【漫画でわかる】赤旗押し売りの実態。女性係長に赤旗襲来!【ひどいと思ったらシェア】


 

 

この漫画は、共産党市議による【政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘・配布・集金について】の問題を、一般有権者向けに説明するために作成された政策資料です。

議員である私自らがが目にした実態をベースとしております。
併せて、出典・奥付は、報道のみならず一般質問の議事録としており、極めて真面目に作成されたものです。

万が一、爆笑してしまった人がいたとしても当方の意図するところではありません。

※特記
パワハラ購読をさせられる女性係長は杉田水脈先生とは関係ございません。(と言っておきます。)
また、行橋市議会には「徳永克子(共産党行橋市議)」という私の政敵がおりますが、漫画に出てくる方は別の方です。

 

関連

 

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
13627143_1096954377042112_2174022576516901742_n

 

 

 

 

赤旗襲来!女性係長の苦悩
それでは漫画をお楽しみください。

 

001_001

 

002_001

 

003_001

 

004_001

 

005_001

 

006_001

 

8

 

9

 

55a874c6194228e18eea8c80f7b5cc0e

 

10

 

共産党市議の圧力によって赤旗を購読させられる市職員

 

その他の報道資料は、以下にてまとめております。
【共産党が隠す実態】公務員に赤旗押し売りで資金源?【弱点はココ!】

 

 

 

地方議員の皆様へ
本件は、一般質問をベースに追及した案件です。
十万人未満の地方都市、恐らくは名を知らぬ方も多いであろう福岡県は行橋市。
全国から見れば無名の田舎街と言われるのかも知れません。私はそんな町で、町を守るため必死に戦っております。

先般4月の行橋市議選において二期目のスタートを切らせて頂きましたが、この案件を手掛けた際、私は一期生でした。
一期も務め上げぬ新人風情が!と笑い飛ばされることも覚悟しておりましたが、全国の諸先輩方、その多くはお会いしたこともない先輩方の厚情に救われ、「しっかりとした政策課題」として全国に広く周知させることができました。

 

ついに、政権与党・自由民主党が動く。
これは党本部が動きました。

自治体職員への「赤旗」勧誘 自民党が実態把握の通達

2014.7.15 22:58

 自民党が、地方自治体で共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の強引な購読勧誘が行われている事例があるとして、各都道府県連に対し、注意喚起と実態把握を求める通達を出していたことが15日、分かった。

 通達は竹下亘組織運動本部長名で先月18日付で出した。通達は、福岡県行橋市で共産党市議らが市職員に対し、庁舎内で赤旗の購読勧誘や集金を行ってきた事例を紹介し、「議員の立場を利用して半ば強制的に地方公務員に購読させているなら看過できない事態だ」と指摘。議員の地位を利用したり、庁舎管理規則に反した強引な勧誘が行われたりしている可能性があるとして、「必要な対応」をとるよう呼びかけている。

 共産党の地方議員が自治体職員に赤旗購読を勧誘するケースは、行橋市のほか兵庫県伊丹市、神奈川県川崎市などで表面化。同県鎌倉市では「職務の中立性」を理由に、今年度から庁舎内での政党機関紙などの販売を禁止している。

http://www.sankei.com/politics/news/140715/plt1407150005-n1.html

文字サイズが小さく読みにくいかと思いweb版を紹介しました。
以下は同じ記事です。

A-5

【赤旗問題】自由民主党から出された通達
pdfで全文閲覧する。(プリントアウト用)

 

しかし、まだ状況は不完全です。
公平性が担保されるべき庁舎において、また地方公共団体の施設において、歪んだ勧誘行為、市民の目に余る配布状況、違法と考えることが妥当な集金行為が横行しております。

庁舎管理規則は、執行部が管理しております。
国ではなく、地方が、です。
そこに法があろうとも、最終的な判断は地方自治体にあると当方は認識しております。

それを糺すのは、地方議員の責務であり、執行部の在り方を問うのは一般質問を置いて他にありません。

 

首相自らが、共産党との対決姿勢を示した今こそ好機。
一人でも多くの議員が後に続くことを信じます。

当方も改選後、初めての6月議会、さらに再質問を行いました。
また全国の若い議員が同種の質問を継続中です。
力を、不合理な現実と戦う力を、多くの若者が求めています。

 

もしよければ、以下の動画もご覧ください。
実際の、一般質問の様子です。(わかりやすい解説付き。)

【赤旗問題】一般質問「政党機関紙しんぶん赤旗の庁舎内での勧誘・配布・集金について」

 

 

 

全国の皆様へ
この問題が広く波及し、実際に事態を解決すべく動くためには。
「武器としての資料」が必要でありました。
拡散するに足る資料は、政治家の責務として揃えることができたと思います。

ただし、どんなに優れた資料であっても、人の目に触れねば効果を発揮しえません。
ネットで公開することにより、全世界に発信することはできますが、
それは全国の皆様が閲覧する(受信する)こととは違うのです。

一人でも多くの地方議員の元に、本資料が届きますよう、
そして現実が変わっていきますよう、皆様の力を貸してください。

 

 

おかしいものは、おかしい。

 

声を挙げる勇気、立ち上がる勇気。

 

見て見ぬふりはやめよう。

 

最前面には、私たち議員が立ちます。

 

一歩前に出る勇気を持ちたい。

 

賛同してくださる方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

関連

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【漫画でわかる】赤旗押し売りの実態。女性係長に赤旗襲来!【ひどいと思ったらシェア】 への7件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【漫画でわかる】赤旗押し売りの実態。女性係長に赤旗襲来!【ひどいと思ったらシェア】 この漫画は、共産党市議による【政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘・配布・集金について】の問題を、一般有権者向

  2. ひかりちょういち のコメント:

    コメントに有る「徳永かつこ」さんのブログです

    http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1575950/1587590/108642497

    いや〜、似た名前って有るものですね。もちろん、アカの他人の別人ですよね。

  3. 鳥海山たろう のコメント:

    ネットで過去のニュースを検索したのですが、この「共産党市議が赤旗を勧誘している」というニュースを産経以外の新聞社がどこも報じてないのが異様に思いました。
    (私の検索もれでなければ、産経以外はネット媒体を除いてヒットしなかった)

    この問題については、橋下徹氏が大阪市長のときにも赤旗の購読調査などのメスをいれようとしましたが、「思想調査」をしているとの理由で訴えられて反撃を食らいました。
    左翼の痛いところに触れたのでしょう。

    橋下氏も、「共産党が政党助成金の廃止を訴えているが、全国の役所が赤旗を購入して大変な金額を払っていて、これが共産党にとっては政党助成金みたいなものだ」と指摘しています。

    ここにメスをいれたのは、他には、川崎市の阿部孝夫市長など。
    このときは、公明党市議が「共産党市議が地位を利用して市職員に赤旗を勧誘している」と問題提起して、阿部市長が「市議の圧力によって購読したとすれば大きな問題」と対応を約束しましたが、共産党勢力から返り討ちにあいました。

    当時の川崎市役所で政党の「機関紙」を勧誘していたのは共産党市議だけたったので、川崎市役所の職員が、これは共産党に関する調査だと察知して、弁護士などを巻き込んで反撃を開始したようです。

    市役所の職員の方々は勇気をもって、不正な圧力と闘ってほしいです。

    そもそもが、普通の企業などで赤旗を置いているのを過去に見たことがありません。せいぜいが、共産党支持の散髪屋くらいでした。

    市役所など公共機関で、赤旗が異様な割合で読まれているとすれば、一般人からすると、かなりの違和感があります。
    まず、この実態を広く認知してもらいたいです。

    真剣に購読している場合、いったい何が欲しくて、市役所職員が赤旗などを読んでいるのか。
    愚にもつかない変態記者とか変態評論家によるゲスの勘ぐり情報なんかを読んでは、(暇な時間つぶしのため)同僚との愚痴こぼしに使えるネタ探しでもしてるんだろうか・・と想像されます。

    たいていは、共産主義思想に狂った若い青春時代を甘ずっぱい思い出で振り返るしか能のない、団塊世代など老世代が中心であるでしょう。

    若い世代で共産党を強く支持するようなのは、そもそもが思考が偏っていて、市役所に採用される確率も低いのではないかと思います。(むかしの縁故採用をのぞいて)

    私の知人で共産党支持者は何人かいましたが、「共産党に何をして欲しいか?」と聞いたら、その一人は「皇居をつぶして、全部開放して公園にしてほしい」と言ってましたね。
    (私は「あっ、そう」と言うのが精いっぱいで、その後、そいつと関わるのを止めました)

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    以前、スラップ訴訟に関しての問題点を採り上げていらっしゃいましたが、この赤旗も無関係では無いのではと推測しております。
    一般人ですと訴訟を起こすには結構な覚悟が必要ですが、これには経費と労力との折り合いを考えた際に躊躇してしまうのも理由でしょう。
    しかし、反日勢力は躊躇無く訴訟を起こします。
    裏を返せば、それだけの経費と労力を割いても事足りる収入、或いは資金がどこからか流入しているからだと推測出来る訳です。
    そんな資金は、どこから湧いて来るんでしょうね?

    もっとエゲツない邪推をすれば、赤旗購入と言うマネーフローを利用すれば、容易に資金洗浄も可能ですね。

    社会実験の一環として、一度赤旗の売上に大打撃を与えてみた際の、スラップ訴訟の件数や反日活動規模の増減などを、統計として分析してみたいものですね。

    赤旗マネーフローも考慮した場合、その勧誘行為や方法を問題視して、それをネタに叩けるだけ叩くのは非常に有意義でしょう。
    尤も、掲載の漫画にある様な勧誘を共産党が一切止めてしまえば、叩くネタを失ってしまいますが・・・。

    たかだか新聞ですが、その売上が『テロを利用する共産党』の収入源である限り、赤旗購読者もテロに与している事になりますね。

  5. 一郎 のコメント:

    僕ら国民に奉仕する公務員の方々が、その意に反して赤旗購入を余儀なくされている現状が疑われるならば、国や地方自治体は、国民の為に徹底的に調査をしてほしい。

    庁舎内に特定の政党をイメージさせる物品が見られるは不愉快だ。

  6. 共産党は矛盾だらけ のコメント:

    私はもう老人ですが、若い時に日教組組合員であったし、しばらく
    共産党にも入っていた。職場には10%職員が共産党員でした。
    職員会議では常に共産党員の発言が多く、一人党員が発言すれば
    他の何人かの党員がそれをホロウする発言が必ず続いた。
    で、学校運営は殆ど共産党で運営されているといってもよかった
    ような状況であった。そんな事情がわからない入党前の自分に
    3人の党員が何かににつけて、いろいろ仕事上の便宜を図り、
    手助けをしてくれて何かと助かっていた。
    職員会議の時も、私が発言すれば党員の誰かがホロウしてくれた。
    何年か経って入党を薦められ、恩義を感じて日本共産に入党した。
    入党して初めてああ、この人も党員とわかった。
    入党しなければ誰が党員かはわからない。5年ほど付き合ったが、
    いろいろ矛盾んを感じて、活動から身を引いた。その後職場では何かとやり
    づらかった。3年ほどで職場変われてやれやれであった。
    今では日本国家に対する諸悪の根源は日本共産党であると思っている。

  7. 生野区民 2 のコメント:

    これってアカの犯罪でしょ、それにモデルはテロ支援者の徳永(通名)とはwww
    公務員に議員が圧力って、議院辞職が妥当だと思う
    これが共産党の手口と言うのがよくわかる漫画、アニメにして全国に広めたいくらい
    共産党はこのような、犯罪行為は一刻も早くやめるべきだと思う
    全国の自治体で、それこそ政府主導で調べてこのような事が有る地域の議員は
    即刻議員辞職するべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です