【祝】産経(前)ソウル支局長に無罪判決


 

 

当然のこと、である。だが不当にその身を拘束された日本人がそこにいたことは事実であり、これは「南朝鮮による法を歪めた拉致」であったと考える。非難すると共に、その身が解放されたことを喜びたい。

背景には、靖国における「子供を巻き込む可能性が極めて高かった無差別爆弾テロ」との外交取引の可能性が示唆されている。(前)支局長を事由の身とする代わりに、穏便に処理して欲しいというものだろう。

「上」はそれで納得なのかも知れないが、私は「ただの市議」ゆえ【そんなことは知らない】し、【従う義務を感じない】のだ。同じく、国内世論も従う必要性を認めない。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12370880_956369747767243_6415829045698150982_o

 

 

 

 

大タイトル

 

本紙前ソウル支局長に無罪判決

 

 【ソウル=藤本欣也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉をコラムで傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)に対する判決公判が17日、ソウル中央地裁であり、李東根(イ・ドングン)裁判長は無罪判決(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 加藤前支局長のコラムは「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」の見出しで昨年8月3日、産経新聞ウェブサイトに掲載された。

 304人の死者・行方不明者を出したセウォル号沈没事故当日の昨年4月16日、(1)朴大統領の所在が分からなかったとされる7時間がある(2)その間に、朴大統領が元側近の鄭(チョン)ユンフェ氏と会っていたとの噂がある(3)そのような真偽不明の噂が取り沙汰されるほど、朴政権のレームダック(死に体)化は進んでいるようだ-というのが内容。

 右翼団体リーダーらが朴大統領への名誉毀損(きそん)で加藤前支局長を告発したのを受け、ソウル中央地検は昨年10月、「朴大統領を誹謗(ひぼう)する目的で虚偽事実を広めた」として、情報通信網法における名誉毀損(7年以下の懲役または5千万ウォン=約530万円=以下の罰金)で在宅起訴した。

 昨年11月にソウル中央地裁で始まった公判では、鄭氏らが出廷し噂を否定。李裁判長は今年3月、「噂は虚偽である」と認定した。

 その後、誹謗目的の有無が焦点となる中、米国人記者のドナルド・カーク氏、西日本新聞の植田祐一ソウル支局長、上智大の田島泰彦教授が弁護側証人として出廷し、「刑事訴追されなければならないような記事ではない」などと証言。加藤前支局長も最終意見陳述で「大惨事当日の朴大統領の動静は関心事で、特派員として伝えるべき事柄であると考えた」などとコラムの公益性を強調していた。

http://www.sankei.com/affairs/news/151217/afr1512170041-n1.html

 

 

 

拘束したこと自体がおかしい。
前述の報道がすべてである。
そもそも拘束すること自体がおかしいのだ。

 

そもそも引用
セウォル号が沈んだ際の「大統領の空白」について、ゴシップが飛んだ。
これは産経が報じたものではなく、そういう報道があったのだ。産経は「これを引用した」に過ぎない。

そして発信元には、お咎めなし、産経を狙い撃ちである。
また引用して述べたことは「このようなゴシップが飛ぶほどに、パククネ政権は末期状態」という論調であった。

 

言論の自由の範囲内
日本のメディアと比較して欲しい。
我が国の報道も「随分と歪んでいる」と思うが、どれほど飛ばしまみれであることか(苦笑

ただし、大惨事が起きた際の大統領の素行は「関心事」であり、それを報じて罪に問われるとは思わない。
東日本大震災の際、首相が7時間も行方不明であれば「どこで何してたんだ!」とバッシングにあうのは当然だと認識している。

それが自民であれ、民主であれ、当たり前のことだ。

 

法の名を借りた「拉致」
あの国は、西側諸国の一員として振る舞っているようだが、ならば自由と民主主義に基づいた「恥」であると述べさせて頂きたい。

法に基づいた手続きに見せてはいるが、国家ぐるみの拉致である。
報道への圧力に違いなく、そもそもスタートがおかしい。
起訴できたこと、裁判が継続したこと、
そして「そのような状態で拘束」したことがおかしい。

 

 

 

安倍首相の「こころ」を読み解く。
私は、安倍晋三という人間の「脳内」まではわからないし、「こころ」まで把握しているわけではない。
とは言えその胸中を想像すること、推定することは「私の自由」であると考える。

 

首相「日韓関係に前向きな影響が出てくることを期待したい」


安倍晋三首相は17日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉をコラムで傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する無罪判決について「無罪判決が出たことを評価する。日韓関係に前向きな影響が出てくることを期待したい」と述べた。官邸で記者団に語った。

http://www.sankei.com/politics/news/151217/plt1512170037-n1.html

 

なるほど、首相は「期待している。」そうだ。
だからと言って「聞く必要もない」のだ。
私にもその義務はないし、貴方にも期待に応える義務はない。

万が一、ここで有罪ともなっておれば「破壊的な関係」となっただろう。
そうならなかったのみであり、(首相も)「それ以上のことは期待していない」のではないか。

私が「首相がどこまで期待したか」を想像するのは、私の自由である。

 

もしも韓国側が、「子供を巻き込む可能性が極めて高かった無差別爆弾テロ」がチャラになると思っているなら大きな間違いである。
そもそも成り立たぬ取引だ。

 

 

 

等価ではない。
外交上、何がしかの取引や裏工作があることを、私は認めたい。
妥当なものであれば、私は従いたいと考えている。

 

外交取引について
「ある・ない」は知ることすらできない立場だが、【あっても仕方ない】と思うし【むしろあるべき】だと思っている。

政治分野での高度な判断は、そのようなものの連続であろうし
なんでも公開せよとも思わない。
その権限、判断を委ねることも政治の一つの側面だと考えるためだ。

 

従うべきだ。
国益を鑑み、上位で下された判断に(私は)「政治家として従うべきだ」と考えている。
それが国益を希求した結果の妥協であり、最も適切な判断が下されたと感じるならば、

少々嫌な内容があっても「(言葉を)飲む」ことは吝かではない。
ただし、従うべきなのは「それが等価」である場合のみだ。

 

等価ではない。
「子供を巻き込む可能性が極めて高かった無差別爆弾テロ」と、「法の名を借りた言論弾圧・我が国の国民の拉致」が等価であろうか。
同様の事態、同様の事例であれば「成立もする」のだろう。

しかし、どこが同等なのか。
「爆発音」とメディアは沈静化を試みるが、それはパイプ爆弾が発火しなかったのみであり、言うなれば「失敗しただけ」だ。テロは遂行されており、これは未遂ではない。

大量の群衆の中での、無差別爆弾テロ。
しかも七五三と、子供を巻き込む可能性が極めて高かった。

これと「不当な拘束」が等価であるならば、我が国の国民の命をなんだと考えているのか。
私は、強く意思表示をさせて頂きたい。

 

 

 

私のスタンス
等価でない取引には、応じることはできない。
よって従うこともしない。

私は、一人の政治家として、これが取引の結果であるならば。。。
従うつもりはない。

首相の期待に応えることはなく、むしろ「首相の胸中」を慮るのみだ。
「本当はそんなこと思ってないんじゃないの?」とか
「ポジショントークですよね」とか「またまた、お上手なんですから」と苦笑いする選択をする。
それは私の自由だ。

 

まずもって無罪を喜びたい。
具体的には「無罪を喜ぶ」ではなく、あのような国からの拘束が解けたことを喜びたい。

法の整備すら、まともに行われていない、
自由と民主主義の価値観を共有できぬ、
わけのわからぬ国から、日本人が「やっと脱出」できるのだ。
これを喜びたい。

 

そして、
「子供を巻き込む可能性が極めて高かった無差別爆弾テロ」の犯人に対しては、厳罰をもって望むべきだと声を挙げ続けたい。

あのテロリストには、重罪を下さねば、我が国の国家としての威信は地に落ちる。
国際的な立場を鑑みても「世界標準」で判断を下すのが当然だ。

 

結果的には、あの国の「幼い世論」は、紛糾するだろう。
あちら側から「断交」を申し出てくるだろう。

 

私が本件に対し、少し警戒しているのは「韓国の内情」を推定してのこと。
昨年の10月の記事、つまり一年以上前の記事だが【これが原因?】産経・ソウル支局長、洋公主の記事を扱っていた!にて触れている内容。

洋公主について、深く扱っていたのが(前)支局長なのだ。
これが原因であるならば、報道への弾圧に他ならない。
産経だけの問題ではないのですよ、これは。
(手直しのち、いつか再掲したいと思う。)

 

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【祝】産経(前)ソウル支局長に無罪判決 への19件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【祝】産経(前)ソウル支局長に無罪判決 当然のこと、である。だが不当にその身を拘束された日本人がそこにいたことは事実であり、これは「南朝鮮による法を歪めた拉致」であったと考える。非難すると共に、その身

  2. ぱよぱよ2号 のコメント:

    20日に在特会元会長主催で、靖国爆破テロを非難するデモが行われます。
    韓国人テロリストに厳罰を求める声を挙げましょう。
    東京近郊の方はよろしくお願いします。
    http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=924

  3. ふう のコメント:

    取引があったとして、

    なぜ何も悪いことをしていない産経の加藤さんと、
    テロを実際に起こしたチョン・チャンハンを同列に扱えるのか、
    理解できません。

    また、無罪になったからと言って、
    日本人はこのことを決して許さないでしょう。

    韓国が国ぐるみの言論弾圧国家であり、人権弾圧国家であり
    テロ国家であることを、世界中に拡散し続けます。

    これで終わりだと思ったら大間違いです。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    一連のこの問題は例えるなら、そもそも信号がアカを現示しているにも関わらず、アクセルを踏んで信号盲進した挙句、交差する正当な往来を妨げた挙句に、正当な往来をしていた者を拘束すると言った暴挙以外の何物でも無く、最初から間違いだらけで、これが「祝」と言えるかどうかは、甚だ疑問です。
    よって、「あのような国からの拘束が解けたことを喜びたい。」と言う表現は、実に妥当だと言えるでしょう。

    あの国と友好など、絶対に無理です。

    どう穏便に事を図っても、あの国からぶっ潰してくれるのですから、何らかの衝突は避けられないと考える方が現実的です。
    それが武力衝突であるのか、経済や文化なのかは不明ですが、後者は確実に起きるでしょうし、既に具現化しています。

    願わくば、あの国が一番楽出来る武力衝突だけは避けたい所です。(尤も、その可能性は低いと推察していますが)

    あの国の民には漏れ無く、我が国に逆らう事がどう言う事を意味するかを、骨の髄まで叩き込む必要があります。
    何故ならば、それ以外に日韓友好など実現しないからです。

    そして、あの国に思い知らせてやる事が出来るのは、日本国政府よりも、日本国民だと言う自覚を持つ事をお勧め致します。

    具体的に且つ簡単に出来るのは、韓国と関連する一切の製品やサービスを極力利用しない事です。

  5. 東北の若者 のコメント:

    お久しぶりです、東北の若者です。
    産経(前)支局長が無罪になったことをお祝い申し上げます。
    私事になりますが、このサイトを見始めて1年以上が経過していることに
    自分でも驚きました。
    コメントの投稿は緊張するもので、あまり書いてはいませんが
    内容を読んでから、人気ブログランキングを押しています。
    それが私にできる応援方法だと思っています。
    何かしら生産性があるコメントではないかも知れませんが
    これからも、応援しています。

  6. 名ナシ のコメント:

    1次ソ-スの朝鮮日報が罪に問われてもいないのに有りもしない罪状で
    拘束されること自体がおかしい異常事態が終わった事については良かった
    とは思えますが、本当に関係を持つとロクな事にならない国ですね。
    まだ戦時徴用工の裁判が残っていますが、これも無罪判決を出してしまうと
    朴政権の政権維持にも支障が出ますからね・・・。

  7. 日本は右翼が中道 のコメント:

    些細な事ですが
    無罪判決 は当然ですので
    【祝】無罪判決ではなく
    【怒】不当拘束 ですね

    とにかく朝鮮は馬鹿ですね
    おおっと馬さん鹿さんに失礼
    馬さん鹿さんより遥かに劣る真性莫迦ですね
    世界最大莫迦国家目指して朝鮮が挑戦

  8. 日本は右翼が中道 のコメント:

    ついでに
    日本三大莫迦は
    <夫婦別姓推進派>
    ・社民党 福島みずほ 
    ・民主党 辻元清美 
    ・民主党 神本美恵子
    ですね
    結婚とは男女が新たな一つの家を作る事ですね
    一つの家に二つの姓とは不自然ですね
    何かの事情で女性方の性を名乗りたいのなら
    それはそれで方法が有るのでその道を選択して下さい
    とにかく混乱と不都合が起きやすい夫婦別姓に反対
    出来れば通名とか芸名更にペンネームとかも
    廃止して欲しいと思います
    夫婦別姓が男尊女卑云は完全にこじつけですね

  9. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    最近の世の中の風向きが明らかに変化しているようで良い
    ことなのですが、韓国もようやく自覚し始めているようですね
    だが最近保守に見せかけたChange.orgを利用した悪質なキャンペーンが
    行われています、すでに私のところに何度かメールが届いています
    くれぐれも気をつけてください、間違っても賛成の意志をしないように
    小坪先生にもぜひとも気をつけてください   
    一体誰がこれを発信しているのか、他にも似たようなキャンペーンが
    メールできています、これを読んでいる皆さんもメールの内容はよく
    精査して内容を理解したうえで賛同を表明するように

    Change.org
    (人種差別撤廃施策推進法案につき、これを誠実に審議し、2016年1月からの第190回国会において可決して下さい。)

  10. 生野民 2 のコメント:

    国連から圧力も掛かったし、無罪は当然出し逮捕自体が反日に凝り固まった
    基地外政府の犯罪だと思ってる。
    不謹慎では、有るが有罪判決が出て世界中から非難なれて日本が武力を使ってでも
    加藤さんを解放して、国交断絶が夢だったので少し寂しい。
    不謹慎を承知で言ってるので、不快に思う人は許して欲しい。
    それぐらい下朝鮮が嫌いだと言う事です。

  11. mirage のコメント:

    韓国という国家による監禁事件が(暫定的に)解決したのは喜ばしいことです。
    こんなことで起訴などという狂気もさることながら、あの国は日本のネットまで検閲している、ということが重要です。
    韓国は民主主義を偽装した北朝鮮である、ということを日本と世界に広めなければなりません。
    彼の国はもはや米国陣営ではなく、かといって意図的にシナ陣営に押しやる必要もなく、両陣営の緩衝地帯と認識すべきです。
    この位置づけを明確にしない限り、いくら「国交断絶」を叫んでも空しいだけでしょう。

  12. 松竹梅 のコメント:

    別件ですが、アマゾンにて余命3年時事日記の書籍レビューをしようとしたところ、
    日本人なら誰もが思う内容を書いただけなのに、アップされませんでした。

    どうやらアマゾンの検閲に引っかかったようです。

    つまり、あの本は彼らにとって、そういう物で間違いないようですね。

  13. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア致します。

    今回は無罪になりましたが、
    南コリアの対応に、
    「まとも」を感じる・期待するのは間違いですね。

    今回の事例、
    先の「靖国神社」の内容見ても、
    ——————————————————————————
    他国民を「拉致」して、
    他国へ「テロ行為」をする、

    ・南コリアへの渡航をしない事
    ・南コリアからの入国者を 厳しく制限する事
    ——————————————————————————
    …こちらを認識して、
    政府にも、早急に対応して頂きたいです。

  14. 松竹梅 のコメント:

    すみません、先ほどやっとアップされました。

    上のコメントは無視して下さいませ。

  15. coco のコメント:

    >韓国外交省が判決前に善処を求める量刑参考資料を提出したことを「極めて異例的な動き」と伝え、慰安婦問題の解決に向けた「期待感」のためだと報じた。

    青山繁晴氏がおっしゃっていましたが↓
    韓国には司法の独立はない。
    政府の意向次第で司法の判断が左右される国だということを、韓国の報道自らが世界に発信してしまいました。
    報道の自由を侵害、言論弾圧、不当逮捕←国連や米国など世界から非難の声
    司法の判断に政府が介入←この問題に気付かず、韓国メディアが自爆報道

    「日韓の関係改善のために韓国政府は頑張りましたよ」とアピールしたつもりかもしれませんが・・・いつも最悪な選択をする国ですね。
    自作自演という言葉はよく聞きますが「自爆自炎」ですね(~_~;)

  16. ふぃくさー のコメント:

    やっと終わりましたか。
    それにしても最近はずいぶんとすり寄りが目立ってきているように感じます。これに甘い顔をしてはいけない。骨の髄まで叩き込んでやらないと分からない民族です。

  17. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    これ、ひどいですよね

    【韓国】判決文読み上げ3時間、産経前支局長は着席許されず
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8441715

    あと、新国立競技場案に関して、ものすごく歪んだ難癖をつけてるように見えました…

    【衝撃画像】新国立競技場の提案書がヤバすぎると話題にw
    ttp://m.moeruasia.net/article/46321474

  18. ほうみんこう のコメント:

    靖国の施設爆破未遂犯が日本に舞い戻って逮捕され、韓国政府と裏取引
    があったのでは?との疑惑について青山繁春氏のコメントで
    自分も裏取引を疑って官邸に怒鳴り込んだんだけど、官邸側が落ちついた
    口調で「青山さんね、裏取引できるくらい日韓関係が成熟してたらどんなに
    良かったか・・・。今の韓国政府とはとてもじゃ無いけど裏取引出来るような
    状況じゃないんですよ・・・」と話してくれたそうです。

  19. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    産経新聞の加藤前支局長、本当におつかれさまでした。とまずはいいたいです。
    にしても、裁判官の判決文を読み上げる3時間の間、ずっと、起立しておられたということを知り、一言、加藤さん、すごいです!とおもいました。私なら、10分も起立していたら、目まいがしそうです。

    閑話休題・・・

    >洋公主について、深く扱っていたのが(前)支局長なのだ。
    朴ちゃん大統領にグサッとつきささっていたのが、『洋公主』、すなわち、朝鮮戦争時から20世紀の後半まで続いた米軍慰安婦問題(国連軍慰安婦かな)なのですね。
    ここをしっかり、脳内にメモしておきたいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です