【拡散希望】トモダチ作戦を立案者の一人、ロバート博士が懲戒解雇の危機!!署名のご協力お願いします!


 

 

まさか、という思いがある。

ロバートが危ない。

 

このような記事を書くということは、
そのような「事態」ということだ。

私のブログを読む方は、リアリストが多いように思う、
web上で炎上していたとて、事の真贋を精査する。
ソースが付かねば動かない。
ならば、私がソースです。
・・・動いてください、かなりまずい状況です。

ほうぼう手を尽くしています。
防衛関係のルートは多くは持っておりませんし(市議ですから)、海兵隊は他国になるため相当に苦労しました。
言えることは、日本側には正式には「確定」では入っておりませんが、(すいません、これ以上は語れません。)
現場サイドの信頼できるルートからは、「駄目かもしれない」という状況にあります。

よって、web署名の協力を求める次第でございます。
皆様、よろしくお願いします。

 

<関連記事>
なんの話?なにがまずいの?という方がおられましたら、是非、以下の記事もご覧頂けると幸いです。
トモダチ作戦立案者の一人が、左派メディアからの集中砲火で苦境に。
【メディアによる捏造の記録】第二のsengoku38事件

 

 

Please retract the dismissal of Dr.Robert Eldridge. 在沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい。

 

署名する(change.org)

 

 

 

1

 

Please retract the dismissal of Dr.Robert Eldridge. 在沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい。

 

Many Japanese people heard the news, with disquieting and troubled hearts, that Dr. Robert Eldridge may be dismissed from his position as a deputy assistant chief of staff, G7, over the release of on-base surveillance video taken at a northern U.S. military base in Okinawa, just because he did not get the permission for the release beforehand.

多くの日本人が沖縄北部にあるアメリカ基地内で撮影された監視ビデオを公開したということで、エルドリッジ博士が政務外交部次長の職を解雇されるというニュースを非常に沈痛な気持ちで聞きました。それも解雇理由はビデオ公開の事前許可を得なかったからだとのことだけです。

It all started when two Japanese men were arrested by base security guards at Camp Schwab for crossing its boundary line during a protest on Feb 22. One of them is Hiroji Yamashiro, an activist and a head of a so-called peace movement organization. They were later released; however, two major Okinawan newspapers, the Okinawa Times and Ryukyu Shinpo, misled the public claiming that the arrests were illegal and stated that the security guards dragged them into the base to detain them.

一連の出来事は二人の日本人が2月22日、抗議中に基地境界線を越えてシュワブ基地の警備員に逮捕されたことに端を発しています。二人の内の一人は山城博治で、平和運動と称する団体の活動家でありその長です。この二人はそのあと釈放されましたが、沖縄の二大新聞であるところの沖縄タイムズと琉球新報はこの二人は警備員に基地内に引きずり込まれて拘束されたもので、違法逮捕であるという誤報を流しました。

The claim by these two newspapers was taken at face value by a member of the Communist Party and he addressed the incident at the Diet meeting accusing the US and Japanese governments of engaging in the unlawful suppression of innocent civilians. The decision to release the video by Dr. Eldridge was simply to show what exactly happened and protect the honor of the Japanese government and the US military that the action of the security guards was indeed lawful and there was no suppression of civilians.

この二大新聞社による誤報は一共産党員によって真実と受け止められ、彼は国会の場にこの事件を持ち出し、アメリカと日本政府は無実の国民を不法に抑圧していると非難しました。エルドリッジ博士がビデオ公開を決心したのは、正確に何があったのかを示すことによって、警備員の行動は法に則ったもので抑圧などはないということを証明して日本とアメリカ軍の名誉を守ることにありました。

On the other hand, the activities conducted by the above-mentioned peace movement organization are nothing but unlawful. They are anti-U.S. base activists and their illegal activities include such actions as flying kites and balloons to obstruct the flying of Osprey, to deface the base fences by putting different objects or banners on them, to slander American military personnel and aggressively protest against them, etc.

その一方、上記の平和団体なる組織が行っていることは違法以外の何物でもありません。彼らは反米基地活動家であり、オスプレイの飛行を阻止するために凧や風船を飛ばしたり、米軍基地のフェンスを汚したり、アメリカ軍人に対しては誹謗悪口を浴びせています。

Dr. Eldridge was the original proposer of utilizing U.S. forces in a large-scale natural disaster in Japan, which was first carried out and called the “Tomodachi Operation” after the Tohoku Earthquake four years ago. Also, his fluent language skill helped greatly to better communication between Japanese defense forces and U.S. servicemen and servicewomen when they reconstructed the Sendai Airport shortly after the disaster. He has been promoting better relationships between Japan and the U.S. through his line of duty and many other occasions. Thus, he is highly respected by many Japanese. His dismissal under the current critical circumstances in Okinawa is not only a great loss but also detrimental to the relationship between the two nations. His dismissal is what those anti-U.S. base activists want and doesn’t serve anything but their anti-U.S. purpose. We would sincerely appreciate it if you would reconsider his dismissal. We, Japanese, need him to have better understanding of the two nations, which is the utmost necessity for the security of the Asian Region.

エルドリッジ博士は日本での大規模自然災害において米軍を活用することを発案し、それは4年前の東北震災のあと「トモダチ作戦」と呼ばれて初めて実行されました。また、博士の流暢な言語力は災害の後の仙台空港の復興の時に自衛隊と米軍人との間の意思の疎通に多大なる貢献をしました。博士は職務や種々の機会を通して、日本とアメリカとの関係を推進するために尽力されてきました。こうしたことから、博士は多くの日本人に尊敬されています。博士の解雇は現在の沖縄の危機的状況を鑑みたとき、二国間関係にとって非常な損失であるのみか悪害をもたらす行為とも言えます。それは、博士の解雇は反米基地活動家が望むことであり、彼らの反米目的を利するものだからです。こうしたことから、博士の解雇が撤回されることを切に望みます。我々日本人は二国間のよりよい理解のために博士を必要としていますし、そうした理解がアジア地域の安全には非常に必要なものであると思います。

 

署名する(change.org)

 

 

<現在の状況>
なんの話?なにがまずいの?という方がおられるかと思います。
まず冒頭、述べておきますがロバートは私の友人です。

トモダチ作戦の立案者の一人、日本国民として極めて恩のある人物が、捏造報道に振り回されています。
こんなバカなことがあって、たまるものか。
彼が、窮地に立たされ苦しんでいる。

「動画流出犯」として「処分された」と確定で連日報道されました。
私の知る限り、その時点では特に何もありませんでした。
火のないところに、火を付けられたのです。

現在、緊迫が続く沖縄において、これらの報道の「塗り重ね」は海兵隊を追い詰めました。
日本からの「支援の声」は、ギリギリで届いたが、、、届いたのですが、一歩、足りなかった。
私の知りうる範囲での状況になります。

 

<ロバートの功績>
皆様にはこう紹介したほうがいいだろう。
トモダチ作戦の立案者の一人であり、仙台空港の尋常ならざる復旧、あの立役者。

空港復旧に際しては、日本国内にもつ様々な人脈を駆使し、建設重機をかき集めた当事者。
また、復旧においても海兵隊の初動が随分と速かった、円滑であったことは記憶に新しい。ロバート博士は堪能な日本語能力を活かし、多くが英語しか話せぬ海兵隊において、被災者の支援・生存者の救助活動を円滑化させるため不眠不休で通訳を行った。

彼なくして、仙台空港の、あれほどの速さの復旧は達成できなかった。
物流のライン、支援物資を入れるため空港の復旧が急務であった。
初動段階から極めて円滑な体制が構築できた。
救われた命は、どれほどの数だろう。私は彼の尽力、その功績は極めて大きかったと言わせて頂く。
当然ながら震災直後より現地入りしたメンバーである。
それがロバート・D・エルドリッチ。

 

<友人として>
私も普天間基地を直接案内して頂いたことがあり、あまりに日本語がうまく、ジョークもキレがある。
非常にきさくであり、話していると高官であることを忘れそうになる。
はっきり申し上げれば、私の友人としての認識は、「おもろいオッサン」なのだ。

とは言え、冒頭に述べたようにただのおもろいオッサンではない。
日米の友好を真に考え、日本人と共に苦楽を共にした豪傑。
これがロバート博士の本当の姿である。

非常な知日派、親日派として知られ、
左派メディアからの攻撃にあってきた。
いつものことと一笑に付すロバートの顔が脳裏に浮かぶが、
今回ばかりは、状況が異なる。

 

<第二のsengoku38事件>
【STEP1】サヨクにとって望まぬ事件が発生
sengoku38事件の際も、そうだった。
左巻きにとって「都合の悪いこと」が起きると、あたかも中国側に立ったかのようなポジションで、凄まじいまでの批判を行う。
中国漁船(実態としては漁船とも言えないように思うが。)が、海保へ体当たりしてきた。
これがそのまま公開されれば、左巻きにとっては面白くない方向に世論が動く。
その場合は「まったく見当違いであっても」凄まじい批判を行う。

今回も、そうだった。
「不当逮捕!」と騒ぎ立てた。

【STEP2】情報「流出」により、批判の論拠を失う
sengoku38事件の際も、そうだった。
「そのまま出しては都合が悪い」ことを、凄まじい批判をもってすり替えようとした。
しかし「事実が明るみ」になり、使っていた批判の手法が封じられてしまう。

今回もそうだった。
逮捕時の動画がyoutubeにアップされ、「不当逮捕」と言えなくなる。

【STEP3】沈黙する
sengoku38事件の際も、そうだった。
彼らは沈黙する。
それまで声を大にして言っていたことを、あたかも「なかったことのように」してしまう。
沈黙するのだ。

今回も、そうだった。
「不当逮捕!」と騒ぎ立てていたが、一斉に沈黙した。
事実「不当」の二文字は、なくなった。

【STEP4】次の生贄を探す
sengoku38事件の際も、そうだった。
彼らは沈黙する以外のことも行う。
騒ぎ立てた手前、何も触れぬわけにも行かぬ。

よって、「別の角度から触れた」という形で、
誰も問題にしていないことを、「必死に社会問題」にしようとする。

あの時、誰がどう考えても「悪いのは中国漁船」であった。
しかし、メディアは「情報流出の問題」にすり替えようとした。
自らに矛先が向かぬよう、嘘つきと言われぬよう、「次の生贄」を探すのだ。
あの時は、国を護る熱いハートを持った、善良なる海上保安官が犠牲となった。

今回も、そうだった。
「別の角度から触れた」という形で、社会問題化を試みる。
今回は、日米関係の真の友好を望む、トモダチ作戦の立案者の一人が生贄にされようとしている。

 

 

これで、いいのでしょうか。
日本人よ、これでいいのでしょうか?

上記の簡易まとめは、以下の過去記事を抜粋して作成しました。
併せてお読み頂けると幸いです。
トモダチ作戦立案者の一人が、左派メディアからの集中砲火で苦境に。
【メディアによる捏造の記録】第二のsengoku38事件

 

 

<私のしたこと、言える範囲内の内容>
私の持ちうる、米国にまで届く防衛関係のルートは本当に少ないのです。
市議である以上、行えることにも限りがあります。
(持っていることが不思議とも言われそうですが。)

全てを伏せた状態でしか語れませんが、我が国は「それなりに」動いております。
それなりというのは、批判ではありません。
動き過ぎれば内政干渉になるため、そうならぬ限界領域でしっかりとした動きを行った、と受け取っております。
逆に言えば、許される限度までは。。。

まずもって行ったのは、ロバートがどのような人物であるかを伝えました。
その功績を伝えました、単に沖縄問題のみならず東日本大震災での功労者であること、
彼の行った研究成果、論文が如何に日本の国益に寄与し、その思いが真の日米友好を希求したゆえであること。

特に尖閣先島諸島周辺の領海については、現地の資料しか存在しませんでした。
これでは極めて弱く、体系立てて論文とし、資料として「我々が戦えるようにしてくれた」のは
博士としてのロバート・D・エルドリッチです。

ブログにするのみならず、防衛に関係する国会議員らに依頼をかけ
上記情報を伝達すると共に、「許される限度」はあるが、水面下の非公式ルートを使って欲しいと依頼を行いました。

結果は、現地サイドで確認できるほどに劇的な変化があったとのこと。
誰が何をやった等は、とても言えませんが、かなり無理をしてくれた人もいる。

それでも、足りない。
やれる限りのことは、私の身分で可能なことは、ほうぼう手を尽くしてやりました。
しかし、足りないのです。

まだ、我が国のルートからは確定で流れておりませんが、
時間の問題かと思います。

いまならギリギリ間に合うかどうか、
そのような状況です。
(↑上記の「状況」については、一部修正する可能性があります。書ける限界なのです、)

 

 

 

 

<動き出す仲間たち>
・テキサス親父
署名作成は、テキサス親父の事務局です。
当然と言えば当然の英語力、引き締まった署名文です、ありがとうございます。

【テキサス親父日本事務局】
「沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい」署名

 

 

・保守速報
いつもアンテナが高いですね、助かります。
ありがとうございます。
【拡散希望】東日本大震災でトモダチ作戦を発案したロバート・エルドリッジ博士が懲戒解雇の危機!!署名のご協力お願いします

 

・KAZUYA Channel
いつも端的な動画、数分でここまでの情報をまとめあげる能力。
ありがとうございます。

【報道しない自由を発動するマスコミに鉄槌を】

 

・狼魔人日記
沖縄情報ならばここ!
本問題を初期より追いかけ続けた、沖縄に特化したブログです。
一次情報や現場の話も多々でてくるため、ネットで検索できぬ話、現場の空気を感じさせます。
こちらかも署名協力が出ております。

エルドリッジ博士を救え!拡散協力依頼です

 

 

※ 特記
他に署名を募集してくださっている方やサイトがありましたら、コメント欄にて教えてください。
本文に反映させます。

また、各まとめサイトの管理者、ブロガーの皆様、本署名を記事として取り上げて頂けないでしょうか?
併せて紹介、本文に反映させて頂きます。

その際は、本エントリ、及び下記二つの記事を使用して頂いても構いません。
トモダチ作戦立案者の一人が、左派メディアからの集中砲火で苦境に。
【メディアによる捏造の記録】第二のsengoku38事件

私の紹介をしてくださいと言っているわけではありません、使っても使わなくても結構です。
少なくとも本記事、及び下記二つの記事に関しては、著作権を全て放棄します。
理由は、ロバートの功績・動きは、現場サイドの情報を知りうる立場にあり、防衛関係の委員会に所属、本人とも面識のある私からしか書けぬことが多々あるからです。

というより、ネット上で検索できる情報に限りがあるためです。
(本記事においては修正の可能性がある点のみは転載は推奨しません。)

 

 

いま、動かないと。
きっと後悔する。

私は恩知らずにはなりたくない。
国土が壊れて行く様を見て、第二の故郷とも言える東北が津波に飲まれる様を見て
私は茫然とするよりなかった。

当時、市議ですらなく、
仮に市議であったとしても何もできなかったであろう私。

ロバートは、国内に張り巡らせた人脈を駆使し、仙台空港復旧のための重機をかき集めました。
物流拠点の復旧こそが被害の極小化に役立てるとわかっていたからです。
英語しか話せぬ者の多い海兵隊において、初動を円滑に行うため司令部の通訳を不眠不休で勤めました。

私には何もできなかった、あの時。
ロバートは、多くの海兵隊員と共にいの一番に被災地に入りました。
原発がどうなるかもわからず、二次災害という言葉が脳裏をよぎる中
国民は茫然とするよりなかったあの時、彼は動いてくれました。

救った命はどれほどだろう。
いま、動かないと。
きっと後悔する。
私は、恩知らずにはなりたくないのです。
私自身、結構、無理している。
だけど、いま動きたい。

共に続く者がいることを信じる。
FBでのシェア、RT、tweetをお願いします。

 

 

Please retract the dismissal of Dr.Robert Eldridge. 在沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい。

 

署名する(change.org)

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散希望】トモダチ作戦を立案者の一人、ロバート博士が懲戒解雇の危機!!署名のご協力お願いします! への24件のフィードバック

  1. のコメント:

    署名してきました
    犯罪者が責任を転嫁し不当な主張をして相手に濡れ衣を着せて陥れる
    そして不当な行為が暴かれると暴いた人を非難する
    道徳や倫理が欠如した醜い行動ですね

  2. 生野区民 2 のコメント:

    署名してきました、左翼の行為は本当に汚らしい
    日本の恩人とも言える人を救おう、ネットでも署名の拡散をしてきます

  3. 南畿人 のコメント:

    共産党の謀略恐ろしいですね。。。

  4. 京都の聴覚障害者(もと大阪) のコメント:

    署名しました。
    また、米海兵隊へも処分は厳しすぎる旨のメールしました。
    少々、まさか・・・とは思うので半信半疑ですが、確定ソースが出てきてからでは遅そうですね。

  5. JL のコメント:

    署名とコメントをしました。
    言論の自由をタテに事実関係もそっちのけで好き放題やっている沖縄の左翼新聞のことなんか米軍は気にしないだろうと思っていましたが、辺野古の件もあって刺激したくないと思っているのでしょうか。それともどうせグアムへセットバックするのだからという冷めた目で沖縄を見ているからなのでしょうか。
    どちらも日本にとっては最悪です。 日本は特に目をかけて助けてくれた友達を捨てるのでしょうか。そんな
    国に誇りが持てるわけがありません。
    特に沖縄の方、撤回を求めてほしいです。地元の意見が大きければきっと声は届きます。

  6. MAZDA のコメント:

    動画が流出しているのにも係わらずこういう事態になってしまう事の恐怖とおぞましさを感じます。
    この流れはありもしない従軍慰安婦や南京事件(1937年)を作り上げたマスコミの意思の典型です。
    なぜ南京事件にわざわざ(1937年)と入れているのか意味が伝わると嬉しいのですが。
    さて「悟った御方」はどのように講釈を垂れてくれるのでしょうね。

  7. 旧新人類 のコメント:

    署名および、在沖縄米海兵隊へメールしました。私も家族もアメリカやアメリカ人にすごく世話になったクチなんで、その思いとともに、米軍の抑止力に感謝のメッセージを添えました。何とか、事態が好転するといいですね。

  8. ハヤブサ のコメント:

    署名しました。
    少しでもお役に立てれば光栄です。

  9. 櫻盛居士 のコメント:

    この件、少々レスポンスが悪い様に感じます。

    論理的、理性的な内容(本当に理解して頂きたい事)は、基本的に同じ傾向を感じます。

    ツイッターでは『つい助』や『ボット』で検索すれば、無料で使えるアイテムがあります。
    コレ等を利用して、執拗に繰返せば、経費もリスクも無く誰でも、護国活動が行えます。
    尚、ツイッターは同じツイート(文字列)を1日1回しかツイート出来ない制限がありますので、句読点の場所を変えたり、「!」の場所や数を変えて、同じ趣旨を1日に何度も繰り返す方法が良いでしょう。

    効率的なレスポンス(リツイート)を狙うなら、感情に訴えるフレーズを盛り込むのも、一つの方法です。

    本件は時間的猶予が然程残されておりませんので、迅速なアクションが必要と判断致します。

  10. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんばんは!さきほど、31,160になっていましたね。どんどん、のびて日本人が応援している声がとどけ!とどけ!と思います。

  11. のコメント:

    署名致しました。 どこまで姑息なのだろうかと怒りが込み上げてきます!

  12. 名ナシ のコメント:

    署名しました。
    メディアを反日勢力に抑えられている現状では
    活動家の悪行が拡散されない。
    政府が広報手段を持つ必要がありますね。

  13. Uta のコメント:

    昨日署名しましたが、今日は家族に署名をお願いしようと思います。

    恥ずかしながら、父方に日本共産党に傾倒している親戚がおります。我が家とは日常的な交流はほぼ無いのですが、毎年年賀状だけは、自分に酔ったような反米・反日活動を書き連ねて送ってきます。
    今年の年賀状には、「沖縄、韓国へ行ってきた。虐げられつつも声を上げ、立ち上がった弱者をこれからも応援する。」と書いてありました。
    政治に興味がなかった頃は「相変わらず熱心だねー」で流し読みしていた近況報告に、今年は酷く怒りを覚えました。

    今この話を小坪先生のブログで聞いてその時の気持ちを思い出しました。

    自己中心的で顕示欲ばかり。事実を捻じ曲げ、相手を陥れることに躊躇いのない卑怯な連中に、日本の恩人が押しつぶされるなんて絶対に許せません。私自身はほんの細やかな力添えしか出来ませんが、ロバート氏を助けられるよう祈っています。

  14. kieros2005 のコメント:

    署名しました。反日との戦いは続きます。

  15. 徐勢昌 のコメント:

    産経にすら全く何も出ていないので、ソースどこだ?怪しいなと保守速報でレスつけてたのは私です。
    今も改めて「冷静になれよ事実認定できてないのに動くか普通?」の気持ちでまたそう書いてきたばかりですが、ここを其の直後に見ておやと驚いたところです。あまり権威主義は好きではないのですが、小坪氏が信じろというのなら信用することにします。
    しかし、いいのですか?欧米圏ではそういう創価学会や共産党のようなあからさまな圧力をかける行為は嫌われるのでは?あれだけ(赤字で)注意書きをしてあった以上、そこは絶対に踏み越えてはならないと受け取ったのですが、本当にこんなことをしていいのですか?

    • まかせなはれ のコメント:

      その杞憂も一理あるかもしれませんが、
      先に圧力をかけたのは左巻きの連中とマスゴミと見ています。
      これは圧力をかけられている米国人を救い出したいと願う純粋な気持ちの表明ではないでしょうか。
      USAには日本に大恩ある人物は見捨てないという国民性を知ってもらういい機会では?

      もちろん自分も署名しましたよ(3日前に)。

  16. 奈良市 のコメント:

    署名しました。最近世の中の動きがはやくなってきた感が・・・少し恐ろしくなってきました。

  17. ほうみんこう のコメント:

    当方も署名&海兵隊のFBにメッセージを送りました。
    今回の事はアメリカの主権領内で起きた事件で
    ビデオもアメリカの主権領内で撮影されたものが
    流出した以上、本来はアメリカ側の国内問題で、
    本来、外部がとやかく言う筋合いはないのでは?
    と思うのですがどうなんでしょうかね。
    ロバート氏がもし問題の動画を情報提供したので
    あれば、そしてそれが海兵隊の軍規に抵触するので
    あれば、反日極左集団によって事を大きくされた以上
    何らかの処分は軍という組織としては残念ながら
    致し方ないのかなと・・・。
    当方としては、氏の処分が少しでも軽く済む様、
    氏の過去の日本に対する貢献と、氏の存在がこれからの
    日米両国の国益にとって有用であることをそえて
    海兵隊側のFBに、あくまでも「請願」することしか
    出来ないのが残念ですが。

  18. harada のコメント:

    署名した
    親愛なるろばーろばロバート、あなたの優しさを一生わすれません
    どうか無事であってほしい
    今、この事を日本人に伝えないマスコミが許せない
    あなたは日本人の心からの友だ
    どうか無事であってほしい
    あなたの笑顔がみたい
    有り難うをつたえたい

  19. チョンキール のコメント:

    News.U.Sの※欄から来て署名させて頂きました
    卑劣な左翼どもが許せない。お役に立てれば何よりです

  20. ピンバック: 【政治家の目線】サヨクが日当を払っていた場合、それは民主主義の破壊 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  21. 鹿の国より のコメント:

    署名してきました。
    彼が更迭されることになれば、日本は彼に対して多大なる恩を仇で返したことになります。
    それだけは避けねばなりません。
    沖縄の極左メディアによって、ケビン・メア氏についでまた一人、日本の大切な友人を失うことになります。

  22. ハムスター のコメント:

    今日はじめて知りました。。。
    もう終了したとorz

    こんな素晴らしい市議がいるなんて
    まだ日本も捨てたもんじゃないと思いました
    今後応援させて頂きます

  23. ピンバック: 【メディアによる捏造の記録】第二のsengoku38事件 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です