【本文の方とは和解しました。】小坪しんやは特定宗教とは無関係です。


<重要>
本文の方とは和解しました。
本件が起きたタイミングとは、数値上、「次世代の敗色が濃厚」となったタイミングでありました。
そして、まさに(批判を私に向けるためもあり)お詫びの記事を用意していた、まさにその時でありました。

「比例も自民」「比例は次世代」と双方がいがみ合う姿を、本当に心苦しく思っておりました。
私から争うよう誘導したことはなく、また沈静化させることはできぬかと仲裁に動いたこともありました。
どちらの陣営も必死であり、選挙期間中に水をさす発言もできず。。。

正直、手の打ちようがなく、
ぐっとこらえて見ていたタイミングのことでありました。
それがここまで激しく動いた理由の一つです。

そしてその際に、「天秤の釣合いがとれる」和解条件を設定しました。
彼が約束を守ってくれた場合、タイトルより「@HN」を削除するのは、、、
私が頭を下げる、まさにその日になるように設定したのです。
(準備していた記事が投稿される日程)

敗北し、詫びる私の姿をさらす日。
私からの(本当の)和解条件とは、申し訳ないという思いを、どのように表現するか
政治家とはどのように行動するか、それを実際に見てもらうことにありました。
これが私の中では、釣合いのとれる条件であったのです。

DMでもやり取りしましたが、(笑われるかもしれませんが)私はこの方と今後ともお付き合いしていこうと思います。

次世代の党、壊滅的な敗北に際しまして、敗残の将としてお詫び

=====(以下、原文)=====

このようなエントリを挙げざるをえないことが、非常に残念であり、
そして執筆している今も極めて不愉快である。
「私が」幸福の科学とズブズブ「だ」断定したtweetが公開されたため、ここに厳しく否定しておく。
一見、やりすぎ、と思う方もおられるやもしれない。
そこには当然ながら事情がある。

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

 

当該アカウントについては、「晒す」ようで申し訳ないが、そのまま記載させて頂く。
これをひどい等と言われても、こちらも困る。
その覚悟もなく「人の名前を出して」「事実と異なることを」「断定して論評」しているのなら、政治なんてやめたほうがいい。
名誉棄損を構成するのではないか?

日本を背負う資格もないし、保守だとも思えない。
覚悟もなく、戦場をウロウロしている迷惑な闖入者だ。

この方はネット上のお遊び程度、軽い気分で踏み込んだのかもしれない。
しかしそこは「私の戦場」のど真ん中であり、リアルのルールが適用される。
当然だ、私は議員として戦っている、そこに迷い込んだとして容赦はできない。

こちらの領域に踏み込んだ以上、こちらのルールで行かせて頂く。
流れ弾にはご注意を。

(画像のtweetはすでに削除済み)
2

<私は幸福の科学とは関係ありません。>
ここで明確に否定しておきます。
上記のユーザーより「明記してないオマエが悪い」旨、言われましたので、、、
ここにはっきり宣言しておきます。
私は幸福の科学の信者ではありませんし、同じく幸福実現党の議員でもありません。

 

<わざわざブログにまとめるほどの話なのか。>
こちらにとっては死活問題です。
ネット上でも死活問題ですし、リアルにおいても同様です。
二つの意味で大打撃、全力で行かせて頂きます。
当然、その覚悟をもって書いたのですよね?

 

<宗教と切り離すのはネットの基本。>
ネット上のブランディングについて、「宗教と切り離す」ことは非常に大きな意義があります。
そのため徹底的に注意して動いております。
この断定は、web上での私の立場を一発で粉砕するようなデマゴーグです。
厳しく対処させて頂きます。

 

<生存権に関わる事象>
これは、リアルの生死に関わります。
ネット上のブランディングどころではなく、リアルの生死に関わります。
非常に警戒していた理由があるのです。

 

<統一教会、そして勝共連合>
私は赤旗問題を扱っています。
公明党と共産党は非常に仲が悪いため、創価学会の方がひどく誉めてくださることもあります。
どのように反応していいか迷うこともありますが(学会員は他党の支援者なのですから汗)
それ以上に警戒しているのが統一教会です。

 

<接点を持とうとしているようです。>
実際に「世界日報」の名であったり、各種の名前で接触をはかってきています。
これは事実であり、ゆえに全力で回避しております。
接点を持てば、私は終わります、それこそ死活問題です。

共に動く地方議員らの下にも打診が来ていますし、FBのみならず郵便物、訪問(名刺のみ)など各種のやり方で「すでに接触をはかってきている」のが実態です。
相当に警戒しておりました。
ゆえに本件、やられたらやり返す。

 

<統一教会への認識>
私は青いバッチを胸に頂く者として
北鮮の拉致問題のみならず、
合同結婚式を「南鮮の拉致」と認識し徹底的に距離をとっています。
北部九州は実際に多い、ゆえにリアルでの回避を徹底的にとっています。

 

<彼らが接点をとりたがる理由>
彼らは「勝共連合」として、反共の盟主であった時代があるのです。
「共産党と戦う」ことは勝共連合こそが本来やるべき事象、なのでしょう。
そういう意味では、「意図と動きに共感」を覚えたのかもしれません。
赤旗を全力で叩く私と、恐らく連携が取りたいのではないでしょうか。

 

<見破ることは困難>
様々な名称を使いますし、どういう経路であるか、把握しきれない場合がある。
赤旗の問題を取り上げるにあたり、最も警戒しているのが統一教会です。
敵対するのではなく、周囲に接近されることを拒絶しているのです。

 

<私が特定宗教と結びついた場合。>
それが幸福の科学であろうと、どこであろうと凄まじく大きなセキュリティホールになります。
どの宗教であろうと、特定宗教との関係性が指摘された場合、勝共連合が「小坪しんやに、接点をもつ足がかり」にされてしまうからです。
それは、おわかりでしょうが、「死活問題」です。
はっきり言いますが、生存権をかけて「全力で行かせて頂く」のは当然です。

 

<政治家が反撃するのか?>
基本的に政治家が、ネット上で全力で反撃する姿を見たことがないと思います。
様々な政治家がFBやTwitterなどを使用しておりますが、反論し追い掛け回してボコボコにするような方は見たことがないでしょう。
はい、私も見たことありません。
しかし、私はそのタイプなのです。

よそは、よそ。
うちは、うち。
他の政治家は、他の政治家、
私は、私。

そもそも論になりますが、私は市議です。
よって行橋市での評価でのみ、議席が確定しております。
正直、ブログは票にはならんでしょう、それをわかって書いています。

同じく。
ネットで少々、何かあったからと言って、私に打撃はないのです。
そもそも気にするタイプではない。
選挙区が広く、かつ小選挙区の国会議員であれば別です。
しかし私は「中選挙区を戦う」市議ですから。

冷たい言い方ですが、「選挙区外」の方と、どのように揉めようと構いません。
まったく問題ない。

行橋市や近隣市町村の方であれば別です。
もし、ひどい扱いを受けたり、犯罪行為があったとしても、
(いよいよになれば通報するでしょうが)
それが近所の方であれば、警察に届けることすら躊躇うでしょう。
それは、非常に嫌な言い方になりますが「自分の選挙区」だからです。

その点。
他の自治体の方とどうなろうが、歯牙にもかけぬ。
そもそも見ていて「キレキャラ」だというのはおわかりかと思います。
こんなことをすれば「こうなる」のは当然でしょう?
ネット上では、再三そういう姿は見せてきました。

ここまで書いておけば、生存権をかけ、それこそ死活問題として徹底的に反論した理由もご理解いただけるのではないでしょうか。

<以下、私のとった対応>

※ 自然な対応かと思います。 皆様、同意して頂けるかと。

※ 私は国会議員ではありません。
行橋市民(あと近隣市町村以外)には容赦がないのです。
だいたい政治家が反撃しちゃいかんって誰が決めたのだ?

共産党だって「専守防衛」と言っている。
撃たれるまで撃ってはいかんと言っているが、
逆に言えば「撃たれたら撃っていい」んだよ。
俺は撃つよ、見るからに撃つタイプだよ。

※ ここで逆鱗に触れた。 突然、知人の活動家の名をあげている。彼は民間人だ。 そもそも赤旗問題のキックオフについてだが、、、 共産党市議が彼の名を、民間人の名を明かしたことも一因だ。 私のブログの最も古い記事を見てみるがいい。 彼のことが書かれている。 勝手に、民間人である私の友人の名を晒しましたね? 「教団」とか「暴力沙汰」等という単語と共に。 >「あの教団との暴力沙汰がある限り、その関係者と貴方との交流は充分に懸念材料となる。」 ・・・覚悟は、できましたよね? 共産党は、これでどこまでやられたか。 命がけの現場ゆえ、横連携は強いんだよ、同族意識が非常に強い。 わかってるよね??

※ 関係ないですよね? 私は、所属もしていない教団?とズブズブの関係「だ」と断定されたことに怒っているのです。 勝手に議論をすり替える権利は彼にはない。 私が被害者で、先方が加害者だ。 問われる理由がわからない。

※ 本当に神経を逆なでしてくれます。 「無いなら何故、それを明記しない?」 余計なお世話です。

※ 宣言通り、やりました。
そして評論させて頂いております。

※ 一気に日和りましたね。 。。
好き嫌いの問題で申し訳ありませんが、私の大嫌いなタイプ。
日和るぐらいなら「最初からやるな!」です。
やるなら徹底的に来て頂きたい。

こっちも忙しい、その中に記事を一本使ってる。
バカにしないで頂きたい。
「貴方の交流に対しても只々、怖れますね。」
そもそも交流って何だ? この時が初めてのやり取り。
怖れますって何?意味がわからない。

※ 間違っているでしょうか。 これは「交流」などではない。 事実の指摘(私が被害者で、彼が加害者)をして 「私の戦線に踏み込んだな?」と言っているのみ。 すでに開戦の号砲は鳴り響いており、交流などはいたしておりません。

※ これは私のミスですね。
頭に来すぎて誤字ですよ、恥ずかしい。
(Twitterは後で文字の修正ができないのですね、気をつけないと。)
このような訂正を入れねばならぬこと、怒りも倍増です。

※ 削除したから何だというのだろう。 またしても他者の名を出す。 実名をネット上に出すことがそんなに楽しいのだろうか。 (最初の、このブログの最初の記事を書くにあたって私は許可をとっています。) どうにか調べたら私も「君の名」を知ることができると思う。 『書き足してあげましょうか?』 私は軽々にこんなことができる、この人のほうがよっぽど恐ろしい。 常識がズレているのではないか?

※ 何を理解しているんだろう。
恐らく「削除しても関係ないよ?」って内容であったり
私が被害者で彼が加害者である、という事実についてだろう。

このように神妙に言うのであれば、最初から手を出さないで頂きたい。
選挙戦、最終日の前日、、、死活問題ゆえ「こちらは対応を強いられている」のだ。
日和るのであれば、最初から私の前に立つべきではない。
私は迷わず、撃つ。

※ ご理解いただけるかと思います。 削除うんぬんは関係ない。 なぜならアクセスのある側が「上書き」が可能だからだ。 こうして、記事を一本潰して、選挙戦最終日、前日の夜を潰しさえすれば・・・ 私は上書きが可能なのだ、重要なのは、こうして大事な今夜が、このような形で奪われたことだ。

※ 「御」納得とは何だろうか。 「御」をつけて頂くような人間関係にはない。 納得できない理由が、この人には理解できていないだろう? 今夜が、彼によって奪われつつあるのだ。 「やはり怖いですね。」って何? 私には、この人の物の考え方のほうが怖いよ。

※ 「自民党の闇」ってなんだ? そんなことを書いただろうか。 本エントリーのタイトルを「ネットの闇」にしてさしあげました。 >「謝罪はしているし、削除はしたよ。」 伺いたいのですが、どこかに謝罪はありましたか? 『ごめんなさい。』『許してください。』『申し訳ありませんでした。』が謝罪ではないのか? 謝罪なんて一言もないけど、TLを見直したがやっぱりない。 システムの不具合でなければ、この方のコミュニケーション能力の不具合かと思う。 私が謝罪と認識できるものは、一つもなかった。 >「ただ、それじゃ御納得頂けんでしょ。」 この態度が謝罪する態度なのだろうか。 人をバカにするにも、ほどがある。 逆に納得するとでも思っているのか? >「次世代の党へは公式ページに記載された内容を見れば危険視する。」 ・・・次世代は、関係ないですよね? この方が、「小坪しんやと幸福の科学はズブズブの関係【だ】」と断定したことを問題にしているのです。 論点すらわかってないのだろうか。

※ 理解できない。
>申し訳ありませんと伝えていて、
言ってない。
伝わってない。
伝えれてもいない。

>謝罪になってないと言われたら、何をもって謝罪していると?
してない。
感じてない。
理解もできない。

>私は途方に暮れるだけだ。
こちらも途方に暮れている。

>それに、小坪さんは納得されるはずもない。
するわけがない。
いまは選挙期間中だよ?
議員に対して、何やってるの?
反撃されると思いませんでした?

わかってないなら、観察力がなさすぎる。
わかってやったのなら、自己責任だよ。

>それも理解はしているよ。
そうですか、理解しているのですか。
でしたら、タイトルにメンション入れてみますね。

(最後に)
鬼ではないので、条件をつける。
「ごめんなさい。」「もうしません。」とこちゃんと謝罪し、
?このエントリを一日10回
?3日間(つまり計30回)tweet
?かつプロフに3日間、当エントリのURLを掲示

以上3つを行った場合、「7日後に」タイトルからメンションははずしてやってもいい。
それまでの態度次第で決めます。

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

<シリーズ 今日は何の日>
【今日は何の日?】グアム島守備隊玉砕の日【8月11日】
【今日は何の日?】葛根廟事件【8月14日】
【今日は何の日?】終戦の日・ポツダム宣言受諾【8月15日】
【今日は何の日?】神風特攻隊 敷島隊、突入に成功。連合艦隊、壊滅。【10月25日】
【今日は何の日?】ベルリンの壁、崩壊。共産主義者らの敗北した日【11月10日】


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

43 Responses to 【本文の方とは和解しました。】小坪しんやは特定宗教とは無関係です。

  1. 若葉 のコメント:

    保守が宗教を嫌うのを逆手に取った工作だと思います。
    安倍総理もそうだし、田母神閣下もやられてましたね。
    このお二方は立場上反論できないでしょうが(相手にするともっと面倒になるから)小坪市議のようにしっかりと明言して頂けると有権者としては有難く思います。
    そして残念なことに宗教と関わっている政治家がいることも事実です。
    彼らはありとあらゆる方法で近づいてきます。
    どうか十二分に気を付けください。
    しかし、どうして宗教は総じて反日なのでしょう?

    • 小坪しんや のコメント:

      若葉 様

      コメントありがとうございます。
      >保守が宗教を嫌うのを逆手に取った工作だと思います。

      最初はそうかと思ったのですが
      この人、ただ単に変な人なだけかも知れません。
      なんかそんな気がしてきました。

      >安倍総理もそうだし、田母神閣下もやられてましたね。
      >このお二方は立場上反論できないでしょうが

      そうなんですよ。
      国会議員級は「反論できない」んです。
      私は市議なのでできますけどね、中選挙区ですし、選挙区はひどく狭いですから。

      >小坪市議のようにしっかりと明言して頂けると有権者としては有難く思います。

      ちょっと子供っぽいだけですよ(笑)

  2. naomin のコメント:

    小坪先生、大変でしたね。でもきっぱりと否定されて、身の潔白をキチンと話されてますからこれからはデマ中傷に、こちらが反証材になると思います。男らしい!ネットのデマ中傷が犯罪と知らない者に大きな警鐘が鳴りました!しかし愉快犯か選挙に関わる工作か、なんでしょうか…先生の活動を邪魔したい…となれば相手は敵です。まぁすぐキャイ?ンと鳴きましたね、根拠も証拠もまったくないのですから相手は武器なしですから反撃は無理です。

    • 小坪しんや のコメント:

      naomin 様

      コメントありがとうございます。

      >でもきっぱりと否定されて、身の潔白をキチンと話されてますからこれからはデマ中傷に、こちらが反証材になると思います。

      一人を「徹底的にやれば」次が楽なのです。
      逆にそこで中途半端な処理をしないこと。

      余計な喧嘩をしなくてよくなりますから。
      九州だから、なのでしょうか。
      喧嘩の仕方では常套手段だと思います。

      ゆえに手加減しません。
      そもそも宗教団体と勝手にひっつけるだなんてこちらにとっては死活問題です。

      ただでさ警戒しているのに。

  3. 櫻盛居士 のコメント:

    心中お察し申し上げます。

    扨て、既にご存知かとも思いますが、小坪先生はもとより皆様方におかれませても活用出来る防衛策をお伝え致します。
    ツイッターには、自分宛てのツイートやDMをメールで通知する機能が実装されて居ります。
    多くのフォロアーを抱えていらっしゃる方やチャット的にご使用の方には、少々ウザったいでしょうが、このメール通知機能をONにされ、通知先にはPCのメールアドレスを指定される事をお勧め致します。

    この機能を稼働しておきますと、相手のツイートの内容がメール本文に転記され通知されますので、そのままログとして保管する事が可能です。
    スクリーンショットの撮り忘れを補完する意味でも、非常に有効です。

    一部の議員や政治活動家にも、しばしば揺さぶりや脅しめいたツイートで威嚇し、その後ヤバい自らのツイートを削除した上でノラリクラリ時間をかけて、恐喝的行為を風化させる作戦を多用する輩を散見致しますが、全くもって無駄にする事が出来るのです。

    また、この手の輩は削除すれば証拠が残らないと勘違いして居られる様ですが、残念ながらデータは削除されておりません。

    データベース系のエンジニアの方がお詳しいと思うのですが、この手のシステムのデータベースには、ツイートと共にアカウントや投稿日時等の情報と共に「表示 or 非表示情報」にも情報が書き込まれます。
    ユーザーが自らのツイートを削除した場合、「表示 or 非表示情報」に非表示の情報を上書きして、データが抽出されない(表示されない)様にしているだけです。
    ツイッター上では便宜的に「削除」と表示してあるだけで、内実は非表示フラグを立てて表示しない様にしているだけです。
    これは、データベースの特性上、データ削除を実行するよりも元のデータに上書きした方が負荷が低いのも理由の一つです。

    そして、データベースにはデータベースがどのような処理を行ったかをログとして記憶しています。
    これをトランザクションログと呼びます。

    このトランザクションログは、データベースに障害が発生した場合に、データ復旧する際に利用するものですが、データ自体とは別にどのような操作をしたかもシステムは記憶しているのです。

    つまり、本人は削除して証拠隠滅したつもりでも、実際には証拠物件だけでは無く犯行状況もシステムは記録している事になります。

    これらのシステムを捜査当局が操作すれば、一発で犯行の事実を掴む事が出来るのです。

    この様な知識が役に立たない様、祈るばかりでは御座いますが、ご参考までに。

    • 小坪しんや のコメント:

      櫻盛居士様

      コメントありがとうございます。

      そしてプロバイダー責任制限法ですね。
      テンプレート持ってます。

      理系の政治家ですもの♪
      このWP、自分でインスコしたんですよ?
      コーディングこそ外注ですが、サーバーも(レンタルとは言え)自前です。

      アクセスログ、無茶苦茶多めにとってます。
      負荷はかかりますけど。

  4. ムカツク のコメント:

    反日サヨクはムカツク!!!

    言い返されないと思って発言して、

    言い返されると謝ったじゃん。と言う。。

    だったら安易に発言するな!!!!!

    • 小坪しんや のコメント:

      ムカツク様

      コメントありがとうございます。
      >言い返されないと思って発言して、
      >言い返されると謝ったじゃん。と言う。。
      >だったら安易に発言するな!!!!!

      素晴らしい。。。
      私も三行で書けるようになりたいものです。

      仰る通りでございます。

  5. まるる のコメント:

    あと1日だというのに、この多忙な中を根拠無い発言で小坪市議の時間を奪うとは。

    怒りも主張もごもっともですが、この人物が「申し訳ありません」と謝罪した文言箇所とは、小坪市議が誤字訂正されたツイートの、真下のツイート二行目と三行目の事だと思います。

    • 小坪しんや のコメント:

      まるる様

      コメントありがとうございます。
      だいたい睡眠時間をぎりぎりまで削って動いているのです、ただでさえカリカリしています。

      もう、寝れんでしょうな。
      今夜だってアップ予定の記事がいろいろあるんです、そして明日の予定もある。

      >この人物が「申し訳ありません」と謝罪した文言箇所とは、小坪市議が誤字訂正されたツイートの、真下のツイート二行目と三行目の事だと思います。

      えぇぇぇ汗
      私の友人の実名を晒しつつ、それで謝罪なんですか汗

      この人たちの脳内って、いったいどうなってるだろう。
      沖縄方面の活動家かなって思います。
      そこ周辺から多分たどれますので、「こっちも晒してやろうかな」とか思いますね、「一部は伏字」にしますけど。

      私、かつてやってますしね。
      名前の公開が怖い??
      私は住所も名前も顔も全部だしてるよ。
      仲間たちだってそうだ。

      私たちは、いつも怖い思いをしています。
      だったら「同じ思い」をしてみればいい。
      一回、味あわせてやろうかな。

      こちらの世界に踏み込んだ以上、
      同じ扱い、同じリスク、同じルールでやって頂く。
      当然のことだ。

      • まるる のコメント:

        多分その後の文脈辿ると、頭下げずとも誠意無くとも、口にしたから禊が済んだという認識なんでしょうね。

        この人物にいくら周囲が反省を促そうが、多分徒労に終わります。
        自分の態度の非常識さと非礼さに対する自覚も責任も無く、発言した端から問題のすり替えを繰り返してますよね 。ある問題抱えている可能性が感じられました。
        ご本人も気付いて無いのかもしれません。

        推測だから控えますが、だとしたら、これだけ一文一文説明なさっても、なぜ小坪市議がお怒りなのか?
        この人には謝罪の意味と言われても理解できないと思いますよ。

        但しそれはこの人個人の問題であり、本人の言葉を引用すると明記して無いのが悪いのだから、考慮してあげる必要も無いですね。

        公にネットで風評被害を被った小坪市議の精神的苦痛は計りしれません。当初の発言とは無関係なご友人の名前まで出しているのだから、普通ならばソッコーで全国誹謗中傷相談センターに泣いて相談したくなる発言の数々です。
        とんでもない不法行為です。

        もしご本人が見ているならば、小坪市議が最後に温情で出された条件は実行されるべきです。
        自分がした発言で他人を傷つけたら代償が必要なんですよ。それが社会人というものです。
        大人になる今まで、もし誰にも此処までの叱責された経験がないなら、大変お気の毒な事です。心から同情致します。

  6. 七子 のコメント:

    最近、見なくなりましたが一時は執拗に安倍総理と統一教会は関係があるみたいな書き込みされてましたね。お隣の国の方で日本にお住まいになって日本に敵愾心剥き出し、反日活動してらっしゃる方達ですけど。統一教会の広報?は女性週刊誌と同じで、まるで関係あるみたいに誰の写真でも表紙に使うのです。おかしな話だけど、あの有田ヨシフが自分の著書で安倍さんと統一教会は関係ないと書いてるようです。勿論、私は読んでないので知りませんがね。

    ■韓国農民にあてがわれた日本人妻の「SEX地獄」【統一教会合同結婚式】 – ひめのブログ
    http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-476.html
    統一教会の合同結婚で韓国に渡った日本女性は何千人もいるようですね。彼女達は自虐史観を植え込まれた犠牲者です。

    • 小坪しんや のコメント:

      七子様

      コメントありがとうございます。
      よくやられていましたね、、、

      だいたいが同じ手口です。
      中には選挙がギリギリの事務所に行き「あと○票あるよ」と囁く例もあるようですが。。。

      「勝共連合」ゆえ、反共なのです。
      冷戦下においては、保守の一翼をなしました。
      ゆえに目立つ保守活動を行っていた場合、そーっと近づいてくる。

      私はこれをもっとも警戒しています。

  7. 有森義晃 のコメント:

    小選挙区は自民党へ比例は次世代へ
    小選挙区で次世代が得票できないと比例復活できないでしょう
    ペテン師のこつぼ

    • 小坪しんや のコメント:

      有森義晃 様

      コメントありがとうございます。
      ペテン師と書かれてしまいましたが。。。汗

      恐らく言いたいことは、小選挙区の「惜敗率」のことかと思います。
      これは次世代の場合はあまり関係なく。。。
      無論、無関係でもないのですが。

      比例の場合は、まずドント式で「政党に議席」を割り振ります。
      政党が得た議席は、「順位が同率」の場合、惜敗率で決めます。
      大事なのはここで「比例で得た議席は、党に行く」という部分。

      よって、「比例は次世代」で得た得票が議席になれば。
      それは惜敗率に無関係に、次世代の議席になります。

      九州・沖縄ブロックの場合、
      名簿順位1位は中山成彬先生のため、中山先生が当選となります。
      (ちなみに中山候補は、小選挙区に出馬していないため、そもそも惜敗率が関係ありません。また小選挙区で投票することはできません。)

      ちょっとわかりにくい説明かもしれませんが、小選挙区に投票せねば議席にならない、というのは成り立ちません。

      正直、小選挙区でどうにかなりそうなのは
      園田さんと平沼先生、この二名のみです。。。
      (報道の受け売りで申し訳ありませんが。)

  8. いらっしゃいませ♪こんにちわ♪あなたの街の寿屋♪ のコメント:

    どんとこい♪バー兄
     ↑この方あっちこっちで火を付けて回ってますね
    自分が何か情報を握っているような言い回しで人を小馬鹿にして
    呆れます!!

    • 小坪しんや のコメント:

      いらっしゃいませ♪こんにちわ♪あなたの街の寿屋♪様

      コメントありがとうございます。
      >どんとこい♪バー兄
      > ↑この方あっちこっちで火を付けて回ってますね

      あら、その界隈では有名人でしたか。
      だったら、これで丁度よかったようですね。

  9. ふう のコメント:

    ネットをいろいろ見てみると、
    安倍さんを想って比例も自民に入れる人と、
    安倍さんを想うからこそ比例は次世代にと決めている人、
    この二つに別れているようですね。

    私も当初迷っていたので、
    このどちらの気持ちもものすごーーーーくわかるんです。

    自民を大勝させなきゃ意味がない!
    次世代に入れるという人は、安倍さんが危なくなってもいいのか!
    という主張をよく見かけますが、
    それと一緒に「次世代は幸福と・・・」という書き込みもよく見ます。

    このバー兄さんという方も、
    おそらく「こちら側」の人だと思うんですよね。
    つまり「日本を想う人」。

    ですが、自分と違う行動をするからと言って、
    相手を宗教と結び付けたり、レッテル貼りで攻撃することは
    許されることではありません。

    お互い同じ方向を向いているのだから、
    どこに投票しようと、どこを支持しようと、
    その人たちの想いを尊重するべきだと思います。

    そうしてこそ「比例も自民」という主張に賛同する人も増えるのに、
    すごくもったいないですよね。

    ・・・・・・

    ところで、http://samurai20.jp/2014/12/g-huyou-s/
    こちらのコメント欄に書いたヤフーのサジェスト機能のことですが、
    ご存知でしたか?
    次世代の方々は気付いておいででしょうか?

  10. 小粒 のコメント:

    「ネコを電子レンジに入れるな」と説明書に書いていなかった という都市伝説を思い出しました。
    名誉棄損で訴えられたらいかがでしょうか?確実に勝てる案件のように思います。
    削除しようと関係ないですから。

  11. さとる のコメント:

    これは酷いですね。
    でも安倍自民支持者ってほとんどこんな感じですよ。

  12. ちわや のコメント:

    選挙前の貴重な時間なのに大変お疲れさまでした。
    個人特定できていますよね。ネットで匿名なんて妄信です。
    理系じゃなくても全体的な作りとか見たら勘付きますよ。
    SNSやってる時点で24時間行動追跡できそうなものです。
    住所も職場も交友関係も家庭環境も何もかも芋づる式。
    簡単便利なだけで何も分かってない輩が迂闊に手を出して
    大火傷した感じですね。トドメ刺しちゃってください。
    私なら最初から99%無理な3条件を提示したと思いますよ。

  13. Herry のコメント:

    これは本当に名誉毀損ですよ。

    先生のように、しっかりと物を言う事が、生ぬるい産湯に使った
    坊やを調子に乗らせない基本です。

    先生の行動が当たり前。
    そうしない議員が多すぎたのでこのような卑劣な輩が出てくるのかと
    私も怒り心頭です。

    これは是非名誉毀損で訴えるべきだと思います。
    人を舐めすぎです。

    まして先生は公人ですから。

  14. 都民です。 のコメント:

    フェイスブックのお祭りの写真からは、地元の氏神様を大切にする方のように見受けられます。文章から感じるのは、ご利益を待つより、大事な何かの為に飛び出して行く、一心太助みたい気がします。ところで明日は、投票日です。次世代の党のいぶし銀のような太刀筋の国会質疑を、来年も見られるように致しましょう。成熟した民主主義国家である日本にとって、必要な党です。

  15. ヤクモ のコメント:

    論点ずらしに勝利宣言に逃走・・・
    なんというか典型的ですね。

    ただでさえ政治と宗教問題はネット上では危険な話題なのに、
    それを絡めて、確たる証拠も出さず、選挙期間中に断言しちゃいますか。
    「飛んで火にいる?」とか「自業自得」という単語が浮かびます(汗

    選挙終了後、厳しく対応するべきでしょうね。

    >でも安倍自民支持者ってほとんどこんな感じですよ。
    これはレッテル貼りになりますよ。
    意識していないなら、詭弁のテンプレを調べてみるといいです。

  16. 福岡県民 のコメント:

    ネットってどんな人でも発言できて、それなりに影響を及ぼすのが本当に怖いです。
    これは性善説に従えば問題なんておこらないのですが。
    でも、全員がリテラシーを持っているとは限らないし、実際、悪意さえ持つ人もいる。
    ネットという空間は本当にやっかいなところだと思います。

    個人的には変な妥協はされないほうが良いかと思います。
    それが今後の為にもなります。
    変に妥協すれば、そこまでは大丈夫なんだと踏まれるかもしれません。
    言い方悪いですが「舐められる」可能性があります。

    当人が謝れば、と小坪議員は大人な対応されていますが、
    こういう事は今後も起きる可能性があります。
    悪意を持ってあらぬ疑いをかけ世間に広めるなんてこのネット時代は造作もないこと。
    特に小坪議員の活躍を良く思わない勢力がいる事は容易に想像できます。
    その彼らに対する防御、抑止力という意味でも今回きちんとした対処が大事かな、と。
    今回のことを逆手に取るのです。自衛策として。

    そして、これはパー兄さんとやらの為にもなります。
    今まで通りリテラシーの欠落した状態でネットを扱っていれば、どこかで大きな事故をやらかすでしょう。道交法しらないで車運転するようなものです。そういう輩は、俺は赤信号でも進むんだ!と言い張ればそれが常識になってしまうのです。怖いですが、それがネットというところなのです。

    だから公の対応が必要かなと思います。
    名誉毀損などに該当するのかわかりませんが、社会的に制裁する。
    これが大事なのかと思います。

    ただ、小坪議員は大変お忙しい身ですので。
    こんな事に時間さくのもバカバカしいと言えばバカバカしいですし、そこは小坪議員に判断していただくしかないのですが・・・。

    今回の対応は毅然としてよかったと思います。
    政治家にとっての信念ですよね。そこがものすごく伝わりました。

  17. のコメント:

    お疲れ様です。

    議員の仰ると通り、「ならぬ事は、ならぬ!」です。
    バー兄? パー兄の間違いでは?

    そんな事はさておいて、共産党、一体何考えてるんだか?
    「日本共産党」、これも「支那共産党日本支部」に変えられたら日本国民の多くが共産党の本当の姿を理解出来るのでは?
    なぜなら支那を見たら一目瞭然、説明なんていらないでしょう。
    彼等は日本をそのようにしたいのでしょうね。

    台湾でさえ支那にNOを突きつけたのに、、、共産党、やっぱり理解不能!

  18. リョオ のコメント:

    今まで、小坪市議のような対処出来なかったのが
    こんな煽り魔をのさばらせてきたんだなと感じます
    一切の隙も与えない追い込み、感服しました
    根拠ある主張を、反日や愉快犯に潰されないよう
    自分等も意識を高めて雰囲気事変えていかないといけませんね

    • Augusta のコメント:

      「そんなことは言っていない」、「証拠を出せ」。
      そうやって逃げていたのです。ネットを舞台にすると、全てが残ります。
      都合の悪いツイートを消しても、完全に消す事などできません。

  19. Augusta のコメント:

    いや・・・すいませんが笑いが込み上げる。

    1、突拍子もなく相手が悪いと断定し、攻撃。
    2、こちらが慌てて常識的な否定、話し合いをする。
    3、さらに突拍子もない理論を吹っかけ、精神的に追い込む。
    4、その上で謝罪させ、精神的優位をもって相手を脅迫/懐柔する。

    これがサヨクのパターンです。テンプレとして登録していいくらいに。

    対処方法。
    A.「2」の段階で相手を攻撃する。相手は無根拠なので反論できません。今回小坪先生の取った手法。
    B.「3」の段階でこっちも意味不明な論理でやりあう。才能と鍛錬が必要です。橋下大阪市長が良く使います。
    C.「4」の段階まで来て、相手の要求をのらりくらりと躱します。もっとも対外的ダメージが少ないですが、根気と平気で謝れる厚顔無恥さがないと出来ません。私が良く使います(笑)相手に手を出させればしめたものです。

  20. ファンタオレンジ のコメント:

    >刑法第230条. 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

    「小坪しんや市議と幸福の科学はズブズブの関係」というのは虚偽の事実ですし、誰でも見ることが出来るツイッターというツールで公然と摘示したわけですから、「名誉毀損罪」に該当しますね。虚偽ですから抗弁も通用しません。
    当然、不法行為ですから、民事でも損害賠償請求の対象です。
    相手が公人だから、自分は匿名だからなどというのは、発言者の気休めに過ぎません。
    世の中、そんなに甘くありません。

  21. 詳細不明 のコメント:

    ふう さんの意見に同意します。

    ドント式の広まり、保守vs保守の選挙区を作り上げた次世代の選択、投票率の低さなど、危機感を覚える要素が多いため、冷静さを欠いた言動となったのでしょう。

    とはいえ、その前提があったとしても許される行為ではありません。

    早く問題が解決し、心穏やかに過ごされますよう願っております。

  22. 徐勢昌 のコメント:

    ああ、中学校の頃にもいましたよ、こういう奴。
    単なる悪戯の域を超えた悪ふざけの類が大好きで毎日クラスの中でいじられキャラ相手に突っつき回していて、相手がたまに忍耐の緒を切らして怒鳴るとたちまち
    「おお、怖い怖い♪」
    と嘲笑して、本気で腹立てた相手が殴ろうとして追いかけると逃げ回る、そういうタイプの奴が。腕っ節の強い不良に腰ぎんちゃくみたいにひっついてるのが厭らしい。

    人間の屑ですわ。こういう小悪と、不良のようなはっきりとした悪と、どちらを優先して撃つべきかといえば、若い頃の私は小悪だと答えました。世の中、あまりにも小悪タイプが放置されすぎてましたから。巨悪を撃つのは大変なことで、悪を討つ役目の人たちがそこに力を使うのは解るのですがね。

  23. AG のコメント:

    選挙の効能

    さてもう明日が泣いても笑ってもの衆議院選挙です。
    こんな時期には一般のSNSを覗いてみるといい。
    そこには保守系ブログで自民党、次世代の党応援とは違う、巷の国民の声やなんとか票を民主党や生活の党、共産党や社民党に誘導したいという気持ちが満ち溢れた書き込みもたっぷり見かける時期。
    この時期だけにその本気度が出ているところがリサーチには最適。

    そんなところからやはり低所得者にはもし他の野党だったらもっとひどいことになっているという客観性は消え、自民党の二年間で良くならないではないかに批判が向かう。
    まして上場企業などの社員の給与が、賞与が上がったなどは逆に今の現状から不満が募るということだろう。
    やむを得ない面はあるとはいえ、それが無策な野党を有利にしているという皮肉。
    そして何より無党派層にはそういう一般の日本国民が多数いるということでしょう。

  24. 名無しさん のコメント:

    ワロタwww
    せっかくだから謝罪した文面も載せて下さい

  25. JL のコメント:

    まだ件の人は謝ってないようですね。 TLを見る限り、人に喧嘩ばっかり売ってるようですし。。ネガティブキャンペーンってよくない。自分の想いとかを素直に肯定的に話す方が絶対共感もてるのに、残念な方ですね。

    安倍さん押しは私もそうですが、末端のヘンな候補者が当選するより次世代の確実に活躍してくれる人を通すのが先だと思います。特に昨夜の中山さんの想いのこもったツイートには心うたれました。私は1票ですが、家族だけでも入れれば何倍にもなるし!みんな、選挙絶対行きましょうね!ネットだけで盛り上がった残念な選挙とか言わせないように!ネットは社会を変える大きな力と証明しましょう!

    • JL のコメント:

      自分のコメントにこっそりネガキャンが入ってました。。

      保守政党、日本を取り戻すためどちらもがんばりましょう。
      「小選挙区は自民」「比例は次世代」!

  26. ホロホロ鳥 のコメント:

    小坪さま

    選挙でくそ忙しい時に面倒な輩のお相手お疲れ様です。
    左翼の連中はこんなことばかりしているから支持をされないことにいい加減気がつけよって感じですよ。
    馬鹿なの?マジで言ってるのって?思われてるの分からんかな?(笑)

    選挙もいよいよ終盤戦です。
    明日は小選挙区は自民党。比例は次世代で投票して来ます。

  27. もぐ のコメント:

    小坪議員、お疲れ様です。

    早速このパー、もといバー兄さんtwitter上で謝罪始めましたね、TL見てます。
    当人は気軽にやっているつもりですから、事の重大性を解からせるのは本当に骨が折れますね。
    我々も裏づけのない情報の扱いには気をつけたいと思います。

  28. 阿蘇は火の山 のコメント:

    小坪先生、痛快です。
    論点をずらし、「恐ろしい」「理解してます」と
    若干腰の引けたせりふの配置を持って謝罪を偽装する
    卑怯者に対して
    なりふり構わず怒りの鉄槌を下される先生のきわめて正当な
    怒りの発露のご様子に、私勝手ながら大いに溜飲が下がる思いです。

    先生には一点の過失もないわけですからどうか思う存分ぶちかまして
    いただきますよう応援申し上げます。

  29. お祝い のコメント:

    ご多忙の中の連日の更新作業、有り難う御座います。
    私はツイッターが立ち上がった時に、運営のページを見たのですが、
    「サーバーはアメリカにあるが、情報は中国へ送信される」
    という運営者のコメントを読んで、個人監視ツールと考えたので、
    今現在も一切使っていません。

    なので、ここで挙げられている扇動のようなツイートも知らなかったのですが、
    正にプロパカンダですね。

    こんな紛らわしい情報が飛び交う面倒臭いツール、使わなくて良かった、と思った次第です。
    小坪議員の対応には、意思表示の明瞭な姿勢に(失礼かと思いますが・・)
    清清しさを覚えました。
    晒されている方の主張には、根拠や何が言いたいのかも良く分りません。
    文がなんかおかしい。

    明日の選挙、自民、比例は次世代へ投票しようと思います。
    そして、応援のポチ!

  30. 昭和20年生まれの男 のコメント:

    「小坪しんや様」のブログの影響力を、認めたが故の誹謗・中傷です。
    相手にとって核兵器なみの脅威です。ゆえにこのような卑怯な手段しか思いつかないのでしょう。
    ご奮闘に感謝します。

  31. パンといえばメロンパン のコメント:

    途中からあまりに腹が立って飛ばしました
    コイツ情けない
    大した信条も無いくせに政治家を批判しているのか
    政治家は無視するものだと思ってるから言いたい放題で言い返されたら犬のように泣いてそれでも上から目線をキープしてドヤ顔を保つ
    これは朝日新聞や民○党等の左翼なんかと変わらないから
    彼らに共通するのが素直になれない正直になれない道徳の欠如に偽善

    @kotsubo48「 疑わしかったから、そう申したまで。ハッキリ違うと言われるのでアレば削除はいたしましょう。然し、貴方は恐ろしい人だ。」

    気持ち悪いわーコイツ
    批判され返す覚悟もないのに批判をするな
    マスゴミと同レベルだぞ

    大体ね
    自分のイメージを気にして批判を批判しない政治家がほとんどだけど逆効果だと思うしヘタレとしか思えない
    こういうおバカさんには真っ正面から堂々とバカでも学生が相手でも徹底的に捻り潰すべき
    偽善者ではないなら間違いを指摘されて討論できて嬉しいと感じるはずだよ
    それを恐ろしいとか言っちゃう辺り某党首を彷彿とさせる
    その点イメージダウンを恐れずに自分の信念を貫いたしんやさんは尊敬します
    自分がしんやさんの立場でこれをやる勇気は恐らくありません
    しんやさんをこれからも応援しています

  32. ふなっしー のコメント:

    残念だが日本にはこういった勘違い君が多いのも事実です。私も保守活動をしていて(ネットでブログをやっている程度ですが。たまにデモにも参加します。)次世代推しの姿勢ですので、「軍国主義を賛美するのか?」とか本気で言っている輩も多く閉口します。なぜ「本来の日本を主語とした政治を取り戻す」ことが軍国主義になるのか、頭にウジでも湧いてるのではないかと心配しますね。
    本来日本人ではない在日朝鮮人などが日本の国政に口を出す事は許されない。それは内政干渉な訳です。韓国籍の者がどうして偉そうに日本に対して注文を付けるのか?
    どうしても口を出したければ帰化申請をすればいいのです。朝鮮人の民族教育をするための朝鮮学校などは不要。日本に永住するならば日本をリスペクトし、日本国籍を取得するのでなければ永住は認めない。こんなのは「当たり前」なのです。
    アメリカの帰化条件にだって「国に忠誠を誓い宣言すること」という条件が含まれています。日本はこういった教育が戦後廃止されたから国家観の無い異常な国になってしまった。安倍総理は幸いこの現状を変えようと動いています。まず通名の廃止、これは来年には実施される予定です。今まで誰も疑問視しなかった「在日特権」「差別商法」に着目し出したのも安倍総理と次世代の党の活躍のお陰と言えます。
    来年度から沖縄振興予算も削減の方向で動くようで、これは左翼の活動費を削る意味でも効果的と思われます。左翼なんて結局活動費を抑えてしまえば何も出来ません。
    パチンコも廃絶して、新興宗教団体に税金をかけるだけで大幅にその勢力を削る事が可能でしょう。我々は老害が居なくなって行く中でそれらを根絶し、日本人による日本のための政治を行う事が必要です。

ふなっしー にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください