かなり事務負荷のかかる仕事をしていました。


 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

 

 

議案書を作成し、オンラインで代表理事会。
要望書を議決しました。産経でも記事になっていますが、これは準備も含め、また字句修正も含め相当に大変。

会議自体も三時間かかったのですが、これらの資料作成は数日がかりであり、あまりに過去記事の再投稿が続いたので本当に申し訳ないのですが、、、

今日は、下記について現状の報告を書きたかったのですが、一気に(ひとつの)事務に特化すると、他の部分にしわ寄せが来るため、今日はそちらのリカバーをしてました。明日、明後日ぐらいまで影響あるかと思いますが、できるだけ明日中には、議案書や要望書の本体をネットにアップしたいと思います。

期待しておいてもらって良いと思います。
(再投稿が続いた後は、皆様、だいたい期待してくださっているとは思いますが。)

 

在留カードにウイグル記載も 地方議員の会が要望書を決議

 

在日ウイグル人支援に取り組む「ウイグルを応援する全国地方議員の会」が14日までに外国籍の中長期滞在者の身分を証明する「在留カード」の国籍・地域欄に中国の新疆ウイグル、チベット、内モンゴルの各自治区の記載を認めるよう入管難民法の政令改正を求める要望書を決議した。在日ウイグル人らは中国籍で出身地域が判別できない。自治区で迫害される在日ウイグル人らを対象に人道的措置を行う環境を整える狙い。(奥原慎平)

要望書は13日に地方議員の会会合で決議した。近く超党派有志による「日本ウイグル国会議員連盟」をはじめ、自民や公明、立憲民主など各党にも提出する。現行制度で在留カードに記載できる地域は台湾、ヨルダン川西岸地区、パレスチナ自治区ガザに限られる。

出入国在留管理庁(入管)は外国人にパスポートの期限などが切れても「国籍で生じた事情により帰国が困難であるなどの申し出があり、人道上の配慮を行うべき必要性」が認められれば特定活動の在留資格を付与している。ただ、地方議員の会幹部によれば「在日ウイグル人らが、自治区に戻れば迫害されかねない状況を入管職員に申し出るのは難しいのが現実だ。中国当局に伝わる恐れがあり、そうなれば自治区に残した家族にさらなる被害が加えられかねない」という。

同会によれば、自治区の親族らから在日ウイグル人留学生への送金が停止されているケースも近年確認されている。学費滞納により退学処分となれば、査証(ビザ)を失効しかねない。要望書では「ビザ失効者を判別する行政上の術がない。在日ウイグル人を強制送還してしまった可能性も否定できない」と強調した。

 

 

 

たった一つのこと、それを進めることの負荷は、実は軽くはありません。
取材対応も同様です。

この要望書を議決するにあたっては、所属議員に対する代表理事会の招集であったり、事前の議案書の準備もある。会議自体も3時間(字句修正のための暫時休憩はとったが、基本はぶっとおし。)ですが、事務負荷は凄まじい。

当然、一人だけでできるわけもなく、みなで分業。
某国会議員は、新幹線での移動中にイヤホンだけで参加(あとチャットでテキスト。)

会議録も複数の議員が取ってくれましたが、いまはその突合をしています。
明日にはちゃんと報告したい。

そろそろ深夜3時になる、体力的にも(あと脳の疲労的にも)限界なので寝ます。
 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。
 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

2 Responses to かなり事務負荷のかかる仕事をしていました。

  1. 波那 より:

    高市早苗
    @takaichi_sanae
    殉職された2名の自衛官に哀悼の誠を捧げますとともに、国を護る為にご活躍頂いたことに感謝申し上げます。
    厳寒の中で捜索活動を続けて下さった皆様に、敬意を表します。
    ご家族の皆様の深いお悲しみを思いますと辛い限りです。謹んでお悔やみを申し上げます。
    午後9:42 · 2022年2月14日

    私、トルコ共和国の特殊部隊(Special Forces)のドラマシリーズを見ているのですが、国家の威信をかけ自国の領土と自国民と国旗を守る為に最前線で戦う軍隊への国民の敬愛の念と誇りが当たり前に描かれていて、多分、他国では軍隊に対する感情とは何処の国でもこの様なものだと思って羨ましくなります。私達は国を守る自衛隊への感謝を教えられずに育てられて来ました。

    一刻でも早く憲法改正をして自衛隊に当然与えられるべき感謝と栄誉を!!国民が誇りを持って暮らせる我が国日本にして下さい。審議拒否して出て来ない立憲とか共産党は国家と国民の敵でしかないでしょ。こんなのを相手にしてやって憲法改正を先回し、後回しにするのは国家の危機を軽んじている行為です。

    殉職された田中公司1等空佐、植田竜生1等空尉の御二人に哀悼の意を捧げ、感謝を申し上げます。有り難う御座いました。

  2. ロード より:

    「ウイグルを応援する全国地方議員の会」のみなさま、おつかれさまでした。
    大変な仕事量だけでなく、中国と対峙するのは並大抵ではないと思います。
    要望書、楽しみにしてます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください