あの夏の暑い日、安倍元総理が命を奪われた。今年も残り二週間。いつの間にか冬だった。


 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

 

12月も終わるのだという。正直、マジか?と思っている。
ちょっと前まで夏だったし、そう、あの暑い夏の日に安倍元総理が命を奪われた。

もう冬なのか、安倍元総理という要石を我が国は失った、
似て非なるものとして、我が国の政界は安倍元総理という要石を失った、
混乱、決められない政治。

言いたい事、やまほどある。
叫びたい思いもあるけれども、そのうえで構造的に仕方ないとすら感じてしまうこともある。

良いこともあった、小さな前進。
ウイグルの参院決議が通った、あの舞台裏も書こうと思ってまだ書けていない。
なにもできていないわけじゃないんだ、政治は少しずつけれども動いてはいる。
私にできることは本当に少しだけれども、その少しを動かすだけでも凄まじい政治負荷がかかる。命、削るほどに。

安倍元総理の遺志を継ぐことなんて私にはできないけれども、みんなで背負えたらという思いで共同声明を始めた。
1200議席が集い、自公の足並みが揃った上で、さらに立憲・維新・国民も賛同、拉致問題を取り上げてきた主要各党が同一の文面にサインをした。
あれやこれやをしていたら、冬になっていた。

そして、もう二週間で今年が終わるらしい。
にわかに信じがたい。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

11 Responses to あの夏の暑い日、安倍元総理が命を奪われた。今年も残り二週間。いつの間にか冬だった。

  1. はまさん より:

    いつも有難う御座います。

  2. 波那 より:

    🔸紛糾する、風雲急な様相の永田町。あの人が言っていた「聞く力」とは一体何だったのか??

    高市早苗@takaichi_sanae
    普段は出席の声がかかる一昨日の政府与党連絡会議には、私も西村経済産業大臣も呼ばれませんでした。国家安全保障戦略には経済安全保障や宇宙など私の坦務分野も入るのに。その席で、総理から突然の増税発言。反論の場も無いのかと、驚きました。
    午後5:47 · 2022年12月10日

    高市早苗@takaichi_sanae
    企業が賃上げや投資をしたら、お金が回り、結果的に税収も増えます。再来年以降の防衛費財源なら、景況を見ながらじっくり考える時間はあります。賃上げマインドを冷やす発言を、このタイミングで発信された総理の真意が理解出来ません。
    5:48 PM · Dec 10, 2022

    和田 政宗@wadamasamune
    我々増税反対の議員が開いた会議について様々報道がなされているが、我々の目的は皆様から疑問が呈されている増税を阻止すること。

    防衛費増額の財源について、我々は増税なき財源確保について研究会を重ね、実現できるとの結論だ。

    会議参加者より多くの増税反対議員がおり、我々は結束して行動する
    9:20 AM · Dec 14, 2022

    佐藤正久@SatoMasahisa
    防衛財源確保には、増税とならないふるさと納税に似た防衛納税や防衛国債、或いは建設国債の初の防衛適用等やるべき事はいろいろある。
    佐藤正久
    @SatoMasahisa
    【税負担の前に国民への防衛力強化の内容説明が必要。レストランに入り、メニューを見せずにお金を取るようなやり方では理解が得られない。加えて負担が増える自治体もある。安定財源は必要だが丁寧な説明が必要→ミサイル垂直発射型の潜水艦整備へ 海中からの反撃能力行使】    ttps://mainichi.jp/articles/20221213/k00/00m/010/185000c
    8:12 PM · Dec 13, 2022

    城内実 (Kiuchi Minoru)@minoru_kiuchi
    須田慎一郎さんの番組に出演。
    防衛費増額の財源確保に関する議論についての現状と、なぜ今増税という選択肢をとるべきではないのか、お話します。
    公開され次第、改めてご案内いたします。
    10:51 AM · Dec 13, 2022

    西田昌司事務所@j_shoujinishida
    【YouTube西田昌司チャンネル】
    岸田総理は説明不足だ‼️
    財務省の思惑に振り回される必要はない!
    防衛費は国債で当面問題なし!!

    #防衛増税 #消費税 #政治
    【動画はこちらから】
    https://youtu.be/8R4CLsTHkPc
    6:03 PM · Dec 12, 2022

    三原じゅん子@miharajunco
    国民の命を守るのは国(政治)の責任だと私は思います。
    そんな大切な事をいきなり「増税」ありきで提示してきて数日で決めるなんてやり方は間違ってる。
    8:41 AM · Dec 14, 2022

    片山さつき@katayama_s
    自民・片山さつき氏「運びがダメ」増税方針を批判(産経新聞) – Yahoo!ニュース 今日の午前中の自民党税調正副会議は、定刻を回り紛糾!私が主計官だった2004防衛大綱時は防衛装備について喧喧諤々何度も議論、小泉官邸は機が熟した頃見計らって裁定、それが正しい運び!
    news.yahoo.co.jp
    自民・片山さつき氏「運びがダメ」増税方針を批判(産経新聞) – Yahoo!ニュース
    8:56 PM · Dec 13, 2022

    それと、もう一人が、高市さんが反対するんなら私は賛成!のこの人w

    …財務省の指示(恐喝された)通りに増税を先に言う岸田文雄首相を「正しい」とする稲田朋美元防衛相は、さすが自衛隊海外派遣部隊が日報を取りまとめていたにもかかわらず自らドツボにはまった方だけのことはあります。

     平成三十年七月三十一日記事で申したように、稲田氏が高市早苗現内閣府特命(経済安全保障)担当相の悪口を自民党内で吹いて回っていたことを知った私は、以来…
    http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post9377/

    🔻〝岸田増税〟に与党・閣内からも批判続々! 国債発行、景気回復による税収増を排除 高市早苗氏「総理の真意が理解出来ません」
    2022/12/12 15:30 zakzak

     岸田文雄首相は先週末、「防衛力強化」「防衛費増額」のため、増税方針を明確にした。政府与党では、財源として、法人税やたばこ税の増税や、東日本大震災後に設けた復興特別所得税など活用する方向で調整しているという。だが、国債発行や景気回復による税収増を排除した「岸田増税」に対し、与党や閣内からも批判・疑問が噴出している。岸田首相の視線は、国民よりも財務省を向いているのか。

     「防衛力の中身を説明する前に増税というのは順番が違う」「円安、物価高の中で企業に賃上げをお願いしているときに、法人税増税との話が出てしまったら、賃上げムードも設備投資ムードも消える」

     「ヒゲの隊長」こと自民党の佐藤正久元外務副大臣は11日のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」で、こう苦言を呈した。

     岸田首相は10日の記者会見で、防衛力強化に向け、2027年度以降に必要となる毎年度約4兆円の追加財源のうち、1兆円強を税制措置で賄う方針を表明した。

     国民の危機感を逆手に取ったようなやり口に、記者からも「7月の参院選の時点で、国民に問うべきではなかったか」と質問が飛んだ。

     閣内からも批判・疑問が噴出した。

     高市早苗経済安全保障担当相は10日、「企業が賃上げや投資をしたら、お金が回り、結果的に税収も増えます。再来年以降の防衛費財源なら、景況を見ながらじっくり考える時間はあります。賃上げマインドを冷やす発言を、このタイミングで発信された総理の真意が理解出来ません」とツイッターで発信した。

     西村康稔経産相も同日、「今年の税収は過去最高68兆円。今後5年間は大胆な投資・賃上げに集中し、成長軌道に乗せて税収増につなげるべき時」「私自身増税には慎重な立場です。政府内でも主張しています」とツイートした。

     夕刊フジが9日午後から10日朝に実施した緊急アンケート(回答数2046票)=別表=でも、「増税に絶対反対だ」「まず税収増や防衛国債の発行などを検討すべきだ」の合計は93・4%に達した。

    【質問文】 防衛費増額をめぐり 岸田文雄首相は2027年度以降、不足する約1兆円の財源について増 税を検討する考えを示しました。国防強化は税収増や防衛国債でま かなうべきだ、との意見も根強く あります。 増税への賛否、理由をお聞かせください。

    ①増税は許容できる 4.6%
    ② 増税に絶対反対だ 29.0%
    ③まず税収増や防衛国債 の発行などを検討すべき だ 64.4%
    ④分からない、 その他 2.0%
    投票数 2046票

     現状をどうみるか。

     上武大学の田中秀臣教授は「(防衛費増額の)財源を増税に求めることは、岸田政権が国民に約束した経済成長を否定するに等しい。財務省は、財政拡張派の反発も想定済みで、今回のように議論を紛糾させて『防衛費削減』という本末転倒を狙っているかもしれない。岸田首相は本筋である防衛力強化の議論と並行し、消費減税など経済成長政策を集約して、財務省に抵抗する姿勢をみせるべきだ」と語った。

    ネットの声

    閣内不一致どころか、完全な党内不一致。

    総辞職だな。

    自民党議員の意見を聞かず、罪務省の意見を聞く岸田!

    完全なレームダック。もう長くはない。

    不信任案に賛成した方がいい。こんな総理をトップにしていたら潰れる。

    安倍さんとえらい違いだ。党内の意見を聞かずに官僚の言うことを唯々諾々と聞く岸田に明日はない。

    もう終わりやろ。こんなの見たことないで。

    終わりの始まり。岸田氏は高市さんを罷免する前に辞職しろ。

    国を30年も成長させることができず、すでに国民負担率も48%にも達しているのに、これ以上の増税は絶対に理解できない。

    岸田首相は「無理に押し切れば増税でも何でも通る」と思って収奪マシーンのごとく増税に走っているが、国民は政府のATMではない。いい加減にしてくれ。

    なんと岸田総裁は防衛費増税解散はし「ない」らしい。なんというお公家集団よ宏池会
    ヘタレ!

    no name
    財務省はすでにルビコン川を渡った 無敵の人いらっしゃ~い宣言を行い、虚構の金欠を理由に
    国民が可処分所得減少で破滅したり自殺したり将来世代を生んで育てられなくしようとしている
    挙句の果てに、防衛費増額まで邪魔をして、中国の野望を後援している
    外患誘致罪に匹敵する所業であり、西側自由民主主義社会による世界秩序を破壊する世界の敵だ

  3. 波那 より:

    🔻岸田首相、防衛費財源で増税に理解求める 国債は否定
    12/10(土) 21:08配信 ロイター通信

    岸田文雄首相は10日夕、臨時国会が閉会したことを受け会見し、防衛力増強の財源として増税を行う考えを改めて示すとともに、国債を発行する可能性は「未来への責任としてあり得ない」と否定した。

    岸田首相が8日、防衛力増強を巡って与党に24年度以降の増税措置の検討を指示したことに対し、自民党内では閣僚も含めて慎重論が広がった。会見で首相は「増税が目的ではない。防衛力強化が目的」と強調し、「増税の開始時期は柔軟に対応し、個人の所得税負担が増加する措置は取らない」と述べた。

    👉増税について国民の信を問うため衆院解散に踏み切る可能性はないとした。

    自民党内で増税に代わる財源として要望する声が根強い国債発行については、「強化する防衛力を未来に向かって維持強化するための財源は不可欠、これは未来の世代に対する私たちの世代の責任」と述べて否定。防衛力の大幅増強と防衛費の拡大を「安全保障政策についても財政政策についても大きな転換点」と表現した。

    また、近く改定する国家安全保障戦略の中で中国をどう位置付けるかを問われ、直接的には答えず、日中間には「さまざまな可能性がある一方、さまざまな課題や懸案もある」とした。自身が訪中する可能性は「何も決まっていない」とした上で、「今後とも首脳レベルを含め緊密に意思疎通を図り、建設的かつ安定的な関係を双方の努力で構築していく」と語った。

    このほか首相は、子育て支援を巡り、原則42万円が支給されている出産一時金を来年度から50万円に引き上げる方針を表明した。閣僚の度重なる辞任を背景に取りざたされる内閣改造の可能性については「考えていない」と否定した。

    🔻止まらぬ逆風にもうヘロヘロ…岸田首相、菅前首相や麻生副総裁など〝自民大物〟に接近し相次ぎ会談 維新や国民と野党へ歩み寄りも1/2ページ
    https://www.zakzak.co.jp/article/20221129-JAVJUSQNUFLI5DAKCUKF75WCIM/
    2022.11/29 15:30

    岸田文雄首相が〝大物議員〟との会談を重ねている。臨時国会(12月10日会期末)は補正予算案など重要課題を抱えるが、閣僚の「辞任ドミノ」などで内閣支持率は続落しており、政権運営への協力や助言を求めたとみられる。年末までの国家安全保障戦略など「安保3文書」改定も控え、岸田首相は野党を抱え込む動きも見せている。

    「最近の色んな動きを報告するとともに、意見交換した」

    岸田首相は28日午後、議員会館で菅義偉前首相と会談後、記者団にこう語った。

    醜聞直撃で1カ月で閣僚3人が辞任したうえ、自身の「空白領収書」問題も発覚するなど、岸田首相は逆風にさらされている。1年前の「菅降ろし」の口火を切った負い目はあるが、わらにもすがる思いのようだ。以下略

    あ、ららら…菅降ろしの口火を切ったの🤯?知らなかった。人を呪わば穴二つ…、十分に状況を堪能されるべき。しかし、自分が総理になりたいが為に引きずり降ろした人の所に困ったからってよく行けるものだわ。

    (○○さん)他ブログコメント欄より転用

    岸田首相

    「貯蓄から投資へ」
     ↓
    「でも金融所得税を引き上げます!」

    「令和の所得倍増」
     ↓
    「倍増は言葉通りの意味じゃないです!」

    「決して増税は考えていない」
     ↓
    「国防力の強化は責任の一端担い国民の税制で!」

    岸田首相の言うことは、いちいち国民にとってはワナになっている。これだと、もう誰もこの男を信じない。

    「小泉構造改革以降の新自由主義を見直す」の約束もどうなったのかな?

    首相になってすぐ「分配から成長」って言ってたのにあっという間に「成長から分配」に言い直したところからして信用できない。

    これ、言い間違いはあり得ない。考え方なので。本人はなんもわかってないレベル。

    こんな人を首相にしておくなんて本当に恐ろしい。

  4. BLACK より:

    安倍総理を失った日本国と国際的な損失に加えて
    日本人の喪失感と、やり場の無い怒りと、深い悲しみと、安倍総理への思慕が、慟哭が
    どこへ向かうのか
    最近の私は、安倍総理を慕い支持した日本人の(もちろん私もそのひとりでありますが)精神と衝動がどこに向かうのか
    そこがものすごく不安になっています。

    小坪氏
    言い難いことも、憎まれることも、
    どうか今後もお願い申し上げます。

    何度も繰り返しになりますが
    小坪氏のアクセルとブレーキが日本の希望だと私は思っています。

    来年は、安倍総理を失った様々な影響が明らかな形となって表れる気がします。

    庶民としましては、ありきたりな言い古されたことではありますが
    一日一日に感謝し、一日一日をたいせつに過ごしたいと思っています。

    以上 文責 BLACK

    1. BLACK より:

      >言い難いことも、憎まれることも、

      新聞や専門家や解説者が言っておられることは
      庶民としては正論に思えてしまいます。
      ましてや自分(受け手側)が感じていることと同じことを言って下されば
      大いに納得出来き、溜飲も下がります。

      ですが

      もしもそれが正論であっても、
      間違っていないとしても(間違っていたらなお更ですが)
      実際の政治の世界での難しさや利害や力関係を
      小坪氏に解説していただきたいです。

      私たち庶民・有権者にもそうして勉強させていただきたいです。

      損な役回りをお願いしてしまいますが
      どうかお願い申し上げます。

      もしもそれが
      保守の希望や幻想を無残に打ち砕くものであるとしたら
      なお更に打ち砕いていただかなくてはならないものなのかも知れません。
      膨れ上がった希望や幻想は、時に非常に危険(狂暴)かも知れません。

      最近私はそう思っています。

      以上 文責 BLACK

  5. 神無月 より:

    安倍元総理が暗殺された7月8日以来、喉にトゲが刺さったままの状態が続いています。

    真相は闇の中に押し込まれたまま、半年が過ぎようとしています。

    マスコミは旧統一協会を一斉に取り上げて、自民党国会議員との関係を執拗に報道。
    紆余曲折の末、被害者救済法 参院で可決・成立で、安倍元総理の暗殺究明は終わりに?

    俯瞰すれば、とても大きな力が働いていて、不都合な真実には蓋なのか?

    防衛費増額のゴタゴタも、日米拡大抑止協議の流れ?で、同盟国からの要望(圧力)が強まったからのように感じます。

    岸田総理退任への流れ、高市下げ報道、急に画面に顔を出す河野氏、石破氏・・・

    小坪市議の最新動画を観て、日本の未来への希望が潰えて行くように感じてしまう事に虚しさが・・・
    .

  6. Autumn ripple より:

    極めて良くないと思うのは、現在、結果として「暗殺というテロにより政治が変わってしまった」ということです。テロ、暗殺は政治を変えられる。これは本当にマズい事態ではないかと。
    今はまだ、テロは悪、暴力は悪、という強固な精神的な縛りが効いていますが、これ以上国民が苦しめられるとどうなるか不安です。
    既に税金は五公五民に近く、その上物価は上がり続けています。
    しかも、リークした警察、報道したマスコミにより、テロリストが「可哀そうな理由のある人」にされてしまいました。テロリストには一切何も与えてはいけないのに。
    「住む家も食べるものも無くなったので」と、第二第三のテロが発生しないと良いのですが。

  7. 名無し より:

    トランプのアメリカ、モデイのインドが日本に優しかったのは全て安倍さんだったから。彼の人徳のお陰。もうこの二国の大国が日本側に付いてくれるとは限らない事を肝に銘じておくべき。日本は1番大切な人を失ったのにそれに気付いていない馬◯が多過ぎる

  8. JL より:

    安倍さんがお元気なら・・。
    失わないとそれがいかに大切だったか気が付かないのが人なのかな。
    今もって思うのはあまりにも安倍さん一人に頼り、安倍さん一人に多くを背負わせてしまっていたんだいうこと。
    県民じゃないけど県民葬に行って、出口で反安倍見て。
    誰かの悲しみの前にこんな人間性のない人たちがずっと安倍さんを叩いてたんだなと。
    人の一生なんて世界にとっては欠片でしかない。でもその欠片の輝きは人によってずいぶん違う。
    小さな欠片でも、小さな輝きでもほんの少しは世の中の役にたてるように行動しなければと。
    そうやって今年の後半は足早に過ぎていきました。
    来年もよろしくお願いいたします。

  9. 極冬 より:

    寒い冬。つらい冬。去年と違うことは元総理がこの世に,いないこと

  10. ロード より:

    ウイグルの両院決議、ブルーリボン共同声明に1200議席超えは、
    国民を守ることについては主要政党で一致し、そのために中国を牽制することでもまとまりつつあります。
    これらの動きは今までになかったことであり、非常に大きな一歩を踏み出した年でもあると感じています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください