【大統領選の茶番】”情報源なんて持ってなかった”発信者たち。狭い狭い保守の世界、壊れていいですか?


 

 

この動画を紹介すると、各方面から批判もあるのだろうし、私も立場的に面倒なことになるのだろうと思う。ちなみに、クラーケンなんてものはない。ディープステートについては、存在すると感じている。いわゆる陰謀論とされたものについて、実在が確信できた一件ではあったけれども、それと同様に陰謀論に振り回された茶番でもあったと感じている。少しだけ答え合わせ的なものを書かせて頂く。(一部の人には痛い内容だと思うが。)

歌詞の一部)
「言論で食うあの連中、銭稼ぎ主張荒れ狂う。
言論で食うあの連中、立ち位置めぐって内乱中。
女性宮家の危機迫る、保守連中華麗にスルー。

保守と思われてた連中、保守ではない説浮上中。

先人の時代、殺し合い
ネットの時代、晒し合い
先人の時代、大義あり
我らの時代、エゴばかり。

壊れていいですか?
もう壊れていいですか?
中共の情報工作、銭稼ぎ保守と相性good

拉致被害者取り返す、
アメリカに頼る謎センス。
日本独立言ってもね属国精神酷いよね

中韓の悪口専門、能力・知識ないんだもん
ななななななななな
こんなの政治の議論じゃない
好きだらけの保守ヤバくない?

保守と思われてた連中、保守ではない説浮上中。」

ついにrandomyokoがキレた。
まぁ、気持ちは分かる。
すべてに同意するわけではないが、気持ちは分かる。

 

恐らく再生回数は伸びないだろう。
けれど、まぁ聴いてやってほしい。

私も彼女の気持ちはよく分かる。
ちなみに「こんなに大統領選で頑張ったのに!」と思うかもしれないが、彼女はトランプ大統領が誕生するにあたって、つまり前回の大統領選において(就任前より)トランプ支持を表明、日本側のネット発信者として米国でも一目置かれた存在だ。

はっきり言うが、トランプ支持者においては国内でも最古参レベルであり、もっている情報も(最近でてきたユーチューバーとかよりも)遥かに持っている。独自ルートもあるし。

英語にも堪能で、米国の番組でも取り上げられたと思う。
国外からの支持者は(嫌味のように書かせて頂くが)『選挙前においては』非常に有効なトピックだ。
私が今回、頭を抱えたり、心を痛めたのは、【どうして選挙後に、やったのか】という点。不正選挙への批判はあってしかるべきだし、私も同意する。

だが、不正選挙の批判と、大統領選をひっくり返せという主張は少し違う。
というか、だいぶ違う。

きつい言い方になって恐縮だが、例えばCHINAが「台湾の総統選の結果は、受け入れられない!」と表明すれば、皆様は内政干渉と批判するのではないか?
私たち政治家(および実名型の政治関係者)が、選挙そのものには言及しずらい。

 

不正は、あったと思う。
そして一部の証拠はあがっていた。
私は、選挙前に活動していた。どうして選挙前に動かなかった発信者が、選挙後に動き始めたのか。

そこはちゃんと考察したほうがいい。
これは特定の層や、特定の発信者を攻撃する意図はない。
けれども、今後も少数民族からの弾圧と戦う地方議員としては、述べておく必要がある内容だ。

少しだけ答え合わせをさせて欲しい。
一部の言論は、明確に間違えている。
その指摘をしておかないと、私たち現場組は身動きがとれない。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

【自作曲】狭い狭い保守の世界の歌

まぁ、普通におもろいな。

 

 

 

 

否定しておきたいもの

Qアノンは、信じすぎてはいけない。

単一個人なのか複数人なのかは分からないが、匿名掲示板「4chan」に「Q」を名乗るユーザが連投したのが発祥と言われる。
んー、2ちゃんのコテハンみたいなイメージ。

 

えっとですね、少し古い話になりますが「駄菓子菓子」さんとかおりましたが、そういうイメージ。
ネットの流行であり、確定的なソースというのはついていない。

一部においてはネタアカウント的な投稿もあるそうで、それはそれで”お楽しみ”としては悪くない。全否定もしない。

ただ、ネット上で「ここだけの極秘情報」として出てきた際に、それが本当に極秘情報である可能性は、少なくとも100%ではない。
当然、0でもなくて、例えば日本においても某建設会社の不正を投稿した書き込みがあり、のちそれが真実であって、ほぼ内部リークであったという事例はある。

 

とはいえ、Qアノンをソースにして議論してどうするのか、と。

日本における駄菓子菓子氏の投稿を、英訳して、米国のネット世論が席巻されたらですね、
「は??」となるし、それを頭から信じるのはナンセンスです。

※ これは駄菓子菓子氏を否定しているものではない。それが特定層の勇気になった時代もあるし、評価されるべき活動内容もあった。ただし、リーク情報とされたものの中には、現実とは離れていたものもあったように思う。

 

 

私は、ディープステートについては、あったという立場。
そして、いまもあるという立場です。

これは米国内だけではなくて、日本でも同様でしょう。
むしろ否定するほうがおかしい。

TwitterやFBの動き、のちバイデン氏がGAFAの幹部を政府の要職につけていることも含め、違和感を覚えるほうが自然だ。

 

同じく、クラーケンについては懐疑的だ。
演説の一部において発言が出てきたのみであって、それが組織的な、大型の爆弾みたいなものであることには疑念をもっている。

ここは次項で考察する。

 

私は、恐らくディープステートと戦ってきた一人だと思うし、今後も戦う一人だと思っている。
日本国内のDSと、米国のDSが連動しているとは言わないし、そういう性格のものでもないと思う。

例えば廊下を歩いているとき、それが国会とかだけれども、ひやっとする一幕はあった。
気のせいかな?と思いつつ、身構える瞬間はある。句読点のひとつ、それを間違えるだけでもアウトだなって局面はある。

別に明確に目の前に敵がいるわけでもなくて、遠くから狙撃手に狙われているような悪寒。
多くは気のせいなのだろうけれど、私が「偶然にも」長期間にわたって活動できていることが、単に運のせいだけではないとすれば、そういう野生の勘にも意味はあったのだろう。

 

すれ違いざまに、何かを感じることはあるんだ。

うまく言えないときもあるし、「あぁ、多分あっこだな」と感じるときもある。

けど、そんな体系だてたもんではなくて、もっと、ふわっとしたもんだと思う。

世の中には秘密結社だってあるし、面倒な存在だってあるけれども、そういう結社みたいなもんではない。少なくとも私が知覚するものは。

 

 

 

回転寿司系の、極秘情報

極秘情報みたいなものは、確かにある。

けれど、それを日本にずっといるインフルエンサーらが、モニターの前で「ごく自然に入手できることはおかしいとは思わないのか。

 

例えば一部は実際に米国にわたっており、たいした行動力だと思う。
著名な方だと一名しか知らないが、現地情報は有用であり、「おぉ!」と思った。ここについては5W1Hは合っている。

逆に言えば、他の発信者は、下手すれば5W1Hの部分から怪しい。

 

極秘情報はあると言ったけれど、それは極秘だから極秘情報なわけです。
ごく一部しか持っていない。

それを日本にいっぱなしの人が、どうして入手できるのか、また発信できるのか。
不思議に思ったことはないのか?

 

入手するだけではなくて、発信することも難しいんだ。

私はハンターバイデンの画像を、こちらも大統領選の前にアップしている。
あれは極秘情報と言えば極秘情報だった。そんなにレベルの高い情報でもないけれど。

発信が難しい理由は、情報ルートの保護の問題。
本当に極秘情報をもっている人は、どこからか得ているわけだけど、「暴露」はリスクも伴う。

例えばAさんとBさんの2名が「こうしようね」と約束したとして、それが暴露されたとしよう。
貴方がAさんの立場であれば「Bがばらしやがった!」と気づくわけです。
情報は、持つ人数が少なければ少ないほど、トレースが容易。

せっかくもっている”情報ルート”を、破壊してしまうんだ、暴露は。

 

5名程度の会議であっても、流出元は簡単に辿れる。
先日も書いたが、例えば地方議会においても以下のような動きをとることはある。

紙媒体の資料のみに限定し、配布資料にはそれぞれ番号を振る。
会議終了後に回収。

これは個人情報などが記された会議録の場合だけれど、撮影とかだとバレてしまうし、外に持ち出しにくいものはある。

 

地方議会を離れ、ヘビー級の保守活動の場合。
そもそも会議場所とかをギリギリまで伏せておき、一気に移動して会合を持つこともある。
スマホを含む通信端末は一旦は没収。

それでも抜けるときは抜けるが、やらないよりはマシ。

 

暴露というか、極秘情報の公開って、「苦労して構築した情報ルートを潰すリスク」だってあるんだ。

そりゃ、アクセスアップしたい人はなんでも話すだろうけれど、私たちは「判断のために情報が必要」なわけで、ルートの維持・保持のほうが重要なんです。

ウイグル関係で保守活動家を排除と述べたのは、かつて漏らしたやつがいたし、またウイグルに限定しなくても、議員間の情報を外に出した活動家は「排除せざるを得ない」んです。

地方議員でもそれぐらいやってる。

 

なのに、
毎日、毎日、回転寿司のように極秘情報が出てくる。

そんなわけあるか。

 

まぁ、その根底にあるものまで批判するつもりはない。
みんな、トランプ大統領に勝って欲しいと思ってたんだろうし、それは政治的には私たちと同じ感性なのだろうけれどさ、だから善意であることは充分に分かってる。

少なくとも閲覧者や拡散に協力したものたちはそうだったろうさ。

 

けど、発信者はどうなんだ、と。
本当に「何か情報ルート」を持っていたのかな。

持っていたとは、私は思えなんだよね。
実際、ほとんど間違ってるじゃん。

あれらの層は、匿名アカウントだからできることで、例えばチャンネルを閉鎖とかすれば「終わり」にできるからやれたことだけど、私たちみたいに公人とかはさ、実名=屋号みたいなもんだから、そんなことはできない。

だからさ、発信者側は、本来は責任を問われるもんだと思っています。
私が問うという意味ではなくて、閲覧者側が責任を問うことは正当だと思うという意味で。

ぶっちゃけ「ググっただけ」で、なんか「おもろそうなこと」を、「いい加減に発信していた」者だっているんじゃないか。
じゃなきゃ、こうはならんだろ。

発信者同士が、”どれだけバズることを言えるか”勝負してただけで、それにみんな乗せられちゃったのかなって思うと、寂しい。

 

国内の話にしても、少しは深い情報をもっていたりはする。
自分たちで動き、結果として得られたものだってある。

その全てを公開できるかと言えば、できない。
それをやれば、「情報を裏で回してくれた者」に危険がおよぶし、私たちも貴重な情報源を失う。

 

日替わりで、ぽんぽん出てくる極秘情報なんて、信じないで欲しい。

私が、本心から言いたい一言は、ただこれだけ。。。
やる気、なくなるもの。

 

ほんとはさ、言いたいこともあったんだよ。
投下できる情報もあった。けど、あっこまで行ってしまうと、私たちは参加できなかった。

もはやウンコの濁流みたいになっており、混ざったり飛び込むことはできんかったよ。
本当に情報をもっている人たち、保守にもいたんだけど、みんな「ぽかーん」ってして見ているよりなかった。

一言、批判的なこと、言います。
受信者というか、閲覧する側も「それに乗っていく様」が寂しかったし、だから投下できなかったんだ。そんな、見て喜ぶような情報でもなかったしね。

リスクとってまで、埋もれるであろう情報を出す意味を見いだせなかった。

 

※ 本件以外も含めてですが、篠原常一郎氏の情報は正確なものもあります。少しぼかして投稿していますが、共産党の秘書を長らく務め、のち党の情報を暴露中。民主党政権においても政権中枢にいたため、”当時の”極秘情報にはほとんどアクセスできる立場でした。おなじく百田さんも好きです。そのうえで、今回のKAZUYA君の立場も強い意思を感じました。私がここで触れた事例は、連続性をもった著者とか、または実名などでやっている人ではなくて、もっと、こう、いわゆる匿名ユーザー的な発信をしていた人たちです。
・・・いや、ひどいのは酷かったですよ。もう、腰を抜かすぐらい。

 

 

 

 

見えざる手

先ほど私が「ある」と述べたDSの正体。

見えざる手というか、例えば法人の意思みたいな。

 

法人って、人ではなくて、単に組織。
社長の意向とかではなくて、あるじゃん、そういうの。

例えば製薬会社があったとして、「あの薬が認可されたら面倒だなぁ」とか。
社としての利益を代弁するがゆえ、結果として一個人の意思ではなくて、集団として意思みたいなものが生じてしまう場ってある。

アビガン、承認されなかったそうですね。

 

あれにもしても、誰か「悪い個人」がいるわけではなくて、業界の慣行とか、謎の空気感がそうさせているのだと思う。

そういう、組織が”疑似的に意思をもってしまった感じ”の、超大型のバージョン。
敵にまわすと厄介で、私はそれを場の風みたいに表現するんだけれど、風を読むのが下手な兵士は、だいたいすぐ死ぬ。失脚する。

 

対応方法はあって、相手さんがでかければでかいほど「速度には弱い」から、ギリギリまで情報を伏せておき、抜刀速度をあげて斬りこむとか。

または、一見、関係ないように迫っていき、ぎりぎりで射線を曲げてみるとか。
併せ技で出しておき、特定のカードとカードがセットされたとき、異なる効果を生じるとか。

まぁ、どちらにせよドサクサまぎれでやる!みたいな方法なんだけれど。

 

少し仕込みには時間がかかって、手間はかかる。

「これは手間かけたほうがいいな」とか、「これは正面から行っていいな」とか。

さじ加減というか。

全部が全部に手間暇かけてると、身がもたないし。

 

そのとき、仮想的にDSを設定してみると分かりやすい。

実在もするだろうし、実際に”いま狙われてる”というタイミングもあるけれど、

多くの場合は、風みたいなもの。

 

組織としての利益とか、業界としての慣習とか。

個々人としては存在しておらず、そういう色んなものが有機的に積み重なったとき、あたかも生き物のように、または秘密結社のように効果を発揮することがある。

そりゃ、厄介な存在だよ。

 

 

 

 

「普通に通るだろ」と思った話が、なぜか止まったり。

 

関係ないはずの話なのに、本来は無関係の勢力が現場に現れたり。

 

不可解なことは、政治の世界でもあるし、

 

よくよく考えれば、私生活の中でも往々にして起きること。

 

町内会レベルでも「あぁ、そういうことか」はあるわけで、

 

それの国家規模の話があっても、別に不思議ではない。

 

それを知覚できる才覚がなければ、うまく行かないこともある。

 

ディープステートは、ある。

 

陰謀論とされてきたものの一部は、実在が証明された。

 

けれども同じく、保守とされた勢力は、「なんの情報源もルートも持っていなかった」ことも証明された茶番の側面もあった。

 

私なりに、「ここまでは合ってる」「これは流石に間違ってる」を書いてみました。

 

「まぁ、そうだよね」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

30 Responses to 【大統領選の茶番】”情報源なんて持ってなかった”発信者たち。狭い狭い保守の世界、壊れていいですか?

  1. BLACK のコメント:

    「DS」と表記すると
    反射的に「陰謀論」「フェイク」と受け取る方々もおられますが
    小坪氏が、どんなこと、どんな風、どんな空気を「DS」と表現しておられるのか、読むと存在するのが想像出来ます。

    たぶんそれは「陰謀論」「フェイク」と反射する方々が思う「DS」とは少々違うのかも知れません。
    でもそれを、全部ひっくるめて小坪氏は「DS」と思っておられるのですね。

    小坪氏の仰る「DS」までひっくるめて「DSはいない」「陰謀論だ」「フェイクだ」と言う方々がおられたとしたら
    それこそが「陰謀論」「フェイク」「誤誘導」だと、私は感じると思います。
    (正直、小坪氏の仰る「DS」は「陰謀論」と反射する方々への誤解を解く為にも、別の表現・表記をした方が良いのではないかと素人考えで一瞬思いましたが
    小坪氏が「DS」と明確に言い切るからにはその理由と意思があるのだと思いなおしました。)

    私が今回感じるのは「信じる」と言うことと「願う」と言うことの怖さです。
    もちろん、私たち庶民には、何が本当で、何が信じられることなのか
    最終的に正確に判断することや現認することは不可能だと思います。
    だから「信じた」「願った」「仕方ない」では無く
    少しは疑って、読んだ情報を少しは疑って、自分が願うことも少しは疑って、と思います。
    相手も少しは疑って、自分自身も少しは疑って、決めつけないで、と思います。
    最終的に確認や現認が出来ない一般庶民が出来るのは「少しは疑う」ではないかと
    私は自分自身にも思います。

    あと
    「自分の願いが叶う」「自分の思った通りにことが運ぶ」=自分の幸せ 国家の安寧
    とは、その動機がどんなに自分と国家の幸せを願った結果であったとしても
    限りません。(これは私生活でも言えることだと思います)
    そこが完全に「イコール」になっているのは、某国の方々だと感じています。
    日本人は、そこにもう少し幅と言うのか深さと言うのか、それがあると思っていましたが
    現状は某国を笑えない、と、個人的に思っています。
    日本人は、もっと柔らかで強かであって欲しいと願っています。

    一見、望みが叶わなく不利なことでも、どんなに無念で悔しいことでも、それは幸いへの一歩かも知れません。
    否、強かに、柔らかに、幸いへの一歩にしなければなりませぬ。

    今後、自分たちの望みが叶う=亡国 の可能性もあると私は思います。
    それを庶民・国民に選択させたい人たちは、存在するかも知れないのですから。

    盲信は亡国かも知れません。
    暴力革命も、共産革命も、ジェノサイドも
    行った人たちは、「信じていた」「願っていた」のだと思います。
    だから、そのようなことが実行出来たのだと私は思います。
    信じる、願う、と言うことは、時には恐ろしいことだと私は思います。

    申し訳ないですが、小坪氏一択の私も、小坪氏を100%は信じておりません。
    「もしかしたら」と言う思いは2%くらいは心の底に持っています。
    (小坪氏、ごめんなさい)
    また、現在の自分自身の考えを完全には信じているわけではありませぬ。

    以上 文責 BLACK

    • BLACK のコメント:

      わからないものは、わからない
      判断出来ないものは、判断出来ない
      保留も、様子見も、どっち付かずも
      時には少しも、卑怯でも、恥ずかしくも無い、私はそう思います。

      保守だから、保守ならば
      愛国だから、愛国ならば
      だから判断しなければならない、信じなければならない、願わなければならない
      そんな定義や縛りも無い、私はそう思います。

      以上 文責 BLACK

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、おはようございます!今朝の神奈川県は天候不良(にわか雨です)で、寒いです

    扨て・・・
    >日替わりで、ぽんぽん出てくる極秘情報なんて、信じないで欲しい。
    >私が、本心から言いたい一言は、ただこれだけ。。。
    >やる気、なくなるもの。

    上記、よくよく反省もこめて爺の心のなかに、いつでも、自制できるようにおいておきます!
    Qさん情報には、翻弄されていましたね・・・爺は、じっくり、反省いたします

    閑話休題・・・

    でも、合法的に投票がカウントされていたら、トランプオヤビンは勝利していたと、そこだけは、
    Qさん情報とは関係なく、おもっています。

  3. 和のしらべ のコメント:

    『正しい○史認識』のブロガーさんは、ご指摘通りの風説をじゃんじゃん巻き散らしてましたね。

  4. 波那 のコメント:

    Qアノンて、確かに4chからでしょうね。ネットを初めた頃には、もう6年から7年も前ですが毎日見に行ってましたが例のあの太った醜い緑のカエル顔の画像とセットで取り上げられ揶揄対象にされていたと言うイメージしかなかったので、何でまた今回、Qアノンのこと言い出したのだろうと思っていました。

    大統領選投票日が済んで暫くしてから票数のカウント数も出している所によって違ったりチグハグが始まり、毎日、にわかには信じ難い情報が次々出て来て一斉にネットで取り上げられるようになってから訳わからなくなり、まあいいわ情報追いかけるのやめよう、6日になればハッキリするらしいからと思って6日になって成り行きを見てたら結局また何が何だか分からなくなってしまいました。じゃ、あのドミニオンの話もCIA と米軍との銃撃戦とかの話もあれ全部嘘なんですか?

    でももう今更、総評を聞いても虚しいだけ。今回の事で思ったのはアメリカの大がかりな言論の封殺はポリコレで下地が社会に浸透して素地が出来ていたのだと言う事。日本でもそうですが、大手メインストリームメディアの国民に知られたくない事は報道しない鉄壁の姿勢と、SNS が全てあちら側の不利になる情報を徹底的に遮断したこと。独裁国だけがメディアに規制をかけるのではないですか。それがあのアメリカで罷り通ったと言うことです。民主主義って、あんな簡単に抑圧されて死んでしまうんですね。

    アメリカ人は、アメリカがこれから、どんな社会になって行くのか、どんな国になるのかもう気づいていますね。トランプ大統領のFarewell Speech のコメント欄に Jhon Adams の言葉を書いていた人が居ました。

    But a Constitution of Government once changed from Freedom, can never be restored. Liberty once lost is lost forever.

    (しかし、政府の憲法が一度自由から変えられてしまったら、もうニ度と取り戻す事は出来ません。一旦、自由を失ってしまったら、永遠に失われてしまうのです。)

    私達はかアメリカの事を他山の石とはせずに、でもアメリカは国土が広大で開拓して発展する為に移民を受け入れ、特に第二次大戦後には難民を大量に受け入れて行ったが為に、あらゆる人種の集まりのグローバリズムの国だと言うこと。グローバリズムの終焉は結局あんなことになってしまうのだと見せつけられた思いでいます。

    私達は日本が物凄〜く歴史の長い、世界で唯一の単一民族国家であること、単一民族の知恵だけで成り立って来た国なのだと言う事に思いを致し誇りを持ち続けて行くことだと思います。グローバリズムは最終的には、あのように国を滅ぼしてしまいます。

  5. 波那 のコメント:

    🔻政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違
    毎日新聞 2021年1月26日 18時11分

     米国務省が中国による新疆ウイグル自治区での行動を「ジェノサイド(大量虐殺)」と認定したことを巡り、外務省の担当者は26日の自民党外交部会で「日本として『ジェノサイド』とは認めていない」との認識を示した。

    出席した自民党議員からは「日本の姿勢は弱い」などの指摘が相次いだが、外務省側は「人権問題で後ろ向きという批判は当たらない。関係国と連携しながら対応していく」と理解を求めた。

    tomyfly(とみたか)@tomyflyi
    返信先: @SatoMasahisaさん
    此処まで政府が酷いとなると、大量離党も視野に入れて行動してもらえないかと思います。 悪夢の民主党政権は御免だが、悪夢の2階建て縛りは地獄行きの片道切符にしか見えない。 国防外交が票に成らない時代は終わりました。 マスコミと正面から向き合い闘って欲しい。
    午後7:05 · 2021年1月26日

    ゴン太ちゃん@ugougo_gontakun
    返信先: @SatoMasahisaさん
    本当に“害務省”だと本気で思う! 健全なる外務省の早急な対応をお願いします。 m(_ _)m
    午後5:45 · 2021年1月26日

    Tera_chan55@Sterasawa6
    返信先: @SatoMasahisaさん
    チャイナスクールの人間が担当では人権問題も弱腰でしょうね
    午後5:40 · 2021年1月26日

    ネット上のコメント

    ・怒りを感じます。
    ・他人事じゃないくならないとわからんかねえ その時には遅いんだけど。 ほんと情けない。
    ・少しは進歩するかと思っていましたが、甘かったですね。
    ・自分が加担していると、認めたくは無いですからね
    ・ええええええええ 最低ですね…日本人として恥ずかしい
    ・まぁ、そんな所だろうと思いました。 政界のドンがウンと言う訳が有りませんね。
    ・はい?認識おかしいのでは?

    no name
    基本的に酒を飲まないイスラム教徒は、良質な肝臓の移植供給源になります。媚びとけば優先的に移植が受けれる特典でもあるのでしょう。ジェノサイドなんて、言わせる訳がない。

    no name
    本当なの?正直言って、毎日新聞の報道だというと、まず眉に唾を塗ってかかる必要があるんじゃないかと思うんだけど?

    no name
    こんな対応してる外務省の官僚でも、公務員なので国民が直接的に更迭出来ない腹立たしさ。

    no name
    これ、検討した結果「ジェノサイドではない!」って結論を出したわけじゃないよね?
    「(まだ)ジェノサイドと認定していない。」ので、「(これから)関係国と連携しながら対応していく」って意味でしょ?
    対応が遅いっちゃあ遅いけどな。

    no name
    シナのポチっていうよりも世界の中央銀行のおこぼれが欲しい腐れ外道が沢山いるって事だろう。
    情けない国の国民として恥ずかしい!

    no name
    出席した小野田議員と毎日新聞。
    小野田紀美「いつも沢山押しかけてくるマスコミ、今日はほぼゼロでした」
    毎日新聞「自民党議員からは~」「外務省側は~」
    毎日は出席してたんでしょうか。

    no name
    国連はこの問題に関して何か言ってる?でも国連もチャイナマネーが牛耳ってそう

    no name
    外務省のチャイニーズチルドレンが日本の立場を語るな。
    慰安婦はじめあらゆる問題で害務省は日本の名誉を棄損してきた。多分日本人ではない。少なくとも精神的には。

    no name
    背面撃ちモテギ害相
    『だって俺、
     尖閣はあげたら良い謝謝、やからな!
     ウイグル?チベット?
     あーあー聞こえない☆』
    草不可避

    no name
    2F一派をなんとかしないと、近い将来日本も支那に取り組まれてしまうな。

    no name
    「ジェノサイドではない」根拠を日本政府は発信したのか?日本は欧米より中国をとるのか?ただ、人権の重大さに無関心なだけなのか? 悲しい。

    no name
    害務省にはシナ大好き創価の大鳳会が工作員として一定数いるからなぁ。
    シナの都合の悪いところは意地でも反対するで。
    さらにシェイシェイ茂木だろ、どうしようもないくらい中国ageやるぞ。

    no nam
    また天安門事件の時みたく中共擁護するつもりなのかね?ふざけんな!

    no name
    全ての事実が白日の下に晒された時、外務省のこの曖昧な姿勢が世界中から非難されることだろう

    no name
    茂木以下職員はチャイナのポチかよ

    🗣️ 茂木さんて、安倍政権が外交を官邸主導にしていたのを、外務省に取り戻そうとしていると誰かが書いてましたが、そうなんですか?? 以前の中国、韓国が言ってる事には取り立てて抵抗せずに言いなりになると言うあの状態にしようとしてるんですか?

  6. コットン のコメント:

    私はこの件がモヤモヤしていました。
    本日の記事を読んで、霧が少し晴れたと思います。

    情報の重みは立場によって異なることを再確認できました。
    ありがとうございます。

    最近、国産SNSを知り、加入しており、こちらにもリンクを貼らせていただきます。

    https://yonaoshi.net/

    国産SNSに興味を持っていただけるとありがたいです。
    よろしくお願いいたします。

  7. 神無月 のコメント:

    耳の痛い内容です。と同時に事実の情報を得られないレベルの庶民には、物事の判断が出来ない虚しさです。

    受信料を収めさせている公共放送に、偏向、隠蔽、印象、嘘を放送することを国は認めているわけですから虚しさも倍増です。

    極秘情報を入手出来る方々のお力で、本来、国民が得たれたはずの生活がいつか取り戻せるのならば、右往左往せず全面的にお任せしたいとも思います。

    情報を知る国会議員の全ての皆様が、日本国民の安寧を守る為に命懸けで奉仕して下さる事を願うばかりです。

    クラーケンのお陰で、ビッグテックが民主主義を破壊する事実を見せてくれました。
    この言論弾圧だけは、庶民が目にした唯一の真実です。

    世界中が、ビッグテックの手のひらに乗って生活をしています。
    .

    • 神無月 のコメント:

      日本のメディアは、トランプ支持者を陰謀論に惑わされQアノンを信奉する暴力的な勢力との報道をしています。

      真実を知りませんので、メディアの報道は正しいと捉えてよいのでしょうか?
      .

    • 神無月 のコメント:

      通常、新政権が誕生すれば前政権の話題は小さくなるものですが、何故か、トラさんの煽動によってトランプ支持者が暴動を起こしたみたいな記事を多く見ます。

      私の嗅覚は、トランプ支持者を意図的に悪に仕立て上げたくて仕方がないように見えます。
      理由は、メディア側が「しつこい」からです。
      その「しつこさ」は、トランプ支持者の正義を恐れているからのように見えるのです。

      選挙に不正は無くて陰謀論。負けを認めたくない大統領の煽動が暴力的な行動に繫がった!
      新政権は正当で有る!

      陰謀論を信じる者は、国を分断する売国奴!
      トラさんに投票した者は愚かである的な雰囲気。

      小坪市議、トラさんは投票数で実際に負けていたのでしょうか?
      負けていたのでしたら、一言負けていたと言っていただければ陰謀論も納得です。
      一言が無ければ、実際は勝っていたと言う事で宜しいのでしょうか?

      日本の総選挙も心配です。メディアスクラムが勢いづいていますので・・・
      .

  8. パコリーヌ(髭) のコメント:

    日本人の子供はよく躾けられているので命令に従順で質の高い奴隷として高値で売買されたそうね
    いつの頃かしら?
    朝鮮人工作員が暇さえあれば日本人の子供をさらっていた時代ね
    いまではエスなんたら島に集められて用が済んだら殺されて食べられちゃうんでしょwww
    青いバッチなんて捨てちゃえばいいのに
    必要ないでしょ
    それか要らないならトランプ大統領にあげればいい

  9. 維新は裸の王様 のコメント:

    私は米国大統領選挙や、DS関連にはさほど興味はありません。
    トランプさん再選、バイデンさん勝利とかも、ただ彼らが米国内政や世界の混乱を徐々にでも元に戻しさえ出来れば。

    バイデン新大統領となりましたが、防衛面では日本をちゃんと見てくれてる体面になりましたが、元々米国的利益は共和民主どちらも変わらないので、歴代の如くでしょうし、菅総理の外交のイメージは全く思い浮かばないので、先は重いでしょう。
    ただ、バイデンさんも、オバマに習って広島か長崎へ慰霊にきて欲しい。

    保守層は、外政ばかり言いますが今は国内経済、取り分け生活困窮者救済がメインだと思ってますが、それを上手にアピールしまくってるのが立憲共産党というのが非常に情けないです。
    今日午前中、参院予算委員会中継を見てましたが、
    ・・・・・・・寝てる。(疑惑&確定含む)
    総理答弁、大臣答弁、曖昧。

    コレじゃ、駄目です自民党。
    流石に映像見る気すら失せました。
    クルクルパーヨクは、#ツイート遊びに御熱心です。
    自粛して中継見る機会ある浮遊層は、靡くでしょう。

    自民党国会議員、慢心ですよ。
    風が吹きますよ、立憲共産党の支持率無いけど(笑)
    もう少し、脇を締めろって懇意にしてる国会議員へ進言してくれませんか??

    以上です
    1/27 文責 維新は裸の王様

  10. JL のコメント:

    そもそもドミニオンってどういう立ち位置だったんでしょうね。
    正しいの?正しくないの?

    最終結果見たらどう考えても「あれは怪しいマシン」としか思えないんですが、
    そこから「こんなことがまかり通るなら何があってもおかしくない」
    という世論になったような気がします。
    加えて、州が州を訴える状況になって、これは陰謀だけではないと思った人も多いはず。

    米国に全てを任せるつもりの人は居ないと思いますが、今の政権が信用できない人が
    不安に駆られていることも一因だと思います。
    マスコミへの不審がそのままSNSへの情報依存になっていることもあります。
    MSMには猛省していただきたいと思います。

  11. アンチレッド のコメント:

    正直、エントリーの内容が謎すぎてわからないことだらけです。

    >少しだけ答え合わせをさせて欲しい。
     一部の言論は、明確に間違えている。
     その指摘をしておかないと、私たち現場組は身動きがとれない。

    一部の間違った言論→身動きがとれない
    これの意味がよくわからないんですよ。
    そもそも間違えを認識できるのかという根本的な問題があるでしょう。
    銭稼ぎ保守が意図的にミスリードしていると?
    それがあったとして、身動きがとれない?どういう力関係?

    間違った言論は、言論の自由なのか、風説の流布による業務妨害なのか?
    個人的に政治家が一般人の言論を批判することが非常に気になるので。
    (参考)刑法第233条(信用毀損及び業務妨害)
    虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

    また、
    >彼女はトランプ大統領が誕生するにあたって、つまり前回の大統領選において(就任前より)トランプ支持を表明、日本側のネット発信者として米国でも一目置かれた存在だ。
    >アメリカに頼る謎センス。日本独立言ってもね属国精神酷いよね
    この2つは整合性が取れているんでしょうか?

    • アンチレッド のコメント:

      >アビガン、承認されなかったそうですね。
       あれにもしても、誰か「悪い個人」がいるわけではなくて、業界の慣行とか、謎の空気感がそうさせているのだと思う。

      アビガン問題については遠藤健太郎さんのブログが詳しいと思います。
      遠藤健太郎オフィシャルブログ 中国の責任、米国の利権
      http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post7096/
      より引用
      富士フイルム富山化学が開発した国産の抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」(一般名=ファビピラビル)の臨床使用を抑制し、海外へ差し上げて臨床結果の報告があったりなかったり、挙げ句に臨床報告の思わしくない米国ギリアド・サイエンシズが開発した抗エボラ出血熱薬「レムデシビル」を特例承認制度を用いてまで急いで日本国民に投与しようとする出鱈目を断罪すべきです。
      厚生労働省は「自民党からの圧力」があったと陰でいっていますし、先述の通り臨床報告はアビガンのほうがはるかによいにもかかわらず、米国の製薬利権を担う厚労族議員が国産薬を潰そうとしています。
      以上引用
      これが本当なら、「日本独立言ってもね「自民党の」属国精神酷いよね」

  12. 日本人 のコメント:

    Qアノンのようないい加減な情報を垂れ流がす人もどうかと思いましたが、陰謀論という言葉で他者を卑下していた保守系(主にネット系)の方々についても同じものを感じました。

  13. 福岡 秀憲 のコメント:

    ネットでうんざり情報が多く、「あーあ」と鬱屈する思いが溜まっていて、ちょっと今日はスッキリ!しました。(下品に言えばう〇こいっぱいでた!!)

    大丈夫であることは知っているのですが、敢えて言わせてもらうと、艦長も議員の立場なので勝負着いた今、表明の仕方どーなのか…?です。

    私は追撃戦が好きだ!戦場における損害は8割追撃戦!
    よろしい ならばクリークだ!

    と言いたいですが、煽りと受け止められるかもがチョット…

    私は一私人なので、少し煽ったりして釣り針に掛かる様子を眺めたりしますが…
    自分でも品の無いことだと思いつつ…ムカついてつい…

    「極秘情報」なるものがホイホイ出せるものではない。
    「やる気、なくなるもの」

    の2点は本当に本当におっしゃる通りと思います。

    ブログの閲覧数とYouTubeでは差があるので、直接「語り掛け」の本心みたいな感じで、動画の方がいいかも?と思います。

    DSについては、
    「組織としての利益とか、業界としての慣習とか。
    個々人としては存在しておらず、そういう色んなものが有機的に積み重なったとき、あたかも生き物のように、または秘密結社のように効果を発揮することがある。」

    と書かれていますが、DS認定も人や情報レベルで差異が生じます。

    私は「集合論的虚無」と思っています。実態としてあるが、実体があると認識すればむしろ「陰謀論」的弊害を生むと思っています。
    よって、個人的には「無い」・「ゴースト」と認識しています。
    任天堂のDSは在りますwww

    「中共」・「ロシア」の工作情報も含まれている怪しげな情報を振り回した輩に!!
    「勝てるはずのジョージア州上院選の負けた事と、小坪議員のやるき奪った事の二つに関しての恨みは忘れんからな!!!バーカ!!バーカ!!」
    と、子供のケンカみたいに去っていきますwww
    (つまり、稚拙なだけに私の負けです)www

  14. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    この問題は人間の心理の問題であって、保守層であるかそうで無いかは然程の違いは無いでしょう。
    共産主義者は大嘘付きで、民主主義の”み”の字も無く、弱者救済なんかせずに弱者自体を消してしまう様な連中ですが、共産主義者が民主主義や自由主義を謳ったり、弱者救済を訴えれば、それにコロッと騙される人が大勢居る世の中です。

    そもそも我が国では長らく、性善説で世の中を回していたのも無関係では無いでしょう。
    つまり多くの人にとって情報とは、無償で正しい情報が手に入るものと言う意識が定着して居るのです。
    最近は個人情報保護の概念が芽生えては来てますが、多くの人にとってこれは飽くまでも個人の情報を漏洩しない事であって、その情報の信憑性を裏取りする事は含まれて居ません。
    大前提が正しい情報がどこかから齎された上で成り立って居るのです。
    まぁ、昔は電電公社が発行する電話帳に特別な理由が無い限り、フルネームで住所迄オープンにして居た御国柄です。
    寧ろ、電話帳に情報が掲載されて居無い家庭は、「何か事情があるんだろうな」っと勘繰られる程でした。
    それが今や、都市部の集合住宅などではポストに表札を掲げる事すら望ましく無いと言った風潮です。

    芽生え始めたそれらは何れも”情報漏洩してはいけない”と言ったもので、情報分析と言った視点で情報と対峙する人は意外と少ない訳です。
    確かに最近はビッグデータ云々と持て囃されては居ますが、その多くはマーケティングなどを重視した、偏差や分布と言った統計ベースの分析であって、政治的な情報分析とは異なるものです。
    社内で出世を目指して居たり、営業職であったり、経営者であったりすれば、何らかの政治的情報分析と近しいノウハウを身に付ける事が出来るかも知れませんが、やはりこれらは人口の一部に過ぎないでしょう。
    そこにどこまで深く分析出来るかは個人のセンスに依存する為、更に難しい所もあります。

    良くも悪くも今回の大統領選では、所詮他人様の家の話ですから、これらはリハーサルだと割り切って、我が国の時に活かせれば良いのだと考えます。
    全く保守が儲からないのだとすれば、それは保守の衰退を招きますし、今まではそれで抑え込まれて居ました。
    そう言った中で、保守の芽吹きが形になって来つつあるのは悪い事ではありません。
    所が非常に少ない情報を膨らませて、娯楽を提供すると言った形になるのは、ある意味での問題を孕んで居るのも事実でしょう。

    ぶっちゃけ、そう言ったバラエティー型のインフルエンサーの多くは明確に敵を視認出来て居ませんし、そこに絡む広範囲での利害関係も考慮出来て居ませんでした。
    見えない敵を過大評価し過ぎたり、過小評価し過ぎたりと言った事が、恐らく起こって居たのだろうと推察します。
    ディープステートにしたって、小生はマフィアの様な組織立ったものでは無く、どちらかと言うと未分化細胞に近い存在だと考えて居ます。
    ここに利害の一致による共闘体制が自然派生的に敷かれたとしても、ベースはバラバラである為に捉え所が無く、それが故に厄介さが増して居ると考えます。
    然し、そのディープステートを一致団結した組織だと見誤れば、その姿は全く違ったものに見えるでしょうし、そこから割出す結果予測も異なって来るでしょう。
    蜃気楼に照準を合せて砲撃を加えても、無駄弾にしかならないのと同じです。

    このリハーサルで、保守層の脆弱性を洗い出す事が出来たと考えれば、この一連の流れは有意義だったのではないでしょうか。

    余談ですが、この大統領選も4年に1度の季節モノですし、この件ばかりに注力して急成長したYouTuberの皆さんは、この先どうやって儲けて行くのでしょうね?

  15. Satoru のコメント:

    党派や思想的な立場は別として、あれだけの数の宣誓供述書が出され、非常に信憑性のある不正映像の場面などがいくつも出され、大学の専門家の統計学レベルの検証でもその確率論的な異常性や改ざんの痕跡まではっきりと指摘されたにも拘わらず、連邦レベルでのまともな審理が一回も行われなかったという事実には米国司法の深刻な腐敗を感じざるを得ません。
    20州にものぼる数の州が違憲訴訟を起こした時も「当事者適格がない」という信じがたい理由で審理を避け訴えを門前払いした米国最高裁の姿勢を見るに、完全に司法の責任放棄としか思えませんでした。
    もちろん司法のみならず、行政内部や立法府のトランプ大統領弾劾などの理不尽な動きも含めて、これまで長い間蓋がされてきた闇の部分がいっきに噴き出してきたような印象です。
    はっきり言えば米国の立法、司法、行政、加えて米国民主党も共和党もすべてが想像以上に深いレベルで腐敗している姿が多くの一般民衆に明らかにされたことが今回の大統領選挙の大きな意味の一つかもしれません。

  16. 氷河期の隙間世代 のコメント:

    randomyokoさん初めて知りました。

    気持ちはよく理解できるが、所謂「ネット右翼」が台頭する前の、旧態依然とした右翼と被る。

    正しいのだけど、一般大衆の支持を集めることは叶わず、ただ巨大な左翼の前に、延々と虚勢を張ることしかできない右翼と同様に映る。

    米大統領選挙に乗じて小遣い稼ぎした擬似保守YouTuberに対して、保守とは「かくあるべき」と主張したところで、一体何になるのか。

    世の中のありとあらゆるコミュニティには、「かくあるべき」とマウントを取りたがる人間が必ず存在するが、それに何の意味があるのか。

    意味があったとしてそれが「目的」の達成に繋がるのか。

    「かくあるべき」は個人の中の哲学としては大事だが、「自己満足」と「目的達成」を天秤にかけた時、国益を鑑みた場合にどちらを優先すべきなのか。

    左翼のように「目的のために手段は選ばない」はNGだが、保守には「目的達成」のため戦略を立て戦術に落とし込み、確実に成果を上げる実行力を持っている人間が少ない。

    本当に彼女の気持ちはよく理解できるが、「でどうしたいの?」としか出てこない。

    できの悪い部下に繰り返しよく使う言葉です。

  17. やましろや のコメント:

    いつ頃から「DS」と呼ぶようになっていたのか知りませんが、以前は「軍産複合体」と言われていましたよね。

  18. ヨシノ のコメント:

    投稿ありがとうございます。情報リテラシーの話、勉強になりました。
    これからは、「その情報が間違っていたとき、きちんと責任を取れる相手かどうか」に重きを置いて、情報を得ようと思います。

  19. 三田 のコメント:

    メカ屋のメンテ職なんで、ドミニオン(以下D社)不正論はもう滅茶苦茶だなって思ってました。あの時結構な人が流れてきた情報からいろいろ言ってましたが、不正有り派も無し派もD 社製品の機能も運用も知らないまま議論してましたよね。PCソフトなのか他にハードウェアがあるのか、票の分類、計数、集計のうち何処まで出来るのか、票の目視再確認する運用だったのか、解って議論してたのは何人いたのやら。私はこれを調べきれなかったから「機能と運用を理解しないと議論にならず仮説すら立てられない」以上の発信は何も出来ませんでした。しかしこの前提条件を発信する人はついにいませんでしたね。

  20. 北山 のコメント:

    結構前に余命サイトか書籍で教わった事ですが、できるだけ無関係の別々のルートから同じ情報が来るほど確度が高い。

    例えば、「多くの議員さんが同じことを言ってるんだからこれは事実だ!」と思っても、その議員さんが全て麻生派の方だったりしたら、その情報はあくまで麻生派で信じられてる情報でしかないかもしれない。でも、麻生派の方も二階派の方も同じ事を言っていた場合、少なくとも自民党内ではその情報は事実として扱われてる可能性が高い。
    (まあ、誰かが複数ルートに意図的に誤情報を流してたらアレですが。)

  21. 大保守(柏城耕介) のコメント:

    虎ノ門その他に絡む話になるものの問題発言のありこれにより降板した御人もいるとして動画の米欄を観ていると観るに堪えないものも見受けられるため手を焼くことしかありません。

    一個人でどうにか出来る話でなければ国外のことだからと中立ぶっている相手は冷笑したかのようなものはあるとしてそれもそれで結局は世界全体に絡むことなので対岸の火事だと無視できるような話でないためそういったところに無神経にしか取れない輩もいるため幻滅して呆れるしかありません。

    嫌ならみるなで無視すればいいなどと仰せる連中もいるとしてもオールドメディアに依存している彼奴等も幅を利かせているため嘲笑うようなものかも知れませんけど中共に媚び阿って甘い汁を啜り酒池肉林の贅の限りを限りを尽くして津田某もしくは日本学術会議の学者風情みたいに肥え腐っている者共しかいないのでしょうか。

    そのため世の中に希望が持てなくなっていますしこの世界も4年と持つのか疑問はありますし僕自身も身が持たないものしかありません、思考停止して手段の目的化に走ったほうが楽かもしれませんけど僕にはそれを受け入れられないというものもありますし…

  22. のコメント:

    アメリカ見て思うこと3つ

    1日本の戸籍は大事だ。戸籍廃止いけないよ

    2郵便投票やめましょう。とりいれてはいけない。

    3ドミニ○ン関係は日本に取り入れないで欲しい(裁判まだまだこれから有りますので)

  23. のコメント:

    最悪の大統領令30連発。尖閣やウイグルを日本上層の放置。wood弁護士なぞなぞのようなメッセージ。(元気みたいなので救われますが)

    コロナもあるし雪で寒い
    年よりも若い方達も元気ないです
    寅の門NEWSの方達、篠原さん、ものすごく精神がタフ。凄いです。。。本当に凄い
    強いものにあこがれるんです
    興味なかった寅さんの功績を皆が初めて知り(大統領給料が1dollar等)憧れた。そのタフさに、その正義に。そしてすがった。応援した
    つらいけど生き抜こう。小坪先生と共に

  24. ヘロヘロ のコメント:

    米大統領選の極秘情報が何を指すのか知りませんが、リン・ウッド弁護士など
    すごい情報をネットでどんどん発信してましたからね。
    普通なら名誉棄損で大変なことになるのに、かまわず発信するのですから
    ちゃんとした証拠を握ってるからなのだろうと見当がつきます。
    フランクフルトの銃撃戦は、米軍の元中将がまだ未確認としならがらも
    ニュース番組の中で話したりしてました。
    また、陰謀論者の間ではワシントンD.C.が株式会社であることが以前から
    知られていましたが、今回もそのことがあらためて出てきました。
    陰謀論を知らない人にとっては極秘情報かもしれませんが、
    陰謀論を知ってる人にとっては極秘情報ではないわけです。
    バイデン大統領の就任式が当日に行われたものではなく、録画だという
    分析がネットに根拠とともに出てますが、根拠を知らない人にとっては
    極秘情報の類だと思うのかもしれません。
    私はネットのライブ動画とNHKのライブ放送に5秒以上のズレがあることに
    気づいて録画だとわかりましたが、当日の現地の天気や日光の当たりかたで
    気づくような鋭い人もいて、そういうのは情報入手ルートがどうこうと
    いう問題ではないわけです。

    • ヘロヘロ のコメント:

      追加ですが、DSの日本の手下の数はものすごく多いです。
      なぜなら集団ストーカーはDSがやらせているからです。
      集団ストーカーは日本の警察が指令元で、その日本の警察はCIAの下部組織。
      集団ストーカーはアメリカのCIAやFBIが始めたもので、日本人の
      発想にも性質にもないものですし、道徳的にもあり得ないはずのものです。
      それが行われているのはCIAが指令して、警察幹部が朝鮮人ばかりだからでしょう。
      そして警察は自治体や企業に防犯活動名目で協力を依頼し、自治体職員や議員、
      企業の社員が小遣い稼ぎで集団ストーカーをやっているわけですが、
      本人たちはまさか自分たちがDSの手先だとは露とも思っていないでしょう。
      集団ストーカーは日本人の自殺者数や精神病院入院患者数が多い大きな原因に
      なっているはずです。小遣い稼ぎのために犯罪活動に従事する人間が多すぎる
      ことは日本が経済的に上向きにならない要因のひとつで、社会も倫理的に
      劣化しつづけているわけですが、これが放置されつづけてきたということは
      DSと戦ってる日本の政治家がひとりもいないということの証明でもあります。

  25. のコメント:

    前からですが工作員のコメントも多いです。ハッシュタグで世論形成したりは去年から特にやり始めています。顔がみえないからなんでも書ける。アカウントを見るといつも同じメンバーが誘導したりもしています。

コットン にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください