蓮舫が「この大臣はもはや論外」と批判する、桜田五輪相の発言全文。実は人情味のある発言だった。【事実を伝える人はシェア】


 

 

二重国籍疑惑を払拭できぬ、蓮舫が”この大臣はもはや論外。五輪を担う資格さえないし、人としてどうなの。(後略)”と批判している櫻田義孝大臣。全文を読んでみると、非常に人情味のある、心のこもった文章だった。
下記が全文として適切であることは、複数のルートにより政治関係者に裏取りを行っており、ソースとして使用して頂いて構わないと保障する。
そもそも記者の質問に答える形での発言であり、質問文も併せて読むと、いまの報道体制に強い疑問を感じる。

 

発言の全文
競泳の池江璃花子選手が白血病であることを公表したことを受けた、桜田五輪担当相の12日の記者団とのやりとり全文は、以下の通り。

記者:池江選手が自ら白血病であること、しばらく休養することを公表した。桜田五輪担当相の受け止めは?

桜田五輪担当相:「びっくりした。病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたいというのが私の率直な気持ち。」

記者:競泳の中でも有力な選手だ。

桜田五輪担当相:「金メダル候補。本当に期待している選手。だから、本当にがっかりしています。早く治療に専念していただいて、また元気な姿が見たい」

記者:大臣はこれまで池江選手の活躍をどう見ていましたか?

桜田五輪担当相:「日本が誇るべきスポーツ選手。我々が誇りとする方なので、水泳が本当に盛り上がっている時でもあるし。オリンピック担当大臣として、オリンピックの水泳の部分を非常に期待している部分がある。

ひとりリードする選手がいると、皆その人に釣られて全体が盛り上がる。そういった盛り上がりがじゃっかん下火にならないか、若干心配している。我々も一生懸命頑張って環境整備をやるが、とにかく、治療に専念して、元気な姿を見せていただいて、またスポーツ界の花形として頑張って頂きたいというのが私の考え。」

記者:池江選手へのエールを

桜田大臣「とにかく治療を最優先にして、元気な姿が見たい。また、頑張っている姿を我々は期待しています」

 

[参考]「白血病」公表 桜田五輪担当相発言全文(日テレ)

 

上記は、日テレが公開している文章とは若干異なるため、”参考”とさせて頂いた。語尾などがやや違い、報道ではですます調に改められている。複数のルートを用い、発言の全文について資料を照会した。より原文に近いものを入手できたため、そちらをメインとしている。日テレ版よりも、より事実に近いと考えているため独自ソースと優先とした。

さて、私は人情味にあふれた素晴らしいコメントだと思っています。
こんな政治家がいたのか、というほどに。

批判はあって然るべきで、行政の長として、大臣として「単語の選択が乱暴」というのは言われても仕方ないと思う。残念ながら、いまの世ではそれは批判対象なのだ。安全運転をして、機械的な答弁だけを繰り返すことが美徳とされ、言いたいことも言わずにじっと動かない。それが出世の秘訣だと考えている政治家は、桜田五輪担当相を批判するといい。

私は、そんな政治はまっぴらごめんだ。
考えるべきは、池江選手の気持ち、だと思う。
他者の心中まで断言することは私にはできないけれども、これは池江選手を傷つけるような発言だろうか?五輪担当相という肩書で、ここまで発言してくれるのであれば、私だったら嬉しい。相手を思いやる心に溢れている。

無論、人の受け止め方は様々なのだから、粗暴だ!と言う人もいるかも知れない。
そういう批判もあって良いと思う。真っ白な、無地の、ただ一つの染みもない存在しか許容できぬ者もいるだろう。それはそれでいい。
だが、虫食いもある、風雨に叩かれた野菜だって美味しいんだぜ?という主張を、私はしたい。そして、後者の政治家こそ、人情味にあふれた政治家こそ、いまの世では必要とされるということを重ねて申し上げたい。

今日は、桜田先生の半生も併せて紹介します。
貧農の産まれ、大学受験に失敗。大工のバイトを二年して、のち夜学に挑戦。昼は大工、夜は学校。苦学生。やがて起業し桜田建設株式会社。極寒の中、はじめてアパート建てて喜ぶ。25歳で青年会議所、そして市議になり、県議になり、いまや県連会長に。そして大臣という道。

大臣になる前からお世話になっており、誰も手をつけたがらなかった、赤旗の件について「元地方議員として可能な限りの協力」を明言し、しんぶん白旗を前に記念撮影。ネットへの公開も許可してくれ、実際に力を貸してくれた有力議員の一人。大臣になったのは、その後のこと。
あれだけリスクのある案件、誰かやるのか、と。
若い地方議員たちは取り上げるも、有力な議員で、名を明かして戦うのか、と言いたい。

かつては、従軍慰安婦の虚構に言及し、「職業としての売春婦」と発言してメディアから猛攻。それでも、赤旗問題やネット保守の世論をずっと見てきてくれた政治家。
ついには衆院選で暴漢に殴られ、それでも街頭演説を一時間継続。根性も座ってる。

パソコンが使えないと叩かれた。実際、PCは使えない。
その後、「スマホは使えるよ!」と嬉しそうに発言する桜田先生の人間性。私は好きだ。
まとめサイトがDdos攻撃にあった際、PCが使えなくて用語もよくわからんのに、官僚たちに「なんとかしてやれ、これは犯罪だろ」と憤ったのも桜田事務所です。
私が爆破予告を受けたときも、必死こいて省庁に連絡を入れてくれたのも桜田事務所です。

PCが使えないことは私も事実として述べますけれど、いまのネット保守は、結果的にPC使えない大臣に相当守ってもらっていることも事実として述べます。私はシビアに見ますので、いまどちら陣営にいるかは「私の中では」指標にさせて頂く。メディアと同じ論調で、ネタにして遊ぶのであれば、次に何かあっても「私は」君たちを護らない。当たり前のこと。これだけソースを明示し、それでもわからないのなら、私がどう動くかは私の自由。当然、(私の)援護の下からは外す。取り次ぐこともやめる。

さて。
二重国籍疑惑をいまだに説明せず逃げ回っている蓮舫だが。
”この大臣はもはや論外。五輪を担う資格さえないし、人としてどうなの。(後略)”と発言している。
ここまでのメディアのトリミングを目の当たりにし、私が思うのは「メディアの歪み」に対して批判することが適切だと思う。

人情味に溢れ、機械的なコメントだけではない大臣というのは、
いざという時、無理をしてでも誰かを庇う人。
そういう政治家を一緒になって叩き潰せば、どういう未来が来るかは想像できる思う。

私は、このコメントは、政治家としては評価されるべきものだと思う。
行政長として、大臣としては単語の選択が乱暴であったとの指摘はあると思うが、そういう大臣がいることは、安倍内閣の財産であると断言したい。

※ 水泳のファンの方に一言。
私は競泳などはできませんが、小学生・中学生と10年近くスイミングスクールに通っていました。
もしも、このコメントで五輪担当相が辞任することになった場合、心を痛めるのは池江選手のように思います。この発言は、むしろ池江選手に寄り添ったものであり、それを改変しトリミングして「選手を傷つけた」のは、メディアであるというのが私の認識です。
いかがでしょうか?

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

略歴
本人のHPに漫画が掲載されている。
その中からエピソードをピックアップしていこう。

 

桜田義孝ーーー幼少期

柏市の農家に産まれた。
牛やヤギ、ウサギや鶏などたくさんの動物を飼っており、エサやりや乳搾りが日課。
友達とベーゴマやメンコ、魚をとったりわんぱくにのびのび育ったそうです。
家業の農家の手伝いもしていましたが、市場のせりでは理不尽に買いたたかれることも。

決して裕福な家庭ではなかったそうです。
塾に通いたい思いもあったようだが、それは叶わなかった。

 

ーーーーー中学、高校時代

中学に入ると市内に団地ができ、子供の数も増える。
受験戦争を意識して友達は塾に通い始めたとのこと。
公式HPでの漫画では「自分は家が裕福ではなかったので塾に行きたいとは思いませんでした」「まぁいいや」と記載されております。
(”塾に通いたい思いもあったようだが”のくだりは、行間を読んでの私の所感。)

時代背景を鑑みれば、高校も全員が入学したわけではありません。
成績は悪くなく、無事に高校に進学できました。

しかし、大学は不合格。
予備校に行くお金はありませんでした。

 

ーーーーー大工をしながら苦学生

大工のアルバイトを2年続け、そののち夜学に再挑戦。
無事に明治大学の夜学に入学。

昼間は大工の仕事、帰宅して風呂に入って東京に向かい、勉強をして柏市に戻ってくるという生活。

 

25歳ーーーーー起業を決意。

桜田建設株式会社。

最初は不安もあったとのこと。
初仕事は、アパートを一棟。
棟上げ式までたった2ヶ月。
ほったて小屋に電気をひき、大工友達に手伝いを頼み、冬の寒さの中、夜遅くまで働きました。

 

30歳ーーーーー青年会議所に

注文建築など仕事の依頼。収入も安定。
青年会議所に入会し地域活動に参加、人脈が広がっていきます。
現場は、松戸・柏・我孫子・取手、さらに江戸川区や行徳方面まで。

第13代 柏青年会議所の理事長になったのは33歳のこと。
仕事はさらに順調で、成功者たちとの付き合いも増えていく。
”自分自身も、大きな人間にならなくては”と思うようになる。

 

ーーーーー地方議員として

昭和62年、柏市議会議員 初当選。
さらに平成7年(4月)県議会議員に初当選。

 

ーーーーー国会議員として

平成8年10月 衆議院選挙。
時期尚早との迷いもあったが、先輩方が「若い桜田に任せよう」と推薦に回ってくれた。
2位の長浜博行(のち民主党に)7000票の大差をつけて圧勝。

のち連続4回の当選を果たします。
えひめ丸事件の対応や年金特例法案の採決など、責任が求められる案件に携わる。

 

ーーーーー政権交代、苦杯。

そして、政権奪還。
千葉県連会長を長く務め、大臣に就任。

いまに至る。

 

 

 

どうだろうか。

いまの報道が映し出す姿とは、随分と違う印象を受けるのではないか?

 

私が抱いたイメージは、苦労人の、叩き上げの経営者。
貧しい農家に産まれ、学業を志し、腕一本で戦い抜いてきた現場肌。

地方議員出身の、まさにサクセスストーリー。
こういうのこそ、ドラマにしたほうがいい。

俺、泣いてしまうかも知れん。
(たぶん泣かないが。)

 

 

 

桜田先生の人となり

聴いてきたかのように書くなぁと感じる方もいるかと思うが、このエピソードは、別に本人に聴いたわけではない。
公式HPに掲載されている。
(私が話したのは、別のこと。)

 

桜田よしたか物語(pdf)

 

 

 

実は、結構ながく話したことがあります。

当時の写真があるので紹介します。

 

 

 

「会議してるっぽく、」

 

「それっぽく撮ろう!」

 

ですが、二人とも演技が下手で

 

すっごい、わざとらしい感じになった写真です!!

 

とても素直で純朴、嘘の付けない性格。

 

お人柄がよくわかると思います。

 

(二人ともと言うと、やや失礼かも知れませんが汗)

 

 

 

 

 

手元を拡大してみましょう。

 

そう!そこにあるのは「例の、しんぶん白旗」です。

庁舎内における、政党機関紙の勧誘・配布・徴収の問題を取り上げた意欲作。

 

 

 

 

苦学生だったこと、大工しながら夜学に通った話はしておりません。

ですが、色んな話を伺わせて頂きました。
例えば「高齢化社会を迎える上での、若者施策」など。

一介の地方議員である私に、サシで講義をつけてくださった方です。

 

生徒の立場で、ご指導いただいた方を評価することは不遜かとは存じますが、
こういう状況でありますから述べさせて頂きますが、
「政策能力の高い、まさに現場叩き上げの先輩議員」という印象です。

キャリアが違いますから、政治家としての感性とかノウハウは凄まじいものがありました。

 

当時のことは、下記のエントリにまとめています。

 

※ 第48回衆議院議員総選挙において、柏駅南口での街頭演説中の桜田先生が殴られたことを触れたエントリです。容疑者が逮捕されました。

殴られてのち、本人は街頭演説を1時間継続した。

 

 

 

メディアスクラムによる攻撃
従軍慰安婦について「職業としての売春婦だった。犠牲者だったかのような宣伝工作に惑わされすぎだ」と発言したことで、メディアから攻撃を受けました。

政党人である以上、色々なこともあったのでしょう。
のち撤回をしていますが、撤回の文章も「ぎりぎり」を狙ったもの。

そしてメディアは、それを嬉しそうに報じます。

 

慰安婦巡る発言、自民・桜田氏が撤回 与野党から批判

 

 自民党の桜田義孝元文部科学副大臣(衆院千葉8区)が14日、従軍慰安婦について「職業としての売春婦だった。犠牲者だったかのような宣伝工作に惑わされすぎだ」と発言したことに対し、与野党から一斉に批判が相次いだ。桜田氏は「誤解を招くところがあった。迷惑をかけた関係者の皆様に心よりおわび申し上げる」と、発言を撤回するコメントを出した。

 日韓両政府は昨年12月、慰安婦問題に関し、旧日本軍の関与と責任を認める内容で合意している。菅義偉官房長官は14日の記者会見で「政府や党の考え方は決まっている。自民の国会議員であれば、そうしたことを踏まえて発言してほしい」と苦言を呈した。

 超党派の日韓議員連盟会長を務める自民党の額賀福志郎元財務相は「発言自体が信じられない」と非難。河野洋平元官房長官は14日のBSフジ番組で「全く勉強していない。こういう発言はあってはならないことで、政治家として失格だ」と厳しく批判した。

 

 

 

以下の写真は、上記の記事にて掲示されていたもの。

「ちょー、面白くない」顔をしています。
表情が物語っていると感じたのは、私だけでしょうか。

(出典:日経新聞)

 

wikipediaで申し訳ありませんが、普段のお顔はこんな感じ。
私の印象も、こちらが近いですね。

wikipedia:桜田義孝

 

 

この件についても、話しました。
ですが「なぜ撤回したのか」は、敢えて質問いたしませんでした。

政党人である以上、組織のこともあるのでしょう。
私個人としては、撤回なんてしたくなかったのだろうな、と感じます。

慰安婦への発言でメディアとやり合った際の逸話を伺った際、
一瞬、表情が曇りましたから。私にとってはそれで充分だったのです。

 

以下は、wikipediaからの抜粋です。

永住外国人への地方参政権付与に反対。
日本のTPP参加に反対。
日本の核武装について、検討を始めるべきとしている
選択的夫婦別姓の導入に反対。
ジェンダーフリーに基づく男女共同参画に反対。

 

まぁ、メディアが槍玉にあげるようなタイプの政治家です。

これにのっかるなんて、いまのネット保守層のリテラシーからすれば、有り得ない。

 

 

 

二重国籍疑惑の、蓮舫のコメント
へぇ、貴方がそういうことを言うんだ、と思いました。
背景を知ってのち下記を読むと、なんというか怒り心頭というのがわかると思います。

 

 

 

大臣としての安定性

「ない」ですね。

 

大臣に対し、安全運転を求めるのであれば、それは批判対象でしょう。

行政の長ですから、もっと安全運転してくれ、とか。
発言に気を付けてくれ、というのは、あって然るべき批判です。

 

でも、無理だと思います。

そして、そこにこそ、桜田義孝という政治家の、政治家としての価値があると思います。

 

だいたい、型にはまって安全運転し、メディアにびくびくした桜田義孝が皆さん、見たいですか?

私は、そんな桜田義孝になるんだったら、もう政治家やめてくれ、幻滅するわ、と言いたい。

安全運転する大臣なんて、見ていてもつまらないじゃないか。

 

 

 

政治家としての価値

メディアとネットは、すでに全面戦争となりつつある。

やがてネットが勝利するのは疑いないだろう。

 

紙の広告のほうが遥かに単価が高く、いまのメディア関係者の賃率は、ネットに移行しても維持できないからだ。

業界構造は大きく変化しつつあり、仮にオールドメディアがネットの侵略に成功したとしても、今の体制は維持できない。
だから、やがては勝つだろう。

 

しかし、そこにおいては、「戦う」と覚悟した政治家が多数必要なわけで、
私も無論、戦うけれども、力をもった有力政治家が何人動くかは、「ネット側の被害」と密接な相関関係にある。

はっきり言うけれども、「安全運転をして、敵のできるような政策には手を出さない」タイプの政治家は、本件には非協力的だ。水面下では支援してくれても、正面切って戦おうという者は少ない。

桜田先生なんて「俺、パソコン使えないけど、がんばる!!」というタイプで、これがどれだけ価値のあることか、皆さん、おわかりだろうか?

 

面倒なことに首をつっこまず、リスクを恐れ、安全運転を継続するとなれば、
私たちネット保守は、政治側の援護下からは外れてしまうんですよ。
ここは、地方議員として、政治の常識として強く述べておきます。

人情味があって「よし、俺がなんとかしちゃる」と身体を張る政治家が、どれぐらい価値があるか。
そして、メディアから、どれぐらい目の敵にされるか。

 

 

 

心、こもってると思う。
もう一度、発言の全文を掲載する。

上記のエピソードや背景を知ったうえで、お読み頂きたい。
「ですます調」の、報道側のソースではなく、より原文に近いものを照会し、ここに記す意味も考えて欲しい。

現場の空気が、より伝わると思ったからだ。
ここに人柄が現れている。

 

発言の全文
競泳の池江璃花子選手が白血病であることを公表したことを受けた、桜田五輪担当相の12日の記者団とのやりとり全文は、以下の通り。

記者:池江選手が自ら白血病であること、しばらく休養することを公表した。桜田五輪担当相の受け止めは?

桜田五輪担当相:「びっくりした。病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたいというのが私の率直な気持ち。」

記者:競泳の中でも有力な選手だ。

桜田五輪担当相:「金メダル候補。本当に期待している選手。だから、本当にがっかりしています。早く治療に専念していただいて、また元気な姿が見たい」

記者:大臣はこれまで池江選手の活躍をどう見ていましたか?

桜田五輪担当相:「日本が誇るべきスポーツ選手。我々が誇りとする方なので、水泳が本当に盛り上がっている時でもあるし。オリンピック担当大臣として、オリンピックの水泳の部分を非常に期待している部分がある。

ひとりリードする選手がいると、皆その人に釣られて全体が盛り上がる。そういった盛り上がりがじゃっかん下火にならないか、若干心配している。我々も一生懸命頑張って環境整備をやるが、とにかく、治療に専念して、元気な姿を見せていただいて、またスポーツ界の花形として頑張って頂きたいというのが私の考え。」

記者:池江選手へのエールを

桜田大臣「とにかく治療を最優先にして、元気な姿が見たい。また、頑張っている姿を我々は期待しています」

 

[参考]「白血病」公表 桜田五輪担当相発言全文(日テレ)

 

 

 

人情味に溢れた発言、

 

それを大臣がコメントすることは、

 

不穏当な発言として、批判されるべきか。

 

ならば、次に貴方を守る人はいない。

 

政治的に、イデオロギー的に難しい案件には、

 

安全運転こそ出世の道とする政治家は、言及しないからだ。

 

一部の発言については、撤回した。

 

これを猛攻するメディアのやり口、

 

まさにトリミングであり、私は好きになれない。

 

輪をかけて、二重国籍疑惑を説明しない、

 

あの蓮舫が「この大臣はもはや論外。

 

五輪を担う資格さえないし、人としてどうなの。」と発言。

 

情報を切り貼りし、正義を決めるのは、メディアの権限なのか?

 

私は、日本国民には、有権者には、判断する能力があると信じる。

 

発言の全文を広めていくお手伝いをしてくれる方は、FBでのイイネ・シェア、ツイッターでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

48 Responses to 蓮舫が「この大臣はもはや論外」と批判する、桜田五輪相の発言全文。実は人情味のある発言だった。【事実を伝える人はシェア】

  1. コッコ のコメント:

    マスコミの捏造、偏向報道がここまで酷いとは。
    国民が真実を知ったらマスコミの信頼度は0に?

  2. 読者の一人です。 のコメント:

    蓮舫

    自己顕示欲が肥大化した人間の典型。
    「利口そうに」「切れ者風に」必死で振る舞おうとしているが、すぐに底の浅さが露呈する。

    以前、「神ってる」と言って総理を非難し、得意げな顔をしていたが、これは「神がかかってる」というところを広島の監督が言い間違えた褒め言葉。
    よく喋るが言語能力は低い。基本的な知識も乏しい。
    何より、人間として不誠実。

    これだけのくだらない人物なのだが、野党への国民の嫌悪感を拡大し、信頼を損ねる「功績」は評価してやるか。
    すなわち、
    蓮舫・・・この人、切り口上で人の揚げ足とりばかりで嫌い。
    辻元・・・前科を恥じることなく、傲慢な態度が嫌い。
    山尾・・・性欲の塊で、人の家庭を壊して嫌い。
    と、彼らは確実に野党への嫌悪感、不快感醸成に日々、活動している野党議員なのである。

    付記
    皆様、蓮舫はSNSの反応を想像以上に気にしている。いろんなところから痛撃を加えてやってください。

    人の健康、いのちを弄び、政治的に利用しているのは、野党だ!

  3. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、桜田義孝先生の情報ありがとうございます

    >私は、そんな政治はまっぴらごめんだ。
    >考えるべきは、池絵選手の気持ち、だと思う。
    >他者の心中まで断言することは私にはできないけれども、これは池絵選手を傷つけるような発言>だろうか?五輪担当相という肩書で、ここまで発言してくれるのであれば、私だったら嬉しい。>相手を思いやる心に溢れている。

    上記、池江選手が桜田先生のコメントをちゃんと読んでいれば、嬉しいと感じてくれているとおもいます。

    閑話休題・・・・

    しかし、桜田先生・・・、苦労されてますね。でも、そのなか、現在までこられた。
    すばらしいとおもいます。

    一方・・・

    論外なのは、蓮舫であり、辻元清美でありましょう!

  4. ワーゲン@余命スレ のコメント:

    言葉尻に集り、本筋から外れた喧騒を誘発

    あいつらっすわ。

  5. 琵琶鯉 のコメント:

    最近、立憲の議員さん達は、韓国ネタに付いていけず(自分たちの祖国ですから批判が出来ません。)
    だから、心優しい櫻田大臣に照準を合わせて攻撃してくるのです。
    最近のメディアの報道も同じ、凄く違和感がありましたから??
    櫻田大臣には、是非とも集団的自衛権を発動して頂きたいです。(自然界では、弱い小さな貝が身を守る為に猛毒を持って、強い捕食者を牽制しています。)何も大臣が直接手を下す必要は無いから、ちょこっと、彼らもしくは蓮舫氏がらみの立憲が大変困る情報をそれなりのところから流して頂ければ、私達ネット民が拡散しますよ。

    兎も角、集団的自衛権の発動を??

  6. id のコメント:

    現代国語のテストに出してほしい。
    桜田大臣は池江選手の病気についてどう思っているか。
    野党とマスゴミは0点が多いだろうね。

  7. べこたろう のコメント:

    『がっかり』の一言を言葉狩りという印象を受けますね、日本に必要なのは言葉狩りより売国奴狩りですよね。
    さっきテレビ見てたらこの件について毎日新聞政治記者が解説者としてしゃべってたけど、まるで鬼の首を取ったかのよう。
    さらに安倍総理の桜田大臣任命理由についても解説者が突っ込み入れてたけど、フリップには招致決定後、文科副大臣として組織委立ち上げに尽力したからって書いてあるのに、解説者は招致決定前には副大臣ではないし任命理由たり得ないと謎理論を展開してましたね。
    統計問題(これはこれで問題ですが)や桜田大臣問題よりも、例えば米中動向や朝鮮半島動向、生コンとか歴史に残る変化が起こりうる問題多いでしょって思うんだけどね。

  8. 西郷 のコメント:

    小坪市議、早速【桜田義孝国会事務所】にtel.とmailして置きました。
    有難う!

  9. 常磐本線 のコメント:

    増すゴミは、また編集したコメントを流したんですね。
    村田は、関生の方の始末つけろや!!

  10. bou のコメント:

    少しスレ違いかもしれませんが失礼します。

    サヨク達は最近は従軍慰安婦の化けの皮が剥がれてきましたので
    アイヌ問題を取り上げています。

    日本が北海道のアイヌの土地を取り上げた酷い国であるという
    プロバガンダ工作をして補助金を引っ張ってこようとしていますが
    在日や同和が多数潜り込んでいるそうです。

    アイヌ新法は逆差別?今国会でこのままではすんなり通りそう! アイヌは先住民、 国家分断を招く恐れ  【丸山穂高X藤井厳喜×青山繁晴】
    https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=bda6iAjfEpY

    まずは問題を知ってください。

    • 旧新人類 のコメント:

      小野寺まさる氏がツイートしている件ですよね。いわく、

      「アイヌ民族が国連の定義する先住民族と同列の先住民族とされれば、利権が巨大化しまたそこから利権を剥がすことも困難になります。故に「本当に先住民族なのか」も大きな鍵なのです。」

      「複数の反日左翼国際NGOの国連における長年の活動から推察するに、次は琉球民族を先住民族にする活動が活発化するとおもいます。」

      LGBTと同じで当事者不在で騒いでいるようです。遠藤健太郎氏もブログに取り上げておられますね:「。。。安倍政権がしつこい陳情に折れて法に明記しようとしている「先住民族」という言葉は、政治的に大抵の場合、過去に弾圧された人びとのことを特に指し、よって明記した途端に憎悪扇動活動を活発化させて活動利権屋たちの思う壺にはまります。」

      桜田大臣には前回応援メール送りました!また送ります!

  11. 波那 のコメント:

    もうあの三人の性悪な女にはウンザリ。ウチラ腹黒オバチャンズ、レンポと辻元、山尾。あそこまで嫌な女になれるものなのか?レベル。人として、どうなの?は君らのことだ。二重国籍か三重だか知りませんがハッキリと確かな戸籍は見せずに逃げて隠蔽しオマケに人種差別とかにすり替えました。山尾は宮崎氏の事をボロッカスに言っておいて自分のはロマンスだとでも思ってるようです。他人の不倫なんて取り沙汰することでは無いんですよ。でも山尾は宮崎議員を辞職させたでしょう。前科があって品が一切ない辻元は自民党議員なら朝から晩まで騒ぎ審議の邪魔をし、拒否して騒ぐくせに、自分がやったことは辞める必要ないですとひと言、自分で判断、幕引き。呆れ???ドン引き?

    人格傷害発症してる人が議員。あんなのがパヨってる連中には必要な人材なんですね。桜田先生、元気を出して下さいね。

  12. 宮崎マンゴー のコメント:

    小坪議員様、いつもお疲れ様でございます。ありがとうございます。

    桜田大臣のご発言に対するマスコミの印象操作には、呆れるを通り越し霹靂致します。言葉の切り貼り、切り取りの卑怯さで、何ら罪なき人を追い込み陥れて行くと云う卑劣なやり方…国民の我々は、怒り抗議すべきかと存じます。今回に限らず、でもございますが。
    桜田大臣御自身の任務への一生懸命さは、お人柄から滲み出る対応から伝わり来ます。小坪議員様からのご発信にて、苦労人と云われる桜田大臣のこれ迄の軌跡を拝読致し、この方だから様々な案件をしっかり、丁寧に、建(立)て直して下さる!と確信致しました。
    お人柄を知るには、その人の[目]が全てを物語っていると存じます。良い[目]を為さった御方だと存じます。
    あげ足ばかり取る外野の[目]を観ると、自ずと日本人なら分かりますでしょう…外野は何者かを。これを機にと申し上げたいのですが
    、まだまだマスコミ報道含め、外野の[正しき者]叩きは続くでしょうが、正義ある政治家の方々は心のままに日本を背負い突き進んで下さいますようお願い申し上げます。祈

  13. カンカン のコメント:

    蓮舫、辻元、山尾等々
    立憲民主党は本当醜い人材を集めたものだ(⌒▽⌒)
    敬服いたします。
    国民はあの輩の醜い言動を選挙で判断して皆落選させよう!

  14. 尾張小牧 のコメント:

    小坪さん、こんばんは。

    ボクも真っ先に、また!切り貼りしているな!と感じました。

    御自分の疑惑すら説明も出来ない様な輩にアレコレ言われたく無いです!!

    本当に言葉尻だけ切り取って、鬼の首を取った!かの様な報道をする
    オールドメディア、マスゴミ・・・・

    お前ら、もう本当に要らないよ!!

  15. tatten のコメント:

    先日の明石市市長の件も小坪さんのプログを知らなければ朝のニュースで見て人でなしの政治家だと思うところでした。
    自信を持って家族や知り合いに説明が出来ます。
    今回もマスコミのトリミングは犯罪レベルだと思いました。

  16. サービサーの中の人 のコメント:

    こんばんは

    ブログを覗く前に、受け答え『全文』を読んで、動画もあったので見た感想を書きます。
    文字と実際に話している感じで受け取り方はかなり違いましたが、大臣である以上批判は避けられませんがだからといって辞任するなどもってのほかだと思いました。

    池江さん本人の突然の発表があった後の、まだ情報も良くわかっていない中での五輪担当大臣としての受け答えとしては、言葉の選択が仕方がないのかも知れませんけど、池江さん本人が『困惑している』と表していた様にとてもナイーブな問題です。
    流石に『がっかりした』と言葉を用いたのはマイナスでしかありませんでしたが、言葉狩りをするのは今迄ずっとあった事です。
    せめて『がっかりした』の所を『大変驚いている』とかになってたら別に何の事もなかった筈です。

    桜田大臣だけでなく、これまで第一次安倍政権からずっとマスコミの言葉狩りを受けているではないですか。
    下野を経て長期政権になった安倍政権の足元を引っ掻けようとマスコミと野党は必死になってるのは解りきってる事なのだから、総理含めて大臣皆が(事務所含む)言葉狩りの危機意識を持たないと、いけないと思います、擁護ばかりではなく。

    議員なら【人情味あふれてても】良いけど、大臣はなるべく我を押さえて指揮を振るわないと政権に思わぬ打撃を受けてしまいます。
    それは決してバランス感覚とかいい子ちゃんではないと思います。

    ※twitterで百田さんが怒ってましたが、乗せられてしまったみたいですね。

  17. パコリーヌ(髭) のコメント:

    NHKをさっさと解体して国営テレビにしなさいよ

    日本国民から徴収した金をタックスヘイブンに移しマネロンしてる犯罪者を逮捕したの?
    NHKグループで総額800億円だったかしら?

    理由なら何でも作れるから
    さっさと解体しなさいよ 鬱陶しい

  18. 名ナシ のコメント:

    メディアが叩きやすい人物として集中して狙っているような気がしますね。
    いつぞやの麻生財務大臣のナチスに学べ発言批判と同じです。
    偏向捏造報道に対して罰則を設けることはできないものですかね。

  19. 宮崎マンゴー のコメント:

    再投稿失礼申し上げます。
    14日、プライムニュースにて櫻井よし子氏のご発言で、無理難題を我国へ投げ掛けてくる
    かの国でありますが…そっくりそのままを突き返すぐらいの日本の対応でなければ!との事に同感でございます。そして、実質的には既に上下半島国の兵力が併合となりますと、
    我国の兵力が足りない現状を危惧され、警鐘を伝えられておられました。確かに、竹島、対馬の現状をみますと、いついかなる時を常に考慮しなければなりません…。続く無理難題は、日本への挑発で、同じ土俵に乗ってはならないのでしょうが…その先には相手のドス黒い危険な思惑が仕掛けられている様でなりません。そして、並行してのマスコミの邪悪さも日々増大し、本性を隠さなくなりつつあります。ふと、身震いするほど櫻井氏のお言葉に痛感致しました。スパイ防止法いそがれます様、お願い申し上げます。申し訳ございませんでした。祈

  20. 北の国ヒグマ のコメント:

    以前に桜田先生について取り上げて頂いて初めて知る事ができてとても感謝しています。今ではファンになっています。まだまだ知らない事やメディアの偏向報道に惑わされてる仲間がいますね。真実をメディアよりも沢山拡散して心ある政治家を我々国民が守り応援していきましょう。

  21. のコメント:

    スレ違いですみません。産経の記事で稲田元防衛大臣が日弁連の強制加入について、問題ありのとの言及ありましたね……。橋下氏との対談らしいてすが弁護士自治は必要だが、あまりにも政治的発言が多すぎると。少し動いて来たかな?

  22. あかうお のコメント:

    今回の「ガッカリ」発言も、裏があるんだろうな…とは思っていました。
    報道で出てくるのは問題とされる部分ばかりで、それを元に
    コメントが足されるんだから、そりゃ真意なんて伝わる訳がない。
    失言を引き出して辞任に追い込むのはマスコミとクズ野党の常套手段。
    桜田大臣の脇が甘いのも重なって、こういう事態になっている訳ですが
    他の保守系サイトでも、実は違うんだぜ!と広めて欲しいところです。

  23. unknown のコメント:

    小坪先生が桜田大臣を擁護してくださって、よかったです。私は、テレビで記者とのやり取りを聞いたのですが、小坪先生と同じように感じました。
    少し言葉が上手くないのは感じましたが、池江選手への思いやりも感じましたし、下火のくだりだって、担当大臣としては当然、他の選手への影響も考えなきゃいけないですし、そこもサポートをしてくださる…私が池江選手なら有難いと思うけどなぁと思っておりました。それだけ君は水泳界に欠かせない選手だよという、待ってるよっていう気持ちが伝わりましたし。
    どんなに相手の事を思っていても、これくらいの言葉(あくまでも私の感覚ですが)で叩かれるなら、何もコメント出来ないよというのが私の正直な感想です。
    口の上手い心のない人より、言葉は上手くないけれど心のある人に、私は大臣を任せたいです。
    言葉がりをするメディアの影響で、切り取られるのにと過敏になり過ぎる事も、結果として言葉がりをしているのと同じで、口下手な方は何も言えなくなってしまう。
    メディアに巻き込まれず、保守だけでも日本人らしい寛容でしなやかな心を持ち続けられるといいなと願っています。
    池江選手のためにも、彼女の事で炎上しないように、ゆっくりと静養できるように、日本にいる皆で協力できるといいな。
    池江選手の泳ぎ方が大好きな一ファンより、ご快復を願って。

  24. ミカンの実 のコメント:

    蓮舫シロエリタテ・シジュウコクセキに、山尾しおりガソリーム・フリンセス、辻元清美セメントイティナ・ギワクフカマリ。なにかの物語に出てきそう。あ、忘れるところだったチョウシュンカ・フウフベッセイ福島みずほもね。この人たちが半島ないし特亜に帰らない限り、日本の政治家の直接の受難は続くでしょう。
    蓮舫氏はあれだけ批判したのですから、当然献血や骨髄移植に協力して自分の血液を献血したのでしょうね?
    マスコミはぜひ確認してほしいわ。
    もしも献血をしていたならそのことをきちんと報道してほしいです。そうしたら、もっと献血や骨髄移植の人たちが増えると思うのだけど?
    (献血なんてしていないでしょ?口だけならなんとでも言えるのよ。せめて行動しなよ。人道的立場でさ。今から献血しても後出しジャンケンで効果はないけどさ。それとも年齢詐称で実は献血できる年はとうに超えていたとか?わからないけど。)
    桜田大臣、素晴らしい方ですね。小坪議員のブログのおかけでお人柄がわかってありがたいです。私は蓮舫氏と桜田大臣のどちらを信じるかというとダントツで何万倍も桜田大臣を信じます。どうか健康に留意していただいて、お仕事を全力で元気いっぱいに頑張っていただきたいです。私も納税をもう少しできるように頑張ります。

  25. 加藤常美 のコメント:

    地元、千葉選出の国会議員、桜田義孝氏の人となりを広く拡散頂き、誠に恐縮です。ありがとうございます。

  26. さぬきのゆめ のコメント:

    ネット民も慣れてます。
    蓮舫とマスゴミがタッグを組んだ = 嘘
    すぐ炎上したのなら仕込みですね。ここに集う人ならソース確認のため しばらく様子を見ます。
    蓮舫は大臣の誰かを辞めさせ任命責任と言いたくて仕方ないのでしょう。自分のことは棚に上げて重箱の隅を突くなんて見苦しい。
    主人から何年か前に聞いた話ですが、「俺が最終的に責任を取る」と部下を信用し仕事をさせる上司が最近は少なくなったそうです。減点主義になれば少しのミスも見逃せなくなるのでしょうね。例え有益でも危険な賭けをしない人が増えてきました。
    櫻田大臣は気持ちの大きいひとの人のようですね。ステキなエピソードのご紹介ありがとうございます。
    何度も失敗しているのだから諦めればいいのに。

    • さぬきのゆめ のコメント:

      推敲が足りませんでした。
      ( 何度も失敗しているのだから諦めればいいのに)は
      (重箱の隅を突くなんて見苦しい)の後です。

  27. くも のコメント:

    日々拝読させていただいております。心中お察し申し上げます。
    「マスゴミ」と揶揄するわりに、いつまでたっても「マスゴミ」の情報に振り回されてしまう
    市井の我々をどうかご容赦賜りたく存じます。

    この記事にて膝を打ちましたのは、桜田先生は五輪担当相として相当の辣腕を振るわれてるのだ
    と確信に至ったところです。建築に明るく、必要なコストが肌身で解る。一家言ある。
    五輪利権(予算組み)において、目の上のたんこぶにされたんだ。と存じました。
    マスコミにしても、露骨なパッチワーク報道はタコが足を喰らうが如く、リスクも知ってのことで
    しょう。従って、産経、日テレが全文を公開した。
    取材もロクにしないアホな記者はさておき、今回のメディアスクラムは毎度の与党への攻撃と
    みせかけた組織による桜田先生個人への狙い撃ち。ということではないか。それを察し、発言を早くに撤回してみせたのではないか。一政治家というより、行政マンとして、従って今後の発言は
    「つまらない」ものにしてみせていく必要があるようにも思えます。業腹でしょうが。。

    という考えに至り、桜田先生を応援しようと存じました。

  28. sanbo のコメント:

    こんちわ
    私も桜田大臣は好きです。潔く、漢なところあります。残念ながら私の選挙区ではないですが、自民党にはいるなら、桜田大臣のところから入ろうかなと最近考えています。
    PCなんぞ使えなくとも、使えるひと使えばいいんだし、大将器の人には必須でもない。

    まあ、左巻きが切り取り報道でどう騒ごうが、いつもの事だと思うだけですが、残念なのは虎ノ門ニュースの有本さんや竹田さんまでも、切り取り報道にこまされてしまってるる事ですねえ。
    ネットといえど、公に政治家の発言にコメントするなら、少なくとも全文確認するまでしゃべるなよ?と思います。

  29. 安倍 吉則 のコメント:

    桜田大臣は「真実一路」まっしぐらです。

  30. 異国より のコメント:

    地元柏駅前で良い演説してるの誰?と思ったら桜田議員でした。
    小坪市議の苦しい時も支えていただいてありがたいです。
    そんな人だからこそ、アカ・バカ ・創価・朝鮮・品畜連合であるパヨクとマスゴミが切り貼り印象操作に励むのでしょう。
    この事実を拡散し、桜田事務所と自民党に応援メール。が覚醒した日本人の努めだと思います。

  31. araigumanooyaji のコメント:

    “このコメントで五輪担当相が辞任することになった場合、心を痛めるのは池江選手のように思います。この発言は、むしろ池江選手に寄り添ったものであり、それを改変しトリミングして「選手を傷つけた」のは、メディ

  32. がっつ のコメント:

    自分の娘のように、兄弟のように、親のように思っていたら、やはり病名聞いたら、まず先に、「がんばれ」より「がっかり」すると思います。
    ただ、思ったとしても言ってはいけないと思います。本人は、もっとがっかりしているだろうから。

    桜田五輪担当相は、いろいろ言葉の選び方がちょっと雑のような気がします。

    しかしながら、前後の会話から、そこを切り取るマスコミはどうかと思いますし、まして蓮舫が言うこと、そして、それを自分で「大臣はもはや論外」と公表すろこと、それこそ論外。

    蓮舫は、国籍疑惑も説明してないのだから、政治家として論外。

  33. 小坪さん、毎日ありがとうございます。

    私もついマスゴミにひっかかるところでした。
    わかってるつもりやったのに、恥ずかしいです。
    反省、反省。
    まあそれでも中川昭一さんが陥れられたころよりは、ずいぶんましになってきたんとちゃいますか?
    平気でウソをつくあちらの人たちは、決していなくなることはないでしょうから、これからも私ら日本人はもっともっと警戒せなあきませんね。

    • おっと、目にとまりますな。 のコメント:

      History reapts itself!

      自分では変わったと思っていても、なかなか自分のパターンから脱却できないものです。
      沈思黙考、熟慮判断。

  34. 琵琶鯉 のコメント:

    マスコミの規制をすり必要がありますね。どう見ても仕事をしてません。
    政権与党は、大臣クラスの会見は、YouTubeでアップ。当然ぶら下がりも動画撮影し、ただちにTiwterでアップ。動画撮影出来なければ、取材を受けない。もう、メディアだけに一次ソースを渡さない。
    これですよ。

  35. 日の丸弁当 のコメント:

    私も桜田さんの発言の何が問題なのかがさっぱりわかりませんでした。
    小坪先生のご高説にもありますが、野党やマスコミが騒ぎ立てるような発言が政治家や大臣にあったほうがよいと思っています。
    タブーを恐れないことが大事なのであり、モノを言えない国にはなってほしくないのです。
    内容によっては、それを言われて不愉快に感じるということもあるでしょうが、左翼によるイデオロギーの発露しか聞こえてこない世の中は異常だと思います。(それこそ不快感の極みです)

  36. 名無しさん のコメント:

    小坪市議、お疲れ様です。

    桜庭大臣の件、感服しました。
    ただし、それとは別に原文を見ても問題ありと思ったら問題提議するのは止めてはいけないと思うのです。
    そこは萎縮させてはいけない。
    例えば以前日韓慰安婦合意の際の小坪市議の「安倍信者」発言など。
    いくら怒りが頂点に達したとしてもアレはさすがに言ってはいけないと思うのですよ。
    個人的には「昔50人のチームを率いて…」の下りも不用意すぎると感じますが。

  37. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    もう何十年も昔の話になりますが、最近の子供は”魚が切身のまま泳いでいる”と思い込んでいる子供が居ると言う話題がありました。
    冗談の様な話ではありましたが、これはどうやら実際に存在して居た様です。

    この”魚が切身のまま泳いでいる”と思い込んでいる子供が居る事に対して、当時様々な問題提議が成されたり批評があったりしたものですが、これは圧倒的に魚を知って居る人の方が多いから、問題提議が成されたり批評に至った訳です。

    ところが、マスコミの流す情報に関してはどうでしょう?

    マスコミの流す情報の殆どは、当に『切身の情報』であるにも関わらず、多くの人がそれを加工された切身である事を知らない訳です。
    その為、『切身の情報』が切身である事を認識出来ず、『切身の情報』を情報本来の姿だと思い込んで居る大人が沢山実在します。

    最近はネットの普及で、『切身の情報』が切身である事を認識出来る様になって来ましたが、長年『切身の情報』を情報本来の姿だと思い込んで居た大人にとって、それを若い世代に指摘されると正直言ってくだらないプライドが傷付けられたと感じる人も多い事でしょう。

    ”魚が切身のまま泳いでいる”と思い込んでいる子供が相手ならば、大人が間違いを正してやれば事足ります。
    然し乍らマスコミの流す情報に関しては、子供を含む若い世代の方がその真相を掴んで居る傾向が高く、所謂今迄大人にカテゴライズされて来た世代が、間抜けな思い込みを信じ込んでいたのですから、泳ぐ魚の切身とは異なり間違いを正すのが困難なのです。

    これからもこの様な手口でマスコミは仕手戦を仕掛けて来るでしょうが、それらを真に受ける人に対しては「貴方は、魚が切身で泳いでいると思ってクチかい?」と繰り返して行くしか無いのでしょう。

  38. hayabu のコメント:

    こちらのサイトが、自主独立の橋頭保となっていることに、まさに先見の明と思います。ま、歴史が違いますわね(;^_^A  

    今となっては、与党、官邸にとっても重要な裏政府公認サイトと思います。
    頑張ってる人にも頑張ってと声かける非常な応援者です。

  39. 甲州保守 のコメント:

    色々長文を考えてましたが、「な?」「ああ」のやりとりで済んでしまう話ですね。
    当たり屋からの巻き込まれ事故で大変だと思いますが、桜田大臣には負けないで欲しいです。

  40. たぬき野おなか のコメント:

    真、善、美のわかる哲人が政治を行うのがベスト。
    しかし実際には哲人は中々いないから、哲人に近い真、善、美をわかる人柄の方を選んで政治をしてもらうのが良い。
    プラトン、ソクラテスの言葉だそうですが、桜田議員
    はどストライクの政治家と思います。

    マスコミの報道をどれだけ見ても、肝心の真、善、美に対する各議員の姿勢が分からないので、マスコミの描き方を観察して「マスコミの逆打ち」をしてしまう今日この頃。ネットがあって良かったです^_^

  41. NW のコメント:

    蓮舫のような木っ端を当選させる有権者がダメダメですよね。
    二重国籍か三重国籍か説明責任も果たさず誤魔化すような奴が他人の批評なんてできません。
    タダのカスなので無視してください。

  42. 北麓のジジイ のコメント:

    この問題は小坪議員の仰る通り。
    報道に接して批判するのは仕方がないが、報道が切り貼りしてるのはもう周知の事実。
    批判する前に「本当?」と一回自問してみると良い。
    まあ、某議員は政府・自民党批判に乗っかっただけだろうが「お里」が知れるというもの。
    桜田議員の存在や気さくな人柄は国会の殺伐とした中では「一服の清涼剤」的存在だろう。
    こんな「つまらぬ」事で貴重な人材を失ってはならない。

  43. ta のコメント:

    騙された保守系論客は訂正おわびとかしたんでしょうかね?
    普段マスメディア批判していて自分は知らん振りはさすがに・・・ね?
    このページに入ろうとしたら三回ほど繋がりませんでした。
    自分のpcの不具合ならいいですが。
    大臣、自分はスマホ持ってません。パソコンもよく分かっていません。
    しかも大臣と違って世間を知りません。
    何を書きたいのか支離滅裂ですが、頼りにしています。
    ありがとうございます。

    • ネットウォッチャー のコメント:

      私は論客ではありませんが謝罪が必要ですね。

      まず第一報ではまた切り抜きだろうと思いネットの情報をあさりました。
      「全文掲載」と書かれているサイトがあったので幾つか確認しました。
      複数サイトを確認するも差異はあるもののだいたい同じ内容でしたね。
      ・共通していたのは記者の質問文が一切ないこと
       (記者の質問であることを伏せすべて自発的な発言であるように印象操作しています)
      ・「びっくりした」?「期待している部分がある」までの切り抜き
      記者の質問を省きつなぎ合わせ最低限の切り抜きだけで御本人の心配よりも水泳競技を心配しているかのように印象操作が可能というそれはもう見事なものでした。

      私はそれに騙され複数サイトからの情報だから真と判断し批判してしまった。申し訳ない。
      (SNSではなく匿名サイトですが)
      穴があったら入りたいくらいです。

      同時に検索上位に出てくるサイトが見事に工作されていたというのは憂慮すべきと感じました。今回最終的には保守側の勝利だったと考えますが初手では完全に負けていたと思います。
      いままでと違い全文の内容が少なくとも私のSNSに流れてこなかった。擁護の声は上がっていましたがソースが提示されてこなかったのです。他の切り抜き記事だとかなり早期に流れてくるのですが今回は違いました。
      「敵」のネットでの戦い方も巧妙になってきているものと考え気を引き締め直したと思います。

  44. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    今回の政府の対応は、決まりきったいつもの文言で処分もゼロ回答。
    メディアはイライラしているのでしょうね。
    なにか日本の中に「てれびおうこく」という別の自治区があるような感じ。
    れんほーとかいう女もその自治区内で吠えている訳です。
    出て来ようとする人もいれば、奥に引き篭もってる人もいたりして。
    なんだか、そう考えると全てがしっくり来てしまいます。

id にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください