【強制収容所・臓器売買】CHINAに弾圧された少数民族自身による証言集会、福岡では初。(11月29日・大野城市)【共に戦う人はシェア】


 

 

 3年ぶりに国会議員連盟が再稼働したニュースはご存知の方も多いと思います。併せて、日本ウイグル協会を支える形で地方議員の会も設立され、代表理事が決定、全国の多くの地方議会の正副議長が就任しています。また、会長および3名の副会長が選出されました。私は、副会長を拝命し、組織としては幹事長に就任させて頂きました。

 国会議員だけでは身軽に動けないだろうという事情で、我々は自立した組織です。証言集会については地方議員の会も全力で取り組んでいくことが、同会において代表理事らにより機関決定されています。

 速力こそが地方議員の武器とは言いました。日程は以下の通り。11月27日 滋賀県 大津市、28日 広島県広島市、29日 福岡県大野城市。以上の日程が、組織として機関決定されました。

 この決定は、11月18日に国会の会議室で地方議員の会の代表理事会を開催してなされました。設立と併せて上記の日程を、会として機関決定した次第です。私は、福岡での会を役員として遂行していきます。準備期間はほとんどない。いずれの会場も同じ状況でしょう、広島は県議さんが全力で行っているようです。
(この速力は、国会議員では出せないと思います。地方議員は人数も多いし、国会議員よりは日程が少ないので。徹夜すればなんとか。)

 福岡の保守の同志たちにお願い。
 いつも準備が遅いのは私の悪い癖です、申し訳ありません。同志に伝えていって欲しい。貴方自身と、その周囲の保守に声掛けをお願いします。保守王国福岡の意地を示したい。

 日本ウイグル協会からは、レテプ・アフメット(日本ウイグル協会副会長)が来て基調講演を行います。恐らくハリマト・ローズさんも来ます。滅多に会える人ではありませんし、直接、生の声をきく機会も貴重です。
 大阪の証言集会では、(後で知ったのですが)会場外で入れなかった方もいたそうです。すいませんでした。今回はそれなりの箱(コロナ対策を加味しても100名以上)でやります。会場規模は(通常なら)300名。
 箱が少し大きいので、ちゃんと埋まるかな?という不安も。お力添えをお願いします。

 これは、先日、立ち上げた地方議員の会の正式な稼働の第一号です。福岡だけではなく、前後して滋賀県・広島県でも行う。大阪での第一回は完了。会場規模の問題もあったので、大阪の第二回も予定される見込み。読んでる読者も”早っ!”と思って頂けたかと思いますが、私たちもギリギリで。この速さなら、CHINAもビックリするでしょう。
 向こうもマークするのでしょうが、だったら追随できないぐらいの速さを出力するしかない。準備不足は否めない。あとは保守の同志を信じるだけだ。どうにか調整つけて、みんな来てくれると信じる。
(※ 受付とかの手配、何もできてない汗)

 

 CHINAにおける臓器狩り、世界中で許されざる人権侵害として論じられているのは、ネットを使う方はご存知かと思います。どういうことかと言えば、臓器移植を希望する者、仮に顧客が来た場合、ドナーを捏造しているのではないか?という指摘です。つまり、無実の罪の方、または少数民族を捕縛し、臓器を引き抜いて売り払ってしまう。被害は、CHINAに弾圧されている法輪功や、チベット・ウイグル人などの少数民族と言われています。
 日本のメディアでは大きくは報じられず、多くの日本人はこの問題を知りません。また、ネットでは知っていたとしても、CHINAによる人権弾圧がどのレベルであるのか、実際に知っている方は極少数というのが実態です。
・・・というわけで、在日外国人(ウイグル人など)で、迫害にあっている方から実際に証言をして頂きます。迫害にあっている本人らに登壇して頂き、どのような目に遭ったのか、何が苦しいのか証言をして頂く。
(※ 臓器狩りのみの集会ではありません。)

これらの問題を最も取り上げているのは、会長に選出された逗子市の丸山ひろあき議員です。

 以下は、丸山議員からの寄稿をweb用に加筆修正したものです。
 日本で腎臓の移植を希望する方は、1万2千人を超えています。そのうち6割の方は5年以上待っている状態で、20年以上待っている方も900名弱います。移植手術を受けられるまでどのくらい待つかと言うと、約15年です。そして、海外の待機年数は、アメリカでは、約5年、カナダでは、約7年になり、いずれにしても、すぐに移植できるものではありません。
 ところが、中華人民共和国へ行くと、数週間から数カ月で手術が受けられると言われており、実際に極短期で手術に至った事例が複数あります。追加費用を払えば、2日で手術を受けられるとのこと。常識から考えて、そんなに都合よくドナーが現れるものなのでしょうか。
 去る6月16日、フジテレビの番組「とくダネ!」にて、中国から日本にやってきた、技能実習生の若い女性が心臓移植手術のために帰国した模様が放映されました。帰国後の10日間でその女性のために用意された心臓は4つを数えます。これほどの短期間で、どうやって4つもの心臓を用意したのでしょうか。

(以下、丸山議員からの寄稿を続けます。)

 

 

ウイグル証言集会in福岡
日 時 令和2年11月29日(日)

開演 14:00(開場13:30)
場 所 大野城まどかぴあ(多目的ホール)
住 所 福岡県大野城市曙町二丁目3番1号

■開催概要
 基調講演 レテプ・アフメット(日本ウイグル協会副会長)
 証言集会 在日本ウイグル人による証言、および質疑応答

主 催 ウイグルを応援する全国地方議員の会
共 催 日本ウイグル協会

 

できれば、下記から参加申し込みをお願いします。
必須ではありませんが、コロナ対策で人数上限を設けざるを得なかったことと、何がしかの混乱が生じた場合に対処するためです。

[/box]

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

丸山議員の寄稿(続)
冒頭に続き、丸山議員の寄稿を続けます。

 英国では、ジェフリー・ナイス卿を始めとする各国の弁護士や教授らによって、「中国での良心の囚人からの強制臓器収奪に関する民衆法廷」が開かれました。これは、独立した民衆による法廷で、良心の囚人を含む、強制臓器収奪に関して調査したもので、強制臓器収奪に従事してきた可能性のある国家等による国際犯罪が行われてきたとすれば、どのようなものであるかを調べるために設けられたものです。

 2019年6月の最終裁定では、判事団全員の一致をもって、中国でかなりの期間、極めて多くの良心の囚人から強制的に臓器収奪が行われてきており、法輪功学習者がその主な臓器源となっていて、近年ではウイグル人もそれに加わり被害者となっていることが結論付けられています。
加えて、移植に使える臓器を入手するまでの待ち時間が異常に短い事、法輪功学習者とウイグル人が無実の罪で強制収容され拷問を受けていること、中国が最近設置した自主的ドナー制度下での「適格なドナー」だけでは全く供給を満たすことはできないこと、強制的に臓器の収奪が行われた直接的及び間接的な証拠があったことも確認されています。
 また、法輪功学習者やウイグル人が強制的に収容されている施設は、人類史上最大規模の施設であり、ドイツ人研究者ツェンツ博士によると、その数は実に1,000箇所を越えているという調査結果が報告されています。米国務省では200万人、米国防総省では300万人ものウイグル人が強制収容されたとの報告もあり、ナチスの71万人をはるかに超えています。
 正当な理由もなく収容された人々に対して、洗脳教育・拷問・虐待・人体実験を疑わせるようなことが行われていることが、欧米メディアの取材や生還者の証言、流出した文書や内部映像からも明らかになってきています。2017年秋、韓国のTV朝鮮より放映された”調査報道セブン”「中国渡航移植の闇 ― 生きるための殺害 中国での移植ツーリズムの実態を暴く」の日本語字幕付の映像が公開されました。映像では、臓器移植が必要な患者として、実際に中国臓器移植を行う病院へ行き、その実態を潜入調査しています。http://smgnet.org/2018-8-tvchosun-invrep/
 2019年に行われた「ウイグル証言集会」では、ここ数年で新疆ウイグル自治区の家族や親戚と連絡が全く取れなくなっていること、作家や医師、教授など、ウイグルの著名文化人が一斉に消息不明になったこと、強制収容所で2年で300人弱の死亡が確認されたこと、小学校でウイグル語を禁止され、ウイグル語を話したことが分かった次の日、その子の両親が強制収容されたことなどが報告されました。
 このような恐るべき「人権弾圧」や「人権蹂躙」が隣国で行われているにも関わらず、「内政干渉」と言われることや、中国の国際社会での影響力を恐れてか、これまで我が国においては、積極的な行動がとられてきませんでした。これは、正義を重んじる日本人として大変残念なことです。
 今、この瞬間にも迫害され、命を奪われ、夢や希望、幸せを奪われている人々がいます。そして、愛する家族を奪われている人達がいます。もう時間はありません。マザーテレサは、言いました。愛情の反対は無関心であると。人類史上最悪のジェノサイドをやめさせるべく、ウイグル証言集会を開催します。ぜひとも行動を起こすべく、立ち上がって頂きますよう、何卒、よろしくお願いします。

 

 

 

ウイグル証言集会in福岡
以下は、プレスリリースの内容を改変したもので、ネットでの参加フォームに掲載している文章です。

 

家族を弾圧された在日ウイグル人による証言集会in福岡

 

 中国の人権状況、特に新疆ウイグル自治区における人権状況が近年、異常なレベルで悪化しています。ウイグル人を無差別に収容し強制労働を強いる、女性に不妊手術を強制する、子供を親から強制的に引き離すなど、現代のこととは思えない事態が起きているとの専門家の報告が相次いでいます。メディア報道のみならず、アメリカ、オーストラリアなどの政府関係機関からも深刻な状態であると報告されています。

 あまり知られていませんが、日本在住のウイグル人に対しても中国当局の迫害が及んでいる現状や、企業の活動が知らず知らずのうちに迫害に加担しているケースなどもあります。例えばクローズアップ現代で大きく報道されたようにハリマト・ローズさん(ウイグル協会幹部)の事例だと、本国に残してきた家族に危害が加えられ、国安当局を名乗る者が“日本における政党や政治家の動きなど”をスパイするよう脅迫されました。また、日本国内で就労していた在日ウイグル人が、当事者は身の危険を訴えていたものの、社の都合で中国の影響力が強い地域に出張されたところ、そのまま強制収容所に入れられて帰国できなくなった例もあります。

 まずもって恐ろしいまでの人権侵害であり、この被害実態を本人たちから聞いて頂きたいと考えております。我が国の内部において脅迫的な方法を用いて、政党内の情報を得ようとしたり、企業活動にも影響が出ている実態がある以上、政治家を含め日本国内でも無関係とは言えません。

 日本として、この問題について強く認識を持っていくためにも、皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 下記のとおり講演および証言を行います。

■開催概要
 基調講演 レテプ・アフメット(日本ウイグル協会副会長)
 証言集会 在日本ウイグル人による証言、および質疑応答

日 時 令和2年11月29日(日)
開演 14:00(開場13:30)
場 所 大野城まどかぴあ(多目的ホール)
住 所 福岡県大野城市曙町二丁目3番1号

主 催 ウイグルを応援する全国地方議員の会
共 催 日本ウイグル協会

 

 

 

まだ手探りです。

先行した大阪での証言集会。関西での開催は初でした。
丸山会長をはじめ、各地で地方議員が証言集会を支援してきましたが、大型のものはあれが初めてだったと記憶しています。

(※ 後援会などで動員し、2~30人規模が限界。)

 

こうして会を設立し、滋賀県・広島・福岡で連続して行う。

大阪の際にも反省点があって、一つには箱が少し小さかった点です。
会場内にいたので知らなかったのですが、コロナ対策の結果、数名の方をお断りせざるを得なかったとのこと。申し訳ありませんでした。

web予約のフォームもあったようですが、私は、告知支援と会場での挨拶がメインであり、よく分かっていませんでした。
今回からは、「地方議員の会」が主催ですので、何度か実証していきながらより適切な形を模索していきたいと思います。

 

対策という意味も含めて、今回は箱も大きいです。
コロナ禍でなければ300名以上の席数です。
(いまは1/3かな?と思っているので130名ぐらい。)

あんまり多ければ、エアコンなどの施設状況を見つつ増やすことも可能な施設規模です。

 

今後において必須にするかは分かりませんが、以下のフォームより参加申し込みをお願いします。
(万が一、”謎の騒ぎを起こす方”が来た際などにも活用できると思っています。)

 

 

 

 

 

ぶっつけ本番であること

本当は、東京での代表理事会の報告を済ませてから告知したいと思っていたのですが、まだまとめきれていません。

議案で審査していっており、機関決定した内容が何点かあります。

 

それなりに本格的なことをしており、一部の保守系には大きく影響する話もあると思います。また、本件に詳しい方は気になっている内容もあると思います。ようは、交通整理的な部分で。

このあたりは良い話ができると思います。

 

ただ、速力優先で、いきなりイベントを行っていくため、前後してイベント告知が先になってしまい申し訳ありません。

外部との調整とか折衝などもあって、かなりシビアな政治バランスの上に成り立っているものですから、どうしても時間がかかってしまった。

ほぼ、ぶっつけでやることになりますが、「福岡はどうにかなるだろ」と思っています。名前をあげたらあれですが、石井くんや本山くん、一緒にやってきた活動仲間もいる。

このあたりの同志が中堅におり、また「保守王国」である福岡であることを考えれば、「この速度でもいける!」と判断しました。

 

東京の会議のことは、また別項で述べたいと思います。

動員協力のほど、よろしくお願いします。

 

 

 

知ると言う事、聞くということ

実際に、会って、

実際に、聞く。

 

ネットであれば、クリックすれば見ることができる、知ることができる。

足を運ぶのは大変なこと、時間もかかります。

 

けれど「知る」という言葉の定義を考えるに、実際に本件に取り組んできた地方議員、丸山議員の顔を見て、声を聴いて、

そして、迫害された方の声を聴いて、証言を聞いて、欲しい。

 

それが本質的な意味での「より深く知る」だと私は思うのです。

是非、足を運んで頂きたい。

 

 

 

 

ネットで知る、とても大切なことです。

 

報道されぬ以上、他の方法がなかったというのが実態です。

 

ですが、ネットで知るだけではなく、

 

実際に迫害を受けている方からの話を「直接、聞く」こと、

 

これに勝るものはありません。

 

ウイグル問題は、いま国会でも議連が活発化しており注目のテーマ。福岡では、直接聞けるのは貴重な機会だと思います。

 

次回はいつ開催できるか分かりません。

 

福岡の同志は、是非、ご参加いただけますようお願い申し上げます。

 

参加できない全国の同志は、

 

このような集会を、地方議員が主導して開催し、

 

かつ国会議員も参加するという事実を広めて欲しい。

 

CHINAによる人権弾を許さない方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

13 Responses to 【強制収容所・臓器売買】CHINAに弾圧された少数民族自身による証言集会、福岡では初。(11月29日・大野城市)【共に戦う人はシェア】

  1. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんばんは&超早めのおはようございます!まだ、まっくらですが、爺の活動時間b

    >日本ウイグル協会を支える形で地方議員の会も設立され、代表理事が決定、
    >全国の多くの地方議会の正副議長が就任しています。

    ウイグルを応援する地方議員の会、設立、幹事長に就任、のブログもございましたね!
    写真に写っている、小坪先生、そして、笠間昇先生のお姿をみて、ああ、お二人を支援してきて、本当によかった!良かった!良かった!(大切なことは3度繰り返すw)とおもいました。

    なので、爺ができることをやります!それは・・・

    拡散!拡散!拡散!拡散!拡散!拡散!拡散!拡散!拡散!拡散!拡散!
    をすることですb

  2. 波那 のコメント:

    🔻チベット亡命政府首相、初のホワイトハウ訪問
    https://www.sankei.com/world/news/201121/wor2011210031-n1.html
    2020.11.21 23:09 産経新聞

    チベット亡命政府のロブサン・センゲ首相=2016年12月、インド・ニューデリー(ロイター)

     【シンガポール=森浩】チベット亡命政府は21日、ロブサン・センゲ首相が米国の招待でホワイトハウスを訪問したと明らかにした。亡命政府首相のホワイトハウス訪問は初めてという。亡命政府を「分離独立主義」と批判する中国の反発が予想される。

     センゲ氏は20日、ホワイトハウスで米国側の関係者と面会したもようだ。亡命政府は訪問を「歴史的な偉業」としており、「米国は亡命政府を認めていないが、(今回の訪問は亡命政府の)民主的なシステムと政治的責任者の両方を承認したことに匹敵する」と強調した。

     チベット亡命政府は、1959年のチベット動乱をきっかけにインドへ亡命したダライ・ラマ14世が樹立し、インド北部ダラムサラに拠点を置く。センゲ氏は2011年から首相を務めている。

    🗣️ 随分昔に「Seven years in Tibet」と言う映画をテレビで見ました。他の場面は余り覚えていないのですが、最後の場面で武器らしい武器もなく、軍隊を持たないチベット人が大挙して雪崩れ込んできた中共軍に為す術もなくバタバタと倒されて行くのを見て涙が止まらなくなりました。蹂躙され、虐殺され、強姦され、1959年に占領されてしまった後も弾圧と粛清が続いていたのです。その間、何度も僧侶の焼身自殺が伝えられる位で世界は全く中共の残虐な蛮行を非難することはありませんでした。トランプ政権になって政府として表立って中共を非難し始めるまでは世界は全く無関心でした。日本でも自民党政権は中国から反発を受けてもダライ・ラマ法王猊下の入国を受け入れますが、特亜御用達の中国韓国の為に働きますの民主党政権は猊下の入国を拒絶しました。

    余談ですが、中国はこの映画に主演したブラッド・ピットの入国を長い間拒否してました。入国させるようになったのは、まだ妻だったアンジェリーナ・ジョリーがチャイナマネーであの反日映画を制作したからでしょう。

    • BLACK のコメント:

      「Seven years in Tibet」
      押し寄せてくる人民解放軍によって殺害されるチベット人
      破壊される建築物、宗教施設、文化財
      それを(良かれと思って?)容認し、招き入れるチベットの官僚

      「日本はチベットとは違う!」と言う考えももっともですが
      私は他人事、多国のこととは思えませんでした。

      今後、日本が、このような中共とどう渡り合って行くのか
      どう海外、欧米と連携出来るのか
      どうアジア諸国と連携し、アジアを護れるのか

      答えはどのようであったとしても
      中共内部で漢民族以外の民族に対して何が行われているのか
      知っておかなくてはならない、と切実に思います。

      知っている人間、体験した人間が沈黙すれば
      「友好」「平和」「利益」「協力」等々
      ありったけの美辞麗句を言い、そして「Seven years in Tibet」でしょう。

      声をあげる全ての方々、参加なさる全ての方々に感謝します!

      以上 文責 BLACK

  3. araigumanooyaji のコメント:

    “中華人民共和国へ行くと、数週間から数カ月で手術が受けられると言われており、実際に極短期で手術に至った事例が複数あります。追加費用を払えば、2日で手術を受けられるとのこと。常識から考えて、そんなに都合

  4. kidokazu2 のコメント:

    #行橋「ゆくはし」市市議会議員小坪慎也市議#拡散希望#憲法改正反対!現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!#六四天安門#武漢肺炎#拉致被害者全員竹島北方領土奪還#関西生コン#政治家#中華人民共和国#犯罪

  5. 福岡 秀憲 のコメント:

    八尾の会の時は、人数を絞るために「こくちーず」のことがサラリと載っているだけだったので、ブログのみで「こくちーず」経由で無かった方がおられたようですね。
    今回はせっかくなので、「受付」体制整えるの頑張って下さいね。

    武漢ウイルスの為、まだまだ集会を開くことの制約があります。

    行こうと考えている方は「こくちーず」で予約なされるのがいいと思います。

    八尾の時、「こくちーず」利用させてもらった者としてその後の事を書かせてもらうと、非常に抑制的な運営さんだと思います。
    いくつか他のサービス同様、メールに別件の案内が来ますが、無料サービスを利用したので当然と思いますし、抑制的かつ関係ありそうなものへの案内程度です。

    小坪艦長が利用されているだけあって、感じがいいです!
    ブログをご覧になって行こうと思われる方!
    「こくちーず」大丈夫ですwww
    むしろ、あの時お世話になってありがとうございました。

  6. asagao のコメント:

    少しズレますが、香港の収監されたお二人も心配です。
    今後(中共にとって都合のいい)自白を得るために拷問…なんてしかねませんよね
    その後は再矯正と称して洗脳…
    挙げ句、「亡くなった」と報じられて行方不明

    チベット・ウイグルでの事からやりかねないと…

    助けられないのでしょうか?
    私たちは「知る事」から始めて、彼女たちの自由な「生」を取り返せるんでしょうか?

    彼女らの明日は昨日のチベットで明日の台湾で未来の日本です。

    15年ほど前から危機感を持って知る努力をしてきていますが、中国の覇権主義は拡大するばかりだと感じています。

  7. 旧新人類 のコメント:

    【速報】日中外相 今月中の往来再開で合意 短期・長期滞在ビジネス関係者など対象(NHKニュース)

    「いつも官僚任せで、ビジョンや決断力はあるのか」というメールに対する回答(3/5)
    私は政務次官時代の政策決定や国会答弁も決して官僚任せではありませんでした。もちろん自分なりの国家ビジョンも持っています。限られたスペースですが以下具体的に申し上げます。

    一言で言えば21世紀の日本を「多様性のある多民族社会」に変えるということです。有能な人材が世界から日本に集まり、ここで世界に向けてサクセスストーリーが生まれるという国家を目指すべきです。

    このための具体的な政策課題として(1)英語を第2公用語にする(2)定住外国人に地方参政権を与える (3)インターネットの接続料はじめ知的生産活動の基本コストを諸外国並みにする(4)日本の制度やシステムの中で国際基準と合致しないものを一括して見直す、の4点を提案したいと思います。

    (本人のHPで確認)

    この人すごいコウモリ男ですね。前からこうだったの?小坪先生が代わりに防衛相か外相になってくれないでしょうか。このままだと自民党から離れる人が出てきますよ。極右政党が出現するかもね。自民党がしっかりしないとそうなるって、前から言ってんのに。

    時間がないので動画は滅多に見ないのですが、たまたま見た虎8に出演していた江崎道朗さんが言うには、江崎塾のメンバーは中学生~大学生の若者が多いのだそうです。国民は不安を感じているのです。それに応えない政府は誰の味方か。つくづく呆れました。やはり安倍前総理の再登板に期待するしかないのでしょうか。

    • 旧新人類 のコメント:

      井上太郎
      @kaminoishi
      5時間
      11月1日から中共や南朝鮮からの日本入国時に武漢ウイルス検査を不要にしました。今の第3波の拡大の原因なのか、外国人の感染者数も公表しないと実態がつかめず国民の不安は募ります。日本の無料治療目指して殺到の可能性もあり、他国民の入国を緩和して自国民の移動を制限するのでは本末転倒です。

      マスゴミと日本医師会と野党などは、なんとしてもGOTOトラベルを犯人にしようとして騒いでいますが、その目的は国民の生活が悪化すれば政権交代が行いやすいと安易に考えているからと思います。経済と併せアクセルとブレーキなども言いますが、ブレーキ踏めばアクセルは効きません。壊すな経済を!

      • 旧新人類 のコメント:

        保守速報
        @hoshusokuhou
        自民・茂木外務大臣「日本を多様性のある多民族社会に変える。定住外国人に地方参政権を与える」

        坂東 忠信
        @Japangard
        31分
        うっわ…とんでもねえのが入ってた。
        これから勝負って時に…(-_-;)

        受験前日のカツ丼の中にゴキブリを見つけたような衝撃でした。

        で、なんで笑ってんのこの人。
        なめられてる。というかこの場でここまで言うには相当な工作が効いていることを確認済みだからでは?

        前ツイートに続き、とんかつ食ったら靴の中敷きだったみたいな衝撃。

        (怒りのユーザーリプ多数)

        TwTimez
        @TwTimez
        11分
        返信先:
        @Japangard
        さん
        【TwTimez】
        RTの勢い順13位のツイートです。
        時速1,212RT
        http://twtimez.net/now/now20201124_2250-1.html?targetTweete=1331228044887953408

        • 旧新人類 のコメント:

          ピーチ太郎2nd
          @PeachTjapan2
          3時間
          茂木大臣
          『尖閣諸島周辺で”前向きに対応”して』

          王毅外相
          『中国の主権を守る。事態を複雑化させる事は回避しろ』

          なんじゃこりゃ

          特務機関NERV
          @UN_NERV
          4時間
          【NHKニュース速報 19:43】
          日中外相 今月中の往来再開で合意
          短期・長期滞在ビジネス関係者など対象

          ピーチ太郎2nd
          @PeachTjapan2
          西村大臣と赤羽大臣が
          【GoTo停止】
          を発表するのとほぼ同時に
          【中国との往来再開】
          で合意かよ

          いい加減にしろ💢💢💢

          坂東 忠信
          @Japangard
          1時間
          ムカついて眠れませんな。
          事前の工作で≠冫夕々モギ撮られてんじゃないか?
          王毅のド直球なタンカも国際的に非常識ながら、ここまで明言する理由は軍事的優位の確立と勝利の確信があるからでしょう。
          天に北斗(BeiDou)、地に既成事実、人に工作。
          状況は圧倒的に不利。

          むかつきつつ皆さんのコメントに「いいね」押しまくってたら「いいね」が機能停止しました。
          全くよくねえんだよスガさん。
          子分の落とし前をよろしく(-_-💢)

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    このブログに常連の方であれば、全てが関連性のある事と認識出来るでしょうから心配こそしませんが、政治自体に余り興味を持たれぬ方などは、やはりアンチの垂れ流す悪意ある風説に惑わされる事もあろうかと思います。
    一番多い典型的なテンプレパターンとしては、行橋市議なのに行橋市は放ったらかしで国政に首を突っ込んで居ると言うものでしょう。
    これは、一部の保守の中でも見受けられるのではないかと考えます。

    何故その様な考えに至るのかと言うと、偏にそれが自らに関連性の伴なうものとして認識出来無いからだと推察して居ます。

    兎角、政治の世界と言うのは直球ストレートじゃ成り立たない世界です。
    ぶっちゃけ、我々素人が理解しようとすれば、かなりの時間と労力を費やす必要があります。

    政治的なアプローチとしての例としては、過日アメリカに於いてフェイスブックやツイッターの責任者を呼んでの公聴会が行われた際の詰め方などは、良い例だと言えるでしょう。
    その公聴会では、共和党のテッド・クルーズ議員がツイッターがNew York Postのジョー・バイデン候補に関するスキャンダル記事の投稿を非表示にした事について、何の権利があってメディアによる報道を規制するのかと質問し、ツイッターは意に沿わない米国民を検閲し沈黙させると非難しました。亦た、トランプ氏のツイートをたびたび検閲していると強い口調で非難したのですが、その際の詰寄り方は極めて政治的なものでした。
    若し我々素人が詰寄るのであれば、真っ先に口にするのは”言論の自由”でしょう。
    それはもう、それしか無いがの如く、そしてそれが唯一無二の正義であるがの如く、それのみで追詰めようとするかも知れません。
    ですが、この時のアプローチは下記の様なものでした。

     ・ツイッターには選挙を左右する力があるのか?
     →左右する力が無いと言うのであれば、一定の情報を遮断する必要は無い筈だ。

     ・ツイッター社CEOは選挙で選出されたのか?
     →選挙で選出されても居無いツイッター社が、何の権限を以てマスコミ報道の在り方を決めているのか?
     →選挙で選出されても居無いツイッター社が、何の権限を以て検閲を実施出来るのか?

    更には、下記の様な詰寄り方もされて居る様です。

     ・今迄は自由に投稿出来ると言う理由で、投稿内容の責任はユーザーアカウント側にあった。
     →投稿に制限を科すのならそれは編集であり、編集者であるプラットフォーマーは責任を負わなければならない。

    実に見事な詰将棋の一例と言えるでしょう。

    小坪先生の一連の行動は、一見それぞれがバラバラに見えるかも知れませんが、裏では繋がって居たりします。
    いや、繋げてたりします。

    ここを、如何にして周知して行くかも、考えて行く必要があるのだと考えます。

  9. s のコメント:

    小坪先生達が戦っておられるChinaの人権問題以外にも、経済がかなりアレな模様です。

    HSBCは、LIBOR談合で米国SECから制裁を受けてドル決済出来なくなる寸前、に加えて「香港国家安全維持法」と不正投票のドミニオン・スマートマティックへの関与も分かって、香港ドルと米ドルの交換禁止目前だと思います。証券も暴落の様ですし。

    These AAA Bonds Are Tumbling as China Default Fears Spread
    (Chinaのデフォルトの恐れが広がるにつれてAAA債が暴落)
    https://www.bloomberg.com/amp/news/articles/2020-11-23/these-aaa-rated-chinese-bonds-are-tumbling-as-default-fears-grow?__twitter_impression=true

    なのに菅政権があまりにもChina寄り・・・。

s にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください