【一部の政治関係者に衝撃】自ら、野菜を買って食べた。


 

 

一部の人には衝撃が走るだろう。
私は基本的に肉食である。魚はあまり食べない。

嫌いなのではなく、生まれ育たった地が漁村、実家は魚メインの料理屋。
聴きようによっては贅沢な悩みなのだろうが、小さい頃から魚は食べ慣れており(というか魚しかなく)肉に飢えていた。また、金を払って魚を食べても、地元の新鮮な魚に勝るものは極少数だ。

そんなわけで、私は肉ばっか食べてる。
ちなみにお酒はまったく飲まない。一滴も飲めないわけではないが、飲みたいとも思わない。
車好きという理由もあり「飲んだら乗れない。よって、乗るから飲まない。」というスタンスで、飲む習慣がない。

そんな私は野菜を食べない。
まったく食べない。家族に進められようとも食べない。
「は?なんでお金を払ってまで野菜を??」という感じ。

私はベジタリアンの対極を行っており、ビーガンと真逆の食生活だ。
食生活についてはものすごい肉食ではあるが、性格については極めて温厚であり草食である。あと、政治家は嘘つきとテレビが言っていた。

友人の議員らとご飯に行っても野菜を食べない。
それが国会議員であっても、偉い先生であっても「ふふふ、宗教上の理由で。」とか無茶苦茶を言って野菜を断固拒否してきた。
リアルでは有名な話であり、「あいつ、肉しか食わんぞ」と言われてきた。特に焼肉のときには顕著に出る。肉ばっかり食べて怒られたことは一度や二度ではない。

おそらく「私が野菜を食べる姿」を見た議員は、片手に数えるほどだ。
風邪をひいたときとか、極めて体調が悪いときに、ごく少量を頂くのみ。しかも、隠れるようにして。

そんな私が、お金を払ってサラダを買った。
人目をはばからず、コンビニのレジに持っていく。
「俺、コンビニでサラダを買ったんですよ」と言ったら、リアルの知人たちは腰を抜かすだろう。それぐらい珍しいことだ。

理由は、しょうじき体調が悪い。
実際の健康として悪いわけではなく、かと言って精神的なものというわけでもない。なんというか、脳が壊れたというか、心がオーバーヒートというか。最近、ヒロアカを見ているのだけど、ワンフォーオールを引き継いだあとのオールマイト状態というか。または個性を使い過ぎたイレイザーヘッドみたいな。

最近は、「緊急活動」みたいなことをやった際、明らかに稼働時間が減少している。速度自体はあがっているのだが、稼働時間が低下。おもえば4年前もそうだった。よくない兆候だと思う。爆破予告のとき、ちょうど4年前。政界ではよくあることだが、一時的に不調に陥ると集中砲火を浴びる。だが、私の場合は、のち徹底的に反攻作戦を展開する。
(これは私の場合というよりも、訴訟なれした上場企業という組織の風土だろう。私は普通だと思っている。)

機械として、事務処理を行うCPUみたいなイメージで人体をとらえた場合、なんというかハードとして壊れかけている。健康がどうとかではなくて、単に機械的な破損。酷使しすぎたんだ。少し抜き気味でタスクを回しているけれども、身体を休めても回復しない。

だから、私は野菜を食った。
野菜を食ってしまった。滅多に食べないので、物珍しい味がした。正直おいしいとは、まだ思えない。

野菜を食った。
けれども、とくに別段の変化はない。
もう何回かは食べないと効果はないんだろうか。

そんなことより、デザートを食べようと思う。
筋トレについては、コロナ禍で腹筋をやっていたところ、ぎっくり腰になったのでもうやりたくない。
戦闘的なインドア派を自称していこうと思う。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

36 Responses to 【一部の政治関係者に衝撃】自ら、野菜を買って食べた。

  1. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんばんは!まだ、午前一時だから読書でもなさっているかもしれませんねw

    >自ら、野菜を買って食べた。

    ビーガンと対極にある小坪先生が、自ら野菜(それもサラダ!!)を購入した!
    うーーーーーーん!もう一言です!体が野菜を欲したとしか言いようがありません!

    なので、体からのサインにここは、素直にしたがっていただきたくおもいます!

  2. 中道 のコメント:

    野菜は解毒剤です。ときどきは根菜類を含めて召し上がって下さい。時節柄,お大事にされて下さい。

  3. 波那 のコメント:

    野菜は生野菜より温野菜の方が量を多く摂取出来ますよ。

    特に人参の β-タカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるそうです。先生のように睡眠不足で免疫力が落ちている方には必要でしょ?特にビタミンA は疲労とかエイジングの原因となる活性酸素を除去してくれたりする必須野菜ですので、人参も一緒に煮て肉じゃが、シチューなど如何ですか。じゃがいもはデンプンで覆われてるので煮てもビタミンCは壊れにくいそうなので。

    疲労の正体、活性酸素については以下に詳しいです。

    活性酸素の過剰な発生が疲れの原因!

    活性酸素は、呼吸によって体内にとりこまれた酸素がエネルギーを作りだす過程や、血液中の白血球などによって生みだされる物質で、特徴は強力な酸化力(サビつき)です。
    ただ、体内に細菌やウイルスが侵入してくると、酸化作用(サビつき攻撃)で殺菌・分解してくれるという生命維持に欠かせない役割もありますが、活性酸素は必要以上に発生してしまうと、脳や体の細胞にまでダメージを与えてしまう厄介な性質ももっているのです。

    疲労とは活性酸素によって細胞機能が一時的に低下した状態

    もともと体には、活性酸素の働きを弱めたり無毒化したりする機能が備わっています。しかし激しい運動や精神的なストレスなどで大量のエネルギーが必要になると、処理できる以上の活性酸素が発生して体中の細胞をつぎつぎにサビつかせてしまうのです。 このような活性酸素によって細胞の機能が一時的に低下した状態が、いわゆる「疲労」の正体です。

    以下は、
    https://imidapeptide.jp/active_oxygen.html

    一応、成長期には万遍なく色んな栄養を摂るべきで好き嫌いはない方がいいですが、大人になれば嫌いな物を無理して食べなくていいと思っている派ですので、あれ食べるべき、これ食べるべきは言うべきではないと思っていますが、体の反応が本当に正直ですからね。つまり体は気力に合わせてくれないのです。

    • ぽて子 のコメント:

      ポリフェノールや食物繊維も、解毒に有効です。
      野菜を頂くのなら、茄子や紫キャベツなどの色素がポリフェノールです。牛蒡なども、アクがポリフェノールの一種なので、水にさらさないほうが良いです。
      水溶性食物繊維は、海藻や寒天に多いです。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維、両方を摂るのが腸の健康に有益で、寒天はどちらも摂れます。手軽で、甘党の小坪議員には、寒天ゼリーなどお薦めしたいです。道の駅などで、よく見かけます。

      肝臓や血管、血液の浄化に良いと思うのは、柑橘類の皮です。ネットで買える、『みかんの皮パウダー』が手軽です。
      ヨーグルトや、汁物にスプーン1杯をぜひ毎日。

      小坪議員は、日本にとってなくてはならない人です。
      どうぞ、お大事になさってください。

      • ぽて子 のコメント:

        あ、あとは、ぜひシジミ汁を摂ってください。
        肝臓が弱ると、疲れやすくなります。最近は、インスタントでも美味しいシジミ汁も出ています。
        手軽に毎日オルニチンを摂るには、サプリでも良いかと思います。
        高血糖でも疲れやすくなるので、甘党さんは、食物繊維は意識して摂るように心がけてください。
        血糖値の上昇を、緩やかにしてくれます。消化器系の健康は、底力にはとても大切です。

    • BLACK のコメント:

      サラダは、特に生野菜サラダは「野菜を食べた」気分にはなれるのですが
      特別サラダを食べたい訳でなければ、サラダでは無い野菜の食し方の方が良いと思います。

      小坪氏は、お味噌汁・お吸い物・スープ・シチューは召し上がりますか?
      野菜をたっぷり入れた、それらの汁物がおススメです。
      量としてたっぷり召し上がれますし
      胃にも優しく、身体も温まりますし
      「野菜を食べている」と言う感覚も薄く野菜が食べられます。
      お肉と一緒に煮込むのも良いですね。
      トン汁とか、無添加のベーコンやソーセージを入れたスープとか
      いかがでしょうか?

      肉食が悪いとは私は思いませんが、お肉ばかりは良く無いです。
      薬と思って温野菜(加熱した野菜)を食べて下さい。
      とんかつや焼き肉のキャベツやサンチュは、お肉と一緒に食べて下さい。
      これは、政治生命の為のメンテです。

      小坪氏は愛車の各種オイルはきっちり状態を確認して、状態の悪いオイルのまま走らせるようなことはしませんですよね。
      小坪氏の血液の状態も気遣ってあげてください。
      肉食オンリーのままですと、中年過ぎて心臓血管・脳血管・腎臓血管にトラブルが起きそうです。
      小坪氏が愛煙家であれば、それは加速されます。
      意外なところで、腎臓血管の老化→血液透析 と言う流れはあります。

      脅すようで申訳ないですが
      小坪氏には老政治家になっても、否、老政治家になって働いていただきたいです。

      目の前の問題に全力疾走しながらも
      長い目でご自分のお身体のメンテもお願い申し上げます。

      小坪氏は甘味はお好きですよね
      甘味は洋菓子より和菓子がおススメです。
      特に粒あん、寒天・ずんだ・ヨモギ・黄な粉を使った和菓子も食物繊維(野菜)です。

      以上 文責 BLACK

  4. パコリーヌ(髭) のコメント:

    今更食生活を変えたところでやや手遅れ感
    野菜を食べてこなかった人間が早死にする事にほぼ変わりは無い
    幼少期から成長期にかけての栄養バランスが最も大事
    ビタミン不足の人間は肌が土色に変色し細胞が壊死していく
    某若手スポーツ選手など今は新陳代謝が良いからいいが
    後で後悔することになるだろうね

  5. 学のない保守 のコメント:

    恐らくですが、先生が食べる野菜の量では
    全然足りません(笑)
    ちゃんと食べるのも大事ですが、
    私としては、それプラスサプリメントを
    おすすめします。
    マルチビタミン飲みましょう。

  6. 波那 のコメント:

    🔻【北海道】中国の「一帯一路」拠点許すな! 外国資本による土地買い漁り 菅政権はどう対峙するか 対馬は韓国ホテルだらけ :
    http://blog.livedoor.jp/news_aru/archives/57219434.html
    2020/09/19(土) 17:26

     菅政権に早急に取り組んでもらいたい重要案件の1つが、「外国資本による土地売買規制」だ。

     北海道の水資源や九州の自衛隊基地周辺が、外国資本に買い漁られているのだ。人口減少による過疎化が主な原因だ。

     問題の核心は、その主体が欧米など同盟国の投資家によるものではなく、アジア系、とりわけ中国資本によるものとみられるからだ。

     日本では、森林ですら地籍調査は4割止まりというのが実態で、残り6割の所有者がどうなっているのか、把握しきれていない。森林どころか、都市部の住宅地は実地調査によるまとまった統計はなく、実態をつかみ切れていないのが現状である。

     日本には大正14(1925)年に制定した外国人土地法がある。国防上必要な地区で政令により取得を禁止・制限できるのだが、政令を定めていないのだから、仏像造って魂入れずだ。明治憲法下で軍事活動を前提とした規定だからというのが主な理由という。

     明治6(1873)年の地租改正以来、土地などの財産に関する私権が強い伝統があるが、それにしても政府の対応はだらしない。日本だってバブル最盛期、米ニューヨークにあるマンハッタンの一等地を買ったり、オーストラリアの土地を買い漁ったりした。

     だが、米国やオーストラリアの軍施設周辺や原子力発電所といった国防上の懸念がある土地の売買を試みて阻止されたとは聞いたことがない。確かに、世界貿易機関(WTO)は、国籍による土地売買の差別をしないという協定があるが、例外もある。

     国防上の安全を理由にした土地の取得制限は認められているにもかかわらず、日本は態度をあいまいにしているのだ。

     英国も、日本と同様に外資のみを対象とした規制はないが、公的機関には土地収用権があり、国防上、危険と判断した場合はすぐに強制収容が可能となっている。日本ほど、外資による土地規制がない国は珍しい。

     行政が保有する情報としては、森林法や国土利用計画法、不動産登記法に基づく届け出情報がある。だが、すべてを把握するには限界があり、法の不備が放置されているのが実態である。

     防衛省は平成25(2013)年、自衛隊周辺施設の土地取得に関する抽出調査を実施し、北海道や長崎県で外資による土地取引があったことを確認した。

     北海道の場合、政府専用機を運用し、駐機場となっている航空自衛隊の千歳基地周辺、長崎県の場合、対馬市中部にある海上自衛隊対馬防備隊周辺のことだ。韓国ホテルが取り囲むように宿泊施設を建設している。

     取材に訪れた際、監視員風の韓国人職員につまみ出されそうになった様子は、拙著『静かなる日本侵略』(ハート出版)に詳しい。

     同22(10)年以降、北海道では外資が森林を買収していたことが発覚した。砂川市では292ヘクタール、東京ドーム60個分の広大な森林が買収されていた。

     私は今年1月の連載「日本復喝!」で、「北海道の洞爺湖から東の苫小牧に連なる一帯は、中国が『一帯一路』の一環として建設に動き出している、北極海経由の航路『氷上シルクロード』の中継拠点としてうってつけなのだ」「昨年は中国の王岐山国家副主席が、一昨年は李克強首相が来日時にわざわざ北海道を訪れ、洞爺湖周辺を訪問している」と指摘した。

     外資による土地買収については、個人や地方自治体など、売る側にも経済的な事情があるのは当然だ。

     ただ、それを野放図に許せば、国土が外資によって虫食いにされ、気づけば、自宅の近所に異質な共同体ができていた-ということになりかねないのである。

     法の整備が急がれる所以(ゆえん)である。

    佐々木類(ささき・るい)
    ZAKZAK 2020.9.19
    ttps://www.zakzak.co.jp/soc/news/200919/dom2009190002-n1.html

    • 波那 のコメント:

      コメント欄に、「中国人が原野商法に引っ掛かってるだけじゃん」とありましたが、そう言う事なんですか?

      国交省の大臣が公明党だからだと前から言われてますが、だからなんですか?駅のハングル表示が随分嫌がられていますけど、あれ国交省の指示なんでしょう?土地だけでなく、北海道の離島のホテルも中国資本に買われてるらしいですよ。

      対馬も韓国人ホテルだらけらしいですが、対馬の方はノージャパンと今のチャイナウィルスの入国制限で韓国人が来なくなって、「このまま入国手続きの厳格化を緩めず、経営が成り立たなくさせればいい」と言う意見がありました。その通りですね。

      「外国人が日本の領土を購入出来ないように法律が必ず変わるからアメリカ政府の対応もそう言って日本政府へ要求してるわけで
      ガースーがそれを実行するだろ」

      ほんと、アメリカに危機感持たれる位のとこまで来てると言うのに。沖縄もそうなんでしょ。ほんとに少しは危機感を持って下さいね。北海道と沖縄乗っ取って本州を挟み撃ちにしようとしてるのが中国の目論見位なのは誰でも分かるでしょう。自衛隊の基地とか米軍基地とかにミサイル撃ち込まれて国内の中国人の手引で人民解放軍が雪崩れ込んで来る図くらいは頭に描いて下さい。特に台湾が中国に奪われたら、後は日本に向かって来ますね。国内では中国人と在日朝鮮人が暴動を起こすでしょう。

      菅総理、早急に不動産を買い漁る外国人の固定資産税を5倍10倍に上げる法案を通して下さい。払えなくなって手放すでしょう。日本貶め反日国家の民族の定住に反対します。有事には蜂起する敵が国内に居ます。

      「元々日本なんて国は無く、日本人なんて人種も居ない。

      日本はたまたま2千年間反乱軍が占拠してるだけの土地で、元々は中国の一地方であり、
      日本人は中国に属する一民族に過ぎない。

      自分たちで勝手に日本だ日本人だと思い込んでるだけ。過去に朝貢してたのがその証拠。」

      こんな事シャアシャアと書く、日本人に敵愾心剥き出しの在日朝鮮人がネットには溢れてるんですよ。

      🔸世界貿易機関(WTO)は、国籍による土地売買の差別をしないという協定があるそうで、だから我が国は外国人にここ迄土地を買わせていたわけですね。でもそのWTOはWHOみたいに中国の配下になってる機関らしいですよ。

  7. daco のコメント:

    小坪先生、おはようございます。
    記事を読み、わたしなりの先生への処方箋を書こうかと思いきや、もう既に”ぽて子”さんや”BLACK”さん等が書いておられ、一安心。
     と、おもいながらも処方しておきます?(ご迷惑でしょうが・・)!
    先生への独自の処方箋としては甘味系からというのが、ミソだと思います。
    無類の甘味党の先生だからです。自分の好み(気分)に無理せず摂取できるから。

     ・洋菓子なら、フルーツが多めのもの。
      (きっと今の先生なら自然と、それに手がいくじゃないかな)
     ・和菓子。 なんでも良いと思います。
    それと、
     ・パン。 菓子パンのほうですよ。アンパン、フルーツの乗っかってるやつとか。
          餡フライパンとか、そうそう「ずんだ」の美しい黄緑色の餡が入ったのも
          食欲をそそってもくれる。
          パンだと穀類もいっしょに摂れるしね。

     さあ! ご近所のお店へ車に乗って GO! ゴー ゴォー!!
     
    補足・できれば、ほんの少しでもお値段の高いのを。
       
       (そういえば、カボチャやさまいもの餡パンもあったなぁ)

  8. じた のコメント:

    野菜は鮮度です。
    質もあるけど。

    某キャベツ県に滞在中ですが、都会で売ってる野菜は、アレは一体なんなんだろうと思います。
    こちらの農家で買って一週間たったキャベツでも、都会のスーパーの買いたてより美味しかったりする。
    (ただし産直をうたって目立つ場所に店を構えていても質の悪すぎる儲け優先の販売所もあります)
    産地のものを食べつけると他で食べるのがつらい。
    先生の魚類と同じですね。
    でも今年は天候のせいで少し微妙。

    ほとんどの葉野菜系パックサラダは紙みたいなもんであまりオススメできないかも。
    豆サラダとか、ヒジキとか、ブロッコリーのもあります。

    まずはタマネギからどうでしょう?
    1センチの輪切りにしてフライパンでじっくり焼き、醤油をかけるとトロットロで美味しいですよ。
    肉にもあいます。

  9. nd2241 のコメント:

    千島、森下理論を御存知ですか?マクバガン報告を御存知ですか?まずは理論武装して下さい。森下敬一、船瀬俊介さんの著作を一読下さい、がん、成人病など万病の原因が、肉や乳製品などの日本の伝統的和食の良さを忘れた事に起因している事であり、飽食が原因であり、粗食、少食が健康長寿の基本です。

  10. 元修羅の国の住民 のコメント:

    >金を払って魚を食べても、地元の新鮮な魚に勝るものは極少数だ。

    豊後水道とその周辺で獲れる魚はたしかに旨い。
    その近辺海域の魚を食うと
    正直な話玄海産の魚は食えなくなる。

  11. じた のコメント:

    いいこと思い付いた!

    長く仕事を続けるための健康な身体作り、これすなわち業務です。

    野菜の栄養価を摂取するのは単なる仕事です。
    パソコンをメンテしたり必要なアプリをインストールしたりするのと同じ。
    結果のためには、面倒臭い調べものをする事もあるでしょう。時にはあまり好みではない味のものを噛み砕いて飲み込む仕事もあるのです、うん。

    先生はいつも通りの食生活を続け、そのついでに、新しい仕事を少し増やすだけ。

    必要経費で落ちるかは分かりませんが、こんな感じでどうでしょうか?

  12. 琵琶鯉 のコメント:

    中国の千人計画に参加した科学者の前の組織がわかりました。また、動画の下には、少し古いですが、
    名簿のURAも貼られております。是非とも政府関係者の方々は精査をお願いいたします。
    https://youtu.be/wRqJH7ejW9Y

  13. 支寒内 のコメント:

    小坪議員様、頑張りすぎ!です。オーバーヒート。

    子供とか若いうちはもし食事が粗末で偏っていても、成長に必要な栄養分を体の機能として作りだすそうですが、年齢とともにその成長機能は衰退していく一方ですから、中年のこれからは食生活はとても大切になります。

    特にビタミン類は補給が必要です。
    サプリメントなど考えても良いかもしれません。
    ビタミンB(肉類)、C(果物類)は余分な量は摂りすぎても排泄されるのでいくら摂っても大丈夫ですが、ビタミンA、Dは体に溜まるのでサプリなどの摂りすぎには注意が必要でもありますが、食品からだとその心配はないでしょう。特に野菜嫌いの方には・・・。

    最近は、長い梅雨期間やコロナ禍で陽光を浴びられなくなって、抗炎症作用があるビタミンD”不足”には注意が必要のようです。
    同じくコロナ禍で強調されているのは乳酸菌などの腸内細菌。腸内細菌叢が体調を支配しているようですから、ヨーグルトなども何種類かは摂るとよいでしょう。

    どうぞ体調には十分お気をつけられて(GO TOでしばらく休養されてはいかがですか)、お元気を取り戻してまたご活躍なさって下さいね。
    どこにもあの国の資本が入り込んでいて、食品も安心安全かどうか吟味しないといけないような世の中ですので、地産地消はとても有難いことです。
    大いに地元産の物を美味しく戴いて下さいね。海産物も。

    テレビ、音楽以外の動画をほとんど見ないので今まで知りませんでしたが、こんな方(西野亮廣ブログ)を発見しました。まったく畑違いの異次元の方ですが、なんとなく小坪議員様と同じような匂い!がして親しみを感じましたので、小坪議員様にご紹介します。

  14. 福岡 秀憲 のコメント:

    本当に お体だけはお大事になさってください。

    肉食獣も内臓から食べますし、「葉物野菜」が無かった元日本(弥生以前日本が日本で無い頃)栗や木の実も狩猟民族は食べていました。

    「宗教上の理由」なので「野菜」がダメでも、日本語と同じウラルアルタイ語族(北極圏近くの狩猟民)のように狩猟肉中心でも「肝」食べて下さいね。(戦闘民族なので……)

    ブログのファンみんなが最近「疲れ」「弱気」を気にしていると思います。
    赤い日本の国益を削ごうとする勢力を喜ばさないよう「健康」を求める「戦闘」に負けないで下さい。(困難に耐えることを「戦闘」と表現すると、どっかの半島北側にある赤い国みたいで良くない気もする…)

    どんな方法でもいいです。お体を守って下さい。お願いします。

  15. パコリーヌ(髭) のコメント:

    地産地消と真逆の事をやってるのが竹中平蔵とスガ一味なんだが

    フルーツやベジサラダなど食べるなんて女みたいとから言うキモオヤジの下腹デップリの醜いメタボ率は異常

  16. ぎん のコメント:

    私がもし知人から「野菜を食べない」と言われたら「子どもか!」と思わずツッコミたくなると思います。年齢と共に苦手だった野菜も食べられるようになるもの。と私は思っていたので、先生はまだ成長の途中なのでしょうか?
    ところで、先生と同郷?の総務大臣になられた武田良太先生、「出来る出来ないの話ではない…」「1割下げたくらいでは値下げしたうちに入らないでしょう?……」みたいな…度々メディアに取り上げられてすっかり覚えました。携帯電話の料金値下げを期待しています。(姑息なSB潰して欲しいです)
    菅カラーがだんだん出てきて、任期が短いと思っておられるのか、性格なのかわかりませんが、平常運転から急に高速道路に入ったみたいに、景色が変わりまし
    た。韓国との電話会談も、期待を裏切られないで、まずは安心しました。(意外にも冷酷だったりして)
    先生と何本も繋がっている?政権中枢の情報など、出来る範囲で構わないので公開して下さることを楽しみにしています。

    • 冬林檎 のコメント:

      >意外にも冷酷だったりして
      ガースー総理は安倍さんみたいに優しくはないと思います。
      クールにばっさり袈裟がけにしそう。
      2~3ヶ月もすれば、おパヨさんたちも禍の国も「安倍さんのほうがよかったー」と喚きだしそうな気がします。

  17. 支寒内 のコメント:

    音楽動画ですが、辻井伸行さんのピアノ、どれでも良いですから何曲か聞かれるととても心が洗われて落ち着きます。
    あんな美しい音は他にはないです。ぜひお聞きになって下さいね。
    しばらくの間だけでも無心になれますよ。(度々ごめんなさい)

  18. のコメント:

    本当にご自愛頂きたいと思います。
    二十年程前、主人が手術のため少しダイエットをしたいと言い出したので、当時北海道におり真冬の外の運動は無理でしたので、では食事を何とかしようと考え日に1~2回ご飯に変えて野菜のスープにしました。具沢山でキャベツ・にんじん・玉ねぎ、他はジャガイモ・さつまいも・かぼちゃ・トマト・ごぼう・ベーコン・ソーセージ等固形スープを使ったり味噌汁にして5カ月続け10kgほど落としました。手術も無事終わりひと月入院。入院中の検査で持病であった慢性肝炎が消えているのがわかりました。何十年も患っていましたので俄かには信じられずその後数年間何度も検査をしたのですが、数値は正常のまま今日に至っております。色々調べてみて素人の考えではありますがキャベツが良かったのだろうと。これは全くの事実です。
    ですので何でも宜しいと思いますのでどうぞ野菜を食されてください。
    そして永くご活躍いただきたいと思っております。まだまだ先は長いと思われます。

  19. masa のコメント:

    手軽にとれる野菜ジュースなんかもいいんじゃないでしょうか。

    • ぽて子 のコメント:

      野菜ジュースも、目的が多様な物が多く出ていますよね。
      小坪議員のような、お忙しくかつ時間も不規則な方には、D○Cのダイエットシェイクや、青汁などでも良いかもしれません。食物繊維はもちろん、必須な栄養素の半分〜3分の1/日がバランス良く摂れるように設計されているので。

      あとは、食養生に詳しい方に、スタッフとしてはいっていただき、事務所での食事の管理をしていただくとか。 

  20. 維新は裸の王様 のコメント:

    野菜食べる食べないは本人の自由ですので。

    ですが、大腸がんの確率は高まりますな。
    胃腸の御自愛を…

  21. 神無月 のコメント:

    不調の原因が肉食オンリー故とも思えませんが、人生の半分を損しているように思います。
    私自身も光り物の魚が苦手で食べられません。妻が寿司屋で美味しそうに食しているのを見ると、苦手な自分が情けなく思うのですが、無理して食べても全然美味しくないのです。
    めざしやサンマを丸ごと食べる人を見ると羨ましく思います。

    世の中にはアレルギー体質によって、美味しいものを食べる事が出来ない人も居りますし、食費の関係でお肉を少なめに献立の工夫をされている奥様方を思えば、まあ、バランスの良い方向へ努力することも人生のプラスになると思います。

    小坪市議のCPUもオーバークロックでヒート気味になっているのでしょうか?
    昨今のCPUはマルチコアが当たり前で仕事を手分けしますが、人間はシングルコアのマルチタスクですので、パイプラインも詰まりやすくオーバーフローも早いのでしょう。

    似た症状に燃え尽き症候群が有りますが、それは専門の先生に診てもらうしか有りません。

    仕事量を減らして処理に余裕を持たせるか、マルチコア化して複数の人に処理を任せて中央でまとめる的な形にするか。

    幕末の歴史に名を残す方々は、40代でお亡くなりになる方が多いようです。
    市議も同じ世代ですので、ご自愛下さい。

  22. 琵琶鯉 のコメント:

    スクープ!ポンベイオ国務長官が、10月に台湾訪問を予定されてます。
    水間TVサロンより
    https://youtu.be/iStLEnGEEfs
    この事について、先生のご意見をお聞かせください。

  23. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    肉=戦闘民族
    甘いもの=脳細胞フル回転
    という事ですね。
    という事にしておきます。

  24. daco のコメント:

    先生、本日2回目で申し訳ございません。
    ”福岡 秀憲”さんが投稿なさっているなかの肉食獣の補足的なことを。
    むかし聞き知ったことを思い出したところ、肉食獣も野菜(植物栄養素)を摂っている、むしろ必須とか。間接摂取というんでしょうか。
    肉食獣の獲物は草食獣だそうです。
    自然界は弱肉強食なので獲物を食っているあいだも、いつ自分が天敵に襲われ食われちゃうかも。なので、先ずは内臓(”はらわた”だったかな?)そして肉部分へと移るそうです。
    それだけ内蔵部は重要ということ、肉部分が食えなくても。
    草食動物の内蔵部には植物性栄養素が満載だそうです。葉緑素が大事だったかな。
    要するに、一次的じゃなく二次的に摂取してるということ?

    なので先生は、今までお好きな【デザート】という形でお野菜の栄養素を摂ってきてるのかもしれませんね。知る知らずにかかわらず。

     ならば・・・ さあ、いま直ぐ「GO TO デザート」 へ !!

  25. すみれ のコメント:

    はじめてコメントします。
    小坪先生と同世代なことを嬉しく思い、先生の存在に勇気付けられてきました。
    国の将来を語るときに、「20年後には私はいないが」という言葉を見ると、無責任さに怒りというか哀しみというかやるせなくなります。
    私たちが生きて向かえる未来なのに、悲惨な将来など絶対に受け入れられません。
    小坪先生には最低でも40年後を見据えて欲しいです。
    そのためにも、健康には気をつかい、私たちと同じだけしっかり生きてください。
    もし「どうせ早死にする」と思っているなら、同世代への裏切りと感じます。

    厳しいことを書き申し訳ありません。日々骨身を削って尽くしていただいていること、本当に敬服し感謝しています。

  26. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    健康維持の為に野菜を食べた方が良いのは事実ですが、「野菜を摂取しなければ」と言う理由で食べ続けるのは無理があるでしょう。
    栄養学的には、確かに食べるべきものではあるのですが。

    なら視点を変えて、野菜を食べたくなる様に遊んでみるのが良いのではないでしょうか。
    いくら肉好きとは言っても、肉オンリーで食べ続けるのは辛いのではないかと。
    肉を美味しく食べる為の口直しとして、肉の為に野菜を活用しては如何でしょう。

    とは言っても、一般的に肉料理の付け合せに出される付け合せの野菜が口に合うとは限りません。
    特に肉は加熱調理されたものに比べて、生肉だとソース次第でかなりアッサリとした口当たりになる為、野菜自体で口直しをする必要が無かったりするのも事実です。
    それならば、ソースを自作する事で結果的に野菜を摂取出来る形にすれば良い訳です。
    案外ソース以外に漬物なども活用出来るのではないでしょうか。
    漬物と言っても、丹念に糠や酒粕等を育てる必要はありません。
    タッパーに切り刻んだ野菜を入れ、ポン酢を掛けて半日も冷蔵庫で寝かせれば浅漬の出来上がりです。
    1回漬け終わったポン酢は、浸透圧の関係で野菜の水分を多分に含み味が薄まってますから、薬味を擦り下ろして入れる等して、ソースや調味料として再利用すれば良いのです。

    ぶっちゃけ、料理は化学です。

    食材を冷暗所で寝かせるのも、加熱調理するのも、全ては化学反応です。
    漬物を漬けるならば、食材によってどう加工すれば美味しく漬かるかを試行錯誤するのも化学です。(野菜の表面は防水皮膜の様になってるので、これを適度に剥がすのか、じっくりと浸透圧を利用するのか、皮膜自体を変えてしまうのかなど)
    つまり、如何にして自分好みの味に持って行けるかを試すのが、料理と言う化学合成工程です。

    車をチューニングするにしても、ハイオクガソリンを入れるだけや、点火プラグだけを高級なものに変えてもその力を最大限引き出せません。
    イグニッションコイルや、イグニッションレジスター、ケーブル等、全体のバランスを調整しながらチューニングしないと意味がありません。
    制御系もブレーキパッドを変えただけでは意味が無く、タイヤやブレーキホースにも目を向けるのと同様です。
    料理も車のチューニングと同じで、如何にして肉の味とパワーを引出すかを考えれば、自ずと野菜は必要に迫られる筈です。

    その意味から言えば、買ってきたサラダ等は取り敢えず走行しなければならないからと言う理由で履かせる、イカタイヤみたいなものです。
    そんなものでは真の走行性能や、制動性能は引出す事は困難でしょう。

    そう考えれば、まぁ最初は気張り過ぎずにお手軽な調理で、肉の為の野菜活用を行ってみる事がお勧めです。

    尤も、車イジリに工具の良し悪しが関わる様に、料理も調理用具が関わって来たりするのですが。
    小生は大した料理はしないし出来無いのですが、「男ならフライパンは鉄!」と言う主義ですので、シーズニングは重要な儀式だったりします。
    鉄が真っ赤になる迄バーナーで炙り、油慣らしを終えた後の真っ黒な鉄の肌にはロマンを感じます。
    ガンブルーを彷彿させる仕上がりに持って行ければ、満足感が得られます。
    このシーズニングも化学的には鉄表面を四酸化三鉄化し、更にその上に炭化皮膜を生成する行為で、化学反応である料理に用いる冶具も亦た、化学に基づいて使い勝手をチューニングしてるのです。

    野菜を薬剤の様に投与するのは苦痛ですが、視点を変えれば野菜も食べる機会が増えると考えます。

  27. 梶原忠 のコメント:

    小坪先生 いつも貴重で有益なご意見をありがとうございます。
    本当にお疲れさまでございます。

    さて、本日の自己診断は、流石に冷静かつ的確だと思います。

    ご自身を機械に例えられましたが、本当に壊れる寸前ではないでしょうか?

    いくらタフで高性能な機械でも、たまには休ませて潤滑油を差さないと壊れます。

    先生ご自身のためにも、ご家族、関係者、日本国・日本国民のためにも、
    せめて3日間、できれば一週間、PC、スマホを手放して、別府でも
    雲仙でも、指宿でも、温泉でゆっくり呆けてみてください。

    新たな視点と、芯から湧き上がるエネルギーを実感されると思います。

    私は71歳でまだ現役で働いている団塊世代の爺いですが、
    温泉の心身に与える効果は物凄いと実感する身です。

    小坪先生には、これからも末永く日本国のためにご活躍を期待いたしたく、
    老爺心?より一言申し上げた次第です。

    団塊世代でも、世間に貢献し、税金を払い(僅かですが)、腰は低く、
    頭は柔らかく生きているものは数多くおります。

    そのうちの一人、また、貴ブログの愛読者の一人として、
    先生のオーバーホールと温泉効果によるチューンアップを切望しております。

    ご無理をなさらず、末永いご活躍を願っております。

  28. のコメント:

    暖かいスープはいかがでしょうか?ゲルソン療法というガン治療に野菜を煮だして飲む,昔からのガン治療があります。心もほっこりしてガン予防になるかもしれません。ストレスは胃にくるので胃ガンとかなったらあっけなく急死してしまいます
    よろしくお願いいたします

  29. のコメント:

    腸の難病の首相にも、犬を抱いてテレビを見るより
    プランターの野菜に水をやったり
    台所で野菜を切ったり,てずくりのマスクずくり、の動画が、今年あのときに欲しかった

    難病の首相には、焼肉ワインをガツガツ食べられる姿よりも、米味噌汁刺身を食べる日本の戦前の食卓を大事にする姿や、地産地消を、
    Macdonaldパンケンタッキーコンビニ弁当の若者らに、印象付けて欲しかった。奥さんには綺麗な着物も、時々着て欲しかった
    もはや街は、肉、ラーメン餃子、油小麦粉だらけ。
    沖縄も戦後は食が洋食になり、ガン脳卒中や心臓病が増えました

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください