【拡散】チベットの現実、亡命した子供たちが描いた絵【伝えるためにシェア】


 

 

これは、「チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵」の絵本です。
子供の目から見た、「現実」とはどのようなものでしょうか。

恐らくそれはモニターを通じて見る知識とは異なり
迫真に迫るものがあると思います。

貴方はこれを見て、どのように感じますか?

 

This is a picture book collecting “those depicted by children who escaped from their home country TIBET to India.”

What is the REALITY of the circumstances surrounding Tibetans, as seen through the eyes of the children ?

These pictures, differing from images appearing on the computer screen, are sure to tell the reality to readers as it is.

How do you feel looking at them ?

For English

(英語は、google翻訳です。語学に堪能な方がいたらコメント欄で訳文をください。)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
15267901_1249585558445659_7254432024106250473_n

 

 

(日本語版)

0

 

 

 

11

 

 

 

12

 

 

 

13

 

 

 

14

 

 

 

15

 

 

 

16

 

 

 

17

 

 

 

18

 

 

 

19

 

 

 

20

 

 

 

21

 

 

 

英語版を飛ばす方はこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

(English)

 

 

クリックして下さい!(Please click)

 

E1

 

 

 

E2

 

 

 

E3

 

 

 

E4

 

 

 

E5

 

 

 

E6

 

 

 

E7

 

 

 

E8

 

 

 

E9

 

 

 

E10

 

 

 

E11

 

 

 

E12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちにできることは、何か。

 

本当の人権とは何か。

 

チベットの子供たちは、最後に何を訴えたのか。

 

中国を批判し、呪って、最後の言葉を締めたのか。

 

そうではないことに、実は衝撃を受けた。
(この画像の出典については、よく存じ上げている。)

 

 

私は政治家であり、そしてリアリストだ。

 

世界平和と叫ぶだけで平和になるわけではないことを知っている。

 

しかし、子供たちが呪いの言葉で最後を飾らなかったことを

 

「私は大人だから」と切って捨てる気にはなれない。

 

かといって、覇権主義を唱えるCHINAをこのまま放置せよとも言うつもりはない。

 

 

 

私たちにできることは何か。

 

まずもって自国を守ることではないだろうか。

 

強くなければ、優しくなれない。

 

救いの手を差し伸べることすらも、できはしない。

 

今日は、あまり言葉で色をつけたくないので、このあたりで締めたい。

 

 

ただ、彼らの思いと声を伝えたい。

 

それだけです。

 

同じ思いを持つ者が、本ブログの訪問者の多数を占めることと信じたい。

 

 

 

国、思う者よ。

 

もし貴方に優しさがあれば、

 

心があるのであれば、

 

彼らの思いと状況を広める手伝いをお願いしたい。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

紙媒体で入手することも可能です。
システムの都合上、50円と表記されておりますが実際は無償配布だそうです。
(一人三冊まで。送料のみ別途必要)

利他利他有興会のうぇぶ店

FB:りたりたゆうこうかい (利他利他有興会~ritarita project~)

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散】チベットの現実、亡命した子供たちが描いた絵【伝えるためにシェア】 への9件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【拡散】チベットの現実、亡命した子供たちが描いた絵【伝えるためにシェア】 これは、「チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵」の絵本です。 子供の目から見た、「現実」とはどのようなものでしょうか。 恐

  2. 鳥海山たろう のコメント:

    チベット問題は、中国の狡猾な「民族浄化」であり「ホロコースト」であると考えています。
    まず最初に中国の人民解放軍を送りこみ、軍事力で支配した後は、僧院や仏像を徹底的に破壊したそうです。
    そして僧侶から子供まで弾圧し、チベット人を弾圧しながら中国人の入植も繰り返して、「ゆるやかに」民族浄化を行ってきました。

    中国のチベット弾圧は世界の多くの国から非難されました。

    中国は、チベット弾圧から世界の目をそらすために、日本の変態左翼(朝日新聞を筆頭とする異常者たち)が、それこそ狂ったように捏造した南京大虐殺の証言集・写真集を積極的に利用しました。

    日本の変態左翼も共産主義中国を擁護するために南京大虐殺を世界に喧伝しました。

    日本を代表する歴史学者である井上清など共産主義者どもの著作には、「中国の共産主義は世界の歴史の頂点である」という途方もない中国共産主義の美化と同時にチベット侵略を正当化するような著述ばかりです。
    (おまけに「尖閣は日本帝国主義の侵略の産物だ」と中国人に吹き込み、中国の領土欲を煽り立てました)

    また、日本の反日左翼は、「日本の右翼が南京大虐殺を正当化するために、中国のチベット問題を利用して、悪用している」などと、異様きわまりないデマを巻き散らかし続けています。(以前に、日本側の有識者の一部は中国側と南京事件について議論をすることを望みましたが、中国側は拒否)

    その一方で反日左翼はチベットのダライラマを無視してきました。

    やっと左翼マスコミがダライラマの声を報道しはじめたのは、ダライラマが欧米で支持され、さらにノーベル賞受賞して以来ではないかと思います。

    「ダライ・ラマ法王日本代表部事務所」
    http://www.tibethouse.jp/about/information/exile/
    ※2002年の時点で13万人以上のチベット人が世界に亡命中(主にインド)
     
    たとえば、チベットの弾圧が過酷になり、チベット人の思想や言論への弾圧が強化されれば、必ずもう一方では、中国国内への言論弾圧も過酷になり、また日本の領海への進出も攻撃的になるはずです。
    前者と後者は相関関係があるはずです。

    ところで、ダライラマがトランプが大統領就任後にトランプを訪問することを最近発表しました。この会見も注目されます。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      ただし、チベットと米国との関係は複雑でして、CIAも絡んだため、結果は以下の通り。

      「CIAチベット計画」
      https://ja.wikipedia.org/wiki/CIA%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E8%A8%88%E7%94%BB
      ※「Protests and uprisings in Tibet since 1950」(英語)
      https://en.wikipedia.org/wiki/Protests_and_uprisings_in_Tibet_since_1950

      ダライラマのCIAへの批判(著書で表明)は以下の通りでした。

      「彼ら(CIAなど)がチベット独立のためではなく、共産政権を全て弱体化させる世界的な取り組みの一環として、CIAがチベット独立運動を支援していたとして批判」
      「1999年には計画(注:CIAのチベット支援計画)がアメリカの国益に資することを第一の目的としていたため、チベットに害しかもたらさなかったことを認めた」
      「そして、(ニクソンの対中外交がはじまって)アメリカの対中政策が変化した時、(チベットへの)支援を止めた」

  3. 匿名希望 のコメント:

    >僕たちは雪のヒマラヤを越えてインドに亡命しました。
    >運悪く中国の兵隊に見つかると子供でも撃たれます。
    >自由に暮らせるなら、今でも本土に帰りたいと思うよ。

    日本では、アジア大陸上空を飛行機で通過してやってくるお金持ちの不思議な難民様たちが、「刑務所のようだった」「自由を奪われた」と、入国管理局の留め置かれること(収容)を批判し、デモを起こしすらしています。ある弁護士さんに言わせると「外国人には人権がないから殺してもいいと言っているのと同じ」だそうです。
    (参照)https://www.refugee.or.jp/
    *免疫をつけるために、彼らのやり方を学んでおくのをお勧めします。

    (以下引用)
    難民とは、自分の命を守るために、やむを得ず、母国を離れ、他の国に逃げざるをえない人たちのこと。
    たとえば、改宗したことや、民主化活動に参加したこと、同性を好きになったことなどが理由で、母国の政府から迫害を受ける人がいます。また、迫害を受けるだろうおそれを感じ、なんとか逃げてくる人もいます。難民条約という国際的な取り決めで、「難民とはだれか?」が定められています。

    日本の難民受け入れ
    世界各国から逃れてきた難民が、日本にも約2万人が暮らしています。
    世界全体で難民の数は約6,530万人*。近年、日本に助けを求めて逃れてくる難民が増えています。たとえば、ミャンマー(ビルマ)、トルコ、スリランカ、エチオピアなど。難民には逃れる国を選ぶ余裕はなく、たどり着いたらたまたま日本だったという人もいます。

    日本で暮らす難民
    迫害を逃れてたどり着いた日本で彼らを待ち受けているのは、夢見た平和な生活とはかけ離れた厳しい現実。
    日本語や日本の法律はもちろんわからない。家も、仕事もない。友だち、親類など、頼りにできる存在もない。そんな孤独で、先の見えない状況のなか、難民として日本から認めてもらうための手続きに、長い場合は5年以上かかることもあります。
    (ここまで)

    へえ!へえ!へえ!
    驚きその① チベットやウイグルなど、中国共産党に迫害されている民族は難民リストに含まれないんだ!
    驚きその② 海を越えてたまたま日本にたどり着くかよ(笑)!
    驚きその③ もともとの母国の社会システムや生活水準と照らし合わせて収容センターを「刑務所のようだった」「自由を奪われた」と言い切れる難民様が「夢見た平和な生活」って、なに?天国レベル?日本人でも生活苦のあまり、わざわざ犯罪を犯してまで入りたがる連中がいるのが日本の刑務所ですが(笑)。
    驚きその④ 日本の文化や風習と相容れない、イスラム教徒をはじめ独自の生活規範を主張する外国人を受け入れたがゆえに暴行を振るわれ、日本人が日本から追い出され難民になる恐れは考察の範囲外ですか!ドイツではメルケルが受け入れた難民による犯罪被害から身を守るために、150万人ものドイツ人が国外脱出していますよ。

    要するに、日本を売り渡す移民ビジネスだろ(笑)
    難民バッジを胸につけ、辻褄の合わない現実を握りつぶす。母国が安定してもなぜか先進国に居続ける、ふざけた難民様たち。

    生まれ育った土地から離れたくない。いつか帰りたい……チベットの子供たちの爪の垢でも煎じて飲め。「いつかは中国人とも仲良くしたいな」。異教徒の国にわざわざやってきて、何百年も宗派対立で争っている自らを平和の宗教と謳って恥じないイスラム教徒難民様は特にね!

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    巷で「戦争反対!」と、派手にパフォーマンスしてる連中に戦争とはどういうものかを聞いてみた事があります。
    返ってくる答えは、戦争の事など何も知らない者が勝手に戦争像を作り出して、不安を煽る事を目的としたものばかりで、戦争が出来無い事の恐ろしさを答えられる者は皆無でした。
    それはもう、カルト宗教と同じ手口です。

    そもそも戦争と言うものは交渉材料として武力が伴うもので、最終決着は話合いで決められます。
    戦争の大前提は交渉ありき、話合いありきで、落とし所を巡って目的の為に武力行使する行為です。

    所が今現在チベットで行われている虐殺行為やテロの類は殺戮こそが目的ですから、交渉のしようがありませんし、落とし所もありません。

    つまり、戦争よりも恐ろしいのは”戦争すら出来無い”事なのです。

    そして、”戦争すら出来無い”事こそが、平和をブチ壊します。

    今の日本は戦争出来なくても「平和じゃないか!」と浅はかな事を主張する輩がおりますが、日本国憲法の縛りの無い米軍が日本に駐屯しており、しかも基本は「戦争上等!」と言うスタンスを貫いている事実を説明出来る自称平和主義者は皆無です。

    まぁ、自称平和主義団体や自称平和主義者が平和を出汁にして、日本をチベットの様な状態にしたいのだとすれば、彼らの行動の辻褄が合います。

    特に世界中でテロしまくっている共産主義者の皆さんには、是非とも説明して欲しいものです。
    コミンテルン日本支部である日本共産党が、納得出来る説明をしても良いのですよ。
    尤も、共産主義者では無く我々が納得出来る説明が出来るのであればですが。

  5. araigumanooyaji のコメント:

    “私たちにできることは何か。 まずもって自国を守ることではないだろうか。 強くなければ、優しくなれない。 救いの手を差し伸べることすらも、できはしない。”

  6. 月光仮面 のコメント:

    上の動画見れませんでした ひとり目を殺害した所から見れなかった
    していることは虐殺ですね この自国が良ければいい 世界に君臨
    するんだ この考え方がある以上もうだめです 今から日本を強い
    国作りが必要だと思います まず一番目にすることが政治改革だと
    思います 国を思う政党が集まって国を運営しているのではない現状
    国を壊したいと思っている政党や支持者が 中国を支持する現状は
    よくよく考えれば 内戦につながると思います 一歩間違えれば
    このチベットと同じ国になりかねません そうしたいと思っている
    人たちや政党があるという事が 一番の問題だと思います 
    今までの歴史を振り返り 自分のしていることは間違っていると
    思わないのが不思議だと思っています これらから日本を守り
    強い国造りをしないといけないと 思います。

  7. N.N. のコメント:

    英文の翻譯
    僭越ながらご参考までに下記に譯文を示します.

    これは母国チベットからインドへ逃れた子供たちによって描かれた絵を集めた絵本です.
    子供たちが見た,チベットの人たちを取り囲む環境はどのようなものなのでしょう.
    これらの絵はコンピュータの画面に見られる映像とは異なり,読者にありのままの現実を間違いなく伝えるものです.
    皆さんはこれらの絵を見てどう感じるでしょうか.

  8. ななし のコメント:

    ロックフェラーは、ナチスの優生学研究に投資したそうです。
    WHO、NWOは、人口削減を目指しているそうです。
    中国は、NWO傘下。(馬渕睦夫先生談)

    チベット虐殺に反対した日本人は、暴行されても、犯人は逮捕されず。日本人は、守られず。

    https://youtu.be/Zihamw5U530
    “濃縮覚醒 アメノウズメ塾中級編1~18 真実を取り戻せ!蘇れ魂 Awake soul!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です