【半島有事】在韓邦人の退避は日米で分担。釜山までは米国、釜山から福岡・西日本までが海自【韓国からの難民が気になった人はシェア】


 

 

取り上げ続けた一人として、難しい点も残るものの答えが出たことは嬉しい。
在韓邦人・米国人を「一緒」に取り扱う模様。有事勃発後は「民間空港は閉鎖」されたと想定した上で、釜山までを米韓米軍が、そして釜山から日本(福岡・西日本)を海自が担うというもの。

まずはチャーター機を含む民間機で可能な限り多くの邦人を退避させることを主とはしている。だが、足りぬだろう。相当数が取り残されるし、飛行機はいつまで飛べるかわからない。有事勃発の直後に、空港は閉鎖されるだろう。のち陸路となる。

ただし、釜山に移動するまでに相当の死傷者が出るだろう。
韓国国内には「北朝鮮の破壊工作員」がすでに潜伏しているという指摘も多数あり、私もこれを否定しない。陸続きであり、破壊活動を目的とした同種の事件が過去に起きているためだ。

北朝鮮の破壊工作員と、韓国人の見分けは「米軍はつかない」のである。
日本人もわからないだろうし、韓国人も「どれがスパイ?」と言われてもわからないと思う。同じ人種で、発音こそ違いはあるものの、言語も同じだ。見分けようがない。

また、日本に避難してくる「在韓邦人」の中に、北朝鮮の工作員が混入していた場合、日本国内での治安問題になる。日本に退避が成功したとしても、難民キャンプが爆破テロの餌食になる可能性もある。ここで米国の民間人が死傷すれば、我が国の責任となるだろう。なるだろうというか、なる。

さらに、避難民を装って不正に入国した北朝鮮スパイにより、日本国内の治安が乱される可能性、もっと具体的に言えば「後方破壊のゲリラ活動」を行われた場合、我が国はガタガタになるだろう。

最悪条件を念頭に置きつつ、危機を示し、その上で「なすべきこと」を発するのが政治家だと考える。
在韓邦人の避難は極めて難しいと(上京前に)訴えつづけ、不十分な点もあるとは思うが、方法が示されたことを嬉しく思う。

なぜ、国内治安の件より先に(こちらも取り上げいる)在韓邦人の退避を訴えたのか。
当然、意味がある。国内治安を護るためには「自治体が動く」必要があると想定した。
議論のきっかけとしては、「難しい検討」を行い、「こんなの事実上、無理」という状況把握が進むことこそが、インパクトもあり効果が高いと考えたからだ。

何より、かつての大東亜の時代、半島からの避難がどれほど難しかったか。
特に婦女子に関してどれほどの暴虐がなされたかを、そのことを伝える政治家として、「半島からの退避」を初期において検討するのは、当然のことだと思った。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

報道の紹介
以下、読売新聞より。

 

朝鮮半島有事、在韓邦人の退避は日米で分担

 

 政府が朝鮮半島有事に備えて検討している在韓邦人・米国人の退避に関する日米の役割分担の概要が分かった。

 韓国の民間空港が閉鎖された場合、在韓米軍が南部まで日米の民間人を陸路で輸送し、海上自衛隊の輸送艦などで釜山プサンから福岡などの西日本まで運ぶことが柱だ。複数の政府関係者が明らかにした。ただ、5万人以上の在韓邦人を実際に退避させるには課題が多く、政府は詰めの作業を急ぐ方針だ。

 在韓邦人の退避にあたっては、軍事的緊張が高まった段階ですぐに政府が退避勧告を発出し、チャーター機を含む民間機で可能な限り多くの邦人を日本に輸送して、韓国滞在者を減らすことが基本方針だ。

 北朝鮮が軍事攻撃に踏み切った場合は、空港閉鎖が想定され、民間機での移動が困難になる見通し。その場合、まずはシェルター(退避施設)に避難し、72時間を目安に事態が沈静化すれば退避を開始する。

(ここまで379文字 / 残り560文字)

 

 www.yomiuri.co.jp 
ページが見つかりませんでした : 読売新聞オンライン
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170505-OYT1T50079.html

 

短い文章に必要な点が過不足なく盛り込まれている。
作戦は二段構え。

 

第一段階 航空機
チャーター機を含む民間機で可能な限り多くの邦人を日本に輸送。
その際には「政府が退避勧告を発出」が必要で、
条件は、「軍事的緊張が高まった段階」である。

ポイントは、有事勃発前の「軍事的緊張が高まった時点」とされている点。
勃発後は「民間空港は閉鎖」されている可能性を視野に入れている。

不十分と感じる方もいるかと思うが、これは現実的な検討であると考える。

 

第二段階 海路
基本的には有事勃発後と考えていいだろう。
韓国の民間空港が閉鎖された場合の想定、つまりエアが駄目になった場合だ。

・在韓米軍  釜山(南部)までの陸路
・海上自衛隊 釜山から福岡・西日本

 

第二段階については、日米の協力で進めると報じられている。
これは正解だと思う。韓国国内では、自衛隊が自由に動けない可能性がある。
また、米国から送った軍も行動が制限される可能性がある。

そこで、すでに駐留中の「在韓米軍」と言及されている点は注目したい。
はっきり言うが、韓国政府をまったくあてにしていないようにも感じるためだ。

 

航空機については、予言通りと言いたい。
「チャーター機を含む民間機で可能な限り」とあるが、JAL・ANAの協議は整ったということだろう。

私が上京中から「たまたま予言」していた通りになったが、どこかから何か先に聞いていたとか、もしくは当事者に直接依頼した、ということではない。(とさせて頂きます。)

 

 

 

考え方の正当性
下記は強気に書かせて頂く。
まず「航空機による避難」を取り上げ、次に海路での「避難」を書いた。

 

空路による退避

 

海路による退避

 

当時、邦人保護の問題を指摘する声は少なく、そもそも報道はなかった。
当方にて国会議員の声を紹介し、まとめサイトに延焼、のちロビー活動を展開。
「できない」と訴え続けた。

 

先ほど(とさせて頂きます。)と書いたが、気が変わった。
上京以前より、各所で「検討して欲しい」と打診し、記者帯同のもと国会議員との面談も済ませている。

非公開アポゆえ触れまいかと思ったが、名前を伏せておけば大丈夫だろう。
悪いことしてるわけでもないし、すでに結論は得たのだから。

本件は初期から入っている。

 

胸を張りたいのは、初期においてはエア。
有事勃発後は南部からの海路、これを二段回で検討していた、という点。

1万トン級フェリーの隻数、JAL・ANAの機材の数、
過去の問題点の列挙、議事録の振り返り、そこに起因する現代との整合性。
実際に「政治を動かす際の必須資料」である。

 

先ほどのエントリは、それらの資料をリアルタイムで編纂する際の草稿だった。
web発信することで危機意識をもって頂き「世論はある」として、ソーシャルのアクセスを「データ」として提示した。

このBlogも現場だった。
コメント欄も含め。

 

 

 

対象は、日米の「民間人」
記事によれば、対象は【日米の】である。
かつ【民間人】とある。

このあたりは、ただ単語の選択ではあるが、重視したい。

 

在韓米軍の家族は、これには含まれない。
軍の家族は、米軍基地から空路で退避するものと推定され、これは別オペレーションだろう。

 

対象を【日米】としているのは、他の国々からの依頼が気になっていたためだ。
米国からも「自国の民間人を、日本に退避させたい」というオファーはあったろうと指摘していた。
知っていたかどうかは言わない。

米国の民間人「も」日本で受け入れることで、釜山までの陸路を在韓米軍に依頼したのだろう。
ゆえに釜山までの陸路は、在韓米軍が受け持つ。

何が言いたいかと言うと、アジア各国の民間人を「助けてほしい」と言われた際、
日米がどう動くか、という点であった。

 

世界各国の難民を我が国が受け入れる余力はない。
キャンプの問題もある。言語が何バラエティ出てくるか不明で、パスポートの処理など入管をどうするかという課題があった。

そもそも論になるが「海路の輸送能力」にボトルネックがあり、
【日米の民間人すべて】を乗せるだけの能力があるか、現段階でも不明なのだ。

船の問題だけではなく、接舷できる港の問題もある。
大型船は水深もかなり必要で、「深い港」は限られる。

そんなことと笑うかも知れないが、水深を深くするためには「浚渫」という工事が必要で、
【実は無茶苦茶、高い】のだ。

 

記事を信じるならば、とするが
「日米の」である。

能力の問題もあり、自国民優先ということだ。
日本と米国で協力し、両国の自国民を助ける。

 

私が深く危惧していた、「他の国々」からの避難計画については、報道されていない。
アジア各国からの依頼もあったのでは?と思うが、物理的に機材の問題がある。
また、「韓国からの、韓国民の難民」は言及されていない。

 

 

 

韓国人の難民は?
このあたりから、皆様が興味のある話題になる。

韓国本国の、「韓国人」が避難民として大量の難民となった場合、
我が国、及び米国は、これを安全な後方(日本)に退避させる手段をもたない。

 

また、検討には加えられていない、私は記事よりそう感じた。
先ほどの言葉が違う意味で聴こえる方もいると思うが、
「まずもって自国民の保護」である。

日本と米国は協力することで、
「両国の、自国民の保護」を検討したのだ。

ここには、他の国の検討は加えられていない。
無論、韓国国民の検討はなされていないように感じる。

 

検討されぬのは当たり前だ。
韓国は、なんら協力的ではない。

長嶺大使は、このために、この交渉のために韓国に赴いた「はず」だ。
次は、長嶺大使の動向を見てみよう。

 

 

 

長嶺大使の動向
韓国の首相と会談に成功した。
ただし、それは2日前のことである。

 

かつ、会談は破談した。
日韓合意に基づき、慰安婦像の撤去を求め、韓国側はこれを拒否。
愚かな国だとしか言えない。

大使は、国の意思として全権委任のもと赴いた。
国家間の合意事項が順守されねば、次の話に入ることはできない。

良いとか悪いとかではなく、ヘイトだなんだは関係なく、
「そういうもの」としか言えない。

 

 NHKニュース 
長嶺大使が韓国首相と会談 | NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970941000.html
韓国に駐在する長嶺大使は4日、大統領の職務を代行するファン・ギョアン(黄教安)首相と会談し、プサンの日本総領事館の前に設置されている少女像の…

 

さて。
長嶺大使は、慰安婦像をどうこう言いに行ったわけではない。
それが大前提ではあるものの、「邦人保護」についての交渉であったはず。

ここで韓国政府が、韓国国内での「自衛隊の活動の許容」などを認めておれば、
【報道内容は違った】はずである。

しかし、報道は「在韓米軍」が陸路を支援するのだ。
自衛隊は、釜山からの移動である。
陸自を派遣できるほど、我が国の陸上戦力は足りていないという問題もあるが、韓国国内における「自衛隊の活動」は、我が国の方針にはあげられていない。

 

つまり、慰安婦像の問題の時点で「物別れ」に終わり、
次の話には入れていないということだ。

流石の外務省もキレただろう。

 

そろそろ。。。
どうして「邦人保護」の問題から私が斬り込んだのか、見えてきた方もいると思う。

今こそ好機と感じた部分もある。
この部分から始めれば、こうなるだろうという目算もあった。

 

なにせ、あの国にはトップがいない。
弾劾成立後であり、「決定権者」が不在なのだから。

邦人保護の交渉のため、再度、韓国に赴かされた長嶺大使。
外務省も大使も、ひどく面子が潰されたものだ。
いくばくかの影響は出てくるのではなかろうか。

 

さて結論だが、我が国の邦人保護に協力しない韓国であれば、
我が国は、韓国の「避難民の対処」に協力する必要はない。

どちらにせよ、機材が足りない。
かつ、方針がそれで確定しておれば、「韓国からの難民」のことを考えなくて済む。

 

 

 

釜山に辿り着くまで
日本人なら知っておくべき、戦後動乱時の状況です。
朝鮮半島からの引上げにおいて、どのような悲劇を日本人は受けたのか。
有事勃発のリスクが高まる昨今、紙媒体で綴られた当時の情勢を振り返りたい。

これは平成の世の私たちに託された、
先人たちの、戦中戦後世代からの贈り物です。

 

そして、下記の2本は、過去エントリの焼き直しでありますが
「上京中」であったことも付記したい。

 

 

 

いずれも「敢えて紙」であり、出典が明示されている。
対国会議員において、政治を語るにあたっては「ネットに書いていた」とは私は言えない。

紙の出典を付記することで、webツールでありながらも「なんとプレゼン資料」になる。
ここでのイイネの数やコメント欄の意見も「含め」現場とした。

 

それぞれに意味はある。
おかげで、いつもはつながりのある記事を書いてきたが、断続的にテーマが変わる形となってしまったが。

 

さて、少し考えて頂きたい。
先人より「朝鮮半島からの脱出で苦労した」という財産が与えられているのだ。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という故事もある。

 

いまを生きる政治家として、二日市療養所の問題を「拡散」するだけではなく
同じことを「起こさせぬ努力」をすることが肝要だと思った。

 

私が邦人保護から取り上げた理由である。
無論、切り口として介入しやすいと考えた部分はある。
総合的に、これを起点としたいと考えたのであるが、一番の理由は、「現代の二日市療養所を作らせない」ためだ。

私が、私の負荷を何に割くかは、私の自由である。
必死に考えて、何個も同時にはできないから(何個か併行して死にかけているが)
限られた負荷の中、これで進めた。

 

 

 

物理限界を知ること
飛行機は足りない、船の数も足りない。
そもそも人員が揃うかすら不明。
韓国政府の協力なければ、韓国国内で自衛隊が活動できるかもわからない。

 

何もかにも足りない。
その状況で「真面目に避難計画」を議論して頂きたかった。

無理だ、足りないという限界が見えることで、
初めて「やばい」という空気が醸成される。

 

足りぬとわかって、人は準備を始める。
慢心したまま有事を迎えることは余りに打撃が大きい。

HQにおいて、「足りぬ」「計画の立案もおぼつかぬ」という状況が、
緊迫感が走れば、様々なものが動い始める。

 

例えば、国民保護法に基づく、「自治体へのレク」などがそうだ。
在韓邦人の避難民、そして検討過程で出てくる(軍人の家族以外の)「米国の民間人」の問題。

となれば、受入れ先の自治体との折衝も必要になる。
「能力不足、機材がない」と必死に探し始めて、それから人は動くものだろう。

物理的な限界があることを「認める」ことには、このような意味があると考えている。

まぁ、それっぽくは書いているが、私がなんでもかんでもやったわけではない。
むしろ、たいしたことはしていないし、無論、できない。(だって市議だもん。)
ただ、意図をもって資料を作り、各所に働きかけた事実はあるし、それなりの理論武装もしたし、仲間を増やす努力もした、とは言っておく。

 

 

 

韓国からの難民は、来ない。
ボートピープル的に、脱出してくる者はいるだろう。
国際法としてどう扱うかは不明だが、私の立場からは言及を避ける。

とりあえず、日米が「わざわざ韓国からの難民」を、機材を投じて救援することは「ない」だろう。
このことは、ほぼ確定の事実として述べていい。

 

長嶺大使に会わず、前提の部分で「破談」に終わっている。
自衛隊の活動など、協力しているという言及はない。

国家同士の話として「韓国の避難民」を、日米が支えることはないだろう。

 

有事勃発となれば、
戦火に焼かれる韓国本土で、多くの韓国人が戦死するのではないか。

釜山まで辿り着いても船がない。
私は、人権の意識がたくさんあるので、可哀想だと思う。
いっぱい、いっぱい、可哀想だと思う。

が、日本の政治家として韓国人の難民に機材を割いて欲しいなんて意見はいわない。
我が国の国民の避難もおぼつかぬ中、他国の国民まで気を回す余裕がないからだ。
私は、日本の政治家だから、だ。

 

どれぐらい可哀想かと言うと、釜山、また他の港でもいいが、
係留されていた船に飛び乗り、日本に逃げるのだろう。
そして船は戻ってこない。自国が戦火に焼かれる中、逃げ出してくるような民度だ。
わざわざ韓国に船が戻ることはないだろう。

だから、必死の思いで釜山まで辿り着いても「船はない」のだ。
あるのは、海上自衛隊の船と、足りぬならば米国の軍艦だ。
だが、日本人と米国の民間人の全員が乗れるか不明な中、
韓国人の席はない。乗船は、できない。

当たり前だ。
在韓邦人、及び在韓米国人の人数よりも「韓国からの難民」は、何百倍も多いだろうから。

 

何隻あるか知らないが、港に係留されている船、
これに乗ってくるボートピープル「のみ」で済む。

無論、外洋渡航能力があるか怪しい、かつての「イカダ」みたいなヤツはわからないが、
韓国も曲がりなりにも『先進国』となった。過去のような根性は恐らくあるまい。

自作の舟で、手こぎで渡れるほど日本海は甘くない。

 

 

 

韓国人は、祖国のため戦うべきだ。
そもそも「元から内戦中」であり、徴兵制をひいている国だ。
韓国の国民は、自国の存亡の危機に対し、勇気をもって戦うべきだろう。

 

私は、韓国の政治家ではないが、一般知識として隣国の制度も知っている。
徴兵制があるではないか。それがあの国の、国家としてのルールだ。

徴兵だって社会コスト、公金が投じられている。
あの国が、あの国の意思として「韓国人は、有事において戦え」としている以上、
私たちは言及できない。

 

なぜならば、それは内政干渉だからだ。
あの国のルールを、他国の政治家である私が「おかしい」とは言えないでしょう?

韓国人は、韓国人みずからが決めたルールにおいて、
祖国のために戦うべきだろう。

 

隣国の政治家としては、「がんばれ」と言わせて頂こう。

そういえば、陸上兵力が足りない場合、我が国にも徴兵の義務がありそうな方々が多数おられる。
この点は、「協力が求められたら」我が国は支援するべきだろう。

価値観は共有できないが、他国のルールがある中で、他国の国民が我が国にいる以上、
「返してくれ」と言われたら、手伝うよりない。

「日本に拉致された韓国人を救う会」などが立ち上がれば、私も是非、応援しよう。
何を考えているのか、未だによく理解できていないが「強制的に連行された」と言っているようなので、本人たちもきっと帰りたいのだと思う。

 

笑い話と思わないほうがいいよ。
外務省の面子が「完全につぶれた後」なのだから。
影響はあると思うって、さっき書きましたよね。

 

 

 

次は、国内治安
市議の職権は限られている。

武器はいくつかあるが、「なんでもできる」わけではない。
むしろ「できないこと」のほうが多い。

議決権の行使や一般質問が私たちの武器だ。

 

さて、国民保護法に基づく「自治体の動き」については
「当市の状況」を問う。

これは国に照会せねば答弁できぬものも多々あり、
「自治体から問合せ」が行くことに意味があると感じる。

 

ボトムアップで、自治体からの「これ足りてないんじゃないの?」を国に挙げることはできる。
また、ここで得た答弁は、「横並び行政」が弊害ではなく、美徳として機能すると期待する。

事例が一つ出れば、他自治体への展開も可能であるし、
国の決定となれば、結果的にそうなる。

自分のとこで「意見を挙げて」
その上で、東京側で「キャッチ」してもらうよりない。

はっきり言えば、「どっちもやる」と言っているに等しく、
ほぼ究極のマッチポンプだと思うが、自らの職権、極めて限られた権限の中でやるには、
これしかない。

私の持ちうる職権の中で、やる。

 

 

 

 

韓国からの難民は、ほぼ来ない。

 

日米は、共同して(両国の)

 

「自国民」を救援する方針との報道。

 

長嶺大使は、邦人保護の交渉に赴いたはずだが、

 

国家間の決め事の履行という、大前提の部分で破談。

 

韓国内での自衛隊の活動などには言及できていないと思われ、

 

韓国が、我が国および米国の、自国民の救援に協力していないのであれば

 

日米が、韓国の難民の避難を支援することはありえない。

 

釜山などの南部に辿り着けど、係留されている船で逃亡すれば、

 

次の船はない。

 

必死の思いで港につくも、船はない。

 

海自の船と、あっても米軍の船だ。

 

日米の自国民を満載しているはずで、

 

それでも能力不足の可能性があり

 

そこに韓国人のシートはないだろう。

 

韓国は徴兵制を敷いているのだから、

 

国外脱出ではなく、祖国のために戦って欲しい。

 

隣国の政治家として、「がんばれ」とエールを送る。

 

もしも陸上兵力に不安があれば、

 

日本国内にも徴兵の義務がありそうな方々がおられる。

 

「必要なら、返しますよ?」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

24 Responses to 【半島有事】在韓邦人の退避は日米で分担。釜山までは米国、釜山から福岡・西日本までが海自【韓国からの難民が気になった人はシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    【半島有事】在韓邦人の退避は日米で分担。釜山までは米国、釜山から福岡・西日本までが海自【韓国からの難民が気になった人はシェア】 取り上げ続けた一人として、難しい点も残るものの答えが出たことは嬉しい。 在

  2. 波那 のコメント:

    良かったですね。米軍が邦人待避をアメリカ人と共に付き添って下さるということでホッとしました。翻訳ブログのコメント欄では北朝鮮が攻撃して来たら、先ず日本人を襲うとか、人質にするとか、盾にするとか書き込んでる韓国人がいました。勿論、日本憎しで言うだけかも知れませんが、敗戦後に半島を引き揚げる日本人に襲いかかった韓国人の蛮行を知っていますから。相手が身を守る術を持たない弱者には態度を豹変させるのは韓国人がベトナムでもやったことです。

    米軍とアメリカ人と共に行動していたら、韓国人も日本人に手を出せないでしょう。韓国に居る日本人に有事が起きても韓国政府は日本人待避に協力しないと言われたことを伝えられないのでしょうか。シェルターですが、韓国人は日本人を入れてくれないかも知れませんよ。日本人なら、こういう時はこうするから韓国人も…という考えは捨てた方がいいです。

  3. 野良犬 のコメント:

    釜山まで米軍が誘導してくれるのなら、韓国による邦人・人質化は困難になるので、ほっとしました。

  4. ひかりちょういち のコメント:

    私も大韓民国の民間人の難民が来ないと言う、小坪氏の意見に賛同します。しかし、韓国軍人が参戦放棄して軍艦や戦闘機で日本に難民としてやって来ないとは言い切れないと思います。何しろさきの朝鮮戦争(ファーストシーズン)で大統領みずから戦時統制権を米軍に譲り、自国民を見捨てて逃げた実績があるのですから。セカンドシーズンでも軍の偉いやつらが率先して難民として日本に来るかもしれません。

  5. にわとり のコメント:

    朝鮮半島では北も南も似たような言語を使っている・・・と思うのですが、なにぶん分割してから年数が経っているので、実際のところどうなんでしょうね。米国人からすれば見分けはつかないだろうから、韓国人を選別して脱出させるというのはそもそも無理筋。よって初めから考慮しないのが妥当といったところでしょうか。

    日本語に堪能な朝鮮人がいると厄介だなぁ。

  6. 名ナシ のコメント:

    そういう意図でしたか。
    反日無罪の国ですから米軍保護課でも安全と言い切れ
    ないのが過去の史実から容易に想像できます。
    自衛隊の借り上げ船舶が下記の2隻ですが、
    はくおう      507名
    ナッチャンWorld 1746名
    4万人としてピストン輸送しても20往復ですね。
    あとは政府の初動体制が機能する事にかかってます。
    ここまで情報が降りてきた=海自は動いているんでしょう。
    下記、横須賀市のHPに出てました。
    平成29年5月6日、外務省から下記のとおり通報がありました
    のでお知らせします。

    1.艦名:ロナルド・レーガン
    2.寄港地:横須賀
    3.艦長名:M.DONNELLY(ドネリー)大佐
    4.乗組員数:4,645名
    5.出港予定日:平成29年5月7日(日曜日)12時00分頃
    定期修繕明けの試運転でしょう。

  7. ピンバック: 在韓邦人退避計画 – 憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    以前、小生の祖父が釜山西方約50kmにある馬山からの引揚げ組である事をコメント致しました。
    小生の祖父が受けた、慶尚南道が慶尚南道知事・信原聖の名前で発行された「右者小賣業企業整備ノ結果殘存業者タルコトヲ證ス」と記された証書の日付は昭和20年7月5日で、かなりギリギリまで朝鮮に残留していたのは明らかなのですが、祖母はと言うと実は一足先に内地へ退避しています。

    祖母の逃避行も、やはり苦労が伴ったものであった様です。
    現在では流石に日本海を木造船で航行する事は無いでしょうが、当時は結構木造船が航行していたらしく、祖母も例に漏れず木造船で朝鮮を発ちました。(日本の主要港は米軍が機雷を投下していた為、感応機雷に反応し難い木造船を重用していたのかも知れませんが)
    月は不明ですが9日に釜山を出発しその日の晩に対馬に到着、夜明けを待って(10日)九州に向け出発した様です。
    所が途中で嵐に遭遇し、漂流してしまったとの事でした。
    西唐津に到着後に祖母が祖父宛に送った葉書には、翌朝(11日)ようやく辿り着いたのが壱岐島で、手紙には「方向は分からず」「大分流され」「船中は大揺れで、もう死んだと思った」と記されております。

    その後、大時化続きで壱岐を発ったのが16日早朝6時。
    16日晩に唐津湾に到着するもココでも大時化で、結局ここで救助船に救出されたとの事です。

    当時は米軍による主要港の機雷敷設や、潜水艦による無差別攻撃を回避する為、また船の出力と言った諸々の事情が重なったのでしょうが、順調に航行出来たとしても釜山-九州間が2日の行程だった様ですね。

    現在では船舶自体の能力や安全性が向上していますので、半島有事の際の避難に於いて小生の祖母が経験した様な思いをする事は無いと思いますが、それでも天候次第では釜山で足止めなんて事も起こり得るでしょう。

    まぁ、確実に言える事は現地で戦災によって死亡しても、国からの補償は一切無いと言う事です。
    何せ外務省の役人が職務上紛争地に入って戦没した場合でも「殉職しても規定の償恤金が出るだけです」との事ですから、民間人はどうなるかは分かったものではありません。
    海外旅行保険も余程の特約を付加していない限り、基本的に戦災死は免責事項に含まれ、保険金は貰えません。
    民間企業にお勤めで韓国に赴任されている方は、一度自社の規定を確認される事をお薦め致します。

  9. 103 のコメント:

    小坪市議の情報提供に心より感謝申し上げます。

    常にリスクの提示をされ、「事態の好転を前提とした、悪い情報からの発信」には国民としての指針を再確認させてくれます。

    さて、今般外務省に下記のwebが掲載されておりました。
    「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」
    http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

    日本人が入り込みやすい「マンガ仕立て」ですので、本blogによる国民の危機意識啓蒙に対し一助となれば幸いです。

  10. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    今回の先生のコメントで、私的に脳内保存しなくちゃとおもったのは・・・

    >何より、かつての大東亜の時代、半島からの避難がどれほど難しかったか。
    >特に婦女子に関してどれほどの暴虐がなされたかを、そのことを伝える政治家
    >として、「半島からの退避」を初期において検討するのは、当然のことだ。

    小坪先生は、ずっと「半島からの退避」を発信してくださいました。
    本当に心からありがとうございます!といいたいです。

    小坪先生のブログを多くの国会議員の方々、地方議員の方々、そして、中には民進党等の野党の方々も読まれているのかもしれませんが・・・、先日、北朝鮮のミサイル発射(すぐに爆発しましたが)があったとき、東京メトロや地下鉄、新幹線が停車したというのも、小坪先生のご発信がじわじわ、日本全国に浸透している証ではないかともおもっております。

    >「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という故事もある
    >いまを生きる政治家として、二日市療養所の問題を拡散するだけではなく
    >同じことを「起こさせぬ」努力をすることが肝要だとおもった

    少し前まで脳内お花畑であった一人の日本人として、すくなくとも経験に学ぶ愚者にはなりたいとおもっております。

    日本人少女 ヨーコの戦争体験記「竹林はるか遠く」をしったのも、小林千登勢さんのつらい思い出の履歴をしったのも、なんと、定年過ぎてからでありました。私達団塊の世代の中には、いまだ覚醒せず、自虐史観の洗脳からさめていない人々が残念ながら大勢います。そういった方々はいまでも朝日新聞を読み、TBS、サンデーモーニング等を視聴しているのみで、小坪先生の発信に触れることもないのでしょう。

    ですが、団塊の世代のなかにも、覚醒した人間は確実に増えているとおもっています。これは個人的意見ですが、そう私の脳内のゴーストが囁くのです。
    団塊の世代でも小坪先生を応援する人間がいるということだけはまちがいないです。

    閑話休題・・・

    今回、在韓邦人の保護を、韓国内では在韓米軍が行い、釜山からの移動を自衛隊(はやく国防軍といいたい!)が行うとの報道に、安堵の思いがいたしました。
    そして、韓国からの難民はこない。との小坪先生のコメントを読みながら、よし!と声がでました。・・・小坪先生のおっしゃるように、韓国人は国外脱出ではなく、祖国韓国のために戦ってほしい。もう、そのとおりだとおもいますよ。

    そして、日本国内には、帰化もせず韓国籍の在日という方々が80万人いるそうです。在日のかたがた、朝鮮有事のさいには、祖国韓国にもどって祖国のために戦ってはいかがですか?と問いたい。

    以上、ながながと失礼いたしました。

    • 読点 のコメント:

      >日本国内には、帰化もせず韓国籍の在日という方々が80万人いるそうです

      「帰化もせず」というフレーズで
      「日本人は優秀な(?)朝鮮人に帰化してもらいたがっている(が、してやらない)」という誤解をしている朝鮮の方がけっこういるようなので、ご注意願います。

      うん、「いらない」。

      外国に滞在している韓国人は、用が済みしだい韓国に帰国して、愛する母国で人生を全うしていただきたいですね。

  11. こたつねこ のコメント:

    小坪先生や読売新聞が指摘した「正規ルート」では、韓国人難民は来ないかもしれません。
    しかしながら、韓国各地の港から、漁船その他の民間船で、対馬、五島、北部九州、山陰等の港へ大量に韓国人難民が押し寄せて来るのではないでしょうか。
    これらの地は概ね過疎地で、そこに無秩序にやってくる統制不能の集団だけに、その対策は厄介と思われます。しかもその中に(武装)工作員が紛れてくる事も考えると、正規ルート経由の各国(米国等)避難民より問題は深刻かと愚考します。

  12. 一郎 のコメント:

    避難民保護の道筋をつけるために奔走していただき、ありがとうございます。米の協力により邦人が避難できることが心強い。

    そして、韓国が日本人を見殺しにすることを、長嶺大使と韓国首相の会談の破断により、確認できた。日本が、韓国人を助ける道理がない。

    日本は韓国が信用できない国だと世界に発信したい。

    そもそも、国と国との約束を守らないのが韓国。たとえ、会談で約束をしても、その約束はすぐに破られる。それが、今までの【歴史】であり、これからも同じだ。

  13. ちび・むぎ・みみ・はな のコメント:

    歴史を考えるなら、釜山において韓国軍(?)が
    日米の避難民を拘束する可能性がある。
    つまり人質。
    この場合は日米と韓国軍(?)の間に散発的な戦いが
    起きるのではないかと思う。
    その場合は米軍の戦闘車両が必要になろうが
    燃料・弾薬等の備蓄を避難経路に準備する必要がある。
    尤も、経験のある米軍なら大丈夫だろうか。

  14. 東京都56歳 のコメント:

    >韓国からの難民は、ほぼ来ない。

    これは、とても重要ですね。
    いわば、入国前(あるいは韓国出国前)の、
    「スクリーニング」作業です。

    入国後のスクリーニングは、
    (色々な意味で)
    事実上不可能でしょうから、
    限りなくベストに近い結論。

    重たい岩が転がり始めた。
    この「初動」の持つ意味は大きいのでしょう。

    次の政府の一手にも注目しています。
    GW明け初日の5/8になるのか、
    あるいは、
    5/10あたりになるのでしょうか。

    いずれにしても、
    「備えあれば患いなし」
    というスタンスの上で、
    自分の身は自分で守るしかない、
    「自衛」の心を強く持つ。
    そういうことなのでしょう。

  15. 退役軍曹 のコメント:

    在韓邦人の救出に目処がたったのは一安心です。

    韓国民の難民は正規ルートではシャットアウトということですがそれでも入ってくる輩はいるでしょうし、先の朝鮮動乱の時のように我が国に亡命政府を作らせろとか言いそうです。
    その場合政府にはキッパリ拒否してほしいですね、むしろにっこり笑って「必要な物は日米提供するから思う存分戦え」と自分は言いたい。

  16. 読点 のコメント:

    >私は、人権の意識がたくさんあるので、可哀想だと思う。
     いっぱい、いっぱい、可哀想だと思う。

    わー!わー!わー!
    こ?わいんだ?
    やっさしい人、怒らせた?

    さて、小坪さんは「韓国からの」朝鮮人難民を問題にされていますが、朝鮮人難民の 発生自体 と 数の多さ は言及されないものの、否定もされないのですよね……。

    ?日本国内から発生する朝鮮人難民(在日、仕事、留学、旅行などによる一時滞在者)
    ?海外滞在中の朝鮮人難民(仕事、留学、旅行などによる一時滞在者)

    古いデータになりますが、2012年の韓国人海外旅行者数は13,737,000人(ただし、延べ人数)。
    海外旅行出発者数:2012年 世界観光機関(UNWTO)による
    http://top10.sakura.ne.jp/IBRD-ST-INT-DPRT.html
    会員なら最新のものをこちらからどうぞ
    http://www.globalnote.jp/post-3611.html

    ……87%以上もの国民が、世界で最もいらない国(すげー傲慢なアンケート!)№1に「日本」と答えながら、日本への観光旅行客を右肩上がりの現在進行形で増やし続ける韓国。反日教育や日本人への数々の暴行の歴史を持ちながら、日本国内で朝鮮人に攻撃的な態度をとる日本人に遭遇すると大騒ぎをする朝鮮人(「日本人だから」と暴力を受けた被害者本人や関係者に遭遇する可能性は想像しないのか)……

    杞憂なら良いのですが、朝鮮人のみなさまは私の理解を大幅に超える精神構造をお持ちのため、念のため、深?く穿った見方をさせていただきます。

    海外(朝鮮半島外)に滞在中の朝鮮人のみなさまの動向が気になります。

    朝鮮半島の出国手段がアウト。

    ……だとしても、海外の出国手段は使えます。彼らが大好きなオシャレでパワーな先進国様、御フランス様、御ドイツ様、御アメリカ様、御オーストラリア様なら、これ幸いと居続けるのでしょう。しかし、ちょっと肩書きに難ありの外国滞在者、かつ日本に親族を持つ朝鮮人の皆さんはどうでしょうか。「正規ルート」と親族面会などの「正しい入国理由」で日本に入ってこられてしまいます。その後、無敵のフォーマット、「誰でもできる、何度でもできる、日本の難民申請」で実質的な特別永住者様・第二ウェーブになりかねぬ。なんたって、日本には外国人様でも受給できる、とっても魅力的な生活保護制度があるし。

    ここも締めて欲しいです。

    >私は、日本の政治家だから、だ。

    技術者と違い、選挙(支持者)を根拠とする政治家は移動できないと思い込んでる方は多いかもしれませんが、有能な政治家は使い道がありすぎますので、ブチ切れて海外に行かれないよう、我々も心しましょう。

    • 読点 のコメント:

      >私が深く危惧していた、「他の国々」からの避難計画については、報道されていない。
      アジア各国からの依頼もあったのでは?と思うが

      韓国で留学生の不法滞在が増加、政府の姿勢に大学から不満も―中国メディア
      (抜粋)
      韓国法務部(省)が4月30日に公表した統計によると、在韓外国人留学生は15年には9万4395人だったが、16年には11万1635人に増加。しかし同期間の不法滞在者も1518人から2238人に増えており、増加幅は47.4%と高い数値となっている。
      https://news.nifty.com/article/world/china/12181-177359/

      いずこの国からやって来たのか。
      危機管理意識が低いのは、日韓だけではなかった。

  17. shoro のコメント:

    今日テレビを見ていて思ったのですが車の輸送船
    が使えないでしょうか?
    かなりの大きな船ですし座席がなくても韓国から数時間ですから人間も輸送可能ではないでしょうか?

  18. 旧新人類 のコメント:

    全国への波及効果を狙った中央への働きかけ、および情報共有ありがとうございます!大筋で難民は来ないとのこと、心底ほっとしました。あとは、雑多なボートピープル対策でしょうか。大体、日本海側は工作員の上陸を許して、罪もない日本人を大勢拉致された経緯があります。決して油断はできません。偽装漁船は、インドネシアのスシ海洋大臣みたいに全部爆破すればよいと思います。国内にはまだ工作員・土台人もワンサカいるんですよね。産経によると、日本が対北制裁の抜け穴(テロの基地)になっているとか。こんな自虐的な話あるでしょうか。はやく国内法をばっちり整備して、スパイどもを日本から叩き出すべきです。半島で日本人がひどい目にあった話は、あちこちで読んだものに加えて、「余命時事漫画」(初回のみ)も読みましたが、もうなんて言ったらよいのか。。。(絶句)そして、今でも相変わらず国をあげて狂ったような反日自己陶酔を続けています。福沢諭吉先生の頃から変わりませんね。日本人のお花畑も、早く目を覚ましましょう。

  19. 北九州市民 のコメント:

    私も隣国の一市民として、「日本に拉致された韓国人を救う会」など立ち上がれば、是非、帰国支援したいでーす。

    もし半島までの旅費を募金してたら寄附しますねー。

    • ピーナツ県民 のコメント:

      北九州市民様

      甘い!!!と思います。

      集まったお金をポッケナイナイしてドロンするに決まってるじゃないですか。あの民族は。強制送還出来るようになればベストかと(フツーの他国のように!)。

  20. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    >韓国人は、祖国のため戦うべきだ。

    心を打たれました、そして日本人はもちろん日本を守らないといけませんよね。
    同じ市議でこんなのもいますが、どうしてこんなに違うのか…

    【社民党】佐藤あずさ八王子市議「差別的な考えのもとに特定の人や集団に攻撃的な言動をする人(百田尚樹氏)を、大学の講演に呼ぶべきではない」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51235139
    5: あなたの1票は無駄になり
    その意見自体が差別的なんだが
    48: あなたの1票は無駄になりました@?(^o^)/ 2017/05/07
    この佐藤あずさって人を、今後議会に呼んでは
    いけない、という事か。

    元NHKで市議会議員選挙ではトップ当選だったらしい。
    容姿が大きく影響したのかな?
    でも頭の中身はガッツリ社民党みたいだね。
    差別を口実に思想、言論統制とはね。
    八王子市民の皆さんも次は真面目に投票した方がいいと思うよ。
    アカい連中は百害あって一利無しだから。
    名もなき正義

    【アホの民進党】板橋区議会議員「改憲。そうですか。 で? アベノミクスはどうした?」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51228516
    44: ファイヤーバードスプラッシュ(中部地方)@?(^o^)/
    どっちもやればいいだけ

    58: 河津落とし(catv?)@?
    自衛隊を明確化することは安全保障上に意味があるだろ

    民進党の党名すら出せないギャラクシー区議会議員中妻じょうた。
    名もなき正義

    確か、以前Twitterで批判寄せた有権者を「ブラック有権者」呼ばわりした民進党議員だっけ?

    民主党の板橋区議がTwitterで批判寄せた有権者を「晒しますね」「ブラック有権者」炎上し謝罪(BuzzNews)
    ttp://www.buzznews.jp/?p=2007312
    名もなき正義

    かなり余談ですが、昆虫も遺伝子も本当に奥深いなぁと思います

    トンボのメス、交尾したくないオスに対し「死んだふり」をする(スイス研究)

    高地で生きるチベット人は、絶滅した人類から”サバイバル遺伝子”を受け継いでいる可能性(米研究)

  21. m のコメント:

    初めまして。
    読ませて頂きました。

    私は在韓邦人です。
    東日本大震災の際、仙台から旦那の故郷
    韓国へ避難したのが始まりで、現在に至ります。
    近頃は
    毎日ニュースをチェックして生活しています。
    SNSなどで、こんな危ない時に
    退避しない人(在韓邦人)が悪い
    なんて言葉をよく目にします。

    他の方は分かりませんが、
    私個人的にはこうです。

    私には両親もおらず
    日本には帰れる家がありません。
    私には3人の子供もおり、
    貯金もありません。
    だから帰りたくても帰れないのです。

    出来る事なら、
    もっと前に日本へ帰国しています。

    旅行で来ている人達以外は、
    きっとみんな事情があり、
    正直金銭面での問題が一番大きいはずです。

    日本まで行くお金、住むお金、保育園や学校、
    何をするにもお金がかかります。

    私だけでなく、私と同じような境遇にある方々が
    早くこの不安な日々から脱出出来ます様に…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください