敵基地攻撃能力を保有すべきだ!


 

 

ごちゃごちゃ述べるまでもない。”敵基地攻撃能力”を持つしかない。
撃たれる前に、発射施設を叩かねば、日本国民を守る術はない。どんなにミサイル防衛の技術開発をしても「撃つ側が有利」であり、相当に大きな技術的アドバンテージがなければ、達成は不可能だ。

どこかの誰かが打ったゴルフボールを、「自ら察知して」
それを空中で衝突させるような仕組み。
そもそも無理がある話で、どうしてこのような神学論争を繰り返さねばならぬのか。

かつては、技術的な大きな差があった。不可能を可能とするだけの。
相手にするのが、ノドンやスカッドERであれば対応もできた。
しかし、SM3・PAC3という現在配備されている迎撃装備の、設計時に想定されていた「敵の技術力」は、技術限界を突破している。

ミサイル防衛だけでは、守ることはできない。
無論、MD無効論を述べるつもりはない。国民の生命と安全を守るため、ミサイル防衛のための技術開発はすべきである。
だがしかし、ミサイル防衛の技術開発”だけ”していても、国民を守れるはずはないのだ。

敵基地攻撃能力が必要だ。

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

政治家のジレンマ
真に、国民の命を守るためには、「敵の基地を叩く」。
ミサイル防衛という「盾」のみならず、剣に相当する力を持つ必要がある。
これを述べることを、政治家は恐れてきた。
及び腰になってきた。有権者から見れば「腰抜け」に見えた時もあったろう。

だがしかし、自らのバッチを賭け、述べるべきことを述べた政治家はどうなったか、も考えて欲しい。
「右翼」とか「過激な政治家」のレッテルを張られ、
【述べた時のみ】は、保守も礼賛し、祭りあげるものの、
継続的な支援は行わず、選挙においては左派から集中砲火を浴び、
立場のある者であればメディアスクラムに合い、多くが政界を去った。

その意味では、有権者にも責任がある。
もっと言えば「選挙で議席を獲得できない、保守の支持層の薄さ」にも責任はある。
無論、これは勇気を持てぬ政治家を擁護するためのロジックではない。
全体を俯瞰するに、制度として「言えぬ」状況があったと述べているのみだ。

勇気をもち、国民に信を問うた政治家は、すでに散った後だ。
我慢に我慢を重ね、ちまちまと小さな積み重ねを、忍耐強く行ってきた政治家しか、生き残ってはいない。
小選挙区という制度がそれを許さなかった。

だが、その上で、私は市議である。
私は中選挙区を戦っているわけで、そういう意味では「なんでも言える」のだ。
1位のみを決める選挙では勝つ自信はないが、保守の声でも「20位までを決める選挙」なら、勝てるからだ。
(ゆえに県議選にも興味がない。発言できなくなる。上を目指すならば、参議院の全国比例だけだろう。そちらも検討していない。)

国益を真に論じる政治家は存在しないのか?
かつて、存在した。そして、今も存在している。
凄まじい負荷がかかり、各個撃破されていき、散り続けている。

 

 

 

国防を真剣に議論すべきだ。
学校法人の許認可で、国民が死ぬのか?
北朝鮮のミサイルだと人が死ぬ。
森友・加計学園がどうしたというのか?
生きる死ぬの話の前に、そんなものは関係ない。
あれは、大坂・四国などの「一地方」の話であり、福岡県民の私には関係ない。多くの国民にとって関係ない。

北朝鮮への対応、あのチキンレースでは、国民が死ぬ。
貴方が死ぬかも知れないし、貴方の家族が、大事な人が死ぬかも知れない。
何度も発射されたミサイル、その度に私は持ちうる力をつかって「蕎麦屋みたいな話を掘り返してどうする!」という思いで、国防を訴えてきた。

メディアと野党は、それを面白おかしく混ぜ返してきただけだ。
あれが、有事に至るまでの「最後の国会」になるかも知れないと何度も警鐘を鳴らしてきた。
月間30万人の訪問者たちが、その姿を覚えているだろう。

 

 

 

責任を問え!
責任を問うべきだ。
野党の責任、メディアの責任、彼等にぶちまけろ!
「おまえたちのせいで!!!」と叫ぶだけの理由が私たちにはある。
空転させ続けた国会の、その責任を問う。

あの方々は、どこか特権意識をもっており
「自分たちは常に正しい」と思っている節がある。
実は、批判に弱い。言ってやれ、「おまえたちのせいで、私の家族が死んだらどうしてくれる?」と。

彼らは言うだろう。
「国民の多くが、あの問題に疑念を」と。
ならば言い返してやれ、「私も国民だ」と。「もっと重要なことがあっただろう!」と怒鳴り返してやれ。

自分を、「頭がいい」と思っている左翼に最も効果があるのは、
【おまえは、間違っている!】と正面から言ってやることだ。

 

 

 

リベラルの正体
インテリを自称する、リベラル。
彼等の正体を教えてやろう。

【なり損ねのエリート】だ。
一番になれなかった者、世を恨む者たち。

 

政治家ゆえ、色んな方と会う。
リベラルとも会う機会はある。
政治家ゆえ、(イデオロギーは抜きにして)普通に様々な方と会う。

その中で、リベラルの規則性も見えてきた。
彼らは「可哀想な存在」でもある。

見ていて痛々しいほどに。
(そして、この言葉こそが、彼らを痛く傷つけることを知っていて私は書く。)

 

※ 以下、長々と、左翼の心を折りにいくフレーズが続きます。
左翼研究、論争の際にはかなり参考になると思います。
(ですが、本論とは余り関係ありません。)

クリックして下さい!
非常に嫌なことを書くが、私は勝ち組だ。
確かに留年もしたが、国立の四大を卒業し、東証一部上場企業に就職。
努力もした、苦労もした。だが、成果と実績も積み重ねてきた。

私は、小学校では確実にバカだった。いまだったら発達障害のクラスに加えられるだろう。(ドン2、ドン3を争っていた。)
ゆえに、大学進学では相当な苦労もした、いわゆる青春なんてない。

0限こそなかったものの、正規の授業が6限まで。
正規の課外が7・8限。(ここまで授業表に書いてある。)
非正規の課外が、9・10限であった。

ダレるからという理由で、連休は基本的になし。
羽目をはずさぬよう、元旦(1月1日)は模試だった。
私たちだって、何もなくて勝ったわけではない。
コストを支払い、灰色の高校時代を過ごして今がある。

 

リベラルは、【なりそこね】なのだ。
彼らは、「それなりのコスト」「中途半端な努力」を行い、
苦労した記憶はあるものの、成功体験をもたない。

私がお会いし、お話しさせて頂くに、
単に努力不足としか感じなかった。

いまも私生活と言えるものや睡眠時間のほとんどは「捨て去って」生きている。
勝ったやつは「思い切り」がいい。勝負時には「全てを賭ける」のだ。

彼らは中途半端に、小出しにBETし、そしてそれを失う。
失ったメダルを、自分の投資した時間を「損をした、損をした」と恨む。

自分を恨むのではなく、他者を恨むのだ。
社会が悪いとか、相手に見る目がない等。
だから勝てない、いつまでも勝てない。

 

私は違う。
敗因を「自ら」に求める。

あと、どれだけの出力があれば飛べるのか、と。
そして、その出力を得るためには「あと、何を捨てればいいのか」と。
何を炉にくべれば、それは得られるのか、と。

趣味なのか、友との時間なのか、プライベートなのか、
家族との時間なのか、あと何を捨てれば、私は「得られるのか」と。

何かを捨てて、何かを諦めて、
必死の思いで得た力だから、「より効果的な使い方」を模索する。

相手とか社会を分析するのは、ここからだよ。

 

リベラルに「闇落ち」した者との最大の違いはここだ。
彼らは、たいした努力もせず、たいした投資もせず、
負けた理由を他者に求める。

すべてを人のせいにする。
・・・なぜか?

 

プライドが高いからだ。
「自らは間違っていない」と。

そう信じるためには、世の中が間違っていることにするよりないからだ。
自分の努力不足を棚にあげ「仕方なかった」「私は被害者だ」と信じ込むために。
そもそも努力の方向すらも、明後日の方向を向いている非効率な人間もいる。

 

だ、か、ら、
左翼には「中途半端なインテリ」が多い。

そして私に負ける。
私は本物だからだ、努力して勝ち取ってきたからだ。
色んなものを諦めてきたからだ、覚悟が違う。
私は、本物のプライドをもっている。

 

彼らは、存在自体が偽物だ。
偽の誇り、イミテーションのプライド。
(同じ意味だが。)

それでも願ってしまうのだ「私は偉い」と。
本当に努力してきたやつは、自分が偉いなんて思わない。

そして、「他者からの承認」を求めない。
私自身も強い承認欲求はあるが、その対象は「自分」だ。
自分がどれだけ頑張れたのかを、自分に問うのみ。

 

まともに努力してないやつは、他者からの承認欲求が強い。
リベラルの傾向だ、だから傷をなめ合うために群れる。

私は、自画自賛は好きだ。自分で自分を認めているのみ。
だが、人から誉められることは、特に求めていない。
徹底した理系とは、自己完結なんだよ、承認フローにおいても。

 

リベラルの弱点は、見えてきただろうか。

「おまえは間違っている」と、堂々と述べてやること。
彼らは、負け組ゆえ、たいした舞台に立っていない。
ちゃんとした舞台に立った者は、「質問されること」「問われること」にも慣れている。
・・・社会的な責任を負うからだ。

 

彼らは、社会的に責任を負うポジションに、
なりたくて「なれなかった」者たちだ。
ゆえに、問うこと、詰問すること、自らの権利主張は強い。(だから出世できないんだよ、おっさん。)

つまり、彼らは「問われること」に弱い。
そんな立場になったことがない存在だからだ。

自らの過去の発言や振舞い、その主張を「過去に遡って」問われることに弱い。

 

何より、「全否定」に弱い。
彼らが喉から手が出るほど欲しいのは、欲しかったのは、他者からの承認だったのだから。

まるで誉めて欲しいだけの子供のように、「凄いでしょ?」とアピールしているだけだ。
ただし、社会とは、努力していないものを評価することはない。

彼らが「成り損ないのエリート」と言われる所以だ。
失敗作の、インテリ。彼らは決してインテリではない。

 

ボロカスに書かれた左翼の皆さん。

あんたらに言いたいことがある。
俺は、あんたらよりも「遥かにたくさんのことを諦めてきた」「たくさんものを捨ててきた」んだ。

はっきり言うが、すべては努力不足だよ。
誰のせいでもない、おまえのせいだ。

いい加減、わかれよ。
誰もお前を認めない。
今さら、光のあたる世界に進めると思うなよ?

・・・これが、本物からの言葉だ。

あー、すっきりした。

 

 

 

彼等の畏れるもの
北朝鮮が最も恐れるものを教えてあげよう。
左翼が、そして極左とも言える野党が最も恐れるものを教えてあげよう。
メディアが怖がっているものを教えてあげよう。

 

国民が、怒ることだ。
日本国民が、覚醒することだ。

世論として「敵基地攻撃能力」が議論され、
改憲の必要性を訴える国民が増え、
【左翼が攻撃されること】だ。

ここで述べる攻撃とは、殴るとかではない。
単に「間違ってるよ」と否定してやること。

 

想像以上に「ガラスのハート」なんだ。
まともに苦労もしてない連中が多い。
プライドだけは一丁前。

かーんたんに、心が折れる。

 

低学歴なのは保守じゃないよ、左翼だ。

自民党の保守議員の学歴を見てごらん。
左派なんかより、よっぽど立派だ。

東大ブランドを重用する気もないが(私は地方の国立ですし。)
最近の友人らは、東大・早稲田・慶応などなど、有名大学だらけだ。

 

彼等は、実はとても弱い。
人数もそんなに多くはない。

普通の人の声を「封殺」することで、戦略的な優勢を演じてきただけだ。
だから「あんたら、少数派じゃん」と、「民主主義で、負けるじゃん」と言われるだけで、泣きそうな顔になる。

 

彼等の畏れるものは、「国民が、敵基地攻撃能力」を議論し、改憲を口にし、
「右翼、右翼!」と狂ったように念仏を唱えても退かず、効果を失うことだ。

そして、自称インテリたちの、偽りのプライドが撃破されることを恐れる。

 

 

 

強く宣言しよう。
私は、「敵基地攻撃能力」を、我が国は保持すべきだ!と強く訴える。
憲法九条があるゆえ、「撃たれないと撃ち返せない」という運用になろう。

そのときに撃たれるのは、何も自衛官だけではない。命を落とすリスクがあるのは、貴方と、貴方の家族も同じだ。
貴方が死んでから、反撃する日本でいいのですか??

 

私は嫌だ。

かつて、これを口にした政治家は短命に終わった。
今でも散り続けている。冒頭に述べた通りだ。

だが、私は皆様を信じよう。
かつ、それで私の身がもたぬとも、この際、いい。
自分の政治生命だけで済むなら、それもまたよし。

 

私は嫌だ。

ここで口をつぐむために、政治家になったのではない。
自由に発言し、皆様に訴えるために政治の道を志した。

卵が先でも鶏が先でもいい、
とりあえず、私は斬り込みたい。

 

もうゴチャゴチャいう必要はない。

 

左翼の今までは、「間違っていた」のだ。

 

タイムアップとも言える今、私たちにはなすべきことがある。

 

それは責任を問うことだ。

 

左翼に、そして野党に、

 

メディアに、自称インテリたちに

 

「おまえたちは、間違っていた」と、

 

日本人が、強く声に出すことだ。

 

敵基地攻撃能力を、我が国は保有すべきだ。

 

憲法九条を含め、改憲が必要だ。

 

それが左翼の最も恐れること、である。

 

いまこそ、国民世論を喚起すべき時。

 

「敵基地攻撃能力の保持が必要」「改憲すべし!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

29 Responses to 敵基地攻撃能力を保有すべきだ!

  1. medakanoon のコメント:

    敵基地破壊能力の保持すべきだ!【必要だと思ったらシェア】 ごちゃごちゃ述べるまでもない。”敵基地破壊能力”を持つしかない。 撃たれる前に、発射施設を叩かねば、日本国民を守る術はない。どんなにミサイル防衛

  2. ひかりちょういち のコメント:

    かつてのどこかの新聞が「1発だけなら誤射かも知れない」と書きました。日本から某国にミサイルを撃っても1発だけなら誤射かも知れないからOKですね。誤射だから憲法にも違反していないし、先制攻撃にもならないよなー。棒。改憲は間に合わなくても、防衛費を増額させるのは政府の意思と国会の承認があればすぐ出来ると思います。GNP1%枠にとらわれている必要は無いと思います。

  3. 東京都56歳 のコメント:

    日本国民として、
    怒っています。
    激怒しています。

    サウスポーメディアには、
    「まあまあ冷静に」的な、
    サウスポー発言が散見されますが・・・

    馬鹿野郎!
    これが落ち着ていられるかってんだ!
    てやんでえ!べらぼうめ!

    あ、
    逆に、
    冷静さを失ってしまいました。
    失礼しました。

    • のコメント:

      横から失礼します。
      まあまあ冷静に。
      これはですね、言われる側と同じか、この人なら本来私より怒ってもいい、怒るべきという立ち位置というかベクトルというかを持っている人が言うから貴方が言われるなら…と退くもので、
      相手や相手寄りの存在に言われるのは火に油を注ぐ行為でしかない。
      それがわからない左翼テレビには困ったものです。
      いや、むしろその方がちょっとは怒ってる程度の人が本当に怒り出すからかえって国のためでしょうか。

  4. Tanaka のコメント:

    敵基地攻撃能力だけでは不足ではないでしょうか?
    敵国の首都、主要都市攻撃能力も必須だと思います。
    基地が幾つか壊れたところで、攻撃判断を下した政権担当者自身は
    無傷で済むからです。

    更に、核弾頭投射能力も必須でしょう。
    核弾頭の保有の是非はともかく、必要とあれば任意の場所に
    攻撃が可能なIRBMなりSLBM等が必要でしょう。

    他国から、『日本は核弾頭の製造が可能』と判断されている訳ですから
    あとは任意の場所に投射できる能力が具体的な形で存在すればいい。

    小惑星探査機『はやぶさ』のカプセルを目標地点である
    ウーメラ砂漠に、予定通り落着させた事からも
    任意の場所に投射できる能力自体は証明済みですから。

    敵基地攻撃能力以外に必要だと感じるのは
    他国に対する賠償請求や他国人の強制国外退去ですね。
    いつまでも、遺憾の意で済ませてるので舐められてる。

    他国の行動により、日本が危機に陥るなら
    他国にも相応以上のリスクを払わせるべきです。

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    > 私は、「敵基地攻撃能力」を、我が国は保持すべきだ!と強く訴える。
    > 憲法九条があるゆえ、「撃たれないと撃ち返せない」という運用になろう。
    > そのときに撃たれるのは、何も自衛官だけではない。
    > 命を落とすリスクがあるのは、貴方と、貴方の家族も同じだ。
    > 貴方が死んでから、反撃する日本でいいのですか??

    上記の言葉は、本質をコレでもかって程に突き上げています。
    故に、おパヨク様が一番嫌がる言葉とも言えるでしょう。

    何故、本質を突いた言葉であるかを理論立てて記すと、軍と言うものはその性質上「殺す事よりも、生き残る事を最優先する」組織だからです。
    これは多くの日本人が持つ軍のイメージとはかけ離れた事柄でしょう。

    生き残る為の手段の一つとして敵の殺傷も厭わないだけで、殺傷自体が目的ではありません。(※共産ゲリラ等を除く)
    そして生存を掛ける対象設定によって、犠牲になるかどうかが決定される組織です。
    国民、国家、軍、隊の何れもが生存対象となり得る戦争、事変の初期段階や優位な戦況が維持出来ている場合には、基本的に隊員の存続も確保されています。
    これが不利な戦況になるに連れ、生存対象が国民、国家、軍と絞られ、隊の犠牲を容認せざるを得ないと判断を下すのです。
    つまり、軍は自らの手足を切り落としてでも国民、国家を守ろうとするのです。

    因みに先の大戦で日本軍があそこまで戦闘を維持し続けたのかを、現在の感覚で述べるおパヨク様は【なり損ねのエリート】だからこそ出来る事であって、指を差して嘲笑っても問題無いでしょう。

    現在でこそ欧米人からも「日本は非常に進んでいる。我々は何をしてるんだ?」などと言う自虐的な意見が多く見られますが、これはあの大戦以降、特にインターネットが世界に普及してからの極めて新しい価値観と言えるでしょう。
    戦国時代には黒人を武士に起用していた日本に対して、米国などでは明治期に於いても黒人を娯楽の一環として女子供関係無くリンチし殺し、その殺した黒人の死体を木や電柱に吊り下げては、その死体を写真に撮って絵葉書にして土産物にしていました。
    殺した黒人の死体を木や電柱に吊るした様を「奇妙な果実」と呼んでいたのです。
    その事実を知る当時の日本人の危機意識は現在の日本人のそれとは比べ物にならないもので、故に旧日本軍は生存対象を国民、国家迄絞って戦争を遂行したのです。

    1945年当時の日本の人口は約7,200万人に対して、当時の兵力は陸海軍合わせて600万人程でした。
    人口比にして8%が戦力であったにも関わらず、国民と国家迄しか守れなかったのです。
    これに対し現在の日本の人口は約1億2,700万人で、自衛隊は陸海空、統合幕僚監部等合わせて22万人程、これに防衛省職員、予備自衛官、即応予備自衛官、防衛大生等定員外の約9万人を合わせても23万人程の兵力しかありません。
    人口比にして0.1%の戦力しか保持していないのです。
    しかも上記は双方共に後方支援部隊を含めて単純計算した数値なので、前線戦闘部隊に絞れば上記よりも少ない値が弾き出されます。

    兵器の進化により、戦闘形態や軍の運用が大東亜戦争当時とは変化していると言っても、この戦力は極端過ぎるのです。
    つまり、いざ有事が勃発すると、早々に自衛隊の存続を放棄して、いきなり国民の生存に絞った戦争になり兼ねないのです。
    言い換えれば、いきなり国民が矢面に立つ戦争になる事を示唆しています。

    軍人は”生き残る術”を第一に叩き込まれたエキスパートなのですが、現在の日本はそのサバイバーエキスパートが大変少ない為、非常時には多くの国民は自らの能力によってのみで自ら生き残る事を余儀無くされていると言っても過言では無いでしょう。

    亦た、現自衛隊は「軍では無く、行政機関だ」とも言われています。
    最近も反日野党が日報云々で喚いておりましたが、そんなものは「おまエラに開示する必要は無い」と言いたい。
    自衛隊を取巻く法環境は余りにも制限が多すぎて、巧遅拙速を求められる非常事態に於いても「やれ、あの申請書が・・・」なんて、モタモタせざるを得ない状況にあるのです。

    本当に平和を維持し、生き残りたければ、自衛隊をサクッと日本軍に改変してしまうに尽きます。

    非常時には上級おパヨク様は逃亡し、自衛隊に次いで犠牲になるのはお花畑様です。
    上級おパヨク様は逃亡直前には必ず、お花畑様を捨駒に利用します。

    平和を唱えつつも「間違っていた」事を証明するのは、お花畑様である事を断言しておきます。

  6. のコメント:

    なるほど…そういえばそうだと思います。
    安倍総理はいくらテレビや新聞に理不尽に叩かれようと、あらぬ罪を着せられようとも耐えており、「国民のために」「(憲法改正等)目標のために」を貫いてます。
    が、民進党、共産党などの議員はネットで事実を書かれただけですぐネットを規制するだの、圧力をかけるだの、法的措置を取るだのと…要は保身に走る、攻撃しようとしますからねぇ。
    勉強になります。

  7. たつまき のコメント:

    おっしゃる通り。 武術の達人でも銃を持った人に撃たれたらやられます(殺すか負傷させるか脅す程度にするかは後者のさじ加減)。 政府及び国民はどうしたら良いか真剣に考えるべきですね。

  8. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    日本人はもうゴミメディアにより腹を括らされてますよね、話が通じないとわかってる相手に、対話を望む姿勢の強要されて。
    小坪先生もストレス溜まってるのでしょう…でも危機感啓発は有難いのでどんどんして頂きたいですが、先生だけで全部背負う必要もありませんよ。
    そして小野寺先生も流石ですね。

    【日本語分かりますか】伊波洋一議員「沖縄見下す差別的発言」⇒ 小野寺防衛相「何度も危険だと話しても伝わらなかった末の発言」(国会動画)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51979758
    43: 名無しさん@涙目です
    ネトウヨでは「中国が沖縄を侵略する」は最大の宣伝文句だが、1372年に中山王・察渡が泰期を明に派遣して以来、明・清と琉球と友好関係は500年続き、今日まで中国が沖縄を侵略したことはない。中国では世界一の大国に向けて国内改革が進行中。 pic.twitter.com/GqQDZZUJ1e
    ・ 伊波 洋一 (いは よういち) (@ihayoichi) 2015年7月4日

    ちゃんと日本語わかるアルヨ

    45: 名無しさん@涙目です。(
    >>43
    マジもんですやんw

    64: 名無しさん@涙目です。
    意思疏通が出来ないんだから、「日本語が通じるか」確認するのは当たり前だろ

    税務署を私物化した民進議員の『人類最悪級の黒歴史』が暴露された模様。色々な意味で最低すぎる
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50502770
    20:あなたの1票は無駄にな
    wiki見たら、この人、奥さんがNHKの看板記者なんだな。
    民主党政権で厚生労働大臣をやってた小宮山洋子もNHK幹部だったし、
    NHKは民進党とつながりが深いんだな。

    29:あなたの1票は無駄になり
    国会議員もクソだが税務署もクソ
    クソとクソとのやりとりとか
    マジでたたきのめしたい気分だわ
    特に岸本周平コイツは自分のことだけ優先とか
    国民は平等なんだよこんな事もわからんのか
    もう国会議員とかやめろ

    税務署署長やってて相続の申告書も書けないんだったら経歴に載せるな。この無能

    なんか話がいろいろおかしいなあ?
    本当ならこのノーパンマンが狂っているんだな。
    ああ民進か。なるほど。

    ※5
    長年税務署に勤務するとそれだけで試験免除で税理士になれるという
    謎の制度がいまだにあるんだよなぁ。
    税理士が税理士に頼んで申告なんて恥ずかしいよなぁw

    おいおい、米5の書いている通り相続税申告書は税務署が作成するものじゃないぞ。
    このおっさん議員特権使って、無理やり税務署に申告書作成させたのかよ。
    これって大問題だけど?

    日本企業の対韓技術供与が『無残すぎる結末を迎え』専門家が激しく憤る。無理解が壊滅的被害を出した
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50502772
    9::2017/08/29(火) 11:18
    組合員が支持基盤の政党が自らの政策で組合員を減らすあほな政策だった

    28:(´・ω・`)(`ハ´
    自業自得の甘さがあるとはいえ
    シャープと東芝は下朝鮮に謝罪と賠償求めていいレベルw
    詐欺と卑劣で盗んだ技術に粉飾決算までしても潰れそうな
    サムチョンじゃたいして払えないだろうけどw

    57:(´・ω・`)(`ハ´
    日本が派手に落ちぶれたから認識が追いつかない人がいるのは当たり前と言えるだろうな

    韓国SKの東芝買収が『想像を絶する斜め上展開』を迎えた模様。滅茶苦茶な言い分に日本側困惑
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50502788
    16:(´・ω・`)(`ハ´
    どこに売るかは東芝の自由

    77:(´・ω・`)(`ハ´
    >>19
    > 出資を渋ってるうちに、法的優先権が切れた為に、WDに交渉を
    > 切り替えたんだよね。
    > 自業自得。

    びっくりするくらい全く違う。
    決定的な出来事はこれだよ。

    東芝買収に乗り出したSK、オリックスと提携へ
    http://japanese.joins.com/article/734/229734.html

    東芝メモリの売却遅延、SKハイニックスの議決権要求が理由?
    http://japanese.joins.com/article/896/230896.html

    46:(´・ω・`)(`ハ´
    SKの方こそ最初は融資だけとなってたのを突然「出資させろ議決権よこせ」と言ってきただろ

    【東京】墨田区長も追悼文送付取りやめ 関東大震災の朝鮮人犠牲者
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8936745
    19: (´・ω・`)(`ハ´
    これが未来志向なんだよ。
    チョンのように過去に拘泥し、末代まで祟ってやるという態度ではダメだ。
    チョン自身もわかっているはずなんだがな。損なんだよ。

    26: 2017/08/30(水) 14:53:0
    >>1
    墨田区は朝鮮人に避難所に放火されて火災旋風で相当死んだので当然。

    67: 2017/08/30(水) 15:56:
    追悼そのものは平等に扱えばよろしい。
    殊更に朝鮮人を意識した追悼など必要ないってことだろう。
    そんなことをしたらそれこそ人種差別だ。

    「義を見てせざるは、勇無き也」
    墨田区長は男だね

    22年間逮捕されなかった殺人犯「事件の体験談を推理小説にしたろ!主人公の性別変えればバレないだろ」 → 文学賞受賞&逮捕
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52189562

    やっぱり犯罪者は反省しない

  9. 月光仮面 のコメント:

    敵基地攻撃は何ら問題はありません
    それよりも
    竹島 尖閣 四島を 自国のものと言う事は侵略しているのです
    ましては その国の教科書に自国領と書いた時点で侵略されているのです
    そして 竹島は裁判をかければ解決します それなのに しない
    ましては 尖閣 は今 歴然として侵略を受けています それなのに
    遠慮して何にもしない 恫喝におびえて逃げて行く犬そのもの
    国は 絶対に 国民を守っていません
    陸上型イージスでもサードでも 出て来た時点で配備するべきこと
    敵基地攻撃する事
     いいですか
     みなさん
     敵基地攻撃は
    自衛隊を守ることに成るのです それゆえに 国を日本を守れるのです
    国は真剣に国を守るべきなんです 今すでに 東シナ海にチャイナは
    封じ込めていなければいけないのです 日本を侵略すると言っている以上
    するべきなんです
    守るつもりは無いという事は
    尖閣や沖縄に機雷封鎖することが出来るか
    おそらく しないと思います
    勇気がないのだと思います
    機雷を落とす勇気が無いのではない
    チャイナから違反されることが
    怖いだけなんです
    これで 日本を守れるはずがない

    足を広げて 片手に 刃物を握り
    ゆらゆら歩いてくる チンピラが
    おい 金を出せ つれている姉ちゃんを
    よこせ と言われないように
    隅を逃げるように歩いてゆく
    姿こそが日本ではないでしょうか
    それが 証拠に 靖国に行かない
    あは 特攻隊で行った人たちは
    こんな 日本のために行っては
    居ないと思います

    空母4(軽空母で良いあしが早いやつ) 潜水艦50
    最低でもこれだけ必要ですね 

  10. 波那 のコメント:

    サヨクって日本のことも国民のことも何にも考えていませんよね。やっていることは自分達擁護です。国民に注目され、自分達がオピニオンリーダーで大衆を率いているといい気分にされていたい。

    ホラね、俺達の方が遥かに上の人間なんだからと思い込めることにのみ傾注してるように見えます。国家観など、どうでも良い、国の将来など考えるに値しない、ある日突然領土が爆撃され国民が命を落としたらサヨクは黙り込んでしまうだけなんでしょうね。

    昨日開かれた衆議院安全保障委員会で、あの数時間も女性官僚を恫喝し続けたパワハラ議員、タクシー泥酔トラブルを起こした議員、民進党の後藤祐一が「総理が北朝鮮がミサイルを打つ前から分かっていたのはバレバレじゃないですか」と言ったそうです。 要するに総理の非常時対応が余りに早過ぎたのは怪しいと非難したわけです。後藤議員は日本が監視衛星を飛ばしてるのはご存知ですか、不穏な動きがあれば米軍や自衛隊から総理に報告される機密システムがあることをご存知ですか。先日19日にも日本版GPS 衛星「みちびき3号」を搭載したH2A ロケットが打ち上げに成功しました。GPS の機能が従来型の誤差10メートルから5センチに精度が上がるそうです。

    ということで総理が前日から公邸に宿泊していたのは何故か分かったでしょうか。北朝鮮ミサイル発射についての批判は一切なし!

    記事にはノーパンしゃぶしゃぶ接待の岸本周平議員、閣僚をを自殺するまで恫喝し続けたあの議員のことが書かれていました。あなたのことです!蓮舫さん。
     ↓
    ttp://netouyonews.net/archives/9642873.html

  11. お焼き県民 のコメント:

    市議のご意見、我が意を得たり!!!! (でも睡眠は削らないで下さいね。脳卒中になりますから。)

    月曜日の朝、お焼き県にて大雨警報と同じメロディで鳴った、72年ぶりの空襲警報に驚いて、一番窓から遠いトイレに立てこもっている間、イライラムカムカしてましたもん。

    日本に主権がないから、核兵器保有国に囲まれ、常に船舶で航空機で領空領海を敵にウロチョロされ、珊瑚だの魚だの盗まれていても、日本は反撃できない!

    核を持っていないから、現に侵略されかかっている!!

    主権がないから、自衛隊が軍じゃないから、黒電話父に拉致された日本人、いたいけな女学生だった横田めぐみさんを含む同胞すら奪還できない!!!

    主権がないから、ミサイルが着弾して、日本国民が死んでからじゃないと動けない!!!!

    そんな馬鹿な事があるか!!!!! 先制敵基地攻撃能力があってしかるべきだろう!!!!!!

    おいダメリカ!!!!!!!
    お前がヘタって日本国民が死んだらお前に怒りの矛先が向くぞ!!!!!!!!
    とっとと黒電話の首挙げろや!!!!!!!!!

    と、トイレの中でイライラムカムカしておりました。

    結果は、ミサイルは「日本上空を通過。」

    だそうですが、例によって我が国は遺憾の意砲しか撃てませんから、「積年の恨みを晴らしたぜひゃっほーーーい!」と黒電話は喜んでいたそうです。

    いいっかげんにしろ。市議のブログは色々な方が閲覧していそうだから、日本を愛する一日本国民として書きますけどね。

    このままだとアメリカ、北朝鮮ないし未来の日本から、核攻撃されますよ。

    中国、ロシア、アメリカに告ぐ。寝た子(日本)を起こすんなら、相応の覚悟、しとけよ。 
    なにせ、核爆弾2発までは(日本は食らったから)ダメリカにブチ込んでも許される。

    って世界の皆さんは、ギャラリーは、アメリカ以外の国々は、そう思ってますからね。ダメリカさん自身もそう思ってるから、日本が怖くて仕方ないんでしょ?
    長崎にまで落として、クリスチャン焼き殺してくれたしね?
    ダメリカさんだって、因果応報からは逃れられないからね。いつまでも右肩上りで敵無しな国家なんて、有史に存在しないんだから。

    あ、アメリカだけじゃないな。ロシアの首都も、中国の北京も、メルケル婆のドイツのベルリンも、ぜ〜んぶ、核で木っ端みじんにされますよ。
    資金・技術協力した側だから、我々だけは大丈夫!なんて思ってる?
    やーいばーか、朝鮮人が約束守るなんて考えてるだなんておめでたいね。
    うそつき民族が約束なんか守る訳ないだろ。いい加減、学習しろ。
    金になると知ればムスリムにも、テロを起こしたい少数民族にだって、朝鮮人は核を流すさ。
    基地外に火を渡したら、どうなるか身を以て知るのも良いけどね。

    わたしは女だが、侵略者には徹底して抵抗する。日本人を、舐めるな。

    • ぽのかのぽん のコメント:

      う・・・うん。(;´Д`)

      気合入ってますな。(;´Д`A “`

      こういう見識の高い人がいるのは心強いです。(*≧ω≦*)

  12. 田中 基博 のコメント:

    「死ぬ、死ぬかもしれない」ではありません。
    「殺される、殺されるかもしれない」です。

  13. メルモ のコメント:

    こんにちは。早速、FBで共有しました。これ以上、9条真理教の云事なんて聞いていられません。日本の意思が試されています。

    一昨日から、官邸にメールをして、一刻も早い国防軍の設立、憲法改正を訴えています。
    日本人は、目覚めないといけません。日本人のようにいい人ではありません。どんな手段も択ばない人たちです。

    今日も、官邸にメールします。
    とにかく、安倍総理を支えます。

  14. 大和しうるはし のコメント:

    『首相官邸メール』、『各府庁への政策に関する意見・要望』、
    『各政党のご意見募集フォーム』で、国民は声を上げよう!
    多くの人が実行しています。ネットの片隅に書くよりも、はるかに効果的です。

    日本は法治国家なので、デモをするより政府にメールを送る方が効果があります。
    政府は国民の意見を非常に気にしているそうです。
    「自民党保守の国会議員、青山繁晴さん」が言っておられました。

    ●『首相官邸メール』
    現代の目安箱ともいえるシステムで、国民が自分の意見を直接政府に伝えられる手段です。フォームから誰でも簡単に送信できます。
    https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

    ●『各府庁への政策に関する意見・要望』
    このフォームでは、意見・要望を関係各省庁へ一括で送信することができます。
    各省庁の職員の方に一人でも多く伝えたいと、要望内容と無関係と思える省庁にもチェックを入れて送信することも多々有ります。全部チェックすることも多々有り。
    https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

    ●『自民党へのご意見』
    特定の議員、または全自民党議員へ、など要望内容により宛先を選択できます。
    https://ssl.jimin.jp/m/contacts?_ga=2.245615554.774773906.1495782216-1653704407.1495782216

    ●『民進党・あなたのご意見をお寄せください』
    これは最初に「自分のメルアドを送信する必要」があります。
    【「ご意見、ご感想」入力用URLをメールでお知らせします。】ということで、
    気軽に意見を送れる、という感じではないですね。。。
    https://www.minshin.or.jp/form/contact/request

  15. ダステン のコメント:

    敵基地攻撃能力を持って敵基地を攻撃できても、核で反撃されたら対応できません。だとするとすべきことは他にもありますね。むろんそこに至るまでにはもっとすべきことがあるますが。

  16. テロ指定共産党 のコメント:

    北朝鮮の狙いは、日米同盟の離間だろ。

    口先だけで、パフォーマンスだけの米国に苛立つ日本の図式かね。

    中国とロシアにとっても、願ってもない流れだな。

    米国にすれば、日米同盟も日本を護る振りして、防衛予算を搾取するみたいなものだしね。

    日本はカネづるなんだよな。稼いだカネは国外へ流出するから、国内は貧困化が進むだけの構造になってる。

    今までは、中流意識で平和だったから、危機意識の欠片も無く生きてこられたが、ボーナスタイムも終わりが近づいたようだ。

    安倍総理の目付きが厳しいよね。ヤバいのかもしれないな。

    小坪氏のエントリーを読み、涙が出そうだったよ。本気が居たんだとね。

    戦後70、ぬるま湯に浸かり英霊を疎かにしてきた多くの国民に助かる権利は有るのかね?

    70年の平和は世界を見れば奇跡的な時間だよ。それを傍受できただけでも幸せな時間だ。人類平等を謳うなら、再び苦しみを受ける順番が来たのかもしれないな。

    国を動かすのは、政治ではない。国民の強い意思だろ。

    苦しみを受け入れて国を護るか、いまのままで失うかの選択は国民一人一人の魂にある。

    「大和魂」が、まだ残っているのかな・・

  17. 旧新人類 のコメント:

    ネズミぱよく(自称リベラル知識人)については、小坪先生の仰る通りです。自称リベラルのくせに、一部の専門家以外(その専門家も、カルト脳化しているが)は、ジョン・ロック、アダム・スミス、JSミル、ルソーその他リベラル思想の基本的な教養もないうえ、マルクスもろくに読んでいません。そして、繰り出してくるのはソースも怪しいゴシップおよびファシズム(体制)vsリベラル(反体制)の飽き飽きする二項対立ばかり。なので、議論するとすぐボロが出ます。そして最後には「人間なんてそんなものだ」とか、「人間は矛盾に満ちているんだ」とか開き直ります。あと、「中国の共産主義は真の共産主義ではない」という小学生の屁理屈みたいなアホ主張も聞いたことあります。まったく何のために生きているんですかね。人生空しくならないのでしょうか?

    というわけで、ネズミぱよくなんかちっとも怖くないですが、それよりも実際に日本にミサイルを向けている敵国が一番の脅威です。邪魔なネズミぱよくをなぎ倒し、一刻も早く敵基地攻撃能力保有&新型兵器開発(レーザー兵器など)&サイバー攻撃対策の強化など、日本がすべきことはたくさんあります。そして理系でない国民も、ある程度理系的な知識を身に付け、物事を客観的・合理的にみる訓練をした方がいいです。そうすれば、不安や恐怖心を煽る悪質なカスゴミに乗せられることも回避できます。そのためには、当然努力も必要です。楽して安全に暮らしたい(暮らせる)という時代は終わりました。

  18. cat のコメント:

    >敵基地攻撃能力が必要だ。

    もう、この一言に尽きますね(・∀・)前面賛成です

  19. じゅげむ のコメント:

    「敵地攻撃能力を持て!」
    お説、ごもっともです。よくぞ勇気を出して発言して下さいました。
    並大抵の覚悟ではないことと拝察しております。
    それについて、一言蛇足ながら付け加えさせていただきたいと存じます。
    実際に、必ずその能力で【適地を攻撃せよ】ということです。
    (ひょっとして小坪先生も、このことを内心に秘めてではありませんか?)

    アメリカは、これ以上北朝鮮が軍事力を増強させることを望みません。
    しかしあの国は、10年、下手をすれば5,6年以内には、確実に米国全土に楽々と到達できる、核ミサイルを開発できるであろうことは想像にかたくないのです。
    では、アメリカはどうするか?
    かならず、空爆などにより徹底的に北朝鮮の軍事力を奪いにいきます。
    しかも諸般を勘案すると、早ければ今年の秋から遅くとも、この2,3年のうち、自分が政権にある間で、北朝鮮の親分たる中共の軍事力がこの程度のうちに、しかも同盟国である日本のトップが信頼できる安倍総理であるうちに、というのがトランプの胸中に秘められた決意だと思います。

    では、その時日本はどうするべきか?
    当然、敵地をアメリカ軍と共に攻撃するのです。
    決して、兵站の協力とかの資金援助などでお茶を濁してはいけません。
    「自衛隊による戦闘への参加」これにつきます。
    このことが実行できなかったら、我が国は世界中から「腰抜け」呼ばわりされ、さげすまれるでしょう。結局、金を持っているだけなのだ。いざとなっても自国民すら護れないで、アメリカの陰で震えて居るチキン野郎なのだと。
    世界中につちかってきた日本の信用が一朝にして無に帰してしまいます。
    これを一番喜ぶのが中共、北朝鮮そして韓国であり、一番深刻な影響を受けるのが日米同盟です。そうなってしまうと、今後自国の安全保障に対して能動的にコミットできない、アメリカ様の意向に添うだけしかできないみじめな地位にけり落されてしまうのです。

    そう、今の韓国の立場がこれですが、それだけではありません。有史以来どんな国であっても、国防がおろそかにした国は亡びてしまうのです。
    ご存知でしょうか。「カルタゴの悲劇」を。紀元前250年前地中海に覇を唱えていた大国が、第二次ポエニ戦争に負けて、戦勝国から武装解除させられ、戦後の復興を貿易一筋で見事に成し遂げ、戦後賠償もきれいに払い終えたにもかかわらず、その経済力をおそれられたローマ帝国によって滅ぼされてしまいました。
    滅ぼされる直前、そのカルタゴの愛国者であるハンニバル将軍は祖国の危機を市民に訴えましたが、平和ボケしたカルタゴ市民は耳を貸そうとしませんでした。
    それどころか「ハンニバルは戦争しようとしている。」と中傷するものさえ現れ、最終的にはハンニバルはローマに洗脳された者たちによってローマに売られ、自殺にまで追い込まれてしまったのです。

    この亡国の悲劇は、遠い過去の他国の話ではありません。今、目前に起こりつつある重大な国家危機なのです。
    今回のこの国難はまさに、我が国自体が国家の存立危機に立っているものと認識しなければなりません、専守防衛だけでは守られないのですから。
     反日マスごみの攻撃を恐れ、身をひそめておられる我が国の国士たちよ!
    敵地攻撃能力の保持を、さらには憲法を改正することによって、自国の安全保障をより確実なものにしていく具体的な議論が必要になってきました。
    今こそ、立ち上がれ。声を挙げよ。それぞれの立場において為すべきを成してください。

                                     長文多謝

    • のコメント:

      横から失礼します。
      ハンニバル追放の酷いところはザマの敗戦と暗殺の間にハンニバルが上級の行政官になってカルタゴ経済を再興させているという中間がある点です。
      ますます、どこかの島国のようです。

      逆にローマのカトーは関係ない演説でまで締めにカルタゴ滅ぼすべしと訴えていました。
      我々はカルタゴ脱却を目指し、逆に現代のカトーを政治的・社会的滅亡に追い込まなければならないのです。

  20. 豆鉄砲 のコメント:

    全く、その通りだと思います。

    小坪先生のお考えに、全面的に同意します。

    より多くの国民が、殺される前に、目覚めることを祈ります。

  21. 端くれ◯◯ファン のコメント:

    2015年のとあるアーティストの投稿にコメントして以来、今日迄blogを拝読させて頂いる者です。
    敵基地攻撃能力保有、大賛成です。
    加えて今まで過剰と考えていた核武装ですが、29日の一件でこれは必要な物だという考えに変わりました。
    『報復』という名の抑止力の保持。具体的には多弾頭のSLBMが運用可能なミサイル原潜の保有です。
    『手を出したら貴様の国を草の根一本残らず焼き尽くす』
    寂しい考え方だという思いも強いですが、事が起きれば大勢の人が亡くなります。その時犠牲となるのは自分や自分の家庭・家族かもしれません。
    敵基地攻撃能力にしても敵方の先制攻撃により無力化される懸念があります。その点、ミサイル原潜であれば反撃する力を喪失する懸念が小さくなりますし、相手に攻撃そのものを断念させるだけの抑止力となり得ます。
    もっとも自暴自棄になっている相手には破滅的な結果をもたらす抑止力だとしても通用しないのかもしれませんが…。

  22. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    ひどいものですね、日本内にこういうのが存在している事が…

    民進・白眞勲「Jアラート、SIMフリーの携帯への伝達は?」奥野副大臣「利用者が勉強して頂いていればアプリで〜」白「勉強してはまずい!撤回を!」(国会動画)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51986045

    作家・島田雅彦「PAC3に大金使うより、金正恩に金払って日本を射程から外してもらう方が安上がり」→大炎上
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1938074

    英BBC「第二次大戦における役割への“罰”として平和憲法が起草され、主権回復後も日本が軍を持つ事を禁じた」(動画あり)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51985712

    在日コリアンも複雑 「自分のルーツは北朝鮮。対立が続くのはよくないと思う」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8937730

    【内政干渉】沖縄タイムス「辺野古の抗議集会に韓国ポチョン市から議員や市民約60人が来ました。市民らは『共に頑張ろう』と歓迎しました」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51984154

    海上保安庁、違法操業の北朝鮮漁船に放水 日本海EEZ 写真を公開
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51984897

    本当にお疲れ様です

  23. 腸煮えくり隊 のコメント:

    先生、こんばんは。
    今日は一段と気合が入っておられる様で、失礼ながら思わず笑ってしまいました。
    誰も言えなかっただけで、先生のおっしゃる事が国士の本音です。

    日本人の心には「公(おおやけ)」という考え方が受け継がれています。
    自分も相手も大切にするというものです。
    これは、お互いが気持ちよく生きる事が出来る様にする為の考え方だと思います。

    現在の世界は、国や国民問わず、自己中がまかり通っています。
    これは即ち、「自分を大切に扱って下さらなくて結構」と相手に伝えている様なものです。つまり、公の心の放棄に値します。

    その様な輩に対しては、公の心は通じません。キャッチボールにならないからです。
    我々が取る対応はただ一つ。
    「ほほう、随分と張り切っておりますな。いやあ、最近運動不足でしてな」と言いながら、眉間に斬りつけてやる事だと考えます。

    最近、「人とは何の為に生まれてきて何を学んで還るのか」とよく考えます。
    その為に「如何にあるべきか」と問い続けていたところ、縁あって、新渡戸稲造先生の書物に出会う事が出来ました。
    この様な方ですら、生涯をかけて「人として如何にあるべきか」と精神の修練に励まれており、私共では言わずもがな推して知るべしと痛感した次第です。

    読み進める内に、まるで新渡戸先生から直接学んでいる様な気持ちになりました。
    納得できる所も出来ない所もありましたが、そこには、本来我々日本人が持つ大切な心が書いてありました。

    そのままの自分で良し。気負ったり気取ったり、気張ったりする事無く、常に自分を振り返り顧みて(これを反省と呼ぶ)精進に励む。
    他人を思いやり、慮り慈しむ心を僅かでも良いから持てる様に心掛けること。
    これこそ、ご先祖様から受け継いできた「日本という国そのもの、かけがえのない宝物」だと思います。

    今は、何か事があると「金・学歴・地位・名誉・勝ち組負け組」などと他を見下し蹴落とす様な対立を煽る事ばかりが世の中に溢れています。

    つまり、死んだら残らない物でしか自分を飾れないと白状しているのです。
    だからこそ、心を磨いている人間に憎悪を向けるのでしょう。

    左翼共はまさにこの典型で、国の未来を想う国士に、これをぶつけるのです。
    戦友達の大和心を踏みにじられた先生が怒るのも無理はありません。
    戦後70年、命と同じ位大切な心を踏みにじられ続けた日本人皆の怒りであります。

    敵地攻撃能力も然り、行き着く先は、全世界の国民(特亜三国除く)が連合軍となって、世界の対立を煽る輩を叩き潰す事であると考えます。

    自分の生活、自分の未来。これを考えると必然的に子孫の未来に考えが向きます。
    自分も子孫も「あぁ?楽しかった。良い人生だった」と思える世の中とは何かと。

    今のように、何かに追われ、眉間に皺を寄せて、早歩きで生活する様なものではなく、国と国民に柔らかい雰囲気を纏える未来を作りたい。
    子や孫が太陽の温もりの中で笑っている。そんな様を見ながら自然に還る事が出来る世の中にしたい。

    自分達が最高の人生を歩む為に力を尽くす事が、必然的に国の未来を作り、子孫たちの笑顔に繋がる。これ程、命を懸けるに値する事もありません。
    まさに、相手にとって不足無しであります。

    日本が日本であるために、そして世界がまた一つ殻を破るために必要であるのが戦ならば、その為の備えには大いに賛同致します。
    日本人よ、日本人であれ。世界よ、健やかであれ。

  24. 葉隠 のコメント:

    本当に腹立たしいです。

    メール送りました。リンク貼って下さった方、ありがとうございます。

  25. ピンバック: SC81高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸|ブルブル速報その8|ガタ速別館

  26. のコメント:

    左翼とは何か、共産主義とは何かを考えたらそこにはエリートになり損ねた敗者がわきますね。
    健康で文化的な最低限の生活保障は必要ですが、それを超えて結果の平等を求めるものは自分が上に登れないから削って平らにしろというルサンチマンでしかありません。
    純粋な提唱者やお花畑支持者がどんなに真心を持っていても構造的に蟲が涌きます。

    ついでにいうとシナや南北朝鮮の伝統・主流の思想たる儒教、殊に朱子学もそうです。
    文化的に優れたはずである自分たち漢人や朝鮮人がモンゴル人や満州人に征服されることへのルサンチマン。
    そのシナ社会や朝鮮社会の中においても儒学を極めたはずの自分が重用されないことへのルサンチマン。
    そして根源を辿れば孔子自体が伝承ではそれなりに出世したことになっていますが、現実にはまるでだめなおっさんであったことが論語にも書いてあります。儒教自体がルサンチマンどもの思想。
    日本で思われているような親や年長者を大事にしましょう、偉い側の人も周りに応えて大事にしましょうというのは例によって和式改造思想です。確か、福沢諭吉先生がシナ朝鮮式の二十四孝についてもこれは駄目だと反二十四孝を論じたものもあったかと思います。儒教があるから日本と近いというのは大間違いであちらの本流とは別物の思想、伝統であると考えねばなりません。

    長くなりましたが、内にいるのも外にいるのも日本の敵は心魂の根本からルサンチマンがニンゲンのガワを着て歩いているようなものであります。
    であるからして、小坪市議の指摘の通り、彼らには自分の不様さを認識させてやれば良いのでしょう。

    問題は、敵基地攻撃能力の議論と実際の配備が間に合うのかですね。
    今夜も北からの逃亡兵が出ていつ朝鮮戦争が再開して難民という名の偽装テロが押し寄せてもおかしくないのに。

葉隠 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください