雪上運転を行う上での注意点【安全運転のためにシェア】


 

 

まずもって「運転しない」というのが答えです。
貴方がどんなに気を付けようと、また貴方の乗っている車が4WD(AWD)など雪に強い性能であろうと【ぶつけられる】危険性は格段にあがります。

相手がどのような車で、かつ整備(タイヤが硬化している等)がどうなっているか、また雪道に慣れているか否かはわからないのです。

どんなに気をつけようと、一人で運転するわけではありません。自分自身が事故ってしまう可能性のみならず、被害者となる可能性も高いのです。ですから、まずは「運転しないで」と呼びかけさせて頂きます。

とは言え、どうしても乗らざるを得ない方もおられるでしょう。
そもそも仕事上、運転しないといけない方もおられると思います。
プロとして運転されている方のみならず、出勤のため、もしくは配送(物を届けるなど)の必要がある方もおられると思います。

知恵袋的に、
①雪上運転の際に最低限、気を付けるべきこと
②雪の上で車が動かなくなった際のこと
③車中泊などを迫られた際のこと
をまとめておきます。

個人の経験談のため、異なる意見のある方もいるかと思います。
「これも必須の知識だよ!」という方がおられたら、コメント欄で書いてください。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

雪の日は運転しない。
貴方がどんなに気を付けても無駄なのです。
重ねて強く言っておきます。
貴方の乗っている車が4WD(AWD)など雪に強い性能であろうと余り関係ありません。
他の方がどのような車に乗っているか、わからないからです。

意外に思うかもしれませんが、サーキット等の「全員が装備が整っている状態」のほうが遥かに安全です。
全車両が極めて厳しいルールのもと、検査を経てクローズドな場所で走行する。
物影からボールを追いかけた子供が飛び出したり、高齢ドライバーが逆走したり、信号無視の暴走車が来ることはありません。
それなりの速度で走行するため「それぞれが気を付けている」し、「危険と隣り合わせ」であることを、全車両が熟知して走行しているのです。

雪の日。
しかも、あまり雪が降らない土地で街中を走るということは、これとは逆の危険があるのです。
【貴方以外に道路にある車両】には、整備(タイヤが硬化している等)も酷い車もあるでしょう。
雪道に慣れていない方が、やむにやまれず運転している場合もあると思います。

どんなに気をつけようと、貴方一人が運転するわけではありません。
貴方が交通事故を起こさない努力も必要です、加害者にならないように。
ですが、被害者となる可能性は排除できません。
そして、雪上走行で被害者となる場合、「ほとんど」避けようがありません。

低μ(ミュー)路での機動性は格段に低下するため、プロドライバーであっても「回避は基本的に無理」です。
繰り返しますが、雪上の「もらい事故」は、装備や技術では「回避不能」です。

 

ですから、まずは「運転しないで」と呼びかけさせて頂きます。
大事なことなので繰り返します。
まずは「運転しない」ことが大切だと述べさせてください。

 

 

とは言え、どうしても乗らざるを得ない方もおられるでしょう。
そもそも仕事上、運転しないといけない方もおられると思います。
プロとして運転されている方のみならず、出勤のため、もしくは配送(物を届けるなど)の必要がある方もおられると思います。

急病のこともあるだろうし、仕方ないということもあるでしょう。
そういう場合のために書いておきます。

(※ 必要に迫られて運転せざるを得ない方のためにも、用事がなければ乗らないようにしてあげて欲しいです。)

 

 

 

運転時に気を付けること
雪が降って滑りやすくなるのは、摩擦力が低下するためです。私の場合は「μ(ミュー)」と呼んでいますが、スポーツカー界隈のみの話かもしれません。(運転士さんたちはなんて呼ぶんだろう。)
低μ路の中でも、街中の雪上運転が難しい理由は、μがコロコロ変わるためです。

通常にブレーキが効き、アクセルが踏める「一般的な路面」がほとんどなのですが、「急にμの低い路面」が出てくるのです。
操作可能な路面、操作不可能な路面が連続で出てきます。路面状況が凄まじく変わることが、極めて危険なことだと思います。

 

絶対に覚えておいて欲しいのは「橋の上」と、「山(建物)などの影」です。
この二つは重点項目です。

・橋の場合
路面が凍結する際、冷たい空気が吹き抜けることで対象(この場合は路面)の温度を低下させていきます。簡単に言えば空気(風)が温度を下げると覚えてください。
橋の場合は、「上と下」の両方を風が通るため、(本当は単純比較できないのですが)【二倍、凍結しやすい】のです。他の場所が普通に通れても、橋の上だけ完全に凍結していることがあります。
たいしたことないじゃん?と気軽に運転し、いつも通りに交差点を曲がった先が橋とかだと、そのまま欄干をつきやぶってガシャンって感じです。

・山(建物)などの影
こちらは、光がささないため「凍結しっぱなし」となるためです。ある程度、雪が溶けていき「もう運転できるなぁ」と油断した際に起きる事故。他の場所は、太陽によって溶けており普通に運転できるのですが、影となっている部分のみ凍結しておりμが低いままです。

「いけるいける」「もう雪、溶けてんじゃん」と油断し、
ここを普通の速度で進入すると、当然事故になります。

 

 

橋の上、山(建物)などの影は、他の個所に比べ「μが低い」のです。いきなり操作を受け付けなくなるため、予測しながら運転する必要があります。ここは橋だな、とか「次は影だ」とか。

危険を予知して欲しいため厳しい言葉で書いておきます。橋の上で操作不能となった場合、欄干が低いと「川下に落下」します。申し訳ありませんが、多分、死にます。パトカーや消防、JAF等も無茶苦茶、忙しいので救助には数時間かかると思います。
水の中で何時間か待つことになることになりかねません。(多分、死にます。)

山の影で事故った場合、恐らく不動状態になって重複事故になります。車中にいても安全ではありません。多くの場合、道路を塞いで事故ってしまうわけですが、そこをトラックやバスが通る可能性だってあるわけです。山ですから見通しも悪いわけで、車体の中にいても安全とは言えません。大型車が衝突すれば、たぶん死にます。それでもいいなら、運転してください。
(私が目撃した事故では生存していましたが、不動状態に陥った車両に、大型車が派手に衝突した現場は見たことがあります。)

そして、自らが加害者になる場合もあります。
操作不能になった車体がどちらに飛ぶかわかりません。例えばコンビニのように1フロアが吹き抜けのようになっている場合だってあります。民家の場合もあるでしょう。貴方の運転する車は、人のいるところに突っ込む可能性もあるわけですが、「何人も人を薙ぎ倒して」しまうかもしれません。

貴方は生きているかも知れませんが、何人も人を殺してしまう可能性だってあります。

 

繰り返します。
できるだけ、運転しないでください。

低μの路面が、コロコロ入れ替わることに難しさがあります。
どうしても運転しないといけない場合は、予測しながら運転しましょう。決して速度をあげず、いまが大丈夫だからと言って次の交差点が大丈夫とは限らないという思いを強くもってください。

 

 

他、運転時に気を付ける点。
信号や一時停止の場所です。多くの車両がそこで停止・発進を行うことで、圧雪されていきます。氷の上がピカピカに磨き上げられていくようなもので、非常に滑りやすい。ブラックバーンと言います。凍結した路面が、何台もの車両の発進を受けて「磨き上げられた」もので、操作できません。(古いスタッドレスだと発進すら上手くいきません。)

「信号や一時停止」の場所では、止まり切れない車も出てきます。滑りやすいがために、不用心な運転をした方が「つっこんでくる」可能性もあるのです。青とか赤とか関係ありません。信号のみならず、他の車の動きにも注意を払いながらお願いします。

意外な盲点として、道路の白線も要注意です。
古いものはいいのですが、特に新しい白線は少し滑りやすい。一時停止のラインだったり、対向車線と切り分けているセンターラインであったり、あの線の上も滑りやすいのです。特に路面が凍結しはじめてすぐの場合は(気持ち程度かも知れまんせんが)あの上も滑りやすいことを覚えておいてください。

 

先ほど橋の話を書きましたが、側溝なども同様です。道路のみを見れば、ただのアスファルトの路面に見える場合もあります。積雪により見えなくなっていますから、どこをどう見ても橋に見えなくても、実は下部に空間があり風が吹き抜けている場合もございます。例えば真っ直ぐな高速道路であっても、その下部には農業用の小型の道路(トンネル)などが設置されている場合だってあります。路面だけ見ていても、低μ路はわかりません。

日頃から吹き抜ける個所だな等と気を付けて見ている方じゃないと、恐らくわかりません。もしくは雪道に慣れており、光の加減でなんとなくわかる程度にまでならないと、どちらにせよわからないと思います。私は九州の生まれですが、東北に2?3年でしたか、住んでおりました。最後のほうはわかるようになりましたが、今は自信がありません。

 

 

 

低μ路で気を付けること
急加速、急減速ができません。急旋回もできません。
これが「どんなに運転が上手くても回避不可」と書いた理由です。

「急」がつく運転は、基本的に操作自体ができず、
タイヤがロックして等速で特攻してしまいます。

アクセルを勢いよく踏み込んでも、車体は前に進みません。タイヤが空転するだけです。発進にもコツが必要です。MTの場合は、慣れてない場合は2速で発進してください。ATの場合は、スノーモード等が設定されている場合もあるので、適切なモードに切り替えましょう。エンジン特性の変化や、一部の車種ではABSの制御方法が変わると思います。(車種ごとに違います。)

ブレーキを踏んでも止まりません。止まりたくて、止まりたくて、一生懸命に踏んでも止まりません。滑り始めると一気に摩擦力を失うためで、すでに滑っている状態でブレーキをかけても車体は減速しません。人の住んでいる民家か、ガードレールか、川底にまっしぐらです。(ステアリング操作も一切、受け付けません。)

この場合は、一旦、ブレーキは離してください。タイヤがグリップを回復するまでは、何もできません。ガードレールが近づいてこようが、どれだけ怖かろうが、タイヤがロックした状態でブレーキを踏み続けても意味がないのです。まずはタイヤが路面をつかむまで待つ必要があります。夏タイヤであれば、一旦ロックさせてしまうと簡単にはグリップは回復しません。(グリップが回復する前に、衝突する可能性も高いです。)

同じくハンドル操作(ステアリング)も同じです。一気に切った場合、タイヤはロックしてしまい、車体は直進します。その場合は、一旦、ステアリングを戻してください。グリップが回復するまで何もできません。まぁ、事故るまで回復しないと思います。ブレーキの抜き方とか、ステアの戻し方とかは慣れですから、やったことないとできないと思います。
(そのため運転しないほうがいいというのが本心です。)

 

・ブレーキを踏み続けてもいい場合
技術の進歩は素晴らしく。高年式車の場合はABSの性能が高く、断続的にブレーキをON・OFFしつつ、ステアリング操作すらできる車種もあります。ABSが効くと「ガガガガッ」という音がなると思いますが、あれは「ガッ」の音の間に、車が自動的にブレーキを踏んだり話したりを連続して行っているのです。グリップが回復していることをセンサーで検知(4輪に設置された車速センサー)し、再度ブレーキを踏む操作を行っています。

ただABSがついていれば何でもいいのかと言えば、そうではありません。初期のものでは、ぶっちゃけそこまでの精度はありません。ガガガガッと言いながら、どちらにせよ壁まっしぐらです。自分の車がどれぐらいの年式で、雪上においてABSをかけっぱなしでも大丈夫かは事前に知っておいたほうがいいと思います。

 

 

そもそも論になりますが、スタッドレスタイヤであっても厳しい路面もございます。東北でも信号待ちのバーンとかは、発進に苦労しました。発進どころか、赤信号で止まろうとしたら、そこがバーンで交差点まで一気に突き進むとかありましたね、最初の頃は。大変、怖かったですが、いま思えば周囲の車に申し訳なかったです。(低速であったためギリギリで突入せずに済みましたが、停車車両がいたらアウトだったでしょう。)

FRのスポーツカーでしたが、新品のスタッドレスを履いていました。余談になりますが、当時の車はFD3S(マツダのRX7)でした。車高も落としているわ、しかもタービンを交換しているわで雪道には本当に苦労しました。とは言え、もともと車体を振り回すのが好きだったので、2年目からは普通に乗っていました。

運転できた理由は、新品のスタッドレスタイヤを履いていたからです。ゴムが新しいほうが(恐らく油分とか硬貨などの兼ね合いもあり)食いつくのですけれど、それでも厳しいのが実際です。夏タイヤ、ノーマルのタイヤでは走行自体は本当は無理です。ロックしたら、恐らく二度とグリップは回復しません。何かにぶつかって止まるまで、そのままでしょう。

また、スタッドレスを履いていても賞味期限のようなものがあり、4年も5年も経てば目があっても効きません。タイヤの中の油分が抜けるというか、硬化してしまって喰いつかないのです。

九州などの場合は、持っていてもチェーンでしょう。中にはスノータイヤ・スタッドレスを持っている方もいるかも知れません。私も少し古いものですが、実は持っています。夏の間にホイル付きの中古を抑えておいたんです。万が一のために。

 

それでも可能な限り運転しません。
私がスタッドレスを履いていて、私の車は制御下にあったとしても、相手から突っ込まれたらどうせ回避できませんから。

私は、意外に車を大事にします。
「どう運転しても、自分の車が無事で済まない」可能性が高い以上、運転したくありません。

 

 

 

雪の上で車が動かなくなった場合
とりあえず、自分の車のことは諦めてください。
乗った貴方が悪いのです、その車は「ない物」として認識してください。

というのは、不動車の放置とはとても危険なのです。
例えば坂道を登りはじめる場所など。
車体がフラフラし、登り切れないと思うとそのまま止めてしまう。
よくある光景です。

後続車両もあるし、その後も他の車は通るのです。
ど真ん中に乗り捨てるのは、本当に危険なのでやめてください。多重事故の原因にもなりますし、どうせ他の車にぶつけられまくって、ボコボコになって、ガッシャンガッシャンになって、フレームまで逝って、修理すら不能の廃車になるでしょう。どうせゴミになるので、坂道のど真ん中に放置するのはやめてください。
厳しい言い方なのはわかっていますが、実際にゴミになった状態を見たことがあります。本当に車がかわいそうでなりませんでした。

乗り捨てた結果、ボコボコになって廃車になった方は、自分を被害者と思うかも知れません。
確かに当て逃げでしょうし、そもそも何台も衝突してますから、あんまり原型をとどめていませんでしたが、「本当の被害者」は、【衝突不可能な位置に停車していた】ために、衝突してしまった、ぶつけた側だと考えることもできます。

 

せめて離合できるように。
わざわざガードレールに突っ込めとはいいませんが、可能な限り路肩に寄せてください。怖いとは思いますが、低速でガードレールにこすってもフェンダーの交換程度です。修理はできます。ど真ん中に乗り捨てて、いろんな車にぶつけられてゴミになるよりは、絶対にマシだと思います。
(何台からも繰り返して接触事故を受けた車両は、本当に凄まじいまでのボコボコになります。)

可能ながら、見通しの良い場所に。
「相手が」回避できる場所に停車してください。

 

ひどい言い方をしましたが、坂道を登れずに断念。
フラフラしたまま、そのままそこで乗り捨てる方、多いです。やめてください。
山頂から降りてくる車もいるわけで、そちらは下り坂ですから「絶対に停まれません」。

 

 

ちょっとだけ動かすテクニックを。
タイヤの空気を抜いてください。1キロ以下は、本当は走行の危険が伴うのですが、動かすことはできます。タイヤのエアを抜けばタイヤはペッタンコになり、設置面積が増えて、グリップしやすくなるのです。ただしエアは抜きすぎれば、ホイールから外れる危険もありますから、低速で走行してください。坂道などで、どうにもならない時だけにしてください。
(雪の際は、どちらにせよ空気圧は低めに設定しておくものですが。)

意外に効くのが「重り」です。
駆動輪の上に、重量物を置いてください。後輪駆動車(FR)であればトランクに。FFであれば、助手席に。スタックしてしまい、発進すらできない場合は、トランクに重りを載せるとあっさり動く場合も多々ございます。
反則なので余り言いたくないのですが、スタックするような場所ですから、どこかに塩化カルシウムがあると思います。その袋をそのまま載せる。それでも足りないなら人が乗ったりもしてましたが、よっぽど知識のある方だけにしてください。詳しく書けば色々あるので、慣れずにやると大怪我の元だと思います。ただ、坂道のど真ん中で車を放置するような場合を想定して、一応、書いておきます。

他には、「布」があります。
雪の上だからグリップしないわけで、発進すらできない場合は、タイヤの下に布を引くとグリップします。絶対に手を挟まないようにしないといけませんが、駆動輪の前に布(タオル・毛布)を入れると、タイヤと雪の間に吸い込まれて行きます。そしてタイヤの後ろに吹き飛ぶわけですが、それは失敗です。非常に上手に、2速で、丁寧に丁寧にクラッチ操作を行うと発進できます。

 

あとは、まぁ、塩化カルシウムを撒く。
撒いて、撒いて、撒きまくる。
登れないなら、数メートル車体を下げて、どんどん撒くしかありません。なんであれがあるかわからない方もいると思いますが、実はかなり効果があります。
撒けばなんとかなる場合もあります。

 

他には、まぁ、ワイヤー使ったり、脱出用のロープ使う方法もあります。雪壁にめり込んでしまった場合など、ですね。これは付け焼刃でやると危ないと思うので書きません。例えば、牽引ロープでやると切れる場合もあります。何トンという力がかかったまま、切れてしまい、鉄のフックが飛んでくるわけですが、怪我じゃすまないと思います。ワイヤーも切れた場合、鞭のようにしなりながらぶっ飛ぶので、懸け方がわからない場合は使わない方がいいでしょう。
(切れ方によっては、フロントガラスを突き破って運転席まっしぐらになります。)

 

雪の上で車が動かなくなった場合という項目でしたね。
「JAFに電話するように」と書けば終わるように思うかも知れませんが、そういう書き方はいたしません。
最近は自動車保険にもロードサービスが付帯しているものもありますが、JAFであれその他のロードサービスであれ、【電話しても来ません】。何台も事故が起きている状態であり、順番待ちです。だいたい7時間から8時間とかになるんじゃないでしょうか。どうせその間に、他の車にぶつけられて(多重事故)貴方の車も無事ではないでしょうけれど。

自動車の保険に付帯しているロードサービスは、ご存じのように安価です。結果、レッカー屋さんって「儲からない」状態になったのですね。最近の車は壊れにくいですし、かつてほど需要がないのです。その状態で保険の付帯サービスという形で単価が下がりましたから、業者の絶対数が少なすぎるんです。
よって、雪が大量に降って多重事故だらけ等の場合は、(資本主義として淘汰され尽くしてしまった以上)民間サービスは期待できません。

当然、電話したほうがいいと思います。
むしろしてください。ただ、保険のロードサービスに入っているからと言って、雪の日にレッカーが来ることは「基本的にはない」と思ってください。
単価を下げまくってきた、日本社会のツケです。

 

動かせないなら、乗るべきではありません。

 

 

 

車中泊などを迫られた際のこと
車中泊は、やめたほうがいいです。
普段なら普通の方も耐えれると思いますが、実は皆様の想像よりも、あまり気密がよくないのです。
雪の降る前に「満タン」にしておくべきですが、もしもガス欠になった場合、暖房が入らないと「凄まじく寒い」です。

当然、車の中のほうがあったかいですが、エンジンを切って(切らざるをえなくなって)数時間も経てば、外気温と同じぐらいまで低下します。本当に当たり前のことですが、金属の塊ですから、外気温と同じまで低下します。
人間の体温が外に逃げにくい分、いくらかはあったかいですが、それだけです。

絶対に必要なのが、ガソリン。本当に死にますので、東北の際に友人を助けに行く際は、携行缶(ガソリンを入れることができる専用容器)を持って行っていました。ガソリンは、材質によっては溶けるし気化しちゃうしで、普通の容器では運べません。スタンドも絶対に入れてくれません。ガソリンが尽きて、車中泊を行うのは、それが8時間とか9時間とかになるのであれば、ちょっと普通の人は無理だと思います。

 

万が一、そうなった場合。まずはガソリンの残量をチェック。雪の前に満タンにしましょう。死活問題です。
あとは水さえあれば、なんとか。ご飯はですね、一日食べなくて死にませんので、あったほうがいいけれども、それ以上に水がいると思います。雪を食べれば水分は補給できるのでしょうが、やったらわかると思いますが現実的ではありません。

車内に雪をいれ、コップなどに入れておいて溶かす、と。
車内の温度は低下してしまうし、極寒ですからそんな冷たい水を飲んだら体温をもっていかれます。溶かして飲むとかは無理だと思います。

 

大切なのは、布団と同じですから、毛布やコート等。
服も何重にもして着てください。布は意外に大事で、スタックした際にタイヤの下にもひけますし、防寒にも役立ちます。とりあえず厚着するしかないと思います。

 

車中泊は、いよいよの場合ですね。
本当に最後の手段だと思います。
ガソリンの残量をチェックし、半分以上、残っていればいけるかもしれません。アイドリングも地味に燃料を消費しますから、1メモリとかだと【朝まではもたない】でしょう、暖房が。

 

話は前後しますが、「そこが安全な場所」であることは注意してください。
例えば駐車場とかならOKです。自動販売機とかもあれば、さらにグッドですね。トイレがあれば、完璧です。ご飯は我慢してください。路上での車中泊はやめたほうがいいです。(多重事故の原因にもなりますし、停車位置の安全をしっかり確認してください。)

あと、女性のみとかも地味に危険かなーと。ガソリンが尽きて、周囲の車に乗せてもらってとか。このあたりは割愛しますが、不幸な事件に巻き込まれる危険性がかなり高いと言わせて頂きます。本気で、雪の日には乗らないほうがいいです。乗る技術がないなら、乗るべきではないし。乗り慣れていて、車体の性能も雪上で耐えうるものでも、やっぱり乗らないほうがいいです。

 

ガソリンスタンドの後輩らと、かつては雪の日にばかり出た時代もあるのです。
東北帰りで装備を持っていたのと、慣れていたこともあり、スタックした友人を助けに出ていたのです。JAFは来ませんから、1台を助けに行ったら、途中で2台3台と不動状態になったって電話がなって。面倒くさいので重装備(工具も満載)で出ていたのです。その場にいる車を10台ぐらい動かす羽目になることもあったのですが(年配の方に、ぶつけてもいいから、動かしてくれと頼まれる)雪の日はろくなことになりません。

出ないほうがいいですよ、本気で。
ろくなことになりません。

 

 

 

車の整備
ガソリンは満タン。
とりあえずこれはしたほうがいいと思います。
命綱ですから。ガソリンないと、ただの重量物ですから。

意外に大事なのが、撥水剤。いわゆるガラコなどですね。
ワイパーの効き方が違います。ワイパーも換えておいたほうがいいでしょう。凍結したガラスを吹きまくれば、どんどん悪くなりますけど、前が見えないと話にならないので。

バッテリーも。
実は極めて寒い状態だと、バッテリーの機能も低下します。エンジンがかからないという悪夢。それが自宅ならば、出社できない程度で済むのですが、スタックした状態でエンスト。ここでエンジンがかからない等になると、生死にかかわります。古くなるものですから、変えたほうがいいと思います。お値段は、2?3割、高いですけれども、安価な外国製よりは保証付きの国産を買ったほうがいいと思います。

タイヤも新しいものを。
普段は、ちょっと溝が少なくても動けるのでしょう。少し古いタイヤでも不具合は感じないとは思います。だけど、雨が降っている等とは違うわけですね。雪の上になると、本当に違いますから。
九州など西日本において、スタッドレスを買うべきとは言えませんが(とても高いので。)せめて新しいタイヤに換えておいたほうがいいと思います。

買って欲しいのは、チェーン。
最近のものは、装着も手軽になってきました。いざという時のため、できれば買っておいたほうがいいと思います。どうしても運転しないといけない人は、安いものではないのですけれど、1万?2万円ほどすると思いますが、買ったほうがいいと思います。スタッドレスよりは非常に安価ですから。
長距離移動は難しいですし、低速走行をせざるを得ませんが、チェーンは非常に効果が高いです。

そして、冬の間はタイヤの空気圧を少し低めにしておきましょう。
接触面が増えるため、グリップがよくなります。ただし、接地面が増えるため燃費は少し下がります。スタンドなどで「少し低めで」と言えば抜いてくれます。ただ大雪の前で行列ができてる時とかは、やってくれないでしょうね。冬の到来とともに、平日の空いているときにお願いしましょう。

細かい話にはなりますが、オイル交換とLLC(冷却水)も変えましょう。
車検のときにでも交換しておけば良いのですが、一日車検で値切りまくってたりすると、どうだかわかりません。アイドリングさせっぱなしになる可能性もあるわけですから(車中泊)このあたりも地味に大切かと思います。

ついでにウォッシャーの水も補充してください。雪が溶けないとかで、ウォッシャーを使う機会も増えます。洗剤を入れず、水のみの場合は凍ったりもしますけれど。何百円かですからケチらない方がいいと思います。

 

 

 

くどくどと書いてしまいました。

個人的な体験談とかも交えて書いておりますから、正式なやり方とは異なる部分もあるかと思います。

私も車中泊する羽目になったことが、かつて一度だけあります。

たまたま携行缶を持って友人が助けに来てくれたからよかったものの、あのままガス欠していたらどうなっていたか。

雪上運転だけでも充分、危険なことなのです。
誰しも慣れておりませんから。
だけど、いよいよ雪中の車中泊ともなれば、普通の装備では耐えきれるものではありません。

雪の日は、乗らないようにしましょう。
できるだけ、乗らない。

警備などは、積雪すると激務のようです。
コンビニのトラックの運転士さん。怖いと思います。
特に、チェーンもまいてない普通車が行きかう中を、トラックで移動することは本当に怖いと思います。

乗らないといけない人もいるんです。
社会をまわすため、インフラを支えるために。

乗らなくていい方は、乗らないようにしましょう。
どうしても乗る必要のある方は、本当に気を付けて運転してください。
少し厳しいことも書きましたが、どうか安全に。

これだけの大雪、事故がゼロとはならぬでしょう。場合によっては死亡事故もあると思うのです。
どうか、無事故であって欲しい。

その第一歩としては「危ないんだ」ということを強く意識することだと思います。
乗らなくていい方は、乗らないでください。

 

政治とは一見、関係ありません。
しかし無関係ではありません。
事故にあって怪我したりしないよう、祈ることも政治だと思うのです。

保守活動もそうです、無理したり危ないことはしてはダメ。
一歩を踏み出す勇気とは、蛮勇とは違うのです。

皆様、御安全に!

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

5 Responses to 雪上運転を行う上での注意点【安全運転のためにシェア】

  1. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    「4WDだから大丈夫!」っと粋がって飛ばして、崖からジャンプってのはこの季節の風物詩です。
    4WDを過信するのも問題で、基本的に発進時や推進時にスタックし難いだけで、止まらないのは2WDと変わりません。
    車が停車出来るかどうかは、タイヤと路面の摩擦係数に依存するので、動力が4輪に伝わろうが、2輪だけだろうが関係無いからです。

    一昔前、パジェロが流行った頃、パジェロで女の子を釣ってスキーってのも必然的に流行りました。
    所が物理的論理に基づく運転が出来無い兄ちゃん達が、助手席に女の子を乗せてスキー場への行き帰りで事故って赤っ恥というのも、テンプレだった時代がありました。

    ランクル、パジェロ、ジムニーなど、イメージ的には雪道や凍結路面に強い車はありますが、その車の本来の性能を引出せるかは、全くの別問題であるのも、悪路走行の難点です。

    先ず、ジムニーやパジェロミニの様なホイルベースの短い車は、路面との摩擦係数が低いと簡単に車体が回ります。
    車体が回りそうな時は、無理やり制御を維持する為に逆ハンドルを切ったり、敢えて後ろを滑らせて方向を維持する為にハンドブレーキを引いたりする必要がありますが、そんな訓練を積んで居る人は殆ど居ません。
    ですので、積雪・凍結路面に強そうな車が、ミサイルに变化する事も珍しくはありません。

    Youtubeなどには、クロカンのスノーアタック動画が多数上がってますが、その殆どが只真直ぐ力任せに一直線上での前進・後退を繰返すだけのものばかりで、しっかりと1.5車幅を切り拓くスノーアタックを実践して居る動画は殆ど見かけません。
    雪を押し退ける際にも、アクセル踏みっ放しの動画ばかりですし・・・。

    前進が出来なく成ったら、少し後退してみると言った、雪国では常識な運転も、瀬戸内海沿岸を含む太平洋沿岸地域の場合、出来る人は少ない様に感じます。
    多くは少しスタックしただけでも、焦ってアクセルを踏みまくってタイヤを空転させて、氷面や圧雪面を鏡面仕上げにしつつ、摩擦熱で水と言う潤滑剤を生成しまくって、蟻地獄状態を自ら率先して作り出している光景も珍しくありません。

    そもそも、スタッドレスタイヤも過信してはなりません。
    ゴムの性質として安静状態が長く続くと、そのまま硬化してしまいます。
    夏期に寝かしてあったスタッドレスタイヤは、殆どの場合一定の形を保ったまま寝ている状態でしょう。
    つまり、履き替え直後のスタッドレスタイヤは硬い状態にあります。
    ゴムの弾性を取り戻すには、振動を与えてゴムを練る必要があります。

    この様な事を考慮した場合、家でゆっくり出来るのであれば、可能な限り車に乗らない方が無難と言えるでしょう。

  2. BLACK より:

    「降雪・積雪の為に出勤出来ません」
    「降雪・積雪の為に登校出来ません」
    これは普段降雪・積雪しない地域では認められて良いのではないでしょうか。
    (実際に認められるか・どのような形で認められるか私には断言出来ませんが)

    有給が使える場合はこのような時にこそ有給を消化されてはいかがでしょうか。
    「そんなもったいない」って言わないでね。
    「雪の日は、徒歩でも車でも自転車でも、外出はしない」は
    普段降雪・積雪の無い地域で暮らす人々にとっては、とてもたいせつなことですから。

    私の知人の息子さんは降雪の翌日に道路を歩いていて
    転んで後頭部を打ち亡くなりました。
    成人式で帰郷し勤務先に帰る為に駅に向かう途中でした。

    どうかみなさま、ご安全に!!

    以上 文責 BLACK

    1. BLACK より:

      「雪で休むのかよ」
      「ご大層なことだ」
      「雪道でびびってるよ」
      等々言われる場合もあるかも知れません。

      怖がることは
      用心することは

      危険を知る
      危険を予知出来る
      危険を想像出来る
      その証です。

      危険を知らない
      危険を予知出来ない
      危険を想像出来ない
      そのような人もいます。

      そのような人の発言を間に受ける必要は無いと
      私は思います。

      以上 文責 BLACK

  3. 北海道のおっちゃん より:

    小坪先生がおっしゃてる通り、雪道の運転に慣れてない方は車の運転をしないのが一番良いです。
    スタッドレスタイヤは新品が良いですが、一皮剥かないと(舗装が出ている状態で100km程度走行)効きが悪いです。

    トランクルームに余裕のある方は、以下は積んでおくと安心です。
    ・金属製のスコップ
    ・古い毛布
    ・長靴と防寒着
    ・滑り止め材(砂袋)
    ・タオル類

    ご参考になれば

  4. ロード より:

    あと、EVには乗るな! ですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください