【統一地方選】憲法改正の要!保守系の大物が苦境。加地邦雄(福岡南区)を守ろう!都心部ゆえ、ネットの力に期待。【ともに戦う人はシェア】


 

 

加地邦雄という議員名を聞いて、政治通の方はピンとくるのではないでしょうか。
加地県議は、ネットというよりは、リアルで著名な先生で、保守王国福岡においても指導的な立場の先生です。私にとっても大切な先輩です。
「危ない」と聞いて、まさか?とにわかに信じられない方もおられると思いますし、それが現実と知れば背筋がぞっとすると思います。【改憲運動自体に、大幅なダメージ】を受けるのは確実で、中央政界にも激震が走るレベルの情報です。

例えば、憲法改正を求める署名が多数集まり、自民党に対しても強い意思表示となりました。いわゆる一千万人署名というものですが、福岡県内では目標の31万を上回る約32万人分の署名が早い段階で集まったことをご存じでしょうか?

この署名は、改憲の動き、国民投票が実施された場合の「得票のイメージ」にもなり、党を動かすにあたってのバロメーターにもなりました。上記のように、福岡県が集めた署名数は爆発的なものであり、全国にも多大な影響を及ぼしました。
それでも今、改憲の動きが見えないことには悲しみを覚えるのですが、この署名を集めた政治家の中心人物が加地県議です。これを受けて、加地県議の名前も加えた産経新聞の記事が出るほど。

国民投票とは「選挙」であり、小選挙区単位で組織を作る動きがありますが、類似の動きをとっている都道府県も複数ありますが、福岡県でも早い段階で組織化が達成されました。自民党の総裁としての、安倍総裁に対し、「是非とも小選挙区ごとの組織化を」と直訴し、実際にそれが党の動きとして反映されるレベル。

何があっても失うことは許されない、日本国全体の未来に影響を及ぼすような議員です。ここまでの政治力を有する以上、政治家としてのキャリアも非常に長い。現在5期目で、6期目の再選を目指す選挙。県議会においては議長経験者で、凄まじい大ベテランです。選挙が「危ない」と言われても、”まさか、そんなはずは”という反応が普通だと思います。

ここに、「福岡市南区」という、都心部の選挙の難しさがあります。
無論、地域に根差し住み続ける方もおられるのですが、多くの人口が極めて流動的であります。どのように後援会を作ろうとも、集めた支持者の半数が4年後の選挙では転出しているような、体感では、そのような選挙区です。
特に若い世代では顕著であり、大学生や若い世帯などには、どうやってもご挨拶を行うまでのアクセス方法がありません。ネットを除いては。

先般の衆議院選挙では、自公が推す鬼木誠議員が勝利を納めることができました。
NHK問題にも斬り込む、ネットでも著名な国会議員です。この鬼木先生を支える県議が加地県議です。
衆院選で勝つには勝ちましたが、最後の最後までもつれるほど、自民と旧・民主系が接戦を繰り広げた選挙区です。しかし、福岡市南区は「旧・民主系」に得票ベースで負けているのです。

福岡市南区選挙区は、定数4議席。
現職県議では、旧・民主系は1議席だったのですが、衆院選で得票ベースで勝ったことも影響してでしょうか、野党系候補は二名の候補を擁立しています。現職の国民民主が1名、無所属としての出馬ですが、衆院秘書からもう1名。この候補は、比例復活を許してしまった、旧・民主系(国民民主党所属)の国会議員の支持を受けています。

また、公明党の県議も現職でおり、自民のみで戦うこととなります。
現職の議席数ですが「自民・自民・公明・旧民主系」という状況です。
公明が勝ったと仮定すると、残議席は3。そして、民主系が綺麗に票割をしてきたとすると、旧民主系が2議席を獲得。残る議席は、1。

残念ながら、衆院選の票の出方から逆算すると、加地県議が安全圏にいるとは言えません。より正確に言えば、危ない。
ここまでのベテラン議員に対し「危ない」と公言することは、”若い市議である、私の立場では許されない”と思います。ゆえに、「それは私には書けない」「どのようにお伝えしたらいいか」と問うたところ、加地県議本人から「私自身が言ったと書いてください、お恥ずかしながら事実ですので。」と仰られました。

本日より3日戦争。
安全圏まで到達するにあたり、衆院選ベースの数字で考えると、必要となるのは1000?2000票ぐらいになるかと逆算できます。後援会の奮闘もあり、あと少し!という状況。

加地県議本人と話したのですが、はっきりと仰られたのは、「私たちでは、周れない地域がある」「特にワンルームにお住まいの方などは、お会いする方法がない」「ネット経由で保守系の方も多数住んでいるのはわかるが、状況をお伝えする術がない」とのこと。

この選挙区は、ネットの影響を特に受ける地域です。
ネット経由で【500票】ぐらい出れば、なんとかなると思います。
無理な数字ではない。500人も知り合いはいませんが、その地に住む保守が、かなり必死に頑張れば「一人あたり、3票?5票」は出る。全力で行けば、10票ぐらいは出る。私のBlogだけでは、そこまでやれるかわかりませんが、50ライン×10票でも500票になる。

福岡市南区に限定しても、恐らく、100人ぐらいはこのBlogを見ている方はいると思う。
福岡市南区、どうか、本気で選挙をやって欲しい。もし、福岡市に大学生を通わせている親御さんなどがおれば、なんとかお願いして頂きたい。
知人のいない方は、この選挙区に知り合いがいる方に、この情報が届くよう、拡散支援をお願いします。

 

 

 

(重要)
【当選して欲しい保守系候補】統一地方選挙・応援候補一覧【シェアして応援しよう!】

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

報道の紹介
加地県議の、保守系の政治実績を紹介させて頂きます。
2016.4.15の、産経の記事です。

 

署名活動、憲法改正の“基礎票”に 九州の旗振り役、加地邦雄・福岡県議「後世に誇り伝える」 福岡

 

 間もなく憲法記念日(5月3日)がやって来る。安倍晋三首相が在任中の憲法改正に意欲を示すなど、激変する国際環境の中で改正への機運が盛り上がり、署名運動が活発となっている。福岡県内では目標の31万を上回る約32万人分の署名がすでに集まった。日本会議九州地方議員連盟の会長で、福岡県議の加地邦雄氏(65)は「国民すべてが参加し、今の時代に見合った憲法が必要」と訴えた。

(中略)

今、憲法改正に向け、本格的に動いています。

 「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の地方組織として、昨年11月、福岡県民の会(共同代表=松尾新吾九州電力相談役、蔵内勇夫自民党県連会長)が発足しました。5月3日の憲法記念日に、ソラリア西鉄ホテル(福岡市中央区)で第1回総会を開きます。

 国民の会は、憲法改正実現に向け、1千万人を目標に署名活動をしています。福岡県では31万人が目標でしたが、みなさんの協力もあり、4月初めまでに署名は32万6200人を数え、目標を上回りました。

(中略)

この署名は、憲法改正への「基礎票」といえます。

 憲法改正は、国会の両院の総議員の3分の2以上の賛成によって発議され、国民投票にかけられます。ここでは過半数の承認を得なければなりません。投票率を考えれば、3千万人分の賛成票が必要でしょう。その基礎票が1千万人の署名なのです。

 今、ようやくこの国も、国民運動を通じ、憲法改正や国柄について、真正面から論じられるようになってきました。

(中略)

 憲法改正をめぐっては、9条から正面突破を図るべきだとの意見もあります。でも、その前に、憲法論議から逃げている野党を、議論の場に引きずり出さなければなりません。

 私はまず、大規模災害などの緊急時に、政府に大きな権限を与える非常事態宣言の条項を憲法に盛り込むべきだと考えます。千里の道も一歩からです。

 その後、戦力の不保持をうたう9条2項の改正に踏み切るべきです。きちんと戦力を持つことが、敵対国への抑止につながり、わが国が2度と戦争をしないためにも必要なことなのです。

 憲法9条が、国を守る自衛隊の任務をいかに制限しているのか?。その実態を知ってもらわなくてはなりません。福岡県民の会として、こうした周知活動を充実させます。

 今こそ憲法改正を成し遂げ、「自分たちの手でこの憲法を作ったんだ」と、後世に胸を張り、誇りを持って伝えられるようにしなければならない。そう切に思います。

                  ◇

【プロフィル】加地邦雄

 かぢ・くにお 昭和25年6月24日、福岡県稲築町(現・嘉麻市)生まれ。県立稲築志耕館高、大東文化大卒。福岡青年会議所副理事長などを経て、平成11年、福岡県議(自民党)に初当選し、現在5期目。26年5月?27年4月、県議会議長。福岡県台湾友好議員連盟会長なども務める。

 

 

この記事を読むだけで、どれほど重要な政治家か理解して頂けると思います。

自民党県議の重鎮として、議長職を奉じたのみならず、「全国を動かす」レベルの先生です。

万が一があれば、本当に改憲活動が潰れてしまう。

 

記事にも出てきた、美しい日本の憲法をつくる福岡県民の会でありますが、共同代表には松尾新吾九州電力相談役が就任しています。

三か月に一度は会議が開かれておりますが、あの松尾会長自らが出席し、議長として会議を取り仕切っています。保守王国と言われる、福岡ならではの姿でしょうが、財界までも巻き込んだ、超大型組織になっています。代理出席ではなく、各団体・各企業のトップの本人が出席する。

議長を補佐する立場で、加地県議は(議会に例えれば、議会事務局長?)事務方のような形で、ほぼ全ての会議で執行部側の席に座る。中央政界の動き、また安倍総裁に直訴したことの結果と経過などを、県議自らが報告し続けてきました。

 

これが、福岡県が「爆発的に署名を集めた」牽引力を発揮した理由です。

保守王国福岡の、とくに改憲運動の中心を果たしてきました。

なぜ断言できるかと言えば、私(小坪慎也)も、ほぼ全ての会議に参加するとともに、自らの小選挙区において役員に就任しており、この会議において「発言」し続けてきたからです。

私が見てきたこと、実際に参加してきたことですから、
議員として、政治家として、事実であると述べさせて頂きます。

 

 

 

選挙が、危ない。
このクラスの県議が、黄色信号などという事態は、滅多にありません。

非常事態です。
少し、数字で説明します。

まず、福岡市南区が含まれる、福岡2区の衆院選の選挙結果です。

 

平成26年12月14日 衆議院選挙
自民党(鬼木誠) 102,241票
民主系(I候補) 83,535票

平成29年10月22日 衆議院選挙
自民党(鬼木誠) 109,098票
現国民(I候補) 100,938票

ご覧のように、自民も票を伸ばしてはおりますが、野党系が猛追をかけているのが福岡二区です。
惜敗率で見ると、差は縮まっています。81.7%から、92.5%までになりました。

そして、「現在は、国民民主党」の衆議院議員の、比例復活を許してしまった。

 

福岡2区は、福岡市中央区・南区の一部・城南区の一部で構成されています。
その中で、2区の結果のうち、南区に限定した数字を紹介します。

(南区の選挙結果)

平成26年12月14日 衆議院選挙
自民党(鬼木誠) 44,693票
民主系(I候補) 40,313票

平成29年10月22日 衆議院選挙
自民党(鬼木誠) 44,925票
現国民(I候補) 46,364票

そう、残念ながら南区に限定していうと、すでに野党系のほうが得票が多いのです。
逆転してしまった。

自民党の票は300票の増加はあるものの、基本的に変化なし。
ですが、野党の票は確実に増えている。

 

 

冒頭でも述べましたが、今回、野党系は2名の候補を擁立しています。

比例復活を許してしまった、I陣営が推す新人候補。
年齢も若く、かなり強力な候補。平成元年生まれで、最年少候補。

(郡部に比較し)都心部ではイメージが先行します、
浮動票の比率も高い。野党系の新人候補も勝つのでは?という予測がされています。

I衆議院議員の秘書です。無所属と称することが、ちょっと不思議な感じがしますが、そちらのほうが有利という判断なのか、党内で何かあったのかはわかりません。

 

もう一人は、現職の国民民主党の県議。
年齢は40歳で、唯一の女性候補です。

党の支持もある、現職の強みもある。
何より、女性候補が1名の場合は、投票行為に一定の影響も及ぼす。
決して弱い候補ではありません。

また、前回は2位での当選であり、こちらも強力な候補です。

 

公明党の県議も現職です。

県の幹事長であり、この選挙区は公明の重点選挙区。
盤石と言ってもいいでしょう。

 

前回の選挙結果により、現在は定数4に対し、自民2議席、公明1議席、国民1議席です。

今回の選挙で、「野党系が2」議席になれば、公明党の1議席が固いとして「自民1議席」になってしまう。

これが今の状況です。

 

直近の、加地県議の得票数。

 

平成27年

 

自民党候補 20,524票
民主の女性候補 18,723票
加地邦雄 14,648票
公明現職 13,725票
無所属現職 12,787票

 

前回の選挙では、加地県議は三位の当選。
トップ当選は、自民党の県議ですが、やはり保守活動にも注力すると結果が振るわないのだろうかと悲しくもなります。
高い政治手腕を誇り、地元の要望も着実にこなしてきています。

 

民主の女性候補は、かなりの得票を得ています。
こちらも硬いと見るべきでしょう。

 

最大のポイントは、比例復活を許したことで、野党にも衆議院議員からの「強力な援護」があることです。

直近の平成29年の衆院選では、I衆議院議員は46000票以上を獲得しています。
平成26年の、40,313票から大幅な躍進です。

国政選挙における46000票が「野党系の得票」と仮定しましょう。
地方選の投票換算だと(投票率から換算)、県議選での野党の票は35000?36000票ほどになります。

乱暴な計算になりますが、綺麗に半分に割れたとすると、野党A(女性)、野党B(若い男性)が、それぞれ17000?18000票になる。

 

加地邦雄県議の、前回の得票は「 14,648票 」です。

野党が、(衆院選でも)票を伸ばしていることを考えると、やばい。

 

野党に国会議員がいることも脅威。
県議選・市議選(福岡市)での、一体運用が可能になる。

強力な指揮官が誕生したことと同義であり、やはり陣営は盛り上がる。
野党票の合算は、伸びることはあっても減ることはないように思います。

 

 

 

知事選の影響
もっとはっきり言えば、自民には不利な材料がある。

ご存じのように福岡県知事選は、混乱状態だ。

 

私は現職支持を打ち出しているが、自民県連への批判は根強い。
「県知事選と、県議選は同日」である。

実は、知事選の混乱は、県議選を直撃する。

 

業界団体を率いている県議や、もしくは郡部(つまり、ちょっと田舎のほう。)は、まだ影響は少ない。

ただし、都心部などでは浮動票の占める割合が大きく、
福岡市南区などは「 直撃 」である。

野党が票を伸ばす材料は、上記で述べた通りだけれど、
実は、自民党陣営は、一方的に票を減らすリスクがある。

 

前回よりも、票は伸びない可能性がある。

 

 

 

加地県議に、ここまで言わせてしまった。

上記の分析は、ちょっと数字のわかる政治家なら、誰でもわかること。

私よりも遥かにキャリアが長く、遥かに地位のある先輩に対し「選挙が危ない」と書くことは、私の中にも心理的な葛藤があった。

 

これは、加地県議に、(書くならば)「危ないと正直に書いてくれ、君は数字が読めるでしょう?」と、申し訳なさそうに言わせてしまった。

私は、加地先生に、ここまで言わせてしまったんだ。

 

 

(その時の写真・加地事務所にて)

 

 

今だって、本当は書きたくないんだ。

全国的に見ても、中央政界への影響を比較しても、私と加地先生は格が違い過ぎる。
キャリアだって、保守としての実績だって、本当に凄まじい先生なんです。

 

「加地が、危ない」と書くことは、福岡県の一地方議員として、全国の皆様に本当に申し訳ないし、
私の立場で書いていいことではない。

だから、書ききりません、って言ったんだ。

 

ここまで具体的な数値を出すことだって、嫌だった。
いまでも葛藤がある。

だけれども、ここまで記さないと、きっと全国の皆様は信じてくれない。
特に、加地先生を知る方は「まさか、そんなわけはない」と信じてくれない。
それだけのレベルの先生なんです。

 

加地先生からは、
「私たちの陣営で周りきれないのは、お声がけが難しいのは、
若い世帯であるとか、ワンルームマンションに住む学生など。

保守層に限定しても、相当な数がいるとは思うけれど、どうしてもこの層には手が届かない。
ネットに呼びかけてもらえないか」と。

このBlogは、私自身、書くか書かないか、非常に迷った原稿です。
”もしかしたら、杞憂かも知れない”と思ったし、市議である私がしゃしゃり出る話でもないとも思ってます。今でも思ってます。

ですが、万が一があったときのことを考えると、書かざるを得ません。

 

 

 

勝利の方程式
実は、難しい話ではない。

野党系が最大に力を発揮するのは、綺麗に票が按分できた場合です。
非常に乱暴な計算になりますが、野党A(女性)、野党B(若い男性)が、それぞれ17000?18000票になった状況がもっとも厳しい構図。

公明・共産であれば可能でしょうが、流石にここまでには至らない。

 

加地邦雄県議の、前回の得票は「 14,648票 」です。

恐らく、【安全圏】に至るまでに求められるのは、2000票前後になろうかと思います。

このデータは少し古い数字になりまして、加地陣営は「危機的な状況」にあることを当初より察知。
後援会は全力で対応にあたっており、いまはもっと僅差になっていると推定します。

 

県知事選の混乱をマイナス要因として考えても、「1000」ぐらいが必要な数字になろうかと思います。

 

ネットの力だけで、何万票もの県議選の票が出ることは無理です。

だが、状況がこういう風に拮抗しているならば、ぶっちゃけた話をしますが【ネットが500票ぐらい上積みする】と、当落が変わってきます。

特に都心部であれば、本当にネットの力は大きい。

 

これは私の力とは言えませんけれど、読者の皆様の力をお借りすれば、
「500票なら、うちのBlogでも出る」と思っています。

福岡市南区だけで、500人の読者がいるとは言いませんが、
100人が見ていれば、「ひとり5票」で500票になる。

読者それぞれは、加地県議に投票するつもりだったとしても
友人・知人にお声がけをして頂き、自分の1のみならず、親兄弟を説き伏せて3票、4票に増やして頂きたい。

この広がりがあれば、500の純増は無理ではない。
(だいたいの読者数は、アクセスの逆引きでなんとなくは(こちらからは)見えています。)

 

ここから先は皆様を信じるよりありません。

一人一人が動けば、勝てる。

 

 

【重点選挙区】
※ 特に拮抗していると言われている選挙区

福岡県議会議員(北九州市門司区)選挙(定数 2)
投開票日 4月7日
川端 耕一
(かわばた こういち)

福岡県議会(春日市)議員選挙(定数 2)
投開票日 4月7日
松尾 嘉三
(まつお よしみつ)

福岡市議会議員(東区)選挙(定数 12)
投開票日 4月7日
冨永 正博
(とみなが まさひろ)

 

関連

【地方議員烈伝】通学路のブロック塀調査などを主導、拉致啓発アニメめぐみの上映に多大な貢献。教育政策の川端耕一(門司区)福岡県議候補【ともに支える人はシェア】

 

 

 

日本を代表する、地方議員。

 

憲法改正という悲願を保守が掲げるならば、

 

絶対に失ってはならないのが、

 

加地 邦雄(かぢ くにお)先生です。

 

3日戦争が始まりました。

 

候補本人はもとより、後援会組織は全力で戦っています。

 

最後の最後、どうか皆様のお力をお貸しください。

 

福岡市南区にお住いの方は、自信を持って「かぢ」とお書きください。

 

友人・知人のいる方は、お声がけとお願いを頼みます。

 

福岡市に大学生を通わせている親御さんなどがおれば、なんとかお願いして頂きたい。

 

知人のいない方は、この選挙区に知り合いがいる方に、この情報が届くよう、拡散支援をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

(重要)
【当選して欲しい保守系候補】統一地方選挙・応援候補一覧【シェアして応援しよう!】

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【統一地方選】憲法改正の要!保守系の大物が苦境。加地邦雄(福岡南区)を守ろう!都心部ゆえ、ネットの力に期待。【ともに戦う人はシェア】 への4件のフィードバック

  1. ワーゲン@余命スレ のコメント:

    おやおや
    タイで奇妙な動きが…
    これまで在日朝鮮人の身柄を日本大使館が保護していたそうですぜ。

    ttps://pattayaja.com/2019/04/04/日本人監禁事件、在日朝鮮人に韓国大使館が動い/

    そもそもタイの現状で言うと、在タイ韓国大使館は通常、在日朝鮮人の保護は行いません。
    これは本事件で黄健一容疑者が死亡した際の日本のメディアでも、「韓国大使館の保護があるはず」と
    誤った内容が多く報じられており、意外と実情が知られてないと筆者も気になっていた点でした。
    在タイ韓国大使館が在日朝鮮人の保護をしないために、タイで在日朝鮮人の方がパスポートを
    紛失しただけでも、在タイ韓国大使館では、その保護要請すらも対応されず途方に暮れてしまうのです。
    では、そのような場合はどうする方法があるのか?というと、そのような際に在日朝鮮人を
    助けてくれているのは、日本大使館なのです。
    日本大使館は、在日朝鮮人で韓国籍の人にもきちんと保護を提供してくれており、このような際は
    日本大使館に行かないといけないというのは、タイのビザ業者などでベテランなら多くの人が知っている現状です。
    日本大使館は、本当に優しい対応をしてくれていると思います。
    その在タイ韓国大使館が、在日朝鮮人の黄健一容疑者の本事件について、死因などの調査を求めたというのは、
    韓国大使館としてはかなり異例の対応です。
    なぜ、そんな異例な対応を在タイ韓国大使館が本事件で行っているのか?疑問がわきます。

  2. 名無しの案山子 のコメント:

    統一地方選挙の前半戦の投票日は4月7日(日曜日)です。

    本ブログ3月28日の「【当選して欲しい保守系候補】統一地方選挙・応援候補一覧」の候補が当選出来る様に、該当する都道府県や市町村の方々の応援をお願いします。

    当日に行けない方は期日前投票をお願いします。

  3. 草莽の団塊です! のコメント:

    保守系の大物:加地邦雄先生(福岡南区)が苦戦なんですか・・・、保守を前面にだして活動すると票があつまらないなんて、本当に悲しい、悔しい、腹立たしい・・でも、これが、日本の現状なのか、ネットで情報を得ることができる若い人たちは、ぜひ、小坪先生のブログをみたら、南区のかたは、加地先生に投票していただきたいとおもいます。

    扨て・・・

    【重点選挙区】
    ※ 特に拮抗していると言われている選挙区

    福岡県議会議員(北九州市門司区)選挙(定数 2)
    投開票日 4月7日
    川端 耕一
    (かわばた こういち)

    福岡県議会(春日市)議員選挙(定数 2)
    投開票日 4月7日
    松尾 嘉三
    (まつお よしみつ)

    福岡市議会議員(東区)選挙(定数 12)
    投開票日 4月7日
    冨永 正博
    (とみなが まさひろ)

    上記の川端先生、松尾先生、富永先生も、ぜひ、当選していただきたい!
    と・・・心から思います。

  4. 名無しの案山子 のコメント:

    うーむむむ、保守系は苦戦ですか・・・。日本国民の皆さん、じゃ無かった、該当都道府県や市町村の皆さん。日本国民の為に頑張っている人達が苦戦しています。皆さんの応援が必要です。

    日本国民の為に頑張る人達に応援の一票をお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください