【戦闘】ムカデにビビったので今夜は帰ります。


 

 

いや、普通に怖いやろ。
めちゃめちゃ大きい。

前はそこまでムカデも怖くなかったけど、何回か噛まれてからは普通に怖い。
普通に痛かった。

事務所でのびのび仕事してたら、足がむずむずするなと思って、ぽんって蹴って、足元を見たら甲を巨大ムカデが歩いてた。
マジで焦って、それを踏んずけてしまって、刺された。

以降、事務所の周りには、やや業務用のガツンとした殺虫剤を噴霧している。完全な業務用ではないけれど、プチ業務用ぐらいの噴霧器まで買った。

もう、冬になる。
いまどきムカデかよ、と思うかもしれないが、普通に怖い。

 

 

ここから下には、倒したムカデの画像。
そして、戦っている最中の動画あり。

虫が苦手な人は、ここでバック。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

倒したムカデ

 

 

戦闘中

 

 

ムカデ退治スプレーを手元に置いておいて本当によかった。
やっつけたが、二匹目も出そうで怖い。

ウイグル関係の、広島と滋賀の告知文とか、こないだの代表理事会の件を書きかけていたけれども、今日はもう帰る。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

15 Responses to 【戦闘】ムカデにビビったので今夜は帰ります。

  1. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    ムカデも含めてですが、害虫退治に案外良いのが凍殺スプレーです。
    文字通り凍死させるもので、引火性ガスを利用して居る為、火気と換気、誤射による凍傷以外は然程注意する必要無く使えます。
    対象は直ぐに固まって動かなくなる為、悶え苦しみながらの這いずりも見なくて済みます。

    市販では忌避剤なんてものもありますが、室内に撒く訳も行かないですし、中には余り効果がない商品があったりと、完全に侵入を許さない体制は難しいかと思います。
    御守程度ですが、窓サッシやエアコンの排水溝など侵入箇所と思しき所に、薄荷脳を撒いておくなどが次善策でしょう。

    頻繁に出没するのなら一層のこと開き直って、食用油に漬け込んで百足油にしてしまうのも手かと。
    まぁ、百足油は民間伝承薬の扱いですので、必要性の問題もありますが・・・。

    一応、ムカデは縁起の良いものの扱いで、戦国武将に好まれて居た事から武運がやって来たと考えるのが良いかと思います。

    • BLACK のコメント:

      ムカデが武将に好まれた訳は
      「絶対に後退しない」
      「前進のみ」だそうです。

      (本当にムカデの習性がそうなのかはわかりませんが。)

      • 櫻盛居士 のコメント:

        基本的に頭部側をクネらせて転進出来る場合は、来た方向に戻る場合でも方向転換して前進と言う行動をとりますね。
        では、絶対に後退しないかと言うと、そう言う訳でもありません。
        狭い隙間に頭から突っ込んでみたものの、体をクネらせる隙間も無く、前進で脱出が不可能な場合などは、器用に後退して見せます。
        まぁ、当り前と言えば当り前ですが、流石に全く後退出来なかったら、生物的に生存競争で生き抜いて行けませんでしょうし。

        実はムカデはバック出来ると言う様などうでも良い知識は扨て置き、勇猛果敢(っと言うより、動くものには反射的に咬み付き獰猛)で前進を旨とするムカデは、足が沢山ある事から、金運の面でも縁起物扱いされる様ですね。

  2. ブレダ のコメント:

    小坪先生いつもありがとうございます。

    この季節でムカデですか……
    暗殺用だったら大変なことでしたね。

    お体お大事に。

  3. MT のコメント:

    うちでは入浴しようと湯を張っていたところ、浴槽にムカデが。
    挟むような道具もなかった為に、そのままにして張り終わる頃を見計らって確認。
    お亡くなりになっていたようなので、確か洗面器でお湯と一緒に回収して窓の外へぽいっ。
    ええ、ムカデ湯を堪能する羽目になりましたが異常は出なくてラッキーでした。
    博多区内のアパート1Fでの出来事、侵入経路は風呂の排水パイプか
    常時開放型の換気孔(長方形)のどちらか。
    多分、排水パイプだと思ってます、風呂場の換気は高い位置にあるので。

    ムカデに有効かどうかは不明ですが、御器被りや蜂に対して一番効くのは
    WAKO’Sのブレーキクリーナーだと、行きつけのバイク屋さんから聞いた覚えが。
    パーツクリーナーだったかも?
    なんか水分だか体温だか奪われて云々、うろ覚えですが。
    多分、ムカデにも効くのではないかな~、と。

    ところで薄荷脳とヒバ油、どっちが強力なのでしょうか。
    まあ、混ぜて使っても良さそうな気はしますが。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、ご無事でなにより!ふう!

    バックしようとして、ツィートボタンを押したら、なんと、ムカデ画像が(*´ω`)
    いや、いるんですね!うむ!

  5. ぎん のコメント:

    ムカデが向かって来た理由は、小坪氏が蠍座生まれだから…?
    ムカデと蠍は全く違いますが、そんなに離れてもいないような気が…?

  6. 加藤 義浩 のコメント:

    ほんと、ご無事で何よりです。
    ご自愛ください。

  7. daco のコメント:

    ムカデさんのお陰で、早期帰宅できましたね!!

  8. パコリーヌ(髭) のコメント:

    スガやモギは何してるの?
    戦わなければ守れない。 あゝ日本国民を守る気すら無いのがバレただけか(笑)
    ヘタレしかいない自民党より、パコリーヌ(本物)や山本Q太郎、モナ男のほうが余程マシだな

  9. 湘南童子 のコメント:

    幼少期の就寝時に仰向けで額の上を横断されて以来、
    勝手ながら懇ろに思うている拙者でありまして、
    後年は幼体に趾(あしゆび)を咬まれた際、
    下肢の慢性鈍痛が瞬時に消滅した経験もありまする。

    但し家の出入り自由は猫族と家守と蜘蛛の方々に限られて居りますが故に、
    ウチにて在れば御器齧りの皆様と同じく塵取りにて
    是から出でぬよう小刻みに振りつゝ戸外へ御帰り頂いておる次第。

    併し乍ら人族一般の生理・情理に適わず
    多くは苛まれる事有るは致し方無しと存じます。

    この百足の一族、実は神や仏の使い・眷属とも伝えられている由、
    また、花を愛で蟲と語り風を招く鳥の人・・風の谷のナウシカと言う物語も御座います。

    皆々様におかれましては、ささやかにも
    供養合掌の心を御持ち頂けますれば幸いと存じます。

    失礼いたしました。

    ムカデを始め私たち生きとし生ける全ての物の天命が完うされますように
    地球を司る神々様 八百萬の大神達樣 ありがとうございます

    • daco のコメント:

      はいっ、合掌いたしまする。

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      上記、了解いたしました!

      合掌!

    • 湘南童子 のコメント:

      誠に忝 ( カタジケナ ) く存じます

      山川草木 虫魚鳥獣 砂礫巌 ( サレキイワホ ) に至るまで
      皆諸共に列なる島々の一員にして
      天体地球の成員であります

      合掌印

  10. 大保守(柏城耕介) のコメント:

    百足ですか…(汗

    百足はないにしろ真夏にちり紙に蟻が群がっていたものはあるため蟻よけも
    用意したものでした。

    個人的には虫系だと悪臭を放ち噛みつくこともあるためカメムシに対する
    嫌悪感はかなり高いところもありますが有効な駆除方法もなく農業に
    とっても大敵であるため厄介なものだといえます。

    註:自家菜園も含め農業に関わっているわけではありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください