いまこそ保守の大同団結を。


今日は、田母神さん・水島さんの動きに対して、
思うところを書かせて頂きます。

タイトルは、何にしようかな、と思いました。
何案かありました。

「だから保守って疲れる」とか。
「私は、傍観ですよ、どっちもつかない」とか。
「田母神さんの一件について」とか。
「げんぱつ、はんたーい!で仲良くなれるサヨクが羨ましい日もある。」とか。

どちらかと言えば、後ろ向きの、そんなタイトルになってしまって。
それじゃいかんだろ、と思いましてこのようなタイトルにしました。

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

<スタンスの明示>
まずもって言っておきますが、私は今回の一件に深入りする気はございません。
「では書くな」と仰られそうですが、FBやTwitterなどで意見を求められる場も多く。

「我、関せず。」というスタンスについて意思表示すると共に
「どう思うか。」という意見を求められるので、一応、書いておきたいと思います。

 

<保守の大同団結を>
という呼び声は虚しく、何案か出した例より言いたいことはわかると思います。
しかし、それで絶望したり、オロオロするわけではなく。
正直、よくあること、と。
なんというか慣れてしまいました。

 

<正直、どっちでもいいし、どうでもいい。>
ひどく突き放した言い方にはなりますが、私には関係ない。
どのような意味で関係ないかと言えば、何か負荷を割くか否か、という意味であります。

皆様はコメントしたりtweetしたりでしょうが、
私の場合は、もしくはリアル組の場合、エネルギーを消費します。
時間的な負荷であったり、移動を伴えば交通費であったり。

そしてそれらのエネルギーは、有限です。
割く余力はない。

 

<優先するタスク>
外国人の扶養控除であったり。
これも改正の実施まで時間がかかりますから、発信もせねばならぬし、動きもとらねばなりません。
赤旗の問題にしても、衆院選で大きくスケジュールが狂い、現在、再計画中。
ISO26000に、テレビ朝日、北星学園の件も追及していく。
慰安婦の虚構を暴き、朝日新聞と訴訟が控え・・・。

正直、足りないんです。
お金もないし、時間もない。
くだく心も持ち合わせないし、何もかにもが足りていない。

みんな、右往左往、何をやっとるんだ?

 

<当事者以外の方々>
「大変だー!」「大変だー!」という方々もおられます。
なるほど、大変なのでしょう。
だけど俺には関係ない。
勝手にやっててくれ。

当事者は必死でしょう。
ですから、好きに頑張ればいいと思います。

だけど、取り巻きと言いますか、
当事者以外の方々はなんなのでしょうか。

よっぽど暇なのでしょうか。
だったら、すいません、いくつかタスク振ってもいいですか?
私、その暇がないんです。。。

みんな、右往左往、何をやっとるんだ?

 

<サヨクが羨ましい日もある。>
いいよね、羨ましい。
「げんぱつ、はんたーい」って言うと仲直り。
あれほど内ゲバしていても、一瞬で元通り、修復できてしまう。

しかし、保守はそうではない。
サヨクは、活動と思想が優先であり、他は後回し。
保守派、活動や思想よりも、謎のものが優先される。

指揮する立場にあることもありますが。。。
指揮官としては、「あー、サヨクの部隊のほうが、統率とれてんなぁ・・・」と羨むこともある。

みんな、右往左往、何をやっとるんだ?

 

<保守は、保守を撃つ。>
理由はわからん。
プライドや意地、なのだろう。

当事者同士において、譲れぬものがあるのだろう。
わからなくはない。
サヨクもそうだし、結果として内ゲバば行き過ぎ
死者も出している。

しかし、左翼は指揮官級同士(活動家)のみで行われ
末端というとアレだが、兵にあたる層には、伝播しない。

保守は、将の諍いも(左翼同様)兵に伝播していき
組織崩壊まで行ってしまう。

左翼のように、仲直りのための
「げんぱつ、はんたーい」的な言葉はないものか。

みんな、右往左往、何をやっとるんだ?

 

<残念ながら、よくあること。>
ネットのニュースターを装っておりましたが、
実際はそれなりに古い、ネットでの活動経験を有すること、
すでに公開してしまいましたので。。。
ネット保守の古参として述べさせて頂きます。

残念ながらよくあることです。
古くはフジデモに始まり、
ネットで「代表」とされたり、頭とされた者が
保守陣営によって撃たれる姿は往々にしてあったのです。

みんな、右往左往、何をやっとるんだ?

 

<驚いた話>
フジデモの際は、指揮官が恋に落ちた、でしたっけ。
参加者と恋仲になり、「あいつは出会い厨だ!」と。

別に誰と誰が恋に落ちようが、どうでもいいじゃないですか。
それがデモでもいいじゃない?
むしろ少子高齢化が叫ばれる中、誉めるべきだ。

しかし。
指揮官の幸せを、祝わなかった層が主流を占めた。
理由は、不純だ、というものだろう。

「裏切られた」という声もあった。
確かに、その方は裏切られたのだろう、ある意味では事実だ。
「その方が脳内に勝手に作ったイメージ」があるから裏切られたと感じるだけだ。

 

<失ったもの>
一人で重責に耐え、その際のことは覚えていないが
素顔なり個人情報をさらし、もし法的な状況にシフトすれば
責任を背負ってくれる「代表」を喪失した。

顔役を失う、
そして(みんなの代わりに)「責任を負ってくれる者」を失った。

小さな恋ぐらい、祝ってあげればいいのにね。
狭量だね。

 

<「信者」からの攻撃>
これはネットの特性もあるのでしょう。
1か0か。

物凄く持ち上げた者が、
「失望したー!!」と総攻撃をかけるのです。

今回の件ではなく、よくあること。
最初は胸も痛めましたが、なんか慣れっこになってしまって。
「あー、またか」が正直な感想でございます。
(規模は大きいですけどね。)

 

<ネットの特性>
完全なものを望みます。
目の前にある便利な箱、もしくは板。

まぁ、パソコンやタブレットのことですが、
これらのツールは0と1で動いており
人間的な揺らぎに遭遇する機械は滅多にありません。

昔のテレビみたく、叩いたら映る、なんてことは
滅多にございません。
(稀にありますが。あっても困りますが。)

ゆえに、、、と続けていいのかわかりませんが
とりあえず「完全なもの」を望みます。
潔癖症に例えてもいいのかもしれませんね。
寛容性に欠けています。

目の前にいる指揮官たちは、
マスメディアが必死にイメージ戦略を立ててくれた「偶像(アイドル)」ではなく
ただの人間なのに、です。

 

<モニターの前には人がいます。>
使い古された言葉です。
モニターの前には、人がいます。

ゆえに感情の揺らぎがあったり、とか。
主にネットユーザーを護り、擁護する場合に使われます。

しかし、ネットで祀り上げた存在。
その「ニュースター」に対しては、
人間であることを、なぜかネット世論は許容しません。

 

<「瞬間湯沸かし機」的な支援には警戒してしまう。>
多くの場合、「こんな人が!!!」
「なんと素晴らしい!!!」と。

一瞬で惚れ込んだ者が、
結果として強烈なアンチになります。

何度も見てきたので、少なくとも私は警戒しております。
そういう風になることを。

私も経験者の一人ですしね。

 

<ちょっと経験談>
・脱税疑惑
このバッシングを頂いた際は、決算を越えていないか、確定申告前だったと思います。
「申告されてない!危ないぞ!」とやられたわけですが、いえいえ、納税のしようがない時期ですよね、と。
普通の大人ならそうなるんですが、社会常識がないんでしょうね。
主婦層とかは「えー、こわい」と。
ころっと行った「信者」を見て、私は普通に呆れました。

・在日認定、創価認定、幸福認定
そんなに狐目か知りませんが、目が在日?という。。。
よくわからない理由でやられました。

あと北朝鮮系とか、帰化人とか。
いやぁ、えらい国籍が色々変わるもんだな、と。

他、幸福で創価で、と。
ひどく多神教でございます。

まぁ、よくないのかもですが、私は無宗教ですね。
徹底的に理系ということもあり、宗教がよくわからんのですよ。
バレンタインにチョコもらえば嬉しいし、正月は三社参りだし
なんだかんだでクリスマスプレゼントは楽しみだったし。
受験の前だけ神頼み、神様も呆れたことでしょう。

とりあえず宗教認定を断定で頂いた場合には
結構、厳しい対応をとらせて頂いております。

・親戚がヤクザ
暴力団として警察に認定されている親族はおりません。
一部では、その界隈の、通常の方より遥かに発言力を有した親族はおりますが。
政治的なパワーで、ですけど。

・走り屋です!
これは元でございますが、事実でございます。
なので言われる前に言ってます。

ディーラーで5年ほど、遊ばせて頂き
のち、新車設計の会社において技術職として従事。
当然、車が好きだからです。

東証一部上場企業でございますが、
どうも整備工場か何かを勘違いしている叩かれ方もしました。
(整備工場も好きですよ?今でも通いますし。)

・議員になって金儲け
叩きたい方には申し訳ありませんが、
私の前職は、徹底的なホワイトカラーでして、、、
こういう言い方は好きではないのですが
社会的なヒエラルキー的で見ても、当然、収入においても、上位でございました。

それを捨てて、政治の道を志望しており
親族一同、家族からはひどく怒られました。
可処分所得で見れば、議員になって大幅に落ちています。

<若手議員のひそひそ話>僕たちのお財布の中身。

こうありたいから、そう生きたいから、この道を選びました。
市民に訴え、選んで頂けました。
非常に有り難く思っており、付託に応えるため、精一杯がんばります。

しかしながら、「生活の糧として」とか「儲かるため」とか。
そういう批判を伺うと、正直イライラします。

厳しい言い方になりますが、少し外資っぽい動きもする大手において
それなりの学歴もありますし、サラリーマンやめなければ
同世代トップクラスの収入と、安定した人生が私にはありました。
(いろいろ思って退職したんですけどね。)

議員になって金儲けとか、就職の一環で、とか(苦笑
いまでも、民間に戻れますよ、私は。
窮してもいい、それでも政治の道を歩みたかったのです。

議員になって金儲けとか、たいしたスキルも持たぬ、よくわからぬ有象無象には言われたくない。
それらのスキルを身に着けるため、私だって必死に努力し、人生の多くの時間を研鑽に回し
当然、親の庇護もありますが、私だってやりたいことを我慢して、スキルを身に着けたのです。

安定した人生と、収入を諦め
民間より政界にチャレンジしたのです。

 

<こういう人たちの精神構造を解析>
「瞬間湯沸かし機」的な支援に身構えてしまうと書きました。
はっきり言いますが、「何もしたくない人」なんですよ。
自分が何もしたくない人が、そうなるんです。

どこかに「すごい英雄」がいたら、何もしなくても日本がよくなるでしょう?
救世主を求めているんですよ、自分が戦わなくていいだけの、救世主を。

「その人が何もしなくていい」だけの英雄が誕生することを
強く期待する。

ゆえに、強い強い期待を持つ。
「自分は何もしなくていい」という深層心理の欲求に基づき
救世主を待つ。

現れたニュースターに、過度の期待をする。
そこにある実績が「1」だとしても、「100ですよ、1000ですよ」と持ち上げる。

軽自動車を見て、300km出ると信じ込み
「なんだ!遅いじゃないか!」と怒ってるかのようです。

 

<期待を裏切る。>
しかし、当然ながら。。。
パソコンと同じように動作する、0・1の英雄などおりません。
アニメじゃございませんしね、現実とは不都合なものなのです。

よくわからぬ、根拠のない過度の期待を満たすだけの人材などおりません。
神格化とも言いましょうか、むちゃくちゃ持ち上げます。
意味不明なほど、持ち上げます。

当然、意味不明なSPECを有した救世主ではなく
そこにいるのは「普通のおっちゃん」なわけですから
期待は裏切られます、やがて。

そして気づくのです。
「(自分は)動かなくていい」と思ったのは幻想であったことに。

 

<ストレスからの逃避>
これはネットの構造にも問題があるのですが
ストレスがかかりすぎるのです。

逃げ出したいほどに。
「日本がやばい!」「滅びる!」と毎日、思っておれば
それは強い強いストレスです。

おかしくなってしまう。
危ないことは危ないが、危ない危ないと思い過ぎるのは
別の意味で、これまた危ない。

怖い、怖い、怖い。
そのストレスから解放されたい。
ゆえに救世主を求めるのでしょう。

 

<発信者側も悪い。>
「日本が危ない!」
「外国人参政権が!!」「移民が!!」

はい、まぁ、確かに危ないのです。
私も訴えておりますしね。

ただ、一部では病的というと怒られそうですが、
はっきり申し上げますと
「いやいや、そこまででもないだろ・・・。」
というものも散見されるのです。

書いてるほうもノリノリですし、
私だってそうでありますが
やってるうちに何かに憑りつかれて・・・
どんどん言葉ばかりが走るのですよ。

また、サイトによってはアクセスも欲しい。
アフィリエイトで運営しているところもある。
より激しい見出しをつけていきます。

まとめサイト側ではなく、元スレにおいて、スレ建て時にも
「一人でも多くの人に見て欲しい」「書き込みして欲しい」という思いから
かなり激しい、場合によっては実態と異なるスレタイもついています。

これら発信者側の事情により、それら全てを受け止めてしまった場合。
「あー。日本は亡びていく・・・。」「もうダメポ・・・。」となるわけです。

発信者側も悪いのです。
ここらへんの事情は、メディアが偏向していった縮図を見るかのようです。

淡々と、リテラシー向上のため、記事の読み解きをやっているのは
ここらへんにも事情があります。

 

<とりあえず、人は救世主を求める。>
そして裏切られる。
真っ白なものを求め、シミに気付く。

モンスタークレーマーのように、完璧を求めますが
それが1000万も払って新車で買ったレクサスならまだしも
普通の素人から立ち上がったばかりの人にも求める。
保証なしの中古車をタダ同然でもらったようなもので

しかも善意で譲ってもらったようなもので
なのにレクサス並みの性能と補償を求めても。。。
その方に、何かをお支払いし、何かを提供したのでしょうか?
(私が個人献金が、とっくの昔に必要な状況なのに、踏み切れない理由です。求められますからね。)

シミがあるのは当たり前、そこにいるのは、人なのですから。
過度の期待による、過度のアンチ。
神格化の行く先は、延々と続く謎のアンチです。

 

<保守を信用しないからこそ、ダーティーヒーローに。>
私は元々、変なヤツでございます。
これは事実でございますが、プライベートを含め、
人間的な部分を強く出してきました。

理由は、保守を信じていないからです。
持ち上げて、叩き落す。

だったら、最初から神格化されねばいいです。
「あいつは実は・・・」とやられる前に
「いやいや、私はもっとひどいでっせ?」と書いておくわけです。

少しシニカルに、ダーティーヒーローのように振る舞うのは。
これが理由です。
経験則から来る一種の自己防衛であり、後ろ向きな表現が許されるならば
トラウマでございましょう。

恐らく、私は誰も信じていない。
信じれば、どうなるか、それをたくさん見てきたし
体感もしているからです。
そして今、人生を賭けてる、命も賭けてる。

それでも、「信じたい」という欲求が
よくわからぬ自己矛盾として心を渦巻いておるのです。

 

<私の思い>
今回の件から随分、離れてしまいました。
とりあえず、私はどうでもいいのです。
「あー、またか」と。

当事者たちは必死でしょうから、
がんばってください、と。

どっちかに肩入れしてくれ、と言われたならば
「すいません、時間とお金がありません。」と。

限られたエネルギー。
どうせ使うなら「何かアウトプット」が出るものがいい。

無限のエネルギーがあるのであれば
私だって何か動くかもですが
時間だって皆様と同じ24時間ですし、
私生活を削りまくって動いていますし
給料だって市議は(メディアで感じているほどには)よくないんです。

よそで勝手にやってくれ、と。

 

<私の思い2>
私は基本的には自民党なのです。
だいたい、ずっとそう。

次世代の支援にまわったのは「自民時代の中山成彬先生」に、相当の御恩があり、その絡みでございます。
恭子先生が拉致被害者を取り戻した際も、自民の大臣として、でありました。
ゆえに、他党を応援しているという意識はあまり持っておらず
いうなれば、離婚してしまった両親、どっちも大事、みたいな心境です。

次世代から支援を求められれば、そう動く際もあるだろうし
当然ながら自民からのオファーがあれば動くでしょうし。

また、、、
出演させて頂けるのでしたら、チャンネル桜にも出演させて頂きたいと思っておりますし。

何か動いたからと言って「どちら陣営」とか言われても困るんですよね。
その時々、好きなように動かせて頂きます。
「結果」を出すにあたって、共に動けるものは全て同志だと思っておりますし
必死の覚悟で活動する際、使えるものはなんでも使う、でやってきました。

ゆえに、機会があれば、田母神先生とマイクを握ることもあるだろうし
同じく桜に出てくることもあるかも知れません。

それは、今回の件と(私にとっては)まったく関係ないのです。
だって疲れるんだもん、考えてると。
だから、もうどうでもいい。

 

 

 

【水島総】田母神俊雄事務所の政治資金横領事件、記者会見の嘘を暴く[桜H27/2/19]
2015/02/19
本日、政治資金の使い込みが発覚した田母神俊雄事務所が釈明の記者会見を行いましたが?、残念な事に、この期に及んで嘘と保身と責任転嫁の姿勢が露わになりました。記者会見?の模様を逐次振り返りながら、彼等がどんな嘘をついて事件を糊塗したのか、水島より具?体的に指摘させて頂きます。

確認できた新聞記事はこちら

2015年2月19日11時39分
朝日新聞

田母神氏事務所で3千万円使途不明 会計担当使い込みか

昨年2月の東京都知事選と12月の衆院選に立候補して落選した元航空幕僚長の田母神俊雄氏(66)が19日、都内で記者会見し、支援者からの寄付などで集めた政治資金約1億4千万円のうち3千万円前後が使途不明になっていると明らかにした。田母神氏は「事務所の会計担当者が使い込んだ」と説明し、「私の監督不行き届き。選挙で不正に使ったことはない」と話した。

田母神氏の説明によると、会計担当者は「都知事選後から衆院選の前にかけて、遊興費や生活費に使った」と話しているといい、田母神氏は刑事告訴を検討している。事務所は「都知事選や衆院選の人件費などについて改めて調べたが、不正な支出はなかった」と説明している。

http://www.asahi.com/articles/ASH2M3C3FH2MUTIL003.html

 

2月19日 13時33分
NHK

田母神氏「会計責任者が政治資金私的流用」

元航空幕僚長で、去年の東京都知事選挙や衆議院選挙に立候補して落選した次世代の党の田母神俊雄氏は19日、記者会見を開き、政治団体の会計責任者が政治資金およそ3000万円を飲食店などで私的に流用していたとして弁済を求めていることを明らかにしました。

田母神氏によりますと、政治資金の流用があったのは、田母神氏が代表を務める資金管理団体で、会計責任者の男性が政治資金およそ3000万円を私的に使っていたことが今月に入って分かったということです。
この団体には、支援者からの寄付などでおよそ1億2000万円の政治資金が集まっていたということで、会計責任者は預金口座から多いときで50万円ほどを引き出してはクラブなどの飲食店で使っていたということです。
会計責任者は政治資金の流用を認めているということで、田母神氏は弁済するよう求めています。
田母神氏は、「私の監督不行き届きによって、皆様からご寄付を頂いた政治資金の一部が私的に流用されてしまい誠に申し訳なく思っております。
本人からの弁済がない場合は、刑事告訴せざるを得ない」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150219/k10015579311000.html

 

<お金の問題について>
当然、重要なことでございます。
特にこの世界においては。

私も、もうあんまりにもきついので、個人献金を受け付けようかと思っていました。
先ほどもサーバーを一旦とめてしまいご心配をおかけしましたが
ブログを設置しているサーバーが安価すぎて(当時はこんなことになるとは思ってませんでした)
性能的にはお引越しせねばならんのです。

ただ、本件を鑑みるまでもなく。
政治と金は、あまりに厳しすぎて。。。
もう現職の議員であっても、よくわからんことがたくさんあるのです。

 

<個人献金を受けたとして。>
実は、市議の場合、活動費に回すことができません。
交通費や宿泊費に充てることができず、受けたところで活動費が大幅に増やせるわけではないのです。

現在、本来は経費として認められるべきものも私費で賄っております。
というよりも、ほとんどの活動が私費です。

経費として落とせそうなものが、一部、私費から浮きますので、、、
「もっと、全額、私費を投入できる」以上の効果はないのです。

本当は、人件費に充当できますから、事務所の事務能力をなんとかしたいのですけどね。
個人献金を受けたとして、こんなルールがあるなんて、恐らく皆様はご存じなかったのではないでしょうか。

 

<事務能力の問題>
使い込みはあったのでしょう。
認めてますし。どうでもいいですが。

ただ、根源的な問題は「事務能力」でしょう。
支出ひとつとっても、あれが通る、これが通らない、があります。
それらの知識は、大きな政党でないと無理です。
経験もですし、マンパワー的にも。

歴史の新しい党で、大型選挙を何度かやれば
恐らく領収書があわない。

知識不足と、事務能力の不足に起因するものです。
そして、領収書が不足した分は、
計上できませんから、被るしかなくなる。

恐らく答えはそんなとこにあって。
それが事実かどうかは知りませんが、実態とはかけ離れてはおらんと思います。

 

<保守全体の問題>
これは擁護ではないのです。
問題提起と思ってください。

これらの、リアルでの知識不足、マンパワー不足は、本当に深刻です。
今後も、保守を足掛かりに羽ばたこうとする者たちは
同じようなミスを起こし、同じように叩き落され
持ち上げた者にボロボロにされ

ただでさえ人が少ないのに
前線から人が消えて行き

何も許容せず、寛容性を失い
あれが悪い、これが悪いと繰り返し
残された前線指揮官の私は、タスクばかりが増えていき
「あー、なんか仕事が増えてる。」と嘆き

「誰か、、、手伝ってくれんよね?」と苦笑いしつつも
そんな簡単なことはしておりませんし
何よりリスクを背負える者が、恐らくはおらず

やせ細る戦線において、孤軍奮闘を続けるのでしょう。
そしてやがては、私も撃墜され
戦線は食い破られるのだろう。

うん、わかってる。
それでもね、俺はここで戦おうと思ってる。

そういう思いで生きてる私にね
「どう思いますか?」って問われてもね
「どうでもいいですよ?」しか返事のしようがないんですわ。

当事者に関しては、必死でしょうから、どちらも頑張ってください、と。
周りでワーワー言ってる方に対しては、そんなに暇ですか?と。

本当は「保守の大同団結を!」と言いたいのですが
破れる期待であるならば、もう口にしたくもないんだよ。

だけどね、それでも。
タイトルを、「保守の大同団結を」にしたんだ。
本当は、信じたいから。

みんな、右往左往、何をやっとるんだ?
これが私の本心。

そして、山積したタスクを見て
茫然としているところ、です。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

59 Responses to いまこそ保守の大同団結を。

  1. JL のコメント:

    ハリーポッターが爆発的に人気を博したのも、理由の一つはそのようなところにあるんじゃないのかなと個人的には思っています。
    しかし、世の中はいつか急に問題が解決するわけじゃないんですよね。
    保守は地味で根気がいる、と教えてくれた人がいます。
    毎日コツコツ、少しずつ、それしか方法がないんですよね。

    がんばりましょ♪

  2. 七子 のコメント:

    その何か色々のゴチャゴチャの事は何やかんや有るんでしょうから分かりませんが、思ったのは何でT都のM氏のリコール運動が準備されるという話が持ち上がって来たこの時期にそんな記事?とは思いました。そう言う事なら、じゃ取りあえず先に潰しておくかというふうで。独りよがりなんですが、こんなに世界のあちこちでテロが起きている昨今、オリンピックのある東京の安全を守るには、こんなに適格な人はいないと自民党が今度こそ推してくれれば田母神氏は有りうるかもと思い始めていたものですから、、、。いや、まだ統一地方選の為にリコールは始まってさえいないのに。

  3. 櫻盛居士 のコメント:

    理由は、保守を信じていないからです。

    今から記述する事柄は危機管理の基本である『想定は悲観的に、対処は楽観的に』に沿って、極めて邪推したものです。

    東京では、舛添東京都知事のリコール活動が開始出来る時期に至りました。

    現舛添東京都知事と都知事選で争ったのが、田母神氏です。
    舛添陣営(舛添陣営だけに限らず、反日勢力も含め)からすれば、リコール運動の象徴を作り出すのは避けたい所でしょう。

    随分、タイミング良く不正が発覚したものです。

    ネットの中では、似非保守が発覚すれば容赦無い討伐行為を浴びせられますが、現実社会では一度似非保守を紛れ込ませて信認してしまうと、これを覆す事が非常な苦痛を伴うものとなります。

    その意味から言って、保守を信じ無い事は決して悪い事ではありません。
    勿論、リアル社会は人間同士の繋がりですから、不信感を持つ者同士では成り立ちません。

    ならば、利害の一致で利用し合えば良いのです。

    実は、サヨクは利用し合うのが非常に上手なのです。
    普段は内ケバで争ってばかりの連中に見えますが、反日と言う目的の下ではそれぞれの思惑が一致する為に、互いに利用し合う事での一致団結力は半端ではありません。

    その応用が、日常生活に於ける経済活動に活用されており、サヨクは地方活動員の上京交通費を工面する位の経済力は確保して居ます。

    保守層は互いの信頼を重要視し精神性に依存する傾向が強い事は、ワザワザここに私が記述する必要が無い程、誰もが口に出さないだけで気付いている事ではないかと推測しております。

    ある程度は、保守もビジネスと割り切って利害で協力する方法もアリと言えばアリだと考えております。

    例えば日本国憲法の改正を目指す勢力は、大きく分けて憲法改正派と憲法破棄派に分かれます。
    この2つの勢力は、互いに現憲法は問題が多すぎて変更は余儀無いものと認識しているのですが、その方法論で互いに敵視するに至る事さえあるのが現状です。

    私個人的には、日本を取り巻く環境が改憲を余儀なくされた状況であったとは言え、仮にも昭和21年に先帝にあらせられた昭和天皇の御名御璽を以って、改憲の形式をとった憲法ですから改正が妥当と考えております。
    しかしながら、再び今上天皇を危機に陥れる状況に至るのであれば、問答無用で現憲法を破棄すべきと考えております。

    つまり、当り前の憲法に改善出来るなら、その方法はどちらでも良い訳です。

    ですから、憲法改正派は改正の方向で、憲法破棄派は破棄の方向で進軍し、先に攻撃目標に達した者から陥落させれば良いと考えています。
    もっと裏を言えば、憲法破棄派が先に到達した場合は、後から合流し破棄とも改憲とも明確に無いまま憲法変更に踏み切っても構わないと考えているのです。

    ぶっちゃけ、日本があるべき憲法を戴ける状況こそが大切なのです。

    そう言った意味で、お互いを利用し合う事は決して悪くは無いと考えます。

    今回、田母神氏は脇が甘かったですね。

    我々は、我が国日本の未来と言う利害で一致するのも、悪くは無いでしょう。

  4. yu-ta のコメント:

    日頃の激務、お疲れ様でございます。

    私の勝手な想いですが、
    私は小坪さんをヒーローとして崇拝しようとしているわけではなく、
    かなり言い方は悪いですが「利用させて頂いている」という認識です。

    私が小坪さんと同じ想いの意見や行動については後押しをさせて頂きますが、
    違う場合はご協力出来かねます。
    ただ、協力は出来ませんが叩くことをしようとは思っていません。
    (幸いにして、今のところ後方支援させて頂きたいご意見、行動ばかりですが。)

    見返してみましたが、何だか偉そうな文章ですね。。。
    スミマセン。

    とにかくお伝えしたかったのは、
    小坪さんの思う通りに動いて下さいということと、
    賛同できるものについては後方支援させて頂きますということと、
    お体ご自愛くださいということです。

    お目汚し、失礼致しました。

    • じた のコメント:

      左翼が一致団結する(ように見える)のは、
      彼らの行動の基本が「他人を利用する・使い捨てにする」だからですね。
      だから、自分の利になるなら加わる。終わればポイ。
      前後は関係ない。非常に朝鮮文化的でもある。

      右翼は、行動の前に信用を求める。
      信用できない人にホイホイついていくのは馬鹿だけど、
      「何が自分の得になるか」の損得勘定より、
      好きか嫌いかの感情が優先されてしまい、結果、
      役に立つものでも自分から捨ててしまう。
      そういう意味では朝鮮文化のウリナム論にも似てる。
      自分と同一になれないものは敵!という。

      まぁどちらも朝鮮人みたいなことはやめなよ、っつー。

      あと、大キャンペーン張って煽ってる人たちが居るみたいなので、
      何かから目をそらしたいのかもしれませんね。

  5. 鬼に成りたい のコメント:

    保守というかそもそも人間を信じてはいけないのかも知れません。

    私も信じていた部活の仲間に裏切られ7%のや熱傷を負い、信じていた部活の顧問や部長に隠蔽されたことがあります。

    それまで、神のように敬ってました。たとえ理不尽に暴行されても神のように敬ってました。

    今回の動きはこれに似てるかも知れません。

    • 鬼に成りたい のコメント:

      追伸)
      信者がアンチに変わる瞬間の例として自信の体験を出させていただきましたが。

      今回の小坪先生の記事の趣意は知識不足とマンパワーの問題ですね。

      素人の有象無象がどんなに頑張っても入り込める場所でないことが良く分かりました。

  6. PC21JDATA のコメント:

    頻繁に拝見しておりますが、更新された時に、メールで更新通知のシステムがあると助かるのですが、有りますか?

  7. 日本丸 のコメント:

     お早うございます。小坪さんは嫌がるかと思いますが、ブログを見始めてからすごい人が現れたなと思いました。世も末の日本に現れるべくして現れた人だと感じました。頑張っていらっしゃる姿に感心します。私も、ISの問題ではどじを踏んでしまいましたが、保守系の方たちは寛大で、私が長く統合失調症患者だった過去を知っているから、そのことにあまり気にしていらっしゃらないのが却って私にはこたえました。生命エネルギー波及療法などは本当に保守系の方々の体と頭を鍛え、毎日の日本再生の活動を支える特効薬として御先祖様が授けてくださった優れた治療法であり、心身の鍛錬法なのだと実感しています。古代日本の神事である日抱きの御魂鎮めから来ている修行法でもあります。からだ強くなれ、健康になれ、病気治れ、などの言葉を念じるとそのとおりになります。やってみてください。六次元理論という難しい理論を理解しなければ強い力と効果が出ませんが、一心不乱に念じると絶大な効果があり、僅か二年半で34年間の統合失調症が治ってしまうだけの力があるのです。とにかく正しい目的であればその言葉通りになる意識のエネルギーを利用するやり方です。言霊信仰は科学的な根拠を持っているのです。腕立て腹筋などをして体を鍛えながらします。
     保守派が四分五裂になっている現状を私も心配しています。みんな外国の手先になっている人たちと戦う毎日であり、疑心暗鬼になり、仰るようにプライドの高い方たちばかりなのでそうなるのだと思います。学歴や地位というつまらない尺度で、保守派らしくない判断基準で人を見ているから、そうなるのでしょう。それに左翼の馬鹿たち、とりわけ共産党の支持者たちが学歴や社会的地位のない愚民大衆なので彼らに対して軽蔑と侮蔑の気持ちを持つ保守派の人たちが、かれらと関係ない庶民をも見下してしまうことも原因だと思います。庶民は案外賢いことを私は毎日経験しています。庶民は確かに馬鹿ですが、彼らの生活の智慧を拝借し、私たちも学んで、彼らに正しい知識を伝えていけば、高学歴の左翼の人たちより容易に使える人材にできます。生活の智慧があるし、プライドがないだけ素直に人の話を聞いてくれます。
     救世主を求め、白黒はっきりとさせなければ気がすまない、自分は何もしないのに人に過度に期待する、などはキリスト教の影響だと思います。他律的な生き方になっている典型です。毎日こつこつと働き自律的な生き方をしている日本人にするためには時間と労力がいりますので、放っておくしかないです。上述の健康法で毎日の激務を乗り切ってください。ともに頑張りましょう。

  8. ダンボ のコメント:

    昔、小坪さんの街頭演説を聞いた事があります。
    ショッピングセンターの喫煙所で遠目に見ただけですが、
    誰も立ち止まっていない中、若者の雇用について話をしていました。

    なんとなく口先だけでないような気がして、少しでも自分達の事を考えてくれる政治家いるのかと、ただただ嬉しかったです。

    神格化するつもりもありませんし、ブログ読み辛いと思ってるし、走り屋は正直嫌い(走り屋と事故りかけたので)ですが、本当に嬉しかったので、「げんぱつ、はんたーい、自衛隊、はんたーい」など、よほどの方向変換がない限り出来る限りの応援をしたいと思います。

  9. 巻線 のコメント:

    いつもお疲れ様です。
    毎日ブログを拝見させていただいております。

    今回の件も、小坪さんらしい考えだなと思いました。実際は私も同意見です。どうでもいい。
    でも田母神さんにはまだ頑張ってほしいので、今後も見守りたいと思います。

    しかし、保守というのは根気が必要ですね(^^;
    確かに少数派で頑張らなければならない。
    でも、それでも私は日本が好きなので、今後も自分の出来ることをやっていきます。
    毎日応援クリックという、小さな支援しか出来ませんが、今後も頑張って下さい。応援してます。
    これからも、小坪さんらしいブログを楽しみにしてます。

    まだまだ寒い日が続いてます。どうか無理をせずに、お身体ご自愛下さい。

  10. のコメント:

    「みんな 右往左往 何をやっているんだ?」
    この?が、!でないところに、私は、敬意を表します。
    反省すべきは、反省して、前進あるのみだと思うのですが?

    ところで、一昨日の、参議院本会議での中山恭子先生の代表質問、素晴らしかったですね。先生の真摯なお姿、簡潔、かつ、濃いその内容に、先生が、質問を終えられたとき、私は、思わず拍手をしておりました。後で、動画で再見しましたが、先生は、10分という短い質問時間を急がれることもなく、9分50秒に見事にまとめておられました。その中山恭子先生が、本日、福岡にいらっしゃるのですよね。ぜひ、お話を伺いたいです。

  11. 生野区民 2 のコメント:

    田母神さんには、頑張ってほしいと思う
    水島さんは何で些細な事に目くじらを立てるんだろうと思う
    左翼や在日は平気で捏造や嘘、やくざを使っての言論団結をするんだから
    田母神さんは中核になれる人間なんで、多少は目を瞑って団結して欲しい
    昨日のネットの動きは、まってましたとばかりの在日の保守に成り済ました
    田母神さん攻撃があった、それも水島さんを踏み台にしてあの水島さんが言うんだから
    田母神はけしからんと、東京都知事は2.5億政治資金を横領して、姉を生活保護にかけ
    都民の税金で敵国に貢ごうとしてるではないか
    つまらぬ事をしないで、敵を利する行為は謹んで欲しい

  12. まかせておくんなまし のコメント:

    ぜんぜん関係ない話かも知れませんが

    私、子供向け番組で結構嫌いなもの多いんですよね。
    聖霊、モンスター、ロボットなどが闘うストーリーで、主人公は後ろで安全なところから命令を出すやつとか・・・。

    古くからあるヒーロー物はまだ主人公が矢面に立って傷つきながら、闘う意味を自問自答しながらもがく姿が見えるんで良いのですが・・・。

    こうして見ると、子供の頃から自然に「自分は安全地帯から号令をかけるポジション」に慣れ親しんでるなと、刷り込み教育されちゃってるなと思います。
    これでは、現実の世ではいつも誰かを頼って、自分の代わりに闘って正義を成してくれる人を探すことに終始するのではないのかな?と・・・考えすぎでしょうか。

    自分の子供がテレビ見てるとき「主人公は卑怯な人間だと思わないか?」と問題提起をしておきました。当然今は理解できませんがね。
    子供たちが真実から目をそらさず、苦しいこと、辛いことにも立ち向かっていけるようになって欲しい、という願いを込めてです。
    彼らがどんな答えを導きだすのかは、親の責任でもあると思っています。

    • MAZDA のコメント:

      日頃TVの洗脳に対して気をつけているのですが、このご意見には感心致しました。ありがとうございます。

  13. Masa のコメント:

    リスクを冒してでも、日本のため、地域のため、ご自身の信念の為に動ける小坪市議をますます尊敬申し上げます。(勿論、市議も人間だと理解してますので、プレッシャーに思わないで頂けると嬉しいです。)

    田母神さん・・・この状況を上手く打破して知名度をより上げて欲しいですが、果たして・・・。
    ・・・とはいえ、自分は、リスクを恐れてリアルでは活動できない人間というのを自覚しており、それならばせめて個人献金位はと思い、都知事選の時に3万円振り込んだので、使い込みした会計責任者に対しては内心ハラワタの煮えくり返る思いでおります(涙

    まぁ、文句を言うなら、自分が田母神さんの支援組織に入り、組織の脆弱な所や問題になりそうな事を潰せば良かっただけの事とも思っています。リアルで動けない人間に、味方の保守陣営を批判したり文句を言う権利は無い。その点を改めて自覚出来たエントリでしたっ!

    日本は、古来より共通の外敵には一致団結して戦い、歴史上何度も奇跡を起こしてきた国なのです。保守の大同団結は、絶対に「できます」。

    ただ、多くの人の考えが成熟し、共通認識になるまでちょっと時間がかかっているだけです。
    「知」のSECIモデル(セキモデル)の概念を知っていると、小坪市議が当ブログで「形式知」として「表出化」「連結化」する事により、時間差で多くの人の「暗黙知」に定着していくはずですから・・・。

    小坪市議の活動には「意味がある」し、必ず「成果」に繋がります。

    (参考)SECIモデル
    ttp://www.itmedia.co.jp/im/articles/0501/19/news128.html

  14. 若葉 のコメント:

    保守はなんでこんなに脆弱なんでしょうね。
    協力すべきところは協力すればいいのに。
    この事態が発覚したとき私は呆れてしまいました。
    左翼がうらやましい気持ちわかります。

    それでも行動しなきゃあいつらの思う壺ですから、がんばりますけどね。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      『プロ市民』と言う言葉がある様に、サヨクは反日活動を商品化し職業として選択出来る所までに発展させています。
      ですから、あれだけ内ケバで争っていても反日ビジネスに於ける、侮日プロジェクト等ではビジネスとして割切り、互いに利用し合う事によってプロジェクトを推進し続ける事が可能なのです。

      所謂『事業継続性』に於いて、サヨクは保守に秀でている訳です。

      ここが保守の弱点だと、私は解析しております。

  15. 都民のおばさん のコメント:

    「何を右往左往しているんだ?」
    この一言でやはり小坪議員は物事の本質を良く考えておられる、そう思いました。
    私も同意見です。何で田母神さんの恋人問題、金銭問題でそんなに騒ぐのかと、思う。私も都知事戦の時に献金させていただいたので、それは少し驚きました。しかし、彼の愛国心、そして、政治家が今まで米国怖さにが言えなかったことを敢えて提起するその姿勢に支援をしたのであって、人間だからそれはいろいろあろううな、、、という程度のものとしか考えていません。彼には、これを契機にまた、立て直していただき、日本のために戦ってほしいと願うものです。保守は、なぜかくも信念がないのだと残念に思う。しかし、今日の貴殿のブログを読み、「神格化」という言葉で理解できました。所詮どんなにがんばっても人間は人間。神のように完璧にはなれないものです。だからこそ人生、面白いと、私は考えます。
    私はこれからも各保守系の方々を支援し、自分にできることはやっていくつもりです。
    いつも、深く考えさせられるご意見の発信と具体的な行動の報告を楽しみに読ませていただいております。ありがとうございます。

  16. 七帆 のコメント:

    「保守」を自称される方々の「保守」の定義がいまいちよくわからないので
    自分のスタンスを表す言葉を見つけられずにいます。
    反日サヨク許すまじ!とまあ、あとは礼儀知らずサンとかマナー違反サンとか自意識過剰サンが減ってくれたらいいのになーと思ってる位。人のふり見て我がふり直せがモットーです。

    特定の人物に心酔しない。崇拝しない。
    敵を見誤らないように、怪しげな情報に踊らされないように。小坪市議のブログも参考にさせていただいております。日々更新有り難うございます。
    小坪市議には本当に申し訳ないのですが、私も普段は箱や板の前でぽちぽちカチカチするだけの人間です。お役に立てることがあるならしたいのですが、身内の職業の関係上無防備に飛び回ることもできず、ツイッターでの記事の拡散が関の山。あとは小坪市議のご健康をひたすら祈り続けるのみ。
    でも、そうですね、右往左往するのは良くないですね。敵の思うツボ。ブレちゃダメだブレちゃダメだ。
    ただ、今回のことを受けて、朝日新聞の集団訴訟の件、委任状準備までしましたが少々ためらっております…。うーん。ここはやはり頭数になっておくべきか…

  17. 遠藤昭江 のコメント:

    最近思うんですが、初めから100パーセントを求めることが無理だと思うんです。正義だって、保守だって完全なんてないでしょ。それぞれに求めるところがちがうんですから。100に近ずくように応援していけばいいんじゃないでしょうかね。
    年をとってきて60〜70あればよしとすることにしました。田母神さんや水島さんを応援している立場からすると全てお二人と意見が合うわけではないけど、頑張ってほしいと思っていることには違いないし。ただ自分が応援した人物は悪い事が出てきても本当はどうかなと思って色々な意見を見ることにしています。
    宗教に関していえば、何処かで聞いたのですが、日本人は無宗教ではなく日本教なのではないかと、神様、仏様、キリスト様、自然の神何にでも祈り、現実主義者でもある。戒律の厳しいものは日本流にして緩くしてしまう。だから戒律の厳しいものと日本教は相反する。無宗教なのではなくて日本教なのではないかと。外国からすれば日本とは不思議にうつるはずですね。
    保守にどっぷりつかると疲れが半端じゃないです。友達にも引かれるし。それでたどり着いたのが60〜70の満足でした。

  18. Augusta のコメント:

    私は理想を掲げて保守やってるわけではなく。
    最初は、サヨクが余りにバカで滑稽なので茶化していただけです。
    その根底にあるのは、売国は亡国につながるという考え。

    身近にいるじゃないですか。在日朝鮮人という亡国の連中が。
    ああなりたいんですかね?

    サヨク寄りの人間の大多数は「その方が得だから」という理由です。
    政治に期待するのは、この前提をひっくり返す事です。戦後数十年、膨大な政治の積み上げの結果、現在の状況があります。その途方もなさゆえに、歴代の政治家がお茶を濁してきた事も理解できます。そして、それをやろうとしているからこそ、安倍首相は偉大です。

    状況は変化しています。ひっくり返すまではいきませんが。
    小坪先生、歴史を語るのは生き残った人間です。バンザイ特攻はやめてください。

    • Augusta のコメント:

      あ、保守とかいうと真正保守から怒られそうなんで。
      これからはネトウヨを名乗ります(笑)

  19. ピンバック: いまこそ保守の大同団結を。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員 - メンズファッションの人気ニュースサイト

  20. ふう のコメント:

    「悪」は、目的のためなら平気で人を殺します。

    一方「善」は、目的のためであっても殺人を犯したりはしません。

    そういう面で、迷いのない「悪」は団結しやすいですが、
    「善」はさまざまな葛藤が入り乱れて、一つになれないことが多いのだと思います。

    私は、それでいいと思います。
    それが人間らしさだと感じます。

    これから集団訴訟・集団通報が始まりますが、私はそれに期待しています。
    事務的な団結ですが、
    多くの人が集まって「悪」を倒すという成功体験を何度も経験すれば、
    絆がどんどん深まっていくのではないでしょうか。

    団結の一番の近道は、成功体験の積み重ねだと思います。

  21. ミロクの世へ のコメント:

    小坪市議、ブログ更新、本当に有り難うございます。

    >その時々、好きなように動かせて頂きます。
    >「結果」を出すにあたって、共に動け>るものは全て同志だと思っておりますし
    >必死の覚悟で活動する際、使えるものはなんでも使う、でやってきました。

    そのお考えで、今後とも、「前線指揮官」として戦っていた頂けたら、有り難いです。私には些細な後方支援しかできませんが、日本を守りたいとの思いは、このブログを応援されている方々と同じです。

    >やせ細る戦線において、孤軍奮闘を続けるのでしょう。
    >そしてやがては、私も撃墜され 戦線は食い破られるのだろう。

    それでも、前に出ろうという小坪市議のお姿に、心を動かされます。涙を禁じ得ません。へなちょこパンチしか繰り出せませんが、へなちょこパンチでも継続すれば、多少なりとも貢献できるかもしれません。

    • ミロクの世へ のコメント:

      すみません。私には、「へなちょこパンチしか繰り出せませんが、へなちょこパンチでも継続すれば、多少なりとも貢献できるかもしれません。」です。

      >リアルでの知識不足、マンパワー不足は、本当に深刻です。

      それなりのスタッフがいないと、難しいのですね。
      田母神さんは、必要だと思いますので、見守っていきたいです。

  22. naga のコメント:

    コメント欄を見ていていちばん深くうなずけたのが、櫻盛居士さんの「理由は、保守を信じていないからです」でした。まあ、私の場合はそれ以上に「自分自身を信じていないからです」という感じですが(苦笑)

    軽口はさておき、やはり信用できるのは顔の見える誰かです。匿名で言いたい放題言って溜飲を下げたいだけの人ではありません。
    何年もの間ネットで政治発言を続けてきましたが、HNは使っていても個人として特定されていたはずなので、今回の小坪さんの文章はとても同感できました。

    今後のご活躍に期待しています。がんばってください!

    • 櫻盛居士 のコメント:

      小生の長々とした文章をお読み頂き、誠に有難う御座います。
      世の中を動かしているのは紛れも無くリアル社会の人間ですので、良くも悪くも現実社会の繋がりの方が信用出来るのは当然ですね。

      しかし、現実社会もネット社会もそれぞれ一長一短がありますので、こちらも使い分けするのが得策だと考えております。

      軍の戦闘にしても、正々堂々と大人数で敵を威嚇し派手な戦闘を繰り広げる部隊と、敵から見えない様に少人数で密かに敵に近付き障害を排除する部隊に分かれています。
      現実社会は前者、ネット社会は後者に例えられるのではないでしょうか。
      これを取り違えると、当然玉砕決定です。
      大人数で敵地に密かに近付こうとしても気付かれて敵の手の内に嵌るでしょうし、少人数で敵を威嚇しようとも返討に遭うだけですので。

      最も効率の良い方法を適時適所に用いて、少しでも楽に目的を達成する為に良く言えば協力、悪く言えば利用し合えば良いのだと考えております。

      • naga のコメント:

        以前残したコメントに返信がついていたことには気がついていたのですが、なかなか反応できずにいました。こちらこそありがとうございます。
        協力もしくは利用が必要なのは痛感しております…

        ところで、櫻盛居士さんはブログはやっていないのでしょうか?もしお持りでしたらそちらを拝見したいのですが。

  23. aジージ のコメント:

    仕切れる人がいればと思うんだ
    私利私欲はしょうがない
    完璧なんてありゃしない

  24. たろう のコメント:

    記者会見を見ましたが、あまりに田母神氏が当時の関係者の認識と大きくずれているのであれば、ひょっとして大きな勘違い(人の冗談を真に受けたり逆の解釈をする)とか、一時的に認知症状態になっていた可能性はないでしょうか。しっかりとした年輩の人が急に嘘つきに見えてきたとき、それは病気の発症であったという例を過去に何度か聞いたことあります。

    • 風魔小太郎 のコメント:

      以前、田母神氏の動画をYouYubeで見ていたとき、ご本人は、「55歳のとき、頭をあける8時間の手術」を受けたと講演会でおっしゃっていました。
      腫瘍がみつかったとのことでした。

      その手術の影響は関係がないのかな、と思った次第です。

      実際はどうであるかは、私にはわかりませんが、たろうさんの認知症のご指摘をされていらっしゃったので、補足のコメントをさせていただきました。

  25. しずく のコメント:

    今回のことで1つ良かったことがあるとすれば、
    思ってたより田母神さんへの寄付が、
    たくさん集まってたこと(を知ることができた)です。
    それほど裕福でない家計から、少しばかり寄付もさせていただきましたが、
    選挙にはお金がかかるし、選挙の間隔が短かったので、
    それこそ身銭を切ったり借金したりしてないかと心配でした。
    だから保守でもお金が集まるようになってきたのかな?と、
    ホッとするとともに少し嬉しかったです。
    これからも桜も田母神さんも応援して行きたいです。
    もちろん小坪議員も応援してます。
    どうかご自愛してくださいね。

  26. たろう のコメント:

    これからネット選挙の時代に突入しますので小坪先生への注目はますます上がっていくと思います。小坪氏を見習って政治家を志すような愛国心ある日本人が全国からひとりでも多くでてくることを祈っています。そのためには今まで通りに、背伸びせず等身大の姿を見せるだけで良いのではと思います。
    個人的意見ですが、実は下記のような政治家はあまり信用できないと思う。
    ・常に「自分は保守である」というようなことを言う。(保守は中立的な思考ではないと宣言しているようなもので逆に「保守」の値打ちを下げているように見える。中立公正な思考の結果として保守になるのは良いが、最初から保守前提は何か脆弱に感じる。また自国の歴史や伝統を愛するのに保守と前置きをおく必要はまったくない)
    ・たとえば慰安婦問題など特定トピックにはずばぬけて深いが、政治経済全般の教養や思考力が弱い。(政治家の基本的役割は基本的に広く民衆を幸福にすることです。そういう意思があれば猛烈に勉強するはず。その土台の上に特定問題への対策能力がある)
    私は日本のマスコミなど一切信用していないので、政治家はマスコミに翻弄されないで頑張ってほしいです。日本の政治の資金規制は世界の動向からみて標準的なのでしょうか。素人からするとじゃっかん神経質なように思える。社内食堂で2000円のカレーを食べながら1500円のカレーを食べる政治家を笑い、くさるほど遊興費を使い込みながら、政治資金はどうのと講釈をたれるマスコミはヘドがでる)
    素人ながら、本質的でない事務処理に過大に負荷がかかるのであれば、それはなにかがおかしくて今後改善いくべき気がします。
    また、よくわからない世界ですが、政治家のブログでアクセスを増やせばアフリェイト広告なので政治資金を一部でも稼げるような時代がくればいいと思います。

  27. 向日葵 のコメント:

    小坪さん…まぁ、少し肩の力を抜きなよ。誰もあんたをレクサスだなんて思ってねぇし、救世主だなんても思ってねぇからさ。言いたい奴には言わせときゃいいのよ。ネットの中の人間なんてどーせ画面の中でしかケンカ出来ねぇ、言葉攻めの大好きなドMのような、本当は気が弱くて暗い奴らばかりなんだから。

    だから「救世主」を求め、いざそれらしき人間が現れりゃ短絡的に盛り上がり、つるんで持ち上げんのさ。そんで直ぐに結果を求めたがる。んで、テメーらは何をしたかっつーと…高みの見物で何一つ動きゃしねぇのよ。

    勿論全てがそうだなんて言わねぇけど、ネット民とやらはそんなんばっかじゃねぇの?いざって時にゃ全く頼りにならねぇよ。あ、いざって時っつーのは「殴り合い」の時とかね。

    だからシカトしときゃいい。反論したい気持ちもそりゃ良く分かる。でも今のあなたにはその時間すら勿体無いでしょ。

    だからシカトしときゃいい。イライラするから今回の記事みたいに愚痴っぽくなるの。赤提灯でやるならまだしも、記事で発信すんのは良くねぇよ。覚悟があって、安定した環境を捨ててまでその世界に入ったっつーんなら尚更だぜ。

    嫌なら辞めればいいのさ。車好きの気のイイおもしれーあんちゃんに戻ればいい。誰も文句は言わねぇよ。

    でも覚悟があるってんなら黙って貫いて欲しい。俺も含め、みぃ?んなそれぞれの覚悟を持って愛する家族の為、自分の為に一生懸命日々働いているんだ。家族が危なかったら身体を張って命をかけて守るんだよ。そーゆーもんだよ。

    なぁ小坪さん。
    赤旗一本に戻ったらどーだい?
    無理しねーでさ。少し頭ん中整理してさ。

    偉そうに聞こえたかも知れねぇけど、かんべんな。俺も昔から古い単車や車が好きでさ。小坪さんを見てて「おもしれーあんちゃんだなぁ」って思ってたんだよ。だからポシャらねぇで欲しいのよ。

    ランキングで上位になって少しフワフワしちまったってのも事実だろ?

    だからよ、少し力抜いて無理しねーでさ。まだまだこれからなんだぜ?保守とかなんとか、右とか左とか、関係ねぇよなぁ……くだらねぇ。

    身体壊さねぇようにな。身体壊したらなんにもならねぇからさ。

  28. 奈良市 のコメント:

    継続は力なり、です。政治は難しい。誰を支持するか、個人の自由。細かいことより、国を思う気持ちが大事。私はその時その時で、選択させてもらいます。政治、ネット等興味なかったけど、この三年でここまできました。周りは、右翼左翼なにそれ、そんな人間ばかり・・・。それだけ平和なんでしょう。ただ、嘘をたれながすマスコミに対して昔のようには黙っていません。声をあげる、これ重要ですよね。よその国の人が何をいようが勝手にどうぞですが、反日な日本人だけは許せません。負けませんよ。

  29. AG のコメント:

    既存真性保守政党を解体せよ

    いまこそ保守の大同団結を。
    <サヨクが羨ましい日もある。>
    あれほど内ゲバしていても「げんぱつ、はんたーい」って言うと仲直り。

    さて、ここで言う「保守」とはどの範囲を言うのだろうか?
    ネットでくだらない事を書き散らかす所謂ネヨウヨさえその範囲と考えているのだろうか?
    それは分らないが、そうであればそれは区別した方が良いだろう。
    何れ保守の足を引っ張る要因と成ることは見えているから。

    次に、日本型サヨクの志向性とは「反日」、「反国家」、「反軍」などですが、その元にあるのが『自虐史観』であり、そこに連動した具体的な運動の表れが「護憲・憲法九条護持」です。
    それでもサヨクにも若干の意見の相違はあるようで、その一つが「原発反対」ではないでしょうか。「原発」を「原爆」に直結させ反対という古典的左翼と、そこまで思いが行かない「原発」反対サヨク。
    また対中国の考え方には若干違いが見れると思います。

    しかし、日本型サヨクが目指しているものは結局、世界の常識とはかけ離れた、いうなれば「夢想理想主義」であり、「お花畑」です。
    今般、「IS・イスラム国」の事象は日本国内での理想主義と世界の現実とはまったく違うものだと日本に叩きつけたともいえるものです。

    ここに於いて、日本型サヨクが自らの思想点検をするならばまだしも、そうでなければもうそれは「グル」を崇拝し続けるオウム信者と同様というものです。
    即ち「自虐史観至上主義者」、「九条教教徒」です。

    ですから大枠としての保守とはその逆、「反自虐史観」、「改憲」を基本としている者だと言えるのではないでしょうか。

    ここで保守に話を変えますと、前にも書いた様に保守の欠点は、真性保守ほど「戦略を考えない」「理想追求」というものが敗北を齎していると思えます。

    サヨク、保守、共に理想ということでしょうか。

    しかし、残念ながら現状のサヨクはマスコミ、報道機関、出版界、法曹界、労組界など重要なところを握っているという違いがあると思えます。

    これから「保守の大同団結」を目指すならば、核を真性保守とし、それを戦略的に拡大出来る組織作りが出来る多種個性のスタッフで作り上げることが必要です。
    繰り返しにもなりますが、ここで大事な事は大局観のある様々な有能なスタッフを揃えるということです。

    今まではそれが出来なかったのは狭い範囲の人間関係、取り巻きで行動していたがため、自爆していたようなものではないかと推測します。

    よって自民党の右に保守政党はなく、自民党は公明党を気遣うという状況が続いている次第です。

    ですから、あえて「田母神新党」に拘ることはありませんし、「次世代の党」にも拘ることはありません。
    逆に硬直化しているために自由な動きが阻害されているのが現状だと思えます。

    核になる真性保守若手政治家5人もいればそこにネットを組み合わせ、よろしくはない例ですが、「IS・イスラム国」戦略の様に日本国内に保守層を広げて行くというのが第一段階ではないかと思います。

    規模が小さいとはいえ、現状既存サヨクマスコミに負けていないのがネットですから。

    その第一段階で保守系の広がりを持ち、そして第二段階へと進めるということです。

  30. まつ のコメント:

    自分の周りの保守と思われる方の性格は、良くも悪くも大将気質と言いますか、「俺の話を聞け」タイプが多いです。
    良い方に働けば頼りがいの有るリーダーに。
    悪く働けば相手の話を聞かず、孤立してしまう。
    両刃の剣のようです。
    男性が多いことも特徴ですから、どうしても権力闘争になり、協調性には欠けますね。
    対して左翼は女性が多い。フェミニズムや女性の人権を扱いますから。
    「原発反対」も、子供の健康被害が気になる女性にとっては切実な問題なのでしょう。
    で、女性はコミュニケーションが上手ですし、複数のことを同時に出来る器用さも有ります。リーダー格の男性に対する嫉妬も有りませんし、利益優先にもなり難いので、まとまり易いのではないかと思います。
    仲間割れを防ぐには、女性にも多く参加してもらえる工夫が必要なのでしょうね。

  31. とおりすがり のコメント:

    >真正保守

    真正保守らしき?櫻井よし子氏などは「無条件で」消費税増税とTPP(ティピーピー、なぜか英数小文字が表示できない?)大賛成みたいなことを言ってましたから、必ずしも真正保守などといった曖昧で明確な定義のないしかも経済音痴な連中の旗印を、今どきわざわざ掲げる必要などないと思います。逆効果でしかないかもしれません。

    そして櫻井よし子氏支持者で自称真正保守らしき間抜けなオバちゃんブロガーなどは、最初の籾井会長騒動の頃、朝日新聞や朝鮮人と一緒になって籾井叩きをやってました。発言を撤回するなといった旨の主張でしたが、内心の自由といったものを利用して上手に戦っていた籾井会長に、それこそケンカに負けろと批判しているが如き頭の悪すぎる主張でした。大同団結したいと思っても、ああいう頭の悪すぎる爺婆連中には反日サヨクほどではないにしろ吐き気がしてくるのも事実です。

    できれば、クールで知的な保守とでもいうか、カッコよく、現実的な攻撃力があり、富国・強兵のどちらにもそれなりの知識や見識があり、それでいて新興宗教のような教条主義には無縁の、わりと緩やかな新しい保守の旗印が欲しいものだと思います。

  32. ユウ のコメント:

    今回の水島氏対田母神氏のケンカと言うべきか泥仕合と言うべきかを見るにつけ、つくずく保守=お山の大将だらけの印象でしかない。
    世間知らずの箱入りエリート高官のままシャバにしゃしゃり出て、脇の甘さゆえの不祥事かもですが、それにしても、手前船頭なる放送局にて、御隠居間近の社長と言われるいいトシしたオヤジが、これまた側近のオバさんキャスター相手に自らの放送機能を私物化して、上から目線の傲慢不遜な態度と物言いにて、我こそ正義なりの下手糞な演出の下衆な井戸端会議風の言説を一方的に世界中にまき散らし、これでもかと言わんばかりの個人の人格攻撃に終始するさまは、まさに異様としか言いようがなく、昨日の友は今日の敵、真敵は左翼に非ず、敵は本能寺にアリと言わんばかりであり、左翼過激派の内ゲバや一時の小林よしのりさえ連想させかねず、自称保守の水島という人の人間性に同居する子供っぽさと恐さをつくづく感じ入った次第。
    坊主憎けりゃ袈裟までもでしょうかね。
    この際、過って小林よしのりにかましたごとく、田母神氏と二人、或いはコメンテーターを交えてもよし、検証番組放送するべきではと提案したい。
    でないと、自前の放送局で云いたい放題の水島氏に対し、反論の術さえない田母神氏が圧倒的に不利であり、絶対不公平であります。
    このままでは田母神氏よりも水島氏への不信感が募るばかりで、こんな寛容性に疎い社長を頂いたチャンネル桜という放送局は不幸であり、どう頑ったところでメジャーには成り得ないと思いますよ。
    メジャーなんかにはなりたくない!今の細々としたままでいいのなら何をかいわんやですが。
    水島氏の言説が仮に正しいとしても、こういう上から目線の高慢な態度と物言いは如何なものか?
    少なくとも相手の人格を尊重し、人権を想いやる度量があればあそこまでの物言いは決してあり得ないし、日本人としても許されるものではないと思うが。
    それこそ、都合のいい時は閣下呼ばわりで、いざ自らの思うようにならなければ持ち上げた挙句、地面にたたき落として社会的名誉も何も木端微塵ですか!
    何様のつもりか知らないが水島さん、叩き落とされる方の身にもなれよのう、己が自称武士ならば

    • のコメント:

      全くもって同感です
      自分が感じた事とほぼ同じ意見です
      番組の私物化、一方的弾圧裁判的な番組特集を何本も放送し
      個人攻撃してるとしか思えなかった。たもさんも脇が甘いのは十分承知の上で。
      自分が立候補してくれとお願いし、あれだけ一時持ち上げておいて
      あれだけ弾圧出来るのかと。武士の情け、日本人として云々・・・
      ちょっとうんざりしますね。

  33. 春夏秋冬 のコメント:

    小坪さんの意見に同意します。
    放っとけばいいと言うか正直興味がないと言うか。

    「何もしなくてもいい」、確かにそんな人達居ると思います。
    それが若い内なら救いようもありますが、いい年こいた爺婆がそうなんだから困り者

    まあ家の親とか親類とかなんですが。
    政治は政治家がやるもの一点の曇りも許さない、私は選挙で投票するだけ、後はそっちが勝手にやって私はテレビに向かって文句を言うから。
    政治なんて誰がやっても同じも以前は言ってましたが、民主党が政権取った後は流石にそれは言わなくなりましたけど(笑)
    確かに「何もしなくてもいい」と思っているんでしょうね。
    後は「何もしたくない」、「何をしたらいいか分からない」とか。
    そこで思考が停止してしまうんでしょうか。

  34. kenn125 のコメント:

    まぁ色々あるけどオレ、小坪先生を応援したい。オレんちの近くだしね。北九州だから。何か出来る事、有ったら言って欲しい。少しはなんか出来るかもしれないしね。

  35. ピンバック: ネットのダメな例のサンプル | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  36. 鬼に成りたい のコメント:

    例えば戦国時代にA国とB国があったとしましょう。

    A国の国人領主は互いに利害で争っているがB国と戦う際は団結する。

    B国の国人領主は皆A国を敵視しているが互いにいがみ合うだけでA国の脅威があるのに団結しない。

    つまり、A国をサヨクB国を保守とした場合、サヨクは国人一揆としてまとまっているが保守は基本的に国人が割拠しているだけ

    サヨクを武田信玄とするならば保守は信濃国人衆並みに弱い。

    信濃国人衆も武田信玄を何度かは撃退した。

    しかし、もともと国人同士歪みあってるので調略謀略で切り崩されていった。そして足並みが常にそろうわけではなく、打撃力が弱いので会戦でも敗けを喫することがあった。

    今の保守の状況は、当時の信濃国人衆に似ているのではないでしょうか?

  37. 晴夫 のコメント:

    支持者の不寛容が言動が過剰に制限された指揮官をつくり、そのタイトな枠から指揮官が少しでも外れた途端、袋叩きを始めるということですね。

    結局、有権者、支持者……国民の水準を反映して政治家も官僚も活動家も存在している。
    国民の中からそれらの方々が出てくる以上、構造として当たり前のことで、自分たちのレベルから飛び抜けたヒーローを求めることは単に幻想だ、ということを自覚して現実と折り合いながら活動を続けているみなさんを支えていきたいものです。

    この幻想に応えることができるのは理論上、「外から来る者」になりますからねえ、GHQとか人民解放軍を求める人が国民の中に居るのも、なんかそういうことなのかなと一人で納得

  38. のコメント:

    難しい事は解かりませんが、これ(田母神氏VS水島氏)を見てるとまるでお子ちゃまの喧嘩。

    小坪議員の>「みんな、右往左往、何をやっとるんだ?」
    これが私の本心<

    無い無いずくめの中で、リアルに、そしてリスクを背負い戦っておられる議員のお気持ち解かります。

    私でしたら「みんな、右往左往、何をやっとるんだ?いい加減にしろ!」と
    言います。

  39. プルトニウム物語 頼れる仲間 プルト君 のコメント:

    かなり、披露が蓄積していることと、察します。
    私も、昨年から、赤旗問題に興味を持ち、同一県内の他の市役所勤務の方が、
    反撃承知で、自身が書かれた、告発状の文書や、行政庁宛ての通報文書を
    小坪議員のブログにコメントを兼ねてアップしているのを見て、
    かなりのインパクトを受けました。

    それから、ずっと他の問題も絡めて、小坪議員のブログを注視するようになりました。
    ほとんどの左翼問題は、赤旗に始まり赤旗に終わることに気づきました。

    先述のコメントの通り、いくつもの問題を処理するのは、到底、困難です。
    そして、共産党やテロ集団にしても、真正面から力勝負するのでもなく、
    高度な戦術や理屈攻めをするのでもなく、単純に資金調達を断絶する
    兵糧攻めに徹するべきでしょう。

    まさに、赤旗の打倒です。

    特に、共産党は、政治献金を受け取っていないというこの上ない支持率稼ぎ+
    政治献金以上の資金調達源である、一石二鳥の主砲=赤旗を破壊し資金源を断てば、
    左翼特有の無駄に高馬力にして高基礎代謝ゆえ、自滅するでしょう。

    全部ではありませんが、日本社会のお花畑化の荒廃の元凶は、やはり共産党です。
    共産党の弱体化が、日本立て直しの第一歩であることには、相違ありません。

    • プルトニウム物語 頼れる仲間 プルト君 のコメント:

      誤字、すいません。
      × 冒頭「かなり、披露が蓄積していることと、察します。」
      ○ 「かなり、疲労が蓄積していることと、察します。」

  40. のコメント:

    先に送ったコメントですが、取り様によっては両氏共に嫌いと捉えられかねませんね。
    すみません、言葉が足りませんでした。

    田母神氏、水島氏、向かう方向は同じですので両氏共に応援しています。
    が、今回はどちらも応援しません。

    議員が「みんな、右往左往、何をやっとるんだ?」と言う言葉の中には田母神氏、水島氏、そして今回の事でまるで自分が騙されたような被害者意識を持った保守の方に対しても含まれると思います。

    私は今回の事は冷めた目で見ています。
    議員が言われるように、傍観者の一人に過ぎません。
    しかし、政策上において共感すればそれはそれで応援します。

    お二人とも向かう方向は同じです。
    「雨降って地固まる」の例えもあります、一日も早く良い方向に向かう事を念じています。

  41. naomin のコメント:

    これも確かにいい冷却剤です。

    人間て『勝手に好きな人も嫌いな人も』自分の中で膨らませたイメージにあてはめてしまうんですね。
    裏切った、応えてくれた、いや、その人がそう動いたことを自分にとってと置き換えただけです。
    やっぱりもっと保守もイイ意味で冷めたドライな感覚で政治家さんをみていくのが大切なことだと。
    安倍総理、自民党のことはオールOK!で、野党はオールoutではいけない。

  42. naomin のコメント:

    変な話します。
    私の仲良しの友だちが私に言いました。
    『友だちなんて10年くらい付き合わないと友だちとは呼べない』
    そうやってつけ離した言い方が
    ?コイツは信用できそうだ?と、なりました。

    人間を信用するのに弄り回してあちこち面見てから『まぁ100%はないけど80%は好きだな』と思える人に会えたらあなたはラッキーです。
    それくらい信用できる、信用される、ということは重いことだから。

  43. 徐勢昌 のコメント:

    英語にはface to faceという表現があります。
    直接顔を突き合わせて、つまり、実際に対面して、実際に会って、という意味です。
    これがない相手は所詮信用に足りません。
    ネットなんて姿がまったく見えないので、謀略を好む組織が好き勝手やりたい放題。
    私はネットは最初から「あ、そんなことあったの?」という気付きのためにしかりようしません。ネットで「自分は何々でござい」という手合いは、眉唾でかかります。
    ネトゲでは古くUOの頃から、いかにも仲間にみせかけて半年もかけて信用を築いておいて集団の全ての重要資産を盗んで売り払って消えた詐欺師の話が知られています。いました。今の若い人たちが知ってるか知りませんが。ですから、

    > 指揮官の幸せを、祝わなかった層が主流を占めた。

    これについても、それって実体が分からない以上、本当にそうだったのかな?と思います。「いや、実際にそれでデモがぽしゃった」と思われてても、傍証すると思われるそうした事象が実は単なる偶然の事象の一致ということもありますので。たとえば参加者の資金の枯渇とか(はい、私のことです・・・サヨクと違って日給(w)とか出ませんもんね当然ですが)。

  44. たまたまの通りすがり のコメント:

    田母神氏、お尻が軽いですね。私も、田母神氏を応援し、元航空幕僚長という経歴にも目が眩んでいました。自衛隊の先輩である事務局長とはご一緒にコリアクラブで遊行されていたこともあったのでしょうか。
    自衛隊とコリアクラブ、女性の接待、・・・。許せない話ですよね。日本と韓国の関係がこれだけ問題となっている時期に・・・

  45. ピンバック: 【議論の呼びかけ】ネットのダメな例のサンプル | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  46. ピンバック: 【雑記】「大同団結」 – 「和の心」 〜 とある土木系技術者が綴る

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください