(風邪ひきました)更新しないというお知らせ


 

 

普通に風邪をひきました。
厳密に言えば、恐らく扁桃炎。。。

何も更新しないと、赤い凶弾に倒れたのでは?
等と、ガチで心配されかねないので、何か書いておきます。
更新しないというお知らせです。

 

12084080_921593654578186_1004059268_n

 

視察の前より体調を崩し気味でありましたが、
事前学習には相当に力を入れていたこと(入れ過ぎたこと)も一因でしょう。

思えば、一年以上、盆暮れ正月、元旦も休まずに、延々とBlogを書いてきました。
併せて、Blogと対になる専門資料(行政的な手続き)も行い続けてきました。
超長文が続き、読むほうも大変だったと思います。
ただ、書くほうも大変でありました。

一日、「できれば6000文字」を自らに課しました。
原稿用紙12枚分を書き続けることで、専門知識を有しない一般の方に「状況を訴える訓練」という側面もあり、どれだけきつくても継続してきました。

同時に、我々の主たる戦場である、行政書式。
こちらのほうも徹底的に学び、研鑽し、専門知識を有する公務員たちに、負けず劣らず(彼らの仕事を邪魔せずに)さらに高いレベルに到達できるよう、研ぎ澄まし続けてきました。

議会中、一般質問の前日も、Blogは休みませんでした。
ほとんどの議会で一般質問を行っておりますが、質問の手抜きもありません。
かなり激しい、厳しい質問を行ってきた自負がございます。

 

書きたいことは、たくさんあります。

木原先生が青年局長に復帰されました。
そもそも処分される謂れはありません、木原青年局長自身が何かを発言したわけでもなく、そもそも取材方法に問題がありました。
「盗み聞き」を壁耳取材などと称しておりますが、だったら警察は捜査において盗聴することを、メディアは責めるべきではない。

法案の可決を党が重視する。
組織の理論、理解はできますが、納得はいきませんでした。
安保法制の通過をもって、処分を軽減。
現在は復帰されました。

早速、ある催事に参加させて頂き、少しだけではありますが、お話しさせて頂きました。
一緒に写真も撮りました。(アップの許可もとっています。)

 

内閣の改造人事についても、思うことがございます。
目玉人事とせねばならぬこと、組織の理論、閣僚候補が多数いること。
ちょっと「え??」と思う人事もありましたが、取り込むという観点から言えば、悪いものでもありません。

ただ、
なぜ拉致担当相を入れ換えるのか、という一点。
これは苦言を呈したい。
何をやっているんだ、と。

 

他、ソーラーパネルの件も掘り下げたい。
地方行政と構造物の許認可という観点から、私なりに方針と考えがまとまりました。
防災の観点から、地方行政にも許認可権を出して頂きたい。
また、パネルに含まれる有毒物質の「責任」を、法で明示して頂く必要があると思う。
そのためにはどのような手段を(地方議員として)講じるべきか、等。

 

また、意見書も、さらにたくさん通っています。
この進捗報告も行いたい。
かなり大きな自治体で通りました、本当に頭が下がる思いであります。

 

 

 

視察中の、「あるストレス」などが原因と勘繰られそうでありますが。
正直、季節の変わり目に、Tシャツとパンツ一丁で寝たのが原因です。

真夜中まで書類の整理、作成等をこなし、疲れ果てて眠りました。。。
パジャマも出してたんですけどね、眠かったんです。
スヤスヤと眠ったわけですが、朝起きたら体がだるい。

いつまでも若くはありません。

以前より扁桃腺はよく腫らしていたんですが、
一瞬で高熱が出るものでして、38度近くまで熱があがります。
その時もBlogはお休みしませんでした。

これは風邪薬はきかず、抗生物質を飲むしかない。
(人にはうつりませんが。)

視察中に、薬を持ってもらず、市販の風邪薬で乗り切ったわけですが(効きませんでした。)
まぁ、、、麻生政権の防衛に始まり、民主政権での激闘、
市議になってのち覚えることも多々あり。
思えば、今年に入ってからも、
まともにお休みさせて頂いたこと、なかったように思います。

 

そんなわけで、今日はBlogはお休みさせて頂き、寝ます。

毎日、ランキングで支援を頂いているのに、順位も落としてしまうことでしょう。
それを申し訳なく思うのです。
ただ、どこかで身体を、物理的にも休めないと、やがて破断してしまう。
メンタルだって、息抜きをせねば、長期の活動には支障がでる。
しっかり休み、体力が戻れば、息抜きに出かけます。

明日ももしかしたら、更新しないかも知れません。
おやすみなさい。

季節の変わり目でございます。
油断して薄着で寝ると、私のように体調を崩してしまいます。
皆様もお身体、ご自愛ください。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

(風邪ひきました)更新しないというお知らせ への26件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    (風邪ひきました)更新しないというお知らせ 普通に風邪をひきました。 厳密に言えば、恐らく扁桃炎。。。 何も更新しないと、赤い凶弾に倒れたのでは? 等と、ガチで心配されかねないので、何か書いておきます。 更

  2. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     どうか,ご自愛を,お体の療養を,最優先下さいませ。
     わたくしめも,行政職として,議員さんと多く接しておりますが,やはり,小坪議員のように,余暇若しくは趣味はもとより,休む間も寝る間も病気等療養の暇さえも潰してまで,公務へ尽力為さる,職務専念を貫徹為さる議員の方は,少なくとも地方議員の方では外にいらっしゃいません。
     外の地方議員さんは,ほぼ全員と言ってよいくらい,己がサイトで,食べ歩きや贅沢たる余暇の様態を見せつけ,あとは公務についても,ある特定の時期にのみ気合を入れていて,あとは無理をしない程度のお勉強程度であり,当該特定の時期においてさえも,無理は多少夜更かしするくらいで,無理はしていない様子です。
     ツイッター又はブログ等の発言も,気まぐれかつ相当程度呑気であり,行政職はもとより,常勤雇用で他人様からこき使われ,フルタイム勤務されている方々から言わせれば,何やってんのあんたらってな人ばかりでした。
     しかし,ここでも小坪議員は,次元を異にするスーパーマンであり,超真面目な硬派の方でいらっしゃったのです。
     とにかく,今は,療養に専念なさって下さい。
     これは,わたくしが実際に勤務先の産業医に忠告された文言なのですが,「体調管理も,公務,職務専念義務の貫徹,公共の福祉への寄与のうちだ。」と言われました。
     どうか,ご自愛下さるよう,僭越ながらも,お願い申し上げます。
     一日も早い快復を祈念申し上げます。

  3. JL のコメント:

    小坪さん、それだけ書けば十分じゃないでしょうか。

    ご自愛くださいね。

  4. ふぃくさー のコメント:

    保守歴が浅くまだ政治家の色分けなどできていない状況の中、国家公安委員長に河野太郎氏を抜擢したのが驚きでした。親子ともどもあまりいいイメージがなかったのですが、これは私の認識不足だったのでしょうか?

    ところで、先生はフルスロットルでの走りすぎです。完全に岡目八目ですが、こちらの方が正しいことが多いともよくいいますよね。ひょっとしたら休みなさいとの神様の啓示かもしれません。ご自愛を。

  5. ピノ のコメント:

    ちゃんとお休みしないと体も心ももちませんよ。休みますとの報告でこんなに沢山書き込まなくても…小坪市議は真面目ですね…だから信頼できると言うのもあるのですが。いつもブログ更新やリアルでの闘いをありがとうございます。

  6. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、ゆっくとお休みくださいませ。

    とにかく、睡眠と栄養が一番です。ご自愛くださいませ。

  7. 梅ヶ枝餅 のコメント:

    休みなさい
    という天の声です。
    公人の身体は御自分だけのものではありません。
    どうか御身大切に。

    • 昭和20年生まれの男 のコメント:

      「梅が枝餅様」の仰る通りです。
      今までご活躍に対して頑張りすぎないようにとの天からの配剤です。
      ゆっくりお休みください

  8. はま のコメント:

    お疲れ様です。
    扁桃炎は掛かる度に扁桃腺にウイルスや菌を滞在、蓄積するらしく、大変厄介です。
    私は幼少の頃から年に1、2回扁桃炎の高熱で寝込んでいましたが、7年前に5回(5回目は緊急入院)扁桃炎に掛かり、体調が戻ったところで切除手術しました。
    私も37歳です。切除以降7年間 高熱は一度もありません。
    扁桃炎は年に4回が切除の目安だと担当医の方が仰っていました。
    ちなみに、切除後10日ほどは、まともに話せません。
    参考までに…

    ご自愛ください!

  9. じゅげむ のコメント:

    心情あふれるピノさんのコメントにはクスッと笑ってしまいましたが、至極同感です。
    几帳面な小坪さんらしさで、体調のすぐれないにも拘らず状況報告するべく、パソコンに向かっている姿を想像してしまいました。
    ご自分では簡単な報告のつもりのようですが、随分と丁寧な説明ですよ。
    これが小坪さんの良いところなのでしょうが、今後はどうぞ「風邪のため休む」あるいは「疲れたから寝る」の一言でベッドに潜り込んで下さい。

  10. hina のコメント:

    お疲れ様です。
    ごゆっくりお体をお休めください。

  11. 神奈川11区 のコメント:

    毎日のブログ更新ありがとうございます。
    ちゃんとクリック出来てるかな? と念の為一日2度はクリックしています。

    入閣が決まった後の某閣僚の原発等に関する発言にはニヤニヤしてしまいました。
    お給料で見たら平議員も閣僚も大して……と思いますが、やはり閣僚となると名誉なのか、それとも国民には想像もつかない凄くおいしい事があるのか(笑)

    更新が無くてもクリックしますので、安心して風邪を治してください。

  12. ひょっとこ のコメント:

    小坪議員、お疲れ様です。
     
    時には休息も必要です。
    ご自愛ください。

  13. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    お疲れ様です、お体大事にして下さいませ。
    個人的には、更新が止まる宣言されなくて更新止まってても、心配はしますが、それで市議の応援をやめる事はないですけどね
    (ハンターの冨樫先生やアルスラーンの田中先生を応援してるのと同じような感じです)

    体の調子が悪いときに効果てきめんな25の食品
    ttp://karapaia.m.livedoor.biz/article/52193031

  14. のコメント:

    どうかご自愛ください。
    日本国と行橋市のためにも。

  15. Masa のコメント:

    小坪市議の記事、毎日楽しみにしています!

    ・・・が、戦士にも休息は必要なのです。
    たっぷり休んでください。

    休んでいる間も、脳はバックグラウンドで思考していると聞きます。
    逆に、何か必殺のアイディアが出ちゃうかもしれないですよ!

    お大事に!!

  16. 通りすがり のコメント:

    完治するまで更新しちゃダメです!

  17. のコメント:

    全然お休みになってないじゃないですか(笑)
    どうぞおだいじにしてください。

  18. たろう のコメント:

    最近、検索窓で「小坪」と打つと「小坪しんや」が一位にきます。(以前は「小坪トンネル」が一位だったような気がする・・・)。知名度があがっているのかもしれませんね。でも無理をせず、ほどほどに。
    ひょっとするとブログで疲弊しているのではなく、あちこちに挑戦状をたたきつけてこられたので、失礼ながら、その反撃や反作用による精神的疲労もあるのではないかという印象が若干あります。

    私事で恐縮ですが、私は家で静養するのに映画をよく見ます。
    先日、ひさしぶりにスプルバーグの初期作品といわれる「激突」という映画を見ました。これがおそらく5回目くらいです。見るたびにまったく違った印象があったりします。
    ご存じかもしれませんが、ストーリーは、赤いおしゃれなセダンにのった中年のおじさんが、だだった広いアメリカの砂漠の道路で、汚いトラックに追いかけられて、ひたすら逃げまくるという話です。

    なぜ追いかけられるかというと、両者は互いに全く面識がなく、理由は特にありません。赤い車がトラックを一回追い越したので、それが癪にさわったのかもしれません。
    おそろしいのは、このトラックはこの赤い車だけを狙い打ちにして殺そうとしていることです。面白いことにトラックは、線路の踏切で立ち往生している他の車には後ろから車体を押して救ってあげたりします。いかにも善人という振りをします。
    そして、最後は、追い回した赤い車を崖から落そうとして、逆にトラックが崖から落ちて大破するという話です。トラックの運転手は間違いなく即死でしょうが、追いかけられたおじさんは助かります。

    先日、これ見終わったとき、ふと頭に浮かんだのです。
    「あれ、このトラックって韓国とそっくりと違うか・・」
    ちなみに、このトラックの運転手は最後まで顔がでてきません。一切無言です。ちらっとサングラスだけ見えるだけです。表情がわからないので、なおさら怖いのです。
    そして、もし、このトラックの運転手が、最後のほうで、「俺がお前をつけまわす理由は、何よりもお前自身が知っているはずだ」などと口走ったら、ますます韓国とそっくりになるなあ・・と。くだらない空想が浮かびました。
    見たことある人なら、なるほどと思われる方もいるかもしれません。
    嫌韓ものは、最近ほとんど読まない自分ですが、そういう自分でさえ、韓国の存在が負の意味で大きくなっているのだなと少し感じた次第です。

  19. 103 のコメント:

    いつかはこのような日が来るとは思っていました。
    敢えての苦言?ですが、定休日を作ってください。

    私は慢性的な超過勤務(残業と書きたくない)で昨年3月に道路で倒れ、救急車で搬送されました。
    搬送先に駆け付けた妻と来た当時3歳の息子に笑顔で「ちち、いた」と言われたときは自分の不甲斐なさ、恥ずかしさのあまり泣いていました。
    結果、鬱病/睡眠障害と診断され、1年以上休職しています。
    日頃から「ぶっ倒れるまでやってやる!」との勢いで働いてましたが、もう40歳も過ぎると「眠気とストレスだけで倒れた」という事実に今思い返しても赤面がおさまりません。

    ご自身では「以前よりは仕事を色々な方に委譲している」部分もあろうかとは思いますが、「更新しない」報告ですら1800文字以上!
    成りすましによる乗っ取りにはまぁ出来ないでしょう、しかもお薬写真のエビデンス付きてw

    今回はたまたまの扁桃腺かもですが、風邪でも人は死にます。
    はっきり書きます、私は小坪さんには死んでほしくはない!
    どうか、少しだけテンションを緩める時間も設けてください、バックラッシュ【シビア過ぎ】に見えます。

    ああ、妻がココ見たらと思うとどれほど恥ずかしいんだろうとMッ気満載のコメントですが、珍しく感情的になってしまいました。駄文はご容赦ください。

  20. 名ナシ のコメント:

    更新しないお知らせででも文章量がありますよ。
    とにかく静養してください。
    お大事に。

  21. とも のコメント:

    >何も更新しないと、赤い凶弾に倒れたのでは?

    確かにそう思ってしまいがちですけど・・・(苦笑)。
    いつもありがとうございます。どうぞお大事になさって下さい。
    口中や喉に炎症を起こしがちな方は、「なたまめ茶」も良いですよ。
    何か「老人の口臭対策」という認識が多いなたまめですが、それだ
    けではないので、是非。(あ、私なたまめ業者ではないですよ!)

  22. sinobu hattori のコメント:

    今は、回復するまで、
    じっくりと、休養して下さいませ。

    無理をしなければ出来ない事も、多々、有るのでしょうが、
    「無理のしすぎ」は、
    先を考えた場合、良策とは思えません。
    ――――――――――――――――――――――
    どんなに「頑丈」な自動車でも、
    定期的な調整、
    オーバーホールをしなければ、壊れますよ。
    ――――――――――――――――――――――
    ランキングの「クリック」は、
    毎日、しておりますので、

    本当に、今は、
    ゆっくり、じっくりと、完治するまで、
    休養して下さいませ。

    そして、「完全復活」して、頑張りましょう。

    ――――――――――――――――――――――――
    「お腹は、絶対、冷やさない様にして下さいね。」
    ――――――――――――――――――――――――

  23. 生野民 2 のコメント:

    身体が資本ですから、しっかり治してください
    無理して、更新したりしないで良いですよ
    お大事に

  24. 助さん、拡散 のコメント:

    しばらく、お休み下さい。ゆっくりと、水分と栄養を補給しつつ。風邪は静養が一番の薬です。ランキングは私達が下げさせません。小坪議員は熱を下げてください。

  25. miku のコメント:

    首を前に倒すと首の付け根の骨がでっぱります。
    そのでっぱりのすぐ下に「大椎」というツボがあります。

    ここをホカロンで温めますと、あら不思議
    咳も鼻水も熱もあっという間に良くなります
    (※低温やけどにご注意ください)

    騙されたと思ってお試しください。
    この方法を始めて以来、中年にも拘らず
    全く風邪をひきません。風邪以外にも良く効きます。

    それとお灸も良く効きますよ。お大事に!
    (千年灸ホームページに症状別のツボがのってます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です