【拡散】外務省、韓国に対して「注意喚起」【渡航禁止!と思ったらシェア】


 

 

外務省より「韓国:大規模デモに関する注意喚起(新規)」が発されており、本情報は2017年03月12日(日本時間)現在有効。
既存のメディアは全く取り上げていないが、まとめサイトを初めネットでも騒ぎになっていない。

これは渡航禁止などとは異なるが、外務省が「珍しく動いた」という点では、評価に値すると思う。
そもそも大使がいないのだから、外務省は(何かあっても)対応のしようも、責任のとりようもないだろうに。

(ネット上の)嫌韓の一環ではなく、単に安全を呼びかける目的だ。
大統領の弾劾に関し、賛成・反対のデモが大量に行われているが、すでに死傷者まで出ている。
行くことは危険だ。繰り返しになるが、「海外で皆様を守る責任者」である大使が、あの国はいない。

危険なのだ。
どうしてもはずせないビジネス等、用事がない方は行くべきではない。
命あっての物種である。

知らない方が多いように感じるので、告知のためにシェア。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

外務省からの注意喚起
以下、外務省からの注意喚起を転載する。
後半は、(実際に渡航する方のための)相談窓口が列記されており、それなりに長いため折り畳んでおく。

それ以外は、そのまま転載した。
大規模デモが継続して発生し、死傷者も出ていることを冒頭に「ポイント」として述べている。

 

韓国:大規模デモに関する注意喚起(新規)

 

2017年03月10日

情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2017年03月12日(日本時間)現在有効です。

 

【ポイント】
●韓国憲法裁判所による朴大統領の弾劾容認を受け,ソウル市をはじめとする複数の都市において大規模なデモが継続して発生し,死傷者も出ておりますので,十分注意してください。

【本文】
1 韓国の憲法裁判所は,10日午前,朴大統領の弾劾容認を決定しました。この決定を受け,憲法裁判所近辺などのソウル市内の一部地域では,物の投擲などを伴うデモが行われ,死傷者が発生しています。同様のデモは今後も継続する可能性があります。こうしたデモの際には不測の事態が発生するおそれも排除できません。

2 つきましては,韓国への滞在・渡航を予定している方,また既に滞在中の方は,無用なトラブルに巻き込まれることのないよう,決してデモに近づかないようお願いいたします。外出の際にはデモが行われている場所を避け,デモに遭遇した場合には速やかにその場から離れるなど,安全確保に十分注意を払ってください。また,報道等から最新の関連情報の入手に努めてください。

3 現地におけるデモ状況については,下記現地公館連絡先に記載している韓国内の各公館HPにて随時周知していますので,ご確認ください。

4 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在する方は,大使館又は総領事館が緊急時の連絡先を確 認できるよう,必ず在留届を提出してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )
 3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )

 

以降は渡航者向けの連絡先窓口など。(クリックして下さい!)
(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線5140)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線3407)
○外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地公館連絡先)
○在韓国日本国大使館領事部
住所:大韓民国ソウル特別市鍾路区栗谷路6 ツインツリータワーA棟8F
電話:02-739-7400(領事部代表)
国外からは(国番号82)2-739-7400
FAX:02-723-3528(邦人援護)
国外からは(国番号82)2-723-3528
ホームページ:http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/index.htm

○在釜山日本国総領事館
住所:釜山広域市東区古館路18
電話:051-465-5101(代表)
国外からは(国番号82)51-465-5101
FAX:051-464-1630
国外からは(国番号82)51-464-1630
ホームページ:http://www.busan.kr.emb-japan.go.jp/jhtm/index_j.htm

○在済州日本国総領事館
住所:済州特別自治道済州市1100路3351世紀ビル9階
電話:064-710-9500(代表)
国外からは(国番号82)64-710-9500
FAX:064-743-5885
国外からは(国番号82)64-743-5885
ホームページ: http://www.jeju.kr.emb-japan.go.jp/japanese/index.html

 

 

[魚拓]

 

 

 

東アジア地域海外安全情報
お、外務省、動いたな!と思った方も多いと思う。
だが、海外安全情報には反映されておらず、これは渡航の禁止を訴えるものではない。
私はこの点に納得がいかない。

 

東アジア地域海外安全情報、少し大きめに映してみた。

 

こちらが凡例になる。

 

さて、朝鮮半島・CHINAを見てみたい。

 

朝鮮半島の色は、白だ。
北朝鮮は国交がないからだろう、灰色で凡例にはない表示。

CHINAの沿海部(沿岸部)も、真っ白はないだろう苦笑
韓国関連企業への、焼き討ち。例えばロッテはひどい目にあっているようだし、CHINAでのロッテが「楽天」(読みがそうなるようだ)であるため、無関係の日本の楽天まで襲撃された模様。

 

 

 

色付けの意味は?
この色付けには納得できない部分もある。

アフガニスタンが真っ赤だが、これはISILとか反政府派の攻勢とか、ジャーナリストが捕縛されたりだったりとか、色んなことが書いてあった。
真っ赤であることは納得しよう。

 

親日か否かで決めるものではないため、そういう目線では論じない。
ただし、この地図には違和感しかない。

 

意外かも知れないが、インドは「それなりに危ない」のだ。
かなり近代化したとは言え、やはり内陸のほうに入れば格差なり、昔からの慣習(もしくは因習?)がある。代表例がカースト制。特に女性は気を付けたほうがいい。

そもそも論になるが、海外とは危険なのだ。
日本国内と同じノリで行けば、しかも単独で慣れない方が(例えば言葉もわからず)ウロウロすれば、それなりに危ない。

ここで言う「それなりに」とは、100回行けば、一回ぐらいは死ぬかレイプされるか(男でも。)ぐらいは覚悟しといたほうがいいという意味である。

 

ブータンは白い。
インドは全域が黄色で、一部が橙。
これには納得しよう。

 

ならば、CHINAの沿海部はどうなのだ。
あのあたりだって、それなりに危ない。
例えば親日感情が非常に強い大連であっても、少し離れたらそれなりに怖い思いはする。

※ 大連の親日感情が強いのは、203高地などで日本軍が頑張ったため。ロシアがひどかったことを覚えている。
日系企業も多数が進出しており、それなりの企業に務めており、海外現地法人がある企業の場合は「サラリーマンでも常識」の知識である。

だが、その大連さえ、少し車を走らせれば小都市は多数あるし(そのあたりにも企業が進出している)このあたりの夜間、ダウンタウンともなれば「それなり」の雰囲気はある。
ちなみに私も行ったことがある。半年一年というレベルではないが、一か月程度はいた記憶がある。

 

インドが黄色であることは納得するが、CHINAの沿海部が「真っ白」はウソでしょ。
体感値での比較で申し訳ないが、どう考えても沿海部も危ない。
インドが全域で黄色とするならば、おかしいのではないか。

事例が必要というなら、あの国には多数がある。
鳥インフルエンザなどの感染症、 SARS(サーズ)。
また日系企業への襲撃事件だってあった。

 

フィリピン、ミンダナオ島方面は橙もある。
これは納得で、ドゥテルテ大統領が頑張ってはいるが、実はもともと治安はよくない。
海外を取り上げる際に「治安はよくない」と述べる際は、日本人なら「北斗の拳」ぐらいを想像して欲しい。基準となる軸がそもそも異なる。

 

 

 

南米も見てみよう。
コロンビアは、危ない。
だが、メキシコが「全域、黄色」でないことに違和感。

インドを全域黄色とするならば、これはおかしいと思う。
海外を「行きたくなくても」渡航せねばならない技術者たちは、「え?」と思うのではないか?

 

 

コロンビア、ベネズエラ、このあたりの危険性は麻薬だ。
メキシコも同様。

麻薬と述べたが、麻薬戦争と言ったほうがいい。
日本のヤクザとか、そういうのとは規模も桁も異なる。
別にヤクザを馬鹿にしているつもりはない、麻薬戦争の「戦争」が比喩ではないレベルというだけだ。

麻薬カルテルらは、強い。
戦闘力で見た場合、もう軍隊と言ったほうがいい。

 

その戦闘力は、武器と金である。
武装ヘリも持ってたような。
なんと麻薬運搬用の潜水艦まである。

建造費は2億円弱とされ、8tのヘロインを浮上することなく、コロンビアからメキシコに運搬可能。性能の劣るものは30隻以上が捕獲されている。
8トンのコカインを搭載可、最新の麻薬密輸用潜水艦

色んな潜水艦がある。
犯罪組織が作った麻薬密輸潜水艇(NacroSubmarine)とは?恐るべき現代の麻薬密輸

 

高性能のボディアーマー、ヘリコプター、機関銃、対空ミサイル、自作の装甲車や半潜水艇まで所有している。傘下には専門の盗聴・無線傍受部隊や情報収集組織を配置している。

メキシコの検察当局の発表によれば、11年9月までの5年間で4万7000人以上が殺害された。これは麻薬組織による犯罪や抗争によるもの。同期間での全他殺者は10万人ほどで、他殺の半数が麻薬に関連するものだ。
日本の自治体、一個分が消滅するレベルである。もう、これは本当に「戦争」である。

 

インドが「全域黄色」であるならば、メキシコに白い地域があることは納得できない。
メキシコは「赤」があってもいいと思う。

 

まぁ、このあたりには「事情」もあるのではないか。
治安の悪いところほど人件費が安いため、メキシコに生産工場を持つ「日本企業」も多い。
自動車関連企業も進出している。

日本人は寝泊りできる状況ではないため、宿泊は北米で、南米に「出社」する形態をとる。
メキシコを「全域黄色」にしたり、「たくさん橙」にしたら、さらには「赤」を加えたら日本の大手企業から文句でも出るのかもしれない。

 

 

 

韓国が、真っ赤に染まる日
さて、話を韓国に戻す。
海外安全情報(スポット情報)において、注意喚起は行ったが、渡航規制などはなされていない。

私は以前より「あの国への渡航は危険」というスタンスだが、そこには嫌韓がどうのこうのというのはない。
確かに好きな国ではないが、「単に危ない」と思っているからだ。
政治家として、我が国の国民に推奨することはとてもできない。

 

やがて真っ赤に染まる日が来るのだろう。
半島自体が、である。

THAADミサイルの配備でひと悶着あるのだろう。
あれは前哨戦に過ぎず、次の「新政権」で事態は悪化しよう。
北朝鮮に近い政権、そしてCHINAに従属する政権は、THAADミサイルを「撤去」する気がする。

誤った方向、滅びの道のみを選び続ける国民性なのだから、多分そうだ。
なんの論拠もないが、「これは、いかん!」という舵取りのみを安定して行う特性がある。

 

米国はこれに激怒。
恐らく北朝鮮に対してだと思うが、やがて有事となる。
トランプ政権がそんなに甘いとは思えない。

我が国は、大量の武装難民がゲリラの対処に大わらわ。
日本国民にも多数の「戦死者」が出るように思う。

その前に憲法改正をすべきであったが、時計の針に追い越されているように思う。
政治の責任とも言えるし、広義では国民の責任とも言えよう。
私は市議なので、そのあたりは責任も取りようはない。

 

第二次朝鮮戦争。

韓国は、アフガニスタン同様、やがて真っ赤に染まるのだろう。
政権が「チームレッド」という意味でもあるし、渡航規制を示す凡例で真っ赤という意味でもある。
そして、流された兵士と民の、血の赤に染まるという意味でもある。

 

 

 

ネットは騒げ
ときに。
外務省が発したことを、ネットが騒がないことはおかしい。
手ぬるいとは思うが、外務省が発したことの意味は大きい。

少し嫌味も書く。
「出したくなかった」ような気もするが、大使もながらく不在であるし、デモで死者も出ている以上、「仕方なかった」というのが実情ではないか。

まぁ、それはいい。

 

 

 

 

外務省のお墨付きが与えられたのだ。

 

これは安全面からの話であるが、

 

実際問題、行くのは危険だと思う。

 

外務省が注意喚起を行っていること、知らぬ方が多い。

 

ガンガン拡散して、周知していくべきだろう。

 

いまこそネットは騒ぐべきだ。

 

「渡航禁止にせよ!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、大野慶裕
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散】外務省、韓国に対して「注意喚起」【渡航禁止!と思ったらシェア】 への21件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【拡散】外務省、韓国に対して「注意喚起」【渡航禁止!と思ったらシェア】 外務省より「韓国:大規模デモに関する注意喚起(新規)」が発されており、本情報は2017年03月12日(日本時間)現在有効。 既存のメディアは

  2. 名もなきせいぎーー のコメント:

    修学旅行も韓国は当分禁止にすべきかなーと。危なくないと言える根拠がないので。

    何かあったら、学校や教員だけではなく、教育委員会も含めてそれ相応の処分が必要だと思います。
    実際、何かあった後に責任をとっても遅いですが。

  3. ぽのかのぽん のコメント:

    ( ゚∀゚)o彡゚ ヒャッハー! 
    肩パッドとモヒカンとジープと火炎放射器は買いましたか?( ゚ω^ )v
    リアルヒャッハーな世界に備えるためには必須のアイテムかと。ε=ε=┏( ・_・)┛

    >第二次朝鮮戦争

    第一次朝鮮戦争はまだ終わってないのに?
    【もちろん揚げ足をとるような回答だってことは分かっています。
    ジョークですよジョーク♪ (=´∀`)人(´∀`=) 】

    https://www.youtube.com/watch?v=ZG9DjCu3Uk4&t=416s
    外国人も、「朝鮮戦争は停戦しているに過ぎない」ということを
    良く分かっているようですね。\(☆o☆)/(字幕オンにすると読める)

    https://www.youtube.com/watch?v=VhkHSjl0GVY&t=338s
    普段はアジアのことに無関心・無頓着なアメリカの保守系メディアですら
    THAADのことを取り上げ始めています。(`・ω・´)
    日本人が思っている以上に、
    朝鮮半島が注目され始めているのでしょうね。(*´・ω・)(・ω・`*)

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    > 南米も見てみよう。
    これは、このブログに転載されている「左翼がサヨクにさよく時」にも触れられて居ますね。

     国家のない民族のない宗教のないサヨクの理想境は実在する

    アンダーグラウンドな動画サイトには、この様な地域で行われている斬首、射殺、生きながらにして斧でバラバラに解体されドラム缶に詰め込まれる様な映像が、実際にUPされています。

    こう言った地域では国家権力が及ばぬ為、各国の憲法で保障されている人権も適用出来ずにいます。
    現在、人権の無い人間の人口は、奴隷取引で売買された黒人の人数より超えているとも言われています。
     
     
    最近、教育勅語を批評する報道などもなされている様ですが、パヨク様の昔ながらの批評に国民に対して「臣民」と言う用語が使われていると言うものがあります。
    この「臣民」と言う用語は、実は人権と密接な関係にあります。

    ですがパヨク様にとっては、これがケシカランらしいのです。
    臣と言うのは権力者に酷使される者だから、見下していてケシカランと言った主張が概ねの主旨の様です。
    ブルジョワジーとプロレタリアートの関係の様に、真っ赤な思想に見立てての批評の様ですが、実はここに中華文化圏の思想が混じっている為に、実にややここしい事になっています。

    中華文化圏では「臣」と「民」には、明確な区別と差別が存在します。
    「臣」とは主君に仕える者を意味し、簡単に言えば主君の庇護を受ける偉い人を意味します。
    対し「民」は雑草の様に勝手に繁殖して、権力者が毟り取ろうがどうしようが一向に構わない者を意味します。

    所が我が国では皇帝と並ぶ代々の天皇が、日本国民全てに対して「臣民」と言う用語を用いたのですから、中華文化圏の「民」にとっては無条件に日本国民を皇室の「臣」として敬わなければならない対象となってしまいました。
    なにせ「臣」とは主君に仕える者を意味し、主君の庇護を受ける偉い人を意味しているのですから。
    言い換えれば、日本国民を「臣民」と表現する事で、天皇は日本国民を臣下として庇護する、つまり『人権を保障』していた訳です。

    それに対して支那や朝鮮に於いては、皇帝や王が自国民の全員を「臣」として庇護対象にした事は無く、支那や朝鮮の「臣」は「臣」で皇帝や王の威光を笠に「民」を酷使して来たのですから、「民」にとって「臣」は偉くて怖くて忌々しい存在でした。
    その様な地域では、そもそも人権と言うものの感覚が育つ道理がありません。
    分かり易い例では、北朝鮮の「民」への扱いがそうですね。

    そんな中華文化圏の「民」からすれば、無条件に天皇が「臣」と定めた日本国民は、格上で偉くて怖くて忌々しい存在でしかありません。
    ですからどの様な手を使っても、日本国民に「臣民」である事を拒否させたい訳です。
     
     
    外務省の海外安全情報では白い地域でも、そもそもの人権に対する土壌が異なる訳ですから、昔から天皇が日本国民全員を無条件に臣下として庇護して来た我が国の感覚とは異なって当然なのです。

    併せて軍を所持しない我が国は、外務省が外国の顔色を伺いながら、機嫌を損ね無い様にする事で国を守って来ました。
    外務省の海外安全情報の色分けは、その弊害が反映されているのでしょう。
    例え人権と言うものの感覚が育つ道理が無かった国であっても、現状我が国の犠牲者を最小限に留める為には、少々の国民の犠牲には目を背けて白く色分けしているのでしょう。

    憲法で国家が国民を守る責務を放棄して、軍を所持せずに武力を否定し、それでも国民の犠牲を最小限に留める為に苦慮した大集成が、外務省の海外安全情報と言う作品なのでしょう。

  5. こたママ のコメント:

    小坪様

    外務省の海外安全情報については、
    韓国へのレベル設定を求めるツイートをしてきました。
    今回の大規模デモに関する注意喚起は評価できるものですが、
    それでもまだレベルが設定されていない事に憤りを感じます。

    本エントリーで取り上げてくださり、本当にありがとうございました。
    全力で拡散してまいりますね。

    櫻盛居士様

    いつも豊富な知識と高い見識を分けてくださり、ありがとうございます。
    どうかこれからもいろいろ教えて下さいますよう、
    よろしくお願いいたします。

  6. ある愛国者 のコメント:

    韓国はもうその全土が『オレンジ色』くらいの危険度だと思う・・・。
    何で『真っ白』なのかが未だに全く理解できない・・・。

  7. 葉隠 のコメント:

    全く同感です。何より、この状況で大使がいないというのが恐いです。

  8. 助さん、拡散 のコメント:

    かの国の現状をもってしてなお、白色設定ということは、外務省自体が変色しているのではないか?

  9. 月光仮面 のコメント:

    NPOですか自衛隊を引き上げると決めたのは 日本周辺で有事が
    おきる可能性が上がったからだと 私 思っています 間違っていたとしても
    ここを指摘するマスコミが無い 皆さん マスコミも政党も日本を
    日本人を思っている 政策や報道をしていると思われますか 共産党や
    ミンシン党の言っていることを見てください 日本を壊したいしか
    考えられません 報道を見てください 小坪先生のこの件でも
    報道していないでしょ 日本人はここをしっかり見つめる必要があると
    思います 共産党やミンシン党を支持する人たちは どのようにしたいのか
    どこの国が大事なのかそれさえ疑っています 保守系の政治家の皆さん
    この小坪先生のページや虎の門ニュースなど ネットでしっかり民意を
    見て欲しいと思います 真実に目を向けて どうあるべきか知ってください

    • 月光仮面 のコメント:

      すみません 書かせて下さい この事は外務省ですが 日本の
      危機管理が心配でたまりません 今度のミサイル落下付近に漁船が
      居たらしく 漁船にミサイルの連絡をしたのが20分後だったのです
      菅官房長官が対策を練ると言っているのですが 相変わらず
      犠牲や結果が出てからの 対応なんですね あとで 言うことを
      後手後手と言うのです だから 何も前に進めない チャイナに
      韓国に核の事故や攻撃されたらどうするのだろう 対策を練ると
      言うのだろうか 日本人の脳天気さにあきれます 国会では
      くだらない質問だらけ 今 するべきことを 真剣に議論する
      場は日本には無いのだろうか このまま行けば 日本人は
      本当にチャイナ人や朝鮮人の犠牲者が出ますよ マスコミや
      共産党やミンシュ党などの作戦通りに 菅官房長官 今
      そんな のんきな状態ではなくなりますよ トランプ大統領が
      成立した時点で 攻撃もあると知るべきだと思います
      彼は 歴史に残る事をすると思います よ 日本はどうするのか
      一つ言えることは 圧倒的に自衛隊 海保 警察の 人数からしても
      足らないということだと思います そして この期に及んでも
      防衛にの増額を言わない GDP2%を超える必要があります
      もっと 自衛隊や海保や警察に 発言させるべきです。

  10. 東京都56歳 のコメント:

    貴重な情報、感謝します。

    早速、
    韓国在住の知人に注意喚起メールしました。

    といっても、
    韓国企業に勤務しているので、
    「今すぐに」対応できないとは思いますが・・・

    今回のエントリーで、
    「外務省の言うところ」の
    海外リスクマップの色塗りを、
    初めて知りました。

    小坪さんご指摘のとおり、
    「感覚的なリスク」とは異なる、
    なんとも不思議なマップですね。

    なんらかのバイアスがかかっているのでしょう。
    しかしながら、
    そのバイアスがあるにもかかわらず、
    今回の注意喚起。

    なかなか動かない岩は、
    その慣性質量の大きさゆえ、
    転がり始めると止まりにくい。

    もう誰にも止められない。
    そういうことかも知れませんね。

  11. 元修羅の国住民 のコメント:

    北の黒電話頭の将軍様の斬首作戦を米軍が計画準備してて、あとはトランプ大統領
    の決断待ちという情報が上がり始めたとたん、金 正男の暗殺や北朝鮮の秘密警察
    の幹部5人の処刑、南朝鮮へのTHAAD前倒し電撃配備開始やら南スーダンの自衛隊
    PKO部隊の撤収、金 正男の息子を米国が保護したという情報など、半島周辺の
    国々の動きが慌ただしくなって来ました。ひょっとしたらTHAADの運用開始後、
    韓国の大統領選挙までに半島に何か大きな事が起こるのでは?その場合に備えて
    北朝鮮のミサイル攻撃や工作員によるインフラ破壊によるライフライン・食料等
    物流の停滞に備えて、水・食料・燃料等の備蓄と有事に対する覚悟は
    していた方がいいかもしれませんね。

  12. 生野区民 2 のコメント:

    戦争地域だし、ソウルの放射能量は言語を絶する数字だし
    下朝鮮大好きマスゴミは、正しい認識を伝えるべき
    何時もはどうでも良い、下朝鮮の情報と捏造を垂れ流してる癖に
    外務省が渡航禁止にするべき

  13. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議のおっしゃる通りだと思います。
    余談で、今日職場で不意に社長が君が代着メロを鳴らして何か調べものをしてました。改めて、厳かで美しい曲だと思いました。
    しかし、この美しさを汚れに感じる人間もいるんですよね。

    【悲報】民進党の党大会、今年も『国歌斉唱』“無し” …昨年も炎上したのに頑なに『君が代』歌わず 何故なのか
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/50839003

    そう言えば、テレビで海外留学に行く日本人が(治安悪化や金銭理由で)減ってるから、金銭理由に関しては補助金つけて欲しい、とやってました。

    金銭理由にはそれでいいかもしれないけど、治安悪化が嫌で行きたくないのはどうしようもないのでは??と思いましたが…

  14. ATD-X のコメント:

    これまでと比較して外務省としてはよくやったと思います。
    日本は戦中戦後においても引き上げにおいて多数の犠牲者が出たことをもう一度思い出すべきでしょう。

    小生も韓国がどうのこうのというよりも経済が悪化して政情が社会が壊れかけている不安定な地域に不用意に出かけるべきではなく、ましてや観光に行くなどはもってのほかと思います。

    このごに及んでも毎年4月に和歌山の智辯学園などいくつかの学校が韓国に修学旅行に行くのが恒例となっているようです。一部の学校では以前より韓国総領事館から講師をわざわざ招き、ハングル講座も開始されたようでした。

  15. 路傍の薬師 のコメント:

    更新お疲れ様です。
    韓国に対しての危機管理は初動が肝心だと思いますが、おそらく日本に多数の被害が出てから渡航禁止などの処置がされるのではと感じます。
    ただ、被害が出てからでは既に手遅れになるかもしれませんが…
    国民に事実を伝えるはずのメディアが、特亜に都合の悪い情報をこぞって隠蔽・捏造・歪曲するのですから、危機感を感じている日本人はまだ少ないのでしょう。
    最悪の事態を想定しておいた方がいいかもしれないですね。

  16. ぱぴこ のコメント:

    外務省の危険地図で韓国が白というのは納得いかないと、私も常々思っていました。
    性犯罪が多くて女性にとっては危険地帯だし、休戦状態とはいえいつ北朝鮮から攻撃されるかもしれないんですから、黄色かオレンジのはず。
    そんな国に子供を修学旅行に行かせる学校がまだまだあるので心配です。
    韓国の旅行業界と日本国民の命、どっちが大事か言うまでもないのに。

  17. ピンバック: 韓国渡航に外務省が注意喚起 – 待ち望むもの

  18. ネコ太郎 のコメント:

    ものすごく心配しています。

    近い将来、というよりも現在進行形で半島情勢が激変しています。
    アメリカはミサイル施設の攻撃、あるいは金正恩の斬首作戦も視野に入れています。
    その際北がどんな暴発行為をするか分かりません。
    日本の米軍基地へのミサイル攻撃、南朝鮮への攻撃、38度線南下も考えられます。

    日本政府は朝鮮戦争再発の備えをどれだけしているのか。これが最大の心配です。

    またもや難民、密航を受け入れてしまうことだけは絶対に避けて欲しい。
    まず対馬の守りを万全にして欲しい。
    韓国からのの船便も中止して欲しい。機雷を敷設して欲しいくらいだ。

  19. con のコメント:

    ドイツ南部バイエルン州に過ぎた8日(現地時間)、欧州で初めて平和の少女像が建設された中で、中国がドイツ少女像建設に反発した日本に責任ある態度で問題を円満に解決してほしいと釘を刺した。

    華春瑩中国外交部報道官は13日、定例ブリーフィングで、これと関連して「慰安婦は第2次世界大戦期間中、日本軍国主義が犯した反人道主義的犯罪」だとし、「(これは)証拠が明確に言い逃れできない事実」と日本の態度を批判した。

    華春瑩報道官は「日本が関連国家と国際社会の関心を直視し、責任ある態度で円満にこの問題を解決することを望む」と強調した。

    彼女は「米国と世界各地にユダヤ人大虐殺記念館や記念碑があるように慰安婦記念碑の性質も同様である」、「慰安婦記念碑の目的はただ一つだ。すぐ人々が歴史を忘れないように知らしめることだ」と力説した。

    日本メディア:カナダの地方議会が南京大虐殺記念日を設立

    カナダ東部オンタリオ州議会が12月13日を「南京大虐殺記念日」に制定する法案を審議していることが分かった。
    昨年12月上旬に香港出身の中国系カナダ人議員が法案を提出した。
    制定反対の署名集めも行われているが、同州は中国系人口が集中しており、成立する可能性が高い。
    今年は南京事件から80周年にあたることから、記念日が制定されれば「旧日本軍の残虐性」などをアピールする行事が開かれる可能性がある。

    法案は「オンタリオの人たちはアジアで起きた第二次大戦の残虐行為を深く議論し、検証する機会がなかった。南京大虐殺の変わらぬ教訓について学ぶことは重要だ」と指摘。
    記念日制定については「日本軍の南京占領で20万人以上の中国人市民と兵士が無差別に殺害された南京大虐殺の犠牲者を追悼し、遺族に敬意を払う機会を提供する」と明記している。

    法案提出議員による昨年12月8日の趣旨説明の際は賛成意見が相次いだ。
    韓国系議員は「日本軍は約30万人の中国人を冷酷に虐殺し、下は10歳以下、上は80歳以上の中国人女性と子供2万人以上をレイプした」「人類史上、最も大規模で非人道的虐殺の一つだった」など、誇張した数字を挙げて賛意を表明した。

    こうした動きに対し、現地の日系文化会館が中心になって記念日制定に反対する署名活動を始めた。
    国籍などは問わず、同州に6カ月以上居住している人なら誰でも署名できる。2月15日までに署名を集め、ウィン州首相に提出する方針。

  20. 一読者 のコメント:

    昭和を知らない若い人たちはピンとこないかもしれないが、日本の敗戦後、朝鮮半島経由で日本を目指した邦人は、ほとんどジェノサイドと言ってもいいほどの被害に遭っている。
    加害者は、ソ連だけではない。ちょっと前まで一緒に仕事をしていた朝鮮人らが、豹変したのである。半島の住民はそういう国民性を持っているということを肝に銘じておいてもらいたい。
    しかも、戦後、長きにわたり義務教育のレベルで反日洗脳教育を徹底してきている。
    日本人に危害を加えて自慢できる、英雄になれる国なのだ。
    いざとなっても国が動けないことは、国会中継を見ていればご理解いただけると思う。
    今の時期、朝鮮半島への渡航はすべて自己責任と思って、危機管理をされたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です