移民反対、その上で感じること。改憲とのバーターの疑惑


 

 

 

(OGP画像)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

私は、移民に反対だ。ここは明確に宣言しておく。
これは単純労働者を受け入れることや、特定の派遣会社が収益化することも含め、である。
みなまで言うまでもないだろう。特にこのBlogの読者層を考えれば。

翻って、地方の疲弊は凄まじい。
消滅するリスクに晒されつつ、一縷の希望をそこに求める行政の長だって存在する。
これを売国奴と叩くことも間違えていると思うが、このチャレンジは「ほぼ失敗」している現実は強く訴えたい。

とは言え、明日をも知れぬ身においては、
それが毒だと知りつつも、目の前の飯に手を付ける気持ちはわからなくはない。
首長となれば、将来的な税収に対しても責任を負うわけで、問題点を指摘するだけの立法側の人間(議員)とは、根本的な考え方だって違う。
その上で、海外の事例も含め「移民は失敗」しているのが現実だ。上手く行くわけもないし、地獄のような事例が多数あるわけだ。

繰り返し書いておくが、私は移民に反対だ。
その上で、上記の危機感を抱く者がいることも事実として認識し(その上で反対する。)、
ゆえに、我が国が我が国独自でやっていけるという未来を、政策として立案できねば、ただ単に反対というわけにもいかないのだろう。

私の場合は政治家であり、「あれも反対」「これも反対」では済まない。
では、どうするのか、という部分。
地方行政の未来は、見えない。

最後のチャンスは、就職氷河期(まさに私の世代)が、まだ若者と呼ばれた時代だったのだと思う。

 

 

 

改憲とのバーターの疑い
国は、そこまで馬鹿なのか、という話だ。
疲弊し、方法がなくて手を伸ばす地方自治体とはわけが違う。

ここで言う「国」とは、政権与党たる自民党と言ってもいいし、官邸(安倍政権)と言ってもいい。
分けて書いたのは、三権分立において分野が異なるため。

官邸とは行政機関であるし、政党は立法権に属すると言う認識。
上記で書いたマイナスの結果などは、流石に両者とも深く理解しているかと思う。

 

国は、愚かではない。
ここで言う国が、どちらでも構わない。

だが、愚かではないはずの存在が、どう見ても愚かとしか言えない舵を切ったのはなぜか。
その「なぜか」を考えたとき、私には改憲という言葉が脳裏に浮かんだ。

 

経団連は、強力だ。
保守だけでは、改憲には勝てまい。

メディアの攻勢も強力であり、私たちは押しきれているとは言い難い。
「本来は別の者たち(政治家)などがやる”べき”」という思いが、かつての私にもあった。
ゆえに、この道を目指したわけだが、政治家だけがやるのではなく、『国民それぞれ』がやらねば勝てない規模である。

政治家だけがやっても是正は不可能であるし、やろうとした政治家は多数いるけれども、そのほとんどは討ち取られている実態がある。

 

「単純労働という移民」が、経団連との、【改憲のバーター】に思えて仕方ないわけだ、私は。
彼らはただでは動かない。政治とは、等価交換。嫌になる現実だが、この世界のルールでもあるのだろう。

 

 

 

負担は、国民。そして地方に。
福祉予算の多くは、単に国だけでの制度ではない。

受け入れたのち、結局のところ福祉予算という形で支出を求められるのは、なんだかんだで地方なのだろう。
たまったものではない、と思う。

そしてそれは、地方税という形でも、その地に住む者に降りかかってくる。

 

一時的には、”企業だけ”は、安価な人件費として活用することができるのだろう、
瞬間的には収益も向上するのだろう、だが。。。

安価な人件費の背景には、税に支えられた社会保障制度がある。
その全てを停止しろ!と、私人ならば自由に発言できるのだろうけれども、
現行法を鑑みるに、彼らにだけ制度を適用しないというロジックは、非常に難しい。
残念ながら、現実だ。

 

ゆえに、企業は「単純労働の移民」を推進するのだと思う。

社会保障は、私を含む国民が負担させられ、特に地方の財源はひどいことになるのだろうけれども、
一時的に企業が収益をあげる為、まるで(無断で子供に)ローンを組まされるようなことを、なされてしまうのだろう、と。

 

酷い話だ、と思う。

人ごとのように語るが、私の職権ではどうしようもない。
逃げではないが、市議が権限を有するのは「自らが所属する自治体の、予算や議案」のみ。ここ以外に議決権という公式な権限は、有しない。

私には、どうしようもないのだ、本当に。
(かなり考えたのだけれど。)

 

 

 

これは、ツケ

仮に、だ。
改憲のバーターだとして、である。

 

これらの、将来的な費用負担が何かと考えたとき、私は「ツケを払わされた」ように思うのだ。

英霊の名誉を守れず、
日教組にいいように歪められ、
自衛隊を中途半端な状態に陥らせ。。。
メディアの跋扈を抑止できず、

憲法を、自らの手で変えることもできず、
国民投票にまで踏み切ることすら、できていない。

 

何もできなかった、私たち。
その「ツケ」が払わされているように思えて、ならない。

市庁舎の赤旗の問題なんて、地方議員ならば誰でも知っていた。
どれだけ放置されてきたか。やろうとした地方議員は、過去にも存在した。
ネットが台頭する以前のことではあるが、ほとんどの者は討ち取られてきた。
色物として。(私がイロモノという指摘があったとしても、甘んじて受けたい。)

 

私は二期目に過ぎず、地方政治の全てであったり、憲政の大河の責任の全てを背負って論じることはできないと前置きしつつ、「ツケを払え」と言われたならば、ぐっと下を向くだけの私も、私の中に存在することは事実だ。

確かに、何もできていない。
全ては遅かった。
そして何より、時間がない。

半島有事のリスクや、近隣の不安定さを鑑みるに、いまアクセルを踏むしかないという危機感は私の中にもある。

 

 

寂しさも、ある。

上記の仮定、つまり改憲バーターが事実だとして。
それは「保守なんて頼りない」という最後通牒にも感じてしまうわけで。

ただ、それも悲しいかな、現実ではあるのだ。
かつて、強く保守のみを打ち出した政治家はどうなったのか、
政党組織を構えた者たちは、どうなったのか。

 

現場の小隊長クラスではあった、
だが、私も戦った。
そして、勝たせることは、できなかった。

罪の意識、敗北の味というものは、ある。

 

 

 

 

それでも、私は移民に反対だ。

 

単純労働に門戸を開けば、どうなるか。

 

製造派遣を容認し、私たちの世代がどうなったのか、

 

まさに見てきた一人である。

 

安倍政権ですら、この選択肢を切らねばならのか、と。

 

さらにリベラル色の強い、自民の国会議員は多数いる。

 

盤石とも思える安倍政権でも、こうなのか、と。

 

諦観とは違うが、寂しさは、ある。

 

同じく、我が国には、時間がないのだろうという危機感も、強く感じる。

 

それほどに、安全保障上の問題は、山積しているのかも知れない。

 

「移民に反対」の方は、拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

63 Responses to 移民反対、その上で感じること。改憲とのバーターの疑惑

  1. medakanoon のコメント:

    移民反対、その上で感じること。改憲とのバーターの疑惑 (OGP画像)       ↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓ ↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓ バナーが … 続きを読む →

  2. (=ΦωΦ=) のコメント:

    25日の『地図でわかる、寺社・仏閣・文化財、被害一覧【厳罰化を求める人はシェア】』
    に関して、理由の一つが解るかもしれません。

    虎ノ門ニュース11月27日、ゲストは百田尚樹さん、呉善花さん
    ttps://www.youtube.com/watch?v=BSxL2vkSme8(頭にhを加えて下さい)

    最初から最後まで必見の内容ですが、特に1:01:10?で呉善花さんが具体的に説明をしておられます。
    そして「お互い解りあえない」と断言されています。

  3. 無法松の一生 のコメント:

    移民政策で日本は終わった、もう、憲法はどうでも良い!

    二度と自民党には投票しない!

    幸福実現党にでも、投票しますかね?

  4. 非行橋市民 のコメント:

    行橋市議会議員 小坪しんや様
     
     安倍首相は小坪議員が見込んだ様な男ではなかったのです。

     移民を促進する売国奴
     拉致被害者を放置して、政治的に利用するだけの人でなし
     日本を侵略することになる平和条約をロシアと結ぼうとする売国奴
     (THAADを配備しないのもロシアに対する配慮か?)
     トランプ大統領がシナを経済的に潰そうとしているのに通貨スワップ?馬鹿か!
     尖閣列島も放置状態
     国の大借金をばらまきで更に増やし小坪議員のお子さんの世代を大借金地獄に突き落とす悪魔

     皇統を断絶させる安倍首相
     天皇の空位はあってはならないのに、4月30日、5月1日にわざわざ日にちを分けて式典を行おうとしている。譲位、受禅が途切れ125代で一度断絶しまうことになる。(特例法第二条「天皇は、この法律の施行の日限り退位し、皇嗣が直ちに即位する」違反)

    小坪議員!当方は、とっくの昔に安倍首相を見限っております。

    国防軍を明記しない憲法改悪の為に数々の売国行為をスルーする事は出来ません。

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    単純労働には単純労働なりの技術や手際があり、その職の職人が存在しているので決して馬鹿には出来ませんが、家業でもない限りドライな雇用契約条件しか眼中に無く、権利の主張ばかりが巧みな外国人をアテにしているのだとすれば、何れ経営者は自らの首を自らで絞める事になるでしょう。

    日本の法律は基本的に日本人を相手にする事を前提として作られている為、外国人の主義主張に耐えられるものではありません。
    基本的に生活の為に日本に移住しようとしている外国人の多くは、”日本より都合の良い国”が他にあればそっちに流れる腰掛連中が圧倒的に多く、日本への思い入れも然程深く無い為に日本語を解せず、それが使い捨ての駒を求める経営者にとって都合の良い存在であり続けたのが現実です。

    若しここに外国人労働者を訴訟や労使交渉で飯の種とする勢力が活発化した場合、一気に外国人労働者は都合の悪い存在となる可能性があるのです。
    アプローチの仕方こそ異なっていますが、一部で話題の関西生コンなどは実質的には外国人労働者にも入知恵する組織であった事から、既に実績はある訳です。
     
     
    一方で先進国である以上、外国人に対しても公正さを求められる御時世に於いて、移民を容赦無くシャットアウトする訳にも行きません。
    而も第三者的立場にある外国人は日本の良さを広報する、所謂口コミ広報担当とも言える存在に成り得る存在でもあります。

    ならば日本で永住資格を得る為には”日本を愛する事”は大前提として、我が国が求めるレベルの人材でないと永住資格を得る事が不可能なブランディングを確立すれば、事足りると言えるでしょう。

    経営者は全てが有能と言う訳ではありません。
    組織が大きければ大きい程、世論との遅れが顕著になる傾向があります。

    今どき”グローバル化”の『流行』に沿って、周回遅れの韓国人の雇用を積極的に進めてみたり、人口13億の商業経済圏を夢見た時代遅れな社内施策に酔っている経営者は案外存在しているのが現実です。
    そう言えば、ドコモもロッテとの提携した様ですね。

    総合的に考慮すれば、日本人の平和ボケは深刻であるとしか判断出来ませんし、今後の攻略対象はこの平和ボケした日本人であると言う事も事実でしょう。

  6. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、発信ありがとうございます

    むずかしい理屈は草莽の高齢者にはよくわかりません・・・・

    が・・・

    入管法改正という、実質の移民法には反対です!

  7. ひかりちょういち のコメント:

    日本と韓国は敵か味方かさんのブログで車に例えてhttp://blog.livedoor.jp/japan_and_korea/archives/77658199.html

    例えば民主党に踊らされた生まれた民主党政日本と韓国は敵か味方かさんのブログで車にたとえてhttp://blog.livedoor.jp/japan_and_korea/archives/77658199.html
    『民主党政権は、実際には日本を壊すポンコツだった。20年落ちの軽自動車みたいなもの。
    で安倍政権7年目だから、7年落ちのセダンとして・・。
    今は保守の支持層が、7年落ちのセダンに対して『カップホルダーついてない、ETCがない』と文句言ってるようなものと思います。
    車の乗り心地としては、まぁまぁだけど、ETCとカップホルダーついてないから、気に食わないと文句言ってる。
    ただ全体の予算は決まってる訳。ETCつけたらチャイルドシート買えないかもしれない。
    そうなるとETCつけて喜ぶ家族と、チャイルドシート必要と思う家族、どっが多いかの多数決になる。
    それでETCとかカップホルダーは優先順位低いって事になる。
    もちろん、安倍セダンを捨てて、石破・野田・河野という新車を買ってもいいわけだ。
    ただし、どんな車か乗ってみないとわからない。石破に乗ってみたら何故かハンドルがずっと左に寄っていく・・って事もあり得る。
    野田は車体はでかいが、エンジンは軽の660で、坂道登れないかもしれない。』と評しています。
    私も同様な思いです、100%の支持はできないけれども、誰か他にいるのか?という事です。自民党では河野jrが出て来ているものの、経験不足だし、菅氏は裏方向きの様だし、麻生氏は安倍首相より年長だし……。日本第一党は国会で議席は無く、維新はパチンコまみれっぽいし、日本のこころは消滅して吸収されて、「新」希望の党も5人しかいない……。orz。

  8. 琵琶鯉 のコメント:

    まだまだ、日本人の覚醒数が足りない。
    青山さんが言ってました。どんな理不尽な政策でも自民の中で、それらを修正していくしかない。と、法案が通った以上、私たちは次に向けて問題点をガンガン上げていかねばなりなせん。当然、推し進めるた企業も責任を取ってもらう。外国人労働者は安価な奴隷ではない。これが等価でしょう。
    また、企業は地域に対して受け入れた外国人についての責任を負わねばなりません。(地域の決まり事が遵守出来るように市との調整も必要)。

    • 西郷 のコメント:

      『推し進めた企業にも責任を取って貰う』←正しくこれが重要です! 特に【社会保障費】の負担は、外国人労働者の増加負担分は『企業に払って貰わなければ間尺に合わない』!
      だって【受益者負担】なのでしょう?! 外国人労働者容認=実質的な移民の【受益者】は
      、これからやって来る【外国人労働者+彼奴等を雇う企業側】なのですからね!
      これを誤魔化したりしたら、幾ら大人しい我々日本人も如何なるか分かりませんよ!暴動が、多発するやも知れません!
      外国人労働者よ!企業家共よ!逃げるなよ!

    • 琵琶鯉 のコメント:

      皆様がおっしゃる通り、外国人労働者にも人権はあります。管理をしっかりと(足立議員が言ってましたね。法務省はマイナンバーを活用出来るよう総務省と連携せよ。)せよ。もうひとつ厚生労働省とも色々情報の共有も必要でしょう。
      ホントに考え議論すべき事が沢山あります。
      あと、法律遵守において、ドライに対応する姿勢が絶対条件です。

  9. 田中一郎 のコメント:

    今回の改正のより、外国人労働者の賃金は日本人労働者と同水準にすることが義務付けられます。また、受け入れる企業や人材を仲介するものは、登録しなければなりません。今までのように、外国人を酷使して、脱走する人が出るといったことが無くなることが、期待できます。そうすると、単純に安い労働力を求めると言うことにはならないのではないでしょうか?
    しかも、今回、入国監理局が入国在留管理庁に格上げされ、在日外国人への対応が厳しくなると考えられます。野党が反対する理由は、そこにあるものと思います。
    これからの課題は、それを運用する官僚を、どういう風に監視していくかではないかと思います。
    それとも、分かった上で釘を刺すために、今回の記事をアップされたのでしょうか。

    • 西郷 のコメント:

      【外国人労働者に日本人と同等の待遇を企業側に求める=外国人労働者を安い賃金で酷使出来なくなる…』
      その可能性は有ります。でも、可能性にしか過ぎないのも事実…正直、迷っています。
      然し、万が一の事も考えると【反対】の旗は、降ろせません。今は…

      • 西郷 のコメント:

        又、田中氏の論説の下段部分→今迄【ザル】だった【入国管理】が《厳格化》する…氏の言われる様に、その【法の運用】が、【法律の趣旨】に厳格に則って出来るか如何か?では無いでしょうか?←その通りなんですけど…今迄、【ザル】だったのですよ…正直言って「信用出来ない」と言うのが、我々【反対派】の偽らざる【心配】ではないでしょうか?
        では、如何すれば【法律の趣旨に則って運用されるように監視し是正する権限】を実現出来るか? 皆さん、具体的な案、有りますかな?
        腹案お持ちの方は、是非、ご開陳頂け無いでしょうか?

    • ひかる のコメント:

      同意させていただきます。

      意味があっての改正だと思います。
      管官房長官や、安倍総理も、「どこの国の人でも、日本人と同じ給与を」と言われています。

      と言うことは、本来の目的は移民ではなく、ほかのところにあるのではないか、と。

      金額が同じな場合、わざわざ外国労働者を進んで雇ったりするでしょうか?

      野党が何故ここまでしつこく反対するのか、何故1年以上もかけて何の証拠もない「モリカケ」などで、安倍総理を辞めさせようとしているのか。

      移民は反対です。
      が、密入国や、不当滞在者よりは、外国労働者の方がマシな気がします。
      その外国労働者も、本気で入れるつもりがあるのか・・・。

      1番、今回の改正を嫌がっているのは、野党なのではないでしょうか?
      彼らが嫌がる先にあるものが私は気になっています。

  10. 紅鮭 のコメント:

    おはようございます。今回の入管法改正ですがぱよぱよさんが書いているこういう一面もあるようだと考えらるそうです。
    https://payoku-requiem.blogspot.com/2018/11/nyukanho-1.html?m=1
    ぜひご一読いただければと思います。ちなみに私も移民というものには反対です。

  11. 神無月 のコメント:

    外国人労働者の低賃金が問題の一つとしてあり、解決案として日本人と同じ同一賃金を政府は企業に要請しています。

    一見、外国人も賃金が上がって良かったじゃないかと感じますが、逆に、日本人の賃金を外国人の賃金に近づけることの方が利益を求める経営者としては自然な流れでしょう。

    また、現状よりも外国人の賃金が上がるならば、外国人にとって日本での仕事は魅力となり、入国数制限が有るとはいえ多くが訪れるはずです 

    出入国管理を厳密化するようで、不法滞在者には厳しくなるようです。
    特別永住制度が終わり、猶予期間を過ぎれば彼らも不法滞在者として扱われるのでしょう?

    バブル時代にも日系ブラジル人が数多くいましたが、崩壊後に多くが帰国されました。

    難しい問題ですが、日韓慰安婦合意のように、多くが反対した合意によって、韓国が窮地に落ちている現状を見れば、安易に判断をして批判することは避けたいと思います。

    野党が反対する法案ですから、反日に都合の悪い法律なのでしょう。
    .

    • 西郷 のコメント:

      確かに【安倍内閣の実績】を見るとそうなんですよね…然し【なし崩し的移民奨励入国管理法改悪】は、文字通りに【作用】して仕舞ったら【日本人の、日本人による、日本人の為の日本】は消え失せます…【致命的】になり兼ねないから、皆心配し、反対しているのですよね…

  12. 波那 のコメント:

    渡邉哲也氏のツイートから
    ttps://twitter.com/daitojimari/status/1062480682562203648
    外国人労働者受け入れ 嫌だ嫌だと言っていても、経済界の強い求めもあるのでらちがあかない。ならば、厳しい条件をつけて、これを機に不良外人を追い出し、連携できる国だけを優遇すれば良い。受け入れ側も点数制にすれば、いい加減な人派会社を排除できる。

    渡邉哲也さんの述べられている見解のこの短い文の中に今回の入管法改正の概要があると思います。パヨパヨミンスの外国人を安い賃金で雇う外国人企業研修制度はザル法で日本に侵入目的で入って来る中国人らに悪用されています。中国人が異様に増えたのも、この制度のせいなのではと思います。(余りに増えたので私の中では何故?何故?と極度の脅威を巻き起こしています)。逃げ出して行方知れずになる外国人も多くて社会不安の元にもなっています。

    と言うことで今回の入管法改正で国連からも奴隷制度と言われたらしい企業研修制度が潰せます。とにかく一旦入ったらこちらのものの、あの野放図な中国人らの侵入を止めねばなりません。類推するに、この辺が野党やマスゴミが自民党案に反対していた理由では?とにかく外国人を雪崩れ込ませて日本を破壊したいのが連中の目論見ですから。

    と言うことで入管法改正が外国人への厳しい規制の方向へ進んでいることと、不良外国人の排除が裏目的としてあるように思われます。

    入管法改正の内容
    (1)素行が善良であること
    (2)独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
    (3)その者の永住が日本国の利益に合すると認められること

    外国人労働者受け入れの前提としては、
    ・日本人と同等の条件以上で直接雇用
    ・悪質な仲介業者を利用して外国人材を受け入れた場合、その企業による受け入れを5年間禁じる方針
    ・強制送還された自国民の受け入れを拒否した国や不法就労目的の難民認定申請や不法滞在者が多い国に関する審査の強化
    ・外国人の永住許可が厳しくなる
    ・技能実習と特定技能1号は帰国を前提

    政府は外国人労働者への賃金は日本人と同等にするようにと言っています。と言うことは外国人を雇っても何のメリットもないことになり日本人の仕事を奪うことにもなりません。必然的に外国人よりも日本人ということになるように思いますが。この点では、どんな展開になるか効果の程は見ていなければなりません。

    それと体制強化を見据えて入管を「局」から「庁」へと昇格させる入国管理庁を来年発足させることがあります。

    【電子版】入国管理庁、来年4月発足へ 在留資格拡大で体制強化 | 政治・経済 ニュース | 日刊工業新聞 電子版
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00484502
    >政府は8日、外国人労働者の受け入れ拡大に向け、来年4月から法務省入国管理局を「入国管理庁」に昇格させる方向で最終調整に入った。同月から新たな在留資格制度を導入するのに合わせ、出入国管理の体制を強化する。

    ?出入国在留管理庁を外局にすることで他省庁と調整することで幅を広げようとしています。例えば海保庁、警察庁、公安調査庁との連携もやりやすくなるわけです。

    ▽NHK ニュース?悪質ブローカー利用の会社 外国人材受け入れ5年間認めず

    外国人材の受け入れ拡大をめぐって、法務省は外国人に借金をさせて保証金や手数料などを支払わせる悪質なブローカー対策の考え方をまとめました。悪質なブローカーの紹介で外国人を受け入れた会社などには、向こう5年間受け入れを認めない方針です。

    以上、今回の入管法改正では外国人の受け入れには厳しい規制をする方向のように見受けられます。

    それともう一つは戦後のどさくさ紛れに入り込んで来て、そのまま居座ってる特別永住者とかいう密航難民の子孫達ですね。何故、日本に存在してるかの根拠の問題です。日本人には、あの生活保護を受給してるのに日本人を罵りながら反日活動をしている存在はとても堪えがたい。それに1990年の海部内閣が国民に何の相談も無しに勝手に決めてしまった日韓覚書ですか?はっきりと把握していませんが、入管改正法の中での対処案件として入っているとか、入っていないとか……。その辺りではないでしょうか?パヨパヨ野党とマスゴミが反対していたのは。(想像してるだけなんですけど)

    • 西郷 のコメント:

      是非、そうあって欲しい!と、切に願います。祈ります…

    • ひかる のコメント:

      同意させていただきます。
      言いたいことが的確に書いてあり、嬉しくなりました。
      有難うございます。

  13. 清島清 のコメント:

    日本が今すぐやるべき事は

    日本がやるべき事は移民政策ではない。
    日本がやるべき事は移民政策ではない。

    日本が今すぐやるべき事、それは
    日本国内の日本人の人口を増やす事だ。

    消極的な「人口減対策」では人口は減る一方だ。
    今すぐ積極的な「日本人 人口倍増化」をやらなければいけない。

    政府をあてにばかりしてはいけない。
    日本国民は、今すぐ人口増へと動かなければいけない。

    さもなくば、逆ネズミ算式に加速度的に日本人が減っていく。
    そうなると日本の未来の子供達は、非常に悲惨な結末を迎える事になる。

    人口が減ると国力がなくなり、国防すらできなくなる。
    中国による日本侵略が完了した暁には日本人大虐殺、日本民族浄化、そして日本消滅。

    海外にいる日本人もただでは済まない。
    更なる「日本人貶め」により、生きて生く事は出来ない。

    日本人が今すぐやる事は、人口倍増化行動だ。
    それは日本人倍増化行動だ。

  14. 清島清 のコメント:

    コメント入力欄で、上下の文書が表示されなかったので、先程のコメントの上下の文書が変な文になってしまいました。失礼しました。
    もう一度コメントしますので、お手数かけますが、先程のは削除願います。

  15. 清島清 のコメント:

    日本がやるべき事は移民政策ではない。

    日本が今すぐやるべき事、それは
    日本国内の日本人の人口を増やす事だ。

    消極的な「人口減対策」では人口は減る一方だ。
    今すぐ積極的な「日本人 人口倍増化」をやらなければいけない。

    政府をあてにばかりしてはいけない。
    日本国民は、今すぐ人口増へと動かなければいけない。

    さもなくば、逆ネズミ算式に加速度的に日本人が減っていく。
    そうなると日本の未来の子供達は、非常に悲惨な結末を迎える事になる。

    人口が減ると国力がなくなり、国防すらできなくなる。

    中国による日本侵略が完了した暁には日本人大虐殺、日本民族浄化、そして日本消滅。

    海外にいる日本人もただでは済まない。
    更なる「日本人貶め」により、生きて生く事は出来ない。

    日本人が今すぐやる事、
    それは日本人倍増化行動だ。

  16. 60代主婦 のコメント:

    『安倍政権ですら、この選択肢を切らねばならないのか』

    そうなんです。
    私の憂いはまさにそこだろうと思います。

    国が傾く可能性が高いと知りつつも、そこに舵をきらねばならない。
    もっと他に良い選択肢があると思うのに、まともな議論も出来ない現状。
    息の詰まる思い。

    時間をかけて審議すべきなのは明白なのに、多分その時間も許されない世界情勢という事なのでしょうか…。

  17. 髭のN のコメント:

    これだから安倍内閣を諸手を挙げて支持できないのですよ…
    全知全能の神ではないのだから完璧なのはあり得ない
    しかし越えてはいけない許してはいけないラインというものがある
    正直この一点だけで考えるならもう一回下野したほうがマシと投げ槍になるくらいだわ

  18. かつ のコメント:

    現状野放しになっている外国人労働者を、厳しく規制する方向なような気もするのですが、如何でしょう。

    • 波那 のコメント:

      移民法とかレッテル貼りしてる野党に惑わされてしまってる気がします。なし崩しに移民を受け入れたヨーロッパの失敗例がありますから。外国人を雇うならば、ちゃんとした人を雇うようにとか、日本人と同じ額の給料を払いなさいとか、しないなら、まあ、企業もそういう扱いしますからねという規制を厳しくする改正で、とにかく日本を移民でいっぱいにしましょうという改正ではないんですけどね。

      だから移民受け入れ歓迎の野党とマスゴミが大反対してるわけです。

      • 酒井太造 のコメント:

        なるほど、そうかもしれませんね!
        そうであればうれしいです。
        やはり近隣極悪諸国の情勢を見ていると、国家にとって一番大切な国民の生命を守るためには憲法改正が最優先課題だと思います。

  19. 一郎 のコメント:

    現在:朝鮮系議員の多数が国政でいちゃもんを付ける ⇒ 国政が滞る

    今後:移民を受け入れる ⇒ やがて、中国系議員と東南アジア系議員が国政に進出する

    結果:日本を愛する日本人のための政治ではなく、自分の利益しか考えないなりすまし日本人(元外国人)のための政治が横行する

    現場は死に物狂いで頑張っているのに、ぱっと出の移民が同等に扱われ、不埒な輩が行方不明となり、犯罪を蔓延させる起爆剤となる。

    やってられないッス。

    だが、多様性に順応出来たものが生き残ってきた地球規模の歴史もある(以下リンクTEDより)
    https://www.ted.com/talks/juan_enriquez_we_can_reprogram_life_how_to_do_it_wisely?language=ja

  20. Orange のコメント:

    私自身も移民の受け入れ自体には反対です。
    ただ、昨日からの「アベは売国奴!」とか「もう自民党には投票しない!」等といった書き込みを見ると、「オイオイそれは違うだろう」と文句の一つも言いたくなります。

    入管法の改正というのもあくまで政治の一局面でしかなく、他にも日本が取り組むべき課題は山積しています。一つの政策だけをもって支持をやめる、支持政党を変えるというのは些か浅慮ではないかと思います。
    そもそも、少しでも国会の情報に触れる機会があれば、維新の会以外の野党がほとんど機能をはたしていない状態であるのは一目瞭然です。安倍憎しでコロコロ政策を変え、他党のスキャンダルは厳しく追及する癖に身内の不祥事には知らんぷり。野党はこんな政党ばっかりです。
    「次回の選挙は白票だ!」なんて仰る方もいますが、白票はただ無効票が増えるだけで、団体票がある上記のような野党を利するだけです。というか、今の野党が政権を握ったら、外国人労働者どころか欧州のように難民・不法移民の無制限受け入れに踏み切ることは想像に難くありません。

    繰り返しますが、私自身も移民の受け入れは反対ですし、今回の入管法改正には思うところもあります。ただ、数年前の日韓合意の時の例もあるので、短絡的に「だからアベは?」なんて批判するのはどうなのかな、と思っています。

    • 異国より のコメント:

      丸ごと同意です

    • 髭のN のコメント:

      >一つの政策だけをもって支持をやめる、支持政党を変えるというのは些か浅慮ではないかと思います。

      ただこれはその人にちゃんと理由あるならある程度仕方ないですよ。人によって重視する分野や政策や信念が違いますから。
      例えば子持ちの人なら待機児童問題が優先かもだし、農家ならTPPや種子法、被災地住民なら復興や防災、オタクや創作に関わる人なら表現規制関係だろうと思われる。
      移民関係の優先度が高ければやむなしです。

      野党が一部以外ゴミなのは同意します。しかし気を付けないと『そのゴミのがマシ』になる可能性も否定できない。
      ちゃんと批判すべきは批判しないとアカン

      • Orange のコメント:

        >髭のN 様

        コメントありがとうございます。
        批判すべきところは批判しなければならないのは当然のことですね。私も今回の法案に対する皆さんの意見も分かります。また、各々重視する政策が異なるのもある程度は仕方ないと思います。
        しかし、個々の政策にとらわれすぎると、パヨクの扇動に乗ってしまったり、選挙で変な候補者に投票してしまったりといった弊害が発生します。
        結局、重視する政策だけを見ているのではダメで、他の政策やこれまでの実績をトータルで見る広い視野も必要ではないかな、と思います。
        …まあ、私自身、それができているかと言えば怪しいのですが。

        さて、現状では「ゴミの方がマシ」という状況がなかなか想像できないですね。野党が酷すぎて (笑) 。
        今回の法案は2年で見直しが入るらしいので、おかしいと思うところは官邸メール等でどんどん声を上げていくべきだと思います。

    • 西郷 のコメント:

      では、どの様に【政府自民党】に対して抗議したら良いのですかな? 【白票】が、野党に行かないだけでも【御の字】ですね。政府自民党には感謝して貰いたい位です。
      私も、民主党に入れて【後悔】している現自民党支持者に、白票を勧めましたわ。或いは【票】に「【入国管理法改悪反対】の為の抗議票です。」と書いて憂さ晴らししな。どうせ【無効票】になる!白票そ同じだ。とね…それ位、今回の【入国管理法改正】は自民党に不信感を持たれていると云う事!事実【運用次第】で文字通りの【売国亡国法】になるのですからね。

      • Orange のコメント:

        >西郷 様

        コメントありがとうございます。
        今の野党がある一定の数から減らないのは、バックに「組織票」があるから…というのはここにコメントしておられる方々ならご存知かと思います。
        野党に投票する人たちっていうのは、何が何でも、たとえ投票日に雨が降ろうがミサイルが落ちてこようが、絶対に野党に投票するんです。そんな人たちが一定数いる状態で白票なんて入れて無効票を増やしたらどうなるか。「白票ならば野党に票が行かない」というのはちょっと違うんじゃないかなと思います。

        ここでも何人かの方が書かれていますが、今回の入管法改正は外国人労働者への管理強化という一面があるようです。
        運用次第で売国法になってしまうのはほかの法律も同じで、私たちに必要なことは白票を投じて抗議することではなく、制度を悪用しない政治家を選ぶことだと思います。
        単に抗議するだけなら官邸メールとかでも可能ですしね。

  21. スカイツリー のコメント:

    小坪先生いつもありがとうございます。
    日本人の労働基準が下のラインに下がることになるのでしょう。
    負のスパイラル。

  22. じた のコメント:

    新種のアベガーが出現していますが、現実を見ない理想論者、すなわち非常に子供っぽいと思います。

    この場合の現実とは「働き手としての移民が必要」ではありません。
    「奴隷働きをさせる安価な労働力が欲しいと主張する経営者達の権力(集票力、資金力)に対抗しきれない」という現実です。
    特亜利権の増大や安部失墜を狙う者どもも連携しています。
    大津波をたった一人で止められるものでしょうか?

    堤防を作り、避難誘導の組織作りをしている人に、「早く津波を止めに行かないお前が悪い!」と騒ぎ立てるのは間違っています。
    何故、奴隷を寄越せと要請してる大企業に抗議なりデモなりしないのですか?
    反撃してこないと分かっている政治家をあげつらうだけの方が楽だからですか?

    緩和と同時に制度を厳しくするのは、良い規制方法だと思います。
    民泊を追認して合法化するためのルールを作ったら、結局、やっていけなくなった民泊屋が減ったように。

    国を守りたいなら、やるべきことは「移民反対!」「何もするな!」「アベガー」ではなく、「外国人労働者の人権を守るために、こういうルールを作れ!」「ルールを守れない企業や外国人には厳しく対応しろ!」「罰則も作れ!ちゃんと適応しろ!」「奴隷を求める雇い主ガー!」でしょう。

    言いたいことを言う vs. 望む結果を出す
    猪突猛進 vs. 急がば回れ

    どちらが正しいかではなく、臨機応変でお願いします。

    • 西郷 のコメント:

      全くその通りなんですが…今年【移民奨励入国管理法】は、その【経営者側の強欲な権力】に、押し流される危険性が大いにあるから心配しているのですよね。
      力の無い【パヨク】と違って、強欲資本経営者は【力=権力】があるのですから…我々日本人に、差し迫った【脅威】である事は、間違いないのでは無いでしょうか?
      如何すれば、【じた】さんをはじめとした「真っ当な思惑通りに」確実に進められるのでしょう?

    • ひかる のコメント:

      同意させていただきます。

    • サービサーの中の人 のコメント:

      同意しましょう。

      つか、一部地域では既に移民化してますけどね。
      一番の問題は【単純労働者 = 低所得者 = 労働者不足(若者が希望しない) = 外国人雇用】に議論が進んでる事。

      建設も介護も農,魚業も、『魅力がない』『給料安い』等々、社会福祉関連では、折角資格を取っても『休みがない』『給料安い』で、新卒3ヶ月離職率は高いままではないでしょうか?
      『政治の仕事』は、そういった事を動かすことでしょ? 時に、圧力でも良し。

      このまま行っても多分憲法改正には漕ぎ着けない。
      次の政権が出来ても漕ぎ着けない。
      しかし、現政権の内に改憲を! と、進み過ぎるのは危険。
      他にも政治的に今やらなきゃいけない事はたくさんある。

      • サービサーの中の人 のコメント:

        【バーター】はないのでは?

        『自民党国会議員』と話をする機会が多々あるならば、小坪さんは法改正についての内情を入手(会話,議論)したりしないのですか?

  23. 西郷 のコメント:

    【憲法改正とのバーター】←これこそ【売国亡国行為】の最たる物!
    《 日本を取り戻す。》というのは、【日本人の日本人に寄る日本人の為の日本】を取り戻す。という事では無かったのか?

    そもそも【多民族国家で、世界を覆い尽くそうとするグローバリスト】に伺いたい。
    貴方方の大半は、【グローバリスト】であると同時に【多様性至上主義者】ですね?
    では借門しますね。【生物多様性】から始って、【凡ゆる多様性至上主義】な貴方方は、肝心な【人間の生態】に関して、【多様性】は「真逆な」【多民族国家至上主義】であるのは、一体如何してなのか?
    「世界中を、アメリカ合衆国のような【多民族国家】で、覆い尽くす。」と言う事は、【人間の生態】から、その肝心な【多様性】を奪う事では無いのか? 地球上のどの国を見ても【多民族国家】しか無い! コレは悪夢では無いのか!?

    • 髭のN のコメント:

      いくらバーターといっても譲ってはいけないラインというものがあろう
      しかし近年でもTPPで聖域を守る言うたのに結局切り捨てた例があるため都合悪くなれば切り捨てるだろうという懸念がな…
      日本人の日本という国のトップとあろうものがその日本国民を切り捨てるようじゃ終わりだよ

      安倍総理は日本国総理大臣なのだから日本人を一番大事にして欲しい
      俺もあまり批判したくはない…邪推・杞憂で終わってほしい

  24. 西郷 のコメント:

    小坪市議。蟷螂の斧宜しく、自民党本部、選挙区選出の代議士、思い付く凡ゆる所に【電凸】して、苦情を捩じ込んでいますよ!
    でも、哀しいかな、ご覧の通りなのですよ!
    悔しさの余り歯噛みしていますよ…

  25. 半島工作員を落選させたい高槻市民 のコメント:

    日本は野党がどうしようもないです。
    モリカケとクイズ問題の出題のみに時間を使い、18連休を取得し、法関連の審議はボイコットで審議拒否。
    反自民、反安倍ばかりに注力していて、国民よりも特アが大事。本当に存在意義が無い。

    安倍政権の政策は概ね支持していますが、消費税増税と移民法は反対です。

    今回の移民受け入れ拡大も、小泉政権の派遣法が原因でしょう。小泉元首相の負の遺産です。

    今の氷河期、超氷河期世代が結婚できず、過程を持てず、子をなせず、老後は年金よりも生活保護になりそうな方までいらっしゃる。
    40代前後の日本人が子供を作らない=働き手がいない。歴代の政権がこれらの世代を無視してきた結果です。

    ニートの若者を支援することのほうが万倍も良いように感じます。
    海外から奴隷を入れされて、年をとったら国外追放ですか?
    今の在日韓国人の皆さんは帰ってますか?帰りませんよね?

    政府と経団連のご都合主義も、本当にいい加減にしてもらいたいです。

  26. kusuko のコメント:

    入管法改正については、ねこおぢさん@necoodisanのTwitterを見るとよく分かります。
    一部引用します。

    ねこおぢさん@necoodisan

    【 民主党政権時に難民に就労を「一律」に許可】

    難民申請者の生活に配慮し
    民主党政権が2010年
    生活困窮者に対してだけ認めていた就労資格を「一律」に変更
    これを機に偽装とみられる申請が急増

    ※2010年からの急増ぶり見てw

    ようは、安倍政権は後始末なんだょ
    ◆魚拓
    http://archive.fo/GCl31#selection-482.2-503.22

    https://pbs.twimg.com/media/DtAe_UXU8AE7VU4.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/DtAfAXJVAAE3glR.jpg

    【難民申請すれば日本で働ける】

    >難民認定をめぐっては当初、申請しても就労できなかったが
    【平成22年から】⇒ここに、注目!w
    申請6カ月後から働けるよう改正
    申請が却下されても異議申し立てが繰り返し可能で
    一部で「救済ビザ」などと呼ばれ
    虚偽申請による制度の悪用が指摘されている
    https://pbs.twimg.com/media/DtAooSgVAAEdpS4.jpg

    な?これなんかも、民主党の仕分けで日本語学校の立ち入り調査が 無くなったのが原因かも知れないだろ?
    『日本語学校不法就労助長 理事長指示で裏帳簿  入管局対策、複数の派遣会社と契約』
    ■留学生から高額寮費を徴収
    ttps://www.sankei.com/region/news/161119/rgn1611190027-n1.html

    【難民申請中のネパール人、女子中学生を乱暴し逮捕】

    こういうニュース覚えてます? 画像の大事な部分に線引きましたから、見てください
    https://pbs.twimg.com/media/DtAu9_wVsAAc0DC.jpg

    タパ容疑者は就学目的で2008年1月に来日
    12年にネパール国内の政情を理由に難民認定を受け、残留
    13年に難民認定が切れたため、再度申請中だった
    な?これ、誰のせいですか?
    動画
    ttps://twitter.com/necoodisan/status/1067407560867639296

    【民主党政権時代に、外国人仮放免を柔軟に認めるように】

    これは、2014年の魚拓記事 大事な部分だけ抜き出すね
    >法務省が4年前に仮放免を柔軟に認めるようになったことから 年々増加し去年末で3235人と10年前の7倍以上に増加
    2014年の4年前って2010年、つまり…
    ttp://archive.is/GI76u#selection-711.40-711.44

    まぁ、まだまだ沢山あるけど 民主党政権時代に入管、在留管理が おかしくなったんだよ
    それを都度直して来たのが 我らが安倍政権
    そういう実績を無視して あちら様と一緒になって 入管法改正に反対するって 頭おかしいのでは?

    ttps://twitter.com/necoodisan/status/1067387210964512768

    ?【法務省、難民申請後6カ月での就労許可を廃止】

    >日本では2010年3月から⇒※年月注目 難民申請を行った6カ月後から認定手続完了までの間 就労が認められるようになった
    申請数はその後増加を続け2016年の申請者は 1万901人と初めて1万人を上回った 認定数は28人
    ttps://jp.reuters.com/article/japan-immigrants-idJPKBN1F10MC

    安倍政権の取組見てます?

    ?【難民申請が急減、就労制限影響 上半期 8年ぶり減少】

    >今年1?6月に5586人の外国人が難民申請 前期比2975人減
    難民申請者は2011年から毎年増加⇒※年月注目
    8年ぶりに減少
    今年1月から審査手順を変え 審査を待つ間の就労を制限する運用
    ttps://www.asahi.com/articles/ASL804VT1L80UTIL02R.html

    ttps://twitter.com/necoodisan/status/1067618130736762880

    な?日本からの強制送還を拒む国 わかるよな?

    【送還を拒否する国を除外 新在留資格】

    >山下法相は10日の閣議後の記者会見で 来年4月に創設する新たな在留資格について
    日本から強制退去となった外国人の送還を拒む国からは 労働者を受け入れない方針を明らかにした
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO3630239010102018EAF000/

    ttps://twitter.com/necoodisan/status/1067637262978969600

  27. miku のコメント:

    個別的自衛権があるのだから、現状でも竹島に武力行使は可能では?それにシナ韓国とも、武力を使わずとも日本の資本財の輸出を止めるだけで、大ダメージを与えることは可能です。
    未だ政治に無関心で、危機感がない日本人が大多数ですから、憲法改正はかなり難しいと思います。最もありうるシナリオは、取り返しのつかない移民受け入れや消費増税で、日本をズタボロにした挙句、憲法改正にも失敗し、安倍政権退陣となること。
    本来なら、2014年4月の消費増税をせず、2~3%の経済成長で、世論を盤石の体制にしておくべきだった。あそこで財務省に屈したのが運の尽き。結局安倍総理は「日本を売国しただけ」で終わると思います。
    (せめてもの抵抗に、来年4月の統一地方選挙では、日本第一党に投票します)

  28. ぽのかのぽん のコメント:

    よっしゃあああwww
    改憲さえ許せば日本を移民国家にできるんだな?
    やったねネトウヨちゃん!これからも安倍政権を支持し続けて
    中国・韓国から優秀な移民や留学生を受け入れ続けてくれ!
    日本民族を中国人・韓国人と入れ替えることができたなら
    安倍総理もご満悦でしょうなぁ。

  29. Tanaka のコメント:

    移民には反対です、夜中の2時にいきなりドアを開けられそうになった事あります?
    いきなりガチャガチャとです。
    どうやら裏のアパートの支那人数人の中の一人のようですが。

    あと賃金についてですが、日本人と同等【以上】ってどういう事です?
    比較対象の日本人よりも【優秀】で【結果】を出してるのなら
    相応の賃金を払うべきですが、答弁だけを邪推すると
    『日本人よりも外国人労働者に金出すから!日本人なんぞ知るか!』とも
    解釈してしまいます。

    特亜の外国人労働者も嫌ですが、ムスリムの外国人労働者もお断りです。
    特に永住を希望している場合ですね。
    火葬を認めない宗教には来て欲しくないです。
    勝手に山奥に埋葬されて水源汚染とか、有害な細菌の繁殖はお断りです。
    小耳に挟んだレベルですが、日本はコンゴ並みに細菌等が育ちやすいとか。

    外国人労働者、本当に必要ですか?
    私には経団連やら一部の都合だけで、必要なんですと
    刷り込みやってるようにしか感じられません。
    あと安倍政権が真から望んで言ってるようにも感じられないです。

    このドサクサにまぎれて要らん事してる輩が多いんじゃないかと。
    注目されてないのをいい事に、です。

    うん、移民も増税も反対だが、安倍政権以外もお断りですね。

  30. 琵琶鯉 のコメント:

    その国の政治家や政府は、国民の民度に比例していきます。
    安部総理は、この外国人労働者受け入れ法案を機に国民がもっと政治に興味と責任を持つ事を望んでおられるのでしょう。
    今回のテーマで皆さんの投稿だけを見てもとても有意義な議論がされています。
    こういった国民の議論大事だと思います。

  31. 独りんご のコメント:

    坂東忠信氏がわかりやすく説明されてます。ぜひご一読を!
    http://bandou.an-an.org/index.php?QBlog-20181128-1

    無闇矢鱈な安部批判は怪しいと見ています。

  32. 小坪さん、毎日ありがとうございます。

    上で波那さんが的確に書いてはりますね。
    手前味噌ですけど、私も書かせてもらいました。
    「入管法改正案が通る。これがなんで移民法なんや。保守派も法案をしっかり読もう。」
    よろしければご覧ください。
    http://gekiokoobachan.jp/blog-entry-474.html

  33. パコリーヌ(髭) のコメント:

    過去自民党が失敗だらけだったという分析ご苦労様です
    で、自民党は何回失敗すれば学ぶのかしらね?

    同じ仕事を3回失敗すればクビよ

    ぬるま湯に浸かってる上級国民に何を言っても無駄無駄無駄ね

    一回滅んでしまえばいいんじゃない??

  34. ぺろりー元帥 のコメント:

    「日本人と同等の、給料」ここが救いかな?つまり、それは経団連の望む安く使える奴隷ではないわけで。安くないなら要らない、とはならないだろうか。またすべての移民はマイナンバーと紐付きになると聞いた。
    金目当ての移民が行方をくらまして反日無法し放題、とはならない、と信じたい。

    数年前、欧州が難民でめちゃめちゃになってた時、数千の難民申請にわずか11件の許可を与え、世界から賞賛を浴びた安倍政権、単なる売国奴政権に成り下がったとは思いたくない、、。

  35. 八王子市民 のコメント:

    さすがに間抜け過ぎて読む気も起きませんね
    日本は信頼で成り立つ国ですよ。誰か移民党の改憲案なんかに賛成するというのか

    国民に改憲の必要性を訴えることもなく、自党内や公明との調整に終始しているのは順番が逆ですよ

  36. 雛あられ のコメント:

    一通り皆様のコメントを読みました。
    「移民法だ」「移民法ではない」と意見の分かれる所ですが、もう成立する見通しなので、これについては厳格な運用を求めて国民として監視していくしかありません。

    改憲についてですが、私は逆にこの法案に多くの国民が不安を感じている今こそ、別の視点から「改憲」を訴え、ピンチをチャンスに変えられると思います。(というか、もう何が何でもそれをやるしかない。)
    自民党は改憲の柱を「自衛隊」の明記にフォーカスしていますが、実は自民党の改憲案の中には他にも多くの項目が含まれています。
    その一つが「地方選挙権の国籍要件の規定」です。
    以下は自民党の憲法改正Q&Aからコピペです。

    Q37: 外国人の地方参政権について、どう考えているのですか?
    『日本国憲法改正草案では、94条(地方自治体の議会及び公務員の直接選挙) 2項で「地方自治体の長、議会の議員及び法律の定めるその他の公務員は、当該地方自治体の住民であって日本国籍を有する者が直接選挙する」と規定し、 「日本国籍を有する者」という文言を挿入することによって、外国人に地方選挙権を認 めないことを明確にしました。
    地方自治は、我が国の統治機構の不可欠の要素を成し、その在り方が国民生活に大きな影響を及ぼす可能性があることを踏まえると、国政と同様に地方政治の方向性も主権者である国民が決めるべきであります。
    なお、外国人も税金を払っていることを理由に地方参政権を与えるべきとの意見もありますが、税金は飽くまでも様々な行政サービスの財源を賄うためのもので、何らかの 権利を得るための対価として支払うものではなく、直接的な理由にはなりません。』

    実際の条文を見てみましょう。
    自民党の憲法改正草案からのコピペです。
    【現行法】
    第93条2項:地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。

    【改正草案】
    第93条2項:地方自治体の長、議会の議員及び法律の定めるその他の公務員は、当該地方自治体の住民であって日本国籍を有する者が直接選挙する。

    「住民」という言葉に国籍条項を盛り込むことで、外国人の地方参政権を、争う余地のない憲法違反にできます。
    そもそも大量の外国人労働者が、住民登録さえすれば地方議会の選挙権を得られるようになったら恐ろしいことです。
    特に人口の少ない自治体はすぐに乗っ取られてしまいます。
    多くの国民が外国人の大量受け入れを不安に思っている今こそ、「自衛隊の明記」ではなくこの「国籍条項の追加」を国民にPRして憲法改正に挑むべきです。

    ただ、これは実際の政治家がやると「人権がー」で叩かれやすいし、自民党がおおっぴらに言えば公明党の支持が得られず、改正の発議ができない可能性が・・・。
    あくまでも国民主導で進めるに越したことはありません。
    なので、もしご賛同いただけたら、ぜひこちらのコメント欄に集う皆様のご協力で多くの国民に拡散していただきたいのです。
    どんなに平和ボケのお花畑の人でも、この話は通じると思います。

    合わせて、
    1. もし世論調査の電話があったら、政権に要望することの第一に「憲法改正」を挙げてほしい。
    2. 旧民主系など外国人の地方参政権を認める立場にある売国政治家は選挙で投票しない。
    3. 1959年当時日本に残っていた在日朝鮮人約61万人のうち徴用労務者はわずか245人で、在日朝鮮人は自分の自由意思によって日本に留った者または日本生まれであり、日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き1名もいないとする当時の日本政府の見解があること。つまり強制連行論を外国人参政権付与の根拠とするのはでたらめであること。
    4. 今回の外国人労働者の大量受け入れで自民党支持を辞めた人も、この国籍条項を盛り込む憲法改正だけは日本を守るために必要なので、ぜひ協力してほしい。
    等、広く拡散していただければと思います。

  37. ころころ のコメント:

    新参モノです。
    理論派の皆様からは叱られるかもしれません。
    完全に私の感覚だけからの投稿内容です。

    『改憲とのバーター』、『保守なんて頼りない』の言葉に第一次安倍内閣末期の事を思い出しました。
    あの時は保守を標榜しておられた論客の方々をはじめ沢山の人が『保守政治家 安倍晋三』を口々に罵り、見限りました。

    私は茫然とその様を見ておりました。
    あの時、安倍首相が政治家として何を思い、どの様な信念を得たのか?
    全ては今現在の状況にも繋がっているような気がします。

    その後の民主党政権の禍々しい出来事に多くの人が震撼されたかと思います。
    またそのようなことにならないよう、一人一人が最善を尽くされますよう願っております。

  38. 北山 のコメント:

    >我が国が我が国独自でやっていけるという未来

    ソ連のように各国の首脳に自らの息がかかった者を押し上げられればワンチャン?
    一時的ならともかくその状態を維持するのは至難でしょうが、友好国に限定するなどすれば少なくとも不可能ではないのではないでしょうか?

    まあ諜報って、日本は日本人をスパイにするから分かりやすいなどと言われたように、日本人の苦手分野なんでしょうけど。
    とはいえ政治家が選挙などの時にやるような事と根本的には違わないような。

  39. ころころ のコメント:

    管理者様

    すみません。
    昨夜、投稿したものです。
    何らかの理由があって投稿が載らないのだろうと思います。

    一晩時間を空け、やはり私の投稿はなかったこととさせて下さい。
    大変お手数をおかけしますが、Webにアップせずに丸ごと削除をお願いします。
    このコメントも含めお願いします。
    よろしくお願いいたします。

  40. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    まわりに沢山トンネルが有るが、全て出口が見えない。
    唯一、薄ぼんやりと明かりのようなものが見えるのが「改憲」
    そんな感じなのではないでしょうか。
    日本をここまで引き上げてくれた安倍首相には感謝しています。
    信じた道を突き進んで下さいな。
    そんな気持ちです。

  41. 通行人 のコメント:

    大量移民反対の立場で日頃からニュース検索している者です。
    EUの欧州議会では、移民反対論を報じる報道機関に懲罰を与える法案が提出されようとしています。提案者は、単なる「移民」では満足せず、「大量移民・難民は基本的人権の一つ」とまで定義し、それに反対する議論はヘイト・スピーチに含め、一切の報道からシャットアウトすることを目的にしています。この種の議論が、必ずや日本に影響を与えるものと危惧しています。近年、日米欧で極めて不自然な言論統制が導入されつつあり、皆で監視批判していく必要を感じています。

  42. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    移民受入に関しては世界と逆行しているともいわれることは
    あるとして安易な移民受入は経営者側も安い労働力を使いたい
    だけにしか思えません。

    移民反対ではないケント氏も安価な労働力を入れるだけの移民
    政策には反対されています。

    人口減による労働力を補うとするならばAIを導入すべきなのは
    いうまでもないことですが企業もこんなやり方をするわけ
    なのでブラックだと非難したくもなる次第です。

    そういった批判を甘えだとか自己責任の一言で切り捨てる
    ような成功者もいるものの奴らのことが許せない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください