【WTO提訴で追い込まれる韓国外交】韓国メディア「敗訴する」危険性の証明困難


 

 

【政治家の目線】破壊的な日韓関係??WTO提訴編で触れた件の続報というか、詳報になる。

日本によるWTOへの提訴は、将棋でいうところの王手だ。
どちらに転んでも身動きのしようがない。

?WTOはとても強力な紛争解決能力を有する。
?訴えたほうが有利なルール(その訴えがおかしいと全員が言わない限り通る。)
?二国間での協議からスタート。(60日以内)
?が物別れに終われば、パネル(または上級委員会)に移行する。

上記が通常のフローだが(詳述する)、パネルに移行した場合、まず「韓国が負ける」ことは疑いない。これは国際的な大恥になる。
輸出入における「韓国への世界からの信頼」は地に落ちる。

それを避ける手段もある。
韓国側が「二国間協議において日本の要望を飲む」という選択であり、
はっきり言えば、韓国政府が日本に屈するということだ。
しかし反日を売りにしてきたパククネ政権にはとれぬ選択肢だろう。

日本の左翼などは、「日本が提訴を取りさげるべき」などと述べるだろう。
それはない。このWTO提訴は、東京オリンピックの選定を妨害する目的で、「放射能に汚染された日本」とイメージ操作を行う意図が感じられた。
日本政府が折れるとは、東北を見捨てるということと同義であり
WTOに「提訴した」のに、取り下げるようなもので、我が国の国際的な信用を棄損する。

結果、韓国は二国間協議を物別れに終わらせてしまうだろう。
そこから先、さらにひどい状況が想定される。
これは、我が国が放った「王手」である。

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

OGP(WTO2)

 

 

▼では、韓国メディアの動きを見てみよう。
韓国メディアの報じ方をまとめた記事があったため紹介する。
メディアレベルにおいても、韓国側はこの意味と意図をしっかり理解しているようだ。
韓国メディアの(他の際と比較して)弱腰が伝えられ、その分析結果の記事タイトルは「(韓国が)敗訴する」である。

恐らくはパククネ政権に「二国間協議で折れる道」を与えるため、国民(韓国)にアナウンスする意図もあるのではないか。

韓国WTO提訴:韓国メディア「敗訴する」 危険性の証明困難 過去日本も敗訴

2015年5月27日 11時47分
 日本政府は21日、韓国が福島第一原発事故による放射能汚染を懸念して日本からの農水産物輸入を規制している事について、国際貿易のルールに反するとして、世界貿易機構(WTO)に、提訴の前段階となる2国間協議を要請した。2国間で60日以内に問題が解決できなければ、日本はWTOの紛争処理委員会(パネル)に提訴することができる。

 23日に開かれた日韓通商担当相会談でもこの件が議題に上がり、韓国の尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源相が宮沢洋一経済産業相に遺憾の意を伝えた。一方、韓国内の専門家の間では、提訴されれば韓国に勝ち目はないという見解が広がっているという報道もある。

◆“万策尽きた”と初のWTO提訴へ
 韓国は2013年9月に禁輸措置を拡大し、福島、茨城、群馬、宮城、岩手、栃木、千葉、青森の8県の全ての水産物の輸入を禁じている。この8県の水産物以外の食品についても、放射性物質の規制を強化した。日本は、こうした韓国側の施策はWTOの「衛生植物検疫措置の適用に関する協定(SPS)」に違反し、禁輸措置は正当性に欠けるものだとして提訴した(WTO発表=ロイター)。

 日本は既に昨年10月のWTOの委員会で、福島産の農水産物の放射性物質は、99%が基準値以下に収まっていたと報告している。また、厳しい対策により、基準値を超えた産品の輸出は完全に水際で阻止されていると主張した。さらに、2014年の国際原子力機関(IAEA)の調査でも、日本の汚染対策は適切であることが証明されたとも強調したという。WTOの日本の代表は今年3月にも、SPS委員会で、日本の食品の放射性物質のレベルは減少を続けており、アメリカ、オーストラリア、EU、シンガポール、ベトナムが既に福島関連の制限を撤廃・緩和していると強調した(ロイター)。

 日本側のこうした再三の主張にもかかわらず、韓国は禁輸措置を緩和していない。そのため、農水省は「これまでの方法では解決できないと判断した」と、初のWTO提訴に踏み切った。一方の韓国政府は日本の動きに対し、「現在、国際的な規範に基づき検討手続きを進めている過程で、日本がWTOに2国間協議を要請したことは遺憾だ」とする声明を発表。「今後、日本との協議の過程で、輸入規制措置が国民の安全を考慮した措置であることを十分に説明し、WTOの紛争解決手続きにより日本側が提起した問題について積極的に対応していく」としている(韓国・聯合ニュース)。

◆日韓通商担当相がジャブの応酬か
 今回の日本側の訴えにより、両国はスイス・ジュネーブに本部を置くWTOで2国間協議を行う事となる。60日以内に問題解決に至らない場合、日本はWTOに国際貿易の専門家によるパネルの設置を要請し、判断を委ねることができる。

 23日にフィリピンで行われた約2年ぶりとなる日韓通商担当相会談は、その前哨戦となったようだ。日経新聞によれば、韓国の尹産業通商資源相は、日本側の提訴に向けた動きを「とても懸念している」と切り出し、宮沢経産相は「国内の水産物もしっかり管理しており、発電所周辺の水からも高濃度の放射性物質は出ていない」と応じたという。一方、韓国・聯合ニュースは、尹氏の遺憾表明に対し、宮沢氏は反論せず、「双方は真摯に相手の発言に耳を傾けた」としている。

 一方、韓国の環境団体は日本の動きに一斉に反発している。22日、10団体が合同でソウルの日本大使館前で記者会見を行い、原発事故は依然収拾されておらず、日本の農水産物からは放射性物質が検出され続けていると指摘。「日本はWTOに提訴する資格はない」「国民の健康を守るための最低限の措置をWTOに提訴するのは、共に被害を受けた隣国に対する非礼だ」などと主張した(聯合ニュース)。

◆韓国メディアの“弱気”の背景に「韓国敗訴」の見立てか
 『韓国経済新聞』も、日本の動きに批判的だ。「日本産の水産物輸入規制がWTO紛争に広がったことは、韓日関係にとってさらなる悪材料だ」と懸念する。同紙は、韓国の措置はEUや豪州、カナダに比べて強い措置だが、近隣の中国や台湾に比べると弱い規制だとしている。また、「(韓国)政府は福島原発事故後、時間の経過に合わせて多様なチャネルを通じて水産物規制緩和の動きを見せていた。こうした雰囲気を日本政府にも非公式的に伝えていた」とし、そのタイミングでの日本のWTO提訴の動きは、改善の兆しも見られる日韓関係に冷水を浴びせた、と政府関係者のコメントを引用しながら批判している。

 ただし、歴史問題関連のニュースなどを受けて一斉に行われる日本批判に比べ、韓国メディアのトーンは今回、比較的控え目だ。多くは事実関係を伝えるに留まり、積極的な論評は加えていない。上記の韓国経済新聞の記事はその数少ない一つだが、その中にヒントが隠されているようだ。同記事は、全体として日本に批判的な論調を展開するものの、「WTOで韓国政府は敗訴する可能性が高いのが専門家たちの見解だ」とも記す。

 同紙は、アメリカが1997年に、反対に日本の禁輸措置(害虫の流入を防ぐためだとして米国産リンゴを禁輸)をWTOに提訴、米側が勝訴した件を例に挙げる。その際、WTOは、禁輸品目の危険性については「輸入禁止国側が科学的に証明しなければならない」と判断した。韓国の専門家らは、今回のケースでも同様に、禁輸措置を取っている韓国側が危険性の立証をしなければならならず、それは「容易ではない」と指摘しているようだ。日本側は、「これまで韓国側の調査に協力してきたが、問題解決には繋がらなかった」としている。

http://news.livedoor.com/article/detail/10159922/

いかがだろうか。
「(韓国が)敗訴する」と、すでに白旗を上げていることは理解して頂けたと思う。
パククネ政権に「二国間協議で折れる道」を与えるため、国民(韓国)にアナウンスする意図があると私は感じたのだが、どうだろうか。

言い換えれば、韓国メディアサイドでさえも「パククネ政権は二国間協議において退くことがない」と認識しており、本件に対し諦めているかのようだ。
私は珍しく韓国のメディアと同じ意見を持ったのだが、恐らくパククネ政権は退くことはないだろう。
そして冒頭に述べたように、我が国が退くことはない。

二国間協議は、物別れに終わるだろう。
WTOの紛争解決の手続き、パネル設置に流れるものと思われる。

 

 

▼WTO紛争解決手続きの流れ
あまり見たこともない方が多いかも知れないが、以下がWTO紛争解決手続きの流れになる。
mofa.go.jpのドメインが充てられているが、mofaとは「Ministry of Foreign Affairs」であり外務省のこと。
以下は、外務省で公開されている資料である。

今後、「二国間協議要請」があり、ここに60日が充てられる。
物別れに終わった場合は「パネル設置要請」に移行する。
恐らくは、そうなるだろう。

nagare

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/wto/funso/pdfs/nagare.pdfより。

パネル設置後は、?付託事項の決定を20日以内に、?委員の任命を原則20日以内に済ませ、パネルによる検討が開始される。??を起点とし、原則6か月で進む。

のち上級委員会というものがあるが、これは裁判における控訴のようなものだろう。
地裁から高裁、高裁から最高裁に、というようなものだ。

 

 

▼WTOの紛争解決能力 ? 韓国は敗訴する。
これは極めて危険な、本当に絶大な力を持つ。
韓国がパネルで勝つための条件が、あるにはある。
それは「全ての国が、日本の提訴がおかしい」と日本側の訴訟を否定した場合だ。

WTOの紛争解決能力の恐ろしさとは「過半数では決めない」点にある。
ネガティブ・コンセンサス方式(逆コンセンサス方式)を採用しており、紛争処理機関(パネル)の提訴に対し全加盟国による反対がなければ採択されるという点にある。

世界中が日本を否定し、世界中が韓国を認めた場合の想定をする必要があるか否かだが、その想定はする必要がないと思う。
(その際は想定外だったと述べたいと思う。)

 

▼韓国は敗訴する。
韓国以外の国は、我が国にこのような差別的な輸入制限を加えていない。
もし韓国側に正統性があるのであれば、他の国も同じ動きをとっている。
(台湾は地名などの表示で対応済み。)
韓国に同調する国家は存在しないだろう。

また、韓国と異なり、親日国を多く有する我が国だが、
一か国でも親日国が入っていたら韓国はアウトだ。
そもそも「韓国が嫌い」という国は多数ある。

 

▼実際の動き、韓国側の見立て。
以下については、珍しく私と同じ認識をしている。
韓国側より「科学的に」という言葉が聞かれるとは思わなかった。
この場合は論拠に基づいて理路整然という意味で受け取った。
私が滅多に触れることがない、あの国としては極めて珍しい反応である。

>WTOは、禁輸品目の危険性については「輸入禁止国側が科学的に証明しなければならない」と判断した。韓国の専門家らは、今回のケースでも同様に、禁輸措置を取っている韓国側が危険性の立証をしなければならならず、それは「容易ではない」と指摘しているようだ。

そう、あの国の専門家も言っているように、容易ではない。
なぜならば、日本はしっかりとした対応をとってきたからだ。。
>日本側は、「これまで韓国側の調査に協力してきたが、問題解決には繋がらなかった」としている。と報じられているが、これは事実だろう。
そのエビデンスを我が国は提出するだろう。

であれば、「よっぽどの理由」がなければ、韓国側の意見を通すことは不可能だ。
その「よっぽどの理由」とは、原発ガーではダメである、従軍慰安婦ガーではダメなのである。歴史認識ガーもダメであるし、戦争犯罪ガーも関係ないのだ。

韓国の専門家が述べるように、「輸入禁止国側が科学的に証明しなければならない」のだ。

 

▼追い詰められる韓国
しかし、専門家がわかっていたとしても、そうは動かぬのが政治判断というものだ。
例えばパククネ政権だって仮想的には生物のように、例えば自らの命を守るかのように、防衛本能というものがある。

手を怪我した瞬間、私たちが「いたっ!」というように
韓国政府は「日本が悪い」と言うのだろう。
何かの呪いではないか?
(それこそ日帝の呪い?苦笑)

私の見立てでは、二国間協議は物別れに終わる。
またパネルでも負けるだろう。
正直、これだけであれば打撃は大きくはない。
我が国も負けた過去がある。

終わる韓国、あの国は自ら傷口を広げ、致命傷にしてしまうような予感があるのだ。

 

▼傷口を広げる「斜め上の対応」とは。
敗訴するだけであれば、打撃こそあるものの致命傷にはならない。
それなりに大きな打撃であるが、これは国際的な信頼に傷が入るというもの。
そもそも信用が失墜しているあの国、言うほどの打撃にならないかも知れない。

斜め上の対応をした場合、いよいよ面倒なことになる。
WTOという国際機関において、先述の「科学的な証明」を一切できず、
弱り果て、結果的にキレた場合だ。ネットでいう火病モードに入った場合。

?放射能が危険だ!
これは韓国が判断することではない。WTOが判断済みの内容だ。
であれば、日本はどの国にも輸出できてはいない。
自らの発言権の範囲を超えて、あたかも「世界の盟主」かのような発言をすれば、世界中の国がどう思うかは自明だ。

?歴史認識が!と述べる。
そんなことは、WTOには関係ない。
そもそも日本が悪いとか言える状況ではないのだ、「韓国がWTOのルールを守っているかどうか」が焦点である。
日本がいいか悪いかという話ではない。

?従軍慰安婦が!と述べる。
いよいよWTOとは関係ない。
魚屋に行って、肉をくれと求めるようなもの。
もしくはケーキ屋さんにおいて、精密部品を売ってくれというようなものだ。

これらの「斜め上の対応」を、どうもあの国はするように思う。
少なくとも???の一つぐらいは、やってくれそうだ。
パククネ政権が自身の延命を求め、在り得ぬ形でプライドを満たそうとするがゆえだ。

 

▼その場合の想定被害
・・・わからない。
理論的に話せぬ相手だと、世界中がさらに認識してしまう。
単に敗訴するだけであれば、それで済む話だが、政権運営上、何かしてしまうのだろう。

この打撃がどれほどであるか、元々信頼をたいして持たぬ韓国ゆえ、言うほどの打撃にはならないかも知れない。
とは言え、かなり大きな被害には違いない。

 

▼さらにパククネ政権の動きを見てみよう。
彼女らに残された二つの道は、どちらも厳しい道だ。
日本とはWTOでやり合わぬため「二国間協議」で日本の条件を飲む選択肢も残されてはいる。

これを選んだ場合、政権に打撃が入る。
日本に対して弱腰のパククネ政権!と。
例えば、私たち日本の保守層が民主党を「売国奴」とバッシングしたように。
韓国における愛国者(?)は、売国奴の弱腰パククネと、日本に媚びるパククネ政権だと(中韓に媚びる民主党と批判したように)批判するだろう。

一つ目の選択肢、二国間協議は物別れに終わるように思う。
二つ目の選択肢、WTOでの撃ちあいである、そしてそれは「WTOでの敗訴」と同義だ。

 

▼WTOで敗訴した場合、WTOを脱退?
まさかと思うが、WTOで敗訴した場合、「WTOが悪い!」と言いだす可能性がある。
流石にないと思うが、「WTOがネトウヨ」みたいな流れで捨て台詞を吐き、火病を起こしてWTOを強く批判する可能性がある。

そして、引っ込みがつかなくなり脱退する可能性は・・・
流石にないと思いたいが、ありそうな気がしてくるから不思議なものだ。

流石に脱退はないにせよ、、、
敗訴のちWTOへの強い批判や愚痴などは声明として出されるように思う。
そのレベル次第なのだが、あまりに激しい内容であった場合、こちらの打撃のほうが大きいように思う。

「通常、日本に言っているようなこと」を言った場合、世界はそれを許さない。
行きつく先は脱退も選択肢に入ってくる、行き場がなくなるからだ。

WTOへの強い批判を、追い込まれたパククネ政権が、国民の人気をとる道の一つだと認識すれば、だが。いつものノリでやらかすのだろう。

 

▼韓国がWTOを脱退した場合の影響
・・・わからない。
こちらも申し訳ないが、わからない。
輸出入全般が停まってしまい、瞬間的に滅ぶような気がします。

脱退した国を見たことがないため、なんともいえませんが
外需頼りで生きてきた国にとって、それがどれほどの効果であるか。

流石に例もないし、いったいどうなることやら。

 

▼外需依存国の弱点
現在の為替でも相当にきつい。耐えれるラインは超えたと思う。
かの国でも同様の報道が連続してあがっている。
ただ、私からすれば耐えれる・耐えれないではなく、そもそもが虚構なのだ。

人為的な為替操作により、我が国の産業構造にかぶせ、
我が国の輸出品目の7掛けで売るようなやり方。
本来の為替に戻ったのみであり、言い換えれば我が国の輸出と、それを支えたはずの日本の若者たちの将来を換金してきただけだ。

関連
【政治家の目線】破壊的な日韓関係??日韓通貨スワップ編

外需依存国にとって、しかもそれが虚構の上に成り立つ国において
WTO提訴は非常に大きな意味をもつ。

後ろに下がることが許されぬパククネ政権にとっては、
これは王手と言っていい。

 

▼パククネ政権という「やりやすさ」
パククネ政権で良かったな、と思う点もある。
それは「動きを予測しやすい」ためだ。

今回の件にしても、本来は王手・飛車取り程度の話。
飛車を諦め、二国間協議で折れれば済む。
しかし、あの国は、我が国に屈する選択肢をとれぬだろう。
それがパククネ政権という「やりやすさ」であり、あの国の弱点でもある。

国民向けには、愚痴のように「WTOはネトウヨ」みたいな発言をしてしまうのだろう。
まさに哀れなのは、あの国に生まれてしまい、あの国の教育を受けた国民たちだ。
そしてあの政権を作ってしまった大人たち・有権者は、あの国の未来に対して大きな罪を背負ったように思う。

 

 

今後のWTO提訴の件、続報がとても気になる!という方は

本件に多くの日本人が注目するよう、情報を伝えるお手伝いをお願いします!

FBでのシェア・Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

21 Responses to 【WTO提訴で追い込まれる韓国外交】韓国メディア「敗訴する」危険性の証明困難

  1. medakanoon のコメント:

    【WTO提訴で追い込まれる韓国外交】韓国メディア「敗訴する」危険性の証明困難 【政治家の目線】破壊的な日韓関係②~WTO提訴編で触れた件の続報というか、詳報になる。 日本によるWTOへの提訴は、将棋でいうところの王

  2. ピンバック: 【WTO提訴で追い込まれる韓国外交】韓国メディア「敗訴する」危険性の証明困難 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員 | 旅行人気ニュースガイド

  3. みさ のコメント:

    WTOはネトウヨ!
    真剣に読んでたんですが思わず吹き出してしまいました。
    いつも冷静で理知的な記事はとてもためになります。

  4. araigumanooyaji のコメント:

    ヘボ将棋王より飛車を可愛がり。でも、この読みを交わしてさらに斜め上を出してくるんじゃないかな。

  5. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんばんは

    さっそく、韓国ネタ、?WTOの提訴の件の詳報と分析、これからの予測きましたね!ありがとうございます
    WTO紛争解決手続きの流れについても、はじめてしりました。

    さて、韓国の今後の対応予測ですが・・・・

    >?放射能が危険だ!
    >?歴史認識が!と述べる。
    >?従軍慰安婦が!と述べる。
    >これらの「斜め上の対応」を、どうもあの国はするように思う。
    >少なくとも???の一つぐらいは、やってくれそうだ。
    一つ追加させていただきます。歴史認識がぁ!のカテゴリーにはいるのかもですが・・・
    ?朝鮮人が強制徴用(!??)された世界遺産がぁ!・・・・

    これら、斜め上の対応をすべてやってくると予想いたします。

    失礼しました。

  6. 這い寄る混沌もしくはヒッポロ系ニャポーン のコメント:

    かの国はどんな禁じ手を使うやもしれぬと言う危機感はあります。
    油断はせず見守り、出来る事なら提訴の正当性を内外にアピールする事もダメ押しとしては有効でしょう。
    なんにせよ、日本のとった措置が英断になる事を祈ります。

  7. Augusta のコメント:

    以前であれば、大統領は高飛車でも、臣下が土下座して日本から譲歩を引き出していました。
    もうこれも出来ませんね。

    クネ大統領が日本国民の面前で土下座し、過去の皇室侮辱を詫び、竹島から退き、仏像を返還し、
    数十兆円の借金を返済すると約束し、靖国神社は戦死者を祀る神聖な場所だと認めれば・・・
    ある訳ないですが。

  8. 怒れる一人の日本人 のコメント:

    なんなんでしょうね?
    韓国含む反日勢力。事業に於いても成功体験からは中々抜け出せないとは聞きますが、
    ネットと言うツールの登場で(情報を扱う)世界は様変わりしたというのに今迄通り、
    或はネット上でも従来の手法が通じるものと思っているのか。
    バレた手口で悪事を繰り返す滑稽さ。(実害があるので藁って見過ごすことも出来ませんが)

    戦後日本は国際ルールを馬鹿正直に守ってきました。
    損をしたり馬鹿にされたりもしたでしょう。
    国民からも弱腰外交と突き上げられたりもしたでしょう。
    しかし、そうして築き上げた信用や信頼が今日本を護っている訳です。
    日本の製造業や観光客が築き上げたものと同じであり、それが即ち日本人の国民性なのでしょう。

    翻って韓国はどうか?
    常に悪い事は他人のせいにしてきた国です。
    今回も同様の対応しか取れないでしょう。

    個人的に気になったのは韓国記事の中の「改善の兆しも見られる日韓関係」
    いつもの願望記事で幻覚を見てるのか?と言いたいですが、
    韓国内でのニュースではそう報じられていて、朴クネ政権はちゃんと仕事してると言う事にしたいって所なんでしょうね。(大本営発表!)

    いいですよね!「改善の兆しも見られる日韓関係」(除鮮が進むと言った意味で)
    このまま零鮮目指して「日韓関係の改善」が進んで欲しいものです。

  9. 東京都55歳 のコメント:

    おうてひしゃとりですか。
    いやあ、まいった。
    まいりました。

    まったはできませんか。
    できませんよね。
    こまりました。

    ちゃぶだいがえしならぬ
    しょうぎばんがえしでもしてしまいましょうか。

    でも、たけしまがえしはしませんよ。
    ちゅうごくさまにそうだんしてみます。
    でも、ちゅうごくさまもはいそしてましたね。
    いやあ、ほんとうにこまった。

    以上 

    ハングルを見習って、
    平仮名だけで、
    韓国の思いを推定してみました。

  10. mirage のコメント:

    確かに韓国には、頭にくるし呆れるし訳が分からなくなるが、見ているととてつもなく面白い。
    昔は暗い印象だけで全く関心がなかったが、今ではネットと本で韓国の追っかけをやっている。
    周りからは思いっきり馬鹿にされるが、その連中は韓国を避けているだけだ、と思って気にしない。
    室谷さんの言う通り、「韓国は動かせない隣国、知らなければならない」。
    そして古田先生の本の題名のとおり、「醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!」。

  11. 犬韓民国 のコメント:

    更に斜め上空の展開として、安倍総理以下要人のテロも考えられます。成功すればオッケー、駄目でもビビって取り下げるかも…朝鮮人の発想力は日本人はとても太刀打ち出来ません。
    幸い南朝鮮民国には使い捨ての駒が日本にたくさんいます。安重根の反省が無い以上、何度でも殺るでしょう。

  12. 一般人 のコメント:

    小坪議員のお話は学ぶ所が沢山あり、毎日読ませて頂いてます。
    日中韓関係が危ういこの時期に、特定亜細亜の歴史を見ますと、どのような事がきっかけとなり不足の事態を招くやもしれませんから、韓国のこれ以上の衰退は望んでおりません。むしろ国家の体を維持して頂きたい状況であるし、平昌オリンピックも自国のみで開催して頂きたいものです。

    さて、支持率も下がってますから朴政権に批判的な政党の党首が声をあげ、大統領のリコール等が可能であれば早々に行うか、先日のような病気の為治療を要する状況で辞任するという事も考えられるのではないでしょうか?前政権を非難するのが常ですから、次の大統領の生き残りの判断に託す事で韓国が救われると言う選択肢も考えられるのではと思います。
    少なくとも、日本の企業や家族が早め日本に戻って欲しいですね。

  13. 愛知県民 のコメント:

    非常に分かりやすく噛み砕いた説明、ありがとうございます。
    いつも読み応えある長文を楽しみにしています。

  14. ふう のコメント:

    WTOも、韓国からの袖の下を受け取ることはできないでしょうね。

    すでに多くの国が、日本からの輸入を再開しているわけで、
    万が一にも韓国が勝ってしまったら、
    「政府は危険な食品を輸入していたのか!」と、
    各国政府が国民から不当なバッシングを受けてしまいます。

    ですから韓国がいつものように賄賂を準備しても、
    WTOが受け取ることは決してないでしょうし、
    日本が負けることも絶対にないでしょうね。

    あとは、その結果どうなるかですが、

    >単に敗訴するだけであれば、それで済む話だが、
    >政権運営上、何かしてしまうのだろう。

    ギャグのような国ですから大いにあり得ますね。
    反対に、

    「韓国政府・韓国のマスコミ・日本のマスコミ揃って、
     何事もなかったかのようにだんまり」

    という可能性もありますね。
    どちらにしろ、経過が楽しみです。

  15. 櫻盛居士 のコメント:

    これからは、南鮮の処遇をどうするかを考えて行動するステップに来ているのかも知れませんね。

    中共の兵力を削ぐ意味でも、南鮮及び北鮮は叩いておく必要があります。

    国内のアカも関連しているので、効果が高いと推測致します。

  16. osg123 のコメント:

    小坪先生

     今回も有益な記事ありがとうございました。
    ある事象がもたらす政治・経済への影響、
    予想される政権と国民の反応、など。
    どれをとっても、下手な新聞よりも面白い。

    一刀両断の分析は非常に腑にストンと落ちます。

    日々、6,000文字を自分に課されてきたとの旨。
    無理のない様、継続されることを願います。

  17. 専業おばさん のコメント:

    小坪議員、無知なおばさんにもわかりやすい記事を、いつもありがとうございます。

    おばさんは、もう、韓国人が海の向こうで何を言おうとどうでもいいのですが、
    ひとつ気がかりは、韓国人が大量に日本に逃げて来る事です。
    あの国の人々は、日本人に対して危険な思想を持っているので大変怖いです。
    そうなったら、ひとり娘がおりますので、老後も心配で死にきれません。

    日本は、あの国の難民を受け入れてしまいそうな気がしますが、小坪議員の見立てはいかがでしょうか?

  18. 生野区民 2 のコメント:

    この記事を読んで、安心したのは国技の買収が出るかと思っていたがそれは不可能のように
    思えるのでほっとした、出来ればWTOどころか地球から脱退して欲しいくらいだ
    話は違うのだが、【口永良部島大噴火】 に対しての韓国からの多数のお祝いメッセージが
    ネットから伝わってきますね

  19. ある愛国者 のコメント:

    噂では日本は二国間協議を経て韓国へのWTO提訴を取り下げるみたいですね。

    さらに、(表向きは相互経済協力という名目で)スワップ協定の復活も含めた
    大規模な韓国への経済援助も行われるらしいです。

    その上、韓国からの移民も積極的に受け入れ
    かつ、受け入れた移民が日本で快適に暮らせるような法整備も着々と進んでいる模様です・・・。

    韓国のロビー活動の凄まじさや裏工作に賭ける彼らの
    非常識なまでの執念(いや、ここまでくると執念と言うよりは、もはや怨念とも言えるようなレベル)を甘く見てはなりません。

    日本圧倒的に有利な情勢ながら絶対に最後まで気は抜けません。

    過去にも河野・宮沢と言った
    どちらかと言うと気の弱い?日本の政府要人に対して『脅し』を含めた政治工作を仕掛けて
    ありもしない慰安婦問題をでっち上げて謝罪させた経緯を見ると
    ただの噂?とも思えないように思えてちょっと気味が悪いです・・・。

    取り越し苦労ならよいのですが・・・。

  20. たろう のコメント:

    お笑い韓国。「ディスカウント・ジャパン」運動で、日本をディスカウントしようとしたが、逆にディスカウントされるって感じですね。
    麻生財務大臣が韓国の財務大臣と先日会談してニコニコしてましたが、お笑い朝日新聞が健在なころは、かならず「この麻生太郎は以前に日韓併合で“日本は韓国に良いこともした”と妄言をはいた政治家ですよ」とご注進報道をやって、それが韓国マスコミに飛び火して日本大使館やあちこちで韓国人暴動が起こって麻生さんが猛抗議を受けて会談どころではなかったのですがね。
    朝日新聞もさすがに学習効果がでてきたのか、ご注進報道をやって韓国人を発狂させればさせるほどブーメランとなって日本の嫌韓感情も沸騰していくことを学んだのかもしれません。
    だから、せっかく高まった嫌韓感情が冷めないように日本人の警戒意識を別の方法で最高レベルに維持する必要があると思います。
    そのためには韓国での異様な反日実態を遠慮なく暴きだして告発しつづけましょう。そして日本が援助するには一切値しない国であるという共通認識を広める必要があります。
    つくづく思うのですが、韓国などよりネパールやブータンなどに経済援助してほしいと心から願っています。
    そして他人の不幸を笑うのはゲスな感情かもしれませんが、韓国の場合は「自業自得」と突き放して冷酷に構える姿勢が必要です。
    逆に、たとえ韓国人が祈る天災等で日本が裸一貫の一文無しになろうとも朝鮮人などに一切施しも受けたくありません。どうせ施しをしにきても「ウリスト教」とセットになるのは間違いないし、また恩着せがましい韓国人の歴史観に「日本にいろいろ与えてやった」と薄汚い1ページが追加されるに過ぎないからです。

  21. りんご のコメント:

    パネラーに対してロビー活動(ハッキリ言ってワイロですが)を展開する可能性はどうでしょう?
    凡そ常識ということが無い民族ですし,競技の審判を買収した実績もあるようですが。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください