【怒り】磨くことと精神集中、静かなる炎


 

 

私は、苛々すると洗車をすることにしている。
年に二度は、ガラスのコーティング剤を除去し、下地をつくって施行する。
ガラスが綺麗だと雨の日も安心で、その際にはワイパーゴムも交換するように気を付けている。梅雨の前、そして冬への備え。

特に冬季は、霜がついたりワイパーを痛めやすい。春になれば(梅雨になる前に)ワイパーゴムを交換する。ゴムだけなら1000円ほどであり、雨天の安全と比較すれば絶対に損はない。何より快適だ。

さて、私は、洗車をした。
しかも知人の車も含め、4台ほど一気にガラスを塗った。

感情がたかぶっているとき、何かを磨くことを進める。
精神の平穏を維持するためには、何か決められたルーティンをこなすことは悪いことではない。
ただ、黙々と磨く。そうすることで心が落ち着くのだ。

完全に仕上がれば、驚くほど美しく物を映す。
しかし作業中には、本当にゆっくりしか変化は感じられない。身体も疲れる。
ただ黙って、黙々と磨く。

それは人斬りが仏を彫る行為に近いのかも知れないし、
または日本刀を磨き続ける行為に近いのかもしれない。
どちらも経験はないので比較はできないけれども。

私は、キレたときには、にやりと笑っているらしい。
私自身は笑っているつもりはないのだけれども、恐らく表情とかに回すべき思考力も全て、反撃のために脳がフル稼働しているのだと思う。
表情を失い、弛緩した顔、どこか遠くを見ているような表情をしているとき、私はすでに目の前は見ていない。

あぁ、これはダメだなと。
そう思った際には、目の前の人も、そして発している声も、すでに届かなくなる。
決断したとき、ただただ反撃のためだけに脳はフル稼働させるべきだ。

ここまで怒る、一歩手前。
「怒ってしまいそうだな」とか「抜刀してしまいそうだ」というとき。

私は物を磨く。
そうやって自身を落ち着かせようと試みているわけだ。

4台も車を磨いた。
今回は、僅か5分で硬化する強力なガラスのコーティング剤を塗布した。
これで冬も怖くない。ちょっとばかり、贅沢な品だ。

ご機嫌になる、はずだった。
洗車を終え、ピカピカになった愛車を眺めて見るけども、どうも駄目らしい。

私は磨いたけれども、愛車は綺麗になったのだけれども、
どうやら、取り返しがつかないぐらい、私は怒ってしまっている。

きっと「怒っている私」を俯瞰して見ている時点で、これはもうダメだ。
うちなる炎がふつふつと。静かな火は、消えることはなかった。

さて、抜刀しよかな、と。
ぼんやりと、そのように考えております。

この文章を書くにあたり、タイプを走らせている私の顔は、
やや弛緩し、まるで微笑むような穏やかな笑顔なのでありましょう。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

14 Responses to 【怒り】磨くことと精神集中、静かなる炎

  1. k のコメント:

    やっちゃって下さい。どうせ相手は何も考えていません。

  2. 銀狐 のコメント:

    このような時、抜くならば「ドライアイスの剣」でしょう。

  3. 漫画喫茶店長 のコメント:

    抜刀斎は小柄ではあったが、鋭く大きな踏み込みで一瞬にして相手を斬ったそうです。
    井上尚弥の左フックような切れ味だったのでしょう。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、今日のブログは小坪先生の普段みえない一面をみせていただきました!感謝!

    >私は、苛々すると洗車をすることにしている。
    >私は、洗車をした。知人の車も含め、4台ほど一気にガラスを塗った。
    >黙々と磨く。そうすることで心が落ち着くのだ。
    >この文章を書くにあたり、タイプを走らせている私の顔は、
    >やや弛緩し、まるで微笑むような穏やかな笑顔なのでありましょう。

    先生!闘いにむかうまえの剣豪の姿が脳内に点灯!(LEDですぞw)

    ここからは、私見になる(どこかの、ブログのパクリ!)

    佐々木小次郎との闘いに向かう前の宮本武蔵は、小舟のうえで、ひたすら木を削っていた
    そして、削り終えて長刀ならぬ木刀ができたときに、・・・
    宮本武蔵は、微笑むような穏やかな笑顔をしていたのに違いない!と・・

  5. 学のない保守 のコメント:

    こんな馬鹿げたことで、小坪先生の
    仕事を妨害するなんて許せない。

  6. BLACK のコメント:

    主婦の掃除や鍋磨きと同じでしょうか。
    掃除や鍋磨きをしている主婦はうっすらとほほ笑んではいないと思いますし、そこまで深い怒りを持って磨きはしている主婦はいないとは思いますが。

    このようなことに小坪氏のエネルギーを使うのは非常に勿体ない気がしますが
    小坪氏は現在は市議会議員であられますし、地元のこと、ご自身のことであり
    全国の議会の問題でもあり、日本の問題でもある、と私は思っています。

    多くの市民や国民、多くの議員氏たちが見ておられると思います。
    全国の議会の為になる、日本の為になる結果を出してくださることを願っています。

    他自治体のことを批判したい訳ではないので、行橋市に限ったことと言うつもりではありませんが
    議員って、特権階級の犯罪集団ですか。
    目には見えないけれど存在する「日本の特権階級」
    そこに地位も財力も無い者が新規参入するには「議員」と言うのは良い方法なのだと、私は思っています。
    もちろんそのような気持ちで議員になられる方ばかりとは思っていませんが
    それを狙って、それを知っていて議員になる方もおられるはずだと、私は思っています。
    何より、行橋市の議員氏たちが証人ではありませんか。
    (あっ、結局他自治体の批判をしてしまいました。申し訳ありません。)

  7. 波那 のコメント:

    決戦の時、来たるですね。昨日、地方議会は村社会と仰ってましたが、我が街についても本当にそう思っていましたね。それで思い出したのですが、うちの母がですね、怒ってると猛烈に床を雑巾でゴシゴシ拭き始める人だったので、ある時、何かあったの?と聞いたら、あの頃に居た、もう典型的な俗物だった変なおじさん市会議員のことを「あの人はね~!○○○○○○○○○○!!○○○○○○○○○!!」と言い放ち余りの凄さに笑い転げてしまいました。もう何年も前になりますが、同期の友人が市議会に要望書を提出するとか言ってたので、あそこはもうね~と思っていましたら、この春の地方選に先生の推薦議員リストに「国家観が明確であり、政策立案能力が高い。」方が我が街にも出現していたのだと驚いて嬉しかったですね。時代の流れなんですかね。寺前さん、小坪市議のブログを見てらっしゃいますか?

    早く前世紀の遺物的俗物、ええ加減にしいや!の変なおじさん達から(おばさんも居るかも)、明確な国家観を持つ議員が居る地方議会へと変わって行くといいですね。まあ国会議員になっても明確な国家観を持たないのが野党だけじゃなく自民党にも居ますけど。この期に及んで韓国に配慮とか、、、日韓議連よ、どれだけ我が国が貶められ、やらなくても良かった金をふんだくられて来たのですか?日本人ならその悔しさを次代に伝え、国益を守る為に二度と関わってはならないと教えるべき。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      日韓議連所属の議員は罰ゲーム的な立ち位置のようです。
      何の権限も無い。かつての栄光にしがみつく老害。
      とも言った所ですか。
      日本は韓国に対して「助けない」「教えない」「関わらない」の非韓三原則を政府がようやく採用しましたね。

      • 琵琶鯉 のコメント:

        ちょっと気なる投稿がありました。
        NEW.US より
        韓国がタイとジーソミアを結びました。この件について、考察されてました。
        タイはアメリカとジーソミアを結んでいます。また、北朝鮮とも国交があります。
        そして、文タンの娘夫婦が移住しております。
        これらを考慮して、亡命政府構想をタイでする可能性がある。釜山で造るか、タイで造るかはわかりませんが、ジーソミアを結ぶ事で情報の流失を防いでいるとの見方です。

  8. エコエコがきベンジャックライダー のコメント:

    刀の下に心と書いて、忍。

  9. さよなら!ゴミ≪朝・毎・T・N≫ のコメント:

    いよいよ小坪先生が、正義の剣を振るい、勘違い議員達を一掃する時が来たようですね!
    心より応援申し上げます。

  10. 狸沼 のコメント:

    なるほど密かなアライグマ属性でしたか、そうですか(笑)
    それで「日本の汚れを洗う」ことにトコトン執着するんでしょうか?
    今度からマスコットやコードネームは「北九州のアライグマ」でどうぞ(笑)。

    とはいえ「水の清きに魚住まず」ではないですが、かなり適当加減(?)な性格のはずの私なぞからしても、今のパヨ利権マフィア(在日コリアン含む)はあまりにも酷すぎると思ってはいますけども。いくらなんでもそれはないだろ、というレベルで、およそ人類の卑劣の歴史の中でも金メダル級かと。

    必然として、これから「洗い殺し」の刑とか、残酷な阿鼻叫喚の事態になるわけですね。
    今度ばかりは全面的に支持いたします(何年も後頭部殴りつけられてとっくに切れてますw)。

  11. 宮崎マンゴー のコメント:

    …と。ぼんやりと、そのように考えております。
    ならば、小坪議員様お一人ではなりません。
    闇の多勢に対峙でしたなら、貴方様の同志をお集め下さいませ。
    先方に先を詠まれないように、じっくりしっかりとお考えのもとで慎重に(冷静沈着)
    賢い貴方様になら、賢く洞察力ある正義ある味方が沢山集まり下さいましょう。
    くれぐれもお身体にお気をつけられ、体調万全で日々をお過ごし下さいませ。祈

  12. ピンバック: 【地方議会の闇③】議会事務局アタック、動き始めた地方議会。政治家の戦い方と連携の参考事例【ワクワクした人はシェア】 | 小坪しんやのHP〜行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください