GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同した人はシェア】


 

 

初代天皇である神武天皇の即位日をもって定めた祝日であったが、GHQにより廃止された。
旧暦では、この日が1月1日。
今日が、元旦であったのだ。まさに国の始まった日。

サンフランシスコ講和条約において、我が国が一部の主権を回復してのち、国民世論のうねりにより「建国記念の日」として国民の祝日となる。本日2月11日は、建国記念の日でありました。
そして奪われた「紀元節」という言葉を取り戻すべく、誓いを新たにする日であると存じます。

※ 昨日のエントリは、ライト層向けに書こうと趣向を凝らしたものですが、「建国記念日」と書いております。正しくは「建国記念日」ですが、私人としては「の」は抜きたいというのが本心です。必要に応じて修正も検討しますが、現時点では考えておりません。

その理由も書いておきます。「建国記念日」は、自民党により9回も提出、第一党であった社会党の反対で廃案。採決に踏み切った際には、体当たりを受け委員長が入院。社会党を納得させるため、譲歩して「の」をつけたという経緯があるためです。ご指摘も何点かありましたが、私は、のをつけたくないんだよ。
どのような時代に廃止され、18年の歳月を戦い「建国記念の日」となるまでの経緯を詳しく書いておきます。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 
(OGP画像)

 

 

 

 

紀元節
日本の初代天皇である神武天皇の即位日をもって定めた祝日。
明治6年(1873年)に定められた、かつての祝祭日の四大節の一つ。
(※四大節(しだいせつ) 四方節、紀元節、天長節、明治節)

2月11日の日付は、旧暦の1月1日であり、明治に入り新暦に換算したもの。

 

 

 

紀元節が廃止される。
GHQにより、昭和23年(1948年)廃止されました。

 

GHQにより、廃止される。
昭和23年(1948年)廃止される。
西暦よりも皇紀が長いことに嫉妬したためではなかろうか。

少し前後のことを付記する。
終戦が昭和20年(1945年)のこと。

昭和20年(1945年)
9月29日、内務省による検閲制度を廃止。
同年、10月9日、朝日・毎日・読売など在京5紙に対して事前検閲開始。
10月10日、徳田球一ら共産党員などの政治犯が釈放。
10月20日、日本共産党が機関紙「赤旗」を再刊。
10月31日、軍国主義を唱える教員の追放。

昭和21年(1946年)
1月1日、天皇神格否定、人間宣言。
1月29日、行政区が北海道、本州、四国、九州及びその付属当初と対馬、大隈諸島までとなる。
2月1日、英連邦軍、日本への進駐を開始。
2月20日、ソ連が、樺太・千島の領有を宣言。
2月26日、極東委員会発足。
3月5日、第一次アメリカ教育使節団来日。
同日、チャーチルが鉄のカーテン発言を行い、冷戦が始まる。
4月4日、2?300人の米兵が中村病院に乱入し、約100人の妊婦や看護婦を強姦。産まれたばかりの子供も殺害された。
4月29日、天皇誕生日にA級戦犯29名を起訴。

5月22日、吉田茂内閣、発足。

7月1日、アメリカがビキニ環礁で4基目の原子爆弾を実験爆発。
11月3日、日本国憲法公布。

昭和22年(1947年)
5月2日、外国人登録令により、朝鮮人・台湾人などが日本籍を取り消され、外国人になる。
5月3日、日本国憲法施行。
8月15日、インドがイギリスから独立。

昭和23年(1948年)
1月4日、ビルマがイギリス連邦を離脱し独立宣言。
4月、【祝祭日のみ、日章旗の掲揚を許可】
8月15日、大韓民国成立。

昭和23年、紀元節はGHQにより廃止されました。
続けて読むと、これがどういう意味であったか、よくわかると思います。

参考:連合国軍占領下の日本

 

暦の長さと国家の威信
皇紀が西暦よりも長いことを問題視したのではないか?と述べました。
実は、暦の長さとは世界的には凄まじい評価を受けるものである。

これは事実なのですが、なぜなのか?を考えてみました。
少し乱暴な解説であり、私見も多分に入っているが、ようは「治世の素晴らしさを示すバロメーター」であり、「国家としての威厳と比例」するもの。

暦の長さとは、男系遺伝子が何代に渡って紡がれたかという話になる。
他の制度もあるが、「その政治体制が何度の代替わりを行ったか」だ。

 

暦が途絶える場合
それは国が滅びた場合です。
政治体制が継承されず、バトンタッチができなかった、と言ってもいいでしょう。

滅びたらどうなるか。
世界を見渡すに、ほとんどが大陸の国家です。

CHINAのみならず欧州を含め、特に大陸の場合、国が滅ぼされれば皆殺しである。
特に男は集中的に殺される。
後で攻め込まれても面倒なことになるし、特に王族の血縁者は徹底的に殺す。

女性がどうなるは余り書きたくないが、シンプルに言えば孕ませる。
血を混ぜるというか、今で言う民族浄化だ。
その国以外の者と性行させられ、違う国の子を出産させられる。(もしくはまさに奴隷となる。)

 

暦が続く、意味
男系遺伝子が継続し、「これ」と決めた代替わりの方法が継承されるということ。
その意味を考えて頂きたい。
やや失礼な表現もあるかと思うが、世界各国で「自国のルール」はある。

ローマ法王やダライラマ法王の継承方法など異なる例もあるが、男系DNAの継承は世界的に見ても「一般的なルール」であると思う。

どのような制度でも構わないが、これと決めたルールが継続することを、世界はどう見るか。

「きっと凄まじく素晴らしい治世なのだろう」
「なんと強い国なのだ」

 

かなり荒っぽい説明だが、暦が続くことを
世界は重視している。

皇紀のほうが、西暦よりも長い。
だから紀元節は廃止されたのではないか。

これは私の私見である。

 

 

 

建国記念の日として復活
様々な騒動を巻き起こしつつ、先人らの必死の努力により復活。

紀元節復活に向けた動きは、昭和26年(1951年)頃から見られるそうだ。

自由民主党の活躍
昭和32年(1957年)2月13日、自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が提出。
しかし、当時野党第1党の日本社会党が保守政党の反動的行為であるとして反対、衆議院では可決されたものの、参議院では審議未了廃案となる。

 

ひどいぞ、社会党
その後、「建国記念日」の設置を定める法案は、9回の提出と廃案を繰り返すが、成立には至らなかった。

昭和38年(1963年)6月20日、委員長が法案の強行採決を行うが、社会党議員らに体当たりされ入院するという一幕も。

 

「の」が入る。
名称に「の」を挿入した「建国記念の日」として成立。

“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの修正を行い、社会党も妥協。

昭和41年(1966年)6月25日、建国記念の日として祝日法改正案は成立。

 

「の」は、いらないと言いたい。
法令順守義務のある議員としては、「の」付けるべきなのだろうが、私人としては「の」は飛ばしたい。

冒頭では注釈を書いてはいるが、私の心の中には「の」はない。
そのことは、はっきり言わせて頂く。

 

 

 

「紀元節」を取り戻せ!
昭和23年にGHQにより廃止、建国記念の日が成立したのは昭和41年。
18年の歳月を掛け、先人たちは取り戻した。
「の」がついているが、努力の結晶である。

現代の日本に生きる、私たちは。
紀元節を忘れていていいのだろうか。

偉そうに書いているが、私は紀元節を知らない。
私が生まれたのは昭和53年のこと。
知ってるわけがない。

 

 

この日が、紀元節であった時代を、私は知らぬ。

正直に言うと、わからない。
例年のことなので、動画とかを見て「なんとなく耳には残る」ようになったけれど、私はこの歌を合唱したことがない。

 

この歌の重みは、私は、わからない。
だけど、とても大切なものなのだと思う。

終戦、GHQの統治、サンフランシスコ講和条約。
米ソ冷戦、様々なものを経て、やっと成立した建国記念の日。

私たちの時代が取り戻すべきなのは、
建国記念日ではなく、紀元節という言葉と記憶なのだろう。
漠然とそのようなことを例年、思う。

 

古事記や日本書紀)
歴史的な裏付けがないと、ロマンに欠ける学者目線の非難が相次いでいた。例えば神武天皇の古事記では137歳、日本書紀では127歳まで生存とされている点などが指摘されている。

しかし、一年に二回の稲作を行っていたことで、二回数えていた可能性があり、半分にすると辻褄が合う話が多々あるという指摘も出てきた。その場合は、(西暦換算だと)一部の時代は半分にせざるを得ないけれど、時代考証ともバッティングしなくなる。

史実ではないという批判を行う者がいるが、神話にそのようなものは必要ないというのが私のスタンスだ。聖書に時代考証で難癖をつけるぐらいおかしな話であろう。

自国の始まりを、次に世代に伝えることができぬことは、
それはとても悲しいこと。

 

 

 

 

GHQにより紀元節は廃止。

 

18年の歳月をかけ「建国記念の日」として復活。

 

自民党より9回の提出、第一党であった社会党により廃案。

 

採決に踏み切った際には委員長が体当たりを受け入院。

 

妥協策として「の」を入れたのが、この日です。

 

今日は、言葉狩りにあった「紀元節を取り戻す」と誓いを新たにする日。

 

「自国の始まりを教えられないことは、とても悲しいこと」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

15 Responses to GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同した人はシェア】

  1. TETSU のコメント:

    先生に何かお願いをする筋ではありませんし、望んでもおりませんが。
    本日の記事と密接に関連する為、この場をお借りしたく存じます。

    本年予定されている、陛下の御譲位ですが。
    政府は頑として「退位」という言葉を使って譲りません。
    この語については、小坪先生も私と同じ想いを持っておられたと記憶しています。

    特に考えていただきたいのは、今上陛下が4月30日に「退位」され、
    皇太子殿下が翌日5月1日に新天皇に「即位」される、という点です。

    この間、24時間の「空位」が生じます。
    皇統が、断絶するのです。

    はっきり言えば、新たに即位される新陛下は、126代ではなく初代になります。
    我が国の歴史は、ここで歴史上初めて断絶します。

    偶然であれ、この私のコメントを読まれた方は、少しでもいい、考えていただきたいのです。

    「暦の長さと国家の威信」
    「暦が途絶える場合」
    「暦が続く、意味」
    に密接に関連する為、読者の皆様に是非考えていただきたく、書かせていただきました。

    • 波那 のコメント:

      う?ん、厳密に言えば、そうなるかも知れませんが、皇統とは神武天皇以来の男系遺伝子を受け継いでこられた方なのであって、それは揺るがし難いことです。ですから断絶と言われると、ちょっとピンと来ません。但し、色んな視点から物事を見られることを否定しているのでは有りませんので。

      紀元節もそうなのですが、同様にGHQ は宮家も廃止してしまいました。男系の方が少なくなるのは女系天皇を?のサヨクにつけこまれる原因になっています。旧宮家には、この言い方は適当ではないかも知れませんが、それこそ男系で続いて来られた神武系の方が何人もいらっしゃるそうです。勿論、宮家に戻られることをお嫌な方も居られるかも知れませんが皇室の将来の為にとお戻り頂ける方だけでもと国民としては思います。

      確か、先帝陛下には内親王が三人続かれて側近の者が側室をと言うのを拒まれ、他の宮家からの後継ぎをと思われたこともあったようです。このままでは悠仁親王殿下御一人にかかる期待を思うとお痛わしくて御成長楽しみにしながらも、お気の毒だと思わずにはいられません。雅子妃殿下も国民の期待が、その事だけに一身に集まり、お苦しみになられたことは察するに余りあります。悠仁親王殿下に、自分一人だけではないと、お気持ちが楽になれるようにして差し上げるのは政治家や国民ではないでしょうか。どうぞ、先生方、宜しくお願い致します。

    • 思考してみました のコメント:

       4月30日24:00に退位され、5月1日0:00に即位される。と考えれば、1分1秒も断絶している訳ではありません。言葉とか、形式とか、それらを蔑ろにしてはいけないのだけれども、大切なのは、皇統が継承されるという事であり、その事を日本人がお祝いする事だと思います。

    • 読者ですが・・・ のコメント:

      退位と即位は同時に行えませんよ。
      その意味では、時間的な空白がありましょう。
      では、今までの皇統はどうなんですか。
      なぜ24時間の空白が生じるのですか。

      小さな時間に拘ることは無意味です。

  2. 西郷 のコメント:

    図らずも小坪市議の心と同調した事を、大変嬉しく思います。【紀元節】の3文字は、昨日のコメントに使わせて頂きました。 早速?取り上げてくださり驚きと共に、私と同じ様に考える人が居るのか…感慨深いものが有ります。

    同じ様に、これは日本人が「顧みなくなった重要な言葉が、有りますね。」
    その言葉をキチンと【復活】させれば【譲位と即位】の齟齬も無くなります。

    その言葉が【践祚=センソ】です。【新帝践祚】という具合に使います。 その心は…
    帝(ミカド)天皇陛下の別称が【譲位】した途端に、【新帝=新天皇】が「間髪を容れずに」【自動的に登極する事を意味します。
    詰まり【空位】は、有りえない事になります。小坪さん、【皇室の伝統】は凄まじいですよ。【皇統の断絶】を許さない我等の先祖の執念をヒシヒシと感じます。

    さらいますと、【天皇譲位】した途端、【新帝践祚】となり【登極=天皇位を自動的に継ぐ事】となり、その間「間髪を容れず」にそうなるように成っていたのです。現在は如何なっているのか分かりませんが…
    【践祚】された【新帝】は、【即位の大礼、大嘗祭】を体験されて【晴れて新帝即位】になるわけです。
    このように、「万が一の場合も、可能な限り考え抜かれていたのです。」
    この際、【紀元節】と共に【新帝践祚】を復活させませんか?国民の意識が、【休眠状態】ですから、【覚醒】するように、折に触れて【その事】について触れるようにしましょう。

  3. 愛媛みかん のコメント:

    本日、地元の「建国記念の日」の奉祝式典に参加してきました。
    記念講演「皇室と国民の絆」講師:竹田恒泰氏
    氏独特の軽妙な語りによる笑いあり、時に涙ぐむ(当社比)
    素晴らしい講演会でした。
    講演の中でも指摘されていましたが
    学校教育現場で、現在も日本の建国の起源と
    初代神武天皇が教えられていないのが問題と感じました。
    いまだにWGIPの影響を引きずっている・・
    次代を担う日本人(子供たち)の育成のためにも
    教育(歴史教科書)の是正が喫緊の課題と感じました。

  4. べこたろう のコメント:

    紀元節、いいと思う。
    言葉の響きがかっこいい。
    呼び名からでも取り戻したいですね。
    国家の意味や道徳に対する教育レベルが共産主義者が発狂するレベルに戻らない限りは、この辺りはライトに行くしかないような気がしてます。
    建国記念の日を制定するだけでも大事だったというのは再認識。
    自主自立に必要な主権が植民地化みたいな目立つ形ではないけど、ある意味で奪われ、かつ日本大嫌いな人が大手を振るったんだからやむなしだが、何とかしていかないとですね。

  5. パコリーヌ(髭) のコメント:

    『日本を取り戻す』と仰ってから6年
    具体的な成果は
    消費税増税で国民の生活を圧迫
    国を売ってグローバルマネーを流入させハリボテの株高
    TPP
    くらいかしら
    NHK解体せず 電波オークションせず デフレ派の財務官僚を首にせず 未だに奴隷商人竹中平蔵を重用 スパイ防止法可決出来ず 国防軍を編成出来ず 辻元清美に未だにデカイ顔をさせ 挙げたらきりが無いわね
    いつ迄ダラダラやってんのかしら
    とっとと韓国を滅ぼして世界の敵中共と対峙すればいいのよ

    • 読者の一人 のコメント:

      >とっとと韓国を滅ぼして世界の敵中共と対峙すればいいのよ

      どうやって?
      その後は?
      無責任に好きなことを言えて、気楽でいいですね。

      そのお気楽な発言を書かせてくれるこのブログに感謝してくださいな。

  6. ミロクの世へ のコメント:

    小坪市議 毎日の更新、ありがとうございます。

     愛媛のみかんさんも書かれているとおり、学校教育の現場では、教えられていません。私が関わってきた学校では、日本がいつできたのかなど、国の成り立ちについて知っている教員がほとんどいませんでした。教員が知らないでは、教えようもありません。これは、私の地域だけでなく、全国的にそうだと思われます。WGIPのことなどもまったく知らない、お花畑の教員が多いです。

     英語科が、小学校高学年に年間70時間(週2時間)実施されます。3・4年生に外国語活動として週1時間の実施。外国人とコミュニケーションが上手になったとして、外国人から「日本は、いつできたの?」「武士道について教えて」「禅とは?」等々、日本について聞かれたときに、知らない、答えられないでは、どうするのでしょうか?

     「日本とは、いかなる国なのか?」「日本人とは、いかなる民族か?」ということを、具体的な歴史事象を通して教えていきたいものです。本来の歴史教育、事実を教えれば、「日本って素晴らしい」「日本の歴史・文化って、こんなにすごかったのか」「先人たちを尊敬する」ということになりますよね。本当に素晴らしい国なのですから。

  7. 名無し空を飛ぶ のコメント:

    私のスマホの問題と思うのですが、コメント書き込めないので断念します。画面がフリーズします。

  8. 名無しの案山子 のコメント:

    本題に廃止された「紀元節」と有りますが、確かに「紀元節」という言葉を見たり聞いたりした記憶は少ないです。私は本記事にある「紀元節の歌」も知りませんでした。

    人間は何度も目にするものや耳にするものに自然と親しみを感じる様になるそうです。「紀元節」もそうする必要がありますね。

    では、あらためまして、

    紀元節、万歳!
    日本国、万歳!!
    天皇陛下、万歳!!!

  9. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    かれこれ、このエントリーも3年目ですね。
    これがある種の警告であると気付く頭のあるおパヨク様は、残念ながら見かける事はありませんでした。

    実際問題としてこの手の問題は、情報を得る手段をただ単に拡散するだけで解決してしまう事項でしょう。
    それは戦前・戦中派の女性の普通乗用車運転免許証保持者と、昭和20年以降生まれの女性普通乗用車運転免許証保持者の数の違いの様に。

    ただその過程で危惧されるのが、今迄の反日勢力のやり方や態度とその実績から、既に復仇の兆しが芽生えて居る事です。
    現段階で政府が分かり易い形で、これらの反日勢力に正当な処罰を下せば立消えになるのでしょうが、ここでなぁなぁ?な態度で下手に手心を加えると、結果的に反日勢力の血祭りしか着地点が見出せなく成ることが予想出来ます。

    まぁ、個人的には反日勢力が血祭りに上げられても一向に構わないですので、実は危惧視は然程して居無いのですが。

    さぁ?て、今後は反日勢力が降伏して一定の保護を確保するのか、血祭りに上げられて鬱憤の捌け口に成り果てるかは見ものではあるでしょう。

  10. 小坪さん、毎日ありがとうございます。

    さっさと紀元節に戻さんかいや、と思いますよね。
    昔はこれは祭日、そして祭日はGHQに奪われたんやそうですね。
    「ねずさんのひとりごと」でねずさんが書いてはりました。
    天皇の祭祀は私的なものやから、祭日は廃止、で祝日だけになった、と。
    神道が単なる一宗教にされたのと同じ理屈ですかね。
    まだまだGHQに奪われたものはいっぱいありますね。
    日本、まだまだ独立してへんやん、と思います。

  11. サービサーの中の人 のコメント:

    せめて学校で習う近代日本史の中で紀元節の事を取り上げて欲しいですね。
    子は宝なのですから。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください