【拡散】再春館製薬がTBSひるおびのスポンサーから撤退【偏向報道を許さない人はシェア】


 

 

元都議の吉田康一郎氏がTwitter上で投稿していた通り、捏造や偏向報道が酷いと指摘されている「TBS・ひるおび」について、再春館製薬所がスポンサーを降りていた。本件について、”私たちが為すべきこと”と、今後につなげていくための戦法を記しておきたい。

まず事実認定であるが、スポンサーから降りているのか否かも、web上ではひと悶着あった。結論であるが、スポンサーは降りている。理由については(様々な憶測があるが)偏向報道が起因かは不明。またスポンサーを降りたのも数か月前の模様。

私たちは、再春館製薬を応援せねばならない。
理由の如何を問わず、降りたことは事実だ。

①声を届ける
1-1)メールを送る。
1-2)英断であるとネットで拡散する。
1-3)発言できる場があれば、支持表明を行う。

これが重要なのは、「目に見える」からだ。
スポンサーからの撤退は、収益上プラスであるか否かで判断され、それはつまり「消費者の声」が全てである。ブランドイメージを向上させるために広告を打っているのであり、”降りたほうが得だった”と思って頂く必要がある。

そう思わせることができなれければ、【次は出てこない】し、【スポンサーに戻る】だろう。このように注目されれば、TBSひるおびは、『何がなんでも再春館製薬に戻って欲しい』と懇願するだろうし、凄まじい値引きだってあるかもしれない。今こそ動きべき時。これが防御に相当する。

②買う。
1-1)ドモホルンリンクルなど、再春館製薬の製品を購入する。
1-2)試供品でもいいので、何か先方の利益となる行動を行う。
1-3)男性陣は、女性陣にとりあえず勧める。

「声を伝える」ことを防御と書いたが、こちらが攻め、だ。
再春館製薬の場合は「通販」であり、当該企業側で「成績」がはっきりわかる。スポンサーを降りたことで【売上高が、あがった】場合はどうだろう?
同業界の動き、それは化粧品関連ではなく、”通販全体”に対して、どのようなインパクトを与えるだろうか。

だからこそ、買い支える必要がある。
再春館製薬は決断をした。私たちはこれを喜ぶだけでいいのか。
ここで動かねば「戻ってしまう」リスクがある上に、「次が続かない」のだ。
決めるのは、メディアではない。最終的に決めるのは、私たち消費者だ。

※ 小坪ショック
各企業のコンプライアンス部門を”震撼”させた事件がある。
かつて、同じくTBSにおいて、ブルーリボンバッチをつけた政治家を悪しざまに描いたドラマがあった。多数の抗議がいつものように寄せられ、同じくスポンサー凸がなせれた。

「企業側からのレスポンス」を列挙し、「横並びで比較検討」され、【点数付け】されたというのは、先方からすれば【衝撃】だったらしい。いまだに大企業からアクセスが絶えない。以降、(スポンサー凸に対する)対外文書には、相当に気を使っているそうで、(比較される可能性を考慮し)「他の企業の動き」を意識しているそうだ。これは”小坪ショック”と名付けられているそうで(知らなかった。)そちらについても紹介する。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

再春館製薬がTBSひるおびのスポンサーから撤退
以下は、netgeekより。

 

【朗報】再春館製薬がTBSひるおびのスポンサーから撤退

 

捏造や偏向報道がやけに目立つTBS「ひるおび」について、再春館製薬所がスポンサーを降りていたことが分かった。

現在、番組を確認すると再春館製薬所の名前がなくなっている。

 

 

ネット上では「偏向報道に嫌気が差して撤退したのかもしれない」という噂が飛び交う。ドモホルンリンクルで有名な再春館製薬所にとって、ワイドショーの視聴者層はターゲット層と合致するが、ブランドイメージに無駄に傷をつけるのは避けたいはずだ。

ここ最近はひるおびのスポンサーに抗議する動きが広まっていたため、先手で対策をとったということなのかもしれなに。

すでに複数の人がスポンサー撤退を確認している。

(1)日本のこころ 衆議院東京都第七支部代表の吉田康一郎氏「すでに降りたとのこと」。

 

(2)実は3月の時点で撤退していた。

 

(3)再春館製薬所に直接問い合わせた一般人も確かな事実だと証言する。

 

スポンサーを降りた理由にひるおびの偏向報道が関係しているのかどうかは不明。しかしながら少なくともひるおびにとっては大ダメージであることは間違いない。この調子でスポンサー撤退が続けば、偏向報道を止めざるをえなくなる。

Twitterでは、P&Gに抗議している最中だとメールのやりとりを公開する者も現れた。

 

 

いくらテレビ局に苦情を入れようとも受け流されるだけで効果があるかどうかは怪しいがスポンサーへの抗議は的確な効果があり、さらにテレビ局も最も嫌がる行為だと言われている。ひるおびは今、BPOへの告発とスポンサーへの抗議という2つの攻撃を受け、窮地に立たされている。

 

安倍政権はそんなに悪いことをしただろうか?数字で確認すればアベノミクスは確かな効果を出している。

 

 

景気回復によって多くの日本人が恩恵を受けているはずなのに、一方的に安倍総理を敵対視し、事実を捏造してまで安倍総理バッシングをする者がいる。ひるおびは今後、痛いしっぺ返しを受けることになりそうだ。

 

 

 

 

 

【防御】声を届ける
当該企業側で「確認できる方法」で声を届ける必要がある。
メディアなどを経由せず、再春薬製薬に「直接」だ。
方法は問わない。

とりあえず、直接「賛意を伝える」こと。

 

具体的な手法を列記してみたが、これ以外の方法であっても構わない。

1-1)メールを送る。
1-2)英断であるとネットで拡散する。
1-3)発言できる場があれば、支持表明を行う。

 

高い金を払ってまで、「なぜ、メディアにお金を払うか」を考えて欲しい。
企業側だってボランティアでお金を払っているわけじゃない。ここが重要。

ブランドイメージ向上のためであり、再春薬製薬は「ブランディングのために」資金を投じている。

上記で重要なのは、再春薬製薬の「目に見える」点だ。
「消費者の声」が全てである。ブランドイメージを向上させるために広告を打っている以上、”降りたほうが得だった”と思って頂く必要がある。

 

この点は重要だ。
そう思わせることができなれければ、【次は出てこない】というのが一点。

危惧しているのは二点目。
私たちがこの目標を達成できなければ、再春薬製薬は【スポンサーに戻る】可能性がある。

考えても見て欲しい。
このように注目されれば、TBSひるおびは、『何がなんでも再春館製薬に戻って欲しい』と懇願するだろう。
凄まじい値引きだってあるかもしれない。

今後、極めて大規模な攻防戦があるのだろう。
ネットで「注目されている」と、そのような環境を整えておく必要がある。

 

はっきり言う。
「TBSひるおび」の営業活動を、ここで阻害せよ。

どんな条件を持ちかけられようとも「戻ったほうが打撃となる」と思ってもらえる程度には”声が集まっておく”必要がある。

今こそ動きべき時。
これが防御に相当する。

 

 

 

【攻め】買う。
再春薬製薬の場合は「特に」である。
なぜなら通販がメインだからだ。一発で成果がわかる。

 

1-1)ドモホルンリンクルなど、再春館製薬の製品を購入する。
1-2)試供品でもいいので、何か先方の利益となる行動を行う。
1-3)男性陣は、女性陣にとりあえず勧める。

 

「声を伝える」ことを防御と書いたが、こちらが攻め、だ。
再春館製薬の場合は「通販」であり、当該企業側で「成績」がはっきりわかる。

スポンサーを降りたことで【売上が下がった】場合には、スポンサーに戻るだろう。
大事なことを書いておくが、再春館製薬は「政治で降りたわけではない」という点だ。法令順守・コンプライアンスの概念はあったかも知れないが、それは政治というカテゴリではない。

あくまで、ビジネスなのだ。
ここが重要。

 

ネットはむしろ試されている。
「ここで良い前例」となるか、それとも「やっぱりネット受けした【だけ】」を目されるか。

今後に響くのだ。

 

考えて欲しい。
スポンサーを降りたことで【売上高が、あがった】場合はどうだろう?
同業界の動きはどうなるだろう。

化粧品関連ではなく、”通販全体”に対して、どのようなインパクトを与えるだろうか。

「あー、偏向報道と批判を集めている番組に、広告を打っても【逆宣伝】なのね」と思い知ることになろう。
あくまで”ビジネスとして”次に続く布石となるのだ。

 

だからこそ、買い支える必要がある。
再春館製薬は決断をした。私たちはこれを喜ぶだけでいいのか。

ここで動かねば「戻ってしまう」リスクがあるのみならず、「次が続かない」のだ。
決めるのは、メディアではない。

最終的に決めるのは、私たち消費者だ。

 

 

 

参考になる前例
実は、スポンサー凸については、数年どころではなく「かなり昔」から行われている。

直近で、大きな動きがあった、成果があがった例がある。
同じくTBSなのだが、「ブルーリボンバッチを悪しざまに報じた」ドラマの件だ。

スポンサーへのメール攻勢が続いた。
先ほど「成果」と述べたが、私はあることをしたのだ。

それは、企業側からのメールを「列挙」し、それぞれに論評を行った。
本件は、大企業のコンプライアンス室でも大きな話題となっており、当該ページは、永続的に「大企業からのアクセス」が伸び続けている。

 

スポンサー凸に対する「企業側からのレスポンス」が、「横並びで比較検討」され、【点数付け】されたというのは、先方からすれば【衝撃】だったらしい。

ちなみに、私自身も理系技術者であった時代、ISOに深く触れており、コンプライアンスの概念などは【メディアより、よほどしっかりしている】ことは申し伝えておく。
(メディアの皆さんも、このページを見るからね?)

 

企業側の解答一覧

クリックして下さい!
複数の方より、返信内容を送付して頂いたため、一例をここに紹介する。
以下、論評のためここに転載する。

本問題を提起した一人として結果報告であると共に、各社の動きという「社会情勢」を政治家として国民に解説するためです。

 

日立(HITACHI)
平素より、当社宣伝活動にご理解を賜り、厚く御礼を申し上げます。
また、このたびは、日立グループが提供いたしましたTBSドラマ「八剣貴志」に関しまして、貴重なご意見を賜り、重ねて御礼を申し上げます。

日頃より、お客様からのご要望、ご期待にお応えすべく、正しくかつ有益な情報を、 品位をもってお伝えする事を基本理念に据え、宣伝活動を行っております。
もちろん提供いたします番組に関しましても、その理念に基づき厳選した上で提供いたしております。

しかし誠に残念ながら、番組内容の詳細部分に関しましては、当方が、放送されます事前に知り得る事が非常に困難な状況にございまして、その部分に関しましては制作テレビ局の良識に頼らざるを得ないところがございます。
ところが、結果的に日立グループが提供いたしました番組に、今回このように社会的に到底容認できない内容が含まれ、多くの方々を傷つけました事は、全く本意とするところではなく、非常に残念に思うところです。

今後、提供する番組におきましては、今回の反省に基づき更なる厳しい目で選択いたして参りますとともに、TBSサイドに対しても再発防止と番組制作に対する姿勢の改善を強く要望いたします。

何卒、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げる次第でございます。

またご承知とは存じますが、このほどTBSのホームページに謝罪文が掲載されておりますので、 念の為、ご報告申し上げます。

 

小林製薬
弊社は、製品をより多くのお客さまにお伝えすることを目的に
テレビ局が制作した番組内の広告枠を使用しています。
また、テレビ局が視聴者の皆さまにとって価値ある番組を放送
することを望んでおります。
今回いただきましたご意見は、テレビ局にお伝えさせていただきます。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

アース製薬
このたびは、TBS系ドラマ「SP 八剱貴志」をご覧になり、
たいへんご不快な思いをされて、遺憾に存じます。

弊社は、私どもの商品を多くの方々に知っていただくための、
有効な手段として、「テレビコマーシャル」を活用しており、
今回のドラマ枠にも、提供社の一社として名を連ねて
おります。しかしながら弊社は、その番組の内容についての
コメントは差し控えたいと存じます。

ただ、○○様からご意見をいただきましたことは、提供社として
真摯に受け止め、今後の広告宣伝活動にも生かしていきたい
と存じます。

 

タカラスタンダード
弊社は、製品をより多くのお客様へお伝えすることを目的に、テレビ局が制作した
番組内の広告枠を使用しておりますが、番組の制作には一切関与していないため、
番組内での演出の経緯や意図について把握できない点がございます。
しかしながら、今回の番組内容や演出は視聴者の皆様の誤解を招くものであり、
大変遺憾に思っております。
テレビ局側は既に謝罪文書を出しておりますが、引き続き弊社からも
今後より良い番組づくりに努めていただくようテレビ局側に要望する所存です。

以上、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 

Amway
お問い合わせいただいておりました件に関しまして、弊社見解をお知らせいたしま
す。
お時間を頂戴しまして申し訳ございませんでした。
以下ご参照いただけますようお願い申し上げます。

「8/31(月)に放送された、TBS系ドラマ「SP 八剱貴志」(21:00~) の中で、「ブ
ルーリボンバッジ」を付けた悪徳代議士が登場し「ブルーリボン」にネガティブな
印象を持たせたことについて、誠に遺憾に思います。
当番組内で、弊社のCMが放送されましたが、弊社はドラマの内容について関与する
立場ではなく、事前に確認する機会もございませんでした。今回の件について
は、しっかりとテレビ局に対し弊社の考えを伝えるとともに、番組制作の改善を求
めてまいります。

 

下記が「採点」したもの。

列挙され、比較され、検証され、点数付けがなされた。
大企業側には、コンプライアンスを統括する部門が、現在は「ほぼ確実に設置」されており、担当者たちに衝撃を与えた。

小坪ショックと言われているらしい。
以降、「消費者からの凸」には、相当に気を使って返信しているようだ。

一部を抜粋し、紹介する。

 

クリックして下さい!

審査員ではありませんが、それぞれを論じてみたく思います。
あくまで私の個人的な感想にはなりますが、日立の回答が最優秀だと感じました。

 

日立(HITACHI)

日立(HITACHI)
平素より、当社宣伝活動にご理解を賜り、厚く御礼を申し上げます。
また、このたびは、日立グループが提供いたしましたTBSドラマ「八剣貴志」に関しまして、貴重なご意見を賜り、重ねて御礼を申し上げます。

日頃より、お客様からのご要望、ご期待にお応えすべく、正しくかつ有益な情報を、 品位をもってお伝えする事を基本理念に据え、宣伝活動を行っております。
もちろん提供いたします番組に関しましても、その理念に基づき厳選した上で提供いたしております。

しかし誠に残念ながら、番組内容の詳細部分に関しましては、当方が、放送されます事前に知り得る事が非常に困難な状況にございまして、その部分に関しましては制作テレビ局の良識に頼らざるを得ないところがございます。
ところが、結果的に日立グループが提供いたしました番組に、今回このように社会的に到底容認できない内容が含まれ、多くの方々を傷つけました事は、全く本意とするところではなく、非常に残念に思うところです。

今後、提供する番組におきましては、今回の反省に基づき更なる厳しい目で選択いたして参りますとともに、TBSサイドに対しても再発防止と番組制作に対する姿勢の改善を強く要望いたします。

何卒、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げる次第でございます。

またご承知とは存じますが、このほどTBSのホームページに謝罪文が掲載されておりますので、 念の為、ご報告申し上げます。

百点満点というか、私が知る中では本件において最優秀だと感じた文章です。
特筆すべきは「ところが、結果的に」以降のくだりです。ここでの転調が美しい。

【社会的に到底容認できない内容が含まれ、多くの方々を傷つけました事は、全く本意とするところではなく、非常に残念に思う 】

①社会的に到底容認できない、という認識
②多くの方々を傷つけた、という認識
③本意ではなく残念に思う

 

うまいな、と思わされるのは以下。
【TBSのホームページに謝罪文が掲載されておりますので、 念の為、ご報告申し上げます。】

これは、TBS側が謝罪を行っている以上、スポンサー企業としてはこれ以上の追及は難しい、とも読めます。
しかしながら、前段の部分がありますので、こちらもここで折り合いをつけるべきか・・・?と、日本人の美徳を理解した、非常に高度な文章だと思います。
問題の長期化を避けることで、スポンサーへの延焼も防ぎつつ、言うべきは言い、意思表示も行う。
この文章は、極めてうまい。

 

 

小林製薬

小林製薬
弊社は、製品をより多くのお客さまにお伝えすることを目的に
テレビ局が制作した番組内の広告枠を使用しています。
また、テレビ局が視聴者の皆さまにとって価値ある番組を放送
することを望んでおります。
今回いただきましたご意見は、テレビ局にお伝えさせていただきます。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

端的な点が評価対象となると思います。
重点は【今回いただきましたご意見は、テレビ局にお伝えさせていただきます。】の一行に凝縮されており、必要事項を短くまとめた内容です。

政治の世界からの所感になりますが、
長く書けば良いというものではありません。むしろ脇を締めて端的に書くことは、非常に高い評価対象となります。
逆に凄みを感じさせる文章かと思います。
(私がつけた論評のほうが長いぐらいです、凄いでしょう?)

 

 

アース製薬

アース製薬
このたびは、TBS系ドラマ「SP 八剱貴志」をご覧になり、
たいへんご不快な思いをされて、遺憾に存じます。

弊社は、私どもの商品を多くの方々に知っていただくための、
有効な手段として、「テレビコマーシャル」を活用しており、
今回のドラマ枠にも、提供社の一社として名を連ねて
おります。しかしながら弊社は、その番組の内容についての
コメントは差し控えたいと存じます。

ただ、○○様からご意見をいただきましたことは、提供社として
真摯に受け止め、今後の広告宣伝活動にも生かしていきたい
と存じます。

①まずもって、受け止める。
【たいへんご不快な思いをされて、遺憾】という文章です。

②与しない。
【番組の内容についてのコメントは差し控えたい】
保守層からは反発を招きそうですが、片方に与することで結果的には左派からの攻撃を回避する意図を感じます。
私としても不本意な内容でありますが、テクニック的には高度な内容かと思います。

ここには日立との明確な差があり、アース製薬は「右派・左派、議論のある政治問題」と理解しているのでしょう。
日立は「社会的に到底容認できない」という認識を示しており、イデオロギーによる問題ではないという、認識です。

アース製薬の認識は甘いと言わざるを得ず、この点は批判の対象ともなるやも知れません。
ただ、その上で自社の防衛が主たる任務でありますから、その目的を鑑みれば「議論からは回避したい」という手法は、テクニックとしては悪くないと思います。
逆に、こちらの世論の盛り上がりが見られれば(つまり、打撃となる可能性が示唆されれば)、動くことを暗に示したとも言えます。

③名前
本文中、○○様となっておりますが、恐らくこの文章もテンプレートかと思いますけれども、
送信者の名前を文中に記すことは一手間がかかります。
プログラムで自動化しているかも知れませんが、誤りがあっては大問題ですから目視チェックはしているのでしょう。

小さな話に思えるかも知れませんが、数が数だと思いますゆえ、膨大な負荷です。
ここで一手間加えてくるのは好感触だと思います。

 

 

タカラスタンダード

タカラスタンダード
弊社は、製品をより多くのお客様へお伝えすることを目的に、テレビ局が制作した
番組内の広告枠を使用しておりますが、番組の制作には一切関与していないため、
番組内での演出の経緯や意図について把握できない点がございます。
しかしながら、今回の番組内容や演出は視聴者の皆様の誤解を招くものであり、
大変遺憾に思っております。
テレビ局側は既に謝罪文書を出しておりますが、引き続き弊社からも
今後より良い番組づくりに努めていただくようテレビ局側に要望する所存です。

以上、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

①メディアとスポンサーの構図を説明。
製品の周知が目的であること。
演出の経緯や意図を把握できないことも述べておりますが、これは制作責任への言及かと思います。PL法のようなイメージと言えば伝わりやすいかも知れません。
本件をもって責任回避などと思う方もおられるのかも知れませんが、これは構図の説明に過ぎず、責められるべきではありません。
回答方法としてはオーソドックスながらも評価されるべき手法かと思います。

②認める。
責められるべきではないとしたのは、自社に制作上の責任がないことを明示した上で、以下のくだりが続くためです。
内容や演出について【視聴者の皆様の誤解を招くもの】として、強い口調で述べております。
私のblogの古くからの読者であれば「強い口調」と私が述べた思いが伝わるかと思いますが、このような場合「招く可能性があるもので」等と、断定せずに少し逃がした書き方をされることが多い。
特に企業となればなおさらです。

③遺憾の意
その行為を遺憾に思うと述べています。
このくだりは、「~の可能性が」などがないため、極めて重たい文章です。
言い切りました。
【番組内容や演出は視聴者の皆様の誤解を招くものであり、大変遺憾に思っております。】

④行動
テレビ局側が謝罪文書を出していることを示した上で、「今後についての要望」を記しております。
このような書き方の場合、特に②③を経てのくだりでありますから、実際に行動に移していると推定されるべきでしょう。
(私の「推定されるべきでしょう」などが断定を避けた書き方の事例でございます。)

⑤スポンサーとしての責任
構図から入った点、制作上の責任がないことを述べたこと点を、「責任回避」と責めるべきではないと述べ、むしろ評価されるべきと感じているのは根底にスポンサーとしての責任論があるためです。
文中には書かれておりませんが、この流れ・行動は、「メディア・スポンサー」という構図における、スポンサー側に求められる社会的責任を行動をもって果たすという意味に他ならないためです。

オーソドックスではあるものの、極めて高い評価をなされるべき、今後の一般的な流れとなるように思います。

 

さらに続きはこちら。

 

当該エントリは以下。

 

上記で述べているが「企業を代表しての、回答」は、作成に凄まじい負荷がかかる。
実は、「問合せ」については、事実上の回答義務があり、これは(実質、外注している)電話応対とは比較にならぬ負荷がかかる。

しかも『政治家により、全体公開されてしまった』前例まである。

 

本件(小坪ショック)以降、「特に、TBSに対しては」広告出稿におけるリスクが、業界側にも蔓延していた、っていうこと。

これが一つの成果です。

 

 

 

さて、やろうか。
少し長い文章となってしまったので、もう一度、書いておく。

まずは、「再春館製薬」に声を届けてほしい。
目に見える形で、「ブランドイメージが向上した」「支持されている」と実感させて頂きたい。

 

次に、売上の向上だ。
せめて半年単位ぐらいで、動きがあったほうがいい。

男性陣には難しいだろう、私も何していいかわからない。
女性に「ドモホルンリンクル、いいらしいよ?」とか言ったら「何よ!皺が目立つってこと?(バキッ」とか、なるかも知れない。

はっきり言うが、このあたりは私はとても苦手だ。
何が何やらわからない。

女性のBlog読者や、ネットだと既婚女性の皆様(通称:鬼女)にお任せするよりない。

 

 

 

 

いまネットは試されている。

 

再春館の決断は歓迎すべきだが、

 

喜んでばかりもいられない。

 

この決断が「ビジネスとして、吉か凶か」を

 

多くの企業が見守っている。

 

ネットの力、どれほどのものか。

 

スポンサーを降りた「弊害」は生じるのか。

 

「試されている」「見られている」

 

このことは、強く主張しておきたい。

 

偏向”番組”と縁を切っていく企業を応援しよう。

 

「再春館の決断を支持する」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散】再春館製薬がTBSひるおびのスポンサーから撤退【偏向報道を許さない人はシェア】 への32件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【拡散】再春館製薬がTBSひるおびのスポンサーから撤退【後に続けと思ったらシェア】 元都議の吉田康一郎氏がTwitter上で投稿していた通り、捏造や偏向報道が酷いと指摘されている「TBS・ひるおび」について、再春館製薬

  2. 櫻盛居士 のコメント:

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    御自身のコメントが即座に反映されないと、ブチ切れる前に。
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    このコメントは小生の単なるお節介ですので、ブログサイトのシステムを御存知の方は読み飛ばして下さい。

    このサイトはWordPressをベースに構築されています。
    WordPressはコメントの学習機能を実装した、多機能型パッケージ製品です。

    ■投稿者の学習機能
    アクセス数の多いサイトに付き物なのが、有害サイトへ誘導する為のスパムコメントです。
    これらの有害サイト誘導コメントを学習する為に、初期コメント投降ではその反映に管理者の承認プロセスを介す様に作られています。
    数回の管理者承認を経るとシステムが投稿者の情報を学習し、自動的に即時反映がシステム側で許可されます。
    同時に一旦は自動反映がシステム側で許可されても、同様の投降を短時間に何度も繰り返すと、サイト攻撃者としてスパムフィルターに捕捉され自動反映が取り消されます。
    また、URLのリンクもドメインをシステムが学習するまで、管理者承認を必要とします。
    回線状況によってはポストに時間を要する場合があり、この場合はサーバー側の受付タイムアウトになる場合もあります。

     ・システムが学習する情報
      IPアドレス
      メールアドレス
      ハンドルネーム
      URL 等

     ・有害コメントの例
      アダルトサイトへの誘導
      出会い系サイトへの誘導
      脱法ドラッグ販売サイトへの誘導
      サイト攻撃を目的とした短時間の大量投降 等
     
     
    ■「自動反映されなくなった!」と慌てる前に
    ・いつもコメントしている端末と違う端末で投降していませんか?
    ・インターネットプロバイダーを変えましたか?
    ・公衆無線LANに繋いで投降していませんか?
    ・携帯端末からの投降の場合、キャリア変更していませんか?
    ・携帯端末からの投降の場合、機種変更していませんか?
    ・Wi-Fiルーターを利用している場合、いつもと違う遠隔地から投降していませんか?
    ・短時間に同内容の投降を繰り返していませんか?
    ・メールアドレスを変更していませんか?
    ・ハンドルネームを変更していませんか?
    ・今まで投降された事の無いURLを記述していませんか?
    ・大量のURLを記述していませんか?
    ・使用している回線のコンディションは良好ですか?

    ■もし管理者承認のフローに戻ってしまったら?
    このサイトは、市議会議員様がプライベートな時間を割いて管理されているサイトです。
    市議会議員としての主務を差し置いて、即時承認など出来る筈もありません。
    「投降失敗か?」と慌てて何度も投降するのでは無く、承認されるまで気長に待ちましょう。

    ■承認待ち中にHPを再読込したら、コメントがなくなった!?
    犯罪予告や公序良俗に反する書込みを行って無い限り、過去の実績に基づけば基本的に削除されていません。
    ただ単に、コメントした本人の端末のキャッシュ、つまりコメントした本人の端末の設定や環境に依存する固有の問題である可能性が大きいです。
    IT機器への知識に自信が無いのであれば、専門家に端末の環境調査を依頼する事をお薦めします。

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      櫻盛居士様、上記、本当に勉強になります。

      情弱の老人ですが、学習だけはつづけていきたいとおもっております。
      ブログサイトのシステムなんて、ちんぷんかんぷんなので、感謝です。

  3. 兵庫のオヤジ のコメント:

    これは偶然だと思いますが、利用できることはしたらよいと思います。
    ただこの会社、試供品を申し込んだ後の電話勧誘のしつこさと、商品が高額な事に関してはあまり評判がよろしくない。気軽に人にお勧めできる商品ではありません。

    • 読点 のコメント:

      >試供品を申し込んだ後の電話勧誘のしつこさ
      その後、改善されたようです。

  4. araigumanooyaji のコメント:

    “ネットの力、どれほどのものか。 スポンサーを降りた「弊害」は生じるのか。 「試されている」「見られている」 このことは、強く主張しておきたい。 偏向”番組”と縁を切っていく企業を応援しよう。”

  5. 川崎哲治 のコメント:

    私たちにできること
    ◆第23回世界バドミントン選手権大会(08月21日(月) ~ 08月27日(日))にくまもと再春館製薬所バトミントンチームが出るので応援する
    ◆上記チームが東京オリンピックに出場したら応援する
    ◆漢方に興味のある人は「再春館製薬所が教える おうち漢方(再春館製薬所 :著) 」を買う
    ◆再春館製薬所は「痛散湯」という痛み止めみたいなものも扱っているので、これを親にプレゼント。年を取ると腰痛とか出てしまう。

    • ピーナツ県民 のコメント:

      普段化粧はしませんし、石けんも趣味で手作りしているので買うものがないな〜。と困っておりましたがそうか、漢方があるのか!

      と思って見に行きましたが麻黄が入ってますので、還暦過ぎていて高血圧や心疾患のある方は控えた方が良さそうですよ。

      となると本かぁ〜。

      ただ、市議が取り上げられた事で逆にパヨク共に狙い撃ちされないかしら。とちょっと心配です。ほら、パヨクの皆さんって狭量だから、俺たちに従わない奴はレイシスト!とか非国民!で攻撃し出すじゃないですか。

      市議がベストセラーにしよう!と取り上げられた例の藤岡先生の通州事件の本、発売日過ぎてからアマゾンで頼みましたけど、未だに届きませんし、在庫も何冊、とか置いてなくて1〜4週の間に発送します。という、新刊にしてはおかしい対応が続いています。パヨク共が日本密林にクレーム入れたのかな。という気が少ししています。実店舗に買いに行ったほうが早そうなのでそろそろキャンセルしようかとも考えています。

      • 川崎哲治 のコメント:

        今気が付いたんですが「再春館製薬所 ニッポンいちの社員食堂―女性社員800人の健康・美・やる気を」という書籍も出しています。料理レシピ本みたいです。

        • ピーナツ県民 のコメント:

          >川崎哲治様

          情報どうもありがとうございます。
          書籍でならわたしでも応援できそうです。

  6. 水玉 のコメント:

    小坪先生
    いつも日本の為にありがとうございます。
    今再春館製薬にメールを送りました。

  7. じこく のコメント:

    再春館製薬で男性にも関係があるなら、中高年用の痛散湯だと思います。
    肩凝りとか腰痛持ちの方は試供品からでも申し込んだらいかがでしょうか

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    TBSの内部事情に関しては、既に真偽混在状態でしょうがネット上でも出回っていますので割愛します。

    TBSに限らず日本に於ける報道各社は、バブル崩壊後広告収入激減に喘ぎ、その窮地に付け入った形で、とある勢力による広告掲載と言う資本投入が成されて来たと言うのは共通した流れの様です。

    ここで報道各社からスポンサーを引き剥がせば、当然ここぞとばかりに更にとある勢力の広告枠が増え、更に偏向報道が酷くなって行く事でしょう。

    然し乍ら、既に事ここに至ってはとある勢力の広告枠拡大と、それに伴う偏向報道の激化は悲観する必要は無いでしょう。
    寧ろ、追風であると判断致します。

     1.偏向報道を理由にスポンサーを引き剥がす。
     2.広告収入が減る。
     3.減った収入の穴埋めを、とある勢力が行う。
     4.更に偏向報道が激化する。
     5.2と3を繰り返す。
     6.広告主の業種が偏り、幅広い商品周知能力を失う。
     7.消費者は欲しい商品をネットで探す傾向が強くなる。
     8.ネット利用者が拡大する。
     9.ネットに触れる事によって、遮断されて来た情報に触れる様になる。

    一旦、偏向報道番組のスポンサーが企業イメージを著しく損なう事、コンプライアンス違反である事、それが売上に繋がらない事の認識を定着させれば、広告主が減る為に新商品の情報源としてTVや新聞が意味を成さなくなります。
    すると、必要に迫られる形で消費者はネットを利用する様になり、タブレットの普及も後押しとなって、高齢者のネット利用者も増える事でしょう。
    亦た、上記4の状態が激化すれば、多くの人がその違和感に気付く事でしょう。

    更に言えば、野田聖子総務大臣のうちにマスコミが牙を剥く様に仕向ける事が出来れば、反射的にマスコミへの攻撃を仕掛ける可能性もありますね。

    但し、最後までスポンサーとして残った日本企業は、とある勢力の排斥工作の標的(雪印乳業の例など)になる可能性もありますので、この辺りの防御策は一考の余地があると言えるでしょう。

  9. 鳥海山たろう のコメント:

    再春館製薬は業績悪化した様子もなし。もし番組偏向を理由にスポンサーを降りたのであれば経営層の英断であると思います。

    再春館製薬のドモホルンリンクルは素晴らしい。特に30代以降の女性におすすめします。

    使用前と使用後を比較すると明らかに肌の状態に違いが見られます。男性から見ても、ぱっと見てわかるほどの違いであり、ひと言でいえば、うるおいのある肌に生まれ変わります。

    TBSの極めつけは日曜のサンデーモーニングというとんでもない偏向番組。

    親の七光りで俳優業をめざしたが、才能がないため司会業に転業した関口宏というアホが、ほんとうに訳のわからないことばかり、わめいています。

    最近絶句したのが、以下のセリフです。

    関口宏
    (都議会で自民党が惨敗したのを受けて)
    「もっと早くに、みんなが(自民党への抗議の)声をあげていればよかったのにねえ」

    ↑↑↑
    ここまでは、(一方的見解と思えるが)まだ、なんとか許容できる。

    問題は、その後。北朝鮮ミサイルの発射実験の話題に移ったときに、

    (関口宏)
    「そんなときに、また(北朝鮮が)余計なことをしてくれたねえー」

    このアホは、「アベ憎し」のあまり、安倍評価にプラスに働くかマイナスに働くかで「ニュースの価値」を判断しているようです。

    北朝鮮のミサイル実験は、一億人の日本国民にとって非常に深刻な事態です。
    まずその事自体の意味や今後の対策などを専門家を招いて真剣に考えるのが報道番組の役割です。

    関口の「余計なこと」という「不意にでた言葉」には、

    「安倍内閣にプラスになるような余計なことを報道したくないのだが、報道しないわけにはいかないので、しぶしぶだが、報道してやるよ、しょうがないな」というニュアンスしか感じません。

    いったい何を目的としている報道番組なのですか。

    こんなカス司会者の怨念とたわ言を好きなだけしゃべらせて、政治ワイドショー番組として視聴率さえ稼げればよいのか。

    報道番組は視聴率さえ良ければ構わないということはなく、一定の公平性や客観性が必要です。
    偏向した報道番組のスポンサーとなっている企業には、そんな偏向だらけの報道番組のスポンサーをやっていれば企業イメージが悪くなりますよと警告してあげたほうがよいと思います。

    (以下は、知恵袋のcomme24さんの「サンモニ加計報道」に関する報告より)

    「私はサンモニの偏向報道を検証するために毎回ビデオに撮っていますが、閉会中審査の模様を流した時も、加戸前知事の発言はほんの10秒程度流されただけで、それも「歪められた行政が正された」という結論部分のみで何の説得力もないものでした」

    「大半は前川氏の作り話と野党の的外れな追求場面で、それをメインとするものでした。その後の解説でも加戸前知事の発言には一切触れず前川氏の発言要旨のみ。田中秀征が前川発言の方が信頼できるなどと長々と話してます」

    「大宅映子の発言(注:「加戸前知事の発言内容も知りたい」)も、全体の流れの中では何の意味もない発言です。真実を知りたいってアホですか。真実はもう既に話されていて、マスコミが無視しているだけでしょう。大宅もそれを知っているはずです。しかも誰もが無言で無反応。完全にスルーです。あれを見た誰が加戸氏の発言に興味を持つというのでしょうか」

    「加計が岩盤に穴を空けた? まあ安倍をかばうために言ってるだけだよねと思うだけです。99%前川発言にのみ焦点を当てているんだから。
    ネトウヨがうるさいから目立たないように加戸のこともちょっと言っとけという程度の扱い。これでTBSを攻撃した効果があったと思うならアホです。完全にコケにされているのです」

    以上の分析の通り、まあやりたい放題です。
    アホどもが寄ってたかって、公共の電波を私物化しています。

  10. 月光仮面 のコメント:

    こちらで 一週間遅れの なんでも言って委員会 昨日ビデオを夜見ました
    久々に 委員会が見ごたえがあったと思います 何が言いたいか このような
    番組をもっと増やすべきだと 言いたい ひるおび ですか 見たことないけど
    罰する必要がありますね 出演者もです 罪 ですよおそらく 局は
    乗っ取られています たぶんですが この罰することは日本の将来のために
    絶対に必要です 局を最終的には無くすことだと思います
    これが できないのは 自民党内部の抵抗だと思います このへんは
    有権者がもっと知るべきかも知れませんね 

  11. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    捏造は叩かれて当然ですけど、スポンサーさん達がスポンサー降りないのもマスゴミがなんか弱み握って脅してたりして…
    そして無職クレーマーも見栄はり社員もどちらも有害ですね

    日産系工員「お、公開前の新型リーフだ、パシャ!ツイッターに載せよ」 新型リーフ世界初公開!
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1935005

    ネット乞食歴8年の33歳「Amazonでひたすら誤表記を見つける。注文してクレーム、タダでもらう」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1935015
    37: 名無しさん@涙目です
    しょぼい人生だな

    日本人は(反日日本人以外)親日外国人を敵対視しないと思いますが…

    【画像】 アメリカ人親子が日本風の誕生パーティー → 「人種差別」「文化の盗用だ」と炎上
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1934943
    35: 名無しさん@涙目です。(d
    日本人はこれに怒らないだろ

    51: 名無しさん@涙目です。
    よく判らん
    日本でやってる西洋風〜とかは盗用にならんのか?

    113: 名無しさん@涙目です。
    盗用って、 日本文化をさも自分達が作り出したかのように関係ない他国へ向け
    発信する行為であり、模倣してごっこ遊びするのとは訳が違うだろ

    153: 名無しさん@涙目です。
    頭おかしいんじゃねえの叩いてる奴が差別だろ

    前も似たような事がありましたから、成り済まし日本人による親日外国人潰しかと…
    あとメディアは勘違いしてるし、日本人を勘違い(洗脳)させたいんだなとつくづく思います

    【バイキング】麻生副総理「マスコミ取材の方が正しいと思ったことはない」⇒ 坂上氏「イラッと来た」東国原氏「メディアは民主主義の根幹。民主主義の否定に繋がりかねない」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51822347
    109: 名無しさん@恐縮です@
    メディアが民主主義の根幹って馬鹿じゃねーの
    マスゴミはそういうことにしたいんだろうけど本当に気持ち悪い

    118: 名無しさん@恐縮です@
    >>109
    メディア≠情報

    だよな。
    情報が民主主義の根幹。

  12. 翠子 のコメント:

    再春館制約の化粧品を10年以上愛用しています。
    8月5日(土)、商品購入をする際、「ひるおび」のスポンサー降板に賛同し、応援している旨、伝えた処、

    「3月いっぱいでスポンサーを降りることは予め決定していた。」
    「偏向報道に抗議したわけではない。」
    とのことでした。

    少しがっかりしましたが、
    「ネットでスポンサー降板が取り上げられていること」
    「賛同者が多く、応援していること」
    をお伝えいたしました。

    今回の再春館製薬のスポンサー降板は偶然だったようですが、偏向報道する番組のスポンサーに働きかける方法は効果的だと思います。これから活用していこうと思っています。

  13. 日本女性 のコメント:

    >ドモホルンリンクルなど、再春館製薬の製品を購入する。
    >試供品でもいいので、何か先方の利益となる行動を行う。
    >男性陣は、女性陣にとりあえず勧める。

    ドモホルンリンクルは高いです。かなり高い。フルラインで数万円。試供品は無料だけど、その後の電話攻勢がしつこくて怖い。男性がうっかり女性に勧めたら、「じゃあ、買ってよ」とおねだりされそうで危険です。

    私も電凸したけど、フジテレビの「グッディ!」「バイキング」のスポンサーは続けていくそうです。全国的な女性向け高額商品の通販となると、昼のワイドショーしかないというジレンマ。ただし、イメージ産業でもあるので、消費者からの意見を気にしている様子はありました。

  14. 櫻盛居士 のコメント:

    日付は変わって、8月6日。
    本日は広島原爆の日です。

    謹んで、この攻撃によって亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げます。
     
     
    扨て、悲しいかな平和記念式典で毎年平和宣言を読み上げても、核兵器は無くなってはいませんし、いくら日本が戦争を放棄しようが戦争は無くなっていません。
     
     
    ●過ちは 繰返しませぬから

    理想や理念だけに拘る事は、この際単なる現実逃避でしかないでしょう。
    亦た、今更原爆投下に至った理由を論議しても、今後確実に「過ちを繰り返さない」事に繋げるには片手落ちでしかありません。
    過ちを繰り返さない・・・つまり、二度と我が国の国民、領土を核攻撃に曝す事の無い様に、極めて現実的で物理的な視点で「過ちを繰り返さない」方法をそろそろ考えなければならない時期に到達していると言えるでしょう。

    1945年8月6日の早朝02:45、テニアン島からB-29爆撃機『エノラ・ゲイ』が離陸しています。
    この時、物理的に日本に到達する事の可能な範囲に米軍の基地を許さなければ、日本は原爆投下を回避する事が出来ました。
    これは、極めて現実的な物理の理論です。

    当時の日本軍が制空権及び制海権を維持していれば爆撃機や攻撃機を迎撃する事で、やはり日本は原爆投下を回避する事が出来ました。
    これも、極めて現実的な物理の理論です。

    現在の核攻撃手法は、当時と異なり爆撃機によるものだけではありません。
    ミサイルと言うツールを使って、容易に核兵器を空輸出来てしまうのです。
    そのミサイルも陸上から直接射出するもの、爆撃機に搭載するタイプ、潜水艦を含め艦載タイプと、当時よりも容易に核攻撃を行える状況が物理的に揃っているのです。

    政治信条はこの際扠置いて絶対に今後「過ちを繰り返さない」為には、どうなるか曖昧な理想や理念を唱えるだけの行為に拘るのでは無く、より現実的、且つ堅実的で確実性の高い物理的な方法で、この様な悲劇を回避する手段を採り入れる必要があると断言致します。

    • 梅一枝 のコメント:

      理想や理念だけに拘る事は、この際単なる現実逃避でしかないでしょう。
      亦た、今更原爆投下に至った理由を論議しても、今後確実に「過ちを繰り返さない」事に繋げるには片手落ちでしかありません。
      過ちを繰り返さない・・・つまり、二度と我が国の国民、領土を核攻撃に曝す事の無い様に、極めて現実的で物理的な視点で「過ちを繰り返さない」方法をそろそろ考えなければならない時期に到達していると言えるでしょう。
      ーーーーーーー
      これが、本当に大事なことだと思います。

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      広島原爆の日をとりあげていただき、さらに、これからの日本が被爆という悲劇を繰り返さないためのご提言を読みながらうなづいておりました。

      以前も書きましたが、わたくしは被爆二世であります。母親が広島の爆心地(日赤病院)におり、そこで、母親は被爆いたしました。幸い、病院の建物が堅固(おそらく、鉄筋コンクリート)だったためと、窓際にいなかったという幸運のおかげで、原爆炸裂時の熱線、光線を浴びることはなかった。ただ、ガラス片が大量に体にささったようで、私の子供時代(小学校)ですが、いまでも、ときどき、ガラスがでてくるのよね・・ともうしておりました。

      被爆から数日後、祖父が母親の骨を拾うつもりで被爆地広島を訪れ、生き残った母親を故郷につれかえりました。そして、しばらくして、母親は結婚して、わたくしを生んでくれました。本当に感謝しています。

      12時になったら、広島の方角にむけて、黙とうをいたします。

      閑話休題・・・・

      はなしかわりますが・・・、北朝鮮から核ミサイルが日本に飛来した、俺のところには、核シェルターもないし!地下街すらねえんだ!どうすりゃいいんだ!とお嘆きの皆様(が、いたらですけどw)にお伝えしたい!

      わたしの母親は、爆心地で被爆したんです。ですが、光線、熱線をさけることができたおかげ(ただし、爆発時の放射線は浴びているはずです)で、生き延びることができ、子供を産むこともできました。

      核シェルターもねえ!地下街もねえ!とお嘆きの皆様!
      とにかく、Jアラートが鳴ったら、鉄筋コンクリートの建物内に避難し、そして、窓際のカーテンはしめ、建物の隅で姿勢を低くして備えるのです。

      そしたら、核爆発がおきても、母親のように生き残れるのでは!

      ただし、建物に直撃がきたら!どうすんだ!生物化学兵器だったらどうすんだ!という意見もございましょうね。
      ま、そんときは、そんとき、腹きめましょうや!ということであります。

      そして、3日間を過ごせるだけの食料、水、懐中電灯、カセットコンロ、蝋燭、手回し充電できるラジオ等を活用し、サバイバルのため行動しましょう!

  15. ぽんた のコメント:

    再春館製薬所という所は色々よろしくない話のある会社ですが、TBSに対するダメージを与えるには援護射撃も致し方なしですかね。
    ちなみに小坪さんは福岡だけど再春館製薬の成り立ちとかはご存知ないんでしょうか。

  16. たつまき のコメント:

    櫻盛さんの意見に賛同です。 あらゆる施策を講じて防衛力を上げなければなりません。 他国に攻め入ろうと言うわけではないのです。

  17. 日本女性 のコメント:

    再春館の件、産経新聞が取り上げています。

    http://www.sankei.com/entertainments/news/170806/ent1708060003-n1.html

  18. ココ のコメント:

    男性でも奥さんに買ってあげるとか手はありますよ。人任せにしててはダメです

  19. ピンバック: 再春館製薬所, ひるおび,で検索した結果

  20. 平田武康 のコメント:

    かつてドモホルンリンクルの無料お試しで取り寄せた人からの話で、中身開けると中からリーフレットが出てきて
    「ドモホルンリンクルを使い続けないと、あなたの肌はボロボロになるでしょう」といった脅迫めいた文章が入っていた!
    さすが九州人! 太陽光や健康食品で消費者を脅迫し物を買わせる手段はアクドイ(;o;)

  21. 漫画喫茶店長 のコメント:

    みなさん、○春○という会社がどんな会社か全くご存じないようで・・・・・
    40代以上の熊本県民はほとんど知っていると思いますよ。
    長きに渡る抗争、繰り返される銃弾事件、社員の定着率etc

    サンケイの記事にあるように、降りた理由が偏向報道への抵抗とは思えません。。。
    高須さんとは全く違います。

    • ROM のコメント:

      いわゆる「いい会社」でなくてもいいのではないでしょうか?
      偏向番組から降りると消費者から評価されるよ、という他社へのアピールにもなる、という意味が含まれているということです。
      裏を返せば、スポンサーになったら不買するよ、のある種のブラフにもなるという意味の消費者の表明です。
      ただし、パルシステムなどの左翼会社などは論外ですが。

  22. ピンバック: SC80高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸|おまえらタイムズ

  23. ピンバック: SC80高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸|ブルブル速報その5|ガタ速別館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です