保守速報、最高裁にて敗訴確定【言論弾圧に抗議する人はシェア】


 

 

 

(OGP画像)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

判決は判決として、事実として受け止めたい。
私は、立法の末端を構成する一員であり、司法の判断を尊重するのは当然のことだ。
そのうえで、このような判断を司法が下したことについて「言論弾圧の側面からも、非常に残念だ」と述べたい。司法判断を尊重するとは述べたが、同じく私の思想信条についてまで、司法が踏み込むことはできない。

先般、香山リカ氏らが弾圧と類される抗議を行っていたが、私はこの抗議ももっともだと考える。敢えてこの場で賛意を示しておきたい。これは香山氏に賛意を示す意味ではなく、また彼女の主張に賛意を示すものではない。だが、主張の場を奪われたという部分については、いかなるイデオロギーであれ、そして異なるイデオロギーであれ場を奪うことは決して許されない。

集会などが禁じられるべき事案はある。
それは「極」のつく行為であり、それが保守であれリベラルであれ、右翼であれ左翼であれ、暴力を伴うものだけは(集会のみならず)禁じるべきだと考える。
しかし、表現活動や主張については(暴力などを伴わない限り)どちらに声も発信できる状況を維持することは、健全なる政治を行ううえで必須である。

ゆえに、司法が「ヘイト」を理由として、何がしかの判断を言論に対して行ったことについて、言論弾圧を念頭に怒りと悲しみを表明する次第である。

本件について正確に記すと、最高裁にて敗訴が確定した、となる。まさにタイトルの通りだ。
これは最高裁で敗訴の判決が出たという意味ではなく、保守速報側の上告を棄却したというもの。
ゆえに判決文がある等ではないという理解。

 

さて、詳細に判決を読み込んでいるわけではないので、やや総論的にはなるが、何点か述べておきたい点がある。

一つ目には、「ヘイト認定騒動」の手段が明示されたというもの。
この裁判は、名誉棄損を軸に戦ったものだと認識しているが、併せてヘイト認定の事例としても見ておきたい。

上告棄却という形で判決が確定したわけだが、ヘイトであるか否かを断じるには、ここまでの手続きを要するということも明確になったと感じる。
例えば大阪市が独自に判定をしようとしているが、地方行政において勝手な認定をすることは、やはり権限の逸脱だと主張させて頂きたい。以前、取材において「最高裁において判決がひっくり返ったらどうするのか」とメディア側に主張したことがあるが、大阪市においても同じことが言える。

確かに今回はこのような結果となった。
ただし、蓋を開けてみるまでわからないというのが司法であり、事実としてここまで争った事例があるというのは大きい。仮に大阪市が「これはヘイトね」と認定したとしよう、その事例が最高裁まで争った結果、異なる判決が下された場合にはどうするのか。

判断においては、司法を仰ぐよりない。行政のみで判断することはできない。
すべきで、ない。ここは言論のみならず、様々な事象においても言えることなのだが、ルールが明確化されていない状態で、行政に強力な権限を付与することは、独裁であるとか、まさに権力の暴走につながる危険がある。

今回の裁判について、法廷闘争などの詳細を私は存じない。
あくまで第三者としての言い方になることは承知して頂きたいが、「その文章が、ヘイトであるか否か」を判断するにあたっては、最高裁まで戦った事例があるということは、大きな意味を持つと考える。

 

 

次に、表現活動とネットについて。

ここは、さらに広範囲の影響がある。
いわゆるまとめサイト全般にも影響するし、個人ブロガーやネットメディアにも波及するもの。

理由は、保守速報に対して判決を下すことの影響余波。
イデオロギーや政治を抜きにして考えて欲しいのだが、「?元スレ」があり、「?有名掲示板のコメント」の存在がある。
元スレは多くの場合は「?報道をベース」としており、そこに(まとめサイト以外の方の)「?それぞれの主張」が投稿されているのである。

?の転載が著作権法上の引用であるか否かは、また別途司法の判断を仰ぐべきとはするが、元スレの著作権を有するのは、まとめサイトではない。同じく、?コメントを寄せた者たちも、まとめサイトではない。(サイトによる釣り、自作自演の場合を除く。)

指摘したい点は、??ともに、転載元が存在するという点。
本来の発信者は無処分であり、(その転載の適法性とは異なる議論として)、転載した者を処分することはどうなのか。

この判決を受け、?元スレを報道したメディア、および?コメントを書いたそれぞれの者、この両者も名誉棄損を問われねば、どこかおかしいように思う。転載先のみが罪となるというのは、司法判断としては整合性にかけるのではないか。

私が、イデオロギーや政治を抜きにして論じたいと述べたのは、この点である。
例えばお料理のまとめサイトであったり、車の趣味のまとめサイトであったり、(あるか知らないが)蜂蜜のまとめサイトであれ、同じく裁くことができるようになってしまったのである。それって大丈夫なのか、と。

そもそもの発信者は裁かれず、それを転載したり引用した者だけが裁かれてしまう。
これは、まとめサイトだけの影響に留まらず、ブロガーであったり、またネットメディア全般にも波及する話だと思うが、皆様はどのように感じるだろうか。

議論を行うにあたって、何かを踏まえて論じることは往々にしてある。
論文などを執筆する際も出典を付記して様々なデータに基づいて結論を導く。
過去のデータを使って何かを論じる事、これ自体がリスキーなものになってしまったように思うのだ。

元データに何かが混入しておれば、(元データではなく)それを使用したものが捌かれる不思議。

 

 

 

3点目。

ここは朗報になるのかも知れないが、2点目を回避する、恐らく唯一のロジックには期待したい。
保守速報のみを裁くのであれば、「まとめ」は【独自の作品】と、司法からの認定を受けたに等しい。というか、受けたと断言していい(私自身も半信半疑だが。)

私は、この部分については結論を持っていなかったのだが、そう認定せざるを得ない判決だ。
ようは、「元スレ+コメント」を「(甲)よそに権利のある転載集」と見るか、「(乙)独自の、新しい作品」としての性格を認定するか、だ。私は転載集という扱いになるかと思っていたのだが、どのコメントを抽出するか等の作業は、新たに著作権を保持する「作品」と看做すということなのだろう。

ここは画期的な判決と言うこともできるわけで、私もにわかには信じがたい。
ただ、3点目が主張できるだけの状況にはあるように思う。でなければ、2点目の指摘が説明できない。

実は画期的なものであり、ここは報道各社とかが怒りそうなものだけれども。
ネット上の、引用・転載などについて、新たな一石を投じるというか、池に巨大な岩をぶち込むぐらいの余波はあると思う。少なくとも、私は衝撃を受けた。

(意味を考えると、メディアにも激震が走りそうなものだけれども。)

 

※ 例えば、プロのライターがおり、その一部を転載。
寄せられたコメントをまとめた場合には、新たな「作品」として認定されるというロジック、その可能性。漫画に例えれば、二次創作がどうこうをすっ飛ばして、オリジナル作品を一部転載して新しい作品を作っても「新しい作品だよ!」というぐらいの話だと思うが、どうなのだろう。

でなければ、まとめだけを裁くことは無理ではないだろうか。
まぁ、最高裁で確定した判決なので、これも含めて「今後の前例」として述べていくべきだと思う。
・・・とうか、どうなるんだろう。

 

 

やや攻撃的な記事を公開し続けてきたBuzzFeedであるが、記事の書き方がかなりフラットになっている。
私が受けた取材の効果があるかはわからないが、この記事については好感が持てる個所も何点かある。

 

 

意地悪な書き方もしてはいるけれども、保守速報側のコメントや主張も記載している。
記載したうえで判決は否定したと結ぶのだけれども。

>”保守速報側は「李さんが論争相手に対し、侮辱的表現である『ネトウヨ』を乱発して煽り立てていた」「対立する思想の支持者全体に対する過激な批判的言動に対抗するための対抗言論」とも主張していたが、高裁判決はこれも否定した。”という具合に。

さらに、その主張がなぜ否定されたかもフラットに紹介。
>”言論の応酬の法理が適用される場面は、自己の正当な利益を擁護するためやむを得ず他人の名誉を毀損するような言動をした場合である。”(ブロックアウトされているため、判決からの引用と思われる。)

>”そのために「言論の応酬の法理」は適用されないとし、「仮にこの点をおくとしても」としたうえで、「その内容において適当と認められる限度を超えている」と指摘した。”
この書き方であれば、Buzzfeedは明らかに片側に肩入れしてきた経緯があることを踏まえれば、【かなりフラットな記事】と評価すべきだろう。

 

今回に関しては、見事なものと感じたのは末尾の個所。

記者の主観や勝訴した側ではなく、敗訴が確定した保守速報側のコメントで結んでいる。本当に悪質な印象操作の記事であれば、最後の結論部分が「批判を呼びそうだ」とか「批判が高まっている」などの言い回しで記者の主観で煽るもの。

結論部分では、私も登場しているので紹介したい。

>こうした判決と共に、サイトに掲載されていた広告の出稿主へ通報する「広告剥がし」の動きも広まった。広告は無くなり、保守速報は収入源を失った。

>現在は福岡県行橋市の小坪慎也市議らの支援により「保守基金」というECサイトが立ち上がり、旭日模様の「保守速報しおり(A)旭日桜」(1,000円)や国史研究家の小名木善行氏の講演依頼が30万円で販売されている。

>最高裁判決を受け、保守速報側は以下のようなコメントを掲載した。

>「最高裁で上告が棄却され敗訴となりました。今まで応援してくださった読者の皆様ありがとうございました。保守速報は続けていきます。今後ともよろしくお願いいたします」

 

 

あと、評価ポイントは「速さ」である。

保守速報が、敗訴確定のコメントを発してのち、この記事を投稿するまでの速度。
ある程度は記事を用意していたのだろうけれども、速い。(講師派遣の価格が違うため、以前から準備していたのだろうとは思う。)
保守速報の投稿が12:39である。これに対して、BuzzFeedの記事公開は14:10。僅か80分での記事であり、この速度は驚嘆に値する。

敵ながらと前置きすべきなのだろうが、あっぱれと言いたい。
これは当該記事が署名記事で掲載されてきたことも影響するのだろうけれど、たいしたものだと思う。私は、ここまで事象をフラットにとらえた記事を書く能力はないし(実際に訓練しないと見につかないスキル)、かつこの速度となると、ある程度の準備をしていたとしても難しい。
(政策論文や意見書・決議などであれば、私のかなりの速さだとは思うけれど。)

 

 

ここまで褒めちぎったのには、ちょっとだけ理由もある。
私が本稿で主張していた個所と、着眼点が同じだから、というもの。

記事のタイトルは、「保守速報の敗訴、最高裁で確定。在日女性への差別を認定、「まとめサイト」の新たな判例に」である。

そして、その見出しは【高裁判決は、まとめ行為が「2ちゃんねると独立した別個の表現行為」としていた。】だ。
実は、この部分は、先般の取材でも掘り下げて議論していた部分なのです。

 

判決に書いていたものですから、私が指摘したからとは言わないが、
この記事を書いた記者もこの点には注目していたのだろう。

 

正直に言えば、私はこの部分だけは書き直して、新たに最高裁の判決を出すのでは?と思っていた。ヘイトうんぬんとか、名誉棄損がうんぬんとか、(タイトルにある、在日女性うんぬんも含め)、政治も越えイデオロギーを越えた部分で、影響が大きすぎる。

【高裁判決は、まとめ行為が「2ちゃんねると独立した別個の表現行為」としていた。】
この判決の、ちょっとまずいなと思う点は、ここに尽きると思う。
どういう影響が出て行くのだろう。

 

 

 

本エントリも、当該メディアと同様に保守速報のコメントで締めよう。

【最高裁】保守速報の上告棄却 敗訴

 

管理人です。

最高裁で上告が棄却され敗訴となりました。

今まで応援してくださった読者の皆様ありがとうございました。

保守速報は続けていきます。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

状況を簡潔に伝え、かつ感謝の思いを述べる。
最後に今後の動きについて言及。

極めて短く、要領を得た文章だ。
この文章は、意外に書けそうで書けないもの。

 

 

 

ご支援いただける方は、よろしくお願いします。

 

 

 

 

少し業務連絡になります。

新作品のヤタガラスについては、印刷用のデータの確認を終えたところです。
今後の作品については、公募を行うなどを定期的にやっていくべきではないかと考えています。

カード決済による継続支援については、システムの設計中です。もともと機能として付与する予定で作成しているので、技術的には可能です。年内には開始できれば、と思います。
併せてamazonPAYなどの決済方法も導入予定です。

ごめんなさいという話もあります。
個人情報の取り違えこそないものの、事故はありました。商品数を誤ってしまったり、錦鯉を発送すべきところ旭日桜を送ってしまったり。いまは2点で運用しており、ミスが発生しそうな個所については洗い出しが終わってきたので、やっと3点目の栞という状況です。

その際には、押し紙の栞であったり、もえじあじあの栞、また笑韓さんのところなど、一気に複数展開を考えています。意外に思うかも知れませんが、発送業務の確立は、簡単ではありません。個人情報を扱う以上、事故ゼロを目指すのは当然のことです。それでも起きるときは起きてしまうゆえ、業務フローの確立を最優先で動いています。

個人献金を頂いた皆様へ。
県知事選から保守基金の構築と、また複数の原稿の執筆も重なりお頼りが出せていません。毎月、領収書とともに簡単な活動報告(月によっては超長文)を行っておりましたが、遅延しております。年内には発送させて頂きますが、同時複数での発送は、事故・取り違えの危険性が高く、完全に分割して作業をしているため遅れてしまいました。
法的には毎月発行するものではないとは言え、継続して行ってきたことなので、本当に申し訳なく思います。ごめんなさい。

 

 

ここ数日、ちょっとやさぐれておりました。

ですが、そうも言ってられないようなので、ちょっと気を取りなおして、やれることをやっていきます。
よくよく考えると抱えている政策テーマが本当に多くて(多すぎて)、私も日本のためにやれることはいっぱいあるな、と思い返した次第です。

 

 

 

 

これは、単に保守速報だけの問題ではない。

 

ネットと発信活動、

 

保守vs左翼という軸だけでもない。

 

もっと大きな、そしてこれからの言論という意味からも

 

私たちは、いま声をあげていくべきだと思います。

 

言論弾圧については、絶対に許されるものではない。

 

保守速報を応援する方は、拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

54 Responses to 保守速報、最高裁にて敗訴確定【言論弾圧に抗議する人はシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    保守速報、最高裁にて敗訴確定【言論弾圧に抗議する人はシェア】 (OGP画像)       ↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓ ↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓ バナーが … 続き

  2. 西郷 のコメント:

    やはり我が国の司法はおかしい…左翼には甘く、我々保守には厳しい…同じ事をやっても、左翼、在日にはお咎め無し。我々は罪に問われる…法の下の平等が無い!
    許せぬ。

  3. サービサーの中の人 のコメント:

    保守速報の件は、個人に対する名誉毀損なので致し方ないな、と。
    裁判所は、訴えの事実のみを審理するのだと思います、名誉毀損なら名誉毀損で。
    (原告が、批判や嘲笑の原因となった行為等は、その訴えに関係しない、当事者間にその事が関係しない為。)

    まとめサイトにおいては、特に時事ネタや政治ネタ等、元スレのタイトルを改竄し読む者を呼び込む事をしております(所謂スレタイ詐欺)。
    で、あるから一次ソースや元スレコメントと【独立している】と、判断されたのだろうと思いました。

    まぁ、当該記事の読者コメントを全て読みましたが(1500over)、荒れておりましたな。
    栞にしろ、管理人にしろ否定的な意見も。(敵対勢力ではない)

  4. サービサーの中の人 のコメント:

    裁判繋がりで、動いて欲しい事があります。

    当方、『?べき』はあまり使いたくないと心得ておりますが、皆様御存知の様に『不当懲戒訴訟』が刻々と進行しております。
    今の所は、LAZAK(在日韓国人弁護士協会)所属の弁護士数件と、神原.小倉一件づつですが、12/25には佐々木.北その後嶋崎とたて続きに数十人の被告に対しての裁判が始まります。

    そこで、貴方に対して『?べき』と言います。
    『早い段階で、余命氏と連絡を取り表に出すべきである。』、と。
    政治家として、余命氏を【表に出るべきではない】と隠しました。

    今現在どうなってますか?
    説明不足で『選定当事者代理人』なる造語を使い、お金を集めたが出ているのは被告本人。
    しかも、答弁書は送られてくるが『資格を持った者』とかなんとかと、非弁疑惑が掛かったシロモノ。
    確かに貴方は、被告には直接関われませんが知り合いの弁護士を紹介するべきだと言いたい。

    貴方のblog記事に、余命氏及び懲戒請求関連記事多数出しておりますね?
    日弁連とナンチャラ戦闘とか、国会議員に弁護士の問題等言われましたね?

    しかし、何の事はない。
    今現在裁判まっしぐら状態です。
    因みに、貴方の読者も該当懲戒請求を出しておりますね?
    そして、余命クラスタなる読者層もです。

    一番怪しからんと感じたのは、貴方が意図を持って余命氏を表に出さなかった【隠した】のであり、そうした結果懲戒請求者に過度な期待を持たせて謝罪の機会(和解とは言わない)を失わせてしまった、結果今の状態です。
    実際に関連を調べてみたら相当不利で有る事が判ります。
    法律(懲戒請求)で殴って、法律で(損害賠償)殴り返されてます。
    懲戒請求を委任して出してしまった方は【次は自分の番だ……】と、なるでしょうね。

    もし、貴方が選挙の票集めの為に余命氏を擁護したのなら大変残念であり迷惑な事です。

    ソースは全て貴方の長文blog記事にあります。
    仮に削除修正しても、当方は関連記事は全て保存しております。

    下手に余命氏を庇いだてしたら貴方の政治家生命に危機が訪れるかも知れませんよ?
    実際に、紙面インタビューやネットインタビューで記録が残っており、仮に刑事事件化してしまったら何らかの事態になるかも知れない。

    【今からでも遅くはありません、余命氏を表に出すべきであり本当の事を言ってもらいたい。
    貴方がすべき事はこの事と、界隈に強い影響を持った政治家なら一刻も早く国会議員でも何でも使ってこれ以上訴訟が増えるのを止めるべきであると言わせて頂きます。】

    以上

  5. まりちゃん のコメント:

    どこの国の裁判かと思いましたワ。
    裁判官は恐い! アタリモノみたい。←コレは個人的感想です あぁヤダヤダ

    ((@_@)));;;ガクブル

  6. 小坪さん、毎日ありがとうございます。
    この判決、やっぱりがっかりですねー。
    なんでまとめサイトが、ですけど、ポイントを絞って論点を一つにされたら、
    負けてしもたということでしょうか。
    腹立たしいけど、判決は出てしもた、といことですね。
    まだまだ日本人、負け続けてるやんか。
    ちょっと隊列を組み直さなあきませんね。

  7. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    まとめサイトの賠償責任確定=「保守速報」上告退ける?最高裁:時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121200688&g=soc

    最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は11日付で、運営者の上告を退ける決定をした。

     
    最高裁判事就任の宮崎裕子氏「旧姓を最高裁でも使う」 – 産経ニュース (2018/01/09付)
    https://www.sankei.com/affairs/news/180109/afr1801090025-n1.html

    「人それぞれなので、選択的夫婦別姓であれば問題ないと思う」とした上で、「価値観が多様化する中で可能な限り選択肢を用意することが重要なのではないかと思う」と話した。

     
    本件の裁判長宮崎裕子氏は、長島・大野・常松法律事務所のパートナー弁護士だった様ですね。
    上記の報道を見て、色々と感じ取られる方もいらっしゃる事でしょう。

    取り敢えずは、最高裁判事ですから国民審査対象です。
    今迄パッとし無かった国民審査も、少しは目を向けられるかも知れませんね。
     
     
    パヨクの皆様は、嘸かしお喜びの事でしょう。
    然し乍ら、本当に喜んで良いのかは不明かも知れません。
    単なる引用と転載の寄せ集めと言う扱いであれば、責任を問えない代わりに根拠性も有し無いと言う状況を維持出来た筈ですが、ここに責任を持込むとその価値は格段に上がってしまうのです。

    関西生コンや辻元清美大々々先生などが「セメントいてー!」と言うマトメ記事も、単なる引用と転載の寄せ集めでは無い場合、その信憑性が上がってしまう訳でです。

    現状は殆どの保守層からすればモヤモヤしたものでしょうし、ここ暫くも保守層がスッキリ爽快になる展開は無いでしょう。
    その一方で今回の棄却判断は、韓国大法院の徴用工裁判と同じ道を辿るのではないかと予感する方も居る事でしょう。

    この判例は良くも悪くも、今後のアピール次第でどっちに転ぶかを選択出来る可能性があります。
    保守層にとっては、踏ん張り所の一つである事には違い無いでしょう。

  8. k のコメント:

    kです。司法書士を勉強しております。

    分野は、会社法・憲法・刑法・民法(総則/物権/債権/親族相続)・不動産登記法
    ・商業登記法・民事訴訟法・民執/民保/供託/司法書士法です。

    それについて思ったのは、判例を重ねることで、頭がおかしい裁判官があぶり出される
    のではないかと思います。だって、判例を重ねると論理破綻を起こしてきますから。

    私の意見として述べるのですが、全ての基本は「民法」ではないかと思っています。

    例えば、民法について親が死んでしまう時、親は子供の親権の指名を遺言によって
    行いますが、それらのことは「子供の保護」を全体的な趣旨として法律・判例化
    していきます。子供を守るということは、その地域を守ることであり、地域を守る
    ということは、社会を守ることであり、社会を守るということは、「国家」を守る
    ということなんですね。

    それでは、言論の自由を守るとはどういうことか? 私の法律判断によれば、

    「世の中の危険の予兆を察知して避難するために必要な試験管」

    ということなんですね。だからこそ、言論の自由は守らなければならない。右も左も、
    親日も反日も、互いに言論の自由を制限してはならないということなんですね。

    だから、今回の判例は、反日が親日の言論を制限してしまったということで、憲法違反
    だけではなく、日本社会・日本国家を共に守っていく国民であるという「趣旨」という
    意味で、国家に対する違反行為なんですね。

    民法に立ち返ると、いろいろなことが見えてきます。会社法・不動産登記法・商業登記法
    だけを見ていたのでは、何のために、誰のために、法律を作っているのか見えてきません。
    世の中は株主や、経営者や、金持ちのためにあるのではありません。ましてや財務省職員、
    一人二人の政治家だけのためにあるのではありません。そしてまさか在日、反日のために
    あるのではありません。

    日本国民のために、あるんですね。そのために、一度「民法」に立ち返ると、物事が分かり
    やすくなります。民法は外国にもありますからね。一度おさらいしておきましょう。

  9. 嫌特亜・気狂左翼 のコメント:

    それでも保守速報を支持するし、支持する人たちは減る事は無い。
    李信恵やしばき隊らのゴミ共の活動とそれを支援する組織、施設に対して今後は物理的な対応も辞さない。
    連中のヘイトにはそれ以上の憎悪、血を流す事も覚悟してもらおうか。

    • Augusta のコメント:

      言ってることが極左過激派そのものですね。

      今回の判決の影響範囲がどの程度かは分かりませんが、コメント管理もまた、サイト管理者の責任という点は確定です。上記のような危険なコメントは対処願います。

  10. じた のコメント:

    つまり、第三者が確認できる事実を元に、それに対する感想や解説をまとめた物は、転載元が新聞であれTVであれ個人のツイッターであれ、まとめるという独自の作業を経て著作権を有する、という事ですね。
    そうでなければ、判決が成り立たない。

    つまり、今まで時々あった「転載するな!」が言えなくなった。

    韓国内の記事を紹介した産経新聞だけが訴えられた韓国での裁判と同じ構図だけど、向こうさん、やった!つもりが、やっちゃった…んじゃないの?

    とはいえ、体力の違いを利用して潰すのが目的なので、対応が必要ですね。

    北朝鮮だけでなく韓国までが日本にミサイル打って来たことだし、腹決めて法整備などの対応をお願いします、先生方。

  11. NW のコメント:

    これは最早ただの裁判判決ではない。彼女はマイノリティーの差別が認められたと喜んでいるが大きな疑問符を付けたい。戦前戦後、朝鮮半島から蜜入国した不法滞在者の発送準備を日本国政府にお願いしたい。これは差別ではなく犯罪だから。大東亜戦争の戦前戦後、数々の朝鮮人による犯罪は時を経ても忘れてはならない。現在もお面を被って悪さをしている。彼らは日本国に滞在する資格はあるのか?人道的に面倒を見てきたのが今日の災いをもたらしている。          朝鮮高級学校無償化裁判ではまともな判決が高等裁判所までは出ているのが救いではあるが、金正恩は朝鮮総連に思想教育活動注力を指示、総連第24回全体大会祝賀文「朝鮮総連は各組織内にチュチェ思想体系、指導体系を確立し、団結し、思想教育活動に引き続き主力を注ぎ、活動家と同胞で勝利を切り開いていくべきだ。」
    テロ指定国家に好き放題やられているが拉致被害者奪還のために慎重にならざるを得ない。
                                                また朝鮮学校補助金は国においては実施してないが未だ一部の自治体では支給されている。  【ちなみに補助金停止は、茨城、栃木、埼玉、群馬、千葉、東京、神奈川、新潟、福井、三重、大阪、和歌山、岡山、広島】                               【支給してる県は北海道、長野、静岡、愛知、京都、兵庫、神戸、福岡】          【不明は宮城、福島、岐阜、滋賀、山口、愛媛】 
                                                民団の 呂 健二 団長は公明党の山口那津男代表宛に在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の地方自治体選挙権の付与を求める要望書を提出する始末。                 すでに永住している外国人に対して、出入国在留管理庁で厳重な管理を徹底してもらいたい。半島からの難民阻止は犯罪率からいっても当然です。 やはり今回の労働者受け入れはどの国から入れるかはすごく重要ですね。いまにも日韓断交になりそうなので半島からの受け入れは少ないに越したことはない。中国からもファーウェイやZTEなど産業スパイも考慮しなければならない。スパイ防止法の制定も必要ですね。大至急熟慮の上、改正入管難民法と健康保険法の抜け穴を塞いでほしい。改正水道法、漁業法もうまくいくことを願うばかりです。

  12. 波那 のコメント:

    差別ビジネスの勝利ですか?

    ところで、みずきさんのブログ記事の韓国人のコメント欄に出ていた韓国人のコメントです。

    ・在日同胞は韓国に帰ってこい。
    韓国は人口減少しているので韓国に帰ってくればいい。みんな戻ってきて、激しく韓日戦争しましょう。
    共感5非共感0

    ・他国で卑屈に生きず、懐かしい祖国に帰ってこい。
    韓国戦争で国が困難なとき、大量に日本に避難した。
    難民として受け入れてくれた国が日本なので、悪いことも言えないのだろう。
    嫌韓団体の主張を見ても、在日の帰国に反対しない。日本の財産を持って帰国しろ。日本から一日も早く祖国に帰国して、お互いきれいに韓日国交断絶をしよう。
    祖国の経済が難しいので、もう帰国して、兵役義務も終えて、国の発展に貢献しなさい。
    共感3非共感0

    在日の人達は日本に居続ける為には被害者であると言い続けてなければ日本に存在する法的根拠もありませんでした。だから、李のぶえもシンスゴも強制連行されたから日本に来た、だから仕方なく住むことになったと言い続けていました。最近ではもうその嘘は日本人に通用しなくなりました。本国の韓国人も勿論良く知ってますよ。在日は朝鮮戦争中に国を逃げ出し日本に密入国で不法入国して来た密航難民の居座りです。日本が移民として受け入れたわけでもないので日本に在日を置いてやる理由も義務も元々無かったのに韓国政府が引き取りを拒否したから置いてやるしかなかった日本。どちらの方が被害者でしょうか?

    そろそろ、日本人はもっと知るべきです。戦後の混乱の中、不法占拠で乗っ取られた土地は全国各地の駅前のパチンコ屋の土地だけではないことを。俺達は戦勝国民だと全国各地でテロを起こした朝鮮進駐軍が日本人の土地を奪い、命を奪い、婦女子を蹂躙して日本人を恐怖に陥れていたことを。そんな犯罪者も日本名を名乗って日本で暮らし続けてきたことです。

  13. araigumanooyaji のコメント:

    “漫画に例えれば、二次創作がどうこうをすっ飛ばして、オリジナル作品を一部転載して新しい作品を作っても「新しい作品だよ!」というぐらいの話だと思うが、どうなのだろう。 でなければ、まとめだけを裁くことは

  14. ミカンの実 のコメント:

    今日は私が経験したことを書きますね。自分が小学生だった頃の話です。同級生の中で、女の子で貧乏で、勉強もできなくて、性格も良くない子がいました。当然クラスのみんなからは嫌われますがイジメに遭うということはなかったように思います。彼女の事情を知ったのはだいぶ後のことで、母親が朝鮮人に無理やりレイプされてできた子だそうで、それをきっかけに無理やり結婚させられたようですね。お母さんは一生懸命当時パートなどで生計を立てていたようですが、父親の方は刑務所を行ったり来たりだったようです。離婚したくても応じてもらえず、親戚は恥じて母親と子供を助けることは当然しません。中学校まで一緒の学校でしたがその後のことは知りません。
    どういう事情があったのか解りませんが、母親の方に日本の近代史現代史の本当の歴史をきちんと知っていたら、レイプされたことを隠そうとしないで警察に訴えて子供も中絶したと思いますが、残念ながら戦後すぐに生まれた世代は、そういう日本国の悲しくて辛いことを教えてもらっていません。戦争中に生まれた人たちも知りません。だってまだ赤ちゃんだったのですから。私の母も「そういうことがあったなんて知らなかった。」と言っています。もう70歳を過ぎましたが。
    李信恵さんですが、彼女は雑誌などの対談かネット上でか忘れましたが、風俗でSMの女王様をして働いていたそうです。その当時小さな子供もいたそうで、彼女自身「風俗で働いていたことは全然恥ずかしくない。」と断言されていました。そういう人なので、とても強い方だと思います。差別であろうがなんであろうと、自分が食べていくためにはどんなことでもできる人ですね。バイタリティ半端ないです。そういう人たちと対峙して戦っていくということは、こちらもなりふり構わず法律ギリギリのところで、恥も外聞もなくやっていく覚悟が必要ですね。
    それから、私たちのように、本当の日本の悲しくて辛い事実を知ったのなら、怒るだけでなくしっかりと知らない人や我が子に伝えていかなければいけません。法律ができるのは時間がかかかりますが、事実を知るのはインターネットですぐにできます。
    オレオレ詐欺などの被害にあったお年寄りの方で、その後家族親戚からバカにされほっとかれてしまって厄介者扱いになっている人がいるのを私は知っています。親族ですからバカにしたり怒ったりしてもいいのでしょうけど、本当に悪いのは詐欺を働いた犯罪者です。自分の被害にあった親族を馬鹿にする暇があるのなら、しっかりと事実を調べて、自分自身と子供を守れ!と声を大にして言いたい。知識を得ること、事実を知ることは、宝を守ることと一緒です。

  15. 無骨 のコメント:

    小坪先生、気を取り戻されたようですね(嬉)
    いざ!参りましょう。

  16. 神無月 のコメント:

    上告棄却とは最高裁が世論の扱いが難しいと判断して逃げたのでしょう。火中の栗を拾わない事にしたのではないのですか?

    香山リカ氏らの日本人に対するヘイトの常態が無視された高裁の判決は、司法の汚鮮の深刻さを伺えます。

    ただ、コメントにも感情的な書き込みのレベルから理性的なレベルへの昇華は必要でしょう。その点では一つの学びの切っ掛けと思います。

    駆逐艦の整備が終わりましたら、ヤマト艦隊の護衛を宜しくお願い致します。
    .

    • 神無月 のコメント:

      ヘイトなコメントを書き込む方は、あちら側の保守成りすましの可能性が高いので、まとめへの引用は要注意です。

  17. あかうお のコメント:

    この敗訴は、敵が個人に対する精神的苦痛に的を絞った事が要因でしょうか。
    沖縄パヨクの黒幕としての記事が批判の対象だったと思いますが
    その真偽を争うものでは無かった。
    他の胡散臭い話も出てきて、何だこの人物は!やっぱり朝鮮人だ!となって
    しまうのは、匿名掲示板及び保守系まとめサイトでは当然の流れ。
    そこを焦点にされては厳しかった…。
    この裁判結果が今後どう影響していくのか分かりませんが、
    格好の言論封殺成功例となりませんように。

  18. 主婦です のコメント:

    今回の事は、非常に残念ではありますが、元ネタには罪を問わずに編集者に悪意があったとして罪に問うのであれば・・・。
    大手マスコミの「コメントの(勝手な)編集」「(都合の悪い事の)報道しない自由」「発言者の意図と異なる見出し、タイトル」なども有罪になる可能性が見えてきたって事ですかね?
    保守速報よりもたくさんの人が見てるマスコミは「公人は別で、批判されるが当然」で逃げ切れるのでしょうか?
    これからはテレビ・新聞・雑誌等々、お仕事の内容がより難しくなりすね。
    ちょっと考えただけでも数社思い浮かぶのですか(笑)

  19. 神奈川の若造 のコメント:

    自分無知なので法律はよくわからないのですが、
    まとめサイトは転載元とは独立した作品であり、
    ・個人に対しての誹謗ととれるコメントは許されない
    と司法が認めたという事ですね。

    ならば、それを守ればいいわけですね。
    そして相手にもそれを守らせ、守られない場合の判例を積み重ねて行けば良いのですね。
    そして積み上がった判例に偏りが見られてアンフェアだと言うことになったら、改めてその点を司法に問えばいいわけですね。

    では、頑張って誹謗ではない「言論の自由」を成熟させて優れた言論空間を構築・拡大していきましょう。
    言った者勝ちの声闘なんぞとは違う、先進国にしか成し得ない本当の言論の自由を!

  20. 余命愛読者 のコメント:

    対日諜報の構図については弓月恵太氏が、その生々しい実態については深田萌絵氏がツィートされてますな
    余命に追い詰められている工作員のお方の悲壮なコメントが上に挙がっておりますな
    大筋で勝負あったようだが末端の鉄砲玉ほど怖いものはないな
    やられる前に・・・攻撃は最大の防御なり・・・

    • サービサーの中の人 のコメント:

      良い言葉を残して置きますね

      『日本国には、愛国無罪と云う便利な言葉は存在しない。』

      貴方が被告席に座る事がないように・・・

      • NW のコメント:

        >最後に、【言論の自由】は思想信条に囚われず守られなければ為らないのは当然ですが、【過度な言論の自由】等は認められる筈もありません。

        >貴方が被告席に座る事がないように・・・

        自分の主張だけが正しいはずもなく、これは行き過ぎた脅し発言ですよ。
        世の中知ってますみたいな高圧的な発言は止めてくださいね。
        ひょっとしたら貴方が被告席に座る事がないように・・・

        気をつけてください。【言論の自由】は思想信条に囚われず守られなければ為らないのは当然です。

        • サービサーの中の人 のコメント:

          で? 何か?

          『脅し発言』って、佐々木ツイート文コピペみたいな事を言いますね?
          余命愛読者さんが仮に出されていたらの話ですけど?

          >世の中知ってますみたいな高圧的な発言は止めてくださいね。

          そっくりそのままお返ししますね!

          ごきげんよう

  21. りちゃ のコメント:

    最高裁判所裁判官は15人しかいないんだから実質高裁がラスト。
    高裁でおかしな判決を出した裁判官を永久に語り継いでいこう。

    で、高裁の裁判官って誰??

  22. サービサーの中の人 のコメント:

    地方裁判所に置いて、裁判官及び検察官の内『トンデモ』な方々が一定数存在するのはするのですが、どちらかと云えば『あーなるほど』と、言った内容になったりもしています。

    民事裁判で云えば【双方代理人弁護士】を立てて事実関係のみを審理します。
    そこで大切なのは、被告側の答弁は慎重に慎重を重ねてせねばいけません。
    何故なら、被告に不利益が被る答弁は弁論的証拠になりますし、原告側の主張と被告側の主張に於いて当事者間での事実認定を争う為、どうしてもヘイトスピーチを絡められると被告側は不利になります。

    では、どうしてか? と、言うと過去に在特会&シバキ隊及び在日朝鮮人の一般人と川崎デモ判例があり、神原弁護士等の【身を棄ててでも勝利を取る】弁護士の存在があり、安倍政権に於いて【ヘイトスピーチ抑制法】が施行された事も関係します。

    大阪(府)市が、独自の規制条令を作りましたが各都市も【右へならえ】になるかもと危惧しています。
    ですが、国会で可決する法と区市町村議会が可決する法は違いますので其処の所は小坪議員がblogに書かれる説明が判り易いと思います。

    最後に、【言論の自由】は思想信条に囚われず守られなければ為らないのは当然ですが、【過度な言論の自由】等は認められる筈もありません。

    • のコメント:

      >【過度な言論の自由】等は認められる筈もありません。
       これは言論だけでありませんね。
       原告の方の自由はかなり認められているようですが、同じだけの自由を日本人にも認めて欲しいものです。

       それからひとつ、お尋ねしたいことがあります。
       不勉強なもので「サービサー」という言葉を初めて目にいたしました。具体的に何を指すのかご教示いただければ幸いです。

      • NW のコメント:

        >最後に、【言論の自由】は思想信条に囚われず守られなければ為らないのは当然ですが、【過度な言論の自由】等は認められる筈もありません。

        李信恵「韓国人が日本人に対して抗議するのはヘイトスピーチではなく当然のこと」(韓国人は日本人に何を言っても何をやっても許される)

        李信恵「日本て、日本人だけのものですか?!」

        李信恵「在日は国籍です!!」(私の国籍は在日です)

        李信恵 @rinda0818
        日の丸下ろせ なにも話すな とっとと帰れクソどもが!!pic.twitter.com/1f4LqC13mq

        李信恵 @rinda0818
        拉致被害者全員奪還とは名ばかりのヘイトスピーチ活動だと思ってますが、大丈夫ですか?

        李信恵 @rinda0818
        朝鮮学校は日本の、この社会の宝。

        などなど、これでは被害者芝居と言われても仕方ないですよね。
        マイノリティーはマジョリティーに対して何でもほざいて良いはずはありませんね。あとあと大問題になる予感がするのは私だけでしょうか。

        • サービサーの中の人 のコメント:

          ですから、上記のリシネ氏の発言と保守速報管理人の争いについて、【訴訟答弁上での発言でもなんでもない】のを出さないで下さいませんか?

          私はあくまでも、民事裁判の事を申しておるだけですので。

          桐さん
          サービサーとは債権回収業者の事を格好つけた言葉ですね、私は何でも屋なのですが(笑)。

          • のコメント:

             お答えいただき感謝申し上げます。勉強になりました。

             それから、私への回答ではないと存じますが、上部の文について一言述べさせてください。この裁判の発端は、リ氏の発言がネット上に記され、それがまとめサイトに載ったことによるものであるという認識でおります。
             つまり、訴訟答弁でないにしろ、背景を知るには役に立つと存じますが、いかがでしょうか。断片でなく、広く情報を得ることはより真実に近づく方法の一つかと思われるのですが…。

          • サービサーの中の人 のコメント:

            桐さん

            結局、裁判所の判断はそういう事でした…… としか私からは言えませんけど、仕方ない事ですよ。

  23. motti のコメント:

    やはり小坪先生ですね。
    ご復活おめでとうございます!

    それにしてもつくづく、ここのコメント欄は勉強になるなと思います。
    ボタンがあれば「いいね」や「同感」を秒速で連打したいぐらいです。
    又、心配しておりましたが、余命様のご無事も確認できました。

    隅から隅まで、御礼申し上げますw

  24. 花札大統領 のコメント:

    そもそもヘイトスピーチ(憎悪表現)は良くないという最近の風潮がおかしいんですよ。

    ヘイトスピーチが駄目なら、ターミネーター2で、襲ってくるT‐1000に対してシュワちゃん演じるターミネーターが「アスタラビスタ ベイビー(地獄で会おうぜ、ベイビー)」と言うのも駄目になる(笑)。ターミネーターシリーズのファンである僕にとっては、シュワちゃんのヘイトスピーチを理由にターミネーターシリーズが観れなくなると困るんですがね(笑)。

    それは冗談ですが、例えば戦前のインド人がインドを植民地支配するイギリス人に対して「イギリス人はインドから出て行け」と言ったら駄目なんですかね?これは明らかにイギリス人への憎悪の表現ですが。
    もちろん今インドに住んでいるイギリス人に対してインド人が「イギリス人はインドから出て行け」と言えば駄目でしょうが、戦前のインド人がそれを言うのは止むを得なかったと思います。

    また現在ウイグル人が中国人に対して「中国人はウイグルから出て行け」と言うのも止むを得ないヘイトスピーチでしょう。中国政府はウイグルを実質的に植民地支配し、ウイグルの文化を破壊し、100万人のウイグル人を強制収容所に収容し、彼らに拷問を加え、生きたまま臓器を抜き取り、殺害しています。中国人はウイグル人から「ウイグルから出て行け」と言われて当然の事をしているのですから、ヘイトスピーチをされて当然なのです。

    もちろん全てのヘイトスピーチが正しい訳じゃありません。戦前のドイツ人によるユダヤ人への「ユダ公を殺せ!」というヘイトスピーチや、戦前の欧米での白人による黒人への「この黒人奴隷が!」などというヘイトスピーチは駄目でしょう。
    つまり世の中には良いヘイトスピーチと悪いヘイトスピーチがあるのです。そしてその二つを分ける基準は「人道」であり「道徳」なのでしょう。
    人道に叶ったヘイトスピーチはオーケーだが、非人道的なヘイトスピーチは駄目。そのヘイトスピーチが人道に叶っているか否かは、そのへのヘイトスピーチの対象の人物の行いによる。これなら誰もが納得がいくのではないでしょうか。

    非人道的なヘイトスピーチに限らず、非人道的な行為や不道徳な行為なら何だって駄目に決まっています。非人道的な商売(脱法ドラッグ屋・武器の密売など)、不道徳なジャーナリズム(パパラッチ・フェイクニュースなど)、不道徳な教育(反日教育・朝鮮学校など)、非人道的な行為や不道徳な行為なら何だって駄目なのが分かりますよね。人は非人道的な行為や不道徳な行為は行わず、人道的で道徳的な行為を行えばいいだけなのです。

    ヘイトスピーチを悪とする考えは、おそらくヨーロッパの保守たちが主張する移民排斥に対抗するために左翼が作り出したプロパガンダなのではないでしょうか。元々無理のある考えなんですよ。
    ヨーロッパの左翼連中はヘイトスピーチは怪しからんと言いながら、「マクロンは死ね!」「エリートは死ね!」などとヘイトスピーチを行い、破壊行為や略奪行為などをしてるから訳が分からない(笑)。
    皆さん、左翼のプロパガンダに騙されないようにしましょう。

  25. スカイハイ555 のコメント:

    ざまみろwwwwww

  26. 今回は匿名でお願いします。 のコメント:

    返信ボタンは押したくないので。
    今回の裁判に便乗して余命さん叩きをしている人がいますが、あなたが書いている事は私の知る事実と異なる部分があります。真実に嘘を混ぜるのは卑怯ですね。
    またブログ更新が無いのはとてもお忙しいからです。
    揺さぶっても落ちてこない果実を待つのは虚しくないですか?

    小坪さん
    献金の領収証は急ぎません。と言いますか無理をして仕事をしないで下さい。

    • サービサーの中の人 のコメント:

      >今回の裁判に便乗して余命さん叩きをしている人がいますが、あなたが書いている事は私の知る事実と異なる部分があります。真実に嘘を混ぜるのは卑怯ですね。

      具体的に『何処に嘘を混ぜているか』『貴方の知る事実とは何か』を書いてくれませんか?

      もし、私が嘘をついてたのなら謝罪もしますよ?
      それとも、貴方が知る事実とは余命氏から直接聞いたとか? 、ネット情報とか?
      この件に関しては、小坪さんも余命氏と接触していますので、話半分以下しか説得力ないですよ?

      私は小坪さんを貶めるつもりはないけど、『否』には『否』と言いたいだけです。

      • 匿名 のコメント:

        これだけの粘着質をみせるということは弁護士のプライドに賭けて素人には負けられないということかな?でもねここは法廷じゃないんだよ。だからやり方、考え方はひとそれぞれだよ。裁判結果に花が咲いて井戸端会議してもいいじゃないか。あなたが直接被害を被ってないならそんなに慌てないで事態を見守りなさい。

        • サービサーの中の人 のコメント:

          文句を言うなら余命愛読者さんに言いなさい、私の事を工作員認定してたのだから。

  27. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    うーむ、元ソースをすっ飛ばして新しい作品である、と。
    端的に言うと司法は時代について行けてないのだと思いますね。
    もっともっと大きな問題になった時、司法は重大な判断を迫られる
    事になると思う。誰がその役回りをする羽目になるのでしょうね。
    みんな逃げ回るのかもしれませんが。

  28. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    オールドメディアに依存しているヤンキーや高齢者などはこういった
    報道されないことに対して無頓着かも知れないがこの判決に対して
    いえることは反日無罪ならぬ反ヘイト無罪がまかり通ってしまった
    かのように思えてしまう。

    かの国を非難しただけでヘイト認定されて銃殺されてもおかしくない
    ことにすらなりかねない状況に対してもうやだ、としか云えません。

  29. 反日工作員を落選させたい高槻市民 のコメント:

    保守速報を始め、今後保守系サイトの運営が停止することのないよう、微力ながらグッズ購入で恩返ししたいと思います。

  30. animax のコメント:

    最高裁の判断が誤っているのなら、それは法体系に不備があるということです。
    なので、立法の方で最高裁で判断を誤らないような法律へと整備する必要があります。
    NHKの受信料徴収時効無いとかの狂った判断をした最高裁の判定もしかりです。

  31. 菅人 のコメント:

    ん・・・?
    転載者が裁かれて、元ネタの書き込みの人が裁かれない・・・
    これは別に問題ないのでは?

    誰を訴えるかの権利は、被害者にある訳ですし。

    後はまとめサイトの管理人が、求償権かなんか使って、
    元ネタの人の分まで自分が負担した、ある程度補填しろとか言うしかない?

    複数の人に賠償金が発生した場合とか、
    1人だけから全額取り立てても問題ないですよね。

    後は、求償権使って加害者側で調整しろって感じで。
    問題ないのでは???

  32. 宮崎マンゴー のコメント:

    小坪議員様、いつもお疲れ様でございます。
    ありがとうございます。

    保守速報様には、日本人の声が、叫びが集まっております。
    皆の正義がマグマとなって、日本を護り取り戻す為、日本を戒める三愚国愚民へ終止符を討つ為、いまや爆発寸前かと存じます。

    公平な裁判だったのでしょうか?

    保守速報の管理人様、集われる愛国の皆様、
    まだまだ全てが終わった訳ではありません。
    立ち塞ぐ壁は、高いかもしれません…
    けれど、これ迄培った正義の年月は壁如きで
    消されはしないでしょう。皆の微力が結集することにより、必ず乗り越えられると存じます。この日本という神の国は、愛国の民を御見捨てにはならないでしょう。
    力強い復活!日本再生! 祈

  33. うかた のコメント:

    漫画の内容の一部を紹介しているサイトがあったら元の漫画とは独立した別の内容が載っているていうことになったりするのか。なんかすごい違和感がある

  34. うたか のコメント:

    2ちゃんねると独立した別個の表現行為があるなら
    2ちゃんねると独立していない類似している表現行為も考えてみましょう
    なんか下の方が2ちゃんねるまとめサイトとそっくりになりそうな気がします
    上は2ちゃんねると似ていないサイトになりそうな気がします

    • うたか のコメント:

      >本件各ブログ記事は、控訴人が一定の意図に基づき新たに作成した一本一本の記事(文書)であり、引用元の2ちゃんねるのスレッド等からは独立した別個の表現行為である。
      >素材は2ちゃんねるにあるとしても、情報の質、性格は変わっている
      独立した別個の表現行為を隠して内容を隠した部分を知らないと考えて予想しよう
      かなり違っている文書とか全く似ていない文書になりそう
      新たに作成した文書という条件を満たすには全く似ていない文書じゃないとダメそう

      2ちゃんねるのスレッド等からは独立していない類似した表現行為となるサイトはどんなサイトだろう
      2ちゃんねるをパクったみたいなサイトだね、それって2ちゃんねるまとめサイトでは?

      内容が完全に違っているのなら著作権も別々になり、新たな文書の作成も成立する
      元の2ちゃんねるの評価も必要ない

      そっくりな物の似てない要素を指摘すれば全く似ていないということにできるのか
      盗作に悪用できそう

      2ちゃんねるまとめサイトと2ちゃんねるまとめサイトを訴えるための資料
      2ちゃんねるまとめサイトとこの裁判の判決文の内容
      これらは独立した別個の表現行為の条件を満たすのかも気になる

      そっくりな物なんて存在しなくなりそう

      素人の意見なんで参考になるかも程度で

    • うたか のコメント:

      ふとこれ著作権法違反とかの判例違反になるのでは?

      著作権法違反の判例だと比較をちゃんとしてるな
      この裁判は何故やり方が違うんだろう?

      • うたか のコメント:

        新たに作成した文書って著作権法の創作性を満たす必要があるのでは
        イラストの著作権侵害にならなかった判例を見ると
        知らなくてもそっくりなイラストを書けるかどうかみたいだ
        新聞は知らなくても素材だけでそっくりなものを作るのは困難
        2ちゃんねるまとめサイトは知らなくても素材だけでそっくりなものを作るのは難しくはない

    • うたか のコメント:

      ふとこの裁判は対象が改ざんされた文書だったらぴったりな内容になるな
      改ざんされていれば内容が大きく違ってもおかしくないし
      著作権が異なっても普通だ
      情報の質、性格も変わる
      なんで対象がそっくりになるように作った文書なんだろうか

  35. 公明正大 のコメント:

    最近の最高裁は異常だと思っています。例えば民法に規定する「契約」は、「一定の法律的効果を生じさせる為、相対する双方の合意に基づき、法律的効果を生じさせることをいう。」とされているのに、「契約」を謳い文句に、まるで縄張り内の企業、飲食店等に対し極道組員が、脅してオシボリ、貸し鉢植え等のリース料金を「契約した」と称する暴力団対策法の上部暴力組織のように保護し、守っているようなNHK判決。放送法64条の強制的脅しで「契約するものとする。」と。はぁ?、それを契約と言うか?。訳の分からない田舎出のトッツアン議員達が、NHKの便宜供与に騙され、こんな無茶苦茶な法律を作ったなら、こんな悪質商法推奨法のようなものは違憲立法審査権で蹴散らすのが仕事じゃないのか?。司法も利益でも受けている?、それとも退官後にお約束が?。と勘繰りたくもなる。
    偏向報道のNHKの「ジャパンデビュー、アジアの一党国」判決で、自分は台湾の友を失った。
    司法は左翼の為に機能しているように思えてならない。裁判官身分で反天連という天皇制反対組織で講話をしている動画があるのに、それを無視して「本人は認めていない。」と互助の精神を発揮する。都合の良い「自由心証主義」で、懲戒の判断に動画の証拠の不採用。いい加減にしてくれよ。
    左翼の言動は守り、ニュートル、あはいは右側の言論は封殺する。三権のひとつ司法から民意が離れるよ。

嫌特亜・気狂左翼 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください