東京に行っていた。現職閣僚らと懇談


 

 

 

上京していた。
現閣僚らと懇談。少数で懇親会(会議という認識ではない。)や、会館において前閣僚と会談。他、複数の国会議員と会っていた。

先ほど帰宅。羽田空港は凄まじい混み具合で、連休というのもあろうがいつものレベルではない。御即位を踏まえての厳戒態勢もある。(アナウンスがあった。)

ここ数日、過去記事の再投稿で申し訳なく思いますが、普通に出張中であり、ノートパソコンの小さなモニターでは長文は無理という理由。

今回の上京は、もともと現閣僚の日程が含まれており、ネットを含め上京すること事態を伏せていた。
(※ 例えば予算要望の支援依頼などが殺到するため。限られたメンバーにしか伝えていない。)

書いていい内容もあるので、書くこともあると思う。
けれど書けないことは、ずっと書けないだろう。
大臣の決定とは、国家の意思そのものであるため、いつか何かのニュースで知ることもあるかもしれない。

これからは、そういう動き方も増えてくるのだと思う。
基本的には、手札をオープンにしつつ、銅鑼を打ち鳴らして進むのが好きなのだけれど、相手あってのことなので。私も少し大人になったということだろう。

ここは自負として、また自らに課すハードルとして、このblogは単なるネット上の記述ではない。行間には、政治そのものを込めており、時に牽制も織り交ぜつつ【政治を動かす】ことを目的とする。論評や評論など、後追いで解説する場にする気はない。その気概を持つことが私の誇りだ。

私は、実は決して速いというわけではない。
確かに遅くはないが、ギリギリまで情報を伏せているがゆえに、(相手から見ると)居合いの速度に見えるだけで、直接アポをとってリアルで話をつけてくる、かつ情報を伏せるという戦法を好む。

ネット上のインフルエンサーは、暴露系の情報の出し方を好む。けれど、私は実はそうではない。

 

居合いの、速さ。
単に移動距離が凄まじいのである。背景には皆様より頂いた個人献金があり、個人として自由になるお金の大部分を交通費・宿泊費に充てることができる。ほとんどと言っていい。
普通の地方議員の資金力ではこれは無理で、【さくっと飛ぶ】そして【直接、話してカタをつけてくる】という手法をとることができるのは、支援あってのこと。

また、数日の間(今回は三日ほど)、過去記事の再投稿を行った。アクセスは不変で、順位にも変動はない。上京前は凄まじい量の資料を作成するため、三日の上京に対し事前準備の期間も4~5日はかかる。
少しサボらせてもらう形にならざるを得ないが、黙々とランキングを支えてくれるがゆえに、こういう無理もさせて頂けています。

【直接、アポをとって】と述べましたが、普通の地方議員ではアポはとれません。アクセスを持っており、それはそのまま得票につながるという前提があるゆえに、私も政界で発言力を有しています。少なくとも相手はそう思っている。結果も残してきた、皆様とともに。
ゆえに、これらアクセスも含め基礎が固まっていることも飛び回ることができる重要な盾なのです。
いつも感謝しております。

ちなみに明日は地元の敬老会。
行って帰って、また飛んで。
かと行って地元活動に参画していないかと言えばそうでもなく。
(今回の上京には、地元の大型事業の調整も含まれており、良い形で話ができました。すでに報告済みで、地域は大喜び出した。何本か、やった。)

 

 

感謝の思いを込め、一部のテーマを公開します。
詳細はいまは書きません。

テーマには、ユニオン関係のものが含まれる。
また、左派の資金源となりつつあった、制度上の瑕疵の指摘、および改善の具体的な手段の提案(そしてリアルに進みつつあるので進捗報告も。)。 

ここは複数案件が絡むのだけれど、瀬戸さんとやっていた件も関わるかもしれない。以前から言っているように、私はユニオン全般を含むフレームワークの話を進めていたので、どこまで直接的なものになるかは未知数だけど。
うん、まぁ、そういうことです。

最大のものは、対赤旗の進捗と報告。
この件については、私が指揮をとることになる。本当はもう手放そうかと思っていたのだが(ここぐらいまでやれば、おのずと望む結果は出るだろうと)、それなりの規模で動かすこととなった。ちょっと費用もかかる活動になると思う。
(やることになった場合、支援のお願いをアップすると思います。その際はご協力よろしくお願いします。)

建設的な政策も手がけた。
今回は珍しく、公共事業の基礎を支える話とか雇用面、ゼネコンも関連するような制度設計の事前準備も進めてきた。いつもとは毛色が違い、まだ不慣れな分野だけれども、恐らく面白い結果が返ってくると思う。
まあ、ゆっくり半年一年はかかる話だろうけれども。

色々と書くべきことはあるが、何をいつ書くかは少し考えたい。
いますぐ書ける内容もあるのだけれど、体力的に厳しいのでお時間を頂ければ。

大臣の椅子に座らせてもらった。
悪くないな等と生意気にも思ってしまった。

※ 本稿はスマホでポチポチ書いているので、今日はこのへんで。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

23 Responses to 東京に行っていた。現職閣僚らと懇談

  1. さぬきのゆめ のコメント:

    (大臣の椅子に座らせてもらった。
    悪くないな等と生意気にも思ってしまった。)

    目指してもいいのですよ。
    むしろ応援します。行ってください。

  2. 西郷隆盛 のコメント:

    いつも通りの八面六臂!

  3. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    相変わらずと申しますか、必然的と申しますか御多忙でいらっしゃる様ですね。
    本文中にサラッと触れられて居る事柄には、かなり広範囲に亘り思い当たる事があるのですが、若しかしたら某大村知事が泡を吹いて卒倒する様な事柄が含まれて居るかも知れませんし、居無いとかも知れませんね。
    あいちトリエンナーレに関しては、大村知事が見事に事を大きくし、延焼に延焼を重ねる様に燃料を供給し続けてくれてます。
    ここまで派手にやってくれれば、流石に行政も動きやすいでしょうし、それに伴って国会議員も動きやすくなった事でしょう。

    これは敵方も同様ですが、今回は基本的に”表現の自由”を主力武器として交戦を仕掛けて来る筈です。
    然し乍ら、嘗て連中が武器として開発した”ヘイト”がここに来て、逆利用され兼ねない自爆兵器と化しそうとなって来ました。
    ですから、言論弾圧兵器”ヘイト”を敵から取上げて無効化するチャンスとも言える訳です。

    勿論、政治家筋の動きは言論弾圧兵器”ヘイト”よりも、もっとおパヨク様に直接的で深刻なダメージを与えられる線で動くでしょうから、我々一般人は敵がその阻止に手が回らない様に、もう少し大村知事を盛り上げるのに付合えば良いでしょう。

    それにどうせ、諸兵科連合に近い感じの体制を組織しようとしてるのでしょうし、そのうちに十字砲火が可能な所まで進軍し配置を始めるのでしょうし。

    以前にも、現代戦が正規戦に付加え、警察活動とゲリラ活動混在の不正規戦とが合わさった形に変遷している事を記しましたが、この場合の正規戦は用意周到に準備を整え一撃で敵を壊滅させる事を目標とするものに変わって来てます。

    保守系政治家が対パヨク戦の軍隊活動を担ってくれるのならば、我々一般人はパヨクに対しての警察活動を展開すれば良いのです。
    ここは、我々は我々で世論をおパヨク様の不利な方向に持って行き、基本的には信じて果報は寝て待てでも良いのでしょう。

    • 鮒太郎 のコメント:

      その知事の名前を見て思い出しましたが、この時この人はどんな気持ちで天皇陛下をお迎えしたのか。
       http://www.syokujusai-aichi2019.jp/2019/06/26/%e7%ac%ac70%e5%9b%9e%e5%85%a8%e5%9b%bd%e6%a4%8d%e6%a8%b9%e7%a5%ad%e3%81%ab%e5%be%a1%e5%8f%82%e5%8a%a0%e3%80%81%e5%be%a1%e5%8d%94%e5%8a%9b%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%a0%e3%81%8d%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%8c/

      即位後初の地方公務でした。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、そうかやはり、相当、動いておられたか、、そうおもってはいたけれどw
    おつかれさまです!

    >大臣の椅子に座らせてもらった。
    >悪くないな等と生意気にも思ってしまった。

    さぬきのゆめさんもコメントされていたけれどw
    そうそう、悪くないんじゃないすか!
    ILレベルがあがったのですから、次のジャイアントキリングを目指すためにも、次への階段を上ることをお考えになられてもいいのでは・・・

    憲法改正が行われ、自衛隊が国防軍になる日までは、長生きをしようとおもっていますが、小坪先生が、国会議員になったよ!という姿もリアルで眼にしたいものです。

  5. 縁の下 のコメント:

    〉大臣の椅子に座らせてもらった。
    悪くないな等と生意気にも思ってしまった。

    かっこええな。そんな姿見てみたい!!

  6. 色なき風 のコメント:

    小坪議員様

    毎日ありがとうございます。

    過去記事をまだ全て読めていないため、以前のものを再投稿していただけることもありがたく思っております。

    さて、世界に繋がるインターネットです。書けないようなことがあっても当然だと思います。

    政に携わる方々には、それぞれ皆様役割分担があり、お一人お一人のご尽力が積み重なり結果・形となるもの。なので目に見えるものや成果を求める気持ちはあまりないです。
    (…スタンドプレーをしているような政治家はまやかし位に思っています。)

    これから毛色の違う不慣れな分野にも取り組まれるのですね。
    またパワーアップした小坪議員のお話を伺えることを楽しみにしております。

    いろいろなこと
    何事も時機があるから
    焦らずに。

    ランキング押してますよv
    ρ(´ー`) ポチ

  7. BLACK のコメント:

    やはり期待通りの、いつも通りの小坪氏です。
    再掲の後には私達読者にはお楽しみが待っています。

    いつか自席として今回座らせてもらった椅子に座ってください。
    小坪氏のことですから座っておられる暇も無く動き回られることとは思いますが。

  8. 波那 のコメント:

    三橋さんが安倍政権は民主党政権よりも公共投資を「やらなかった」と書いていますが、これは本当なのですか?分からないので聞きたいと思って。

    普段は読まないのですが、タイトルが目に入ったもので。あの人、安倍政権は大嫌い。安倍政権を批判する為なら山本太郎とでも組む人ですよね。

    >>「安倍政権は民主党政権と違い、公共投資を増やしている」
     といった嘘情報です。

    >>嘘情報が蔓延し、国民に「安倍政権は公共投資を増やした」という誤解が広まると、次の政権は確実に、
    「我々はバラマキ放漫財政の安倍政権とは違う。財政規律を重視する」
     と、緊縮安倍政権を越える緊縮政権にならざるを得ません。

    未来予知なさる千里眼も、お持ちなんですね。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      波那様、他は知りませんが、滋賀県では民主党政権時にはストップしていた道路工事が再開され、高速道路も開通いたしました。たぶん凍結されていた公共事業が再開されただけで、新たに事業が決済されたわけではないのかもしれません。八ッ場ダムも同じような事ではないでしょうか。

  9. 琵琶鯉 のコメント:

    了解いたしました。

    関東を襲った二つの若い台風によって首都圏の皆様も公共事業の大切さと自然災害の怖さを充分理解出来たと思われます。それを踏まえて亡くなった方々や被災された方々におきましては、お悔やみと1日も速い復興をお祈り申し上げます。

    さて、今、決壊した河川の修復が急ピッチでされておりますが、知り合いの土木関連の方の話しで、「何故、土嚢ばかりを積むのか疑問だ。河川が決壊したなら先ず、鉄板を打ち込んで流れを堰止め、それから土嚢や土を盛るようにしないと直ぐに決壊する。また、その方が費用も安く出来る。」と言われました。
    「コンクリートから人へ」の民主党政権とそれ以前の小泉政権によって、こういった土木関連の技術者が居なくなり、派遣や日雇ばかりになった弊害が、あちらこちらに見受けられます。

    強靭な国土を再構築する為にも技術者と職人の教育と確保の為にも国土交通省を自民党に戻す必要があります。また、働く事の大切さを知る日本人にとって経済産業省は大切な省庁です。経済活動が公平で正しくされているか指導し、新しい産業が芽吹くように見守って頂きたい。そして、防衛省は日本の宝である「自衛隊」を預かる省庁なのですから誇りをお持ち下さい。願わくば自衛官の給与と年金を同盟国アメリカ並みにして下さい。

    ほんとに沢山の事を知り学ばねばなりません。それは、議員さんだけでなく、私達国民も同じです。民主主義は、その国民の民度で決まります。まさに奥深い事だと思われます。

    • 波那 のコメント:

      民主党は土建業を崩壊させましたよね。廃業された所も多かったそうです。抱えていた職人さん達も一旦手離すと集めるのも大変ですよね。日本を破壊する為に何もかも仕組んでいたように思います。

  10. 神無月 のコメント:

    今日のエントリーの行間は「椅子」でしょうか?
    走り屋の小坪氏にとって、上位チームのF1のシートに座らせてもらった感激のようなものでしょうか?

    さて、憲法改正に向けて左派(メディア)も露骨な妨害活動を隠そうともせず活発化していますね。
    それだけ危機意識が高い証です。
    保守は活動予算が厳しく、左派は潤沢に見えるその裏事情に切り込めれば新たな展開も望めそうです。

    隣国を公に批判しても守られる時代になりました。臥薪嘗胆の保守でしたが、オセロの角を取れば一気に逆点も見えます。

    応援しています。
    .

  11. 琵琶鯉 のコメント:

    よいモノを発見いたしました。

    近年、中韓による日本の土地や不動産の大量買いが問題となっておりますが、これらを規制し、阻止する法律が、すでに1926年(大正15年)11月10日に施行された「外国人土地法」と言うものがあり、これは、廃止されていない為、現在も有効であるが、活用されてないのが、実情です。
    同法では、第1条で「日本人・日本法人による土地の権利の享有を制限している国に属する外国人・外国法人に対しては、日本における土地の権利の享有について、その外国人・外国法人が属する国が制限している内容と同様の制限を政令によってかける事が出来る。」と定めています。また、第4条では、
    「国防上必要な地区においては、政令によって外国人・外国法人の土地に関する権利の取得を禁止、また条件もしくは制限をつける事が出来る。」と定められています。(「米中貿易戦争」渡邉哲也 著作より)

    という事は、ですね。政令さえ出せば幾らでも規制出来るという事で、有効活用しましょうね💓
    政令を発布するには、「国会の承認は不要」です。閣議決定さえ成されればいいわけで、つまりは、首相が決断すれば、外国資本の土地買収をすぐに禁止する事が出来るんです。また、同法の規制の対象を中韓など特定の国に限定する事も可能のようです。

    そして、もうひとつ、茂木大臣に、
    外交の基本原則に「相互主義」があります。相手国が日本に認めている事を、日本も相手国に認めるというものですが、逆にいえば、相手国が日本に認めていないことは、日本も相手国に認める必要はない。中国の場合、土地は全て国有であり、中国人にすら所有を認めていません。当然、日本人に対しても同様です。そのため、本来であれば、日本も中国人にゆる土地所有を認める必要はないのです。
    これは、国際社会では、当然の話しでありますから
    差別当たりません。ニュージーランドが2018年2月に既存の不動産について、外国人の購入を禁止する法令を発動しております。

    という事で皆様。官邸メールお願い致します。

    • 旧新人類 のコメント:

      「外国人土地法」については、渡邉氏がツイートで触れておられたのを見かけました(本はまだ読んでないけど)。よし、この件も官邸メールします。情報ありがとうございます!

      • 常磐本線 のコメント:

        先人は、現状を予測していたのでしょうか?
        自衛隊基地・駐屯地周辺のアルかニダの土地取得をひっくりかえせそうですね。
        (もっとも、土地を売った方に税金等で恩恵があれば、売らなかったのかな。)
        アルかニダの欲しがりそうな場所の地権者に固定資産の優遇(国防理由)しても良いでしょうね。

  12. 旧新人類 のコメント:

    日本が絶体絶命の国難に直面した時、風のように現れた(というわけではないだろうけど)防衛大臣の小坪氏は。。。、という場面が見たいです。金城武が演じる「レッドクリフ」の諸葛孔明かっこいい。小坪先生も日本の諸葛孔明になってください!そして亡国の危機から日本を救ってほしい(涙)。

    さて、「国会議員による不当な人権侵害を許さず、 森ゆうこ参議院議員の懲罰とさらなる対策の検討を求めます。」キャンペーンの署名が「9,213 人 が賛同しました。もう少しで 10,000 人に到達します!」だそうです。私もあとで署名します。

    高橋洋一(嘉悦大)
    ‏認証済みアカウント @YoichiTakahashi

    通告遅れ損失試算。待機人員総数=課数×要員=500×4=2000、待機時間5時間、残業単価=公務員時給×1.5=2500×1.5=3750、損失=待機人員総数×待機時間×残業単価=2000×5×3750=3750万円。ただし国家公務員は労基法対象外なので実際には支給されずに泣き寝入り。しかも情報漏らしで国民民主からいじめ
    17:04 – 2019年10月19日

    恐ろしい嘘つきパワハラBBAですね。言動からして異常です。公務員は労基署に相談するとかできないの?議員特権の乱用が目に余る。国会運営のルールを変えるべきでは。この893議員を含む野党議員の国会での振る舞いは一昔前の学級崩壊並み(「ごくせん」を思い出した)で、子供には「こんな嘘つきになってはいけないよ」と教えるレベルです。ただし、こんな連中に票を入れる有権者がいるのも問題なわけで、どうにかならないものでしょうか。

    話は変わって。。。
    深田萌絵
    ‏ @Fukadamoe

    既成概念への挑戦が、現代アートのゴールみたいになってしまい技術の獲得が後回しになってしまった。

    それが、奇をてらった作品で『奇抜なオレ様サイコー』みたいな人を大量生産して社会にご迷惑をお掛けすることになったという現実を美大は反省するべきだね。

    そして、卒業後仕事もない。
    18:30 – 2019年10月19日

    深田氏は美術短大にも行っていたんですね。チョイルシンムンが御真影を燃やす(さらに灰を踏みつける)のは「ヘイト」じゃないと言っているそうで、そんなの誰に対しても「ヘイト」に決まっているでしょ!(怒)

    深田萌絵
    ‏ @Fukadamoe

    天皇陛下の御影を焼くことはヘイトか?

    芸術の世界は、象徴で伝える。
    民族の象徴である王や神様を焼く行為は、宣戦布告です。

    識字率の低い時代に芸術はプロパガンダとして成長してきた。

    天皇陛下の御影を焼くプロパガンダのパトロンによる宣戦布告ということです。
    16:53 – 2019年10月19日

    遠賀川コナン
    ‏ @mixednuts7777
    返信先: @Fukadamoeさん

    ワンピースでも宣戦布告は旗燃やすからな。
    わかる。
    18:40 – 2019年10月19日

  13. NW のコメント:

    まさに東奔西走。
    一歩一歩ですね。
    皆様のコメントも楽しみです。

  14. あき のコメント:

    官邸にメールを~・やらないよりはいいけどそんな事は何年も前からやってますし、やられてる方も居たんでは無いですか?! 全く馬の耳に念仏、糞の役にも立ちません。
    愛知の反日糞エンナーレ・全国からの苦情殺到にあの態度ですし、日本第一党の活動動画で明らかになった事、沢山あります、北朝鮮系に後援、職員(主に女が酷かったですが)の態度の悪さ(いい加減な事しか言わなくなりましたよ、蛙の面に小便、いい加減な事言っとけ~って感じです・あれで給料貰うの??)切りがないです。  
    あんな反日屑パヨクが、全国の公職に潜り込んでいるかと思うとぞっとします。

    民主党が~自民党が~じゃ無くて同じ穴の狢だと思います。 全部穴に入ってるか、頭入れてるか、尻入れてるか、出たり入ったりするかの違いだけです。  結局のところ同じような方向しか向いていません。  もう、自民擁護している場合じゃないです。 やる気が有ればできている事止められた事何て数限りなく有る。  水道民営化は?実際どう運営やってるかわからない糞移民爆増計画物凄い勢いで増えてるけど?種子法廃止、アメリカ貿易協定(言ってたことと真逆の結果でしたね)、あと、私、腹が立って仕方無いが大規模太陽光!速やかに全廃し、撤去、もう山を削り環境破壊に二次災害を引き起こすのは止めて欲しい!愚の骨頂でしょ!!本当に腹が立って仕方が無い。  現職官僚ねえ~、日本人へのヘイトクライム犯罪行為野放し、擁護政府ですからね?外国人大好き大好きさん達が多いでしょ? 何せ、敵性国人を公職に就かせるくらいですから。

    安倍が何か、ガタガタ言ってるけどもう、うんざり。  まだ擁護するような奴は~お察しですよ。  既存政党は、もう、要らないです。  糞反日野党の傀儡、代替等は言うに及ばずです。
    日本第一党・他にしっかりした政党が出なければ(無いけど)いけないです。

    今、ラグビーが盛り上がってますが、外国人選手よりも彼らを出汁に使う、糞野郎共にムカつくし、何が、日本人より日本人らしいだ、ボケ、黙れ、糞野郎と思っている!軽々しく言うな!日本人じゃないけど日本の為に戦ってくれてる事に感謝している。 低迷期支えてくれたカーワンさんにお礼言って欲しい。

    • 維新は裸の王様 のコメント:

      「いつまでも、続くと思うな、自民政権」

      大半の民衆はこう思ってるだろうね、”消極的判断”で票を投じたのだから。
      第一党やN国党、飛沫のままで終わってしまう。

      維新・・ 無理。

  15. 琵琶鯉 のコメント:

    日本再生の為の方法は多岐にある。基本は自分に出来る事をひた押しにする事。
    私が出来る事は、小坪先生のこのblogに自分が知った情報を投稿し、多くの方々に拡散していただきたい。(いろんな立場の方々がいらっしゃるでしょう。)政治家が動ける下地を作る。それが私達の役目です。
    日本がその本来の道を間違えて150年。汚鮮されて70年が経過されているんです。安倍政権になって6年。やっと旗色が明確になってきたんです。怒りで我を忘れてはならない。冷静に先を読み、裏を読み。正悪を呑込み。一歩づつ、確実に目的に向かって進む。これなんです。

    • 維新は裸の王様 のコメント:

      >日本再生の為の方法は多岐にある。基本は自分に出来る事をひた押しにする事。

      >安倍政権になって6年。やっと旗色が明確になってきたんです。怒りで我を忘れてはならない。冷静に先を読み、裏を読み。正悪を呑込み。一歩づつ、確実に目的に向かって進む。

      「よかれ」と思念して、結果迷惑となる「ひたおし」には反対する。
      【冷静に先を読み、裏を読み。正悪を呑込み。】
      ネットの闇は深いですよ、御注意を。

  16. 維新は裸の王様 のコメント:

    >単に移動距離が凄まじいのである。背景には皆様より頂いた個人献金があり、個人として自由になるお金の大部分を交通費・宿泊費に充てることができる。ほとんどと言っていい。

    私設秘書の給料は??

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください