沖縄市長選、自民勝利。知事選を考えると、喜んでばかりはいられない【勝って兜の緒を締めよ】


 

 

自由民主党は、沖縄市長選に勝利した。
これは知事選につながるものであり、絶対に敗北できない選挙であった。
名護、石垣と続き、沖縄市長選までを三連覇せねば「知事選の挑戦権を持ちえない」構図だった。
厳しいと言われた名護、保守分裂の石垣を越え、ついには沖縄市長選まで勝利を納めた。

これで勝負することができる。
当選の報告は、候補の公式Twitterでもなされているが、メディアと思われる方の顔も写っている。
極めて「悔しそう」なのだが、それは【沖縄県知事を奪還】できる可能性が高まったゆえ、だろう。

だが、油断することはできない。
あくまで「挑戦権を得た」に過ぎず、まだ勝利を確たるものにするだけの状況には至っていないからだ。

勝った勝ったの、また勝った、ではない。
事実として、本日行われた与那原町長選は敗北している。
オール沖縄の町長が引退、後継指名していたのだが、左派と思われる候補が勝利している。

自民は、知事選の候補を決定できていない。
翁長知事の体調問題の報道のされ方だが、私は不気味だ。
明日、容体の発表をするという報道がわざわざされているが、ここまでの段取りをとる際には「かなり厳しい」状況と考えることも自然だ。

一気に前倒しとなった場合、候補を決めることができていない自民は、さしたる準備もできず敗北するだろう。
特に、大きな選挙の場合は「準備に非常に時間がかかる」のだ。
偉い人たちの会議も大切だとは思うが、現場を切り盛りする立場から言わせてもらうと、すでに遅い。

仮に、翁長知事が「すぐ辞める」と宣言し、可能な限り速やかに選挙を実施された場合、
【県政奪還は不可能】だと思っている。
候補擁立に時間がかかり過ぎたことが最大の敗因であり、その場合は、政治家たちの責任が問われると思われる。私は、問うべきだと思う。そろそろ誰か責任をとるべきだろう。
仮に調査・分析が行われるならば、私も協力したい。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

勝利の報告
くわえ市長からの、当選報告。

 

左上に見えるのは、メディア関係者だろうか。
私の主観であるが、ひどく悔しそうな表情だ。

ここまであからさまに態度に出すのは「どうなんだ」と思うが、
沖縄はそういう場所なのだろう。

 

 

速報での開票結果は、以下。

 

 

現場には、大山議員が行っている。
早い段階で当確情報は得ていた。

ネットの、ツールとしての機能を思い知る。
私も電話で知っているが、情報は(許された範囲内の速さで)ネットにも放流されている。

 

 

 

挑戦権を得た。
現職の県知事を相手にするにあたり、簡単には行かない。

オール沖縄との「陣取り合戦」をやっているようなもので、
沖縄の各自治体のトップを「取り合い」して、最後に県知事みたいな流れ。

偶然ではあるが、そのような選挙日程になっているのだ。

 

その中で、絶対に落とせないのが名護、石垣であった。
ここを落とした場合、知事選自体が戦えないような、そこまで追い詰められた状況であった。

ただし、あくまで得られるのは「挑戦権」に過ぎない。
有利になったのは考えていない。

また、不利な状況を脱することができたとも思えない。

 

今回の沖縄市長選でも、万が一があれば、「知事選はやばかった」と思う。
オール沖縄は、一縷の希望をもっていたことだろう。

これで知事選を「戦うことだけは」できる。
あくまで挑戦権だけであるが、得ることはできた。

 

見ようによっては、順調だ。
スタート時には「無理」とすら思えた計画だったが、よくぞ達成できた!と大喜びしたいぐらい。
だが、状況は一気に変わりつつあり、油断できるような状況ではない。

 

 

 

知事選への危機感
私が気になっているのは、保守層の「ダレ」だ。
はっきりいうがダレている。

名護も勝てた、分裂した石垣でも勝てた。
このあたりで「自民でさえあれば」勝てるような、そんな空気が支持者に蔓延している。

はっきり言う。
そのような事実はない。

 

ダレてしまえば、勝てるものも勝てなくなる。
そもそも、見ているものが全く違う。

ほとんどの選挙は僅差でもぎ取ったものであり、楽観できるような戦ではなかった。

 

実際に、沖縄の選挙を戦ってきた。
楽観できるような、そのような情勢にあったことはない。

 

 

 

天王山は、那覇
ここで苦しくなってくるのが、昨年の「那覇市議選」だ。
あれは大失敗だったと思う。
なぜなら大型選挙において「手足となって戦う」のは市議だからだ。
国会議員や県議も重要だが、集票の最前線は市議である。

那覇市は、沖縄県内で爆発的に人口が多い。
那覇で勝てねば、県内の各自治体で勝利を納めようとも知事選の結果はひっくり返る。
そして、那覇市は、オール沖縄の牙城であった。
一人でも多くの市議が欲しい。

 

しかし、
自民党は、那覇市議をほとんど持たない。
定数40のうち、自民市議は僅かに7名。
構成は、ベテランが1名、二期生なりたてが3名、残りの3名は議員歴1年未満。

14名を公認し、当選できたのは僅かに5割。
艦隊決戦に例えれば、駆逐艦は7隻あるものの、歴戦の艦は一隻のみ。
三隻が新兵で、残る三隻は練習航海中みたいな状況。
とても、機動的な運用ができるとは思えない。

(実際、先般の衆院選における動きを分析し資料化、レポートして提出済みだが、そのような報告書は書いていない。)

 

なぜ、ここまで新人だらけかと言えば、「本来の自民党那覇市議団」が消滅したからだ。
私たちが対峙する翁長県知事は、元は那覇市長であった。
そして、自民党の、那覇市長であった。

ゆえに、自民党那覇市議団(新風会)は、先の県知事選において翁長知事とともにオール沖縄に合流。
多くの(元自民党市議は)除名処分などを受け、県庁所在地から自民市議が消滅したという経緯がある。

前回の那覇市議選は、その奪還作戦の一環として、「大量の候補に公認を出す」手法に出た。
私の後輩の大山もその一人であるが、都議選ばかりに有力議員をとられ、公認は得たがさしたる支援を受けたとは感じていない。
(私が異常に肩入れした理由の一つでもある。)

 

非常に批判的な言い方にはなるが、まるでバンザイ突撃みたいな、頭の悪い特攻作戦に思えた。

都議選にばかり肩入れすし過ぎた結果、いま苦しくなっている。
この状況で、県庁所在地・那覇を、人口密集地を戦わねばならない。

 

無策で戦うことは避けたい。
妥協案ではあるが、すでに推進中ではある。

いまの代替案は、(通常の他府県での選挙において)地方議員が果たすべき役割を、保守活動家や財界人などに振り分けるというものである。これらの組織化は指示を仰ぎつつ勝手に進めている。
頭数は、多いに越したことはない。
(ただし指揮命令系統としては、私が従うことはないだろう。我々は勝手連として独自に動く。誰の指揮に従うかは、私たちが決める。)

地元有力者や財界人であっても、同じ動きは可能だ。
田舎ではできないが、ようは選挙ノウハウさえ叩きこめば(求められるのが集票能力である以上は)
都会では、代替は不可能ではない。

一隻でも多くの駆逐艦を配備せねば、勝負にならない。
だが、その進捗も間に合うとは思えない。

 

 

 

翁長知事の容体
病気は、誰しもなるものである。
イデオロギーにより、それを揶揄することを、私は読者に戒めたい。

情報源がどこであったかは伏せるが、すい臓であることも的中してしまった。
手術は終わったとのこと、明日、今後について記者発表。

 

 沖縄県の翁長雄志知事が膵臓(すいぞう)の腫瘍検査のために21日に手術を受けていた件で、県が23日に手術内容や公務復帰の見通しなどについて会見することが分かった。県関係者が明らかにした。

 関係者によると知事は手術の麻酔から覚め、会話ができる状態だという。23日午前の県幹部会議後、知事の状態などについて記者発表する予定。

 翁長知事は10日の記者会見で、5日に人間ドックを受けた結果、膵臓に2センチを超える腫瘍が見つかったと報告。4月中に膵体尾部を切除する手術を受けることを明らかにした。

 

 

悪いほうにばかり考えても仕方ないが、この書き方は気になる。

ここまでの段取りを踏む際には、かなり厳しい状況である場合がほとんどだ。
問題ないのであれば、問題ないと発表するのが常だからである。

 

これが術後経過を見るためなのか、それとも、という話。
特に膵臓であるため、そう考えてしまうのかも知れない。

 

 

などと書いてはみたが、ある程度、確たる情報を得て書いている。

私の知り得る範囲では、恐らく厳しい状況だと思う。
膵臓癌の場合、発見が遅れれば手術自体が難しく、手の施しようがないこともあるらしい。

 

 

 

知事選が前倒しになった場合
候補を擁立できていない。

まだ、沖縄県知事選の候補が決定していない。

 

凄まじく前倒しになる可能性もある。
対応は、ほご不可能だ。

 

あらゆるものの組織化が遅れている。
私も一部の戦線を受け持つ予定だったが、手つかずだ。

ネットの組織化がなんとか進むか?という状況で、これにしてもスタートしたばかり。
なんとか形になりつつはあるが、まだ稼働できる段階には至っていない。

現場を戦う一兵卒としては、もう、時間がなさすぎて泣きそう。
このまま突入すれば、本当に間に合わない。

 

皆、楽観視しているが、内閣総理大臣が解散権をもつように、
知事にも辞職して、県知事選を前倒すという荒業がある。

選挙日程については、残り任期を放棄するのであれば、
現職知事が握っているわけだ。
異例ゆえ、ご存じない方が多いのもわかるが、「知事選が早まる可能性」は、真剣に考える必要がある。

 

しかも、相当に早まる可能性がある。

 

 

 

沖縄市長選は、勝利することができた。

 

まずは、喜ぼう。

 

厳しいと言われた名護、分裂の石垣も勝利できた。

 

これで知事選を戦うことは、確かにできる。

 

だが、挑戦権を得たのみであり、

 

情勢が有利になったとは思えない。

 

保守層や、自民支持者に気の緩みを感じる。

 

ダレては、勝てるものも勝てなくなる。

 

残念ながら、与那原町長選は落としてしまっている。

 

また、翁長知事の容体も気になる。

 

知事選が早まる可能性があり、仮にそうなれば、

 

候補を擁立できていない自民は、知事選で負ける可能性が否定できない。

 

勝って兜の緒を締めよ!と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

16 Responses to 沖縄市長選、自民勝利。知事選を考えると、喜んでばかりはいられない【勝って兜の緒を締めよ】

  1. medakanoon のコメント:

    沖縄市長選、自民勝利。知事選を考えると、喜んでばかりはいられない【勝って兜の緒を締めよ】 自由民主党は、沖縄市長選に勝利した。 これは知事選につながるものであり、絶対に敗北できない選挙であった。 名護、石

  2. ひかりちょういち のコメント:

    本当に怖いのは、立てた候補者が当選する為に、オール沖縄とも手を組む事。自民党員だった翁長市長が市議を伴ってオール沖縄に移ったり、日本の心の党首が、亭主を当選させる為に希望の党に移った例があるのですから。

  3. ハリマオ のコメント:

    沖縄を左翼の道具にされているのに 県民が気づいたのでしょうね
    ここまでされれば 気付きますよね 沖縄をバカにしすぎたのです
    左翼は 

    • 月光仮面 のコメント:

      沖縄を取り戻す日になると良いですね
      そして この現状をしっかりと見ることだと思います

  4. あかうお のコメント:

    市長選に勝利したのは嬉しいが、これで翁長知事がどう出るか不気味ですね。
    知事の病気を云々は言いませんが、いい宣伝になるのは確か。
    もう引退確実の老体なんて文字通りの捨て駒にしそう…。

  5. 琵琶鯉 のコメント:

    沖縄な方々には、是非とも「虎ノ門ニュース」を広く見て頂きたいです。そして、広い視野と現状分析、事象に対する深い考察力を身に付け頂きたい。それらを自由に発言出来る場を作り上げる事。それがシナの侵略から沖縄を守り、日本を守る礎となると思います。

    まずは、きっかけを?

    • 月光仮面 のコメント:

      賛成です 沖縄に限らず日本全国虎の門ニュースを見るべきです
      そして マスコミ改革してこのような番組を茶の間で見れるように
      するべきです、

  6. 月光仮面 のコメント:

    政治家の皆様 思想信条をしっかりと持ってください そして
    御自分の行動 発言が この国の国民がどのように受け止めるか
    常にお考えください、
    思いますに 沖縄県知事も政治家になったときは 自民党で
    保守で 政治家を目指したと思います ここで いろいろ
    な人たちから いろいろなアプローチがあるのだろうと
    思います そのうちに だんだんと 考えが変わって行った
    と思います 考えは変わるかも知れませんが よくよく
    考えて欲しいのは 今自分がしている政治は誰のためのものか
    を考えて欲しいですね それを見損なうと 恥 をかきます
    日本人で最も嫌う 恥 恥ずかしい事をしているのではと
    常にお考えください ね 総理経験者でも この恥を全身で
    受け止めている方が居ますでしょ 恥ずかしい事です
    そうそう その アプローチって金なんだろうか女なんだろうか
    どっちなんでしょうね もともと 思想信条を隠して
    政治家になりたいだけの人物も居るでしょうけれどね

  7. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    あら、自民はまだ対策されてないのですか…。元々自民優勢な地ではないから及び腰なんでしょうかね…。
    そう言えば昨日の委員会で、沖縄戦は話題になるのに北海道をロシア兵から守ってくれた日本兵は何故話題にならないのか少し話題に出てました。GHQ統治の一環で、日本兵が賞賛されるような話しはあえて闇に葬られたとか…。
    なんかやるせなくなりました。

    外国人だらけのニセコ(北海道)。日本人の従業員は「お断り」 海外資本が経営する店が並ぶ
    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48815072.html
    110: 名無しさん@
    >>9
    よくないでしょ オージーや中国人が利益上げてるだけで地元が潤ってないんだから

    90年代半ばに訪れたオーストラリア人がニセコのスキー環境や自然環境に魅せられて移住、新たに夏場のアクティビティーを考案し紹介するなどの口コミによって2000年代はじめからオーストラリア人観光客が増え始めた。
    .
    2001年に「アメリカ同時多発テロ事件」が発生し、欧米への航空旅行が不安視される中で飛行時間や時差が比較的少なく、移住してきた人々による受入体制があったニセコ地域が代替地として注目されたことも観光客増加の要因に挙げられる。
    .
    比羅夫地区を中心にオーストラリア資本によるマンションやコンドミニアムなどの不動産開発が進み、倶知安町字山田が2006年から3年連続で住宅地の地価上昇率全国1位になった。
    また、アジア地域からも注目されており、中華人民共和国(香港)やマレーシア資本による開発も進んでいる。

    いわゆるニセコ地区の殆どは倶知安町。
    ニセコ町は周りの反対にも関わらず狩太(かりぶと)町から改名し、紛らわしく未だ混乱を招いている。

    ニセコの地名を最初に聞いたのは荒巻義雄の「ニセコ要塞1986」だったな
    北海道のほぼ半分を占領しなおも南下侵攻してくるスミノフ軍に抵抗するIBM軍隷下の列島軍の拠点、ニセコ要塞
    結局陥落して「十和田要塞1991」「阿蘇要塞1995」と続くわけですが

    このコンサルタントって空気が読めないクズなのね。
    10年前に西武グループから売られ、
    購入したのが外資。
    その後、また転売されて今は、マレーシア系。
    そしてHiltonに加盟した。
    最初の頃は、日本人やオーストラリア人もたくさん居たが、
    マレーシア本社の旅行会社が大量のツアー客を送り込んできた。
    お陰で、中国人観光客が一杯。
    日本人観光客は、5年ほど前から誰も居ない。
    髪の毛も目の色も日本人と区別が付かないのに、
    日本人が来なければ、誰が日本語を話すのか???
    俺も、しばらくは泊まっていたが、余りに中国人の質が悪いの行くのを止めたぞ。

    ネットメディアのリテラが羽生結弦のパレードの日の丸手旗を「グロテスク」と表現 非難殺到し炎上
    ttp://www.wara2ch.com/archives/9098498.html
    リテラはたしかサイゾーだろ。昔、噂の真相とか書いてた左翼くずれのおっさん三流ライターとか在日韓国人とかが書いてるはず。で、サイゾーのスポンサーがとまべちとかいう得体の知れないおっさん。なんでそんな金持ってんだろ? どっかの国からもらってるのかな?

  8. 琵琶鯉 のコメント:

    全ての日本人のお手本は、今上陛下と皇后陛下です。
    下は家庭や共働き夫婦のあり方。上は国益や国民に対する姿勢。全てに通じます。
    言葉少なく、行動を見て私達は察しなければなりません。

    未来の子や孫の為に、ある時は泥をかぶり、戦う。(なんか、どこかで見たような話ですが、正にナルトのサスケの兄ちゃんみたいな)

    小坪先生が与党議員の劣化が激しいと嘆いておられますが、これは、野党があまりにもアホ過ぎるからで、どうしようもありません(半島系の議員が幅をきかし、日本人がそれに染まってしまっている)ならば、そんな政党は不要です。有権者である国民が与党を鍛えるだけです。
    その為にも言論空間の確保は必要です。

  9. 波那 のコメント:

    ロイター企業調査:安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視 | ロイター
    https://jp.reuters.com/article/reuters-survey-abe-idJPKBN1HU04J

    ロイター企業調査:安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視
    [東京 23日 ロイター] – 4月ロイター企業調査によると、安倍晋三首相が自民党総裁に3選されることが望ましいとの回答が7割を超えた。国民による政権への信頼は低下しているものの、企業にとっては政権安定によるアベノミクス継続が事業活動にプラスとの考えが勝っている。

    次の政権も安倍首相続投による与党政権継続が望ましいとの回答が6割を占めた。次期首相も5割が安倍首相を支持した。

    この調査は、資本金10億円以上の中堅・大企業400社を対象に4月4日─17日に実施。回答社数は220社程度。

    長期政権を望む企業が多い背景には「政策が大きく変わらないことが経済の安定をもたらす」(金属製品)との見方がある。多くの企業が政治の安定を望んでいるが、とりわけアベノミクスが企業収益の拡大をもたらしていることも支持の理由となっている。「景気対策を実施しているから」(輸送用機器)、「業績、女性活躍、インバウンド効果など、効果が出ている」(建設)、「経済重視の方針は有利に働く」(卸売)などの声が聞かれ、幅広い業種がメリットを享受している。

    一方で首相の3選は「望ましくない」とする回答も27%あった。「一連の不祥事が(政策推進の)足かせになる」(小売)、「将来の財政破たん回避に向けた動きが見られない」(電機)、「長期政権の弊害」(鉄鋼)など様々な課題が指摘されている。

    次の政権の形については、安倍首相続投が60%、安倍氏以外による与党政権が34%となった。合わせて94%が与党政権の継続を望んでいるが、安倍首相の交代が望ましいとする企業も3分の1を超えた。

    一方、野党への期待は極めて低い。「世の中が大きく動こうとしている時に、モリカケ問題だけに固執する野党、マスコミのあり方にも問題がある」(建設)といった見方がある。

    次の首相にふさわしい候補としては、安倍首相が52%、石破茂氏が17%、小泉進次郎氏が13%、岸田文雄氏が11%、河野太郎氏が2%などとなった。

    安倍首相については「他の候補と力量の差があるように思える」(機械)、「政権支持率は低下しているものの、金融市場は大きく低下していない」(建設)といった見方がある。小泉進次郎氏は「まだ早い」(化学)、「近い将来に期待」(ガラス)など、時期尚早との声が目立つ。石破・岸田両氏については「真面目すぎる」(小売)といった声や「石破氏はタカ派イメージが強すぎる」(運輸)などの見方もある。

    中川泉 編集:石田仁志

    ?パヨク真っ青(゚ロ゚ノ)ノ
    マスゴミと一緒になって自民党内で後ろから撃ってる人達、もう本当にいい加減にして下さいね。拉致被害者についてはトランプ大統領が総理の意を汲んで協力すると言って下さっているというのに、こんな時に党内に居て総理の足を引っ張るなんて恥ずかしくないのですか。

  10. そうかー、今すぐに翁長さんが引退したら準備不足なんや。
    あかんやん、自民党!
    前からわかってることなんやから、早よやっとかんかいな!
    地方議会を知り尽くしてはる小坪しんやさん、応援してます!
    明日の発表は気になりますね。。。。

  11. cat のコメント:

    知名度の高い人を推すしかありませんよね

    今年9月に引退すると発表した安室奈美恵とか。

  12. 月光仮面 のコメント:

    チャイナがベトナムの漁船を沈めた そして アメリカが北に化学兵器
    廃棄を要求した 日本の政治家はこれでもチャイナと仲良くするのだろうか
    何故 アメリカのように化学兵器の廃棄を要求できないのだろうか
    日本の政治はいったい何をしているのだろうか 本当につまらない国に
    おもえて仕方がない 

  13. taka のコメント:

    負ければいい。正直、自民党が一生懸命とも思えず。移民政策やノービザをすすめて、国の崩壊をすすめている思うから。野党よりマシなのはわかるけど、あぐらをかき過ぎで応援する気もおこらないです。沖縄県民に任せれば、いいのでは? 補助金漬けになるのがいいのか、中国領になるのがいいのか?

  14. のコメント:

    連戦連勝からの大規模作戦…というと、どうしてもミッドウェーが思い起こされます。
    慢心から取り返しのつかない大敗を喫したりしないよう、踏ん張って頂けたらと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください