【沖縄を知ろう!】とことん現場主義、メディアを介さぬ情報【行ったほうが早いと思ったらシェア】


 

 

ネット世論はメディア批判をしつつも、結果的には報道をあてにするところがある。
可能な限りニュースをソースとせずにBlogを書いてはいるが、恥ずかしながら私もその一人である。報道を“一次ソース”という方もいる。だが、そのアルファベットの羅列は、厳密に言えば「事実かはわからない」のだ。

「現場」を記事にする際に、すべてが示されているわけではない。
情報を伝達するにあたり、削ぎ落していく過程があるのだが、それは記事からは読み取れない。記者の考えも入る、社風もある。

公式の、例えば行政発表などであれば(記事の)事実の部分は信頼できるだろう。
ただし、特に政治家の発言などの場合、印象操作と批判すべき事例は多々あった。
メディアが“一次ソース”ならば、我々政治家の発言や行動、それらは“零次ソース”と称されるべきだろう。

本日、那覇市議選、投開票。
県庁所在地の市議選、つまり県内で一番大きな市議選。
極めて高いハードルに、僅か三か月の準備で突入した大山候補。
スタートの時点から苦戦は覚悟、その運命や如何に。

開票結果は、候補者が約70名(定数40)もいるため、結果がわかるのは真夜中になる。
遅い場合は、深夜2時~3時という可能性もある。(もう少し早いとは思うが。)
この時間は、テレビは止まっている、新聞のweb版だって配信されるかわからない。

FB・Twitter、blog読者にも支援依頼を行い、お願いしてきた。気になる方も多いだろう。
何より、誰より、私が気になる。
とは言え、さんざんメディア批判をしてきた一人としては、こんな時ばかり報道をあてにするわけにもいかない。

とことん現場主義。
ならば、行くしかなかろう。
待つより、そっちのほうが速い。
では、那覇に向けて出発!

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

那覇市議選の意味
何度も繰り返しているが、那覇市こそが「オール沖縄の根源」だ。
沖縄県において、顕彰所在地である那覇の人口は巨大な存在。

今後、沖縄各地において首長選が行われていく。
現時点では、オール沖縄派は敗北続きだ。
だからと言って、知事選において翁長知事を倒せるかは判然としない。

「那覇以外」の選挙区で、翁長知事と対決する候補が勝利していっても、
一人一票のため、【那覇で敗北】した場合は、翁長県政が続投する可能性がある。

翁長知事は、那覇市長であったため、「那覇市議会の与党」を引き連れて市議選を戦った。
「那覇市の自民党市議団」も行動を共にし、結果的にオール沖縄と同調。
自民党からは離党勧告などの処分を受け、端的に言えば「自民党市議団」は、事実上、消滅した。現在は、ごく少数となっている。

 

那覇市長も、翁長知事に同調する立場。
県内の大都市、県庁所在地の市議会において「自民党が消失」し、知事・市長もとられている。要望・陳情の予算の付き方だって、野党である自民には渋かろう。
市議会における勢力は、自民が数議席という惨憺たる有り様。

この状態で、来年秋の知事選を迎えた場合、翁長県政は続投する可能性がある。

 

那覇以外の自治体を、「反翁長」系の一色となったとしよう。
知事選において、各選挙区で「僅差で、反翁長」の声が勝ったとする。
しかし、「那覇選挙区の動き」では、ひっくり返ってしまう。

 

 

 

オール沖縄の牙城
オール沖縄にとって、もっとも護るべき地とは。
那覇市を置いて他ならない。

逆に言えば、「那覇を抑えている」ことに、彼らの自信があるのだ、私はそう考えている。
那覇市長もそうであるし、那覇市議の勢力も彼らが優勢だ。

意外に思うかも知れないが、知事選において「市長・市議の役割」は異常に大きい。
知事選の選対には、地元の市議が組み込まれ、票を稼いでいく。

市長・県議が巡洋艦扱いならば、
市議は駆逐艦だ。
最前線を猛スピードで駆け回る。

 

議員と言っても、市議はそんなに偉いわけではない。
知事選の選対において、政治家の中ではヒエラルキーとしては最下層。
ただし、我々には誇りがある。もっとも現場で、市民の声を聴き、知事選における票だって「最終的には市議が出す」ものは極めて大きい。

走り回ること、現場に在ること。
私たちは、ヒエラルキーとしては最低なのかも知れないが、最前線であることを誇りに思っている。

 

結論を述べるが、「市議の数」=「知事選の得票数」は比例する。
那覇市を奪還するよりないのだ。

逆に、那覇市を奪還できれば、恐らく翁長知事は「発言が後退していく」だろう。

 

 

 

劣勢の自民
大山候補は、相当に苦しい。
だが、他の事務所も楽観できる状態にはない。

 

公認13名・推薦1名。
自民党の状況だ。

定数40であるため、仮に全員が当選しても過半数にはとても届かない。
そして全員が当選できるような、そんな状況ではない。

 

ひとつには都議選の影響もある。
基本的に何れの候補も、票が目減りしているかと思う。
投開票日の投票分が「減少」が想定され、期日前の設定値を高めたと思う。

こうなると基礎票(組織団体票)の力がものを言ってくる。
多期生は、やはり実績もあり、強力だ。

 

先ほどの公認状況であるが、ベテランは1議席のみ。
確か8期生であったと思う。
この方を含め、現職は僅かに4名。
他の3名は一期生で、厳しい二期目の選挙となる。

残る10名は新人(元職1名)である。
大山事務所も同じであるが、選挙ノウハウがなくボランティア主体で必死の戦いを挑んでいるのだろう。

 

 

 

気になる選挙結果
公認13人・推薦1名。(うち現職4名)
この状況で、果たして何人が生き残るのだろう。

風の噂であるが、初期の勝敗ラインは「10議席を勝利、敗北ラインを7議席」程度に見積もっていたかと思う。
だが、当Blogでは再三にわたって「都議選の影響」を(都議選の結果の前から)指摘してきた。
10議席を勝利条件に設定、敗北ラインが7、このような数字は、すでに誰も言っていないと思う。(いまは。)

最悪の事態だが、下手すれば5議席、6議席ということも有り得る。

 

つまり、ほとんどの新人が討ち死に。
現職がかろうじて残り、新人が数名、生還する、というもの。
相当に有力な企業の親族も出馬しているそうだが、安定して戦えているという事務所は「極僅か」だ。

その噂も、どこまであてになるかはわからない。

 

なかば県議選に近い大型選挙、
その内訳の半分は、組織戦とも言える。

とても個人の力だけでどうにかなるものではない。
となると、(候補・後援会の努力も必須だが)【有力支持母体】の勝負ともなる。

自民の支持母体となれる存在は、数が限られている。
沖縄県では特にそうだ。

 

 

 

私の感じた、那覇市議選
最終日の、投票における浮動票が期待できない。
都議選による影響を加味し、期日前投票にシフト。
この判断を行った事務所も多いのではないだろうか。

ただし、有力支持母体は限られている。
「同じ自民候補」が「同じ支持母体」を目指して、自民vs自民で食い合うという、かなり凄惨な状況であったと感じている。片方の事務所では100増加、しかし別の事務所に抜かれて100減少、増やしても増やしても、目減りしてしまい総数が増えないような、そのような状況ではなかったかと想定している。

 

私は神様ではないので、断定はできない。あくまで「感じたこと」だ。
とは言え、自民の票、保守の票が限られる中だ。
こうなっていた可能性は高い。
気持ちはわかるし、私だって同じ判断を下したかもしれない。

だが、「自民党全体」で見た場合、「票は一切、増えていない」のだ。
これでは勝てない。大山候補の勝敗ではなく、自民党が那覇市議選で勝てない。

自民Aが、自民Bの票を喰い、自民Cが自民Aを喰い、、、
という連続した流れが後半戦であったのならば、「自民党全体の票」は、ほぼ変わらないからだ。

 

的確な指示、支援団体の割り振りを、上位組織でなすべきだったのではないか、と私は感じる。実際、若手の政治活動家からは県連批判の声もあった。

目の前の、お願いしている相手を全否定するわけにもいかない。
私も少しは同調せざるを得なかったが、確かにそのような采配はなかった。「もうちょっと」という思いは、私にもある。

とは言え、全国的に県連がこのような指揮をとる例のほうが少ないわけで、「どこも一緒ですよ」と思いつつも、もう少し何かできなかったのか、という点は指摘しておきたい。

とりあえず結論だが、私の想定通りであるならば、選挙結果に現れるだろう。
かなり残念な未来として。

 

 

 

沖縄の重要性と、今後
上記の空気、結果を「実際に知る」目的で那覇に向かっている。
この情報は、紙面を通じて知ることはできない。
行くしかない、感じるしかない。

 

歪んでいると指摘されているものをベースにして、
どうやってロジックを組み立てよ、というのだ。

まぁ、ここまでは半ば言い訳だ、
気になって気になって「だったら、行くか!」と思ったんだ。
それが大半ではある。

 

今回、お手伝いさせて頂いた中で、かなりの数の企業と知り合うことができた。
私が拝み倒し、しつこく支援依頼した結果、複数の国会議員が名刺を使ってくれた。
紹介を受けたからであるが、ハイレベルな企業群ばかりである。

良い結果であろうと、厳しい結果であろうと、「報告」に伺うのは筋だ。
来てくれた国会議員に再度、行ってもらうわけにはいかない。
だが、候補だけでは、少し軽い可能性もある。

ならば、私が行くしかない。
私(県外の市議)でも充分、軽いのだが、
自分で動かしたものは、私がやるべきだろう。

それが筋。
責任の果たし方である。
(つまり、国会議員に企業訪問を依頼した例もある、ということ。)

 

今後、名護市長選、石垣なども改選を迎える。
そして、来年秋には「沖縄県知事選」だ。

もし沖縄が大切だ、重要だと思うのであれば
今回、つないで頂いたご縁を大切にし、
沖縄を護るための戦いに、私自身も直接、参加したく思う。

本土の政治家が、ここまで必死になることで
その行動と流した汗が、沖縄の政財界に良い影響を与えるものと信じる。

 

(でも、気になったから、いてもたってもいられず、行ってるんですけどね。)

 

 

 

オール沖縄の牙城、那覇市。

 

ここが知事選の争点になることに

 

気づいていた者は、確かに多くはない。

 

しかし、初期から動いた者も少なくない。

 

20時に投票箱の蓋は閉った。

 

結果は、まだ誰にもわからない。

 

知事選を見据えての、重要な選挙。

 

「自民の劣勢」を肌で感じる、

 

結果は如何に?

 

報道を媒介せず、

 

自らの眼で見て、

 

肌で感じたい。

 

「確かにメディア経由じゃ、わからんわ」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【沖縄を知ろう!】とことん現場主義、メディアを介さぬ情報【行ったほうが早いと思ったらシェア】 への14件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【沖縄を知ろう!】とことん現場主義、メディアを介さぬ情報【行ったほうが早いと思ったらシェア】 ネット世論はメディア批判をしつつも、結果的には報道をあてにするところがある。 可能な限りニュースをソースとせ

  2. 一郎 のコメント:

    このところ 出張 が多いような気がします。

    議員の交通費・宿泊費に【献金】を使うことは出来ませんが、後援会活動の支援には使えます。政策が多岐に渡り後援会活動の事務負荷も膨大だと推察いたします。

    お節介かもしれませんが、以下のリンクは小坪先生の【個人献金のお願い】です。
    https://samurai20.jp/contact/kenkin/

    那覇・沖縄の現状を肌で感じていただき、私たちに零次ソースで教えてください。

  3. hundredpink のコメント:

    しっかり大山たかお氏に投票してきました。

  4. atom のコメント:

    0:29現在、大山たかお氏、琉球新報で当確出ていましたね。おめでとうございます。
    沖縄県民として、地元の排他主義は知っていましたから、心配していましたが、良かったです。あと、どれだけ自民が伸ばせるか?

    ttps://ryukyushimpo.jp/news/entry-529401.html

  5. ふぃくさー のコメント:

    おめでとうございます。当確が出たようですね。
    なかなか情報が流れてこないので気が気じゃありませんでした。
    やったあ~~~ \(^Q^)/
    しかしながら、当確17名中、自民公認は3名のみ。全体としてはやはり苦戦のようです・・・・( ;∀;)

    http://omoshiromedia.com/nahashigisenkyo2017
    > 23時47分現在で分かっている当確情報をまとめました
    >大山孝夫/自由民主党公認 当確

  6. たかつか のコメント:

    大山たかおさん 速報で当確おめでとうございます。

  7. 白石義一 のコメント:

    今回の支援者に対しては当確が出ましたね。
    ホッとしました。
    まずはお疲れ様でした。
    情熱を、奢ることなく、今後とも継続して下さい。

    但し 精神的、肉体的健康には十分な留意をお願いします。

    あなたのような若い日本人がいることに誇りに思います。
    白石
    ㎰。小生72歳です。

  8. 鳥海山たろう のコメント:

    そういえば、沖縄のタクシーの運ちゃんの中には、ものすごい情報通がいて、(新聞やネットでは伺いしれないような)かなり斬新な一次情報を得ることも、たまには出来たりします。

    でもネットで沖縄県の政治情報を見聞するかぎり、(大げさかもしれませんが)、東京都民としては、かつての「美濃部都政」というのを思い出します。
    (その時代を直接知らないので、書籍で読んだり聞いたり知ったことがほとんどですが。)

    美濃部というのは、大内兵衛の弟子の、れっきとした共産主義者で、極左や左翼におもねる政策をやりました。

    都の職員を増大させて都政の財政をひっ迫させた原因もつくってますが、北朝鮮の金日成を賛美したり、また朝鮮総連など北朝鮮の施設を免税にしたりしました。

    文部省の強い反対を押し切って、北朝鮮の政治的支配下にあった「朝鮮大学校」を各種学校として認可して補助金を与えたことなども、美濃部の悪政と言われています。

    絶対に美濃部のような極左、または極左に担ぎ上げられた人間を都知事にしてはならないというのは、現在でも多くの都民の暗黙の合意でないかと思います。

    そういう意味で、沖縄県は、いまだかつての東京と同じ(極左の強い影響下にある)「美濃部都政」の時代なのかもしれません。

    「反共(反共産主義)」までも求めやしませんが、共産主義者の後継者たちの洗脳に絶対にひっかからないように願うだけです。

    日本の極左は、はっきりいって中国共産党よりも悪質です。

    たとえば、左翼が「沖縄の独立」を主張するのは、ひとつの政治的意見であり、その意見を抹殺したり抑圧してはならないと(個人的には)思います。

    しかし日本の左翼は、中国に侵略されたチベットの独立などにはまったく関心を示しませんでした。
    普段から「アジア、アジア」と叫んでいるのに、チベットが中国に蹂躙されてチベット文化を破壊し、おまけに核実験場までつくられたのに、チベット政治的自由や独立の声はほとんどの左翼が無視したのです。

    NHKも朝日新聞も中国共産党に迎合したのです。

    こういう極左の推奨する「独立」は、沖縄県の文化保護や精神的独立ではなく、沖縄県を日本から分離して、思うがままに沖縄県人を洗脳して、日本に敵対させることを狙っています。

    それこそ沖縄県が独立でもしようものなら、左翼が、沖縄の放送電波もメディアも手中にして、(中国で毎月のように放映されている「日本鬼子」の反日番組のように)、これでもか、これでもかという風に、残虐な日本兵が沖縄県人を殺しまわるような猟奇的な番組が大量制作されるのは間違いないと思います。

    そもそもは基地問題も、(美濃部の再来と見間違えるようなバケモノの)鳩山由紀夫が、まとまりつつあった基地移転を安易な空想でひっかき回して、極左の怨念をおびきだしてしまったのが、問題の根源です。

    時間を逆もどりには出来ませんが、今の政治状況では、自民党以外に米国ときちんと交渉して、中国の野心をけん制しながら、日米交渉を円滑に進めて沖縄県の平和と安全を守れる政党はないと思います。

    個人的には、自民党に不満いろいろあります。

    民主党がせっかく提案した「電波オークション制度」をつぶして、無法マスコミの電波利権の独占を放置したこと、腐った記者クラブを温存させてメディアと馴れ合う不健全な政治とマスコミの関係に疑問をもたないこと、自民党内でNHKの真の公共放送局化や健全化を求める動きを上層部がつぶしたこと、これらは許せません。

    しかし、不満はありますが、民進党や共産党、社民党などは極左のあやつり人形ですので、まだまだ自民党に頑張ってもらわなければ困るのです。

  9. 波那 のコメント:

    おめでとうございます( ゚∀゚)人(゚∀゚ )
    良かったですね。先生も、お疲れさまで御座いました。

  10. まりちゃん のコメント:

    ・゜゚・*:.。..。.:*・゜\(^ー^)/゚・*:.。. .。.:*・゜゚   おめでとうございます!

  11. スカイツリー のコメント:

    おめでとうございます〜🎉
    ボーダーが1700のところ、堂々の2640
    これからが大変ですが、頑張って頂きたいと思います。
    本当に良かった🇯🇵

  12. 草莽の団塊です! のコメント:

    大山たかお先生、当確でたんですか・・・よかった!よかった!よかった!
    堂々の2640ですか、、でも、えかった!えかった!えかった!えかった!

    当選おめでとうございます!

    (/・ω・)/ (/・ω・)/ (/・ω・)/
    万歳! 万歳! 万歳!

    本当によかった!!・・・おそくまで起きててよかった・・・GJです!

    閑話休題・・・・

    きょう、国会の閉会中審査で、青山繁晴さんが自民党として質疑にでるとか、、
    こちらもおおいに期待したいところです。

  13. ぴょん吉 のコメント:

    当選おめでとうございます。
    明日はテロ準備罪施行ですし、幸先がいいですね。

  14. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    大山先生は経験積まれて沖縄知事を目指したりされるんですかね、今後がとても楽しみです。
    そして色々と動きがありますね…

    【閉会中審査】自民・青山繁晴「加計学園の獣医学部新設、議事録を見れば明白。真っ当な経緯」(動画)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51666778
    177: 名無しさん@1周年 201
    前川最大の弱点、議事録と告示来たな

    【閉会中審査】加戸前愛媛県知事「メディア取材は受けたが、都合良くカットされた。YouTubeにアップされた特区諮問会議の民間議員らによる記者会見が全て」(動画)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51666827
    508: 名無しさん@涙目です。
    加戸前知事の発言が、
    カスゴミが隠してた、真実

    512: 名無しさん@涙目です。(
    加戸:真実知りたかったらNHK含めてテレビなんて見るな、YouTube見ろ

    これは凄いわ

    557: 名無しさん@涙目です。(
    >>512
    正論
    マスゴミは放送しないんだろうなw

    見てた。
    加戸さんの答弁は訴えてくるものが
    あったわ。愛媛の為に、が伝わった。
    ご老体に鞭打って頑張っておられた。
    これをまたマスコミは都合よくカット
    するんだろうと思うとウンザリ。
    蓮舫の「疑惑が深まった」ばかりに
    なる予感。
    皆、ノーカット見ようぜ!
    親世代やじいちゃんばあちゃんにも
    伝えようぜ!

    さっきのスレでも触れたけどブルーリボンバッヂをつけているのと、首に巻いているのは今治タオルのものなんだってね。ご高齢でここまで来るのも大変だったろうに。有難うございます。

    【日韓】今度は大漁旗を「旭日旗だ」 『宗像・沖ノ島』紹介写真に韓国代表が指摘
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8905829

    【韓国】マエケン、「旭日旗」インスタで炎上  韓国ネットで批判殺到、投稿を削除
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8905669

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です