週刊プレイボーイ掲載、小坪議員「懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません」


 

 

今週号の週刊プレイボーイに掲載された。行橋市は、やや田舎のため、記事の内容を知ったのは(左派と思われる)アカウントや香山リカ女史のtweetだ。いまはうちでもコンビニで売っていると思う。昨日は議会の会期が23時59分まで延長され、私自身はまだ読んでいない。
だが、web版の週刊プレにおいても『懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません』という発言が掲載されている。

実は、週刊プレイボーイ以外のメディアもだが(先般の中野区長選の際に、選挙後、羽田まで足を運んでくれた記者もおり)、本件についての確定情報を、一部の週刊誌はすでに持っている。私は、弁護士会を含む7士業会に文書照会を行ったが、「弁護士会を除く、全ての士業会からの回答を得た」ことを報告する。

ある士業会においては綱紀委員会規則に基づき、処分請求人の提出した書面を関係会員に送付すると明記しており、「懲戒請求者の個人情報」を(会則に基づき)懲戒請求を受けた会員(士業)に送付していることを明らかにした。

ただし、それは1士業会のみであり、「残る全ての士業」は、懲戒請求者の個人情報を、会員には渡していないようだ。これらの文書回答は「会長名や役職を付して」発行されたものも複数あり、士業会全体としては渡していない例が大半であることが判明している。

これは明日以降のブログで「実際の文書を公開」するが、一市議が士業会7つに対し文書照会を行い、回答を得るというのは異常だ。地方議員のみならず、国会議員ですら驚いている。というか弁護士それぞれも、ここまで話が発展するとは思っていなかっただろう。この回答の一部は、士業会から(市議である私に)回答されたものばかりではなく、弁護士以外は監督官庁をもつため「官庁より照会」して得たものだ。

言い換えれば、省庁を6つ、市議が動かした、ということになる。
無論、そのような職権を市議は有さないので、なんらかのコネクションを用いて、達成したわけである。
そして、これらの「内部情報」は、週刊プレイボーイのみならず、他の週刊誌も「すでに持っている」状況だ。弁護士らが笛を吹けども、メディアはなかなか踊らないだろう。なぜならば、国が動いているということを、彼らは察知しているから。はっきり言えば、俺が情報を流した。

もう一つ、彼等にとって最悪なことを教えてあげよう。
「ひとつの士業会」は、懲戒請求のために提供された個人情報を、士業に渡していると回答している。私はこれを責めることはしないが、「改善の申入れ」は行いたい。当然、市議の申入れなど蹴るだろうし、蹴ってもらって構わない。私は「蹴られましたので、お力添えをお願いします」と、また議員会館に行く。

何が最悪の事態かと言えば、(すでに蹴る前提で私は動いていたのだけれど)、対応を求めたところ、(市議の改善申入れゆえ、蹴られる前提で)『うちから動きましょう』と快諾を得た。ある士業会には「監督官庁がある」ため、行政指導が入れば”綱紀委員会の会則”は【変わる】かも知れませんね。

・・・となると、【そんな対応をしているのは、弁護士会だけ】となります。
まぁ、自治権がございますので、内部で対応されるのがよろしいでしょう。
ここを踏み荒らせば、私は自治権を否定したことになってしまう。ですが、「自分でできませんよ」となった場合には、「高度な自治なんてできてない」と笑われると思いますし、【他の士業会が注視している】状況において、どのような判断がなされるのかは私も注目して見ております。

この詰将棋、だいたい勝った。
プレイボーイは、明記した。
『懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません』

その他の部分は、懲戒請求者に否定的な部分も多数あるが、この際、そこは容認しよう。
彼らは記者としての誇りを守ったのだ。ある意味では、勝負の行方を敏感に察知したのかも知れない。そして、これは「紙として」各コンビニで普通に販売されている。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

士業会の懲戒制度
他の士業会と、完全に一緒にする必要はないだろう。
それぞれ違う国家資格なのだから、それぞれの対応があっていい。

 

ただし、懲戒制度はそれぞれの士業にあるわけであり、
権利を行使する側、つまり国民からすれば、混乱を招くことはよろしくない。

私たち政治家は、国民の側を向いておりますので、
「懲戒制度の、だいたいの統一」は、やって頂きたいと思う。

 

弁護士会を除く士業においても、一つは「個人情報を渡していた」ことが回答されている。
これは「少数」でありますから、他にあわせて頂きたい。

権利を行使する国民が、混乱してしまうし、
こんな「事件」が起きている以上、権利の抑圧に近いことが生じてしまっている。

各士業の名誉を守る意味でも、このあたりは明確化されるべきだ。
かつ、共通化されるべきだろう。

 

それを議論するのは、まさに政治家の務めである。
私は市議ゆえに職権は有さない。だが、政治家ではあるため、議論することは当然のことだ。

さて、市議が「改善の申入れ」を行っても、蹴るだろう。
蹴ってもらって結構。

政治家には、市議もいるが、県議もいるし、国会議員もいる。
私には政治家の友人は多数いるが、国会議員も多数いる。

私には職権はないが、「友人は持っている」ので、借りるまで。
他人のふんどしでも、恥ずかしいとは思わない。

 

よって、士業会の懲戒制度については、今回、全て文書回答を得たので、
これらの全体を俯瞰した上で、全体についての改善案を政策論文としてまとめる。

いつもの業務フローゆえ、特殊なことをしているとも思わない。

 

そして私は本当に変えてしまうと思います。
(いつも通りだ。)

 

 

 

弁護士の自治
さて、弁護士会については困った。

彼等には自治権があるため、私が踏み荒らすことはできない。
是非、内部で決めて頂きたい。

 

その他の士業は、監督官庁があるため「行政指導」ができる。
ゆえに、国会議員が動けば、さらっと終わるわけだ。

おやおや、弁護士会「だけ」が遅れてしまう。
これは結構、恰好が悪い。

 

さて。
「自ら改善」できるのが、自治なのだと思うが、
ここは弁護士会は突っぱねないほうがいいと思います。

これをはねた場合は、「高度な自治はできていない」という論拠を私に与えることになる。

 

「自治権の剥奪」について議論を開始し、友人たちにロビー活動を展開することになる。
また、”恥ずかしい”ことになると私は思うのだが、他の士業会からすると「え?何やってんの?」という状況に、すでになっているわけでして・・・。

そして、今回のプレイボーイの私の発言も、見ているわけですね。

 

『弁護士の自治に基づき、高度な自治がなされることを強く期待する』と述べたい。

 

 

 

週刊プレイボーイ
コンビニでお求めの方は、【弁護士「懲戒請求」13万件の黒幕”余命三年”の正体がわかった!】と、表紙にデカデカと書いている号をお買い求めください。
(※1 余命氏らの懲戒請求は13万件ではなく、そのうちの1000?2000程度ではないかと思いますが、朝鮮学校への抗議の意味合いの懲戒請求は総計13万件だと思います。そのため、タイトルは少し違うと思いますが、週刊誌のアイキャッチとしては許容範囲ではないでしょうか。)

(※2 懲戒請求者の味方!という記事ではありません。結論部分としては、むしろ批判的な部分も多々あります。私のコメントは、懲戒請求と個人情報についてばかりを述べておりますが、それとは違う部分ばかりが掲載されてはおります。ただし、覚悟の上で取材に応じております。余命氏にも伝えております。)

(※3 その上で、取材を受けたことで、相手側の主張のみとはならず、かなり中立性の高い内容になったのではないか?と自負しております。またプレイボーイ側の編集もなかなかフラットで、たいしたものだと思いました。どちらにも拠らず、評価すべき編集能力だと思います。)

 

 

 

JAPANISM
こちらも紹介させて頂きます。

FBの言論弾圧について書きました。
本件については、甘利さんに直接プレゼンする機会を賜り、今後はIT議連に横展開して行きたいと考えております。
詳細は、また別途、告知させて頂きますが、笠間昇議員(綾瀬市議会)に引き継ぎます。

甘利さんの小選挙区であり、人間関係が深いこと、また関東圏に近いため複数の議員と連続してアポが取りやすいため、です。正式なキックオフは、笠間議員の一般質問後に打合せ予定となっており、別の形で告知します。

 

 

 

先日、羽田で受けた取材は、また別の媒体。
こちらは、「外国人がただ乗りしている社会保障」みたいなテーマでまとめており、保守系が好きそうなテーマとなっています。
まだ媒体名は明かしません。

ちょっと言いたいのは、リアルの売上でも無視できない規模になっており、「媒体も、こちら側の声をかなり反映するようになってきた」ということです。
それらの出版社を「ビジネスだ!」と批判する声もあるでしょうが、ビジネスならばビジネスライクに接すればいいのみであり、私は著述業という属性としても「斬り込む」のみ。

誰かが論述をもって戦わねばならぬわけで、
指を加えて見ていても何も変わらないのだから、
ならば、その舞台で戦うよりない。

 

今までの出稿依頼や寄稿依頼はかなりあったのですが、面倒だし忙しいしで、ほとんど断ってきました。

ただ、リアルの媒体でも保守系は注目もされておりまして、
ちょっと負荷はかかりますが、執筆方面や取材なども「もうちょい、がんばるかな」と思っています。

 

 

 

さて、弁護士会が追い詰められてきました。

 

恐らく週刊誌をはじめ、媒体を用いて包囲殲滅する腹だったのでしょう。

 

ですが、妙に取材慣れした議員が前に立つと、

 

思い通りには進みませんよ。

 

かつて西日本新聞にはズバッとやられておりますし、

 

神奈川新聞の某有名政治部長ともやりあいましたし、

 

東京新聞にもやられましたし、

 

バイラルメディアに誤報を流され、Yahoo!砲に撃たれ、

 

それでも記者会見を開き、自らの潔白を証明しつつ、

 

既存のリアルツールで戦い続けてきましたからね。

 

戦闘キャリアも経験も、少しは自信をもっております。

 

士業会まるごとを論じても、私ならば耐えきれる。

 

メディアは、単に敵ではない。

 

こちらも乗り込み、言いたいことは言わせてもらう。

 

舵は、少しずつしか効くまい。

 

だが「思い通りにはさせない」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

51 Responses to 週刊プレイボーイ掲載、小坪議員「懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません」

  1. medakanoon のコメント:

    週刊プレイボーイ掲載、小坪議員「懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません」 今週号の週刊プレイボーイに掲載された

  2. お味噌汁連邦軍(チンゲン菜とおダイコン) のコメント:

    甘利さんてあの甘利さんですか((((;゚Д゚))))
    小坪先生て実は小坪先生は仮りの姿で本当は大物国会議員なんじゃないかと思えてきました(意味不明)
    ねえ、小坪先生、
    本当になんなんだと腹が立ってばかりいますよ。
    懲戒請求騒動以降あっちもこっちも腹が立つことばかりですよ。
    アホみたいなウンコサヨクと向き合ってるのは余命クラスタばかりと思っていましたが、
    最近じゃいちミュージシャンの楽曲にさえいちゃもんつけて言論弾圧して煮え繰り返る日々です。
    何なんですかあいつらは。
    もう日本人の我慢も限界ですわ。 
    もう日本の国土に不要ですわ。
    安倍総理がトランプ大統領に入れ知恵して、米朝首脳会談以降は北も制裁強化されて日本の総連も、そこに繋がる総会屋みたいな連中もまとめてテロリスト指定かと思ってたのに、
    何なんですかトランプ大統領。
    何なんですか安倍総理。
    このまま北との国交正常なんですか?
    総連安泰ですか?北からの入国者がこの先うじゃうじゃ増えるんですか。
    冗談じゃないよ。本当に冗談じゃないよ。

  3. JL のコメント:

    おつかれさまでした。

    半分取り返したところ、全力でいじりまくりですね。
    プレイボーイとか男子が読むものと思ってましたけど今回は購入して読んだ後に男子にあげよう(笑)
    売り上げマシマシになればいいですね!

  4. 竪山 のコメント:

    普段雑誌は買いませんが週間プレイボール買ってみます,
    エンジンかかりすぎの様な気がします。
    体に気をつけて下さい、活躍期待しています。。

  5. ククリーナ のコメント:

    小坪先生いつもご苦労様です。
    私は今回の件で弁護士自治は一切信用できなくなりました。
    それで法務省に弁護士の懲戒は国主導でやって欲しいという内容も含めた嘆願書を送りました。
    他の士業会は各省庁の管轄なのだから弁護士会も省庁の管轄に入るべきだと思います。
    参考までに法務省で送った嘆願書の内容も載せます。

    大量懲戒請求の件を通して弁護士たちの目に余る非行と弁護士法の
    問題点が浮き彫りになり、このままでは司法全体に悪影響が出かねない
    と思い嘆願に至りました。

    【要望とその理由】

    1、懲戒請求者への訴訟禁止

    懲戒請求は請求者が弁護士会に懲戒請求書を送り、弁護士会が内容の
    精査をして、その結果で処分の執行の是非を決めるものです。
    しかし今回の大量懲戒請求の件では弁護士たちが不当懲戒を理由に
    訴訟をちらつかせて請求者を脅しました。
    不当な請求ならそもそも受理されずに終わるので訴訟の正当性が無く、
    弁護士たちのスワップ訴訟は今後懲戒請求は悪という風潮を
    広めかねないからです。 
     
    該当URL:
    https://gyazo.com/8ffaef57c920acddd288bfea5e48e777
    https://gyazo.com/94e98560cb0fedb3f11df780d9479ed9
    https://twitter.com/ssk_ryo/status/903943870739656704

    2、弁護士のカンパ行為禁止

    大量懲戒請求の件で弁護士たちは訴訟費用の為にカンパ
    をしていますが弁護士は自分自身が『代理人』になれるので
    訴訟費用は掛かりません。
    それなのに訴訟費用をカンパで賄えば敗訴しても黒字、
    資金が潤沢なので乱訴も可能という状況になります。
    橋下徹弁護士もカンパによる危険性を指摘しています。

    該当URL:
    https://twitter.com/ssk_ryo/status/990053368402927616
    https://twitter.com/noooooooorth/status/998783214117314560
    該当URL(橋本徹):
    https://twitter.com/hashimoto_lo/status/997654789503631361

    3、弁護士の政治活動の禁止、制限

    大量懲戒請求の件で非行が目立つ弁護士に見られる傾向として
    政治活動に傾倒している事も挙げなければなりません。
    精神的苦痛や業務妨害を訴訟の理由にしていますが言動を見る
    限り懲戒請求者を差別主義者と決めつけて報復、又は自分たちの
    正義を振りかざす為の訴訟にしか見えません。(懲戒請求者への
    訴訟禁止の理由にもなっています。)
    そもそも弁護士は政治活動の為に存在しておりません。。
    なので日本全国の弁護士に対して地方公務員法第36条2項や
    人事院規則14-7第5項のような法律が必要です。

    該当URL:
    https://twitter.com/kambara7/status/995099359225114624
    https://twitter.com/kambara7/status/995101507371417604
    https://gyazo.com/0a2996ec4d588bf487e718ef989a8a7f

    4、国主導による弁護士への懲戒

    弁護士会は決して腐敗していないと思いますが機能不全ではないかと
    疑います。
    その理由は懲戒請が受理される可能性が僅か2.3%と極めて低いこと、
    今までに挙げた非行弁護士の存在です。
    また、これは実例として挙げますが私は旬報法律事務所に苦情を
    入れようと電話しましたが旬報法律事務所は要件すら聞かずに電話を
    切ったため弁護士会に相談しましたが法人ではないという理由で
    泣き寝入りです。
    弁護士が弁護士を裁くかどうかを判断する状況が弁護士会にとって
    制約にしかなっていないのです。
    なので上記の理由と弁護士が国家資格であることを鑑みて弁護士の
    懲戒は国で決めるべきだと考えます。

    5、懲戒請求のガイドライン制定とその周知

    大量懲戒請求の問題の根底は懲戒請求のガイドラインの不備、
    懲戒請求に対する国民への認知不足にあると思われます。
    正しい意味での懲戒請求を知らず扇動される形で懲戒請求を
    してしまった者が続出したのは由々しき事態です。
    また、弁護士に対して法律に詳しくない国民が戦わないといけない
    構図も問題です。
    なので早急にガイドラインの制定とその周知活動を徹底
    するべきだと考えます。

  6. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    週刊プレイボーイの記事は全体的には懲戒請求者に対しては批評的な構成ではあるものの、大手メディアが殆ど触れて来なかった事柄迄踏み込んで書かれてましたね。

    扨て、ここである程度の予備知識があった方が、この記事を読む上で役に立つかと考えます。

     【左翼がサヨクにさよく時】自分と異なる考えの人間になることを「洗脳された」と呼称するサヨク
     【左翼がサヨクにさよく時】サヨクの分類
     
     
    この度の週刊プレイボーイの記事を見て「余命共、ザマぁ?www」と笑っているおパヨク様が居れば、それは間違い無く『【左翼がサヨクにさよく時】サヨクの分類』での”下級サヨク(ただの純粋馬鹿サヨク)”か”開き直り系下級サヨク”に位置する者です。
    週刊プレイボーイの記事のに危機感や怒りを感じる者こそが”上級サヨク”と言えるでしょう。

    全体的には懲戒請求者に対しては批評的な構成ではあるものの、余命サイトの本来の目的である”朝鮮人による悪事の周知”を、しっかりと担ってくれているのです。
    おまけに余命をカルト扱いしつつも同時に、おパヨク講習1時間1万円と言う、おパヨク様のカルト性と資金作りの手法を、文末で華々しく紹介しまっているのです。

    そもそも余命にとって懲戒請求は単なる手段であって、目的では無いと認識しています。
    つまり懲戒請求とその報復訴訟に対する抵抗よりも、”朝鮮人による悪事の周知”とそれへの気付きの機会提供と言う目的が、週刊プレイボーイによってある程度達する事が出来てしまったとも言えるのではないでしょうか。

    おパヨク様からすれば、週刊プレイボーイを恨みこそしても、「余命共、ザマぁ?www」と喜べる内容ではありませんでした。
     
     
     
    余談では御座いますが、反日勢力無効化ブログにて小坪先生のブログが『行橋市市議会議員小坪しんや?朝鮮戦争終結の可能性に期待、在日朝鮮人は難民じゃなくなる?【気になる人はシェア】2018年4月27日付記事』と言う形で引用されておりました。

    【反日勢力無効化ブログ】戦勝国日本誕生!!|戦後日本で実施された赤狩り
    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

    メディアを通さなくても、着実に影響力を強めて行っている様ですね。

  7. 名無しさんでお願い致します のコメント:

    米朝首脳会談は決裂すると思ってたんですが、金正恩が大人しくなりましたからね。テロ支援団体指定は流石に出来ない。ニュースを見ると既に北朝鮮側が勝手なことを1日もたたずに言いはじめているので、圧力強化でテロリスト指定が使える状態になりました。ただ、これを使うことで拉致被害者救出に支障が出るようでは不味いかと思います。なので腹立たしい事ではありますが、まだ我慢する時期です。幸い左翼の皆様方は自分達が何をしているか自覚してないようです。現状では事実を有りのままに受け止め改善していこうとする人はまだ少ないと思います。
    この事態を多くの人に見てもらい、問題を認識する人が1000万人位まで増えれば確実に状況は変わります。テロリスト指定はゴールでは無く通過点です。その先の本来の日本と日本人を取り戻す為に、今は左翼の皆さんには暴れてもらってる方が都合がいいです。日本人は秩序,調和,礼儀を重んじる民族ですが、沸点が高いのでそこに到達するまで我慢です。

  8. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、七士業会(弁護士会も含む)において、懲戒請求者の個人情報が担保されているのかどうか?とういう疑問にチャレンジしていただき、本当にありがとうございます・・と改めてお礼をいいたいです。んで、結果が出始めた。すごいことだ!

    いままで、七士業会において、懲戒請求者の個人情報が担保されるのかどうか?という疑問を持つ人はいたかもしれないが、それを実行した小坪先生は、ほんますごいわ・・・と改めて、拍手!拍手!拍手!・・・手が痛くなったw

    弁護士会を除く六士業会の「ひとつの士業会」は、懲戒請求のために提供された個人情報を、士業に渡しているそうですが、ここも、公開していただきたいし、ぜひ、監督官庁があるのだから、改善を進めていただきたい。

    んで、監督官庁のない、高度な自治がなされている弁護士会に刮目!!!いまや、日本全国民が刮目する事態になった!・・・小坪先生、大殊勲賞ものです。そして、実際に懲戒請求をされた余命クラスターの方々の勇気と決断に改めて拍手!余命クラスターの方々も今頃は、どや!とおもわれているのでは!

    弁護士会において、今後、高度な自治がなされるのかどうか?刮目です!!

    閑話休題・・・・・・・・・・・

    週刊プレイボーイ!ときけば、米国版のプレイボーイ、ペントハウス等とならんで、小生も若かりし頃はいろいろお世話になりました。ですが、最近は、手に取ることもなかったのですが、久々、購入してみたいとおもいます。

    さらに、週刊プレイボーイの記事が、かなり中立性の高い内容になっているという小坪先生のご指摘がありましたが、と、いうことは、プレイボーイ編集部が編集において、矜持ある対応をしたということですね。なんだか、やるじゃん!プレイボーイといいたくなりました。その一方で、週刊文春は・・・、ま、やめておきましょうw

  9. 田中一郎 のコメント:

    小坪先生、お疲れ様です。
    今日にでも早速週刊プレイボーイを購入したいと思います。妻に変な顔をされそうですが(笑)
    外国人の医療費問題で、政府が動き出しましたね。
    更に、和田先生が、押し紙も問題を追求。
    リアルの世界も、かなりの動きが見られるようです。

    • WAO のコメント:

      気鋭の保守言論系の人達の意見も載せると、雑誌は売れますよ、
      という流れが出来るといいですね。
      これまで未開拓の分野、といっても良い訳ですし。

      私も買います。

  10. 匿名とさせてください のコメント:

    小坪様、おはようございます。
    少々脱線しますが、お許しを。

    私が敬愛する五十六パパ氏のツイートです。
    小坪議員にやきもち?を焼いておられます(笑)
    https://twitter.com/isorokupapa/status/1000140117653143552
    ・・・
    続き。オレと違って(笑)小坪氏の説はあのじいさんの説得に十分な重みがあるって事だよな(;´Д`)
    ?
    ・・・

  11. 一郎 のコメント:

    左右陣営が解釈次第で正否を問える情報よりも、客観的な事実の情報を持ってるって強いな・・・

    ねずみ獲り大成功。

    今までそうだったように、これからも、弁護士会が高度な自治をできる訳がない!

    ねずみは、司法で、懲戒してもらいたい。

    ☆プレイボーイ、買います☆

  12. 青森太郎 のコメント:

    小生、昨日購入して参りました。
    何十年ぶりかで、この手の雑誌購入と相成ったのですが
    年寄りが買うことを奇異の目で見られやしないかと
    自意識過剰で手が震えました。
    (興奮したのではないと主張したいものです。)

    レジで表紙を晒す勇気がなく
    定期購入のジャパニズムと
    余命三年時事漫画を上に重ねての購入となりました。

    「余命三年」が何らかの雑誌にデビューする事は
    予想はついておりましたが
    それがプレイボーイとは思っても見ませんでした。
    雑誌デビューとなり、一層、余命クラスタへの注目度が上がるというものです。

    ジャパニズムの小坪議員の論説も拝読致しました。
    切れ味鋭い文章に喝采と賛嘆を贈ります。
    多方面に於いての御活躍、頼もしく拝見して居りますが
    くれぐれもホワイトデビルなぞに捕縛されることなきよう
    休養を願い上げ存じ奉ります。

  13. テロ指定共産党 のコメント:

    東京都はヘイトスピーチ規制+人権擁護条例を出すようです。

    建前は、東京オリンピック・パラリンピックを迎えるにあたり、都の条令を整えることが目的ですが、過去に国会で何度か廃案にしてきた「人権擁護法案」と同じ危険な条例になるでしょう。

    ・東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念実現のための条例(仮称)の概要の公表及び意見募集について
    http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/06/04/04.html

    東京都総務局人権部企画課 意見募集担当は「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念実現のための条例(仮称)」を平成30年第三回都議会定例会に提出する準備を進めています。

    内容は、オリンピック憲章を利用しヘイトスピーチを重ね合わせた「人権擁護条例」ですね。

    危険なのは、セクハラと同じで相手の気持ち次第で規制されます。例えば地域で決めたルールを守らない人に注意(お願い)をしただけでも、相手が邦人でない場合、差別として訴えられれば差別発言として規制の対象になる可能性があります。

    このような条例が発令されれば、異邦人は差別を盾に勝手に振る舞うことが出来、邦人はお願いも出来なくなります。これでは共生ではなく寄生になり、先人が築き上げてきた秩序の有る社会が、共生を理由に身勝手なルールで秩序が壊されて行きます。結果として、行政が担うサービスのコストは、うなぎ登りに上昇するでしょう。
    何故ならば、行政側も差別発言を避けるために、異邦人側の要求も受け入れざるをえず、仕事量が倍増する懸念があるからです。

    大阪市でもヘイトスピーチ規制条例が出され、全国の日本人が規制の対象になりました。しかも規制の有無を決めるのは司法ではなく大阪市という、国会の立法権限を越えるとんでもない条例です。同じことを東京都が企てているようです。

    意見の募集は6月30日迄です。施行は来年の4月1日予定です。

    内容を読めば、ネットでの表現も規制対象になり、オリンピックを理由に国市町村とも連携するそうです。

    条例が施行されれば、日本を取り戻す保守活動の多くが規制の対象となるでしょう。
    .

    • 琵琶鯉 のコメント:

      もともと、日本人には人種差別や男女差別などなかったんです。あったのは、「区別」それぞれの特徴を生かし集団生活で、自らの役割を果たす。
      それを壊したのが、半島から蜜入国してきた連中。楽して(働かず)美味しい所取りをする連中。日本人が最も嫌う人種です。当然、指導が入るでしょう。
      それを差別とか。皆さんガンガン、東京都に意見をいれましょう。拡散宜しくお願いいたします。下手すると東京オリンピック・パラリンピック、ボランティア、や日本人客来ないかも。
      反日勢力はこれを狙って、いるかもね。

    • 波那 のコメント:

      呆れて物も言えません。あの罰則規定のないヘイト法でも、そこのけ、そこのけ、?が通る状態なんですよ。あの人達は差別だ、差別だと恫喝で日本人が持てない特権も手にしてきた人達なんですよ。自分達はルールとか、社会生活、人間関係の常識を逸脱する位、何とも思っていない。そんな人達に自分達の思い通りに日本人を牛耳るというお墨付きのチャンスを与えたら駄目でしょう。

      トランプ大統領が仰ってましたが、アメリカでは自由にMerry Christmas !も言えない。自由の国だと標榜していたアメリカの信教の自由は何処に行ってしまったのか?ポリコレでアメリカ社会は恐ろしい抑圧社会になってしまっています。敗戦後から始まった、あの人達の横暴さ、暴虐さを知れば想像力を働かせることが出来る筈です。本当に呆れて物も言えない。

    • 西島新吾(仮名) のコメント:

      テロ指定共産党 様

      私は都民ではありませんが、東京都内自治体に於ける 赤すぎる左派(どことは言うまい)首長の自治体条例は危険だと思っております。

      聞こえが良い『共生』や『人権保護法案(条例)』も使い方一つで、元々暮らしている方々に大分不利に働く条例等は『右派.中道.左派(赤くない)』にとっても不利に働く事です。

      そのものズバリはい、ある特定の国+続々来日する困った外国人様ですよー
      どげんかせんとね!

      • 西島新吾(仮名) のコメント:

        『差別』『区別』『平等』『人権』

        とても便利な言葉だと思います。

        でもその中に秘匿されている、歴史の解明が大事です。
        江戸時代から現在に至るまでにこの二つの言葉が適用されてきたのはつい数十年前なんですね。

        …… 何が言いたいかと言うと、困ったちゃんの外国人だけではなくて、我々日本人(特権階級+平民よ)にも当て嵌められます。

  14. Kotaroの母 のコメント:

    小坪先生
    おはようございます。

    見事に火中の栗を拾ってこられましたね。
    自らの炎上を厭わない覚悟があってこそだと思います。
    絶大な爆発力でした。
    わたしなど線香花火にすぎませんが、たくさん束ねるとそこそこ燃えると思いますので、応援させていただきます。

    お体に気をつけて

  15. 匿名 のコメント:

    先生おはようございます。

    弁護士…監督官庁必要だと思います。

    あそこまで、腐りきってる状態で自ら改善出来ないと予測。

    結局自浄する事なく、どうなるんだろう…暴れた弁護士をトカゲの尻尾切りで逃げようとするかしら。逃げ切れないでしょうけど。

    弁護士会もすでに捲き込まれてますし、検察にもいずれ火の粉がかかって行くと思いますが。一般の国民が権利を行使した事に、弁護士から訴訟で脅されてるんですから…。その脅しの訴訟に、弁護士会から洩れた一般の国民の住所氏名を使ってるんだから、救いようないです。だんまり決め込んでる多くの弁護士さんにもいい加減呆れてます。

    小坪先生だからここまで物事が進んだんでしょうね。本当すごいです。

    徹夜続きで頑張って頂いた事忘れません。ありがとうございます。

  16. 日本女性 のコメント:

    小坪先生、ありがとうございました。読み進みながら、ウルウルしてきました。ここまでやってくださったのかと。

    週刊プレイボーイという媒体が意外でした。昔は優れた中南米の文学をどこよりも紹介していたのですが、今は左翼?極左です。姜尚中を強力に売り出した出版社ですし、田中優子法政大学長や故筑紫哲也も重用していました。時代が変わったと思いたい。

  17. 縁の下 のコメント:

    小坪先生お疲れ様です。

    どんどん目に見える形になってきてますね。

    リアルが忙しいのなら、ブログの分量を半分くらいに落とされてはどうでしょう。

    睡眠時間も確保して頂きたいです。

  18. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    お疲れ様です、こうしてみると弁護士会って異質ですね…つくづく…言論弾圧への抵抗を引き継ぎされる笠間議員さんも宜しくお願いします。

    >「外国人がただ乗りしている社会保障」みたいなテーマ

    医療の件だとは思いますが、市議は前々から生活保護や扶養控除とかも触れてますし、いずれかもしくは全てか…一刻も早く改善されて欲しいものです。
    医療費に関する一般人の改善希望内容は、大体一緒な感じです。
    逃がすな、入れるな。

    不正を働いた外国人の『再入国を拒否する方針』を政府が決定した模様。今までできたのか!とツッコミ殺到
    ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511517.html
    78:名無しさん@涙目
    ちなみにサウジアラビアは指定の医療保険に入らないとビザが発給されないし、ビザ申請時に保険料もしっかり取られる。

    103:名無しさん@涙目
    未払いの部分じゃなくて
    問題は
    3割負担10万以内で済むってシステムが利用されてるわけで
    保険料なんて屁みたいな額払う払わないが問題じゃないのだよ

    日本に入国できること‥帰化できる基準をもっと付加価値をつけても良いと思う。
    より厳しくして欲しいよ。
    外国人よる犯罪も多くなっている
    帰化の取り消しも含め反日活動する人は日本人として相応しくない。
    議員や公務員に関しては、もっと厳しくするべき。国籍条項は必須! 

    病院・診療機関からの申告により、入国管理局のデータベース・サーバーにパスポート情報(国籍+パスポート番号=ID)を登録していなければ、入国時に、入国審査官が、その人物が医療費未払いがどうかわからない。
    ただし、病院関係者(事務職員)が直接入国管理局のデータベース・サーバーにアクセスしてデータを登録させるわけにはいかないので、申告があった後、審査し入力・登録する法務省?入国管理局?の事務官が必要となる。

    >>病気治ったらもう来ない
    次に困ったときは別名のパスポート
    入国拒否予定は2年後
    1度目の払い逃げには対応できない
    バカ政府すぎて涙がでらぁww

    政治家の失策は結局俺達が尻拭いするって理不尽な事だよな。三国人や貧困外国人選んで招いているんだから、政治家が身を切って責任取ってみろってな。

    ※31
    ないよ。
    あの人達を担保する国も企業も無いから、支那人御用達の銀聯カードって、デビットカードだってw
    デビットカード持って無い支那人は、日本国内の病院に掛かれないようにすればいいかもね。

    年度ごとや月ごと等詳細は任せるが、
    未払いがある国籍の他の入国者から、未払い医療費保険料とでも名付けて全員から支払いを求めろ
    連座のようなものだ
    徴収余剰分は翌年や翌月に繰り越すか、日本の国庫に入れてしまえ

    何番目かのレスにあったけど
    ビサの保証制度や団体客ツアーの一部が犯罪や不正をした場合ツアー組んだ
    旅行社へのペナルティーはキツかった
    それを緩和、廃止したのは例の党だし
    な、今更何を言ってんだと…

    新しい制度を導入しなくとも、詐欺で逮捕状を出しておけば、再入国時に逮捕できるし。
    要は、不払い詐欺での被害届を出さない病院に主因があるんじゃね?
    農水省で、種苗登録を怠ったのと同じ。

    働かないナマポ外国人も追い出せよ。

    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48819125.html
    日本の薬を中国人は、密売してるとか。
    日本の医薬品は「神薬」中国に密売か…9人逮捕
    6/13(水) 15:30配信 読売新聞

    病院が支払う目処のたたない外国人に対して、其れなりの治療で押さえるべき。お前らだって健康保険料払ってるんだろ?そういういい加減なことされてヘラヘラと、治療費払って貰えませんでした、国さん何とかしてくださいとか脳ミソ足りないような事言ってんじゃねぇよ。

    入院時にパスポート預かるようにして、
    返済が終わるまで返還しないようにしたら?

    まずは回収する努力しろよ。
    更に1回目には無対応と言う無能。

    でも未払いで出国拒否するだけだと、それを盾にして不法?滞在しそうじゃない?
    むしろ母国に債権を即強制買取させるかODA減額とか。(無論この協定結んでない国の国民は出国時に即逮捕)
    借金とりの手間を詐欺られた国側が追わなきゃいかんとか馬鹿馬鹿しいわ。

    2年猶予作るからその間に生活保護と国保加入してね、今まで通りただで治療できるから。
    っていう配慮だろうなぁ。

    医療系と空港が情報やり取りして、治療費払って無い外国人は飛行機乗れないようにしなきや
    踏み倒しの犯罪者だから、犯罪者リスト

    >その前に未払いの奴日本から出国させるなよ

    これだよなぁ。
    外国人診療の際にパスポートの提示を義務付け、未払いの場合は入管に連絡、入管が逮捕&再入国禁止が望ましい。
    デポジット制にすればいいんだよ。犯罪率が高い国ほど高く設定すればいい。

    共同通信記者が『加計取材で盗聴行為をしていた』と暴露された模様。報道陣への要請を完全無視
    ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511484.html
    大阪支社編集局社会部の記者をけん責の懲戒処分、松山支局記者を厳重注意処分

    33:名無しさん@1
    >>29
    いち民間事業者が役所とやりとりする過程を全て晒さないといかん道理はないだろう
    そこまで要求してる野党もマスコミもいない
    共同通信社が盗聴を認めて謝罪しているのが、この件の全て

    69:名無しさん@
    >>1
    >問題ある行為と認識していたことから、回収はしなかった。

    ほんとか?無線で音声を飛ばす盗聴器をレコーダーと言い張っているんじゃないだろうな。

    70:名無しさん@
    >>68
    前ドキュメンタリー番組でやってたけど犯罪被害者家族が取材断ったら玄関に石投げられたってやってたな
    悔しさ忘れないために今でも割れた窓ガラス直さないんだって

    65:名無しさん@
    最近共同通信の取材での不祥事多いね
    でもこれって表にでてこなかっただけで今までも不適切な取材やりまくっていたんだろうな

    建設的にいけばいいですね。
    この盗聴事案を同席を拒否する理由に使えばいいでしょう。
    そもそも民間ならやつらダマスゴミ業者にバカ正直に付き合う必要もないですから。

    和田議員は野党全員より遥かに仕事してくれてますよね

    【新聞の“押し紙”問題】自民・和田政宗「日本独自の商慣習で公正な取引と言えるのか。販売店は弱い立場で苦しい状況」(国会動画)
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/53656017.html
    23: あなたの1票は
    >>1
    部数を元に広告費を決めてんだから、詐欺だよ

  19. のコメント:

    小坪先生、連日連夜お疲れ様です。先ずは体調など崩さぬようにご自愛ください。究極の詰め将棋流石です。しかし、余命さんと懲戒請求者を攻撃した弁護士さんは、ここまでの展開は全く予想していなかったのでしょうね。私利私欲で動いたのか、もしくはかなり強力なバックからの命令なのか?しかしながら彼らは三手先しか読めずにあとは、行き当たりばったりですかね?いやいや、でも安心は出来ません。全員でまとまり焦らず頑張りましょう。

    • ククリーナ のコメント:

      強力なバックは想像してなかった・・・
      もし強力なバックがあるなら今までの強気(というか傲慢)な姿勢も納得ですね

    • >詰め将棋
      第三者的視点で見ると最初の会見からマスコミを動員した量との戦い
      なので受けですが
      小坪議員の立場では攻めが可能、詰め将棋という表現予想どうりで
      少し退屈だったりして、弁護士もいきあたりばったり、只受ける
      反撃に対する展開の構想もあったりして
      詰め将棋で例えると大道詰め将棋の双玉方とか
      自分の玉を気にしないと空き王手もある
      一人客を捌いて駒を並べ直す
      ほとんど同じなのだが駒が1マスずれてるだけで
      全然違う展開に成る
      一段落したら予想していた違った展開も教えてほしいです。

  20. 両論 のコメント:

    毎度の記事、お疲れ様です。

    >この詰将棋、だいたい勝った。

    勝利条件を明確にしておいた方がよろしいのでは?

    ……と思ったのですが、もしかして全ての文書回答を得ることが勝利条件だったのでしょうか?

    そこからつながって、個人情報の取り扱いが法的に誤っていることを指摘できたら勝利だというなら論理的ですが、
    その点は小坪さんも敬意を評しておられる小倉弁護士が述べておられるように問題のないことですし、
    そもそも勝利条件になりえませんね。

    と申しますか、そもそも「懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはず」という
    小坪さんのご認識が間違っておられませんか?

  21. ななっしー のコメント:

    両論さま
    毎度の記事で、小坪さんが述べておられますが、弁護士さんは司法(法律に則って、お仕事をされる。)に属され、小坪さんは立法(現状を鑑みて、法律を作る、変えるお仕事をされる。)に属しておられます。
    個人情報の取り扱いが、今現在、法的に問題が無いからこそ、【法、制度を変えざるを得なくする】ことでの勝利を狙ってらっしゃるのではないでしょうか。
    であるならば、他の士業からの文書回答は何よりもの勝利条件かと思われますが。

    また、懲戒請求が弁護士会に対してのものでないとするならば、一体懲戒請求者の皆様はどこに対して請求なさったことになるんでしょう?
    両論さまの仰ることが、終始さっぱり分かりません。

  22. 田川の助さん のコメント:

    話題違いですみません。
    最近の新幹線での事件等、新幹線の評判を落とすためのテロ行為に感じませんか。オリンピック控えてますし。
    考え過ぎなら良いですけど。

    • Kotaroの母 のコメント:

      田川の助さん様

      わたしも同じように思いました。
      新幹線は日本の象徴だと思っています。
      世界に類を見ない正確性・経済性・安全性・環境に対する配慮。
      当たり前と思っているわたしたち日本人ですが、海外からの見方はそうなのです。
      「日の丸」「富士山」と同列なのではないでしょうか。
      明らかに日本を貶めるための攻撃だと思います。
      単発・偶発的な事件に終わらせようとしているところなど、やり方が卑屈ですね。

    • 西島新吾(仮名) のコメント:

      田川の助さん様

      今まで『地震』でしか止まった事のない新幹線でした。
      その安全性は開業から今日まで、充分議論され対策を練られて担保されてきたものです。

      何年か前に、焼身自殺? ありました……
      ついこないだ…… 殺傷事件がありました……
      果たして犯人はかの国の方か?
      それとも、現在の日本の在り方に疲れた若者の犯行か?
      解明が闇に葬られるだろうと思いますが、純粋日本人、混血日本人、帰化日本人…… 日本国籍を取得してたなら、やっぱり『日本人』なのです。
      (私は民族論争にはうんざりしてます、民族浄化とかは世界の恥です。)

      そして、この間小倉?下関間でトンネル内自殺?がありました、正直申しまして日本人は疲れきってると思います。

  23. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    ゴーゴーヘヴン どこまでも行こう ヘーイイェーイ!
    今井絵理子ちゃんキャワイイ?
    スピード最高!
    弁護士会ヘヴンズドライヴでゴーゴーヘヴンしちゃいなよ?

  24. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    追記です。和田議員も触れてくれました。呆れているでしょうね…

    RADWIMPS『ヒノマル』 問題に国会議員がコメントする事態に・・・ 「どこが軍国的?」、「言葉狩りしていたら権力を批判する歌さえ歌えなくなる」
    ttp://jin115.com/archives/52223490.html

    【国内】偽バイアグラ輸入未遂容疑・・・、大阪の韓国籍の男を再逮捕=愛知県警
    ttp://www.wara2ch.com/archives/9136236.html
    大阪市生野区新今里、韓国籍の自称自営業、高宗玄容疑者(44)を再逮捕

    45: 2018/06/14(木)
    民団の綱領には韓国の憲法と法律を遵守するということが書いてあっても日本の憲法と法律を
    遵守するということは書いてないからな

    ( ´_ゝ`)AKBチケ転売で韓国人逮捕、発覚した経緯がヒドイ。言い訳がまた最悪
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49606870.html
    逮捕されたのは、私立大学4年の佐藤丈太容疑者(22)と韓国籍で会社員の劉丞鎬容疑者(22)ら4人

    9: 名無しさん@
    >その際、駅の構内に侵入し、客に「入場券」を手渡す、
    いわゆる“キセル”を頻繁に行っていたとみられています。

    犯罪手口を教えるTBS

    10: 名無しさん@
    >韓国籍で会社員のユ スンホ容疑者(22)

    やっぱり就職でも日本人差別があるのは間違いない

    小林に再犯させないためにも死刑で

    【新幹線殺傷】逮捕された男(22)、“出所したら再び犯行を起こす”という趣旨の供述
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/53654828.html
    55: 名無しさん@
    つーか、こいつは自殺したいんじゃなかったのか
    いつから、他人を襲うことに目標が変わったんだ

    犯罪者の交換留学みたいなのはどうだろう。ブラジルとか、アメリカの凶悪犯と一緒に過ごしてみるとか、過酷な境遇に入れてみれば良い。日本の刑務所では幸せすぎる待遇かもしれん。
    死刑が良いが変な基準ができて死刑にならないだろう。

    人生を終わらせる権利も、時としては人に与えられた最大の自然人権に定義する事が出来ると思う。そして、その多様性を受け入れられる社会こそが、成熟したこの現代日本社会なのである。その社会においては、望むものには、尊厳ある死を与えねばならないだろう。そしてこれを容認せられねばならない。

  25. じた のコメント:

    弁護士会や弁護士が言い訳をすればするほど、
    弁護士会は自衛はしても自治はしていない全くの無能(余命氏視点で言えば反日)組織だと自ら証明していくスタイル。

    弁護士会が組織として懲戒請求を取り扱ってないのが当然なのでしたら、外部の監督機関が必要ですね。
    自治をするつもりがないか能力が足りないかですからしょうがありませんね。

  26. ねとらぼが嫌いになった名無し のコメント:

    失礼いたします。
    すでにご存じとは思いますが、懲戒請求の件で小坪さんが
    疑似パブリックコメントを集められた「保守速報」が、
    「差別煽動サイトであ」るとして広告の掲載を停止される事態になっています。

    「ねとらぼ」は『まとめサイト「保守速報」から広告バナーが完全消滅 広告主に問い合わせる“広告剥がし”の動きが加速か
    「ヘイトの温床」として以前から問題視されていたサイトでした。』
    という記事を6月13日に掲載しています。
    ttp://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/13/news150.html
    このサイトは面白い記事を扱う一方で、
    前々から李信恵氏の肩を持ったり、津田大介氏のコメントを取り上げるなど
    偏りは感じていましたが、一方的な物の見方で「ヘイトの温床」と決めつけ
    勝ち誇った見出しをつけることに違和感や嫌悪を感じました。

  27. 毎日ありがとうございます。
    余命ブログ更新されてますね。
    読者の「あまむし」さんの論考、見事です。
    どんなに言い訳しようと、弁護士の「高度な自治」なんて無いことがよくわかります。
    そもそもあの「朝鮮人学校への補助金支給要求声明」は、誰にも責任が無い、と言ってるようなもんやと。
    さすが弁護士、スゴい屁理屈です。

    小坪さん、すでに西日本新聞、神奈川新聞、東京新聞、Yahoo!にもやられてたんですね。
    それでもなお、<メディアは、単に敵ではない。>と言えるところがスゴい!
    私も週刊プレイボーイ、ちゃんと買うて読みましたよ!
    こうやって実際にお金が回っていくことが大事なんやね。
    応援してます!

  28. 奈々史 のコメント:

    小坪議員お疲れ様でございます。
    プレイボーイの掲載おめでとうございますhttp://wpb.shueisha.co.jp/2018/06/12/106010/images/0
    こちらを読んで来ましたが、これは我々側の完全勝利の大きなアドバンテージになったのではないかと笑いがこみ上げて仕方ない。

    まず冒頭から悪徳弁護士会が 「朝鮮学校に補助金を出せとの声明を出した」と今の状況で致命的なテロ支援事案行為をしてしまってることを暴露されwww

    次いで余命三年時事日記の大体的な宣伝と印象的なタイトル「日本人と在日朝鮮人の戦いが始まった」と共に、弁護士会及び、一部弁護士と、日本人からしたら受け入れ難い行為に対して、ブログ主と一緒に立ち上がった国民たちが対立構図になっていること。。これが浮き彫りになってしまっている。

    更にこともあろうに、国民の正当な訴えに対して不服の一部の弁護士は懲戒権を持つ弁護士会を素通りして、なんと懲戒請求した一般個人に恫喝的訴訟を起こしてしまっていることも、暴露されている!!

    更に更に懲戒権を持つ弁護士会は守るべき個人情報をぞんざいに扱い、被懲戒弁護士にスライド通知とは。。

    読む人が読めばトンデモないのは弁護士会と訴えに出た弁護士の方だということが、つらつらつらーーーーっと書き並べてあるのですよwwwwww

    これは笑いしか出ない。全国のコンビニや本屋に並んでる〜
    読者は若者中心でしょうが、プレイボーイという政治に興味が普段はないであろう層が顧客の雑誌ですしw

    あえてのプレイボーイ、正解ですよね小坪議員?

    これは楽しいことになりましたね〜
    愉快愉快!!今夜の酒はうまいわ!

    プレイボーイ、イイ仕事しましたね(^o^)

  29. ぎしんあんき のコメント:

    だいたい懲戒請求制度を設けておきまがら、大量に来たら懲戒請求をするなですよ、弁護士センセイ様は。(笑)
    そのうえ見せしめに送ってきたやつを一人一人訴えてやる、どうだビビったかですよ。
    弁護士会の個人情報保護についてなど、ただ挙げてあるだけで、今までの習慣のほうを優先する。これで順法精神などとよく言えたもんだ。
    弁護士の高度な自治? できてないじゃないか!!
    どうひねくり回しても俺様ルールなだけってことがバレてしまいました。
    御託を並べずに法律守れよ。
    まさに悪しき習慣は自ら正せるのかな?(笑々)

    マスコミもそうだけど国を相手に戦う姿勢を見せることで人気取りしてきたけど、知ってか知らずに本当に法律を守らない人が増えてきたと感じる。
    反体制だからって犯罪やってもいいってわけじゃないんだよ。(法律に書いてないからいいんだっていうやつ、いったいどこの国から来たんだ?)

    週間プレイボーイも商売上手というか、時代の空気読んでますね。(グローバル商売も転換期だなあ)
    これから各士業の比較ができるそうで勉強させてもらいます。
    小坪先生、どうぞご自愛を。

  30. 加藤 孝明 のコメント:

    プレイボーイを購入し、記事を読みました。

    神原元(はじめ)弁護士というのはかなり悪質な弁護士であると感じました。
    まず、お詫び文の写真を記者に渡していること。インターネット時代は何気ない風景写真からも個人を特定できてしまいます。個人情報保護法は個人を特定させないことが主旨なのですから、個人名を黒塗りした程度では順法精神があるとは言えないでしょう。
    また、懲戒請求の損害賠償をヘイトクライムへの懲罰としています。これは警察の別件逮捕と何が違うのでしょう。先にヘイトクライムを犯罪とする法律文を政治家に渡すことが法曹界のやることでしょう。

    プレイボーイは硬派な雑誌なのですね。「在日コリアン弁護士協会について?」と重要なことをしっかり記事にしています。この組織が弁護士たちの資金源なのでしょうね。

  31. 名無しさん のコメント:

    小坪市議、お疲れ様です。
    プレイボーイ、早速拝見致しました。
    「余命3年時事日記」という単語がようやく市井のもとに届けられたということが重要だと感じます。祝、余命雑誌デビュー!

    記事の内容もなかなか興味深い貴重なものでした。
    あと小坪市議が士業に資料として提出した「例のツイッター画像」も掲載されてて思わず噴きましたwプレイボーイこれ解ってて煽ってるだろwww

    ただあそこに書かれてある全ての事柄がファクトとは思えないというのが率直な意見です。
    特に「懲戒請求を取り下げた二名のうち一人」はフェイクなのでは?
    一人は以前懲戒請求訴訟でマスメディアに露出した際に出された方がいましたのでこれは間違いないと思いますがもう一人の考え方や発言がどうもテキトーすぎる。余命の読者層にこんな奇特な人間いるのか?
    私の人生経験が少なすぎるだけかもしれませんが「編集者の演出では?」と感じました。
    まあこの方が実在したとなると最後の数行の発言に書かれている部分が衝撃的すぎてコレはまた別の問題に発展しそうですが…。

  32. いてぃし のコメント:

    推察するに、弁護士会は、多くの労働組合と同じで、活動(運動)方針や声明、決議文案を策定する事務方に一定思想を持った人々が居るのではないでしょうか。
    そして弁護士法1条を盾に、その思想に寄与する法制度・運用に関する意見表明が行われているとすれば、ここに外国勢力が入り込むのは極めて危険なのですが、日本人ではない弁護士も居られることに違和感を覚えます。
    弁護士は、公務員のように、国民への奉仕者であり、政治的に中立であるべきことを弁護士法に明記し、宣誓させ、政治活動をするときには弁護士資格を停止することとする必要があるのではないでしょうか。

  33. いてぃし のコメント:

    追記:もちろん在日外国人の人権は日本国民固有の権利を除いて守られなければなりませんから、これを担保する形で、それでも日本国民のための弁護士法改正を望みます。

  34. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    歯を食いしばって前歯を見せながら少し笑ってしまいました。
    解りますかね?ギリギリと奥歯を噛み締めながらも笑ってしまうような。
    怒りと希望が同時に噴出しました。
    週プレは好きでしたよ!もう暫く買っていませんが。
    結構、読んでも面白い本だった記憶があります。

  35. 西島新吾(仮名) のコメント:

    こんばんは

    スレチなのですが、前川助平氏が北九州市議(女性)に対して何かやらかして提訴されたみたいな事をKBCラジオで耳にしましたよ。

    何やったんやろ………… ?
    何個か先のブログ記事のネタになったりして(笑)

    プレーボーイ…… 久し振りに読んだ(グラビアも)、大体お互いが納得するような記事の作り方かなぁ(比率は敢えて口をチャック)。

    • 西島新吾(仮名) のコメント:

      こんにちは、空梅雨も来週からは本格的になりそうですね。

      こちらは田植えシーズン真っ盛りになってきました(蛙の合唱等(笑))

      『詰め将棋』…… 私が諸記事に感じた事が間違いではなかった事は素直に嬉しいですよ。
      うちトコのコンビニはプレーボーイにビニールを被せてある(= ムフフ本扱い?、いや違う立ち読み対策としておこう(笑))のですよ、買う気はなかったので立ち読みで済ませました(反省)。

      士業の問題やSNSの問題…… これからの動きに注視したいと思います(頑張れ!)

  36. locust0138 のコメント:

    何の脈絡もなく「俺は凄い、俺は凄い」と自慢を繰り返す姿は、いかにも田舎のイキリヤンキー丸出しで微笑ましい。

  37. NOV1975 のコメント:

    弁護士会が威力業務妨害で訴えたほうが和解の余地なさそう

  38. filinion のコメント:

    保守速報の議員さんがまたなんか変なこと言ってる。自らの判断と責任において相手の懲戒を請求する、ということで個人名や連絡先を出すのであって、責任とは濫訴に対し反訴されることも当然含んでいるのでは。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください