天秤の釣り合いが水平になるまで。清算の時間


 

 

ウクライナの決議が、全会一致で決議できました。
私が動議を提出し、全ての議員が提出者となり全会一致。

色々と書かねばならないことがあるのですが、少し疲れておりますのでおやすみなさい。

 

少し独り言を。

私は「いきなりガチ野党」にはならないとは言っておくけれども、
「市政与党ではなくなる」ことの意味を、よく分かっていない人もいる。

市政与党として、与党側議員の責任を「過半数を作るゲームに勝ち続けねばならない」と私は理解していた。一般論なのか個々人なのかは別にして、私はそう認識していた。

そして、もはや「過半数を作るゲーム」という呪縛から私は解き放たれている。

 

分かっていない人がいるというのは、別に何も終わっていないということ。
むしろ始まってすらいない。ようは清算の時間がくる、ということ。

天秤が水平になるまで、私は好きなように動く。
その釣り合いが整っているかどうかは、私の心が決めることだ。

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

5 Responses to 天秤の釣り合いが水平になるまで。清算の時間

  1. BLACK より:

    「そして、もはや「過半数を作るゲーム」という呪縛から私は解き放たれている。」

    行橋市市民では無い、いち小坪ファンの感想ですが
    なんとワクワク来る、楽しそうな言葉でしょう。
    与党であること、市長氏を支えることで
    我慢なされたこと、譲ったこと、自制したこと、本性を隠したこと、装ったこと
    数々あったことと推察します。
    それはもちろん結果になり、市政に寄与するものであり、尊いものでありますが
    不自由なことも多々あったことと推察します。

    「そして、もはや「過半数を作るゲーム」という呪縛から私は解き放たれている。」
    まさに、野に放たれた虎ではありませぬか。

    虎の鎖を切る意味。
    ゲームを降りた後の世界。
    もちろん私には見えてはいませんが
    ワクワク、ゾクゾクします。

    (行橋市市民の皆さまには、市街の小坪ファンの無責任な感想を書かせていただき
    大変申し訳ありません。
    もしも、小坪氏の支援者・投票者・観察者であられたなら
    失礼な言い方かも知れませんが、やはり、「ワクワク、ゾクゾク」して良いのではないかと
    市街から誠に僭越ですが、私は思います。)

    以上 文責 BLACK

  2. 福岡 秀憲 より:

    「過半数を作るゲーム」という呪縛から解き放たれた

    我慢ができる人だとファンは知っています。
    言いたいことも、やりたいことも抑えていたことでしょう。

    イメージの刷新で選ばれた新市長。

    県や国とのパイプラインを失えば、市政がどれほど傾くか?もちろん、一般市民や有権者では知り得ないことなのだろうと思います。

    そ・れ・を!わかるように今迄のしがらみから解き放たれた市会議員が、忌憚無く情報として広く発信してくれる。
    そんな情報こそが、正しく選挙で、選ばれるべき、選ばれぬべきを峻別する情報なのだと思います。
    あまりにも地方行政選挙で、判断すべきに足りる情報を、一般市民・有権者は持っていません。

    行橋市市民の皆様は羨ましい…
    こんな市議会議員がそれぞれの議会に一人ずついればいいのに…

    地方の一般市の色々な問題点を、明らかにしていってくださいね。

    共産党や、公明党さんのことなども…

  3. ロード より:

    ウクライナ決議全会一致、ありがとうございます!
    それにしてもタイミングを逸することになったのは残念です。
    れいわみたいに、少しでも邪魔しようとした党があったのですかね?

    無礼者は手打ちで十分かと思いますが、市議は優しいので、天秤にかけてくれるそうです。
    でも今までの負債が大きい方は気をつけた方が良いですね。

  4. ケローネ より:

    ワレリー・ゲラシモフ66歳とヴィタリー・ゲラシモフ44歳の顔がそっくり同じ。親子か?

    ワレリー・ゲラシモフ、ロシア連邦軍参謀総長兼第一国防次官、出生地カザン、既婚者であり、息子が1人いる。プーチンの側近。

    ヴィタリー・ゲラシモフ、ロシア中央軍事区41軍第1副司令官、出生地カザン。ハリコフで狙撃により戦死。

  5. 大保守(柏城耕介) より:

    ロシアも力はあるけど金はない(GDPとしてはコリア以下)ともいわれるため経済制裁も進んでいることもありデフォルトに陥る可能性も高いとされている一方そこに対して中共は手を貸そうとするする不穏な動きすら見せているものもありますしプーチンも強かさで云えば幾度となく暗殺の手を逃れたというだけに一筋縄とはいかなさそうだといえます。

    そのため旧ソ連時代の覇権と栄光を取り戻そうとしているとはいえ彼奴がくたばるまで待てばいいなどと軽率なことを吹聴する元市長すらいるわけですがあるウクライナ人に対して粘着するようなことをしでかす時点で誰に味方しているのだ、という限りでしかありません。

    それくらいに橋↓のことは蛇蝎の如く憎悪している限りでありますけど此奴のことなので刺客やスナイパーでも嗾けてこの僕におぞましい拷問みたいなことでもかけて潰されてもおかしくないくらいなんですけどね…(苦笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください