韓国への海外視察の際、元慰安婦と称する関係者が毎週水曜日に個人補償を求めて行う抗議行動(通称水曜デモ)国会議員の立場として参加し、日本の国旗にバツ印がついたプラカードの前で、こぶしを突き上げながら、在大韓民国日本国大使館にて行われている反日デモを応援した。

これについて、2010年10月14日に参議院予算委員会において西田昌司から「(岡崎の活動は)日本人の血税を使って日本(の慰安婦)でなく外国人のみお金を渡そうとする行動」「自国の利益を排して外国のために働く。これは売国という。辞書でもそう書いてある。」「国会議員としての資格はない。直ちに辞めるべき。」と批判された。

この批判は、2010年10月14日 参議院予算委員会で行われた。
まさに指摘のままであり、「自国の国旗にバツ印」をつけたプラカードの前で、自国を批判する国会議員など有り得ていいわけがない。

 

 

 

岡崎トミ子は、おかしい。
アメリカの国会議員が、星条旗にバツ印をつけたプラカードの前で、
アメリカは謝罪せよ!とやっていたらおかしいでしょう?

韓国なんて、国会議員どころが、アーティストが旭日旗っぽいものと写メを撮るだけで
クソみそに叩かれているではないか。

こんな光景は、日本でしか起こりえない。
一般常識から言って、おかしい。
指摘の通り、辞書でもそう書いてあるが、【まさに売国】である。

 

日本国から報酬を得て、
それはつまり、日本人の税金から給料をもらっているわけなのだが、
それで日本を責めまくるのは「謎」としか言いようがない。

選挙を勝ってしまった以上、民主主義の観点から否定することは控えたいが、
「民主主義の制度欠陥」もしくは、「まさに想定外」と言わせて頂きたい。

原告側が雇った弁護士が、原告をボロカスに批判し、
被告を有利にして行ったらおかしいでしょ?という話。

 

外国人参政権の推進、夫婦別姓などなど、語るべき点は多々ある。

彼女の「今まで」を振り返ることは、まさに追悼であろう。

 

 

 

岡崎トミ子、落選
民主党時代に、ネット保守として戦った者は、彼女の名前も覚えているだろう。
衝撃的なことも多々あった。

なんせ「国家公安委員長」を務めており、これはもう、泣きそうになるような人事。
情報もダダ漏れとなり、恐らく「未だ、打撃は継続」しているように思う。
警察関係の、極秘情報、特に過激派に関する情報などは、相当数が流出したのではないか。
あの日、泣きたくなった。

また、少子化対策大臣も務めた。
これで「さらに日本人を少子化」させる流れとなった、この打撃は十年、二十年は継続するのだろうと、あの日、泣きたくなった。

男女共同参画大臣も務めた。
左派の資金源となっているという指摘もある、男女共同参画だが、「あぁ、これで左派の資金源はさらに拡充されたのだろう」「どうやって防げばいいんだ」「保守には、もう資金がない。」と、あの日、泣きたくなった。

自民は、麻生政権における「ここ一番の解散」で、持ち資金を全弾投入したとされた。
浪人している支部長に、国会議員として復帰して頂かなければ、政権奪還はない。
数少ない現職の自民議員ですら、何もかにもが不足しているような状況だった。

 

左翼の重鎮であったが、最近はとんとニュースで見かけなくなった。
名を聞くだけで、「うぉ」と思わせる存在であったのだ。

実は、落選していたのである。

 

平成25年7月21日 第23回参議院議員通常選挙。
対立候補は、和田政宗議員。
当時はみんなの党の所属であった。

2人区であったが、和田議員に5000票及ばず得票数は三位、落選が確定した。

 

いまは自民党でバリバリ戦う和田議員だが、
実は保守が感謝せねばならないことは、
あの選挙区において、岡崎トミ子を落選させたことであろう。

期数を重ねれば、議員としての人脈も広がり、後援会組織など「基盤は強固」になる。
名前も浸透していくもので、徐々に強くなっていくのだ。発言力も、選挙も、です。

「これほどの期数を重ねた」、左翼の重鎮に対し、新人候補が勝利することは奇跡と言っていい。

 

和田議員の、初当選。
和田議員の最終得票数は、22万207票。
岡崎トミ子氏へのアドバンテージは、僅かに5,102票差。

薄氷の当選である。

 

 

 

大タイトル

 

西田議員
「岡崎大臣がですね、この反日の文字が並べられている、そして日の丸にバッテンがついている、こんな所でですよ、デモに参加されている。

これは今見ましてもね、私は日本人として恥かしいです。」

 

稲田氏
「国旗にバッテンのついているポスターが掲げられていた事を、大臣はご存知でしたか? 」

 

岡崎氏
「まったく知りませんでした。」

 

 

稲田氏
「これを知らなかったって言うのは通りませんよ!」

岡崎氏
「本当に分からなかったんです。(ヤジに)いや!本当に分からなかったんですよ。

 

 

覚えておられる方は、いるだろうか。
古参のネット保守の方は、下記の画像が懐かしく感じるだろう。

「かつて反日デモに参加 岡崎トミ子 国家公安委員長」のテロップも流れ、
TVタックルで取り上げられた。

 

青山さんも指摘している。
ついこないだのことのように感じるが、写真で見るとお若い。

青山氏
「警察の現場が、岡崎トミ子国家公安委員長に対して一番心配しているのは、

反日デモに参加したとか、そういう事よりも、いまだに朝鮮総連と密接な関係をお持ちだという1点にあるんですよ。

朝鮮総連と関係を持っている政治家を国家公安委員長にした責任っていうのは、これはあの菅総理と仙谷官房長官の重大な責任っていうのは、僕はこれだけで辞任に値すると思いますよ。本当は。総理大臣も含めて。」

 

 

たけし
「困っちゃいましたね、これは。」

 

 

勝谷氏
「日の丸バッテン、アレ目にはいらなかったって言ってましたけど、目に入らない訳ないでしょう。アレをやりに行ってんだから、アノ連中は。

しかもアレ大使館の車で送り迎えさせてんですよ。

それで日本大使館に向かって国会議員がこぶし振り上げてんですよ。その時点でもう議員を首にしなきゃ駄目ですよ、本来。」

 

 

 

 

議員活動と、政治家の宿命
死者を侮辱しているつもりはない。

実際に、ご自身が公人として行ったことではないか。

 

私自身も、やがて死を迎えた日には、様々な議論がなされるのだろう。

感謝もされるとは思う。

だが、面白くないと思っている特定の層は、祝杯でも挙げるのだろう。

それは、それで構わない。

 

議員として実際に行ったこと、公に活動した足跡を論評されるのは宿命であろう。

私には、その覚悟がある。

そして、覚悟があろうとなかろうと、政治家の宿命である。

覚悟がなければ選挙自体に出馬すべきではない。

 

さて。

左翼の皆さん。

故人となったのちも「活動」が掘り下げられ、

場合によっては罵倒され続ける流れにある。

そして、それは正当なことだと述べた。

この点は、譲るつもりはない。

 

保守に対してこれを行おうとしても、

いまのネット世論の流れを見るに、

それは不可能だ。

現実を直視し、受け入れたほうがいい。

いまは、ネットがある。

かつての画像も一瞬で検索できてしまうのだ。

 

死後、感謝される生き方なのか、

それとも「売国奴」として歴史に名を刻むのか。

今一度、それぞれは振り返るべきであろう。

 

 

 

日の丸にバツ印のプラカード。

 

大使館の車で送らせた上で、

 

(韓国の)日本大使館に対して非難。

 

まさに岡崎トミ子は、売国奴であった。

 

赤い巨星、堕つ。

 

「彼女のしたことは、忘れない」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、大野慶裕
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【速報・岡崎トミ子、死去】日の丸にバツ印のプラカードで有名【言いたいことがある人はシェア】 への40件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【速報・岡崎トミ子、死去】日の丸にバツ印のプラカードで有名【言いたいことがある人はシェア】 あの岡崎トミ子氏が死去した。朝日が報じているので間違いないだろう。 日の丸にバツ印がついたプラカードの前で拳を

  2. enoyan のコメント:

    この話、俺はネットの掃き溜め2chで知りました。
    そしてやたら喜んでいたりお祝いしていたり(震災時の垂れ幕をもじったのだろう)した書き込みが多かった。
    気持ちは分からんでもないが、やはり死人に鞭打つのを眺めるのは気分が悪い。

    俺は、基本的に「亡くなった方には哀悼を捧げる」事にしています。
    どんな極悪人であろうとも命を終えられれば仏様。ご冥福をと手を合わせるのみです。

    だからこそ、「死ぬまでに人生の負債を清算して欲しかった」と、強く思う。
    人の生き様は死ぬ瞬間に現れる、笑って死ねるか悔やんで死ぬか。死の間際に本人の心にそれが現れるのだ。
    岡崎トミ子という女性は、間際に何を思っただろうか?頭をよぎるのはいかなる思い出であっただろう?

    ぶっちゃけ、俺だったらこんな死に際は絶対イヤだな。
    悪名を濯がずに死ねるものか、そう思う。日本人だったらきっとそういう想いを抱く人は多いのではとも思う。

    この方は埋め合わせを出来ずに逝った。恐らくこれからひどい言われ方をされ続けるのだろう。ご遺族も災難な事だ。

    お亡くなりになった故人へ、そして遺される親族のこれからの苦労を慮りつつ、合掌。

    • いつもはロム専 のコメント:

      初めて書き込みしますが、こちらのブログは毎日のように訪問しています。

      岡崎トミ子の売国奴ぶりはリアルタイムで知っていて当時怒りを覚えた一人ですが、こうして改めて活字として読むと、その異様なまでの売国奴ぶりにフツフツと怒りが蘇ります。

      >悪名を濯がず死ねるものか、そう思う。

      甘いわ〜…
      そんな事思う人なら国家公安委員長の身で国家の重要機密を敵にダダ漏れさせたり、わざわざ韓国まで足を運んで日の丸バッテンのついた慰安婦デモに嬉々として参加したりしませんて。

      日本には言論の自由が認められているからenoyanさんが売国奴岡崎トミ子に対してさえ合掌する自由はあるけれど、私にも言論の自由は認められているわけで…
      それでこちらのブログではロム専を通そうと思っていたけれど、その甘さに呆れて思わず書き込みしてしまいました。

      勿論私は岡崎トミ子の死に、「ざまーみろ」だの「お祝いします」だのそんな事は思わないし、書き込むつもりもない。
      ただ生前、あの女を罪に問えなかった事が悔やまれます。

      • じいさん のコメント:

        全面的に同意。

        併せて、別ブログで知ったのですが、警察組織を内部崩壊させ、パチンコ屋の留守番犬にしたのも、管直人総理(通称:バカ管)―岡崎トミ子国家公安委員長(兼・売国奴)のタッグだったようですね。

        「パチンコ取締を目こぼしする現場である生活安全課ばかりを要職に出世させ」たとありました。

        シナチョンデモ(今や極少数派=ノイジィマイノリティ)ばかりを優遇し、保護し、法律違反は見て見ぬ振りをし(道路に寝そべるバカ議員)、愛国派デモに車で突っ込む連中は知らん振り。

        警察組織の腐敗は未だその影響を残しているようです。

        罠侵、狂惨が、未だにあれだけの数の議員(=税金泥棒)を国会に送り込めている現実が、信じられません。

        電波の自由化、NHKの民営化を、早急に行う必要があります。
        新聞は、ほっといても良いでしょう。活字情報はある程度能動的努力を求められますから、あんなのから情報を得ようと努力しているのは、単なるバカです。

  3. 一郎 のコメント:

    まさに、売国奴 ですね。

    第2、第3の 「岡崎トミ子」が出現しないように、私達には選挙権がある。

    あなたの1票で、政治は、変わる!

    先の地方議員選挙の投票率に泣くばかりです。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    岡崎トミ子の死に対して、祝う気にはなりませんねぇ・・・。
    然るべき報復を与えずして、楽にしてしまった・・・。
    当に「逃げ得」を許してしまったのです。

    この岡崎トミ子と言う売国奴は、過去や現在の日本に対してだけでは無く、未来の日本に対しても害を振り撒いた。

    だから、生きている事が嫌になるほどに断罪して、老後(既に老婆ですが)は世間から白い目で見られて、孤独に苛まれながら孤独死の路線を辿らせたかった。
    この時期に取り逃がしてしまったのは、実に無念であります。

    まぁ、これは八つ当たりですが、矛先はまだ死んでいない売国奴に向けます。
    取り敢えずは、石嶺香織宮古島市議は、岡崎トミ子が逃亡した腹いせに更に厳しく抗議しますかね。

    これからも、パヨクの重鎮があの世に逃げる事例はある事でしょう。
    その度に、残されたパヨクへの怒りは醸成されて行く事でしょう。

    若手パヨチンの皆さんは、ロートルパヨクが弱ったら間一髪入れずに、とっとと人身御供に出して、火の粉が自らに降りかからない様に手を打つ方が得策ですよ。

    • 青木裕太 のコメント:

      逃げ得とはまさにその通りで、私も到底ざまーみろなんて思えませんね。
      敵や敗者に敬意を払う文化は素晴らしいと思いますが、自分の先祖や子孫に唾を吐いた奴を弔う気にはなれません。市中引き回しのうえ打ち首獄門くらいしないと怒りが収まりませんが流石に野蛮ですかね。
      現代日本史における絶対悪として教科書で取り上げ、政治家の存在意義と選挙の大切さを子供に刻み込む為のネタにするしかないでしょう。

  5. 名ナシ のコメント:

    平頂山事件も朝日新聞の本田勝一によるものなんですね。
    さきほど調べてみて初めて知りました。
    まだまだ問い詰めなければならない事はたくさんあったと
    思いますが、今までの悪行はしっかり残ります。
    民主党の悪行も同様ですけどね。

  6. Masa のコメント:

    「和田政宗」議員の漢字変換をミスってるように思います。
    ご参考まで・・・

    • 小坪しんや のコメント:

      Masa様

      コメントありがとうございます。
      修正させて頂きました。

      和田議員、漢字を誤ってしまい申し訳ありません。

  7. Sinobu Hattori のコメント:

    「和田さん勝ってくれ!!」

    選挙の時は、祈る思いでおりましたよ。
    懐かしいです。

    個人的には、
    名前も記載したく無い位の「輩」ですが、

    小坪先生の今回のエントリーの様に、

    日本にとっての
    正に、病巣が如くの行動の事実が、
    汚名と共に語り継がれて行くのでしょう。

    それが、彼女の追悼という事です。

    まぁ、本人にとっては名誉なンでしょうけどね。(怒

    ————————————————————

    年度の前、

    桜の咲く「直前」というのも、

    日本にとっての彼女は、
    いかな存在だったかを物語っている様に感じます。

    ————————————————————

    色々と記載はしたいのですが、

    これ以上は、
    罵倒・罵声な記載に成りそうなので、
    この位にしておきます。

    FBのシェアさせて頂きますね。

  8. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、岡崎とみこ元議員の死去に関わる情報ありがとうございます

    平成25年7月21日、第23回参議院議員通常選挙で、対立候補の和田政宗議員が当選されたとき、おっ、あの岡崎とみこがとうとう落選したのかという記憶のみが残っています。和田政宗さんよく当選したな、すごい・・・という記憶が!

    死者に鞭うつことはやめておきます。

    そのうえで、現在は、和田政宗先生が保守の一翼として大活躍されている姿に拍手を送りたいとおもいます。

  9. のコメント:

    地獄で思う存分反日して下さい。手の節と節を合わせて不幸せ(*^^人)ナムー

  10. くし のコメント:

    しかし、改めて思うに、選挙に対し真面目に考えるかということが日本人にかけているかということがわかりますね。なにせ、TV・新聞の誘導通り民主党に投票し、暗黒時代、日本滅亡直前まで追いやってしまったのですから。日本国民自身の選択で。
    岡崎氏のほかにも、仙谷氏、輿石氏、菅氏、村田氏…挙げればきりがない犯罪者集団。法案より緩い通達レベルで敵性外国人優遇措置を次々と実施。いまだにそれをカウンターしない自民党(していらっしゃるのかもしれませんが、見えません)。
    日本を取り戻す戦いは、まだ道半ば…いやいや、1/3くらいですね。

  11. 月光仮面 のコメント:

    亡くなられた方に冥福をお祈りしますが この 左派の方たちは
    それは 日本の先祖を侮辱しまくった方たちと思いますね
    私 思いますに この 左翼 日本を壊したいばかりの人たちの
    考えではない事が 人間として 私 今 安堵しているところです

    さて 今年 来年と 日本は益々 危機が押し寄せてきます
    どんなことを考えても 防衛力強化する必要があります
    もっとも 必要なもの 攻撃型空母 原潜 地上型イージス
    サードというのですかミサイル防衛ですね そして
    無人兵器ロボットですね これは 今後 日本を守る砦に
    なると思います 一機の飛行機が二機のロボット機を従える
    一隻の軍艦や潜水艦が二隻のロボット艦を従える など
    必要ですね そうしないと チャイナは侵略を止めない
    そして もう 二度と だまされないということ ですね
    これに尽きる 日本国民の肝に銘ずるべきことですね

    • 月光仮面 のコメント:

      皆さん 私 今 気付きました この方 いいえ この方たちは
      もはや 日の丸は国旗では無いのです 君が代は国家では無いのです
      左翼の胸の中に 日の丸以外の別の旗がたなびいているのです
      国家は別の歌を口ずさんでいるのです だから 日の丸や君が代を
      拒否するのです ここまで日本から離れているのだと気づいたとき
      あーーーとうなずいています もはや日本国民では無いのです
      革命の戦士です 場合によっては本当に内戦がおきますよ
      もはや 日の丸は国旗では無いのです 別にあるのです旗が

      • 月光仮面 のコメント:

        すみません 国家は国歌の間違いです 皆さん この方たち
        する事 いうこと むちゃくちゃですよね それは
        何故か もはや 日本人では無いのです 別の国民ですよ

  12. 今日も漁師 のコメント:

    だからこそ、在日外国人に参政権を与えるなど論外、ということが分かりますね。

  13. -EST のコメント:

    おはようございます。件の人物の死去をこのブログで知りました。まぁあの人は今頃地獄行きですからなんとも感じない。死んだものに罵声を浴びせても聞こえるわけないし。
    それでも私を含めた日本人は猛省しないといけない。マスコミの扇動にやられて民主党への政権交代を許した事を。民主党に投票しなかった人々はあの後沈黙してしまい、投票した人々は民主党の間抜けさが露見する度に見苦しい言い訳をした。それもこれも政治に興味を持たず生活に勤しんでたまに文句たれるという状態に慣れきったことが招いたツケであり、小泉政権の時も同じことしてるのに学習能力が欠如してる証でもある。正に喉元過ぎれば熱さ忘れるだ。これからは憲法改正など日本の命運を左右することがやって来るがマトモな判断が私を含めた国民に出来るのか怪しいとこだ。

  14. AG のコメント:

    死者を鞭打つ
    この岡崎トミ子に限らず、宮澤喜一、土井たか子、筑紫哲也、松井やより、若宮啓文など。
    そして今後同列に加わる予定の村山富市、河野洋平、野中広務、本多勝一、円より子、鳩山由紀夫、菅直人、大江健三郎、植村隆、村上春樹、田原総一朗、鳥越俊太郎など。
    それらの者達の行って来た事、又現在行っている事。
    そして重要なのはその影響力。
    それらを総合的に考察し日本国に取りどう物心目に見えるもの見えないものを含めて日本の名誉を含め存在を与えて来たか、いるかを考察した場合。
    東アジアなどや世界各国の時の支配者側は墓を暴くなどの行動を含めて「死者を鞭打ち」ます。
    支那、朝鮮などレッテルを貼られたら何千年でも為政者の血筋が変わらない限り賤しめられ続けられます。

    そこに真逆の「過ぎた事は水に流す」、「敵も味方も亡くなったら仏」などと実に寛容な日本国があります。
    昨今まで日本人はそれを納得し、そのように思って来ましたし現在も概ねそのような意識が広く持たれているのではないかと思います。

    しかしその寛容さが次の被害を生み、それの連鎖が続きしりぬぐいの連続が日本の姿であるとも言えるのではないかと思います。
    「南京大虐殺」、「従軍慰安婦」などが日本人が協力して今も尾を引く問題であり、「通州事件」などは逆に闇に葬られて来ました。

    寛容さは美点かもしれません。
    ではあってももうそれ一辺倒では将来の日本の子供たちなど将来の日本人に負の遺産を引き継がせるものでもあると考えます。
    実相を見抜く目を持って、寛容さを持って、しかしながら事実の周知・記録は明確に未来に伝えるという事が重要な事だと思います。
    それを「水に流す」ではいけません。

  15. 波那 のコメント:

    ✳和田政宗議員が立候補されたことに感謝致します。民主党政権の3年余は戦後日本の暗黒史。何でも反対しかしない社会党議員が雪崩れ込んで作った政党を政権に就かせるなんて駄目でしょう!と思ったけど、民主党に投票した人が余りにも沢山居たことに呆れたけれど、まさか意図を持って日本を覆そうとしている集団だったとは思ってもみませんでした。

    ✳「日本は日本人だけの物ではない」と言ったあのトラストミーな土下座好きな人。日本は日本人の物です。侵食しようとする勢力には身を持って対抗します。

    ▽〈和田政宗議員〉森友の国有地取得 真相ほぼ掴む
    http://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12257266338.html
    森友学園の国有地取得について真相をほぼ掴みました。 政治家としての目だけでなく、ジャーナリストとしての目も入れ、各省へのヒアリングや私のネットワーク、独自取材も加えてたどり着きました。国有地取得についての政治家の関与は無い、あっても極めて薄いと言えます。 この点を野党が突いても何も出てこないと思います。時間のムダでしょう。

    そして、森友学園と国との間の国有地売買は、最終的には適法(合法)です。 籠池理事長と業者と近畿財務局の間のやりとりで、その経過で良かったのかという点はありますが、最終的に国有地売買は適法(合法)に行われています。 野党はやみくもに攻めるだけで、結局真相に迫れないのではないでしょうか。この件については、証人喚問以降追記をするかもしれません。

    森友国有地売買 「政治家関与なし」判断できる資料は野党も入手?
    http://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12257405704.html
    今回私が「森友学園の国有地取得について真相をほぼ掴んだ。国有地取得について政治家の関与は無い、あっても極めて薄いと言える」と述べた根拠は、種々のヒアリング、取材に加え、公になっていない資料も入手している。

    今は資料提供者との信義から公開できないが、野党議員の何人か(幹部を含む)は、私が手に入れた資料の一部を入手しているとの確度の高い情報がある。 もし手にいれていれば、その資料を見ただけでも、国有地売買への政治家の関与はほぼ無いと判断できる。 それでも「政治家の関与はある」と質問し続けるのだろうか? 野党の立場として質問で確認はするだろう。だが、さも政治家が関与していると延々やるのは時間の浪費ではないか。

  16. まりちゃん のコメント:

    日本人として安堵しております。
    どうぞ安らかにお眠り下さい 合掌

  17. ひかりちょういち のコメント:

    謝れ!赤い彗星のシャアに謝れ!
    謝れ!青い巨星のランバ・ラルに謝れ!
    何が「赤い巨星」だ!
    「拒星」の「魔」違いじゃないのか!
    「ガンダム」を汚すようなコメントは断固拒否する。
    看護師看護婦をホワイトデビルとヘイトスペッチするような人は私は好きでは有りません。
    でも、貴方のブログは今後もフォローします。
    ♪───O(≧∇≦)O────♪
    (((o(*゚▽゚*)o)))♡YOU

  18. 修羅の国の住民 のコメント:

    この度の岡崎トミ子の死去に際し、この場を借りてお悔やみ申し上げます
    と共に、故人に対して深い哀悼の意を御捧げさせていただきます♡ ~♪(棒)

  19. 有難うございます。 のコメント:

    拝啓 小坪しんや様

    場違いになるかもしれませんがお許し下さい。
    以前、小坪しんや様から、”抹殺される聖徳太子!パブコメの送り方・詳細【伝えるためにシェア】”という投稿をされたと思います。
    小坪しんや様の投稿に賛意を示して自分もパブリックコメントというものを自分なりに考えて送ってみました。

    たまたま、青山繁晴さんが生放送している今日の虎の門ニュースで聖徳太子の事をお話されて、改定案が取り消されたニュースを聞きました。
    小坪しんや様や小坪しんや様の思いに応じて、パブリックコメントを送った皆様に早くお知らせしたくてコメントを残してみました。
    青山繁晴さんがパブリックコメントの重要性やCHINA工作など背景を含めて意見を述べられてます。

    9時22分~9時32分頃
    https://www.youtube.com/watch?v=mt22koOr1_s

    小坪しんや様の投稿が無ければ、パブリックコメントを送る事は無かったでしょう。歴史を守った小坪しんや様やパブリックコメントを送った皆様に重ねてお礼申し上げます。

    敬具

  20. 由美さん のコメント:

    岡崎トミ子氏が死んだそうですね。墓は韓国へもって行ってほしいです。
    日本国は日本人のものです。あの恐怖の民主党時代を思い出すと、我々が
    マスコミに流されて民主党を選んだ無知を大いに反省してほしいです。
    あの時、民主党はダメだと言っても、変人扱いされました。

    • マグマ大使 のコメント:

      そうですねーーー本人も喜ぶことだと思いますよ
      そして 国民はマスコミの本性を知ったのでしょうね 
      だから 今回 小学校では安倍総理を信じる国民が多く居るのでは
      ないでしょうか もう マスコミがいくら笛吹けど国民は踊らない
      と思います。

  21. さいたま市民 のコメント:

    中学校の次期学習指導要領改定案の「聖徳太子」表記が復活したそうですね。
    小坪先生はじめ、皆様の行動が実を結んだこと、本当に心から嬉しく思います。
    今後も定期的に起こる事柄でしょうから、注視し続けていくことが大切なのだと思います。

    今回のブログ記事を拝見し、改めて思うことは
    日本の警察・検察は政治犯やテロリストに甘い、ということです。
    不敬罪は昔に刑法から廃止されたのでそれを理由に逮捕できないのはしょうがないとしても
    外患誘致罪の予備罪・陰謀罪で逮捕できそうな人は民間人以外にも、野党国会議員はじめ要職政治家(もしかして官僚も?)山ほどいます。
    そういった直接テロに関わる人でなくても、外国人から献金をもらっていたり、革マル派と付き合いがあったりが証明されていても、全く逮捕されていない。
    一般に国会議員の現職は政治に与える影響を考慮して、と言われますが、現職を離れていても結局逮捕されず、幸せな老後を終えているのが現状です。
    また、野党議員になると「野党は小物だから(逮捕しなくて大丈夫)」という理由で起訴も逮捕もされないのだとか。ここまで来ると、政治の混乱はないかもしれませんが、国体の危機にさらされ続けることが心配になります。いっそ職業差別と言ってもいいのではと思えます。
    果たして今議論している共謀罪が可決成立したとして、本当にちゃんと逮捕してもらえるのか。
    現状を見ていると、お目こぼしを相当されそうな気がします。
    ただでさえ、日本の司法は犯罪者に優しいので、せめてちゃんと政治犯もテロリストも権力者であってもしっかり逮捕できるよう機能してくれることを願うばかりです。

  22. 名もなきせいぎーー のコメント:

    僕らは前に進んでいくだけです。
    聖徳太子もパブコメ送った甲斐がありました。

  23. 甚三郎 のコメント:

    寛容さも場合によりけりです。
    親兄弟を殺したような相手に対しても仏になるとか、冥福を祈るという気持ちに本当になるのなら本物でしょうが、そうでないなら残念ながら偽善と言わざるを得ません。
    この岡崎とやらは日本人に甚大な害を与えました。日本人数千万人に何十年も甚大な害を与えた上なんら自省の気配すらありません。
    また死んだら悪人でも成仏するなどというのはとんでもないことです。これが事実なら現世ではどんな悪事を行なっても成仏するので問題ないというとんでもない結論になってしまいます。
    寛容というのは何にでも寛容ではなく、善悪の区別をした上で寛容にならねばなりません。法を破った人間に対し、まあいいやで済ましたらならば秩序は崩壊し法の存在意義が無くなりしかも悪がはこびる原因になります。
    相手を受け入れるのは日本人の良い特徴ですが、その場合それがどのような存在なのか一旦思考せねばなりません。全く知らない他人を毎日毎日家の中に入れ泊めてあげることなどできないでしょう。またそれをやって家の住民が殺されでもした場合他人からどう見えるか?殺人者が最も悪いのは間違い無いが野放図に家に招き入れた住民も善人ではあるが愚かな人であると言わざるを得ません。なぜなら今現在の世界では善人もいるが悪人も沢山いるということは赤ん坊以外は分かることだからです。
    話が逸れましたが個人レベルの問題ならともかく国政政治家レベルの人間の行動となると厳しい目を向けねばなりません。
    岡崎とやらに関しては今後も手を緩めることは絶対にせずこの人物のした行動は全て明らかにすべきです。死んだからといって生前の行動をうやむやにしたり手心を加えるべきではありません。寛容で優しいだけでは絶対ダメです。
    虫一匹も踏めない優しさと悪を許さない厳しさは両立できますし、しなければなりません。

  24. 鳥海山たろう のコメント:

    私も岡崎トミ子は百回くらいは批判してきた人間ですが、いざ亡くなってみると、この人間もある種の「被害者」であったという感情が湧いてきます。

    真面目な日本人は本当に大勢がやられたのです。左翼に洗脳されました。
    岡崎トミ子は高卒で東北放送に入社しているので、この放送局で思想を形成したようです。
    毎年、夏になると日本の謝罪番組を担当していたらしい。

    まあ言葉は悪いですが、原稿を読むだけのアナウンサーみたいで、ただのボンクラです。

    最初は社会党から立候補して、社会党そのまんまの政策を表明していたんでしょう。最初の立候補は朝日新聞が従軍慰安婦の捏造キャンペーンをはじめる前年くらいです。

    もちろん岡崎トミ子は死後も批判されるべきですが、もっと批判されるべき連中がほかに大勢存在するのです。
    たとえば従軍慰安婦の理論的支柱のひとりとなった東大学者の高橋哲哉など。
    今でものうのうと原発批判などをしています。

    これは吉見義明以上に最悪と思っています。
    この連中が広めた用語のひとつが「戦後責任」という用語です。

    岡崎トミ子なども、この「戦後責任」という思想に影響され、それに従って謝罪運動に加わったのです。

    戦後責任とは、「日本は東京裁判で裁かれたが、日本人みずからが日本を裁いていないので、(戦争犯罪を含めて)日本人が過去の日本を徹底的に断罪して世界に向かって謝罪すべき」というものです。

    この発想によって過去を延々と(現代の視点で)蒸し返して、果てしない糾弾をしようというものです。

    一見すると良心的な思想に見えるのですが、その実態または本質は、実に恐ろしいイデオロギーなのです。

    それを簡単に説明するのは難しいかもしれません。
    人間の「反省する心」というものに巧妙につけこんだ左翼の洗脳トリックであるからです。

    極めて悪質なのは「謝罪を肯定しない日本人」を「無責任」とか「無反省」という紋切り型の言葉で一刀両断に切り捨てたことです。

    並大抵ではない怒りをいまだに感じます。
    このイデオロギーにより、日本は「ナチスを反省したドイツ人よりも日本人は劣る」とレッテルをはりつけて世界に宣伝したのです。
    これはとにかく信じられないほど狂った発想でした。日本人がナチスを生み出したドイツよりもさらに非人道的とされたのです。

    まずは、いかに左翼こそが「自らは反省しないくせに人をおとしめる技術だけは一流である」ということを知ることが、洗脳にひっかからない方法です。

    そして、もっとも重要なのは、「戦後責任」というのを自覚させるべき対象こそが、これら異様な左翼であるということです。
    これこそが戦後責任の正しい使い方であろうと思います。

    この「戦後責任」の洗脳に踊らされた日本人は、本当にいろんなところで陰険に過去をほじくり返して、民族間の憎悪を不必要に煽って日本の外交を崩壊させました。
    結局は、あちこちに出没した共産主義学者に手玉にとられて社会を混乱させただけでした。
    おまけにメディアと組んで捏造と歪曲の常習犯でもあった。

    この罪の責任こそを、これから日本人の手によって、今後100年間は問い続けていかなければなりません。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      しょうもない修正を。
      「被害者」→「犠牲者」
      岡崎トミ子が「被害者」のわけはないですね。日本人が岡崎の政治活動の被害者でしたので。
      ただし左翼の恐ろしいイデオロギーの犠牲者であることは間違いないので「犠牲者」と書きたかったが、書き間違えて被害者と書いてしまったので直します。

  25. 憂国ばば のコメント:

    「帰化 議員」で画像検索すると
    日本会議埼玉支部が入手した「帰化人国会議員一覧」
    (國民新聞、平成23年12月25日付日曜版 
    の中に彼女の名前が入っています。
    日本を毀損し乗っ取るために帰化した他民族です。

    • 月光仮面 のコメント:

      そうだったのですか やはり日本人では無かったのですね
      帰化した人で日本人より日本人の心を持っている人も居るようですが
      はじめから 目的が 違うのでしょうね 

      私 思いますに 日本人に話をしたいです 
      先日 天皇陛下がベトナムをご訪問されました 皇室日記で詳しく報じられて
      居ました その中で 残留日本兵の話がありました それは 戦争が
      終わりましたが ベトナムの独立のために残って一緒に戦った兵隊の
      事だそうです 植民地にされていたという事は ベトナムが侵略されて
      居たという事ですね チャイナと韓国と日本の左翼が日本が侵略戦争を
      したと言いますが 日本がアジアの植民地を解放した事は明白ですね
      そして今 日本を侵略したと言うチャイナと韓国が侵略をしています
      日本人の皆様 よくよく考える必要があると思うのです ベトナムの
      残留日本兵は事実です この方たちは 英雄ではないでしょうか
      日本の志ではないでしょうか 胸をはって日本人であると世界に叫ぼうでは
      ありませんか 今から始まる 日本を守るための戦いに向けて
      立ち上がる時が来たのでは無いでしょうか。
      日本人万歳です 天皇陛下万歳です 

  26. 中韓北露 のコメント:

    中選挙区ならねぇ
    どうしても野党の受け皿議員が当選する。
    自民で出れないから野党、知事にって、沖縄もたいがいだが。
    仙台は無党派多いんでそんときそんときってのも多いけど
    郡和子、岡崎トミ子、今野東 あぁ宮城県民が攻撃されるハズだわ
    悲しい・・・。
    潮目も変わるだろうそう思って何年か。
    議員なりたいヤツが多すぎる、国県市半分でもまわるよこの国。

  27. 生野区民 2 のコメント:

    二度とこのような売国奴議員が出ない選挙態勢にしたい
    今でも民進党には、大量に売国奴がいるし党首はスパイだし救いがたい
    帰化人は被選挙権だけ、与えて選挙権は与えないとかできないものか?
    元の国籍に忠誠を誓うのではなく、選挙民が日本人だけとなれば外国に有利な動きや
    反日の行動をとる人間は、確実に落選するのだから
    地方議会からこのような事が、可能になる様に動いて欲しい
    売国議員はもうたくさん

  28. araigumanooyaji のコメント:

    “朝鮮総連と関係を持っている政治家を国家公安委員長にした責任っていうのは、これはあの菅総理と仙谷官房長官の重大な責任っていうのは、僕はこれだけで辞任に値すると思いますよ。本当は。総理大臣も含めて。”

  29. ビバーバ のコメント:

    いつも新聞ばかりですが、PCを使うようになって初めてこの欄を検索し、ものすごく感動しました。自国を貶める輩、自国を愛せない輩、それらが堂々とテレビに出て、嬉々として好きなことを放言している場面ばかりでニュース関連を避けていました。でも、日本はまだまだ捨てたものではないですね。少しばかり安心しました。

  30. オレチャン のコメント:

    いや、あの政党のネクスト法務大臣がヨシフですから。

  31. 除鮮促進委員会のじじ のコメント:

    小坪しんや 先生、貴方のぶれない信念に立脚した活躍に心から敬意を表します。さて普段から違和感を感じている事を多くの方に問いたいのです。それは岡崎トミ子や福島瑞穂らを、単に売国奴とかお花畑とか評するのはどうなの?って事です。表見的に日本人でも❶日本の現状を理解し懸念する真の日本人❷善意の人だがマスゴミ・左翼や在日特ア(鮮人ら)に騙されてる日本人❸在日特ア人や、特アからの帰化人
    売国奴とかお花畑は❷ではなかろうか?お花畑は人柄良く、薄っぺらな人道主義・博愛主義に染まり、不逞在日に血税が搾取されてる事実にも疎いが、売国奴は日本残虐論という妄想に感染し、更に発展して信念を持って国を貶める。上記2名を含む殆どの反日は❸ではないのか?お花畑等とは程遠く、彼らはミッションに忠実に行動してるだけだと思う。我々❶?は❷の方々に、事態の傍観は若い世代の見殺しと同義の旨をリレーで拡散する一方、❸の内不逞の輩は排除せねばならない。後で『憂国ばば様』ご紹介の資料を見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です