【エフセキュア】ぱよちんリストに関するアンケート結果


 

 

大変、多くの時間を要してしまいました。計38名の方からアンケートの回答をいただきました。
リスト掲載人数から比較すると、相当数の結果だと思います。

逆に個人が特定されぬよう部分的に編集させて頂き掲載させて頂きます。
当然のこととして、数字については編集しておりません。
頂いた声については、選抜しての掲載、簡単に検索しても当該アカウントに到達できぬよう徹底的に配慮して掲載しております。

 

振り返りとして、本件に関するエントリを再掲させて頂きます。

関連
【政治家の目線】エフセキュアについて
貴方のマイナンバーや個人情報が、エフセキュア製品で管理されている可能性がある。貴方の納めた税金で。
エフセキュア社製品を地方行政から排除する虎の巻~議員向け資料
【拡散】エフセキュア製品、大手販売店で取り扱い中止。地方行政も民間に続け!
【政治家の目線】エフセキュア株式会社の致命的失敗。最悪は日本撤退。

 

特にエフセキュア社製品を地方行政から排除する虎の巻~議員向け資料については、重点的に継続しての拡散をお願いします。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12511911_972418572829027_1661585042_n

 

 

 

 

 

まず、貴方の身分を教えてください。
1 ぱよちんリストに掲載されている。
2 ぱよちんリストに掲載されていない。
3 ぱよちんリストに掲載されているか、わからない。

 

アンケート結果
1 38人中 18人 47%
2 38人中 1人 3%
3 38人中 10人 26%
その他 38人中 9人 24%

 

リスト掲載者からの声
リストへの掲載が確認されている方に限定した「実生活への影響」についてのアンケート結果です。

1)実生活への影響はありましたか?
A 職場などに連絡があった。
B 職場などに連絡があり、職場で指導を受けた。
C 職場などに連絡があり、職場でFacebookの退会を指示された。

 

アンケート結果
A 18人中 2人 11%
B 18人中 1人 5%
C 18人中 0人 0%
その他 18人中 15人 84%
頂いた声)
・周りに知らせても数人ほどですし、本名ではないので今のところありません。ネットで(伏字)のような晒しと取れるのはありますけど。

・取引先に右翼なんですか?と問い合わせがあった。

・へんなメールが来ました、計2通です。

・勤め先の会社名は友達までの公開でしたがリストに書いてあり、他の社員が発見したことで連絡がありました。

 

リストへの掲載が確認されている方に限定した「実生活への影響」についてのアンケート結果です。

2)実生活への影響はありましたか?
A 自宅などに連絡があった。
B 自宅などに連絡があり、家族に報告した。
C 自宅などに連絡があり、家族に相談の上、Facebookの退会を検討している。

 

アンケート結果
A 18人中 2人 11%
B 18人中 0人 0%
C 18人中 0人 0%
その他 18人中 16人 89%

 

頂いた声)
原発反対の友達の態度が変わり、冷たくなった。

 

3)リストに記載されていると答えた方にお伺いします。
A 記載を自分自身で確認した。
B 記載されていると知人より言われたが、自分では確認できなかった。
C リストを閲覧できていないため、自分ではわからないが私生活の変化から掲載されている可能性が高い。

 

アンケート結果
A 18人中 17人 95%
B 18人中 1人 5%
C 18人中 0人 0%
その他 18人中 0人 0%

 

リスト掲載されているかわからない方からの声
リストへの掲載が確認されなかった方、つまり「掲載されていない」という確認はとれなかった方からのアンケート結果になります。
どのような不安を感じているかの調査項目になります。

 

「ぱよちんリストに掲載されているか、わからない。」方からのアンケート結果です。

1)実生活への影響はありましたか?
A 職場などに連絡があった。
B 職場などに連絡があり、職場で指導を受けた。
C 職場などに連絡があり、職場でFacebookの退会を指示された。

 

アンケート結果
A 10人中 0人 0%
B 10人中 0人 0%
C 10人中 0人 0%
その他 10人中 10人 100%

 

頂いた声)
自宅・職場とも無しです。 ですが「自宅を特定されていたら?」という恐ろしさは現在も続いています。

 

「ぱよちんリストに掲載されているか、わからない。」方からのアンケート結果です。

2)実生活への影響はありましたか?
A 自宅などに連絡があった。
B 自宅などに連絡があり、家族に報告した。
C 自宅などに連絡があり、家族に相談の上、Facebookの退会を検討している。

 

アンケート結果
A 10人中 1人 10%
B 10人中 0人 0%
C 10人中 0人 0%
その他 10人中 9人 90%

 

頂いた声)
これまで一度も電話すらしてきた事が無い人物からいきなり電話が掛かってきました。

 

今後のFacebookの利用について
4)Facebookの退会を検討していますか?
1 ぱよちんリストに掲載されている。
A 自分自身、家族を守るため近いうちに退会したい。
B 退会したくないが、退会も検討する。
C 退会の予定はない。

 

アンケート結果
A 18人中 0人 0%
B 18人中 5人 28%
C 18人中 12人 67%
その他 18人中 1人 5%

頂いた声)
・馬鹿者の不当な圧力に屈する予定はない

・FBで知り合いになれた親しい友人も多いので退会は検討しておりません。

 

4)Facebookの退会を検討していますか?
2 ぱよちんリストに掲載されていない。
A 自分自身、家族を守るため近いうちに退会したい。
B 退会したくないが、退会も検討する。
C 退会の予定はない。

 

アンケート結果
A 1人中 0人 0%
B 1人中 0人 0%
C 1人中 1人 100%

 

4)Facebookの退会を検討していますか?
3 ぱよちんリストに掲載されているか、わからない。
A 自分自身、家族を守るため近いうちに退会したい。
B 退会したくないが、退会も検討する。
C 退会の予定はない。

 

アンケート結果
A 10人中 0人 0%
B 10人中 4人 40%
C 10人中 5人 50%
その他 10人中 1人 10%

頂いた声)
仕事のツールでもあり、現時点では退会は考えていません。ただ万が一、今後家族や職場等に迷惑をかけてしまう事態が発生した場合は、退会せねばならぬ可能性もあるかと思います。

 

上記において、退会の検討を行った方にお伺いします。
5)退会を検討した理由について選択してください。(複数可)
A エフセキュア元社員の意図的流出事件で危害が加えられる恐怖。
B FBは個人情報の記載を必須としつつ、ユーザー保護の概念が薄いため。
C エフセキュアに対しての調査指示など、対外的な方針説明がなされなかったため。

 

アンケート結果
A 9人中 7人 78%
B 9人中 7人 78%
C 9人中 6人 67%

頂いた声)
全部ですね。後同姓同名の方に、被害が行かないか心配です。

 

6)今後、Facebook上に今までのように個人情報を掲載しますか?
A 今後は公開しない。
B 今後は、厳しく選抜して公開していく。
C 今後も公開していく。

 

アンケート結果
A 38人中 6人 16%
B 38人中 19人 50%
C 38人中 9人 24%
その他 38人中 4人 10%

頂いた声)
・元々各情報の公開範囲を小まめに設定していたので、今後も継続します。

・会社は削除しようと思います。

・原則、FB自体をあまり信用していないので余計なことは極力登録しないようにしております。

 

7)今後のFacebook社の対応について
A 公式声明などの対応が必要。
B 対応の必要はない。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 38人中 26人 68%
B 38人中 1人 3%
C 38人中 3人 8%
その他 38人中 8人 21%

頂いた声)
・公式声明などの対応が必要。

・FBは利用者の安全の担保と、FBの政治的中立性・公平性、従前及び今後の対応について声明を出し必要があると考えます。

・情報漏えいの原因については、調査報告が必要と考えます。

 

 

 

 

 

 

 

コンプライアンス上の企業の動きについて
8)今後のエフセキュア社の対応について
1 ぱよちんリストに掲載されている。
A さらなる対応が必要。
B 対応は充分であり今後の対応は必要はない。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 18人中 16人 89%
B 18人中 0人 3%
C 18人中 0人 0%
その他 18人中 2人 11%

頂いた声)
さらなる対応が必要。

表向きだけでも事実関係と経緯の調査と公表を求めて糾弾していくべきだと考えます。

 

8)今後のエフセキュア社の対応について
2 ぱよちんリストに掲載されていない。
A さらなる対応が必要。
B 対応は充分であり今後の対応は必要はない。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 1人中 1人 100%
B 1人中 0人 0%
C 1人中 0人 0%

8)今後のエフセキュア社の対応について
3 ぱよちんリストに掲載されているか、わからない。
A さらなる対応が必要。
B 対応は充分であり今後の対応は必要はない。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 10人中 6人 60%
B 10人中 1人 10%
C 10人中 0人 0%
その他 10人中 3人 30%

頂いた声)
・小坪先生がブログにて表明されたご意見に完全に賛同いたします。

・あの会社には期待できませんので、対応を求めるだけ無駄と考えます。

9)今回のFacebook社の対応について
1 ぱよちんリストに掲載されている。
A 対応がなされていないことは不満足で残念だ。
B 対応の必要はなく、満足している。
C どちらでも構わない。。

 

アンケート結果
A 18人中 14人 78%
B 18人中 1人 5%
C 18人中 0人 0%
その他 18人中 3人 17%

頂いた声)
・対応がなされていないことは不満足で残念だ。

・非常に不満です。F社との取引先終了と他社への乗り換えを希望します。少なくとも日本国内においては。

 

9)今回のFacebook社の対応について
2 ぱよちんリストに掲載されていない。
A 対応がなされていないことは不満足で残念だ。
B 対応の必要はなく、満足している。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 1人中 1人 100%
B 1人中 1人 0%
C 1人中 0人 0%

 

 

9)今回のFacebook社の対応について
3 ぱよちんリストに掲載されているか、わからない。
A 対応がなされていないことは不満足で残念だ。
B 対応の必要はなく、満足している。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 10人中 7人 70%
B 10人中 0人 5%
C 10人中 0人 0%
その他 10人中 3人 30%
頂いた声)
・現時点で同社が何某かの対応をしたということは、私は一切確認していません。非常に残念です。

・情報の漏洩があったにもかかわらず、対応は不十分。セキュリティ管理の甘さが重大な問題になると考えます。

 

10)今回のエフセキュア社の対応について
1 ぱよちんリストに掲載されている。
A 対応が充分ではなく不満足で残念だ。
B 対応は充分であり、満足している。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 18人中 16人 89%
B 18人中 0人 0%
C 18人中 0人 0%
その他 18人中 2人 11%

頂いた声)
・対応が充分ではなく不満足で残念だ。

・少なくとも日本の公官庁や公共性の高い会社には、絶対に取引をしてもらいたくありません。

 

10)今回のエフセキュア社の対応について
2 ぱよちんリストに掲載されていない。
A 対応が充分ではなく不満足で残念だ。
B 対応は充分であり、満足している。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 1人中 1人 100%
B 1人中 0人 0%
C 1人中 0人 0%

 

10)今回のエフセキュア社の対応について
3 ぱよちんリストに掲載されているか、わからない。
A 対応が充分ではなく不満足で残念だ。
B 対応は充分であり、満足している。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 10人中 3人 30%
B 10人中 1人 10%
C 10人中 0人 0%
その他 10人中 6人 60%

頂いた声)
・完全にトカゲの尻尾切りと責任逃れでしかなく、責任ある対応といえるものは一切見えません。

・あの会社が信用ならない会社だということが分かっただけで充分です。

 

リストへの掲載が確定している方にのみ、お伺いします。
11)今後、Facebook社に対して政治的に「抗議声明」及び交渉を検討しておりますが、その際に名を連ねて頂けないでしょうか?
A さらなる対応が必要。
B 対応は充分であり今後の対応は必要はない。
C どちらでも構わない。

 

アンケート結果
A 18人中 12人 67%
B 18人中 5人 28%
C 18人中 0人 0%
その他 18人中 1人 5%

頂いた声)
・匿名であれば、名を連ねても構わない。

・表現の自由、思想信条の自由に対する弾圧やそれを推進する敵に対しては、断固戦います。

・実際に本名を掲載されていますので、名を連ねることに異存はありません。

 

12)今後、エフセキュア本社に対して政治的に「抗議声明」及び交渉を検討しておりますが、その際に名を連ねて頂けないでしょうか?
A 実名で名を連ねても構わない。
B 匿名であれば、名を連ねても構わない。
C 名を連ねることはできない。

 

アンケート結果
A 38人中 24人 63%
B 38人中 10人 26%
C 38人中 0人 0%
その他 38人中 4人 11%

頂いた声)
・自らむやみやたらに個人情報を公開しようとも思いませんが、こういった件については社会全体で厳しく声を上げる必要があると考えます。

・現在の「立場」上「交渉の場」等に出席することは 大変難しいと思いますが、それでも良ければ。

13)アンケート結果の公開について
A Blog等で公開する際は、実名でも構わない。
B Blog等で公開する際は、イニシャルであれば掲載しても構わない。
C Blog等で公開する際は、匿名であれば掲載しても構わない。

 

アンケート結果
A 38人中 12人 31%
B 38人中 11人 29%
C 38人中 8人 21%
その他 38人中 7人 19%

頂いた声)
・Blog等で実名公開していただいて構いません。

・Blog等で公開する際は、匿名であれば掲載しても構わない。

・名前は既に公開されてしまっているので、被害者として声を上げることにやぶさかではありません。

 

 

 

アンケート結果に関する所見
誰しも個人情報を公開され良い思いはしていないことが大前提としてある。
身の危険を感じたり生活圏に踏み込まれることを警戒している方が多数を占めることがわかった。その上で、このようなアンケートに回答を寄せて頂いたことに深く感謝すると共に、このようなアクションがあったことこそが一つの結果だと考えることができる。

実際に職場などへの連絡があった者がおり、リスト全体で考えた場合、潜在的にはかなりの被害があったことが想定される。実生活への影響があった者もおり、「被害があった」点については強く留意する必要がある。同時に掲載されているか不明な方も同様の不安を感じていることがわかった。

今後のネット運用について、ユーザーの注意点は元より各SNSの運営者側にも配慮が求められると考える。行政側からのアプローチ、動きの必要だと感じた。

 

「今後のFacebookの利用について」は、ユーザー側は個人情報の公開を制限する傾向にあることがわかった。「リストに掲載されている・されていない・わからない」にわけてデータ化したが、友人関係などSNS上が生活インフラと化している実態から、恐怖心を感じつつも安易に退会できない状況が把握できる。併せて同姓同名の方への被害を危惧する声も挙げられた。

ただし、特にFacebookの場合は業務ツールとして利用されている場合もあり、社名についての非公開、実質の匿名化を促進させたことが把握できる。これはFBの利用方法を後退させる側面もあり、運営者側にとっても利用者側にとっても不利益となることは明らかである。

 

本件に関する「コンプライアンス上の企業の動きについて」のユーザー動向について述べる。「リストに掲載されている・されていない・わからない」にわけてデータ化したが、何れの場合においてもFacebook社・エフセキュア社ともに企業側の対応(公式声明など)を求めていることがわかる。

特にFacebook社のセキュリティを担当しているとされる、エフセキュア社に対して強い不満の声があがっていることが数字として示されたことは大きい。個人情報管理はFacebook社であるため、法のみを考えれば責任はFacebook社側に求められるべきである。しかしながら当該SNSのセキュリティを担当しているとされるエフセキュア社の社員(現在は元社員)が意図的に個人情報を収集、リスト化してばら撒いた点を鑑みるに「実行犯に近い」側を責めていることがわかる。

それが「実行した個人」に留まらず、社に対しての批判と結びついている点は特筆すべきだろう。このような動きがあった場合、所属する企業側にもコンプライアンス上の問題提起を起こすべきだと言う意見が数字として示されたものと考える。

リストへの掲載が確認されている方のうち、過半数の方が実名でも抗議声明に名を連ねても構わないと回答している。強い不満の思いが込められていることが、この点より把握することができると考える。今後のネットと個人情報、運営社側のコンプライアンスについて、多数の留意点する点が明確になった。

 

特記
頂いた声、エピソードについては相当数の意見を頂いております。しかしながら残るもののため、どのように「検索しても当該アカウントに到達できない」点について留意させて頂きました。
実際、ひどい事例もありました。フェイクを入れさせて頂きますが、非常に近しい者がリストに掲載されていることを発見し、身を案じた結果、心労で倒れるという事例(通院のソース、診断書あり)もありました。他にも厳しい現状が多々ございました。

公開すべきか否かを検討した結果、公の観点より「公開の許可」をそれぞれ頂いてはおりますが、本報告においては伏せるべきと判断させて頂きました。これらの意見は重く受け止めさせて頂きます。
一部においては実名で意見を載せることも検討しましたが、この形がもっとも適切だと考えております。

 

今後の動きについて。
実は、エフセキュアに関連する自治体があったことが発覚しております。当該自治体の議員が行政側に問い合わせた結果であり、今後その議会においては執行部側に厳しく問うていくとのこと。併せて一般質問において議場で本問題を取り上げるという議員も出てきております。

事件発覚のタイミングでは12月議会に間に合わなかった(準備時間を要す)こともあり、3月以降、各議会において取り上げられていくことと思います。以上をもってアンケート結果と、その報告に代えさせて頂きます。
(議会の動きについては、今後、続報を掲載する予定です。)

 

 

 

 

関連
【政治家の目線】エフセキュアについて
貴方のマイナンバーや個人情報が、エフセキュア製品で管理されている可能性がある。貴方の納めた税金で。
エフセキュア社製品を地方行政から排除する虎の巻~議員向け資料
【拡散】エフセキュア製品、大手販売店で取り扱い中止。地方行政も民間に続け!
【政治家の目線】エフセキュア株式会社の致命的失敗。最悪は日本撤退。

 

特にエフセキュア社製品を地方行政から排除する虎の巻~議員向け資料については、重点的に継続しての拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【エフセキュア】ぱよちんリストに関するアンケート結果 への30件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【エフセキュア】ぱよちんリストに関するアンケート結果 大変、多くの時間を要してしまいました。計38名の方からアンケートの回答をいただきました。 リスト掲載人数から比較すると、相当数の結果だと思います。 逆に

  2. のコメント:

    私はFBはやっていませんが、サヨクというか情報セキュリティ企業社員による意図的な漏洩および他者の思想信条の自由への侵害としてこの件はもっと糾弾されるべきだと思います。
    北朝鮮の核実験、靖国爆弾テロ、サウジ・イラン断交によるペルシア湾緊張、追軍売春婦合意等、同等以上に危険な問題も多いですが、情報化社会において情報セキュリティは重要。
    私自身この年末年始はすっかりエフセキュアのことを疎かにしていたことを自省しつつエフセキュア排除で総務省にメールします。
    こういうのは忘れてませんよ、見張ってますからという意思表示が大事だ。

  3. 櫻盛居士 のコメント:

    非常にタイムリーですが、ぱよちんオジサンは性懲りも無くフェイスブックで復活、ご高説を曰わって居られる様ですね。

    【しばき隊】ぱよぱよちーん復活!!! 久保田○○さん
    「政治家はツイッターでの発言を削除逃亡できなくなった。
    ヘイト規制と共に大きな前進だ」 – 保守速報
    http://hosyusokuhou.jp/archives/46519761.html
    https://www.facebook.com/naomi.kubota1/posts/1031480436871971:0?pnref=story
     
     
    エフセキュア社の初期対応が非常にマズかった為に、責任追及がなされずに野にリリースされた結果、まだまだ暴れて下さるのでは無いでしょうか。

    エフセキュア社としては退職した者の行為は知らぬ存ぜぬで通すつもりでしょうが、世間は元エフセキュア社員の久○田直己さんと言う認識は薄れないと考えます。

    小生にしても、先日用事で立ち寄った新宿のオフィス街で元エフセキュア社員の久保○直己さんに似てる方が居らっしゃるなぁ~なんて場面がありましたので、エフセキュア社も久保田○己さんも逃亡出来ないでしょうね。
    他人の空似なら、その方は迷惑でしょうが・・・。

    誰かがどこかで、久保田直○さんに似てる方を見る度に、エフセキュア社の事も思い出す事でしょう。

  4. ふぃくさー のコメント:

    FB社の今後の対応不要に1名、F-Secure社の今後の対応不要にも1名がいたことが驚きでした。「期待できないので求めるだけ無駄」と回答した方でしょうか。だとすれば何となく分かるような気も・・・・

    以下はバグ報告3点です。

    ・8)の最初のアンケート結果でBが18人中0人3%になっています。0%の間違いと思われます(Aとその他で18人になりますので人数の0人は正しいと考えました)

    ・9)の3つ目のアンケート結果でBが10人中0人5%になっています。上と同じく同じく0%が正しいと思われます。

    ・11)のアンケートで選択肢がコピペミスになっています。下記が正しいはずですのでご確認ください。
      A 実名で名を連ねても構わない。
      B 匿名であれば、名を連ねても構わない。
      C 名を連ねることはできない。

  5. WAO のコメント:

    >このようなアンケートに回答を寄せて頂いたことに深く感謝すると共に

    小坪先生のアクションに感謝したいのはこちら側の方です。
    問題点・論点を炙り出す為に、的確な質問内容を設定する。私は既におじさんな世代ですが、若年層の方々はこういう所を見習って、社会で活躍してもらいたいな、と改めて感じ入っています。

  6. 生野民 2 のコメント:

    問題なのは、この犯罪が教訓として生かせれて無いこと
    主犯のパヨチン久保田が、また反日行動を今年から再開してること
    朝鮮人のしつこさには、うんざり

  7. ぬこ大好き! のコメント:

    私はツィッターはしていますが、フェイスブックはしていません。
    その理由は、フェイスブックは本名登録なのがいやだからです。
    自分の発言が元で事件などが起こるのがイヤです、おしゃべりや独り言などをインターネットでしたいのです。
    インターネット上では、発言や画像が何時までも残ります、削除も完全には不可能です。
    卑怯者の独り言として聞き流して下さい。

  8. 大河 のコメント:

    アンケート集計出ましたか。
    私はFBをしていませんが、情報管理を行う企業として
    これまでの対応は不誠実であり、かつ反社会的と思われます。
    それにリストに載せられた方々の職場や取引先に連絡があったと言う事は
    今後の仕事上の影響は確実に出ると思いますよ。
    これって信用毀損罪や業務妨害罪で立件できないのでしょうかね?

    社会の一員として責任を果たしていないFセキュアという企業もそうですが
    個人情報を意図的に収集漏えいした元社員、そしてその情報を元に
    個人や所属する企業等に、虚偽の情報によって攻撃する輩を野放しにはできません。

    • ふぃくさー のコメント:

      同感です。F-Secureとぱよぱよちんについてはもう完全に黒と判断しています。ここは叩き潰さないとダメでしょう。

      一方、FB社の対応が解せないんですよね。あれだけ世界に影響ある企業がダンマリを決め込んでます。所詮は極東の島国での出来事だからとして舐めているのか、あるいは謝罪したら負けの欧米文化が影響しているのか、はたまたその他の何かの要因なのか。

      ただ、いずれにしても日本国内での対応はきっちりやらないと日本市場はそっぽを向くでしょう。国内で騒ぎになったらMacの二の舞でしょうね。このままウヤムヤにさせないためにも先生の動きに大いに期待をかけている次第です。

      P.S. FBやってないので参加できないのが残念です。

  9. 鳥海山たろう のコメント:

    違うテーマで誠に申し訳ございません。ルールに反するようであれば削除してください。
    以下、慰安婦騒動に関する投稿です。
    本日、官邸および自民党へのへのご意見として以下を送りました。
    今後も多くの変態左翼たちが、この問題で日本人に嫌がらせをつづけてくると思われます。
    こんな異様な騒動が日本で起こったのは変態左翼どもを日本で好き放題にのさばらせた結果です。多くの日本人に先祖や子孫の名誉を守るために関心を持ち続けてほしいです。

    (意見内容)
    「従軍慰安婦騒動」は日韓合意で歴史の表舞台から葬り去ることができるような詰まらない問題でなく、日本人の名誉にかかわる大変な問題であることをご理解ください。

    たとえば英語のgoogleで「Military Prostitutes、comfort women(慰安婦)」で検索すると多くがヒットしますが、
    たとえば先頭のほうにくる英語版のウィキペディアの「Prostitutes in South Korea for the U.S. military(米軍のための韓国慰安婦)」という項では、

    米軍むけの慰安婦には、「Military Prostitutes(軍隊の慰安婦)」という用語、
    旧日本軍むけの慰安婦には「the sex slaves(性奴隷) 」という用語、

    という異様な使い分けがなされており、著しい歪曲がなされています。
    「Military Prostitutes」と「the sex slaves」では天地ほどの違いがあり、後者は民間の女性を未成年も含めて、無理やり連行して強制的に慰安婦にしたというニュアンスがあります。
    まさに性奴隷なのです。おぞましい吉田清治が昭和50年代以降にのまき散らした恐るべき捏造証言が普及した結果、このような無残な状態になっております。

    絶対に日本人として認められません。
    民主党の辻元議員などは、「もう今後、日本の政治家はこの問題を蒸し返すな。軍の関与があったと認めたから一切反論するな」とメディアで発言したそうです。
    辻元議員のような「軍が関与したかどうか」ではなく、「軍隊むけ慰安婦か性奴隷であるか」というのが、この問題の最大の論点です。

    米国や韓国が軍関与のもとにベトナム戦争時に設けた慰安所に連れ込んだ慰安婦が「Military Prostitutes」であれば、日本軍の慰安婦も「Military Prostitutes」です。
    日本軍むけの慰安婦のみ性奴隷と呼ぶなら韓国も米国のも性奴隷と呼ぶべきです。

    二重基準は絶対に日本国民として認められません。
    これから多くの日本人の反論が続いていきます。
    この厳しい状況を理解して、政治家の方々が「韓国や米国等に迎合するような安易な政治的発言」は一切行わないことを切に望みます。
    (以上)

    • 鳥海山たろう のコメント:

      神田正輝さんと三船美佳さんが密会し今後結婚するだろうという嘘八百の芸能ニュースが流れて、ご本人たちが「火のないところに煙は立たないというが、火のないところからよくこれだけデタラメを書けるものだ」と怒りのインタビューをしてますが、こういうのを見るたびに朝日新聞の捏造を反射的に思い出します。ほんとうにそっくりです。
      こういう捏造が起こるためには、ウソ八百を平気でつける詐欺者と、それを利用してやろうという悪意をもった記者のコンビが不可欠です。
      それとまったく同じです。
      韓国で怒りを爆発させている元慰安婦のお婆さんたちがいるというその現象だけだけで、朝日新聞という捏造魔は日本中を大騒ぎにした従軍慰安婦騒動を起こしました。
      今回と違うのは反論をほとんど巧妙に封じたということです。
      変態左翼が巣食うNHKもほとんど共犯者でした。唯一当時のNHK会長が変態左翼の不穏な空気を察知して、性奴隷告発のドキュメンタリー番組に手をいれさせました。
      TBSはもちろん日本テレビも共犯でした。最近は異常なフジテレビも当時は中立的でしたが、まったくこの問題の本質を理解できない解説者が登場していたので、変態左翼の独壇場でした。
      変態左翼が情報空間を支配すると何が起こるかという恐怖の時代でした。
      そのため北朝鮮の拉致問題もほぼ完全に公けのメディアで黙殺されてました。

    • ふぃくさー のコメント:

      いつもながら見事なご見識に感服しております。
      失礼ながらすべてそのまま流用で官邸メールさせていただきました。
      ちなみに、大人の対応で「鳥海山」をつけられたのかと思っていますが、元々は「たろう」で投稿されていた方ですよね。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      (小坪先生、再度すみません。)
      ふぃくさー殿、ご関心を持っていただき有難うございます。
      今年もひとりの日本国民として慰安婦問題を徹底追及したいと思います。

      昨年は、TBSの山口敬之元ワシントン支局長のベトナムの韓国軍慰安所の取材が一番印象に残りました、
      山口氏の「仕事のためではなく息子のためにこの取材をした」という言葉に感銘を受けました。

      個人的に、昨年は吉田清治の情報を嗅ぎまわってみましたが、まったくスカでした。やはり探偵でもなし、素人には無理と思いました。
      今は亡き者として社会から葬り去られましたが、吉田清治にすべての鍵があるとさえ思われます。

      1980年代前半に吉田清治の捏造証言は書籍となり日本や韓国で話題になりましたが、韓国の地方紙により完全に捏造であると暴露。
      ところが1990年代に朝日新聞がこのデマを普及させると日本も韓国でも反証を行う者がおらず、すんなり真実として定着。

      1980年代に朝日新聞は吉田清治を引き連れて、日本や韓国で謝罪行脚をさせています。
      私の想像では、
      1980年代に朝日新聞が吉田清治を利用してデマを拡散
       ↓
      ところが韓国であっさりデマであることが暴露。
       ↓
      変態左翼はデマであることがばれないように工作した。
       ↓
      歴史学者は「検証」が仕事だから「検証せずに証言を信じろ」とは言えない。
      そこで、東大の高橋哲哉など思想家もどきに
      「被害者や加害者の証言を疑うのは歴史を反省していない証拠」
      などと日本人を洗脳させて、検証をさせないようにやった。
       
      なにもかも変態左翼の集団プレーであり、計算づくであったと思います。
      高橋哲哉はその後、原発騒動でも積極的に講演してましたが、おそらく科学的な検証をさせないようにと、日本人の理性をマヒさせるような洗脳工作を行っていたのだと思います。

      どうみても、なにもかも変態左翼の計算づくです。

      1980年代の吉田清治と朝日新聞の凶暴がすべての発端です。
      吉田清治のような無茶苦茶な洗脳活動(工作活動)をやったら、どこの国でも公安警察の捜査対象になるようなレベルであったでしょう。

      吉田清治の捏造が多くの日本人や韓国人に信じ込まれて、国連の悪質な日本糾弾の報告書となり、外国人学者や外国紙にも引用されました。
      (私も多くのメディアや研究者のチェックをくぐって全国紙やテレビ、各種メディアに露出されているので、まさかウソ八百とは思いませんでした。
      しかし実際はウソ八百で昭和50年代かひょっとすると昭和40年代から朝日新聞が吉田清治を利用してました)

      ふつうの国なら確実に公安警察が入ります。現在となっては本人や朝日新聞関係者が死亡しているので多くが闇に葬られつつありますが、ここに日本の変態左翼のすべての要素がつめこまれています。

      慰安婦騒動は変態左翼の芸術品であり、おそろしいまでの傑作です。
      そこが理解できれば、日本の戦後の共産主義左翼のなれの果てがどういうものだったか深く知ることができると思います。

    • sinobu hattori のコメント:

      鳥海山たろう 様

      一人でも多くの声を挙げていかないと、
      解決には、向かわないと思います。

      微力ですが、
      私も、こちらの文章、
      官邸メール…等に、使用させて頂きますね。

      よろしくお願い致します。

  10. 坂井 のコメント:

    小坪先生、日本のための活動お疲れ様です。

    私は年末の慰安婦問題の日韓妥結以来ずっと悔しい思いで過ごしています。
    日本は潔白です!

    そんな時、在日韓国人が書いているブログを見つけました。
    韓国に住んでる韓国人ならともかく、
    在日韓国人も慰安婦問題で日本の責任追及とは悔しくて仕方ありません。

     
    ■在日韓国人のブログ

    慰安婦の証言を再検証してはならない。
    http://ajikoko2.seesaa.net/article/432376026.html

    ~以下は上記ブログからの抜粋~

    安倍総理がやっと
    従軍慰安婦問題の責任を認めたというのに、

    いまだに「慰安婦の証言を再検証すべきだ」
    などと主張し続けているネトウヨさんを見かける。

    再検証が必要な理由は、
    慰安婦が言ってる内容が
    細かい部分で矛盾しているからだそうです。

    高齢のハルモニが何十年も前のことを話せば、
    細かい記憶違いがあるのは当たり前なのにね。

    ネトウヨさんには、
    そんな事も分からないらしいw

    ~抜粋ここまで~

    韓国在住ならともかく、日本に住んでいてどうして真実が分からないのでしょうか?
    在日を差別する気は全くありませんが、日本に住んでるなら外国人であろうと日本の潔白を正当に認識すべきだと思います。

    • ふぃくさー のコメント:

      ああ、アジここのサイトですね。ここは無視した方がいいと思いますよ。私は興味ないのでのぞいてませんが、色んなサイトのコメント欄に釣りコメントを書き込んでアクセスを誘ってました。内容が薄っぺらすぎるので読む価値がないし、真面目に相手するだけ無駄です。また始めたのかなあ???

      印象に残ってる情報を2つ記しておきますね。

      1.7月中旬の記事
       いわゆる7月9日問題で話題になっていた頃、それがデマだと確かめるために入管(市役所だったかも?)に行って確認したところ、帰国してもらわねばならないという回答があった。それで、「明日帰国します。悔しいです」みたいな記事を書いてました。
       
      2.7月下旬頃?
       「『自分は在日じゃなく日本人である。在日のふりをすればアクセス数が稼げるからなりすましてるだけだ』みたいな書き込みをどこか別のサイトでしていた」というコメント読んだことがあります。

      2の情報が正しいのかどうかは知りません。ただし、読む価値なしと判断しているので、まあどっちでもいいやと放置しています。

  11. 異国より のコメント:

    体調不良でお忙しい中、まとめて下さり有難うございます。ずっと待っていました。

    久保田パヨクとF社とFB社は然るべき制裁を受けるべきです。

    市議と被害者の皆さんを応援しています。

  12. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア致します。

    今回のアンケート結果は、
    今後、連絡…等を する時の、
    大きな「情報」になると思います。

    FBの事もそうですが、
    「F-Secure 社」は、
    行政機関、マイナンバーで、検討された企業です。

    私、官邸メールや、地元の行政機関
    個人的に利用している「銀行」
    公的企業アンケート…等々、

    色々と連絡させて頂きました。

    特に、行政関係は、
    —————————————————————

    関らない、使わない、厳しく対応する

    —————————————————————
    上記の事を
    徹底して頂きたいです。

    小坪先生の方でも、
    行動がある様なら、

    是非、参加や対応させて頂きたいと
    思っております。

  13. 鳥海山たろう のコメント:

    (直接は本テーマに関係ないですが)この人がしばき隊メンバーということで、しばき隊には興味ないのですが、このしばき隊なるものは在特会に対して結成された性格が強いと思われます。

    で、その在特会の桜井誠氏にはネット登場時から関心をもってきました。
    最初に登場されたころは非常に紳士的で理路整然と韓国や左翼批判をされているので、その知識と勉強熱心さはすごいと思ってました。
    しばらくしてデモなど政治行動に注力されていることを知り、行動力あるなと思いましたが、最初のころと比べるとかなり表情が変わって厳しくなっていることを感じました。

    聞き捨てできないと思ったのは、「反日でない一般の韓国人や在日たちにも責任があるから彼らも非難対象にすべき」という考え方でした。
    そこで「桜井氏自身はよくよく考えてそういう結論に達したのだから、批判されても反論できるだろ。しかし、こういう方針を掲げたら稚拙な支持者のなかには韓国人を攻撃したいだけのサディストが集まってくるのではないか」というような批判を書いたら、支持者らしき人に「お前は日本人か」とボロクソに罵倒されました。

    その後いろいろ方針が変わったのかもしれないし、桜井氏の韓国批判本は明晰に書かれていると思いますが、そのときは何か日本の行く末に悪い予感がしました。

    しばらくして朝鮮学校周辺のデモが裁判沙汰になりましたが、不気味なのは岩波書店からそのデモについて記載した書籍のタイトルが気になりました。
    「朝鮮人学校への襲撃事件」と書かれています。
    デモでは学校に乱入したり子どもに傷害を与えたわけではないようですが、公園の一部器物破損もあったせいか「襲撃事件」と名付けられています。

    日本の左翼はこういう語調でいっきに英語で海外に情報発信し日本で大変なことが起こっていると過激なニュアンスで外国に拡散されます。

    上記の「反日でない一般の韓国人や在日たちにも責任があるから彼らも非難対象にすべき」という考えた方をもっていなければ、抗議者たちは(不正な特権を放置していると思われるのなら)行政側などに抗議をすると思われます。
    しかしいろいろ理由があってなぜだか学校側に押しかけたようです。

    これは左翼によって徹底的に利用され、たとえば「韓国で日本人学校に韓国人が押しかけて抗議することがあるだろうか。日本では朝鮮人学校に押しかけた。北朝鮮攻撃がこういう人権侵害を生んでいる」と執拗に宣伝されました。
    こんなのは詭弁ですが、こういう詭弁で日本をおとしめることが朝飯前の変態左翼には絶対にかないません。それを本職にしているからです。
    一生をかけて日本をナチスドイツに同一視させるための研究を執念深くやっている自称研究者が数千人といました。これは日本に怨念をもった共産主義者の弟子たちです。

    韓国などの批判活動をやる際には、これを戒めとして、人権に反する過激なことをやれば、まったく目的と逆効果になるということを日本人が教訓とすべきと思います。

    話が拡散しますが、余命さんも情報密度や献身的愛国心はすばらしいと思いますが、国際情勢などはちょっと特殊なバイアスがかかっているような気がしました。

    一番気になったのは。朝鮮人の「試し腹」風習はWikipediaから消されたのはどっかから圧力があったため実際は風習としてあったと書籍に記載されていますが、これが間違いなく日韓併合前にあって併合後に日本が止めさせたという一次史料らしき根拠が書籍に明示されておらず、伝聞のような感じで記載されているのが気になりました。

    これは書籍の核心ではなくトリビア知識かもしれませんが、もし精度の高い裏付けがなく、事実無根か希少事実であれば朝鮮人への大変な侮辱になるので妙に不安になった点です。

    小坪先生、場をみだして、すみません。
    しかし、驚くべきことに、本当に驚くべきことに、在特会も、その反作用で生まれたしばき隊も、なにもかもおおもとは「従軍慰安婦騒動」が発端だったのです。
    頭がおかしいと思われるかもしれませんが、ほぼ事実です。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      牛のよだれのようですみません。
      歴史とは皮肉なもので、従軍慰安婦騒動で外国人参政権付与などはかなり下火になっていったと思います。
      北朝鮮の拉致事件暴露だけではどうなるかわからない状況だったと思います。北朝鮮と韓国そろって徹底的な反日国家となったので、日本人の意識が一変しました。
      在日特権については、平成12年のネットの「ぢぢ様登場」のころから、そういう風なものがあるということで急速に一般日本人への認識が深まっていったと思います。
      それで「まあなんとかしたほうがいいな」という程度の当時風潮だったと思いますが、小泉訪朝による北朝鮮拉致事件の完全発覚により、急速に在日特権を厳しく見る風潮が高まりました。
      素人から見た実に甘い考えかもしれませんが、あまり大騒ぎせずに、少しづつ政治家の意識を変えてもらって理性的に解決する方向をめざせばよかったのではないかと思うのです。

  14. フェイスブックユーザーです のコメント:

    Facebookの現在地表示サービスですが、九州のある空港ではチェックインをすると、正しい空港名の後ろに(ソウル特別市)と表示されるようです。
    何をもとに位置情報を管理したら、こんなことになるのか、今回のことを知って、ますます嫌な気分になりました。

    • フェイスブックユーザーです のコメント:

      今日確認をしたら、日本の正しい地名に変えられていて驚きました。スクショって便利…。

  15. holyfirework のコメント:

    【第28回進撃の庶民討論会】

    会場:進撃の庶民
    s.ameblo.jp/shingekinosyomin/
    日時:1月16日(土)21:00~25:00
    議題:『慰安婦問題合意後に残された課題』

    昨年末、不意討ち的に日韓の間で慰安婦問題の合意がなされてから、現在でおよそ三週間が経ちました。
    当事者の日本では、北朝鮮の核実験で忘れ去られた感がありますが、世界は今も、この合意の余波で揺れ続け、動き続けています。
    では、世界はどのように動いているのでしょうか。
    こちらをご覧下さい。

    『AJCNレポート: 海外メディアは慰安婦問題日韓合意をどう報じたか?』
    http://jcnsydney.blogspot.jp/2016/01/ajcn_8.html

    日韓合意についての海外での報道の数々をご覧ください・・・。

    「日本政府は、女性の性奴隷化に軍が関与していたことを認めた。」

    「岸田外相は記者団に対し、「日本は1993年の河野談話を始め、これまで何度も戦時中の性奴 隷に関する責任を認めて謝罪して来た」と語った。」

    「一日に40人の男とセックスさせられた。ついに日本がおぞましい慰安婦制度について謝罪し た。生存者のチョンオクサンは、朝鮮半島北部のハンヨン県の自宅から警官によって誘拐された 時、まだ13歳だった。多くの被害者は14歳から18歳だったが、その理由は軍が処女を欲してい たからだ。誘拐に抵抗した家族は殺されたケースがあった。」

    「日本軍は大戦中に豪州の領土だったパプアニューギニアでも女性の組織的な性奴隷化を行った が、戦後の裁判で告訴しそびれている。何十万という実例の証拠があるので、今から豪州や先進 国が日本を追求、糾弾して行くべきだ。」

    「いわゆる慰安婦制度は、計画的に組織された何十万という若いアジア女性の性奴隷化である。 最初は通常の売春だったものが、女性の性搾取を目的とした巨大な産業に成長した。ホロコース トに匹敵する強姦、人身売買、監禁、拷問のシステムであった。」

    「多くの被害者は14歳から18歳の少女で、軍の狙いは処女だった。抵抗する家族は殺されるケ ースもあった。41万人の少女や女性が誘拐され、生存者は46人のみ。安倍の謝罪は誠意がなく 、安部の妻は戦争犯罪者を奉る神社に参拝した写真を公開している。10億円は生存者を黙らせ るための安い賄賂だ。」

    ……………合意前より、ひどくなっています。
    完全に日本人が色狂いのド外道のように断定されております。
    このような報道を見た外国の人は、日本人をどう思うようになるでしょうか。
    これからは、日本人の評判は年々悪化していくことになるでしょう。
    まさに、日本に対して歴史戦を仕掛けて日本人を悪の権化に仕立て上げようとしてきた韓国の完全勝利ではありませんか。

    皆さんは慰安婦問題について、日本外交について、どのように思われますか。
    あるべき日本外交の姿について、これから日本がとるべき道について、望ましい慰安婦問題の最終解決方法について、皆さんの意見をお聞かせください。

  16. ふぃくさー のコメント:

    スレチで申し訳ありません。大阪市のヘイトスピーチ条例が再び話題になっています。

    重要なキーワードは「本市住民の所属する団体」ではないでしょうか。所属する団体には、必然的に民団や総連が含まれます。すると、個人に代わって民団あるいは総連が訴訟を起こす事も可能であり、その結果、日本全国のどこからでも訴訟が可能という事になります。一応、訴えられる対象者は大阪市民(日本人)がメインのようですが、大阪市内で行われたイベントに参加したりそれを拡散したりする行為では日本全国の日本人も対象にできるという事ですね。

    ざっと、次のようなケースが訴訟対象になると考えられます。

    (1) 日本人(大阪市民)が朝鮮人(居住は日本全国どこでも)に行ったヘイトスピーチ
    (2) 日本人(居住は日本全国どこでも)が朝鮮人(大阪市民)に行ったヘイトスピーチ
    (3) 大阪市内で発生したヘイトスピーチイベントを拡散した日本人(居住は日本全国どこでも)

    さらに言えば、ヤツラの常套手段である「住民票の移動」が考えられます。おそらく、居住実態とは別に住民票だけ大阪市にしてしまうヤツラが大量発生するでしょう。その結果は極端に言えば、上記(2)が「日本人(居住は日本全国どこでも)が朝鮮人(居住は日本全国どこでも)に行ったヘイトスピーチ」に変わってしまう事を意味します。

    費用の貸付は訴訟を助長し、かつ、ほぼ朝鮮側の勝利判決で終わるでしょうから返還の必要もありません。万が一朝鮮側が敗訴となったとしても、その後も嫌がらせ訴訟をやり放題なわけですから、冗談でなく大阪民国の誕生となりそうです。

    絶対に許せません。

    明石市住民投票条例の時は否決にネットの声が大きく影響を与えました。それなのに、影響がそれよりもはるかに大きい大阪ヘイトスピーチ条例に動けてなかったのが強く悔やまれます。おそらくもう間に合わないでしょうが、次の内容で官邸メールを打っておきました。

    【テーマ】大阪市ヘイトスピーチ条例を成立させてはなりません
    【ご意見・ご要望】
    大阪市でヘイトスピーチ条例が通過しようとしています。同条例は言論の自由を妨げる言論弾圧そのものであり、憲法に違反するものと考えます。

    そもそも、「民族」とは朝鮮民族を指し、「本市住民が所属する団体」とは民団や総連を意識したものであるのは明らかです。これに対して費用の貸付や団体からの訴訟を許すとは嫌がらせ訴訟を助長し、国の主権者である日本国民をいたずらに委縮させて言論の自由を威嚇するものに他なりません。ヘイトスピーチ審査会についてもその公正性が担保されているとは言えない状況であります。

    また、団体に訴訟を許すことは、大阪市だけでなくその影響が日本全国に及ぶという事であります。すなわち、大阪市民である朝鮮民族は民団/総連に所属しており、その民団/総連には他地区に住む朝鮮民族も属している。よって、他地区に住む朝鮮民族でも民団/総連を介して訴訟が可能になっています。嫌がらせ訴訟として、次のような事例が考えられます。

    ・大阪に住む朝鮮民族が気に入らない日本人(居住場所無関係)を事実でっちあげで個人で訴訟
    ・山形県に住む朝鮮民族が「大阪旅行の際にヘイトスピーチを受けた」とでっちあげて気に入らない日本人(居住場所無関係:「大阪で」受けたとすることが重要)を民団経由で訴訟
    ・山口県に居住実態を持つ朝鮮民族が住民票だけ大阪市に移動させ、気に入らない日本人にヘイトスピーチをでっちあげて個人で訴訟

    元々、偽証罪が171倍、誣告罪は217倍(人口比補正すると偽証罪が427倍、誣告罪は542倍:日本2007年、韓国2008年データ)もある民族であり、このような将来は、先の敗戦後における朝鮮進駐軍の暴虐非道にイメージが重なります。

    ヘイトスピーチ条例が成立しないよう措置をとっていただけますようお願い申し上げます。

    • sinobu hattori のコメント:

      ふぃくさー 様

      私も、こちらの文章、
      官邸メールに使用させて頂きます。

      よろしくお願い致します。

      • ふぃくさー のコメント:

        すでに間に合わないだろうとは思いますが、何もしないのも悔しくて、つたない文面でも文章例さえ挙げておけば誰かに賛同してもらえるかもと期待していました。

        ご協力ありがとうございます。

        • sinobu hattori のコメント:

          ふぃくさー 様

          渾身の制作された文章を
          失礼と思いながら、

          「条例法」を付け加えた内容で、
          ふぃくさー 様の「官邸メール用文章」を使用して、

          以下の文章を製作してみました。

          これで、1500文字以内で、
          収まっていると思います。
          官邸メールで、送る事は出来ました。

          コピー&ペースト、
          もしくは参考にして下さいませ。

          以下、官邸メール文章。↓
          ————————————————————————————
          ————————————————————————————
          「テーマ」

          大阪市ヘイトスピーチ条例を成立の不可、及び、破棄
          ————————————————————————————

          「ご意見・ご要望」

          大阪市ヘイトスピーチ条例を成立の不可、
          及び、破棄を 求めます。

          同条例は、
          「言論の自由を妨げる言論弾圧」そのものであり、
          憲法に違反するものと考えます。

          そもそも、「民族」とは朝鮮民族を指し、
          「本市住民が所属する団体」とは民団や総連を意識し、

          特定の団体・人種に対してのみ「有効に活用」できる、
          公共的に制定すべき「法令・条例」とは、
          かけ離れた内容と考えられます。

          また、団体に訴訟を許すことは、
          大阪市だけでなく
          その影響が日本全国に及ぶという事であります。

          すなわち、大阪市民である朝鮮民族は
          民団/総連に所属しており、
          その民団/総連には他地区に住む朝鮮民族も属している。

          よって、
          他地区に住む朝鮮民族でも民団/総連を介して
          訴訟が可能になっています。

          嫌がらせ訴訟として、
          ———————————————————————
          ・大阪に住む朝鮮民族が気に入らない日本人(居住場所無関係)を
          事実でっちあげで個人で訴訟

          ・山形県に住む朝鮮民族が
          「大阪旅行の際にヘイトスピーチを受けた」とでっちあげて
          気に入らない日本人
          (居住場所無関係:「大阪で」受けたとすることが重要)を民団経由で訴訟

          ・山口県に居住実態を持つ朝鮮民族が住民票だけ大阪市に移動させ、
          気に入らない日本人にヘイトスピーチをでっちあげて
          個人で訴訟
          ——————————————————————–
          …以上の事例が
          「可能」と考えられます。

          「日本国憲法第94条」における、
          以下記載が有ります。
          ———————————————————–
          「条例」は
          日本国憲法を「頂点」とする国内法体系の一部をなすものであり、
          かつ、法の形式的効力の意味において

          「国法よりも下位に位置付け」られるものである。
          ———————————————————–
          14条第1項、
          条例は「法令に反してはならない」。

          また、地方公共団体は、
          法令に違反してその「事務を処理してはならない」。

          なお、市町村及び特別区は、
          当該都道府県の条例に違反してその「事務を処理してはならない」。
          (2条16項)
          ————————————————————–

          「大阪市ヘイトスピーチ条例」は、
          「他の地方自治体へ影響を及ぼす危惧が有る」内容で有り、

          そもそも、国の制定した憲法・法令内で、
          「ヘイトスピーチ」の定義が「明確」にされておらず、

          明らかに、
          国家法と「同様」、もしくは、
          国家法を「越えた内容」と考えられます。

          大阪市で、条例制定がなされたとしても、
          明らかに、
          —————————
          「条例法違反」に該当する
          —————————
          内容と考察されます。

          以上の事から、

          ・大阪市ヘイトスピーチ条例を成立の不可、及び、破棄

          よろしくお願い致します。

          ————————————————————————————
          ————————————————————————————

  17. ふぃくさー のコメント:

    ありがとうございます。
    条例法が入ってくると途端に分かりやすくなってますねー♪

    ただ1点だけ・・・・
    >…以上の事例が「可能」と考えられます。

    これって、これ以外の事例は存在しないように受け取る人がいるかもです・・・・

    • sinobu hattori のコメント:

      ふぃくさー 様

      ご返信、ありがとう御座います。

      >…以上の事例が「可能」と考えられます。

      それでは、こちらの文章、
      この様に変更してみます。↓
      —————————————————————————————————
      …以上の様な事例も「可能」で、

      「大阪市内でのみ」であるはずの条例が、
      他県・他地域への「干渉も出来る」事になると、考えられます。
      —————————————————————————————————
      いかがでしょうか?

      …後、注※なのですが、
      文章を仕切る「———」←これ

      「コピペ」すると、
      「ペースト後に」
      長さが変わってしまうかも…ですので、

      下記に2種類の仕切りを 記載致します。↓
      —————————————————————————————
      ——————————————————-
      気になる方は、
      ペーストして、削除したりで、
      加工して使ってみて下さい。

      多分、そのまま「官邸メール」でも
      伝わるとは思いますよ。

      小坪先生のHPコメントに、負荷をお掛けして、
      申し訳有りませんが、

      もう一度、「変更後」官邸メール文
      記載致します。↓
      ————————————————————————————
      ————————————————————————————
      「テーマ」

      大阪市ヘイトスピーチ条例を成立の不可、及び、破棄
      ————————————————————————————

      「ご意見・ご要望」

      大阪市ヘイトスピーチ条例を成立の不可、
      及び、破棄を 求めます。

      同条例は、
      「言論の自由を妨げる言論弾圧」そのものであり、
      憲法に違反するものと考えます。

      そもそも、「民族」とは朝鮮民族を指し、
      「本市住民が所属する団体」とは民団や総連を意識し、

      特定の団体・人種に対してのみ「有効に活用」できる、
      公共的に制定すべき「法令・条例」とは、
      かけ離れた内容と考えられます。

      また、団体に訴訟を許すことは、
      大阪市だけでなく
      その影響が日本全国に及ぶという事であります。

      すなわち、大阪市民である朝鮮民族は
      民団/総連に所属しており、
      その民団/総連には他地区に住む朝鮮民族も属している。

      よって、
      他地区に住む朝鮮民族でも民団/総連を介して
      訴訟が可能になっています。

      嫌がらせ訴訟として、
      ———————————————————————–
      ・大阪に住む朝鮮民族が気に入らない日本人(居住場所無関係)を
      事実でっちあげで個人で訴訟

      ・山形県に住む朝鮮民族が
      「大阪旅行の際にヘイトスピーチを受けた」とでっちあげて
      気に入らない日本人
      (居住場所無関係:「大阪で」受けたとすることが重要)を民団経由で訴訟

      ・山口県に居住実態を持つ朝鮮民族が住民票だけ大阪市に移動させ、
      気に入らない日本人にヘイトスピーチをでっちあげて
      個人で訴訟
      ———————————————————————–
      …以上の様な事例も「可能」で、

      「大阪市内でのみ」であるはずの条例が、
      他県・他地域への「干渉も出来る」事になると、考えられます。

      「日本国憲法第94条」における、
      以下記載が有ります。
      ——————————————————————–
      「条例」は
      日本国憲法を「頂点」とする国内法体系の一部をなすものであり、
      かつ、法の形式的効力の意味において

      「国法よりも下位に位置付け」られるものである。
      ——————————————————————–
      14条第1項、
      条例は「法令に反してはならない」。

      また、地方公共団体は、
      法令に違反してその「事務を処理してはならない」。

      なお、市町村及び特別区は、
      当該都道府県の条例に違反してその「事務を処理してはならない」。
      (2条16項)
      ———————————————————————-

      「大阪市ヘイトスピーチ条例」は、
      「他の地方自治体へ影響を及ぼす危惧が有る」内容で有り、

      そもそも、国の制定した憲法・法令内で、
      「ヘイトスピーチ」の定義が「明確」にされておらず、

      明らかに、
      国家法と「同様」、もしくは、
      国家法を「越えた内容」と考えられます。

      大阪市で、条例制定されたとしても、
      —————————————-
      国家法の「条例法違反」に該当する
      —————————————-
      この様に考察し、
      …以上の事から、

      ・大阪市ヘイトスピーチ条例を成立の不可、及び、破棄

      よろしくお願い致します。

      ————————————————————————————
      ————————————————————————————
      以上が官邸メール文章になります。

      読みやすい様にした結果、
      強調の鍵カッコが多くなりましたね。(笑
      申し訳ありません。

      鬱陶しい様でしたら、
      消して加工して下さいませ。

      長文失礼したしました。
      よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です