韓国滅亡後の、日本の有事想定【腹を括った方はシェア】


 

 

韓国は滅亡するだろう。
「防共の防波堤」としての防御線を下げるためだ。
その場合、日本はどうなるのか。防衛だけを考えても、実は厳しいことになる。

それでも「下げる」理由は、韓国の「次期政権」にある。
すでにパククネ大統領は失脚し、機能を停止している。
信じたくない方もいるとは思うが、ああ見えても「自民党の総理」のような存在であり、
笑わずに聴いてほしいが「まだ言うことを聞いてくれるほう」だった。

次は、北より、CHINA寄りになる。
さらに反日を加速させると思われるが、国防だけを論じるのであれば、この際、どうでもいい。

問題は、情報の流出である。軍事機密の流出は、可能性だけであっても致命的な判断材料だ。
現代社会においては何もかにもがデータリンクされており、政権が赤化することが不可避である以上、
むしろ国防の観点からも切らざるを得ない。
大きな大きな損切りとなる。

朝鮮半島では米兵も大量の血を流したが、命を賭して得た「半島の中の西側」であった。
手放すことに躊躇いもあるだろうが、軍事機密の流出は、それ以上の国家の危機である。
損切りせざるを得ない。
(大統領選を、西側の候補が制すれば話が変わるが、無理だろう。)

 

北朝鮮も韓国も、たいした国力ではない。
海軍も陸軍も空軍も「たかが知れている」のだが、半島から西側が撤退すれば、
ロシアかCHINAの影響下に入る。

まるで普天間のように、ロシア艦隊か、CHINAの陸軍が「将来的には進駐」すると思うが、日本海は内海ではなくなる。
疲弊している自治体も多数あり、防御線としては薄い。
新潟に上陸されれば、首都東京、そして皇居まで一直線だ。
首都が露出したような、それほどの事態となる危険性がある。
原発銀座、また大阪・京都への侵攻も想定していく必要があるのではないか。

日本海にぷかぷか浮かべるような、船の数の余裕はない。
対艦攻撃を行えるF2、数が足りない。
上陸された場合、掃討できるだけの陸自はいない。

韓国が滅亡し、半島から下げた場合の「日本の有事想定」を、素人ながら行ってみたい。
少し「厳しめ」な想定にはなるが、危機感を共有して頂きたい。
当たらないほうがいい、むしろハズレて欲しい。
だが、覚悟は必要だ。

韓国は滅ぶだろう、防御線は下げる。
その結果について、韓国を笑っている場合ではない。
我が国も、とっても大変なことになると思う。
なんせ最前線になってしまうのだから。

 

本エントリは、「一年前の今日」に書かれたものです。
敢えて全て原文ママとしておきますが、一年を経て「どこまで整合性があるか」考えて頂きたい。
政治家の分析力とは、このクラスであるべきだと思う。すでに起きた事象を、それっぽく解説すれば評論家にはなれる。
だが、その場にある情報から未来を徹底的に予測し、それに基づいた解法を政策として提言できねば、政治家にはなれない。

私たちは、未来を語る。
このBlogが「予言の書」とすら称された理由。
敢えて原文ママとした、本エントリー。的中率を、採点して頂きたい。

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

防御線としての韓国の価値
日本列島を防衛線とするには、コストがかかりすぎる。
あらゆるインフラが高度化されており、非常に脆弱だ。
都市圏の変電所をRPGで2~300か所、破壊するだけで餓死者が続出するだろう。
警察力は、これを防止できない。

被害金額は、小国の国家予算を軽く超えるだろう。
後方基地としての運用しかできず、特に経済発展を遂げた日本は、前線に出すべき状態にはない。

正規空母を、駆逐艦と一緒に最前線に出すようなものだ。
被弾が許されない艦種というものがあり(主に戦艦・空母)、日本のインフラ喪失は、世界経済への影響が甚大である。

 

 

 

 

脆弱な我が国の国防
有事のリスクを低減させることは、我が国にとっての最大の事業である。
どのような状況においても、抗うことが許されざる最大の因子であることは、疑いない。

 

自主防衛能力を有しておらず、自衛隊の戦闘力は高いとは言い難いためだ。

原発銀座がある。
だから抗しがたい。
ロシア艦隊の配備から護ることは不可能だ。
(防衛の観点より、私は原発には否定的な立場だ。立地による。)

新潟にCHINAの空挺部隊・上陸部隊が進出されれば、
首都東京・皇居まで一直線である。
日本アルプスに潜伏され、ゲリラ戦を展開されれば、日本の頸動脈は絞まる。
鉄塔破壊・ダム破壊により、首都への電力供給・飲料水は断たれる。

食料すらも「生産」している状態ゆえ、交通網の遮断により出社もおぼつかない日本は、機能を停止するだろう。
人口密集地を中心に、餓死者が続出するだろう。数十万単位で、だ。

京都、大阪も露出する。
さしたる防衛能力は、日本海側にはもたない。

陸自による掃討は、数が足りなさすぎて対応できない。
日本海は守るには、弓型の列島の形が災いし、非常に防衛が難しい。
内海として認識してきた以上、日本海側に軍用列車を走らせるため、逓信省(昔あった)線路を配備した時代から、なんの対応もとっていないのが実態だろう。

あの時代は飛行機がなく、「早期に陸兵を配備できる」線路の敷設こそが国防であったためだ。
線路の改修はまともにされておらず、日本海側の自治体は疲弊したままだ。
防衛能力は皆無と言っても言い。

 

 

 

弾薬が足りてない。
例えば空自・海自について述べるが、弾薬が足りていない。
ゲームや映画の見すぎだと思うが、非常に高額だ。

もともと兵器は高い。
それは理解できるとは思う。
実は弾薬も高額なのだ。

そして弾薬は更新費用がかかる。
生鮮食品ではないが、賞味期限があると言えば伝わるだろうか。

 

どれぐらい高価かと言えば、大東亜戦争の時代、魚雷一発が約1億円(現代の価格に換算、当時は2万円)したのだが、Aボタンを押してバンバン打てるものではない。
1億というのは、航空魚雷・航空魚雷であり、必殺の酸素魚雷は4万円。なんと一発2億円である。
いまも当時と変わらない。対艦ミサイル「ハープーン」が1.2億、トマホークが1.6億円ほどである。

実弾演習は必要な訓練であり、しっかり行って頂きたい。
だが、バカスカ撃たれる、景気のいい動画(個人作成のPV)。
「あー、お金がぁ」「行橋だったら、あれとあの事業ができる」「あ、また撃った」と、ハラハラしながら見てる。
私も大好きで、時々、見ているが、別の意味で心が痛い。
というか胃が痛くなる。

 

非常に完成度が高く、私も好きな動画。

 

 

韓国が怒っても当然。

 

ちなみに韓国に払った10億という金額は、トマホーク6発分ほど。
そりゃ韓国も怒る。
動画の中で演習に用いた弾薬代よりも安いと思う。

 

弾薬が「これほど高い」から、数を備蓄していないわけではない。
空自のミサイルにしても、バージョンアップがあったり、事実上の電子部品であるが「永遠に使える」わけではない。
生鮮食品のようなもので、在庫してれば在庫してただけ「更新の費用がかさむ」のである。

生鮮食品とは言わないが、「持ってるだけ」維持費というか更新費用がかかるのである。
冷蔵庫に卵を10個備蓄しておき、実際は使わないのだけど、
常に10個入れておくと決めたら、しかもTKGできる鮮度を維持せよとなれば、
数日置きに10個、買い続けなければならない。

防衛予算の縛りがあるため、例えば飛行機や艦船を購入するため、弾薬の在庫を絞る傾向にあった。
そもそも我が国は、継続戦闘能力の観点から言えば、弾薬がまったく足りない。
維持費(更新費用)が捻出できないからだ。

潤沢な弾薬備蓄を行えば、船や飛行機など「本体が買えない」ため。
弾を備蓄できないのは「さらに高額の本体」を整備するため、と言ってもいい。
予算がないのだ。

 

 

 

海軍力。船が、足りない。
弾薬代をケチっていること、ケチらざるを得なかったことは伝わったと思う。
では、船の数が潤沢かと言えば、足りていない。

艦船に特化して論じれば、船が大型化している。
戦闘力もそれぞれ向上してはいる。
総合力で見ればかなりの海軍力だ。
ここまでであれば安心なのだが、そうではない。
大型化による戦闘力の向上、「総合力としては確保できている」は、あくまで机上の空論だという立場を(私は)とる。

これもコストの問題はここにもある。
糧食費と言うのだが、実は人件費がない。
大型化と同時に省人化を進め兵員の数を低下させた。

繰り返しになる。
大型化により戦闘力は向上している。しかし、実は数が足りていない。
総合力では帳尻を合わせているが、実態には即していない。
(かなりシンプルに、乱暴な話にはなるが、「発射できるミサイルの数」などの火力だけは足りているという意味。)

例えばアデン湾に3隻派遣するとなれば、
大型艦であれ小型であれ、
3隻は3隻なのだ。

大型化しようとも、戦闘力が向上しようとも、
「一発あたれば終わり」には違いない。
数値上の火力が足りているかどうかは、現実を考えれば、「実は余り関係ない。」と思う。

 

ミサイルの発達もあり、速力優先である。
実は、分厚い装甲版があるわけではない。
はっきり言うが、ペラペラである。これは日本の護衛艦に限らず、各国の艦船も同じ状況だ。

戦艦大和なら、対艦ミサイルを食らっても浮いているかも知れないが、
いまの艦船は、大型艦であろうが、小型艦だろうが、当たれば沈む。

魚雷に限って言えば、水中爆発により「船体を折る」兵器になっており、
そもそも装甲が厚いとか薄いとか、関係ない。

「どうせ当たれば沈むから」という設計概念なのだろうが、
装甲は、第二次世界大戦の際よりも遥かに薄く、速力に振っている。
(この場合は大東亜ではなく、世界的に見た第二次世界大戦だ。)

繰り返し述べるが、当たれば沈む。
つまり大型であろうが、小型であろうが、撃ちあえば沈む時は沈む。
現実路線で有事を考えるに、船の数は重要だ。

 

護衛艦の数が足りない。
日本海に大量に浮かせておくような、そのような計画にはなっていない。
生産には一隻あたり2~3年が必要で、整備計画は即応できない。

日本海側に、ぷかぷか浮かべておきたいところだが、高い。
弾薬よりも高いのだ。

「こんごう」型で約1200億円
「あたご」型で約1500億円

 

おわかりだとと思うが、小型艦を大量配備するよりない。
ネックになるのが人件費である。

ちなみにCHINAは、対艦攻撃能力を有した小型のミサイルフリゲートを「量産」中である。

 

 

 

陸自、上陸後の対応は無理
勝手な、個人的な考えであることは、事前に言わせて頂きます。
日本は「海自、空自による水際阻止」で対応しているため、はっきり言えば陸自が少ない。

上陸後に「敵兵を掃討する」ことは、考えられていない。
実際はどうか知らないけれど、数を見て足りるとは思えないのだ。

敵が上陸した場合には「機動性を活かして」一か所に集中。
それぞれの陸自の基地に「機動性を付与」しているのは、このためだ。
では、上陸ポイントが複数にまたがった場合には、どうするのだろうか。

ミッドウェーの海戦前、机上で模擬戦が行われた。
突如、出現した敵機動艦隊の前に、日本は正規空母を喪失する結果となったが、
「特別ルールで盤上に復帰」させた。そして、実際の戦闘では、正規空母4隻を失う。

 

朝鮮半島に、ロシアの艦隊、乃至はCHINAの陸軍(空挺)が進駐した場合、
つまり普天間の東欧版が出現した場合、上陸拠点を「一か所」とするのはナンセンスだ。
向こうの軍は、命の値段を安く見積もった作戦をとるであろうから。

北朝鮮・韓国という小国であれば、艦船の数・規模も少なく、
制空能力も低いので「どうでもいい」のだが、
ロシア艦隊やCHINA陸軍の場合は、そうはいかない。

第二、第三の上陸地点があった場合、対応はできそうにない。
ミッドウェーの二の舞となることを危惧する。

 

大タイトルのテーマになるが、そもそも上陸後の「掃討」能力は低い。
私が敵の指揮官なら「パトカーを見つけたら、破壊・射殺」で、
「陸自に遭遇したら、撤退」とする。

別に、ゲームじゃないんだから、逃げてもいい。
山中に潜伏され、鉄塔を倒してまわったり、たまに街に降りてきて変電所を破壊。

軍服だって「着てないといけない」けれど、バカ正直には着ないと思う。
陸自に撃たれるかもしれないわけで、私だったら「死んでまでルールを守らない」から。
ユニクロかなんかで普通の服を買って、レンタカーで移動して、
RPGとか爆弾で警察署を破壊しまくったとして、

陸自が来たら速攻で逃げて、それを全国で同時多発的に行われた場合、
どうやって掃討するのだろうか。
無理だと思う。

 

こんな陸兵の運用は、非常に頭の悪いやり方で、
先進国ではまず運用されない。
制空権をとって、空爆して、陸兵が入るのは、一番最後。
これが先進国なのだが、それは兵の命が高いからだ。

民間人を射殺しまくったら条約違反であるが、
民度的にはどうなるかなんてわかったもんじゃないし、
ダムは除外するとして、「高圧電線」「光ケーブル」「変電所」「発電所」は、そもそも軍事目標とされても「普通っちゃ普通」だ。

どうやって守るのか。

 

先進国は、人件費が高い。
装備だけではなく、人を入れれば、それだけお金がかかる。
だから、そもそも計画段階において「数が充足している」とは思えない。

 

 

 

飛行機が足りない。
個人的な感覚として、重要になるのはF2である。
平成の零戦こと、バイパーゼロ。

敵の艦船に対して非常に有効な兵器であり、特徴としては二種のレーダーを装備している。
一つは日本海など、波の高い海面であっても艦船をトレースできるレーダー。
もう一つは、制空戦を戦う対空レーダーである。
二つの目をもつ攻撃機は、実は世界的にもこの一機種だけであり、上陸してくる敵の艦船に対して高い効果を発揮するだろう。

そもそもF15も箱スカ並みに古い機体となっており、制空能力が常にあるとは限らない。
その状態であっても、艦船攻撃能力を有している機体なのだ。

ただし、
生産数は、僅かに94機。
しかも東日本大震災で水没、貴重な機体が失われた。
何機かは修復し、また試作機なども改修し前線に駆り出し(4機ほどだったと思う。)増やしたが、
どちらにせよ足りない。

 

車検ではないが、整備工場に回している機体もある。
常に90機が回せるわけではない。

日本の空自の基地は、陸戦を想定していない。
航空基地に「ゲリラ」とか、敵の陸戦隊が侵攻することは、まともには考えられていない。
これは断言したい。

行橋市には、第八航空団・築城基地がある。
日本の矛であり、貴重なF2を「かなりの数」配備している。

ジェット燃料のタンクは、国道から丸見えである。
盛り土はあるが、基地に侵入せずとも破壊は可能だろう。

滑走路は丸見えで「非常に良い写真」もとれる。
飛行機は船よりも「さらにペラペラ」だ。
ゲームじゃないので、一発あたればアウトだ。

大型のライフルであれば、インテークであれ、
もしくはコクピットであれ、離陸中の機体を撃破することは簡単だ。
簡単なのだ、「良い写真」がとれるということは、そこは絶好の狙撃ポイントでもある。

「よーい、どん」の状態で、果たして何機があがれるのだろうか。
滑走路だって、いつまで使用できるかなんてわからない。

 

よくて50機、下手すれば30機。
これが現実的な機数であると思う。
燃料も武器もなく、再出撃は不可能ではないか。

 

一機あたりに搭載できる対艦ミサイルは、装備によるが「4~6発」だ。
制空権があやふやと仮定し、4発搭載してあげたとする。
「120発~200発」の対艦攻撃の機会がある。

敵の制空戦闘機に撃墜されたり、もしくは「ハズレる」こともある。
いい加減な数字だが2発ずつ発射し、「半分が命中」したとしよう。
つまり1/4で割る。

対応できる艦船は「30隻~50隻」となる。
実際は何隻に対応できるかは不明だが、それこそ現実路線で考えれば
「やってみないとわからない」のである。

撃ちあえば、味方も堕ちる。
パイロットも死ぬ、装備も失われる。
弾は撃てばなくなる。

 

 

 

基本的にCGメイン。大東亜の一場面。
台湾の方だろうか、ドラマ性に優れる。
(ちょっと泣いてしまうかも知れない。)

気づきにくい点なので一つだけネタバラ。
最初と最後の家族は違う点、心が痛む。

 

 

 

 

アメリカに逆らえない。
「自主防衛能力がない」とか、自衛隊はそんなに強くないだとか、
私がそんなことを言うと、保守系の方は怒るけれど、
じゃ、本当に勝てると思ってるのか。

上記の想定は「米軍抜き」ではある。
また、CHINAの海軍の数はかなりのものだが、日本に全てを差し向けるのは、確かに不可能だ。

 

だが、朝鮮半島という「盾」を失った日本が、
果たして戦争に適しているかと言えば、
真剣に考えて欲しいのだが、無理だと思いませんか?
私は無理だと思います。

 

「米軍が引き上げるぞ」と脅されたら、
素直に金を払うしかないと思ってます。
どうやっても数があわないから、仕方ない。
払うしかない。

 

何もかにもが足りてない。
GDP縛りとか、わけのわからないことを継続してきて、
そのツケを「真剣に振り返る」と、どうにもこうにもならんところまで来ていると思う。

米軍抜きでは、何もできない。
情けないほどに、何もできない。
こんな状態で、自衛官を前線に出すなんて、国民も政治もどうかしている。

 

 

 

韓国は便利だった。
韓国がいれば非常によかった。
これは素直にそう思う。

なんでか意味がわからないが、F-15Kなる飛行機もある。
ゾンビ移植したり、滑走路で壊れたり、しかもせっかくの制空戦闘機なのに、爆弾を大量につけるから足も遅い。
北と内戦中だが、北の飛行機にはF-15Kはオーバークォリティ。
意味がわからない、とネット保守は指摘してきた。

だが、韓国から「爆装したF-15」があがれる状態は、本当に「日本にとっては助かった」と思う。
あそこからF-15が、爆弾背負ってあがれるなんて、スタートの時点で「勝ちゲー」だ。

 

いらないはずなのに、イージス艦まで持っている。
中身はスカスカだと思うが、かろうじてイージスシステムは使えるのでは?

韓国の艦船がどうであろうと、まぁ、この際いい。
とりあえず「戦火の中心」にて、イージスの眼が開いていることは、むちゃくちゃ助かる。
もしかしたら、韓国は日本の防衛のために装備品を整えてくれたんじゃないか、と思うぐらい。

これが米軍の指揮で動くとなると、どうやっても勝ちゲーであった。

 

朝鮮半島は重要だ。
防共の防波堤であり、我が国が大国と接することを拒絶する「盾」であった。
しかも韓国軍の装備は、まるで日本のためにあつらえたかのようだ。

スワップ等々、今までの「日本の弱腰外交」は、
ちゃんと裏で取引してたのだろうなぁ、と実は思っていた。

 

併せて、であるが、
特に10年以上前と指定するが「韓国との友好」を掲げていた保守派は多い。
政治家もそうだが、彼らは「確かに日本の愛国者」であった。
これは間違いない。

韓国との友好は、立地上の問題から、日本の国益に合致する。
そのため「かつて親韓であった政治家」が、保守的なことを述べると「転向か?」と騒ぎになるが、
それは状況が変わっただけであり、「元々から保守」の者が「いま風の保守」になっただけで、
何も変わっていない。

変わったように感じる者は、その方が政治の歴史に疎いだけだと思う。
(無論、例外はある。)

 

 

 

それでも朝鮮半島から「下げる」
ここまで読めばご理解いただけると思うが、「韓国と本気で断交」することは、我が国の国益に反している。

当ブログでは、無闇に韓国を叩いていない。
書いたこと自体がほとんどないのだ。
ネットで受けがいい、アクセスのドル箱だとしても、私は控えてきた。

竹島に上陸したり、皇族にひどいことを言及したり、
そういう要所要所に留めている。

これは「ここ、これ以上やったら、あかんで?」という警告以上の効果はない。

 

現実路線で動く以上、私はそういう思いだったのだけれど、
なぜか「十把一からげ」で、嫌韓として叩かれてきたわけだが、
正直、頭に来ている。

 

ここまで思いがあった私だが、
そして「誰しもが、ない」と思っていた事態だが、
なぜ、下げるのか、という点は考えて欲しい。

 

理由は、それこそ国防である。
同じ理由で下げるのだ。

かつての時代とは異なり、データは一瞬で飛ぶ。
システムを連結すれば、中身は丸見えである。

 

パククネ政権は、倒れた。
機能は停止している。

次の大統領は、北寄りである。
そして、これは書いてないが、これからもこの内容は書かないが、
「短期政権になる」ことが、確実視されている。

 

韓国軍と、米軍を連動させた場合、
CHINAなどに「米軍や自衛隊の情報」まで筒抜けになる。
そのリスクが高い。

立地がどうであろうとも、そしてその地がどれほど重要だろうと、
政治を奪取されたら、どうにもならない。
(というレポートとか、情勢分析を書いてたんですね。)

 

軍政化の想定もしたが、可能性は低い。
軍政への移行自体はできるだろうが、勝算は高くはない。
しばらく軍政で走ると言うやり方だが、仮に(分の悪い賭けに)勝ったとしても、
西側諸国として振る舞うだけの政治力を、軍はもたない。

ちなみに韓国軍は、結構「頭がいい」と想定している。
米軍の影響もあってか、よく事態がわかっていう評価をしている。

バカじゃないから、軍政化の可能性は低い。
仮に上手くクーデーターがなせたとしても、「建て直す」という成果を得られぬのであれば、
無理な勝負に出るとは思えないからだ。

 

朝鮮戦争において、米軍は多大な兵の命を失っている。
兵の命を賭して得た「西側の地」が韓国であり、簡単に手放すとは、通常は思わない。
だが、現代社会において「データが連動する」ことのリスクを考えれば、

むしろ逆に切らざるを得ない。

 

 

 

断交、準備
すでに西側諸国は、敗北した、と述べた。
韓国のメディア、韓国の教育。

保守論壇は怒るかも知れないが、日本のメディアや日本の教育と変わりない。
同じように浸食され、同じように歪んできた。
日本よりも遥かに激しく。
(いまから日本が、かつての韓国と同じ重荷を背負う。)

なぜならば、そこが最前線であり、北からの工作などは、
日本が受けた物とはレベルも規模も違うからだ。
そもそも陸続きである。

 

今回の件、動き。
「警告」である可能性もあるが、いや、まだ警告なのだろう。
だが、遅きに失した感があり、次のフローに移行していくことを確実視している。

「断交しちゃうよ?」「西側、やめるの?」というメッセージを送った。
「滅びちゃうよ?」「経済も吹き飛ぶね」と宣言した。

韓国が「西側に残ってくれれば」という淡い期待も込めて、だろう。
淡い期待は、あくまで淡い期待であり、「どうせ、ダメだろう」という見立て。

 

大統領選で、負ける。
戻しようがない。

軍事機密が抜けること。
こちらのリスクを天秤にかければ、致し方ない。

 

 

 

少し、泣き言も書く。
この話には、答えなどないのだから。

「こうすれば大丈夫」という、一筋の光を、政策として示すのが政治家の責務だと自認している。
だが、答えはない。

腹をくくる、だけだ。
覚悟、用意、と。

 

理由はシンプル。
いきなり本土決戦なのだ。

しかも、内海扱いの日本海なんて、一番、弱いところ。
自国の本土で戦って、無事で済むわけない。

まずもって、戦争はダメだ。
いいことなんてない。
だが、どうせやるなら「外でやれ」である。
乱暴な言い方だが、外に出れぬ軍は、軍の機能を有しているとは言えない。

家の中には家電製品とか、大事な思い出の品とか、あるでしょう?
泥棒から見たら「こんなの価値ないし」と思うものでも、貴方にとっては大切でしょ?

家の中で、ロケット花火を撃ちまくりますか?
泥棒と決闘(?)することになり、刀でもバットでもいいですが、殴り合うとして、
「自宅の家の中」でやりたいですか?

貴方は戦えるが、自宅の中には子供もいる。
年も4歳とか5歳でウロウロしてる。
現代っこの日本人の、生物としての強さはその程度。

何もかにもが防衛対象の中、自宅の中で戦えって、
それで「全部守れ」が(戦略的な)勝利条件なのですが、
無理ですよ。

自国の中で、しかも高度に発達した我が国の中で、
領土内で、どうかすれば都市圏の中でも市街戦を考えるとか、
勝ちようがない。

 

西側諸国は、そして日米は、
朝鮮半島から撤退しようとしている。

韓国を笑う者もいるのだろうが、喝采をあげている場合ではない。
腹をくくろう、面倒なことになる。

 

 

 

 

韓国が滅亡し、防共の防波堤としての朝鮮半島を喪失。

 

弓型の日本列島の、喉元につきつられたナイフとなる。

 

首都が露出したようなもので、日本海側の防衛は極めて厳しい状況だ。

 

内海にぷかぷか浮かべるような数の船はない。

 

対艦攻撃を担うF2は、足りてない。

 

上陸後に掃討できる数を、陸自はもたない。

 

そもそも弾がない。

 

半島を喪失した日本は、いきなり本土決戦。

 

米軍抜きでは対応できるとは思えず、

 

仮に韓国が滅亡した場合の想定は、

 

決して日本にとっても明るい未来ではない。

 

それでも「防御線を半島から下げる」のだろう。

 

「覚悟をもたねばならぬ」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

「一年前の分析」は、一年後のいま見て、古臭く感じるでしょうか。
余談になりますが、まさに1月11日に書いたエントリーです。

これが政治家の「本気の分析」です。
過去をそれっぽく解説すれば評論家になれますが、分析をもって「未来を予測する」ことが政治家の責務です。
その「読み」に基づいて、進むべき道(政策)を示すことができて、初めて一人前なのだと思います。

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

韓国滅亡後の、日本の有事想定【腹を括った方はシェア】 への27件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    韓国滅亡後の、日本の有事想定【腹を括った方はシェア】 韓国は滅亡するだろう。 「防共の防波堤」としての防御線を下げるためだ。 その場合、日本はどうなるのか。防衛だけを考えても、実は厳しいことになる。 それ

  2. k のコメント:

    やるんだからやりましょう。世界の全ての国が、この戦争を見てくれます。
    それは貴重な教訓として。日本は、慕われるでしょう。

    • キラーT細胞 のコメント:

      日本は慕はれるどころか国防を怠つて破滅を招いた馬鹿な国として記録され、嘲笑されるだけでせう。

  3. 祖国防衛権 のコメント:

    現代日本人の平和ボケ、テレビの洗脳から目覚める事の方が良い。
    国際社会で取るべき本当の決断ができるようになる事の方が良い。

  4. aki のコメント:

     戦争になる前に、危険な外人とそれらに内応する日本人を排除しないと、文字通り悲惨なことになる。こんな、未来を先人たちは望まなかったはすだが、それすら間に合わない。
     この様な状況になった以上、損切りはやむを得ない。最悪の時に最悪の判断をする国に、これ以上付き合えない。

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    昨日のエントリーと言うか、1年と1日前のエントリーと言うべきか、コメントしようかなぁとも考えたのですが、忙しかったのとどうせ朝鮮半島の運命を決めるのは、朝鮮人自身では無いので「まっ、いいかぁ・・・」と思って、コメントを割愛してしまいました。

    重要なのは本日の再エントリーの方で、第一に朝鮮人を無視した所に黒幕と言うか夫々のドンが居て、それらとの駆引きこそが真の戦いである事、次に朝鮮に於いて大切なのは朝鮮半島と言う場所であって、今となっては朝鮮人では無いと言う事を割り切った、冷静な判断が必要である事でしょう。

    一年前と比較すれば政府が敵基地攻撃能力の検討を公言する様になった事、此れこそが一年前のエントリーで指摘した通りの流れと概ね変わらずに現在も進んでいる事の証明なのではないでしょうか。

    昨年の小生のエントリーで、弾道ミサイルを特亜が配備した1990年代に韓国の価値は急激に低下した事に触れているのですが、日本が敵基地攻撃能力を有すれば、若干韓国の価値が復権する一面あります。

    我が国が敵基地攻撃能力を有する事無く韓国が滅亡した場合、我が国の主な防衛策は海上封鎖に徹するものであり、その方法では朝鮮半島と言う土地にすら価値が無くなります。
    所が我が国が長距離ミサイルを主にした敵基地攻撃能力を有した場合、朝鮮半島南部に集結した敵を土地ごと焼き払えば良い訳で、その時点でやっと朝鮮半島の価値が少し戻る訳です。

    有事の際には国際法で戦争のルールが決められてはいますが、ロシアも中国も朝鮮もそんなものを遵守した試しはありません。
    先の大戦で我が国は嫌というほど思い知らされた様に、勝ってしまえばある程度相手に無理強い出来るのも、亦た世の現実です。
    実際に日本が戦闘も含めて参戦するかどうかは別として、亦た戦争に至るかどうかも別として、兎に角今度は戦勝国の地位を勝取る必要があります。
    このままの路線で行くとその為に必要な手段は、韓国の損切りに続き日米国内に滞在する南北朝鮮人の損切りでしょう。

    我が国は、今度は何が何でも戦勝国の地位を勝取る必要があります。
    そうで無ければ日本人だけでは無く、この極東の犠牲者は莫大な数に至る事でしょう。
    従って、結果的に莫大な犠牲者を生んでしまうチープなヒューマニズムでは無く、敵味方の識別を明確にして、討つ必要がある場合は容赦無く討ち滅ぼす事でしょう。
    そしてそのための備えを今からでも確実に行う。
    その覚悟を決めるしかありません。

    いくらゴネようが、文句タレようが、押し付けられる答えは結局「はい」か「YES」かしかないのですが。

  6. ぽのかのぽん のコメント:

    マイケル・ヨン氏のブログ。←テスト、その4。(別ウィンドウで開くタイプのリンク)テスト、その3は失敗しました。いろいろ試行錯誤してしまって、すみません。これで最後にします。m(_ _)m

  7. 西 のコメント:

    韓国も北朝鮮も、元々「大国の思惑」で生かされてきた国ですから、それが無くなるとすれば、「大国の思惑」が変わった時だけですね。

    韓国は、反日コンプレックスを「レッドチーム」に煽られ過ぎて、よりによって「北系大統領」を選んでしまい、「自滅の道」を選んでしまいました。

    ただ、厄介な事に、日本がその「飛び火」を受ける羽目になるわけですから、本当に困った国だと思います。彼らは、誇りも失うものが無い、生ける自爆テロ要員みたいなものです。

    元々、韓国自体、北と同民族で、大国の思惑で分断されたわけですから、潜在的に民族的、歴史的な屈辱を持つ「北シンパ」が多いわけです。彼らはどちらかというと、右派(民族系社会主義)に近い存在でしょう。

    そこを見事に民族感情を煽り、北に取り込んだ支那、北の諜報作戦が功を奏したわけですね。

    日本としては、文が米国の言う事を聞かないのならば、必然的に断交も考えるしかない、とい事になるでしょうね。

    国内の朝鮮系勢力の排除も急ぎたいところです。

  8. 月光仮面 のコメント:

    日本は真剣に本気で日本を守っていないという事では無いでしょうか
    今の今もそうです 守っていないんです 是が非でも守るその姿が
    見えないのではないでしょうか 尖閣を守るのは簡単だと思います
    自衛隊が上陸すれば良いのです チャイナが攻めて来ます 戦争に
    成ります 戦死者が出ます もしこれで負ければ また 戦争裁判
    になるでしょうよ ま け な い よ う に するだけでは
    ないでしょうか 犠牲者が出ないようにするしかないのではないでしょうか
    もし 国内でテロが起きれば 市民が死にます もし 国内に
    チャイナの軍隊が上陸すれば 国内は戦乱になります 大変な事ですね
    ありうることです 相手は 侵略国家ですよ 今でも尖閣が領土だと
    思っていないけど欲しがっている国なんです これは 日本の政治および
    国民の負けですね さて どうするか 改憲は進めるべきで 間に合わなければ
    昔 例がありますね超法規的処置で交戦命令を出す チャイナから
    日本人は引き上げる事ですね そして 日本は真剣に日本を守る
    おいらの提案は 無人兵器の開発 これは 日本の救う道ではないでしょうか

    • 月光仮面 のコメント:

      書いてみたいけど 今からすることは あるのかな
      尖閣は必ず来ますよ 必ず交戦が起きます あまりにも
      油断しすぎでしょ と いうか 日本は逃げすぎた

  9. 川崎哲治 のコメント:

    将棋に例えるなら
    日本の玉が守れないなら
    先に中国の玉を取ってしまえばいいと思う

  10. araigumanooyaji のコメント:

    “朝鮮半島に、ロシアの艦隊、乃至はCHINAの陸軍(空挺)が進駐した場合、 つまり普天間の東欧版が出現した場合、上陸拠点を「一か所」とするのはナンセンスだ。 向こうの軍は、命の値段を安く見積もった作戦をとるで

  11. 八王子市民 のコメント:

    懐かしいエントリー、この通りになりそうですね
    北の核だけは想定外か
    まぁ明治日本が感じていた危機感を体験してみるのもいいんじゃないですかね

  12. 月光仮面 のコメント:

    小坪先生の「自主防衛能力がない」とか、自衛隊はそんなに強くないだとか、
    私がそんなことを言うと、保守系の方は怒るけれど、
    じゃ、本当に勝てると思ってるのか。」おいらもそう思います 今 本当に
    勝てるのかと そう思っている人 おそらく何も見えていないと思いますよ
    韓国はおそらく終わると思います その時 これは 先の大戦まえの日本では
    ないでしょうか ロシアが攻めてくるチャイナが攻めてくる そして
    前より悪いことは 武器が足らない そして 兵力も足らない でも
    言えてることは 死んでも戦うことでしょうか 日本を守ることでしょうか
    国内では 民兵組織でも作る必要があるかも知れません 自治体レベルで
    市兵 県兵 作ってでも 闘う必要があるのでしょうか 国を動かす事が
    必要ではないでしょうか 最後に 改憲は年内にするべきですね

  13. 祖国防衛権 のコメント:

    竹島問題は私が子供の頃三十年も前からテレビ、新聞で侵略されていく様子が報道されていました。何故日本は手をこまねいて我が国領土、領海を韓国人に不法占拠されなければいけないのか?子供心に腹が立っていました。
    現代日本人はほとんどが事なかれ主義、みんな悪い人は居ない、相手も同じ人間で同じ考えをするはずだと勘違いしている。
    違う文化圏で育った人間は考え方も違うと言う認識をまず持たねばならない。
    そのためには半島が仲良く一緒に統一すればよい。
    そして核の脅威や侵入者の脅威にされる。
    そのほうが良い、目を覚まし、取らなければいけない決断をしなければいけない。
    みんな今までの考え方が間違ってた事を思い知るのは大変な驚きで混乱するだろう。島国根性でのうのうとお花畑だった自分を悔いるだろう。
    マッカーサーは偉い人じゃなかったと気づくだろう。
    多少の危険を帯びても対馬をまず、防衛拠点にし、トマホークを打てる駆逐艦の増設計画をしているが、早急うにして欲しい。
    打たれるまま専守防衛ですか、敵基地の重心人攻撃基地撃滅を無人兵器でやる事が第二次大戦で習った教訓じゃないですか。
    軍隊を送らずに、敵の拠点をミサイル攻撃でつぶす。トランプもそう言っている。もう自国民が一人も死ぬ事はないと言っている。

  14. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    弾薬に鮮度があるのは知りませんでした…銃が当たり前な国は知ってるんでしょうけど…。
    総理が言ってくれてよかったです。

    【日韓合意新方針】安倍首相「韓国側が一方的にさらなる措置を求めることは、全く受け入れられない」初の公式表明
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52778436

    なんなんですかこの人ら

    【民進党】クイズ小西「違憲の安保法制を自衛隊員に押し付けて恥じない与野党議員は、人間としての性根において特攻を部下に命じて恥じない軍上層部と何ら変わらないのでは」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52775975
    20: 名無しさん@おーぷん 20
    その犠牲の上に今を生きてることを忘れて
    当時の価値観を今の価値観で測る無意味さ
    こういう人間こそが特攻は無駄死にだったと切って捨てる

    【立民】枝野代表「憲法に違反する集団的自衛権の一部行使容認を前提にした9条(改憲)には絶対に手を触れさせてはならない」@日教組集会
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52775865

    津田大介氏「ネットで在日コリアンや生活保護、沖縄、障害者といった弱者への攻撃が目立つ」⇒ 韓国系日本人3世「在日を一括りに弱者と呼ぶことこそ差別」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52771957

    【テレ東特番】池上彰氏がKKKを取材「『目指すべきは日本』と聞き、世界からそう思われているのか、と衝撃」(動画あり)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52771792
    70: 名無しさん@涙目です。(
    >目指すべきは日本

    日本のような移民の入ってこない
    単一民族国家を目指したいということなんだろう
    しかしそもそも
    お前らの先祖は全員移民だろうがw

    男性店員の顔につまようじボーガン、顔中につまようじが刺さった動画撮影 焼き肉店主逮捕
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1953422
    217: 名無しさん@1周年 20
    >>22
    時速140km、リンゴや豚肉の塊を貫通って
    よくそんなのを人の顔に向けれるなこの野蛮人どもは

    焼き肉店…
    名前がジョンナム
    察した

    中国は残酷な玩具を開発するのが得意ですね。残酷なゴミほどそれを欲しがり使うのですね。
    このボーガンは日本で規制出来ないとテレビでやってましたが…
    本当になんなんですかこの反日国は

    【尖閣】中国、日本政府の抗議を受け入れない姿勢示す「釣魚島は中国固有の領土だ」と正当化 接続水域に軍艦と潜水艦
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52774890

    鬼畜ってどの国にもいますね。そしてフランスの司法もひどいですね

    犯行が短絡的で衝動的な鬼畜の所業
    フランス
    ttp://syouji.m.blog.jp/article/1068978389

    暴力的で破壊的な残酷な衝動
    アメリカ
    ttp://syouji.m.blog.jp/article/1069323028

    黒人男性が白人女性を無惨に殺害する背景に人種差別…

    • 個別の774人 のコメント:

      >弾薬に鮮度が
      鉄やアルミは長持ちするでしょうが、火薬は化学物質だし電子部品にも寿命は有りますからね。

  15. 日帝侵略者?の子孫 のコメント:

    小坪先生いつもありがとうございます。
    私の両親、祖父母はそんなに悪いことを朝鮮半島でしたのかという疑問から、日本では決して学校では習わないシナ・コリアの近代史を独学した者には、日本の防衛ラインが下がったのだとする小坪先生の指摘は、驚愕と同時に冷静に受け止めることができます。
    今後は、チョン云々という思考は停止し、平昌五輪後は、日本防衛ラインは日本海側に下がったのだという認識:つまりチョン様、ヨン様は、もうすでにいなくなったことを拡散して参ります。

  16. あき のコメント:

    韓国と友好?絶対に無理、明治以降の経緯を見たって明らか。
    信用も約束もなーんにも出来ない、泥棒する事、犯罪する事、売春などなどこれしか出来ない、後は火病してるだけ・事実そうなんだもの。 へらへらしながらくっついてくるんで、しっかりしてない人は解んないんでしょうね。 

    日本は勿論外交連携等うまくやる事は当たり前ですが、兎に角、自主自立絶対に自国を守るという、(こんなもん、当たり前だと思うのですが、諸外国も色々問題が有りますね)根本を早く取り戻してほしいです。 (アメリカが~GHQが~とか・もう結構、聞き飽きました)これが根本に無いから、売国反日行為がとどまることなくやられているんです。 
    マルハンの密入国朝鮮爺他、なぜ、帰化させるんですか?支那人も即日本人名風に改名国籍取得ですよ。 こんな状態で有事になったら?・考えただけでぞっとする、まだ、朝鮮人は支那人は悪く無いんです~とか、別に気にならないとか言ってる阿呆が多いんで!有事占領とかされても気が付かないんじゃ?と、思います。

  17. ひろちゃん のコメント:

    今「アフタービットコイン」という本が話題になっていますが、小坪先生はこのテーマで、「企業」や「青年会議所」などの各種団体を対象に講演されると良いと思います。(アフター何とかというテーマで)今のままだと、九州の場合ですが、企業経営者も危機意識なさすぎです。コンビニも居酒屋も焼き鳥屋もどんどん外国人をいれています。働いてもらっている外国人の身元とか、考え方とか(教育はどんな教育だったかとか)考えて入れているならよいのですが、そうではないかもしれません。そうすると有事の際には、日本国内でもテロのリスクが高まり、本当に悲惨なことになるのをまず知らないといけませんね。

  18. 金 国鎮 のコメント:

    韓国の左翼政権は韓国の一部を代表しているだけ。
    金大中は全羅道を代表していたので金大中のほうが支持層は広いだろう。

    韓国を支えている韓国企業の技術、韓国企業、韓国軍事産業の技術、韓国軍に韓国の左翼政権は支持基盤はない、これからも変わらない。
    北と南の高位の軍事担当者の話し合いが間もなく始まる、これが正念場だ。
    これは金正恩の指示であってもムンジェインの指示ではないところが意味深である。
    北にもチャンスだが韓国軍にもチャンスが来たそしてアメリカにもね。

    トランプは戦争を初めから考えてはいないけれどもそういう風に見せていただけ。
    彼の関心はアメリカ人労働者の雇用とできるだけ早期の在韓米軍の撤退。
    当然のことだ、彼はアメリカ人だそしてアメリカファーストだ。
    多民族国家アメリカに揉まれて生きてきた男だ、アメリカの労働者に対しては真剣だ。
    それすら分からない人間がアメリカが北を軍事攻撃するとか愚にもつかない能書き
    を永遠としゃべっている、呆れるよ。

    金正恩が一切の外部勢力の介入を許さず朝鮮民族で話を決めようといった。
    これはムンジェインのようなアメリカバカには言えない。
    安部晋三も同様だ。
    中国朝鮮族が見えてくる。
    朝鮮人パルチザン発祥の地をやっぱり良く覚えている。
    中国東北の満州族・モンゴル族もね。
    そこまで覚悟しないと言えない意見だ。

    中国共産党は正直ここまで言うとは思わなかったはずだ。
    中国共産党指導部から何時多民族国家中国が出てくるのか興味津津だね

    日本の大手メディアと政治のブログからは決して出てこない。
    韓国の左翼政権からもね、だから彼らは世界がわからない。

  19. 名ナシ のコメント:

    韓国空軍のF-15Kは戦闘爆撃機のF-15Eべ-スの機体なので
    空自で使っている制空に特化したF-15Cべ-スのJとは違います。
    もしもの場合、ミサイルキャリア-として百里のF-4も参加しての
    対艦ミサイルによる飽和攻撃と潜水艦による雷撃が命運を握ることに
    なるのでしょうね・・・。

  20. 個別の774人 のコメント:

    今日も興味深い記事ありがとうございます。

    赤い大陸から突き出た半島の西側橋頭堡
    失って解る圧倒的な地政学的条件ですね。

    >次の大統領は、北寄りである。
    >そして、これは書いてないが、これからもこの内容は書かないが、
    >「短期政権になる」ことが、確実視されている。

    「次の大統領」とはザイトラですよね?
    米国を裏切れば当然の短命ですが、それがいつになるかが重要な人もいるかと
    私は早ければ今年前半、遅くて来年中と考えます、
    何れにしろ(仕事の範囲外なので)「時間のモンダイ」ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です