【国政が動く?】弁護士会による個人情報流用”被害”事件として【これぞ民主主義と思った方はシェア】


 

 

昨夜、保守速報にて「当方が、弁護士会に照会をかけた」ことが取り上げられた。またスレも立っているようでU1速報でもまとめられている。当該まとめにおいて、私は以下のように投稿した。

>保守速報のコメント欄を「疑似的なパブコメ」と看做し、国会議員に紹介します。
>目的は「弁護士会の個人情報流出事故」として、国会議員による被害調査を打診するためです。
>「(弁護士会の)対応は、おかしい!」というコメントが多ければ、実際にそうなることでしょう。
>さて、左派も入り乱れての乱打戦。 皆様、よろしくお願いしますね。
>※ 私のBlogからも本エントリーに誘導しました。

これは、私のコメントであり、間違いありません。
そして、その結果について報告します。

本日は、電話やメールなどの手段により、国会議員本人を含め3事務所とやり取りをしていた。また、たまたま国政報告会に参加していたため、直接お会いした国会議員は3名である。トータル6事務所(本日、一日の実績値です)。

国保問題(外国人の海外療養費)を取り上げ続けており、かつて一般質問を繰り返し行っていたため当市には相当のデータがあります。そちらの会議もありました。

結果。
私が「照会に協力して頂きたい」と事前に打診していた事務所から前向きな回答あり。
また、ネットを見た結果「協力を申し出る」事務所あり。
国会議員の協力は、どうやら得られそうだ。
各先生にお礼を申し上げるとともに、併せて皆様にもお礼を言いたい。戦線は有利に推移している。

この場を借りて、皆様に御礼申し上げたい。
Facebook、Twitter、そして各サイトに集う読者、そして小坪blogの読者の皆様、本当にありがとうございます。

ちなみに私はまだ伏せていることがある。
「照会文書」一部を墨消しにしており、その内容を各国会議員は理解している。何について協力するかと、後で種明かしを聴けば、左派陣営や弁護士会はひっくり返るだろうし、私の読者や保守層も驚くと思う。(ひどくシンプルなことだけどね。)
たった数行の墨消しで、実は意味が大きく異なってくる。
仮に「回答が得られない」場合であっても、別ルートで照会がなされる。
(すごいヒントを書くけれど、上の一行において”弁護士会に照会”と書いてない点には着眼して欲しい。)

また、「ある団体による個人情報の流出事故、及び、その被害者救済」という観点からお話しすることができた国会議員もいる。

無論、対価というわけではないが、私もある内容を提示した。
それはネットでの拡散です。ここまでの規模のアクセスは、交換条件として成立する。利害が一致するはずだ。少なくとも私はやる。唯一できる恩返しですから。
仮に(動いた国会議員が)望むのであれば、「その先生が推進している政策」(ただし基本的には保守系に限る)を告知する。併せてまとめサイト等にも協力を打診するというもの。

「余命ブログ+小坪ブログ」だけでも、月間100万人の訪問者数だ。
後援会規模として考えれば、国内最大規模の組織(自民党員が106万人ぐらい)

例えば、自民党は党員獲得を強く指示しています。
国政政党としては当然の在り方だが、本日のニュースによると、トップは私の選挙区の武田良太元副防衛相で1万1244人でした。

そして、(私は政党の属しない議員ですが)、私のラインから派生した党員数は、約6000名です。三か月ぐらいで。私自身が自民党議員ではないため、正規のカウントは不可能でしょうけれども、派生した数としては地方議員としてはトップだと思います。
後半で詳述しておりますが、これらも含め「圧倒的なリアルパワー」にしてきました。赤旗問題などをはじめ、特に爆破予告以降に「自衛」として組織してきたものです。

人の口には戸が立てられないゆえ、「リアルではすでに有名な話」ですが、ネットではほとんど書いてきませんでした。この「数」もあり、様々な個所とお付き合いがありました。党員獲得ノウハウの提供なども含め。
(※ ネットでの党員獲得は行っておらず、ほぼリアル一本でやる手法とノウハウがあり、その講師もやっています。国会議員本人が生徒になることもあります。人気の講演です。)

 

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

疑似的なパブコメとして
保守系まとめでは、最大規模のサイトが「保守速報」です。
一日あたりの訪問者数が20?30万人ほどだったと記憶しております。月間のPVは1000万以上だったかと。

ネットが実生活に深く浸透した今、ネットの声とは、単に「ネット上のみの特殊な声」とは言えず、リアルの保守活動にも強く影響を与えるものです。

 

その保守速報が、「弁護士会に照会をかけた」という記事をまとめてくださいました。

 

市議「懲戒請求のための個人情報を、弁護士が訴訟に流用していることが問題」、弁護士会に照会

行橋市議会議員 小坪慎也
懲戒請求は「組織」に対して行われたわけだが、懲戒請求のために提供された個人情報を、「懲戒を受けた弁護士」(個人)が目的外利用することを弁護士会は組織として許しているのか。

皆、自然に受け入れているが、ここがそもそもおかしいと思う。
弁護士会は、組織責任を問われるべきではないか。

(後略)

 

 

そして冒頭の話になりますが、「このコメント欄を、疑似的なパブコメ」として扱い、国会議員に直送するという方法を考案。

実際に、私自身もコメント欄に登場。
また昨日の当Blogでも、上記の宣言を行っています。

結果は大成功。
なんと800件を超えるコメントがつき、充分に資料として耐えうる規模になりました。
保守左派入り乱れての乱打戦が展開、大騒ぎになります。

 

さらに、保守速報管理人が追撃。

市議「保守速報のコメント欄を国会議員に紹介します」 目的は「弁護士会の個人情報流出事故」として、国会議員による被害調査を打診するためです

 

保守速報のコメント欄を「疑似的なパブコメ」と看做し、国会議員に紹介します。

目的は「弁護士会の個人情報流出事故」として、国会議員による被害調査を打診するためです。
「(弁護士会の)対応は、おかしい!」というコメントが多ければ、実際にそうなることでしょう。
さて、左派も入り乱れての乱打戦。 皆様、よろしくお願いしますね。
※ 私のBlogからも本エントリーに誘導しました。

 

 

 

宣言しましたように、「ネット上では大騒ぎ」になりました。

コメント欄では、様々な情報戦が展開され、足のひっかけあいみたいなものが横行。

 

ただし、国会議員が目を通す可能性を考慮し、コメント欄の読者は奮戦。
特に、長文に馴れた熟練の小坪Blog読者は、非常に強力。また各所よりコメント能力の高い者が選抜され、全力で論戦を張っていたようです。

結論から言えば、勝利。

 

強力な側面支援があったのです。
カミカゼさん、ありがとう。
たった1つの投稿で800件近いRT。流石の発信力。

 

 

 

ネットの反応
以下、スレの抜粋。

私もまとめサイトみたいなことをしてみましょう。
当方のブログによるスレ建てであり、私の活動への反響です。

 

弁護士の1000人訴訟で『弁護士会が法的責任を追求される』ブーメラン展開が発生。個人情報を不正流出させた?

 

1:名無しさん@涙目です。(岐阜県) [AO]:2018/05/28(月) 09:33:55.11 ID:23xCa52O0 BE:723460949-PLT(13000)

懲戒請求のために弁護士会に提供した個人情報が、訴訟に流用されていること

懲戒請求は弁護士会という「組織」に対して行われたわけだが、その際に懲戒請求のために提供された個人情報を、「懲戒を受けた弁護士」(個人)が目的外利用することを弁護士会は組織として許しているのか。主権者たる国民が懲戒請求を行ったことに対し、私的制裁と解される手段をもって、権利行使を抑止することの是非について「弁護士会という組織」としての見解をお伺いしたい。

また、懲戒請求を受けた対象会員が報復的な手段を講じる危険性について、貴会及び単位会が、懲戒請求者へ充分な告知・周知をしているか否かについても知りたい。

皆、自然に「そういうものだ」として議論を進めているが、私は個人情報の目的外利用については、当初からひっかかっている。善意の第三者が警察に通報したら、被疑者に対して「あいつが通報しましたよ」と情報流出させ、ボッコボコにされたら警察組織の責任が問われるだろう。いま目の前で起きているのは、それぐらい不可思議なことに感じる。(略)
https://samurai20.jp/2018/05/nichibenren/

3:名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [CN]:2018/05/28(月) 09:37:09.73 ID:sAneQccg0

警察にイタズラ通報してみたら?ん?

10:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [US]:2018/05/28(月) 09:47:38.39 ID:WBmOFJiI0

>>3
懲戒請求は正規の手続きやろ

7:名無しさん@涙目です。(東京都) [GB]:2018/05/28(月) 09:42:25.20 ID:DT6COlTd0

あっ…これはパヨクやばい

6:名無しさん@涙目です。(高知県) [ニダ]:2018/05/28(月) 09:41:50.19 ID:x7JGdLcY0

弁護士会が個人情報保護法違反をしたと言う事か

18:名無しさん@涙目です。(dion軍) [US]:2018/05/28(月) 09:55:45.88 ID:rKj2VxV30

弁護士会なんもしてねぇな
なんのために弁護士会通してやってんだよ

43:名無しさん@涙目です。(奈良県) [DE]:2018/05/28(月) 11:13:40.77 ID:c3NwUKHi0

>>18
弁護士会の一部のやつが懲戒請求食らった弁護士とグルってレベルじゃなく、
弁護士会まるごと真っ黒ってことやろ。

鋼の錬金術師のなかのアメストリス軍部みたいな感じかな
まともな弁護士はヒューズみたいに消されてたりして

29:名無しさん@涙目です。(庭) [JP]:2018/05/28(月) 10:23:06.83 ID:9okZedV70

おかしいね
もう弁護士自治を許すな
そもそも請求者の個人情報が対象者に渡る仕組みになってるのは言語道断だよ

31:名無しさん@涙目です。(神奈川県) [US]:2018/05/28(月) 10:33:41.28 ID:gsl0uHBN0

大量の懲戒請求で通常業務を遂行する時間がなくなった!

大量の懲戒請求者の年齢をわざわざ全部調べて「高齢者ばかりだわー」とTwitterでつぶやくなど、
訴訟に全く関係ないことを逐一Twitterで公開したり個人とやりあったり煽ったりとフル回転。

いや時間なくて困ってるんじゃなかったの?www
すげー暇な奴に見えるんだけどw

32:名無しさん@涙目です。(大阪府) [HK]:2018/05/28(月) 10:36:10.50 ID:cmPuVdtP0

>>31
請求者リスト作れば年齢層は一目瞭然だからなぁ。
むしろ30代以下がいなくてすぐに目に付く。わざわざ調べるまでもない。

33:名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [FR]:2018/05/28(月) 10:40:32.04 ID:fNrdamNu0
弁護士会のコンプライアンス違反ってことだな。

40:名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ニダ]:2018/05/28(月) 11:10:02.58 ID:2PsroUeH0
弁護士って資格を弁護士試験の認定資格まで格下げしよう

42:名無しさん@涙目です。(佐賀県) [ニダ]:2018/05/28(月) 11:12:33.99 ID:ctteaTVJ0
もしガチで頭おかしくて躊躇無く人を殺すような弁護士がいたら懲戒請求したら直接報復されかねないわな

45:名無しさん@涙目です。(東京都) [CN]:2018/05/28(月) 11:16:38.20 ID:xF4Vup8G0
素朴な疑問すぎでワロタw

41:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [KR]:2018/05/28(月) 11:11:52.46 ID:sayDstLh0
さすが個人の権利を守らない弁護士会w

59名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [MA]2018/05/28(月) 14:51:05.59ID:xLFDiIoG0
>>1
>目的外利用

今までは弁護士の倫理観に任せてたんだろうけどな。

でも露骨に政治運動に利用する弁護士が現れた。

これじゃ普通の市民は、なにかトラブルがあっても懲戒請求が出来ないな。
思想信条の問題を客観的に解決できない弁護士会も問題だね。

72名無しさん@涙目です。(catv?) [US]2018/05/28(月) 17:52:12.56ID:pBW2l+8A0>>74
まあ、懲戒請求の内容を弁護士会が審議して結論出すだけの話なのに
弁護士にリスト渡すとか組織としておかしいわ
社内のコンプライアンスに上司のセクハラ被害訴えたらその詳細を上司に渡したようなものだからな

74名無しさん@涙目です。(庭) [US]2018/05/28(月) 17:56:11.19ID:7Jto3m1I0
>>72
> リスト渡すとか組織としておかしいわ

コンプライアンスの問題以上に、改正個人情報保護法に抵触するのではないかという問題もある。

75名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [GB]2018/05/28(月) 17:59:06.37ID:MszffIkU0
いい金づるのリストかw

79名無しさん@涙目です。(東京都) [US]2018/05/28(月) 18:40:49.47ID:yCaWV6dk0
>>51
>中には今回のような訳の分からない言い掛かりのようなものもあるから尚更だ。
本気で言っているなら頭の中身を疑われるレベルだな

懲戒請求を受けた弁護士の所属弁護士会が「これだけの懲戒請求を受けているが
実態はどうなっているか?」と審問して、問題が無ければ請求を退ければいい。
退けるのはあくまでも弁護士会であって懲戒請求を受けた弁護士ではない。
弁護士が判断できるならそれこそ何でも出来てしまうぞ。
脱法行為を繰り返す弁護士など幾らでも世の中には存在する。建前としてはそういう
弁護士を弁護士会という組織が自発的に取り締まる、というのが「懲戒請求制度」

80名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [JP]2018/05/28(月) 18:44:12.59ID:EMefvCIK0
>>1
訴訟の前に振り込め詐欺みたいな使い方してなかった?

92名無しさん@涙目です。(東日本) [JP]2018/05/28(月) 23:32:30.79ID:hzKRrcTR0
目的外利用だよね

93名無しさん@涙目です。(catv?) [JP]2018/05/28(月) 23:40:28.86ID:qp5tnuLQ0
懲戒請求はあくまでも請求であってそれを審理するのは弁護士会だろ
これって請求をされた時点で請求者の個人情報が当該弁護士に渡って
まだ懲戒が確定してもいないのに請求を取り下げろという報復訴訟ができるって

明らかに弁護士側だけに有利な制度だよな。

サヨクマスコミ的に言えば「このような行為を認めれば請求者が萎縮してしまうので弾圧だ」となるはずだよな。

94名無しさん@涙目です。(catv?) [JP]2018/05/28(月) 23:59:05.54ID:qp5tnuLQ0>>96>>97
しかしこれってマスコミ報道されないから知らない人が多いだろうけど
実は既存弁護士会が瓦解もしくは最低でも役員総辞職レベルの案件じゃねぇか?
個人情報の目的外利用って完全な犯罪だよな。
犯罪行為を容認しているとなれば弁護士会の存在意義自体が問われる。

弁護士会がこの苦境を切り抜けるには当初懲戒請求のあった事案は不問にして懲戒はせず
別件で当該弁護士を弁護士会が善意で渡した請求者の個人情報を勝手に悪意を持って
目的外利用した事に対する懲戒を行うしかないだろ。

 

元スレ

 

 

当該スレは、U-1速報様にて取り上げて頂きました。
ありがとうございます。こちらでもコメント数が100件を超えており、大きな反響が出ております。
政治関係者は、是非とも「国民の声」として認識して頂きたく思います。

u1sokuhou.ldblog.jp
 
U-1速報 : 弁護士の1000人訴訟で『弁護士会が法的責任を追求される』ブーメラン展...
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511088.html

 

各まとめサイトにおかれましては、元スレをご覧いただき、是非とも拡散協力をお願いいたします。

 

 

 

結果報告
私が「照会に協力して頂きたい」と事前に打診していた事務所から前向きな回答あり。
また、ネットを見た結果「協力を申し出る」事務所あり。
国会議員の協力は、どうやら得られそうだ。各先生にお礼を申し上げるとともに、併せて皆様にもお礼を言いたい。戦線は有利に推移している。

この場を借りて、皆様に御礼申し上げたい。
Facebook、Twitter、そして各サイトに集う読者、そして小坪blogの読者の皆様、本当にありがとうございます。

 

本日は、電話やメールなどの手段により、国会議員本人を含め3事務所とやり取りをした。
また、たまたま国政報告会に参加していたため、直接お会いした国会議員は3名である。トータル6事務所。

 

「照会」は、かかる。
ほぼ断言していいと思う。

事前打診していた事務所は一つだったのですが、「ブログを見た」とか「まとめを見た」で頂いた話も複数。
流石にどこかの事務所は”確実に動く”と思います。

ただし、それが「弁護士会への照会」かは、この際、伏せさせて頂きましょう。
あの墨消し部分は、実は話が全体的にひっくり返るような場所なんですよね。

 

これは、前線でジャングルの中を戦っている中、
空母艦隊からの航空攻撃が行われるようなもので、
戦線はすでに一変してしまったのだ。

小坪Blogは、地方議員の中で一位を四年連続維持。
政治家自身のサイトとしては、最強クラス。
そして、余命ブログも単独サイトとしては、当サイトのほぼ倍であり、大きな規模ではある。

だが、まとめサイト群による集中運用は、その数十倍のアクセス数である。
はっきり言えば「ネット保守全体」が動いたようなもの。

 

勘のいい国会議員などは、はっきり言っていたけれども
「受けるか受けないかは、ネット選挙そのものと言っていい」と断言。

だって、ネット保守全体に伝わってしまったようなものですから。
特に自民党議員にとっては、選挙区が広い先生だとか、都心部を抱える先生にとっては【メリットのある話】になった、ということです。

 

照会は、実施されるでしょう。
ちなみに、ネット上で著名な先生ばかりではありません。

ネットで有名な国会議員は、自らもネットツールを駆使できる若手が多い。
ゆえに一期生、二期生が多く、政治力としては残念ながら強力とは言えない。

ネットで無名だとしても、凄まじい政治力を発揮する先生はおり、
「はっきり言えばROM専」になっています。
理由は、使い方が、その言い方に迷いますが、ちょっと不慣れだからです。

県連会長級や閣僚フラグが立っている先生など、複数を含みます。
ネットでは知らない方々かと思いますが、ほぼ一撃必殺の戦闘力です。

 

※期数とサラリーマンの比較
同じ会社の「社員」であっても、発言力や権限は大きく違います。民間企業に例えます。

一期生 大卒新人の新入社員
二期生 入社2?3年目
三期生 係長
四期生 課長
五期生 部長
六期生 事業部長



十期生以上 取締役
最高位 安倍総裁や二階幹事長、菅官房長官など。

 

今回、動いている存在には、事業部長級「以上」が複数、存在します。

 

 

 

ネットとアクセスと党員確保
あんまり、この部分は私自身も書いておりませんでした。

ですが、当時、FBなどでは投稿した記憶がありますし、
おかげでリアルでは引っ張りだこになっているので、一応書いておきます。

私から派生した党員数は、6000名です。
相当なレベルの事務所とやり取りできている理由は、実はネットのアクセス数だけではなく、党員獲得方法のマニュアル化とか講師をしているからです。

ちょうど本日、ニュースになっていたので紹介します。
この数字がどれぐらいインパクトのあるものか。

 

党員獲得、下位10人も公表 ノルマ2割が未達

 

 自民党は28日、昨年1年間に党員獲得数の上位10人と下位10人を公表し、来年の統一地方選と参院選に向けて党内を引き締めた。

 獲得数トップは武田良太元副防衛相で1万1244人。2位以下は堀内詔子、二階俊博、野田毅、小泉龍司、寺田稔、茂木敏充、宮腰光寛、森山裕、根本幸典??の各衆院議員の順になった。

一方、ワースト10は(中略)

 ノルマの1000人に満たなかったのは党所属国会議員の2割で、1人不足するごとに2000円の罰金を科した。山口泰明組織運動本部長は記者会見で「実名を公表することで、一層頑張ろうという気になる」と説明した。【竹内望】

 

 

>獲得数トップは武田良太元副防衛相で1万1244人。

実は、私の選挙区の先生でして、いま副幹事長・幹事長特別補佐官もしています。たぶん、だいぶ偉いです。
ちょうど今日、会っていました。
(だいたい自由にやらせてくれています。)

 

となると、僅か三か月で6000名の新規獲得を果たした「地方議員のライン」の、規模とインパクトも理解して頂けると思います。

ま、これは「私がやった」というよりは、非常にお世話になっている方々の御尽力によるものであり、単に私がどうこういうものではありません。

ただし、数字のインパクトとは凄まじいもので「どういう手法」でやったのか、何をどうしたのかは【ノウハウ】として蓄積しています。
たまに国会議員に招かれ、レクチャーしています。

 

blogの読者が一番わかると思いますが、党員獲得においてはBlogやネットを「一切つかっていない」数字です。基本的にリアルでやりました。

「基本的に」というのは、Blogの読者に年商2?30億の企業の社長が50社ほどおり、100億円以上の企業も6社ほど社長がいるためです。私自身は、市議ゆえ企業献金は受け取れませんが、このあたりの人脈も使いました。
(個人献金のみです。多分、国会議員になれば、瞬間的にパー券がさばけるぐらいの人脈を、すでにリアルで構築しています。)

また、恩義がある事務所については、100億超の企業との調整なども行ってきました。先日も、行ったばかりです。
(テレビの広告でお馴染みの、という企業群。要望なども受けますので。。。)

 

私は、自民党の議員ではありません。
しかし、6000名の党員に影響を与える議員であり、ゆえに発言力は相当に高い。
なにより「党員獲得ノウハウ」は、非常に重用されており、数か月で達成させた実績こそが、私のリアルでの評価につながっています。

 

さて。
ところで、私は「ネットでは党員を集めていない」のです。

先ほど、小坪Blog・余命Blogで「月間100万人」と述べました。

集めたら、どれぐらいいになるんだろう。

 

政治家は「タダでは動かない」と批判する者もおります。
私の元々持っている人脈とは、心だけで動いてくれる先生でありますが、可能な限りの恩返しもしてきたつもりです。

そして、「メリットがあるから協力する」という議員が現れたとしても、私はむしろ歓迎します。
それこそ政治の動かし方、そのものですから。

是非、忖度して頂けるぐらいの「支持基盤」になってみせたいと、実は思っているのであります。

 

私が提示できる対価は「私のBlogで、その先生を支援する」ことです。

また、必要に応じて「党員獲得のノウハウ」について解説することを約束します。

これが、私の掲げる対価。

 

ちなみに保守速報の記事は、SMS(議員本人の携帯)やメッセンジャーなどで送りまくった。
なので、あのコメント欄は、「すごい数」の事務所が閲覧中です。

あんまりリアルのことは書いてきませんでしたが、もともとロビイストとして十年ほど動いておりましたので、連絡のつく事務所の数は「膨大」です。あと、ネット上には相手先の事務所のことは「ほとんど書いてない」です。Blogに書いてるの、10%ぐらい。

 

むっちゃ近い事務所は、特に連絡も入れていない。
一週間に一回は、ほぼ業務連絡的な電話をしているし、3日に一回はBlogを巡回してくれているので。
(※ 私がこれだけ自由に動き回って、問題にならないのは、リアルの基盤が異常に強力に育っているから、というのもあります。特に爆破予告以降は、徹底して固めました。)

 

 

 

ネットと政治家
ちょっと恰好つけたことも書かせて頂きました。

あまりこういうのは良くないと思っていますし、よく知らない事務所からあてにされることも増えています。
「数を揃えられる、最強の地方議員」だそうです。

 

そのため、強い保守性向を持っている先生とのみお付き合いをしています。
まだ見ぬ保守の先生たちも、いっぱいいると思います。
どんどん知り合いを増やしたい。

 

今日は、少しリアルのことを書きました。
かなり珍しいことで、年に一回あるかないか、です。

どうせ県内では有名な話ですが、あまり泥臭い話はしたくなかったからです。

 

ですが、これを書く理由は、「特に今日」は、様々な事務所が閲覧するでしょうから。
これを書いておくことで、保守速報などや、スレのコメントを「みんなが見てくれる」からです。
ここで言う”みんな”とは、議員会館を指します。

その意味では、この箇所のみは、読者だけではなく、国会議員を意識して書いたものになります。
(こういう書き方は、本当はあまり好きではない。実際、書いて来なかったし。)

そういう意味では、私はすでに「ネットのインフルエンサー」という属性だけでは、ないのです。
本当は、それを言いたくなかった。地方議員の同志とか、よそよそしくなりそうで。

 

ネットとリアルの架け橋になる。

私が払える対価なら、払おう。
私には、莫大なアクセスと訪問者がある。

左派からの攻撃という意味では、デメリットもあるが、それでも提示できるメリットもある。

 

提示できるメリットとして、私が提示したのは、
モニターの前の皆様、一人一人です。

交渉は、ほぼ成立したように思う。

 

一糸乱れぬ統制射撃。
保守速報の動き、カミカゼさんを始めとしたインフルエンサーたちの活躍、
電話かけまくった、ある田舎の市議の行動。
全部が一体となった結果、です。

何より、コメント欄をはじめとして「疑似的なパブコメとして耐えうる」レベルの資料に昇華できたことが大きい。
これがなければ、何もできなかった。

 

 

 

私一人じゃ、何もできない。

 

みんながいるから、

 

一人一人が戦う意思をもっているから、

 

だから交渉が可能だった。

 

鰯(いわし)とは、弱い魚と書きます。

 

スイミーじゃないですが、

 

群れて数を揃えることで、力を発揮する、

 

それが選挙であり、政治。

 

私は、鰯どころかサメみたいに思っている方もいるが、

 

実際にはね、皆様の力を上手く統御しているに過ぎない。

 

ついてきてくれる人がいるから、今が在る。

 

黒い魚の役としては、適切かわかりませんけれど

 

積み重ねたリアルのコネクションに、

 

ネットの「人数」を全て載せてみる。

 

この戦、恐らく勝った。

 

「これぞ民主主義!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

75 Responses to 【国政が動く?】弁護士会による個人情報流用”被害”事件として【これぞ民主主義と思った方はシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    【国政が動く?】弁護士会による個人情報流用”被害”事件として【これぞ民主主義と思った方はシェア】 昨夜、保守速報にて「当方が、弁護士会に照会をかけた」ことが取り上げられた。またスレも立っているようでU1

  2. オレチャン のコメント:

    勝利宣言と受けとめました。
    成就しますよう!

  3. 異議あり のコメント:

    動きがとても早くて驚いています。
    こういうことは早くて何ヶ月単位で進むと思っていました。

    大手まとめサイトさんたちも一斉に動いたというのは
    保守系では今までなかったことではないでしょうか。
    メディアはいつもこういうスクラムをかけていますけどね。
    (多くのまとめサイトさんは、女性から見るときつい広告やタイトルが多くて敬遠していましたので、他にも前例があるのを知らないだけかもしれませんが)

    • 名もなきせいぎーー のコメント:

      同じ話題のスレッドがいっぱい立って、個々人が勝手に考えて動いたことは
      これまでもあるでしょう。

      例えば、総理が平昌に行くと言ったときには官邸メールにも相当反対の声が
      寄せられたと思います。
      自分の支持基盤の反対を押し切ってまで来たんだよ。貴国のリクエストに
      応えたんだよ。と韓国や米国に外交の場で告げるだけでも交渉の過程での
      効果はあります。相手も選挙の洗礼を受ける立場なので。

      > 女性から見るときつい広告やタイトルが多くて

      もっともだーもっともだ。僕らのこの指がついクリックをですね。。。。

  4. 青森太郎 のコメント:

    ありがとうございます。
    余命クラスタであると同時に小坪クラスタでもある私は
    日頃、ロム専門でありますが、
    どうしてもお礼を言いたく参上仕りました。
    小坪議員様及び、協力してくださっている議員様、各まとめサイトの皆様
    その他大勢の皆様へ厚く御礼申し上げます。

    また、このHNが示す意味も訪問される政治家の皆様には
    おわかりでしょう。
    保守系政治家の方々を応援しているのは党員だけでなく
    市井に紛れている人々も又大勢いて
    真剣に真面目に政治系ブログを読み
    たとえ一票であろうとも
    誰に投票するかをよくよく考えています。

  5. 青木 のコメント:

    小坪さんが取り組んできた一大事業がとうとう実を結びつつあるのでしょうか。

    YouTuberとトラブルになった余命氏との連携を宣言した当初は、どのようなロジックで援護射撃をするのかに注目していました。懲戒請求騒ぎに関して見解を投稿した時も、その主張の成否のみを考えていました。

    しかし、それはまさしくジャングルで地上戦を戦う兵士が斜め上から飛んでくる爆撃機を見過ごしていたようなものでした。

    小坪さんにとって懲戒請求の訴訟の行方はあくまで恩人の安否を気遣うようなもので、それはそれで大事にしながらも、最大の狙いは今回の騒動をキッカケにネット上で噴出した弁護士会とその自治に対する疑義、不満をまとめ、可視化した上で戦闘力を持つ先生方に提示してインセンティブを提供する事にあったのでしょう。

    「強制加入であり会費も徴収している」日弁連の度を超えた政治活動について所属弁護士の責任を所在を問いただす余命氏主導の懲戒請求とは少し違う角度から、世論の不満と得票というメリットを提供された政治家の力で弁護士の体制に矛を突きつける。相手は最悪の形で意表を突かれる事になるのではないでしょうか?
    そしてそれは余命氏に対する最大の支援になるでしょう。

    「強制加入であり、高額な会費を徴収している日弁連が『日弁連名義で』種々の政治活動及び憲法違反の声明を出している。日弁連名義で出すからには何らかの形で会全体の合意を形成しているはずだが、その責任はどこまで及ぶのだろうか?合意形成が行われておらず、所属弁護士に責任がないというのなら、強制加入であり会費を徴収している日弁連の名義を使ってスタンドプレーを繰り返している会長はじめ上層部の活動に正当性はあるのだろうか?」

    • 青木 のコメント:

      追記
      余命ブログによると現時点で辞退者はゼロとのこと。

      余命ブログの(実質)承認制のコメントには理路整然とした語り口の投稿が多い一方で、余命氏を過度に称賛する内容の投稿や集団ストーカーや思想盗聴など病的な猜疑心を匂わせる投稿も目立ちます。また余命氏本人も「余命の活動に反対する者は反日」という主旨の発言をしており、これについて一部ネットでは「宗教」「狂信者」などと揶揄されています。
      しかし、これは裏を返せば余命氏を絶対的に信頼しており、ブレる恐れが少ないと言う事です。

      これは勘ぐりですが、行動を起こす前段階から敢えてそのような投稿の掲載を増やしていき、少しずつ「特に熱心な」層を厳選していった可能性はないでしょうか。固く固く結ばれた思想集団の威力は小坪さんもよく知る所だと思います。

      選挙を左右するのはゆるい思想の大衆ですが、最前線に出て作戦を遂行するのは多少偏向していたとしてもブレない少数の集団と言う事ではないでしょうか。(余命クラスタの方申し訳ない)

      • 青木 のコメント:

        追々記
        何度もすみません。
        余命氏が自分は拡散の役割を終えたと何度も述べていたのを考えると、難解な投稿を繰り返してライト層を突き放し、さらに今回小坪さんが説得するまで表に出るつもりだったのも討ち死にを覚悟されていたのだとようやく合点が行きました。
        私は振り落とされてしまった元読者ですが、今更ながら反省しています。
        真の余命クラスタの方、どうか負けないで下さい。応援しています。

        • 名無しでお願いします のコメント:

          あなたも大事な仲間だと、私が勝手に思うことをお許しください。
          私は参加しましたが、(家族も了承。)もし夫や家族が参加するとなったら全力で反対してます。

          まぁ私はもう子育てもほぼ終わり、あとは親の介護くらいで日本国のためにあまり役に立たないけど、夫や子供は違いますからね。まだまだ将来があります。

          応援をありがとうございます。感謝します。

          小坪議員さん、本当にありがとうございます。
          このコメント欄をお借りして思わずコメントを書いてしまいました。お目汚しお許しください。

  6. 発見しました のコメント:

    小坪様、小坪チームの皆様、他お力添えを頂いた全ての皆様、心より御礼申し上げます。
    小坪様の援護射撃に勇気を増し、懲戒請求参加者それぞれが踏ん張っていたところ、後方確認すれば小坪様の姿はなく、気づけば我々より前で突撃状態。
    『恐れ入りました』と同時に小坪様風に申し上げれば『ちょっぴり悔しい』。
    大きなお力に牽引され各々頑張りたいと思っています。
    ほんとうにありがとうございます。

  7. タラモパパ のコメント:

    ここの読者とともに余命の読者です。余命さんへの掩護射撃ありがとうございます。?これからも良い日本を取り戻すためによろしくお願いいたします。?

  8. 弁護士さんに脅されてるので匿名で のコメント:

    足並みがかなり乱れてしまった初期から
    小坪さんのおかげで、足並みが揃い直った以上に、
    「無謀な事をしやがったなぁ」と傍観者だった保守層の皆さんから
    多大な応援を得るところまで来て、
    国会議員さんからの援護も得られるようになった…凄い!
    弁護士という肩書の前にビビってしまった初期からの不安は一掃されました。
    本当にありがとうございます!!

  9. 琵琶鯉 のコメント:

    かつて余命blogのコメント欄にこたママ様だったと思いますが、
    「民主党政権によって、私達は政治の大切さを知りました。本当に感謝です。」というコメントを思い出します。
    あれから4年、野党の無能さと重要さをひしひしと感じております。
    日本にはまともな野党が存在しない(維新のぞき)では、その代わりになるモノは何か?
    それは、ネットの後ろにいる私達でなければならない。
    政治家が、自身の政策をまとめサイトに投稿する事で、国民が議論をする。それを政治家の方々は法案に生かす。とても素敵な事だと思います。当然、私達が納得した政策を掲げる政治家を私達は支援しなければなりません。

    以前、私は、日本の領土、領海、領空は御神体。天皇はおおみ心。国民はおおみ宝。と申しました。陛下の無私の行動をお手本に、私達も公ではどのように考え振る舞いか。を常に考えていかなければならない。のかもしれません。

    そして、もうひとつ、日本は世界の雛型。日本が再生された時から世界は良い方向へと変わって行く事でしょう。

    • テロ指定共産党 のコメント:

      琵琶鯉様。HNは違いますが、大和心様の所でお世話になっておりました。
      日月神示、精神学協会から日本が存在する理由は、日本が盟主国となり人類を救済する使命を背負っている為と信じております。

      琵琶鯉様のアクティブなご活動は、日々目にしております。
      大峠超えに向けて、お互い頑張りましょう。
      .

  10. テロ指定共産党 のコメント:

    本日のエントリーは、保守連合艦隊が一斉に動き出したような興奮を感じます。

    政治家の先生は「風が吹く」と云う表現をされます。追い風を待つ心境なのでしょう。

    その追い風(神風)が吹き出し、風速を増してきたように思います。

    「万事塞翁が馬」ピンチはチャンスです。

    安倍総理は命を懸けて戦っておられます。ここで支援しなければ末代までの恥でしょう。

    なんとなくですが、故中川昭一先生も応援してくれているように感じます。
    .

  11. のコメント:

    小坪さん余命さん、力添えしてくれた沢山の方々に心から感謝致します。

    ここからどうなっていくのか私には想像もつきませんが気を抜く事なく経過を追っていきたいと思います。

    とりあえず、久々にサマーウォーズを見てみようかなと思います(笑)今回の件も重なって、また違った感動がありそうです!

  12. 安倍ちゃん支持 のコメント:

    小坪慎也さんがんばって!勝てる気がするではなく必ず勝ちます?

  13. 波那 のコメント:

    この国と国民の為に役に立ちたい、貢献したい、国益の為に働きたいと思われているなら話は別ですけど弁護士資格を持つのに国籍条項が廃されているとか、国会議員に立候補するには帰化すれば即できるとか、教育界にも侵入されているとか日本人が全く知らないうちに恐ろしいことが我が国で潜行して来ています。既にキー局の放送界、大手から地方新聞までマスゴミは完全に彼らの手で牛耳られています。野党とマスゴミは常に口裏を合わせて足並み揃えて、日本の国益と安全を地に落とそうと日々躍起になっていますし、最近はまたNHK に反社会的組織の〈しばき隊〉幹部が居るのが明らかになりました。かって、次世代の党の三宅博議員がNHK の実態を暴き世に晒そうとして潰されてしまいました。多分、こんな状態のマスゴミ大好き野田聖子大臣は全く何にも動かないでしょうね?眉ひとつ動かさないんでしょうね?。電波オークションは阻止と健闘されているのでしょう?

    日弁連は弁護士会全員の総意として護憲を主張していますが、一体全体、憲法9条で交戦権の無いままの自衛隊にしていて誰が喜ぶと言うのでしょうか。最も危険な目に合うのは我々の大切な自衛隊員です。喜ぶのは、この国を乗っ取りたいと企む日本というシステムにバグとして機能不全を起こし、ウィルスでシステム全体を壊したい在日勢力と祖国の為に働く民団や総連、日本に存在する特ア勢力ですから。

  14. のコメント:

    電光石火そして波状攻撃。そして、それを援護してもらえる素晴らしい人脈。まさかここまで動いていただけるとは絶句しました……。私も懲戒請求者の一人ですが、不安な気持ちから解放されつつ有ります。ある方がおっしゃていますが、不安の殆どは自分の妄想から始まります。楽観的に考えろとは思いませんが、負のスパイラルに陥らず一致団結。敵はこれが一番怖いはずです。

  15. 60代主婦 のコメント:

    事がどんどん大きくなり、展開も早く、連日のまとめサイトを見ていると、自分が当事者であることも忘れ「ヘエー」と何時ものように感心して見てしまい…「違うだろう!自分の事だろう!」と己に突っ込みを入れる始末です。

    何と言うか…
    万年大部屋の売れない役者が、いきなりメインキャストに抜擢されてしまった…私としてはそんな感じです。

    とは言っても、良く考えもせずやってしまった訳けではなく、私などは母親ですから、つい懲戒請求の用紙一枚一枚に、
    「頑張るのよ!」
    「良いお仕事してね!」
    「期待してるよ!」
    等々、丁寧に話し掛け、確認しながら署名・捺印したのです。

    その時は、どういう結果になるのかは、本当に想像もつきませんでしたが。

    小坪さんやその他、大変強力な方々のご支援の賜物以外の何物でもないこの展開に、心から感動し、感謝致しております。

    もしかして、私達、石投げて、良かった???
    厚かましいですか…?
    お叱り覚悟の意見です。すみません。

    確かに、余命サイトでは、『無理は禁物、それぞれが出来ることをすれば良い』と懲戒請求者の覚悟を確認しているかのようでしたね。

    ですので、泣き言を言ったり、弁護士の恫喝でたじろいたりする人は、既に署名の前段階で不参加になっていると思います。
    だからこその、一致団結かと…。

    さて、私、もう既に自民党員でございます。
    ですので、この大切な恩返しに、数の意味では協力出来ず、残念です。

    私が党員になりたいな!と思った時に、何方か議員さんの紹介が必要となっていて「さて、どうしよう」となりました。
    半年くらいあたためていたところ、たまたまとある議員さんが地味に「自民党員になりたい方は当事務所にご連絡を」と仰っているのを見かけて、そこにメールを送り、一面識もない方のご紹介で党員になりました。

    庶民は議員さんなんて存じ上げませんから、なかなか切っ掛けが掴めず、ためらっている方は多いと思います。
    もっと気軽に(?)踏み出せる環境があったらと思います。

    私みたいな普通の人は多いと思います。

  16. 土方歳三ファン のコメント:

    私は、今回のことは
    余命クラスタVs弁護士でもなければ(当事者になっておられる方々には申し訳ない表現でお許しください)
    余命クラスタ&小坪クラスタVs弁護士でもないと思っています。
    これは、国民Vs弁護士ではないでしょうか?

    今、訴訟を言っておられる弁護士さんたちを応援しておられる方々と
    「余命が」「余命が」と言っておられる保守層の方々は
    ご自分がいつか
    「弁護士相手に勝てると思うな」
    「弁護士が訴訟をすれば訴訟相手の代理人になる弁護士はいない」
    このような趣旨を言う弁護士と対峙しなければならない立場になるかも知れないと
    想像することはないのでしょうか?
    自分は絶対にそんな立場になることはない、と自信を持っておられるのでしょうか?

    思想の右左ではなく、例えば
    隣人が弁護士
    店子が弁護士
    取引先が弁護士
    顧客が弁護士
    子どもの同級生の親が弁護士
    教え子の親が弁護士
    交通事故の相手が弁護士
    いくらでも弁護士さんが相手になる可能性はあるではないでしょうか?
    決して他人事ではありません。

    懲戒請求をしていない私ですが
    今回の弁護士さんたちと弁護士会の動きを拝見していて
    弁護士さんのたちの、特権意識と、度の過ぎた自己肯定と、それな伴う暴走する正義感に恐ろしさを感じました。

    また、今回の弁護士さんたちの動きと思考は
    自分が敵と認定する相手には、順序や道理、程度や節度を無視して
    徹底的に攻撃して良いのだと言う
    ソ連や中国、カンボジアで起きたことと通じる恐ろしさを感じます。

    弁護士さんと何かあった時には、国民はそのような考え方の人物を相手にしなければならないのです。
    とても恐ろしいことです。
    (もちろんそうではない弁護士さんもおられると知っております)

    これは国民全員のことだと思います。
    それを、余命氏と懲戒請求者の方々と小坪氏は国民に知らせてくださいました。
    弁護士さんたちの本音を引き出してくださいました。

    今回のことは、余命のこと、右派の一部のこと、他人のこと、
    そのような認識は、いつかとても恐ろしいことに結び付くと、私は感じています。

    • H のコメント:

      特権意識と、度の過ぎた自己肯定感、まさにそれです。いったん敵と認識してロックオンしたら、解除不能のミサイルのようなもので、一般市民にとっては、とっても危険な存在、それが弁護士です。
      これを機会に、弁護士の人権侵害行為を訴える事ができる機関が出来るといいと思います。

      • 土方歳三ファン のコメント:

        弁護士ファシズムですよね。

        国の機関なり法整備で、これ以上の弁護士ファシズムを防いでいただきたいです。

        このような弁護士さんと思考を同じくする方々が政権を獲ったら、
        どんなことになるかわかりやす過ぎます。

  17. 毎日毎日動き回る小坪さん、ありがとうございます。
    何か、すごいうねりが来ているように思います。
    ネットとリアルが結び付き、邪悪な奴らがあぶりだされ、日本を取り戻す戦いが始まる、、、。何かドキドキしますね。
    自民党員獲得の話もスゴいですね。
    ただ、私としては自民党員にはもっと勉強してほしい、と思てます。
    今、消費税を上げたら、日本は終わってしまう。
    それこそ異次元の財政出動をせんと、日本は二流、三流国に成り下がる。
    「プライマリーバランス」みたいな財務省が言う、かしこそうに聞こえる言葉に騙されたらあかん、と声を大にしたいです。
    あ、テーマ違いですみません。

  18. id のコメント:

    大変心強いエントリーです。

    他にもまともに懲戒請求が機能しない業種があるので、こちらも打開策があればと考えます。
    NHKとか大学とか。

  19. ロード のコメント:

    小坪議員が、サマーウォーズのさかえばあちゃん役まで?
    八面六臂のご活躍、ありがとうございます!
    リアル、ネット、共に保守ネットワークが盛り上がってきましたね!

    私は自民党員になりました。
    後ろから撃つ国賊のくせに総裁に立候補する輩を落とさねばならないからです。

    かつて地方は、国賊にだまされていますからね。
    安倍氏再登板は、天意なくしては無理と思われるほど、奇跡的でした。

    2年経ったので、今年の総裁選から投票できます。
    党費4000円で、首相を選ぶ選挙に投票できるなんてお安いものです♪

  20. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    安心しますよ、最前線の市議こそ(一般人の支持もですが、ある程度かそれ以上の権力持ってる人に)守られないとやっていけませんもの。
    なので味方が増えてるのはいいことだと思います。(ただし、権力持ちの人は特に、市議がひどいデメリット被るような利用はしないで欲しいです!)
    ダメダメ権力の見本

    【あっ…】中学校でいじめを受けた生徒側が訴訟→学校が学級日誌の開示を2ヶ月間拒んだ挙句廃棄 学校「保存期間が終わったので」
    ttp://jin115.com/archives/52219304.html
    京都府福知山市の中学校でいじめを受けたとして、生徒側が市を相手に訴訟を起こしていた件。
    今年2月に生徒側が学校日誌の開示を求めていたが、学校側が条例が定める15日以内に開示せず、期限延長の最長60日を超えても公開をしなかった。
    22日までに関係者の取材で、学校側が4月に日誌を廃棄していたことが発覚。

    保存期間が満了する1ヶ月以上も前に請求されてるじゃないか
    そこまでしていじめの証拠隠滅をしたいのかよ
    あまりにおぞまし過ぎるだろ

    コレ”全部、証言にあった事は事実と言う事で裁判を継続”すれば良いんじゃないですかね?wwwwwwwwwww
    ”事実と違う”って言っても”何処に証拠があります?”で論破じゃん・・・・・・・・・・・。

    >※98.

    おれもコレでいいと思うわ。
    明らかに証拠隠滅が推定されるからな
    あと書類開示を速やかにしなかった担当や
    廃棄した奴は証拠隠滅で刑事罰あたえるべき

    これ裁判所に出廷しなければ罪を認めた事になるように提出書類を提出拒否や破棄した場合も罪を認めた事(この場合はいじめがあった事を認める)になるような法律を早くだせ

    裁判による請求は時効の中断の効力を持ってるからこれ法的にも完全アウトじゃないか?
    令状とか出てるか知らんが証拠物件言ってる時点で保管の期間の時効は止まってそう

    【マスゴミ】時事通信さん、キチガイ刃物男が暴れて射殺された事件を『熊本発砲事件』と命名 ⇒ 批判殺到
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/53569038.html
    12: 名無しさん@
    確かに「発砲事件」はおかしいわな
    まるで発砲したのが悪いみたいな

    16: 名無しさん@
    熊本刃物凶行警察官殺害未遂事件だろ常識的に考えて。

    時事通信事実誤認事件

    .38splは、当たり所によっては5発打ち込んでも相手を仕留められないことがある。
    まあ、.45ACPでも9mmでも.40S&Wでも同じことなんだが。
    本当なら馬乗りされないように立ち回るべきだった(場合によっては組み伏せられる前に発砲すべきだった)んだろうが、それは言っても詮無いな。
    ともかく、斯様に過酷な状況下で発砲するなというほうが無茶。
    それでもグダグダ抜かすようなら、一度同じ状況を経験してみれば良い。

    もしもマスコミが必要な発砲でも叩くようなバカ集団ではなかったなら、警官も体勢的に余裕がある段階で威嚇射撃できて、この刃物男も死なないで済んだかもしれないな
    マスコミがコロしたようなもんだ

    この警官の判断は正しい。
    やらなきゃやられた。そして警官がやられたら拳銃を基地害に奪われるという最悪のリスクが発生した。
    自己防衛の観点でも一般市民の安寧を守る観点でもこの警官の判断が正しい。
    しかし、このところカスゴミはもはや反国家権力の題目での犯罪者支援を隠しもしないな。
    善良な一般市民の安寧を守るため、駆除された方が良いのではないか?

    人命第一ですね、当然警官自身も含めて。
    マニュアルは自分の命を守るためでもありますからね。
    何をしても過剰防衛だと言われるので、過剰防衛ではないと否定すればいいだけの事です。

    そもそも警官が馬乗りにされる事自体から防がなければいけませんね。
    100%に限りなく近い安全を求めないとでしょう。
    そのためのマニュアル作りですからね。

    早期処分しなかった為、被害を増大させるのは世界の司法共通ですね。

    寛大な処遇が招いた脱獄と暴走
    カナダ
    ttp://syouji.blog.jp/archives/1071169433.html
    ちんけな段階で駆除しておけば何の問題もなかったのに、長生きさせたばかりに5人以上も犠牲者が出ているのはすごく残念です。(略)

    カナダ司法の激甘な対応で犠牲者を増加させた死刑廃止が招く最も愚かな事例ですね。
    先ず、囚人は全ての持ち物を検査され殆どが持ち込めないのに病院に葉巻を持ち込ませる無能っぷりは耳を疑うばかりです。
    日本では受刑者は先ず、真っ裸になり肛門までcheckされます。※カンカン躍りと云うらしいです。(略)

    最初の段階で処刑もしくは殺害しておけばたくさんの被害者が出るのを防げたはずです。
    脱獄をしているごみですので、反省も更生もむだ。
    脱獄したとして射殺しておけばよかったです。(略)

    冤罪事件は腹立たしいですね。
    冤罪は証拠や証言が確実にあるのに起きる事は絶対ありません。
    必ずといっていいほど、杜撰な捜査、職務怠慢等が原因です。
    ただ、仰る通りそれを利用する輩もいるので厄介ですね。

  21. ライオン のコメント:

    小坪議員、私は懲戒請求者であります。そして、どの様な結果になろうとも、小坪議員と余命爺様に着いて行きます。それが、自分自身の中にあるコアな部分だからです!行動する事への勇気を下さった余命爺様、援護射撃してくださる小坪議員、同士の皆様、本当にありがとうございます。汚れた者達から必ず美しい日本を取り戻したいと思います。これからも自分自身に出来る事を行動な移して行きたいとおもいます!ありがとうございます!!

  22. 近藤 勇一 のコメント:

    何時も怒って
    日頃ロム専では有りますが、感謝致しますし心強く思います。

    「落とし前を付けてもらうからね」
    「取敢えず震えて待て」
    「全員法廷に引きずり出して血祭りにあげたらいいですよね」
    「懲戒請求してきた人のリストは要保管」
    弁護士って皆こんな言葉を発し 一般国民を恫喝するのですか?

    何方かは申し上げられませんが、普通に裁判したら日本人は絶対に勝てない
    ましてや土日に窓口に提出すると月曜には左巻きが早く出裁し、内容に因っては
    仲間の左巻き裁判官に持って行き、、、と仰っていました。

    余命さんは、「自己責任で有り、懲戒請求、告発、告訴は個人の自由意思、無理をするな」と再三言って居られます。
    余命三年時事日記を、18年中頃より読まれるだけで何度言われて居られるかお分かり戴けるかと思います、ですから 洗脳されている、ネットで煽られている方は居ないのです、全ての方が自己で意思表示しているのです。

  23. 名無しでお願いします のコメント:

    ありがとうございます。

    日本国を信じていて良かったです。
    懲戒請求をして良かった。
    まだ弁護士からのお手紙は来ておりませんが、
    ここ数日間の恐怖は大変なもので、
    そういうことはないだろうと思いながらも、万が一の場合は、
    家族に迷惑をかけないために離婚も覚悟しなくては
    と思っておりました。
    とりあえずは安心いたしました。感謝します。

    政治って本当に大事なのですね。
    改めて選挙権を持つ責任をしっかりと自覚しました。

    私が余命ブログさんに賛同して、懲戒請求を出したのは、
    結果を出しているからです。
    それも すざまじいまでの結果を!です。

    今回、小坪議員さんのブログや保守速報さんのサイトなども、素晴らしい結果を出していますね。そのことも本当に感謝しております。ありがとうございます。
    (良い意味で、さらにとんでもない結果が来ることと思います。)

    私はまだ自民党員ではありません。
    結果をしっかりと受け止めてから、どこの議員さんの会員になるか決めようと思います。

    改めて、今回の応援本当にありがとうございます。

    今後、沖縄の選挙なども、私で応援できることがあるのなら協力したいです。
    沖縄県民ではありませんが、祖父が沖縄で戦死しています。
    遺骨もまだ帰って来ておりません。
    沖縄県は、祖父が最後に国を護るために命を捧げた場所ですから、私にとっては聖地のような特別な場所です。

    どうか、今後もお体に気をつけて、さらなるご活躍を祈っております。

  24. 大分県人 のコメント:

    小坪先生いつもブログ拝見しております。私もこういう事態を覚悟して懲戒請求に参加した物ですがやはり少し・・・いやかなり不安でしたが先生や保守の皆さまの応援で勇気づけられました、今では裁判がなんぼのもんじゃい負けても金払えばいいだけやろ!と気合入りました。ありがとうございます。

  25. 神○○○ のコメント:

    小坪先生、初めまして。
    私も懲戒請求者の一人です。また、『日本再生大和会(現やまと)』主催?の第一次外患罪告発?第6次外患罪告発(第一次?第4次までは委任状での参加)も参加させて頂いております。
    以前から小坪先生のお名前とお顔だけは以前までやっていたTwitter等で知っておりましたが、余命さんと提携をされたと余命ブログで仰っておりましたので、小坪先生のブログが気になり昨日から拝見させて頂いております。思っていたよりも時間を感じさせない(30分もあれば読めました)とても濃い内容で、また、誠実感のあるお人柄が文から読み取れるとても良い方&読みやすいブログだと思いました。また、行動力・情報発信力・人脈等も昨日・今日のブログ内容から見て相当持ち合わせているようで余命さんが大変評価されている理由が分かる気がします。
    多分他のコメント欄等で懲戒請求者(&外患罪告発者)の方々の並々ならぬ決意をご存じだとは思いますが、私も『日本再生』の為に、この外患罪告発&懲戒請求に参加できたことに感謝しておりますし、たとえそれがどんな結果になろうとも後悔なんてありません(懲戒請求取り下げ等相手に屈するなんて以ての外です)。力の無い私にはこれくらいの事しかできませんから本当に参加できてよかったと思っております。
    今はTwitter・Facebook等何もしておりませんが、小坪先生のブログをこれからも(父の介護をしながらですが、時間を作って)拝見させていただきますので、宜しくお願い致します。

  26. (ゆ) のコメント:

    個人情報の流出問題については以下のところは基礎知識として持っておかないと、弁護士会を追求してもバカにされるだけなので要注意。

    懲戒請求という手続きの申立書類に記載することが要求されていることから、取得の状況によって懲戒請求手続きの処理に必要な範囲での利用というのが明示されていると扱われる(個人情報保護法18条4項)。
    懲戒請求手続きの処理には懲戒請求書を対象弁護士に送ることが当然に含まれているので、対象弁護士に個人情報が提供されることも目的の範囲内である。

    対象弁護士が懲戒請求手続きで取得した個人情報どう利用するかは弁護士会が統制するものでもない。

    対象弁護士個人も個人情報取扱事業者として、個人情報保護法の規制を受ける。
    でも、懲戒手続を通じて取得した個人情報を不当な懲戒請求に対する民事訴訟提起や刑事告訴のために利用することは、法で認められた不当な懲戒請求に対する措置なので、目的の範囲内での利用になる。

    個人情報保護法の理屈としての解釈は以上のとおり。

    • 日出処の天子 のコメント:

      佐々木 亮弁護士のツィッターの「落とし前を付けてもらうからね」
      「取敢えず震えて待て」等のコピーを
      懲戒請求者に調査結果を送付する際に添付している「長野県弁護士会」の行為はどのように解釈すればよろしいのしょうか。請求者全員に送りつけてるとしたら、愚かすぎてあきれますね。この情報を受けて多くの人が未開封のまま保存して必要な時期にそのまま提出するとしたら、個人情報云々以前の問題と考えますがご意見をうかがえましたなら幸いです。

    • テロ指定共産党 のコメント:

      懲戒請求が不当と決めたのは弁護士会? 日弁連?

      好き勝手に不当扱いに出来る権力が有るから、テロ支援国家傘下の朝鮮学校へも交付金を払えと主張出来るのですね。

      なれば、国民の主権を守る為に、法改正が必要になるでしょう。
      .

    • 加藤 孝明 のコメント:

      (ゆ)様
      ご教示、ありがとうございます。

      なるほど、だから小坪先生は「公益通報者保護法」も入れているのですね。素人である私の浅い理解ですが、

      弁護士会
      「懲戒請求は違法と思われる行為に対して行われるの!今回は違法とは言えないからすべて不当なの!」
      小坪先生
      「ふ?ん、違法をするような悪徳弁護士への告発を想定しているのだから、請求処理フローは当然「公益通報者保護法」の理念を満たしているんだよね?」

      法律の字面で理屈をこねることは弁護士は得意でしょう。しかし、法が生まれた背景や理念は立法府の一員である議員の方が圧倒的に理解が深いでしょう。プロ同士の凄い高度な戦いになっているのですね。

      あの紙面に何発酸素魚雷が仕込まれているのやら。素人には想像もできません。

    • あや魂 のコメント:

      (ゆ)様、個人情報取扱いの基礎知識を記述して下さり、誠に有難うごさいます。拝読させて頂きました。
      その上で、素人ながらの愚問となりましょうが、「不当な懲戒請求」の″不当な″は、誰がどの段階で決めるのでしょうか?また、決まるのでしょうか?
      尚、余命ブログでは、この箇所において幾度と掲載が成されております。
      いきなりの非礼を、とは思いましたが、自身の中では未だ答え合わせが出来ておらず、もしかしたら、御答えをお持ちなのかな?と思い、問いとして、反応致しました。
      嫌な思い、感じを抱かせてしまっていたら、申し訳ございません。

    • 雪風 のコメント:

      >法で認められた不当な懲戒請求に対する措置なので、目的の範囲内での利用になる。。。
      個人情報保護法のご丁寧な解説、有難うございました。
      ところで「法で認められた不当な懲戒請求」とは何を根拠に述べられているのでしょうか?
      ?懲戒請求なんてただのガス抜きだったのに、真に受けた奴らがやけに
      多かったから。
      ?一時期に集中した為処理するのが面倒っちかったから。
      ?反日界隈では超有名な余命さんが提案者というのがむかついたから。
      ?せっかくさり気な?く北朝鮮を支援してたのに、ここに来て利敵行為と
       してネット上で広く周知される展開になってしまったから。
      ?法なんてこの際どうでもいいの!弁護士様に盾突く輩は全部訴えるの!

      何故?の仮設を立てたと思いますか?それは私に、金を払ったら許してやる
      といった内容の怪文書を送りつけたかんばら弁護士の、「民衆の正義は
      法の正義を乗り超える」という名言から浮かんだものです。
      それから(ゆ)様、頭がすかすかな私が言うのも何ですが、以下の条文には
      こう書いてありますね。
      「個人情報保護法 第18条 
      4.前三項の規定は、次に掲げる場合については、適用しない。 一
      利用目的を本人に通知し、又は公表することにより本人又は第三者の生命、
      身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合」
      弁護士のやくざまがいの発言で、実際に自さつを考えた懲戒請求者も
      いらっしゃいますが、これに該当するのでは?
      ヒト型最終兵器小坪議員の参戦に怒り狂った弁護士達が、私達のリストを朝鮮
      総連だの民団だのしばき隊だの有田ヨシフだのに渡してしまったとしたら、
      こんなに恐ろしい事はないですよ。十分過ぎる程身の危険を感じます。
      私としては、ささき先生やきた先生の自由闊達なご発言が、「弁護士法56条」
      の「品位を失うべき非行」にあたってしまったりして?と思いますが。

  27. 脅されてるので匿名希望 のコメント:

     小坪さん有難う御座います。 私は余命読者の一人です、そして懲戒請求者です。
    同じく妻も姉も「日本を取り戻す為」覚悟を決めて懲戒請求したのです。年齢が取り沙汰されていますが皆人生の残りを数えた方が早いwww

     自分の意見を述べるのは覚悟が必要です。私の周りを見渡しても(心で思っていても)率先して自分の意見を述べる人は少ない・・・そして後から、〇〇さんの様な人がいないと困るんだわ・・・と。

     私達は子孫も無く、この先日本がどうなるかを考える必要は無い程人生は残り少ない・・・しかし無視出来なかった!
     三権を超える存在が、治外法権の様にこの日本に存在する事が。国が介入する事が出来ない組織が国内に存在し、その組織自体を反日勢力に乗っ取られたら日本はどうなるのか?
     私達に子孫がいる、いないの問題とは関係ない!ご近所の、地域の、日本の同胞の、こども達、孫達の幸せな未来は望めるのか!
     「闘って潰し合え」などと言うコメを見たが、私達が負ければそんなコメを投稿した人の未来も恐ろしいものになるだろう。

     信者???ふんっ!、洗脳・・・余計なお世話だ、被害者じゃねえっての!誰かがやらなきゃならねえならやるしかない!武蔵小杉合同法律事務所から脅しのメールはきた。脅迫文通りなら近々裁判所からも知らせが有るのだろう。余命読者は軟じゃないと思うぞ、年齢など書いた覚えは無いが何故か弁護士さんは知っているらしい。

     覚悟は決めていたが、ここに来て小坪さんの援護は有難く嬉しい。治外法権紛いの弁護士会という化け物が国民の知る所となった。重ねて感謝の気持ちをお伝えします。
     今後は日本を愛する国民は、他人ごととは思わず、この勝敗に自分の次世代の幸せが掛かっているのだと気付いて欲しいものです。

  28. ピンバック: 行橋市市議会議員 小坪しんや「保守速報のコメント欄を国会議員に紹介します」目的は「弁護士会の個人情報流出事故」として、国会議員による被害調査を打診するためです | 保守News

  29. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、日々のご活動ありがとうございます

    >ちなみに私はまだ伏せていることがある。
    >「照会文書」の一部を墨消しにしており、その内容を各国会議員は理解している。
    >何について協力するかと、後で種明かしを聴けば、左派陣営や弁護士会はひっくり>返るだろうし、私の読者や保守層も驚くと思う。
    >(ひどくシンプルなことだけどね。)
    なんでしょうね・・・ワクワクドキドキ!(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

    閑話休題・・・・

    >鰯どころかサメみたいに思っている方もいるが・・・・
    一言いわせていただく!
    小坪先生はね!もうね!鯱(シャチですw)になっているとおもいますよ!

    ちなみに、
    鯱(シャチ)とサメの王:ホオジロザメとの比較ですが、百田尚樹先生の『雑談力』の46Pの記載から引用させていただきますと!

    ホオジロザメ  :体長4m?4.8m、体重:680kg?1100kg
    鯱(シャチの♂):体長9.8m    体重:10000kg(10トンです!)

    鯱の体当たりを食らうと一撃でホオジロザメは即死状態になるそうです。

    と・いうことで失礼します。でも、小坪先生、休養と栄養をとり、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さいませ。ま、奥様がいらっしゃるんで大きなお世話かw

  30. ぽて子 のコメント:

    全くスレ違いであることは承知しておりますが、多数の議員の先生方のみならず、大企業の社長さん方も多数閲覧しておられるということで、場所をお借りしたいです。

    私は子供の頃から身体が丈夫でなく、実に広範な物に様々な不具合を生じます。
    口から摂るもの・直接肌につけるものは勿論、そうではない物でも、身近にあるだけで、鼻水がとまらなくなったり、喉がイガイガしたり、腫れ物ができたり。
    そのため、少なくともこの10年ほどは、中国産と朝鮮半島産の物は忌避し続けています。外食もほぼしません。する時には、大手外食産業チェーンではなく、個人経営で『永年営業しており、美味しいところ』。
    ちなみに、安全性と美味しさは比例します。

    特定アジア産の物を広く忌避している結果、まずはアレルギー症状が緩和し、お通じの臭いがなくなり、お腹を壊すこともなくなりました。たまに選択の余地のない外食をすると、覿面に体調を崩します。

    国土・水・空気が重度に汚染されているのに加え、生産国の国民に高度な倫理観がない状態で生産される物には、『身体を壊す』物が多いです。
    身体面だけでなく、電子機器や家電等、安全保障面でも疑問を感じています。

    TPPの発効を心待ちにしているものですが、各企業や各議員の先生方には、『国民の健康と安全、満足』を重視する市場の構築を強くお願い申し上げます。

    完全なスレ違い、申し訳ありませんでした。

    末尾になりましたが、小坪市議の行動力には本当に頭が下がります。安倍総理の長期政権を望むとともに、小坪市議の永いご活躍を願ってやみません。

  31. 田中一郎 のコメント:

    小坪議員の展開の速さに、ただただ痛み入ります。
    この件以降、例の事務局のツィートを見ています。議員が矛を下ろしたと宣言された以降も、避難を繰り返していますね。意見の違いを表明するのは問題ないと思いますが、何故執拗に避難を繰り返すのでしょうか?余命翁にも会ったと言っていますが、そのときの模様も非難ばかりです。リアルの世界で何か起きたのかと、思ってしまいます。

  32. お味噌汁連邦軍(ワカメ) のコメント:

    もうさ、行橋市に足向けられないですわ。。
    小坪さん、小坪さん!!!本当にありがとう!!
    本当に余命様と、余命読者の為だけにこれだけのクオリティとエネルギーで動いてくださってるのか、、
    気がつけば日本の結構な国土ごと動いてる気がしますよ。
    凄過ぎです。参りました。
    カミカゼ氏も余命様とはあまり仲良くもないと言う噂なのに(最初ツイッターでも懲戒請求に対して冷たい物言いでした)こんなに動いてくれてる、保守速報もu1も。
    自分も大したコメではないけど一応投稿しました。
    大分荒れてましたね。
    国会議員さんたち、どう思われたかな、大丈夫かな汗

    それにしても気になるのは照会先‥‥!
    ただでさえ怒涛の展開なのに、この先まだまだサプライズがあるなんて‥!

  33. 懲戒請求者 のコメント:

    最初は味方にも蔑まれたかのような状況で、もうどうでもいいやなどと考えていました。
    関わったら終わり。そんな一番苦しい状況で火の中に飛び込まれた小坪先生。
    なんということをするのだこの方は…とありがたくてありがたくて涙が止まりませんでした。
    後ろから撃つのか?は突き刺さりました。自分は絶対にそのようなことはやったことがない、と言えるのかと。やった覚えはなくとも見ぬふりはしてこなかっただろうかと。

    腐っていたものが温かい言葉や知恵をくださる皆様に恥じぬよう戦わなくては、と勇気をいただけたのです。

    現在、同じく請求者の方のお知恵により自己の情報開示を求めています。フェイスブックもツイッターもやっておらず、年齢は知らないはずです。黒塗りの請求者を明かす方法も伺いました。
    ご紹介いただいた弁護士自治を考える会にもスキャンした合意書を送りました。

    勇気をいただいたことに対し、どうしても感謝の気持ちを伝えたく書き込みしました。

  34. 地方の主婦 のコメント:

    私は小坪さんとは違う地方の単なる主婦ですけども、小坪さんを応援してます。
    また心ある政治家の方々も、党や地域を越えて個人的に応援しています。
    政治家の皆さんがそれぞれ何をしているのか、少し調べれば分かる時代なので
    心ある政治家さんだなと思える人を、一国民として応援しております。
    国民の代表である政治家さん、どうぞよろしくお願いいたします。

  35. 一国民 のコメント:

    小坪先生ありがとうございます。
    保守速のまとめスレに私のコメントが掲載されて嬉しいです。
    行橋市にふるさと納税しようかな♪
    小坪先生に政治献金しようかな♪

  36. きゃべ のコメント:

    毎日の投稿、そしてリアルでの動き。
    本当にお疲れ様です。
    内部告発者は保護されるべき法律って、ありましたよね?今回は内部ではないにしろ、日本に住む者をすべて国民と捉えるならば、同じ事になるのではないかと思います。それが弁護士にのみ適用されないのは完全におかしい。立法分野の問題であり、弁護士会の不備だと考えます。法律を運用する分野でありながら、流れに疎すぎる。あるいは甘過ぎるのか。
    根底に憲法があり、下位に法律があり。それに従えない規則は、規則たりえない。
    非常に単純な指摘であります。
    グッジョブ、先生。

    でも、ご家族へのサービス、特に奥様への労いはどうかお忘れなく!一介の兼業主婦より。

  37. 月光仮面 のコメント:

    皆さん おいら ちーーーーとも今回のこと分からないんです

    でもね この ネットが力を持ちつつあるという事が 見えています

    皆さん これが 今後 政治を動かす 

    日本を動かつ 力になると思います

    まず 防衛力の強化 海保も含めて強化する 

    マスコミの改革をする

    そして 通名廃止

    最後に 提案です 虎の門ニュースの

    論客の先生方のお力も借りて

    この ネットの力を政治を動かす力にして頂けないでしょうか

    虎の門ニュース放送の力は本物だと感じています

    皆さん おいら 今回の事 ちーーーとも分かっていませんが

    ネットが 山が動き始めたのは ハッキリと見えています

    動かざる山が動き始めたそんな気がしています。

    • (=*・*=) ? のコメント:

      虎の門ニュースがラジオで聴けたらいいのになあ!と思うんです。
      ラジオならインターネットに繋がっていない人たちにも知ってもらえるのに…

  38. DEEPBLUE のコメント:

    先生、本日もありがとうございます。
    弁護士会の方は一段落の様ですが、それ以外のネットは酷い事になっております。先生のスレが立ったのは5chのニュース速報と言う板で比較的右寄り中道の板です。
    しかし、弁護士と共闘しているなんJと嫌儲という反日板が日本に対し好意的な動画をyoutubeに凸って削除させたりTwitter社に通報してBANさせたりしております。
    また、彼らはかねてから「ネトウヨ」とみなした人間の個人情報を拡散したり事実無根のデマをまき散らしたりしております。そういったネット上の反日勢力に対するカウンターは何とかならないでしょうか?

  39. 名無し空を飛ぶ のコメント:

    コメントを読んでいて、長野弁護士会の調査結果の添付コピー、人により違うものが入れられているとはじめて気が付いた…。
    え??

  40. ふぃくさー のコメント:

    先生、まことにありがとうございます。
    しかし、動きのスケールが・・・
    自分が当事者であることも忘れてしまい、口をあんぐりと開けたままになっています・・・

  41. 一郎 のコメント:

    よくぞ、保守系をまとめて下さいました!
    ありがとうございます!

    今回勝てば、沖縄知事選と改憲勝利に弾みがつきそうですヽ(^o^)丿

  42. 日々是好日 のコメント:

    小坪先生、ネットとリアルの一連のご尽力に心より感謝しております。
    国会議員までシェアしていただいているとは、どう感謝の気持ちを伝えればよいか表せないほどです。

    私は30代前半で知識もなくまだまだ見守っているばかりですが、
    小坪先生のブログと余命ブログ・書籍でやっと目が醒めたばかりです。

    懲戒請求に関する一連の記事で、
    数日前のサマーウォーズの記事の意味が、小坪先生があの映画に重ねられていた感情が、
    今、ひしひしと実感されます。

    私もあのお祖母ちゃんのパワーに憧れるひとりですが、
    まだ力のない一市民に過ぎず、ですので作品からこの言葉を引用して応援させてください。

    >アカウント(一票)を、預けます。
    >わたしたちの大事な家族(仲間)を、
    >どうか守ってください。

  43. ぎしんあんき のコメント:

    小坪さん、サンキュー&GJ!!!

    それはそうと、弁護士Kさんは自分で「私の手元にある懲戒請求者のリスト」と書いてますがな!
    それでも「ぼくちん悪くない、キリッ」タイプの自覚なし人間なのかな、この人は?

  44. 極楽とんぼ のコメント:

    なるほど、個人情報保護法違反という事ですね。
    この法律は総務省とか経産とかそれぞれ絡んでた気がしますが、今回は法務省とかが主管になるのでしょうか?

  45. 今回は匿名希望で のコメント:

    小坪議員いつもいつも勇気ある行動と説得力ある記事をありがとうございます。そして日本を力強くお守りくださる一人として、応援させていただきます。
    でも私ども懲戒請求者も、日本を守るひと草の防人としての覚悟をもって挑んでいます。

    黒塗りの「左翼陣営がひっくり返る」「実はシンプル」の答え楽しみです。
    しかしおそらくその答えとは、あの界隈の方々の特徴とも言える「基本 働くのが嫌いなめんどくさがり」「努力して目的の地位を築く」と言う概念がないため犯してしまう凡ミスのはず。又はほんの少しの手間を省く詰めの甘さが原因のはずです。彼らは緻密さを極められない、すぐに慢心し増上してしまい、事の重大さを軽んじ適当に処理してしまうのです。今回は致命傷でしょう。最大の牙城で最低のミスを犯す。笑ってやりましょう、あなた方は最高のコメディアン。歴史に残る哀愁のコメディアン。
    それが私達の彼らへの最後の餞(はなむけ)です。

  46. カエル3 のコメント:

    小坪さん、ありがとうございます。

    懲戒請求した一人です。

    沖縄返還復帰46周年 靖國集会参加しました。
    小坪先生とは言葉を交わす時間がありませんでしたが、やっぱり行って良かったわ!
    漢やぁ〜 男!
    そして、非常に腰の低い方でした(笑)

    これからもよろしくお願いします。

  47. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    追記です。

    韓国の国会議員が竹島上陸、外務省が抗議
    ttp://www.wara2ch.com/archives/9125657.html
    13: (´・ω・`)
    これが韓国のやり方よ。 毎回やられてよくわかっただろ。
    竹島上陸するたんびに次の制裁を政府は予告せんとダメなんだよ。
    そして上陸するとえらい目に会うことわからせろ。自民のアホども。

    25: (´・ω・`)(
    >>1
    23日?
    知らんかったぞ

    27:
    >在日韓国大使館の李煕燮イヒソプ次席公使

    なんだこいつ外交官かよ。
    もう日本に入国させるな。

    112: (´・ω・`)(
    上陸者は永久に日本入国禁止くらいしないとダメでない?
    これやると何かデメリットあるのかね?

    118: (´・ω・`)(`
    沈載權  71歳  あと三ヶ月で72歳
    ttps://ko.wikipedia.org/wiki/%EC%8B%AC%EC%9E%AC%EA%B6%8C
    https://ko.wikipedia.org/wiki/???
    外交統一委員会委員長
    慰安婦問題の日韓合意無効発議者

    【特定野党】民民今井「拉致被害者家族には会うと。過労死遺族にも会って」⇒ 安倍総理「比較されたが〜」⇒ 野次 ⇒ 総理「野次るところじゃない」(国会動画)
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/53567580.html
    19: あなたの1票は無駄
    >>1
    ここで野次った野党は、はっきりと国民の敵だと白状したに等しい。
    あとでブーメランになるぜ

    17: あなたの1票は無駄
    だからより法案に詳しい厚労相が会うと言ってるのになぜ会わないんだよ?
    結局こいつらが欲しいのは安倍が面会拒否したという既成事実だけで、本当は法案のことなんてどうでもいいんだろ?

    77: あなたの1票は
    あほか
    こんなんやったら労災認定された遺族は
    みんなその時の総理大臣に直接文句言えるってか?
    どんだけ日本の総理大臣は万能なんだよw

    29: あなたの1票は無駄
    安倍さんあきれ返っててほんとかわいそう

    63: あなたの1票は無駄
    自分等で提出した生活保護関連の法案審議すらサボった奴らが
    過労死被害がどうのこうのって馬鹿じゃね?
    弱者救済とか口ばっかりだろ?

    あえて厳しく言うなら

    拉致被害は北朝鮮の工作によるもので、責任論でいうなら国内から拉致されたケースでは、海上保安庁や地元警察などが防げなかったという国家の国防体制不備のミスはある。

    一方、過労死の方は、労働法が十全ではなかったかもしれないし労基の監督が十分ではなかったかもしれないが、多くの場合36協
    定無視とかブラックな働き方をさせた雇用先企業の責任。

    責任の次元が違うんだよ。

    重要か重要じゃないかで語るなら、みんな重要だ
    いろんな問題が山積みだ
    そんな中19連休もとった輩が、なにを言うか

    ところで過労死遺族って誰が連れてきたの?
    それ次第で信憑性を考慮したい

    【大阪地裁】「北朝鮮へ不正輸出、無罪」裁判長の言い訳がヒドすぎる「契約書には港が南浦とあるだけで国名が書かれてない」※「南浦港」でググると北朝鮮
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49605598.html
    検察側は、売買契約書に北朝鮮の港の地名が記載されていたことなどから、最終陸揚げ地を北朝鮮と認識していたのは明らかとしたが、浅香竜太裁判長は「契約書には港名の『南浦』としか記載されておらず、国名も書かれていない。検察官の推認過程はかなり不合理だ」と退けた。

    49: 名無しさん@涙目です。
    浅香竜太
    門真4人殺傷、被告に懲役30年大阪地裁判決
    心神耗弱を認定
    [共同 2018.4.13]
    ttps://r.nikkei.com/article/DGXMZO29368940T10C18A4AC8Z00

    44: 名無しさん@
    貿易商者が、モノがどこにいくか把握してないはずがないだろ

    61: 名無しさん@
    上告しろ

    穴を見つける良いチャレンジでしたね。
    どんどん法律の漏れチェックはやるべきでしょう

    まあ大阪の地裁ですから、朝鮮に忖度してるんでしょ
    高裁に行けばひっくり返るよ

    地裁判決がこんなのばっかりだから、実質高裁の1審制になっている。現状の地裁は違憲状態じゃないか?

    政治以外でも問題はつきませんね

    レオパレス、建築基準法違反が発覚し調査へ! 数が尋常じゃないんだけど・・・
    ttp://jin115.com/archives/52219624.html
    賃貸アパート大手のレオパレス21は29日、1996?2009年に施工したアパートで建築基準法違反の疑いがある施工不良が見つかったと発表した。防火や防音効果を備えた住戸を隔てる壁がないなどの問題が確認された。

    防音対策は本当にレオパレスに限らずしっかりやって欲しいわ。
    近所トラブルの一番の原因が騒音トラブルだから。
    ここは住居を作るんだったらしっかりしてほしい

    >>44
    それはその物件が良かっただけ=君の運が良かっただけ
    5年前に独身寮から出る事になった時
    会社の上司の紹介で知り合った不動産屋から聞いた話だけど
    その時点でレオパレス関連はお勧めしないって言われてた
    理由は記事内のコピペにほぼ近い内容
     
    要はその頃から言われ続けてたレオパレスの評価でもあるんだよ
    (もっと酷いのはこのレオパレスに「特殊物件」まで付加されてる物件もある)

  48. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    日本人って俺が俺が!とか本当の事とか本音ってあまり表立って主張しないですよね。
    だからこそネットとリアルが繋がる事には、大きな意味が有るんだろうと思います。
    ネットの声こそ潜在的な本当の声なのでしょう。
    弊害も有るでしょうがネットには自浄機能もある、と思っています。
    願わくば非ネット民にもこの流れ、実態を理解できる環境が早期に実現されると嬉しい。
    綺麗に騙されている爺婆が不憫でなりません。

  49. 匿名 のコメント:

    小坪先生、ありがとうございます。
    余命クラスタであり小坪クラスタの者です。
    私の周りはマスメディアの報道をモロに信じるか、事なかれ主義のお気楽日和見主義しか居ません。世の中が変われば何事もなくスライドする、疑問や検証を避けるまたは潰す平和的日本人に囲まれて、ここ数年喉に真綿を詰められたような精神的苦痛を味わっています。
    保守速報さんのコメント欄に幾つかコメントを出して来ました。自分の考えをハッキリと打ち出せる場を使って下さり、感謝感激です。
    マスメディアの姿勢が国民側に変われば懲戒請求者として反訴に参加の可能性が生まれますが、遠方であり本人訴訟のみ。私にとってまだ条件は厳し過ぎるので、ドキドキしながら情勢を観察しています。
    数年前、赤旗と押し紙問題の資料を小坪先生が全国の議会に送ってくださったと知り個人献金をしていた時期がありました。今は御礼を申し上げる事しか出来ませんが、強く強く応援しています。

  50. ココ のコメント:

    みんな日の丸を持ってると、改めて思いました?
    とても嬉しいです。

    本当にありがとうございます。心から感謝しています。私も頑張ります?

  51. 旧新人類 のコメント:

    数日前の懲戒請求についての保守速エントリーで、通知書を掲載されている方がいたので読んだら、「虚偽の申し立て」「利害を損じる」「精神的苦痛」「不当」という言葉がヒステリックに並んでいるだけで、何がどう「精神的苦痛」なのか説明がなかったです。それにしても、たとえば労災申請ひとつとっても大変だというのに、弁護士だと「精神的苦痛」のエビデンスは何ら出さなくていいんですかね。確か、昔は職場のパワハラでうつになって休職したとか、自死したとかでも労災は簡単に認められたかったのでは(今は知らないけど)。もちろん不正利用する輩がいるからそういう運用になっているのだと思うけど、それに比べたら弁護士は医師の診断書も無しにただ一方的に「精神苦痛」を被ったと決めつけるだけで証拠もないのに一般市民から慰謝料を請求することができるってことなんでしょうか。おまけに、「血祭りにあげてやる」という発言もしているんですか?これ、脅迫罪に当たらないの?警察に通報するレベルじゃないんですか?調書でも取ってもらえばいいのに。世の中にはまともな弁護士もいるだろうに、こういう暴力的な弁護士と戦う余命読者の方々は本当に尊敬いたします。ネットのみんなもついているので、負けないで頑張ってください。小坪先生もこのブログで取り上げるだろうし、全プロセスを可視化したらいいですね。なんだかこの件で思うのは、(一部)弁護士って空疎な言葉と屁理屈をもてあそぶ虚業って感じ。橋下弁護士も言ってましたっけね:「結局、弁護士会も日大も同じ。同じ価値観を持った者が集まった閉鎖的な集団。集団の価値観と世間の価値観がずれてしまっている。弁護士会は世間とずれた価値観で、自分たちのさじ加減一つで処分を下すか、下さいないかを決めることのできる懲戒制度という武器を振り回す。治安維持法と同じ。」

  52. 村上 のコメント:

    今回の件についてはたいへん心配しておりましたが、優秀で強い、しかもある程度権力を行使できるリーダーのもと愛国保守系ネットが一致団結し、愚昧強欲反日弁護士へのリベンジがかないそうで安堵しております。

    思えば、はじめてネットの協力な団結力を見たのは、かなり以前になりますが、フジテレビへの数万人が集結したデモのときでした。

    日本は敗戦直後に戸籍が焼失し、そのときに戸籍の復活をしたものが真の日本人かどうかはわからない状態でした。終戦後半島人はほぼ帰還し日本に残留したのは245人にすぎないとされていますが、ここは額面通りにうけとめることはできないと考えております。背乗りは帰化や結婚だけとはかぎりません。この弁護士たちの素性もどうなんでしょうか。

    勇気を出して反日弁護士たちへの懲戒請求をしてくださった皆様方も、もとより覚悟のうえとはいえ、かなり心強く安心されたのではないでしょうか。

    • 波那 のコメント:

      245人と言うのは戦時徴用者のことですね。つまり“強制連行“なるものによって日本に連れて来られた在日など日本には一人も居ないと言うことです。245人にしても了承の上で来たのですから。

      ?在日朝鮮人、戦時徴用はわずか245人 外務省が明らかに
      2010.3.11 08:02

       戦時中の徴用令によって日本に渡航し、昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人だったことが10日、分かった。自民党の高市早苗元沖縄・北方担当相の資料請求に対し、外務省が明らかにした。

       資料は34年7月11日付で、245人について「みな自分の自由意思によって日本に留った者または日本生まれだ。日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き一名もいない」と結論付けている。

       永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案の推進派は、在日韓国・朝鮮人が自分の意思に反し日本に住んでいることを理由の1つとして挙げてきた。

      ttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100311/plc1003111306007-n1.htm

      ?2010/3/10 衆議院外務・高市早苗(自由民主党・改革クラブ) 1/3
      ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm9976500

      【要約】
      「在日朝鮮人の徴用者は245人」

      ・終戦直前、日本には200万人の朝鮮人がいた。
      ・その内、140万人は終戦直後に朝鮮に帰った。
      ・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
      ・つまり200万人のうち、150万人…つまり75%が帰国した。
      ・国民徴用令は1939年7月から施行された。(日本人と台湾人)
      ・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった。(つまり優遇されていた)
      ・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期はたったの7ヶ月。
      ・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…たった245人だった。
      ・現在、日本に残留している朝鮮人は「自由意志」による残留である。(犯罪者を除く)

      <1959年、発表当時の記事?大半、自由意志で居住 戦時徴用は245人>
      1959年7月13日 朝日新聞 2面

      • 波那 のコメント:

        ?閣議決定された答弁書で『安倍政権が”在日特権”を拒否する姿勢』が確定した模様。強制連行説を再度完全否定
        ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50510302.html

        4月28日
         政府が17日に閣議決定した答弁書は、昭和34年7月11日付外務省記事資料を引用していた。資料は「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに、戦時中の徴用労務者について」で、朝日新聞が「大半、自由意思で居住 外務省、在日朝鮮人で発表」と報じていたものである。

         資料によると当時の在日朝鮮人約61万人中、戦時中に徴用労務者として来た者は245人にすぎない。資料は断じる。「大部分は、日本政府が強制的に労働させるためにつれてきたものであるというような誤解や中傷が世間の一部に行われているが、事実に反する」。

         資料は、高市早苗前総務相が外務省を叱咤(しった)して探させるまで、埋もれた存在だった。平成22年3月10日の衆院外務委員会で高市氏が「現在も有効か」と問うた際には、民主党政権の岡田克也外相はあやふやに答えた。「急に聞かれても私、把握していないので分かりません」。

         それが今回、内閣の公式見解である答弁書に登場したのだから、8年ぶりに「有効だ」との答えが出たことになる。在日韓国・朝鮮人は強制連行された人々の子孫だとの神話は、もう通用しない。自らの意思や家族に連れられるなどして日本に渡った人々がほとんどなのである。(略)
        ttps://www.sankei.com/column/news/180428/clm1804280002-n1.html

  53. 名無しさん のコメント:

    ブログランキング3位に浮上されましたね。
    懲戒請求者の皆様や小坪クラスタ、そして各所からお集まりになられた方々の応援や想いが、元気玉のように集まった結果かと存じます。
    一日一クリックを日課にしている者としては嬉しいかぎりのことです。

  54. YT のコメント:

    最近は、中国も北朝鮮も韓国もサイバー工作に余念がないのでお気をつけください。

    本件、弁護士をつけて、個人の信念に基づき、単独で懲戒請求をしたと主張すれば被告が負けるはずのない訴訟です。裁判官も、一般人の数通の懲戒請求が弁護士の業務を妨害することないと理解するでしょうし、まして、プロである弁護士が一般人から精神的苦痛を受けたなどと失笑するでしょう。

    だからこそ、今、ネットでは被告たちに対して、「プロに喧嘩を売って勝てるはずない。弁護士圧勝だから示談しろ。仮に裁判しても今回の件で弁護を引き受ける弁護士はいない(なわけないだろう!着手金を払えば凶悪犯だって弁護士はつくよ)」と、被告を精神的に追い詰める工作を行っているわけです。

    この件は社会的に衆知されればされるほど、原告弁護士の非常識さが浮かび上がってきますので、時間が味方してくれると思います。

    • DEEPBLUE のコメント:

      なんJ嫌儲が日本人側のyoutube動画やTwitter削除に動いてるのは明らかにサイバー工作でしょう。
      アイツら基本的に馬鹿で普段は日本人や障碍者を差別してるんだから、今回みたいな事を自力で思いつく訳がないんですよ。むしろヘイトしてる側って本来の左翼が糾弾しないといけないんですがねえ…

  55. me のコメント:

    小坪先生お疲れ様ですm(__)m
    自民党の当選回数が多い国会議員さんに生前Twitterでフォローしていただいてました
    ご本人はPCもスマホもよくわからないけど、好奇心がもの凄かった!
    それを思うと今も密かにココを見ている国会議員さんがいらっしゃっても不思議ではないですね
    小坪先生がお付き合いのない方のほうが多いであろうし、その方達がこれからどう動くのかと興味津々(≧∀≦)

  56. 村上 のコメント:

    245人について。

    そうだったんですね。
    一応政府の公式見解ということで。

    たぶん、これがアタマにあったんだと思います。
    http://hosyusokuhou.jp/archives/39324467.html

    Q.在日は強制連行されたの?
    A.200万人もいた在日人口のうち、大戦末期に他の日本人と同様に工場などに
      徴用されたのは終戦直前のたった 6ヶ月間の20万人。これが彼らのいう
      強制連行ですが、その殆どは終戦後に帰国。 残ったのはたった 245人です。
      (朝日新聞 1959年7月13日) 六ヶ月日本にいただけだから当然帰りました。
                          つまり今日本にいて偉そうにしてるのは・・・

    こちらのほうが理屈にあっているような気がしたんですよね。
    それと、昔、けっこう有名な韓国研究家の方の講演で、やはりそのように聞いた記憶が・・・。

    ともあれ、ご教示有難うございました。

  57. あさひ のコメント:

    はじめまして、懲戒請求者です。
    小坪先生には、心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

    私もこの期に及んで、示談だの和解だのに応じる気は全くありません。
    これは日本再生のための戦いなんだと、強く胆に命じ覚悟を決めて参加していますので、脅されたからといって簡単に退くわけにはいきません。

    ただ保守層からの批判には、さすがに堪えました。不安に駆られ、せとブログの「余命救済プロジェクト」なるものに登録したのですが、翌日余命さんとは全く無関係だとわかったばかりか、『悪魔の。。。』のシンパまで周りにいるとのことで、愕然としました。
    裏切られた思いで悲しいやら情けないやらで、まさに『魑魅魍魎の世界』を垣間見た思いでした。が、小坪先生のお陰で救われました。

    今後は慌てることなく、余命さんと小坪先生の動静に合わせて参ります。

    追伸…『余命救済プロジェクト』はログインすることなく、退会しました。

  58. ピンバック: 【パヨク速報】小坪行橋市議「懲戒請求で弁護士会に提供した個人情報が訴訟に流用されるっておかしいね」 | NEWSPRESS

  59. ピンバック: SC95高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸 - ネットで話題のニュース実況

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください