NHKから著作権の侵害を受けたため抗議しました。→結果【是正を求める人はシェア】


 

 

NHKニュースの「「電凸」を考えませんか?」というネット配信記事において、議員として記述した当方のBlogが無断転載され、著作権を侵害された件について抗議を行った。当職は政治家であり、著作権は放棄しておらず法的な問題が生じることを伝えた。引用や紹介が問題なのではなく、「出典の明示」がなされていない点を指摘した。結果として、NHKとして回答があったため報告する。

令和元年8月19日8月19日19:27より、藤田氏から電話を受ける。
NHK広報局 視聴者部を名乗り、「ご指摘の記事について、著作権上の問題はないと考えております。」との回答を得た。これに対し、私は組織見解かと問うたところ「これはNHKの組織としての見解です。」との回答を得た。
私は、この回答自体が問題であるとし、さらに内部検討をするよう求めた。どの点が問題であるかは後述する。

政治家の発言は、使って頂いて構わない。
著作権法 第四十条により、”公開して行われた政治上の演説などは利用することができる”と規定されている。(一部除外規定あり。)また、同条の2項において「国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人」も(前項の規定によるものを除き、)報道の目的上正当と認められる場合には、新聞紙若しくは雑誌などの掲載が可能と規定されている。

そのため、「転載」や「引用」を【やめてくれ】という抗議は行っていない。
メディアが私たち政治家の発言を報じることについては、法で規定されていることもあり、ルールに則って議論して頂いて構わない。もちろん、壁耳取材などという盗聴まがいみたいなものは、これは著作権法は保護していないという立場である。

私たちの発言や記述が、議論の俎上にあがることはむしろ歓迎する。
引用などが自由に行うことができるという立場だが、それは「私の著作権が消滅した」ことにはならない。著作権には様々な権利があるが、そもそも著作人格権は譲渡しようもない。また議員として出版したもの、もしくは私の場合は特殊だと思うが、議員として記述し論文番号を取得したものも複数本ある。
(議員として論文番号を複数持っているのは相当珍しいとは思う。)

この場合、原稿を納めた場合には、著作権のうち使用権が委譲されるという認識なのだけれども、その際には出版社の財産になる。ただし私の著作人格権は消滅せず、使用権のみが移るというイメージだ。
繰り返しになるが、議員の発言を使うことに法的な問題はないけれども、併せて私たちの著作権が消滅するわけではない。

また、同法において、著作権法 第四十八条において(出所の明示)が規定されている。これは、上記の第四十条を含めると定めたうえで「当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。」と規定されている。
および第二項において「2 前項の出所の明示に当たつては、これに伴い著作者名が明らかになる場合及び当該著作物が無名のものである場合を除き、当該著作物につき表示されている著作者名を示さなければならない。」と規定されている。

ゆえに、NHKに対しては「当方の著作権を侵害している」と抗議し、「出典を明示せよ」と要望を行った。その回答が、「ご指摘の記事について、著作権上の問題はないと考えております。」であった。流石に、「え??」となり、当方の抗議内容と法論拠を伝え、法令遵守の観点などを述べたところ、藤田氏も「あら??汗」みたいな反応であった。ちゃんと内部で検討したのだろうか、不安になる。
そのため、「本当にNHKとしての、組織見解ですか?」と問うたところ、NHKとしての回答であるとのこと。

今回、私が抗議した内容をもう少しかみ砕くと、NHKは”電凸がよくない”という流れの論調を展開したいと感じさせる記事を配信しており、組織的な電凸として当方のBlogのスクショを撮っている。
その際に「ネットのリスト」みたいな形で当方のBlogを使っているわけだが、出典は明かされていない。せめてリンクぐらい張るのが常識だろう。
最悪だと思ったのは、当方のBlogのスクショをとったうえで、左下には”NHK”というクレジットを入れている。おいおい、スクショとっただけで勝手に著作権をNHKが主張するというのは我慢ならない。
抗議においては、当方は著作人格権者であることを強く明示している。

これが「リストのみ」であれば著作権の主張は難しいだろう。
だが、当方は政治主張なども含めて論述しており、数値の羅列をアップしているわけではない。確実に著作権が発生する記述だ。
私が不愉快に感じたのは、こちらは議員として名を明かして書いた文章であるにも関わらず、NHKの報道を見ると「あたかも匿名ブロガー」であるかのような錯覚を与えかねない点だ。いわゆるネットの反動勢力が活動しているかのような印象を与え、議員として公式に動いているにも関わらず、そのような

では、なぜ彼らが「出典を明示しない」のか、もしくは「リンクを貼っていないのか」を考えてみよう。それは、当方が”昭和天皇の御真影を焼く映像”について言及しているからであろうと推定している。NHKは、この点については触れていない。
また、抗議電話自体については、例えばパブコメと同様に地方公共団体を含む行政組織に対して行うものについては、違法性を問うことは難しいという立場だ。
これらの主張が”リンク先にジャンプ”した結果、目にしてしまえば元の木阿弥だから出典を明示せず、若しくはリンクを貼らないのだろうと見ている。
これを邪推という者もいるだろうが、法益を侵害され、それに対して「問題ない」と述べられた以上、これぐらいは言われても仕方ないだろう。

本件は、編集権とは別次元の話だ。
私を含む政治家の発言のうち、どの部分を採用するかは編集権の議論になるだろう。だが、今回、論じているのは「単に著作権の話」である。出典を明示しろという要望すら無視し、抗議に対しては法的に問題ないという回答。順法精神がどうとかいうレベルではない。法の解釈の話ではなく、法の条文そのものであり、議論の余地は一切ない。

この議論を発展させる方向に舵をきったことは、NHKのみならずメディア全体で大失敗だろう。ネット上の画像や文字について、なんでもかんでも盗用し記事を書く癖がついてきている。例えばテレビでyoutubeの面白映像を放映する場合もある。第三者のTwitterを勝手に用い、特定の方向に歪めて配信もしてきた。
まだ一般人の場合には、個人情報保護の観点などと述べ、アカウント名のみ伏せたという強弁も可能だろう。

だが、議員は別だ。
実際に、使用について著作権法で規定されており、条文そのものに明記されている。ここまで自由に踏み込んでくるのは、流石に常識がない。NHKを含め、メディアのみ法律から自由だと錯覚しているのであれば、それは是正されるべきだ。

この件を論じて行くと、メディア全体が苦しむというのは、上記のロジックは国会議員のみならず地方議員も全て対象として使用できるという点だ。この法の使い方が地方議員を含め多数の政治家に伝播した場合、メディアは相当にやりにくくなる。
これは報道の邪魔をする意図はなく、「正しく伝えろ」という一点になる。こちらの著作物を使うのであれば、その引用元が参照できるよう出典を明示すべきだ。

出典の明示またはリンクを記載した場合、私たちの主張も含めて閲覧できるようになる。結果としてどうなるかと言えば、「特定方向に誘導したい」という、そのような歪んだ方法が使えなくなるのだ。
余談になるが、当方がBlogで用いる場合には、公式のAPIを活用している。例えばTwitterやFacebookを引用する場合には、当該SNSの公式の機能(API)を用い、当該SNSのデータを引き込む形をとっている。その場合、引用した文章は(投稿者の権限で)文字の変更・修正や画像の削除などを行うことができ、かつ出典の明示も兼ねる。画像そのものや文章を論評の為に引用する場合には、URLなどの明記を実施していることを付記しておきたい。

では、それらの法の条文を紹介し、NHKへの抗議の実態について詳述する。

 

 

 

※ 試験的に、日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

NHKによる著作権侵害

以下、当該記事を論評の為に紹介する。
私は出典の明示(著作権法上の、出所の明示)も確実に行う、私はね。

ただし、画像については【当方の著作物】であるため、著作権人格権者として自由に使わせて頂く。私の文章だ。

これで報道を名乗るのだから、くそ恰好わるい。まったくプライドなどない情けない連中だ。

下記の画像が、私の著作物である。

 

「電凸」を考えませんか?

 

2019年8月14日 21時27分

 

愛知県で開かれている国際芸術祭の展示が、開幕から3日で中止された問題。行政がそう決断した理由が「電凸(でんとつ)」と呼ばれる抗議活動でした。そもそも「電凸」とは何なのか調べてみました。

「電凸」は、今から15年ほど前にネット上で生まれたとされる言葉で、「電話突撃」というのがその語源だそうです。

もとは、一般市民や個人が行政機関や企業、マスコミなどに電話で見解を問いただす行為で、それ自体は、何らとがめられるものではありません。電話でなくメールを使うこともあります。

しかし、最近、この「電凸」のマニュアルがネット上で共有され、標的とする相手に執ように抗議することで、業務や催しが中止されるケースがここ数年、相次いでいます。

今回の『あいちトリエンナーレ』の『表現の不自由展・その後』は、まさにその一例でした。

 

 

問題とされた少女像の撤去などを求める抗議の電話やメールがわずか2日間でおよそ1400件殺到。中には、職員の名前を聞き出して、ネット上に公開された事案まで起きました。

実行委員会は電話回線や職員を増やして対応しましたが、抗議の電話は県庁や協賛企業などにも及んだといいます。

 

(中略)

 

今回の問題をきっかけに、改めてクローズアップされた「電凸」。私たちはその影響や広がり、当事者の声をさらに取材し、みなさんと考えたいと思います。

https://www3.nhk.or.jp/news/contents/newspost/
投稿には「電凸問題」とお書きください。ご協力よろしくお願いします。

 

 

リンク切れの際には、以下のアーカイブからどうぞ。

archive.is web.archive.org

 

NHKは報道であり、しかも「税も投じられている公共放送」なのでしょう?

これで公共を名乗るのだから、本当に恰好わるい。

 

編集権の問題じゃないだよ、法の問題だ。

勝手に人のBlogをスクショして、「NHKとクレジットを入れる」行為が、どれぐらいダサいか。

はっきり言うが、アホだ。

 

下記が、NHKに転載された元記事です。

 

 

 

著作権法

法論拠を示す。

 

以下のように、同法第四十条により、私たちの著作物を使用することに問題はない。

 

第四十条 (政治上の演説等の利用)
公開して行われた政治上の演説又は陳述及び裁判手続(行政庁の行う審判その他裁判に準ずる手続を含む。第四十二条第一項において同じ。)における公開の陳述は、同一の著作者のものを編集して利用する場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。

2 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人において行われた公開の演説又は陳述は、前項の規定によるものを除き、報道の目的上正当と認められる場合には、新聞紙若しくは雑誌に掲載し、又は放送し、若しくは有線放送し、若しくは当該放送を受信して同時に専ら当該放送に係る放送対象地域において受信されることを目的として自動公衆送信(送信可能化のうち、公衆の用に供されている電気通信回線に接続している自動公衆送信装置に情報を入力することによるものを含む。)を行うことができる。

3 前項の規定により放送され、若しくは有線放送され、又は自動公衆送信される演説又は陳述は、受信装置を用いて公に伝達することができる。

 

 

その上で、私たち議員の著作権が消滅するわけではない。

四十八条において、四十条を理由に利用した場合の扱いも規定されている。
出所の明示は「法的な義務」だ。

 

第四十八条 (出所の明示)
次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。

一 第三十二条、第三十三条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)、第三十三条の二第一項、第三十三条の三第一項、第三十七条第一項、第四十二条又は第四十七条第一項の規定により著作物を複製する場合

二 第三十四条第一項、第三十七条第三項、第三十七条の二、第三十九条第一項、第四十条第一項若しくは第二項、第四十七条第二項若しくは第三項又は第四十七条の二の規定により著作物を利用する場合

三 第三十二条の規定により著作物を複製以外の方法により利用する場合又は第三十五条、第三十六条第一項、第三十八条第一項、第四十一条、第四十六条若しくは第四十七条の五第一項の規定により著作物を利用する場合において、その出所を明示する慣行があるとき。

2 前項の出所の明示に当たつては、これに伴い著作者名が明らかになる場合及び当該著作物が無名のものである場合を除き、当該著作物につき表示されている著作者名を示さなければならない。

3 次の各号に掲げる場合には、前二項の規定の例により、当該各号に規定する二次的著作物の原著作物の出所を明示しなければならない。

一 第四十条第一項、第四十六条又は第四十七条の五第一項の規定により創作された二次的著作物をこれらの規定により利用する場合

二 第四十七条の六第一項の規定により創作された二次的著作物を同条第二項の規定の適用を受けて同条第一項各号に掲げる規定により利用する場合

 

よって、私のBlogは「リンクを張る限りは、自由」である。
以前より、上記のスタンスで臨んでいる。

引用か所がどこかわかるよう、ブロックアウトする若しくは引用符などを用い、かつ出所としてURLを貼って頂ければ使って頂いて構わない。

それが順法精神というもので、そのように運用してきた。

 

冒頭でも触れているが、他者の投稿を紹介する場合には、公式APIを用いている。

外部公開している投稿は、当該SNS側の機能として(このBlogを含む)外部に引き込むことができる仕様になっている。
画像そのもの、文章そのものを「ここ」に持ってきているわけではなく、当該SNSの一部を覗きこむような方法。

その場合、投稿者が自身のアカウントで文章を編集することもできるし、非公開にしたり削除することも可能である。
併せて、それは当該SNSの公式機能の一つであることを付記しておきたい。

 

このあたりの解釈において、オレオレルールで勝手に人を断罪する事例が絶えない。
この際、条文そのものをご覧いただいたほうが良いと思う。

そして、NHKは法律を守れ。
勝手に人の権利を侵害するな。

 

 

 

抗議

電話による抗議、および、即座にTwitter上にて公開で抗議を行っている。

 

 

 

 

 

 

電話における抗議は、冒頭で述べたとおり。

当方のBlogのスクリーンショットが配信記事に含まれている。著作権は放棄していない。無断転載に対して抗議する。および、出典の明示として、名前を記し、リンクを張るように要望した。

私が特に問題と思ったのは以下の二点。
当該画像には、NHKのクレジットが記載されている。勝手に人のBlogをスクショし、クレジットをいれるあたり、どうかしている。

二つ目は、あたかも匿名ブロガーみたいな扱いになっている点だ。
私は議員として、名を明かして責任元を明示してBlogを書いている。その点は、はっきり言って重みが違う。こちらは政治活動として、覚悟を持って書いているのだ。

公式にやっていることなので、例えば記事においても「地方議員の主張として」などと付記すべきだろう。また、リストのみに焦点を当てるのではなく、ある程度はこちらの主張も言及すべきだ。それを編集権と強弁するのは眼に見えているが、だったら人の著作物を使うな。

 

これは電話では言っていない部分ですが、本来であれば「取材はあてるべき」ではないか?
なんの連絡もない。勝手に盗用し、勝手にクレジットを入れる。取材もあてず、相手には発言の機会を与えず、一方的に断罪していく。

これで公平性が担保できるとでもいうのか?

 

上記でも明らかなように、記事配信直後に行った抗議は、法を踏まえたものになっている。
そのため、敢えて当時のtweetを引用した。

余談になるが、これが公式APIによる埋め込みというもので、公開の投稿を引き込むことができる。

 

例えばこういうのが、公式APIによる引き込み。

 

 

 

野放しのメディア

これはNHKに留まらず、本当に目に余る。
ネット上の発言は、自由に利活用し、出所を明示しない。

別に、あなた方のニュースの種のためだけにネットはあるわけではない。

 

無論、一般人の発言を「アカウントも丸出し」で出すことには問題もあるだろう。
中には極めて私的なアカウントもある。これを勝手に報じることには問題がある。

ゆえに、保護の一環として、アカウント名にモザイクをかけるなどは、議論としては成立するだろう。
実際、先ほどのNHKの記事には二つ目の画像も紹介されており、それはまとめサイトもえるあじあ氏のTwitterであった。こちらのアカウントについては、アカウント名が画像処理されている。

 

だが、議員の投稿は別だ。

前述のように利用方法も法で規定されているものであり、勝手なことをされては困る。
そもそもネットの投稿に対し、メディアが一方的に報じていいという点に違和感を覚える方もいるかも知れないが、とりあえず「この部分については、強く主張できる」ことを述べておきたい。

 

どこを採用するかは編集権と強弁すると言いが、そもそも出所を明示せずに盗用するのは明らかにアウトだ。

著作権第四十条で、私たちは裸にされるわけだが、同じく第四十八条において保護もされる。

 

最近の報道は、ネットに頼りっきりだ。
youtubeの動画を垂れ流し、それを番組と言ってみるあたり、見ていて情けないしあさましい。

ニュース報道でも、Twitterに投稿された一般人の動画を「どうにか利用したい」とあからさまな取材攻勢を試みる。

はっきり言えば、やりたい放題。
物凄く、野放し状態だ。

 

このあたりはガイドラインか何かが必要なんじゃないかな。
そもそも法で規定されているわけで、ガイドラインもへったくれもないのだけれど。

ここが「ルール通り」になると、いまの野放しのメディアのやり方は通用しなくなる。

 

とりあえず、このロジックを地方議員の同志に伝えていきたい。

 

 

 

電凸依頼

以下について、NHKは私のBlogの一部を画像加工している。
対象は、電話番号だった。

名古屋市への問合せは不要であるため、愛知県のみ再掲示する。
下記は、公開の電話番号である。

 

(愛知県)
代表電話:052-961-2111
知事室 :052-954-6000
県議会事務局:052-954-6730

 

NHKも問題ないと述べているし、是非、お問い合わせ頂きたい。

「電話にて、抗議の声を伝えることや、どのような事業であるかを質問すること、つまりお問い合わせは、違法なのですか?」と。

つまり、電話かけちゃ駄目なのですか?と、その部分について見解をお伺いしたい、と。

 

税の使途について、県民が問い合わせをしたり、
もしくは国費の助成を受けているため、日本人として県外の人間が「税の使途」に関して問い合わせることに何か問題があるのでしょうか?NHKがあのような報道をしておりましたが、愛知県としての見解は如何ですか?と。

税を納めているのは、私たちです。
使途について問うことは、なんの問題もない。無論、脅迫やテロ予告は絶対にダメだ。
だが、それとは別の次元の話として、使途を問うことが問題になるわけではない。

議員は、有権者の代弁者と言われることが多いが、議員の仕事は税の使途を問うことでもあり、翻って有権者それぞれにもその権利は保障されているというのが私の考えです。

 

NHKがこういうことをするから、逆に延焼していくわけだ。

愛知県は、被害者ではない。
税を納めており、当初の想定とは全く違う展示物を掲示された、納税者こそが被害者です。

知事がなんの対応もとっていないのが問題なのであって、問い合わせ自体に問題があるかのように誘導し、あたかも「愛知県は被害者」としたいメディアは歪んでいる。
そもそも私が強く論述している、昭和天皇の御真影を焼く映像や日の丸や星条旗を揶揄した構造物について、メディアは意図的に触れていない。

そんな世論誘導の「パーツ」にするために、私の文章を盗用されることを容認する気はさらさらない。

 

 

 

私の、今後の展開

ある意味、NHKで良かった。

やりようがある。

 

意外に知られていないが、NHKには税金も投じられている。
総務省の予算。

NHKの集金人が集めているお金だけではなく、国費が投じられている。

 

つまり、総務委員会で予算も審査されているわけで、国会議員を経由して総務省に問合せたい。
NHKで良かったと言ったのは、これが民放であれば次の一手が迷うため。
動きすぎれば、「報道弾圧だ」と言われる危険があり、少し丁寧に動く必要がある。

だが、実際に税が支出されている以上、その使途や運営について、立法側が言及することはなんら問題ない。
むしろ職責である。

 

もちろん、地方議員には、国の予算を審査する権限はない。
だが、国・県・地方と、各議会がしっかり連動して動いている場合には、一発で上まであげることが可能だ。

地方議員は、最前線の現場として「目」の機能を果たし、問題点について国会議員に報告することは、通常フローである。

 

また、総務省を一つの会社と看做すと、大臣は社長となる。

ご存じの通り、大臣には国会議員が就任することが多い。
(民間人でも指名を受けることはある。)

歴代の、総務大臣は、元社長に相当する。
それなりに総務省に発言力はあるわけで、元大臣を経由して「ちょっとおかしいんですけど」と要請をかけることは可能。

 

ここから先はマイナーで地味な作業ゆえ、blogで書くかはわからないけれど。

一般人には馴染みの薄い専門用語を多用し、端的に短い政策資料を淡々と撃つのみ。

 

まぁ、書いてる以上、もう終わってる話でもある。

別に電話一本で終わる話なのだから、すでに話はある程度はつけてから書いている。
「え?そんなに速いの?」ではなく、終わってから書いてると言ったほうが正確だ。

ここ数日、特に多忙で、センシティブ事案の陳情対応をしており、Blogを書く余裕はなかった。
けれども、日常的に国会議員とも電話しているし、提示報告の際にこの件を述べるぐらいの余裕はあった。

 

一歩、進んでさ、
ガイドラインみたいなものを作ってもらうのもいいかも知れない。

相手がNHKならやりやすい。
まさしく公共放送の「責務」として、他メディアに対しての「模範」となるよう、法に基づく運用をお願いしたいところだ。

どのタイミングで、どんなものを書くかは、のんびり考えよっと。
(すでに完成している可能性もあるけれどね。)

 

私は、私のなすべきことを行います。

皆様には、それぞれの立場でなせることをやって頂きたい。

 

 

私は、議員としてなすべきことを行っていきます。

 

具体的には、国会議員に通報し、

 

政治家として退かないというのが私の責務だと考えております。

 

皆様にお願いしたいのは、

 

「NHKには順法精神が欠如している」という部分を広めて頂きたいのと

 

このような法を用いたロジックが成立することを

 

地方議員の同志に広く伝えて頂きたいのです。

 

あまりに野放しのメディア、ある程度は牽制していこう。

 

これは明らかにNHKが悪い。

 

ここでしっかり押し返す。

 

NHKを含む報道体制に対し是正を求める方は、拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

37 Responses to NHKから著作権の侵害を受けたため抗議しました。→結果【是正を求める人はシェア】

  1. 学のない保守 のコメント:

    NHKがここまで堕ちてるとは
    思いませんでした。

    どこかの党じゃないけれど、
    本当にぶっ壊された方が
    いいんじゃないの?

    • 常磐本線 のコメント:

      余命翁より既出ですが、「設備残して殲滅」ですな。
      T豚じゃないけど、どれだけ特・あに浸蝕されているんだか・・・・

    • 加藤 義浩 のコメント:

      NHK,ひどいですよ。
      勝手に上がり込んできようとします。
      ホントにテレビ捨てたのに、「アンテナ外せ」、と言ってきました。
      ブチ切れました。

  2. やくも少年 のコメント:

    これこそ、NHKから国民を守る党の立花孝志参議院議員の出番ですな。
    天敵に付け入る隙を与えるNHKには、呆れました。
    どんどん、いってやりましょう!

  3. 類似の例 のコメント:

    小坪先生どうもありがとうございます。最近のNHKの報道にも盗作(?)ではないかとの疑問の声があげられてますね。真偽のほどは断定いたしませんが、ご意見として紹介しておきます。

    https://twitter.com/haratetchan/status/1162343381877440512
    原武史‏ @haratetchan8月16日
    れっきとした先行研究があるのに、それに全く触れず、あたかも今回の史料で全く新しい事実が発掘されたかのように報道するのは、研究倫理に照らしてもいいとは思えない。またこのことに全く言及しようとしない学者のコメントにも疑問を感じた。

  4. 宮仕え のコメント:

    著作権のよい教材になりますね。
    悪いお手本がNHKという。

  5. 旧新人類 のコメント:

    保守速報の記事にあったんですが、NHKから「重要」と書かれた封筒がポストに入れられ、みんなが叩き捨てているそうです。をそのツイートの中で一番おかしかったのがこれです。

    NHKから送り先も何も書いてないただデカデカと重要、何日までに返送してくださいって封筒来たので全力でゴミ箱に投げた
    — 教祖 (@Nerv_416) 2019年8月11日

    そしてこの記事のコメント欄から知ったのですが、NHKはシナ語放送を始めたそうですね:

    「NHK華語視界」(中国語名:华语视界)

    【開始日時】2019年1月15日(火)後6:00(日本時間)

    月曜日から金曜日までの平日(原則として祝日は除く)に、中国語の吹き替えや字幕(簡体字)を付けて配信。

    後7時からは中国語ニュース「东京网播间」。鎌倉千秋アナウンサー、ジェームス天願さんら5人のキャスターが日替わりで、ライブでニュースをお伝えします。」

    なんでNHKが中国語のニュース流してんの?中国の国営放送でも日本語のニュース流しているんですか?NHKが総務省の予算と日本人の受信料で中国語放送流す意味がわかんない。中国人からも受信料取っているのかね。日本人の税金を使って、勝手なことするな!!

    ところで、武井とかいう日韓議連の議員が、以下のツイートをして大炎上中です。

    武井俊輔(自民党 宏池会)
    ‏認証済みアカウント @syunsuke_takei

    先程書きました韓国人観光客へのおもてなしについて、来なくていい、迷惑だなどと口汚い言葉の羅列は恥ずかしく暗澹たる思いがします。政治が難しい関係の中、自分のお金と時間を遣って、訪日して頂く方を歓迎すること、それが美しい日本ではないのではないのか、もう一度考えて頂きたいものです。
    6:16 – 2019年8月19日

    これに対して、「日韓議連が特亜をつけあがらせてきたせいだろ!」「私は、嫌いな国からきている人でも、道を聞かれたら親切に案内している、誰が口汚い言葉を使ったか、言って見ろ」など批判が殺到しています。たとえば:

    Peco
    ‏ @Peco89719350
    返信先: @syunsuke_takeiさん

    日韓間の関係がこじれたのは、あなた方日韓議連の議員が甘い汁ばかり吸ってきたからでしょう😠
    陛下を侮辱され、国旗を焼かれ、反日大統領を選ぶような国民と何故親しくしなければいけないの?
    あなた方日韓議連が正しい歴史に蓋をしてきた結果でしょ!
    その責任を感じず上からモノを言うんじゃない💢

    はいほー!
    ‏ @shVndqcHgBljQBe
    返信先: @syunsuke_takeiさん

    ポンコツ野党あっての
    自民党選択だという事を
    肝に銘じろ!

    与党議員の中の媚韓・媚中を厳しい目で見ている有権者の存在を忘れるな。

    国民の血税を惜しみなく
    ばら撒き 結果として
    特亜をつけあがらせた事への怒りを全く理解していない。
    だからこそ輸出管理に対し95%もの国民がyesと言ったのだ!
    2:59 – 2019年8月20日

    大体、前から感じてましたが、この人はものの言い方が上から目線でエラそーなんですよ。だから余計反感を買うんだよね。さすがパヨクに人気の議員様です。

    • 波那 のコメント:

      ✳素敵なツゥイートですね。

      NHK内部にCCTV(中国中央テレビ)の日本支局がありますよ

      ttp://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1219.html
      CCTVの日本支局は、何と日本の公共放送であるNHK放送センター(東京都渋谷区)の中にあるのである。同センターに電話をかけると、内線でそこに繋いでくれるほどだから、NHKとしては相当深い「関与」である。
      出典╱NHK内部にCCTV(中国中央テレビ)の日本支局

      それと、韓国放送公社、KBS東京支局も、NHKの中にオフィスがあります。

      色々書かれています。こちら↓をどうぞ。

      ▽NHKが反日報道を繰り返す理由とは:NHK社屋内に中国と韓国の国営放送の出先機関
      https://matome.naver.jp/m/odai/2153801773540914801

  6. ossansunny のコメント:

    小坪様、毎日毎日お疲れ様です。先の参院選では当初自分の中で遺憾な部分も多少ありましたが、小坪様の呼びかけに応じた投票をしました。

    件のサイトを見ましたが、なるほど!という感想です。御両名の、盗用されかつ無断改変された部分さえからも「行き過ぎた電凸」を煽るっているようには伺えません。小坪様の当該エントリを全部見ればなおのことですね。

    であるのに、記事の後半部は「行き過ぎた電凸」の事例のみを紹介していて、これでは電凸自体が悪行であるかのように誘導されてしまいそうです。
    本来ならば、引用元に取材して「行過ぎていない」電凸事例も交えて電凸のあり方を論じて、よりよい方向に導くにはどうしていくことが必要かといった内容等になるべきものであるはずなのに。

    私は普段はあまりこういったことを敏感に考えているわけではありませんが、件のようなことが積み重なると、当然他の報道のウラにもベクトルが隠されているのでは?と穿つようになってきます。

    「電凸問題」という造語もいまいち腑に落ちません。

  7. 東京都56歳 のコメント:

    キッチリけじめつけます。
    そういうことですよね。

    忙しいのに、
    NHKとか、
    愛知県とか、
    お疲れ様です。

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    こちらの常連の方は、本日のエントリーを見て「かかったな」と感じたかも知れません。
    NHKが転載したエントリーには、毒蜜的な甘みが含まれていました。
    そう民放では無く、NHKだからこそ引き寄せられる一種のフェロモンが如くの。
    NHKが経験した成功体験(?)から、何かしらのアクションを起こし易い状況はあった・・・っと。

    若しこれが思い過ごしで無ければ、そもそもがどのタイミングでNHKが雷管を起動させてくれるかだけの、殆ど終わっていた話しだったのかも知れません。

    扨て、マスコミからすれば痛し痒しなのでしょうか、露出が多く現政府広報の矢面に立たされる割に、何故かマスコミが総攻撃をかけない方がいらっしゃりますね。
    何でもその方は、総務大臣の経験者だとか。

    まぁそれもヨシとして、この手のネタは引渡しが済めば、威嚇として利用するか、実際に発砲するかの判断は引渡された側の判断となりましょうし、発砲する時は一番戦果が高いタイミングでしょうから、我々一般人が気付くのは数週間後か、はたまた数年後かと言った流れで非常に地味なものでしょう。
    とは言え、一連のレポートはマスコミにとってはフッ酸に近い、毒物になるのではないでしょうか。

  9. 名無しさんでお願い致します のコメント:

    何時も通りのNHKで安心しました。
    どこから手に入れたのかリストを元に懲戒請求者に自宅突撃してきた連中です。この頃から遵法精神等持ち合わせていないし全く変わってない。懲戒請求者に取材を悉く断られて、結局役者を使って自分達の都合の良いように放送したお笑い草にもならない番組放送してました。こんな遵法精神を持ち合わせてない、偏向報道に全ての力を注いでる放送局が日本に存在している事が不思議です。

  10. スカイツリー のコメント:

    小坪先生 いつもありがとうこざいます。
    公共放送とは何なんだろうと思います。
    漫画が必要か?
    史実に基づかない大河ドラマが必要か?
    諸説あるなかから一つしか紹介しないチコちゃんが必要か?
    民放との違いは何なんだろう?
    我々からお金を徴収したり税金投入する価値があるのか?
    全国ネットワークは凄いと思いますがね。

  11. Sinobu Hattori のコメント:

    小坪先生の今回のケースは、

    「他者を著作物を 自己の著作物と偽って公表した」

    …という内容が、先ずは問題の部分かな?…と考えます。

    著名な方の内容の場合、
    「パブリシティ権」という屁理屈(笑)を
    適用してくる事も有るのですが、

    内容が「著作物」として取り扱える場合は、
    上記にはあたらないでしょうし、

    そもそも「元が誰の記載なのか?」の提示が無い以上、
    政治内容や事件案件としても、
    パブリシティ権の意味として通用しません。

    ―――――――――

    今回のこれは、

    只の「盗用」という「盗み行為」です。

    ―――――――――

    更に、自己の都合の悪い部分を隠蔽する事も
    情報提供の機関として、酷いと考えます。

    これで「皆様の公共放送」…と、のたまうのは、
    ちゃんちゃらで、ヘソ茶が沸きまくりですね。
    盗賊団なのでしょうか?(笑

    ――――――――――――

    …余談ですが、一般的な方法として、

    著作権・著作人格権で侵害を受けた場合、
    法違反の行為となりますので、

    自己のお住まいの警察機関か
    違反行為を行なった輩の所在する警察機関へ、

    相談、若しくは、告訴として、
    違反行為者への取り締りや捜査してもらうという
    方法も有りますね。

    その際は、
    どの様な被害を受けたかの内容を
    明確にしておくと良いですよ。

    ・勝手に商売として使われたら「被害額を算出」
    ・人格権の被害としてなら「風評被害の規模」

    …等々、実害の内容を形にしておくと、
    警察への説明しやすくなります。
    普通に「盗用された」という事でもイイですよ。

    殆どの場合では「削除」か、
    出版物で有れば「回収」で収まるのが多いのですが、

    無視を続ける…等の悪質な場合は、
    警察機関への被害を出す事を おススメします。

    著作の被害を受けた場合の参考にして下さいませ。

  12. 亜太刀メメント のコメント:

    小坪先生こんにちは。

    今度はNHKの被害に遭われたんですね。拡散します。

    それにしても、「ネットは悪」と言うような報道をしているくせに、自分達はブログは見るし盗用もする。

    本当にパヨクってダサいですね。

  13. BLACK のコメント:

    小坪氏の今回のご投稿、お待ち申し上げておりました。

    N国党の立花代表の当選、NHKのパブコメ(この結果はまだ判明してはおりませんが)等々
    NHKへ普通の国民の疑惑の目が向けられているなか
    思い上がりの油断故でしょうか、それとも焦り故でしょうか、
    NHKは悪いタイミングで悪い戦法を選択したと思います。
    (NHKを攻める側にとっては、良いタイミングで良い戦法を選択してくれました。小坪氏のお仕事は増えますが)
    まるで某国の行動パターンのようです。

    私が少々不審なのは
    ①NHKの『電凸を考えませんか』を考えツイートした方(または方々)は小坪氏がどのような人物か全く知らなかった、気付かなかったのでしょうか。
    ②小坪氏がどのような人物か知っていたから、犯罪の先導者であるかのように報道して貶めようとしたのでしょうか。また、貶めることの出来る人物と思ったのでしょうか。
    ③小坪氏の一番最初の抗議を「公人の著作権は保護されない」と言う意味だと勘違いしたのでしょうか。著作権明示の必要を知らなかったのでしょうか。知らずに今まで報道の仕事をしていたのでしょうか。
    偶然かどうか、小坪氏の抗議投稿の直後「公人の著作権は保護されない。知らなかったのですか」とNHK擁護の書き込みがありましたね。
    ④「自分達は悪くない」「自分達は正しいことをしている」「公共放送が公共の為に報道している」で、今回も逃げ切れると自信を持っているのでしょうか。

    NHKの報道姿勢には、報道内容には、常々不審・不満でした。
    が、法的なことでもこのように滅茶苦茶なのには驚きました。
    正しく、法を無視のやりたい放題だと判明しました。
    そして、法を無視しても左翼を擁護したい、電凸した日本人を法を無視しても、法を犯しても「悪者」にしたい、とNHKが切望していると明白になりました。
    NHKの報道(ツイートを含む)で日本人を洗脳したい、洗脳出来る、とNHKが行動していることが証明されました。
    津田氏の「電凸はテロ」発言との連動・連携も疑われます。って、バレバレですが。

    小坪氏は多忙になり、申し訳ない限りですが
    NHKの極悪さがよくわかりました。
    ありがたいことです。
    小坪氏、ありがとうございます。

    • BLACK のコメント:

      私は今回の参院選では、N国党を応援しつつも自民党へ投票しましたが
      次回の国政選挙では、N国党に投票するかも知れません。
      政府が現在のようなNHK擁護をしていると
      私のように投票先を変える自民党支持者はおられるのではないかと思います。

      政府と自民党におかれましては
      国民がNHKに対してどのように感じて思っているか
      参議院選挙の結果と、NHK関連のパブコメを真剣に受け止めていただき
      NHKへの不満と不審が、NHKを擁護・放置している政府への不満と不審に発展しませんように
      政権と自民党がNHKに抱きつかれて心中、とならないように、どうかお願い申し上げす。

      • 草莽の団塊です! のコメント:

        BLACK様、コメントいつも勉強させていただいております!

        常連の皆様のコメントをうなづきながら読んでおりましたが、、今回
        >私は今回の参院選では、N国党を応援しつつも自民党へ投票しました
        >が次回の国政選挙では、N国党に投票するかも知れません。

        BLACK様のこのコメント、いまのわたしの気持ちにド直球でした!

        閑話休題・・・・

        安倍政権(安倍総理)が、親中、親韓の自民党議員、NHKに抱きつかれて心中とならないことをねがっています!(*´ω`)

        だって、NHKに批判的な青山繁晴先生や、和田政宗先生でさえ、党議拘束のせいか、NHKの予算に賛成しちゃっているわけですし・・・、三宅博先生のように、NHKに対して鋭い質疑をする議員さんは、いまの自民党には残念ながらいらっしゃらないのが、残念です!

        • BLACK のコメント:

          草莽の団塊です! 様
          私の方こそ、みなさまと草莽の団塊です!様にいつも勉強させていただいております。
          ありがとうございます。

          同感です。
          和田先生のご活躍は存じておりますが
          総務大臣をはじめ、自民党の国会議員氏たちがNHK問題に危機感を持たれておられるのか疑問に感じます。
          NHK問題は一見内政問題ではあるものの、国防ともつながっている問題であり、
          多くの国民(特に保守層)も国防問題(外国籍職員・外国勢力との繋がり・反日反国防プロパガンダ・視聴料&税金のお金の流れ等)だと気づいていると思われる為
          経済より国防、内政問題より国防、と普段内政問題・経済問題では自民党に寛容な保守層がNHK問題で
          政権と自民党をどうジャッジするのか
          現在のNHKの在り方は想像以上に政権の足を引っ張る可能性があるのではないかと危惧しております。

  14. ta のコメント:

    政府や自民党の動きってじりじりと地味でいらいらさせられることが多いですが、着実にこつこつと「いつの間に?」って感じですよね。
    このブログで水面下の動きの一部が見れることで少しばかりいらいら解消。
    現場の人々はどれだけ我慢に我慢を重ねていることか、尊敬しますわ。
    経産省とかさ、韓国はもちろん外務省に対してもだいぶため込んだものがあったのか?とか。

  15. 波那 のコメント:

    わっ😱 在日いっぱい、共産党員いっぱい、在日チンピラしばき隊幹部まで雇ってる、社員犯罪者率民間企業の50倍とも言われる大っ嫌いなNHK が先生のblog見てるw

    NHK の会長の給料は総理より高給らしいです。何で~? 色々、説明して欲しいことあるよね、NHK 。

    津田くんは電凸はテロだと言ってました。言論弾圧したいわけですか~

  16. 神無月 のコメント:

    NHKは苦情の電凸が自らに来ることを怖れて、電凸はテロ行為にもなるとの印象操作なのでしょうが、引用元が小坪市議のブログだった事は、藪蛇なのか虎の尾を踏むなのか、迂闊な行動にNHK内部の混乱が感じとられます。

    十万人規模の抗議デモに社屋が取り囲まれる事に比べれば、電話での抗議ぐらい優しいものです。
    日本人は優しいのです。堪忍袋の緒が切れるまでは・・・
    .

  17. hokurokunojijii のコメント:

    小坪議員お疲れ様です。

    NHKのやったことは情報の「剽窃」です。日常的にやっているので「違法」という認識がないのでしょう。
    やはり、NHKだけに関わらずマスコミはマスゴミに然り。

  18. Mizu のコメント:

    「電凸依頼」について、電話は精神力が足りないので「政策企画局、議会事務局
    」宛てにメールを送りました。知事に近い部署を選んだ心算ですが間違っているかもです。
    質問内容は、本ページに記載されている以下の2点を基にしています。
    ・「税の使途」に関して問い合わせる事の問題有無
    ・NHKがWEB記事で報道した内容の愛知県としての見解

    ◆個人的なNHKの感想
    白黒テレビを知っている世代の過去の記憶として、子供の頃のNHK番組は面白味の無い番組でした。これは、アニメーション、野球又はサッカー等の娯楽番組が無かったからだと思います。

    最近は、何故、受信料と税金から製作される番組で、アニメーション、野球又はサッカー等を放映する必要があるのか?と疑問を持っていました。この件について、N国党の立花孝志党首のYouTubeを見て納得した次第です。

    公共の電波を独占しているNHK及びテレビ各局は、放送法を守る意識が無い様に見えます。特に受信料と税金から成り立っているNHKが酷いと思います。

    因みに、私は地上デジタルテレビ放送に対応する機器を設置していないので、地上デジタルテレビ放送開始からテレビを見ない生活ですが、特に問題無く生活しています。

  19. ミカンの実 のコメント:

    これはもう犯罪ですから、NHKのトップはしっかりと説明して責任を取っていただきたいですね。だっていつも放送しているではないですか?政治家はもっと説明をしてくださいって。責任とれって。桜田元オリンピック大臣にしたこと、私、絶対に忘れないから。(ストーカーのように張り付いて、大臣の仕事を邪魔ばかりして、有る事無い事悪口ばっかり。酷いね。された方は絶対に忘れないからね。)大事な大事な既得権益どんどん無くなっていってますね。栄枯盛衰当たり前。でも政見放送はある意味大ヒットでしたね。角田節代氏の演説は素晴らしかった。きちんと放送をしたNHKの勇気(?)は覚えておきたいです。
    さて、小坪議員、NHKにされた著作権法違反、証拠もしっかりとあるのですから、しっかりと戦っていけますね。経過と結果が出ましたら、また記事にアップしてくださいませ。楽しみにしております。

  20. araigumanooyaji のコメント:

    “「NHKには順法精神が欠如している」という部分を広めて頂きたいのと このような法を用いたロジックが成立することを 地方議員の同志に広く伝えて頂きたいのです。 あまりに野放しのメディア、ある程度は牽制して

  21. たぬきねんね のコメント:

    これはとことんやるべきです。うちもよく写真や説明文を盗用されたので、数年前から全ての写真にコピーライトを入れ、動画にはマスコミの2次利用禁止の文面をいれてあります。それでも利用させてくれとか時々言ってきますが全部拒否してます。(特殊な物品で他に画像も説明文もみつからないのでしょう。)マスコミは以前、こちらの書いている説明分と違う事(どこぞの教授の主張にそった全く違う素材として紹介したい)と言ってきたのでそれ以来全部拒否しています。

  22. 異国より のコメント:

    こういうの見ると中の人が朴さんと李さんばかりで朴李しか出来ないんだろうな〜、としか思えません。

    8000億も金余りのくせに、超高給集団の癖に、次々と視聴料取り立てつつ超汚染国や支那の会社、製品は宣伝したりして、特亜に資金流しているんだろうな〜、としか思えません。

    日本から出て行けば良いのですが、そうでないなら日本の法は守ってもらわないとね。

    現総務大臣が狗HKの味方発言してましたけど、対応を誤ると自民にも被弾すると思いますよ。
    それだけ、デモされた蛆テレビ並みに国民の狗HKへの怒りは渦巻いているのです。
    維新もメッキが剥げ、N国党が社民と連携したので泣く泣く自民に入れるしかなかった保守は案外多いと思います。

  23. ブレダ のコメント:

    小坪先生の主張に全く同意します。

    NHKを含む報道機関の奢った態度、不法の野放し状態が
    正されるよう望みます。

  24. 琵琶鯉 のコメント:

    NHKは、私達の税金と私達から徴収した受信料で、作ったドラマなどを外国へ売ってますよね。子会社を通じて。その利益は、タックスヘブンとして、NHKの子会社の名前が上がっていたのを覚えています。民間なら株主総会で叩かれますが、総務省や議員さん方は、報道が怖くて追及が甘い❗️
    だからNHKには、軽犯罪が横行し、外国のメディアが敷地を間借りして、 しばき隊なるヤクザまで入り込む。一体誰が、そんな法律の遵法意識もない、倫理観もないような公共放送など真実ますか?

    上でもコメントあるように機材を残して全て殲滅ですよ。

  25. JL のコメント:

    電話の録音はされてますか?
    文章に残さないってところがなんとでも言い訳できるとかそういう話になりそうですよね。
    やることが姑息でほんとク●ですよ。

  26. Sat のコメント:

    昔ワイのパッパは家電販売店をやっていたのだが、時々NHKからテレビを買った人の情報を教えてほしいとの要請がありました。パッパは面倒くさがって一度たりとも出しませんでしたが、報酬(結構良い)に目が眩んだ電器店主は出してしまうこともあったのかも。でもこれを出してしまうってお客さまに対する裏切りだな。

    • 波那 のコメント:

      家電販売店と、あとは引っ越し屋ですね。だからNHK 集金人って引っ越したら直ぐ現れるそうです。それと郵便局の住所変更届けとか住民票も勝手に閲覧するそうですよ。犯罪じゃありませんか。

  27. mibu のコメント:

    議員としての活動に著作権があるのでしょうか?
    事実を曲げられたのなら権利侵害だと思いますが。

  28. ミロクの世へ のコメント:

    小坪市議 毎日の更新、ありがとうございます。

     ほんと、今のマスコミは、放送法なんてくそ食らえでやりたい放題しまくり、もうむちゃくちゃですね。NHKのスクランブル化の議論を通して、諸悪の根源マスゴミの解体につながることを願っています。放送の自由化・規制緩和、ぜひ、実現しなければなりません。 
     自民党の和田政宗議員、電波オークションを公約に掲げて当選しましたね。実現にむけて確実に仕事をしてください。 
     国会議員の方、仕事してるんですか? 今のままのNHKでいいんですか? 解体するぐらいの改革が必要がありますよ。マスコミから叩かれるのが怖いから、だんまりを決め込んでいるのですよね。何のために議員になったんでしょうか? それに対して、立花孝志議員は毎日、ユーチューで電波利権と闘っていますよ。その姿を拝見すると涙が出そうになります。

  29. 個別の774人 のコメント:

    NHKの「「電凸」を考えませんか?」は話題になりましたが、
    小坪先生の無断引用だったとは気がつきませんでした。

    どうせシナリオありきの番組でしょうが、念のためNHKに「電凸問題」で百田尚樹・上念司両氏の講演やサイン会が脅迫で潰された件を投稿しておきましたw

  30. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    NHKもこのようなやり口をしているようなら5chの無断転載禁止と変わらない。

    こんな調子なのだからNHKをぶっ壊すと云った論調に対して同意する声も多数
    あることは事実だとしても一方で土曜朝のくだらない番組をおもろがっている
    ようなチャラい感じの輩にとっては別にNHKなんて潰れなくてもいいとばかりの
    調子なのでタチが悪いとしか思えません。

    こんな偏向報道の食い物にされる者が多数いるようではこの国が滅ぶような
    感じしかしません。

琵琶鯉 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください