朝鮮人こそ「脱亜論」を感謝すべき理由~福沢諭吉の生きた時代②


 

 

前回のエントリからの継続になる。
前項においては、現在でも通用する「脱亜論~福沢諭吉」について触れた。

文末において、CHINA・朝鮮は、脱亜論を批判できない理由があると述べた。
本項はその答えとなる。

 

 

また、これら背景を知らず、脱亜論のみを習っていた方は、
日教組教育の毒牙にかかっていた可能性がある点も指摘しておきたい。

併せて、これは一部の情報を、あまりに上手にトリミングしすぎるネットのスキルの弊害でもあると指摘したい。

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

(OGP画像)
OGP(脱亜論2)

 

 

▼中国・韓国を述べるにあたっての前文がある。
内容も明治維新から遡っている。
近代化の流れを水際で停めたい思いが滲み出ており、根底には日本らしさを失いたくないという思いが描かれている。
その上で、近代化を受け入れざるを得ない状況であることを受け入れ、言論人としての生き方を説いている。

 

 

▼当時の世界状況に思いを馳せる。
「受け入れざるを得ない状況」とは、西欧列強の台頭であり
今で言うグローバリゼーションの急激な流れのようなものだろう、
その中において、我が国が独立を維持していくためには必要だ、というもの。
現代に置き換えると、新自由主義に対抗する保守派のようにすら感じられる。

「日本における維新に相当するものが起きなければ」
守旧派が続投し、近代化の遅れれば致命的だ。
シナ(原文ママ)、朝鮮(原文ママ)への批判、「国交を断つべき」という意見は、実はここから派生している。

脱亜論で維新に触れられていたことを、ご存じない方も多いと思う。
表面的に見れば、ネットで行われる主張の本旨とは離れるように感じる人も多いだろう。
しかし、実は極めて重要なパートなのだ。

脱亜論は、
国際情勢を鑑み、近代化を嘆きつつも重要性を説き
維新がなぜ起きたのか、その経過を述べている。
その上で、ネットで有名な批判は行われている。

 

 

▼併せて知っておきたい背景
もともと福沢諭吉は、朝鮮を支援している立場であった。
これは形ばかりのものではなく、心からのものであった。

前段において「維新に近いものがおきれば」という前提を付記させて頂いたが、朝鮮における維新志士を支援していたのだ。
もっと言えば、友人であり、そして彼らを研鑽していた一人が福沢諭吉であったのだ。

代表例は開化派(維新と読み替えてよいと思う)の金玉均。坂の上の雲でも出てくるし、同署をベースとした日露戦争物語(漫画)にも出てくる彼である。彼らを通じ、福沢諭吉は朝鮮半島の近代化を訴えていた一人であった。
朝鮮への理解を深め、ハングルの使用が朝鮮近代化と民衆の教化に必要だと考えていた。

 

 

▼朝鮮維新
朝鮮維新は私の造語ためご注意を。
甲申政変(こうしんせいへん)もしくは朝鮮事件と言われるもので、簡単に言えばクーデターだ。
一部のネットユーザーには「閔妃(みんぴ)」の話だと言ったほうが早いかもしれない。

これは清国の属国であった朝鮮において、朝貢を廃止するという意図を持っていた。
ゆえに彼らは独立派とも呼ばれていた。

1%の支配階級が、99%を支配する凄まじい差別社会であった朝鮮において近代化をめざし、クーデター時、その日の内に以下が発表された。
清国への朝貢廃止、税制改革、宦官を廃する、王室内の行事に透明性を持たせること。
(日本と同様に)皇帝陛下独立国の君主として振る舞うなど。

これは予定されていた、ではなく
実際に発表されたもの。

そして今回のテーマ、福沢諭吉が支援した、目指した姿であったのだろう。
福沢諭吉は、「朝鮮維新」(繰り返しますが、私の造語です。)の志士たちの友であり、指導していた一人なのだ。

 

 

▼朝鮮の坂本龍馬
恐らく私のブログの読者は「朝鮮の人=悪い人」と認識するだろうから、先に定義しておく。
金玉均は、成功していれば坂本龍馬のポジションだ。
そして失敗に終わった甲申政変とは、日本における明治維新に近い側面がある。

明治維新=無血開城という側面もあるため
「明示維新+西南戦争」のようなものかも知れない。

福沢諭吉はこれを支援し、金玉均は友達だった。

 

 

▼朝鮮維新の計画
重要なパーティーの開催にあわせ、付近で放火を行い、混乱を誘う。
混乱に乗じて高官を倒し守旧派を一掃。
朝鮮国王はクーデター発生を名目に日本に保護を依頼。日本は公使館警備用の軍を派遣して朝鮮国王を保護し、その後維新志士ら(開化派)が新政権を発足させ、朝鮮国王をトップとする立憲君主制国家をうちたてて、日本の助力のもとに近代国家への道を突き進む、というもの。

日本との違いは、朝鮮は独立国とは言えなかったこと。
また、1%の支配階級と99%の被支配階級という、近代化にはほど遠い社会構造であったこと。
当然、生産性、国力とも大きく削がれる。

独立国家となること、近代化を果たすことは朝鮮国王、そして閔妃にも充分メリットのあることだった。
多事総論あるが、朝鮮維新による真の独立、これを朝鮮国王らは支援していたのではないか、と私は考えている。

日本にもメリットのある話だ。
欧州列強と対抗していた日本としては、近隣国が(日本と同じように)独り立ちしてくれることは心強い。
みすみす列強の植民地とされれば、我が国も苦しくなる。

朝鮮の近代化、もっと言えば「異常な差別、異常なまでの格差社会の是正」
朝鮮維新の成功は、我が国としても支援するだけの意味があったように思う。

 

 

▼朝鮮維新の失敗
清国の属国をやめ独立国になること、近代化を果たすことは朝鮮国王、閔妃にも価値のあることであったはずだ。
しかし、閔妃は清国に密使を送り、国王と閔妃の救出を要請する。
結果、清は軍を派遣、事前に国王の依頼で王宮を守っていた日本軍と衝突。

袁世凱率いる清軍1500人が王宮を守る日本軍150人に攻め寄り、銃撃戦となる。
竹添進一郎(日本公使)は、日本公使館に火を放って長崎へ敗走し、クーデター派は敗退。日本公使館に逃げ込まなかった日本人居留民、特に婦女子30余名は清兵に陵辱され虐殺された。その有様は通州事件に似ていたという。

この部分は、本エントリの脱亜論に深く関連する部分なのでよく覚えて頂きたい。
ようは閔妃をはじめとした、朝鮮の王族らは「自らの身」が一番大切であり、下がるべきでない部分で下がってしまったのだ。

近代化がなされねば、欧州列強もしくはロシア、またはシナ(原文ママ)に屈し、
独立国としての立場を失うのは明白だった。
それは朝鮮人のためにも、朝鮮の王族のためにも(無論、我が国のためにも)なった。

にも関わらず。
福沢諭吉らの願った流れではなく、
近代化の風に逆らい、保身に走ったのだ。

 

日本に例えれば、こうだ。
徳川幕府が、ペリーを始めとした列強の手を握り、
坂本龍馬ら、維新の志士が惨殺された、と。

それは、他国に主権を奪われるに等しい判断であった。
現代の韓国が、閔妃を悲劇のヒロインとしているのには、ここにも理由があるように思う。
当時の朝鮮の主権を、自らの保身のために、大国に売り渡した「国家への裏切り者」だからだ。

 

 

▼朝鮮維新、その後
開化派による新政権はわずか3日で崩壊。
計画の中心人物だった金玉均らは日本へ亡命することとなった。
文字が苦手な方は、日露戦争物語(坂の上の雲がベースのため拒否感のある方もいるかもしれない)をお読みください。

残った維新志士ら、及び亡命者ら処刑。また幼児を含む三親等までの近親者が残忍な方法で処刑された。
金玉均の妻子らも生死不明で行方知らずとなったが、10年後、東学党の乱を鎮圧中の日本軍が偶然発見し、ようやく保護される。(その時の2人は実に憐れむべき姿だったという)。

また金玉均は日本各地を転々とした後に上海に渡り、1894年(明治27年)3月28日に刺客洪鐘宇(ホン・ジョンウ)に暗殺される。金玉均の遺体は朝鮮半島に移送された後に凌遅刑に処せられ、五体を引き裂かれたのち朝鮮各地に分割して晒された。

凌遅刑とは、生きたまま体の肉を少しずつ削ぎ落していくという殺し方で、身体をバラバラに分解していく。
色んな種類があるが、あまりに残酷なため詳細は説明しない。
少なくとも画像検索はしないほうがいい。

 

wikipediaの凌遅刑の項目に、凌遅刑の後、晒し首にされた金玉均が掲載されている。
見たい方のみご覧ください。(これでもマシなほうなので、画像検索は本当にしないほうがいい。)

クリックして下さい!

 

 

 

▼脱亜論の、一か月前の福沢諭吉
ちょうど一か月前の2月26日、以下の記事を投じている。
朝鮮維新が失敗に終わったのは、その前年の12月である。

人間娑婆世界の地獄は朝鮮の京城に出現したり。我輩は此国を目して野蛮と評せんよりも、寧ろ妖魔悪鬼の地獄国と云わんと欲する者なり。而して此地獄国の当局者は誰ぞと尋るに、事大党政府の官吏にして、其後見の実力を有する者は即ち支那人なり。我輩は千里遠隔の隣国に居り、固より其国事に縁なき者なれども、此事情を聞いて唯悲哀に堪えず、今この文を草するにも涙落ちて原稿紙を潤おすを覚えざるなり。

— 『時事新報』明治18年(1885年)2月26日

現代語に意訳してみる。
これは私のカン、「私にはこう読めた」という程度のいい加減なものである。
(このような現代語訳に長けているわけでも、なんらかの訓練を受けたわけでもないことを付記したい。)

「この世の地獄が朝鮮のソウルに出現した。
私は、すでに野蛮な国というレベルでは足りず、妖怪や悪魔の地獄の国と呼ばせて頂きたい。
地獄絵図を作ったのが誰かと言えば、(保身のみを考えた)国家官僚らであり、その後ろ盾となったのはシナ人だ。

私は、遠く離れた隣国にいる、ゆえにシナ・朝鮮に縁はないのだけれど、
このような事情を聞くに
ただ悲しくてたまらず、言葉を紡ごうとは思うのだが原稿用紙に涙がおちてしまうのだ。」

私には、ただ友を悼む文である、
そのように読めた。

金王均だけではない。
本稿で私が朝鮮維新と呼んだ壬午事変(もしくは朝鮮事変)において、首謀者の一人であった金長孫を始め、10名以上が凌遅刑に処された。

福沢諭吉の気持ちが、理解できるだろうか。
貴方ならどうか。
友人であり、同志であった者が、このような目にあったならば。

共に天下国家を語り、彼の国の才媛、
欧州列強と共に戦うべく、富国強兵を誓う朋。

皆殺し、である。

 

 

▼敗北宣言としての脱亜論。
これは近代化をうながすための、「明治維新」を朝鮮半島に輸出しようとした福沢諭吉らの敗北宣言の側面もある。
そして、「もう、わしは知らん!」と匙を投げた宣言でもある。
その側面は否めない。

敗北宣言にも読めるのだ。

 

 

▼朝鮮半島の愛国者に宛てた弔いの言葉
脱亜論は、友であった金玉均らに宛てた弔いの言葉たちでもある。
そして金玉均らは確実に愛国者であった。
その点は否定できない。
現在の韓国人・北朝鮮人も、否定する者はおるまい。
むしろ、閔妃こそが批判されるべき売国奴である。

私は、維新の志士たちを実は一概には評価していないのだけれど(後述)
明治維新に携わった愛国者らと同様、自国を愛した、命を賭して祖国のために立ち上がった者に他ならなぬ。
それが他国であれ、愛国者には敬意を払うべきだというのが私のスタンスだ。

 

 

※特記 私は佐幕派
不器用でも古臭くとも、状況が悪くとも。
諦めず北の地まで戦い抜いた新撰組のほうが好きなのだ。
白虎隊とか会津とか、維新軍ってひどいよね、と思う。

赤報隊の件なんて最低だ、と。
いまのメディアの捏造報道、下請けに責任おっかぶせた件と変わらぬ。
KY事件とカメラマンのようである。

新撰組なんて、そこらへんの腕っ節のいいあんちゃんの集団じゃないか。
さして幕府に縁があるわけでもないのに、
いわゆるヤンキー兄ちゃんたちが刀に生きて、
そして裏切らず、少数精鋭でも戦い抜く。

松下村塾の教えを否定する立場ではないけれど
私は、愚直に幕軍のように生きたいね。
趣味のレベルではあるが、私は維新は好かん。
うまいごとやった坂本龍馬も好かん。あれはスラップ訴訟の走りだろ、と。
大阪維新の会が苦手なのはこれが発端。

 

土方歳三をテーマとした歌。
『心は清き水かがみ』

 

 

▼シナ・朝鮮が批判できない理由
それはシンプルであろう。
自国の愛国者に、他の国から弔電が届いたのだ。
破り捨てることは、道義にもとる。

その愛国者らは、朝鮮半島の独立を夢見て、近代化を果たさんと命を賭した。
それに対し、三親等内の近親者を残酷に虐殺。

強く批判し、嘆きの言葉が出てくることは自然なことだ。
そこに込められた、友への弔いの念を思えば、脱亜論を批判・否定することはおかしい。

 

 

▼脱亜論の後の論説
半年をまたずして「もう匙を投げた」宣言。
明治18年8月13日の記事である。

「朝鮮人民のためにその国の滅亡を賀す(朝鮮滅亡論)」
国際情勢を鑑みれば、あの国の独立・近代化はもう無理っぽい。
国民としての栄誉、生命と私有財産の保護が行われないのであれば、イギリスやロシアの(植民地として)治めてもらったほうが、あんな朝鮮政府よりかは朝鮮の国民はなんぼかマシではないか、というもの。
その文末を記す。

故に我輩は朝鮮の滅亡、其期遠からざるを察して、一応は政府のために之を弔し、顧みて其国民の為には之を賀せんと欲する者なり。

— 『時事新報』1885年(明治18年)8月13日

現代語に意訳してみる。
「もう、近いうちにあの国は亡ぶだろうからさ
朝鮮政府には、一応、残念だったね、というけれど
そこに住む国民には、よかったね、と言いたいわけよ。」である。

完全に匙を投げている。

 

 

▼「脱亜論」前後の流れ
これがないと、脱亜論が何かわからない。

明治17年12月4日
「甲申政変、勃発」
本項では朝鮮維新と記した事件
のちクーデター政権は倒され、首謀者・その近親者の虐殺。

明治18年2月26日
「朝鮮独立党の処刑(後編)」
ソウルに地獄が出現した。
→涙ににじむ原稿用紙。

明治18年3月26日
「脱亜論」
→朝鮮政府への嘆き、友への弔電

明治18年8月13日
「朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す」
→もう匙は投げました。

参考
相当に改変、追記をしているため出典ではなく「参考」とさせて頂きます。
物事の推移については原文ママの個所もあります。

wikipedia:脱亜論
wikipedia:甲申政変
wikisource:朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す

 

 

▼福沢諭吉は、単なる文豪ではない。
実は、結構、えらい。
偉いのは知っていると言われそうだが、それは文豪としてではないのだ。
度々、政治の場に出てくる。
没後は衆議院において満場一致で哀悼を決議。

下級藩士の産まれであるが、維新前後を経て政界にも強いパイプを構築、
現在、議員に対して思われるような政治家のイメージではないが
政治活動家であり、国家に強い影響を有する実力者であった。

 

 

▼福沢諭吉に感謝すべきは誰か。
ネットの嫌いな朝鮮半島のことを悪く言ってくれたゆえ、保守層が礼賛する。
これはこれで悪くはないが、本当に感謝せねばならないのは、朝鮮人たちだ。
ここで言う朝鮮とは、かつて統一されていた、清国の属国であった朝鮮半島に住む者、住んだ者、その末裔たちである。

朝鮮の独立と近代化を真剣に考え、
必死に支援した「朝鮮人が感謝すべき存在」が福沢諭吉であり
横暴な朝鮮政府に対しての嘆き、友への弔電として脱亜論はある。

朝鮮のことを思ったがゆえの脱亜論であり
朝鮮に住む国民を思うがゆえの、「朝鮮人民のためにその国の滅亡を賀す(朝鮮滅亡論)」である。

さじを投げた、と書いた。
それまでは、必死に朝鮮のため、近隣諸国の近代化のため粉骨砕身、努力していた当事者なのだ。

 

 

再度、昨日、紹介した脱亜論をお読み頂きたい。
文末には、クイズと書きましたが、その答えに相当するのがこちらのエントリです。
【資料】脱亜論の原文と現代語訳~福沢諭吉の生きた時代①

情報リテラシーの側面があるとも書きました。
目の前に出てくる言葉たちは、恐らく昨日とは異なる物として目に映ることでしょう。
ネットで拡散されている要約には、明治維新のくだりが欠けており、その時代背景の詳述がないためです。

また、教育現場で触れる際も、朝鮮の維新に相当する甲申政変、その関連を触れていないからです。
その時代に生きた者が、その時代において見たであろうものに思いを馳せることができねば
当時の文章などは読み解けはしないのです。
当たり前のことです。

これが私が皆様に伝えたかったことです。

興味深いな、大事なことだな、と思って頂けましたら
FBでのシェア、RTで拡散して頂けますと幸いです。

 

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

朝鮮人こそ「脱亜論」を感謝すべき理由~福沢諭吉の生きた時代② への24件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    朝鮮人こそ「脱亜論」を感謝すべき理由~福沢諭吉の生きた時代② 前回のエントリからの継続になる。 前項においては、現在でも通用する「脱亜論~福沢諭吉」について触れた。 文末において、CHINA・朝鮮は、脱亜論を批

  2. ピンバック: 【資料】脱亜論の原文と現代語訳~福沢諭吉の生きた時代① | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  3. 一郎 のコメント:

    今更ながら、自分の無知を知り、勉強させていただいております。

  4. ふぃくさー のコメント:

    大変勉強になりました。
    ありがとうございました。

  5. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、連日にわたる脱亜論への論説ありがとうございます

    いい年をしてなにもわかっていない現状には恥じ入るばかりですが、仕方ありません。わりきって、いい年ですが学習をこれからも続けるのみです。投稿に感謝します。

  6. こたママ のコメント:

    大変失礼ながら、このエントリーとは関係ないコメントをお許しください。
    強いて言えば、この2つ前のエントリー、
    「森友学園へのメディアスクラムと共謀罪、メディアは被害弁償せよ!と思ったらシェア」に関連しています。

    小坪市議のご指摘どおり、
    マスメディアと野党はテロ等準備罪の法案可決を是が非でも阻止したい、
    そのために血眼になっている、というのが現状だと思います。
    そこまでしてもマスメディアが反対するのであれば、
    よっぽど日本の為になる物なのだと確信いたします。

    持ち出してきた安倍総理・自民党叩きの題材は苦し紛れな物ばかりで、
    ことごとく自身へのブーメラン確定事項ばかりです。
    狙いをすべてはずした【スカ】であるばかりか、
    この先来るであろうブーメランの飛来を彼らは長い間びくびくして過ごすことになるでしょう。
    子供を巻き込んで脅迫までしているのです。
    自業自得です。

    マスメディアではその報道を流さないでしょうが、
    今はネットニュースがあり、DHCテレビも4月1日には開局します。
    楽しみですね。

    ご自身は「全力で賛成」でないお立場ですが、
    可決すべきとお考えとのことですので、こちらにお願いにあがりました。

    少しでも世論を作って後押しをしたいという思いから、
    ツイッターで賛成者を募る運動を始めました。
    安倍総理と衆議院議員の政党の公式ツイッターIDをくっつけてあります。

    もしよろしければ、RT、および応援をいただきないでしょうか?
    お知り合いや同志の方々にも拡散いただければ幸いです。
    皆様、どうかよろしくお願いいたします。

    テロ等準備罪の成立に賛成の方はRTお願いします!
    安倍内閣・国会に国民の声を届けましょう!
    https://twitter.com/kotamama318/status/837486249367769089

    時間が差し迫っている案件のため
    関係のない所に長々と大変失礼いたしました。

    • 草莽の団塊 のコメント:

      こたまま様、さきほど、リツィート!で拡散かつ、フォローもさせていただきました。情報ありがとうございます。

      • 月光仮面 のコメント:

        皆様 この法案は絶対に必要です そしてこれだけでは
        駄目です 皆様 ちょっと前官邸の屋根にドローンが
        落ちてたのを気付かなかったとか ハングル文字のポリ
        容器が流れ着いたとか この前は気球が数機流れてきた
        とか ありますね そうそう 船だって流れ着いています
        さて この中に サリンや毒ガスが入っていたら 日本は
        終わりです そんな事柄が ちょくちょく おきています
        これを防止する法案も必要があります 

        • こたママ のコメント:

          草莽の団塊様

          リツイートいただきありがとうございます!
          フォローもしていただいたのですね。
          基本的に、同じ志を持つ方は全てフォローバックさせていただいています。
          まだ出来ていなくても、必ずフォローバックしますので、少々お時間をいただきますようお願いいたします。

          月光仮面様

          この法案は絶対必要だと私も思います。
          ご指摘の数々の不穏な事柄は、電車のものと同じく予行演習なのでしょうね。
          恐ろしいことです。

          国民の声を直接届けたくて、ツイートを流しました。
          出来るだけ多くの賛成の声を安倍総理にお届けしたいです。ちなみに、野党の公式アカウントにも届くようになっています。

  7. 西 のコメント:

    自分も、朝鮮半島は一度滅びるべきだと思っています。滅びるというのは、朝鮮半島に蔓延っている「朱子学」と「儒家」の思想を捨てるべきであるという事です。

    朝鮮半島にも、確かに「例外的に」まともな(朱子学や儒家思想の危険性を理解している)朝鮮人も存在しています(いました)が、そういった者は、朝鮮半島の中においては「反社会的」な存在であり、日本で言えば、極左、国賊、売国奴となるわけです。

    朱子学や儒家の思想による「小中華思想」が、支那を唯一の宗主国として、日本を朝鮮半島よりも「格下の国」と位置付けており、彼らにとってみれば、「格下の民族」である日本人から、政治指導をされるなんて言語道断というか、あってはならない事だったという事なのでしょう。

    金玉均とその周辺の者達は、朝鮮半島の近代化の改革者として、唯一可能性があった人物だったと思いますが、それらを「朝鮮王朝」および「支那皇帝」への「背信行為」として、閔妃が、処刑してしまった為、結局のところ、朝鮮半島は近代化できなかったどころか、日本に面倒な問題(戦後の朝鮮半島の植民地支配などという、被害妄想)を持ち込まれ、更に併合してしまった事と、敗戦によって、現在では「在日問題」や「強制連行説」などで「苦しめられている」わけですね。

    正直、現在でも、彼国の精神自体は100年前から進歩が一切ないと思われます。確かに一部「まともな」者がいても、「親日派」として朝鮮社会の中で圧殺されるだけで、台頭する事はありません。

    あの国が近代化するなんて、限りなく0%に近いと思います。日本は、多大な犠牲を払いましたが、結局はあの様で、むしろ国内に厄介な問題を抱える事になりました。

    もう、彼国と関わるのは御免ですね。一度、彼国が滅んだ後に別の思想でもって、国を再建するか、別の国(支那、北朝鮮以外、ロシアも微妙、西側諸国が望ましい)に統治してもらった方が良いと思いますね。

  8. 旧新人類 のコメント:

    詳細な解説ありがとうございます。こういう歴史ミニ授業を拡散・共有してゆけば若い人たちの東アジア近現代史の理解が深まると思います。ところで国会で麻生副大臣が朝鮮半島有事の際には、「武装難民を含む数百万人の難民を想定しなければならない」と答弁したそうですが想定したところで、どうすればいいんですかね。有事って目前に迫っているんじゃないですか。。。今日の小坪先生の記事にもありますが、これまで半島の民族がやらかした暴虐非道の数々(日本人に対して&ベトナムでも)を考えたら、武装難民はおろかその他難民の受け入れも断固反対です。半島・大陸側に巨大難民キャンプでも作ってそこに収容すればよい。そんで、カップラーメンでも送ればいいと思います。

  9. 蠢動深夜 のコメント:

    ここで閔妃の名を目にする事になろうとは。
    バファリン作戦からもう10年以上たったんだなぁ。

  10. テロ指定共産党 のコメント:

    朝鮮半島の既存国家消滅を目前とした時期に、脱亜論のエントリーに感謝します。

    朝鮮民族のために地獄を体験させ、気付く者が現れることを願うしか有りません。

    「心を鬼」にするときです。

  11. ぽのかのぽん のコメント:

    もし福沢諭吉が、朝鮮半島は2000年前からシナの属国だったという事実を
    知っていれば、果たして金玉均を支援しようとしたでしょうかね?・・・

    某掲示板などでも、南朝鮮人に対する様々な書き込みがあります。
    ・THAADの件で中国から経済制裁をくらってビビってるww
    ・アメリカと中国の間でバランス外交してホルホルしてた罰だww
    ・反日に明け暮れてTHAAD問題の現実逃避してる場合か?ww
    などなど・・・

    しかし、上記の書き込みには、南朝鮮人に対する軽蔑もありますが、と同時に
    「なんでこんな簡単なことが分からない?」
    「なぜ国民が一体となって大国に立ち向かおうとしない?」
    という、「歯がゆい」「哀れだ」という感情も混じっているのかもしれませんね。

    元寇や日露戦争や大東亜戦争などが好例ですが、日本人は遺伝的に
    国民(官民)一体となって大国と戦えるのが当然だと思うあまり、
    南朝鮮にもそれを求めてしまっているのでしょうね。

    しかし、残念ながらそれを朝鮮人に期待するのは100%無理というものです。
    事大主義のDNAは、朝鮮人の脳みそを完全に支配しています。

    結局のところ地政学が、その国に住む人間のDNAを決めるのであり、
    中国から経済制裁をくらえば、それに反発するのが欧米人や日本人ですが、
    朝鮮人は、本能的に屈してしまうのです。

  12. 月光仮面 のコメント:

    もう一度 読み直したいと思っています 何も知らないとは思っていました
    維新の時代新撰組しか関心がなく 最近 坂本竜馬を知りました そして
    福沢諭吉ですね さて 政治家の皆様 ここなんです 皆様の名前は必ず
    歴史に残ります のちの日本人に こいつは こいつが この人の邪魔を
    した など 残りますよ 日本の恥こいつがいなければ日本はもっとよくなってた
    と言われないようにするべきです もう遅い方がハトポッポこの方と数名は
    もう歴史に刻まれましたね 悲しい事です
    そして最近日本人とチャイナ朝鮮人とは 遺伝子的にも違うと言われていますよね
    どちらが良いとか言っているのではないのです 日本人とは違うものだと
    違う生き物だと言っているのです その昔日本人は野蛮な紳氏と言われていた
    そうです 行列の前を馬でやってきた白人を走りながら切り殺した武士が
    居ました (走りながら切るのは至難の業だそうです)国に帰り腹を切った
    そうです 逃げたり騒いだりしないのです 自分で死を迎えたのです
    日本人は人に迷惑をかけるなと言われ育ちます さて これは貴二国の
    育ち方はいかがでしょうか 垣間見たところ 空港で女性が係員をなぐった
    とかニュースで見ますね ピーナッツが袋ごと出された これ見ただけで
    日本人とは違う だから 日本にかかわらずに貴二国の文明を栄えて
    欲しいと思います 桜がどこから発生したかなど知りませんが 日本の
    桜は 日本の桜なのです かかわらないでほしいです ね

    • 月光仮面 のコメント:

      そうそう もう一言言わせて下さい 東条英機 この方 悪者と
      して歴史に残されたと思いますが 真実が それを許さないようですね
      名前にかかった砂埃も 真実が 払いのけて 名前が最近見えて来た
      ようにおもいますね 信に日本のために生きた政治家は必ず残ります
      政治家の皆様 日本のための事をおこなってください 日本を壊す
      これは今はテロリスト その昔は 賊 です どうか どうか
      日本のための英雄におなり下さい よろしくお願いします

  13. 東京都56歳 のコメント:

    132年前の出来事。
    25年を1世代とすれば、
    5世代+7年。

    5世代の長きにわたって、
    その性質が、
    さらに、
    ブラッシュアップされているのかも。

    そう考えると恐ろしい。

    進化論とは、要するに「環境適応」
    「進化」
    という表現の妥当性はともかく・・・

    環境適応性が高ければ生存確率が向上し、
    相対的な存在確率を高め、
    適応性が低い種は淘汰される。

    少なくとも5世代にわたって、
    その「進化」や「淘汰」が進行した。
    そして、
    「進化」した種によって、
    より生存しやすいように、
    環境も「進化」したのだろうか。

    その意味で、
    人間社会の「進化」は、
    自然界よりも、
    高速で進行することが可能。

    最も高速だったのは、
    あるいは、
    日本の戦後だったのかもしれないが・・・

    幸いなことに、
    戦後以降に「進化」した種が、
    戦後70年≒約3世代に相当する期間で、
    ようやく、淘汰されつつあるが・・・

    半島にも、
    そのチャンスはあったのだろうが、
    日本の敗戦によって、
    リセットされてしまった。

    その「チャンス」世代も、
    「環境」には適応できないうえに、
    生物としての寿命には勝てない。

    そろそろエンドロールの時間か?

    トランプ大統領を見習って、
    日本海に壁でも設置する準備でも・・・

  14. 金 国鎮 のコメント:

    誰が何を言うのは自由です。
    朝鮮のことは朝鮮人が決めることです。
    日本人が中国人がロシア人が言うことではありません。
    朝鮮の内情が何であるのか皆さんは関心がありません。
    朝鮮の些細は話が集積して朝鮮が出来上がっています。
    それはこれからも変わりません。

    トランプ政権が出来上がりました。
    トランプの背後には多くのアメリカ人の期待があります。
    これも同じことです。
    彼らを理解することはアメリカの権力について話をすることとではありません。

    ことほど左様に異なった文化を理解し愛情を持つことは厳しいことです。

    • ぽのかのぽん のコメント:

      金 国鎮さんの言ってることが完全に正論ですね。
      朝鮮のことは朝鮮人が決めるべきです。

      この記事のタイトルの「朝鮮人こそ脱亜論を感謝すべき理由」
      こそが、日本人の独善性を表しており、朝鮮の人々からすれば
      それこそ、余計なお世話でしょう。

      小坪先生は「韓国に米軍があること(韓国が西側の価値観であり続けること)には、日本にとって価値があった」と考えていることからも
      それが分かります。

      要するに、福沢諭吉も、小坪先生のような自称リアリスト派の主張も、
      朝鮮半島の人々にとっては善意の押し付けでしかないわけです。

      日本人と韓国人の間で、日韓併合は「同盟か」「侵略か」で
      言い争っていますが、完全に無意味な論争であり、
      あの当時、日本側がお節介して余計なことをしたのが間違いだったので、
      同盟か侵略だったかの定義など些末なことだと思います。

      韓国や中国の方が、ネット上などで「我々は日本軍に虐殺・強姦された」
      と主張していますが、このことを、日本人として本当に有難く思います。

      そうでもしないと、また日本側から余計なことをしたがる人が現れて
      しまうからです。(福沢諭吉や小坪先生のような)

      私は日本人であり、保守を自称していますが、だからこそ
      韓国や中国が日本軍の(嘘の)大虐殺や強姦を世界中に宣伝することを
      あえて止めて欲しいとは思いません。

      ここから先は、全ての日本人に向けて言いたいことですが、
      仮にこの先、韓国がロシアの属国になり、韓国にロシアの軍事基地が
      新設されようと、中国の属国になり、韓国に中国のミサイルが配備
      されようとも、「それはそれ」であり、日本にとって脅威でも何でもない
      と断言します。

      その証拠に、中国が欧米列強に蹂躙されていたアヘン戦争当時、
      日本は欧米から戦争を仕掛けられましたか?違いますよね。

      中国が義和団事件で制圧された当時、日本は欧米から戦争を
      仕掛けられましたか?違いますよね。

      要は、日本は中国や朝鮮を助けることなく、欧米諸国のみと
      政治&貿易をしていれば、それでいいのですよ。かかわったら負けです。

  15. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    本当に勉強になります、そして日本にはまだまだ沢山素敵な文があるんでしょうね。
    ても市議の言葉は届かないでしょうね…

    【韓国】国民10人中9人、根拠もなく勝手に思い込む「認知バイアス」に該当
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8810154

    マスゴミは善意や良心を持たず、かつ無責任なサイコパス

    TBS『ビビッド』、ホームレスを中傷&やらせも発覚 HP上で謝罪「不適切な手法だった」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/50777145
    297: 名無しさん@1周年
    >>209
    >>1の内容よりも遥かに酷いなコレ。
    ホームレス問題や不法占拠への問題提起では無く化け物扱いしてヤラセ演技までさせて弄っただけか。
    局全体がそういう過激報道スタンスで行くなら未だしも別枠では人権を尊重して〜とか言ってるのに倫理観無さすぎだろ。

    67: 名無しさん@1周年
    いや、やらせじゃん
    HPで謝罪じゃなくて番組内で発生経緯と対策説明しなきゃいかんでしょ

    以下は余談ですが、こんなのが最近まで続いてたのがすごいと思いました

    アイルランド
    人権という概念が崩壊した過酷な支配
    ttp://syouji.m.blog.jp/article/1064057828

  16. 日出処の天子 のコメント:

    私は、この金玉均と福沢諭吉の悲劇的ストーリーを歴史の(高校)教科書で学んだ記憶があります。現在の教科書では教示していないのでしょうか?
    金 国鎮さんのコメントはまさに的を得ていると思います。
    日本人は少々おせっかいが過ぎて自縄自縛になりやすいのでは?

  17. 月光仮面 のコメント:

    明治維新をおえて 福沢諭吉や伊藤博文たちが 今の日本人のバカさ加減を
    今生きていればなんと言うだろうか 皆さん チャイナが「中国軍事予算伸び
    「7%前後」初の1兆元突破へ」だそうです 松下幸之助は チャイナで
    井戸を掘ってあげたそうです この恩を忘れないとおだてられ(真実か不明です)
    日本の企業はチャイナに金をばらまきました 日本の政府はいまだに援助
    しています そのあげく その金や技術で 小日本を滅ぼせと言われています
    数年前 尖閣を国有化したとして 日本たたきがおきました 明治維新を
    生きた日本人が今の日本人をみて嘆くだろう叱るだろう 日本人が日本人の
    道を描くない民族になってしまったのだと思います 防衛費を上げるらしい
    です 2%を超えてもまだ足りないと思います でも やっと今頃上げると
    検討していると言うのです はがゆい思いです でも 皆さん この防衛費を
    あげる事が出来ると言う事は 日本も少しまともになりつつあるのかも
    知れませんね 皆で 新しい日本を迎え生まれるところを 皆さんで
    見ましょう 以外にすぐそこかも知れませんよ

    • 月光仮面 のコメント:

      明治維新で日本は近代化に歩き出しました そして 改憲です
      今の日本人が行うことは改憲ではないでしょうか 福沢諭吉や
      伊藤博文たちに 負けない 日本人が出現してほしいと思います
      イザ 改憲 新しい日本へ

  18. ピンバック: 【通州事件】日本人はなぜ虐殺されたのか【伝えるためにシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です