攻撃準備のため、休載


 

 

これより戦闘態勢に入る。

ターゲットは、議会事務局・局長。
市の職員にも関わらず、議会軽視も甚だしい。

この際、「議員である私」への非礼は、どうでもよろしい。
だが、私に与えられたバッチとは、父が伏し、母が拝み倒し、
小さい頃から可愛がってくれた近所のおいちゃんが頭を下げて形作られたもの。

私は確かに言葉が過ぎる部分もある。
反省する夜もある。

けれども、私が議場で発言した言葉とは、私だけのものではなく
私に投じられた民意であり、私のために頭を下げてくれた人生の先輩たちのものだ。

貴方がかつて軽んじたもの、私が爆破予告をされた直後、
討論の議事録を無断で削除したこと。

落ち目と見るや、タメ口でせせら笑って話しかけたことを忘れた日はない。
議員個人への蔑視や軽視は、この際、議論の対象外とする。

貴方が消したものは、私が背負いきれない大切なものだったんだよ。
それを「面接であがってきた」だけの公務員の裁量で手を加えられたことが、私にはまったくもって許せない。

何のきっかけもなければ、こうして言及することもなかっただろう。
けれども、今回の「議会便りの編集」においては、議会事務局によるクーデターのような側面が否めない。

ようは、共産党や野党らの攻勢、例えば怒鳴られる、脅されるみたいなものに、簡単に屈するタイプなんだよ。
彼が屈した結果、私は常に「勝手に譲歩」させられてきた。

坪根局長が、のうのうと生きるがために「私を支えた者たち」を犠牲にする選択はできない。

本当は、もっと別にすることがあるのだけれども「普通に仕事をできる環境」を整備するため、
まずは掃除が必要なのであれば、掃除から始めたいと思う。

攻撃態勢に入るため、本日のBlogは休載とする。
私は、おまえを許さない。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

17 Responses to 攻撃準備のため、休載

  1. 宮崎マンゴー のコメント:

    11/7神社にて
    *第十一番御神籤
    わがおもう港も近くなりにけり。ふくや追手のかぜのまにまに…災い自ずから去り福徳集まり、誠に平地を行くが如く追手の風に舟の進むが如く、目上の人の助をうけて喜事があります。信神怠らず心直く行い正しくなさい
    *神の教
    死ねる思いも祈れば神の強い力で生き返る…
    七転び八起きという。倒れても起き上り、
    転んでも立ち上がり、力落とさず、希望を捨てず、神様御照覧の下に、正しい道を、ぐんぐんと進んで行く。ただ此世かぎりの生命ではない。幾千万年の末までつづく、魂の世界がある。 祈

  2. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    これは敵方にとっては、”悲報”に繋がって行くのではないでしょうかねぇ・・・。
    昨日のエントリーから察するに、戦闘に勝つ為なら”走り”に行って居たのではないでしょうか。
    戦争に勝利する為だからこそ、磨いたのではと考える次第です。

    まぁ、一部は必要以上の犠牲を出さぬ為に敢えて血祭りに上げられる対象が出るかも知れませんが、それは仕方の無い事でしょうし、実質的に自ら贄になる事を名乗り出た者も居る様ですから、それを無駄にするのも失礼な話でしょう。
    尤も、一兵卒が将の首級の代わりを務める事は出来ませんが。

    若しこれが小生の推測通り戦争であるのなら、手っ取り早く討死した方が楽かも知れませんね。
    戦後は雁字搦めの状態、在日米軍が居無くて9条と96条だけは制定させられる状態に追込むのかも知れませから。

  3. ZEONG のコメント:

    4台を磨きコーティング!
    いざ、四士にて抜刀!

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、ボス戦(FF14だと、第一ボスくらいかなw、、真のラスボスは第三くらいにいるはず!)のまえの準備が整ったようですね!

    議会事務局・局長は、がちの既得権益側であった!ということですね!
    >ようは、共産党や野党らの攻勢、例えば怒鳴られる、脅されるみたいなものに、
    >簡単に屈するタイプなんだよ。
    >彼が屈した結果、私は常に「勝手に譲歩」させられてきた。
    >坪根局長が、のうのうと生きるがために「私を支えた者たち」を犠牲にする選択はできない。

    小坪先生、闘い・戦いのまえの休息、たしかに了解いたしました。

  5. 学のない保守 のコメント:

    となりのじいちゃんが、怒るときに、笑う奴は
    1番怖いから手を出すなって言ってた。

  6. k のコメント:

    同館。私はおまえを許さない。加えるなら、
    終わりだ。

  7. 琵琶鯉 のコメント:

    自らの怠慢や奢りで取り返しの付かない事案が発生した時彼らはどのような責任を取る、否、取らされるのでしょうね。

    纏めblog「もえるあじあ」に首里城火災の原因となった電気コードの配線の動画(管理団体とイベント団体)による使用現場がアップされてました。
    電気屋さんなら「こんな使い方をすれば火事になるねは、当たり前」と言うでしょう。

    管理団体もイベント会社も只の素人集団。莫大な補助金目当てのサヨク団体ではありませんか?
    その証拠に最近、イベントに琉球王が中国からの使者に九頭三立?を行う模様しがされているそうです。これも紹介されてました。

    沖縄県民は、この件についてどのように思うのですか?議員だけに追及を任せていいのですか?
    沖縄の新聞社はイベント会社と手を組んでますよ。国の責任ではありません。まさに昨年知事となったデニ~知事の責任でしょう。
    真の沖縄県民は、立ち上がって行動すべき時です。

    • サウ のコメント:

      琵琶鯉様  

       横合いから失礼いたします。
      下記のコメ欄までお読みいただければ、沖縄本島ではありませんが、石垣島の様子が推測されます。ブログ主の激オコおばちゃん様、勝手にお借りしてすみません。
       (※冒頭にhをお願いします) ttps://gekiokoobachan.jp/blog-entry-779.html

      これはサウの推測ですが、沖縄本島も似通った状況なのでしょう。

      お目汚しでしたら、ごめんなさい。失礼いたします・・。

      • 琵琶鯉 のコメント:

        拝見致しました。ありがとうございます。
        歴史を学ばない民族は、滅びる。
        教育がいかに大切か、そして郷土文化を護り発展させていくにはどうしたらよいか。

        今、現在、職を得、食い扶持を稼ぐ方々にとって、沖縄の未来は決して明るいモノではないのではないのではありませんか?

        沖縄の財産を食い潰そうとする。本土からやってくるパヨクや特ア三國の外国人。自分さえ良ければいい沖縄の老人たち。どれもが、沖縄の未来など何も考えておりません。

        まず、自らが出来る事から行動する事が大事なんです。

  8. BLACK のコメント:

    野党議員氏達から圧力をかけられた行政職員は、辛い立場だと思います。
    これは、取引先や勤務先の上司から圧力をかけられた会社員も似たものだと思いますが。
    辛い立場に、理不尽に追い込まれることは誰にでもあると思えます。
    確かに理不尽な圧力をかけた人物が一番悪い訳ですが
    圧力をかけられた時に、どのような対処をするのか、それが圧力をかけられた側の自己に対しての安全管理だと、私は思っています。
    多分、局長氏は、今回(今回だけでなく以前にもかも)自己に対する安全管理を間違えたのだと、私は思います。

    辛い立場にあっても、今回のような対処ではない対処の仕方はあったはず、
    今回のような態度ではない取るべき態度はあったはずだと思えます。
    それが自身に対する活路であったはずだと、私は思います。

    局長氏は、自ら自分自身を窮地から脱しようとして窮地に追いやったのだと、私には思えます。
    窮地から脱しようとして自身を更なる窮地に追いやったのは、圧力をかけた側の議員氏たちも同じだと思いますが。

    私ごときが申し訳ない言い方になりますが
    圧力をかけた議員氏たちも、圧力をかけられた局長たちも、頭が悪すぎです。危機管理能力が無さすぎです。
    その程度で、議員も、行政職員も務まって来たのですね。驚きです。
    社会常識や、基本道徳も無さすぎです。

    小坪氏、私からもお願い申し上げます。
    社会常識、基本道徳を明らかに示して下さいませ。
    どうかお願いいたします。

  9. 元修羅の国の住民 のコメント:

    悪:即:斬 !!

  10. Sinobu Hattori のコメント:

    罰則の無い事は免除の身分

    法に遵守すべき立法と行政の立場が故に
    制定されている内容であるはずが、

    罰則の無い事は免除の身分という、
    多大な間違いの意識が蔓延している為に、
    我は選ばれし立場と都合で動くのでしょう。

    大きく支えている方々がおられるので
    自己の立場が存在しているという
    共生の意識が皆無であれば、

    支えを外してやれば宜しいと考えますよ。

    支えが無きの自己の立場とは、
    登れぬ奈落の底で彷徨う姿へと変わりうる立場なのだと、
    その身を以て解らせる事も必要なのでしょうね。

    法が法で有る意味を示す事は、
    人が共有で共生して行く為の繋ぐ橋で有り指針。

    己が都合の為に有るものではありません。

    正当な立場と力にて、汚れと穢れを落とす内容、
    見届けさせて頂きたいと存じます。

  11. 試され過ぎな大地の国民 のコメント:

    この手の小悪党なら実名は駄目ですみたいな編集ルール作ってそうですね
    前回の件でクレーム来たから実名を出すのはうんぬんと
    だったら前回の被害者放ってんじゃねぇよって話ですが。

    これを機とみて他の敵が動くかもしれませんし足元注意ですね。

  12. 北麓のジジイ のコメント:

    小坪議員お疲れさまです。
    公務員ですから「大勢」に靡くのは仕方ないとしても、体制の転換はあるわけで何れ「しっぺ返し」があることは想定済みだよね(笑)
    役人のポリシーは「大勢」に中立・公平だし、しっぺ返しはあり得ることと想定できなければバカだよ。
    件の職員は「定年」が近いのかな?自分にも経験あるけど「お手並み」拝見(笑)

  13. 旧新人類 のコメント:

    その局長って人は、どのような圧力をかけられたのでしょうか(具体的な内容は?)。それとも、最初からグルなのでしょうか。そのあたりが明らかになると面白いですね。そしたら誰の責任だのなんのと内ゲバでも始めるのでしょうか。

    話は変わりますが、マスゴミが香港で民主化デモ参加者から初の死者が出たとか言っているそうですが、嘘っぱちですね。

    孫向文 (新垢)@sonkoubun

    NHKを含む日本の主要メディアは香港デモに「初の死者」と報道したが、これは香港市民と記者が記録した死者名簿です。特徴はほぼ「飛び降り自殺、遺書なし」です。マスコミはいったいいつまで日本人を騙す気か?戦車の代わりに「飛び降り自殺される」大虐殺です。
    8:36 – 2019年11月8日
    (引用者注:死者名簿に名前がダーッと記載されている画像あり)

    ちなみに文化大革命の状況と似てます。文化大革命期間に、毎日木にぶら下がってる死体、川に流れてる死体が大量発生した。僕の母親は「紅衛兵に殺された人の死体を毎日見かけた」と言った。
    8:40 – 2019年11月8日

    中国政府は今度はAI(人工知能)で人間の表情を判別するシステムを導入し、怒る、笑う、泣くなどを自動検出し、例えば怒る表情の人を地下鉄の搭乗を禁止、あるいは拘束して怒る理由について職質。
    中国に地下鉄に乗るには顔データで善人悪人自動振り分け。
    17:37 – 2019年11月8日
    (引用終わり)

    香港デモや鎮圧側との衝突の様子を撮影した画像がネットに多々あるけど、そのうちのひとつでは警察(どうせ人民解放軍だろう)に捕まった若い女性が、身元不明の死者にされることを恐れて、近くにいたプレス関係者に向かって自分の名前を叫んでいました。若くてとてもかわいい女性です。なんと恐ろしいことでしょうか。日本のカエルの楽園はお気楽でいいですね。本気で日本を守る努力をしなかったらどうなるのだろう?結局、小坪先生のラノベ通りになりますね(もう遅いか?)。だから、行橋市だけでなく日本のために身を張って頑張る小坪先生の足を引っ張る連中には覚醒した日本国民の怒りが向けられるんですよ。能無しなら黙って引っ込んでいるがいい。

  14. 武蔵 のコメント:

    先生の様な愛国者で力量をお待ちの方は、市議会議員でなく国会議員になって、日本の安全保障のためにその力を発揮してください。

  15. ロスジェネ兵庫県民 のコメント:

    小坪先生、いつも更新お疲れ様です。

    国家という大きな規模から、地域や学校といった小さな規模まで、今この国に必要なことは何よりも公正さであると思います。即ち、能力のある人、人格高潔な人、努力を重ねてきた人が正当な評価を受けること。悪いことをした人、罪を犯した人がそれに見合った罰を受けること。そしてその有無や度合いが、あらゆる立場や属性と関係無く平等・公平であることです。完全な平等、真に公正な社会を実現することは、人間が人間である限り不可能かもしれません。しかし、その実現を目指し努力することは断じてやめてはならないと私は思うのです。

    犯罪被害に遭った人を助けないばかりか、欠席裁判状態で政界から追放しようと画策した卑劣な者達。その被害者が以前から応援していた小坪先生でなくとも、私は加害者達を決して許すことはできません。
    我が国の国民が拉致された時、大切な家族の行方を案じて不安と戦っていた人達が現にいるにも関わらず、「拉致など捏造だ」と言って北朝鮮を擁護した政党・議員達がいました。被害を受けた一般国民の家族が、どうして強大な力を持つ国家や工作員に反撃することができるでしょうか。そのことが分かっていて、彼らは被害者の傷を更にえぐるようなことをしたのです。

    多くの国民が、相手が反撃してこないと分かっていて、安全な所から一方的に暴力や批判を加えるような卑劣な者達の振る舞いに怒っています。何ヶ国もの一般国民を拉致した北朝鮮、歴史を捏造し日本を貶め続けた韓国、船を撃沈するような反撃は決してしてこないことが分かっていて体当たりなど危険な犯罪行為を仕掛けてくる環境テロリストと日本ばかりを批判する反捕鯨国、差別という言葉を巧妙に使い言論弾圧と暴力を繰り返すメディアと在日朝鮮人、部落解放同盟。
    外国や反日勢力のみならず、残念ながら一般の日本人自身からも誇りが失われ、下らない自尊心を守るために人より優位に立とうと躍起になる、攻撃的で下劣な者が目立つようになりました。

    小坪先生、被害者を重ねて傷つけるような者達、マウントを取れると見るや偉そうな態度を取るような品性下劣な卑怯者には、己の行いや言葉には相応の責任が伴うのだということを教えてやって下さい。実直に、誠実に生きている人が無法者に痛めつけられ傷つくこと、被害者の振りをして人を傷つける者達が幅を利かせることは、もううんざりです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください