ワクチン三回目の接種、注射が苦手なのでしょんぼり。私なりの副反応対策⇒別の意味で苦しい。


 

 

皆様、ワクチンの3回目接種はお済みでしょうか?
打った人は、副反応とかも含め、どんなもんだっかた教えてもらえると嬉しいです。

私は、いまワクチンの3回目接種をされました。下記の写真は「打たれた、なう」です。副反応が出るのか、ドキドキしてます。

たぶんロットが空いて?端数というか、過去の接種者に連絡をいれていたのでしょう。これは病院側の努力であり、ワクチンも税金ですから、一人の議員として現場の素晴らしい努力に敬意を評します。本来の予定ではありませんでしたが、接種券を持って行き急遽、注射。

正直に言います。
連絡こなかったら、内心では(もう3回目はいいかなぁ?)とか思っていました。これは打たないぞ!と固く決意をしていたとかではなくて、どこかで「もう、いいかな」的な空気を感じていたためです。

決してコロナ禍を軽視しているわけではありませんし、特に経済のダメージも含め、社会的な全体最適を考えるならば、ワクチン接種は導き出される答えなのでしょう。特に一回目・二回目については。これは政治家としての、社会全体を見渡しての思いです。

かたや個人(私人)として考えれば、『かつてほど重症ではないという指摘』が多数ある中、一回目二回目を接種したときの【ワクチン!!!】という社会的な空気は感じられません。あ、これは私がそう思っているというよりは、社会全体がそんな空気だと感じている、そういう意味です。

ちなみに出張も多いし、どちらかと言えば「打ったほうがいい属性」だという自覚はありました。ゆえに結果的には打っていたと思います。が、心の準備というものが。。。

それはさておき。
いままさに打たれまして。
病院が好きではないので(注射も苦手)、しょんぼりしています。
それで、打った人はどんなだろうなぁ、と。

で、私なりに副反応の対策をしてみました。
まぁ、病院や注射にビビってしまい、やや混乱下で導き出した対策なのは否めません。その、私の副反応対策の結果、やや苦しい。

(以下、下記に続く。)

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種についての考え方

ネット上には多事総論ございます。
明言しておきたいのは、「①私よりも若い世代に”打て!”と推奨する意図はない」点です。

 

次に明言しておきたいのは「②ワクチンが絶対の安全性があるとは思っておりません。」という点です。

そもそも(それが今回のワクチンであれ何であれ)体内に異物を注入することに変わりはなく、その意味では何であれ、危険は伴います。

実際に副反応の報告は多数ありますし、発熱や痛みも生じるのでしょう。

 

では、なぜ打ったのか?と言われれば、「③私は議員として起立したから」です。

接種に関しても予算案は編成されるわけであり、様々なコロナ対策の関連予算とともに、私は「起立」しています。

それが束ねられたものであれ、私は立ちました。
組織人として、与党議員(当時)として、立った以上は「私は打たない」という選択肢はありません。

 

重ねて言わせて頂けば「④私は、反ワクチン派ではない」点は、一応は述べさせて頂きます。

中には極端な言説があり、”そこまで言わんでも”という、とんでもロジックも目にします。その部分とは一線を画しているとは、かなり強く、かつ明確に述べさせて頂きます。

ただ、前述のように絶対の安全を確信しているわけではありませんし、「(特に、私よりも若い世代に対し)他者に、接種を推奨する立場でもない」ことも明確に言わせて頂きます。

 

分からない、のです。
それしか言えない。私は医療従事者ではないし、その是非や危険性について”のみ”を、専門家として白黒つけるだけの知識もバックグラウンドもありません。

私が言及してきたのは、社会的なダメージ、特に経済的な損失であり、特に一回目・二回目接種の際には、ワクチンを求める人が多数であったこと。その社会情勢下においても、いまと同じ方針、思いをとっています。

つまり、社会全体の公益(経済を含む)と、副反応等のリスクを天秤にかけて政治家として判断しました。判断とは、”分からない”とはしつつも、迷ったうえで(当時の与党議員ということもあり、)より最適な答えはどちらか?と考え、強制接種ではないことに鑑み、接種の機会を市民に提供するという意味では賛成、という立場でした。

 

立った以上は、私は打つ。

 

その上で、接種する・しないは、個々人の判断です。
これは”議員が打ったから、みんな打て!”とか、”さぁ安心だぞ”という意味でもありません。どちらが良いかは、ご自身で判断してください。

私は、”分からぬ”という部分もあり、特に自分よりも若年層に対して「さぁ打ちましょう!」という推奨はいたしておりません。

 

打った方がいいのか、それとも打たないほうがいいのか。
それも含めて個々人に判断して頂くよりありません。

 

 

私の立場は、「選択肢を与える」というものでしたから、当時の”ワクチンありき”の論調には迎合せず、(これまた、効くか効かないかは多事総論ありましたが)「経口用治療薬」についても応援する立場をとってきました。選択肢としては早期に欲しいと願いました。

また、ワクチンを含む、新薬ありきの方針は、どこか製薬会社との関係性とかも考えてしまいますから、既存薬の検証について相当に前向きでありました。

他は、現場(ホテル隔離など)のオペレーション、ここは政治家として取り組める範囲ですので、全力で。および物資の手配、あとは政策金融公庫や県の保証協会など、既存制度の活用を念頭に傷ついた企業群の相談対応を行ってきました。初動も早かったと自負しておりますし、実際の事務負荷や相談件数・規模については地方議員の中では悪くないレベルだったと思っています。(焼け石に水なのでしょうけれども。)

 

 

 

病院も注射も苦手

私の副反応対策に移る前に、この点ははっきりさせておきましょう。

 

飛行機が怖いです。

武闘派のイメージがあるかもしれませんが、怖いものは怖い。

そして、病院が苦手です。

注射も怖いです。

 

かつて手術をした際、入院もしました。
めっちゃ行きたくなかったです。
(何度も扁桃腺をやらかすもので、手術になりました。)

勧める人は「白衣の天使もいるよ?」と言いましたが、私は「血を狙う、ホワイトデビルだもん!」と駄々をこね、それが病院でやったものですから、看護師さんから笑顔で優しく怒られた男です。

ちなみに、笑顔とは裏腹に目は笑っていませんでした。
ぶっちゃけ怖かったです。反省もしています。

その後、しょんぼりして採血に応じました。採決なら得意なのですが、採血は苦手です。

 

そんな私が、心の準備もないままに、注射に臨みました。

病院にも行きました。

 

副反応にびびっていたのが、この写真です。

 

(接種直後)

 

 

 

く、くるしい・・・

さて、私の副反応対策です。

 

注射の前に、お風呂に入りました。

場合によっては、服を着たり脱いだりもきついとのこと。
あまり風呂には入らないほうがいいのでしょう、シャワーならばという意見もありますが、「だったら、先に風呂に入ってから」と思いました。

 

仮に、それなりに副反応が出てしまえば、明日は外出は無理です。

事務仕事や急ぎの連絡をさっさと片付け、きつかった場合に備えます。

 

そして、接種後、

私がしたことは・・・

(下記にスクロール)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き肉、食べ放題!!!

 

そう、肉を食べました。

一つには、注射を我慢した、俺えらい、という自分へのご褒美です。
あと、明日はご飯が喉を通らないかもしれないと思って、(科学的に喰い溜めというものがないとしても)「いっぱい、食べておこう」と思いました。

 

いつもは頼まない、一番いいやつにしました。
(食べ放題であり、高級店などではありませんが。)

だいたい、真ん中のコースにしてます。
それが正解だと思ってます、はい。

けれど、今日はいいやつにしました。
(明日以降にビビって、です。)

 

 

力いっぱい、食べました。

 

 

北九州市の西田はじめ議員に、「私は今日、とても偉かったから、焼き肉に行きたいので一緒に行ってほしい」と要請しましたが、地元の総会があるか何かと言ってふられました。

 

早い時間帯ですし、一人焼き肉。

席の両方が使えますから、めっちゃテーブルが広くとれます。

向こう側に、食べ終わった皿とかを並べて、リズミカルに食べることができます。

・・・これはこれで、いいなぁ。

 

そして、デザートもたくさん食べました。

甘党ですから。

 

 

肉を、これでもか!と食べたあとに、
アイスとシャーベットを8個食べまして、だって色んな種類があるから。あと、お芋さんを焼いたやつを二皿食べました。

 

お腹を壊しました。

普通に、腹をくだした、ということです。

 

単に食べ過ぎです。

とはいえ、深刻に苦しいですね、はい。

 

 

 

副反応は、いまのところない。

手もあがるし、気怠さもない。
強いて言えば、腹、くるしい。

接種部のみ、なんとなく、ぼわーと痛い気もしますが、意識しないと分からないレベルです。

私は、①ファイザー → ②ファイザー → ③ファイザー でした。

 

個人差はあると思いますが、とりあえず大丈夫みたい。

ただ、カロナール等の痛み止めは、もし事前に準備できるのであれば持っていたほうがいいと思います。痛みが出るにせよ(私は出ていませんが)軽くはできるそうですし。精神の安定のためにも、あり!なんだろうと思います。

 

いずれにせよ、どういう状況になるかは分かりませんし、「お風呂に入っておく」とか「頭を使うような、急ぎの案件は先に片付けておく」(精神的に楽)とか、もしも可能ならば”翌日だけでも静養できる態勢にしておく”ことは、事前の【副反応対策】としてはベターだと思います。

まぁ、私のように”よし、いっぱい食べておこう”はおかしいのかもしれませんが(ようは副反応が出る前に、食いだめしようとした。)、先にやれることはしておいたほうがいいと思います。

 

そんなわけで、明日、急に副反応が重たく出たら、更新はお休みするかもしれません。
書きたいことは色々とあるのですが。

 

 

書きたいことの例。

①ちょっと時間が経過してしましたが、行橋市のウクライナ意見書採択での舞台裏。
②国交省で、国交大臣と直接会って、色々と話した。私は自民党籍を名乗った上で、某件(保守活動とは関係ないが)について共産党のことを述べた。
③ウイグル国会議員連盟における登壇での詳細。特に官僚側の答弁、相手は総務・法務・外務で、参事官(だいぶ偉い)から答弁をもらい、再質問で地方議員の会が攻めまくったことの発言のアジェンダ。(文字起こしとかができていない。)
④ロシアと維新の件、かつて大使館に謝罪。丸山穂高先生の失言(?)について、国会での決議まで通したことの振り返り。
⑤爆破予告訴訟と判決文の読み解き
⑥週刊金曜日に「寄稿させてよ?それがフェアでしょ?」と迫ったこと、その結果など。

 

 

 

個人的に、いま一番、悩んでいるのはコメント欄です。
さくさく通る人がいる一方で、やはりスパムで弾かれる人もいました。もう一回、さらいなおしてみると、本年初頭から50件ぐらい弾かれており、一人一人、スパム認定を解除して、再度の承認をして行った次第。

ちょっと時間がかかりました。本当は、ちょっぴりだけしんどかったのですが、これだけは急ぎでやりたかったので。けれど、動作がどうしてこうなっているのかが、やっぱり分からない。最悪の場合は、スパムフィルターを入れ替えることも検討したいです。

そろそろサイトのデザインも古くなってきたし、ちょっとデザインにも手を入れて・・・など考えてしまうので、まぁ、早めに寝ないとですね。

 

あと、パイナップルの告知をしてもらえませんか?と青果屋さんから要望があったのと、コメント欄やメールでも「また買いました」という報告があったりで、もうそんな季節か、と。一年が経過するのは早いなぁ。

結局、いろんな事務をやってたら、今日も朝四時。
明日は、遅くまで眠ってたいと思います。ま、ピンピンして仕事している可能性ありますが、そのときはラッキーと思うことにしましょう。

 

 

 

で、質問になりますが、三回目の接種をされた方、どんな感じでしょうか?

 

あとワクチンの是非について、思うことも書いてみてください。

 

安全!と断言する立場ではありませんが、「物凄く有害」と断じる論拠もないというのが私のスタンスです。

 

さしたるロジックがなく、不安を煽る投稿については(医療関係など分野外のことは)承認するかは検討させてください。

 

子供に打たせることに対する疑問・不安などは書いて頂いて構いません。私も同じ気持ちです。

 

実際、どの程度の副反応が出るかは、(私の体調も)いまのところ分かりません。

 

正直、怖いという思いはあった。

 

「とりあえず、はよ寝ろ」と思った方は、拡散をお願いします。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

32 Responses to ワクチン三回目の接種、注射が苦手なのでしょんぼり。私なりの副反応対策⇒別の意味で苦しい。

  1. YS より:

    お肉も食べておいたし今のところ副反応的なものも無いようで良かったです。
    自分の場合の三回目接種後の話は既に別のプラットフォームの方でお伝えしたので、ここでは省略。

    聞きたくて聞きたくて、もう直接Messengerでその質問だけしようかとか、ずっと悶々としていたので、書いていただきありがとうございました。
    > ④私は、反ワクチン派ではない
    のところです。
    確かに、過激な意見がネット上には多くて、これ、ウイルスのことだからまだ時間的にまだ速度がいくらか遅いけれど、日本が他国から侵略、武力攻撃、なんて場面になったら、日本はもうぐちゃぐちゃになるな、と、危機感を強くしました。そうしたら予測はしていた者のウクライナ侵攻が現実になった。それに関して、ネット上を見れば、やはり物凄い有様です。

    日本、拙いですね。特に、中高年のネットリテラシーを早急に見直さないと、中途半端に影響力のある方たちが混乱をさらに大きくして日本は内側から滅んでしまうと思いました。

    SNSの友達申請承認関係も怪しい、ソースの深堀もせずに右から左でシェア、
    小坪さん、国防の観点から、SNSの利用法について、ぜひ警鐘鳴らしてください。私如きが少々書いても全然リーチできません。

    保守でもそれなりの方が平気で詐欺アカウントでお友達とか、SNSの利用規約もまともに遵守せずいつでもプラットフォーム側から正当な理由で退会処分受ける状態にある、とか、SNS利用にまつわること、問題ありすぎです。

    済みません、話が脱線してしまって。。。。

  2. 匿名希望 より:

    ①ファイザー、②ファイザー、③モデルナ
    1回目、2回目は多少副反応が出た程度
    3回目は頭痛と高熱で半日ダウン、回復に1日ちょっとかかりました

  3. 波那 より:

    反ワクの方がドッと湧いて来るような予感が…w

    ゝ打った方がいいのか、それとも打たないほうがいいのか。
    ゝそれも含めて個々人に判断して頂くよりありません。

    そう、これでいいんですよ。そして打たないなら、感染しないように自己管理をする。ワクチン打った人はワクチン打ってても感染はすると知っておく。

    日本ヘイト撒き散らしの隣国が感染者率世界一になってるらしいです。K防疫、K防疫…と持て囃していたマスゴミコメンテーターとか、今は何処に?? 御免なさい、は?言わないの?

    韓国は最初の頃、発展途上国向けのワクチンを横から貰いに行ったり、ワクチンスワップなるものを提案して期限切れ間近のワクチン貰ったり、ワクチン購入したと言う話を聞かないので、国民に言えず打ってるのは水ワクチン?とまで言われてますけど、あんなに爆発的に感染者数も死者も増やしてるのと比べて見ると、やはりワクチン接種かな…とは思います。

  4. BLACK より:

    私のコメントはサクサク通っているように見えますが、
    承認に時間が必要な時もたまーーーにありますし。
    反映されないこともありました。
    あっ、もちろん小坪氏への抗議ではありません。

    私は同年齢の中では「持病無し」(嘘です。問診票では正確に申告しましたが)で予約したの
    年齢内では最終組で来月中旬に3回目の予定です。
    ①ファイザー ②ファイザーと接種して、3回目もファイザーを選択出来たのですが敢えてモデルナで予約してみました。
    反ワクの方々からしたら「ゲエェェェ~~」ですよね。
    ワクチン信奉者でもないですし、打たない人の自由は尊重されるべきだと思いますし、若年者への接種はむごいと思っています。

    上記でYS様が書いてくださっておられることと共通しますでしようか。
    米国大統領選挙騒動(私もトランプ氏支持者でしたが)→ワクチン陰謀論(個人的志向以上の)→ロシア擁護(侵略者擁護)
    日本の、特に中高年の、それも保守層の最近のこの流れに非常に不安を感じます。
    保守ブロガーで影響力のある方の中で今回ロシア側に立っておられる方もいます。
    ブロガーさんと読者である自分たち(だけ)が、世の中の人々が気付かないことに気付いている崇高な真理、と思っておられるのでそのことを疑いません。
    日本にも、共産主義者・親露・親中・日本破壊願望者、様々な方々がおられますが
    本来日本を護る層である保守層がこのように「ロシアが正しい」「侵略にも理由がある」「侵略される方が悪い」「欧米の陰謀」的な方々も多く
    今後の日本の国防と保守層の世論に大きな不安を感じています。
    イザとなった時に、この層を説得し内包出来るのは私は小坪氏しかおられないと思っています。
    (この危険を主張し警告しておられる方々はおられますが、「説得出来る」のは小坪氏しかおられないと言う意味です。警告することと説得・内包することは違うことですから。)

    令和と維新(橋下氏含む)の今回のロシアの侵略に対する対応と見解には
    元々彼等を信用していない私でも呆れ返りました。
    ですが、これは今回表面に出て来ただけであって
    このような人たちの活動が今までも政界の中で、国家組織の中で行われていたのだ
    それが今まで私たちの見えないところで行われていただけなのだと分かりました。
    それならば今まで、私たち庶民・国民の目に見えないところでどれ程のことが行われていたのかと
    背筋が凍ります。。
    今回見えた、令和と維新(橋下氏含む)の姿、本性を、絶対に忘れてはならないと思っています。

    以上 文責 BLACK

    1. BLACK より:

      ワクチンに関して
      「そんなにワクチンを信用しているのか」「そんなに生き残りたいか」のつもりではありません。
      ワクチン接種が始まった初期に我先にと押しかけた人々は汚いと思っています。
      ですから私は年齢内の最終組にしました。

      私は持病もありますし、接種してもしなくても、どちらでも死ぬ時は死ぬだろうと思っています。(誰でも当たり前のことではありますが)

      「ワクチンを打ったから死んだんだよ」
      「ワクチンを打ってないから死んだんだよ」
      「肉を食べたから死んだんだよ」
      「ビーガンだから死んだんだよ」
      人の死に対して、それを自身の主張に沿うように理由付けをすることは簡単に出来るでしょう。
      本当のその人の死に至る理由は、そうそう簡単にわかるものでは無いと思っています。
      (死亡診断とは別のもっと長いスパンの意味です)

      また、その人が
      「ワクチンを打たなかったらもっと生きられたのか」
      「ワクチンを打っていたらもっと生きられたのか」
      「肉を食べなかったらもっと生きられたのか」
      「肉を食べていたらもっと生きられたのか」
      検証・比較・証明することは不可能です。

      自身が納得できる生き方で生きて行くしか無いのだと思います。

      ですが、
      他者に、ワクチンを強要すること、他者に反ワクを強要すること、他者に肉食を強要すること、他者にビーガンを強要すること
      全部違うよね、と思っています。

      以上 文責 BLACK

      1. 波那 より:

        チャイナコロナとインフルエンザは別〜と言われたら、それまでだけど毎年、インフルエンザワクチンは出てますし、インフルエンザ患者が毎年、何千人も死亡してるのに、毎年、一度も騒いだ事もなく、政府批判に利用してる人も聞いたことないですね。

        1. 夢のメトロ より:

          アメリカ大統領選挙を不正と思わない人は、
          治験中のワクチンを疑問に思わず打ち、
          ロシアのウクライナ侵攻をその背景を理解しようとせず、
           戦争は手を出した方が悪と考えるそうです。
          真珠湾攻撃を悪とした米国の占領政策に洗脳されてる?

          1. 波那 より:

            仰ってる事が飛躍しすぎておられるのは何故かは分かりませんが、私は反ワク派でもワクチン賛成で接種すべきとも思っていないし、自分で選べは良い事だとしか思っていません。どちらか側に加担した事もありません。ロシアのウクライナ軍事侵攻についても、基本的に他国同士の戦争なので、日本がウクライナみたいに突然軍事侵攻されればどうなるのかと日本の安全保障について憂慮していますけれどね。それに何故私は真珠湾攻撃を悪とした米国の占領政策に洗脳されてなければならないのでしょうか?それって、ワクチン賛成派は、こんな奴だからと言う定義なのですか?

          2. 子育てママ より:

            米大統領選で不正が有った→みんなそう思ってるよ。
            ただデマが多過ぎて(グアンタナモ、ヴァチカン、オバマヒラリー逮捕、アドレナクロム等。極々一例、デマのてんこ盛り)普通は途中で、あー…と思います。
            治験中のワクチン→承認前治験は全て終了しています。通常承認後も治験は続けられますが、新型コロナワクチンの場合、それを待っている時間的猶予は無かったでしょう?
            ロシアのウクライナ侵攻をその背景→いや皆さんウクライナも闇深いなんて知ってますよ、それでも他国に軍事侵攻してミサイル一般人にブッ放す事には一切の擁護は出来無いでしょう、幾らでも現政権転覆させて傀儡政権作る方法有るんだから。

            夢のメトロ様系の方って、自分達こそ皆が知らない事を知っているドヤアって思ってるのかな。読んだものすぐ信じちゃう純真な人なのかな。

    2. YS より:

      BLACK様、ありがとうございます!

      1. BLACK より:

        YS様、こちらこそ、ありがとうございます。

        波那様、ご助力ありがとうございます。

        夢のメトロ様へ

        ☆私は、米国大統領選挙で何らかの不正はあったのではないかと思っていますが、そのことを日本の保守が騒ぎ立てるリスクの方が大きかったと思っています。
        ☆ワクチンと厚生省の姿勢には疑問は持っていますが、ワクチンの真実は私にはわかりません。
        ☆ロシアのウクライナ侵攻の大まかな背景はある程度理解しているつもりですが、本当のところは私にはわかりません。
        ☆真珠湾攻撃は民間人を対象とはしていませんので、民間人を巻き込んだロシアの今回の侵略とは別のものです。私は「悪」とは思っていません。

        以上 文責 BLACK

        1. BLACK より:

          さすがに連投で心苦しいですが

          何故全く別物の真珠湾攻撃と今回のロシアによるウクライナ侵略を並べて語る方々がおられるのか私は理解出来ません。
          ゼレンスキー大統領が同一視するのは許せますが
          日本人が真珠湾攻撃と今回のロシアによる民間人を標的としたウクライナ侵略を並べて語るのは
          日本と当時の日本人に対して失礼なことだと、私は思います。

          以上 文責 BLACK

  5. 学のない保守 より:

    福岡の知り合いのお医者さんが
    ①のど乾いた、お腹すいた、の時間を長くつくらない
     (なるべくイオン飲料)
    ②運動は控える。特に筋トレはしない

    が副反応を減らす秘訣、と
    教えてくれまして、実践したら
    2回目副反応出たのに、3回目出なかったです。

    1. 学のない保守 より:

      もうひとつありました。
      ワクチンと言って、生理食塩水を注射したら
      3割弱副反応の症状が出たという実験が
      あるそうなので、
      ③副反応は出ない!出ても軽い!
      と思い込むことも大事らしいです。

      1. BLACK より:

        学のない保守様

        教えて下さったこと、参考にさせていただきます。

        あと、
        薬剤での副反応とは別に、筋肉注射での副反応を低下させる為には
        接種する腕を接種時に完全に脱力させると効果的なようです。

  6. 琵琶鯉 より:

    事実だけを伝えます。
     3月2日アメリカFDAの生物製剤評価センターが、一般公開したファイザー社のワクチンに関する
    接種後の副作用1291類です。これは、治験して1年間のデータです。
     当初、FDAはこの情報について75年間の非公開を要求しておりましたが、1月6日に裁判所がNoとした為、公開に踏み切りました。詳しい副作用内容は以下の動画をご覧下さい。
    https://youtu.be/O08x_TjnIi8

    これでも打ちたい方は、ドンドン4回目、5回目(エンドレス)と打ち続けて下さい。自由意志です。
    ただ、自分で決められない子ども達への接種には、わたくし鯉は断固反対致します。

  7. アンチレッド より:

    >ワクチンの是非について、思うことも書いてみてください。

    ワクチン反対の立場、というより、ワクチンには反対する理由が多いので、素人なりに書こうと思えば色々書けます。

    ・ワクチン自体、本質的に「毒(免疫の攻撃対象)」であること。
    ・それ故、ワクチンに要求される性能は「安全な毒」という難題であり、開発には通常10年必要とされていること。
    ・特にmRNAワクチンは、人間の細胞で抗原が作られるという、生ワクチン、不活性化ワクチンにはない性質があること。
    ・ワクチンの効能と説明されているものは、本来は免疫の性能と説明されるべきと思われること。
    ・筋肉注射の問題点(心筋炎tとの関連性)
    など

    そして、
    「反ワク」はなどというカテゴライズについては、「反プロパガンダ」というカテゴライズのほうが普遍的で妥当でしょう。
    「反プロパガンダ」という呼び方が世に広まるのを望みます。

    1. アンチレッド より:

      今日のパンデミック対応は、天然痘のパンデミック対応と不気味なほど似ている | TOY’s Blog
      https://ameblo.jp/aza-sss/entry-12734787502.html
      より抜粋して引用(海外記事の機械翻訳のようでわかりにくい部分もあります)
      天然痘の義務化から脱却した経緯は覚えていますか?135年以上も前のことなので、おそらく読者のほとんどは覚えていないでしょう。その時の驚くべきエピソードを紹介しよう。

      現在COVIDの義務化と抗議で起こっていることは、135年前の天然痘ワクチンキャンペーンとほぼ同じです。ワクチン接種によって天然痘の流行が悪化し、ワクチンが多くの人を殺し、国民はそれを拒否し、政府はより厳しい義務化法で対応しました。

      結局、今世紀最大の抗議運動の一つが1885年にレスター(イギリスの都市)で起こった。レスターでは、政府が交代し、強制予防接種が廃止され、医学界が否定していた公衆衛生対策が実施された。この施策は大きな成功を収め、世界的に採用されると、予防接種が原因であると誤って信じられていた天然痘の流行に終止符が打たれた。
      要するに、医学界が反対していた新しい健康対策を、大衆の抗議+実施したことが功を奏したのである。これらの対策が功を奏したとき、ほとんどの人は最終的に皆を救ったのはワクチンであると信じていた。
      以上引用
      全文は長文なので興味のある方はリンクから。
      このTOY’s Blogは新型コロナワクチンとロシアによるウクライナ侵攻についての「反プロパガンダ」的海外記事を高頻度で大量に紹介してあります。
      「反プロパガンダ」記事の利点は両論比較になっていることが多いので、情報収集として一石二鳥になることが多いことです。

      最新の記事
      ウクライナ戦争の嘘が暴く、恐ろしい現実の変化
      COVIDの嘘が暴露された今、グローバリストは世界を過疎化させるためにWORLD WARを宣伝
      制裁はロシアよりも欧米人を苦しめるとドイツのエコノミストが警告
      過疎化が確認された。COVID-19ワクチンの導入以来、米国では人口増加が急激に減少している
      世界で最もドルに対して割安な6つの通貨
      ワクチンプログラムの真の目的:人口の減少
      ウクライナは、チェルノブイリ近くの研究所から「DIRTY BOMB」の材料が盗まれたと根拠なく主
      コビド救済計画はこうして「一世一代の大不正解」を招いた
      ニュース生放送中にCOVID接種中に失神した看護師が、今も行方不明に
      今日のパンデミック対応は、天然痘のパンデミック対応と不気味なほど似ている

  8. itibariki より:

    私は企業勤めなので圧に押されてワクチン接種してますが、娘と孫は大したもんです。全く打たずに少年スポーツクラブ、二つの団体に参加してます。感染症第2類相当をいらわずに特定ルートに金が流されてんでしょう。日本も世界も壊れてます。強いものが弱いものを支配する、「弱者は死にたくなかったら抵抗するな、占領されよ!」というのが通る国です、この国は。中共は周辺国を占領・虐殺した。ロシアも同じことやってる。日本も占領してくれという人がテレビにデカい面してでてますね。とにかくコロナ対策は全診療機関が診断・治療すればいいのですよ。国と医師会と製薬会社はそれに邁進せよ。

  9. 信勝 より:

    予算承認された市議の義務としての三回目接種、立派なとこだと思います。
    私は注射はさほど気にならないのですが、飛行機搭乗への恐怖については共感できます。というか、怖いから乗ったことがありません。

    三回目接種ですが、私は二回目までで止める予定です。某大規模イベントの参加条件で三回目接種の指示があったら少し考えるかもしれませんが。
    三回目を打たない理由は、接種の効果とリスクを測ったときあまり必要性を感じませんでした。
    それに、ワクチンやコロナ対応で利益を得ている連中や、コロナ騒動を煽って日本の経済を破壊している連中の、へらへらした笑い顔が目に浮かぶのがどうにも気に入らないのです。

    コロナ(mRNA)ワクチンの検証については、時間がかかるのは仕方無いです。
    ですから、接種するかどうかは各自の判断、未成年者については保護者が各自判断すれば良いし、
    合わせて、ワクチン以外の予防策や経口治療薬等を整備していけば良いと思います。

    少し話がそれますが、先日、河津に桜を観に行きましたが、今年は普通に観光客の来訪があり、地元の方々の表情も少し明るさが戻ったように思えました。
    また、私は週に一度程度、居酒屋で一人呑みで酒肴を楽しむのが、数少ない楽しみでもありますが、
    先週あたりはだいぶ客足が戻って来て、店長さん店員さんらは明るい表情でした。
    海外情勢は未だに予断を許さない状況ですが、なるべく早く多くの国民・市民の皆さんが明るく笑い合えるようにしたいものです。

    では、どうすれば良いかといえば、
    現状、小中高校が大きな感染源になるのはどうしようもありません。
    未成年者にコロナワクチンの接種はためらいがありますし、子供たち、学生らの日常生活において、きっちりしたコロナ対策の徹底は難しいと思います。
    感染によってばたばた友人らが亡くなっていくならともかく、感染しても実害が無ければなおさら気にしないでしょう。
    自分の職場(大半テレワーク)でも、感染・濃厚接触の報告は、学校⇒子供⇒家庭のパターンしかなかった。
    学校に限らず、日本は個人の権利がそれなりに尊重される国ですから、たぶん感染者数でモニタリングしていては、そう都合良く数字は減らない気がします。
    ましてや、駅前では良く分からない胡散臭い団体が、無料PCR検査勧誘するなど、感染者数を増やしたい連中は必死に活動してる状況です。
    もうコロナ対策は根本的な方針を見直すべきだと思います。

    有効な対策は、コロナの取り扱い変更(いわゆる五類引下げ)、及び感染者数のカウントの取り止め(重症、死亡のみ集計)と、私は考えています。
    とりわけ、無症状を感染者に仕立て上げて大騒ぎする、今の状況は何とかしないといけないと思います。

    その為にはまず参院選で、自民党単独の過半数をしっかり取っていかないといけませんね。
    自民はダメ!だから◯◯~
    といった誘導の多いネット保守界隈ですが、私は参院選の結果次第で、自民党内や自民党周辺のパワーバランスが変わって、いろいろ代わりそうな気もしています。
    今のマスコミ報道が実体というのは、あまりに自民党の先生方に失礼じゃないでしょうか?

    長文失礼しました。

  10. JL より:

    ワクチンが広まってから重症の人が減ったのは確かだと思いますね。
    私は2回打ってますが効果は個人差があるような気もします。
    もともと私も注射は苦手なうえ、1年に3回も4回も打つものじゃないんじゃないかと
    思っているので、1回目打ってから1年過ぎたら考えます。
    個人個人を見るといろんな例がありますが、基本的にはワクチンに社会が
    助けられたんじゃないかと思ってます。

    話変わってよくマスクを嫌がる人もいますが、「マスクしてても罹る」じゃなくて
    「マスクしてると不要に人にリスクを負わせなくて済む」という考えに
    至らない人が多くて辟易します。
    あと「マスクしてると頭が悪くなる」とかいう人。
    一年中マスクしてる医療関係者はどうなのか?
    花粉症などでずっとマスクしてる人は頭悪くなるのか?
    なんかおかしな事に「いいね」付けてる人、信じ込んでてコワイです。

  11. layer103 より:

    とりあえず、はよ寝て下さいな😁

  12. Tasshi より:

    事例です。
    私は71歳男性で,ファイザー・ファイザーを接種後7ヶ月でモデルナを接種しました。妻はファイザー・ファイザーを接種7ヶ月後にファイザーを接種しました。

    私は接種17時間後まで平熱でしたが,急に熱が上がり,38.8℃が16時間続いてスッと36.8℃(私には微熱)まで下がりました。その後,2日間ほどこの微熱が続きました。
    妻は接種14時間後に39.2℃まで上がり,そのまま22時間経過して急に平熱に下がりました。

    二人とも高熱時は相応する色々な症状があり,怠くて体中が痛く,頭痛もあり食欲がありませんでした。しかし,37℃未満まで下がると,食欲が出てずいぶんと楽になりました。

    歳が多いと副作用が少ないという話が多いですが,私の知人(同年代)は総じて同じような状況です。掛かり付け医の話では,2回目の抗体が多く残っていると熱が出やすいそうです。本当かな?と思いながらも,しんどい思いをしただけ抗体が沢山できていると思うようにしております。
    接種3週間を経て,その後は何事も無く普通に過ごしております。

    地元では70歳以上の3回接種率が7割ほどですが,罹患率は1/3に下がっていて,接種の有効性が明らかになっています。

  13. サイレントマジョリティー より:

    打ってしまった後悩んでも仕方ない。
    坂東皿屋敷じゃあるまいし、信じることがだいじ。
    打ち方やめ~というまで信じて打つ。もう回数は気にしないで。
    とは言いませんよ。
    国民分断する政府に呆れています。
    とにかく後遺症がでないことを祈り、できることは体力をつけるなど、小さい頃より
    大人から教えられたことなど心がけてください。
    体調が崩れてしまったら大騒ぎして「そこかしこ」に訴えていいと思います。
    信じて打ったのに裏切られたのですから。
    因みにわたしはおかげさまで市販薬で事足りております。
    手洗い、うがい、清潔清掃、躾、身だしなみ、運動、健康的で栄養のある食事などで乗り切れてます。用は怯えなくとも平気でした。メディアに煽られて損した。
    規則正しい生活を送れば事足りるが実感です。
    まだマスクは周りのの視線が気になるので着用してます。
    ですので副反応、副作用、後遺症など皆無です。

  14. 山形賢一 より:

    3回目は必要性をあまり感じません。接種券はとうに手元にありますが、どうしようかと。
    2月頃の地元のニュースで、コロナの在宅養療者への薬の宅配サービスの話がありました。
    その中で薬剤師の方がオミクロン株の調剤の話をされまして、重症化リスクの高い人にはコロナの飲み薬が出され、リスクの低い人には症状に合わせた対処薬が出たいると。
    つまり、
    熱がある→解熱剤
    咳が出る→咳止め
    喉がいたい→トローチ
    痰が出る→痰を切る薬などなど。
    TVに向かって風邪じゃん!と、突っ込みましたね。

    ちなみにファイザーで1.2回目。共に針が刺された所が痛かった痺れたぐらいて、熱も出ず何も有りませんでした、

  15. 登る鯉 より:

    弾かれる側ですが、伝えておきたい。
    スパイク蛋白は、ミトコンドリアを破壊する毒です。

    72時間以内なら、イベルメクチンで、全員治ると白人の医師が言っていました。日本人の医師もクラリスとの併用或いは単独で治していると。

    副作用も随分イベルメクチンで治るようです。
    ブレーキの無いスパイク蛋白の作成は、体の中で、体液にナノミサイルを満たすようなものではないか、と。

    今こそ、カテキン、緑茶、バランスの取れたアルカリ食品、イベルメクチンを。

    けれど、人それぞれ代謝も、腸内細菌の組成も違うし、
    ご無事を祈ります。

  16. 神無月 より:

    ワクチン接種は自己責任が基本です。
    接種数日後に亡くなられた方が千数百人いるそうですが、因果関係不明として一人も補償を受けていないようです。

    後遺症に悩む方も一定数存在しますが、それも認めてはいないようです。

    小坪市議もワクチンの長期的な安全性を誰も知らない事に不安を感じているのでしょうか?

    未成年者以外は同調圧力があっても自己責任ですから、長期的にも安全で有る事を願いましょう。

    国会議員も専門家も日本代表選手も、皆、接種して元気でいます。
    運の悪い一部の方は、仕方がありません。

    プロパガンダって恐いですね。
    意外と簡単に、全体、右向け右、左向け左です。
    .

  17. 維新は裸の王様 より:

    ファ→ファ→モ、と3回接種済みですが
    三回とも接種した方の腕が2日位鈍痛が続いた位ですかね。
    モデルナの時に平熱よりちと高い位のカワイイ熱が出たかな??

    私の私見ですが、都市部の方で未接種の方とか、50代以上の方、また肥満体や既往症の方は接種しといた方が良いかもです。
    落ち着いたその内、5類とかになって治療費負担しなくちゃいけない場合なら、接種しといた方がまだましかもしれない、です。

  18. 60代主婦 より:

    コロナにかかるのも、ワクチンをするのも、共に酸化ストレスが上がると聞きました。
    簡単に言うと、身体が錆びるんだそうです。

    その錆びが酷い人が重症化しているという説もあります。糖尿病の人がリスクが高いのは、そんな事かな?と思います。なので、酸化ストレスを下げる、ビタミンCの点滴なんかが効果があったとか…?

    血糖値が上がる、血圧が上がる、難聴になる、帯状疱疹が出る、頭痛がする、関節炎が悪化した、緑内障が悪化した、パーキンソン病が悪化した・・・
    これ、みんな私の周りの同年代かそれ以上の人達が、最近訴えている内容です。

    ハッキリ行って歳なので(笑)本当の原因は何なのか、分かりません。
    が、皆さん、何となく、前より歳取った?ように見えてしまう気がしてなりません。

    歩き方が一番解りやすいです。
    何かみんなヨロヨロしている気が…?
    それも、ただ、歳だから???
    ワクチンした人、コロナにかかった人、どちらも同じように、老化が進んだ気がしています。

    酸化ストレスが高くなると老化が進むのか?
    老化するから酸化ストレスが上がるのか?
    私の現在の悩み処です(笑)。

    それに、ワクチンをしても、コロナにかかった人もいるし、ワクチンしていなくても元気一杯な人も居るので、結局、自己免疫の強弱?なのかな…と見ています。

    あと、ワクチンをする前にコロナにかかった人も、ワクチン接種後にコロナにかかった人も、私の周りでは、結局そんなに症状が変わらなかったので、益々良く分かりません。

    【集団免疫という意味では、ワクチンは必須だったのだろうなとは思います。】

    が・・・
    若い人、特に小さな子供に打つのは絶対反対です。
    やはり、未知の物ですから、10年後20年後の事を考えたら、若い人達は、打つべきでは無いと思ってしまいます。

  19. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    どうも、ワクチンの話題は盛り上がる様ですね。
    小生的には、豚や牛や鯨、はたまた動物自体を食べちゃいかんとか、そう言う感じの話しに見えます。

    正式に医学学会で受理された論文等の情報をぶつけ合って討論するのであれば、それなりに面白いと思いますし、有意義であろうとは感じます。
    ですが、実際はその信憑性に著しく乏しい発信元をソースにして居る事が多く、折角のデータやソースも陰謀論とこじつけて反証材料にしてみたりと、討論にすら成って居無いものもしばしば見かけます。

    反ワクチン派にせよ、ワクチン絶対論派にしろ、主張が極端過ぎて付合う気すら失せてしまいます。
    ワクチンパスポートなんてのは、極フリし過ぎた結果でしょう。

    信義信条の理由で、豚や牛や鯨を食べない事自体は各々の自由なので、「御自由になさって下さい」とは思いますが、それに付合う気はさらさら起きないのです。

    シーシェパードや、カルト宗教の勧誘に辟易する事はあっても、それに共感する人は殆ど居無いのですが、中にはそう言った行為が慈善行為だと信じて疑わない人も居たりします。
    まぁ其々のコミュニティーの中では、そう言った敬虔な信徒であれば持て囃されますし、気分も良いのでしょうが、傍目から見れば近寄り難い人でしかありません。

    時期が時期だけに熱く成るのも無理は無いでしょうが、もうそろそろお腹いっぱいですかね。

  20. 気象予報士「日の丸」 より:

    航空自衛隊OB(築城基地-築城気象隊-平成16年定年退官)の73歳です。いい年齢をして注射が怖い私は、一昨年の4月上旬に、ある調査(?)をしました。

    新型コロナは年寄りを狙うと聞き、ウソかホントか厚生労働省HPで真偽を確かめたのです。
    「新型コロナウイルス感染症の国内発生動向(速報値)令和3年3月31日18時時点」これは週報(火曜集計.木曜夕発表)です。https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000764521.pdf

    ネットの噂は本当、コロナ死者の大方が高齢者(80以上65%・70以上89%・60以上97%)です。
    これは大変、先ず接種だ!と思いました。・・ところが少し経って今度は、待てよ!・・と思ったのですね。

    待てよ、若者がバタバタ死んでいるなら大変だが、70年も80年以上も生きた人間なら風邪を引いて死んでも当たり前!、コロナ死の割合は普通と大きく違うのか?でした。実際、私の幼馴染みは既に4割が鬼籍に入っています。

    令和元年の人口動態統計で調べると80以上65%・70以上85%・60以上94%で大差なしでした。逆に60歳未満はコロナ3%、対する令和元年は5%ですからコロナは日本の若者に優しい。
    加えて、70歳未満の女性は60歳未満の男性と同程度にコロナ死が少なく、60歳未満だと極端に少ない!。女性の40代と男女の30代・20代死者数は誤差に等しく、10代以下に死者はいません。

    そして、この時すでに令和2年の人口動態統計速報12月分が公表されており、なんと前年まで毎年約2万人増え続けていた死者数の増加が止まり、11年振りに約1万(9,373)人(例年比だと約3万人)も減少していました。
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2020/dl/202012.pdf

    なお、厚労省の速報(日報)による令和2年のコロナ死者は3,459人でした。
    https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15832.html

    以上のことから私は、「令和元年と『年代死亡割合が同等』かつ『年間の死亡減少数がコロナ死を数倍上回る』のだから追加対策の必要はない」と判断、夫婦共にワクチン不接種を決めました。

    - 追伸 -

    調べを進める内に「コロナ死者の実態が隠されている※」ことが判明しました。※令和2年6月18日の事務連絡「新型コロナウイルス感染症患者の急変及び死亡時の連絡について」で、厳密な死因を問わず陽性者が死んだら全てコロナ死と公表し報告せよ、と言っています。
    https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

    上の措置はWHOの指示に拠るものだと聞き及びます。
    不思議なことをするものです。
    病死者の実数を把握せずに打ち出す疫病対策は、いったい何の役に立つのでしょう?

    また、素人の私が不要と判断したワクチンを政府=厚生労働省は夜を日に継いで打ち捲り、新株の蔓延で陽性者は増えたが「接種によって重症率・死亡率が減った」と言っています。
    しかし令和3年のコロナ死者は、速報数で14,926(18,385-3,459)人であり「4.3倍に激増」しています。
    https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_23142.html

    そして、2月25日に公表された令和3年人口動態統計速報12月分、全体の死亡数は前年比67,745人増(戦後最大)の1,452,289人(戦後初の140万人超え)でした。
    1枚目にある死亡数の折れ線グラフは、赤線が当該年で青線が前年です。
    前年比2万人程度の増減では赤青の線は重なって見えますが、これは3-11月にかけて赤線が大きく上回っています。上回り幅は5-9月が特に大きく5月は1万人以上ありますね。
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2021/dl/202112.pdf

    一方、政府にはデジタル庁(新組織?)があって日々のワクチン接種情報を提供しています。
    小さな色の輪を繋げた折れ線グラフで1回目と2回目の接種状況を見ると、4月下旬から11月末にかけて接種が進み、5月半ばから11月半ばにかけては接種の急伸が見られます。
    このグラフの接種急伸と、前記折れ線グラフ(赤線)の上回り幅とが良く相関していますね。
    デジタル庁「新型コロナワクチンの接種状況」
    https://info.vrs.digital.go.jp/dashboard/

    これは厚生労働省の「データから分かる-新型コロナウイルス感染症情報」です。
    各グラフの下にオープンデータへのリンクがあり生データが提供されますので、昨年12月1日若しくは今年1月1日以降の累積死亡数を取り出し、エクセル等でグラフに加工してみて下さい。
    デジタル庁の3回目接種(緑線のグラフ)とコロナ死者数の線グラフが何故か同じでしょう。
    https://covid19.mhlw.go.jp/extensions/public/index.html

    データ:4月12日以降のワクチン接種状況(CSVデータ:デジタル庁)
    https://data.vrs.digital.go.jp/vaccination/opendata/latest/summary_by_date.csv
    データ:4月9日までの接種実績(厚労省:医療従事者等)
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_sesshujisseki.html

    最後に

    厚生労働省は通達で「本当のコロナ死者数は死亡票を集計して把握する」としていました。
    普通に考えれば、時間をかけて死因を精査した人口動態統計の死亡数は速報数(兎に角のコロナ死者数=陽性死者数)よりも少ないでしょう。
    ところが9月10日に公表された「令和2年人口動態統計確定数」のコロナ死者数は3,466人であり、速報数を7人上回っておりました。その上、肝心の統計表には「新型コロナウイルス感染症」が死因として存在しないのです。

    厚生労働省は新型コロナ罹患者の病状推移を、風邪症状-肺炎-呼吸困難-死亡、としています。
    そこで、ECMOnetで呼吸困難死したコロナ患者を調べると、3月31日現在で2,248(エクモ452+人工呼吸器1,795)人です。これをECMOnetの全国カバー率0.8で割り戻してやっても2,809人で、厚生労働省の速報数28,002人の1割に過ぎません。

    まったく摩訶不思議なことです。

    - 追伸了 -

    追伸をまとめると、本当にコロナ罹患が原因で亡くなった日本人は何人なのか?、新型コロナワクチンは日本人死者を増やしているのはないか?、いま現在のコロナ対策は本当に正しいのか?、という疑問ばかりです。

    同じデータをご覧になった皆さんは如何ですか?

  21. azumaebisu より:

     私の場合は、1,モデルナ→2,モデルナ→3,ファイザーの珍しい方の【混合接種】にしてみました。

    持病の【高脂血症】の故にです。1日でも余計に効果が長引く様に考えた結果です。

     結果は、2回目接種に体温が最高38.1℃迄上がりました。3回目ファイザーは接種箇所の痛みと怠さが、1ヶ月以上続いて継続中(痛みは楽になっている。)、怠さは一か月で治りました。
     
     東方62歳男です。
     

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください