産廃問題に関する一般質問、立法事実の証明(不法投棄と推察される事例と市の職権)


 

 

農業用溜め池である畠田池が、「埋め立てられ」ており、先般の議会で取り上げた産廃業者の親族であることが議場で明らかになった。
現在も農業用ため池であることが、行橋市行政により答弁されたが、「耕作に供されている」ための不安はないのか?と質問した。

農業用溜め池であるため、市にも行政責任があるとの答弁を得たうえで、「実は調査権が市にはない」ことの回答を得た。

実は、環境省に要望を行く際に、畠田池の現地調査を試みた。試みたところ、例の「長距離の不審車両による追跡」を受けた次第である。関連性については不明だが、その件についても議場で述べた。また被害届を出している。

少し恐ろしいことを述べるが、実は産廃行政は「やりたい放題」にやれてしまう方法がある。
例えば”私と貴方”の前に割れたコップがあって、双方がゴミである、無価値であると言えば捨てることができる。だが、隣の家のおばあちゃんの家の中に割れたコップがあったとして、勝手に侵入してゴミとして捨てることはできない。
仮に、そのおばあちゃんが、亡くなった主人の形見です(価値あるものです)と言われば、誰が捨てることができるだろうか。
財産権の問題もあり、行政すら立ち入ることができない。これがゴミ屋敷問題や空き家が解決できない理由である。

私が議場で問題にしたのは、「企業版ゴミ屋敷」です。
産廃関係には多数の法律があるけれども、企業側が資材であるとか価値がある(有価物)と主張された場合、ゴミ(無価物)と行政が断定的に扱うことは難しい。

つまり、有価物であると主張された場合、産廃関係の法律は全スルーされてしまうわけだ。結果として、農業用溜め池が”何か”によって埋め立てられてしまっている。そして、いまも農業用水として利用されているわけだ。市には責任がありつつも、その調査を行う権限はない。

で、権限は県にあるわけでありますが、「県が立ち入り調査を行った」ことが市より答弁された。そこにあったのは、産廃であるという。
さて、ここで市議はどのように本件を攻めていったのか、というのが今回の質問。

本日の質問の冒頭において、「裏テーマは、立法事実の証明」と述べている。つまり現在すでに起きている問題を証明し、ルール化(立法)を求めていくというもの。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

一般質問
議場配布資料については、次項にて掲載しています。

令和2年9月定例会 本会議3日目(R2.9.10)②小坪慎也議員一般質問

 

 

 

議場配布資料

 

 

 

 

 

”脱法型最終処分場”の構図については、またBlogにて書いてみたいと思います。

実は、こういうやり方は、全国でも事例があるのだろう。

自ら言うことではないと思うが、この速さで調査を完了し、質問まで漕ぎつけることができた議員は極僅かだと考える。

この手法は、恐らく全国で頻発してきた。
地域住民は必死に反対し苦しんだろうし、地元の地方議員も必死に動いたことだろう。

この速度で「間に合った」とか、「調査が完了した」事例は少ないと思う。

 

これは行橋市だけの問題ではなくて、全国のどこでも起きうる問題だ。
そして、起きてきた問題なのだと思う。

 

 

 

気になっていた方も多いと思う。

 

ただ黙って、淡々と調査し、

 

ずっと準備をしていた。

 

政治家の戦い方には、こういう方法もある。

 

ずっとずっと準備していた。

 

当然、議場で言ったこと意外もやっている。

 

気になってた方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

15 Responses to 産廃問題に関する一般質問、立法事実の証明(不法投棄と推察される事例と市の職権)

  1. 宮崎マンゴー のコメント:

    小坪議員様、いつもお疲れ様でございます。ありがとうございます。

    こうして、御自身の政治家としての志しを見失う事なく、誠実にコツコツと役割を果たされておられる貴方様の存在を国民のひとりとしてありがたく存じます。

    ロス?だとか…に惑わされずに、日本の真実に目を向けなければらない様です。
    何故日本が弱体化してしまったのか?
    民の悲痛なる声が届かないのか?
    様々な犯罪は繰り返され、被害者の多くは泣き寝入りなのか?
    働けど働けど、民に施しが返ることなく年々切迫させられる生活は?
    日本列島各地で起きている、日本らしくない有り得ない難題難問、事故、災害、自然破壊
    や学校問題、凶悪犯罪等々の奇妙の繰り返し
    ?(その度何かを隠匿する為か、その度に芸能人逮捕劇が用意されている様でならない不思議日本)
    日本という国家は、民あっての国である筈が
    民をないがしろにし、その民に選ばれし政治家に、果たして日本人は存在するのか…茶番を見せられ、偽りだらけである様に感じてならない。
    いつ、どの時代を遡れば、日本に刺さっている魚の骨の如くの闇や邪悪を取り除く事が出来るのであろうか…
    国民の多くは、それぞれに日本を取り巻き覆う闇や支配する勢力の大きさを知っているという現状である。亡命していたスノーデン氏が、トランプ大統領による恩赦を受けられたそう…彼は、日本の現実の情報を知り日本人へ警鐘を発信されておられただけに、これからの行動によっては我々への何らかの力になると思われ期待したい。
    日本政府には、今だからこそ、小坪議員様や同志政治家の方々の日本の危機を感じ、様々な対策が必要とされておられる存在が必要だと思う…ならば、米国のトランプ大統領政権へ通じておられる方々の目がここにあります様に願ってならない。
    長きに渡る偽りの器の中での茶番は終わりにしなければ、日本という国は崩壊し滅亡を辿るということを。我国の本当の姿を、歴史の巧妙なるすり替え、真実を知る事を国民は何ら疑いもなく今日まで暮らし来た、素直ゆえに騙され続け来た愚かさを思い知ることで気付くその時の驚愕は、計り知れない失望と怒りでいっぱいになる事だろう。
    沢山の尊き先人の方々の命や犠牲の引き換えに、我々も又、重大な事を隠され知らずに平和という偽りに紛れて過ごし来たのだった。
    近く米国発による[世界緊急放送]なるものが実施されるかもしれない…それにより、我国日本が覚醒され、日本という国をやり直し再生へと繋げられる事を期待致したい。
    あまりにも日本を覆い尽くしていた闇は深く払拭するには、国民の愛国心と行動しかないと思う。祈

  2. 旧新人類 のコメント:

    小坪先生、おはようございます。「農業用溜め池である畠田池が、「埋め立てられ」ており、先般の議会で取り上げた産廃業者の親族であることが議場で明らかになった」とのことですが、そういうのは勝手に許可もなくやっていいことなんですかね。こういう脱法行為(?)が全国で頻発していたとしたら、恐ろしいことです。あとだいぶ前からですが、大型ごみの廃棄が有料化されたからなのか富士山の裾野の森林地帯に大型ごみが大量放棄され、登山家の野口健氏が先頭になって毎年清掃活動をされています。

    2019/06/09
    文化シヤッターさん、富士山清掃活動

    今日は文化シャッターの皆さんと富士山清掃。文化シヤッターさんとの富士山清掃は今年で7年目。
    産廃業者がゴミを細かく粉砕し土に混ぜて不法投棄された現場。
    おおよそ800キロのゴミを掘り起こしました。
    暑い中、参加者の皆さん、本当に有難うございました!

    (野口氏のブログから引用。今年も清掃活動を実施されたようです)

    「産廃業者がゴミを細かく粉砕し土に混ぜて不法投棄」って、ひどくありません?富士山は日本の霊峰ですよ!こういうのをみると産廃業者ってモラルのないのが多いですね。もしそうじゃないというのなら、業界内部から浄化活動してほしいね。それができないなら、取り締まり強化の法律を作るのがいいかと思います。また田舎のあぜ道に中古車が大量放棄されていたりと、こんなのが放置されていていいのかつくづく疑問に思います。

    • 旧新人類 のコメント:

      産廃処理関連のISOってどうなっているのでしょうか?確か、小坪先生はこの分野にメチャ詳しいと記憶しております。単に役所に届出を出したから許可するというのは基準が甘すぎるのでは。だったら、問題が出た場合は県庁の担当部署の部長(?)に監督者責任は生じないのでしょうか。知人が勤務していた研究所の廃棄物処理の手順は非常に厳しかったですよ。責任者は何か資格を持っていたと思います。そんなこんなも行橋市の産廃処理問題の場合はどうなっているのか?非常に興味がそそられます。

  3. BLACK のコメント:

    じっくり1時間、飽きること無く拝見(拝聴?)させていただきました。
    小坪氏の質問はもちろんのことですが、市長氏、副市長氏、各部長氏、全員の答弁のキリリとした締まり方が非常に気持ちよく、頼もしく、気持ちの良いものでした。

    ただ、今まで近隣住民さんたちと、ため池使用の田畑耕作者さんたちの我慢とご苦労、ご心労を思うと
    何故今まで放置されてしまったのか、と思います。

    今回、小坪氏が諸事情で該当ため池の事案に行き着かなければ、まだまだそのまま放置されていたのだと思われます。

    今後、市民へ行政から、「不審な放棄や埋め立て当を見つけたら行政のでご一報ください。」と言うような趣旨の呼びかけが必要に感じます。
    その場合、その一方を受けて現況確認に迅速に動ける専門人員が必要に思います。
    また、担当部署の環境水道部の手に余るような場合、または他部署に渡る為に動き難かったり、不効率だったりする場合、今後は産廃問題特命部署のようなものも必要かと思います。
    市職員だけで市内全域を護ることは不可能に思えます。市民環境パトロールのような市民の協力も必要に思います。

    個人も、行政も、県政も、国も
    日本は性善説に基づく、と言うか、基づくと言う意識も無く、日本人なりの法律や行政の在り方や個人の暮らし方があったと思いますが
    諸事情で、国際的にも、国内的にも、今までの性善説・否「性善説」かどうかも意識しない、日本人の自然な在り方・心情・意識等々は
    もう通じない社会になってしまったと、私BLACK個人は思っています。

    「法律、規則の細かい社会は、良い社会では無い」と言います。
    確かにその通りだと思います。
    が、小坪氏が質問で、細かく最悪の状態を想定して対処をお願いしておられる
    そのような意識が、個人にも、行政にも、議員氏にも、全ての人々に必要だと、つくづく感じました。

    小坪氏も、行橋市市長氏も、副市長氏も、各部長氏も、大変頼もしいです。
    今後、この行橋市の事例が、行政の成功事例として発表出来、承知され、全国から模範となる結果を
    楽しみにしています!
    小坪氏、本当に頼もしいです!

    以上 文責 BLACK

  4. 幻の渓流釣り師 のコメント:

    小坪先生
    私の居住地にも大規模な産廃処理場があります。そこの社長は市会の議長を何年も続けているドンであり、地元の反社ですら黙ってしまうほどの権力を持っています。
    処理場の下流域には田園が広がっていますが、農家の人たちは完全に買収されています。毎年、大型バスで宿泊・宴会付きの旅行という買収です。
    自分達の育てている米が汚染されるリスクを知ってか知らずか、毎年毎年、旅行に参加しているのでドンの言いなりです。
    このドンの裏話をしたらキリがないのですが、天罰を期待するしかないのかな・・・と諦めムードです。なにしろ、市議選では必ず上位当選。私の居住地の民度が低いのでしょうか。涙・・・

  5. 福岡 秀憲 のコメント:

    本当にありがとうございます。
    これからも戦いが続くのでしょうが、ご苦労だらけで大変であろうことが想像でき、国民の一人として感謝しかありません。

    産廃の問題は、コメント欄でも書かない方がいいかもしれない「例のアレ」が絡むと思っています。よって、エセリベラルであるマスコミ等は真のリベラル(自由)を理解しないため、「報道をしない自由」を守るでしょう。
    行政も問題の根の深さから「見て見ぬふり」し、長い年月ををかけて「異様な利権」を生み出してしまいました。
    「森友学園問題」の土地も地下に「産廃」があり、そのことを大きく根本的に扱わないために事実がねじ曲がってしまいました。

    県の権限の部分動かかすために、そして小坪先生がブログにも書かない大変なお仕事を廻すために、市議会にて「立法事実の証明」が成されたのですね。
    「艦長!95式魚雷。敵艦まであと300!」って感じています。
    「小坪戦術」が全国の地方議員に周知徹底される自民党であってほしい。
    どんな組織や産廃業者も、ルールを守り、節度を守って仕事することが「異様な利権」でより真の自由から離れることを防ぎ、真の「解放」に繋がると思います。

    資料1の地図に見える溜池に流れ込む川が途中で途切れていますよね。暗渠になっているのか、産廃埋め立ての下がものすごく気になります。

    いつも小坪先生のお働きに感謝しています、その上に働く勇希までいただいています。
    本当にありがとうございます。

  6. ぎん のコメント:

    もはや私には複雑、難解過ぎて、小学生が大学の講義を受けている状態です。…が何故か面白いのです。内容について行けてないのに、何故か読んでしまいます。少し前に
    …私には、「いただきます」をする以上、ハンターと獲物は対等でありたいという美学がある。
    …たぶん討ち取られたいのだと思う…
    と書かれていたと思います。
    先生が言われるとカッコいいのです。(もしかしたら、私がドラマの見過ぎかもしれませんが)
    難しい話の時も、周波数を合わせようとしたら、たまに見えてくる時があります。幾つになっても成長する
    ものだと思います。これからも応援しております。

  7. mibu のコメント:

    原因は京都議定書、橋竜以来の環境行政にあります。
    あまりにも廃棄コストが高くなりすぎて違法投棄の経済的有利性が異常に高まっています。
    エコは、日本、日本人をつぶします。
     今の勢いだと日本は中国人支配になるのでそこでエコ行政は終わりになり違法投棄のメリットもなくなります。
     その代わり日本人は2等国民になってしまう。
    いまでも半分そうですから、知らない間に達成されているでしょう。

  8. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、産廃問題への取り組み、おつかれさまです!そして、本当にありがとうございます

    >自ら言うことではないと思うが、この速さで調査を完了し、質問まで漕ぎつけることができた
    >議員は極僅かだと考える。この手法は、恐らく全国で頻発してきた。
    >地域住民は必死に反対し苦しんだろうし、地元の地方議員も必死に動いたことだろう。
    >この速度で「間に合った」とか、「調査が完了した」事例は少ないと思う。

    もう、一言!小坪先生、すごいや!すごい!まじですごい!というほかありません!!
    行橋市に小坪先生がいらっしゃらなければ、おそらく、うやむやのまま!産廃業者のやりたい放題の状態が続いていた!はず。でも、残念、行橋市には小坪先生という天敵がいた!それもおそるべく切れ者の天敵!産廃業者さんは、ああ、これが行橋市でなきゃぁ・・・なといまはおもっていることでございましょう。

    >これは行橋市だけの問題ではなくて、全国のどこでも起きうる問題だ。
    >そして、起きてきた問題なのだと思う。

    行橋市以外では、日本全国で産廃業者のやりたい放題!溜息でるな!なんでしょうね!!

    んでおもったのは、産廃ではなく、最近問題になっている、メガソーラーとか風力発電の設置について、なにか設置業者のやりたい放題になっているような気がするのですが?ここのベテランのコメンテーター(小坪クラスターの方々)のみなさまは、どうおもいますか??

    • BLACK のコメント:

      >これは行橋市だけの問題ではなくて、全国のどこでも起きうる問題だ。
      >そして、起きてきた問題なのだと思う。

      その意味ではメガソーラーとか風力発電の問題も似ていると言うのか、同じだと思います。

      が、「脱火力」「地球温暖化」「自然エネルギー」「エコ」等々の魅力・利点または、言い訳・逃げがある点が
      産廃問題よりも複雑で厄介なのではないかと思っています。
      もちろん産廃問題も環境問題・自然保護問題でもあるのですが。

      例えば、産廃で覆い尽くされた自然を見て「素晴らしい景色だ」と言う人は、まず皆無と思われますが
      メガーソーラーの景色を見て「素晴らしい」と思う方々も、実際にはかなり居られると思うからです。
      (注・私にとってはぞっとする景色ですが)
      まして風力については「ぞっ」とするかは私自身曖昧です。
      TVドラマでは「美しい景色」としても使われている印象です。

      ただ、メガーソーラーや風力発電に理想や希望を託している人々の気持ちを
      利用する人々がいるのも確かだと思います。
      ビジネスですから、人々の理想や希望を利用するのは当然で一概に批判されるものではありませんが
      そこにどれだけの問題(自然への利点・欠点の実際の検証 本当にエコなのか 国益の損害は無いのか 等々)や、騙しが含まれているのか
      国レベル、自治体レベルでの検証が必要に感じます。

      メガソーラーの開発にはブレーキがかかってきていると思えますが
      小規模を含めますと、まだまだソーラーパネルの設置は進んでいると感じます。
      自治体も補助金は打ち切られているところが多いのではないかと思いますが
      (注・実際に検証はしていません。ソース無です。ごめんなさい)
      補助金打ち切り、では無くそれ以上の対応も必要かも知れないと思います。

      メガーソーラー、小規模ソーラー、家庭用ソーラー、風力発電施設が
      とんでも無く厄介な粗大ごみゴミ、となるようなことが来ないことを願っています。
      昨日の小坪氏の質問をお借りするなら(勝手にお借りして申し訳ありません)
      厄介な超粗大ゴミに対処する、その手間も費用も、全部税金になると思われます。
      企業も、個人も、利益を得た果てに・・・・・

      以上 文責 BLACK

  9. サウ のコメント:

    (まことに勝手ながら、本題とは無関係の、 BLACK様宛の私信のような文を後半に含みます)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    用意された資料の航空写真を見ただけでも、ひどさがわかりました。

    私の現居住地の近辺では、産廃問題は聞いたことはありません。それでも、そこそこの面積の農地が広がっている田舎ではあるので、行橋市の方々の怒り( 恐怖も? )はうっすら推測できました。

    小坪市議は、行橋市の方々にとっても日本にとっても大事な議員だと思います。お体をおいといください。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ここからは、 BLACK様宛の私信のようなものです。

    先月下旬のやりとりを、覚えておられますよね?

    あのあと、まことに勝手ながら、作文計画?が遅延してしまいました。
    「そうだ、あれも確認しなきゃ」「これも調べてからでなければ、本質を掘り下げられない」という事柄が増えてきて、当初の予定より、相当長文になってしまい、しかもまだまだ延びそうです。

    具体的には、当初は日本とイギリスの比較にとどまるはずが、 BLACK様との会話からわかったのですが、大陸国家(例として、ロシア)と日本のような島国との比較論も入れなければならないと思いましたし、
    フランス革命にも言及する必要が出てきたからです。(先月下旬のコメント内容で、ピンと来た方はおられたと思いますが、私の主題は、イギリスの清教徒革命(西暦1642)です。これはこれで、相当な「革命」なんですけれども、案外忘れられているーーとしか見えないーーという件なのです)。
    また、ご存じのように、イギリスは「よその国から王様を連れてくる」ということを何度もやっているので、一応それらを列挙する必要も出てきたと思っています。
    さらに重要なのは、「日本の、鎌倉時代の乱にも触れなければならない」と判断したためでもあります。
    それから、ローマ教皇に触れざるを得ません。
    考えた末、図書館にも足を運ぶ必要が出てきました。。

    また、個人的には、自民党総裁選の結果を見てからでなければ、最終仕上げができないと思ったのです。なんだか、菅さんで決定のような雰囲気ですけれども。菅さんが新総裁となった場合、私の言い方もキツく、しつこくなるはずです(理由は、おそらく貴女もご存じの通り、この方が最も公明党とつながりが深いと考えられるからですが)。

    コメント内容が、遅延報告となってしまい、申し訳ありません。

    • BLACK のコメント:

      サウ様

      お心遣いの数々恐縮です。
      各国の王家がほぼ血縁や婚姻関係であるヨーロッパの王国の感性と歴史
      他国から王を招いても特別とは感じない感性と歴史
      フランス革命やロシア革命に対する評価
      (恥ずかしながら清教徒革命に対しては私は語れるだけの知識を持っていません。)

      そのごく表に見える都合の良い部分だけを日本人に説明しよう、理解させよう
      もっと言うなら「利用しよう」とする動きに対峙するものなのか
      もっと違う角度から、日本の在り方を問うものなのか
      サウ様が目指しておられるものの正体は私にはわかりませんが
      私が無知な清教徒革命や、思ってもいなかった鎌倉時代・ローマ教皇と言う単語まで出できて
      なおさら「知りたい!」と大きな興味が湧きます。

      決して急かす訳でも、ご無理をお願いする訳でもありませんが
      社交辞令では無く、心から楽しみに待たせていただきます。
      お心、ありがとうございます。

      新総裁、ひいては新総理、悩ましいですね。
      新総理の体制で公明党と維新がどう動くのか、ですが
      河野大臣方式で、菅総理になれば菅総理自らが今までの関係を自分で清算しなくてはならない。またそうする筈だ。
      と希望的な見方をする方もおられます。
      私もそれを願っていますが、どこまで希望が持てるか全く不明です(当たり前ですが)
      組閣で少し見えて来るものもあるかも知れませんが、組閣も内心かなり心配です。
      今は安倍総理の判断を信頼するしかありませんが・・・・

      以上 文責 BLACK

      • BLACK のコメント:

        追伸

        上記のサウ様への私の気持ちは
        個人的興味があるのはもちろんですが
        今後日本を護る為に必要な考察だと思うからです。
        多くの方々にとっても興味深く、参考になるのではないかと思います。

        以上 文責 BLACK

      • サウ のコメント:

        BLACK様

        御返信ありがとうございます。
        ちょっと書き足りなかった部分がいくつかありますので、補足いたしますね。

        書いているものが長文になりすぎたため、それこそ、いわば連載として、「日付をまたいで」分割して投稿するような形式にした方がいいのかもしれない、と考えるようになりました。実際、お読みになる方には、うんざりするほど長くなってきているためです。(コメント投稿のキャパオーバーになるかもしれませんし)。小坪市議のブログの「間借り(?)」ですから、あまり出しゃばるのもどうかと思いますし、他の方々のコメントも押しのけてしまいそうなので。
        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        上記で、
        >イギリスの清教徒革命(西暦1642)です。これはこれで、相当な>「革命」なんですけれども、案外忘れられているーーとしか見えないーー>という件なのです

        と書きましたが、これをより正確に表現すると、
        「イギリス国民、あるいは日本以外の国の人には当然の歴史知識だと考えられる(調査したわけではありません)が、日本人の間で話題にのぼることがかなり少なく見える」
        という事です。さらに、ちょっと言いにくいのですが、
        「日本人の間で話題になりにくいことは、どう考えてもだれかの利益になっている」というふうにしか見えない、という意味でもあります。
        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        私としては、実際には、そこまで偉そうに人様に講釈できるような立場でもない、という気分ですね。。このような、歴史やら(場合によっては神話や伝承にも言及するかもしれません)、多少、昔の人々の心理を推測しなければ書けないようなことを書いているのは、
        「自分の思考と、自分の目に見えることのおすそ分け」、
        ぐらいが正確だろう、といった所なのですが。。
        私はそこまで、自分の頭に浮かんできた事を声高に言うつもりもないです。(お金を取ろう、などとはまったく考えていませんので、ご安心ください。w)また、前回も書いたと思いますが、これがどれほど有効かもわかりません。

        読んだ方が、有効だとお考えなら、アレンジして使ってくださってもいいですね。

        気長にお待ちいただければ幸いです。

        • BLACK のコメント:

          サウ様

          「「自分の思考と、自分の目に見えることのおすそ分け」、
          ぐらいが正確だろう、といった所なのですが。。」
          上記サウ様のお気持ち、理解致しました。
          私にとりましてはそれがとても興味深いところです。

          普通に日本人が理解していること、日本人が普通だと知っていること。
          そこに疑問を感じる視点はとてもたいせつなことだと思います。

          「読んだ方が、有効だとお考えなら、アレンジして使ってくださってもいいですね。」
          とのお気持ちもありがたい限りです。

          気長にお待ちしています。ありがとうございます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください