個人献金についての御礼


なんというか、少し不安定というか。
嬉しいのだろうけど、慣れてない感情なので、少しパニックになってる。

実は、あまり人に甘えたり、頼ったことがない。
申し出が凄くあって、びっくりして、嬉しくて、どんな顔していいかよくわからない。

いくら、とか何口とかは失礼なので言えませんけど
(月次もしくは四半期で、使途含め公開するかもですが)
月曜日になって通帳の記帳に行って、驚いてしまって、うまく言えなくて。
それが何円だろうと余り関係なくて、
重たいな、と。

もちろん、嬉しい。
正直、身動きがとれないレベルまでやり過ぎていた。
一息つけるというか、これでまた「飛べる」という思い。

今回、ひどく迷って献金のお願いに踏み切りました。
活動をやめ、選挙貯金にシフトして行く道、
お願いをして、それでも飛ぶことを選ぶ道。
どちらも本気でした。

評価、されてたんだ、と。
そこが、こそばゆい思いと、照れくさいというか、
なんか堪らない思いがありました。

酷い言いようですが、私はネットを信じておりません。
叩くことや瞬間的な攻撃力は高くとも、
継続して動く私からすれば裏切られたことも多々。

一案件、最低でも数か月。
長いものは数年単位、私たちはひとつところに特化します。
瞬間的に何千、何万というアクセス、多くの支援者が集っても、
一か月もすれば閑散としたものでした。

結果、私はネット世論というものに対して
つまり熱しやすく冷めやすいという特性に対して
裏切られたという印象をどこか持っていて、
何度も繰り返すうち、孤独感を深めていたのだと思います。

いま、政治ブログランキングにおいても、
なぜか安定の三位を頂いていて。
これは皆さまの、読者の皆様の声であり、本当にありがたくて。

だけど、どこか信じ切れていなくて、
少しひねくれていたのかもしれない。
だけどこういう形で、活動に対して評価を頂いて。

ちゃんと評価されたことは、私はありませんでしたから。。。
なんだろう、変な言い方になりますが
私は誉められ慣れていません。
そして甘えることにも慣れていません。

自画自賛はとても大好きで、
「こんなのやっちゃった!」と笑顔で
(自分で)冗談っぽく言うのは大好きなのですが
真顔で「凄い!」とか言われてしまうと、
どうしていいかわからなくなります。

当たり前です、私たちは日陰の存在。
延々と書類を書き、資料を準備する。
それ自体には面白味もないし、目立った文章ではないのです。

ネットで評価対象となりアクセスをたてるのは、
激しい言葉の応酬であったり、どうでもよい諍いであったり。
当方の認識で言えば、実効性など無視した、順序立てていない、
法の裏付けも、行政手段による裏打ちもない、
「言うだけの言葉たち」だと思っていました。
・・・私は、それは嫌いです。

誰かがやることを停めることはしないし
批判しようとも思わない。(程度問題ではありますけれど。)
だけれども、私自身はやろうとは思わない。

最近でこそ演説などもしますし、前にも立ちますが
戦い方が「非公開主義」での酸素魚雷みたいな手法で
稀に潜水艦隊に例えられるほどです。
だから私は日陰者であり、そういう生き方を「わかって」やってきました。

行いたい成果報告であっても
進捗途中であれば、公開によって負の影響が想定されれば
・・・口をつぐむ、黙る。
陽の当たる場所には、私は行かなくていい。

石の上にも三年と言われますが、ただただ黙して座る存在。
だから、あまり誉められたことはありません。
そして、どんな顔をしていいのか、何を言っていいのか、わからない。

ありがとう、と言いたいのだけど
その五文字で足りるとも思えず。

個人献金のお願いをするにあたって。において、とても暖かいコメントをたくさん頂いて。
個別に全レスしたいと思ったのですが、どうやっても、
ただの一つにすら返信を書けなくて、なんて書いたらいいかわからなくて。
不器用なのかも知れません。

 

<業務連絡的なもの>
こちらのページよりメールアドレスを入力して頂いた方に
法的に必要な項目など、入力フォームをメールにて送らせて頂いております。

・少しお時間がかかっています。
メール本文は、(誤りがあってはいけませんので)
不躾ながらテンプレートを作り、送信させて頂いておりますが
お恥ずかしながら、これは手動で行っております。

通常のwebサービスですと、入力した瞬間に返信メールが届くかと思いますが
手動ですから時間がかかってしまいます。
出来る限り当日中には返そうと思っているのですが、24時間程度、遅れる場合もございます。
(統一地方選の支援などで空けている場合。)

・アドレスミスが何件がございました。
また、通常の他サイトですと「二回入力してください」の枠があるのですが、そういう機能はついておりません。
(こちらの機能も自動返信も、外注するとタダではないのです。)

私がケチって機能をつけていないから悪いのですが、何名かメーラーデーモン(宛先不明)で返ってきてしまっております。
2日経って返信が来ていない方は、アドレスの入力ミスかと思います。
もし良ければもう一度、入力して頂けないでしょうか。

・個別に頂いたメッセージについて
TwitterやFBにて、口座番号を教えて下さいと言う問合せが複数きております。
手動ではありますが、エクセルにちゃんと落とし、一元管理を行っております。
そのため、こちらのリンク先にて同じ経路で対応させてください。
前述のように手動のため、数日お時間を頂く場合もありますが、ちょっとのミスで命取りとなるため、ご迷惑をおかけしますが、協力をお願いします。

・領収書の送付について
これは法で義務付けられているようなものであり、郵送費が勿体ないからいいよ、というメッセージも頂きましたが、全員に送らせて頂きます。
ただ、もともと事務能力の負荷に余力がなかったため(全て政策に注ぎ込んだ)お時間を頂けますようお願いします。
絶対に送ります。

 

<混乱しています。>
だから嫌だったんだ、と。
業務が混乱とかではないんです、慣れてないというか、心がかき乱されるというか。
本当は、そういう人間的な部分、自分で殺して生きてきました。
軍人のようになるべきだ、とも。

プライバシーにあたらぬ範囲で、、、
私は「若者中心の政策で行く」「(高齢者に特化した)福祉なんて知らん!」と、はっきり書いて献金のお願いをしたのに。

これから福祉に頼らざるを得なくなる、団塊の世代の方。
私がボコボコに批判した団塊の世代の方からも、
職業欄を見ても、業種が製造派遣・コンビニアルバイト・個人事業主などなどいま苦しい状況にあるはずの方。
まさにその層から「私たちは早く死ぬべきなんですよ、どうか今の若い子たtに希望になってあげてください」とか(フェイクを入れています。)
たった何行かなのだけど、とても厳しい状況だとわかる内容で

意外に団塊の世代が多かったことに驚いて、まず取り乱したのですが
いろんな世代から、若い子からも。
絶対に楽ではないはずなのに、伝わっていたんだ、と。
それが嬉しくて、だけど、そんなに無理して欲しくなくて。

もういいから、私のことはいいから、と
俺は自分でなんとかするから、私が悪かったと、
献金のお願いなんてするんじゃなかったとか
モニターの前で、うまく言えなくて
泣いてしまった。

そういう人間的な心の動きは、仕事で絶対に邪魔になるからって
ずっと伏せて、殺して生きてきた。

対峙する相手、例え左翼と言えども。
目の前に肉薄して切り結ぶ中、向こうにとっても「仕方なかった」ことも見えてくる。
斟酌せず、悪魔のようにズタズタに斬り捨てて行くため、
やさしさとか、暖かさって邪魔だと思ってた。

私は多分。
優しくされるのは苦手です。
勝手に自画自賛して、自分の中でノリノリになるのが好きなんです。
誉められることに、慣れていません。

前線とは孤独で寒くて、一番の敵は孤独で、
孤独と戦うようなもので、
スナイパーや潜水艦がそうするように
黙して、何日も何日も延々とターゲットを狙うように
そうやって生きています。

だけど、こんな風に声をかけてもらえて。
なんだろう、とても嬉しかったです。

ありがとうございます。
ただ、無理のない範囲で。
もう使いきらんごとなるので。

少しずつでいいので、余力なんて誰もないだろうけれども
余力のある範囲で。余力がなかったら、献金はしなくていいから。
クリックだけで、いいから。

無理のない範囲で。
大事な人と楽しい時間を過ごしたり、
温かい時間を過ごすため、もしくは自分の趣味でもいいので。

私には、それはないのだけど、
諦めているし、そういう生活リズムは選択できる状況にないけれど
それは、他の方の、そういう物を守りたいからであって。

僕は横暴なんです。
私が守るのはいいのだけど、
守りたい人から、何かを犠牲にしてまで支えられるのは違うような気がして。

そちらに使ってください、
無理のない範囲で、お願いします。
ありがとうございます。

何度も書き直したのだけど、やっぱりうまく書けなくて。
陳情書や請願書なら、ささっと書けるのに、うまく書けない。
ごめんなさい、すいません、ありがとうございます。
無理はしないでください。

あと、わけがわからなくてごめんなさい。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

33 Responses to 個人献金についての御礼

  1. れーじ のコメント:

    小坪さん、初めてコメントさせて頂きます!
    いつも政治の勉強がてら拝見させていただいており、勝手に応援させて頂いております。

    先日フォームよりメールアドレスを入力し、送信させていただいたのですが、ご連絡を頂けていないので、先ほど再度送信させて頂きました。
    ご確認頂ければと思います(アドレスをコピーして他のメアドから送ってみたので、今回は大丈夫…なはずかと^^;)。

    それと…
    小坪さん、言ったじゃないですか。「いっぱい献金しても、言うことは聞きません」って(笑)
    小坪さんに献金された方は、本気で小坪さんの行動に共感し、そして動けぬ自分に代わって動いてくれている小坪さんの足かせを、少しでも軽くしてあげたい、そういう思いでいるのだと思います(少なくとも自分はそうです)。

    だから、これからもご自身の心に従って動いてください!献金者に媚びる必要なんて全くありません。
    (最初からそう言って頂いた上で、献金し(ようとし)ていますから(笑))

    ただ…献金したお金が交通費や宿泊費に使えないというのは、かゆいところに手が届かない的な感じですね?。。。
    この辺の法改正などは出来ないものなのでしょうか…(法改正すると不正に使用(私用)する政治家が増えちゃうのかな…)

  2. 好きなように使ったらええがな♪ のコメント:

    新聞とってないので毎月小坪貯金しときます(笑)

    飛び回ってくださいな♪♪

  3. 元福岡県人 のコメント:

    毎日楽しみにブログを拝読しております。先程ほんのささやかでありますが送金致しました。
    礼など結構ですので、何卒プロの政治家として結果を出し続けて下さい。期待しております。

  4. JL のコメント:

    >実は、あまり人に甘えたり、頼ったことがない。

    小坪さん、気が付いているでしょうが、ものすごく奥さんに甘えてると思います(笑)
    今回、私は「奥さん大変だろうなー」というのが一番考えたことです。
    国の事も大事だし、奥さんも十分理解されていると思いますが、たまにはゆっくり孝行してくださいね。

  5. たじま のコメント:

    貧剃れば、鈍する!と45~年まえにおしえられました。活動資金
    重要です

  6. 行橋に行った事があるんです のコメント:

    また一年後にも言って下さいね。

    出来る範囲で協力しますので!

  7. 徐勢昌 のコメント:

    仕事を頼んだわけじゃなし、好きで「どうぞ」とさし上げたので、気にせず好きにやって下さい。
    明治時代に学生の身で大陸の革命動乱に参加した大先輩に大金を与えた素封家のように、いつかは私も。

  8. のコメント:

    もらい泣きしちゃいました(笑)
    私も、市議に少し似てて
    照れくさい時は言動が可笑しくなります。

    メール送ったのみで、まだ献金は出来ていませんが
    必ず送らせてください。

    私の暮らす地域にも、市議のような漢臭い人いたらイイのになぁ

    領収要らないのですけど・・・
    結局それにもお金が掛かるでしょう。
    法で定められているのなら仕方ないですけど
    削れる部分は削って、その分他の事務費用に回して頂けたらなぁと。

    事務員さん雇えるとイイですね。

    • 福岡2区 のコメント:

      領収書、本当勿体ないですよね。
      PDFファイルをメールに添付という形でもダメなんでしょうか?
      (郵送代82円 x 献金者数、バカにならないですよね)

  9. わさび のコメント:

    優しくされるのが苦手な人はご自身が優しいからだと思います。
    対象者にどれだけ心を割いているかご自身が分かっているから
    重みが分かると言うのでしょうか?

    でも、献金って優しくさの部類ではなく投資に近いと思うので
    もう少しドライに受け取ってもいいのかな?っと思います。
    すいませんたいして献金していないのに、大口叩いて。

  10. わさび のコメント:

    連続投稿失礼します。後、上記の駄文も。

    領収書ってPDFとかの電子メール添付とかでは駄目なのでしょうか?
    控除対象でもないですし、郵送代、封筒もったいないなぁ。

  11. 鈴木敦哉 のコメント:

    なかなか返信が来ないなと思っていましたら、よく考えたら大事なので普段使っているヤフーメールではなく携帯メールを送信してPCメール受け取り拒否になっていました。
    解除して再送しましたのでよろしくお願いします。

  12. 関羽雲長 のコメント:

    「優しくされるのは苦手です」とのことですが、勘違いしないでください。
    少なくとも私は、優しい気持ちで献金していません。
    少しでも長く前線で戦ってもらうため、倒れてもゾンビのように起き上がって戦ってもらうために献金しました。
    あくまでも政治献金です。出す側にメリットがなければ意味が無いのです。
    また、メリットがあると思うから出しているのです。
    Give and Take.
    是非とも、クールに割りきってください。

  13. のコメント:

    お気遣い恐縮です。 私も読み進むにつれて、ほろりとしてしまいました。
    個人的には、へそくり、いえいえ、積み立ての楽しみができましたよ。

    先生の思うがままになさってくださいね。 応援しています。

  14. 駒上 のコメント:

    期待して裏切られる、よく分かります
    クリックは簡単で軽いものです
    画面の向こうのこととして、喉元過ぎれば熱さ忘れる人も多いことでしょう
    でもその中にまことがこもったクリックが在ると知っていただけたこと嬉しく思います
    お互い、画面の向こうには現実が存在すると認識して行動していけたらいいですね
    今日振り込みに行ってきます
    受け取ってくださいまし

  15. 生野区民 2 のコメント:

    期待してます、信じたことを思いっきりやってください
    献金先の口座は登録したので、また何時でも言ってください

  16. 呂呂 のコメント:

    みんな、それぞれの立場で自分に出来ることをしてるだけですよ
    負い目に感じる必要ありません

    私たちは個人でサヨクや日教組と戦う武器も戦術も持たないのです
    だから、後方支援に回ります。思う存分戦ってください。酸素魚雷、上等です。

  17. 粕屋町民です。 のコメント:

    初めてコメントさせていただきます。

    つい、仕事中に読んでしまい、仕事中なのに、涙がこぼれてしまってごまかすのが大変でした。

    みんな、小坪市議に賛同して出来ることをしているのですから、気にされることはないです。

    応援しています。
    それだけしか出来ないけど、応援してます。
    その気持ちだけ伝えたくて、コメントさせていただきました。

    まだ手続きしてませんが、もちろん献金(と言える額でもありませんが・・・)させていたたきます。

  18. 巻線 のコメント:

    いつも有力な情報ありがとうございます。

    今回の件、私も恥ずかしい金額ですが、協力させていただきます。
    どうぞ、小坪さんらしくやっちゃって下さい。
    動けぬ私の代わりによろしくお願いします。
    頑張って下さい。

    余談ですが、私も車は好きですよ(笑)

  19. Masa のコメント:

    振り込みました。些少で恐縮ですが、少しでも小坪市議の活力に繋がれば幸いです。
    (でも、プレッシャーには思わないで頂けると嬉しいです。)

    ・・・ふと思ったのですが、奥様名義で商売する形は取れないのかな? なんて思いました。

    例えばですが、行橋市の名産品を、相場の2倍の価格で売るとか。
    半分は商品代として地元経済に還元し、半分は一旦奥様の収入となり、所得税やら市民税やらを引いた分は、最終的に小坪市議の活動資金となるような感じで。

    名付けて、「ふるさと納税」ならぬ、「ふるさと迂回献金!(笑)」

    あー、名前からして違法臭がプンプンしますね・・・ダメそうだな・・・。
    でも、市議として献金を受けたお金を交通費や宿泊費として使えないのであれば、満足な活動をするために、何かしら抜け道が必要な気がします。

    素人意見ですので、違法行為とかグレーゾーンとかで、「政治とカネ問題」で敵対勢力から攻撃を受けるリスクになるようでしたらゴメンナサイ。でも、もし出来るならば、「市議で活動家」の小坪市議らしい、「地元への貢献」と「日本全体への貢献」の、いいとこどりが出来るのではないかなーなんて思いました。

    ・・・ところで行橋市って何が美味しいんでしょうか?
    活動レポートの息抜きに、地元紹介して頂けると嬉しいなぁ?なんて。

    (ちなみに、結構最近まで「ぎょうばしし」だと思い込んでいたのはナイショです・・・福岡にある事も最初の内は知りませんでした・・・小坪市議がいらっしゃらなければ、地名も読み方も一生知らないままだった気がします・・・orz)

    • わさび のコメント:

      行橋はいちじくが美味しいですよ。行橋かは覚えてないけどでっかい梨も。

      • Masa のコメント:

        わさびさん、情報有難うございますっ!
        いちじく・・・食べた事ないので、今度通販でポチってみます♪
        せっかくのご縁なので、行橋産のものを探してみます。

  20. すとれいてなあ のコメント:

    読みました。
    一言で、小坪さん日本男児だな?と。
    漢が惚れる漢ですねw

    私は昨年、保守速から来たくちで、今までその手のまとめサイトや
    余命3年時事日記を見るだけで行動などはした事が有りませんでしたが、
    小坪さんのブログを読むようになり朝日裁判の原告など、出来る事はやろうと
    心に決めました。

    感謝しております。

    明日振り込みに行こうかと思っています。
    そのお金で小坪さんが3500円のカツカレーを喰おうが活力となるなら
    私は文句言いませんw
    将来、カツカレーを食べたくらいで叩かれるような大物になるよう期待しております。

    献金を血肉とし、思うがままに行動して下さい。

  21. 通りすがり のコメント:

    政治献金で、高給コリアンパブで散財するのだけは遠慮して欲しい。

  22. 京都の聴覚障害者(もと大阪) のコメント:

    お疲れ様です。

    投資したい、実感がある実績を挙げていただける政治家が当方から見て、
    あまりにも少ないので、こちらが逆にお礼を言いたいと思います。

    ありがとうございます。

    当方は戦い方を知らないので、弾薬補給のつもりでお預けいたしました。
    好きに使ってください。

  23. mirage のコメント:

    初めてコメントします。
    少額ですが献金させていただきます。
    これは、パソコンの前での怒りと文句だけは活動家並で、
    腰は鉛のように重い凡人の罪滅ぼしです。

    小坪さんが、体力の問題ならばともかく、カネの問題で活動を自粛なんてとんでもない。
    必要なら遠慮なく言ってください。
    今回は結構賛同者が多そうなので参加費程度にしますが、
    もし足りなければ何倍でも何十倍でも出します。

    先生の活動に感謝しています。
    これからも一層のご活躍をお願いします。

  24. 元自衛官 のコメント:

    先生、泣きました。こんな政治家もまだいたんだ。

  25. 50代主婦 のコメント:

    田母神さんの記事のコメント欄で何方かが、あの事件で「思ったより沢山お金が集まっていたのが分かって、保守もやるじゃない!」と思った。というようなことを仰っていて、私も全く同じことを思っていたので、あの事件である意味安心したんです。
    実は、田母神さんの時は今回小坪さんにお送りした倍の額にしました。そう主婦のお小遣いとしては少し無理しました。国家存亡の危機(大袈裟)とも思ったし、ちょっと見栄を張りました!で、意外と「集まる」と分かったから今回は見栄張りませんでした(笑)。
    私は世間で言う「逃げ切り」世代です。もう十分です。
    それよりも、要領の悪い二人の娘の将来が本気で心配なんです。
    高度経済成長期の恩恵を受けまくったシラケ世代の私よりずっと努力しているのに、不器用で損をしている娘の幸せだけが願いです。
    私には何も出来ません。見守るだけです。
    だから小坪さん、若者のためにどうか頑張ってください。
    見返りなんか期待していません!
    私も甘えベタなので、小坪さんの気持ち良くわかります。

  26. 草莽の団塊です! のコメント:

    草莽の団塊爺ですので、どうせ砂の涙ほどのお金しかおくれないと思いますが・・・、それでもよいとおっしゃっていただけるのであれば、@で登録したいと思います。

  27. 海外住み学生 のコメント:

    小坪さん応援しています。毎日ランキングをクリックしています。未成年なので献金はできないみたいですが、上の方でも他の方がおっしゃられているクリック型の広告や例えば小坪さん名義のYOUTUBE動画の広告などで応援できる様な方法はありませんでしょうか。議員さんがそういう物をやって良いのか悪いのかも分かりませんが、応援したい気持ちは有るのです。若者に主軸をおく活動をして頂ける議員さん。若者が応援出来る方法はないものでしょうか。

  28. ヒロミ のコメント:

    小坪議員、お疲れ様です。

    少額ではございますが本日振込致しました!よろしくどーぞw
    皆さんの献金を元に小坪議員の益々のご活躍を期待しております。

  29. ピンバック: 【今後の保守活動】ロビー活動の重要性・国会議員に直接、陳情【訪問先リスト】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください