【維新、また謝罪】足立氏がNHKから国民を守る党を攻撃⇒N国が反撃⇒維新が謝罪⇒足立がぶっ壊す⇒N国、反撃を再開(いまココ)【わけがわからない人はシェア】


 

 

わけがわからない。
まず、足立氏によるNHKから国民を守る党への攻撃について、私は抗議の意思を示す。(以下、文字数の関係からN国と略す。)
理由は、N国は、現時点では国政政党ではない。足立氏はTwitterで罵るだけではなく、国会議員として「実際に委員会で」N国を攻撃した。”よくわからない党”と蔑み、”この集団、おそろしいですよ”と紹介、立花代表の実名を出して批判した。

私も議場において、特定の政党を批判することはある。だが、それは国政政党であって、しかも代表(もしくは党首)の個人名を名指しして、さも違法行為をしているかのような言動は慎むべきだ。理由は、違法か違法でないかは司法分野の権限であり、立法分野として決定事項として議会で発言することは、適切ではないからだ。

これに対し、NHKから国民を守る党の立花代表は反撃に出る。
現在、足立区議選が選挙期間中であるが、日本維新の会から出馬している「くちいし竜三」候補の動画を撮影、【足立の選挙違反!】としてネットに公開した。【証紙を貼っていないビラ】を配布している証拠動画であり、くちいし候補も認めている。
(日本維新の会の足立康史衆議院が応援している、くちいし竜三氏の足立区における選挙違反の証拠!)

立花氏の反撃、もしくは足立区の選挙違反動画の影響か、【維新は謝罪】した。
正しくは東京維新が謝罪したわけだが、足立氏の謎の行動について、党の方針ではない旨を説明、立花氏に理解を求めたようだ。N国の発表によると、党を代表して話せる立場の方であったようだ。

これをもって立花氏は、「日本維新の会の責任者から謝罪があったので足立康史さんや日本維新の会の批判を一旦停止します」という動画を公開、またTwitterでも上記の投稿を行い、本件について沈静化に務めた。

ここで足立氏が何を投稿したかと言うと、この調整をぶち壊した。
停戦(一旦停止)を宣言した立花代表のtweetを引用し、共産党以下の団体と批判。
具体的には『東京維新の責任者=機長がハイジャッカーに屈したのであれば、私も手を引かざるを得ないと一旦は考えましたが、立花と話をしたのは一人の客室乗務員だと分かりました。結局、N国は、区議会議員選挙における選挙権を危険にさらしてまでN国のPRをする共産党以下の団体との私の指摘に答えられず逃走。』と投稿。

これをもって、NHKから国民を守る党は、攻撃を再開。
さらに泥沼化して言っている。(いまココ)

足立氏の投稿は、機長とか客室乗務員という謎の比喩がなされているが、私の感じた通りだとすると極めて失礼な内容だ。立花代表に謝罪した、維新関係者に対し「そんなに偉くない」と罵倒したようなもので、足立氏のスタンドプレーのお詫びに行った方に対して非礼だ。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

【動画】足立の選挙違反!(くちいし竜三候補)
【証紙を貼っていないビラ】を配布している証拠動画であり、くちいし候補も認めている。

youtubeの詳細欄においては「日本維新の会の足立康史衆議院が応援している、くちいし竜三氏の足立区における選挙違反の証拠!」という説明文が付記されている。

 

 

まず、選挙違反という言葉については、私は慎重でありたい。
動画をご覧になって頂いてのち、皆様それぞれにご判断を仰ぎたいのです。

 

私自身も選挙人であり、敵も多いものですから、なんでもかんでも選挙違反!と批判されたことがあります。
ですから、それをもって「おまえは選挙違反だ!」と断定する行為には、慎重でありたいし、自分自身の目で見てのち、個人として明確に判断したい。
(つまり誤報に近いものもあると思われ、無闇に断定して拡散する行為は慎みたい。)

以前のことになりますが、後援会看板・連絡所看板に対し、選挙違反としてネットにアップされたことがあります。後援会などに対し、決まった枚数の設置は許可されており、それぞれに証紙を貼っています。

私の看板には、証紙が貼っていました。
しかし、ネットに投稿された画像は、ちょうど「証紙が隠れるように」撮影されており、あたかもネットの画像だけだと「違法看板」のように見えるのです。
現場にまで行き、証紙が貼られていることを確認して、それを再投稿しました。

(変なまとめられ方をし、未だに時折、私に送ってくる方もおります。苦笑)

 

その上で、本動画について、であります。

事実として、選挙中の”くちいし竜三”候補が、動画内において”配布の事実を認めている”点が重要です。
また、それを第三者に渡したという証言を、立花代表も紹介しています。

かつ、選挙期間中に、証紙の貼られていないビラを配布することの適法性についても問うています。

 

ここまでの前提条件を踏まえ、公選法違反だ!と断じているのであり、立花代表のロジックには、私も同意するものです。

 

 

下記の投稿も紹介しておきましょう。
足立氏の支援について、投稿しています。

 

また、多摩市議会議員 藤條たかゆき氏は、
「N国の議員にも絡まれつつ、」と投稿しています。

(余談になりますが、藤條市議のTwitterプロフには「殺処分ゼロを目指します」と書かれています。)

 

 

 

 

足立 VS N国
冒頭で触れたように、これは足立氏に非があるというのが私の立場です。

まずTwitter上での応酬も酷いものがありましたが、公人同士の言論であり、ある程度は加熱したとしても(罵詈雑言を容認するわけではありませんが)、そこについては私は言及いたしません。

 

例えば、以下のような投稿です。

 

これは政治主張であり、N国ファンは怒るでしょうけれども、足立氏自身の「政治信条の自由」であります。

私だって共産党を名指しで批判してきたし、結果として共産党員は不愉快に思ったことでしょう。

足立氏の意見に同調する部分はありませんが、その上で足立氏の「政治家としての発言の権利」を制限することは、私にはできません。
というよりも、政治家に対して「黙れ」と政治家が言うのは、弾圧でしょう。

 

ですが、下記は頂けません。
冒頭で述べたように、足立氏は国会議員として、委員会にて「NHKから国民を守る党」を攻撃しています。

N国は、現時点では国政政党ではありません。
発言において、N国を”よくわからない党”と蔑み、”この集団、おそろしいですよ”と紹介、かつ立花代表の実名を出して批判しています。

 

 

国政政党ではないN国に対し、国会議員として国政の場で批判することは、良いとは思えない。
まぁ、例えば公害であったり、なんらかの社会問題であったりですね、理由があれば容認される状況はあるのでしょうが、『基本的に、議場で個人名を特定し、政治批判を行う』ことは慎むべきです。議会人の良識として。

相手が国政政党であったり、かつ政党所属の公人(議員・元議員)であれば、まだわかります。

私も議場において、特定の政党を批判することはあります。
それは国政政党であって、しかも代表(もしくは党首)の個人名を名指しして、さも違法行為をしているかのような言動は慎むべきです。

足立氏は、N国を「おそろしい」と表現し、さも違法集団であるかのような印象操作を行っています。
「違法か違法でないかは司法分野の権限」であり、立法分野として決定事項として議会で発言することは、適切ではありません。

 

よって、この国政での発言は、私は批判いたします。

そして、上記の状況により「N国が反撃」に転じたのです。

 

 

 

またしても維新が喧嘩を売った
流れを見て頂けるとおわかりのように、今回も「突然、殴りかかった」のは維新です。
より正確に言えば、足立議員です。

N国が維新を攻撃したのではなく、先に維新が攻撃を行い、立花代表は自衛を行っているに過ぎない。
この点は、極めて重要です。

先に手を出したのは、どちらか。

 

私は、中曽ちづ子議員の、川西市議選を応援しました。
N国の公認候補だからではなく、古くからの同志であるためです。
彼女は、現在、N国の地方議員です。

当然、怒りをあらわにしています。

 

 

この感覚は、誰しも同じだと思うのですが、各所で起きている事象は、

「維新が余計なことをした」から、起きているのであり、

誰かが維新を攻撃しているという事実はありません。

もう一度、書きます。
維新を攻撃したという事実はありません。

 

正しくは、維新が問題を起こし、「被害者が反撃している」だけに過ぎません。

それぞれ、自衛戦争に近い性格のものばかりです。

 

 

 

維新の謝罪と、その習性
指摘しておきたい点があります。

「維新が謝罪」したのは、N国が反撃に転じた後のこと、です。
彼らは、仮に自らに非があろうとも【自分たちに被害が生じない限り】は、謝罪していません。

 

以下は、私の件ですが、このように動画で配信し、それがある程度の拡散をしたのち、「やっと謝罪」です。

維新市議候補、他県の女性候補に”恐怖を与えるような発言”(生命に関連)をして怒られる。維新の候補のレベルについて

 

 

維新の場合は「ぶっ叩かないと、謝罪しない」というのが、一つのセオリーになってきました。

自分が悪いと思ったから謝るのではなく、批判され、損があると思ってから謝罪しています。

今回の立花代表の件も、やはり「反撃してから」の対応となっています。

 

つまり、維新から被害を受けても「反撃しないと対応してもらえない」という点です。

また、小さな声であれば、取り上げてももらえない。

 

できるだけ大きな火力で、しっかりと叩く。
じゃないと、維新から身を守ることはできません。

突然、喧嘩を売りまくっています。
ですから、どの議員が被害にあうかなんてわかりません。

けれど、維新は一方的に襲撃するばかりであり、
基本的には泣き寝入りせよ、ということでしょう。

 

吹田市議の件は、条件をつけておりますけれども、今のところ連絡すらありません。
衆院選でも参院選でも、覚えとけよ、と思っています。
(もう交渉する気はない。)

誰か一人は討ち取って、「これも松尾しょうたくんのせいだよ?」と、高らかに宣言するところまで、やります。

 

 

 

またしても謝罪、そして停戦
維新は、またしても謝罪です。

私にも謝罪し、ロシア大使館にも謝罪し、今度はN国にも謝罪です。

党の関係者がかわいそうになってきますね。

 

 

 

立花代表の、停戦指示は好感がもてます。

自らの発信媒体の全てを使って、即応しています。
まずTwitter、そしてBlogでの更新(そのブログもTwitterで投稿)、また動画でも配信し、その動画もTwitterで更新。

 

 

少し長いですが、動画で詳細に解説しています。

 

 

私との違いは、私は謝罪を受け入れた(拒否しなかった)ものの、無条件では返さなかった点です。
「なんらかの処分」を条件として付与しており、無条件での和解はしておりません。

理由は、維新が信じられなかったからです。
動画にあるように、立花代表はもともとは維新寄りのスタンスであったようで(大阪の居住が長いことも遠因として触れられています。)、ゆえに単に謝罪を受け入れたのでしょう。

それをもって(一旦停止とは言え)、ここまで「停戦」を公開してくれたのは、立花氏による「やさしさ」だと私は思いました。

 

調整はついたかに思われました。

 

 

 

ここで終わったかと思いきや、足立、迷走。
そして、この投稿です。

 

 

ここから何点かわかることがあります。
一つ目の事実として、維新の誰かが「謝罪に行った」ことがわかります。そして、二つ目のその謝罪の事実を、足立氏が調査したことも把握できます。

かつ、三つ目として、足立氏は、「機長」「客室乗務員」との比喩表現を用いておりますが、ようは「党の中では偉くない者」として、謝罪に行った方を格下扱いしていると感じられます。

ここからは想像ですが、東京維新と書かれていることから、地方議員が謝罪に行ったのではないでしょうか。大阪選挙区の馬場幹事長、もしくは全国比例の議員しか、東京維新には所属国会議員がおりません。
残りは、地方議員です。

 

足立氏からすれば、国会議員である自分を「地方議員ごときが」停めに入ったことに立腹しているのだとすれば、それは別の問題がございます。

それが地方議員であろうとなかろうと、党を代表して行ったのであれば、「党に所属する議員」として、それは立てねばなりますまい。
でなければ政党人を名乗る資格はない。

ここは比喩表現であるため、謝罪に行った者が誰であるかは、足立氏もしくは立花代表じゃなければ、わかりません。

 

ですが、せっかくつけた調整は、ここで崩れました。

 

立花代表は、反撃を開始します。

 

 

 

 

足立、暴走
大失敗だと思いますよ。

報道特注を使いました。
N国批判に、この媒体を使う。

 

 

保守に支持されている番組であり、当然、視聴者にはN国支持者もいるわけです。
これでは「媒体自体にもダメージ」が考えられるし、国政の場のみならず、報道特注を【武器として使う】ことには違和感を覚えます。

保守系のチャンネルゆえ、例えば共産党であったり、二重国籍であったり。
他への批判はあっていいと思うし、それがウケている番組だとも思っています。

ですが、それをN国に向けるのは、やはり違うと思う。

 

 

さらに、禁忌を犯しました。

あかたも、立花代表もしくはN国の関係者が、逮捕される等して警察の御厄介になったかのような投稿をしています。

 

 

この投稿も禁忌なのですが、最大の禁忌は「削除した」点です。
はい、この投稿は削除されています。

なぜアウトなのかと言えば、それが事実であれ、もしくは誤報であろうと、
どの刑務所であるかを記載し、相手を懲らしめるかのような発言を、国会議員が対外的に投稿するのは問題だからです。

 

 

 

NHKから国民を守る党について

そろそろ立場を明確にしておきます。

私は、応援しておりません。
ただし、これは「敵対する」という意味ではありません。
”応援しない”ことと、”批判する”ことには、物凄い違いがあります。

 

理由は、シンプルに選挙。

夏に参議院選挙がございます。
私は、すでに応援する候補を決めており、それはN国の候補ではありません。

あっちにもこっちにもいい顔をするのは、好きではありません。
先般の統一地方選においても、各議会においては「応援候補を1名」に絞っています。(極少数、例外もあります。)保守系候補が複数いた議会もあるのですが、悩みに悩んで一人に絞っています。
(双方が了解している場合など、特殊な場合を除く。)

 

NHKから国民を守る党の掲げる政策は、興味深いとは思います。

そもそも、スクランブル化を求める請願を作成したこともあります。
実際には提出に至らなかったと思いますが、作成年度は相当に古いもので、確か2010年ころのもの。

内容をお読み頂ければわかると思いますが、当時、ここまで基本骨子を作った人間は、多くはいないと自負しております。

http://sns-freejapan.jp/date/seigan-nhk.pdf

 

 

その上で、考えの違いもあります。

ワンイシューで戦い、選挙自体を政治活動として活用することを、「民主主義の制度上、好ましい」と思いつつtも、

その上で、その上で。
私は、議員個々人の戦闘力を高め、党組織ではなく、議員個人の資質に期待する立場だからです。

これはN国の議員がレベルが低いみたいな発言ではなくて、選挙制度に対するスタンスと言ったほうがいいと思います。
議席数で勝負するのも手段として認めつつ、私は数より質で戦いたいという部分です。

ですが、これは特に対決するみたいな意味ではなく、
また、喧嘩を吹っ掛ける意図でもありません。

 

参院選で応援できない以上、ある程度は適切な距離をとっておく、
それが私なりの礼儀であり、政治家としてのモラルです。

無論、N国の選挙を妨害することは考えておりません。
あくまで、あちらはあちら、こちらはこちら、という住み分けと考えております。

 

 

 

足立区議選 かようまりの氏について

今回、足立区において、かようまりの氏を、立花氏は応援しております。

 

 

書き方は、工夫しました。
「立花氏は、応援しております。」という、表現です。

私が、応援しているとは、敢えて書きません。
ですが、紹介いたしました。ここに含まれる意図は、察して頂けると幸いです。

かよう候補は、私の立場としては「候補」としては書けません。
理由は、居住実態がなく、本人も認めているように、投票しても無効票になるためです。

本人も、述べております。

 

 

ゆえに、候補としては応援できません。
「立花さんが応援していますよ」という紹介です。

ただし、戦略として全否定するものではありません。
いまネット選挙が解禁され、誰しも活用しておりますが、この発端は私の同志です。

「仕事しながら選挙するのは、ネット使わないと無理」と、どれだけ警察に指導を受けようとも「いいや、ネット配信するね!」と、怒られながら無理やり選挙を戦った男がいるのです。福岡の同志、本山貴治くんです。

訴訟に持ち込み、徹底抗戦したところ、「まさかの勝利」(と言っては怒られそうですが。)をおさめ、いまのネット選挙の発端の一助となりました。

 

ゆえに、実際に選挙戦を通じて「選挙制度自体に一石を投じる」ことは、戦略としては否定できません。むしろ、これはこれで作戦として成立する。

だが、明らかに無効票になることがわかっている状態で、「一票いれてやってください」とは、私は書けません。それは私が現職議員だからです。

この紹介方法は、私の中ではギリギリのもの、です。

※ なぜ出馬できるかと言えば、選挙の出馬のタイミングにおいて居住実態を調査するわけではなく、書面において”足立区”と書いてしまえば、行政は受け入れるしかないためです。ですが、居住実態がない以上、選挙後において、当選無効もしくは0票でカウントされることは、ほぼ確実です。

一石を投じるというのは、足立区長選の場合は、足立区に居住していなくてもいいのに、どうして区議選だけは求められるのか。区長と区議(つまり首長と地方議員)に差があることを問うものだと推察します。

面白い試みだとは思いますが、現職議員として「一票入れてやってくれ」とは書けません。
そのため「立花さんが、応援していますよ」という紹介に留めます。
(ここまで書けば、察してくださいの意図を取り違える方はいないと思います。)

 

 

 

最後になりますが、もう維新のネタはいいかな?と思っています。

統一地方選のレポート、だいぶ書けているのですが、どうも気のりせず完成に至っていません。
私自身も心がとらわれてしまったというか、ちょっと苛々してしまったのだと思います。

 

 

 

 

 

維新を取り上げるのは、そろそろやめようと思います。

 

もう、食傷気味というか。

 

私もあまり触れたくない。

 

どうせ、あの党は終わった、と思っています。

 

少なくともネット保守層が扱う存在ではなくなった。

 

私自身の中でも「同じレベルになりたくないな」と、どこか達観した部分があり

 

対外的に見ても勝負あった!という判断かと思います。

 

もっと別のことを書こう、と吹っ切れたわけです。

 

吹田市議の件については、当然、触れていきますが、

 

ネット保守論壇として、維新がここまで没落した以上

 

私が言及するまでもない存在になりつつあると思います。

 

衆院選・参院選の直前だけ、きっちり批判すれば、それでいいでしょう。

 

「ところで、足立の暴走、ひどいな」と思った方は、拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

40 Responses to 【維新、また謝罪】足立氏がNHKから国民を守る党を攻撃⇒N国が反撃⇒維新が謝罪⇒足立がぶっ壊す⇒N国、反撃を再開(いまココ)【わけがわからない人はシェア】

  1. 学のない保守 のコメント:

    本当にどこまで言っても

    非礼

    ですねw

  2. 名もなきせいぎーー のコメント:

    足立議員は客室乗務員では駄目だと。橋下機長じゃないと駄目だと言っておられるんですね。

    維新で機長と言って思い出すのは、なんといっても橋下機長ですよ。それしか思い出せません。
    橋下さんには悪いけどね。だって思い出すんだもん。それはもう仕方ないよね。

    橋下機長で検索すればたくさん出てきちゃうし。

    足立議員は、わざとやっているんですかね。

    維新やその支持者に共通する特徴として、批判されて言い返す際などに立場を持ち出すんですよね。
    あっちは小者でこっちは大物(国会議員など)といった感じで。

    皆さんもよく目にする光景ですよね。

    非常にみっともなく説得力も皆無なので、もともと分が悪いのにますます分が悪くなっていくのですが、それがわからないようです。なんでだろうね。

    ちなみに一般人を国会で罵倒するのは有田議員ですね。
    せと弘幸さんが何度もやられていますね。

    そりゃ政治活動はされているが、地方議席すら無い段階で執拗に個人名を挙げて国会で叩くのは異常です。

    国会議員が国会で一般人を一方的に叩く。権力を有する人間がやってよいことではありません。

  3. 琵琶鯉 のコメント:

    先生の意見に賛成です。もう維新ネタはいいですよ。

    其よりも各社スマフォの華為の部品が使用されているスマホとかはどうなるのでしょうね。

    アメリカの安全保障に関する法律の広範囲な発動。すごく日本として勉強する価値があります。

    議員を称する方はアメリカの一連の流れと地政学を併せて外交戦略を学んでほしいです。

  4. NW のコメント:

    足立康史はNHKは要らないと言っておきながら、

    スクランブルかけろって立花に騙されてる人々が叫んでるけど、公共放送NHKが有料放送と同じビジネスモデルを採用するわけがありません。だいたい今でも地上波にはスクランブルかかってるし。NHK改革を進める唯一の切り口は放送と通信の融合。補完サービスとのネット配信の位置付けを変えること。

    足立はまたまた嘘を吐いている。
    スクランブル掛かってないよ。

    NHKの不祥事に国民が怒ってます。犯罪者の集団です。放送内容に偏向が散りばめてあり反日放送局と疑われてます。
    NHKの受信料に異議を唱えて、民営化するなり、スクランブルにするなどしろと声が上がってます。
    受信料が高い。いつまで搾取するの?などなど国民の多くは言ってるのです。
    なんでNHKはこんなに給料が高いの?そう国民は言ってるのです。
    それを反映しての「NHKをぶっ壊す」政党の躍進です。

    この国民の声をきいて足立康史は「NHKは要らない」と発言したのかと思ったら、
    ただのパフォーマンスでした。
    騒ぐだけで最後まで解決できないタダの酔っ払い。「報道特注」を何度もみてそう思う。
    辻元清美とじゃれてるだけの小者です。

    足立 議員?は野田公園、森友学園、関西生コン、切り込んでくれ。
    やるなら解決しろ!徹底的に追い込んでみろ。パフォーマンスじゃだめよ。
    維新も胡散臭くてアンタッチャブルなこと多すぎて何も解決できないのに調子に乗って騒ぐな。
    反省するならすべて国民に説明してくれ、足立康史 議員?
    他党を攻撃する前に維新内部から問題噴出してるじゃないか。
    なにが外国人参政権だ!ヘイトスピーチ規制法?どこまで日本をぶっ壊すんだ?
    自分とこの親分の発言が売国じゃないか。
    歴史認識もおかしいぞ。
    皇統破壊か日本破壊か、維新の発言を聞いてると暴力左翼革命とかわらんぞ。
    在日に忖度してるようにしか見えんぞ。

    まとまりなくてすみません。

    • 宮崎留美子 のコメント:

      あれれ。立花さんが言っていることとずいぶんちがいますね。
      「NHKの・・・ 放送内容に偏向が散りばめてあり反日放送局と疑われてます」という主張には、立花さんははっきりと否定しているはずですけれど。立花さんは、NHKの放送内容に「それは偏向だ」と政治家が口を出すのは憲法違反だと言っていませんでしたか? 放送内容には口を挟まない。それが憲法が定める矜持だと。問題はNHKの受信料取り立てのオカシサであるがゆえに、NHKのあり方を批判しているのではなかったのですか? 足立さんは論外ですが、立花さんの論拠に正確に耳を傾けてほしいです。

  5. 通りすがり のコメント:

    あーあ、報道特注も足立を出し続ける限り終わりですね。
    和田さんの発言をいつも遮るし、前からウザいとは思ってた。

  6. Masa のコメント:

    言論の自由は守りつつも、「維新や共産に票を入れるのは政治が分かっておらずダサい事」みたいな風潮を上手い事作れないものかと個人的に思います。大阪府民は本気で投票先を考えた方が良い。もうお祭り騒ぎ気分で投票するのはヤメてほしい。
    それでも大阪府民の目が覚めないなら、大阪工場の製品不買運動するとか、わかりやすい経済制裁を考えたいですね。。。

  7. やくも少年 のコメント:

    それにしても、この足立氏なる人物の他者へのレッテル張り、一定の傾向が見られますね。

    「小坪は共産党以下」
    に続き、
    「N国は共産党以下」

    ですか・・・やれやれ。

    「以下」という言葉が随分お好きなようで、これを使って相手を貶めたつもりになっているようですが、よくよく分析してみれば、「以下」という言葉は、対象がイコールである場合も含まれるわけです。
    まあ、一言で言って、「気に入らなければ共産党(もしくは自分の気に入らない何か)」の図式です。

    「(Xは)ゴキブリ以下の下等動物」
    という表現から考えてみます。
    要は、気に入らない(許せない)相手を「ゴキブリ」と評して、それにも劣るクズだという趣旨ですが、この場合、
    X=ゴキブリ
    という図式も成立しうる。
    X<ゴキブリ
    という意識でそういうことを言っているのだろうけど、そうであるとは限らないわけです。
    なお、X=下等動物だけでなく、この場合は、ゴキブリ=下等動物 も、Xと同列になる可能性がある以上、成立します。
    そりゃ、ゴキブリ様も怒りましょう(苦笑)。

    「Xごときを生命界の大先輩たるゴキブリ様と一緒にしては、ゴキブリ様に失礼であろう」
    なんて話にもなります(苦笑)。

    この「以下」という言葉がやたらにお好きな足立氏の弁は、小坪氏やN国党という自分の嫌い(でしょうな)人物や組織を非難するにとどまらず、共産党というこの件で何のかかわりもない組織(あるいは人物)を引き合いに出すことで、本来巻き込まなくていい者を巻き込んでまた騒動を起こす要素を思いっきりはらんでいると言えましょう。
    論理で相手をうまくけなしたつもりが、思いっきりぼろを出しており、それゆえさらなる敵を(引き合いに出されたかどうかを問わず)あちこちにつくる。

    こんなあたりからも、(政党としての)維新の特質が見えてくるように思えてなりません。

    なお、大阪維新の会、日本維新の会の所属議員・候補者その他関係者のすべてが同列だと言っているわけではありませんので、そこはご理解ください。

  8. 北九州市民 のコメント:

    先生、更新ありがとうございます。

    ぶったたかないとわからないって、どっかの国とおんなじですね。

  9. araigumanooyaji のコメント:

    “つまり、維新から被害を受けても「反撃しないと対応してもらえない」という点です。できるだけ大きな火力で、しっかりと叩く。じゃないと、維新から身を守ることはできません。”

  10. ta のコメント:

    言い訳生放送でこれまで支持してた人もかなり減ったでしょうな。
    ほんと、あの裏返り声で人の発言を遮り「これこれは分かる、だかしかし云々」ばっかり。
    出来の悪い官僚は政治家になるって噂は当たってたのかね。
    元経産省でしたっけ?違ってたらすみません。
    維新はもうお腹いっぱいです。ありがとうございました。

  11. 匿名 のコメント:

    小坪先生、いつもありがとうございます。

    報道特注は、ある時期からあまり見なくなりました。

    だって和田先生のお話をもっと聞きたいのに、いつも足立先生が遮って邪魔するんですもの。

    そして更に今回の足立先生の言動。本当にがっかりです。

    残念ですが、報道特注はもう見てません。

  12. 異国より のコメント:

    学歴職歴に頼る、無駄に高いプライド
    組織の一員としての言動が出来ない
    好戦的なトラブルメーカー
    自分の非を認められない器の小ささ

    彼が創価信者ママンの覚え良い、公明党の推薦が欲しかったけれど得られなかった。というのも納得ですね。山口なっちゃんの方がハシゲより人を見る目があるというのが何だか皮肉な感じがします。ハシゲに足蹴にされないと分からない狂犬か、炎上芸人なんでしょう。
    思えば彼が噛み付くのは公明党と犬猿の仲の共産党と、N国党などの自分らと支持層が被るライトな保守層に支持されている政党ですよね。今にして思うと共産党ともプロレスなんじゃないの?としか思えません。

    しっかりと似非保守と化けの皮が剥がれた、落ち目の維新の支持者がN国党に盗られる、というあせりが生んだ行動に見えます。まあだから彼の中ではせっかく発言力のある俺がライバル潰しているのに地方議員の分際で邪魔しやがって。と言うところかと。

    皆が維新、って書いてくれないと非礼復活も出来ませんものね。終わりましたね。

  13. 東北の日本人 のコメント:

    報道特注…
    私も以前はみていました。和田議員を応援していますし。
    その頃は丸山議員とも杉田議員とも仲良く出ていましたね。
    足立議員のことも、その頃は応援していました…。
    その後、足立議員の本性が露呈し、ただの橋下氏の下僕であったこと、それゆえ、仲間の筈の丸山議員を執拗に攻撃したこと。報道特注目では、辻本氏を比例ゾンビと散々罵り(辻本氏は国賊です)、絶対に潰す、というような発言をしていたし、比例復活はしないと宣言していたのに、あっさり比例復活ゾンビ化(代議士大先生でいたいんでしょうね。権力が欲しいからすがっちゃうんですね)…
    そして現在までの所業。
    足立議員は、上司の機嫌取りに余念がないようなので、足立議員の言動、行動はすべからく維新上層部のご意向なのでしょう。(忖度ともいう)
    東北の私には維新はあまり関係ないですが、日本人として、国防や国益を損ねる真似は断じて許さない??
    足立議員、(=維新)語るに落ちています。尻尾が丸見えで、当時騙されていた私にも、はっきりと正体見えてます??

  14. cat のコメント:

    維新は地方選で勝ったために、その本性を現してきました。橋下の意向を、隠さなくなってきたのだと思います。

    N国に足立が噛みついたのは、堺市長に立花氏が立候補したからでしょう。
    その反撃が「選挙違反」の指摘動画だったと。

    違反を犯しているのだから、それを認めて反省・謝罪するのが当たり前。
    それを足立は反省するどころか、逆ギレ暴言、逃げているのは自分のくせに
    相手に逃げるなと。アホじゃないのか、あの男は。

    それを止められない維新も情けない。数少ない国政議員であり、橋下が容認しているからでしょう。

    維新は終わったと、私も思います。選挙で勝ったことが自らの首を絞めることになった。
    そういうことでしょう。

    立花氏だって、かなりの左派です。youtubeでは安倍・麻生批判を繰り広げています(一部削除してましたが)。
    それでも、まだ言うことには筋道が通っています。足立の言うことは、自分勝手なデタラメ。我田引水のために手段を選ばない橋下の忠実なわんころ。

    こういうやからには、消えてもらいたいものですね。

  15. 東方全敗 のコメント:

    日本維新の会…行動から省みると、日本人より特亜人を優先する日本に対して二心を持つ団体「にしんの会」が本当の略称だと思えてならないんですよね、私には…

  16. 東京都56歳 のコメント:

    いやあ、さすがは燃え尽きる前の蝋燭。
    良く燃え盛っていますね。

    燃えろよ♪燃えろ?よ♪状態。

    一心不乱に、
    維新という本丸に火をつけてます。
    消しても消しても、放火は止まらない。
    もはや、自動消火装置も消火剤切れ。
    維新は全焼まっしぐら。

    ん?
    もしや・・・

    彼は、維新を完全燃焼させて消滅させる、
    というミッションに忠実なスパイ?

    そう考えると、彼の行動も腑に落ちます。
    そうか、そうだったのか。

    実に不快。
    いや、実に深い。
    深く、潜入しているのですね。

  17. 琵琶鯉 のコメント:

    青山繁晴議員が、ついに旧宮家の復帰についに議論すべし。と国会で発言して下さいました。

    皆様、動画で上がっておりますので宜しく拡散お願いいたします。

    • 無骨 のコメント:

      青山繁晴議員が、今回の質疑の様子を語っておられます。
      http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1131

      質疑中の緊迫した様子がひしひしと伝わってきます。いつもながら、青山議員の真摯な姿勢に惹きつけられます。

      • 草莽の団塊です! のコメント:

        琵琶鯉様、無骨様、情報ありがとうございます

        青山繁晴議員の質疑の様子、ブログそして、動画のご紹介ありがとうございました。

        官僚の答弁:確認していない・・・・
        通常なら、『確認していない!だと仕事してんのか!なにしてんだ!』
        となりそうですが、青山繁晴議員は、想定の範囲内であり、皇位継承の安定を実現することが目標だから、ここでいったん質問をおえた・・・

        という部分ですこし、ぶるっと震えがきました。

        すばらしい質疑でありました。

  18. まこ のコメント:

    いま、この瞬間にもあなた達には税金が投与されてます。
    一国民として恥ずかしいのでやめて頂きたい。

    目の前の敵と戦うのでは無く、きちんと掲げた政策を進めて貰いたい。

    日本の恥をこれ以上、晒さないで。

  19. アブラゲ のコメント:

    記事の内容と全然関係無いので申し訳ないですが、10月の消費税増税に対して、巷に消費税増税反対論を唱えるエセ保守論客が次から次から湧いて出て来てますね。

    この流れに便乗して、反日野党が夏の参議院選挙に向けて消費税増税反対をアピールし始めた様です。特に共産党は『絶対上げさせたくない』ようですが、その「裏の理由」は後ほど。

    以下は、数有るエセ保守売国奴消費増税反対派論客の中からピックアップした特に危険な3名の主張ですが、国民が騙されないで頂きたいので、この際まとめて『論破』しておきます。

    ?上念司

    ?の1

    https://www.zenshoren.or.jp/zeikin/shouhi/100614-01/100614.html

    ?の2
    【本人ツィートより】

    上念 司

    @smith796000

    増税派がまた論破されたようだ。 IMFが公表した日本の財政「衝撃レポート」の中身を分析する (link: https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57978) gendai.ismedia.jp/articles/-/579…

    ?高橋洋一

    ?の1

    https://note.mu/waww/n/n7ad387793566

    ?の2

    「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした?それどころか…
    https://m.newspicks.com/news/1319594/

    ?三橋貴明

    ?の1

    https://www.excite.co.jp/news/article/Weeklyjn_18142/

    *以下、私の見解です。

    ?の1
    「正確にはハイパーインフレではありませんが、有名なアルゼンチンの事例でも、89年に5000%だったインフレ率が」・・・

    ってこれどうみてもハイパーインフレでしょ。

    そもそも日本がこの状況になったら、その時点でもう「国」としておしまいですよ?アルゼンチンと日本では経済規模も、世界における「国」としての重要度も圧倒的に違うんです。

    日本が破綻したら世界に及ぼす影響は計り知れないものになりますよ?
    今まで世界の中において、日本が何十年にも渡って努力に努力を重ねて築き上げてきた国際的信頼も何もかもが全て一瞬にして吹っ飛んでしまいますよ。

    当然、アメリカからも見捨てられるでしょうね。
    何故なら、IMFは日本がそうならないように、何年も何年も前からずーーっと日本に対して「財政再建をせよ」と警告し続けて来たんですから。

    それとも、「日本なんかアルゼンチンみたいになってしまえ」とでも思っているんですか??
    で、その後、ギリシャの例えを出されて、ギリシャと日本は違うと言う。じゃあ何でアルゼンチンと日本は違わないのか?論理に一貫性がないですよ。
    それに、そんな簡単に日本がデフレから脱却出来ると本気で思ってんの??
    ファンタジーのお話はもう結構。もっと現実に向き合おうよ。

    この記事、全商連(パヨクの巣窟)のサイトに投稿されてますよね。

    彼が保守の皮を被った売国奴だというのががバレバレですな。

    ?の2は次の後で。

    ?の1

    「1997年の消費増税によって、消費税収だけは増えたが、景気低迷のために所得税収と法人税収が減ってしまったことが原因なんだ。実際に消費税の増税がどのぐらい景気に悪影響を及ぼすかというと、消費税率3%の増税で経済成長率が1%程度低下するというほどの負のインパクトを持っているんだよ。」

    ・・・・・消費税がデフレを招き景気が落ち込み結果的に税収減になった?はぁ??

    これは、消費税増税反対論者のほとんどが用いる、日本のデフレ不況を消費税増税のせいにする一見もっともらしいロジックです。
    (もし、この説が正しいのならば、現在、消費税20%が当たり前の西欧諸国はとんでもないデフレになってなきゃおかしいですが、そんな話は全く聞いたことがない。)
    バブル崩壊後の消費税5%に増税となったほぼ同じ時期頃から、日本では価格破壊という現象が起きました。
    海外から日本製の物よりも、はるかに安くて、そこそこ質の良い商品がどんどん流入して来ました。当然、日本のメーカーがそれに対抗するためには人件費、企業利益を大幅に削ってでも安く売らなければ生き残って行けない訳です。

    よって、法人税、所得税が減収になるのは当たり前じゃないですか?
    それが、そもそもの法人税、所得税減収の最も大きな原因なんでしょ?
    そっちのインパクトの方が何倍も大きいわ。
    それには全く触れず、消費税増税のせいにしている時点でこの御仁の論理は破綻してますよ。
    勿論、消費税増税の影響が全く無いとは言わないけれども、それに比べれば微々たるものです。

    ?の2

    笑ってしまいました。

    「政策投資銀行(旧日本開発銀行)やUR都市機構(旧住都公団)などの特殊法人、独立行政法人に対する貸付金、出資金です」と答えた。それに対して「それらを回収したらどうなるの」とさらに聞かれたので、「民営化か廃止すれば回収ということになるが、それらへの天下りができなくなる」と答えた。

    ・・・・・これ等は全て必要があって存在しているのであって、民営化も廃止も出来ない。天下りが問題ならば、天下りそのものを解決すれば良いことです。

    因みにURが売却出来ない理由はこれ。

    https://toyokeizai.net/articles/-/11262?page=3

    そもそも日本の資産は、既にそれぞれ使い道があって運用されているものばかりで、国の借金を補てんするためにストックされているものではないんです。

    なので、いくら日本の資産が有ったところで、今の日本の財政が究極に危うい状況になっていることに対しては何の関係もありません。

    ゆえに、この御仁の論拠とするバランスシートなるものを持ち出して「安心理論」を主張する様はアホ丸出しとしか言い様がありません。

    この記事に対するコメント投稿でも、彼の主張の論理性の無さが指摘されてますよね。

    なので。
    ?の2は

    論破されてんのは「上念、アンタだよ。」と言う事になります。

    ?の1
    まず概ね?の1での解説と同じ。
    彼も経済というものがわかってないようです。

    「直近の失業率は2.5%であるが、これは完全雇用に近い水準だ(日本の完全雇用の失業率は2%強)。それにも関わらず、実質賃金が上昇していない。つまりは、企業が生産性向上の努力をしていない。」

    ・・・・・それは各企業が個々に取り組むべき問題であって、国の政策うんぬんとは何の関係も無い話しでしょ?

    それから、あなたは消費税が8%になってからの日本が未だに景気が悪いと言うけれ
    ども。

    *企業倒産件数10年連続減少で28年ぶり低水準、5年連続の1万件割れ
    http://www.tsr-net.co.jp/news/status/year/2018.html

    *完全失業率
    2013年 4%→2019年 2.5%
    100人中 25に1人→40人に1人

    1人当たりの賃金は上がらなくとも、元々収入0円だったものが月10万円のパートタイムでも年間120万円の収入になる。世帯単位でみれば明らかに所得増ですよ。

    *レジャー産業、設備投資活発化!ディズニーリゾート、USJ相次ぎ新設アトラクションに投資
    http://www.h-yagi.jp/00/post_231889.html
    不景気で、お客が来なけりゃこんなことも出来ない筈。

    何処が不景気なんですかね??
    (と、彼のブログにコメントしようと思ったらコメント受け付けてませんでした。ww)

    日本にとって最も深刻な問題は、国の借金千百兆円という金額そのものよりも、国債を買っている銀行等の金融機関が次々と国債離れに向かっている事です。

    つまり、今までは年間約30兆円にも及ぶ税収不足分を、なんとか借金で穴埋めしてきたけれども、これからはそれすら出来なく成るであろうという事です。

    金融機関の国債離れ進む 3月末の保有額17%減
    2017年6月28日 0:14
    https://r.nikkei.com/article/DGXLZO18192050X20C17A6EE8000?s=3

    そりゃそうですよ

    日本国債 2年 利回り
    0.1%
    日本国債 5年 利回り
    0.1%
    日本国債 10年 利回り
    0.1%
    JGB 20 Year Yield
    0.4%
    日本国債 30年 利回り
    0.5%

    いくら日本国債が信用があると言っても、これほど低金利では金融機関はほとんど利益が望めません。国債を売って他の金融商品に投資した方が良いと考えるのは無理もないでしょう。

    政府が国債離れを食い止めるには金利を上げるしか有りませんが、そうすると国の支出が膨大に膨れ上がって更に財政難になります。と言って金利を下げれば国債離れが進んでしまいます。

    今、日本の国の財政はにっちもさっちも行かないどん詰まり状態なんです。

    国内投資家がダメなら外国人投資家を、となりますが、この金利では買い手はそうそう簡単には見つかりません。

    でも、中国人投資家は買うんです。
    彼らにはメリットがあるんです。

    中国が日本国債を爆買い!?保有額世界一との報道に「愛国はどこに行った?」「米国債を売って日本国債を買うとはなかなかやるな」―中国ネット
    https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20170213007/

    「ある日、大量に日本国債を売ったら、日本経済はどうなるのだろう?」
    「日本国債とは、われわれの手にあるガラスのコップだ。持っていることもできるし、うっかり落とすかもしれない」・・・・・・

    海外投資家日本国債保有率
    12.1%

    海外投資家の日本国債保有額
    1,344,198 億円

    この内、中国人投資家の保有額を約半分弱として

    約60兆円??

    もしこの額の国債を一斉に売られたら日本はどうなるのでしょうか?

    日本の年間の税収がほぼ支払いで吹っ飛びます。

    仮に、その分を日銀が円を発行して支払えば回復不能なハイパーインフレに成るでしょう。

    今や、国の財政難は日本にとって「アキレス腱」になっています。
    早急に日本は国債に依存する財政から脱却せねば大変な事になりますよ。(といっても消費税率10%でもまだまだ全然追い付かないんですけど、税率このまま上げないよりはずっとまし)

    でも、これは共産党にとって願ってもないチャンスですよね。

    そりゃ何が何でも消費税増税を阻止するでしょうよ。
    幸い多くの保守論客が増税推進派=反日というステレオタイプな図式に騙されてるみたいだし。

    でも、日本国民はこうなった責任を一切政府や財政省のせいには出来ませんよ。本来、税収不足は国民が負担せねば成らないものを、政府が「増税やむなし」と言う度に「増税嫌だぁ?!嫌だぁ?!」「はんたぁ?い!はんたぁ?い!」と拒否し続けて来た結果、政府は仕方なく借金を続けなければならなくなったんですからね。こんなの政府や財政省からすれば「ええ加減にせえや!モンスター国民!」ですわ。

    世界で1番目に高齢化問題が深刻な国は日本です。

    2番目はイタリアです。
    そのイタリア国民でさえ社会保障を賄うためには22%の消費税もやむなしと覚悟を決めてるのにですよ。

    こんな日本人をイタリア人はどう思っているのか、もし、一度会う機会があったらじっくり聞いてみたいです。

  20. 憂国女性 のコメント:

    「維新で一番の権力者は松井さんでも橋下さんでもありません。
    片山虎之助という息子がNHKにいる老害です」
     ↑
    立花氏がyoutubeでこの発言をしてから、足立氏が錯乱してきたような気がします。
    そういえばロシアに謝りにいったのは幹事長と、この片山でしたっけ。
    何かあるんでしょうかね。

  21. WAO のコメント:

    小坪先生の当ブログに書き込みをされる方々は”同志”と認識させて頂きたいのですが、皆様から反発を招くかもしれません。

    今般も判を押した様な足立批判コメントで占められている様ですが、韓国のことわざでいう「池に落ちた犬は棒で叩け」的なものを感じるのです。

    小坪先生自身がかなり冷めたニュアンスで今回の記事を書かれている旨を仰せですし、”池に落ちた犬は自力で這い上がるか否か知らんが、放っておけ”のスタンスでいいのではないか…と。

    足立氏など程々に捉えて、もっとプライオリティ高い記事を温存されている小坪先生の今後のブログに期待しようではありませんか。

  22. ゴルゴまたぎ のコメント:

    足立議員はもー、いつもこんなものですねぇ。
    まぁ?余計な事を気分次第で、うんちくなのかまぁ?
    うんちくの「く」を除いて二文字で別の呼び方が彼には相応しいです。
    小坪議員曰くもう構うのも飽々ですね??
    他力本願で議員になって乗った船を沈めにちょこまかと。

  23. りちゃ のコメント:

    足立は『立花氏は違法行為を促してる???』と騒いでいるが・・・・
    立花氏は『NHKの集金人は違法行為をしている』と騒いでいる
    実際に、NHK集金人が虚偽の集金をしているケースが後を絶たないらしい

    以下、【NHKから国民を守る党公式サイト】から引用
    24時間体制でやって来るNHK集金人【反社会勢力関係者も多数在籍】からの脅迫行為や裁判の被告になってしまうかも?という不安による精神的被害

    けど、違法行為なら被害者である超大企業の NHKが被害届を出せばいいだけであって、
    足立が出るまくなんて無いと思うんだけどね。

    被害者が個人や中小企業なら、そりゃ出しゃばってもらわないと困るけど

    • りちゃ のコメント:

      NHKの集金も見直すべきなんだよ
      税金にすべきなんだよ

      人手が足りなくて倒産する会社とかあるんだから、
      税金にすれば、NHK集金人が労働市場に出てくるじゃん。
      霞が関には偏差値40くらいの人間しかいないのか??

  24. たつまき のコメント:

    昨日一昨日から話しの線が変わりましたね。
    維新はどうでも良いですけど、丸山氏を今後も支援しますか?
    丸山氏自身が逃げているので、私は支援しないに変更させてもらいます。

    • たつまき のコメント:

      戦力的に元々話しの筋が違っていたのなら申し訳ないです。
      反足立は支持しますが、丸山洋画はやめます。
      小坪氏の意見を伺いたいです。

  25. masayama黄色くん のコメント:

    いや、「維新は終わった」とか、なんでそんなことを言うのか、よく分からないのですが、維新はまだ終わっていないですよ?4月の府知事・市長選挙で勝っているので、今は飛ぶ鳥の勢いです。丸山問題ごときの小さな問題(しかもネットの中の論争)で終わるわけないじゃないですか(あれは数日で収束する)。きちんと首を切って、とどめを刺さないと終わったとは言えません。で、それをしなきゃ!!

  26. のコメント:

    小坪議員様
    お忙しい中、いつもありがとうございます。
    台湾に行かれているのですね!

    今回の件…
    はい。わけがわからない。です。
    失態を隠すために論点を拡散させていく有耶無耶作戦でしょうか?
    足立議員、人気があったようですが、残念ですね。
    沢山の方の想いを無碍にしてしまった。
    中でもN国へ謝罪をしてくださった方のことを“客室乗務員”とおっしゃってその行動を無価値化されていたのにはドン引きをしました。
    Twitterでは、維新の右派の支持者を失ったことを指摘され「狙いどおりです」とも。
    とても傲慢に見えました。
    感謝を感じる心をお持ちではないのかな?と。
    優位性に固執すると、恩を仇で返してしまうのか?よくわかりませんが、寂しいことです。

    維新の謝罪の習性には共感です。
    善悪の判断基準や倫理観があるのだろうか…と思ってしまいます。
    色々なところに、組織の捻れ、歪みがあらわれている気がしています。

    私はやたらと見かける維新おしを懐疑的な目で見てきました。
    一部の方(若い世代)や在り方に違和感を感じるからです。
    橋下さんが標柱していらっしゃいましたね。ポピュリズム。表面的な見せ方といいましょうか、パフォーマンスとアピールに見えて。
    それも他党の方達が時間を掛けて取り組んできたことの中から、成果が出そうな部分を掠めとっていくパフォーマンスのような気がしていました。
    本当の問題の解決は、静かに真摯に時間をかけて取り組んでいくものなのでは?と思いながら…。
    沢山の方から、花を持たせて貰っていたんじゃないですかね?

    今回の、まずいところに触れる人間を切ることで恩をも売るような、そんな有り様を見て、正直胸が痛いです。

    発端の丸山穂高議員の発言については、いまだに“意図”や“動機”が見えかねてよくわかりません。発言については表面に出てきている事柄の中から判断をすると肯定はしかねます。それは国際的常識とは異なる我が国の「現憲法下」においての前提を踏まえて、です。
    私は現憲法擁護派ではありませんが、現段階においてはこの縛りを外して考えられない状況にあると思っています。

    ただそれとは別に、発言から現在に至るまでの流れを見て、丸山穂高議員には仕切り直しの上で再チャレンジをしていただきたいと思っています。
    彼のことは維新の色眼鏡で見て来ましたが、今回の騒動で動画などを改めて見てみました。
    麻生大臣との質疑応答は落ち着いていて目上の方への敬意も感じられる落ち着いたものでした。麻生大臣も若い世代を育てるような眼差しで、丁寧に答弁を返していらっしゃるような印象を受けました。微笑ましかったです。そしてこのまま若い芽を潰していいのだろうか?と感じました。
    丸山穂高議員は、今、苦しいことだとは思いますが、応援されている方も沢山いらっしゃるようですから、また違う場所で活躍をして欲しいです。
    痛みや危険を知っている人は強いです。丸山穂高議員にはきっともっといい場所があります。
    メディアのゴシップを見るにつけ、そう感じます。

    小坪議員様
    いつも本当にありがとうございます。
    また違うお話を聞かせて下さい。
    楽しみにしています。

  27. 鱒の木 のコメント:

    政治家、議会人として資質のないもの同士の醜い喧嘩としか見えない。

    最高裁で確定したNHK受信契約の合憲判断に対し、法を遵守しなければならない公務員である立花氏が国民に対して法を冒すことを率先して勧めたり、「私は法律を守らない政治家」と公言したりするのはいかがなものか。

    納得出来なかったら法律を守らなくても良い、それが民意なのだから、という考え方は法治国家である日本ではとても危険な理念だ。

    もっと政治家らしくNHKを見直す提案をしていただくことを望む。

  28. たぬきねんね のコメント:

    維新の本質が出た場面。大阪のように毒をもって毒を制するしか無い状態にのみ利用価値がある。残念ながら関西地区自治体は与野党揃ってなあなあ体質が蔓延している。そうでない自治体には不要です。国政には害にしかならない。現状のNHKにメスが必要なことはほとんどの国民が思っている。かつての中世キリスト教教会の腐敗具合を示す典型例が1/10税だったが、現NHKはそれ以上の横暴。NHKから国民を守る党のような団体がでてくるのは時代の要請でもあるのに、まったくわかっていない。

  29. サンダーボルト のコメント:

    小坪議員、お疲れ様です。

    維新はもうどうでもいいです。ただ、丸山議員の個人攻撃がメディアで半端ないです。「女を買う」「酔って、卑猥な言葉を連呼した」など、今頃になって、なぜ、こんな情報が出てくるのか疑念を持ちます。丸山議員を維持でも辞職させたいようにしか思えません。

    N国党の選挙のやり方は、賛同しかねます。居住条件の件に絡んだ、被選挙権なしの立候補は、兵庫県議員選挙、兵庫県播磨町議員選挙、足立区議員選挙ともうすでに3件行っています。兵庫県議会議員選挙については、被選挙権がないことについて、裁判を起こす旨を正式に発表しています。これ以上の選挙の混乱を引き起こす必要はないと思います。

  30. パコリーヌ(髭) のコメント:

    辻元清美や蓮舫、革マル枝野、テロリスト共産党らに懲罰動議をおこされ
    奴らに屈し奴らと創価公明にとって目障りな、NHKから国民を守る党を攻撃する
    足立カッコ悪すぎ ダサすぎ
    品性下劣で信念の無い口先だけの中身スッカラ菅直人みたいなダッサい男には興味無いわ

  31. 匿名希望 のコメント:

    >彼らは、仮に自らに非があろうとも【自分たちに被害が生じない限り】は、謝罪していません。

    >維新の場合は「ぶっ叩かないと、謝罪しない」というのが、一つのセオリーになってきました。

    >自分が悪いと思ったから謝るのではなく、批判され、損があると思ってから謝罪しています。

    >今回の立花代表の件も、やはり「反撃してから」の対応となっています。

    これは、外交において
    【日本以外のあらゆる国が行っている】行動パターンですね

    余計な謝罪は行わない
    良い悪いではなく、これがグローバルスタンダード

    日本も倣え、とは言いません
    自分の非が事実なら認め謝罪するのは吝かではない

    問題は、こちらに不当な攻撃を仕掛けてくるのなら
    【遠慮なくぶっ叩け】という話です

  32. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    件の政党も維新とロジックは似ているとも評される
    もののNHKも国民から受信料を巻き上げて7,000億
    もの私腹を肥やしていることは許しがたいだけに
    NHKから国民を護る党には躍進していただきたい
    限りだが維新は妨害工作をしたいだけか。

    あと余談になりますが土曜朝に尊大なキャラが火病
    起こすだけの番組を面白がっている精神年齢の低い
    幼稚な輩には呆れてしまいそうになります。

  33. ピンバック: SC100高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジTV凸 | 令和の2ちゃんねるまとめ速報

  34. ピンバック: SC100高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジTV凸

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください